健康/医療/介護
blog-headline+

 

国立国際医療センター〔若松河田〕

「国立国際医療センター〔若松河田〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「平成5年10月に国際協力に資するための情報・研究・人材育成の各機能と、高度総合診療機能を併せ持つ国立高度専門医療センターとして発足しました。」



=2007年7月19日収集分=

*別れ→立ち直り→がんばる!!:アフリカ→病院
アフリカから帰った次の日早速病院へ行ってきました。一番近場の国立国際医療センターの渡航者健康管理室へ。病院行ったら、私は病原菌扱いでしたわ
http://blogs.yahoo.co.jp/koro12212000/32143788.html

*E Z T:渡航前診断&予防接種
予防接種はA型肝炎だけにしようかと思ったら、ドクターがB型肝炎ウイルスと破傷風もやっておいた方がいいって言うんで、3種類打っちゃいました。
http://d.hatena.ne.jp/TamTam/20070523/p1

*ビアンで、ボーダーライン人格障害の私。:精神科の日。
病院って、いろいろありますよね。救急で運ばれるなら新宿・戸山にある「国立国際医療センター」が最高です。いい病院でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/salut1018/9014251.html

*蘭月の部屋:7月9日〜7月15日。
最初の名前は『短期入院精密身体検査』というものだったそうです。検査を報道した読売新聞が、記事の中でこの検査を『人間ドック』と称したそうです。
http://recollectionsummer.blog72.fc2.com/blog-entry-193.html

*バカ姫日記:人間ドックの日
船が時々ドックに入ってオーバーホールするように、人間も時々病院で徹底的に検査を受けて悪い所があったら治してもらおう、という発想だ。
http://bakahime.cocolog-wbs.com/kenta/2007/07/post_7f23.html

*Ba*Ba*Ba*ばーみゃん:狂犬病
今度フィリピンのセブ島にダイビングに行くので狂犬病が怖くてワクチンをうつことにしました。しっかし。。。予約を取るのが大変でした
http://yaplog.jp/shoujii/archive/9

*中学生no尾っさん:7月12日、今日は「人間ドックの日」
1954年、国立東京第一病院(現国立国際医療センター)で人間ドックが始められた。12000と当時は高額で日数もかかり勤め人の受診は難しかった。
http://blogs.yahoo.co.jp/reoyn20200723/13890212.html

*ちとせ台内科クリニック通信(世田谷区 内科 胃腸科 消化器科 内視鏡)
当時は、国立病院医療センターといっていました。古くは、国立第一病院といわれており、文豪、森鴎外が院長として赴任していた病院としても有名です
http://blog.livedoor.jp/chitosedai_clinic/archives/50942311.html

*ひーこらひーこらばひんばひん :南の空が変な事になってんぞ
最初の講師は三森明夫先生でした。国立国際医療センターの膠原病の部長さんです。まあ、リウマチの超専門家さんですね。
http://d.hatena.ne.jp/gyorui_momoya/20070715

*介護・医療について考えるブログ:在外公館に感染症専門医配置へ
国立国際医療センターを日本の新型感染症対策の中心と位置づけており、派遣医師を通じて、海外の関係機関との連携を強化したい考えの様だ。
http://ka-i-go.jugem.jp/?eid=2637

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:054病院/医者/医療制度 | 投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 00:08

■コメント

コメントしてください




保存しますか?