健康/医療/介護
 

立正佼成会付属佼成病院〔中野新橋〕

「立正佼成会付属佼成病院〔中野新橋〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「小児科・産婦人科は医師不足による過重労働で、余計に研修医や医大生がなりたがらず悪循環が起きているようです。」



=2007年7月26日収集分=

*The melody of singing birds:小児科医不足について
小児科は診療が難しいばかりでなく、労働時間もハードでしかもそれ相応の賃金が得られないなどいろいろな問題があるからです。
http://blog.goo.ne.jp/flutemelody/e/9c7b8f788a0ba83eb519a79ab32a22cb

*日本橋ではたらく人事コンサル会社の社長のブログ:過労自殺の小児科医・・・
小児科医の不足は深刻なものです。産婦人科医不足もテレビでよく特集をやっていますが小児科医不足も、同様でその問題解決の方法は難しいようです。
http://iwave.blog73.fc2.com/blog-entry-96.html

*私の三位一体改革 (資格勉強・家事育児・仕事)かなり一休み記:労災・・・
我が娘達を連れて行く病院の小児科医の先生方も良くやって頂いていますが、非常に激務そうで、ある先生は近々辞めて開業されるそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/rw8304/46995991.html

*法医学者の悩み事:二つの判決を並べて考えるのも変かもしれない。
裁判官の違いにもよるが、過労により悩んで自殺したことを労災として認定はするが、うつ病になった因果関係は否定されたということなのだろう。
http://blogs.yahoo.co.jp/momohan_1/30420750.html

*天漢日乗:小児科医の自殺は過労死、東京地裁が労災認定の判決(その4)・・・
過労死を恐れて最前線から医師が去り、手遅れになって亡くなったり、重大なトラブルを抱える、子どもや大人が出現するだろう。
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/03/4329_3a8a.html

*Drさいぞうの日記帳:小児科医自殺 賠償認めず…東京地裁判決 労災・・・
つい最近、東京地裁が「過密勤務などが原因でうつ病にかかり自殺した」と労災を認定し、判決は29日に確定したはずじゃなかたのだろうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/ymgt152/48137595.html

*うろうろドクター:また、朝日新聞に投稿しています。
月に8回当直をして当直明けの休みも1回も取れず、休日出勤は6回で休みが月2日でも仕事は「過密」ではないのでしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/8539809.html

*医学処:過労死認定された小児科医の自殺に対し、「過労ではない」と認定
ほかの小児科医と比較して判決を出したから180度違ってしまったんでしょうね。小児科医全体が過労だということを知らずに判決を出したのでしょう。
http://venacava.seesaa.net/article/37644947.html

*y_rの落書き帳:多分誰もいなくなる
小児科医の勤務量は常人にはこなせない量だと思うんですけれども,それを指して過重な業務だったとは認められないですか.そうですか...
http://d.hatena.ne.jp/y_r/20070403

*鈴木はり灸院の健康日記Y:小児科医自殺は労災…東京地裁
少子化の対策が叫ばれているのに、小児科医のおかれている現状は激務で大変になっているのですね。遺族補償給付の不支給処分の取り消しを求めたいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/suzunobo18/46137317.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月26日 19:27 | コメント (0)

 

秋田大学付属病院〔秋田駅〕」

「秋田大学付属病院〔秋田駅〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「秋田大付属では各専門の医者を育成するため各部門毎の専門医育成プログラムがあり、医師の育成・教育に力をいれています。」



=2007年7月26日収集分=

*Yに捧ぐ:秋田大学病院救急課
お前の文章を何度も読んでくれたらしい・・・文章をほめてくださったよ「秋田に来ていただいた貴重な若者を失ったこと残念です」と書いてくださった
http://blogs.yahoo.co.jp/y20061213/9901704.html

*稲庭うどん日記:インフォームドコンセント&手術日
かなり懇切丁寧な説明で、わかりやすかったねと言ったら「S先生は特別に丁寧で親切な先生。他の患者さんから聞いた限りでは、他の先生は・・・」だとか
http://blog.livedoor.jp/udon127/archives/50982978.html

*毛鉤と川と我が家族:幸せの価値観
月一回のペースで地元の病院に大学病院の先生が来るのですがこちらから行った方がペースも早いかもしれないと思い紹介状を持って行った次第。
http://flynoshiro.blog66.fc2.com/blog-entry-165.html

*地獄への道は善意で舗装されている:病腎移植を禁止してしまえば、健康・・・
病気腎移植が禁止されたら、少しでも、病気の可能性がある生体腎移植の道も狭めてしまうわけです。まだ禁止されていません。
http://blogs.yahoo.co.jp/sxed2004/7358023.html

*迂回路:移植のための臓器は全然足りてません。
癌を移植しても必ず癌になるわけではありません。レシピエントの免疫機能が正常であれば、他人の癌もやはり異物として攻撃するからです。
http://blogs.yahoo.co.jp/drjohnny0626/7396063.html

*ヤフーニュース徒然日記:倫理的に問題があっても、親子で納得していたら・・・
使えるとなったらどうしますか?当てもなく、他人の腎臓を待つよりも、多少危険があっても移植したいと思うのが人情ではないでしょうか?
http://momokonogimon.blog95.fc2.com/blog-entry-241.html

*認定看護師ブログ:がんの疑い腎臓長男に移植
悪性か?良性か?分からない状態での移植は如何なものでしょうか?移植前には精査しているのだし、結果が出てからでもよかったのではないか?
http://xn--mbtq3d298ay0rr7a.seesaa.net/article/42992330.html

*自堕落:第六百二十七回:『女みたいなこと言いやがって』
どこの腫瘍でも、本当は手術前に良性か悪性か把握しておきたいんだけど、そのためには針突っ込んで細胞をとってくる必要があるんだそうで。
http://blogs.yahoo.co.jp/sisyphe_dans_le_mythe/49131659.html

*病気腎移植推進・瀬戸内グループ支援ネット:秋田大病院腎移植事件に思う
今回の秋田大での「病気腎」移植の発表を聞いた。これは、今後の生体腎移植、病気腎移植を考える上で、大きな課題を投げかけたと思う。
http://www.setouchi-ishoku.info/article.php/20070529162724218

*ブログ作家 東村田 昭 の備忘録:ガンの疑いのある腎臓を移植
結果としては、ガンではなく移植も旨く行ってるようで幸せなことだが、移植医療のルールからは外れた行為なのだそうだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/gyisho55/47353301.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月26日 19:23 | コメント (0)

 

六本木ヒルズクリニック〔六本木〕

「六本木ヒルズクリニック〔六本木〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「16の診療科を設置し、専門医による診療を行っています。セカンド・オピニオンや大学病院への紹介もスムーズに行えるよう電子カルテなどのITを導入しています。」



=2007年7月25日収集分=

*BE〜Beautiful Energy〜:最新医療技術に感動
六本木ヒルズクリニックはまるでエステのような感じのとても素敵なクリニックでした。何より驚いたのは、完全なる電子カルテの導入。
http://blog.goo.ne.jp/tomikky123/e/22fe11d96fd6487d263d5c19fc32820f

*brittの日記:風邪
診察のほうですが、診察受けてるときに患者に判断を求める意味わからない。それを判断するのが医者の仕事じゃないのかと。
http://d.hatena.ne.jp/britt/20070213

*つみかさねのまいにち:人間ドック受診ぃぃぃ
六本木ヒルズクリニックは良かったですよ。キレイですし、設備もほとんど最新ですし、待たされないし。結局8:30集合で10:00前には終わり
http://pinari.blog66.fc2.com/blog-entry-100.html

*六本木ヒルズで働く似非SEによる、今日のデカビタ日記:六本木ヒルズ・・・
風邪でかかったときも風邪なのにこんなに長く診察するの?っていうくらい丁寧に見てくれて薬の説明とか色々その他相談にのってくれたりと
http://ameblo.jp/esese/entry-10031286952.html

*I have a dream. −フルブライト奨学生のその後−:人間ドック
感想としては「フツー」。施設は「綺麗」かな(病院なんだから、当たり前と言えば当たり前なんだけど…)でも、対応はかなり「事務的」だった。
http://diary.jp.aol.com/4wrbajc/317.html

*La Vert Poupee:六本木ヒルズ
スタッフが多く検査を受ける人は少なく、ゆったりと心地良く一通りの検診が終わります。女医さんでしかも看護士さん達は美人ぞろいです。
http://lavertpoupee.blog86.fc2.com/blog-entry-67.html

*逆単身赴任日記:毛利庭園
六本木ヒルズクリニックに検診に来ました。婦人科を前回より詳しく診てもらい、「異常無し」で、ほっ…婦人科は、女医さんなので相談しやすく安心。
http://blogs.yahoo.co.jp/shaker266161/20152248.html

*Organic Me!:六本木ヒルズクリニックで人間ドックの巻
とってもきっちり世話されている感じのクリニックで薬くささも全くないのでリラックス出来ました。7000円払ってもまたここで検査したいです。
http://organicme.blog.drecom.jp/archive/472

*Yueyの毎日がケセラセラ:一期一会
実はこのセンセ、最近ヒルズクリニックに来て金曜の午後しかいないの。常勤の病院ではなんと6時間待ちらしい!!!
http://ameblo.jp/yuey/entry-10039909763.html

*Eye Candyオーナーのファッションブログ:ヒルズクリニック
病院とは思えない程のオサレ〜な造り、晴れた日には東京タワーが一望ですよ。その上カフェの様なデッキ付き。キレイな上、腕もいいのでございます!
http://ameblo.jp/eye-candy/entry-10040153536.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月25日 19:51 | コメント (0)

 

東京衛生病院〔荻窪〕

「東京衛生病院〔荻窪〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「キリスト教が土台のホスピスで、病院付き牧師などを含めた全人的対応を行っています。施設は全体的に明るくゆったりとしたスペースになっています。」



=2007年7月25日収集分=

*ケ ナ リ の 不妊治療記:KLC卒業
無痛で有名なところは他にもあるけれど、その中でも通い易くて歴史があって無痛の実績が多いところがいいかな、ってことでここに決定。
http://blog.goo.ne.jp/kenari5442/e/5a947f2cb5f6828ac3427b287f96e257

*☆Wish☆:勉強
衛生病院は教育制度がしっかりしてる。だってこっそり聞いてたんだけどね、実習生をほったらかして作業に没頭してたら怒られたりするんだって。
http://blog.livedoor.jp/aqua_marine25/archives/53463221.html

*Fairyhats:娘とデート
衛生病院はキリスト教の病院、リニューアルしてきれいな上に、対応が親切な病院だ。私は痛みに弱い甘ちゃんだから、こんな病院は大好きです。
http://fairyhats.exblog.jp/5078173

*ハイサイ!おぢさん日記:喫煙者が減ると医療費が増える?
この病院を経営しているキリスト教教団は、米国に大学医学部を持っている。だから米国帰りの医者が多いことでも知られていた。
http://youcan-kun.at.webry.info/200704/article_6.html

*日記と感想:パソコンの故障でも祈る
かって東京衛生病院でポリープの手術をしたとき、そこに勤務していた娘から、この病院は手術の前にスタッフが全員祈りを捧げるという話を聞いた。
http://teruonikki.blog55.fc2.com/blog-entry-403.html

*独楽:これで煙草やめました(実行中)
たまたま置いてあった、東京衛生病院で禁煙プログラムを実施されているお医者さんが書いた本ということで、写真の本を頼りにしました。
http://koma424.blog92.fc2.com/blog-entry-39.html

*まゆみのシナリオ中毒:教会通りにある病院
紹介してくれたのが衛生病院でした。実際行ってみると、設備は整っているし先生も看護婦さんも丁寧で優しくて、安心して診てもらえそうでした。
http://odamayumi.blog74.fc2.com/blog-entry-283.html

*立てば尺八、座れば書道、歩く姿は弓道士:誕生日検診
昨年も衛生病院でも再診ありで、時間を都合して診療してもらった結果、最初の問診では直ぐにでも入院させるような事を言われて。
http://blogs.yahoo.co.jp/konmunesima9/11741345.html

*花の色はうつりにけりないたづらに:英会話学校での出産話
無痛分娩をものすごく盛んに行っている,東京衛生病院みたいなトコで出産するのならともかく,そうでない病院は,まだまだ万全な体制じゃない気がして
http://mat.tea-nifty.com/n/2007/07/post_de9a.html

*おっくん 講師のみんなで医学を楽しもう:特別編 禁煙したい方に「朗報・・・
また医師の処方により「ニコチネル」が処方可能になりました。そして「東京衛生病院」を始め、禁煙入院というのも導入されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/okkun_office/13665145.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月25日 19:49 | コメント (0)

 

石井クリニック〔青山一丁目駅〕

「石井クリニック〔青山一丁目駅〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「皮膚科というよりは美容皮膚科といった感じの皮膚科でニキビやシミとりなどスキンケアで評判です。」



=2007年7月24日収集分=

*てんちょ〜日記 byよしみ:疲れたときの賢い直し方・・・
青山にある石井クリニック。知る人ぞ知る、皮膚科の名院で、石井先生は、高級化粧品SK競團謄蕕粒発者でもあります。
http://blog.organic-sauce.jp/?eid=320929

*マリエ ViViモデル画像・動画のブログ:マリエ 髪型
同じ雑誌でマリエが前日に石井クリニックのファーメントマスクでお手入れしてるって聞いてそれがほしくなっちゃいましたよ☆
http://vivi-marie.info/archives/53450994.html

*ピグレットな毎日:花粉症
この皮膚科は美容皮膚科に近いので、何だか気楽に通えます。今はアレルギー抑制でジルテックとセレスタミンを飲んでいます。
http://piglet0910.at.webry.info/200703/article_8.html

*アスタキサンチン徹底研究所:アスタキサンチンのドクターズコスメ
南青山で美容・皮膚科「石井クリニック」を開設し、大手化粧品会社数社の顧問医をしていたドクター石井が手掛けた『MD化粧品』だといわれています。
http://astaxanthin.rei-style.biz/?eid=115076

*目指せ着物美人!〜アンティーク着物デビュー:しみとりで評判の石井・・・
マックスファクターの顧問も勤めた先生らしいのですが、1ショット2100円とかなり良心的。だけど、予約なしだから混雑は覚悟した方がいいそう。
http://plaza.rakuten.co.jp/kimonobijincom/diary/200705060001

*ねこちゃのおしごと:メディカルエステ
このクリニックは以前お仕事をしていた際にお世話になった先生がやってらっしゃるところで、薬剤等の使用はせず、あくまでナチュラルが基本です
http://nekochanoosigoto.at.webry.info/200705/article_42.html

*☆長谷川曜子のブログ☆:ちょっとチクッとしますよー
いつもながらの石井クリニックで注射して化粧水もらってきました。石井クリニックの化粧水とパチリンコ。お金なくて、なんと一ヶ月半ぶりに来院
http://yaplog.jp/youkorinnoheya/archive/77

*marius shop blog:ドクターズコスメの元祖に出会う
待合室は患者さんでいっぱいだったのですが、一人ひとりの診察時間がすごく短くて(一人1分??)すぐに診ていただけました。
http://blog.marius-shop.com/?eid=28077

*あこちゃんの日記:英語の勉強
やっと肌が落ち着いてきた。やっぱり困ったときの石井クリニックやね。この調子で今週末にはきれいきれいになっててくれたらうれしいんだけどなぁ。
http://blog.livedoor.jp/kaiko216/archives/51069615.html

*愛里 公式ブログ 『COLORFUL DAYS』:モデル様から教わった
青山一丁目の皮膚科が『石井クリニック』ここは保険適用のクリニックだからお値段はだいぶリーズナブル(*∇*)平日は17時半まで☆だそうれす♪
http://ameblo.jp/airi-colorfuldays/entry-10040693105.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月25日 19:46 | コメント (0)

 

自治医科大学付属病院〔自治医大駅〕

「自治医科大学付属病院〔自治医大駅〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「緩和ケア部という専門部門があり、体の痛みや心の不安などを医師、看護師、ソーシャルワーカーなどがケアしてくれるそうです。」



=2007年7月24日収集分=

*エコロジーマン:16日の日記
「成人病の予備軍」となり、特に自治医大病院で、素晴らしい内分泌専門医と栄養指導にお世話に成り、その結果、高脂血症や水腎症も良くなりました。
http://plaza.rakuten.co.jp/reformapple/diary/200702160000/

*リセットボタン:自治医大病院…
健診は松原先生じゃないし、しかも内診があまり上手いとはいえず、終わってから30分くらい痛かった(T_T)こんなこといままでなかったけど〜
http://blogs.dion.ne.jp/imeka/archives/5386549.html

*web CLOVER:「行ってまいりました 自治医科大学」
最も印象に残ったのは「総合医」についてでした。総合医とは、特定の疾患だけでなく全身管理が出来る技量を持った医師のことです。
http://hello.ap.teacup.com/sodateru/174.html

*ジョン・ソバンの戯言日記:連荘で・・・
どこからどう入ればいいのやら。総合受付で聞いて、東口警備室まで行ってそこで病棟、病室を聞いて、行き着くまで10分はかかりました(マジで)
http://blog.livedoor.jp/great_tohgoh/archives/50573434.html

*笑顔&元気:希望…?
「研究」の積み重ねで今の薬もあるのだから…どんな形でもいいから私の生きているうちに完治する治療法を受けられる環境が整わないかなぁ。
http://blog.goo.ne.jp/egaogenki/e/37daaec3d1590ff99ad314835d937df6

*QQ指令:パーキンソン病に画期的な治療法
自治医大病院で画期的なパーキンソン病の治療を行いました。それは脳内に酵素を作る遺伝子をウイルス組み込み注入したみたいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/emsorder/47391079.html

*遠い森 遠い聲:五月闇
長い待ち時間 大学病院の玄関のベンチを借りて友人にTELした...行き場所のない想いの丈をだれかに聴いてもらいたくて....
http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/65fe8bab59758da3551e5be969cac595

*P15T:パーキンソン病の治療法
この治療法が有効であってほしい。そうすれば、他の難病治療研究にも力を入れることができ、難病がない世界を作れるのではないかと考えました。
http://www.tokai-med.ac.jp/kagaku/student/s075015/sb/log/it/eid0.html

*リセットボタン:1ヶ月健診・ママ編&オフ会
出産から1ヶ月。自治医大ではママとベビーは別の日に別の場所で健診を受ける。ママは産科。ベビーは小児科。普通一度で済むのに…
http://blogs.dion.ne.jp/imeka/archives/5890888.html

*みずきダイアリー:肺癌遺伝子
喫煙はいろいろな遺伝子を傷つけることがわかっています。ひとりの人の肺癌の細胞もひと種類ではなく、さまざまな顔の細胞があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/kuwadayukiko/22146264.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月25日 19:43 | コメント (0)

 

九州大学病院〔福岡県:吉塚駅〕

「九州大学病院〔福岡県:吉塚駅〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大学病院ならではのメリットを生かした専門ドックがあり、心臓ドックや脳ドックといった最先端の検査機器による精度の高い検診を受けることができます。」



=2007年7月23日収集分=

*ママフェスタin鶴見:子育てにも役立つ!“個性心理学”でミニ・・・
個性心理學とは、あの動物キャラナビ占いの元祖の心理学です。人の個性を12のマスコットにあてはめた、世界初のイメージ心理学。
http://plaza.rakuten.co.jp/mamafesta/diary/200702090001

*☆さくらの台所☆:病気についてちょこっと
九州大学病院でも症例はないとの事そんな中でも一生懸命治療してくれた先生達に感謝です!致死率が高い病気で、妹の場合は重症度で助かったのは奇跡!
http://blogs.yahoo.co.jp/relax_earlgrey_tea/29117367.html

*ss:命のリレーにご協力を
修正大血管転位という先天性心疾患で入退院を繰り返しながら今日まで頑張ってこられました。現在九州大学病院に通院しながら自宅待機中です。
http://blogs.yahoo.co.jp/bicyosiki/16743603.html

*ふで漫歩:水中歩行の楽しみ方
実験の結果、水中の後ろ歩きは、転倒やツマズキ防止のカギになる足の脛の前面にある前脛骨筋の強化に役立つことが立証されたという。
http://katomi.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_e41c.html

*きれいになりたい人のためのおいしいおやつ:健康診断の結果が・・・
九州大学病院検査部のHPがあるんですがぁ、その中に、一般の方向けって項目がありまして、■健康診断の結果の見方とゆーコーナーがあるんです。
http://plaza.rakuten.co.jp/cherrys7/diary/200706010000

*半島流し・・・:亀田総合病院潜入レポート!!
九大病院って研修医の数は日本でも1番多くてなんと100人!!多過ぎやん。こんなにいるのに画一的で目が届ききった指導なんて出来るわけないじゃん。
http://blogs.yahoo.co.jp/brain_sur/10605209.html

*☆KURASAN's BLOG♪:ん〜病院通い
九大病院の神経内科で「覚醒脳波」検査したよ〜頭にバターみたいなクリームをぬりぬりされてちっちゃな電極一杯つけられたね〜
http://plaza.rakuten.co.jp/kurachan1227/diary/200707040000

*Mrs Bond の備忘録:治療完了
九大の歯科は知り合いが2人ほど大手術を受けて、その後美しい歯並びを手に入れているので、ちょっと信頼できるかも…。
http://blog.q-ring.jp/skye/287

*ルキノ ドロップス:ハレとケ。
昨日はママに付き添って博多の方にある九大病院に行ってました初めて行ったけど広くてびっくり!ママも最初は迷って大変だったらしい
http://yaplog.jp/labyrinthos/archive/85

*みんなのお蔭〜難病だけど幸せです:ベーチェット病プチオフ会
会場は九州大学病院内の難病情報センター。初めて行きましたが新しくてキレイ。場所もJRの駅から近くて便利。
http://ameblo.jp/sasanohasarasara-77/entry-10040513791.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月23日 18:55 | コメント (0)

 

獨協医科大学病院〔栃木県:おもちゃのまち駅〕

「獨協医科大学病院〔栃木県:おもちゃのまち駅〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「この病院は頭痛の専門外来が有名ですが、癌専門のセカンドオピニオン外来もあり経験豊なドクターが相談に乗ってくれます。」



=2007年7月23日収集分=

*AVA日記:獨協医大病院へ
朝早く受付を済ませたはずなのに、診療が終わったのはごきげんようも終わる時間。文庫本は呆気なく読み終わり、昼寝をしてもお釣りの来る待ち時間。
http://exava2.exblog.jp/5234094

*世界一ふざけたとちこのブログ:ヤケ喰いならすヤケ買い
看護婦さんが誘導してくれたら事故で救急車到着。思いっきり割り込まれました。でも血だらけの方を見たら「どーぞ どーぞ お先に」って思わず。
http://blog.goo.ne.jp/ars_nova1045/e/9c9293674986486095689e10dd109000

*鹿沼ぬきべぇ流〜!!:独協医科大学病院の平田幸一教授
「頭痛外来」という専門外来があって、各地からたくさんの患者が受診に訪れているとのことです。何やら全国でもトップクラスの専門外来のようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kanuma_city/10433097.html

*まるごと健康番組!:本当は怖い家庭の医学「専門外来スペシャル・・・
獨協医科大学病院・頭痛外来では年間患者数約3600人。全国でもトップレベルの頭痛専門外来。神経内科・平田幸一先生が開設。
http://safaia40.jugem.jp/?eid=988

*an impressive daily happenings:GWも終わり早4日
病院の敷地なんだけど、みんな勝手に散歩したり遊んだりしてるんです。一応この広場にヘリポートもあるんだよ♪(←救急患者搬送用)
http://blogs.yahoo.co.jp/an_impressive_stories/32162775.html

*組長の徒然なるままに:腰痛その2
大学病院の場合は患者がカルテや写真を持って医局へ出向くタイプです。健康であればなんの問題もない歩行距離ですが、腰痛には広過ぎる建物ですね。
http://rokunonikumicyo.blog43.fc2.com/blog-entry-200.html

*工藤鍼灸院・院長のひとりごと2:しっかりしてます
いやぁ、でっかい病院で驚いたのですが、何に一番びっくりしたかってね、スターバックスコーヒーが院内に出店してる事( ̄□ ̄;)。
http://blog.goo.ne.jp/kudo89in/e/d4f5b99a255946156fc9170f7858aab0

*Solid state society:パーマネントのシラガ入り口でございます
紹介状がないため診断料にプラス3150円を払わないといけないとのこと。普通しょっぱなから大学病院に行くなんて事はあんまりないからでしょうな。
http://cavaleria.exblog.jp/5848768

*栃木県日光市 の 歯医者 沼尾デンタルクリニック:「手術で切り・・・
この手術のことを再建手術といいます。この再建手術の講演を聞いてきました。獨協医科大学病院形成外科の朝戸裕貴教授が講師です。
http://white.ap.teacup.com/numao/161.html

*ニワトリちゃん雑記:今日は旧海の日
獨協医科大学病院に行ってきました。へぇ〜、思ったよりキレイな病棟オバケ出なさそう(@u@)あ、私がお世話になるんじゃないですよ〜。
http://blog.livedoor.jp/you_raise_me_7192/archives/50383483.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月23日 18:50 | コメント (0)

 

東京女子医科大学病院〔曙橋〕

「東京女子医科大学病院〔曙橋〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「明治41年に開設、その後もさまざまな付属関連施設が拡充されながら100年有余にわたる歴史をたどってきました。」



=2007年7月20日収集分=

*「やぶ医師のつぶやき」〜健康、病気なし、医者いらずを目指して
最近、医療訴訟に関する記事を見ない事がないんじゃないかってくらい医療訴訟が増えて、マスコミをにぎわしていますよね。
http://blog.m3.com/yabuishitubuyaki/20070217/1

*もーちゃんの部屋:橋本万里(ばんり)君(21歳)を助けて
しかし、海外での移植には日本の公的保険が適用されず、2億円から3億円以上と予想される個人では負担できない巨額の費用が必要です。
http://blogs.yahoo.co.jp/shalomochan/44957406.html

*鷹野のひとりごとどっとこむ:万里くんのいのちを救いたい
小学校入学前に東京女子医大病院でフォンタン手術を受けました。しかし、近年、不整脈が出現するようになり、病状は悪化の一途です。
http://blogs.yahoo.co.jp/lune1412/46006654.html

*手塚義人さんを救う会:本人からのメッセージ(H19.4.11)
東京女子医大病院の国内でも優秀な先生方及び手厚くケアして下さった看護師の皆さんのおかげで、順調に回復できた事に本当に感謝しております。
http://y-tezuka.net/index.php?UID=1176297624

*ポカラ最新情報:治療のやりかた
入院期間が病院によって物凄く違うのです、治療をして戴いた東京女子医大病院は実に丁寧、確実です、申し分の無い対応と言って良いでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/pokharastupa/33121152.html

*うろうろドクター:検察は神なのか!
この事件は東京女子医大が経費節減のため、本来ならば一回の使用で交換するべき人工心肺のフィルターを繰り返し使用されていたことが事故の原因です。
http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/12959521.html

*介護・医療について考えるブログ:57例目の移植
阪大病院では40代男性に心臓を、30代女性に膵臓と腎臓を、東京女子医大病院では50代女性にもう一方の腎臓をそれぞれ移植したという。
http://ka-i-go.jugem.jp/?eid=2518

*日本の心・さいき:為になるかも知れない本(その151)
先週と同じくM先生と心カテをした。M先生は外科タイプだなあ(当時、S先生とM先生が東京女子医大で心カテなどの専門的な技術を習得していた)
http://blog.goo.ne.jp/221414/e/e09cdc43bd664969fe2d12ff006d8d56

*Life Record 2007(Refined Life):手術のエピソード 1
東京女子医大にしたのは、昔 「婦人科」というと、何故か(巷では) 東京女子医大と言われていた。 母の叔母もそこで手術した。
http://ameblo.jp/life-record2007/entry-10040140557.html

*Taku Sakaushi : Diary:東京女子医大
東京女子医大の緊急外来に飛び込む。応急処置をすると、外来に見てもらえと言われる。この病院はとにかく混んでいるのだ。
http://ofda.jp/sakaushi/diary/2007/07/post_540.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 22:18 | コメント (0)

 

大阪大学医学部付属病院〔阪大病院前〕

「大阪大学医学部付属病院〔阪大病院前〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「今年6月から「美容医療相談外来」が始まりました。美容手術を受けたが予想に反する状態になってしまったときに相談を受けることができる外来診察です。」



=2007年7月20日収集分=

*オカンのひとり言:毎度 お疲れです。
阪大病院へお見舞いに行きました。14階の食堂。。。。リーガーロイヤルホテルが入っていまする眺めもよいのでございまする
http://blogs.yahoo.co.jp/okan19502000/32312460.html

*Tシャツ投資館「至福路」 −メセナ・音楽・トレーディング −
親の診察の時間を待つため、コーヒーを飲もうと食堂に行くと手前にスターバックスができていた。病院でスタバかよ。ここまで来たのか、という感だ。
http://plaza.rakuten.co.jp/xifukuro/diary/200705220001

*sunny's つれづれ日記:お客様感謝デー!阪大寿司で上にぎり♪
大阪大学医学部付属病院(阪大病院)の、最上階にあるスカイレストランは有名ですが、お寿司屋さんや鰻屋さんもあるのをご存知ですか?
http://diary.hokusetsu.main.jp/?eid=182210

*start up dream:セカンドオピニオン外来
阪大病院のセカンドオピニオンは、一時間31500円。主治医への紹介状を書く時間を含めて、一時間です。単純に考えると、高いですね。
http://blog.livedoor.jp/hopeknot/archives/50559083.html

*タイトル考え中:絶望したッ
阪大病院に「検査できますか?」とメールしたところ「阪大病院では、麻疹の検査はやっておりません。」との返信を頂きました。
http://handaishogi.jugem.jp/?eid=70

*遊ぼう ! ジメさんの ひろば:阪大病院検査結果 & エアロビックス
目を通して下さり「よく出来ているね、分かり易いよ」「印刷上がったら送って来なさい。外来受付に置いてあげる。」と応援して下さった。
http://plaza.rakuten.co.jp/jimesan/diary/200706140000

*シフォンママの徒然日記:父その後
阪大病院に寄っちゃったら、こっちの病院のほうがきれいだな、こっちの病院に入院させてやりたかったな〜って思うんじゃないかな。
http://blog.livedoor.jp/chiffon928/archives/50758867.html

*入部 香代子:くもり
阪大病院にでかけました。見舞いに来られた人たちの出入りのドアの前に、ツバメの巣があり4匹の子どもが口をあけて待っていました。
http://plaza.rakuten.co.jp/irube/diary/200707090000

*欣印日記はてな:曇り
阪大病院のこのそっくり返ったようなエラソウさは何様?しかも阪大は初診予約までよその病院経由じゃないと駄目なんだとよ。超感じ悪い。
http://d.hatena.ne.jp/odakin/20070712

*大スキ!広末涼子さん&『ビーチボーイズ』:1963年7月18日のミコと・・・
看護婦さんたちの配慮には感謝の気持ちでいっぱいになったが、反面、それほどまでにミコさんの危機が迫っていることを知り、心身が凍りついた。
http://hirosueryoukosan.at.webry.info/200707/article_66.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 22:17 | コメント (0)

 

岡山大学病院〔大元〕

「岡山大学病院〔大元〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「幅広い診療を有しており中国地方屈指の総合診療科を持っています。また、臓器移植法における指定を受けている為、幾度かの脳死移植が実施されています。」



=2007年7月20日収集分=

*副業の虎:夢の癌治療薬が完成したらしい!
臨床試験が終わってなく,さらに10年ぐらいかかるのかな?副作用の問題もあるが,投与してもらいたい人は岡山大学へ行けばいいかもしれない。
http://ameblo.jp/koko878/entry-10027934836.html

*なーがのなんでも日記:歯が痛いので病院に行く
そんな感じでむし歯科の診察室へ。入るとすんごく広いです。治療台が20以上ありそうです。聞くとむし歯科の先生だけでも20人以上いるそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/phpksghi/diary/200704240000/

*Good by! よらしむべし、知らしむべからず:マゴット(Maggots)くん・・・
オーストラリアの先住民のアボリジニは数千年の昔からこの治療法を使っていたとのことで、アボリジニにかぎらず世界で行われていたそうです。
http://c3plamo.slyip.com/blog/archives/2007/04/maggots.html

*AI:糖尿病による足の切断を回避《注目されるマゴット治療》
欧米を中心に見直されつつあります。臨床試験としてマゴット治療を導入している岡山大学病院心臓血管外科の三井秀也医師に聞きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/monaaa3_mona/18875308.html

*なーがのなんでも日記:「妻の誕生日」と「歯科」と「パワーヘルス」
それと、5月14日の追加治療費とか言って1150円取られました。そんなこともあるんですね。何がどうかかってるのか、不明です。
http://plaza.rakuten.co.jp/phpksghi/diary/200705280000

*超・B型的生活:一大決心。
朝の9時過ぎに受付をして、予診が約1時間半後とさらに2時間後。そして肝心の先生の診察にかかったのは、午後3時をまわってました
http://blog.goo.ne.jp/berryfields1970/e/d08f5ad3e4343a3df17adaeba72484c5

*〜おなべ道〜:Wの悲劇!!
性同一性障害の人達の癒しであり、頼みの綱でもあり、強い味方、岡山大学病院へ。胸を切除するための、予約をしに、形成外科へ。
http://ameblo.jp/19770916/entry-10036067320.html

*K's Style Blog:入院日記
担当の先生から手術についての説明を受ける。「麻酔をかけて、実際に見て触診してから手術の方針を決める」とのこと。少し恐くなってきた…。
http://blog.goo.ne.jp/ks_perfect-freedom/e/46ce0c257f0ed35ecab62b3d1e893836

*凡夫の日記:まだまだ...
いつもは午前中に終わるのですが今日は混雑していて終わったのが午後2時前でした。昼はいつもの様に病院の中にあるお寿司屋で食べました。
http://blogs.yahoo.co.jp/qchst935/48021958.html

*yousenのうたた夢ばなし:『 君も外科医を目指しませんか??』
模擬体験をすることによりこれからの志望者の増加につなげる目的で、高校1〜2年生を対象に医師団15人が指導するとのこと。
http://blog.goo.ne.jp/chinren0906/e/3529a42662e034c0b7461186a63d90fe

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 22:14 | コメント (0)

 

琉球大学医学部付属病院〔琉大北口〕

「琉球大学医学部付属病院〔琉大北口〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「特定機能病院の指定をうけている病院で、通常の診療だけではなく、専門的な診療や先進的な医療を提供する医療機関です。」



=2007年7月19日収集分=

*何時も笑顔で楽しく♪:琉大病院屋上にて
仕事の関係で琉大病院の屋上に上がらせてもらいました。そこから見る景色は最高!!四方八方どこから見ても沖縄を見渡せるぐらいの勢いでした!!
http://gibsonfender.ti-da.net/e1300240.html

*george'sFamily:通院日
先生はやたら内視鏡手術を勧める。以前にも書いたけど、耳の横から内視鏡を入れて顎の関節円盤を引き剥がす手術。全身麻酔で1週間入院するらしい
http://plaza.rakuten.co.jp/orizo/diary/200704260000/

*いつも心はGoodSide:祝!
「琉大病院のICUに搬送したほうが良いと思われます」大雨の降る夜に琉新は救急車で搬送され、ICUで回復に向けて頑張ることになった。
http://goodside.exblog.jp/5261554

*Gu の 場所:琉大病院の食堂!
Guの弟の付き添いで来て初めて病院でランチです。(笑)なかなか美味い!カツカレーで450円!良心的です。
http://gu6022.ti-da.net/e1530733.html

*Ryukyu yugi《琉球遊戯》:これが2時間前の風景!大雨だったって!
アメがふりあわった後は、濃い霧がかかっていました。山の上に琉大病院があるのですが、これを見る限りわからないですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/ogglotmimic/47845941.html

music for freelance blog2:夏の景色
受付で座って待っていると、頭上から機械音が聞こえ、ふと見るとレールみたいのが敷かれてあって、そこを書類の詰まった入れ物が行き来している。
http://mff.blog4.fc2.com/blog-entry-469.html

*いつまでも海人♪:モーニングセットに日本そば?in琉大食堂
ルンルン気分で会計の番号が出るのを待ちながらブラブラと・・・。で喫茶店の前を通り過ぎた瞬間「えっ?」って後ずさりして二度見!
http://blog.yumefu-sen.net/?eid=637355

*沖縄的雑貨イナミなぶろぐ。:戌の日。
沖縄県で前置胎盤などのハイリスク出産を扱う、3つの病院のひとつ、琉大病院に自分はどのくらいの状態なのか、検査をうけてきたいと思いマス。
http://okizatuka.ti-da.net/e1635880.html

*LIFE WITH BLUES!!:お見舞いそして、居酒屋 銀兆
琉大病院へ担ぎ込まれたのだが、本格的な検査は本日(7/6)にあるらしくて詳細はまだわかっていない。
http://lifewithbluse.ti-da.net/e1641683.html

*海ログ&独り言・・・:今日もあたふた・・
琉大病院の外来にいるのでその時に切りましょうってことになりました。先生は同じなのに病院が違うと切れないっていうのはどういうことなんだろう?
http://gabu-gabu.at.webry.info/200707/article_4.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 00:11 | コメント (0)

 

国立国際医療センター〔若松河田〕

「国立国際医療センター〔若松河田〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「平成5年10月に国際協力に資するための情報・研究・人材育成の各機能と、高度総合診療機能を併せ持つ国立高度専門医療センターとして発足しました。」



=2007年7月19日収集分=

*別れ→立ち直り→がんばる!!:アフリカ→病院
アフリカから帰った次の日早速病院へ行ってきました。一番近場の国立国際医療センターの渡航者健康管理室へ。病院行ったら、私は病原菌扱いでしたわ
http://blogs.yahoo.co.jp/koro12212000/32143788.html

*E Z T:渡航前診断&予防接種
予防接種はA型肝炎だけにしようかと思ったら、ドクターがB型肝炎ウイルスと破傷風もやっておいた方がいいって言うんで、3種類打っちゃいました。
http://d.hatena.ne.jp/TamTam/20070523/p1

*ビアンで、ボーダーライン人格障害の私。:精神科の日。
病院って、いろいろありますよね。救急で運ばれるなら新宿・戸山にある「国立国際医療センター」が最高です。いい病院でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/salut1018/9014251.html

*蘭月の部屋:7月9日〜7月15日。
最初の名前は『短期入院精密身体検査』というものだったそうです。検査を報道した読売新聞が、記事の中でこの検査を『人間ドック』と称したそうです。
http://recollectionsummer.blog72.fc2.com/blog-entry-193.html

*バカ姫日記:人間ドックの日
船が時々ドックに入ってオーバーホールするように、人間も時々病院で徹底的に検査を受けて悪い所があったら治してもらおう、という発想だ。
http://bakahime.cocolog-wbs.com/kenta/2007/07/post_7f23.html

*Ba*Ba*Ba*ばーみゃん:狂犬病
今度フィリピンのセブ島にダイビングに行くので狂犬病が怖くてワクチンをうつことにしました。しっかし。。。予約を取るのが大変でした
http://yaplog.jp/shoujii/archive/9

*中学生no尾っさん:7月12日、今日は「人間ドックの日」
1954年、国立東京第一病院(現国立国際医療センター)で人間ドックが始められた。12000と当時は高額で日数もかかり勤め人の受診は難しかった。
http://blogs.yahoo.co.jp/reoyn20200723/13890212.html

*ちとせ台内科クリニック通信(世田谷区 内科 胃腸科 消化器科 内視鏡)
当時は、国立病院医療センターといっていました。古くは、国立第一病院といわれており、文豪、森鴎外が院長として赴任していた病院としても有名です
http://blog.livedoor.jp/chitosedai_clinic/archives/50942311.html

*ひーこらひーこらばひんばひん :南の空が変な事になってんぞ
最初の講師は三森明夫先生でした。国立国際医療センターの膠原病の部長さんです。まあ、リウマチの超専門家さんですね。
http://d.hatena.ne.jp/gyorui_momoya/20070715

*介護・医療について考えるブログ:在外公館に感染症専門医配置へ
国立国際医療センターを日本の新型感染症対策の中心と位置づけており、派遣医師を通じて、海外の関係機関との連携を強化したい考えの様だ。
http://ka-i-go.jugem.jp/?eid=2637

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 00:08 | コメント (0)

 

NTT東日本関東病院〔五反田〕

「NTT東日本関東病院〔五反田〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「NTT東日本関東病院では今年4月からガンマナイフ総合頭蓋底外来が始まり、スペシャリストの見解や治療法・リスクの話が聞ける外来ができました。」



=2007年7月19日収集分=

*高齢出産46歳 流産、不育症検査を経て第2子妊娠:毛細血管拡張性肉芽腫
ホテルのロビーみたいでしょう?病院なんですよ。患者が選ぶベスト5に入っているのが納得するぐらいのサービス。
http://newbaby.blog82.fc2.com/blog-entry-70.html

*じゅんぼうの徒然雑記:痛み治療専門医 NTT東日本 関東病院 ペイン・・・
三叉神経痛で物がかめない人なんかも一発でなおってました。痛み治療専門医なんてあること知らなかった自分なので興味深く見ていました。
http://blog.livedoor.jp/rometaro/archives/50970872.html

*ゆるやか気ままに田舎暮らし:世界最強のシェフは「ママン」
この病院のシステムはかなり素晴らしいです。予約はずれこんでも30分。待合室も込み合わず本当にびっくりするぐらい、全てがスムーズなのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/a_tablejp/9100222.html

*渋谷発マコログ:入院
有無を言わさず即入院。五反田にあるNTT東日本関東病院。今まで行ったことなかったけど、かなり巨大な総合病院でビックリ。
http://blog.so-net.ne.jp/makolog/2007-06-13

*逃げないほうが楽なんだよ(旧タイトル名:「RSD友の会」):NTT・・・
診察は「年内は無理」ということになりますよね。年内の新患は受付できないというほどの状態になるとはさすがに驚きました。
http://rsd-tomonokai.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_251d.html

*現役保険営業マンの「生命保険徒然日記」:神経因性疼痛(とうつう)・・・
NTT東日本関東病院はこれまでに約100人に脊髄刺激療法の手術をした。効果が落ちてきたり、細菌に感染したりして装置を取り去った人は約10人。
http://hoken-ag-diary.at.webry.info/200706/article_16.html

*徒然日記:メンタル系
物事を悲観的に受け取る考え方がある・・そうで。こうした考え方のクセに気づいて見直す事で抑うつ感や不安感を軽減するのが「認知療法」
http://blogs.yahoo.co.jp/kanakoroseny/48039289.html

*生命線:うつの思考10パターン
昨日の読売新聞朝刊に載っていたが、冷静に読んでみると、昨日はあまり該当していないと書いたが、とんでもない・・・かなり当てはまっていました。
http://blog.goo.ne.jp/onrei74/e/f77be5b25d262f96c0c6dfe9a68c28de

*My Life れぽ:手から汗がでませんか?
私は、これを東京にあるNTT関東病院で手術をうけて直しました。こういう手術は専門家でないといけないようです。
http://weblog.agriservice.sub.jp/?eid=581431

*ルパンのひとり言:うつ病のゆり戻しからの復旧?
NTT東日本関東病院(旧関東逓信病院)の認知行動療法に使用しているテキストに「うつの思考10パターン」という記事が新聞でも紹介されていた。
http://blog.so-net.ne.jp/arsenelupin/2007-07-17

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 00:07 | コメント (0)

 

東北大学病院〔北四番丁駅〕

「東北大学病院〔北四番丁駅〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「2001年度から「がん診療連携拠点病院」として、全国で16病院を指定した中の一つで、中核診療を担う病院です。」



=2007年7月18日収集分=

*ようこのひとりごと:親不知(>_<)
親不知を抜いてもらってきました。約1時間かかって、無事に抜いてもらって一安心。若い女医さんでした。とってもやさしくて安心して出来ました。
http://american-hart.jugem.jp/?eid=214

*いなか小児科医:セキュリティ
うーん、これは不注意としかいいようがなさそうです...。非常に大切な個人情報ですので、注意して扱わなければなりません。
http://swedenhouse-oita.cocolog-nifty.com/pediatrics/2007/02/post_1c72.html

*昭島で働く不動産営業マン業務日誌:ちょっとイイ話
体外から低出力の衝撃波を当てることで、手術と同等の効果が期待される治療法が開発中との事。考案者の下川宏明教授の記事です。
http://ameblo.jp/c21-haijima/entry-10031209300.html

*我が家の日記:次女と散歩
次女と東北大学病院の中をお散歩しました 学生の食堂の横に池があるのですが、鯉や金魚やメダカやオタマジャクシがいて、娘は喜んでました…が!
http://blogs.yahoo.co.jp/shioshiochan2001/32400670.html

*注目記事紹介:心不全
東北大病院は、心臓移植手術が認可されている全国7つの病院の1つであり、心臓と肺の移植手術の両方が認可されている全国2つの病院の1つです
http://plaza.rakuten.co.jp/AttentionArticl/diary/200705240000/

*私と娘のゆっくりのんびり生活:朝日新聞+運動会
東北大病院は、「小児糖尿病日曜外来」が月1回あるそうです。学校や、仕事休まずにすむからいいな〜。
http://miotorio.blog.ocn.ne.jp/wantyan/2007/06/post_0367.html

*ピーマンって、何?:お久しぶりです
東北大病院のプロジェクトチームで、不整脈患者の3年間の経過を記録してるので、せめて3年は生かしたいと願ってるんです。
http://blog.so-net.ne.jp/huko-AKASHIDAI/2007-06-11

*寄り道 まわり道 遠くへ行く道:親不知を抜きました。
「歯科」ってこんなに「科」があるんだ〜とびっくりするくらい多くの科に分かれており、受診の過程も大変システマチックになっています。
http://blog.goo.ne.jp/nakayoshiharinezumi/e/1891f28c8c8da74d146bcf363ae72d3d

*ほぼ毎日カレー:病院選び
東北大は、脳血管の手術をする診療科と脳腫瘍の手術をする診療科がそもそも別の成り立ちから来ているので、脳腫瘍は得意なはずなんです。
http://d.hatena.ne.jp/doublebeko/20070701/p1

*水曜日の在宅医療:高齢者の半数は在宅死を希望しない!
看取りの希望場所は、地域の医療供給体制で変ると思う。もちろん、調査報告にもあったように「高齢者の価値観や心身の依存度・自立度」も重要な要点。
http://blog.goo.ne.jp/jashit/e/bc2378f99d23ac84193aa9bd998cf94b

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月19日 11:38 | コメント (0)

 

鹿児島大学病院〔宇宿駅〕

「鹿児島大学病院〔宇宿駅〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「鹿児島大病院で2001年5月に全国に先駆けて女性専用外来が開始されました。当初は内科の女性医師8名が女性特有の疾患を診察します。」



=2007年7月18日収集分=

*桜人とマダムビーズの丼まわし:マトヤ
面白い研究論文があると渡してくれたのが、「痛風患者になった医師による痛風研究」と言う鹿児島大学病院長の納光弘ドクターが書いたものだった。
http://blogs.yahoo.co.jp/sakurajinyapoo/4010137.html

*ドンマックのつぶやき:父の大動脈瘤騒動
大動脈瘤を指摘されたのは3年前。個人病院の健康診断で見つかり、鹿屋市にある公立病院に行き、最後は鹿児島大学病院の血管外科を紹介された。
http://donmac.blog.ocn.ne.jp/tsstj/2007/03/post_9346.html

*永田小耳症形成外科クリニックと愉快な仲間たち:いまだに形成外科も無い大学病院の存在
しかし、2007年となった現在でもまだ、形成外科が、科として独立していないか、存在しない国公立大学病院が多く存在している。
http://acrejuvenation.blog71.fc2.com/blog-entry-440.html

*しんごの徒然草:通院でした
各科の待ち人数を確認すると、なんと0人!神経内科そんな少なかったっけ…?ちなみに鹿児島大学病院の神経内科は全国トップレベルの診療とのコト。
http://blog.livedoor.jp/nori_20070319/archives/51017590.html

*とらのすけの題名のないブログ♪:岐阜赤十字病院で温熱療法施設整備へ
鹿児島大学病院でこの療法を体験して効果が出てるお友達もいますし僕も自分で考えてとらのすけスペシャルとしてやって効果を感じてるからです。
http://blogs.yahoo.co.jp/toranosuke4you/48763352.html

*藤田家通信:おっどろきぃ〜〜
鹿児島大学病院、いつも人が多い・・あ〜さっき、書いたね。ここに来る時は、DS持参で、待っている間、ゲーム三昧まあ、3時間以上が、ほとんど
http://blog.goo.ne.jp/chihoryuu/e/1cd9f67fc32208710767841ba615b558

*杜父魚文庫ブログ:「さらば、京都大学病院」 石岡荘十
病院としての評判・評価が落ちることを慮って、5月10日、鹿児島大学の坂田隆造教授を招聘、同教授の指導の下、5ヶ月ぶりに心臓手術を再開した。
http://blog.kajika.net/?eid=582062

*海びより。猫びより。:エコー・・・・7.5ヶ月健診
鹿児島大学病院の医師による診察。これがなかなか面白かった。肝臓だの腎臓だの臓器の状態をひとつひとつ エコーで説明してくれたのだ。
http://mizumanju.exblog.jp/5911310

