アート/エンタメ
 

ミッドナイト イーグル(大沢たかお:主演)

「ミッドナイト イーグル(大沢たかお:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「原作は高嶋哲夫の同名ミステリーの映画化。自衛隊全面協力したスケールの大きな山岳アクションで、愛するものを守るために命をかける男の姿を描きます」



=2007年11月24日収集分=

*映画って本当にいいですね:ミッドナイトイーグル
適度な緊張感をだすカット割りに演出。演技も文句なし…それだけに、ご都合主義の設定が残念。つっこみどころ満載すぎます。
http://maronris.blog107.fc2.com/blog-entry-85.html

*布施弁天界隈の自然と歴史情報:映画「ミッドナイトイーグル」を見て
主演男優の「大沢たかお」も良かったが、それ以上に良かったのは、個人的には、主演女優(?)の一人の竹内結子です。
http://blog.goo.ne.jp/eeee6367/e/860e747d4d47ec952400d284418e1b06

*zeroの日記:ミッドナイトイーグル
「ミッドナイトイーグル」観ました。撮影協力、自衛隊で総理大臣が出てきて・・・これもどこか・
http://zero33golf.blog85.fc2.com/blog-entry-191.html

*青空日記:『ミッドナイトイーグル』初日☆舞台挨拶
公開初日だけど3回目のミッド観賞〜今回も泣きましたよ 観る度にこの映画の魅力に引き込まれてしまいます。
http://blog.goo.ne.jp/a_happyhen/e/0c18e9e3b0fa161c8ab36fa51219c1fe

*早トチリ感想文MOVIES:ミッドナイトイーグル(映画)
ストーリーはほぼ原作どおりだが、米軍基地で起こったテロの取材のため飛び回る役が妻ではなく、亡妻の妹に変わっていた。
http://blog.livedoor.jp/p-1947299/archives/51128796.html

*さつきの笑ココロ:ミッドナイトイーグル公開
今回は、たかおさんだけでなく、それぞれに、プロフェッショナルな方ばかりで、見ごたえがあります。
http://blog.goo-net.com/sastuki/archive/40

*めでぃあみっくす:ミッドナイト・イーグル
どんなに甘く評価しても製作費のわりには駄作、厳しく評価するなら邦画冬の時代の再到来を呼ぶ作品でしたね。
http://blog.livedoor.jp/acideigakan/archives/50764673.html

*RUN & GUTS:映画「ミッドナイト イーグル」を観て
どうだろうなぁと思いながら「ミッドナイト イーグル」を観てきた。公開2日目だったが、あまり入ってなかったなぁ。
http://satsat.blog.ocn.ne.jp/satorinwalker_blog/2007/11/post_5000.html

*徒然なるままに・・・ :ミッドナイトイーグルを見ました♪
最後に残った三人の男の生き様を見てください!!その思いを感じてください!!!実はある思いで繋がっていた三人・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/astralcake/52552313.html

*シネマをぶった斬りっ!!:ミッドナイトイーグル(評価:○)
『覚悟』を決めた者の行動は、時に感動を与えてくれますね♪主人公・西崎優二の苦渋の決断に、自分も他の人同様鼻をすすってしまった
http://mebius.blog2.fc2.com/blog-entry-417.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月25日 22:48 | コメント (0)

 

ソウ4(saw4)(ダーレン・リン・バウズマン:監督)

「ソウ4(saw4)(ダーレン・リン・バウズマン:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「世界的大ヒットを記録した『ソウ』シリーズ第4弾。ジグソウ亡き後、90分以内にわなをクリアしなければならない新たな死のゲームが始まります。」



=2007年11月19日収集分=

*MAX Lで行こう。:SAW4
これから、観に行く人は、「ジグソウならこう考える」(「4」のテーマ)という、ジグソウ目線でシリーズを復習してみてください。
http://blog.so-net.ne.jp/tonkatujima/2007-11-19

