グルメ/クッキング
blog-headline+

 

北京遊膳(北京料理)〔荻窪・富士ビル〕

「北京遊膳(北京料理)〔荻窪・富士ビル〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「荻窪にある北京料理のお店。とっても細い路地裏にあるそうです。知っていなければいけないお店ではないでしょうか。そんなひっそりと佇むお店が人気店とあれば、味は間違いなしのはず。」



=2007年7月20日収集分=

*ユカエルブログ:北京遊膳
おすすめの牡蠣の炒めもの、水餃子、春巻などなど、やさしくておだやかな味。とてもとてもおいしかった、幸せ。
http://favoritekaeru-andmore.blog.drecom.jp/archive/78

*ウチごはん&ソトごはん:荻窪「北京遊膳」 路地裏の名中華店
ところがどっこい!食べてびっくり玉手箱(古っ!)素材のうまさを引き立てる、上品な中華料理が楽しめるのです♪
http://blog.goo.ne.jp/komiyuwazannka/e/74f9c66bcd9b263a6b9371edc50973e3

*retroeater:八宝菜。
八宝菜。アワビ、イカ、エビ、カニ、ナマコ、豚肉、野菜類。ナマコが柔らかくてとろとろしてて。青梗菜チャーハン。五目汁そばやさしくて上品な味で
http://retroeater.exblog.jp/3565817

*フレンチ東京食道楽:(北京料理)北京遊膳
料理全体の印象は、味は爽やかな塩味なものが多い。その口当たりは優しく、どの品も私は美味しく感じられた。
http://kuidouraku.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_fe1d.html

*KEIの東京食道楽:北京遊膳
「大根とクラゲの和え物」(千切り大根のしゃきしゃきした食感とさっぱりした味がくらげとよく合っていて美味しい!)
http://kuishinnbo.exblog.jp/2507485

*ムッシュ江戸川橋のブログ:「たおやかなり塩味中華/北京遊膳」<其の二>
もっとも馴染み薄なのが北京料理ということになる。そんな希少なる北京料理の逸品がいただけるのだからこのレストラン、わざわざ足を運ぶ価値がある
http://orangepage.blog.ocn.ne.jp/diary/2006/06/post_3921.html

*サーベイサーベイ:北京遊膳
酢豚。しみじみ美味い豚の旨味がやはり凄い。玉葱も甘い。美味い。鳥肉が入る塩味のスープは北京遊膳にしては塩気強め。美味いけど。やはり満足。
http://silentemblem.11.dtiblog.com/blog-date-20070301.html

*笑みーるの美味しいものガイド:「淡く」味わい深い中華料理
「くらげとダイコン」は最初に感じる味がちょっと強いですが、意外と奥深い味わいです。シャキシャキとした食感も良いですね。
http://u.tabelog.com/00017266/r/rvwdtl/196052/

*陽平.com 試みの水平線:陽平おとなのOFF 直箸会結成!
写真はケチャップなんかを使わない北京チリなる料理です。海老を衣でつつんでいる感じです。いちいち美味すぎです。
http://blog.livedoor.jp/yoheitsunemi/archives/50344861.html

*瑠璃月姫のひとりごと:コミュニケーションと水星の逆行
エビと野菜の焼きそばを食べました。普通の焼きそばなのですが、一味違うんですよね・・・おいしかったです。
http://plaza.rakuten.co.jp/ruritsuki/diary/200707090000

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:083中華/ラーメン | 投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 21:58

■コメント

コメントしてください




保存しますか?