*国語通信:良い病院を選ぶには
鹿児島市に自宅を有しているので、鹿児島大学病院を選んだ。手術前の2週間にわたる念入りな検査と対話、そして手術、手術後の処置など、申し分なかった。
http://kubo-g.cocolog-nifty.com/kokugo/2007/06/post_9a9c.html

*ファン・フォー・ファン:口腔外科に行って来ました6
今日は早く鹿児島大学病院の口腔外科に着いたのはいいのですが、9:00の予約なのに10:00前になってやっと呼ばれました
http://yaplog.jp/bluemountain/archive/559

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月19日 11:36 | コメント (0)

 

北里研究所病院〔白金高輪〕

「北里研究所病院〔白金高輪〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「院内の前フロアにわたって絵画が展示されており、「絵のある病院」としても親しまれています。化学物質過敏症外来などの専門外来もあります。」



=2007年7月17日収集分=

*情熱!女医の美容クリニック開業日記
我が恩師の送別会でした。北里研究所病院美容医学センターを立ち上げ、日本におけるアンチエイジング美容外科のパイオニアである宇津木龍一先生です。
http://plaza.rakuten.co.jp/signorasaramama/diary/200703230000

*日下部知世子のアロマテラピー:美人延命
北里研究所病院に美容医学センターが出来た1999年の夏から先生に定期的にマイクロスコープで見た肌診断と状態をカウセリングして頂いておりました。
http://aromatherapy.hospitality-bank.com/?eid=134783

*これでいいんでしょうか?:化学物質過敏症外来〜初診
厳しそうなドクターだったが真剣な気持ちは伝わってきた。残念なことにきついことを初診で言うために2回目以降足を運ぶ患者さんは少ないらしい
http://weblog-01070606.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_3da0.html

*さぁ!次は再建だ!!:エキスパンダー手術、日程が決まりました。
病院の前は、古びた商店街なのだけど、よ〜く見てみると、古い住宅を改造したレストランが、何軒かある。車で通ったときは気が付かなかったな〜。
http://plaza.rakuten.co.jp/1212okire2/diary/200706130000/

*さみしがりやのひとりずき:なんちゃってつわり体質 つづき
予約がいっぱいですぐにというわけには行かなかったが、北里研究所病院の化学物質過敏症外来で診察を受けることになった。
http://sukikiraisuki.jugem.jp/?eid=5

*ナベログ:日記 「体調不良と北里研究所病院」
北里病院はお見舞いで行ったことがあり、かなりいい印象だったのですが、改めて患者として行ってみて北里病院は素晴らしかったです。
http://www.atsushi-watanabe.com/archives/2007/06/post_185.html

*学食ラーメンブログ ピエロ:学食のつもりが・・・。
北里研究所病院の食堂をのぞいてみることに。2階のレストラン、つくし。メニューを見たが、高っ!!!とても学食のレベルとはいえない値段が並ぶ。
http://gakura.seesaa.net/article/45990261.html

*タカさんの平穏な日常:化学物質過敏症
5年前に化学物質過敏症の外来ができた北里研究所病院の先生は、「化学物質に関して、特に医師は無関心で認識が遅れてしまった」と言います。
http://deadman-takahiro.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_e543.html

*ほのぼのダイアリー“ゆーり's side”:雨の日、迷子。
卒論で終末期医療に対する意思表示について考えていると伝えたところ「何かあったら連絡してくださいね。資料なんか送りますから」と。
http://blog.livedoor.jp/pooh724/archives/50666174.html

*みそぢからの美肌道:スキンケアはシンプルすぎてもいいの?
実はこの洗顔法の提案をされている北里研究所病院美容医学センターには2〜3年前に一度受診に行ったことがあります。
http://blog.livedoor.jp/hibiki626/archives/51005392.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月17日 21:49 | コメント (0)

 

昭和大学病院〔旗の台〕

「昭和大学病院〔旗の台〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大学病院で初となる聴覚障害者外来が3月からスタートとなりました。これから大学病院でもどんどん増えていくといいですね。」



=2007年7月17日収集分=

*Let it be...:聴覚障害外来スタート
画期的な「聴覚障害外来」がはじまります。昭和大学病院といえば日本聴力障害者新聞でおなじみ「ドクター高橋」こと高橋英孝先生がいる病院ですね。
http://docile.way-nifty.com/nwes/2007/02/post_2e17.html

*お腹すいた〜!:久し振りにお勉強
今春からは、聴覚障害専門外来の開設される昭和大学病院で薬剤師として、またスタッフや学生への手話指導者としてお勤めされるそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/rikachinharapeko/diary/200703170000

*ノーマル:退院しましたが
予定より少し遅れて昭和大学病院から帰還しました。無事退院、と書きたいとこなんすが、またもトラブル。右腕が麻痺しちゃいました。
http://normal.jpn.org/diary/2007/05/post_259.html

*早瀬憲太郎&早瀬久美blog:ろうなんのコト。
昭和大学病院でやっている聴覚障害者外来の撮影がありました。本当は毎月第1,3,5土曜日なんだけど、昨日は特別に時間を作って撮影をしました。
http://hayasekumi.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_4d28.html

*ちゃちぇ☆:聴覚障害者外来の取り組み
パソコンでナビゲーターシステムを開発中。「どうしましたか」と医者がマイクに言えば、文字表示され手話画像になってでてくるというものです。
http://plaza.rakuten.co.jp/hitoaki0111/diary/200705190002

*明日吹く風〜Don’t worry,Be happy!!〜:聴覚障害者外来。
手話ができるボランティアさんが診察まで対応したり、筆談用の器械を使ったり、モニターや電光掲示板などで情報を与えたりと工夫がされています。
http://blogs.yahoo.co.jp/signlanguage_taka/19826888.html

*「主治医が見つかる診療所」糖尿病:菅原医院イービジョンクリニック
平野先生、昭和大学病院第一内科の教授です。専門分野は糖尿病、代謝、高脂血症ということですので、コレステロールが専門ということですね。
http://tounyoubyousugawara.seesaa.net/article/43540919.html

*明日も早起き:雑音まみれ
今日は朝イチでカンファ。のち教授回診。教授回診はほんと長くて、午前午後、お昼をはさんでブチ抜き。さすがメジャー。循環器はほんとに入院が多い。
http://yaplog.jp/d-i-m-c/archive/24

*頚椎ヘルニア道:昭和大学病院
神経根ブロックって治らないもの。。。治らないでしょ!??H先生はボクのライフスタイルまで考えて手術の時期を検討してくれるとてもいい先生
http://herniaer.exblog.jp/5792655

*Oh!サム日記:復活!
今回はさすがに行こう!消化器系の病気には、昭和大学病院はいい病院だと思います。技術の高い先生がたくさんいらっしゃいます。
http://ameblo.jp/z42/entry-10039962077.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月17日 21:46 | コメント (0)

 

京都大学医学部附属病院〔京阪丸太町〕

「京都大学医学部附属病院〔京阪丸太町〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「京都大学医学部附属病院は、明治32年の開設以来106年の歴史を持ち、現在30診療科、1,182床を有する特定機能病院の一つです。」



=2007年7月17日収集分=

*リンチョコ日記:どうした
京大病院行ったんですが、待ち時間のあの長さにゃもういっそ殺してー状態で…凄く辛かったです。あ、でもノロウィルスの方が辛かった。
http://ringchoco.blog62.fc2.com/blog-entry-305.html

*あれこれ、それこれ。:あれ〜〜〜。
資料を見て「この状態では僕たちが何か出来る範囲を超えてます。何もしなければ後1年。治療して2年ですね。」と笑みを浮かべながらの告知となった
http://baromi.exblog.jp/5555044

*Kyoto Corgi Cafe:感無量・・・
「ドトール」でアイスラテを飲みました。感動です。いや、別に繁華街ならどうってことないんですが、京大病院の中に「ドトール」があるのです。
http://mmcmpny.exblog.jp/5343833

*日々是好日:京大病院 外科の教授を飼い殺しとはもったいない
教授にふさわしい心臓血管外科専門医を自前で育てられなかったという事実が、米田教授の上の意見の正当さを裏付けていると見たはひが目か。
http://blog.goo.ne.jp/lazybones9/e/5540b10f99a29f125a13c2716fa84450

*buono:レーザー手術
「もりもー」が(男子)何年か前に受けたときは「京大病院」で40万くらいかかってた・・・でも、バッチリ見えるようになってた。
http://yaplog.jp/arugelo/archive/416

*辻斬り☆ブロ斬り:静岡県に行く
2つの科あるんですけれど1時間くらいで無事終わりました。それにしても京大病院は広いです短距離レースできるくらい広いです。
http://chrono0120.blog88.fc2.com/blog-entry-142.html

*ダンボ独り言:病院のハシゴ
京大病院の地下に駐車して病室に行くまで、驚きの連続だった、ここは繁華街の地下街か?と錯覚を起こした。コンビにもレストランも、喫茶店もある。
http://hirosi-dambo.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_0bfb.html

*ゆみのすけ日記:お見舞い
病室から外に出たんだけど、病院の中にドトールコーヒーがっ!すっごーい…!! すすんでるんだねぇ…大学病院へ行くことのない私は感激でした
http://yumi-no-suke.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_026d.html

*みこたんのお小遣い日記(移植日記):京大病院外来日
大学病院は主治医がよくかわるので、今まで、相談し易い先生だっただけに、今の先生になってから、もともとの病気の根本的な話が出来にくくなった。
http://mikotan21.blog103.fc2.com/blog-entry-20.html

*天気が良いから散歩でもしてみよう:精神科に行ってきました
患者さんがけっこう残っている様子なので、かなり待たなければならない感じ。予約は、AM11:00 なんですよ。PM1:40 受診。
http://ameblo.jp/nep-nep/entry-10039593984.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月17日 21:42 | コメント (0)

 

日本大学医学部付属板橋病院〔大山駅〕

「日本大学医学部付属板橋病院〔大山駅〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「この病院では、4月から新たに睡眠センタ?という専門外来が開設し、近年増加傾向にある不眠にいち早く取り組んでいます。」



=2007年7月13日収集分=

*だめ男日記:働きすぎ!
働きすぎで、自殺なんて考えられない!でも、過労によってやる気が失われていることはよく言われる。人の痛みのわかる上司が少ないのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/massa_168/3664537.html

*豊さの追求:睡眠を知る
睡眠センタ−は、不眠症、過眠症、睡眠呼吸障害などの問題を抱える人達に、診療科を超えて専門的治療を提供できるよう作られたものだ。
http://blog.livedoor.jp/take9981/archives/50276232.html

*気の向くままに:湿疹が…
検査してもらった方がいいからと日大板橋病院を紹介された。やたら待たされました…(今日は特に混んでたらしい)。結果はやはり中毒疹。
http://yaplog.jp/y9905/archive/369

*When You Got a Good Friend:また、手術っっっっっっっっっってか!
シャント閉鎖をしたはずの右腕に血流が復活。名医曰く「もう一度やらしてください」げー、本気かよ。このあいだ抜糸したばっかっし。
http://roji.jugem.cc/?eid=744

*ChemChem通信:医療事務・・・遅れてる?
事務的な対応としては遅れている?それとも、進歩しようという気がないのか・・・・と感じたのは私の身勝手でしょうか。
http://giyaoa.exblog.jp/5953762

*Snow Fairy:第二外科の医局
高校生の時に、日大板橋病院の「第二外科」の医局で「アルバイト」をしました。高校生の私を面白がってか先生方が可愛がってくださいました。
http://winter-tale.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_a98b.html

*生活記録:日本大学医学部附属板橋病院
胃薬と食欲の薬出された再来週また超音波検査?することになって、でもおなかもだけどたちくらみとかがひどいから東洋医学科とかゆーのも予約行った
http://blogri.jp/5052675/entry/1183583697

*シュフジン(主婦人):長男のたんこぶ
診察を受けた病院は日大系と繋がっていて日大板橋病院を紹介してもらった。池袋からバスで20分くらいのところにある日大板橋病院。
http://ameblo.jp/isizuka/entry-10038921611.html

*想いのままに。。。:神の手
リウマチや変形性関節症等の疾患に効果のある「人工関節置換術」で自ら副院長及び執刀医を務める日大板橋病院にて多くの成果・実績があります。
http://yuukan.blog6.fc2.com/blog-entry-920.html

*チビタンブログ:笑顔が消える。。。
今日は、その専門の先生が来ると言うことで行って来た。先生から仰る言葉に少し安心できた。一般的の症状より軽症で、徐々によくなるだろう。
http://fumio1200c.blog15.fc2.com/blog-entry-607.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月13日 21:47 | コメント (0)

 

東海大学医学部付属病院〔伊勢原〕

「東海大学医学部付属病院〔伊勢原〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「地域の中核医療機関としての使命を果たすために、高度救命救急センター、健診センターなどの多彩な施設・設備を併設しています。」



=2007年7月13日収集分=

*等身大のオレ〜「テニス一筋!!」元サッカー部〜:病院いってきました。
こっちは、くそいてぇから病院来て、さっさと治せよ。今日、MRIできませんか?ってきいたら、当日のMRIは緊急の人用だから。無理。だとよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ahcharada/28384563.html

*Coffee Time!:とうとう抜けたので…
金曜日に抗がん剤の治療に行ったときに先生に「今日なら良いですよ」とOKをもらったので東海大病院に入っている理容室で剃ってもらった。
http://plaza.rakuten.co.jp/agathafan/diary/200703180000/

*難病「ムコ多糖症(MPS)」患者とその家族の日替わり日記:ファミリー・・・
東海大学病院に`骨髄移植のために'全国から来た、小児科の患児・ご家族用に建てられたファミリーハウス『かもめの家』。
http://blog.muconet.jp/?eid=533778

*BLACK JOKE:気持ちが落ちています
これからも東海大病院には行きません。俺が救急車で運ばれたときに拒否されたからです。死んでいたかも知れない。それが、大動脈解離でした。
http://sky.geocities.yahoo.co.jp/gl/wm73010/view/20070421/1177128393

*いっしょ。:おかえりー!
東海大病院に行ってきたんですが、すごいね、あそこは!診察カードがないと話にならず、名前もほとんど呼ばれない。
http://bebymeyrin.blog93.fc2.com/blog-entry-236.html

*タンザニア アメミのひとり言 ポレポレでいこう。:アメミの二人の・・・
血液検査や内診をしてなんでそうなったかを(流産)先生に尋ねました。ここの先生は『不育症』治療で有名な先生もいて行ったのですが・・
http://blogs.yahoo.co.jp/amemmy0109/8360320.html

*毎日えがおでハッピーに!:病院探し
不育症で有名な東海大学や城西病院は、遠すぎるし←新幹線で約5時間 ほみぃ。の住んでいるところは不育症外来のある病院なんてないし
http://egaodesiawase.blog95.fc2.com/blog-entry-25.html

*どうなる?脱歯科技工士物語。:入社準備
東海大学は物凄い立派な建物&設備でした。今まで見た中で一番の病院でした。コンビニ、郵便局、理髪店、旅行会社まで併設されてました。
http://ameblo.jp/fukkoman/entry-10035867873.html

*wao @ log ! :ドク・ヘリ
通称ドクヘリがあります。救急車のヘリコプター版です。救急車より緊急を要する方をヘリで、例えば伊勢原の東海大学病院とかに運ぶのです。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/wao_camp_field/view/20070623/1182602191

*暇つぶしの日記:不育外来、再び
不育に関する日本の第一人者の先生が東海大学にいるから、遠路はるばる伊勢原まで訪ねたわけだけど、いかんせん遠すぎる。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/joppari26/view/20070630/1183200245

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月13日 21:46 | コメント (0)

 

癌研有明病院〔国際展示場〕

「癌研有明病院〔国際展示場〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「明治41年に創立された日本初のがん専門機関であると同時に、日本におけるがん研究及び治療機関の最高峰の一つとして知られています。」



=2007年7月13日収集分=

*V . O . A:「ゆりかもめで散歩」
会計は診察券を入れると自動的に支払いが出来、従来のように会計するのを待っている必要ない。食事も3食選択制で色々組み合わせが出来る、と言う。
http://red.ap.teacup.com/reverendaso/474.html

*東京日記:こんなことがありました
しかし、紹介状が必要だし、予約時間もとっくに終わっている。このときには、とにかく一刻も早く診てもらわないと、という思いであった。
http://blog.goo.ne.jp/akoko227/e/e318ecc92345aab9fb4e36214a18d55b

*がん患者会『シャローム』:癌○医師の返信!
有明病院の医師から待ちに待ったメールが届いた。この病院は、国内のがん専門病院の中でも一番歴史が古く、かなり有名な病院である。
http://sugitocancer.blog87.fc2.com/blog-entry-124.html

*やれやれ:日建!!
すごくきれいで、お呼び出しも、ポケベルみたいので呼び出されて、とっても便利なものが使われていたのよ。わたしゃビックリしたさ〜
http://yaplog.jp/himi0320/archive/34

*☆闘病生活&日々日常の記録・・☆:地域格差か・・
癌研有明病院か・・甲状腺でも有名な病院なんだよね・・ここで 診察受けたら何て言われるのかな?遠いのは本当に何も出来ない。。
http://blogs.yahoo.co.jp/kazu_egaode_ganba2525/33001930.html

*Danchoのお気楽Diary:のどかで最先端の癌専門病院
それにしても、写真のような庭園のある、のどかな雰囲気で、とても癌専門病院とは思えないです。検査の結果は、全く問題なしでした。
http://blog.goo.ne.jp/dancho_1969/e/c351a1e67fe92d4ca235be2a92664b14

*読書日記:がん緩和ケア最前線
有明病院では、終末期でも患者の希望をできるだけ叶え、満足してもらえる治療に取り組んでいるという事例がいくつも紹介されています。
http://kamezo.cc/blog/entry/25833

*にゃんとも絵日記時々コレハマ!!:ゆりかもめに乗って♪
結果は、来週になるのだけど、問診の先生も、マンモの先生もエコーの先生も全部女性で、気分的にラクチンでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/sanae1/diary/200706280000

*私 の 癌 日 記:外来抗がん剤治療 記事
有明病院外来治療センターでは、入院中に重い副作用やアレルギー反応が起きなかったなど、主に4条件を満たした患者のみが外来治療を受けられる。
http://blogs.yahoo.co.jp/musasiryou/49485306.html

*ポワァァァン:山田邦子さんに見る乳がん検査
岩瀬拓士乳腺科部長は「たばこはどのがんにも良くないが、がんと最も関係のあるのは家族歴、つまり血縁者に患者さんがいるかどうか」と説明する。
http://blog67140.arekao.jp/entry-1c42328fd63e8515ac0f8c33409871ba.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月13日 21:44 | コメント (0)

 

都立駒込病院〔田端〕

「都立駒込病院〔田端〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「乳がん治療が有名で各科がネットワークで結ばれているため、患者の様々な状況に対応が可能です。基本的には乳房を可能な限り残す方針で治療にあたっている。」



=2007年7月12日収集分=

*行くぞ!世界一周。:病院に検査へ向かう
電話で聞いた都立駒込病院で検査を受ける事に。費用はクレジットカードの保険でまかなわれるとのこと。病院に着くと検温と検便の後、診察を受ける。
http://blogs.yahoo.co.jp/genkideska123daaa/6174931.html

*みほ☆ブログ:ヲタドク
診察室掛け持ちして走り回ってて、いつもすごく忙しそうなの。私の経過は低め安定「もう1回くらいヨード治療したい?」と聞かれ、したいわきゃない!!
http://yaplog.jp/mihocco/archive/986

*若手医師セミナー:感染症診療の原則:職弁
久々に駒込病院で昼食を食べました。職員弁当のご飯が白米or雑穀入りごはんのどちらかを選べるようになっていました。安いのでありがたいです。
http://blog.goo.ne.jp/idconsult/e/6fc566ab7c70abbddd6629fc83fe006c

*散歩好きの絵描き:5年目の介護生活。
名目では35000円以上は戻って来ることになっているが、実際は保険対象外の費用が多く、20万近い負担の月でも、殆どが戻って来ず、がっかりした。
http://m4s.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/507523_ea71.html

*東京都議会議員 増子ひろきの活動レポート:東京都医学研究機構評議・・・
駒込病院にあるのが「臨床研」です。世界的な研究をしている分野もあり、特許を取得して特許収入を得たりしているくらいです。
http://masuko.exblog.jp/6211754

*彼方へ:谷根千
都立駒込病院も隣にあって、慌ててそちらに向かう。用を足してホッとした後、少し院内を巡ってみる。古そうな病院でスタッフもほとんど見かけない。
http://kk4u.jugem.jp/?eid=645

*ともパパ日記:ピペットグラスは、いかが・・
「ピペット」というと「駒込ピペット」を思い出すのですが、なんでそんな名前かというと東京の駒込病院で開発されたからということです。
http://ameblo.jp/tomo0712/entry-10036665802.html

*芙蓉庵の【富士塚日記】:240 ハマグリ富士
駒込病院の外溝工事中、貝塚が発見されたところで、土器や石器の他、シジミ、カキと一緒にハマグリの貝殻も出土したんす。
http://hibiscusfujizzz.blog.shinobi.jp/Entry/240/

*春りんどうの里通信:鬼瓦先輩の旅たち。
翌日に東京駒込病院に転院した。移植例も日本一の病院に入院したので安堵はしたものの、療養のかいもなく、昨日天に召され永久の旅にでた。
http://plaza.rakuten.co.jp/harurindou/diary/200706280000

*すみれカフェ:青虫
今でも現役で駒込病院、つきに1度は大島診療所と診察していらっしゃるのですが明るくてとても可愛い(年上の方に失礼なのですが)のです
http://blog.livedoor.jp/smk_84/archives/50996688.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月12日 21:33 | コメント (0)

 

大塚美容形成外科〔大塚〕

「大塚美容形成外科〔大塚〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「整形に興味があるけど、お金や術後の心配でためらっている人が多いです。やはり脂肪吸引が一番人気ですね。」



=2007年7月12日収集分=

*こもブログ:ビューティーコロシアムの疑問(笑)
なんで大塚美容外科の先生は、希望以外の所までイジりすぎじゃない?(かえって、おかしくなったんじゃない?って思う時がある)
http://plaza.rakuten.co.jp/comomo64/diary/200702080000/

*ぐちやらなんやら:おかしいと思うんだ
「きっかけ」として自信を持てるようになるなら、やることは有意義だと思う。そうじゃなくて「私の見た目さえよければ…」と取れるんだよね
http://kimiope.blog59.fc2.com/blog-entry-271.html

*オザキクリニックの裏カルテ:有名になると
亡くなられた大塚美容外科の石井院長がおっしゃっておられたような、「その人の人格全体を診る。」というのとは程遠いと思います。
http://ozaki-clinic.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post.html

*脂肪溶解注射の体験談・口コミ情報ブログ:大塚美容外科のメソセラピー・・・
今回は、この大塚美容形成外科で実施しているメソセラピー(脂肪溶解注射)の情報を調べてみましたのでお伝えしたいと思います。
http://sibouyoukai55.com/article/37926799.html

*よりみち。:あとは半田先生にお任せ。
色素沈着とかシミって、病気というよりは美容外科の領域なのかな〜?なんて思い、大塚美容外科でカウンセリングしてもらったんですよね。
http://ameblo.jp/romeo178/entry-10031422325.html

*美容外科Blog:美容外科について
最近は美容整形する友達が増えている。私も目の美容整形をしたいなぁ〜なって思ってきた。でも、美容外科ってどこが良いのかわからない。
http://xn--7rs34dn46b29e.blogspot.com/2007/04/blog-post.html

*のやこ自由帳:色々要らない報告
大塚美容整形外科に相談してしまいました。オンライン相談だよ。 面白半分っていうか本気半分なんですが。ホクロ&歯並びが最大のコンプレックス!
http://noyako.blog61.fc2.com/blog-entry-1739.html

*日記~心のリハビリを兼ねて〜・・・。:PCの調子が・・・
凄く綺麗なんです。ホテル並みです。従業員も見た所女の人だけで、先生も女なのですけどね。受付、料金の支払い、もとっても美しい女性でした。
http://yaplog.jp/sakuralove1127/archive/376

*S:もうすぐ朝です
大塚美容整形外科に行くしかない!その前に金だよ!とりあえず40万ぐらい貯めないと!無理じゃね…いいえ無理じゃない!何か良い方法があるはず!
http://zakyoudesuyo.jugem.jp/?eid=502

*心筋梗塞:大塚美容整形外科
私の鼻がもう少し高かったら私の胸がもう少し大きかったら大塚美容整形外科。その選択肢に私の身長がもう少し高かったらってのはねーのか!!!
http://ameblo.jp/girlfriend/entry-10039418385.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月12日 21:31 | コメント (0)

 

市立札幌病院(桑園駅)

「市立札幌病院(桑園駅)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「市立札幌病院には、手話通訳者がいて診察、検査の時、各種相談窓口を利用する時などコミュニケーションが必要な場面でサポートしてくれます。」



=2007年7月11日収集分=

*りこ in Australia:痛いっ!!!
市立病院の正式な名前って「札幌市立病院」じゃなくて「市立札幌病院」なんだよ!!札幌市なんだから「札幌市立病院」がいいよね!!?
http://den3gurigaeshidebye3.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_529e.html

*浦島久の玉手箱:コンビニ強盗
痛みはないのですが、治療の際に行われる写真撮影がまぶしくて大変です。目に強力な光を当てられるのです。その光を直視し続けなければなりません。
http://www.joyworld.com/archives/urashimasnote/2007/03/post_373.php

*KAZ日記:やっと
札幌市立病院を紹介してもらったので、紹介状片手に行ってきたんですよ。人が多くてね診察までに2時間、終わって会計までに30分待ちました。
http://hiro28.ddo.jp/blog/archives/2007/04/post_418.html

*北国から:市立病院の花
妻の1か月ごとの定期検診で、札幌市立病院に行ってきた。駐車場から病院正面玄関までのアプローチには、草花や花木がきれいに咲いていた。
http://moiwayama.seesaa.net/article/42596616.html

*北海道・札幌ススキノのライフ:札幌に感染症病棟が完成
感染すると、死亡する危険が最も高いとされる、エボラ出血熱やペストなどに感染した患者を受け入れる病棟が市立札幌病院に新しく作られました。
http://blogs.yahoo.co.jp/d_toyota04/12318498.html

*医療ミスと愛の物語 途中から 御来場の方は、最初からお読み頂けると・・・
市立札幌病院で統合失調症の70代の女性患者が朝食時に物をのどに詰まらせ、死亡した事故があったが、同病院が未公表にしていたことが分かった。
http://plaza.rakuten.co.jp/hospitalkago/diary/200706020001/

*50代、主婦の好奇心:札幌市立病院周辺
私と一緒に過去の記憶をたどりながら、売店、食堂などをのぞく。病院の売店には珍しく、品揃えが豊富だ。特に駄菓子の類は、半端じゃない量。
http://plaza.rakuten.co.jp/jewel7/diary/200706080000/

*歯科医師「だいこん」の日報:今週も終わった・・・
その昔 札幌市立病院でも似たような事が有りまして・・・友人だったのですが色々考えさせられる出来事でした・・・
http://drdaicon.exblog.jp/5712869

*Icchomet The Giant'Journal:札幌市立病院.com(ドット混む)
ちょっと検査して、薬もらうだけで計5時間ぐらい待たされた。病院いって具合悪くなってさっきまで寝てたよ(笑)まだぼ〜っとしてるけど・・・。
http://icchonet23.blogzine.jp/blog/2007/07/com_4625.html

*御三十乃花道2-Road to CHINA-:第一次!!健康診断!
がんばって早起きして、午前9:45に受付完了。内科、血液検査、心電図、レントゲン、眼科、耳鼻科とまるでドラクエのように病院内を駆け巡り・・・
http://ping-tian.jugem.jp/?eid=11

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月11日 23:08 | コメント (0)

 

北海道大学病院〔札幌〕

「北海道大学病院〔札幌〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「平成15年に北海道大学の医学部附属病院と歯学部附属病院との統合による改組により、北海道大学病院となったそうです。」



=2007年7月10日収集分=

*紙屋 正のボヤキ:やってられません
生後まもなく心臓の手術を受けた男の子が重い障害を負ったのは医療ミスが原因だとして、損害賠償を求める訴えを起こしたみたいですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/mouko558/9000458.html

*コンサドーレ 「梟名」への日記 〜 12 EQUAL 11 PLUS 1 〜:新年度早々から・・・・
紹介状をもらわないで行ったので、2,625円の「保険外併用治療費」というのが、初診料とは別に掛かってしまいました。
http://www.consadole.net/kyoumei9/article/330

*しゅっせうお 〜転職猫〜 いつかはぶりになるんだい!:人は何時間眠れるか
大学病院といえば、もっとごっつ混むかと思ったのですが、ここは新患も制限してるし、再診はほとんど予約制なので、ぜんぜん混みませんでした。
http://ameblo.jp/shusseuo/entry-10035541855.html

*迂回路:生体肝移植で医療ミス?
医者としても患者としても嫌いなのですが、事故を発表した上で「ミスではないと認識している」なんて言うあたり少し痛ましく思えてしまいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/drjohnny0626/8688386.html

*じゅんろぐ:脳外科のパンフレットから
脳外科対象疾患の症状について解説したパンフレットで、外来の待合の壁にポケットを設けてそこにおかれていました。
http://tjunblog.blog11.fc2.com/blog-entry-642.html

*のらねこのくらし:借金返したい
出前に行ったのが 「ICU 集中治療室」でした。届けるのに治療室の入り口まで行ったら、奥からピッピッ・・・とあの音が。ちょっと緊張しました。
http://nekodannsyaku.blog67.fc2.com/blog-entry-68.html

*ここだけの話なんだけど:ネタのようなお医者さんたち(大学教授編)
みなさん黒板になったことありますか?私は小学校5年〜中1のころにかけて、北海道大学病院へ検査のため通ったときに黒板になりました。
http://ameblo.jp/tubuyaki315/entry-10037296201.html

*じゅんろぐ:眼科受診
また初診扱いで、受付で20分かかってしまいました。昨年はそれでも、外来へ上がったらすぐ名前を呼ばれたのですが 今回はけっこう待たされました。
http://tjunblog.blog11.fc2.com/blog-entry-651.html

*放浪医者日記:感情を大事にしない日本の病院
北大病院では患者の暴言に対応するために警察OBが「保安員」として雇われるようです。アメリカでは病院入り口に保安員がいるのは当然の光景
http://doc-tanu.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_be4f.html

*カリスマ彦爺 バンザイ:事故の瞬間
セカンドオピニオンとして診察を受けました。しかし大学病院の教授は「このケガによってあなたの人生が変わったと思ってください。」と言われた。
http://blogs.yahoo.co.jp/yasuhiko913/11639860.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月10日 23:00 | コメント (0)

 

帝京大学医学部附属病院〔十条〕

「帝京大学医学部附属病院〔十条〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「総合周産期母子医療センター」として、認定されている医療機関で、ハイリスクな妊娠・出産に24時間体制で治療に当たれる環境になっています。」



=2007年7月10日収集分=

*七色の虹と変化球:胃カメラ・・・
現在は、痛くない『胃カメラ』なのは、容易に推測出来ます。しか〜し、僕の経験した、数十年前は、僕にとっては地獄でした。
http://d.hatena.ne.jp/rainbow-dash/20070201/1170288379

*大東京男の一人暮らし:検査状況4月
途中まで一緒に歩いて道を教えてくれたし、インフォメーションの人も初診の受付書類の書き方をわざわざ隣について教えてくれた。
http://takeiteasy.cocolog-nifty.com/diary/2007/04/post_ad3c.html

*今週の小野学園:素敵な女性になりたい!
第1回目のロールモデル講演会が開催されました。帝京大学病院で小児科医をなさっている百村芽衣先生に来ていただき、お話を伺いました。
http://onogakuenblog.typepad.jp/blog/2007/05/post_4a32.html

*医学処:テリー伊藤氏の斜視の矯正手術成功。お値段は3万円。
帝京大学病院関連の眼科の先生が手術したんでしたっけ。斜視の角度も50度とかなり大きいものだったのですが、見事手術成功ということで。
http://venacava.seesaa.net/article/42951553.html

*rock and roll blog:ホームシック
帝京大学病院なら、やっと退院できたとせいぜいする位に医師や看護士の評判が悪いらしいが、俺の入院先は正反対でそれがホームシックの理由だと思う
http://blog.livedoor.jp/rock_blog/archives/50863488.html

*kokoro  晴れ時々うつ!:手足の骨折に 超音波治療法
最近、手足の骨折に超音波をあてることにで、治療期間が半分くらいで治るらしい。帝京大学病院の整形外科の教授が話してました。
http://sakuramom.seesaa.net/article/43819667.html

*蔵:良かったです
今日、帝京大学病院に行ってきました。受付から終了まで結局3時間ぐらいかかり、晴香が検査した時間は合計で15〜20分でした( ̄▽ ̄;)
http://blogs.yahoo.co.jp/yukiekamikura/50007210.html

*二人で歩んだ道:落胆・・・
色々な医者がいるけどまだまだお医者様状態の医者がいることが残念だった。この人が帝京大学で医者を育ててるのかと思うとぞっとする
http://keikokeiko238.spaces.live.com/Blog/cns!6FE7D9373EF491E5!700.entry

*庭でボンヤリ…:精検11160
診察が異常に遅れたのと、形成外科にも紹介されて、整形に戻って針精検…。検査が午後になり、他の先生も来るからと遅れ、麻酔は効かないし…
http://gardener.roses1000.com/?eid=656576

*健康連載nikkansports.com:【第146回】際立った症状表れない
甲状腺がんの特徴を話すのは、帝京大学医学部付属病院外科の高見博主任教授。そして、もうひとつ付け加えた。「女性が圧倒的に多くなっています」
http://blog.nikkansports.com/life/health/archives/2007/07/post_652.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月10日 22:46 | コメント (0)

 

筑波大学付属病院〔土浦〕

「筑波大学付属病院〔土浦〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「生体腎移植ドナーの腹腔鏡下腎摘出や悪性腫瘍に対する陽子線治療などの先進医療の開発にも力を入れています。」



=2007年7月10日収集分=

*『えがお』でいこう!:半年以上待ちました・・・
筑波大学病院の宮本先生の外来です。この先生、発達障害を専門にする先生で、とっても人気があるらしく、予約をいれてから半年以上待ちました。
http://blog.goo.ne.jp/fiona505/e/4115f23e4d011ef0b633ac5a0c9389a0

*元ヤオイ少女の本棚:妊婦の薬の服用について相談できる場所
出産後は子どもが2ヶ月くらいのときや1歳半ころに高熱が1週間ほど出ましたがそのときに薬が飲めなかったのがつらかった記憶があります。
http://plaza.rakuten.co.jp/naahtaah/diary/200705090000/

*タグログと愉快な仲間たち:筑波大病院再び
今日の予約人数1700人と表示がありました.つくば市の人口がおよそ20万人なのでつくば市の人間の約1%があの病院に集まることになります.
http://ameblo.jp/tagulog/entry-10033640094.html

*親父コーチの出たとこ勝負:人間ドックに行って来ました
他にも職員やお医者さんの対応もよくなりました。私が痩せるきっかけの一つだったメタボドクター(太ったお医者さん)もいなくなりましたね。
http://rugby-j.at.webry.info/200705/article_16.html

*タンタンのブログ:筑波大病院
筑波大病院での診察は初めてでした。とくに厳しいことは言われなかったみたい。でも、会計に時間がかかりすぎたらしく、大変だったみたい。
http://plaza.rakuten.co.jp/joetintin/diary/200705170000/

*もといの本人は大真面目な日記ブログ:ウキーーーーーー
今回は筑波大学付属病院だ。友達と医大のはなしになったのだがあの病院に戻りたい俺がいる。看護婦さんが可愛いとかいうわけではなく完全な慣れだと思う
http://motgon.exblog.jp/5421316

*Ho'o Ponopono:いよいよ。今年も。
昨年に引き続き筑波大学付属病院で実験研究が進められている、「テディーベアの癒し効果」へ寄付金が贈られ、講演も行われます。
http://yaplog.jp/hoo_ponopono/archive/52

*腹式呼吸カウンセリング:研修医のストレス、自殺予防
筑波大学附属病院で、研修医の指導にあたる前野哲博氏の話が紹介されている。要約す ると、研修医のかかえるストレスは、3つある。
http://blog.canpan.info/jitou/archive/1195

*ととろの部屋:はからめの芽が出ました
茨城県筑波大学附属病院にて今月から人工内耳の装用手術が始まることになったからです。待っていました。多くの人たちが待っていたと思いますね。
http://diary.jp.aol.com/edmtyuk/32.html

*つくばだより:母乳外来
母乳外来の日。助産師さんが、母乳や育児について相談にのってくれます。まずは、の体重測定。一日30g前後増えているのが平均らしい。
http://plaza.rakuten.co.jp/19701117/diary/200706260000

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月10日 22:44 | コメント (0)

 

東京大学医学部附属病院〔本郷三丁目〕

「東京大学医学部附属病院〔本郷三丁目〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「外来患者数は一日三千人以上の人が訪れます。上野不忍池が近く、交通の便も良い場所です。」



=2007年7月9日収集分=

*アーバンシニア:がん検診(検査)の案内が来た。
過去に、東大病院の手術担当医に「あなたは進んだ乳がん」という宣告を受けて、それが、”誤診!”だったという、そら恐ろしい経験があるからです。
http://editors.txt-nifty.com/madam/2007/06/post_0cd0.html

*居合・剣術・抜刀:実家に久々帰ってみた
親父が入院手術しお見舞いに東大病院にも行きましたが昔の面影も無くきれいな病院で食堂から不忍池が見えます。まあ親父も元気でなによりで・・
http://blogs.yahoo.co.jp/satoru8317/11466159.html

*普通次男のなんちゃら日記:東大病院
御茶ノ水から移動待合室と化したバスに乗って無事に潜入しまして、いざ診察!三回目の診察だからこなれたもんです。待ち時間1時間、診察に45秒。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryota370_09/22102594.html

*「続・どう考えても、お先真っ暗ノート」:肝臓の神様
その時。父さんと母さんはこう言われたそうだ。肝臓の神様に。いともあっさりと。「悪くなったら(移植を)、いつでもやってやるよ」
http://blogs.dion.ne.jp/akitafuki/archives/5853815.html

*K to K:再発かもしれない…
予約受付はとっくに終わっていて、通常一ヶ月間でギリギリ取れるかどうかだけれど。代表、救急、小児外科当直と繋いでもらって事情を説明した。
http://blog.livedoor.jp/kyotta5213/archives/50967581.html

*まどから見える空:メロンとマンゴーココ
東大病院小児科に入職した看護師さんとバッタリ。大きな病院だから診療科が違い、病棟の階が異なるとなかなか出会うチャンスが無い。
http://blogs.yahoo.co.jp/salondeyakkun/49641615.html

*薔薇子の微妙な日常:七夕
季節の年中行事を良くするほうで七夕も大きな笹と色とりどりの短冊が準備されて入院患者それぞれが短冊に様々な願い事を書き入れ吊るしていた。
http://barah.blog71.fc2.com/blog-entry-39.html

*ぐうたらオヤジの写真帖&フルート奮戦記:明日から入院
東大に限らず独立行政法人になったところは結果のいかんにかかわらず病院都合ですぐ退院させてしまいます。患者本位の医療とはいえなくなりました。
http://baron-nishihiro.at.webry.info/200707/article_2.html

*二万マイルの株・食・遊・日記♪:夢の島
乗組員は東大病院と国立第一病院に移され、懸命な治療を受けるのですが、病院には治療に必要な水爆(ブラボー)の資料がありません。
http://plaza.rakuten.co.jp/goodtime/diary/200707080000

*TEAM☆MOEKO:東大病院
皮膚科に行きまちたぁ初めての先生なんですけど、『宮垣朝光』先生。毛むくじゃらで太っていて、朝光って感じした(笑)
http://blog.livedoor.jp/moekodapo/archives/64679562.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月09日 22:01 | コメント (0)

 

東京慈恵会医科大学付属病院〔御成門〕

「東京慈恵会医科大学付属病院〔御成門〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「イギリス医学である「病者を病に悩む人間とみる医風」へと転換すべきだとの理念から、高木兼寛が明治15年、有志共立東京病院なる慈善病院を発足させたのが始まりです。」



=2007年7月9日収集分=

*年の差夫婦のおきらくごくらく:喘息再発
夜間対応している病院で小児科の先生が夜勤しているところを探しました。休日の夜中だったのですが対応してくれて本当に助かりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ririsyun2006/4905059.html

*日本を征服だ!:若くして死ぬ。
手術を失敗した先生は非を認めたくない一心から、真実を話した先生の事後処理が悪くて傷口が塞がらなかったと言い出したのだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/feelingblue/diary/200703100000

*気分で書き込まれる日記:東京タワー、のそば
大病院はすごいね。簡略化、簡略化。ロボットのように動く看護師の皆様に、電子カルテ。「ハイ、次は何番へ行ってください」ってな感じの流れ作業。
http://blog.goo.ne.jp/asanoshunsuke/e/f2754e6be3dd8ae76396a77707bf4fdb

*泉直樹のスポ芸!!:白い航跡
高木は医学会から異端者扱いを受け、爵位もかなり遅れることに。それでも、慈恵医大病院の設立など、大きな功績を後世に残す。
http://plaza.rakuten.co.jp/nacky046/diary/200705280000

*日々のあれこれ:盲腸
私の病院は慈恵医大でした。病院食はまずいと皆が言ってたので、そうなんだろうなあと思っていました。が、これがおいしかったのです。まず温かい。
http://blog.goo.ne.jp/gomashio777/e/d1590269d2ecf8b51854b0eed963f675

*plarine chocolat:慈恵医大のレストラン パティオ
今日は家族で、慈恵医大のレストラン パティオにいってきました 病院のレストランなのに、普通のレストランより綺麗で味もすごく美味しかったです
http://plarinechocolat.blog45.fc2.com/blog-entry-234.html

*煩悩柳行李:新橋にて
薬は院外処方なので、近くの調剤薬局へ。約35分待ちとの表示。診察は予約制なので、ほぼ待ち時間がないのでたすかるが、薬局が混んでいる。
http://diary.jp.aol.com/tycnwhn5/714.html

*Color My Holiday:アゴが痛い!!
顎関節症の権威の先生がいらっしゃるらしく、僕と母親は治療してもらえて完治することを信じて疑わずに行きました。
http://blog.livedoor.jp/maniacseaplay/archives/50952085.html

*北條宏泰の音楽レビュー大興奮!!:Think Positive
カフェラテでもを買おうかと思ったけど、止めた。しかし、病院の中にまでスタバが在る時代。全て商売に結びつく。まあ、便利な時代だ。
http://plaza.rakuten.co.jp/hojojo/diary/200707050001

*お台場日記:退院
自動受付機が通らず、再診受付で30分、整形外科で90分、画像診断部で40分、再度整形外科で80分、会計10分、院外薬局で10分。
http://blogs.dion.ne.jp/odaiba_diary/archives/5870665.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月09日 21:59 | コメント (0)

 

杏林大学病院〔三鷹台〕

「杏林大学病院〔三鷹台〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「昔の名医が患者さんからは金銭を受け取らず代わりに杏の苗を植えさせたことから良医は杏林と呼ばれるようになりました。杏林大学の名はこの故事に因んでいるそうです。」



=2007年7月9日収集分=

*最初はSAH:いい病院、いいドクター
「センターでは私が絶対断るなといってるので『栗田が怖くて断れない。引きつっても笑顔』といわれてます」っておっしゃっていました。
http://blog.goo.ne.jp/sahmayamama/e/100047b5cc3ba5290a42a89b71308560

*看護師つんこの看護レポート:看護師つんこ 睡眠障害外来!
睡眠障害の種類ったら、50種類くらい、あるらしい…。杏林大学病院の先生が、お出になっていました。専門外来あるそうです。(睡眠外来)
http://tunkono1.livedoor.biz/archives/53970270.html

*今日の1曲:一時はどうなることかと
MRIは予定が詰まっているらしく22日にしか取れなくて、しかも医者が学会に出るとかで結果の説明は6月1日でないとできないということでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/nonkig3/32614218.html

*私ともっぴーの前向き日記:いつかは行ってみたい病院♪
自分の中に全く記憶が無いけれど、家族の話では初めにして一番絶好調だったらしい杏林大学病院にだけはいつか行ってみたいと思っています
http://moppy1108.blog93.fc2.com/blog-entry-210.html

*姫女ゆうなのブログ:睡眠障害を疑った日+お好み焼き屋
初診ということもあり、かなりの待ち時間を費やしてしまいましたが、特にやることもないので、ただじっと待っていました。
http://plaza.rakuten.co.jp/yuunahime/diary/200705160000

*Mitakeの小箱:ホントに、どこでも寝れます。
10時予約の診察がかなり早まって10時前には診察は終了。そして10時40分ごろには検査も終了し、会計をしたのは10時50分ごろ。
http://mt-mitake.way-nifty.com/mitake/2007/06/post_ddfe.html

*ひろあきのページ:睡眠時無呼吸症候群のための病院(3)
紹介されたのが杏林大学病院の耳鼻科の先生です。手術自体は全身麻酔なのでいつのまにか記憶がなくなり気がつくと終わっています。
http://blog.so-net.ne.jp/fuse/2007-06-05-2

*Keyword Blog @ SEO対策:ローソン川の蛍
再び厚生労働省の支援を受けて新たに血清をつくったそうで、現在ヤマカガシの出血毒に対する血清は下記の施設で保有されているそうだ。
http://blog.zaq.ne.jp/senri/article/495/

*パステルデー:悲劇だぁ〜
皮膚科の当直医もいたからすぐ終わると思ったけどみっちが着いてすぐに救急車で運ばれて来た人が皮膚科に行って2時間も待ちました。
http://yaplog.jp/mitchi/archive/938

*寛太の日々徒然:夜間診療
杏林病院の見立てには賛否両論あるけれど、やっぱり夜間診療してくれる大学病院が家の近くにあるのは安心できます。
http://kanta0901.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_7b62.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月09日 21:57 | コメント (0)

 

聖マリアンナ医科大学病院〔向ヶ丘遊園〕

「聖マリアンナ医科大学病院〔向ヶ丘遊園〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「骨セメント専門外来があり、各科と連携診療体制を充実させ、2006年7月末現在、骨セメント注入療法を施行した患者数は115例、180椎体以上に達しているそうです。」



=2007年7月6日収集分=

*お留守番犬connieのまったり生活:家族で咳の風邪
聖マリアンナ医科大学病院の救急診療は、とてもシステム化されていて、看護師さんもお医者さんも優しそうな感じでとても印象よかったです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bamkero0413/4796247.html

*Lyrique☆な部屋:インフルエンザにかかっちゃいました!
マリア様の像が有るからには、カソリック系の病院ですね・・・シスターも受付周辺で居らして、対応が優しく、なんとなく安心感が有ります。
http://plaza.rakuten.co.jp/Lyrique/diary/200704030001

*EYE’s Spirit:新人看護師が辞めていく
報道されていた聖マリアンナ病院では、新人フォローの専門家がいらして、毎日、新人さんを訪れて、フォローしているそうです。いい制度ですね〜♪
http://plaza.rakuten.co.jp/eyecafe/diary/200704280000

*Samurai日記:聖マリアンナ
気胸ですね。分かってます。2日前より少し回復してますので2週間後にまた来てください。4時間待ったのに〜、、、、。
http://caxixi.seesaa.net/article/44024249.html

*劇作etude:「難病ジストニア」
「ジストニア友の会」に、私も参加させてもらってる。 聖マリアンナのある神奈川はあまりに遠くて、今の状態では交流会にも参加できない。
http://kujiraza.blog105.fc2.com/blog-entry-619.html

*世の中の辛さを噛み締めるBlog:今日のの独り言
どこの病院も電話しても診てくれないって言うし 問い合わせしてみたら皮膚科で見てくれるのは聖マリアンナだけだって言うし
http://ameblo.jp/aboutus2010/entry-10035437914.html

*頚椎ヘルニア道:聖マリアンナ医科大学病院(整形外科T先生)
椎間板がはみ出ているのが問題ですねとか、骨棘の形成が問題ですねとか、C5−6間が問題ですねとか、もっと話す事はないんですか?
http://herniaer.exblog.jp/5642166

*mama-ken:ひとまず、ホッ
超音波検査の予約がいっぱいで、朝9時から本3冊持って待機。空き時間に割り込みで検査しました。検査するまで2時間待ち。結果きくまで3時間待ち。
http://blog.livedoor.jp/naonao1015/archives/50989551.html

*+ドタバタ+年子育児日記:精密検査
精密検査受けてきました・・。う〜ん・・・待ちますねぇ・・。かなり待ちつかれたよ・・。だって・・うるさいひろちゃんが居たから・・・w
http://yaplog.jp/hinoan_s/archive/442

*日々の冴えない生活から:私が医者を嫌う理由
今は任せて帰ってくださいといわれこの時点で余り信用できなかったのです。私が質問しても殆ど無視「大丈夫ですよ」としか言わない
http://blogs.yahoo.co.jp/daikann2000/11121694.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月07日 01:42 | コメント (0)

 

三井記念病院〔秋葉原〕

「三井記念病院〔秋葉原〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「三井11家が設立者となって、明治42年「三井慈善病院」として設立されました。昭和45年4月、社会福祉法人に改められたのをきっかけに「三井記念病院」とかわりました。」