*ダイアリー・オブ・メタル - diary of metal -:ソウ 4 SAW 4
相変わらずグロいシーン満載でその拷問シーン目当てで見に来る(大半はそうだと思うんですが)客は大満足の出来なんじゃないでしょうか
http://deathrash12.blog73.fc2.com/blog-entry-352.html

*映画評論KILL(斬る)MOVIEブログ:ソウ4
観に行って...キターーーーーーーーッ!!!!!!!!『ソウ4』!!!!!!!!初めに言っときます。面白い!!
http://movie255.com/Entry/60/

*人生ちょっといっぷく?:ゲームオーバー?
相変わらず、グロテスクにできていました。それに時間の経過が複雑でしっかりと見ていないと、つながりが分からなくなりそうな映画でした。
http://blog.goo.ne.jp/jikanganaiyo/e/cf4ae01fcffd9d4f9f7c44ffc6d60a32

*ZAKKAN:saw4
「ソウ4」観てきました。相変わらず、ゲームの内容というか残酷さは健在でした。
http://blog.livedoor.jp/tsuka234/archives/50886710.html

*カノンな日々:ソウ4/トビン・ベル
初っ端からスプラッターな映像ばかりでキツかったです。お昼どきの回でホットドッグでも食べながらなんていうのはやめたほうがいいですよ
http://blog.livedoor.jp/baron_na8c/archives/51258109.html

*ガラクタ置き場。。:そうそうそうそう
そういえばソウ4を見た。 ソウ3を見てないとまるで話にならないので、復習してから行きましょう。
http://blog.livedoor.jp/ryosuke_pachi27/archives/54894249.html

*映画のお友達:「ソウ4」
先日、『ソウ4』を劇場鑑賞しましたが、今回も十分、楽しめました。製作者のセンスの良さを感じます。上手いですね〜。
http://blog.livedoor.jp/sokura3/archives/51182843.html

*ダラダラ日記:ソウ4(注・注・ねたばれ)
前作でジグゾウが死んだが、彼の回想シーンが謎のまま終わったので続編があるとは思っていた。
http://blogs.yahoo.co.jp/mastle7/50640651.html

*のんびり生活:ソウ4
行ってきた^^どんだけエグイんやっ!!!って思ったけど3のほうがエグかった。。
http://blogs.yahoo.co.jp/aoki8322/26867.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月20日 23:18 | コメント (0)

 

転々(オダギリジョー:主演)

「転々(オダギリジョー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「時効警察」の三木聡監督とオダギリジョーがコンビを組んだロードムービー。ゆるいテンポで笑わせて泣かせる、小ネタが満載の作品です」



=2007年11月15日収集分=

*今日、何した?:転々
オダギリジョーも三浦友和もヘアーがかなり変です 時候警察の霧島ん時も爆発頭だったけど
http://plaza.rakuten.co.jp/mangetumikazuki/diary/200711150000/

*宇宙は見える所までしかない、と思う:No.30 転々 テアトル新宿
この映画の一番の魅力は、散歩するその場所にあると思いました。これは、観る人全員に当てはまるわけではありません。
http://d.hatena.ne.jp/doradora0511/20071115#p1

*カノンな日々:転々/オダギリジョー、三浦友和
なんだかんだとエピソードを投げっぱなしにしたまんまの演出は三木監督ならでは味わいです。
http://blog.livedoor.jp/baron_na8c/archives/51250121.html

*カリスマ映画論:転々
私の”笑いのツボ”に奇跡的なほどピッタリとハマる小ネタとギャグをかましてくれるのはこの三木監督だと言って過言じゃない。
http://blog.livedoor.jp/clockworkorenge/archives/50283954.html

*mololog(モロログ):転々 [映画]
小粋な小ネタと、それに付随する小ネタ。さらにちょっぴり切なくなる小ネタもあり、思わず涙が出ちゃう小ネタ。
http://playground-blog.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_0d26.html

