グルメ/クッキング
blog-headline+

 

il Calandrino Tokyoイル カランドリーノ 東京(イタリアン)

「il Calandrino Tokyoイル カランドリーノ 東京(イタリアン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「新丸ビル7Fにあるミシュラン史上最年少の3つ星シェフ、マッシミリアーノ・アライモのイタリアン『il Calandrino Tokyoイル カランドリーノ 東京』。B1には直営ブティックがあり、生ハム、チーズなどイタリア食材を自宅で楽しむこともできます。」



=2007年5月11日収集分=

*人生は華麗にそしてハッピーに!:新丸の内ビル
「il Calandrino Tokyo」のゴルゴンゾーラと生ハムは激ウマ〜やっぱりイタリアン、好きだわぁ。
http://blog.goo.ne.jp/funkymom/e/7f382f372fd0719d25a02f73e8fb3614

*すみれのビューティー ステーション:新丸ビル レセプションパーティ
特別にパルメジャーノ・レッジャーノをを出して頂くことができました 「美味しい赤ワイン」とともに こちらのチーズ、香りがよくて大変美味でした
http://ameblo.jp/violetblog/entry-10031801873.html

*L' Agenda de la vie:潜入新丸ビル
あっさりとしたカジュアルな内容にも関わらず、すきっ腹にも満足でした(笑)食後にグラッパをサービスしていただきました
http://blog.livedoor.jp/hwakae198495/archives/50939928.html

*ブルーホッパーのレストランガイド:il Calandrino Tokyo
カルボナーラは普段絶対選ばないのですが。チーズが微妙に混ざった感じがなんとも言えず刻があって、生クリームの普通のとはまったく別ものでした
http://u.tabelog.com/00005662/r/rvwdtl/222534/

*記憶と記録による食べものガイド:三ツ星のカルボナーラをいただきました。
鱈の内臓をトマトソースで煮込んだものをリコッタチーズのクリームでアクセントをつけています。ぷりぷりとした食感が楽しめる一品です。
http://u.tabelog.com/onsenegg/r/rvwdtl/223797/

*徒然日記:il Calandrino Tokyo 新丸の内ビルディング レストラン
お芋を使ったソースが旨い。今まで、感じたことのない、お芋をからめたソースがおもしろいです。パスタは本日は、カルボナーラ。激てきに旨い。
http://blogs.yahoo.co.jp/shiho2s/46649858.html

*手土産ナビ - 手土産ノススメ(ブログ):「新丸ビル」でランチ
メイン(お魚(金目鯛)、お肉(鶏) 焼き具合よし。ソースをからめて食べてみましたが、だんだんとソースと魚がマッチしてきます。
http://www.temiyagenavi.com/modules/xeblog/?action_xeblog_details=1&blog_id=98

*ここやねん美味い店!:新丸ビル調査! イル カランドリーノ 東京
「鱈の内臓のトマト煮 リコッタチーズ添え」なぜかトリッパの風味にも似ているクセのあるこの味は好み。
http://blog.goo.ne.jp/g2437701/e/ce9882802852011d65e7be02f7fe90fd

*まさとのタワゴト:ビル潜入
暖かいリコッタチーズがとろけておいしい。中の具もまったりとしてて濃厚だったねぇ。不思議な感じだったなぁ
http://blog.goo.ne.jp/kuroneko3964/e/86410ca60002b2190e2d030c1a0952da

*ロン’s 気ままな食ライフ日記:イル・カランドリーノ TOKYO@丸の内
ジャガイモのポタージュの下には、柔らかな甲烏賊の身とイカ墨のムースが層になっていて、ミックスするとイカ墨臭さもなくてとっても上品な味わい
http://blog.livedoor.jp/ranmarun/archives/54063836.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:082フレンチ/イタリアン/洋食(旧-1) | 投稿者 xbheadjp : 2007年05月11日 22:07

■コメント

コメントしてください




保存しますか?