=2007年7月6日収集分=

*末日聖徒のいい夫婦の活動:白内障の手術
それは、眼科部長の赤星孝幸医師です。世界的に有名で、海外から教育講演や公開手術に招かれて、その技術の普及に尽力しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/a151e/47379274.html

*東京の下町に住む普通の家族の1日:虫垂炎
超音波検査はやたら時間がかかり、別の先生まで入ってきてモニターをみながら何か話し合っている。(すごい不安!)
http://blogs.yahoo.co.jp/tkyk1960/30603785.html

*はるよぴんスペシャル:ネコなのか?
三井記念病院の眼科はテレビで「評判」とやったらしく異常な混雑らしい。「テレビ報道により、ただいまの待ち時間は8時間です」って、張り紙。
http://blogs.yahoo.co.jp/haruyo_pin/30605842.html

*人生は楽しく生きましょう:医者の診断はすべて正しいか?
赤星先生に手術をお願いしました。完全に回復するとのお話を伺い、その先生による手術は、まったくの無痛で片目、約5分ほどで終わりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/amatias2103/3446796.html

*DIYで日曜大工:「三井記念病院」赤星隆幸眼科部長
そんな妬みまじりの目で見ていたんですが、番組の終わる頃にはなんてすばらしいお医者さんなんだ!ともう、ウルウルしていました。
http://diy27.livedoor.biz/archives/53970200.html

*mimi日記 プリォとリンと, 時々,ダンナ:私とおばぁちゃん☆
やっと三井記念病院の院長先生に病名を突き止めてもらえました。うちのおばぁちゃんは『HTLV―1関連脊髄炎』という完治しない難病です。
http://blogs.yahoo.co.jp/mi_mi_net/5599969.html

*加藤督朗の日記:只今三井記念病院中
予約して来てるのに全然順番回ってこないんすけど(-_-;)帰ってもいいっすか・・・大きい病院大嫌い!いやぁ〜暇でむずむずしてきたぁ〜
http://masaakikato.cocolog-nifty.com/since20040518/2007/05/post_f39c.html

*moonの「文句あるなら言っちまえ」:手術終了&覚書
後で聞いたのだが、その時間にはすでに医師二人による診察が済んでいたらしい(まだ誰もいない間に時間をかけて診て下さったそうだ)。
http://moon-moon.at.webry.info/200705/article_4.html

*愛しの厄年・内膜症Days:麻酔
三井記念病院での、歯科医による麻酔事故もひどいものだ。自分の家族だったら、友人だったら、彼らはあんな現状はつくらなかっただろう。
http://mj-moca.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_90cc.html

*我が子可愛や!親バカ目線育児記録日誌:スバラシイ国
ハルヒトの小児科は家から近い三井記念病院にかかってる。先週、「新型DPT」予防接種しないかという電話があった。
http://ohmychild.blog105.fc2.com/blog-entry-78.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月07日 01:40 | コメント (0)

 

埼玉医科大学病院〔毛呂〕

「埼玉医科大学病院〔毛呂〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本国内では、性別適合手術を先駆的に行った大学として知られていますが、2007年5月からいったん中止となっています。」



=2007年7月6日収集分=

*When I Dream:遺族外来というもの
癌で亡くなった患者さんの家族の苦悩を見て、心のケアという意味で残された家族の苦悩や不安を軽くしてあげられないか・・・という事ではじめられた。
http://blog.goo.ne.jp/peaceacoustic/e/15735f378354fcd9b7f0d92653a7f9fb

*いつもグラグラ:院内感染拡大、病院は怖い所?
院内感染が蔓延している埼玉医科大学病院では平成12年に初めて患者からこの菌が発見され、手の打ちようがないまま165人にまで増えてしまった。
http://apocalypse.blogzine.jp/guragura/2007/03/post_ea3e.html

*うつむけ寝健康法:抗生物質が効かない
埼玉医科大学病院では3年間で150人から164名以上が感染。8人が死亡し、2人は感染との因果関係が否定できないとされた。
http://blogs.yahoo.co.jp/fukushimura05/29743695.html

*ホッピー先輩の日常:長期戦
遅ければ二週間以上になるようなので、予想外の長期戦になる模様。この病院、山深い場所にあるので通うのは大変ですが、息子の為ならがんばります。
http://andy37927.blog39.fc2.com/blog-entry-561.html

*医学生による情報ステーション:心臓移植
残念ながら移植に関しては後進国です。基本的に関東で心臓移植を受けられる病院は、東京大学病院・東京女子医大病院・埼玉医大病院の3つだけです!
http://mdisyourheart.blog81.fc2.com/blog-entry-195.html

*ShimoKen Works:今日もでっかい病院に行く
セカンド・オピニオンの結果は、完璧という回答だった。医師も病気についてよく知っているので、気持ちをくみ取ってくれるのもありがたかった。
http://www.shimoken-works.com/blog/archives/2007/05/post_594.html

*そこに「ジャーナリズム」はあるか:性転換、中核病院が中止
埼玉医科大学以外にも手術を行っている大学はあるが、件数が限られる上、特に女性から男性にするには高度な技術と経験が必要だという。
http://ameblo.jp/dreamer120but/entry-10037434407.html

*続・さくら草とメダカと山と渓流:「鼻曲がり」
考えてしまった。埼玉医大病院に通い始めたのが一昨年の10月。最初は毎月・・・途中から2ヶ月に一回。その間先生が4人代わった。
http://white.ap.teacup.com/key0228/290.html

*杏仁メランコリー:あーあー
あらゆる場所にアルコールの消毒液が備え付けられて、病棟に出入りする時は毎回手を消毒してました。衛生観念はちゃんとしてる病院だったけどなー。
http://patricia13.jugem.jp/?eid=44

*vocefeliceブログ:「もろ、山」
埼玉と名が付くなら、もっと行きやすい場所に作れば良かったのでは…(>_<)なんとか辿り着いて驚いた。大きい!古い!そして、病院全体が、山。
http://angel.ap.teacup.com/vocefelice/227.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月07日 01:37 | コメント (0)

 

山王病院〔青山一丁目〕

「山王病院〔青山一丁目〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「山王の産婦人科は有名ですが、もともと不妊治療に力を入れていた実績から産婦人科が有名になったようです。」



=2007年7月5日収集分=

*Voice from Heart:お母さんの声を赤ちゃんに届けませんか!
日本朗読文化協会のメンバーが、山王病院母親学級の中で、赤ちゃんへの胎教として妊婦さんとご一緒に絵本を読むという時間を持つようになって1年半。
http://blogs.yahoo.co.jp/robanomimi_a/46573013.html

*Minamiの力を抜いてケセラセラ♪:「勝ち組」と「負け組み」
ゴージャス施設が売りの山王病院は、病院に入るところは1つで、その先で産婦人科とリプロダクションセンター(不妊外来)に分かれるらしい。
http://blogs.yahoo.co.jp/minami4050/45945632.html

*ふくのちょっとした話・・:人間ドック
これは、もしや悪いところが見つかって 再検査なのか・・・・・と、思いきや お詫びの電話でした。検査結果に血圧が記入されていないとの事。
http://blogs.yahoo.co.jp/mtryd099/48754917.html

*Welcome to Yuko's Home Page:初めての人間ドッグ
ロビーを入ると、中央にグランドピアノが!ここはホテルか??と思わせるような佇まい。中央が吹き抜けになっていて、そのそばには螺旋階段が。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/yukobuu20000607/diary/200706080000

*野中りえのブログ『ノムりえのお品書き』:初☆人間ドックで一安心
土曜日という事もあり、山王病院は意外に混んでてビックリ!「人間ドック、こんなに受ける人がいるんやぁ‥‥」30代以上の人たちでしたが‥‥。
http://plaza.rakuten.co.jp/nomurie/diary/200706090002

*EX 丸の内バイリンガルOLの国際派な生き方:人間ドック 終了〜
その待ち合い室内で骨密度検査があったり全体的に手狭な感じ。婦人科系の女医さんはもう少し温かみのある方がよかったかも。
http://ameblo.jp/eigo-marunouchi/entry-10036754248.html

*アルコウ会78年度卒業生:今日から入院
明日来て入院になるのなら、今日から入院の方が楽でしょうと言って、入院指示を出してくれた。山王病院のこういう対応は実にありがたい。
http://blogs.yahoo.co.jp/wakclassof78/10570025.html

*ALOHA Life:Rinaちゃん
ウワサには聞いていましたが、ホテルのようにゴージャスな雰囲気。産科病棟がとっても静か!!ゆっくり産まれたての赤ちゃんと向き合える環境です。
http://aim.blog.ocn.ne.jp/aloha_life/2007/06/post_c5c6.html

*そして人生は続く:仲間がいっぱい
会社の近くだから何かあると通っている山王病院は、不妊治療で有名なところ。だから、高齢と思われる妊婦さんがたくさん通院していた。
http://soshijin.blog98.fc2.com/blog-entry-71.html

*大矢公子 イエスさまと共に歩む足跡:行ってきました、山王病院
青山一丁目から徒歩5分。家から約40分です。まるでホテルを思わせるようなたたずまい、これが病院かと小さな目がまん丸、お口がアングリ。
http://plaza.rakuten.co.jp/luke2006/diary/200707040000

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月05日 22:09 | コメント (0)

 

国立成育医療センター〔成城学園前〕

「国立成育医療センター〔成城学園前〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「胎児から始まって、新生児、小児、思春期を経て次世代を育成する成人世代に生じる疾患に対する医療と研究を推進する目的で2002年3月に設立された厚生労働省所管の施設です。」



=2007年7月5日収集分=

*46歳 流産、不育症検査を経て第2子妊娠:高齢出産 国立成育医療・・・
他の病院に比べて、低体重、双子ちゃんの赤ちゃんが多いせいか母乳指導にはうるさくはなく、初めからミルクとの混合の方が多いです。
http://newbaby.blog82.fc2.com/blog-entry-94.html

*ひなたの成長記録:28週の時の 不安
成育は紹介状が無いと入れない紹介状が無いと出産は一年待ちとか?全国から紹介状を持って来るらしい...
http://plaza.rakuten.co.jp/hinadesu/diary/200706030000

*素敵生活 ☆ in 上海:受容
成育医療センターに通院するようになると、様々な病気や障害を持った子供達を見かけるようになりました。
http://blog.goo.ne.jp/shanghai-beauty

*Andanteでいこう♪:続・食物アレルギー
国立成育医療センターは予約は2ヶ月待ち。受診も一日学校を休んでいかなくてはいけませんので注射を手にするまでは3ヶ月ほどかかるかもしれません。
http://blogs.yahoo.co.jp/marble_chip139/9907213.html

*hiropiroの妊娠から出産、そして育児日記:生後61日:子育て支援・・・・
国立成育医療センターに行くお母さんにも出会い話などできた。アトピーには成育がいいと聞き、予約をしたが3ヶ月先だったと。すごい人気の病院だこと。
http://plaza.rakuten.co.jp/hiropiro02/diary/200706200000

*星の聖地:体外受精児追跡調査
毎月病院へ連れて行かなきゃならないってことでしょ??国立成育医療センターって・・・・・私が最後の手段として行こうとしてる病院ですが・・・・
http://blog.goo.ne.jp/prier-les-etoiles/e/e28bf7b4483d788c1ca2b6126cef3875

*今日もおいしい1日。:貧血
ホントに大きな病気の子が行く病院だから仕方ない。子供専門の病院だから、待ち合い室のプレイルームなんかもものすごく充実していました。
http://blogs.yahoo.co.jp/minomamma/33540519.html

*Dear life:娘の治療
初診が9月になると言われました!3ヵ月先なんてありえないので最初に掛かった先生からお願いしていただき、2週間後に診ていただける事になりました。
http://chi-h.at.webry.info/200706/article_5.html

*のんびり不育症日記still born:成育受診
診察にかかった時間から言うと、1時間20分ほど。資料を携えまず天使たちのことから入った!すんごい詳しく今までは軽く流されたことまでがっつり。
http://yaplog.jp/tic-micra/archive/212

*カンジさんのソファー:マクドナルド・ハウス
先月、世田谷区にある国立成育医療センターに行った時のこと。敷地内の看板に『マクドナルド・ハウス』と書いてありました。
http://blog.so-net.ne.jp/kanji321/2007-06-30

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月05日 22:07 | コメント (0)

 

東京都済生会中央病院〔赤羽橋〕

「東京都済生会中央病院〔赤羽橋〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「厚生労働省の所轄で正式名称は社会福祉法人恩賜財団済生会(おんしざいだんさいせいかい)といいます。老人や障害者などの福祉施設も開設・運営しています。」



=2007年7月4日収集分=

*モヘちゃん日記:赤羽橋 東京タワー
前回、心臓の手術をしたものここにゃんでらない病院よりは安心にゃり(´∀`)すぐ近くに東京タワー足までちゃんと見える(`∀´)
http://ameblo.jp/mohechan/entry-10025897070.html

*隊長日誌:石の医師の意思
大して変わりが無いからどーでもいい、という感じで、半年後の予約だけさせられましたよ。済生会中央病院、どうも腎臓系はダメな気がする。
http://geronimo.megaforce.org/?eid=644859

*よね小のTSG&K式投機日記 T(淡々と)S(粛々と)G(愚直にw)&・・・
不整脈だけは相変わらずなんですが。一番最初にかかった済生会中央病院で心臓のカテーテル検査をやったときには、確かに狭心症と診断されたのですが。
http://mp33usa.exblog.jp/5619204

*有名シティホテルのドラッグストアーと伝統薬局スタッフのエブリデイ
ボランティアで済生会中央病院 健康体操教室に行ってきました。ある医師が患者さんに健康のための運動をしてもらうために始めた教室です。
http://plaza.rakuten.co.jp/koyasu/diary/200702270000/

*目の病気と症状・目の健康情報ガイド:東京都の白内障の手術を多く・・・
白内障の手術の経験が多く、手術についてもきちんと説明してくれるようです。進行具合によっては入院する方が望ましい場合があると言われています。
http://www.eyeselfmedical.com/2007/03/post_750.html

*あきこの様子。(how she is doing.):人生2度目。
今日は初めて近所の済生会中央病院に行ってみた。待つこと2時間、診療3分。会計の待ち時間10分、薬の受取りに見込み待ち時間40分。
http://akikoakikotoyota.spaces.live.com/Blog/cns!3BF2AE07A90DBDF!138.entry

*医療事務入門講座:済生会
第2次世界大戦前は生活に困っている人に対する支援や無料の診療を行ってきたが、現在は公的医療機関として病院のほか、社会事業施設を経営している。
http://1medical.net/cat91/2151.html

*モンブラン男爵:椎間板ヘルニア
「花嫁が泣いていたら明日、顔が腫れて台無しになるぞ。出来る限りのことをしよう。だからもう泣くのはよしなさい。」そういってくれました。
http://eye-kumax.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_ed5a.html

*夢みるtakochan:赤羽橋・済生会中央病院
また、eizchanが2歳の頃入院した頃は、もっと古い病棟があり、確か冬場はだるまストーブに石炭をくべてた記憶があります。
http://takozchan.exblog.jp/5830395

*やんちゃビーグルの食いしん坊日記:立て続けに入院したけど・・・
看護婦さんの中には悪魔が宿っている人も最近増えてきました・・・病院選びは慎重に・・・♪個人的には、済生会が、一番質が高かった・・・
http://johnkichikun.iza.ne.jp/blog/entry/206785

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月05日 00:10 | コメント (0)

 

虎の門病院〔虎ノ門〕

「虎の門病院〔虎ノ門〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「虎の門病院は、1958年(昭和33年)5月20日に設立された国家公務員共済組合連合会の総合病院です。」



=2007年7月4日収集分=

*ふじけん探検隊:禁煙の波が・・・
上の画像は、東京・霞ヶ関の隣にある「 虎の門病院 」という大きな病院。ご覧の通り、この病院に乗り入れられるタクシーは「禁煙車」に限ると!!
http://blogs.yahoo.co.jp/fujiken1915/47325244.html

*Megとポメラニアンジローのおうち:聴性脳幹イ ン プ ラ ン ト
虎ノ門病院は、人工内耳装着やABI装着などほかにも高度な耳鼻科医療ができます。虎ノ門など東京の病院でで手術を受ける人工内耳装着者が多いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/xdfhn804/47494096.html

*カトリーヌのツアーレポート:無罪放免
11時になってもまだ10時の人の診察。12時なんだけどまだ10時30分の人の診察。13時をぎりぎり回るあたりでようやく呼ばれる。
http://blogs.yahoo.co.jp/parisberlinhelsinki/32193596.html

*遠距離恋愛からのできちゃった結婚:虎ノ門までひとっぱしり
妊娠中には飲んじゃいけない薬とのことで心配になり、「妊娠と薬の相談外来」をやっている東京の虎ノ門病院まで行ってきたのです。
http://ameblo.jp/pi-chan-pi-chan/entry-10035804495.html

*闘う男その1:検診日
今日は検診日でしたので、虎の門病院(本院)まで出掛けました。検診は一日がけでした。朝9:30に出て夕方4:30ごろ帰宅となりました。
http://blog.goo.ne.jp/grand-pa1948/e/cf5c3f64db8c87450b0312a870aa3267

*C型肝炎をやっつけるぞ!:24回目注射、その後2日目
今の治療方法をもう一歩進めた治療方法が、現在、虎ノ門病院にて臨床試験中だそうだ。2〜3年くらいで普通に治療に使えるようになりそうだ。
http://blog.goo.ne.jp/jumamakiki/e/3eabaaf02a6acfba2a4721fdb0c04acc

*yowhatiyの日記:検診
「1時間半〜2時間待ちかよ。」とつぶやきながら、T口先生相変わらずの人気と多忙な方だと思いつつ、時間つぶしのPSPの没頭。
http://blogs.yahoo.co.jp/yowhatiy/33688568.html

*楓遊の視点−Fuuyu's Viewpoint−:現状報告@虎ノ門病院
この病院、基本な設備も、スタッフも良いように思われますがインターネット環境はさすがに無いため、数日はネット無しの生活。
http://fuuyu.silver-river.jp/?eid=598707

*やっぱり沖縄から政治と医学と映画の愚痴:医療崩壊、という本
虎ノ門病院、泌尿器科部長、すごい。こんな度胸のある人が勤務医にいるわけだから、ブログで、政治がどうのこうのやっている自分はまだ甘いです。
http://jazzotokoguitar.at.webry.info/200706/article_6.html

*ぶぅ:精密検査
早速虎ノ門病院 でみて頂いています。何故、わざわざ虎ノ門病院にしたかというと、循環器系では日本で権威のあるところらしいからです
http://ameblo.jp/boo27/entry-10038505067.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月05日 00:08 | コメント (0)

 

伊藤病院〔表参道〕

「伊藤病院〔表参道〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「表参道ヒルズや有名ブランド店が立ち並ぶ一角にあるので、ちょっと違和感を感じますが、待ち時間が長い場合は皆さん外に出ているようです。」



=2007年7月4日収集分=

*育児日記とロミロミ生活:表参道
手術は700人待ちだと言う!!親切なドクターだったらしく「わざわざ通院も大変でしょう」と実家の近くに名医のいる病院に紹介状を書いてくれた。
http://blogs.yahoo.co.jp/lomi_manakai/11430274.html

*人生・・・まだまだだよね(^^):病気・・・
病院に行って診察をして貰ったらお医者様から紹介状を頂きました。原宿にある伊藤病院という甲状腺専門の病院でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/naruioka/3870647.html

*幸せ探し:結節性甲状腺腫
人間ドックの先生からやっと紹介状が届き早速、原宿にある甲状腺の専門病院「伊藤病院」へ行きました。そしてその日に血液とエコーの検査。
http://blogs.yahoo.co.jp/akopon_rara/46284661.html

*F%E Blog:恥。
めちゃめちゃ混んでて疲れきりました・・また2週間後に行かなければならないのかと思うと憂鬱ですが、しっかり検査結果を聞いてきたいと思います。
http://yaplog.jp/sakuyanet/archive/340

*sweet_ann blog:伊藤爺様に会いに行きました♪
診察券を紛失したので再発行していただき、まずは、採血。60人待ち(待ち時間は、約30分)でも、結構早めに番号が表示されたのでよかった・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/sweet_ann_happylife102/9266412.html

*ため息まじり 愚痴まじり:めちゃ混み
とんでもなく混んでいます。やはり、先週は学会の為、土曜診察のほとんどが休診だったせいか?血液検査が60人待ちって!!
http://blog.goo.ne.jp/sigh_190/e/eb1c0091b883cb5db4a4e919fcd04013

*赤ちゃん大作戦:悪化
血液検査をして、診察までには1時間以上時間があるため、近くの新潟館でランチ、表参道ヒルズでお茶をして楽しい待ち時間を過ごしたあとで、診察へ。
http://plaza.rakuten.co.jp/otokononayami/diary/200706240000

*風見鶏見聞録:甲状腺機能検査。
あ、やっぱり朝一だけのことはある。検査速度も速いのかな?前は9時くらいに来て採血後、一時間して戻ってきたら4人待ちだったんでした。
http://nishikara.blog13.fc2.com/blog-entry-793.html

*tomato&amanatsu Diary:病院の日
しかし待ち時間、長いです。検査が終わった後結果を聞くために3時間以上・・・はぁ・・。会計を済ませて外に出たときは1時でした。
http://miniminitomanatsu.at.webry.info/200706/article_14.html

*精神病時々晴れ 「find of me」:そろそろ・・・
甲状腺の方はご存知だと思いますが、病院は有名な青山の「伊藤病院」です。貧血の低血圧のルカは、毎回看護婦さんを困らせます!
http://ameblo.jp/rukadayo/entry-10037634050.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月05日 00:05 | コメント (0)

 

北里大学病院(相模大野)

「北里大学病院(相模大野)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「創立者である北里柴三郎は福沢諭吉の弟子とも言われ、1917年の慶應義塾大学医学部創立時にも尽力し初代学部長となった人物です。」



=2007年7月3日収集分=

*小さいお庭のお花達♪:クリスマスローズ
未だ大きくならず半年に1度行っています。凄く混雑しているので本を持参で頑張ります・・・座って待っているのでお尻が痛くなります
http://blogs.yahoo.co.jp/titti1102/44856254.html

*韓国のフェイスショップの話:韓国のフェイスショップの話
CTを撮って、「専門ではないのでよくわからんが今すぐに死ぬようなことはないから痛み止めを飲んで水曜日に来なさい」ということになったらしい。
http://faceshop.blog37.fc2.com/blog-entry-443.html

*読書とテレビと映画とゲームでめちゃ楽しい人生:ためしてがってん・・・
頭痛外来では、頭痛日記を書くことを進めています。頭痛が起きた時の状況がわかれば、それを避けるようにして発作を防ぐことができるそうです。
http://boyouchi.seesaa.net/article/33579080.html

*アリサカ センセー:病院
巨大病院で、新館だったせいかまるでリゾートホテルを彷彿とさせるカラス張りのロビーで、2〜3時間も、昔話に興じてしまい
http://alicerka.cocolog-nifty.com/luis/2007/03/post_b5d2.html

*ミカン:「市中型」MRSA感染の1歳児が死亡
治療にあたった神奈川県相模原市の北里大学病院によりますと、男の子は、別の総合病院で肺炎と診断され、その後、北里病院に入院。
http://gotome25678.at.webry.info/200704/article_28.html

*まるごと健康番組!:本当は怖い「家庭でできる3大子宮病 セルフチェック」
それまであった小さい筋腫が大きくなったと考えられる子宮筋腫は複数でできることが多い北里大学病院では最高49個の筋腫を摘出した症例がある
http://safaia40.jugem.jp/?eid=898

*eビジネス・IT戦略の波間に:マーチャント@amazon.co.jp により・・・
入院中、am/pm北里大学病院店で、ケータイのiDが使えたのは助かりました。現金を持っていないので携帯でクレジット払いできるのは便利でした。
http://hatakama.cocolog-nifty.com/strategicit/2007/04/amazoncojp_6d2c.html

*るしゃなーず・ごーすとうぃすぱー:体調がなかなか戻らない、ということ
外来の患者も多く大学病院にありがちの待ち時間の長さでもトップクラスです。8時頃に家を出て、先生と話ができるまでに平気で10時11時になります。
http://nirvana.oops.jp/blog/archives/2007/06/post_541.php

*ゅ ー き の ぷ ろ ぐ:D r . 光 浩
11時に予約取ってたのに13時に来てくださぃとかハァ?仕方なぃからマックとかで暇潰して再び病院へ〜少ししたら呼ばれて5番診察室に移動…
http://blog.livedoor.jp/ch0c0n1_natchaeee/archives/50558951.html

*Takanoミュージックセラピー 代表者日記:北里大学病院のホスピタリティー
私の間違い(11:00まで)を指摘され、しかし私のことを気の毒そうに思って、爐△醗貎予蘓任陵祥気あるかどうか瓩反劼佑討ださいました。
http://blog.takanomt.com/?eid=208329

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月03日 19:21 | コメント (0)

 

国立がんセンター中央病院(築地)

「国立がんセンター中央病院(築地)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「がんによる死亡率が死因の上位を占めるに至ったため、国を挙げて対がん施策を推し進めるため設立されたのが国立がんセンターです。 」



=2007年7月3日収集分=

*へっぽこクラ吹きの隠れ家:東京で羽伸ばし・・・い見舞い
朝日新聞社の隣にあるんですね。あまりに大きくてきれいな建物だったので田舎者はたまげました(笑)病院で迷子になっちゃうよ・・・(--;
http://blogs.yahoo.co.jp/heppokocla/44293731.html

*吹浦忠正(ユーラシア21研究所理事長)の新・徒然草:駒込病院と・・・
施設の使命が異なるのだと認識しております。国立がんセンター中央病院は、がん治療においてあらたな治療法を開発していくべき立場にあります。
http://blog.canpan.info/fukiura/archive/1668

*がん情報局 がんについて、がんのことなら:国立 がん センター・・・
体の調子が悪く長引けばすぐに国立がんセンター中央病院の検査を受けましょう。違う病気が見つかった場合にも「発見できて良かった」という事です
http://daichougandekenkouni.seesaa.net/article/36857821.html

*医療報道を斬る:ご無体な
腕が立つからこそ、血管にへばりついたリンパ節を郭清しようとしたのだろう。上手く行けば生存の可能性が高くなるが、時には命を落とすこともある。
http://plaza.rakuten.co.jp/tinyant/diary/200704180000

*娘の闘病記:病名発覚まで
その時先生から『うちでは治療が出来ませんので、国立がんセンター中央病院の眼科へ行ってください。明日午後1時頃行ってください!』
http://blogs.yahoo.co.jp/m_i_t_s_u2004/4794940.html

*坂の上の青い天にもし白い雲がかがやいているとすれば:一時帰宅、・・・
これまで、”国立がんセンター中央病院”の名前は娘には知らせてなかった。ショックだろうか。でもそろそろいいのではないだろうか。
http://blogs.yahoo.co.jp/kikk3206/48150280.html

*すまっぺのあっけらかん日記:東京その1〜親の会連絡会
今回の会場は国立がんセンター中央病院。玄関を入ると樹木もある開放的な吹き抜け空間。さすが、立派な建物だわ〜
http://smappe.exblog.jp/5627803

*タイトルは後で考えよう。:いきなり闘病日記 ここまでのまとめ
そこはもう、ものすごく陰鬱で寂寥とした病院でした。抗がん剤の影響だろう、髪の毛がもう無くなってしまって帽子かぶってる人の多いこと。
http://ameblo.jp/masazaru/entry-10035069793.html

*Happy Hisa Blog!:国立がんセンター デビュー!!
外来の患者さんの層は40歳以降が9割以上かなぁ。わたしと同じ20歳代はいないなー。10歳位の入院してると思われる患者さんは見かけた。
http://ameblo.jp/blog-1-23/entry-10035941122.html

*安希ちゃん らぶすぽっ:肺がん管理検診
胸部ヘリカルCTでの検査時間は、わずか15秒(検診料は1万5千円!!うっ、1秒千円!?いえいえ、一年で1万5千円ですから一日41円!
http://blog.livedoor.jp/akichan_lovesports/archives/54531633.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月03日 19:19 | コメント (0)

 

日本赤十字医療センター(広尾)

「日本赤十字医療センター(広尾)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「一番近い駅は広尾ですが、渋谷からバスが出ているので皆さん渋谷から来るようです。都心のわりに敷地内は緑が多いです。」



=2007年6月29日収集分=

*寝相はいいです。: 寝相はいいです。
床にね赤とか黄色とかで矢印がずーっとひいてあって、そこをたどっていくと、薬局だったり、CT室だったり、いろんな場所に間違いなくいけるの。
http://tanaka-yukimi.cocolog-nifty.com/fungo/2007/04/post_3e0d.html

*この世に家がある限り!:10年ぶりにダンナが発作
広尾の日赤医療センターに。ところが、整形外科に運ばれてしまい、担当医が病気を知らなかったため、処方されたのは不適切な薬だったらしい
http://blog.smatch.jp/hiropon/archive/709

*仕事の合間に:今週の出来事
入院中の親父のお見舞いに。病院は日赤病院。広尾です。遠いです。何でこんなところに入院したのでしょう?行きも帰りも迷子になりました!!
http://blogs.yahoo.co.jp/ojisyama/47370255.html

*まぁちゃんの毎日:出産
大きな分娩ベッドとソファー、水中分娩施設もある。私は、畳つきの部屋にして欲しいと言ったら、残念ながら先客がいてダメだった。
http://blog.livedoor.jp/kurage0718/archives/50682265.html

*チルスのブログ:広尾まで
広尾の日赤病院は、母子に関しては都内でも有名な病院です。それだけに正常分娩6日間で4人部屋の入院でも、58万円ぐらい掛かるようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/c241127/diary/200706140000

*竹兎庵 takeusa*ann:くるきゅうの明暗。
東京広尾の日赤病院でした。古い病院なので居心地がいいとは言えませんがお医者さんも看護士さんにも良くしていただきました。
http://takeusa.blog66.fc2.com/blog-entry-109.html

*日暮愛葉の「SKY日記」:日暮愛葉の「SKY日記」
はっきり言って間違った処方だったと思っています。広尾にある日赤でも、長い間病名が明かされないまま、強い精神薬を処方されていました。
http://sallysky.blog94.fc2.com/blog-entry-237.html

*EBIS STYLE:車椅子50台!
午前中に、広尾の日赤医療センターに定期検診に行きました。大きな病院なので、いつも本当に混んでいますが、今日もたっぷり待たされてグロッキー!
http://blog.livedoor.jp/ebisu_musumechan/archives/50256739.html

*Traeumerei♪のメンタルアロマ:QOL♪
こちらの産科病棟で雨森良彦先生に息子をとり上げて頂きました。入院中も看護婦長さんから子育ての参考になる様々なお話を伺ったのが夢のようです。
http://ameblo.jp/traeumerei/entry-10038175859.html

*年の差夫婦のおきらくごくらく:カミさんの長い日
日赤医療センターはそれはそれは大きな病院でした。産科だけなのかもしれませんが早朝というのに昼間かと思うほど普通に人がいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/ririsyun2006/13597933.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月29日 22:34 | コメント (1)

 

慶応義塾大学病院(信濃町)

「慶応義塾大学病院(信濃町)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「医学部と建物が並立されているので、よく診察に何人かの研修医が立ち会うことがありますが、社交的な先生が多くよく話を聞いてくれます。」



=2007年6月29日収集分=

*クレオは我が家の白雪姫:思い出の小犬
当時、小児麻痺の権威の小林先生という方が慶応病院に居られるとの事で、全国各地から、大勢の障害のある方が患者として集まって居られた。
http://blog.goo.ne.jp/kureodora1104/e/26c189e9e26b73b696f13a9030975e77

*pikukoの今日に感謝!!:ラススパ
午前7時半くらいだったら一般外来の人がロビーで始まりを待つけど。早朝だったら堂々と入れるというか、たぶん正面入り口のドアは開かない?かも
http://plaza.rakuten.co.jp/pikuko5152/diary/200705300000

*葉芹paseri:4度目の入院
慶応病院の先生を紹介してくださった。行ってみるとクローン病の専門医がたくさんいらっしゃる。クローン病と潰瘍性大腸炎専門の診察科がある。
http://yaplog.jp/pukupaseri/archive/201

*Atelier Junko:病院&美容院
慶応病院は担当医師が学会でいないとのこと。信じられない。それなら連絡してくれればいいのに。結局血液検査だけしてまた来月行くことに。
http://junviola.exblog.jp/6981766

*京都で暮らす24歳のblog:病理の結果と東京の夜
慶應病院に通うことになってから、修学旅行以来訪れたことのなかった東京に何度くらい足を運んだかなぁと思います。病気のためにくる東京はこれで最後。
http://ameblo.jp/cocoa1224/entry-10037405595.html

*ゆに裏ギャラリー 「ゆに房」:30年前にすでに描かれていた楽しい?医療の世界!
スターバックスや美味しいレストランが併設してて、くすりを待ってる間も番号が大きな電光掲示板で表示されるのでついつい食事してしまいましたよ
http://yunibow.blog.drecom.jp/archive/139

*ももんがの日々:Wフォー
慶應病院の最上階にあるレストランはホテル並においしいらしい。普通の病院レストランより高いけど、ホテルディナーするより安いそう。
http://ameblo.jp/naru-pin/entry-10037671009.html

*旅その他もろもろ:あーすっきりした
寝ては覚めを繰り返していたので退屈しのぎにはちょうど良い会話でした。ここは患者が納得するまで会話をしてくれるので余計人気があるのでしょう。
http://plaza.rakuten.co.jp/watashinotabi/diary/200706260000

*メモブログ 鍼灸をもっと知りたい:卓良名言集 〜膝痛〜篇
慶応病院行って診てもらったら、完全断裂でした。で、病院の院長が「お〜!見ろ見ろ!これがア腱断裂だ〜!」ってみんなを呼ぶわけですよ。
http://acupuncture09.jugem.jp/?eid=40

*裕嗣君のブログ:久しぶりの慶応病院
循環器内科の診察は11時に終わったのだけど、もう一つの整形外科が異常な混雑。9時に申し込みして呼ばれたのが午後の3時半。なんと6時間半待ち。
http://blog.goo.ne.jp/yuji1130_1949/e/6069cf1f55d8b6d9dd1376b1ce5f0898

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月29日 22:33 | コメント (0)

 

都立広尾病院(広尾)

「都立広尾病院(広尾)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「広尾病院の救命救急医療は最重点医療のひとつであり、近隣区域に加えて、伊豆諸島、小笠原諸島からの重症救急に対応できる環境になっています。」



=2007年6月29日収集分=

*Lisa!Lisa!Lisa!:新しい病院へ
病院自体は、「公立だな」というような雰囲気。産婦人科の窓口のお姉さんはやや事務的だが、てきぱきしていると思えばてきぱきしているのか。
http://blog.so-net.ne.jp/lisamama/2007-03-23-1

*マーケティングあれこれ四方山話:健康に
定食で550円ならかなり安い。会社の社員食堂で食べている感じ。懐かしい。病院の職員さんが食べる食堂だから社員食堂であることは間違いない。
http://oku3jp.exblog.jp/6654129

*シャーリー日記:桜通信(広尾病院)
広尾病院の入り口の桜はとっても大きくて立派なんだ。病院に入る橋は「回生橋」。患者さんが元気で退院できるように、この名前にしたんだろうな。
http://blogs.yahoo.co.jp/shirly05240524/31168458.html

*Dear life:両親学級
広尾病院は都立で値段も安いからきれいさではあまり期待せずにいたのですが、出産する病棟は明るく、結構かわいい♪
http://buondi.exblog.jp/5168840

*三つ子パパnaitomanの子育て日記:いくら
点滴の刺さった右手で払いのけながら「ぱーんち」と言いました。点滴が外れないようにと、とりつけてある添え木がカッコイイと思っているようです。
http://d.hatena.ne.jp/naitoman/20070429

*denchanchi's blog:広尾病院の検査!
検査を担当してくれる方が面白くて、印象に残っています。お会いすることは無いでしょうが、面白く、声の綺麗な女性でした。
http://pub.ne.jp/denchanchi/?entry_id=689212

*東京自由人日記:呑んだくれて「満身創痍」な日々。ちと、反省と大人しく。
広尾病院の救急ERに行く事になった。さすが救急病棟は混んでいる。外科は90分待ちと告げられたが、まぁ休みだし診察が優先だから大人しく待つ事に。
http://cafegent.exblog.jp/6871385

*miyumiyu diary:Wedding party!
40.3度の高熱を出しぐったりしちゃったのだ。医者はとても冷静な人で説得力のある説明で私を安心させ、この日はとくに何もしないで病院を出た。
http://plaza.rakuten.co.jp/tomo2miyu/diary/200705260000

*杏林大学呼吸器内科『あんずの呼吸』:世の中狭いなあー
研修医2年目のときに広尾病院の脳外科で研修していたころの部長先生が院長をされている病院がすぐそばにあることを今日聞かされ、これもびっくりした
http://blog.goo.ne.jp/23c2230/e/ca1bd05debb205ffdf51e98cb9c88db8

*独り言:遭遇
めっちゃニヤニヤしながら診察室に入り、医者の話もろくに聞かず、診察を終えて診察室を出てもキョロキョロと西野さんを探してしまうあたし。
http://blog.goo.ne.jp/ri-sa523/e/c57dfd0cc0c8efdbd85d68f1fcbc6c31

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月29日 22:32 | コメント (0)

 

聖路加国際病院〔築地〕

「聖路加国際病院〔築地〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「せいろか」という読み方が定着しているが正確には「セイルカ」が正しいそうで、新約聖書の出てくる医者の名前だそうです。」



=2007年6月28日収集分=

*私のチェロ修行 + 乗馬修行:一大事
定評があるようですが出産に係る費用は割高になるようです。 とはいえ、命の問題ですので設備やスタッフが充実している病院を選びたいと考えます。
http://blogs.yahoo.co.jp/orie1970/46902894.html

*ひまわり:人間ドッグ
聖路加国際病院の敷地一帯の中の聖路加タワーというビルの中に「聖路加予防医療センター」というところがあり、そこで人間ドッグをうけることになる。
http://yaplog.jp/himawari2007/archive/1

*安田まゆみの気まぐれ日記:日野原先生には会えませんでしたが・・・
パソコンを見ながら所見を聞くことができました。これって、大事なことだと思うんですよね。受診者の気持ちにそっていますよね。
http://my-fp.livedoor.biz/archives/51265163.html

*ちいさなblog・ん・・・my heart:病気だと知りたいかどうかは別として
人間ドックを受診したことのある聖路加国際病院のHPをチェックしてみたら、また料金が上がっていて「え〜;」って感じですよ。
http://suttoko.jugem.jp/?eid=611

*ベビママのつぶやき:jiriは大興奮@病院編
すっご〜〜〜く待たされたけど。待合室はjiriが遊べるものや本がたーーくさんあり、ちょっとした児童館状態(笑)全然嫌がらずに待てました。
http://blog.yu-saku.lovepop.jp/?eid=655962

*天使にだって・・・:人間ドック
人間ドック施設はリストから選べるのですがたいてい5万円で足ります。しかし聖路加の場合は、オプション無しで+13,000円追加請求されます。
http://ameblo.jp/t-takagishi/entry-10036087800.html

*がん性疼痛撲滅計画。:看護師だからできる事。
すごい病院だ・・・隣の芝生は青いなんてもんじゃない。チャペルを外からそっと見たのですがとっても癒される空間でした。
http://yaplog.jp/kuroneko/archive/36

*花の色はうつりにけりないたづらに:よかった…
聖路加国際病院で6万円も払って人間ドックを受けていて,何の指摘もされたことが無かったので「糖尿病は大丈夫」と思っていたのですが,
http://mat.tea-nifty.com/n/2007/06/post_ea15.html

*miffio'house:予防接種
聖路加の学生さん(インターン研修中)にあやしてもらいご機嫌で過ごし、おもちゃにつられて注射も泣かずに受けることができました。大満足!です。
http://yaplog.jp/miffio/archive/108

*ふじちゃん通信:義父の手術
病院ですがまさにサービス業のレベル(しかも上級)です。働いている方の笑顔も素晴らしい。仕事をしていくうえで勉強になりました。
http://fujichan-news.seesaa.net/article/45884967.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月29日 08:07 | コメント (0)

 

順天堂医院(順天堂大学医学部付属)小児科〔御茶ノ水〕

「順天堂医院(順天堂大学医学部付属)小児科〔御茶ノ水〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「順天堂の小児科にはとても有名なドクターがいるのでやはりとても混雑するようです。一日がかりになってしまうのは覚悟して行った方が良いです。」



=2007年6月28日収集分=

*何ができるかな。:大きい病院はやっぱり大変
小さい子だからと診察をなるべく早く受けられるよう配慮してくれたみたいです。本当だったらたぶん2時ごろでは?みんな感じよかったし良かったです。
http://koyuky.blog56.fc2.com/blog-entry-96.html

*Sennaの育児日記:28日(日) 英語イベントと激痛
順天堂に来たときは、もらえるという薬が切れていて、なんじゃそりゃ?!という感じだったけど、今回はこっちに来て正解だった!ほんとよかった。
http://senna.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_67b3.html

*芙優ちゃんのお部屋:風邪?喘息?
熱はまだ高いまま。。。帰りが早かったパパにお願いして、順天堂の夜間診療へ。インフルエンザの検査をした結果、インフルエンザではないことが判明。
http://blog.goo.ne.jp/fuyu0126/e/8779b8e6e0b5d29eb13dd2027a0526c6

*妊婦ダイエット→産後ダイエット日記:ゆううつ
いつも行ってる小児科の先生は順天堂大学病院にも行ってる、その先生に言わせると「べつにそんな検査も必要ないんじゃないの?」っていうことだし〜。
http://newbaby.269g.net/article/3867690.html

***petit bonheur(diary)**:先天性鼻涙管閉塞
いきなり言われたことは・・・・「うちでは6ヶ月以上の子は全身麻酔で入院です!」ということ。思わず固まってしまいました・・・・。
http://www.infoside.jp/mika/blog/archives/000561.php

*うえん・こしたん・こつぎんこ☆:突発
木曜日だけ順天堂大学病院から先生がいらっしゃいます。ちょっとドキドキビクビクしながら行ったら、優しいオーラが出てて安心しました。
http://blog.livedoor.jp/mayu80/archives/50950904.html

*Chez RYO:ポン太タマ降ろしの儀テ院
小児科病棟は頼めば付き添いの食事も出してもらえるしシャワーも使うことができる。売店などに行きたいときは、看護師さんに一声かけていけば大丈夫。
http://www3.hikarigaoka.jp/blog/1203/archives/017016.html

*びっけのほにゃらら:ゆず、熱を出す
診察はすぐに終わったのに長いこと待たされたそうです。病院に行って診察してもらう安心よりもまち時間にグッタリさせる不安の方が大きいかも。
http://blog.livedoor.jp/shino_turbo919/archives/50673870.html

*暖かな人々*凛としたニャンコ:主治医
小児科チーム全体の映像の中に先生を発見したのでヨメといっしょに喜んでたんだけど、まさか、スーパードクターが先生自身だったとは・・・
http://iceman3104.blog68.fc2.com/blog-entry-275.html

*負けないでいこう!:大学病院-通院1回目
3時間の病院張り付き。つ、疲れた〜!!やっぱり大学病院は待ち時間が苦手です・・・。検査やら診察やら、ひとつひとつの間隔が開きすぎなのよね。
http://blogs.yahoo.co.jp/tumasiro_apri/10722957.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月29日 08:02 | コメント (0)

 

愛育病院〔広尾〕

「愛育病院〔広尾〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「愛育病院は出産院御三家と言われるようになりましたが、一般の病院と変わらない価格で出産できアットホームなところもあります。」



=2007年6月28日収集分=

*赤ちゃんのお陰です日記♪:無事に出産できるのかい?!
総合受付へ行き、「見学をさせていただけますか?」と、尋ねたところ・・・な、なんと10月のお産予約はいっぱい!!と、いうことは・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/happyusagi7/10829146.html

*Hiro_Communications:産婦人科は少ないのだ、世の中大変だ!
愛育病院に決めたとの連絡が来た。今世話になっている地元の先生が愛育病院出身なので、紹介状を持って訪問して決めたとのこと。
http://hiroworld.weblogs.jp/hiro_communications/2007/05/post_217b.html

*本日のbewell (ビィウェル)日記:超オヤジネタだけどツボにはまった
私も弟も小さいとき通院してたけど、古い建物のときは病院というより、どこかの教会のホールのような、のどかな感じでした。
http://blog.goo.ne.jp/bewell55/e/4984e04d9ea1d6806b3ab351ccf7cbeb

*CBBA:一人じゃ絶対にやっていけない
産後ママのためのエアロビでなんと赤ちゃん連れOKなのです。しかも、何かとお高い愛育病院にしては親切価格の月1万で行き放題です。
http://blog.goo.ne.jp/cbba/e/431156b9355f10014a35928be0ecf175

*smap好きな私の気まま日記♪:愛育病院
ホテルなみの待遇なんですよ。まさにフランス料理的な感じでもう病院も外から見ればホテルですか?みたいな感じですよ〜!!
http://childegg.exblog.jp/5640383

*麻布十番の不動産屋 社長+母の日記:パークハビオからの景色
初めての出産で、全く良くわからず、不安で、くだらないことを質問したりする私に、ココの看護婦さんは本当に、親切に対応してくれた。
http://plaza.rakuten.co.jp/aliveALIVE/diary/200706190000

*ワーキングプレママの高齢妊娠日記 ときどきがんばり、ときどきのんびり。:愛育ママの秘密
愛育はそれほど高くないけれど、いろいろとオプションをつけるとそれなりの金額になるそうです。そして高齢出産のワーキングママが多いらしい。
http://ameblo.jp/iku-taka/entry-10037257546.html

*ウメママのお話。:赤ちゃん〜♪
個室で広くて綺麗だったわ〜。私もここで産まれたし〜私の子供達もここで産んだけど綺麗になる前だったので随分な違いだったわ。。。
http://umemama.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_0aa2.html

*ぐぅとぷぅのぐぅたらブログ☆:愛育LC☆通院2回目。
病院での様子ですが10時〜の予約で、5分前に到着受付で駐車場の申し込みを記入。待合室で本を読むこと5分。
http://yaplog.jp/konotota-kun/archive/107

*えーこママの日記:すくすくクラブ
到着後に体重と身長を測って、記念撮影や気になる事を聞いたり出来るクラブ。趣旨をしては、ママ同士が育児の悩みを相談しあったりするものらしい。
http://e-nishimura.jugem.jp/?eid=258

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月29日 08:00 | コメント (0)

 

はしか(麻疹)関東で流行…過去に比べ若者の発病が増加

「はしか(麻疹)関東で流行…過去に比べ若者の発病が増加 」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「インフルエンザが治まったと思ったら今度ははしかだそうです。予防接種が10年位しか効かないなんて初めて聞きました。」



=2007年5月3日収集分=

*teatreeの徒然なるままに:今、はしかがすごいのね!!私のはしか・・・
5年位前かな?働きすぎ(残業178時間位)をやっていたときに免疫力がおちたみたいで、麻疹になったのです。
http://teatreesoso.blog73.fc2.com/blog-entry-68.html

*WL通信:はしか、関東で流行の兆し
上記の記事の通りだとすると10年ごとにワクチン接種をする必要があるということになります。
http://wl344.blog47.fc2.com/blog-entry-162.html

*ドンマックのつぶやき: はしか今昔物語
予防接種を受けさせないのは、個人の自由なのかも知れませんが、自分の子供だけでなく、周りの子供も苦しめることになることを、
http://donmac.blog.ocn.ne.jp/tsstj/2007/05/post_81df.html

*笑顔いっぱいみんな仲良しさん:麻疹についての大事なお話
麻疹(はしか)と診断された場合は、必ず、保育ルームまたは教習所まで報告をお願いします。
http://blog.goo.ne.jp/kids-kadoma/e/a7870ce8f9b8c2777c79ca5fc7cea13d

*クリムゾンレッドの遠吠えと戯言:今年も麻疹流行の兆し
14年前の5月後半という丁度暑くなり出す時期に、麻疹を発症したことにより死ぬ思いをした人間の一人として声を大にして言いたい。
http://crimsonredshouts.at.webry.info/200705/article_3.html

*ガーンマンの日々:最近、寝不足?
ゴールデンウィーク中だから、いろんな人間が大移動中だし、結構 咳する人って、口元を手で押さえないでする人多いから、イヤー(-_-;)。
http://gannmann.jugem.jp/?eid=116

*草食系のんびり日記:はしかはつらいよ・・・
これが一旦熱が小康状態になったかなと思うと40度近い高熱が続き、結果として、救急車のお世話になってしまいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/musakojogjoghappy/19087809.html

*鉄筋箱へ通いながら GWは逆にヒッキー
GWが明けると、東京に行ってた関西人が戻ってきて、はしかが広まるやも・・・と思うと余計怖くて出かけられません。
http://kuchinasikomusume.blog68.fc2.com/blog-entry-69.html

*≪Daily UMeDAS≫−デイリーウメダス− : はしか流行
予防接種の副作用が問題視されていて接種を受けていなかったり、予防接種を受けていても1回だけなので効果がなくなっていたりするとのこと。
http://emuh.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_26ac.html