*しろのブログ:映画『転々』を渋谷アミューズCQNで観た。
三木聡監督、オダギリジョーの時効警察でのコンビに、三浦義和、小泉今日子のベテランの演技が良かったです。
http://ameblo.jp/shiro2007/entry-10055541343.html

*tokyo nikki:転々。
想像していた内容とは 大分違ってたけどおもしろかった〜ちょっぴり切ないところもありつつでそんでもって つっこみどころ満載。
http://migippe.exblog.jp/6848240/

*レンゲ堂:観て来ました
「転々」を!やー、笑いつつも泣きました泣きました。もうなんっていうか私の泣きツボをぐいぐいと
http://blog.livedoor.jp/renji3/archives/51022675.html

*Tokyo車椅子お散歩日記〜携帯版:転々
緩めの喜劇。ぬるま湯に浸かってつい買ってしまったマンガをボンヤリ読んでいるような感覚。
http://ameblo.jp/osanpo1941/entry-10055612601.html

*徒然日記:東京散歩
監督はあの三木聡さん!!メンバーも「時効警察」の方々が多く出ててTVのようなゆる〜くて小ネタ満載の映画でございました。
http://blog.livedoor.jp/nikki99/archives/51137358.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月16日 14:03 | コメント (0)

 

ボーン・アルティメイタム(マット・デイモン:主演)

「ボーン・アルティメイタム(マット・デイモン:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーンが活躍する大ヒット・シリーズの第3作。ボーンが自らの忌まわしい過去を探します。マット・デイモンの熱演と、アクションシーンが凄いです」



=2007年11月12日収集分=

*晴れた日は:ボーン・アルティメイタム
主役のマッド・デイモンがいいです。うちでは何故か「デイモン坊や」と呼ばれている彼ですがこのシリーズではカッコいいのです!
http://haretahiha.exblog.jp/7411400/

*ぽぽねっと@映画・読書の記憶:ボーン・アルティメイタム
カーチェイスから、マーシャルアーツなどスパイ(そして、暗殺者)としての身のこなし。この映画の面白さの1つはまず、このアクションシーン
http://emibookmovie.blog42.fc2.com/blog-entry-117.html

*百文字日記:ボーン・アルティメイタム
とにかくアクションの迫力が半端ではない。特にマット・デイモンの格闘シーンはリアル感満点で、緻密な計算と予測
http://blog.livedoor.jp/bun18/archives/64874271.html

*ちょごっと映画日和:ボーン・アルティメイタム
感想としては、悪くなかった。続きもんパワーも強かったけれども、見ながらちょっとニヤニヤしちゃうくらい。
http://ameblo.jp/na-mo/entry-10055143903.html

*映画とアウトドアで行こう:ボーン・アルティメイタム
今日はボーンを見てきました。感想は・・・。面白い、アクションあり脚本もよくできていて見ごたえはあるのですが・・・・・・・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/takapon05/diary/200711120000/

*ガーデンスコープ/ガーデニング万華鏡:ボーン・アルティメイタム・・・
ボーン・アルティメイタム観てきました。おもしろかったです^^尾行のシーンも面白かったし、カーチェイスも面白かったし
http://plaza.rakuten.co.jp/bluevelvetblue/diary/200711120001/

*コッスンのヨロカジ:ボーン・アルティメイタム
ボーン・アルティメイタム それは、ボーンの原点を探ることでした。ジョーン・アレンが最初からなんとなく良い人っぽかった。
http://blog.so-net.ne.jp/kossun/2007-11-11-1

*If I take a photograph:映画観てきました♪
マッド・デイモン主演のボーンシリーズ第3作目です 私の好きなカーアクションがたくさんあっていやぁマジで気持ちよかったです!
http://polo.da-te.jp/e44815.html

