グルメ/クッキング
blog-headline+

 

鮎(アユ)

「鮎(アユ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月3日収集分=

*ビバ!ワイフの料理:鮎の押し寿司
いつもいつも塩焼きだと飽きてしまいます。そこで、これ。押し寿司です。
http://blog.livedoor.jp/vivamcook/archives/50093319.html

*life-and-foods :鮎の塩釜焼き
調理場で鮎は焼き済みなんですが、塩釜の真中にくぼみを作り、そこに備長炭の炭を置き
http://machi1m.exblog.jp/2352933

*河内のいごっそう:旬の魚-鮎
アユの味わいはその香りで、香魚とも呼ばれ、殊に腹ワタの香りとほろ苦さが魅力。
http://blog.goo.ne.jp/440n/e/30ffa588b2c064f7bc2877dd8bdbd79d

*レイコさんの台所ノート:洋からいきなり和へ。落差激しい「焼き鮎ごはん」
今日は「えいやっ」と鮎を買い、焼いた鮎をのっけて土鍋で炊くというひと品にしてみました。
http://reikitchen.exblog.jp/2352548

*明日は明日の風が吹く。。:鮎塩焼き
あ〜うまかった(*^0^*)やっぱり鮎は腹わた食わんとね!あの苦味が最高ですわ〜!
http://doragonkix.naturum.ne.jp/e93640.html

*群馬で闘う!「伝説」社長のブログ:鮎のにぎり
心配していたくさみもなく、美味しかった。地域的に川魚は良いんじゃないかと思っている。
http://blog.goo.ne.jp/negi21/e/d8a5659b2e2b3c324ed78a758074ec5c

*-忘れられた記憶-Forgot memory:初夏の味覚「鮎」料理・レシピ・リンク
どちらも初夏の定番であるが、実は「フライ」がとても美味!。料理の仕方はいたって簡単。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/46923/2597614#2597614

*煉化の蔵奮闘記:鮎買っちゃいました。
これをオリーブオイルで2時間100℃の窯で煮ます。そしてオイルから取り出しさらに窯カリッと
http://rennganokura.blog69.fc2.com/blog-entry-3.html

*気ままな風:元旦!?
天然鮎はスーパーで売られている養殖鮎とは比較にならないほど美味しいです。なので、
http://blogs.dion.ne.jp/kimamanakaze/archives/3502135.html

*グランマの小さなWARUNG:鮎の解禁日
キラキラと輝いてなんと見事な鮎なんでしょう。どうですか?立派でしょ
http://1183da.blog11.fc2.com/blog-entry-210.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:087食材/調味料/料理 | 投稿者 xbheadjp : 2006年06月03日 22:02

■コメント

コメントしてください




保存しますか?