*シェルティ Pазум official site DIARY:はしか
というわけで、私は友達との約束もキャンセルしてひたすら看病、フルーツジュース作りのゴールデンウィークとなった。
http://blog.goo.ne.jp/razumu2004/e/c76a2b744de233849bdbfd551420cbfa

*Fliessend:学内ではしかが...
・・・まあ、風邪の症状が出てから5日くらい経ってますが、今のところ発疹とかはないので大丈夫だと思います。
http://blog.so-net.ne.jp/fliessend/2007-05-03

*日々是好日。:はしかにかかったようです
4月中旬以降2週間のうちに、さとうと接触のあった方。万が一発疹を伴う高熱が出た場合には、病院にいってみてください。
http://ameblo.jp/moana-lani/entry-10032524741.html

*ある温泉宿の育て方:病院通い・・・
そして宿に戻って5分後「なんか変!見てー!」と次女。腕や足に赤い発疹が。おなかや背中にもたくさん。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoninnnotakaramono/31877425.html

*クワカブを飼ってます:はしか
前回の更新から4日前まで実に8日間熱が下がりませんでした。あのあと40℃の高熱が続き、最大で41℃をマークしました。
http://ameblo.jp/niziirokuwa/entry-10031571488.html

*Share The Dream !:麻疹(はしか)
はしかが怖いのは、ウイルスが体の免疫系の中心となるリンパ球などで主に増殖するため、一時的な免疫不全とも言える状態になってしまうこと。
http://blogs.yahoo.co.jp/tacky777tacky/10716070.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月03日 22:02 | コメント (0)

 

勤務医は働き過ぎ?医療ミスの原因は疲労(日本病院会)

「勤務医は働き過ぎ?医療ミスの原因は疲労(日本病院会)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「運送業界では過労で事故を起こすと会社側の運転手管理責任が強く問われるわけですが、医療現場ではそんな法律はないのでしょうね。とりあえず医療ミス特約付き生命保険でも探しますか。」



=2007年4月12日収集分=

*家庭か仕事か:勤務医の7割が・・・・・
自分を計算してみると、一日12〜13時間は少なくとも働いている×週5−6日 当直は月6回〜7回
http://diarynote.jp/d/17436/20070410/

*天漢日乗: 医療崩壊 勤務医残酷物語「当直」抜きで週48時間労働・・・
あれだけ医師を叩いてて、その功績で二つ賞を取ったら、今度は医師の労働改善キャンペーンですか。
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2007/04/48_9ee6.html

*だ通東改:勤務医7割が週48時間以上労働 病院会調査で明らかに
全職員数に占める医者の割合は小さいから、医者が放置してても「労働者の過半数を代表する者」が選出できるのかな。
http://d.hatena.ne.jp/hiwa/20070411#p1

*うつ病のオレだが・・・:<勤務医>7割が週48時間以上労働 病院・・・
これは国が動かなければどうしようもねーんじゃね?安倍首相は経済成長の妨げになるとか言い出すと思うけどな。
http://blogs.yahoo.co.jp/abluecross/3143459.html

*医師として、学生として。:「医療ミスの原因に慢性的な疲労」 多く…
普通に休みをくれれば、それほど給料は要らないと思いますけどね。時間外に呼び出されても手当ても付かない病院のほうが多いのに。
http://diarynote.jp/d/52480/20070411/

*医学と病気・医療と健康:医療ミスの原因は慢性的な疲労、多くの・・・
結果を参考に、医療システム改革や医師の適正配置などを実行しなければ、医療も国も駄目になる可能性がある。
http://blogs.yahoo.co.jp/realmedicine101/46286723.html

*風まかせ:医者も楽ではないですね
医学部は定員が増えて、医者の人数は増えているようですが、まだまだ過重労働からの解放は程遠いようです。
http://blog.goo.ne.jp/fadinsoj/e/79ef710c063c715fb4110ba65b3f40e2

*近頃の教育とかいろいろブツブツ 疲労がミスの原因に「医療ミスの原因・・・
とにかく、産婦人科にしろ小児科にしろ医師の人数が増えないことには勤務の改善はできないと思います。
http://blog.goo.ne.jp/u_tkome/e/b601383273baf62b025061ca0f9dba1c

*街中の案山子 勤務医96パーセント「超過勤務」と朝日新聞夕刊
帰宅はいつも深夜12時頃と言っていた息子。いつも、なんか相手は医師なのに妙だなと思いながら「身体には気をつけてね」で連絡メールを結ぶ。
http://blog.goo.ne.jp/salubia2070/e/8919997af9722b1877f8e339ce871b20

*コメントは!語る!!:勤務医と“開業医”‥!
でも、それにしたって「台所事情」は、一昔前とは、格段に、厳しいものになっているのも、よく耳にする〈医者の悲鳴〉だね‥
http://blog.livedoor.jp/ssbb/archives/50987091.html

*Like A Rolling Stone:直グ当タル
そもそも当直とは「基本的には仕事はない状態」を指すらしい。「基本的にずっと仕事」の場合は「夜勤」と言うべきなのだが、
http://blog.livedoor.jp/afrolake_com/archives/50762686.html

*医師嫁って大変・・・:睡眠不足
わがままな患者さまや医療ミスをおもしろおかしく取り上げるマスコミが増えてることで、無駄で余計なストレスが増えてるのは間違いないです。
http://kitty0214.blog95.fc2.com/blog-entry-40.html

*時事放談:医師は今や3K職種
このまま何の施策も取らず放置しておけば、やがて儲かる美容整形医ばかりになってしまうのではとさえ思えてしまう。
http://diary.jp.aol.com/3vba7zaxemfw/202.html

*五感教育研究所 外科医志望者、激減!
外科医のなり手は今後も減り続けるとみられ、新たな学会入会者はこのままでは10年後にゼロになる計算という。
http://blog.goo.ne.jp/senses1123/e/41fc926188cf6c54b39c6305b30e44c5

*癌治療医のつれづれ日記:ひとくくりにはしないでね。
しばしば全然畑違いな疾患の診療であっても「断るな」との天の声で強制就労させられる点ではないかと思う。
http://blogs.yahoo.co.jp/bluesky822jp/46720846.html

*おいどんのバカニュース解説:勤務医過酷 9割、宿直翌日も働く
これらの犠牲の上に成り立っているのが、今の医療界であるにもかかわらず、まあ、マスコミは言いたい放題ですな。
http://bakanews.blog59.fc2.com/blog-entry-361.html

*医療従事者のつぶやき:医に対する信頼とは何だろうか?
医療制度の改悪が続き、過重な労働が強いられ、踏んだり蹴ったりの医師がいるということには触れていない。
http://blogs.yahoo.co.jp/zuizanm/31192778.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月12日 10:46 | コメント (0)

 

延命治療中止の指針(終末期医療ガイドライン)チーム判断

「延命治療中止の指針(終末期医療ガイドライン)チームで判断」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「頭では死にたいと思っても、体は生き続けることを前提に絶え間なく動き続ける。人の意思としてどちらを重んじるか、難しい問題です。」



=2007年4月10日収集分=

*Adagio ♪:死がみえたとき
僕は、主治医に延命治療はしなくてもよいと言った。友さんも、それを望んでいたし穏やかに旅立ちたいと願っていた。
http://blog.goo.ne.jp/macoron_777/e/c28cf77bd38b75ad50e1545f019d27d3

*ぐずぐず音泉:『死ぬ時はみんな独りだ』って、ほんとかな。
海外の親族が戻り次第、延命治療をやめるとか。もともと闘病中であることも誰にも知らせるなと、御本人が意志表示していたらしい。
http://blog.livedoor.jp/uebublog1119/archives/51509744.html

*京:旅立ちました
数年前に主治医に延命治療についての考えを文書にして伝えてありましたので 最期には苦痛緩和の治療をして下さいました。
http://blog.goo.ne.jp/kyo_maru2004/e/d364a908406c92609ce9bdde581dc2a6

*Gmailのひとりごと:生死を明らめたい
自分は尊厳死希望 生きるときは生きて 死ぬときは死ぬ そんな人生にしようと思っています
http://gmail.iza.ne.jp/blog/entry/147635

*笑顔がいっぱい:この1週間
突然の祖父の死。できる限りのことはした。祖父との別れに後悔はない。オイラは笑顔の祖父しか知らない。
http://ameblo.jp/skyward1125/entry-10030174356.html

*僕は今日も生きている:抗鬱剤
いまだに薬が抜けなく頭がクラクラする。家族に「病院行こう。入院しよう」言われ「病院行って何になる?延命治療か?」と叫ぶ。
http://blog.livedoor.jp/lights20/archives/50920402.html

*S-Journal:Grand-ma
思い返せば ゆうにばあちゃんは長い闘病生活の中で 一度も辛いとか苦しいとか言ったことはなかった。
http://blog.livedoor.jp/eomotogos/archives/50108856.html

*as usual 新たな局面
まだ言い残したことがある、このまま意識が無くなるのは心残りがあるので治療を受けるとためらうことなく即断しました。
http://blog.goo.ne.jp/harvestmoon0370/e/3b98ec15c4220ea5ea0c372bbdda5666

*DARKMANの独り言:誰の為の延命治療
患者本人に対しては悪戯に苦痛を長引かせ、家族に対しては経済的負担を増やすだけではないか。
http://ameblo.jp/darkman/entry-10030343280.html

*非時香果が見える窓 - 厚労省が延命治療中止で指針…医師の独断・・・
「この指針とその説明を加えた解説編を全国の医療機関に周知する」とあるので,それをどこかで見せてもらうことにしましょう.
http://d.hatena.ne.jp/tokijikuno/20070409/1176123700

*かあぐうな日々:ニュースって
もっとこう進んだというか患者にとって楽になることとか心静まることが決まったのかと、思ったら、なんだか違うなぁ〜
http://blog.so-net.ne.jp/kagu_ugak_hoppy55/2007-04-09

*ホームレス研究会-楽しく語るホームレス:尊厳死・安楽死の法制化・・・
皆さんも、私たちにはまだ先のことではありますが、いつか訪れる、自分らしい「死に方」の権利についてを考えてみてください。
http://blog.goo.ne.jp/kerry_chan/e/6934422d300f270088ce3781df4d4600

*アトリエ・リフォレスト:TBSの「終末期医療、延命中止」の報道
メディア、本当に先走っていませんか。ガイドラインも、まだできていませんし、慎重にお願いしたいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/reforest1962/31308061.html

*奥村勉の言いたい放題:尊厳死
半永久的に植物人間の世話をしなければならないこと自体、摂理の度を超えた生命の尊重と思わざるを得ないのですが・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/oceann1616/3074466.html

*今日・・私と出逢って下さい♪♪:終末期医療・・・・
これが、今 医療費 健康保険の問題と重なっているなら 無駄な部分には、医療費を使わないと言う 姿勢になることもある。
http://ameblo.jp/shino125/entry-10030386510.html

*おやしらず。のコラムな日々 死なす医療の時代へ
まことにスバラシイ方針である。が!これにはもう一つ政府の思惑が隠されているのをお気づきだろうか?
http://blog.goo.ne.jp/oyasirazu8020/e/e2349c8fec77823b4878eee5d106cd4e

*深層究明: 延命治療の決定権は本人ではなく家族
延命治療をするか否かの決定はあくまで本人の意思と厚労省は言うが家族の意思を優先すべき。
http://risk.cocolog-nifty.com/hyouron/2007/04/post_ca5e.html

*鍼師 秋森徹二のblogです♪:二枚のカードと共に
ガイドラインの医療チームには宗教家が含まれていないと思われます。そのことが日本の幸福なところなのか、不幸なところなのか?
http://blog.livedoor.jp/tetsu6jp/archives/50116965.html

*明るく希望を持って:命
夫は迷っていた、付ければ機会に生かされる人生、家族にも過大な負担をかける、付けなければ、人生終わってしまう。
http://nobu-hikari.at.webry.info/200704/article_1.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月10日 11:44 | コメント (0)

 

在宅療養支援プラン新高齢者医療制度(厚労省が検討)

「在宅療養支援プラン新高齢者医療制度で75歳以上に(厚労省が検討)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「家族に看取られるって、実は凄く幸せな事かもしれません。これからは自分の死に際も設計しておくことが必要になりそうです。」



=2007年3月19日収集分=

*いつも心に格言を:在宅療養支援プランって何よ。
長期入院をやめさせて自宅療養にさせて医療費削減する事が目的なんでしょうが、退院後も医師に責任取らせる気ですか?
http://ugkjapan.at.webry.info/200702/article_13.html

*薬剤師こじろの葛藤日記:75歳以上に在宅療養支援プラン=新高齢者医療・・・
在宅診療医や支援医療機関の整備もあわせて行われている。しかし、肝心の患者さんやそのご家族の思いはどうなんでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/ryosuke5095142/archives/50901425.html

*福 風:在宅療養支援プラン
団塊の世代の大量退職を迎え、少子化となった日本に、介護に当たることが出来る人材を見出すことができるのかどうか。
http://blog.goo.ne.jp/fukukaze2006/e/fe89538de420087792748ddc5a53d31d

*栗大納言のメンタルトレーディング:在宅療養支援診療所
終末期・回復期医療を在宅で行うことを主眼においた制度であり、居宅での死を看取るためにできたと言っても過言ではない。
http://blog.livedoor.jp/creek_dainagon/archives/52479019.html

*私が私であるために:日本介護支援専門員協会全国大会 その2
その後、待ちに待った 鎌田 實先生の記念講演 テーマは「がんばらない」けど「あきらめない」− 命を支える介護 −
http://ameblo.jp/riotan-24/entry-10025941356.html

*穂の国地域ケアだより:コミュニティケア「かあさんの家」
在宅での終末期を迎えられることを希望される方には、自宅以外のよき住まいの場所になっています。
http://blog.goo.ne.jp/mhikosa2/e/3841da33b535b425ac551d17fd762e20

*在宅医療を考える - いつでも相談できる医師を求めて
この制度は、在宅療養をされている患者さんが対象で、健康人に対していつでも医療相談できるための制度ではありません。
http://d.hatena.ne.jp/dango_sn/20070226

*水曜日の在宅医療 ご近所の在宅医療
hikoの住む区には、看取りまでしていただける在宅療養支援診療所は、わずか3診療所しかないそうだ。
http://blog.goo.ne.jp/jashit/e/f03d20329cd29a7032fe5895ff1f6b9f

*(株)イニシア 田原はじめのblog:後期高齢者に「かかりつけ医」・・・
診療報酬で優遇するとも書いてある。これは在宅療養支援診療所を、診療報酬で業績評価するということとほぼイコールだろう。
http://ameblo.jp/initia/entry-10027071513.html

*のんきな社会福祉士のひとりごと:75歳以上にかかりつけ医 新制度
2008年めどに導入予定なんですって。先日の在宅療養支援プランといい、法制度はどんどん変わっていきますね。
http://blog.goo.ne.jp/mnpjj853/e/a9afad68a70d0a523a40babf869a27b3

*水曜日の在宅医療:24時間往診の施設9000ヵ所をネットで公開
今後、看取り数は紹介されることと思う。また、第三者機関による診療内容の評価もランク付けして欲しいと思う。
http://blog.goo.ne.jp/jashit/e/f649ffed26caf9a93accd67ab65c1684

*社労士の旅日記(ぼちぼちやってます。):在宅療養への動き
単身高齢者世帯も多くなってきていますが、これらの在宅療養に関する支援がうまく機能するといいですね。
http://blog.goo.ne.jp/t28chashu-sr/e/aca0920de19b68cd092bcfc591a14d51

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年03月19日 16:40 | コメント (0)

 

健康保険証ICカード化

「健康保険証ICカード化」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「情報が多ければ多いほどセキュリティが心配です。更に、これにかかる費用はどうなるのでしょう。」



=2007年3月16日収集分=

*ある中年の日記:保険証がIC化させちゃったら恥ずかしいかな?
ほんまに情報管理は大丈夫?「こいつ、バイアグラ使ってやがる」とかって知られたりしたら嫌ですね〜。
http://ikenaiziin.exblog.jp/4858082

*itodenwa:おいおい、ホントかよ?
保険医療制度が破綻しそうだとか云々議論されてる中で出来るのか?
http://mark-under.cocolog-nifty.com/itodenwa/2007/03/post_ecf3.html

*医療と健康:保険証のICカード化
どこまで詳しく分かるのかは分からないが、診療内容が分かるのであれば、薬のダブりとかもなくなるだろう。
http://blog.so-net.ne.jp/medi_rmk_ems/2007-03-15

*くわがたの部屋?:時代の流れかな〜
ただ病院や厚生労働省が楽をするだけのものなら、費用をかけてやるまでもないと思うね。
http://plaza.rakuten.co.jp/ikkaku7/diary/200703150002/

*薬局のオモテとウラ:ICカード化で「かかりつけ」はどうなる?
ICカード化によって、薬局の位置付けが大きく変わる可能性もあります。
http://blog.kumagaip.jp/article/3535392.html

*ダイエット回想録(108→65への道)と雑記:健康保険証がICカード化・・・
特に、差別や偏見に繋がりかねないだけに、流出し、利用されてしまうと被害が大きい部類に入りますしね。
http://yoshi-k.blog.ocn.ne.jp/dai_zakki/2007/03/ic_6c59.html

*気になるあれこれ:健康保険証もICカードに!
これはすごいことです!多分待ち望んでいた人は多いのではないでしょうか?
http://kiniare.blog93.fc2.com/blog-entry-459.html

*QNP特務班:保険証がICカード化
コレいい!ktkr(=キタコレ)!もう、保険証とかパスポートとか大きすぎるんデスヨ!
http://stealss4qnp.blog92.fc2.com/blog-entry-32.html

*信念と日々の積み重ね:健康保険証のICカード化、2012年度からスタート
そして、このICという優れもの、トレーサビリティ機能なんていう物も組み込まれているんですよね。
http://marusho.tea-nifty.com/nori/2007/03/post_b92f.html

*ナマケモノと戯れる毎日:動機付け
健康保険証についてはそういう動機付けは何か存在するのでしょうか…?
http://blog.goo.ne.jp/goobbuu/e/e3611655aed582d241029b2e1566141d

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年03月16日 21:15 | コメント (0)

 

産院/産科医不足

「産院/産科医不足」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「少子化問題では女性の立場が悪くなってるような気がするのですが女性だけが悪いわけではありません。」



=2007年2月1日収集分=

*ママ・パパチャンネルblog:「ママになる!」ためのファースト・・・
これからママになる方は、まずはどんなお産がしたいのか自分のビジョンを立ててみましょう。
http://yaplog.jp/channel_mmpp/archive/81

*母ちゃんのそれでいいのだ!:母乳学習会
産科医不足、助産師不足が言われているが、母乳に興味ある助産師さんは多いということなんだろう。
http://serie-mama.cocolog-nifty.com/blog/

*医学生による情報ステーション:産科医不足問題
産科医不足問題は国家的な問題なので、国も全力で取り組んでほしいと思います。
http://mdisyourheart.blog81.fc2.com/blog-entry-119.html

*さすらい助産師日記:情熱大陸見ましたか〜?
産科医不足の対応とにかく助産師増やすとかそれも大切だけど助産師であることの根本はどこに行ったのやら。
http://blogs.yahoo.co.jp/e_amarin/45674247.html

*ぷち障害者の日替り宇宙(コスモス):(月)ジャパン族の滅亡
産科医不足のため、はるか遠くの病院まで産婦自ら車を運転していかなければならない。
http://moeka-kosmos.seesaa.net/article/32346438.html

*働く【育休中】新米mamaの手抜き日記:産科医不足の影響??
私も妊娠がわかってから病院選びに悩みました。やっぱり評判の良い病院、出来るだけ近いところが良いなぁ
http://blogs.yahoo.co.jp/piggyboxjp/46294247.html

*欣ちゃんののんべんだらり日記:お産も大変だなぁ〜。(´Д`;)ハァ〜
産科医不足という現状があるのでしょうね? やはり一つには少子高齢化という大問題があるんじゃないかな…。
http://blogs.yahoo.co.jp/tsukihi2001/45602295.html

*婦人科女医のひとりごと:産科医は1日にしてならず
私が産婦人科医になりたてのころ、先輩医師や助産師さんの分娩に対する一種の“勘”に感服したものです。
http://blog.goo.ne.jp/n-clinic/e/1fcf6428e10775f156b60f02fb798616

*管理にゃんの徒然なるブログ:産院選びが大変だ!
自然分娩を希望していたんだけど産科医不足で出来ないみたい産科医不足は深刻のようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/enjoysslowly/diary/200701130001

*trezor 子育て&本音日記ヽ(^o^)丿:産科医不足
私の地元でも産科医不足だったなんて・・・ ショック。。個人病院も探してみよう。。
http://plaza.rakuten.co.jp/trezor1975/diary/200701100000

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月02日 17:52 | コメント (0)

 

万波誠(宇和島徳洲会病院)泌尿器科部長の生体腎移植

「万波誠(宇和島徳洲会病院)泌尿器科部長の生体腎移植」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「教育も医療も聖域といわれてきた分野で基本的な倫理が疑われています。もはや善意を信じちゃいけないってレベルですね。」



=2006年11月3日収集分=

*☆Milky's Mutter☆ 腎臓移植の一面
世界中に透析をしている患者さんは約80万人いるそうですが、そのうち20万人は日本の患者さんだそうです。
http://blog.goo.ne.jp/milky1113/e/3d4d1e15176b091edfe12b1605e0c71d

*透析から移植の道:今日は…
昨日リハビリの為病棟内をうろうろしてたら『移植されてどの位ですか?』と女性に聞かれので『一週間ですよ』と答えた。
http://blog.livedoor.jp/sato0726/archives/50528481.html

*中年哲学徒の備忘録:あの宇和島徳州会病院で不可思議な腎臓移植が
移植は親族間が原則なのにそれさえ破っている。この医師は札付きだな。生命倫理以前の問題だ。
http://d.hatena.ne.jp/haecceitas/20061103/p2

*病気で摘出の腎臓移植 宇和島徳洲会
調べれば調べるほど、なんだか不思議な事件がどんどん出てきますね。それだけ臓器移植というのは闇の部分が大きいのでしょうか。
http://diarynote.jp/d/52480/20061103/

*お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々:病気で摘出の腎臓移植 宇和島・・・
かぜかなんかで診察に行ったとき、初診で詳しい診察もせずに、「ポリープがあるから切りましょ」って、手術の日を決められた。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/18917/2623822#2623822

*道の後ろから:病気で摘出の腎臓移植…宇和島徳洲会病院で11件
これは、ドナーへの金銭の授受などがある臓器売買より、遥かに悪質な臓器詐欺ないだろうか。
http://shimaken.i-yoblog.com/e10213.html

*HIROSHI@BLOG:臓器売買から大スキャンダルの予感。
大スキャンダルに発展するかも。だって、移植に使えるほど良好な腎臓なら、摘出した患者に戻すのが本来すべきなのでは?
http://hiroshiat.blog.shinobi.jp/Entry/111/

*ダメネ ニホン: 病気で摘出の腎臓移植 宇和島徳洲会、過去に11件
公式見解は発表されていないが、明らかに不正であり、患者からの信頼を利用した悪質な犯罪だ。
http://pub.ne.jp/fwgf2438/?entry_id=393243

*HARI INI ? 病気で摘出した腎臓を移植?!
すごくアバウトな病院って感じましたけど、とりあえず言えることはここに自分の命を預けるのは嫌だなぁと。
http://blog.goo.ne.jp/kucing-kucingan/e/343b449c3ad5535296fe4249f813929b

*気になる新聞記事、今日この頃 病気で摘出の腎臓移植
遅れているにもかかわらず、ますます遠ざかっていく気がするし、医療不信も増大するのではと心配です。 
http://manatunohero.blog75.fc2.com/blog-entry-8.html

*おくすりあれこれ:病気で摘出の腎臓移植…宇和島徳洲会病院で11件
摘出しなくてもよい状態の腎臓を、移植しがいがために摘出しないとだめだと患者へうそをつき、摘出していたのではないかと
http://ameblo.jp/yamagata12345/entry-10019327992.html

*I Love You!:病気で摘出の腎臓移植11件
それは、とんでもないことでしょ。 良性腫瘍とはいえ、癌の一種だし治ったかのように見えても 再発することだってある。
http://shoko3848.blog33.fc2.com/blog-entry-254.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月03日 22:47 | コメント (1)

 

ターミナルケア(終末医療)

「ターミナルケア(終末医療)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「末期がんなどに罹患した患者に対する看護。終着駅を意味し、身体的苦痛や精神的苦痛を軽減することを主眼にしているとのことです。」



=2006年8月4日収集分=

*ヘルパーりんっ♪がゆく!! りんり〜ん♪:ターミナルケア
いきなし飛び込んできた「新規利用者」しかも、末期ガンのターミナルケア。64歳、女性、余命一ヶ月。
http://blogs.yahoo.co.jp/kanarin2/12150917.html

*インヘルノ:ターミナルケア(終末医療)
ターミナルケアに関心を持ったのは10数年前ですけれども、実際にターミナルケアの現場で奮闘してからは3 年になります。
http://ameblo.jp/film0/entry-10014722733.html

*E’s*diary:終末期医療(ターミナルケア)
どう生きるか・・・息をひきとる最後の最後まで自分の選択した人生を生きたい。
http://blog.goo.ne.jp/--eriko--_2005/e/0364bac6991a36ea0599c8eabefbf05b

*Pokkapoka-Life For You! 〜晴れときどき曇り、ケアマネジャーの日記帳〜 人には優しく、元気いっぱい、今日も1日頑張るぞー、おー!:ターミナルケア
私の医院でも、ターミナルケア(この場合は終末期医療)の相談が寄せられます。
http://ameblo.jp/pokkapokalife/entry-10014986635.html

*泣き虫ねーさんの一人旅:ホスピス
最後までよりよく生きる意味で 緩和ケア(ターミナルケア)はもっと充実するべきだと心から思う。
http://enpanne.blog62.fc2.com/blog-entry-60.html

*月夜の猫のホームヘルパー日記:書類整理
久しぶりに入った利用者様 ADLがかなり低くなっている。知らないは 怖いですね…在宅の介護とは ターミナルケアーだと聞く
http://tukiyonone.exblog.jp/5339880

*介護福祉情報ネット:ターミナルケア
ターミナルケアとは、末期の患者に対する看護のことです。Terminalは終着駅の意味です。
http://kaigojouhou.seesaa.net/article/21452632.html

*泣き虫さなのブログ:一番のご馳走。
ターミナル-ケア ・・・延命のための治療よりも、身体的苦痛や死への恐怖をやわらげ、残された人生を充実させることを重視する
http://plaza.rakuten.co.jp/sana919/diary/200607280000/

*平々凡々な毎日:ターミナルケア
痩せて、寝たきりのおばあちゃん。頭はしっかりしているけれど、体が言うことを利かないみたいです。
http://plaza.rakuten.co.jp/peach2000/diary/200608010000/

*とあるソーシャルワーカーのブログ:延命治療とソーシャルワーク
ターミナルケアや尊厳死、医療倫理など、これから十分議論の余地があると思います。
http://sw-labo.seesaa.net/article/21909720.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月05日 08:56 | コメント (1)

 

電子カルテ

「電子カルテ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「カルテというと医者の先生がミミズが這ったようなドイツ語で暗号のように記入するものという先入観がありますが、それを標準化するだけでもたいへんな労力が要るだろうと想像します。とりあえず他人事に感じますが、患者として扱われる身で考えると人事ではありませんね。」



=2006年7月27日収集分=

*beads love:バセではない@近所の内科
個人医院でありながら、もう電子カルテを導入しています。んで・・・事情を話したところ、やはり良い顔をしませんでした。
http://ringtakayama.tea-nifty.com/beads_love/2006/07/post_7b2c.html

*できるかな?:待合室で6時間半!
改装されててとても綺麗だし大きな画面で診察待ちの案内、 電子カルテの導入と、とても立派!
http://blog.kansai.com/makomakomako/793

*言わせてもらいますが:副作用
かかりつけの病院は入院病棟にかけると電子カルテを見ながら電話相談に応じてくれるんや。
http://plaza.rakuten.co.jp/sada1966/diary/200607250001/

*ただいま育児奮闘中!!:経過観察
何だかすごく待たされるな・・・と思っていたら、7月から電子カルテになり、その移行のために時間が掛かるとのこと。
http://plaza.rakuten.co.jp/kirara428/diary/200607240000/

*naonaohonpon日記:33W2D・転院
リニューアルして、とっても綺麗な病院です。電子カルテが導入されてるので、ドクターはカルテを書かずにパソコンをカタカタ♪
http://plaza.rakuten.co.jp/naonaohonpon/diary/200607260000/

*怠惰なる日々:7日目
これからは全て電子カルテになるんですねー。 最近はどこの病院もこれになりつつありますよね・・・
http://cachao.blog46.fc2.com/blog-entry-196.html

*瀬戸キリスト教会牧師 堀 俊明, 西風の会代表 (躁鬱病とアルコール依存症で精神障害2級):RE.医師会は電子カルテの導入に努力せよ
私のかかっている病院は精神科でも電子カルテです。受付をしてから薬をもらって帰るまで一時間もかかりません。
http://plaza.rakuten.co.jp/dochinn/diary/200607260002/

*かざうた。:ストレス?
生検の結果だけが気になって、医学生の特権を使って自分の電子カルテにアクセスする毎日を送っています(笑)。
http://kazauta0.blog68.fc2.com/blog-entry-2.html

*cat woman −私の中に、猫がいる。:初めての産婦人科
感動したことといえば、電子カルテ!パソコンのモニターみたいな画面に、直接手書きで書き込むカルテが
http://catwomans.exblog.jp/4233875

*だってキュートなナースだもん♪:トホホな朝
使ったものを片付け、カルテの最終チェック中。電子カルテだから、二人とも無言でPCに向かってカチャカチャ打ち込んでいる。
http://blog.livedoor.jp/nnnnnurse/archives/50361982.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月28日 08:34 | コメント (0)

 

完全看護

「完全看護」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「医療制度上では、完全看護という言葉は今は使われないそうです。やっぱり家族の愛情が一番ですしね。」



=2006年7月27日収集分=

*★父親と育児+カミさんと・・・:転院し化学療法4クール目終わりました
病院は新しく、完全看護体制もしっかりしていて、何より、主治医の方や看護師のみなさん、素晴らしい方々です。
http://blogs.yahoo.co.jp/mrboohama/37856594.html

*ウサギの独り言:手術のあと(2)
ここは完全看護体制だが 看護婦さんは忙しい。特に 夕食後から早朝まで・早朝から朝食まで
http://blogs.yahoo.co.jp/usaginoie29/13218324.html

*仕事人、保険屋の政が行く!:認知症
お子様がいらっしゃらないご夫婦や、いたとしても完全看護を強いられるような場合、その負担は想像を絶する内容です。
http://ma20is-sigotonin.air-nifty.com/raihugohoukoku/2006/07/post_c760.html

*LanD-LoTuS:ガガーっと報告
小児外科病棟に、完全看護で2回入院はしたことあったけれど、一般病棟で母子同室の病棟の方がなんだか楽しそうだったわ。
http://landlotus.jugem.cc/?eid=173

*アトピー日記:余計な可能性
病院の受付で「入院できる施設はどこだ?」「完全看護か?」などとまくしたてる。
http://blogs.yahoo.co.jp/satomitu/39260650.html

*みちこの生きた道:点滴の合間に
そこの住人に、ここの患者の家族が多い。ここは完全看護だから、うちの家族は日曜しか来ないけど。
http://mico-mico-87.jugem.jp/?eid=22

*Ripple 〜ビーズを楽しんでいますか?〜:心配なこと
下痢からくる脱水症状で入院した時。完全看護だったので親は泊まれず、泣く泣く(本当に泣いた)私は帰ってきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/rippleple/diary/200607240000/

*miumiu world:手術前検査
「子供は完全看護だよ〜、親は付きっきりよ〜。」と聞いていたので母は10日間病院で缶詰状態だな、と覚悟しておりました。
http://miumiu8.exblog.jp/4010706

*るるのつぶやきネイル: 恐るべし!
その時は交代で見てて欲しいなぁ」(乳幼児の入院の場合 完全看護の病院でも、たいがいが付き添いが必要)
http://blogs.yahoo.co.jp/haruru0710/14086124.html

*りんごママのひとりごと:肺炎
完全看護ではないため、小さい子供は親が24時間付き添いなのです。
http://plaza.rakuten.co.jp/momorainbow/diary/200607270000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月28日 08:30 | コメント (0)

 

小児救急の電話相談

「小児救急の電話相談」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月12日収集分=

*香川のお父さんと子供の日記:あれ、子供の調子が悪いぞ
そんな時、こんなところが便利です。香川県小児救急電話相談。医療ネット讃岐。香川県子育て応援団
http://kosodate06.exblog.jp/4726251

*なんちゃって鷺沼ママ:まめぞうの眠り病(>_<)
まあ、なんて便利なものがあるのぉ!と早速電話してみたんだけど1分も経たないうちに電話したことを後悔。
http://blogs.yahoo.co.jp/momomo7mo/36026798.html

*たいせつなもの〜いまりののんびり育児〜:陸、水疱瘡の疑いアリ
県の小児救急の電話相談に電話したら、やっぱり水疱瘡の可能性が高いとのこと。
http://plaza.rakuten.co.jp/taisetu/diary/200606100000/

*Finnegans Tavern:深夜特急
札幌市には電話で看護師と相談するための窓口があります。「小児救急電話相談」がそれです。
http://dunloe.life.coocan.jp/finnegans/2006/06/post_125.html

*Sadistic Pinkな雑記帳:残業を終えた僕には  医者は終わりの看板・・・
家族が夜間など病院の通常営業時間外に医師に電話相談できるサービスはどうか?と考案されている。
http://sadistic-pink.jugem.jp/?eid=67

*中村幸平/柏原からの微風ブログ:大阪府の小児救急について
救急病院に駆け込む子どもの9割5分が、急を要していないことから電話相談事業を重視している。
http://blogs.yahoo.co.jp/kounakamurajp/38083923.html

*Aha! Festival & Carnival in Kobe:自治体サービス活用祭
兵庫県小児救急医療電話相談。。硬い名前ですが(以前後輩に教えてもらった#ダイヤル8000) 2度目の重宝にあやかりました。
http://pub.ne.jp/tetsuya/?entry_id=210607

*つづき日記:小児救急
ところで、今日は7月1日から新たに始まる小児救急に関するサービスについてご紹介したいと思います。
http://d.hatena.ne.jp/tsuzukinomori/20060627

*mochakoのママだって楽しんじゃえ!!!:小児救急電話相談始める@横浜
7月1日から横浜市では、小児救急電話相談が始まったそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/mochadotabata/diary/200607040000/

*世界で一番明るい視覚障がい者:なるっち通信 第62号
少しでも医師不足、医師の労働環境の改善がされる必要がありますね。特に小児科の問題は急務ですね。
http://kanzya-zyuku.jugem.jp/?eid=198

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月13日 09:04 | コメント (0)

 

がん専門病院5年後の生存率に最大28ポイント差

「がん専門病院5年後の生存率に最大28ポイント差」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月12日収集分=

*オ〜ションゼリィゼ〜♪ 紫苺マレミズム推進課〜:がん専門病院、・・・
施設が異なり直接の比較はあまり意味がないが
http://d.hatena.ne.jp/deos/20060710#p7

*医療業界1年生の日記:胃がん入院5年後の生存率 施設で28ポイント格差
医療の現場でのことなので全く同じ条件の患者ということはあり得ないが、専門の施設においても水準の格差があるという事実。
http://banya.jugem.cc/?eid=36

*気になる医療ニュース:がん専門病院、5年後の生存率に最大28ポイント差
胃がんのほか、肺がん、乳がんについて、98年に初めて入院治療を受けた患者の5年生存率を比べた。
http://medical-news.seesaa.net/article/20655894.html

*ファイナンシャルプランナーのニュースチェック:がん専門病院・・・
肝心の個別の病院の生存率がわからないのでは、利用者としては病院を選ぶことはできませんし、資料としても中途半端ですね。
http://blog.goo.ne.jp/ibarakiisuzu/e/69ff2b826a2a015a634d9b95aa19320f

*GYP総合研究所 (只今、休業中)m(_ _)m:恐い・・・
恐いハナシ。セカンドオピニオンが重要みたい。信頼できる主治医が必要ですネ。
http://blog.livedoor.jp/google_yahoo/archives/50525250.html

*書店「厭な小径」:がん専門病院、5年後の生存率に最大28ポイント差
今回の記事には年齢的なものは触れられていないように思うが、確実に我々施設業界にも余波が遠からずやってくるはず。
http://iyanakomiti.seesaa.net/article/20610077.html

*抱っこ日記!:ガン専門病院
死んでいく患者を引き受けない所だってあるでしょうに、一概に治療だけとは言えないとは思いますけどね。
http://dakkooo.jugem.jp/?eid=16

*専業トレーダー Atsuya:がん治療地域格差
がんは日本人の死因第1位だが、地域や医療機関によって治療成績が異なり、治療法も千差万別。
http://plaza.rakuten.co.jp/trader/diary/200607110001/

*a piece of mind:胃がん・入院5年後の生存率 専門病院間で28ポイント差
だから、こういうデータの存在って、病院を納得して選ぶうえですごく重要な情報になってくるはず
http://piecemind.blog71.fc2.com/blog-entry-26.html

*ただいま経過観察中・・・悪性リンパ腫からの帰還:たまーに見るサイト その2
上記の朝日新聞の記事なども、データがすべて公表されてないからなあ・・。
http://blog.teitetsu.net/?eid=154032

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月13日 08:56 | コメント (0)

 

前立腺がん(癌)

「前立腺がん(癌)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月3日収集分=

*覆面患者:虎ノ門病院 泌尿器科〜!!!!!!!
「たぶん前立腺がんでしょう。」そう言われて、前立腺がんの検査をさんざんやられたのだけど、結果はシロ。
http://blog.livedoor.jp/marurina/archives/50715053.html

*「27才でがんになった男」のがん予防ライフワーク:唐辛子でがん予防
あまりこの種のみのもんた的な内容は、どうかとも思うが、アメリカの医学誌に掲載された研究なら信憑性もあるのだろう。
http://blog.livedoor.jp/fujimoto4423/archives/50542265.html

*美しいものが好きなのじゃ♪:今日はいい天気〜♪
PSAという前立腺がんを示唆する腫瘍マーカーが高値で検査をする方ですね。
http://yukiekonko.exblog.jp/2606569

*アルツハイマ−病, うつ、代謝シンドロ−ム、ガンの植物性サプリメント改善効果:団塊の男たちにいう、前立腺ガンには気をつけよう、防御しかないようだ
前立腺がんは、前立腺にとどまっておとなしくしているものもあるという。しかし、からだ全体に転移していくものもあるという。
http://blog.goo.ne.jp/molecule1950/e/81382c19347d60deb7fbe79b4983cb19

*農家の日記:検診
成人病の基本検診、大腸、胃、前立腺がんを受けてきました。今日になって肺を忘れているのを気付きましたが遅いですよね。
http://blog.goo.ne.jp/m-hyakusyou/e/c9a4a148c6f8dadb756b1c838ea7021e

*ガンの母とじいちゃんと犬、との漫才記:じいちゃん、やるねぇ
じいちゃんは、毎月泌尿器科の病院へ行っています。10年前から前立腺がんの様子を定期的に見てもらっているのです。
http://manzai.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_d36a.html

*夢をかたちに:父が放射線治療の折り返し点を通過しました
前立腺がんの放射線治療を進めている父のお話です。放射線治療は全部で35回あって、平日に通院治療をしています。
http://21seiki-nashi.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_6725.html

*イギョラ!チェーガン イーグルス!:訃報
前立腺がんのために、闘病生活をしていましたが、今月に入って身体の衰弱が目立ってきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/tohokueagles2005/diary/200606260000/

*方向音痴なstar/乳がんと乳房再建:父、帰る
前立腺がんの手術から12日。父が退院した。しばらく自宅療養だという事だが、じっとしていられるのだろうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/from_star/37025482.html

*JAZZ菌がいく!:橋本元首相と私の父との思い出。
10年以上前の出来事を思い出した。私の父は10年前の平成8年5月に前立腺がんで亡くなった。
http://blogs.yahoo.co.jp/kazumykeyx2/37040396.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月04日 07:56 | コメント (0)

 

個室に入院

「個室に入院」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月3日収集分=

*で、どうしたいんでしょうねぇ…:母の病室が…
若いうちや、病気がそんなに重くない場合、少し騒いでしまう患者さんには、個室っていいんでしょうけど…
http://sarasa001.blog67.fc2.com/blog-entry-6.html

*日本代表のように熱く!!:闘病記 今思うこと、、、
個室しか空いてなかったから、仕方ないけどね。個室って基本的に、人の出入り、つまり看護師の出入りがないんだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/yokkon1982525/6848508.html

*ORI的発想!?:まっしー退院♪ (〜急性散在性脳脊髄炎 (ADEM))
個室入院で部屋から出る事を許されなかった事による運動不足とストレスも重なって体重も入院時から約4kg増えました
http://oriworld.jugem.jp/?eid=219

*DOUBT:夜更けのコソコソ更新
個室に。入院してからやたらと寝てばかりいたので、そろそろ睡眠取りすぎた躰がまた夜更かしモードになってんな。
http://good-by.seesaa.net/article/19108595.html

*ほろろんDIARY:お見舞い。
すんごい綺麗な病院で、個室に入院してたけど、シャワーもトイレもついててびっくりした!!
http://yaplog.jp/hororon-com/archive/185

*怪獣と暮らす日:週末入院してました〜
血液検査でおたふく風邪の兆候があるのでこれから発症するかも、ということで個室入院になりました。
http://plaza.rakuten.co.jp/kaijyuu2/diary/200606120000/

*徒然日記帳:復帰。
入院です、、。 でも私の入院してる病院には、個室入院でPCが一台づつあります。
http://sirasu.blog27.fc2.com/blog-entry-28.html

*エンジェルワールド♪:代打です(A;´・ω・)アセアセ
特別個室に入院しているみたいです^^;病名はまだはっきりしてないけど、両硬膜下水腫。
http://plaza.rakuten.co.jp/miitan3319/diary/200606140000/

*前向きにケセラセラ:かかりつけ医って決ってますか?
誤嚥性の肺炎になったときに、頼りに出来ないですよね。。だって、もう個室に入院させてもらえないでしょうから。
http://plaza.rakuten.co.jp/maemukiuribou/diary/200606170000/

*遠くに見えるものは:入院支度完了
前回と同じ病院の個室に入院する予定だ。いまどきの産婦人科で、まあ至れり尽くせりだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/uminimodori/9783744.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月04日 07:54 | コメント (0)

 

AED(自動体外式除細動器)の使い方

「AED(自動体外式除細動器)の使い方」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月3日収集分=

*多系統萎縮症の介護日記:救命講習
AEDの使い方は簡単でした。機械からアナウンスが流れますので、その通りにやれば誰でも出来ます。
http://plaza.rakuten.co.jp/syuichi6780/diary/200606250000/

*初めてのブログ!!:救命どうでしょう
この講習では人形を使って、人工呼吸・心臓マッサージの仕方、AEDの使い方を教えてもらいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/m0i2k1i1/9429291.html

*欲張り人生まっしぐら!:普通救命講習!
AEDの使い方も教えて頂きました。AEDは簡易の持ち運び用電気ショックの機械です。
http://blogs.yahoo.co.jp/reishik/9531269.html

*P & S:AEDの使い方、って。
でも現状として『使用できない』と答えた人は、95.7%でした。私もその中の一人です。
http://blogs.yahoo.co.jp/lally7711/36900680.html

*気ままにナース生活^ー^☆彡:AED
BLSもあやふやでAEDなんか使い方を説明できるのか!?と不安にかられまして…(*_*;
http://blogs.yahoo.co.jp/meg_meg_meg0601/38492387.html

*パーカッショニストKANのひとりごと:AEDを知っていますか?
「AED」の使用法を知っていて、一人の命が助かった・・・・・このようなニュースをTVで見た。
http://kankan.way-nifty.com/kankan/2006/06/aed_dd6a.html

*月刊 エビス丸:ついに!
職場にAEDがきました。消防の人たちに、CPUやAEDの使い方を教えていただきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/inusentyou/38224121.html

*Satoshi's Diary:CPR研修
人工呼吸器やAEDの使い方についてでした。月に1回普段やっていますが、現場の方から生のお話を聞けて大変参考になりました。
http://d.hatena.ne.jp/uchilab/20060630

*ukyoさんのいちにち:AED
今回はAEDの装置の使い方を教えてもらった。最近デパート等で見かけるAED。使い方を覚えんとイカンですバイ。
http://blog.so-net.ne.jp/chula-chulaap/2006-06-30

*BeBe通信:普通救命講習
AEDの使い方を教わりました。電源を入れると、機械がしゃべってくれる。パットを貼る位置も絵がついている。
http://blogs.yahoo.co.jp/bebetti0518/36989939.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月04日 07:53 | コメント (0)

 

時間外診療

「時間外診療」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月28日収集分=

*ジャム子のぼちぼち日記:ダイヨンシ?!
シップを巻いた(?)右手の薬指の下の方を指していうもんで夕方6:30と中途半端な時間外診療に行きました。
http://plaza.rakuten.co.jp/jambochi/diary/200606020000/

*向日葵日記:本当に恐かった…頭をぶつけました
時間外診療で脳外科の先生じゃないこともあってやはり寝てしまっててもすぐに診療に行けば良かったかも後悔の念が浮かんできました
http://plaza.rakuten.co.jp/sunson48/diary/200606030000/

*こまったクリスチャンのよかった探し!:左膝を脱臼
土曜の夜ということで、時間外診療にも患者さんがいっぱいです。一時はこんな脱臼珍しいということで、最悪手術するかも・・・
http://blog.goo.ne.jp/ledy8/e/93796b53107d43dc7b5f8ff93b7d2a3c

*吐き溜め的なトコ:記録
正直蕁麻疹程度で、「こんなに騒ぐこと無いんじゃないか」と思いつつ時間外診療を受ける。
http://maccha-latte.spaces.msn.com/Blog/cns!A424138D5BFF6030!193.entry

*〜プロ中学受験師の指導日記!〜わが子にもう塾も偏差値もいらない!:体調不良続く・・・・
今日は、夜時間外診療に連れて行った・・喘息のほっさで!今は発熱も始まった。
http://plaza.rakuten.co.jp/ryuivhi/diary/200606170001/

*まなぶろぐ:病院。
土曜日は出勤したのですが、もらったクスリで胃痛は止まず、時間外診療をしているM区の大学病院に駆け込んでみました。
http://ameblo.jp/manaxpanixtn/entry-10013773696.html

*茜雲:緊急診療
時間外診療に初めて行ってきた。 付き添いなのに、緊張してしまった。 体調不良を訴える本人は、顔色がない。
http://akanecloud.blog65.fc2.com/blog-entry-28.html

*三十路:時間外診療
時間外、特に普通寝ているはずの時間は、当直医も寝ている時間。誰でも救急車を受けたくないです。
http://vc4000.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/4_1f07.html

*H17年7月生まれのケー君:風邪。長引く。。
プール熱の検査したけどマイナス。午後になったら40度を超えたので、時間外診療へ。肺炎の心配はない様子
http://blogs.yahoo.co.jp/ktatanmama/9331287.html

*くつろぎラウンジ:孫の入院
時間外診療なのでいろいろ時間がかかり、孫もつらい検査に泣き止まない。つられて上の孫娘も泣き出す始末。
http://blog.goo.ne.jp/mrhakuwakai/e/f6d4f2666195b4a1d6bbf82d9a07dd60

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月29日 07:32 | コメント (0)

 

初期がん(癌)から緩和ケア(厚労省)痛み軽視見直し

「初期がん(癌)から緩和ケア(厚労省)痛み軽視見直し」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月26日収集分=

*Blogstyle diary@widowhood:いい試み
痛みの緩和としてモルヒネが有名ですが、使いすぎるとだんだん量が多くなることから不安視することが多いです。
http://d.hatena.ne.jp/angel723a/20060625/p4

*miki2005:緩和ケア
厚生労働省が導入を決めると言う事は、緩和ケアの診療点数が保険適応になるのかな?
http://www.digicafe.jp/diary/295093.html

*アトリエ・リフォレスト:読売一面「初期がん」から緩和ケア
今朝、新聞を見た。新聞を抱きしめた。で、うれしくて泣いてしまった。発作的に!
http://blogs.yahoo.co.jp/reforest1962/9421836.html

*語りえぬことについては、沈黙しなければならない。:風邪引きました…
がんです。そう言う方は、次の思考、どう攻める、どう治す。言われた方はどうなるそこで時間は止まるはずです。
http://blogs.dion.ne.jp/stmine/archives/3642382.html

*The Samantha Times:厚労省、痛み軽視見直し…「初期がん」から緩和ケア
5カ年計画らしい。お役所仕事らしさが出ているなあ。がんばれ、国家公務員。
http://kinako777.jugem.jp/?eid=553

*お気楽でいこう:緩和ケア
緩和ケア=末期 治療はせずに穏やかに生活できるようにすると思っていたし、そのような表現のパンフをみた
http://hige-man.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_3540.html

*オーストラリアでナース〜塞翁が馬〜:緩和ケア
やっと厚生労働省もうごきだしたんだな〜。コレでまた日本の病院がごろって変わるんだろうな。
http://angel.ap.teacup.com/emilin/109.html