*CANTERBURYMANIAC的生活:ボーン・アルティメイタム
やっぱりいいねぇ、このスピード感。マット・デイモンは超かっこいいし。150分あっという間。アクション好きなら、黙って見とけ!!
http://cccfreak.exblog.jp/6434467/

*せるふぉん☆こだわりの日記:ボーン・アルティメイタム 観たっっっ!
2時間アクションしっぱなしよ!?こんな映画、はじめて観た気がするよ!では、いつものごとくお約束のフレーズを・・・・
http://eiga-suki.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_5daf.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月13日 10:37 | コメント (0)

 

鳳凰 わが愛(中井貴一:主演)

「鳳凰 わが愛(中井貴一:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「中井貴一がプロデューサーと主演を務めた日中合作の壮大な愛がテーマの映画。実話を基にした真実の愛の物語が胸に迫ります」



=2007年11月10日収集分=

*御満悦劇場:yotsumotoが絶対に観たいっ!!映画☆:「鳳凰 わが愛・・・
主演は中井 貴一さんで、なんと言っても興味深い所は、今回の映画に『プロデューサー』としても携わられているという面ですっ☆
http://yotsumoto.blog.ocn.ne.jp/good/2007/11/yotsumoto_1a3d.html

*シネマ探題ブログ:鳳凰 わが愛 星二つ半
1920年代の実話だそうで、中国の刑務所で出会った男女の物語。
http://blogs.yahoo.co.jp/kamiitagogo/50084277.html

*亞洲倶樂部CLUB ASIA:映画『鳳凰〜わが愛』
…が、ラブストーリーとして観ても、私はロマンティストではないせいか主人公の男女に、素直に共感することが出来なかった。
http://blogs.yahoo.co.jp/sweetmango727/37680017.html

*カノンな日々:鳳凰 わが愛/中井貴一、ミャオ・プゥ
作品のスケールと中井貴一さん、ミャオ・プゥさんの演技は十分見応えのあるものでした。
http://blog.livedoor.jp/baron_na8c/archives/51242358.html

*二度目:鳳凰 わが愛
フェードアウトが多すぎ。ナレーションでカバーしてみたらいかがかしらと素人目に見ても言いたくなります。
http://ameblo.jp/ryodan/entry-10053815316.html

*徒然なるままに:「鳳凰 わが愛」
全体で流れるテーマ曲、ホンが歌う「数ヶ月の別れと思ったら、何年もの別れとなって悲しい」という歌が心に染み入る作品だった。
http://ameblo.jp/amepo-005932/entry-10052926962.html

*映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評:鳳凰 わが愛
撮影、検閲の苦労は大変なものだったらしいが、映画で日中友好を目指す中井の熱意を感じる。
http://cinemassimo.livedoor.biz/archives/51139426.html

*ほるほる:「鳳凰 わが愛」
本当の恋愛映画を中国人と日本人が力を合わせて作ったという意味での記念作品になっていたように思います。
http://blog.goo.ne.jp/horuhorushiho/e/a79071442bf7831d89d26abad4064b24

*ぐうの日常:「鳳凰 わが愛」を観た
「実話に基づいたお話」とあるのですが、こんな気の遠くなるような長いすれ違いがあるのでしょうか・・・。
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-516.html

*マイリッチ:鳳凰 わが愛 こんな映画は見ちゃいけない!
主人公の身辺にもう少し何か刺激的なエピソードを挿入していかないと、囚人の生活同様、単調な映画になってしまう。
http://momoko777.seesaa.net/article/65184988.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月12日 09:14 | コメント (0)

 

バイオハザードIII(ミラ・ジョヴォヴィッチ:主演)

「バイオハザードIII(ミラ・ジョヴォヴィッチ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「同名ゲームを原案の人気サバイバル・アクションのシリーズ第3弾。荒れ果てた砂漠のラスベガスに舞台にミラ・ジョヴォヴィッチが闘います」