*医療の安全とは・・:初期がんから緩和ケアを・・と厚労省が見直し
この基本計画を5年以内に策定するということですが、一刻も早く体制を整え、実施してほしいものだと思います・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/h_s_g1019/36813382.html

*やくほうし:痛み
心の痛みもありますが、特にがん患者さんにとっては体の痛みと同等の心の痛みもあります。
http://blogs.dion.ne.jp/pharmacy_tsukamoto/archives/3651012.html

*CLEAR BOOK 癌闘病記 諦めない!:新聞の片隅に・・・・
新聞に「初期癌」から緩和ケア・・・厚生労働省基本計画策定へ・・・とあった。5000人を対象に試行されるらしい。
http://blogs.yahoo.co.jp/hotall333/36825427.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月27日 08:20 | コメント (0)

 

がん登録

「がん登録」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月23日収集分=

*ねこまんま:「日本のがん医療を問う」(NHKがん特別取材班 新潮社)
日本の場合、基礎データがない状態でがん対策を考えていることになります。そこで登場するのが「がん登録制度」です。
http://blog.goo.ne.jp/messneko/e/27ffdebe267be94899406d8b238d73ae

*どこよりも詳しい個人情報ブログ:がん対策基本法成立へ
私は、個人情報がきちんと適正に扱われるのであれば、受け入れは拒む必要がないと思います。
http://ameblo.jp/kojinjouhou/entry-10013570893.html

*○○を疑え:がん登録制度 国会で議論を深めたかった
「がん登録」とは、特定の集団におけるがん患者を全数把握し、経過を追跡して、データベース化する作業だ。
http://blog.goo.ne.jp/woutagae/e/e847115cc15e673a134da138043c7f3c

*アトリエ・リフォレスト:終末期緩和医療
積極的治療を受けようと思ったら、自由診療になるわけだ。また、がん登録よりも「がん終末期登録」が先行して行われるという。
http://blogs.yahoo.co.jp/reforest1962/9032081.html

*SUNROOM:またまた議員会館へ・・・そして次のこと。
がん登録も必要です。院内がん登録のために、各拠点病院が2名の事務スタッフを雇い、それに専従させたとします
http://plaza.rakuten.co.jp/SUNROOMosaru/diary/200606160002/

*がん医療Webセミナー:がん対策基本法を考える
「がん対策基本法」には,民主党が提案した「がん登録」が盛り込まれていないという問題もあります。
http://blog.goo.ne.jp/clinicalscience/e/8ede4e46355ba42c231fd56ea48cc64d

*がん医療相談:がん対策情報センター(仮称)
最新の情報を患者さんやご家族などに提供する「がん対策情報センター(仮称)」の設置を決めています。
http://blog.goo.ne.jp/setoyamaosm/e/02add043fed59979397d0d3972312893

*歩行と記憶:がん対策基本法成立
個人情報保護法のからみがあるものの、『がん登録制度』は早急に構築してもらいたいと思う。
http://d.hatena.ne.jp/kuriyamakouji/20060621/p1

*officekubo:[がん対策法]「患者を“難民”にしないために」
がん患者の実態を把握するため「がん登録」の体制作りも急務だ。どこで、どんな患者が発病しているのか。
http://blog.goo.ne.jp/y_kubo/e/73f9367c6db3f6bd1a82fd938d6e0f49

*からだが時限爆「がん」ですねん <5年生存率数%以下>:がん登録賛否
「がん登録」?!・・。何をいまごろ・・。当たり前であって、そうでない様な実態。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/officecancer/diary/200606220000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月24日 10:07 | コメント (2)

 

院内感染(いんないかんせん)

「院内感染(いんないかんせん)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月22日収集分=

*うちの 四つ葉のCLOVER:やっと 終息
この菌は産まれてから感染するので、多分院内感染でしょう とも (なんかそういうの調べるの好きな先生でした)
http://blog.goo.ne.jp/tomaharu/e/3dd752726d307badd23ddf7ef975dfb2

*S-mam子育て日記:いつもの生活へ
下手に頻繁に小児科に連れて行くと、院内感染を起こしてもらわなくていい病気をもらってくる可能性もありますしね。
http://plaza.rakuten.co.jp/stanzmam/diary/200606160000/

*デンタルエニグマ:今思い返すと怖い話
院内感染は歯医者でもありうる。と言うか現実に自分が感染してしまったことがある。
http://blogs.yahoo.co.jp/ruhanaak/36400555.html

*気まぐれ日記:父親の病状
私としては院内感染が心配なので、出来れば病室から出て欲しくはないけれども、頑固な父が言う事を聞くわけもなく・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/sayappe3go/8587459.html

*memorandum:RISING SUNに浅井健一が出るぞ、こらー
院内感染しそうな感じだった。大きな総合病院はここが難点で、科に関係なく同じフロアで待たされるから恐ろしい。
http://crony.blog1.fc2.com/blog-entry-1069.html

*わが家にちょびがやって来た:病院から電話
他の子と遊んだりはなかったようなので大丈夫だと思うがもし本当に発症したら、これは院内感染?
http://blog.livedoor.jp/yoshishi555/archives/50649385.html

*いちごハウス:失敗とやりきれない思い
病棟でまた院内感染騒ぎが勃発した。そのことで帰りのエレベーターで一緒になったママに話しかけられた。
http://plaza.rakuten.co.jp/kazue396/diary/200606220000/

*『凛として優しく』〜子どもの事故防止と応急手当講師として:多剤耐性緑膿菌
…ここに書かれている院内感染があった病院、ぜんぶ大学病院なのは、なぜ???
http://plaza.rakuten.co.jp/lsfanursery/diary/200606220000/

*内藤桜花の独り言 ブログ版:黄色ブドウ球菌の記事を読んで
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が院内感染という形ではなく、市中に存在している話だったと思う。
http://oishi.no-blog.jp/kyomu/2006/06/post_f535.html

*医学処:埼玉医大で多剤耐性緑膿菌の集団感染。100人中6人が死亡
多剤耐性緑膿菌の集団感染か。。免疫力が落ちている以上仕方ないといえば仕方ないのですが。。。
http://venacava.seesaa.net/article/19691078.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月23日 08:55 | コメント (0)

 

ホスピタルアート

「ホスピタルアート」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月20日収集分=

*子育てママ☆SHIMA☆ブログ☆:小児科病棟の壁が動物園に
広島市民病院の新しくできた小児科病棟の壁に絵本作家の「ふくだ としお」さんが動物の絵をかいちゃいました
http://blogs.yahoo.co.jp/snmy75/33942606.html

*MATERIAL KEY:ホスピタルアート。
アーティストに壁画など芸術作品の制作を依頼し、患者や医師、職員も企画や制作に加わるケースも増えている。
http://blog.livedoor.jp/material_key/archives/50864307.html

*Heart and Aqua:ホスピタルアート
そうやって絵を描いたり、またそれを眺めていると、自然に心が和んできて、また元気が出てくるのだそうです。
http://blog.goo.ne.jp/heart-aqua/e/c6d6845273a343ae453ca6be7d11ee57

*いちくら星レポート:やっと届いた。
今日キャリア(=人生)ガイダンスでした。女社長の方とホスピタルアートの方が来てくれました。
http://yaplog.jp/utyuu-naposu/archive/148

*たかたか日記:ホスピタルアート
訓練に行った病院の柱にはきれいな絵が描かれているホスピタルアートというものらしい
http://mitani.exblog.jp/4153190

*編集記者・まりーなが書く「日刊 ブログ」:癒しのホスピタルアート。
ホスピタルアートとは、簡単に言えば、病院の外来やプレイルームの壁にイラストなどを描いた「壁画」のことです。
http://blog.goo.ne.jp/mari_na2005/e/1c12c8419c6d792b855727f6819fc7fe

*ArtsLog:ホスピタルアート
いいよね。どんどんそういう病院増やして欲しいな。アートにはそういう「力」があるって私も強く思う。
http://artslog.seesaa.net/article/16680938.html

*万次郎会 公式ブログ(拙筆屋万次郎さん ご本人公認):シニアハウスで
こちらも、何か嬉しくなってきます。こういう取り組みも「ホスピタルアート」的なものといえるんでしょうね。
http://blog.goo.ne.jp/manjirokai/e/4bd32c57a277a0f871e7018a49c52416

*アーツにであうには 京都橘大学の片すみで こころの耳を澄まします。
高校に情熱的な先生がいらっしゃって、ホスピタルアートなどさまざまな企画を実現されています。
http://kogurearts.exblog.jp/3910901

*中途半端でも大丈夫:ホスピタルアート
『芸術の力で患者の心を癒そうと、病院内の壁や柱に絵を描いたり、彫刻を飾ったりする「ホスピタルアート」が広がっている。
http://miamama.exblog.jp/2183423

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月21日 07:36 | コメント (0)

 

クリニクラウン

「クリニクラウン」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月13日収集分=

*いちごハウス:空回り
今朝のNHKで「クリニクラウン」の特集をやっているのを見ました。大切なことに気づけたような気がします。
http://plaza.rakuten.co.jp/kazue396/diary/200606060000/

*tapa comme cela:ホスピタル・クラウン
昨日の朝、『ホスピタル・クラウン』のドキュメンタリーを見ました。『クラウン』は日本語で『道化師』のことです。
http://blog.goo.ne.jp/tapa-co/e/c3170dc67a68a5e93b30d34289704f5e

*ku-ma’s ふらっと ☆サバラバ☆:あかいはなの男
道化師=クラウンって言葉知っていますか?赤い鼻=ピエロ=道化師と思われていますが、道化師=クラウンといいます。
http://plaza.rakuten.co.jp/happykuma3/diary/200606080000/

*気分は上場:クリニクラウン
クリニクラウン。日本ではまだまだ根付いてないが、この団体には共感を覚えることができた
http://blog.livedoor.jp/nanaketukuro/archives/50225340.html

*日々是精進也:くりにくらうん
あぁ、ステキな職業だなぁ・・・・。このドキュメンタリーに出ていた塚原さんていう人いい目してたなぁ。
http://sevenseas73.cocolog-nifty.com/3246/2006/06/post_7099.html

*或る国語講師Aの視点:クリニクラウンのドキュメンタリーを見て
先ほどまで放送していた「NNNドキュメンタリー’06」で、すばらしい内容に思わず涙を流してしまいました。
http://shiten.kokugo-a.jp/?eid=265816

*シナモンとチョコレートとクリステルと。:NNNドキュメント’06
その笑顔を取り戻すために、道化師となって子どもたちに接するボランティア?NPO?の方のお話でした。
http://blog.goo.ne.jp/ma-yi-zi/e/c1319037f9cb750f7ead6d0a46a62278

*わたしのブログ:まっかなお鼻の〜♪
「クリニクラウン」についてドキュメントやってたのね。映画「パッチアダムス」で火がついて世界に広がっている運動。
http://plaza.rakuten.co.jp/koukicchan76/diary/200606120000/

*人生、チカチカ☆彡:クリニクラウン
プロの道化師の塚原成幸サンという方が、長期入院の病気の子供達に笑顔を運んでいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tikatikawakana/7775444.html

*Famille ファミーユ:クリニクラウンって知っていますか?笑う事は何よりも良薬
私がアメリカ滞在中行なっていたボランティア活動の中で、クリニクラウンという存在を始めて知ったのが今から十数年前です。
http://familleurawa.jugem.jp/?eid=43

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月14日 15:01 | コメント (0)

 

ドナー登録

「ドナー登録」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月10日収集分=

*直球勝負:健康診断
骨髄バンクにドナー登録をしたのですが、こんなに注射が怖くて、大丈夫なのか不安になってきました(涙)
http://katana1100.at.webry.info/200606/article_3.html

*ヤモメの水兵さん日記:ドナー登録
昨日、時間を見計らいドナー登録を済ませた。妻の一周忌を済ませてから登録しようと思っていた・・
http://blogs.yahoo.co.jp/bonekazu0614/7045494.html

*デイトレーダー生存率向上ブログ:献血の意味
私は、骨髄ドナー登録に登録してます。登録当時はまだ数万人でしたが、今は「目指せ、30万人」にまで発展してます。
http://blogs.yahoo.co.jp/traderspage/7152539.html

*SUGALOG:ドナー登録!!
ドナー登録を呼びかけるテレビCMに今年も出ます。流れている時間は数秒なんですが・・・
http://izakaya-mar.jugem.jp/?eid=251

*MasuBlog:骨髄移植
「ドナー登録」これまで考えたことがなかったけど、登録しておきたいと思います。
http://www.masudaf.com/masublog/archives/2006/06/post_54.html

*Kという人。:採血。
骨髄バンクのドナー登録してきました。20歳になったらやりたいことって何個かあったんだけど、その中の1つだったから。
http://moon.ap.teacup.com/bbkei9/32.html

*h's common sense:命の尊さ。誰も一人では生きていないと思うの。
話は飛ぶかもしれないけれど、ドナー登録に興味を持ちつつ、まだ動いていない。
http://blogs.yahoo.co.jp/h_commonsense/35994732.html

*30過ぎても銀杏BOYZ!:ドナー登録はチョー簡単!
昨日骨髄バンクのドナー登録と、ついでに成分献血もしてきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/macky450jp/diary/200606070001/

*合言葉はLOHAS:Bank
パンフレットを一部頂きました。わたし、ドナー登録に関心があるんです。でも両親が認めてくれない。
http://plaza.rakuten.co.jp/luxuriouslife/diary/200606080000/

*敵はあっさり塩味:ドナー登録
試算によると10万人のドナー登録がなされれば90%程度の患者に骨髄移植可能な候補者が見つかるらしい.
http://adhoc.jugem.jp/?eid=25

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月11日 08:24 | コメント (0)

 

医師不足は新研修制度の影響?

「医師不足は新研修制度の影響?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月5日収集分=

*Personal Bookmark:医師不足
NHK でやってる。この問題については、研修医制度の問題だという偉い先生はよくいっている。
http://personalbookmark.seesaa.net/article/18748763.html

*大空:医師不足・・・。
医療問題・医師不足を特集する番組は多い。現状のシステムでは、多くの場合、お金持ちしか医者になれない
http://anyamomo.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_f735.html

*今更白書ん?:医者要らず
医師不足に対する徹底討論を見ていたが、やっぱり最後は医師本人の志に懸っていることが見て取れた
http://214ogra.blog2.fc2.com/blog-entry-561.html

*果報は寝て待て:医師不足?
今日NHKで医師不足についての討論番組をやっていた。いわゆる新研修制度の影響で地方の拠点病院から
http://tariki.at.webry.info/200606/article_7.html

*きょうも歩く:6/3 医師不足は数より適正配置
医師不足は、医師の全体数ではなく、科のアンバランスや、病院/開業医の比率のアンバランスに問題がある
http://kurokawashigeru.air-nifty.com/blog/2006/06/63_2f68.html

*精神病者で何が悪い!:「医師不足は適正配置で」保健医療科学院が予測と提言
これは私も納得。だって、30人増やしたからって、その中で自分がストレスがかかる可能性の高い場所で
http://ameblo.jp/ansu-kasukabe/entry-10013196208.html

*明日への意志:明日の医療2!
要するに地域格差が激しくなっているとのこと。産婦人科・小児科の医師不足は深刻なようだ。
http://shou-4010.way-nifty.com/ashita/2006/06/post_5ea8.html

*まほろばに生を受けて!:私たちの医療はどうなるの?
東京を中心に大都会には医師不足はないようだが、中・小都市、田舎のほうへ行くと極端に医師がいなくなる
http://blogs.yahoo.co.jp/shouyae40102000/37401631.html

*医療の安全とは・・:「医師不足は適正配置で」・・予測と提言・・?
う〜ん・・何を今更という感じがする・・。医療をよく研究している者には、医師不足対策は増員ではなく
http://blogs.yahoo.co.jp/h_s_g1019/35847516.html

*わたしのブログ:風邪、大流行です。
小児科もなんだかここっていう安心出来る先生がいなくって。医師不足って質も悪くしているようなきがする
http://plaza.rakuten.co.jp/ohisama15/diary/200606020000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月06日 07:43 | コメント (0)

 

病院ランキング本

「病院ランキング本」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月1日収集分=

*peekaboo!:斜視の検査どこで受けよう?
何冊も借りてきました。斜視のことについての本の他に、病院ランキングとかガイドとか、その手のもの。
http://plaza.rakuten.co.jp/peekaboo0202/diary/200605110000/

*新・関西美容魂:強制紫外線照射
病院ランキング本は、はっきり言って広告なのでアテにならないし、やっぱり巨大でない掲示板などで
http://westbeauty.jugem.jp/?eid=9

*眼科医たけ丸診療録:全国優良病院ランキング
左の下の方に全国優良病院ランキングの本を紹介させて頂いてます。この本は実力度ランキングの本
http://takemaru324.jugem.jp/?eid=112

*ハンドモデル影つれづれ日記:健康ブーム(?)TVの真実
最近やたらと健康ブーム。病気に関するTVも増えたし。いい病院ランキングなんて本もありますよねぇ。
http://blogs.yahoo.co.jp/kagehousi99/30989815.html

*夕刊フジBLOG:病院ランキング本に異変?
疾患ごとの得意な病院を「順位付け」という方式で紹介する病院ランキング本。どこの病院に
http://www.yukan-fuji.com/archives/2006/04/post_5433.html

*健康管理・増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ探求:国立大病院に「通信簿」 400項目の偏差値集計
病院のランキング本が多数出版されていますが、信憑性が疑わしい本もあるようです。
http://wellnessjp.exblog.jp/2982243

*イッテヨシヲ:医療
そして、巷で売れている病院のランキング本もまた然り。本当に良い医療を受けたい、と望む人は多い。
http://ameblo.jp/tnkmtm/entry-10011936357.html

*これからのあたし・・・毎日のつぶやき:DCISと ドクターと 病院と あたし・・・。
がん治療などは病院のランキング本などが手軽に入手できる世の中になりました。色々な情報誌でも
http://blogs.yahoo.co.jp/tiara_sifon/3759760.html

*PET検診情報サイト:最新医療・健康情報とがん検診・人間ドックの選び方
最近、毎年病院ランキング本っていうのが何冊か発売されていますよね。みなさん読んだことありますか?
http://petg.ak-m.jp/2006/05/002.html

*人生は one way?:EPBD
病院ランキング本:全国**の名医100人に登場するような名だたる名医だって功率は100%には
http://plaza.rakuten.co.jp/barachan/diary/200605290000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月02日 10:34 | コメント (0)

 

みらい(難病抱える命)助けて!両親が援助呼び掛け

「みらい(難病抱える命)助けて!両親が援助呼び掛け」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月16日収集分=

*日替わりランチ:中京テレビ
先程、テレビで難病と戦う小さな命の「みらいちゃん」腸の全部の神経の関係で、食べることも
http://blogs.yahoo.co.jp/takujilily2002jp/4949585.html

*SHOOT SPEED KILL LIGHT:山下みらいちゃんを救う会
何人もの子供たちが難病で苦しんでいる。臓器移植しか望みがなく、日本では治療できないという現実
http://blog.so-net.ne.jp/hiderock/2006-05-15-1

*朔太郎の子育て日記:山下みらいちゃん
今日、ニュースを見ていると、腸が機能しない難病と戦う山下みらいちゃん(生後2ヶ月)が、米国で
http://plaza.rakuten.co.jp/sakutarou1206/diary/200605150000/

*中年おじさんの独り言:命の尊さ!
日本政府は、米軍基地に移転に伴う費用負担は出来ても、この子を救うための政策・費用補助は出来ない
http://blogs.yahoo.co.jp/horiyuki552000/34590706.html

*モークンの日記:難病募金
みらいちゃん、がんばれ!!そして、元気な笑顔で帰ってきてください。
http://ta115.seesaa.net/article/17884539.html

*酒仙飯店・五合庵:難病抱える「みらいちゃん」の援助呼び掛け・・・
生まれつき腸に神経がなく、腸移植でしか助からない難病を抱える愛知県春日井市の山下みらいちゃん
http://plaza.rakuten.co.jp/gogouanney/diary/200605160000/

*BAY LEAF ROOM:難病抱える「みらい」ちゃんの生命助けて!!
病気の苦しみは、本当のところ本人にしか解らないのかもしれない。しかし、幼いがためにその苦しみ
http://blogs.yahoo.co.jp/chiharu12251965/4962188.html

*毎日がスペシャル(雪うさぎ日記):皆さんのちからで、小さな命を救いたい。
私は、いわちゃんのブログにいって、みらいちゃんのことを知りました。ここへ来た人が少しでも
http://blogs.yahoo.co.jp/alice_s123456/34621520.html

*ハチミツ日記。:みらいちゃん。
昨日、テレビのニュースで難病の赤ちゃんのことを取り上げていました。臓器移植が必要で
http://plaza.rakuten.co.jp/gomanji/diary/200605160000/

*新・だんなの屋根裏部屋:「みらいちゃんを救え!」小腸・大腸移植を実現するために
実は、春日井市の愛知県コロニー中央病院に入院している赤ちゃんが、先天性の病気のため、小腸と大腸
http://fukucat.pussycat.jp/danna/2006/07/post_67.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月17日 09:32 | コメント (0)

 

禁煙パッチ(ニコチンパッチ)が健康保険適応に

「禁煙パッチ(ニコチンパッチ)が健康保険適応に」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月13日収集分=

*薬屋親父の薬局的日々:禁煙外来、完全保険適応に!
医療現場で混乱していた【禁煙外来の保険適応】に回答がでました。ニコチンパッチの保険適用です
http://suzu-yaku.tea-nifty.com/blog/2006/05/post_b2c5.html

*七ろ(shichiro)のブログ:「ニコチンパッチ」が保険薬になる
ところで、この禁煙を手助けする「ニコチンパッチ」が今月から保険薬になるとのニュース。私の場合
http://plaza.rakuten.co.jp/happy2ndlife/diary/200605130000/

*医療119番:ニコチンパッチ保険薬に
喫煙を病気としているのにその治療薬の「ニコチンパッチ」が保険適応でないのはおかしい。
http://plaza.rakuten.co.jp/medtsunami/diary/200605130000/

*zara's voice recorder:禁煙パッチをめぐるドタバタ
4月から保険診療の対象になった禁煙治療が、主な治療薬とされる「ニコチンパッチ」を使うと
http://zara1.seesaa.net/article/17748950.html

*s0met1me@905- の沖縄はてな日記:役人の考えることって
殆どの場合ニコチンパッチ使わないと禁煙はできないそうだけど(自分の場合は使わなかったけど),
http://d.hatena.ne.jp/s0met1me/20060513/1147489757

*南雲研究室:禁煙パッチ
あったり前じゃないかぁ!!禁煙診療を保険対象診療とすることを半ば強引に決めた厚生労働省。
http://blog.so-net.ne.jp/shinobu_n/2006-05-12-6

*医療&情報:「ニコチンパッチ」薬価収載!
お役所仕事の極みのお手本のような出来事・・・。まあ、医療関係者は厚生労働省の珍事に関しては
http://plaza.rakuten.co.jp/srlow/diary/200605130000/

*薬局のオモテとウラ:禁煙パッチを巡る混乱
既に多くの方がご存知だとは思いますが、禁煙パッチ(商品名:ニコチネルTTS)を巡って混乱が生じて
http://blog.kumagaip.jp/article/681632.html

*ユビキタスモバイルの夢:禁煙パッチ保険適用へ
ニコチン依存症と診断された人に医師が処方する禁煙治療薬(ニコチンパッチ)を健康保険の対象とする検討
http://plaza.rakuten.co.jp/mmorishima/diary/200605130003/

*健康とか日常の思っていること:禁煙パッチ保険適用へ
5月13日付日経社会面に「ニコチンパッチの健康保険適用の検討」という記事よりです。
http://plaza.rakuten.co.jp/utmame/diary/200605130000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月14日 09:44 | コメント (0)

 

救急隊(救急医療)重症の35%過小評価(患者1万人調査)

「救急隊(救急医療)重症の35%過小評価(患者1万人調査)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月13日収集分=

*ダイブチームムラタ:救急医療にも盲点
それは救急隊の現場での被救助者の容態評価で、重傷例の35%は過少評価の可能性があることが
http://y-murata.cocolog-nifty.com/diving/2006/05/post_217d.html

*ファイナンシャルプランナーのニュースチェック:救急医療 救急隊
医療を提供する側から見れば、救急車で運ばれた患者全員を救急病院に送られると、今度は救急病院の
http://blog.goo.ne.jp/ibarakiisuzu/e/21eb7c6a8f09aacb4ffddf16fa78339c

*つれづれ日記:診断の難しさ
外傷と違って内科的な重症度は、原因が様々である故に判断が難しいですよね。医師でも未熟な人間だったら
http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1939jpjp/35725096.html

*夫婦珍道中:またもや救急隊のニュース
Yahoo Newsでまたもや救急隊のニュースが出ましたね。一つ不祥事が起こると連鎖反応のように
http://blogs.yahoo.co.jp/esperanzaokuda/4605762.html

*闘病日記 by moppu:救急隊の過小評価
今日のニュースで、球体が患者の病状をかなり過小評価しているというニュースが出ていた。かなりの数が
http://ameblo.jp/purin-moppu-yuki/entry-10012377573.html

*三文小説:救急隊は大変!
ニュースで『救急隊、重症の35%過小評価」と報じられている。事故で出動する救急車。
http://plaza.rakuten.co.jp/shinjida/diary/200605120001/

*スポーツ脳:救急救命、判断の限界・・・・
特に、けが以外の内因性の病気では、過小評価は42%に達しているみたいです・・・救急隊は救命士の
http://sportsbrain.cocolog-nifty.com/sportsbrain1/2006/05/post_4434.html

*健康増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、 豊かさ、幸せ探求:
医師ではないので無理からぬことですが、過小評価されて不幸な結果になるのはとても残念なことです。
http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/200605130000/

*ちりんのblog:救急隊による重症度判定
まぁ、基本的に無理だろう。CTとか採血とか外科手術とか色々で、答え合わせを日頃している
http://d.hatena.ne.jp/chirin2/20060513#p2

*イタバサミ・・・・・:救急車に乗りますか?
仕方ないよな、医者だって間違えるでしょ。みんながERの医者じゃない。ドクターカーを用意しろっ
http://plaza.rakuten.co.jp/itabasami/diary/200605120000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月14日 09:43 | コメント (0)

 

献血は針が痛いから敬遠?厚労省が初の若者意識調査

「献血は針が痛いから敬遠?厚労省が初の若者意識調査」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月10日収集分=

*釣行記録簿:。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン 針怖い〜
(……まぁ気持ちはわからんでもないが……) でも理由として格好悪くないかい???
http://blogs.yahoo.co.jp/t__saki/34096814.html

*健康美人であるために:献血
注射嫌いな私でも一度は献血の経験ありです。年々献血者が減っているのが現状なんですね
http://chooseshop.blog50.fc2.com/blog-entry-73.html

*もらとりあむ。:献血しない理由は「痛い、怖い」3割 未経験の若者調査
割とでっかい街に行くと大抵献血してるじゃないですか。前を通るとそのたびに、おっさんが看板持って
http://saylil.blog8.fc2.com/blog-entry-719.html

*今日も今日とて。:痛いから??
「針を刺すのが痛くて嫌だから」なんじゃそりゃ。…と思ったのは、あたしだけでしょうかねえ
http://martha.exblog.jp/3591500

*北帝遊のBlog of Life Ver.フリーター:献血
子供かよ!俺は注射が苦手というわけではないので、注射が苦手な人の気持ちは残念ながらわからない。
http://wind.ap.teacup.com/kitamikado/425.html

*カリスマ?行政書士(を目指す)馬場広之の日記:献血
厚生労働省が献血に対する意識調査をしたらしい。対象は10代及び20代の若者。そんで出た結果
http://plaza.rakuten.co.jp/cuayt606/diary/200605100000/

*ひびにっき:れぽーと
そう言えば注射つながりで、この前、献血の若者離れの理由が、針が痛いから、って聞いたんですが、
http://blogs.yahoo.co.jp/nyonnakayama/35268816.html

*半歩前で背走:週末に行きたい
400ml献血が好きなので、あまり若者が近づきやすい環境にいてもしょうがないのですが
http://d.hatena.ne.jp/kazyee/20060510/1147260225

*今日のジャレ:献血敬遠「針が痛いから」 厚労省が初の若者意識調査
・・・、わからんでもないからなぁ・・・。針の痛みをなくせるならそれにこしたことはないと思うけど
http://wantsuki.seesaa.net/article/17635358.html

*ココだけでもない話:「献血」
なみなみ、注射は平気です。(でも、筋注は大嫌いです)成分献血を1度だけしたことがあるのですが
http://air.ap.teacup.com/nami/3.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月11日 07:20 | コメント (0)

 

救命処置法の日本版ガイドライン、心臓マッサージに重点

「救命処置法の日本版ガイドライン、心臓マッサージに重点」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月4日収集分=

*AEDで子供を救おう:心配蘇生法
心臓マッサージが如何に大切かという事が判ると思います。今まで習得した技術を元により効果
http://loveaed.blog31.fc2.com/blog-entry-211.html

*命のバトン NPO AED普及協会関連ブログ:心肺蘇生 AHAガイドライン2005改定
つまり 除細動や人工呼吸よりも、心臓マッサージが重要視されるようになったってことらしい。
http://aedjapan.blog6.fc2.com/blog-entry-67.html

*救急医療って難しい・・・。:日本における新しい心肺蘇生ガイドライン(骨子)が発表!
出版は6月下旬に予定されているようです。なので、新しいガイドラインに乗っ取った蘇生講習もその後
http://nozakoji.exblog.jp/3547202

*東可児第13同盟:新しい心肺蘇生ガイドラインの日本語版が出ました!
2005年AHA 心肺蘇生ガイドラインの改定を受けて日本における新しい心肺蘇生ガイドラインがやっと
http://tomochans.exblog.jp/3551716

*QQ指令:ガイドライン2005
今回の改正の目玉はやはり心臓マッサージに重点をおいたことでしょう。今までは心臓マッサージ
http://blogs.yahoo.co.jp/emsorder/33440350.html

*休憩士参上?:G2005
先月30日に、G2005日本版が発表されてました。4月末に発表と言われてたけど本当に末日でした
http://blogs.yahoo.co.jp/emt_832/3818294.html

*つれづれ日記:憶えておいて損は無いかも。
ちゃんと心肺蘇生術は身に付けておいた方がいいですよね。特に心筋梗塞などで倒れた場合、
http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1939jpjp/34846015.html

*ri-zaemon.blog:心配蘇生法に新基準
これまでもAHAのガイドラインに準拠して日本のガイドラインもそのまんま採用してきている
http://blogs.yahoo.co.jp/ri_zaemon/34869651.html

*ホーライの「科学ニュースでもいいですか?」:蘇生法に新基準=心臓マッサージに重点
僕の出た高校では人工呼吸(マウス ツー マウス)を体育の時間に全員が覚えさせられました。
http://horai-sciencenews.seesaa.net/article/17334084.html

*ふわふわりん:救命処置法の日本版ガイドライン
レジャー中の事故にはくれぐれも気をつけて下さいね。万が一の為に、お出かけ前にこんな記事
http://ffffff.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_86a1.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月05日 10:02 | コメント (0)

 

産婦人科常勤医(大学病院など)2年で412人も減少

「産婦人科常勤医(大学病院など)2年で412人も減少」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年4月25日収集分=

*徒然日誌〜家庭人、社会人、ときどき医師:医者が足りません
小児科医不足も有名な話ですが、これらの科に限らず、勤務医に関して言えば、全般的に絶対数がたりません
http://plaza.rakuten.co.jp/taka27a/diary/200604240000/

*つれづれ日記:日本のお産が危機的状況
ここまで産科医が減った理由をしっかりと究明し、対策を取らないと、このままでは産科医が居なくなって
http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1939jpjp/34143465.html

*雪ノ助、世の中それでいいのか―ニュースブログ―:大学病院などの産婦人科常勤医、2年で412人も減少
この前、テレビで産婦人科の特集を見たのだが、すごい勤務状況だった。いつ生まれるかわからないため
http://yukinosuke.blog18.fc2.com/blog-entry-401.html

*経世済民−地方在住一民俗学徒の日常−:産婦人科医の不足に思うこと
少子化が深刻化する中、本当にこのままでは取り返しのつかない事態になるのではないかと危惧されて
http://blogs.yahoo.co.jp/nhkhp146/33888316.html

*SilverLilyの徒然日記:少子化対策って、何だろう
今、産婦人科医の減少が加速しているのだそうだ。西日本のどこかの島(といっても結構大きいっぽい)
http://plaza.rakuten.co.jp/silverlily/diary/200604250001/

*おっくん日記:産婦人科医受難
全国の大学病院と関連病院に常勤する産婦人科医が,この2年間で8%減り,お産をやめた病院も
http://blogs.yahoo.co.jp/okuakinaika/32820032.html

*ミ★今さらサラリと日記★彡:産婦人科医 2年で8%減
産婦人科医は、お産がいつはじまるか分からない関係で休養がとりにくく、体力を使う仕事だという事で
http://plaza.rakuten.co.jp/future4012/diary/200604250000/

*たーちゃんファンド:産婦人科がいない!その2
このままでは、冗談抜きでお産が命懸けの時代に逆戻りしますね。あと10年位でしょうか!?
http://plaza.rakuten.co.jp/tachanfund/diary/200604250000/

*vまりのマタニティ記録v:産婦人科減少・・・
産院も少なけりゃ検診の待ち時間は増えるし、いざお産って時に適当にされたら、たまったもんじゃない
http://blogs.yahoo.co.jp/tyatyasan/32839976.html

*Cota★69:とっても気になるニュース
たったこの前、お世話になった産婦人科なので私の目が止まったんだけど・・少子化で子供を
http://angel.ap.teacup.com/kota269/40.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月26日 08:04 | コメント (0)

 

リビング・ウイル(尊厳死の宣言書)

「リビング・ウイル(尊厳死の宣言書)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年4月3日収集分=

*まゆりん気まま日記:尊厳死
リビングウィルという尊厳死の宣言書を登録、保管、証明する尊厳死協会がある。回復の見込みがなく
http://mayurinkimama.blog42.fc2.com/blog-entry-140.html

*Demilog@はてな:射水市民病院でのことから とりあえず言っておきたいこと
わたし自身安楽死や尊厳死、そして優生思想などとのつながりなどに関心を持ってきただけに大きな衝撃
http://d.hatena.ne.jp/demian/20060328/p1

*もうひとりの私:命の選択
尊厳死。リビングウィル。日本では、まだまだ浸透していない。今のこの時代には、不可欠な事だと思う
http://qumran.exblog.jp/3718619

*ぽぽちん:延命治療
元気なうちにしっかりと自分の生き方を考え書き留めておくこと。リビングウィル。私もいずれココの会員に
http://2.suk2.tok2.com/user/popo13/?mod=day&y=2006&m=03&d=30&a=0

*心理カウンセラーの呟き・・・:尊厳死
”リビングウィル(尊厳死の宣言書)を書いておけば良い”とアドバイスするがそれを書く事無く
http://blogs.yahoo.co.jp/randy_3213/30370029.html

*keikoのベンジャミン:人口呼吸器、問題
「尊厳死協会(リビングウィル)」の入会書を取り寄せたまま何年か経っています。このような問題が
http://plaza.rakuten.co.jp/17221803/diary/200604010000/

*なんとなくな日記:リビングウィル (尊厳死)について
リビングウィル、万が一の時の、自分の意思を表明しておく書類のようなものがあるとか。アメリカでは
http://plaza.rakuten.co.jp/paredot/diary/200604010000/

*いつか見た青い空 私の心象風景:リビングウィル
天国へ行くのだ…などと暢気なことを書いてしまったけど、世の中では「死」をめぐる様々なニュースが報道
http://plaza.rakuten.co.jp/triprosequartz/diary/200604010000/

*毎日退屈?な日々:尊厳死と安楽死
「リビングウイル(尊厳死の誓約書)」という物があるらしい・・それは、臓器移植の登録と似たような
http://blogs.yahoo.co.jp/faitokinta/1641182.html

*モジモジ君の日記。みたいな。:リビングウィル
基本的なことから勉強しないといけない。とりあえず僕自身の立場は尊厳死・安楽死法制化に反対の立場
http://d.hatena.ne.jp/mojimoji/20060403/p3

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月04日 07:34 | コメント (0)

 

女性外来

「女性外来」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年3月26日収集分=

*ごんちゃんのつぶやき:女性外来
札医大の「女性外来」が最初のとっかかりとしては受けやすいかな、と予約をいれました。
http://plaza.rakuten.co.jp/kyoko3/diary/200602150000/

*URARA:はじめての女性外来!
初めて「女性外来」というものを体験しました。婦人科といえば「出産」みたいなイメージがあり
http://blog.belleville.babymilk.jp/?eid=129666

*yumi chocolate:病院へ行く
今日は大きな病院の「女性専用外来」というのに行ってきました。あちこち悪くてどういうふうに
http://yumipahi.exblog.jp/991681

*ぐーたら主婦の自分改造日記:女性外来
今日は予約していた「女性外来」を市民病院で受診してきました。先生と30分間二人っきりでじっくり
http://plaza.rakuten.co.jp/kaizounikki/diary/200603020000/

*脳脊髄液減少症なるままに・大理からのメッセージ:女性外来NO,2
女性の年齢別のやっておきたい検査です。。横安紂繊峪匍樶部細胞診&経膣超音波検査
http://yaplog.jp/dairinbou/archive/174

*組み込みプログラマの日記:香山リカ講演会 幸せ量一定の法則
彼女が勤務している病院には女性外来というのがあり、そこに訪れる女性たちの症例を話してくれた。
http://d.hatena.ne.jp/ntaka206/20060304

*デンタルエニグマ:低用量ピル その2
シンフェーズに決めたのは「女のカラダ 女性外来へ行こう! 別冊すてきな奥さん」と言う本の中で
http://blogs.yahoo.co.jp/ruhanaak/28014218.html

*the end of youth:アクセスがすんごい話と、婦人科に行った話
近所に大学病院があってそこには女性外来といって、女のお医者さんオンリーのとこがあるのだけど
http://theendofyouth.jugem.jp/?eid=188

*momopink:毎月恒例の。。
産婦人科でいいのかな。女性外来??とにかくもうだめ。こんなんがこれから毎月訪れるなんて
http://plaza.rakuten.co.jp/momopink67/diary/200603110000/

*忘れんうちに書いとこう:市民病院の経営
耳鼻科の縮小、内視鏡胃検査の土曜日(月1回)実施、院長先生の女性外来増強などなど、やる気モード
http://blog.goo.ne.jp/hmocv_210/e/19e9c8bb4d2be478fe8553f83e772e8c

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年03月27日 17:32 | コメント (0)

 

口腔外科

「口腔外科」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年3月26日収集分=

*ミラージュ日記:親知らず 受診。。
昨日「青葉病院の口腔外科」に行ってきたが、私としては調子の悪い右下だけを考えていたのに
http://plaza.rakuten.co.jp/astiv/diary/200603240000/

*喜怒哀楽の母日記♪ 平和な家庭に憧れる〜:やっと終わった・・・怖かった口腔外科物語・・・
この日以来、何度か口腔外科に足を運んだ。CTをとり、手術の説明、そして卒業式の翌日
http://blogs.yahoo.co.jp/misatokkopon/30887816.html

*幸せのカテゴリー:大病院へ行ってくれって言われたよ
歯科医と口腔外科医と二人で口の中を覗き込み、歯の全体写真と部分写真を撮り、腫れているところを
http://plaza.rakuten.co.jp/matukensanba/diary/200603240000/

*忠実やかに:ついに、抜いちゃいました
仕方なく、今日、右下のおやしらず抜歯。うちの病院の、口腔外科で。歯を抜くなんて、乳歯の生え変わり
http://blogs.yahoo.co.jp/yuky_x/29674499.html

*ぽめぱぴ!:顎関節症?
今日診ていただいた口腔外科のお医者さまは、東洋医学(気孔など)の視点で顎関節症の
http://plaza.rakuten.co.jp/pomepapi/diary/200603240000/

*お口を綺麗に大切に(ほとんど愚痴や趣味、日常ですね)ボソ・・:見学
前日、医科大の歯科口腔外科の外来を見学しました。やってることは、たいした事ないですね
http://spaces.msn.com/tokuchan/Blog/cns!9C4A738682D0B444!1396.entry

*RO雑記帳:嬉しくない予定
「うちで治療可能なレベルでは無いから市の総合病院にある口腔外科に行きなされ」とのこと。
http://pluskaede.exblog.jp/3704855

*My eDiary.:まだ、完全に治らない、
歯科口腔外科診察を受けましたが、まだ歯茎の穴は小さくなっているものの完全には塞がっていないと
http://plaza.rakuten.co.jp/moon0221/diary/200603240000/

*ジャンク的ですが。:気分転換
それでも痛みがある場合は、口腔外科で歯を抜いて削って整えてかみ合わせをよくし、最終的にマウスピース
http://treasure.black-sky.vivian.jp/?eid=449805

*ソレイユ:歯科 → 口腔外科
口腔外科で手術してらっしゃ〜い♪ …になりましたッ!!先生に見放されたよ…(´∇`)アハ
http://soleilpamit.blog26.fc2.com/blog-entry-148.html#more

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年03月27日 17:27 | コメント (0)

 

秋葉原の献血ルームはメイドカフェ?

「秋葉原の献血ルームはメイドカフェ?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年3月23日収集分=

*フォーカシング -cro:献血ルームに・・・
献血ルームにメイドがいて、献血が終わった人の手を10分間揉むというものが・・。正直、メイドの格好
http://blog.goo.ne.jp/doc-cro8869/e/39d56f4dcceeaeb3bc0222b1993df93e

*心の瞬き:アキバでメイドと献血
何でも、『アキバ献血ルーム』が今月限定で行っているサービスだそうで、中に入るときも、ちゃんと
http://berserga.cocolog-nifty.com/kuent/2006/03/post_4bce.html

*Nec possum tecum vivere, nec sine te.:秋葉原の献血ルームにはメイドさんがいるらしい
今日は、献血ルームにまでメイドさんがいると言うニュースを見付けて、「エ〜〜〜ッツ、本当??」
http://beyond-pluto.cocolog-nifty.com/turedure/2006/03/post_32c9.html

*FULL OF MYSELF:献血ルーム事情
どのくらい徹底しているのか気になる。待合室から献血室に呼ばれていく時は「いってらっしゃいませ
http://duarats.exblog.jp/3060615

*ちょっと一息。。(山さんの部屋):献血で萌え?!
真面目なホントの献血ルーム。なんと、今月いっぱいの限定サービスなのだそうだ
http://plaza.rakuten.co.jp/yama3da/diary/200603230000/

*bochi bochi life:献血にメード???
献血にメードって、これじゃあ、イメクラみたいなもんじゃあないか。これで献血が増えると思っている
http://blog.goo.ne.jp/haratama_ny/e/f4d1c06835ba8dd14edd61b01e7a4a58

*えいちゃんのケンチャナヨ日記:アキバ・メード献血ルーム
うはっ!行ってみたい。広島の献血ルームはサービスショボイからなあ。近所の朝鮮玉入れも
http://blogs.yahoo.co.jp/a1akaisuisei/30615802.html

*DANCE EVENT 『B-MIX2』:『ご・主・人・さ・ま』血をくださいませッ。。。??!!!
いいんじゃないかなあ?これで、少しでも「献血」してくれる人が増えるなら、イイですよね?
http://blogs.yahoo.co.jp/rejya05/29581226.html

*開発日記β:メイドさん好きに朗報w
さすがはアキバ。献血の後、メイドさんが「お帰りなさいませご主人様〜」とお出迎え
http://plaza.rakuten.co.jp/uhaproject/diary/200603230000/

*おたくなばくちうちの日記(仮):献血ルームがえらいことに(汗)
「実にアキバらしい」と微笑ましくみるべきかどうかはよくわからんが、とりあえずそこまでしないと
http://d.hatena.ne.jp/a-kun/searchdiary?word=%2a%5b%a5%a2%a5%ad%a5%d0%5d

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年03月24日 07:45 | コメント (0)

 

臓器移植453人が海外で(厚生労働省研究班が調査)

「臓器移植453人が海外で(厚生労働省研究班が調査)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年3月15日収集分=

*philippines!★フィリピン・フィリピナス ドリーム:なんだかコワ〜イお話・・・。
臓器提供・・・過去に映画で、「天国から来た男たち」という映画の中で、臓器提供者として売られよう
http://philippinasdream.seesaa.net/article/14543671.html

*サマンサ日記:話題になっていることは
海外で心臓、肝臓、腎臓の移植を受けた患者は、少なくとも453人いたと、厚生労働省が9日公表
http://samantha.i-apple.jp/archives/2006/03/post_748.html

*介護・医療について考えるブログ:海外で移植した人の数発表される
渡航先は米国が85人で最も多かったそうだ。海外ではなく日本でもっと移植件数を増やす努力をして
http://ka-i-go.jugem.jp/?eid=186

*非生産活動推進委員会:大国の倫理と個人の良心
心臓、肝臓の移植は米国が多かったのに対し、腎臓は中国とフィリピンが目立ったようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/unproductivedoer/diary/200603100000/

*今を生きる・・・:海外での臓器移植者
今も日本では移植が望めない方々の募金活動がブログ上でなされています。皆様のご協力を
http://blogs.yahoo.co.jp/xcrpq256/28212434.html

*ブログらぷぽ:臓器移植について
外国(特にアメリカ)での臓器移植を受けられずに亡くなられた方も多いのではないでしょうか。
http://rapupo.blog47.fc2.com/blog-entry-152.html

* 〜今日より明日〜:また 一歩
心臓・肝臓はアメリカ、腎臓は中国・フィリピンっていうところに 闇を感じてしまいます。
http://spaces.msn.com/nurse1972/Blog/cns!5970C3938E8B08FB!3418.entry

*医療と健康:臓器移植
ネットを見ていたら、臓器移植の調査結果が発表されていた。実態はなかなかわからないと
http://blog.epoch-ms.com/?eid=176488

*極(エヒフ大統領):これは・・・・
こんなにもいるとは・・・さすが日本は移植後発国。脳死臟噐移植ができるところはすごいね。
http://plaza.rakuten.co.jp/ALLpasili/diary/200603120000/

*秋沙のココログ既知ログ:臓器移植目的の海外渡航、年々増加中
特に目を引くのが子供や乳幼児の移植、日本国内では認められていないためなんですが、、この状態
http://akisa.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_2702.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年03月16日 09:50 | コメント (1)

 

医療事故1114件 ヒヤリハットも(日本医療機能評価機構)

「医療事故1114件 ヒヤリハットも(日本医療機能評価機構)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年3月8日収集分=

*ネットの「癒し」!:医療現場のお寒い現状!
要は健康で医者通いをしない事だ!まぁ、持病での定期通院状態では、この現象に出くわす可能性、
http://blog.livedoor.jp/friendmoon/archives/50408042.html

*我が家のペルシャ系雑種猫「しろねこ」と興味があることの話:250医療機関で
本当はヒヤリ・ハット件数は未然の医療事故防止の観点から件数は「ヒヤり」とする、「ハッ」とする事例が
http://blogs.yahoo.co.jp/shironeko_since_1991/27878130.html

*たらったら♪生活:ホント怖いです。
医療現場において、ひやりはっとな状況が日常茶飯事にあって当然だろうと思う。人でも機械でもミス
http://blog.goo.ne.jp/uonzkrs/e/0b2d2abf5c4e57d2f86b203225cc2f54

*店長の気まぐれ日記:医療事故
これはほんの氷山の一角に過ぎないと思いますが、こんなに沢山の「ヒヤリハット」があるとはビックリ
http://blogs.yahoo.co.jp/live1978_06_25/27899575.html

*これで良いのか!:医療事故:死亡、昨年143件 全国272病院で
医療というものの難しさ・重要さを改めて、突きつけられる話題で、根本的な解決の必要を感じる。
http://one-good-now.seesaa.net/article/14487917.html

*医療の安全とは・・:医療事故の死亡 全国272病院で昨年143件!!
ここでの報告は義務とされている旧国立病院と大学病院などの272病院である・・。ある意味三次救急を
http://blogs.yahoo.co.jp/h_s_g1019/27943018.html

*医療と福祉:医療事故での死亡
今朝の新聞に牋緡纏故の死亡143件、昨年国立など全国272病院で瓩箸いΦ事が出た。
http://blogs.yahoo.co.jp/saburou3032000/28069071.html

*ちょっとのぞいてみませんか♪:医療事故、昨年1114件 「ヒヤリ」半年で9万件
この記事、どう思いますか?医療事故の再発防止のため事故報告を義務付けられている全国
http://blog.goo.ne.jp/takutaku_aoki/e/f36fd41858bc6f5789bb3040fb544766

*みどり薬局:ヒヤリハット
薬剤師のことはどこにも出てきていませんが、処方された薬が患者さんの元に届くまでには
http://midori-yakkyoku.seesaa.net/article/14490636.html

*たそがれ縁側日記:ヒヤリハット
「ヒヤリハット半年間に9万件」との新聞見出しを見て、交通事故のことかと思ったが、読んでみると医療
http://blog.goo.ne.jp/y-kuriha/e/0d5c8529c99c7ca92f90c5a5146cedee

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年03月10日 08:13 | コメント (0)

 

こども(子供)の救急

「こども(子供)の救急」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年2月22日収集分=

*スマイリーブログ:まずは、チェックしてみる−こどもの救急−
日本小児科学会が開設した「こどもの救急」というサイトがなかなか良くできています。最近の核家族化で
http://blog.smiley-mom.com/?eid=272028

*ある小児科医のブログ:HP「こどもの救急」
日本小児科学会が作成した「こどもの救急」というHPが、数日前に公開されました。症状に合わせて
http://blog.goo.ne.jp/hisa67/e/a5a8108ae4c822e1ba7c74b64e31ff7b

*くば小児科 blog:ON LINE QQ こどもの救急ホームページ(日本小児科学会)開設
症状毎にチェックポイントをチェックして、それによってすぐ受診するか、様子をみるか、その場合の
http://blog.goo.ne.jp/kuba_clinic/e/2f8c518ef17bc64597d14ad4fe2069fd

*子育てコラム:突然の子供の疾患に
子供の救急、公式サイト」という記事があった。ホームページの紹介だが、開設したのは
http://plaza.rakuten.co.jp/kosodatecolumn/diary/200602040000/

*今日の気分日記:こどもの救急
先日、お医者様の親戚が居るママ友に教えてもらいました。こどもの救急っていうページです。
http://plaza.rakuten.co.jp/iguigukibun/diary/200602060000/

*天使の成長記録:悔しい
こどもの救急というサイトを見かけた。在住市には夜間救急病院がふたつある。以前に夜中に電話をかけた
http://chiaki.org/weblog/displog/1802.html

*Schicksalhafte Odyssee:こどもの救急
このサイトは生後1カ月〜6歳までのお子さんが対象です。その時のお子さんの状況を入力
http://odyssee.schwarzekatz.net/?eid=121011

*赤ちゃんから見せておきたい英語の絵本:お役立ち情報!子どもの救急、公式サイト
そんな時に、日本小児科学会が開設した「こどもの救急」というサイトがお薦めです
http://bookforkids.seesaa.net/article/13365949.html

*Joseph murmured:小児救急
夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。
http://josephmur.exblog.jp/2712819

*アロマ大好き:椅子から落ちました
こどもの救急。これは厚生労働省が作ったサイトです。たとえば、頭を強くぶつけたをみてみると
http://plaza.rakuten.co.jp/medicalaroma/diary/200602220000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年02月23日 07:39 | コメント (0)

 

診療報酬改定(日医も巻き返し)厚労省の意図に沿い決着

「診療報酬改定(日医も巻き返し)厚労省の意図に沿い決着」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年2月19日収集分=

*おきらくごくらく: 診療報酬改定
初診でコンタクトレンズを処方してもらって(保険給付対象) あとは、激安ショップを使う っていう人が増えるんじゃないの?
http://curious-curious.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_1eff.html

*一言モノ申す: 診療報酬改定案、・・・
全体としては下がりながらも、小児科や産婦人科に重きを置くとか。メリハリは大事。
http://say-a-word.seesaa.net/article/13382626.html

*なぜか合格?!社労士 BLOG:06年度診療報酬改定案 医師会反発で後退
医療費抑制は電子カルテの導入と,診療報酬請求書並みの患者への領収書の発行でかなり出来るはず。
http://biog.umeko2005.ciao.jp/?eid=171879

*中島つっちゃんの部屋:診療報酬の値下げ
サービスの後退はある日、当然のように実行される。私たちはしばらくは戸惑うがやがて慣れてしまう。
http://blog.goo.ne.jp/seizo3/e/5fe9328b9df668517c0f56f42c65535e

*私的小言録:診療報酬
具体的には何がとかわからないが田舎の診療所と都会の病院の初診料が統一されたりするらしい
http://blog.livedoor.jp/masa198301/archives/50163302.html

*★でっかいいちご★:診療報酬改定のフォローも・・・
医療機関に勤務していたら資料も届き、説明会もありますが、まだ就職活動中などの場合、改正の勉強も自分でしなければなりません
http://blog.goo.ne.jp/itigo_ippai/e/db4f6e4f970b44b5b068e31c43b83a1c

*診療情報管理士 in Okinawa!!: 診療報酬改定について思う
うちみたいに急性期に特化してきたとこはハッキリ言って痛いです。何か鬼のように頑張ってきたのが馬鹿みたいです。
http://omima.cocolog-nifty.com/theblogest/2006/02/post_5a47.html

*鴨川日記:診療報酬改定で日医巻き返し
しかし「細かい質問を受けなければいけないほど信頼を失っている」という事実を日医は誠実に受けとめるべきだろう。
http://blog.goo.ne.jp/kyotofr/e/2f858300997f832939feb4354542edab

*memento:診療報酬改訂
今回の引き下げで200床以下の病院は経営を見直しておかないと悪くすると潰れると噂されているようです。
http://blog.livedoor.jp/serufinum/archives/50398219.html

*ファミリー メンタル クリニック:診療報酬改定に見る厚生省の無策
この診療報酬改定は一応開業医いじめではないと仮定しよう。医療費抑制のためだと、無理にでも考えてみる。
http://blog.goo.ne.jp/familymentalclinic/e/6f00bf9a4b51f681c6bc9f1e1cda080d

*今日はゆっくり話そう-Let's talk slowly today- 診療報酬改訂〜MSWにも変化が。
社会的入院の患者について数千円単位で大幅に引き下げて、介護施設などへの移動を推し進めるような意図が見える。
http://youheing.blog12.fc2.com/blog-entry-756.html

*萩国ページリターンズブログ:診療報酬減る
赤字に転落することだって診療内容によっちゃあり得るので、本当に節約しなきゃならないよね。
http://blog.goo.ne.jp/suiyoudaisakusen/e/129b5650b83875a79d0b3d48d5f724ab

*Holding you, and swinging : 診療報酬改定
湯薬、浸煎薬に関してはよくやってくれたと思う。70点はデカイ。薬情1の廃止に関してはイマイチ理解できない。
http://nanamiblog.exblog.jp/835087

*診療報酬改定 医療費備忘録
患者の心理としてはどうでしょうね?安いほう(病院)に行きたいと思いませんか?
http://lovely-nyajira.at.webry.info/200602/article_7.html

*なぬらに海峡:診療報酬改正とザザムシ
点数が下げられているとはいえ残された「お薬手帳」に活路を見いだそうとする動きも活発となることでしょう。
http://blog.goo.ne.jp/nanura2/e/073e23ab4e2744f8ac0674058ed3bebc

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年02月19日 22:53 | コメント (0)

 

臓器提供の意思表示ネットで?

「臓器提供の意思表示ネットで?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年2月16日収集分=

*パパライオン:臓器提供の意思表示欄
もしもの時に、保険証の裏に臓器提供の意思表示が記載されていれば、それだけ確認手続きにかかる
http://maru-weblog2005.cocolog-nifty.com/papalion/2006/02/post_f5fc.html

*JO-AKKUN あっくんの寝言的ブログ:臓器提供意思表示カード
あなたは「臓器提供意思表示カード」を御存知でしょうか?天使を中心に、羽根の付いたハート
http://blogs.yahoo.co.jp/joakkun/25314365.html

*my life goes like...:臓器提供する?しない?ネットで登録OKに
にゃるほどねぇ。。てかネットにしてもなんにしてもやるかやらんかはその人次第やけ増える、とかは
http://yaplog.jp/bemyside/archive/313

*今日のニューストピックス:臓器移植提供意思確認もネットで可能な時代へ・・・
実は1997年10月の臓器移植法施行以来、移植ネットは「臓器提供意思表示カード」を自治体や
http://newstopics.seesaa.net/article/13332431.html

*介護・医療について考えるブログ:臓器提供意思表示もITの時代??
筆者は勿論常時所持しているが、こうした形で臓器提供者数増加を図るのは若者層の囲い込みの
http://ka-i-go.jugem.jp/?eid=41

*蒲田の街に俺は生きる:臓器提供意思表示カードに記入した
表題のとおりやたら長い名前のカードに記入しました。ドナーカードとかでも良いんでないのかね。
http://blog.goo.ne.jp/wani002/e/318e0240bcf03f44baa02f0c31da94e1

*何しよっか。:カード
そう、臓器提供意思表示カード。読めば読むほど何とも言えない気分を味わいますね
http://isoppu582314.blog41.fc2.com/blog-entry-132.html

*荒川区議会議員小坂英二の考察・雑感:臓器提供の意思表示、ネットから
ネットからこうした形での意思表示ができるようになることで、臓器移植の推進になることを
http://kosakaeiji.seesaa.net/article/13355630.html

*Garbagenews.com:臓器提供の意思表示をネット上からでも
インターネットや携帯電話から登録できるシステムにするのなら、単にカードが届くだけで
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2006/02/post_543.html

*IGALOG-R:臓器提供の意思表示をネットから
臓器提供意思表示カードを持ってますか? 私は正直持ってない。 提供すべきなのか迷っている部分が
http://igalog.net/weblog/2006/02/post_71.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年02月17日 09:42 | コメント (0)

 

がんセンター

「がんセンター」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年2月14日収集分=

*Minesanの無責任放言:大江戸温泉
昨日は久しぶりに国立がんセンターに通院した。この日はCTの検査がなかったので非常に楽であった
http://blogs.yahoo.co.jp/mhasegun/25940714.html

*めぐマグの部屋☆ 楽天のお気に&闘病中〜:ニオイで癌が分かる!?
がんセンターは癌患者しかいないので、要りませんね。再発を知らせるにはありかもしれないけど
http://plaza.rakuten.co.jp/okiniichiba/diary/200602090000/

*私の大切な人達★天国の友へ:リンパドレナージ
今日はがんセンターのリハビリに行ってきました。私は一昨年の10月に乳」がんの手術を受けて以来
http://marcian.exblog.jp/724585

*全闘病記録シリーズ2005 『もう西へは行かない』:さらば、痛みよ。
静岡県立がんセンターに『緩和センター』というのが設けられている。がん患者が、抗がん剤の影響
http://karinikki.exblog.jp/2670485

*デジタル『カバ通信』 秋田 由利本荘発:9年連続NO1!?
まだまだがんセンターの設立にはいたらないようですが、少しは対策を講じ始めたようで
http://blog.goo.ne.jp/kabatsushin/e/b2a467f231302ef13842697eb7c25ac6

*chappy's diary:浪速大がんセンター?
昨日撮ってきた、ドラマ「白い巨塔」の「がんセンター」です!! もうドラマ終わってだいぶ
http://chapchap.blog5.fc2.com/blog-entry-266.html#trackback

*mag's Annex:国立がんセンター東病院
予約時間には早かったが早めに窓口に行きカルテを作ってもらう。待つこと数分で必要な書類を揃えてもらい
http://ichiriki.blog14.fc2.com/blog-entry-186.html

*理系ママのつれづれ日記:どうなんだろうね
国立がんセンターだけでなく、「行政改革の一環として、国立がんセンターなど6機関8病院からなる
http://plaza.rakuten.co.jp/rikeimama/diary/200602140000/

*めんたいこ7の日記:外来検診、行きました。
昨日の月曜はがんセンターに外来検診に行き昨夜最終便で戻ってきました。この1週間の間に
http://plaza.rakuten.co.jp/kenyunhahako/diary/200602140000/

*一言口撃:なんでも独法化??(がんセンター)
独法化する意味がわからん??名目出費さえ削れば、なんでもいいわけなんでしょうか?
http://blog.goo.ne.jp/miyata0103/e/8ca92f4c58f2c1cd4d330ac1f146ffbe

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年02月15日 00:29 | コメント (0)

 

百日咳(ひゃくにちぜき:呼吸器感染症)

「百日咳(ひゃくにちぜき:呼吸器感染症)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年2月9日収集分=

*demekinの子どもたち:百日咳!?
『2ヵ月!?もしかして百日咳かも。検査してみましょうかね。あとレントゲンも撮ってみましょう』
http://yaplog.jp/deme_deme/archive/21

*派手好きママのお気に入り☆:ハヤリ物好き!?百日咳→インフル→発熱
ちょうど三ヶ月ぐらいのころ、百日咳にかかり、入院しました。よく育児書に「はじめはコンコンと
http://plaza.rakuten.co.jp/radicalfamily/diary/200601180000/

*MY PLEASUREな毎日:どんどん褒めよう!
カリフォルニアでは30年ぶりの百日咳が流行っているとかで、それも心配で子供達はすぐに
http://plaza.rakuten.co.jp/thatsmypleasure/diary/200601220000/

*Ordinary Days:やっぱり
長女の場合もそうだったのだが咳以外ほかの症状が全く無いので百日咳の可能性ってあるかもと
http://plaza.rakuten.co.jp/castleknights/diary/200601230000/

*そこはかとなく書き綴れば・・・:ベランダを掃除してしまった
本で読んだ百日咳の症状に似てるので、先生にそのことを言ってみると、その可能性も無いとはいえないけど
http://iisayaka.cocolog-nifty.com/sokohakatonaku/2006/01/post_88d1.html

*3匹の怪獣:百日咳&喘息
去年から続いている咳は「百日咳にほぼ間違いないでしょう」と。なんと、この歳で百日咳
http://blogs.yahoo.co.jp/syouyumama/25058754.html

*shimmer☆beaute☆coffret:お風邪。。。
そしたら『熱とかなくても咳きがつづいて百日咳きとかなる場合もあるから心配なら受診してください』
http://yaplog.jp/ralph/archive/377

*ひげめがね:百日風邪
先生いわく 「高橋さん百日咳かもしれんね」とのこと、聞くと小学生がかかる病気らしい
http://megane24.exblog.jp/3500784

*Rock'n Roll Diary in Paris:月曜の練習〜アクラムの病気
そして、医者に今度はどうも「百日咳!!」かもしれないといわれているとか。。なにそれーーーーっ
http://plaza.rakuten.co.jp/rocksparis/diary/200602090000/

*alohaな毎日:オフィスでずーっと咳をしている『おぢさん』ャハ〃くなぃ?(´σ`)
「長引く咳は大人の「百日咳」かも!?」って言う記事です。どこのオフィスにもいますよね。いっつも
http://plaza.rakuten.co.jp/ippindou/diary/200602090000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年02月10日 09:20 | コメント (0)

 

セカンドオピニオン外来

「セカンドオピニオン外来」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年2月7日収集分=

*Oh happy day!:セカンドオピニオンの値段
オットの入院している病院に、「セカンドオピニオン外来」ってのがある。セカンドオピニオンとは
http://shinobun.livedoor.biz/archives/50296179.html

*双極性障害はかつて躁うつ病と呼ばれた:セカンドオピニオン外来
セカンドオビニオン外来に患者を紹介するときには300点〜400点の保険算定ができる措置が
http://spaces.msn.com/members/penpen/Blog/cns!1pkun4zXYFY7WgrSYqfghHUw!2712.entry

*つくるたのしみ:セカンドオピニオン
あーちゃんの病院でセカンドオピニオン外来ができた。最近では当たり前の患者の権利
http://plaza.rakuten.co.jp/yhidingplace/diary/200601100000/

*神奈川密着!!地域密着型ブログ・ほしぞらの観える街:横浜市立市民病院に
『カナロコ・セカンドオピニオン外来を新設/横浜市立市民病院』という気になる記事を見つけました
http://blog.goo.ne.jp/fooraiboo/e/e1a900d19563382cd6a8fa3058ae3e2f

*靜架屋〜seikaya〜:病院?豆知識
セカンドオピニオン外来も決まった金額がかかるわけですが・・・かかった時間によって
http://seikaya.jugem.jp/?eid=132

*婦人科に行こう:セカンドオピニオン外来【予約の巻】
「セカンドオピニオン外来」という枠を予約したので、普通の外来ではなく昼からの予約になりました
http://ameblo.jp/chiko-fujinka/entry-10008381359.html

*歯列矯正歯科矯正ブログ:矯正歯科治療の費用について02
最近ではセカンドオピニオン外来を受け付けている医院も増えてきています。本当に自分が納得のいく診療
http://ortho-info.jugem.jp/?eid=144

*心の鳴滝荘ARIA - 頭頸部癌の闘病記…かも:セカンドオピニオン
きのう、FAXで慈恵会医大付属病院のセカンドオピニオン外来に申し込みをしたら、きょう電話が
http://d.hatena.ne.jp/sekitake/20060130/1138590456

*きままな別荘生活パート3:再治療を受けるかどうか?
まさに『セカンドオピニオン外来』というのがある病院があるではありませんか。病院のホームページを
http://villa3.exblog.jp/3483502

*岡山県ナビ:岡大付属病院全科でセカンドオピニオン
岡山大学附属病院では全科で「セカンドオピニオン外来」を開設したそうです。今までは医者の言いなり
http://okayamaken.blog45.fc2.com/blog-entry-433.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年02月08日 08:10 | コメント (0)

 

こども病院

「こども病院」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年2月4日収集分=

*真昼の月:病院へ
こども病院 にいってきました。全てが子ども中心出来てる感じで待合室にもちょっとしたおもちゃが
http://ameblo.jp/collon/entry-10008596108.html

*羽ばたけ!翔and翼<広汎性発達障害BROTHERSの日々>:療育の日
特に診察でもなかったのですが、昨日のこども病院での受診についてお話しておきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/junchi1107/25094905.html

*minの戯言:静岡県立こども病院
静岡県立こども病院に行って来ました。娘が強度の遠視なのを受けて、他所の病院でも
http://min.blog.ocn.ne.jp/min/2006/02/post_9b48.html

*♂私の宝物♂♀〜長男+双子(男女)〜育児日記:こども病院の番組に思う
今回の妊娠をきっかけに ◆さいたい血の提供◆が頭をよぎったので調べたところいつでもどこでも
http://plaza.rakuten.co.jp/mytreasure3/diary/200602040000/

*未熟児子育て日記:生後21日目
早いもので、壮太郎が産まれて今日で3週間が経ちます。思えば3週間の間に転院・手術・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/mizyukuzi/diary/200602040000/

*我が家は大騒ぎ:密着24時こども病院
家の子も結構小さい時、夜救急病院に行きました。喘息の発作で・・・入院も一人2回づつ
http://plaza.rakuten.co.jp/dango255/diary/200602040000/

*パレット:こども病院
IQサプリも見たかったけどこども病院を選んだあたりまだまだ母子医療に未練があるんだなと思い
http://plaza.rakuten.co.jp/colorfulpallet/diary/200602040001/

*迷える独身貴族:あらためて感じた命の尊さ
まだ幼い子どもたちが、文句も言わずに運命を受け入れて病気と闘うその姿に号泣の嵐・・・。
http://plaza.rakuten.co.jp/norimix/diary/200602040000/

*タケルのダイアリー♪『サブ3を夢見て』:密着こども病院24時を観て・・
こども達と『こども病院24時』を観た。子ども達も救急病院24時とかこの手の番組は欠かさず観る。
http://plaza.rakuten.co.jp/takeru42222/diary/200602040001/

*Siriusを見上げて:命の重み
テレビでこども病院の話を見た。こうしている瞬間にも、あんな小さな体で病気と闘っている子どもたち
http://yaplog.jp/n_twilight_k/archive/32

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年02月05日 07:54 | コメント (0)

 

七海ちゃん(生後6カ月)が腎臓移植のため渡米

「七海ちゃん(生後6カ月)が腎臓移植のため渡米」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年1月30日収集分=

*お気楽じゃんぼりん生活:じゃんぼりんの思うところ・・・
断片的にしか見れなかったけど赤ちゃんが腎臓移植を受けるため渡米したそうです。
http://jyanborin.blog47.fc2.com/blog-entry-10.html#trackback

*mkawanoの日記:ななみちゃん、アメリカへ出発
生まれつき重病を抱えた赤ちゃん、ななみちゃんが無事アメリカへ出発しました。新聞やニュースサイト
http://d.hatena.ne.jp/mkawano/20060130/p2

*日刊 アップル川越街道新座店。:[腎臓移植]生後6カ月の七海ちゃんが渡米
こんにちは。以前よりお伝えしています。七海ちゃんの続報です。がんばれ!
http://blog.livedoor.jp/appleniizaten/archives/50329941.html

*名前の無い日記:七海ちゃん、無事渡米!!
以前30日をめどに出発を考えていると言う事でしたが、本日無事出発されたみたいです。
http://blog.livedoor.jp/neetkt/archives/50357809.html

*kenqlo のよろず備忘録:七海ちゃんを救え![渡米]
いよいよ米国での腎臓移植に向けての移送が、本日 (1/30) 行われるようです。大きな障壁であった
http://kenznote.seesaa.net/article/12487698.html

*さえっ子の日記:七海ちゃんが今日出発☆
以前にも書いた腎臓移植を待っていた七海ちゃんが今日アメリカへ出発したみたいです。
http://plaza.rakuten.co.jp/saekko/diary/200601300000/

*zaraの当方見聞録:ななみちゃんが渡米
先日、募金が集まりました、ななみちゃん。以前このブログでも呼びかけさせて頂きました。
http://zara.jugem.jp/?eid=582

*趣味と生き方と人間性:七海ちゃんがアメリカに出発
今日夕方、ラジオを聞いていたら、七海ちゃんが本日アメリカに出発したというニュースが流れてきました
http://blog.so-net.ne.jp/m-kurata2002keitai/2006-01-30

*高木のおっちゃんの独り言:七海(ななみ)ちゃんアメリカに出発
今日ご両親とアメリカ、フロリダ州に出発し、フロリダ州で腎臓の移植を待つ事になりました
http://occhan.cocolog-nifty.com/diary/2006/01/post_d139.html

*piano lesson:七海ちゃんが渡米しました♪
今日30日に渡米を予定していました七海ちゃんが、腎臓移植手術を受けるため、両親とともに
http://mikiballet-piano.cocolog-nifty.com/pink/2006/01/30_2e0c.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年01月31日 08:35 | コメント (0)

 

ティースバンク・・・抜いた健康な歯は[歯の銀行]に

「ティースバンク・・・抜いた健康な歯は[歯の銀行]に」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年1月18日収集分=

*正解はない、前に進むだけ(就活のため更新縮小。。。):抜歯
そういや歯の銀行なんてのもあったな〜。ま、こんな虫歯保存してもしょうがないか・・・。
http://blog.goo.ne.jp/jagarikotteyatu/e/9b0421c7b62a776446be1cf110eafa8f

*歯医者のひとり言:「歯の銀行」
「歯の銀行」て知っていますか?テレビのニュースや新聞にも載っていたりしたので知っている人
http://blogs.yahoo.co.jp/kureekimaeshika/11365569.html

*徒然日記につづく:「歯の銀行」知ってますか?
「歯の銀行」が広島大学の丹根教授らのベンチャー企業「スリーブラケッツ」により設立されたのを
http://blog.tsuzuku-dc.com/?eid=348676

*夢みかん:歯の銀行
広島大学大学院医歯薬学総合研究科では、抜いた歯の保存、再利用に取り組んでいることを
http://blog.goo.ne.jp/yumeyume-q-zz/e/6b731bfdd49432a6a0a264085d87d765

*ナイスちょっとな健康維持 新館:歯の銀行
抜いてしまった健康な歯を冷凍保存しておけば将来虫歯などで歯を失った際に使えるらしい
http://blog.goo.ne.jp/healthybeauty/e/bd91e8688c5caafc29390bc676d66a3f

*alohaな毎日:はて?歯の銀行とは...
何かと思って見てきたら、親知らずや歯科矯正の治療のため、抜いた健康な歯を冷凍保存で預かって
http://plaza.rakuten.co.jp/ippindou/diary/200601130001/

*藻緯羅’s Worlds:抜いた健康な歯は「歯の銀行」に預けよう
冷凍保存もいいが、可能な限り抜かずに温存して、自己の口の中に「預けて」おくのがベター
http://plaza.rakuten.co.jp/moira/diary/200601130001/

*1607日坊主な雑記:自分の歯をリサイクルするティースバンク
今は歯を抜いて保存して再利用するのに1本20万円だけれど、将来的には安くなっていくので老人
http://www.kensuke.net/blog/archives/2006/01/151017.html

*日本顎関節症リハビリ第二研究室in 仙台:歯の銀行 広島大20万円
親知らずや歯科矯正の治療のため、健康な歯を抜く予定のある人は、抜いた歯をティースバンク
http://plaza.rakuten.co.jp/neckpains/diary/200601150000/

*夜明け前の夢:ティースバンク
実は始めて知ったのですが、驚きました!抜いた親知らずなど健康な歯を、自分のために冷凍保存しておき
http://godream2.seesaa.net/article/11781119.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年01月18日 22:45 | コメント (0)

 

医療事故報告、国公立は私立の3分の1…差に疑問符

「医療事故報告、国公立は私立の3分の1…差に疑問符」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年1月16日収集分=

*40代の私にとっての最新情報・重要ニュース:医療事故報告、国公立は
国公立病院はお役所、お役所はミスの数で出世が決まる。報告しないのは当然と厚生労働省
http://spring.livedoor.biz/archives/50371351.html

*だ通東改:医療事故報告、国公立は私立の3分の1…差に疑問符
事故発生頻度が変わらないなんて頭から決めつけていいんですかね。まあ公立は報告を書くやつがいねえ
http://d.hatena.ne.jp/hiwa/20060116#p5

*つれづれ日記:役所も犬も一緒。ちゃんとしつけないとね。
ここでもお役所系の甘い体質が浮き彫りになった形ですね。国公立系の病院は患者数に関係無く運営資金
http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1939jpjp/23579550.html

*奥村弁護士の見解:医療事故報告、国公立は私立の3分の1…差に疑問符
今や国公立病院の無謬性というのは、だれも主張しないようです。
http://d.hatena.ne.jp/okumuraosaka/20060116/1137380032

*週「感」竜馬:これが官と民の差なのか。
民間は良いこと悪いこと含めて情報公開を徹底している。それに引き換え、官は(全てではないが)ひどい
http://ryoma21.exblog.jp/2537384

*Speak Low:医療事故報告、国公立は私立の3分の1…差に疑問符
医療事故の発生頻度は国公立も私立も変わらないはず、という根拠は何なんでしょうね? 実際の発生頻度
http://hpn.way-nifty.com/speak_low/2006/01/yahoo_____4a48.html

*惰眠ぶろぐ:ちゃんとあやまること
はい、うそですね。事故頻度なんてそんなに変わるかよ!ちゃんと、非は認めていかないとだめです
http://blogs.yahoo.co.jp/kohta1984jp/22799577.html

*阿部整骨院 スポーツ外傷・障害 交通事故 むち打ち損傷:医療事故
今日のニュースで医療事故調査報告で、国公立病院は私立病院の3分の1であるという報告が出ているという
http://plaza.rakuten.co.jp/seikotsuin/diary/200601160000/

*ri-zaemon.blog:医療事故報告、国公立は私立の3分の1…差に疑問符
・・・どういうこと?隠蔽しているってこと?グレーゾーンがあるからハットヒヤリを報告していく
http://blogs.yahoo.co.jp/ri_zaemon/23623679.html

*ブログ好きな藪医者の独り言:医療事故報告、国公立は私立の3分の1
国立は以前から報告や訴訟が少ないことは明らかでした。本当に少ないのか、報告しない土壌がるのか
http://blog.livedoor.jp/internist/archives/50105268.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年01月17日 08:27 | コメント (0)

 

がん難民(NHKスペシャル日本のがん医療を問うII)

「がん難民(NHKスペシャル日本のがん医療を問うII)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年1月9日収集分=

*がん難民を救いたい:癌(がん)難民を救いたい
医師に不信感を抱いている方は数多い。しかし、命を人質を取られているため何も言えず医師の言うがまま
http://kanjyanokoe.blog33.fc2.com/blog-entry-1.html

*とりごろうblog:「がん難民」と「医師の言葉」
「知られざる『がん難民』の苦悩」(大岩ゆり記者)はよかった。医師の心ない言葉で傷つけられたり
http://d.hatena.ne.jp/torigoro/20051107

*Xenon's Home Page:ガン難民
世の中にはガン難民という方がいるそうです。病院や医師側にさけされたりなど、取り合って
http://plaza.rakuten.co.jp/zekexenon/diary/200511050000/

*余命一ヶ月を生きてきて:70キロに迫るがん難民
私達の場合は’自覚のない’がん難民かもしれないナと思いました。癌はあるまま、痛み止めに
http://blogs.yahoo.co.jp/kazusiro2001/16103402.html

*父の肺がん闘病記録:父の近況
その時、どこの病院を頼ればいいのか・・・。がん難民が続くのか・・・。
http://blog.goo.ne.jp/aoyama2416/e/abc1a9890a09dcca273bad09bbff205a

*第3子・自宅出産への道:あの日から、1年
別の病院で緩和治療を」と放り出されたような形になり、いわゆる「がん難民」となってしまいました
http://punita.seesaa.net/article/9999941.html

*大石英司の代替空港:迷走する地上波デジタル
悲壮なレポートでしたね。日本のあまりにお寒い現状と比べて、アメリカでは、
http://eiji.txt-nifty.com/diary/2006/01/post_3fa5.html

*健康、長生き、アンチエージング:がん登録制度の全国整備(2)!!
病院を転々としたり、医療不信から行き場を失ったりしたがん難民救済につながると期待される
http://plaza.rakuten.co.jp/antiaging21/diary/200601090001/

*こちら北岡保険事務所:ガン難民といわれて
ガン難民という呼び名自体が患者に失礼な感じなぁ〜と、ありきたりな気持ちが最初。記事を
http://kitaoka.jugem.cc/?eid=49

*子育てパパのブログ日記Next:NHKスペシャル「日本のがん医療を問うII」
がん医療の拠点病院のない地域で、専門医ではなく外科医が手術から投薬まで行っている状況や、
http://ncc1701.jugem.jp/?eid=216

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年01月09日 22:00 | コメント (0)

 

小児科のある病院、ピーク時の1900年から22%減

「小児科のある病院、ピーク時の1900年から22%減」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年12月22日収集分=

*資格関連ニュース:小児科のある病院、ピーク時の1990年から22%減
他の統計資料でもその傾向が明確に示された。その状況を打開すべく、診療報酬改定にて小児科の診療報酬
http://kojiy.cocolog-nifty.com/lfinform/2005/12/__2220051222_c56b.html

*なにをするひとぞ:今日のニュース
こんな事では、少子化を進めていっているような気がする。お医者さんは、医者免許で何でも
http://poko-hide.cocolog-nifty.com/hide/2005/12/post_9f63_9.html

*させてもらいます:小児科が減少
少子化を理由にしているのでしょうが、恐らくは、小児科は医者の世界では夜間診療や救急診療
http://jyannyuu.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/post_d16a.html

*おいどんのバカニュース解説:小児科のある病院、20%減
小児科医療を救う方法はこれです。こどもが病気やけがをしないようにすればいいんです
http://oidon.so-dani.com/?eid=48420

*挟間:小児科減
小児科は、大変なだけで儲けが少なく医者のなり手が少ない。と聞いてます。世の中、金!って
http://ameblo.jp/min2hazama/entry-10007309786.html

*虎虎櫓の停車場:減り続ける小児科のある・・・
今日新聞の記事に「減り続ける小児科のある病院」という見出しがあった。1990年からすると
http://teisyaba.cocolog-nifty.com/kokoro/2005/12/post_d45d.html

*日々精進:小児科のある病院、ピーク時の1990年から22%減(読売新聞)
確かにねぇ。 少子化と小児科の採算性の悪さが一因のようなのですが、結果として小児科は
http://kjinno.cocolog-nifty.com/diary/2005/12/post_51f9.html

*どくちるの雑感:小児科のある病院、ピーク時の1990年から22%減
いったい何が原因なのか。うっすらわかってはいるはずなのに、結局お金の問題にすり替わっているようだ
http://d.hatena.ne.jp/doctorhs/20051222/1135218544

*女性fpきょんママのマネーの話:小児科のある病院、ピーク時の22%減
ちなみに私の住んでいるところは近隣他府県に比べても人口増加率が高くて、そのおかげか?小児科も多い。
http://w-fp-kyon-mama.cocolog-nifty.com/zakkan/2005/12/niftynewsnifty_4333.html

*パパライオン:小児科のある病院、減少中
困った問題です。少子化対策を真剣に考えなけれらならない時期に小児科が減少しています。
http://maru-weblog2005.cocolog-nifty.com/papalion/2005/12/post_80ae.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年12月22日 23:12 | コメント (0)

 

医療事務

「医療事務」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年12月19日収録分=

*Sweet my 4th season:本番
医療事務の試験の日です。緊張して頭真っ白になりそうですが...頑張ってきたいと思います
http://blogs.yahoo.co.jp/minako5600/20518492.html

*Secret Garden:さぁ〜!
今帰って来ました。とにかく『終わった』の一言に尽きるな〜。 後は泣いても笑ってもしょうがない!
http://wzb59258.blog1.fc2.com/blog-entry-326.html

*誕生日がDoraemon:晴れ
無事に医療事務の試験が終了!マジで満点を狙ってたけど、一部計算が合わないところがあって悔しい…。
http://d.hatena.ne.jp/Sokichi/20051217#1134823969

*I ME MINE:終わったー
やっと終わったー!今日は医療事務の試験だったんですよ。3ヶ月前に始めて、あっという間に今日に至る。
http://hamahifu2108.seesaa.net/article/10771455.html

*あいぼんの日々精進:終わった
昨日やーっと医療事務試験が終わりましたこの3ヵ月間四苦八苦しながら勉強しました。結果は一ヵ月後。
http://blog.livedoor.jp/aibonbon2361/archives/50301289.html

*Can't Be Stopped:こんな日々も今日で終止符
10月からのダブルスクールもやっとこさ終わり。あと心配することと言えば、受かってるかどーかです。
http://cbs.jugem.jp/?eid=133

*cats and roses:検定試験
検定試験を受けてきました。今回は問題は返却してしまったので覚えていることだけ、感想を書きます。
http://blog.goo.ne.jp/em20922/e/ce709693987d07b104fbd3ea7ae90394

*伊丹っ子ママのひとり言:ほっとした〜!
実技試験は思ったより時間がかかってしまい、最後のほうはあたふたしてしまいました
http://blog.goo.ne.jp/itamikko-5296/e/b7a7512daa19db5081952975a860ed95

*☆き〜ま〜ぐ〜れ〜日記:無事!
医療事務の試験終わりました この一週間勉強ずくしだったんですごくすがすがしい気分です
http://yachakichi.blog36.fc2.com/blog-entry-26.html

*ドリリンマウンテン:真夜中は別の顔
先週から始めた医療事務のお勉強。ごっさ難し。いい加減のうみそ腐れ始めてるのかもしれません。
http://blogs.yahoo.co.jp/appololvmax/19962474.html

最新情報がありましたら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年12月19日 23:24 | コメント (0)

 

緩和ケア

「緩和ケア」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年12月18日収集分=

*MCP メディカルケアプランニング:治療する在宅ホスピス
ホスピス・緩和ケアってこんなもの!って枠にはまらないのがホスピス・緩和ケアですね。
http://blog.goo.ne.jp/greensandbeach/e/b633dc4237fa2de143c3471da936b4e8

*健康常識を自分で判断:WHO、癌疼痛(がんとうつう)治療
東大病院では、2003年に緩和ケア診療部を新設したとのこと。ここでは、放射線治療医と麻酔科医など
http://kenkou-handan.blog.ocn.ne.jp/joushiki/2005/12/post_00aa.html

*Le Mieux Letter:痛み止めの処方箋...思案中?
確かに効きますが、こういう時はアロマで痛み緩和ケアというのをやってみようと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/aromalemieux/18930561.html

*Take it easy!:高槻赤十字病院
緩和ケア病棟の岡田先生がすごい熱い先生ですっごい丁寧にいろいろと話を聞かせて下さいました
http://blog.goo.ne.jp/windsor01/e/1cc8b48571598949da78f6045ce33241

*癌(がん)治療の聡哲鍼灸院日記:緩和ケア
今日は東京都大塚の日本鍼灸師会館で開かれた学術講習会にいってきた。演題および講師
http://blog.goo.ne.jp/white_beech/e/1c7f59f420be3742243af812f8a7b357

*生きてる証:ご報告
緩和ケアは受け入れられずホスピスのある病院を紹介してもらうことになりました。
http://kyakkya.cocolog-nifty.com/ikiru/2005/12/post_9b74.html

*あいりの日記:今月の病院通い6回目
痛みの緩和ケアが不十分なガン患者、辱創が出来てしまった寝たきりのお年寄り・・・きっとこんな風に
http://spaces.msn.com/members/aily-aily/Blog/cns!1p2n5r5bGUQgVUc8VltC1jFA!784.entry

*パニック障害と鬱とPTSDの治療を続けるとほほな毎日:手術日当日の記憶
背中の脊髄の外側の硬膜というところにカテーテルを入れ、術後の痛みの緩和ケアをするのに使います。
http://plaza.rakuten.co.jp/chipan/diary/200512140002/

*ヒーリングルーム ALACAN:下のお世話
彦根病院でのガン緩和ケアのレイキヒーリングのボランティアにも行こう。同じ痛みを味わっている人の為
http://plaza.rakuten.co.jp/amhmmjw/diary/200512170002/

*mypage Blog:ホスピス7割「人不足」
「緩和ケア病棟(ホスピス)」を持つ病院のうち、十分なケアの為に現在の配置基準では「少なすぎる」と
http://plaza.rakuten.co.jp/mypageblog/diary/200512180000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年12月19日 07:26 | コメント (0)

 

コンタクト レンズの定期検査は来年度から自己負担に

「コンタクト レンズの定期検査は来年度から自己負担に」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年12月14日収集分=

*新☆気まぐれ日記:コンタクト使用者として
これはちょっとイタイ。コンタクト使用者、定期検査は来年度から自己負担。小学校1・2年生の
http://kiseki0118.blog32.fc2.com/blog-entry-42.html

*40代からの好奇心:コンタクトレンズの定期検査
我が家は皆、眼が悪いのでコンタクトをワンデータイプのコンタクトを利用している。最近はコンタクト用
http://haru3939.blog33.fc2.com/blog-entry-36.html#trackback

*私的弁士:コンタクト検査費、自己負担へ
コンタクトレンズの定期検査が全額自己負担になるようだ。ただでさえ、コンタクトレンズ購入費が
http://agency.jugem.jp/?eid=419

*日々、徒然なるままに。:それってどうよ?
コンタクトレンズ使用者の定期検診が、来年度から自己負担になるそうですよ!
http://harukadiary.blog40.fc2.com/blog-entry-7.html

*アサーション:コンタクト使用者、定期検査は来年度から自己負担に
何もうこれって決定なの? このニュースを見た時の衝撃をどう表せば良いのか。ショック。
http://assertion.jugem.jp/?eid=61

*Go!Go!ρ(^-^*)ノ☆.. :コンタクトの検査自己負担!
(≧◇≦)エーーー!病院でのコンタクトの定期検査に保険がきかなくなるの!
http://curuhome.cururu.jp/keisaku7

*The Landscape Is Changing:自己負担て…
コンタクト検査が来年から自己負担になるそうです。 …ってマジデスカー!!厚生労働省のお人
http://chiya1027.blog41.fc2.com/blog-entry-15.html

*きまぐれ日記:コンタクト定期検査自己負担
来年度から、コンタクト作る時の定期検査自己負担ですって!医療保険の対象外だなんて・・・。
http://chihua.chihua.lovepop.jp/?eid=36349

*DIARY:定期検査が自費!?
初診以外で眼の定期検査を受ける費用を公的医療保険の対象外とし、全額自己負担!?
http://d.hatena.ne.jp/mika0522/20051214

*I have type B blood:コンタクト定期検査が自費に
裸眼の人なんてほとんどいないくらい、みんながコンタクトしてるなかで、このニュースは衝撃やね。
http://opportunity.jugem.jp/?eid=520

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年12月15日 16:34 | コメント (1)

 

小児救急再編、小児救急たらい回し防止へ

「小児救急再編、小児救急たらい回し防止へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年12月7日収集分=

*日々の雑感:偽医者で2000万円
先日の新聞に、たらい回しを防止するため小児救急担当医4名で拠点病院を作るという案が出てました。
http://mech.exblog.jp/3194138

*日々是 日記???:重症担当病院を指定、たらい回し防止
これは、どこの都市でも大きな問題なようです。小児科の救急はどこの病院もやりたがらないみたいです。
http://d.hatena.ne.jp/koik_n/20051207/1133962187

*40代の私にとっての最新情報・重要ニュース:小児救急再編
私は、医師の診療報酬引き下げに賛成の立場だが、小児科医だけは引き上げてもいいと思っている
http://spring.livedoor.biz/archives/50267196.html

*Fw:ヒビシルス:重症担当病院を指定、たらい回し防止…小児救急再編
日本の小児医療、特に夜間の小児救急の体制は非常に危ういことが、近年指摘されるようになった。
http://d.hatena.ne.jp/HE-BOY/searchdiary?word=%2a%5b%a5%cb%a5%e5%a1%bc%a5%b9%5d

*ホーム&ワーク雑記:小児医療+たらい回し+救急再編
現在子供の病気を見る小児科医が少ない。そのため子供が病気になった際に病院をたらい回しにされる
http://ptw.air-nifty.com/home_and_work/2005/12/post_e314.html

*S.Y.'s Blog:3人じゃ少ないです。
夜全く寝られない小児科は4人ではやがて破綻するでしょう。少なくとも6人だと思います
http://shy1221.exblog.jp/2787528#2787528_1

*仙台しばす男:重症担当病院を指定、たらい回し防止…小児救急再編
より多く救えるよう願います。
http://plaza.rakuten.co.jp/busotokosendai/diary/200512070001/

*cider:重症担当病院を指定、たらい回し防止…小児救急再編
子供が減る以上に小児科医も減って、、、 助けられる子供の命も救えない。。。
http://hide-king.air-nifty.com/cider/2005/12/post_c3e8.html

*ナース・ステーションの裏側:『小児救急再編』 絵に描いた餅
行政に責任ありと認めるのなら、小児科医の待遇を良くする方向で話を進めるべきだと思うのだが、
http://usmle.exblog.jp/3188941

*お気楽♪極楽♪育児中♪:重症担当病院を指定、たらい回し防止
ちょっとだけうれしいニュースがありました。小児科のたらい回し防止に厚生労働省が動きました。
http://plaza.rakuten.co.jp/gokuiku/diary/200512070001/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年12月08日 21:09 | コメント (0)

 

ニセ医者9年診察、年収2千万円 慶大卒装い病院転々

「ニセ医者9年診察、年収2千万円 慶大卒装い病院転々」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年12月6日収集分=

*きまぐれおぢさん道: 何か微妙なタイミング
「医師資格や処分情報をサイトで照会可能にする」の厚労省案発表を後押しする様な形で出された様に。
http://area46.cocolog-nifty.com/neurologist/2005/12/post_7c76.html

*ニートのような人間がなぜか世界を語る:高校中退のブラックジャック
本物だったら、毎年2000万円も稼げる高給取りの職業であることを改めて認識した。
http://blog.goo.ne.jp/neet_001/e/3431bde3e473306aba9bac657b15e91b

*Mehr Licht:すごい!
真相はどうなんだろ?そのうちいろいろわかってくるだろうけど、続報に期待かなぁ・・・。
http://d.hatena.ne.jp/licht-t/20051207

*Tommy Heartbeat 2nd:詐称
知識や技術のおかげだったとするならば、別に医師免許なんて…と、ブラックジャックが好きな人なら
http://d.hatena.ne.jp/Tommy1/20051206/1133881769

*貧乏医師のアルバイト日記:ニセ医者
ニセ医者に気づかなかった病院もどうかしてるけど、普通の病院では年収2000万円もいかないよ!
http://blog.goo.ne.jp/akamimipie-ru/e/b0076daf2178061d236e54172d77b5d6

*日眠月醒:ニセ医者9年診察、年収2千万円 慶大卒装い病院転々
ニセ医者とかさ、能力高いのならヤブ医者よりマシ…なんだから。ニセを取って大手を振っていこ!
http://d.hatena.ne.jp/yakumocoo/20051207/1133887810

*ゴルフの名言!【日々是口実さがし】:ニセ医者が見つかった
ここで問題は、今の医者としての資格の取り方が、果たして有効かどうか、ですね。
http://blog.livedoor.jp/eggman55/archives/50252216.html

*碧が呼んでる:ニセ医者 ホォ〜?
あちこちの病院、週1でバイトしてれば2000万というのは聞いたことあります、確かに。
http://555teru.cocolog-nifty.com/yume/2005/12/post_4152.html

*毎日が楽しい!:私もニセ医者
勤務先の病院が医師免許の原本を持ってくるよう話したところ、山城容疑者が応じなかったため、
http://blog.livedoor.jp/shirane104/archives/50006583.html

*MARIの、頬杖ついて少し居眠り:ニセ医者、その派遣側。
注目すべきだと思うのは、「派遣会社」。あの医者、医療関係の派遣会社から来てるんでしょ?
http://blog.goo.ne.jp/doggymari/e/c5e968382d74df791a324163db7b7dad

*毎日が特別な日:話をよく聞いてくれる優しい先生−ニセ医者8年半
コレ大事です。逆に言えば、話をよく聞いてくれない医者がいっぱいいるってことでしょうか。
http://www.gatagata.com/sb/log/eid570.html

*スナフキン・レポート:赤ひげ先生だった?ニセ医者9年診察、年収2千万円
きっと“良い先生”だったんじゃないかと思います。というより、“医は仁術”の実践者だった?
http://blog.goo.ne.jp/sunafukin-0101/e/5cbcd21ffa0ab1e36d7a49c21e7f60d7

*田舎の人々:ニセ医者
獣医師程度にしておけばよかったものを。こんなことがあるなんて、医師免許の存在の意味が・・・。
http://blog.goo.ne.jp/chibi-drive_go2/e/30616deeaaa178592d588b0a2f6e7182

*女医風呂♪医学部&病院ないしょ話♪:偽造免許で偽医師、またも…!
笑っちゃうのが、いつもK大学が偽医者の出身校として利用されているところ。またかよ!!
http://ameblo.jp/joyblog/entry-10006849474.html

*2, Rue de Brique:こんなことが???
一番うけたのは、自分の学歴として、慶応大学医学部と琉球大学医学部を使い分けていたこと。
http://blog.livedoor.jp/gabeji/archives/50291445.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年12月07日 17:38 | コメント (0)

 

エコノミークラス症候群

「エコノミークラス症候群」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年11月29日収集分=

*アクセラナースの日記:いわきへの旅支度。
血栓症予防に使います。巷で言われている「エコノミークラス症候群」というやつの予防ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/whbdn223/16450711.html

*家庭の防災・防犯・防衛対策 :新潟県中越地震から1年
エコノミークラス症候群をはじめとする震災の「関連死」の認定がその後続いているためだ。
http://securityinfo.blog21.fc2.com/blog-entry-592.html#trackback

*てんとう虫のバタフライ:冷え性
「部屋の中でエコノミークラス症候群にかかる」という事態に陥りかねないので、適度な水分摂取は
http://blog.livedoor.jp/chomolangma/archives/50222103.html

*Curiosity kills the cat:靴下関係リンク集
この季節には暖かいのでぴったりだ。これはエコノミークラス症候群にも有効なんじゃないかな。
http://www.kjps.net/user/toshiya/2005/11/blog-post_113265912767928891.html

*なこ ブログI'm home:なこ大ピンチ
「エコノミークラス症候群」とは・・・座ったままの姿勢で血流が滞り、血栓ができ(多いのがひざの裏)
http://blog.livedoor.jp/zaizai3986/archives/50313029.html

*社会人的生活:日曜日の大阪
リクライニングシートで寝たといっても足の自由は限界があるため軽くエコノミークラス症候群??を疑う。
http://iori.exblog.jp/2718850

*旅芸人の隠れ家:かくじききょうめい
経験したことのない痛み・症状だったし、 エコノミークラス症候群という文字も頭をよぎったし
http://mariam106.blog13.fc2.com/blog-entry-372.html

*カルテ:エコノミークラス症候群
えぇ、今頃実態調査ですか、厚労省でなくて学会がですか。厚労省は、日本旅行医学会から上がってくる
http://karte.cocolog-nifty.com/karte/2005/11/post_7faf.html

*『中小企業診断士』は独学でなれる:症候群改めロングフライト血栓症
今回の調査は、年齢、発症の状況、スポーツ暦、服用している薬剤、などを集計するもので、貴重なデータ
http://plaza.rakuten.co.jp/smileconsultants/diary/200511290000/

*専業トレーダーAtsuya:エコノミークラス症候群、初の全国実態調査へ
エコノミークラスは長時間、座席に同じ姿勢で座ったままでいることで膝の裏あたりの静脈
http://plaza.rakuten.co.jp/trader/diary/200511290000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年11月29日 19:15 | コメント (0)

 

新型インフルエンザ対策行動計画を厚生労働省が発表

「新型インフルエンザ対策行動計画を厚生労働省が発表」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年11月15日収集分=

*深山会HP管理人のひとり言:新型インフルエンザ対策行動計画
もう、そこまで来ている流行の可能性に対して、国・県の後手後手の対応が腹立たしい。
http://blog.goo.ne.jp/mms371ss/e/01eec375fd794d238bd95eb5cf162aeb

*◎ころがりにっき◎:新型インフルエンザ。
風邪をひいたとき以外でも、感染防止のマスク着用やうがい手洗いは必須となりそうですね。
http://sucre-sugar.jugem.jp/?eid=85