=2007年11月7日収集分=

*オタク部屋:バイオハザード III
劇場行ったのは4ヵ月ぶりでした〜〜 集中するならやはり劇場ですね。キャッチコピーは「アリス 砂漠に死す」でした。 
http://syumiblog.lance.holy.jp/?eid=767442

*黒兎の徒然なる戯言:バイオハザードIII
面白いんだけど、2の終わり頃からエスパーみたいになって来たよね、アリス。プロジェクトアリスの成果なんだろうけど、超人的に強いし。
http://kurousagi75.jugem.jp/?eid=378

*Distressful:RESIDENT EVIL: EXTINCTION
ハイランダーで有名なラッセル・マルケイ監督、当時は非常に独特なビジュアルスタイルだったようだが、流石に年かもしれない・・・
http://blog.livedoor.jp/out_rage/archives/51079080.html

*ひらりん的映画ブログ:「バイオハザード III」
このシリーズは、一応「1」も「2」も見てるからね。もちろん主演はパソ入力が面倒な名前の「ミラ・ジョヴォヴィッチ」・・・
http://blog.goo.ne.jp/hiralyn/e/de17469662afa5a1d63b587c366afb0e

*なぁなぁに日々を過ごして:『バイオハザードIII』を観てきた・・・
映画は、とにかく驚かされるというか、とにかく、心臓によくないね。2、3日寿命を縮ませてきた
http://blog.goo.ne.jp/moon_age/e/1dc273d4768507572272948948f32c80

*blog:映画観た! バイオハザード3
バイオハザード3は、はじめはそれほど観てみたいと思っていなかったのですが、公開が近づくにつれて観たくなりました。
http://njsun.blog.shinobi.jp/Entry/9/

*sk365:バイオハザードIII
とにかくミラがカッコよくて素敵です。エンターテイメントとして深く考えずに楽しめる作品だと思います。
http://pub.ne.jp/sk_blog/?entry_id=1022411

*YUKA BLOG:バイオハザード III
目をつい覆っちゃうくらいの衝撃映像満載で、最初から最後までハラハラ・ドキドキしっぱなしでちたΣ(★0ωo`艸)
http://blogs.yahoo.co.jp/oqyukaqo/25490795.html

*バウンダーズ:バイオハザード III☆
私が、馬鹿でした。1も2もTVで見た私 こんなもんなら大丈夫 今話題の映画だし。。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/moe_3306/50453134.html

*パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ:バイオハザードIII
日本が生んだゲームの映画化第3弾。全米ではシリーズ最高のオープニングを記録したという。
http://blog.livedoor.jp/papikosachimama/archives/51103132.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月08日 21:05 | コメント (0)

 

ALWAYS 続・三丁目の夕日(吉岡秀隆:主演)

「ALWAYS 続・三丁目の夕日(吉岡秀隆:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大ヒットした前作に続く感動と希望の物語。前作と同じ吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希らが、昭和34年春の生活を生き生きと演じています」



=2007年11月4日収集分=

*A DAY IN THE LIFE:ALWAYS 続・三丁目の夕日
内容は、前作同様に笑って、泣けて、映像が美しい、誰でも楽しめる作品でした。
http://blog.so-net.ne.jp/pirosiki/2007-11-04

*あきらめなければ、なんくるないさ〜。:続・三丁目の夕日を観てきた。
笑いあり、涙あり、前作に続き面白かったです。各々の "お金より大切なもの" がこの映画のメッセージだと思いました。
http://blog.goo.ne.jp/okinankuru/e/8da3c23a0abdbe220e7721c117befec8

*とりあえず一所懸命:映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」観ました
言うなれば、「三丁目にお帰りなさい」というメッセージを観客に伝えているのかもしれません。
http://blog.goo.ne.jp/dylan12283199/e/20ee20ebfb646aa3129d0c4a6b874fb9