*おねいちゃんの憂国の日々:渡り鳥の季節ですし
行動計画を策定するようになった分マシとも言えますが(昔は後手後手に回っていたんですがね)
http://blog.goo.ne.jp/goldbear_2005/e/08e1e1462b14dd42ed10ff0c9f2f704e

*健康第一!:新型インフルエンザ対策 国が行動計画
私は起床きた時、帰宅した時、蒸留酒でうがいする。薬品より安価で安心だから。
http://kenkoudaiichi.jugem.jp/?eid=152

*おもわせダイアログ: 新型インフルエンザは危険!
ガンによる年間死亡者数が年間30万人、交通事故による死亡者数が1万人に満たない時代
http://cozy.cocolog-nifty.com/diary/2005/11/post_3172.html

*丈燐商店業務日誌: インフルエンザで大山鳴動
鳥インフルエンザからの変異種もあるとするなら、手の打ちようもなかったりするのかね?
http://plastic-bamboo.air-nifty.com/blog/2005/11/post_6675.html

*日々是災日(笑): イマイチ薄い「新型インフルエンザ」大流行への危機感
国民に向けた情報とパニックを誘発しない程度の予防警告が早急に必要だと思うのです。
http://takachang.seesaa.net/article/9351852.html

*虹を見に行こう:おはようございます。
今年は鳥インフルエンザが人にかかるような新型インフルエンザが流行るらしい・・・。
http://gakincho.exblog.jp/1861908

*†真・俺的日記†:魔竜ゲルランド
インフルエンザで死ぬか、副作用で死ぬか。もう待つのは死ばかりかよ。
http://blog.livedoor.jp/commandar/archives/50230884.html

*積読本購入録:抗ウイルス薬「タミフル」の備蓄
来年4月に薬価改訂があります。厚労省は、タミフルの値段を思いっきり下げるかもしれません。
http://karisuma.livedoor.biz/archives/50194739.html

*雲水のやりたい放題ブログ:新型インフルエンザ
予防注射打ちにいかんと。最悪4人に1人が死ぬらしい。なんとその数64万人!
http://blog.livedoor.jp/unsui11tabi/archives/50418650.html

*ピーたまな日々: 冷えますよ〜
マスクそのものの価格ではなく、使い捨てタイプなので冬の間これを毎日使うったって、
http://pi-tama.cocolog-nifty.com/pitama/2005/11/__3.html

*Dear・・・:予防接種はお早めに・・・
死者も出ているみたい。恐いですね。でも、新型のワクチンが開発されたみたいです!
http://blog.livedoor.jp/ez_with_mimi/archives/50299101.html

*菅一男の肉体改造日記:新型インフルエンザ
角田氏が、栄養をしっかり摂って免疫力をあげることが予防策になると言っていた。正論である。
http://blog.livedoor.jp/nikutaikaizou/archives/50113541.html

*★あっコラム★: 予防接種する?
この病気を知ってからね・・・スティーブンスジョンソン症候群知ってるよね?
http://akko-column.cocolog-nifty.com/hana/2005/11/post_08f3.html

*愛羅姫の日記:新型インフルエンザ
発生しないために こんなことしてください と いう 話がないのが 不思議でしょうがない
http://blog.livedoor.jp/aira_hime123/archives/50275742.html

*ほしとたんぽぽ:頑張れ細胞!
予防注射を受けました。「今年は腫れる人が多いよ」って言われました。なんでかな?新型対応?
http://blog.livedoor.jp/konomi724/archives/50169094.html

*ダイエット達成願望★幸せの向こう側:11/14 疲労がたまる。
SF映画みたいな話がニュースで出ていて凄いびっくりしました。誰が優先されて助けられるんだか
http://blog.livedoor.jp/chanlovin/archives/50338725.html

*Apple Tea Diary:あなたは生き残れるか?
備蓄を行ってるのは富山など5府県のみ。(さすが薬の富山だな)東京は「予定無し」だって。
http://appleteako.exblog.jp/3069525

*やわらかな陽の光りの中で: 新型インフルエンザ、本当に、流行するの?
息子が、インフルエンザの頭痛で、個人病院から、総合病院に搬送された、怖い経験があるので。
http://kyarameru2005.cocolog-wbs.com/yuhino/2005/11/post_2eae.html

*人間ちょぼちょぼ日記:まるで国民総出の<戦時訓練>みたい
こういう不安な状態の中では、政府の国民コントロールが、とても有効なことだろうと思いますね。
http://higatatsuo.exblog.jp/3775043

*ケア・スポット梅津 BLOG:パンデミック
パンデミックという言葉がこれからは頻出しそう。これに関して厚労省も行動計画表を公表している。
http://blog.livedoor.jp/doubley/archives/50249149.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年11月15日 10:57 | コメント (0)

 

病院食

「病院食」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年11月14日収集分=

*きたろうのつぶやき日記・改:ある日の病院食
今までいろんな病院で勤めましたが、ここの御飯は一番美味しいです。患者さんにも好評。
http://blog.goo.ne.jp/kitaroh-c/e/6b48282a34461854220421ed60c2ec31

*競馬って 面白いね。:病院食 2日目
入院生活での食事です。初日の食事はカメラを持っていなかったので撮っていません。
http://blogs.yahoo.co.jp/yasuurivideo/15985491.html

*なほっち徒然日記:多指症手術入院4日目〜病院食の話などなど〜
ここの病院の料理は、あまり優秀な離乳食でもない気が…。美味しいとか美味しくないとかは
http://blogs.yahoo.co.jp/nahotch_n/15389724.html

*レグナーおぶろぐ:第四話 病院の食事
そうはいうものの、ドイツの食事。はっきり言って、期待してはいけない。また、一般的にドイツでは
http://blogs.yahoo.co.jp/regnern/16049136.html

*知ったかぶりのネット屋稼業Revenge:はじめてのどっく
もちろん初の病院食。〈メニュー〉豚ソテー2枚(薄め)、キャベツ千切り、ホウレン草おひたし
http://honznasu.sakura.ne.jp/blog/archives/2005/11/post_44.html

*バランボビンの百葉箱:夕食
淡泊な味でダイエット食みたいだけれど、栄養バランスは良さそう。デザートのアップルタルト
http://nisaka.way-nifty.com/blog/2005/11/post_d8a2.html

*美味かもん雑記帳:病院食
食事の運ばれてきたとばい。 いがいとまともな食事ばだすなと、感心したとさね。
http://blog.oisiso.com/?eid=343550

*yoko’s diary★:GAP?
病院食。想像していたよりも美味しい!私が病気をして入院しているわけじゃないから、と
http://d.hatena.ne.jp/yoko_75/20051112/1131770085

*太陽と向日葵的ウェブにっき:入院にっき
病院食にはあたりはずれがある! 火曜日の夜だったかにハンバーグがでたんですね。
http://fujifuji0823.blog2.petitmall.jp/

*Blue Lotus:デリーで入院
食事は菜食。塩味がなくてまずいの〜と息子の弁。しかもほとんど毎食 インド料理でした
http://neelkamal.blog15.fc2.com/blog-entry-110.html#trackback

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年11月14日 20:58 | コメント (0)

 

ニコチン依存症も?禁煙治療に保健適応へ

「ニコチン依存症も?禁煙治療に保健適応へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年11月9日収集分=

*Eleven:朝から朝刊を読む。
禁煙治療に保険適用、という記事を1面に発見。ニコチンガムに保険でもおりるんかいな?
http://spaces.msn.com/members/okawa-eleven/Blog/cns!1ppKd60nnYiXk5bHCYw7Qffw!571.entry

*shouのだらだら:タバコの本数を減らそう!
今日の新聞に禁煙治療が保険適用されるようになるらしい。ニコチン依存症って病気扱いになる
http://d.hatena.ne.jp/shou-mizuki/20051109#p2

*浩臣Blog:禁煙治療に保険適用へ、医療費削減狙う 厚労省方針
ついに、厚生労働省が喫煙は病気だと認めたことになります。これで、禁煙支援に弾みがつくでしょう。
http://temsit.cocolog-nifty.com/hiroomi/2005/11/post_4eed.html

*おふぃすOK業務日報(年金、保険):禁煙治療に保険適用へ
一歩間違えると、「対策の効果が上がらず、医療費ばかりが増大する」ことになりかねない。
http://www.come3ham2da.com/officeok/archives/2005/11/post_658.html

*HEARTとCROSSをモットーにするドクターブログ:禁煙外来とアルコール外来
2006年4月から禁煙治療が保険適応になりそうです。大変いいニュースです。
http://heartcross.cocolog-nifty.com/starcross/2005/11/post_dad4.html

*ながら族:【 理解できいない禁煙指導 】
医師による禁煙指導が「治療」と位置づけられたそうですな。タバコを吸わない、吸ったこともない
http://www.nagarazoku.com/mvt/archives/2005/11/post_265.html

*めがねの奥で:保険で禁煙
禁煙が進めば、生活習慣病が減って、医療費-医療保険-が減る。という目論見らしい。
http://nom.way-nifty.com/nomlog/2005/11/post_a204.html

*憩いのblog 心化粧:禁煙治療
喫煙が生活習慣病との密接なつながりがあるとして、一定の基準を満たす人を対象を対象に保険の適用
http://blog.goo.ne.jp/goo31882asuka/e/d58d763447ea5532a7c3ce1cd8033e10

*日々の記憶:禁煙治療に保険適用へ
やっと禁煙治療を実効あるものとする社会的基盤が整いつつあるという感じで、感慨深いです。
http://d.hatena.ne.jp/cozycozy/20051109#1131514752

*医療ニュースBLOG:禁煙治療に保健適応へ(朝日新聞)
禁煙治療もやっと保険適応かという感じですね。これを機に禁煙を頑張ってみようかという
http://medicalnewsblog.blog35.fc2.com/blog-entry-6.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年11月09日 19:08 | コメント (1)

 

LIVE FOR LIFE(本田美奈子基金)

「LIVE FOR LIFE(本田美奈子基金)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年11月9日収集分=

*○○○買うぞ!since 2005/04/07:本田美奈子.さんの遺志を継げ!
その中で発表されたプロジェクト。「LIVE FOR LIFE」白血病患者の支援プロジェクト
http://blog.so-net.ne.jp/c_y_wada/2005-11-09

*L.L.〜Lady LOG〜:本田美奈子さん 通夜2700人弔問
白血病に苦しむ人々を支援するプロジェクト「LIVE FOR LIFE」を始動させる
http://kincho.way-nifty.com/ll/2005/11/2700_1e37.html

*音泉ニットキャップ。:改名して良かったのだろうか。
民間非営利団体[LIVE FOR LIFE]は彼女がこの世を去ったことによって多くの人に知られて
http://sazae.exblog.jp/2536845

*坊主めくり最大の敵は、「蝉丸」だ!:本田美奈子.さんしめやかに通夜営まれ、ナンノら号泣&来年追悼公演も予定
白血病患者の支援プロジェクト「LIVE FOR LIFE」 主催によるチャリティーコンサート
http://d.hatena.ne.jp/syuminoonna1991/20051109/1131491384

*guy0817の日記:さようなら本田美奈子.さん…しめやかに通夜営まれる
白血病患者の支援プロジェクト「LIVE FOR LIFE」主催によるチャリティーコンサート
http://d.hatena.ne.jp/guy0817/

*銀河ブログ:本田美奈子の遺志、チャリティー開催!!
本田美奈子の遺志を継ぎ、白血病に苦しむ人々を支援するプロジェクト「LIVE FOR LIFE」
http://cybar.cocolog-nifty.com/ginga/2005/11/post_3c85.html

*A☆I 藍住宅工房:「LIVE FOR LIFE」
白血病に苦しむ人々を支援するプロジェクト「LIVE FOR LIFE」を始動させること
http://blogs.dion.ne.jp/aijuutakukobo/archives/2249285.html

*dress-up-smartly:白血病患者支援チャリティー開催へ
LIVE FOR LIFE――。「生きるために生きる」というプロジェクト名は本田さんが病床
http://gemini.way-nifty.com/dressup/2005/11/______7ea4.html

*まったりした鬱生活:LIVE FOR LIFE
そのプロジェクトの名は、「LIVE FOR LIFE」「生きるために 生きる」
http://spaces.msn.com/members/manito55/Blog/cns!1pj3KTorVRz_v9JOwSo0Y2yA!665.entry

*お勧めする音楽CDはこれ!!:さようなら本田美奈子.さん…しめやかに通夜営まれる
白血病患者支援プロジェクト「LIVE FOR LIFE」は、今年5月に病床の美奈子.さんが
http://pyuapyua.jugem.jp/?eid=36

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年11月09日 19:06 | コメント (1)

 

献血で健康被害5万人超、治療費支払いの制度化検討

「献血で健康被害5万人超、治療費支払いの制度化検討」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=200511月2日収集分=

*Good bye,Doctor :献血して入院
本末転倒と言ったら失礼かもしれませんが、こういうことってあるんですね。私は献血したことない
http://blog.goo.ne.jp/chankuro/e/56dfd0c526695fe691c7cca943b0acfa

*しんドいにっき:献血で健康被害、治療費支払いの制度化検討
こんなタイトルついてるから、俺も治療費もらえるのかと思ったら(コラ)
http://d.hatena.ne.jp/shindai/searchdiary?word=%2a%5bNews%5d

*あなたはウィルスが好きですか?:献血
献血で1%が健康被害らしい。血液が不足しているし、献血が必要不可欠なのは当然なんだけど
http://d.hatena.ne.jp/irisnyanko/20051102

*SPORTS わき道コラム:献血で具合が悪くなる人が、たくさんいた
今日の「献血で健康被害、5万人超 治療費支払いの制度検討」のニュースにはびっくり
http://asatsuno.jugem.jp/?eid=121

*人並みの幸せ:献血した事、ありますか?
献血する際に、めまいを起こしたり、気分が悪くなった事がある人が、5万6500人にものぼるという
http://omochan.blog.ocn.ne.jp/siawase/2005/11/post_41d8.html

*事務屋のつぶやき:善意が仇になりませんように
献血によって健康被害を受けた人が5万人を超えているらしい。それらにはめまいや気分が悪くなった
http://ijishin.blog22.fc2.com/blog-entry-13.html

*木綿の半可通風:おめまい金
全国各地で献血をしているが、採血後に体調が悪くなったことは一度もない。
http://ameblo.jp/cm116232481/entry-10005731229.html

*薬剤師のひとりごと:献血で健康被害
献血した人で、健康被害を被った人が5万人を超えたそうですね。治療が必要とされ医療費
http://my2ph.blog13.fc2.com/blog-entry-24.html

*今そこにある妄想:献血で健康被害、治療費支払いの制度化検討
これもカルマなんだろうね。よいことをしたのに、バチがあたるみたいな。でも、献血は大切ですから。
http://blogs.yahoo.co.jp/katusika5dog/15184322.html

*京都発!私の日本と海外見聞録:献血活動 チャリティーイベント
日本赤十字は献血の後に約28万人強も献血者が健康被害になった事実を公表せずにひたすら
http://plaza.rakuten.co.jp/frankston/diary/200511020000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年11月02日 17:41 | コメント (1)

 

「新型インフルエンザで国内死者10万人?厚生省で対策本部」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年10月28日収集分=

*菊太郎 今日の○○!:恐怖!!
インフルエンザってやっぱり怖いものですね。インフルエンザの予防接種は打ったほうがよいのか?
http://kikutarou1969.cocolog-nifty.com/kikutarou/2005/10/post_f84d.html

*朱華日記:新型インフルエンザの脅威
新型インフルエンザが世界中で流行するかもしれない、そんな危機感が高まっているとか。
http://blog.goo.ne.jp/happy-sa-ra/e/5a899bbd41a60b9a5c917c2fb13dadd8 

*貿易風:今冬新型インフルエンザ流行か? 
今年の冬には新型インフルエンザが流行する兆しがあるそうだ。簡単に紹介すると・・
http://plaza.rakuten.co.jp/degoichi630/diary/200510280001/

*ぴよまるの日記:新型がくるって?
インフルエンザが流行りだしているって噂。そして、今、ニュースで『死者が大量に出る可能性有り
http://blog.goo.ne.jp/hanachiru-sato/e/ed2a3d35a45c790062301a5c4bf9b925

*すずらん王国物語:イヤや〜〜〜〜絶対イヤ!!
新型インフルエンザが流行して国内で死者10万人???ってなYahooニュースを見た。
http://plaza.rakuten.co.jp/suzurann1973/diary/200510280001/

*お気楽♪極楽♪育児中♪ :新型インフルエンザで国内死者10万人か?
ワクチンはまだ作られていないしインフルエンザに効くというタミフルという薬もまだ10万人分
http://plaza.rakuten.co.jp/gokuiku/diary/200510280001/

*zaraの当方見聞録:国内死者10万人超推計 厚労省、新型インフルエンザで対策本部
うそー、10万人!さっき調べたけど、毎年インフルエンザで亡くなる人って千人単位だぞ。
http://zara.jugem.jp/?eid=155

*黍若日記:新型インフルエンザで国内死者10万人超推計
新型インフルエンザが猛威を振るう可能性が増して来た。もし、世界的に大流行すると日本でも
http://www.kibiwaka.com/blog/archives/2005/10/post_1047.html

*西条四十の雑記:国内死者10万人超推計 厚労省、新型インフルエンザで対策本部
これまた、すごい見出しですな。『鳥インフルエンザが人から人へ感染する新型インフルエンザに突然変異
http://d.hatena.ne.jp/saijoyoso/

*愛煙家の多事総論:インフルエンザは本当に怖い
新型インフルエンザが流行るかもしれないという。10万人って・・・orz凄い数だな、また。
http://blog.goo.ne.jp/bia1996/e/5bb93ffc708cd53a21bfebe67356a23b

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年10月28日 23:23 | コメント (0)

 

保険免責制を導入?(医療制度改革試案)

「保険免責制を導入?(医療制度改革試案)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年10月23日収集分=

*吉岡政晴・医療ベンチャーのキャリアブレイン社長によるブログ:生命保険の見直し
医療費の保険免責制度など導入の方向の記事。つまり「自分の医療費は、自分で払いなさいよ」ということ
http://www.cabrain.net/blog_top/log/eid219.html

*産經新聞を読みましょう:医療改革試案 痛みが納得できる議論を
また、外来診療で五百−千円程度の金額を保険給付対象から外し、患者が負担する保険免責制の導入や
http://yoshidashouin.blog26.fc2.com/blog-entry-75.html

*書道家になりたい☆雪花のひとりごと:保険免責制度
まだ試案の段階でどうなるのかわかりませんが心配です。確か、数年前までは70歳以上
http://ameblo.jp/daiamondo-dust38/entry-10005310649.html

*堀間テイ子のがんばるブログ:真綿で首を絞めるような厚生労働省試案
更にサラリーマンにとって厳しいのは、保険免責制度が導入されることだ。つまり保険対象外の枠が
http://horima-roumushi.cocolog-nifty.com/weblog1/2005/10/post_8654.html

*七五白書 (しらけないために):医療制度改革試案
500〜1000円程度の金額を保険給付対象から外して、患者が負担する「保険免責制度」や
http://blog.goo.ne.jp/mks13/e/f02bf85229541a27bf020fccc612ad1b

*南雲研究室:健康保険も免責される 
医療制度改革の試案で、軽度の医療について健康保険から免責し患者の自己負担とする方向でいる。
http://blog.so-net.ne.jp/shinobu_n/2005-10-03-3

*薬屋ってなんなんだろう?:「健康ニュース解説」
医療制度改革を「改悪」という某左寄りの政党があります。でも、ここまで医療費が財政を圧迫させた原因
http://blogs.yahoo.co.jp/oku20041018/14642302.html

*月刊「記録」編集長:健康保険料窓口負担をタダにせよ
健康保険に「本人負担」の概念はなかった。制度は家族2割負担で始まり、そのうちに家族の負担も
http://gekkankiroku.cocolog-nifty.com/edit/2005/10/post_3fbd.html

*精神病者で何が悪い!:日本の医療は大丈夫なのでしょうか?
医療を受けた人からお金を今までより多く取って、今までの国のマイナス資金を調整しようと
http://ameblo.jp/ansu-kasukabe/entry-10005363799.html

*清事務所のブログ〜横浜で開業する30代の税理士が綴るブログ〜 :えっ?窓口負担が10割???
厚生労働省は、医療制度改革試案で、「保険免責制度」の導入を盛り込んだ。あくまで「思案」
http://plaza.rakuten.co.jp/zeisei/diary/200510220000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年10月23日 23:38 | コメント (1)

 

保険免責制度も、医療制度改革の厚労省試案

「保険免責制度も、医療制度改革の厚労省試案」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年10月16日収集分=

*「ひろあき」のなんでもBlog:診療報酬、「治療」含め引き下げ
患者負担は軽くなるが、医療機関の収入も減る。経営が難しくなるところも出ている
http://blog.livedoor.jp/hiroaki528/archives/50147279.html

*tsurezure-diary:医療制度改革もうやめてけれ
節約したいから家から弁当もってこい、ってなっちゃったらどーすんだい。
http://blog.goo.ne.jp/o-kojo/e/524839cf6adc885c1aff5a60139b9187

*鴨川日記:財務相から厚生労働相へ要請
一般市民(自己負担増大)・医療機関(医業収入の低下)をきたすものであり、
http://blog.goo.ne.jp/kyotofr/e/eae679311ad3a95f9404ba5484e29231

*今夜もあなたとジャズ相撲:医療保険に免責制度 一定額、給付から除外
どっかで財源を調整できないものかねえやっぱ消費税率を上げるしかないのかしら
http://blog.livedoor.jp/konsado3/archives/50165321.html

*勉強部屋:医療費49兆円に圧縮 2025年度、厚労省が試案
今すぐにでも医療費問題を抜本的に何とかしなければ国家財政は大変なことになる。
http://d.hatena.ne.jp/nissy0112/20051015

*新小児科医のつぶやき:続医療費削減
医師会に昔日の力が失われた医療界では、今後草刈場になる可能性があります。
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20051015

*持続可能な社会と金融CSR: 野放図な医療費拡大は医療制度の破綻を招く
高齢者偏重は破綻させ、新たな医療制度を立ち上げた方がいいのかもしれない。
http://csrfinance.cocolog-nifty.com/mirai/2005/10/post_e0c6.html

*Another View:小泉の「改革」とはこういうこと?
年寄りや病人は早く死ね!とばかりの案。これって、弱いものイジメでしょう。
http://blog.goo.ne.jp/schazzie2/e/6b56c99c1c4b3a6d676239500f36e327

*JIROの独断的日記ココログ版: まだまだひどい話が続きます。
人間の一生の終わりという厳粛な時のあり方をそろばん勘定だけで、考えて良いのか?
http://jiro-dokudan.cocolog-nifty.com/jiro/2005/10/post_faa1.html

*社会保険労務士・行政書士の・・・
医療費が低い治療だと免責額内で済む場合もあり、全額自己負担ということになる
http://srmurakami.exblog.jp/2332109

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年10月16日 22:43 | コメント (0)

 

診療報酬はどうなる?医療改革

「診療報酬はどうなる?医療改革」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年10月14日収集分=

*資格関連ニュース: 医療費抑制・長期リハビリに日数上限
医療費削減項目に上がってきているのは、長期療養者に対する診療報酬の削減。
http://kojiy.cocolog-nifty.com/lfinform/2005/10/post_9f9d.html

*東北苦学生:医療改革
医療改革は診療報酬が下がりよいように感じられますが 実際は違うと考えます。
http://blog.livedoor.jp/grenn13/archives/50026235.html

*おやつ、まだかなぁ?:保険点数表の形式見直せ
保険点数表の表現形式を見直して明確にすることがIT化を進める上で不可欠である。
http://blog.livedoor.jp/yunyun70/archives/50094324.html

*Masa's Diary:医療費のカラクリ「大病院のほうが安上がり?」
あまり知られていませんが、私の本職は「診療報酬請求コンサルタント」です。
http://masa0710.dokyun.jp/archive/l-46133.html

*専門理学療法士の視点:医療従事者の充実度
葬儀になら数百万円投入できる人が、医療費が高いと感じるのはなぜだろう。
http://blog.goo.ne.jp/pthidaka/e/6274f4713f060e47c2a9c19eb6f98595

*精神医学の<クリプト> : 医療改革のターゲットとしての高齢者〜
いかにも小泉風の「医療改革」という名の高齢者医療費削減の一環である。
http://d.hatena.ne.jp/woeswar/20051014/p1

*不老革命: 40歳以上は全員健診 健保・自治体に義務化へ
下記のようなニュースです。すばらしい事だとは思いますが・・・やっぱりかです。
http://kensoku.seesaa.net/article/8078513.html

*資格関連ニュース:医師会会長、厚労相に診療報酬3%引き上げ要望
よほどの根拠をもって、説得を行わない限り、実現することはないだろう。

*健康増進、病気予防、抗加齢、長寿、 豊かさ、幸せ探求: 高齢者自己負担
破綻レベルの健康保険制度を続けるには、自己負担を増やすのが簡単な方法。
http://wellness21.seesaa.net/article/8090550.html

*ないとうのブログ:医療費を抑制して大丈夫?
軽症や風邪で病院を受診しないようにしていった方がいいのではないかと思う。
http://blog.goo.ne.jp/GB6071196/e/25af59329ca6265dc882a84324c0198c

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年10月14日 10:47 | コメント (0)

 

マイコプラズマ肺炎

「マイコプラズマ肺炎」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年10月11日収集分=

*せるふぃっしゅ:マイコプラズマ肺炎
ただの風邪だと思っていたらマイコプラズマ肺炎と診断されて帰宅しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/gibson3/11140418.html

*chishiro.blog:マイコプラズマ肺炎
さっき、病院から結果の電話がありました。マイコプラズマ肺炎やと言われました。
http://chishiro.cocolog-nifty.com/chishiro/2005/09/post_8416.html

*罰ゲーム:マイコプラズマ
「マイコプラズマ」ですね。そんなに簡単に言うなよ。今までの病院では、肺にかなり影がありますと
http://blogs.yahoo.co.jp/bragio0308/12154922.html

*ぱわふるいちごじゅ〜す:マイコプラズマ【 TV 】( ̄ *) (違っw
ネットで調べてみたら、マイコプラズマ感染症の主な症状は咳・発熱。下痢・嘔吐の胃腸症状が出る
http://yuu15.seesaa.net/article/7583360.html

*ぷっちょり日記。:お久しぶり。
マイコプラズマ肺炎で、通常の薬が効かないタイプのって1割程度あるんだそうですよ
http://pucchori.blog5.fc2.com/blog-entry-164.html

*ひろぽん日記:えらいこっちゃ
月曜日に受診したら「お母さん、マイコプラズマ肺炎です!」やっぱり・・・・・
http://yaplog.jp/hiroponsan/archive/164

*〜ひなみ日和〜:(゚д゚;)・・・・・・・・
大きい病院へ入院し、再度血液検査結果やっぱり 「マイコプラズマ肺炎」でした。
http://aam04970.blog19.fc2.com/blog-entry-66.html#trackback

*hannamama:検査の結果
マイコプラズマの検査をしたのだが今日結果を聞きに行った。結果・・・陽性でした!
http://plaza.rakuten.co.jp/hannamama/diary/200510070000/

*プロサッカープレーヤーをつくろう! :マイコプラズマ肺炎
友達のママがたいちんの咳を見て、「マイコプラズマ肺炎」では?と言って来たそうです
http://plaza.rakuten.co.jp/sakatuku/diary/200510070000/

*〜子供と一緒に小学校生活を楽しもう〜:夜驚症の発端はマイコプラズマ!?
「マイコプラズマ肺炎の可能性」集団生活の中で感染し、風邪の症状から始まり咳がしつこく続く
http://plaza.rakuten.co.jp/poporon1969/diary/200510080000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年10月11日 23:44 | コメント (0)

 

診察料

「診察料」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年10月2日収集分=

*海の向こうで 〜オーストラリアより〜:病院へ・・・・
こっちでは、診察料&検査費用を国が負担してくれる。というお財布に優しい病院が沢山あって
http://blog.goo.ne.jp/nobbie_001/e/8b477a930535ea818e856b3c0466346a

*響voice:健康診断表をもらいにいってきました。
しめて1万2千円なりー。明細を見ましたが、判断料とか診察料とかがかなりの割合を占めてて。
http://d.hatena.ne.jp/DARKSHADE/20050924

*宝画戯言:時価
今日のニュースは『医療機関が出す領収書に内訳が記載されるようになるよ』というお話。
http://parliament.no-blog.jp/hougatawagoto/2005/09/post_fb36.html

*Fairy Blog:再度病院へ
事故当日と今日の診察料、二人合わせて7万円・・・。交通事故って自己負担100%な上に
http://blog.livedoor.jp/yukihime6928/archives/50141551.html

*させてもらいます:診察料の格差是正
厚労省は、患者が病院に流れる一因がこの診察料格差だと判断。これを見直し、医療機関の役割分担
http://jyannyuu.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_dce9.html

*気ままな小児科:夜間はサービス悪い
夜間受診すると、普通の診察料に加えて時間外加算や深夜加算といった上乗せ料金がかかります。
http://blogs.yahoo.co.jp/chibiped/12697793.html

*医薬情報担当者って仕事は知ってますか?:簡単な病気は診療所がお得!
厚生労働省は28日、病院よりも診療所の方が高い診察料の格差を是正する方針を固めた
http://blogs.yahoo.co.jp/cnsmr1/12158574.html

*萩国ページリターンズブログ:残すところ1時間で合併です
なんか病院の診察料が上がるというニュースがあったな。現在は病院よりも診療所のほうが高い
http://blog.goo.ne.jp/suiyoudaisakusen/e/bd5d306426e5b7c36df1fb0111ba5be1

*ednanroom:医療費について
料金のことを知ってから200床以上の病院煮に変わりましたが、もちろん診察料はかなり安く
http://ednanroom.cocolog-nifty.com/ednanroom/2005/10/post_414b.html

*目指せ!ファーストクラスの旅:病院でも「クレジットカード」が使えます
あまり知られていませんが、診察料を「クレジットカード」で支払える「病院」が存在します。
http://mileage.eiga-baka.net/?eid=304095

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年10月03日 08:04 | コメント (0)

 

日野原重明(聖路加国際病院理事長)

「日野原重明(聖路加国際病院理事長)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年9月27日収集分=

*40歳にして創造力を考える:自立しているかどうかがバロメーター
聖路加国際病院名誉院長の日野原重明氏の基調講演の内容には驚かされた。
http://www.naotokawamura.jp/archives/50045489.html

*カナtime:日野原先生
日野原さんはとってもお元気で、講演中も座ることなく動きながら話をされていました。
http://blog.goo.ne.jp/kana4962/e/a16c967c0e1380644f337b812438a44c

*普通のサラリーマン:日野原重明
「生き方上手」の著者日野原重明さんにあった。仕立ての良いジャケットを着てなんらかの原稿
http://blogs.yahoo.co.jp/eye_brow54/10792375.html

*加藤なを子の活動日誌:身の回りのささやかなこと
何にでも興味をもつエネルギーと豊かな感性があるとそれは輝きを持ち続ける人。
http://blog.goo.ne.jp/naoko_1958/e/76d3f66b7eb269402eb3609c92bbe283

*老人よ大志を抱け!:元気が出すぎる話
日野原博士は現在93歳、今でもテレビに、講演会にと、国内海外を飛び回っておられます。
http://ameblo.jp/mikawanookina/entry-10004379130.html

*老化日記 :日野原重明先生
日野原先生が鳴門に講演に見えられるとの事で、一度御尊顔を拝したいと思っていたので出かけた
http://plaza.rakuten.co.jp/kashiharamichi/diary/200509170000/

*右脳的日記:敬老の日によせて・・
93歳の現役ドクター、日野原重明先生は『人は誰もが必ず「老い」を迎えます。
http://blog.goo.ne.jp/funaifan/e/7b2db824eaab3b3eac53a316ffd09c55

*アロマてらぴ生活帖:年って何だろう?!
聖路加病院の理事長でもあられる日野原重明先生の講演を聴きに行きました。
http://blog.goo.ne.jp/aroma-terapi/e/1ccece06815cf1594de1683caae2d8a8

*今日の教え:今日の教え(1014)
現役最高齢の内科医・日野原重明氏は「最も大切な治療法の一つは『言葉による癒し』
http://plk373.bg.cat-v.ne.jp/article/90376.html

*考えてないようで考えててでもやっぱ考えてないかも:はじめて
午後から日野原重明先生の講演がありました。 これからの「看護」が伸びるための先生の考えの中
http://rererei.blog17.fc2.com/blog-entry-17.html#trackback

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年09月28日 08:38 | コメント (0)

 

イエローバンド(癌患者の支援)

「イエローバンド(癌患者の支援)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年9月23日収集分=

*明日天気にな〜れ!:イエローバンド
イエローバンドは、ランス・アームストロング選手がすべての癌患者を助けるために設立されました
http://ys77.blog15.fc2.com/blog-entry-87.html

*本当にネットでお小遣いなんて稼げんの?:イエローバンド(LIVE STRONG)について
イエローバンドはキャンペーンの一環で、癌患者への支援活動を行っているようです
http://gazariaagazariaa.blog25.fc2.com/blog-entry-5.html#5

*サステナ・ラボ:イエローバンドよ、お前もか...
イエローバンドはその原型とも言えるもので、タイでは何度か着けている人を見かけました
http://suslab.seesaa.net/article/7163299.html

*さやさや:イエローバンド 
ありがとう!手に入れる事ができました。イエローバンドは約10年前からの私の思いです。
http://ameblo.jp/sayasayatako/entry-10004480546.html

*surprise box:YELLOW BAND!
「癌で戦う人達を支えよう!」 のキャンペーンブレスレットだそうです。
http://watermelon.blog9.fc2.com/blog-entry-247.html

*やさぐれ野郎:リストバンドが流行だけど黄色は紛らわしい
リストバンドの発祥ともいえるLance Armstrongで始めたのがイエローバンドだから
http://www.doblog.com/weblog/myblog/13343/1876012#1876012

*悪呑会通信:イエローバンドとグリーバンドに異議あり!!
日本臓器移植ネットワークでぐぐってもイエローバンドのことは、全然でてこないんすよね
http://ameblo.jp/warunomi/entry-10004493748.html

*関西人!EDOあそび!:イエローバンドetc......
イエローバンドもよく見かけるなぁと思い。イエローバンドは、癌にたいしてのキャンペーン。
http://ameblo.jp/t-streem/entry-10004497942.html

*でっぱり事件簿:ひきつづきカラーバンド
ちなみにイエローバンドも購入しちゃいます!やっぱり…必要だと思い…踏み切りました
http://gunmakeiji.air-nifty.com/gunkei/2005/09/post_c26f.html

*遊`s Bar:様々なバンド
イエローバンド(ガン撲滅)これは、ナイキと一緒にしたので、知ってる人もと思います。
http://yu-lucky69.air-nifty.com/yuyu/2005/09/post_1252.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年09月24日 10:22 | コメント (0)

 

神の手(脳外科医)福島孝徳

「神の手(脳外科医)福島孝徳」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年9月23日収集分=

*TRADE 広場:福島孝徳 一発全治!
やっぱりすごい!福島先生神の手を持つ脳外科医。テレビ放送を見ていますが身震いします
http://tradepark.livedoor.biz/archives/50095103.html

*焼肉屋さん:神の手を持つ脳外科医
スーパードクター 福島医師62歳。こんなすばらしい医者がいるんだ、
http://gpyosiyosi-yakiniku.cocolog-nifty.com/blog/2005/09/post_c4ed.html

*カウンセラー的ココロ:神の手を持つ男
福島医師は「すべては患者さんのために」をモットーに、異常なほどの手術を世界各国で行っています
http://blog.goo.ne.jp/52_52/e/ae6685648f22048cc1a28143cc6a585a

*みどらんのhappy smile:世界のスーパードクター
最初の脳外科医は有名で、私も、何度かみたことがありました。すごいですよねぇ。
http://blog.goo.ne.jp/mhappy-smilek/e/3a50511636a6728f4e153229ec5dcd3f

*エビ:脳外科医の福島さん。
感動してしまいました。脳外科医の世界ではナンバーワンの腕前で、彼の元には世界中の患者さん
http://blog.livedoor.jp/underside/archives/50095990.html

*ちゃたろうのお部屋 :感動した!
そのお医者さんが本当に必死になって困っている患者さんを助けようとしている
http://plaza.rakuten.co.jp/chataro0501/diary/200509230000/

*Oh To Be Wicked Once Again:福島孝徳
最近テレビでよく見る世界一の腕を持つ脳外科医さんです。今日もテレビで手術してました。
http://plaza.rakuten.co.jp/mahavishnu/diary/200509230000/

*C'mon Baby!!〜いつもどこかでネタ探し〜:天才福島先生
私は医者嫌いだけども、福島先生の姿を見ると、 医者ってホントすげ〜なって思うんだ。
http://wachanonetablog.blog24.fc2.com/blog-entry-18.html

*空をみてたら・・・ :これが世界のスーパードクター!TV初潜入天才名医仰天テクニック完全公開スペシャル
天から人を救うために命を預かってきたのではないかと思った。脳外科医、福島孝徳氏
http://plaza.rakuten.co.jp/mokumokusa2/diary/200509220000/

*はっぴー☆ライフ:脳外科医 福島先生の本
テレビで立て続けに「脳外科医 福島先生」の特集をやっていますね。『神の手』と言われるほど
http://plaza.rakuten.co.jp/siroiusagi/diary/200509200001/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年09月24日 10:19 | コメント (3)

 

ピンクリボン キャンペーン

「ピンクリボン キャンペーン」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年9月19日収集分=

*くすりについてもっと知りたい:乳ガン ピンクリボンキャンペーン
もうすぐ乳ガンへの理解を深めるピンクリボンフェスティバルが神戸でおこなわれます
http://kasegou.seesaa.net/article/7016553.html

*徒然なるままに その日暮らし:ピンクな東京タワー
東京タワーがピンクにライトアップされるそうです。ピンクリボンフェスティバルの一環
http://www2u.biglobe.ne.jp/~yuichi/rest/strcount.html

*mugimugiのアンテナ:乳がんリストバンドと口紅
「乳がんリストバンド」を買いました。ごらんのようにピンクでとてもかわいいのです。
http://mugimugikomugi.tea-nifty.com/mugimugi/2005/09/post_7b7c.html

*Pinの部屋:ピンクリボンキャンペーン
会社で配られたPin。なんのキャンペーンかというと、乳がん検査のキャンペーン
http://blog.goo.ne.jp/sugarkid/e/2a491c26341b53e6e1a709c9c72fb0fe

*希望の明日へ :ヨン様のピンクリボン活動のこと
10月1日から乳がん月間として「ピンクリボンキャンペーン」がスタートしますが
http://plaza.rakuten.co.jp/kibonoasue/diary/200509190000/

*beautyママオーラ奮闘記:ピンクリボンを広めよう☆
ピンクリボンという、乳がん早期発見・早期治療のシンボルをご存知ですか??
http://blog.goo.ne.jp/beautyoora/e/5a4f54e050e95d620fc0c5c8c012d012

*ドンLog★〜地下室ではたらく学生記者のblog〜ホワイトバンド@9月7日 A新聞
「乳がんにさよなら」キャンペーンのリップ。(ピンクリボンキャンペーンにちなんで)
http://ameblo.jp/donlog/entry-10004108630.html

*夏希姫のお部屋:ペ・ヨンジュンとピンクリボン サイン入り口紅
乳がんにさよならのキャンペーンで、1本につき70円の寄付金が含まれています。
http://plaza.rakuten.co.jp/725and51/diary/200509190000/

*ダーシーと私:恐れ入り屋の鬼子母神
ピンクのジャケットには意味があったんですね。ピンクリボンキャンペーンのアピールのため
http://blog.goo.ne.jp/s-harue-shih-ryou/e/b429167281616a3c3a61a6af2a191315

*ui's note:ぺ と ピンクリボン
ピンクリボン活動ですが今や飛ぶ鳥も落とす?あのぺ・ヨンジュンも一役かっているらしい
http://uiuiui.seesaa.net/article/7096405.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年09月20日 07:38 | コメント (2)

 

治験コーディネーター

「治験コーディネーター」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年9月5日収集分=

*百年の過敏:治験〜再観察期間が終了、で・・・・
治験コーディネータのFさん。申し訳ありません。治験はルールが厳しいので・・・
http://summerking.seesaa.net/article/2691282.html

*TAEの日記:転職支援会社に行ってきました
看護師としての経験を生かして・・企業で働く場合というのでは治験コーディネーターとか
http://blog.livedoor.jp/taeko_/archives/23908367.html

*パンがなければお菓子を食べればいいじゃない:治験
治験コーディネーターさんに電話しても土日で先生に連絡がとれないとどうにならず。
http://marieantoinette.blog1.fc2.com/blog-entry-57.html

*PANDORA:なぜか同じ世界
治験コーディネーターのアシスタントって仕事。 経歴から、待遇は考えてくださるって
http://gelato.blog4.fc2.com/blog-entry-89.html

*精神科的な人々:看護職としばしの別れ
看護職を離れてCRC(治験コーディネーター)として仕事をしていこうと思う。
http://ameblo.jp/aki-tera/entry-10002426386.html

*すすむ!ファーマシー:クリニックで治験
企業とのやりとりや、患者への同意取得などは、専属のCRCがいるので、すべてやってくれる
http://susumupharmacy.tea-nifty.com/susumu/2005/07/post_bd89.html

*よく分かる!!医療・介護コラム:治験というシステム(前編)
治験の進行をサポートする「治験コーディネーター」という仕事が登場してきました
http://d.hatena.ne.jp/iryoukaigo/20050812

*藤川智雄フリー&スローライフ:人生“肥満と共存から闘う”に変更す!!
治験コーディネータの久光さんからお見舞いの電話。いかがですか。何とも嬉しいではないか?
http://spaces.msn.com/members/t-fujikawa/Blog/cns!1p7EGDCbIULFKqOZttmer_fA!246.entry

*お気楽テキトーな日々:そうだ、治験に行こう!2
治験コーディネーターという仕事をしている人がいて 喘息の治験に参加してくれる人を探している
http://vino20.blog20.fc2.com/blog-entry-5.html

*見習いCRAのつぶやき:患者さんからのお礼状
治験コーディネーター。病院で、治験に参加していただいた患者さんの面倒を見たり
http://plaza.rakuten.co.jp/cramonitor001/diary/200508310000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年09月06日 17:22 | コメント (1)

 

ソーシャルワーカー

「ソーシャルワーカー」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月27日収集分=

*BLOG KURAKATA:たった一人のその人の暮らしのために
ソーシャルワーカーは、まず一人の人と出会ってその人の暮らしのために働くのです
http://kura.at.webry.info/200407/article_8.html

*負け犬の詩:自立支援医療のうそ
ソーシャルワーカーがやっている就職の斡旋といったら、ハローワークから求人情報の紙
http://blogs.yahoo.co.jp/qjpmp991/8885174.html

*ななほしてんとうむし:大事な道具 
ソーシャルワーカーとして重要なのは、どれだけ多くの引き出しを持っているか。
http://yaplog.jp/sempuuki/archive/20

*人間だもの。:病人1号をどうしよう。
入院直後のソーシャルワーカーさんから別なソーシャルワーカーさんになった。
http://hey3.jugem.jp/?eid=4

*【介護】についてのブログ:介護[ソーシャルワーカー]
ソーシャルワーカーとは、社会的に支援を必要とする人とその環境に働きかける専門職。
http://nursing-lab.seesaa.net/article/6086037.html

*ANDY'S HOUSE:ソーシャルワーカー
リハビリ中にソーシャルワーカーの人が来てくれて相談にのってくれました。
http://blog.goo.ne.jp/attin_pooh/e/07f3796bd5e28a6b997845c6150d50d1

*詠み人知らずなPSWきまぐれ日記:ソーシャルワークをする自信
実習生からソーシャルワーカーする自信がなくなりました。という話がありました。な、なんで?
http://plaza.rakuten.co.jp/pswpswday/diary/200508230000/

*母は女王様:今日から大部屋に
ソーシャルワーカーも一緒で、大部屋が空いても入れてもらえない理由を聞きたかったから
http://ameblo.jp/kuunyan/entry-10003716002.html

*女子大生ナツエモン・ヒルの成功哲学:コミュニケーション
病院の相談員(ソーシャルワーカー)の実習。本日8日目。実習とはいえ病院は一つの社会。
http://blog.livedoor.jp/natsuemonhil2/archives/50139854.html

*みっちゃんの日々是好日:転院
転院してくださいと連絡が来た。いま居る病院の医療ソーシャルワーカーが全て手配をしてくれた
http://plaza.rakuten.co.jp/hanauri2/diary/200508240000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月28日 08:23 | コメント (0)

 

ドクハラ(ドクターハラスメント)

「ドクハラ(ドクターハラスメント)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月26日収集分=

*あすかの腰痛お気楽日記:ドクハラについて。
やっぱり婦人科でのドクハラやセクハラ行為が 多いって言う事なんですかねぇ。
http://asuka1637.blog9.fc2.com/blog-entry-87.html

*manabubuの日記:歯の治療
なんか恐怖感が大きいというか。今考えればあれはドクハラだな。思い出すだけでもブルーに
http://d.hatena.ne.jp/manabubu/20050808

*医療は・・・サービス業じゃない!:医療ミスの一つの理由
セクハラもドクハラも、そして、パワハラも許される行為ではありません。襟を正してください
http://blogs.yahoo.co.jp/seven_lani/9143231.html

*Complement:持病もち。
母曰く、セクハラ(ドクハラ?)医者らしいその医者。うん、否定はしない。
http://hokuan.jugem.jp/?eid=59

*霄の雫/Refined Life:医者のこと色々
私なんか昔、ドイツから帰国して国立病院で研修していた女医の卵に、ドクハラ受けたし。
http://skydrop.seesaa.net/article/6144135.html

*ペパロニ・クアットロ:まったり〜
ひどいですね、ドクターハラスメント。もっと小さいドクハラはいっぱい起こってるんでしょうね
http://d.hatena.ne.jp/uk3019/20050825

*くじらの部屋:ドクターハラスメント 
ドクハラ(ドクターハラスメント)のことがやっていました。聞いていて本当かよと思った
http://plaza.rakuten.co.jp/fdwhale/diary/200508250000/

*とまとの気まぐれ日記:セカンドオピニオン
医師の心無い言葉に傷つく患者さんが多いようです。 ひどい言葉を浴びせられたそうです
http://tomato777.blog4.fc2.com/blog-entry-166.html

*happy smile:びょうぃん
先生・・・お母さん見習わなきゃなって何?ドクハラ?まぁ、いいけど。
http://yukko0115.ti-da.net/e477672.html

*2005初秋:ドクターハラスメント(ドクハラ)
ドクハラとは、医師が患者に対して、言葉の暴力で傷をつけることです。暴言を吐く医師
http://plaza.rakuten.co.jp/voyage2005/diary/200508250001/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月26日 19:43 | コメント (9)

 

小児病棟

「小児病棟」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月25日収集分=

*WORKINGしゅふ:小児病棟
小児病棟は胸が痛くなることがたくさんある、毎日ある。もちろん治らないだろう子供もいる
http://plaza.rakuten.co.jp/yeayeafoo/diary/200508140000/

*BANANAN MOON:入院2日目
レントゲンを撮って、小児病棟へと向かった。まだ小さいので、ママの付き添いが必要。
http://plaza.rakuten.co.jp/kyonmicky/diary/200508090000/

*子育てを楽しむ50の方法:外科はいいな〜
カテの時は大学の付属病院の小児病棟だった為に実に様々なお子さんがいました。
http://plaza.rakuten.co.jp/reona468/diary/200508170000/

*睦月の部屋:スッキリ♪
薬やミルクの注入の為、鼻から胃まで挿入されていた胃管もとれ酸素療法も様子をみている所
http://blogs.yahoo.co.jp/jack_pierrot/9582230.html

*ゆっくり歩こう:日常の幸せ
小児病棟では元気な声が、いつも響いていた。それに私も励まされていたのかもしれない。
http://momo-chi.cocolog-nifty.com/17423/2005/08/post_03b4.html

*Angelic Smile:hospital
小児病棟なんだけど ココって他の病棟と違っていろいろと決まりが あるんです。
http://littlestar.blog2.petitmall.jp/blog-entry-32.html

*さくらの咲く頃に:助かる命と助からない命
この子は、助かります。その特集で産まれた子は最善の治療を受けて助かったように見えた
http://harukamama.blog19.fc2.com/blog-entry-16.html

*興味あることつれづれ日記:夏の朝
小児病棟は二階建てで一階は小学生以上、二階は乳幼児(私は二階だった)病室であった
http://piyochin.cocolog-nifty.com/tsurezure/2005/08/post_4cdf.html

*神戸セレブの東京日記。:神戸海星病院
小児病棟に入院してました。なんか不思議な病院で朝と晩にみんなでお祈りして聖歌を歌う
http://plaza.rakuten.co.jp/GOGOGRANDSLAM/diary/200508240002/

*テルセキの自由広場:障がいが思慮深くすることも
長男の後遺症の検査結果の説明を聞きに病院へ。治癒するということはもともと期待はできない
http://answerplus.cocolog-nifty.com/freespace/2005/08/post_3ab0.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月26日 07:37 | コメント (0)

 

医療コーディネーター

「医療コーディネーター」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月25日収集分=

*すろうらいふすとーりー:いのち
川崎の病院でER(救急救命室)で働いていました。救急医療コーディネーターという肩書きで
http://blog.livedoor.jp/ryu3happy/archives/10673336.html

*海辺の夏休み:「医療のコーディネーターに期待する」に寄せて。
“ブログ加藤眞三 医療の維新をより良い方向に”の掲載記事です。毎回興味深い内容
http://ooo.at.webry.info/200503/article_31.html

*血液サラサラ譚:がん難民を救え
各がん拠点病院に「がん患者情報室」をおき、医療コーディネーターを常駐させる
http://iron.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_b2bb.html

*『わが子の闘病日記』 光で治す!:一進一退。 
患者側に立った信頼できる『医療コーディネータ』『医療コンサルタント』がいればいいのですが
http://plaza.rakuten.co.jp/oyakodekarate/diary/200505060000/

*肝臓のなかまたち:大事な医療相談員・医療コーディネーター
MSWや医療コーディネーターなど、患者の療養をサポート(情報提供や相談業務など)する職種
http://oosaka-hepatic.cocolog-nifty.com/00/2005/06/post_fa6e.html

*楽患日記:自分にあった「がん治療」を選ぶために (岩本ゆり)
医療提供者と患者の仲立ちをする医療コーディネーターの事例を通してがん治療の選び方
http://blog.rakkan.net/archives/27205387.html

*トラブル♪トラベル:医療についての希望
患者と医師・看護婦、そして医療コーディネーターによるチーム医療が確立される事
http://blogs.yahoo.co.jp/tanstaafl0220/archive/2005/8/5

*ニャータのインドネシア日記:ジャカルタ交通事故!(その2)
提携先でもあった手術先の病院(SOSメディカには医療コーディネーターが駐在していた)
http://indonesia.blog12.fc2.com/blog-entry-19.html#trackback

*日本医療コーディネーター協会 NEWS:ワールドビジネスサテライトに
ワールドビジネスサテライトに、わずか10分だけですが、医療コーディネーターが紹介される
http://blog.livedoor.jp/jpmca/archives/50054036.html

*葉っぱメモ:TV番組--医療コーディネーターについて
テレビ東京の番組で、医療コーディネーターの仕事を紹介する放送があるそうです。
http://happablog.leaf.sunnyday.jp/?eid=219919

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月26日 07:34 | コメント (0)

 

日帰り入院

「日帰り入院」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月22日収集分=

*曇りのち晴れ:生まれておいで!
卵を戻す…この手順を「胚移植」。不妊治療を始めてから7回目の日帰り入院でした。
http://syusuran.cocolog-nifty.com/juri/2005/05/post_1ba5.html

*ピアノ弾きの独り言:まったくもう!!
オヤジが目の手術をする。医者に話を聞いてみたら何てこたぁーない。ただの日帰り入院。
http://plaza.rakuten.co.jp/hiroki617/diary/200504170000/

*ムッツリ髭オヤジの独り言:何%なら、賭けますか?
治っても常に再発の恐怖と戦う事になる。手術自体は日帰り入院程度のものである。
http://plaza.rakuten.co.jp/lyonnais/diary/200506110000/

*YASのブログ:日帰り入院
3度目の結石ができてしまった。今日その石を超音波で砕くだめ、朝から病院へ。
http://yasblog.seesaa.net/article/4850968.html

*私的徒然:ふらふらです
軽い手術をして来ました。半日で済む日帰り入院なので全然大した事はないんですが。
http://spaces.msn.com/members/lizel/Blog/cns!1pmna77sZHMg7kNrEYzXdXtg!130.entry

*ボーナスチャンス!?:蜂
蜂に刺された。腫れがひどくなった。点滴だけなのになんと日帰り入院になってしまった
http://blog.livedoor.jp/orions1978/archives/29088444.html

*家計節約のネタ:医療保険の「帰り入院」の意味とは
点滴を受けることになりました。半日病院に。退院?してから「あれって日帰り入院?」
http://blog.livedoor.jp/pinetailma20/archives/29324365.html

*千里如面:リラックス歯科
要するに全身麻酔です。「少なくとも4本は抜く」と言われたらしい。日帰り入院だとさ
http://www.senrijomen.com/archives/29488765.html

*Samurai Woman:緊急事態です!
病院いったら即効、血栓除去します言われてまぢびびった。まぁ日帰り入院でよかったー
http://parurun.blog18.fc2.com/blog-entry-5.html

*Teddy*Days:残念な結果
眼が覚めた時には病室のベットに移されていました。簡単な日帰り入院でした。流産…
http://popbear.qee.jp/blog/log/eid17.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月23日 10:08 | コメント (0)

 

障害者自立支援法案が廃案

「障害者自立支援法案が廃案」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

=2005年8月19日収集分=

*若泉 征三 BLOG:<<医療・福祉>>「福祉は多数決ではない」
障害者自立支援法案は読んで字のごとく障害者が自立して生活を送れるように支援する法案
http://www.election.ne.jp/10704/archives/0001601.html

*岸ゼミ生の本音で語る交換日記:障害者自立支援法案とは?
なぜこの法案がつくられようとしているのか?不景気で財政破綻に陥っているのです
http://blog.livedoor.jp/gishizemi/archives/50023512.html

*駝鳥:昨晩のFNNの番組(障害者自立支援法関連)
衆院解散によって廃案となった障害者自立支援法案の今後の行方について検証
http://d.hatena.ne.jp/swan_slab/20050818/p1

*精神病者で何が悪い!:自立支援法廃案で関係者胸中複雑
まずはサービスの一本化と国の認識がメインになって賛成意見もあったんですね。
http://ameblo.jp/ansu-kasukabe/entry-10003583588.html

*日本橋で暮らすということ:やっぱ、フジはエライ!!!
障害者自立支援法案(この題名が間違ってる、障害者負担増加法案が正しいだろう)の特集
http://reins3.exblog.jp/2181267

*中失協だより:「障害者自立支援法案」新たな展開をめざす
「障害者自立支援法案」は参院解散の中で廃案となった。緊急フォーらラム」が開催された。
http://spaces.msn.com/members/tkahid4649/Blog/cns!1pSea8s8stDPZ3G9x5PzhZBQ!121.entry

*gozoukan:障害者自立支援法廃案をめぐって
精神障害者のサービス向上と一方で所得のない精神、知的障害者に1割のサービス負担
http://spaces.msn.com/members/gozoukan/Blog/cns!1p_-699Hap7kqVK2OZguTetA!415.entry

*プラダーウィリー症候群の情報のメモ:障害者の自立を考える
医療費負担が現在の6倍になるという。廃案となった、障害者自立支援法案。
http://d.hatena.ne.jp/prader-willi/searchdiary?word=%2a%5b%b0%e5%ce%c5%5d

*I Love iTUNE:障害者自立支援法案 
この法律が決まると 障害をもつ人は 全て 1割の医療負担をしないといけなくなります
http://plaza.rakuten.co.jp/itune/diary/200508190000/

moto@toeda.blog.org :やっぱりそうだろう民主党の巻き
民主党のマニフィストを見て大爆笑です。障害保健福祉は、やっぱり介護保険活用ですわ。
http://hiromoto.seesaa.net/article/6041122.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月20日 10:29 | コメント (0)

 

ペインクリニック

「ペインクリニック」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月19日収集分=

*大切な人の健康を守る知識:「ペインクリニック」とは?
ペインクリニックのペインは痛み、クリニックは診療所です。痛みを専門とするお医者
http://kennkou.269g.net/article/195080.html

*こそっと、ひとり言・・:ペインクリニック・・
筋肉&筋の緊張をほぐすことができる麻酔(?!)の注射を打ってもらいました
http://blog.livedoor.jp/m1839/archives/25421553.html

*yukka+のアンバランス歩行日記:ペインクリニック
ペインクリニックに行きました(低周波の電気で治療するところ)五十肩は良くなった
http://plaza.rakuten.co.jp/sweetjankie/diary/200507210000/

*ペインクリニックとアロマセラピー:ペインクリニックってナニ?
ペインクリニックは神経ブロック法を応用して、主痛みの診断と治療を行うクリニック。
http://plaza.rakuten.co.jp/cathy/diary/200508020001/

*いつまで続くか記憶と記録:凍った涙
それだったら使えないなぁペインクリニックって通うことが大前提…通うなんて無理です
http://miyasakayuki.jugem.jp/?eid=803

*ますべとひとりごと(仮):ペインクリニック
ヘルニア治療の為、ペインクリニック科で、硬膜外ブロック注射をしてもらってる
http://masube.at.webry.info/200507/article_5.html

*はるみらな日々 子育てとネット通販:ペインクリニック
ペインクリニックに行ってきました。先生とは顔なじみ。でも久しぶりなのでドキドキしました。
http://plaza.rakuten.co.jp/nthms/diary/200508080000/

*旅をする木の漂着地:ペインクリニック 
ペインセンターは疼痛の緩和・除去を目的とした科で、広範な知識が必要とされます
http://plaza.rakuten.co.jp/tabiwosuruki/diary/200508030000/

*ベランダの窓から、見る世界! :病院のベッド・・・
毎週、水曜日はこの病院のベッドの上で、ペインクリニックの治療を受ける。
http://plaza.rakuten.co.jp/souyanka/diary/200508100000/

*おさるの精神安定剤的無秩序散文:ペインクリニック
ペインクリニックって、行ってみたけれどきちんと痛みの原因を探り対処をしていただけた
http://osaruprose.exblog.jp/1515420#1515420_1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月20日 10:14 | コメント (0)

 

集中治療室(ICU)

「集中治療室(ICU)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月12日収集分=

*同居人のつぶやき:ICU症候群という言葉を昨夜知りました。
力強く「大丈夫だ」と意思を伝えた母が、長引くICU生活でふにゃふにゃの状態におちていった事
http://blog.goo.ne.jp/sabatoranoneko/e/32a16eb1cd546b6ceb49573dcb692876

*kame's Story:ICUにて《R&K》
口と鼻にチューブがつながってるのがわかった、指にも何かついている。いろんなコードが延びている
http://kamestory.txt-nifty.com/kame/2005/08/rk_7317.html

*佐藤美雪のお絵かきじゃんぐる:なぜICUに
ICUって、無菌管理だから、こんな格好になるんです。ホント嫌なんです
http://satomiyu.seesaa.net/article/5543602.html

*久米仙人 :家訓と家系  現地調達とやせ我慢
CUに戻されたのが23時。4本のバイパス手術を人工心臓なし、輸血なしで終えてしまった
http://blog.goo.ne.jp/d_love_2005/e/2b16556e30bacd87f8cc858989d76821

*シゲブロ茂風呂:ストップ
夜にかけて大荒れ。4時間で救急科だけで8人入院し、あっという間にICUが満床になった
http://blog.livedoor.jp/shige_footsurf/archives/29666559.html

*某店員のささやかなる日々:ICUから精神病棟へ
ICUから精神病棟へ。任意入院のため、手紙や葉書は出せるらしい。
http://blog.pinpin.jp/?eid=200465

*美の考察:救急台帳
ずっとICUの中にいると、なんだか気持ちがすさんでくる。あまりにも簡単に人が死んでいく
http://blog.goo.ne.jp/satsuomi/e/1b36dc422bf09f43e56232c13c1e5fba

*dayafterday:ICU 2日目
ICUでは患者用のキャビネットがない。テレビもないから、テレビ台下の収納も出来ない
http://rong.blog.ocn.ne.jp/dayafterday/2005/08/icu_3319.html

*テレビっ子:先週末…、母上から聞いた、病院での非常識バナシ
私が手術して【ICU】に入ってた時、私の意識が戻らず、父上・母上・そして姉上が苦しんで
http://blog.livedoor.jp/valcero/archives/30025221.html

*pampi's tail:ICU
集中治療室にいた時の記憶は曖昧だ。家族と彼氏が面会にきてくれたのは夢の中みたいな
http://blog.livedoor.jp/pink69bambi/archives/30091202.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月12日 15:33 | コメント (0)

 

かかりつけ医

「かかりつけ医」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月4日収集分=

*minminの日記:かかりつけ医
近所のかかりつけのドクターのところに夫は点滴をしてもらいに行った
http://d.hatena.ne.jp/minmin5210/20050713

*今より、もっと!しあわせになりたい!!:ホームドクター
「かかりつけ医」が居れば、何かあった時や「予防」と言う観点からも、非常に安心です。
http://blog.kikyouya.biz/?eid=80482

*あなたの常識、私の非常識:かかりつけ医と大病院
町医者をかかりつけに持ち、手におえなくなった時に総合病院へ紹介してもらうというのがかかりつけ医制度
http://ssk.seesaa.net/article/5200550.html

*父はなくとも乳がある:かかりつけ医を探す
抗生物質はどうしようか?シロップ剤か粉薬かってな具合で。むむむ、これはきっといい医者に違いない!
http://blogs.yahoo.co.jp/pocoapoco77/7437253.html

*魂の育児:最初からそうすればよかった
当面、ここをかかりつけ医にしよう!と思いました。最初から保健所に聞いてこのクリニックに来ればよかった
http://blog.so-net.ne.jp/barako/2005-07-20

*with moeto:かかりつけ医
先生のお話を聞かせていただくため、だけでも来院しても、いいんだねこんな、お医者様もいるのね
http://yaplog.jp/moeto/archive/93

*Miniの育児奮戦記@武蔵小金井:かかりつけ医
生後4ヶ月にしてやっと見つけました。実家近くには確保しておりますが。
http://d.hatena.ne.jp/Mini/20050729#1122606154

*My Seat & Yours:HCV検査についてのニュース
もちろんかかりつけの開業医さんがあってそこで無料で検査出来れば より いいのだけれど
http://myseat-yours.jugem.jp/?eid=214

*新米パパの育児日記:頭を打つ
何かあったときのために「かかりつけ医」を持っておくべきだなと思った
http://suksuk.seesaa.net/article/5506692.html

*ぼんぼり日記:病院探し
そんなこともあって見つけた小児科をとりあえずのかかりつけ医にしてみました
http://blog.bon-bori.com/?eid=291960

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月05日 00:19 | コメント (0)

 

医療事故

「医療事故」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月3日収集分=

*肝臓のなかまたち:「なにもかも めちゃくちゃや 動物実験や」
特集で、大阪府立急性期総合医療センターで起こった「医療事故」が取り上げられていました。
http://oosaka-hepatic.cocolog-nifty.com/00/2005/07/post_813d.html

*枝莉伊の記録帳:不自然なグー・・・
このまま曲がり方が変だったら骨を削るらしいです これって軽く医療事故だと思うのですが
http://yaplog.jp/neverforget145/archive/32

*知っておきたい葬儀業界のひどさ!:病院をよくリサーチする事の意味
医療事故、殺人事件、自殺など考えられるので警察に届け出て検視されるべき案件なのに病院を信用
http://blogs.yahoo.co.jp/mamenokimonogatari/7389314.html

*愛と教養の探求:「医師の免許更新制度」について・・
現在は、医師に重大な過失や事故などがあった場合は、免許取り消しや営業停止等の処分をしている
http://blog.livedoor.jp/senter12/archives/28990229.html

*最初はSAH:医療事故
杏林大学病院脳神経外科手術で発生した医療事故について、病院が詳しい経過を発表している。
http://blog.goo.ne.jp/sahmayamama/e/4b5ebff1bb3e5a895375b13b84037b0f

*収縮する人口と社会保障:医師・歯科医33人を処分 詐欺、医療事故で
医療事故を起こしたり刑事事件に問われたりした医師、歯科医師計33人を医業停止とする行政処分
http://fujiken.txt-nifty.com/shakaihosho/2005/07/post_6b0c.html

*MEICHIKU なんでもぶろぐ:医師と歯科医の甘い処分
医療事故を起こした医師であれば、「医業停止」よりも「再教育」が必要であろうが。
http://blog.so-net.ne.jp/meichiku/2005-07-28-1

*Good-bye,Doctor:医療事故ゼロ
医療事故報告制度で、5割近くの施設が6月までの9カ月間で報告していないことが分かった
http://blog.goo.ne.jp/chankuro/e/fb7f644419dacca0405098c308f8f21d

*私になりにそれなりに:医療ミスだと思った時の動き方Q&A
医療ミスは日常茶飯事に起こっている。イザというときのために、どんな対抗策が必要なのか。
http://blogs.yahoo.co.jp/icf06421/8240768.html

*たけしの本音トーク:医療事故 9ヶ月で死亡108件
医療事故がこんなに多いとは驚きましたが、氷山の一角に過ぎないという指摘には唖然です。
http://blog.saito-ortho.com/archives/29465829.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月04日 11:12 | コメント (0)

 

転院

「転院」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月2日収集分=

*Realize:転院から1ヶ月が過ぎて…
母が転院してから約1ヶ月が過ぎたので、担当医師からお話があった。
http://mi-ko.jugem.jp/?eid=25

*凸でこぼこらいふ凹 :S大病院へ転院
転院先はでっかい病院です。 駅から歩きますが、院内も綺麗で、パン屋さんが入ってたりいい感じ
http://stardust1209.blog12.fc2.com/blog-entry-62.html

*いんなみの徒然ダイアリー:転院をせまられる 2
さて、何度か触れている転院についてですが、やはり東海大系列のところになってしまいました
http://d.hatena.ne.jp/y-innami/20050729/1122615824

*グラビアアイドル Freak:MEGUMI、腰にひびで転院
入院中のタレントMEGUMI(23)が都内の別の病院へ転院したことが28日、分かった
http://www.e-gravure.info/archives/2005/0730072330.php

*ママVSミックス☆ツイン:里帰り出産決定
産科に行くように言われたら転院する旨を伝えなきゃって思っていた。うちで出産しますか?
http://blogs.yahoo.co.jp/miwa880/7840473.html

* [cc*]CECiLE:そうなのか〜〜
婆様の転院先を求めて、私が通いやすい病院をネットで検索しまくっている今日この頃ですが
http://candy.oops.jp/cc/log/eid681.html

*Talk to myself:転院の話
「今回ダメだったら、私、卵管造影とかもしてないし、不妊専門の病院に転院を考えているんです」
http://talk-to-myself.at.webry.info/200508/article_1.html

*波の流るるる:転院〜
甥っ子が病院を転院する事になったので、運転する事に。大学病院で、大きいだけに医者も多い
http://blog.livedoor.jp/left_light/archives/29439050.html

*仮設タヌ電視台:執刀医よりの説明
質問として、ステロイドの量、術後の痛みに関する対策、リハビリの期間・量、転院についてなど
http://blog.livedoor.jp/maruko6/archives/29465263.html

*れぶろぐん:離島医療
島民を多くは、大きな病気や精密検査となる場合大きな医療機関へ転院したりしますが、
http://blogs.yahoo.co.jp/akincho2543/8034002.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月03日 07:37 | コメント (0)

 

ドクターヘリ

「ドクターヘリ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年7月21日収集分=

*風をさがして:ドクターヘリ
グランドの真ん中にヘリコプターがいる!!!(驚愕)よく見ると Doctor Heli の文字が!
http://spaces.msn.com/members/883/Blog/cns!1pzYI-DLfxbd1tCLRHAVFL1w!512.entry

*救急隊員の独り言:救急体験談は役に立つ!
ドクターヘリ体験談を探しているのだけれど・・・私は、要請したことが無いので、要請する側の心理、配慮
http://qq-kyumei-abc.seesaa.net/article/3246513.html

*がんばれ!キックファイターズ:明日、ドクターヘリがシミュレーション。 
万一の時にスムーズに活用できるようにシミュレーションのため、札幌からフライトです。
http://plaza.rakuten.co.jp/2002dkf/diary/200505140001/

*とづか整体院:ドクターヘリ?
昨日、近所にヘリコプターが来た・・・なんでこんなところに???
http://plaza.rakuten.co.jp/tozuka/diary/200505160000/

*ある病院長の一日:DPCについての講演会
降って湧いたような、ドクターヘリへの準備の話はやはり無理ということでおさまりそうだ
http://plaza.rakuten.co.jp/satoshig/diary/200505190000/

*CARMODE-NEWS:片側二車線の高速道路で国内初のドクターヘリ訓練ドクターヘリ訓練
第二東名高速道路で、国や県、病院などの関係機関の協力を得てドクターヘリの着陸訓練を実施すると発表した
http://carmode-news.carmode.net/article/3765559.html

*気になる広場:ドクターヘリ
東海大学病院のドクターヘリ ヘリポートで一休みしています。
http://plaza.rakuten.co.jp/isehara/diary/200505210001/

*hyw0712の日記:ドクターヘリの話・救急車出動の有料化
九州でただ1機のドクターヘリがわが郷土久留米大学病院にあると言うことを今日知った。
http://plaza.rakuten.co.jp/handknit/diary/200506020001/

*Happyのたね:事故
バイクに乗っていての事故。 重症らしく、ドクターヘリに乗って大学病院に運ばれたらしい。
http://kokko.blog1.petitmall.jp/blog-entry-13.html

*オンコリンカスの日記:ドクターヘリの運航に思う
10年ほど前からだと思うが、ドクターヘリの重要性は医療関係者の間では最大の関心事の一つであろう。
http://plaza.rakuten.co.jp/tenkidegenki/diary/200507140002/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年07月21日 15:25 | コメント (0)

 

接骨院

「接骨院」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年7月15日収集分=

*プロポーション スタジオ Sign:腰痛・頭痛・肩こり等の表現方法について。
カイロプラクティックの資格保持者の為、『腰痛・頭痛・肩こり』等と言った言葉が使えません。
http://proportionstudiosign.seesaa.net/article/4986004.html

*お猫の花道:介護人ピンチ
「グギグギグギッ…」 腰から背中にかけて激痛が走った。 い・息ができない〜
http://jijineko.blog6.fc2.com/blog-entry-128.html

*私的なことがらを記録しよう!! by ムギ:病院をはしごする+休みが必要?
午前中にちゃかちゃかと接骨院と耳鼻科の両方仕事の合間に寄ってきました。
http://kazuyomugi.cocolog-nifty.com/private/2005/07/post_a186.html

*四葉のクローバー:腰が・・・
腰がいかれていまいました。高校3年から2年ほど通っていた先生は名医です
http://blog.livedoor.jp/nikkidelife/archives/27775265.html

*じじい NO たわごと:腹筋の小言
腰痛が治らないわし。現在接骨院に行っている。そのおかげか、腰痛は落ちついた。
http://jijiimax.exblog.jp/1247968

*医局秘書ルビィの日常:“ゲルマニウム温浴”の日。
最近はある接骨院へ行くようになりました。、かの有名なゲルマニウム温浴器があるのです。
http://blog.so-net.ne.jp/daily-life-of-ruby/2005-07-11

*OMOIDE収集袋:怖くない、全然怖くない
アキレス腱は手術しなくても我々の技術で十分治す事ができると。
http://blog.livedoor.jp/abekoji1122/archives/27822776.html

*winds:初、接骨院
看板には「○○接骨院」とありました 「接骨院」と「整体」は どう違うのでしょう?
http://wss.blog11.fc2.com/blog-entry-24.html

*浅葱:灯台下暗し?
痛みが消えないので、近所の接骨院に行ってきた。整形外科じゃなく接骨院行って正解。
http://blog.livedoor.jp/ir0kan/archives/27946748.html

*愉快に:接骨院で…
肩が痛いのだ…昨日あまりの痛さに病院に入ると…
http://bowwowmeoe.exblog.jp/195477

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年07月15日 23:05 | コメント (1)

 

献血

「献血」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年7月7日収集分=

*Msk's りあるたいむ:108回目の献血
日曜午後に献血するのって滅多になかったので利用者の多さにビックリです
http://blog.goo.ne.jp/masakijet/e/68d7dc8026a705d0de3c70638b49b4b8

*それ、ちょっと待った!:87年の12.5倍
目に見えないものへの恐怖は、時間とともになくなるってことかなぁ
http://peepoo.seesaa.net/article/4817581.html

*急に出て来てごめんも言わない! :献血(BlogPet)
貧血でぶっ倒れた東陽町の献血カーから、実に12年ぶり。献血ルームに突入。
http://blog.livedoor.jp/marugari/archives/27106568.html

*スタッフコラム :献血へ行こう!!
でもいいんですよね、献血。お菓子も置いてあるし、ジュースも飲み放題。
http://blog.livedoor.jp/amorce/archives/27130978.html

*EASYGOING:縁のない女
献血車の前に行くと「受け付け終わったよ〜」とのおじちゃんの声が
http://yaplog.jp/tonkicchi/archive/76

*ビバクラフリーダム:初めての献血
いやぁ針太かった! でもオバチャンやってくれたんですが、刺すとは別に痛くなかったです。
http://crafty.blog11.fc2.com/blog-entry-68.html

*So Many Colors:私は献血が好きだ。
どこが好きなのか。まず、献血をする、という行為が、間違いなくいいことだから。
http://blog.livedoor.jp/kaorumori/archives/27244953.html

*つらつらかきつらねる:献血テロ 
病気の原因となるウィルスに感染している恐れがある人物が献血を行なうことは「テロ」ではないか。
http://blog.kansai.com/argument/53

*脳内鉱物ラジオ:初めての
成分献血やってきましたー。数値が良かったらしく、血小板を頼まれました。
http://blog.livedoor.jp/yuno423/archives/27336688.html

*とりぷるじゃんぷ!:趣味「献血」
20歳にして初・献血をしてきました☆最近の献血はサービスがすごいいいんだね!!驚いたよ!
http://blog.livedoor.jp/triplejump1391/archives/27349070.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年07月08日 07:51 | コメント (2)

 

看護士

「看護士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年7月6日収集分=

*あたって砕けろ!!保育日誌☆:食事介助
サッちゃんの食事介助を看護士さんにお願いしました。他の人が食事介助している姿を見るため。
http://blog.goo.ne.jp/morikotti/e/a2cf5969b917a292ea61541011dc7419

*It's Now or Never!!:何だか怪しい病院・・・
看護士さんも暇そうで雑誌読んでるし、先生も説明下手やったし・・・この病院大丈夫かいな??
http://blog.livedoor.jp/chihiro1221/archives/26809132.html

*ぐうたら日記:病院から帰ってきました。
ギブスの不要な部分を切り取ってもらったわけですが、めっちゃ恐かった!
http://blog.livedoor.jp/naga1231/archives/26862146.html

*zooomの つれづれ日記:お尻に注射
この歳になって、お尻に注射とは。女性の看護士さんでよかった。
http://zooom.seesaa.net/article/4768385.html

*Brianの独り言:再検査
仕事の大変さやドクターの仕事に対する姿勢も聞くことが出来、有意義な半日となりました
http://konawind.air-nifty.com/brian/2005/07/post_9172.html

*MINCHI`S DIARY :まあつれづれと(笑)
軽く興奮状態だった私はそんなに痛くなかった(笑)看護士さんに「お強いですね(クス)」
http://minchi99.jugem.cc/?eid=495

*ハチの日記:ご親戚ですか?
去ろうとしない看護士たち(笑)。がほとんどの中で、ひとりだけクールな看護士さんがいました
http://blog.livedoor.jp/hati3212443/archives/27153068.html

*maru☆の独り言:ん〜どうなんでしょ〜この体温・・
あれ?針刺しながら血管探してる看護士さんだんだん焦ってきた様子・・・。
http://yaplog.jp/pukupuku0930/archive/151

*ママとごんたの徒然日記:恥ずかしい
医師や看護士さんや看護助士の方が寝かせてくれたのかな?
http://gonta-hp.cocolog-nifty.com/enikki/2005/07/post_3c5b.html

*ふと・・想うこと:看護、介護疲れ・・
病院って何もしなくても生気を吸い取られる気がしませんか。どんどん疲れがたまっていく
http://blog.so-net.ne.jp/hana-mizuki/2005-07-06

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年07月07日 00:05 | コメント (0)

 

小児科

「小児科」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年7月3日収集分=

*日記って程でもないから、memo.. :その一票の為?
近所の病院の小児科が無くなった。子供が少なくなってきて、採算が合わないかららしい
http://ariblo.seesaa.net/article/4677747.html

*まりものあわぶく。:450あわ。小児科。
ぴよ助が前日熱が高かった事を告げると 『じゃあ、点滴しましょうか』だって。
http://ayumiffy.blog1.fc2.com/blog-entry-471.html

*こだま社長の歳ジキ:子は親の心を実演する
お子さんに元気になって欲しいなら、お二人が仲良く気持ちを一つにして、看病してあげることです
http://blog.livedoor.jp/ziki1225/archives/26584361.html#comments

*このマンションでいこう!南水元に住まう♪ :近くの小児科
わりとこじんまりした小児科専門の病院でけっこう評判もいいとか。
http://blog.livedoor.jp/mideon/archives/26632163.html

*とふろう調剤薬局 薬剤師「ぐぅちゃん」の調剤奮闘日記:忙しい時間、暇な時間
小児科のお薬は一人一人年齢や体重でお薬の量が変わりますのでどうしても時間がかかるんです。
http://blogs.yahoo.co.jp/dhbbs857/5876645.html

*しろうと女房の厩舎日記:夏風邪注意!
今朝、近所の小児科へ。どうやら風邪が胃にきた様子。点滴を受ける。
http://blog.livedoor.jp/yukiko_miyamoto1/archives/26716827.html

*nellee mark DIARY:初めて見る雨と病院
今日は玲音にとって初めて見る雨。午後から小児科を受診。
http://blog.livedoor.jp/nelleemark/archives/26717480.html

*院長のつぶやき日記:ビジネスプランその2
今後小児科では必須のアイテムになるのではないかと思います。
http://blog.kids-clinic.jp/?date=20050630#p01

*徒然なるままに:初めての発熱
医者に行く前に測ってみたら37.8℃だった。評判のいい小児科に行って来た。
http://blog.livedoor.jp/tsuredure_diary/archives/26771824.html

*クスリ犬のしっぽ:冷えピタの息子
慌てて小児科を受診したのですが、咽喉も赤くないとのこと……。
http://shiro.tea-nifty.com/tail/2005/06/post_3d77.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年07月04日 07:23 | コメント (0)

 

心療内科

「心療内科」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月28日収集分=

*Mental*Memo:うつ
調子が悪いから、というか気分が落ち込むから「心療内科」を受診してみた。
http://comosaki.jugem.cc/?eid=306

*marimari:リタリン(・∀・)キュンキュン 
オススメの心療内科みたいなんを見て近所によさげな病院あるのを発見して逝ってきた。
http://yaplog.jp/marimari-moon/archive/293

*僕の彼女、不思議な娘。:彼女との出会い
彼女の正式な名前は「うつ病」もしくは「ディプレッション」と言います。
http://blog.livedoor.jp/rotkjgks7hkt/archives/26327113.html

*かぎりなく透明に近いブルー:子どもの発信
小学1年生の男の子やんちゃで育てにくいと母が嘆く。思い迷って心療内科の先生のところに行った。
http://blog.livedoor.jp/kiyoyo1/archives/26368049.html

*自分を、お強く◎自分に、やさしく◎:精神科デビューについて。
自分自身も「他人はあくまでヘルプ。治すのはあくまでも自分自身だ」そう思っていたはずでした。
http://blog.livedoor.jp/hairlover/archives/26371184.html

*あばずれニードロップ:思い込んで黙殺。
そしていざ診察開始。まず母乳トークすると「お薬の副作用ですねぇ、少し減らしましょうかね
http://blog.livedoor.jp/nirvana1981/archives/26384702.html

*登校拒否研究室:発達障害について(2)
発達障害と言われてきた子どもで、脳機能の障害と客観的に見つかった子どもはいません。
http://blog.livedoor.jp/toukoukyohi/archives/26416964.html

*アオ〜イ日記 :診察日。
今日は心療内科の診察日でした。でも「どうしても行きたくない!!」って強く思ってしまって
http://aoind.blog1.petitmall.jp/blog-entry-22.html

*つれづれ草:スキハキライ
感情欠落人間が側にいたので、こちらまでつられて『ウツ』に入りかかってましたな。
http://blog.livedoor.jp/sincearly/archives/26173577.html

*ココロノナカ:心療内科デビュー
診断結果は『軽度の鬱病』とのこと。率直に言うと、思ってたよりもいい病院じゃなかった
http://blog.livedoor.jp/meg92/archives/26590092.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月29日 07:56 | コメント (3)

 

主治医

「主治医」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月28日収集分=

*PLANET-Blog:伝えてみた
主治医などにどう思われるだろうかなどの心配は無用だということがわかった。
http://blog.drecom.jp/planetblog/archive/154

*こみみの日記:さすがは主治医の威力
うつ再発の危機、ショック、絶望感、不安を持った状態で、主治医に診察してもらいました。
http://eucaly-turquoise.mo-blog.jp/komimi/2005/06/post_1c32.html

*K's diary:先生
病院の主治医が変わった。今までの先生には本当に良くしてもらった。
http://blog.livedoor.jp/diadora77a4/archives/26353055.html

*幸せのありか:言うのはもうちょっと先。
主治医の先生から私が病気の告知をされたときは余命のことまで説明されませんでした。
http://eyeline.jugem.jp/?eid=14

*風まかせ 47番地:少し冷却期間が要るのかも
もう元気に病院の中を出歩いている。あとは主治医の許可待ちという感じだ。
http://d.hatena.ne.jp/jk32/20050626/1119789906

*Diary H. :依存
主治医の対応は、主治医を依存させない為のものであったのだろう。
http://blog.livedoor.jp/diary_h/archives/26492739.html

*ORIMO MASAMI-from Shampoo-:普通じゃない生活
本日はもう一人の主治医(N医師とでもしておきましょう)のお話です。
http://blog.livedoor.jp/orimo2005/archives/26490675.html

*通りすがりのヒト:泥沼
今のままのやり方では間もなくツブレテシマイマスよ、と主治医に指摘を受ける
http://yaplog.jp/anis/archive/451

*仮面ライターDX:憂鬱
これが鬱?ただの落ち込み?病気かどうかは主治医が決める。
http://blog.livedoor.jp/kamen_dx/archives/26520674.html

*ごまめのはぎしり:主治医が変わる
今日、病院へ行ったら、主治医が変わることを告げられた。
http://imbe3.cocolog-nifty.com/blog/2005/06/post_f27c.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月29日 07:55 | コメント (0)

 

救急車

「救急車」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月27日収集分=

*mur*mur:子供の入院
我が家の怪獣なおごん・・・喘息の発作で救急車で運ばれ入院をした。
http://murmur77.269g.net/article/435405.html

*もしも犬人間が泣くならば:緊・急・事・態・勃・発
たった今また吐血をしました。救急車を待ちつつ苦しみながら必死にケータイ打ってます
http://blog.livedoor.jp/punk_pink_punk/archives/26354093.html

*『お暇ネット』:救急車にのる
怯えがひどくてとまらない。彼女の頭が暴走しかけている。救急車を呼ぶ。移動。
http://d.hatena.ne.jp/hugoblog/20050626

*old fashoned:ホームレスのおじさん
近所のホームレスのおじさんが、今日朝、救急車で運ばれてました。
http://yaplog.jp/olddaigoro/archive/116

*mama's Love Actuary:思いがけない事件。
きみちゃん(お母さんのこと)が交通事故に遭った。今救急車で隣町の病院へ運んでるところだ
http://blogs.yahoo.co.jp/cherry_drops/5827282.html

*パワフルあやちゃん:もえ、救急車で病院へ
熱性けいれんを起こしました。私はれなを呼んで急いで救急車を呼んでもらいました!
http://blog.livedoor.jp/renatakemoe94/archives/26396533.html

*琥珀の夢:おバカな私
何度も頬を叩いたり、揺すったりしたが全く反応ナシ。慌てた母は救急車を呼んだ。
http://blog.goo.ne.jp/amber_dream-0917/e/42e3f465f1925a8a74c7bda21b5ac33d

*一日一笑:呼んだ?呼ばれた?その1
タンカに横たわった私の目には、初めて救急車に乗った、と喜ぶ3歳の長女の顔が見えた…。
http://world-war3.cocolog-nifty.com/hama0606/2005/06/post_10d6.html

*マ・ファボリット通信:交通遺児
軽自動車がN氏を撥ね、そのまま走り去る。N氏救急車で市内の病院に運ばれ、容態は重篤。
http://blog.livedoor.jp/ma_favorite/archives/26471123.html

*Futsu so dara:めまい
実家の父から急に電話がありました。なんでも母がめまいがして吐き気がするとか・・・。
http://blog.livedoor.jp/yukou/archives/26490067.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月28日 08:14 | コメント (0)

 

休日診療

「休日診療」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月21日収集分=

*曖昧な日記:休日も夜間もね
整形のDrなのに幼児診れますよと言われたDrが不憫に感じた瞬間
http://blog.livedoor.jp/gray11/archives/22934049.html

*たいくつな日々:号泣
息子と娘、くだらんことでケンカをし、そのとき息子が娘の腕をフォークで刺した。
http://blog.livedoor.jp/karin_n/archives/23483809.html

*歯医者の戯言:閉店間際
フザケルナ!数日前から痛かったらもっと早く電話かけてきやがれ!
http://blog.livedoor.jp/makkinoani/archives/23858494.html

*消化器ガン情報など:内科勤務医の叫び
サービス競争でもなんでもいいから、休日診療病院を作ってくれていいんですけど。
http://blog.livedoor.jp/m999tanaka/archives/25003644.html

*Sunnyday's Heart:いろいろありました・・・・
休日診療所に行ったら、すぐにそのまま大学病院へ行くように言われ・・・
http://hiroppi.hiro.pupu.jp/?eid=174528

*恋々燦々深々日和:交通事故談 6
翌日になっても頭痛と吐き気が、治まらない為私は病院に行く事にしました。
http://blog.goo.ne.jp/cananbooks/e/9cfe31fc1fc9d2d407c59cafe14c567f

*poco a poco:顔から流血
夕方、顔から血が流れました自分ちの飼い犬に咬まれました。
http://yaplog.jp/puccini/archive/16

*癒し・癒され:休日診療所にて
地区歯科医師会の休日診療当番日でした。患者さんは2名だけでした。
http://blog.livedoor.jp/hf02222/archives/25716289.html

*QUE SERA SERA:恐怖。。。
ネイルグルー(瞬間接着剤)が両目に入りそりゃー大変な眼?に合いました。
http://yaplog.jp/pichan3/archive/93

*ぴよんのひとりごと。:ブツブツマン2号、発生!
こりゃ水疱瘡!と思い、すぐに休日診療所で受診。
http://blog.livedoor.jp/piyo_piyon/archives/25785863.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月22日 08:28 | コメント (0)

 

往診

「往診」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月14日収集分=

*高齢家族の泣き笑い日記 :向こうも混んでる!
さすが、たくさんの在宅介護家庭をサポートしている彼だけのことはある
http://blog.goo.ne.jp/bikke65/e/25ff935d4bab1d7df6004de6c480e19e

*晴れときどき 介護:訪問&施設訪問
明日ドクターの往診日なので、訪問看護しさんも寄って、3者協議
http://blog.goo.ne.jp/panchi-k/e/362ba634a49ad0aadadf78b5fe0766c1

*ケチ:往診
私の職場では往診をしていて、在宅や病院・老人ホームに行きます。
http://blogs.yahoo.co.jp/pighimemaiko/3262784.html

*暗い方の日記:昨日の話
擦れ違った車椅子のおばあちゃんが目に一杯涙浮かべて口を押さえてた。
http://blog.livedoor.jp/gwks/archives/22769463.html

*らむねコラム:ビックリ ぎっくり腰
相方がぎっくり腰になってしまった。近所の接骨院の先生に往診に来てもらった。
http://ramuneko.exblog.jp/1861733

*マグカップ☆ライフ:73歳 院長 (往診の巻)
往診当番スタッフは緊張の奈落のそこに突き落とされます!
http://blogs.yahoo.co.jp/totto0630/3923995.html

*デブの勝手:明治の女
実に95歳である。 このおばあちゃんは 介護保険の世話にはなっていない。
http://blog.livedoor.jp/datehajime888/archives/23988528.html

*サプリメントのアドバイザー「ゆみの☆ひとり言」:天使に見える!
病室へ駆けつけるとほっとした顔で「君が天使に見える!」と、大喜びなんです
http://blog.livedoor.jp/sp_tsuruya/archives/24232402.html

*町医者の独り言:ある往診患者さん
診療所の様に小回りの利く医療機関では、こんなチームワークで在宅医療を行っているんです。
http://blog.livedoor.jp/igaku_to_kenko/archives/24672449.html

*T&K's Weblog:背中の痛み (昨年との比較) F
ベットに横たわっていても痛みはとれず、整骨院の先生に数日往診にきてもらった。
http://winn.txt-nifty.com/30/2005/06/f_7706.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月14日 20:11 | コメント (0)

 

カルテ開示

「カルテ開示」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月14日収集分=

* Nekoのお喋り:有難う
カルテ開示も請求しました。書かれていたことに愕然としました。
http://blog.goo.ne.jp/nekounga2003/e/fdae0c255f4e15b577c16974dd33c84e

*クリニック日記(時々外断熱も):レセプト開示
診療後にカルテのコピーをもらう習慣をつけることが大切です。
http://2.suk2.tok2.com/user/wellness/?mod=day&y=2005&m=01&d=23&a=0

*C型肝炎を取り巻く環境のぼやき:投薬証明がとれた。
投薬証明がでました。これで、中村さんも裁判で戦えます。
http://blog.livedoor.jp/doracyobi_ganbare/archives/13500153.html

* 電子カルテ「運用」のためのブログ :個人情報の開示手数料について
個人情報開示の手数料と手続きなど、どう対応すべきか?
http://infm.exblog.jp/1177685

*じんじゃえーる?:ふるいふるいお医者さん
医者が「カルテなんて、医者にとっての個人日記(!)みたいなもんだ」
http://shungoss.seesaa.net/article/2689789.html

*ENJOY AND HAPPY LIFE ♪ 〜 私と1型糖尿病 〜:カルテ見てきました!!
ちゃんと外来カルテで流れを追えたのは昭和59年まで(10歳)でした
http://blog.goo.ne.jp/chikalin_goofy/e/dd6d7700dd2bb41580319b41c633353c

*乳がんになっちゃった:どっと落ち込んだ
陽性だそうでカルテ開示のときにみたら3+だった。意味はよくわからないけど悪い数字
http://blog.livedoor.jp/qaz246/archives/18934970.html

*精神科看護師(たなべっち)の日記:カルテ開示って?
カルテは誰にでも読めるように”という流れになっているのである
http://blog.livedoor.jp/tongo3jp3/archives/19765418.html

*心室中隔欠損症でございます!:カルテの開示。心室中隔欠損症です。
私は今、病院に「カルテの開示」を求めています。理由はただ単に「見たいから」
http://blog.so-net.ne.jp/vsd/2005-05-17

*仮面の下の日常:病室でのカルテ閲覧とネット
セカンドオピニオンも浸透せず、カルテ開示になかなか積極的ではない医療業界。
http://lurk.blog9.fc2.com/blog-entry-129.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月14日 20:07 | コメント (0)

 

セカンドオピニオン

「セカンドオピニオン」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月13日収集分=

*あきら先生の独り言。:セカンドオピニオンについて思うこと。
セカンドオピニオンってありますよね。公平でありそうで、まったく公平ではありません
http://blogs.dion.ne.jp/akira8148/archives/1181551.html

*あたしのページ :その後・・・
ろくに検査しないで「入院だ」とか言い始めたのでセカンドオピニオンを立てることにしました。
http://kiyomicchi.blog4.fc2.com/blog-entry-74.html

*世に住む日々 ver.2:セカンドオピニオン外来で得たものは?
セカンドオピニオンに行き、自分の今回の治療について見方や考え方を広げることができました。
http://blog.livedoor.jp/taiin/archives/24044098.html

*ゆきのといつでもいっしょ:セカンドオピニオン
別の小児科に行ってみました。「ちょっと採血して検査してみましょう」ということに。
http://blog.livedoor.jp/niko25/archives/24050070.html

*makimuku:セカンドオピニオンを求めるとき
医師は全分野に精通している訳ではないということだ.それはやっぱり無理だ.
http://makimuku.cocolog-nifty.com/makimuku/2005/06/post_9862.html

*アオゾラブログ:医者冥利
セカンドオピニオンならぬ、サードオピニオンってのも大事なんですね。
http://adoado.jugem.cc/?eid=283

*edosinの文章と写真のコーナー:セカンドオピニオン
問題を解決するためにセカンドオピニオンという制度が生まれました。
http://ch.kitaguni.tv/u/8232/%bc%f1%cc%a3/%ba%ee%ca%b8/%bb%d7%a4%a4%a4%ce%a4%de%a4%de%a4%cb/0000227382.html

*ふじもと歯科診療室BLOG:セカンドオピニオン
他院にかかっておられた患者さんから意見を求められることが多くなってきた気がします。
http://blog.livedoor.jp/fdo964/archives/24654495.html

*ドタバタ育児:侮れない。
教訓になったのが、病院のセカンドオピニオンの重要性です。
http://blog.livedoor.jp/dwbhjun/archives/24908180.html

*きよきよのちょっと幸せ:セカンドオピニオン
Y病院には、他病院で診察を受けることは事前に伝えてありました。
http://blog.livedoor.jp/kiyokiyo44/archives/25072464.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月13日 19:26 | コメント (0)

 

国立病院

「国立病院」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月12日収集分=

*水戸・茨城信奉会「愛郷有限」:病院貧弱県の恐怖
病院にいくようになって、改めて茨城や水戸周辺の病院の貧弱さに驚いた。
http://blogs.yahoo.co.jp/jsplash16/1392679.html

*暴発コラム :名称
小泉庶民イジメ政権の改革とやらで、母校の名称がなんとも長い変な名称になってしまっていた
http://blog.livedoor.jp/jdqz10kb/archives/18961542.html

*S&T DIARY:髄膜炎
国立病院に紹介状を書くからすぐに連れて行きなさい。私は泣きながら車を走らせた。
http://sandtkyoko.269g.net/article/233321.html

*ダブルライセンスで開業:医療費のカード払い
約150の国立病院・診療所のほとんどがカード決済の導入を推進したのですね。
http://blog.livedoor.jp/hirano_hideki/archives/22421800.html

*やっさいもっさい:教えて!
それぞれなんて呼んでますか。どこがどこかわからなくなってくるやん。
http://blogs.yahoo.co.jp/jqrjp843/3466106.html

*気ままに茶遊・・・。:[突難]で入院!
紹介状を持って国立病院へ行きました。総合受付でやたら時間がかかってヤレヤレ
http://blog.livedoor.jp/suica522/archives/24512106.html

*自己満足日記:仕事決まった!
その派遣先ってのがさ、病院。もう一回言わせてもらうと国立病院。
http://blog.livedoor.jp/the_naoki/archives/23156683.html

*29歳の悪あがき:国立の診療所に行った結果。
この国では、社会保険に入っている限り国立病院・診療所において一切費用がかかりません。
http://miquis.ameblo.jp/entry-d1daf7eb132ad104c4cec1d7bee92d37.html

*収穫ママのアロハだがね :お臍のヘルニア
やっぱり、引っ込まない・・・という訳で、今日は国立病院に行ってきました。
http://blog.livedoor.jp/syukakkumama/archives/24062238.html

*31才主婦の気持ち:良い病院 続き
患者に対して「未知の病気ですね...。」という言葉で片付けようとした
http://blog.livedoor.jp/k52117/archives/24935584.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月13日 07:18 | コメント (0)

 

眼科

「眼科」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月8日収集分=

*まゆとーちゃん&かーちゃんの育児行進曲:眼科検診
眼科で再検査した結果は左1.2右0.6でした。やっぱり右目が悪い…
http://blogs.dion.ne.jp/ingram/archives/1237840.html

*一日一笑(あー):今日は。
眼科に行ってきましたぁ。失明の危機を脱したようで
http://blog.livedoor.jp/ozone2003/archives/24354757.html

*きょういく?どこいく?:私って悪趣味・・・??
あの診察室で目に当てる光が大好きなのです。なんだか目が安らぐ。
http://blog.livedoor.jp/jackimdojing/archives/24403979.html

*元祖!おにたま日記帳:コンタクト導入
眼科では、コンタクトの脱着の練習もしました。僕にかなりのセンスが有ったようです
http://onitama.seesaa.net/article/4185130.html

*真珠のピアス:ものもらい体質
私の場合、疲れやストレスが溜まると、できるみたいで・・・
http://yaplog.jp/yussan/archive/92

*Mur-Mur:眼科検診
検査をいつも通りの屈折検査とランドルト環を使って行う視力検査。
http://blog.livedoor.jp/tomomi0924/archives/24458782.html

*わんちょのせきララ日記:飛蚊症
私の場合右目に一個の黒い点と少しのもやもやが見える程度
http://wancho.blog.ocn.ne.jp/chu/2005/06/post_2015.html

*俺は今日も生きていた:眼科
うちらの間で最近噂の眼科へ。…噂どうりだった!まじいい!ここ!
http://blog.livedoor.jp/babashunsuke0615/archives/24502774.html

*I love Texas:眼科へ行く
家の近くの眼科へ行った。とても大きくて看護婦さんがすごいたくさんいた
http://blogs.yahoo.co.jp/texas_niki_gogo/4490652.html

*今日の一言:老眼になったらコンタクトはどーしたらいいんだ?
コレが俗に言う「老眼」ってことなのか?ちょっと眼科へ行ってみるかな〜〜
http://blog.goo.ne.jp/enbababan/e/9dac60315c11ff2e58f0f0ed83571067

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月09日 07:39 | コメント (1)