*横浜辺りから:『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
中身はエピソードが満載。 満載過ぎて全体に大味な感じはしたけれど そんな事は、いいんです。
http://sera2.blog64.fc2.com/blog-entry-255.html

*YUKA SAKURA'blog:ALWAYS 続・三丁目の夕日
泣いた。結構泣いた。笑いどころも沢山で面白かったよ。なんだか暖かくなる映画です。バンプの主題歌やっぱいいね。
http://blog.livedoor.jp/yuka_sakurasake/archives/50368794.html

*桜色:ALWAYS 続・三丁目の夕日
吉岡秀隆の駄目っぷり(笑 私は あまり吉岡秀隆さんって興味なかったんですがこの作品の彼は凄く好きです^^
http://blog.so-net.ne.jp/sakura-sakurairo/2007-11-04

*調子外れの腹鼓:ALWAYS 続・三丁目の夕日
今日、また行ってきました。あの三丁目に 昭和34年、まだ僕が生まれていない時代でも、懐かしさを覚えるあの街。あの人達
http://pon-poko.at.webry.info/200711/article_3.html

*Willow's Island:ALWAYS 続・三丁目の夕日
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を見た。これはかなり面白い。最初から最後まで完成された娯楽作だ
http://blog.goo.ne.jp/willow1972/e/d4b514fd7d34c961d9cf3f9f238b2e9a

*Adagio〜♪:ALWAYS 続・三丁目の夕日
配役がいいし、子役は上手いし、昭和30年代の懐かしい風景やモノが溢れていて、見て楽しい映画でした。
http://tanakarabotamochi.blog55.fc2.com/blog-entry-209.html

*From 東京:ALWAYS 続・三丁目の夕日
いや〜良かったです。第一作も良かったけど、続編はもっと良かった。なんだろう、見てて心が温まるし楽しいし。お勧めです。
http://naokun.exblog.jp/7341687/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月05日 23:25 | コメント (0)

 

恋空(新垣結衣:主演)

「恋空(新垣結衣:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「1200万人が涙したケータイ小説の映画化。思いがけない運命に巻き込まれる美嘉とヒロの切ない恋が描かれています」



=2007年11月3日収集分=

*気合の株投資やー:恋空観るのまき
映画になるとそーゆー場面ばかりが集められてることとストーリーの伏線的なのがなくてなんか小さくまとまったって感じ
http://blogs.yahoo.co.jp/kabukabusun/25495261.html

*vfvフェイのvfvしあわせのかたち:映画「恋空」観て来ました♪
人って誰かに自分が体験したことを伝えたい 知って共感してもらいたいという気持ち持っていると思います
http://blogs.yahoo.co.jp/m2takemeaway/18140001.html

*PINK゜。о゜。PANSEWR:恋空公開
友達と一緒に恋空見てきました〜ァ♪一回本を読んでいたのでなんとなく分かっていたヶド、ャっぱ映画ゎまた違ったし
http://blog.goo.ne.jp/koizora_1021/e/b83142e322e0d10df02602b04c33842b

*今日はこれが言いたい。:恋空
原作知ってるから内容の変更に???って思ったけど仕方ない。でもまた泣いてしまいました。なんてピュア。
http://blog.livedoor.jp/pinkaromausagi/archives/215946.html

*リンゴとドクロ:金髪最強。(笑
なにこれ………めっちゃイイ話ぢゃんッ!!!!!!!!(°д°;)ミミー♪、映画館で再び泣きました。(笑
http://mimivv.blog86.fc2.com/blog-entry-88.html

*HImA日記:恋空
昨日恋空見に行ってきましたw ほんまにあれは泣けます 映画館でボロボロでしたからw
http://himaniiiiiiki.blog26.fc2.com/blog-entry-7.html

*恋する青空:映画
小説、映画について様々な意見がありますが、私はこの作品を読んで、映画を見て良かったと思っています。
http://8612-38.at.webry.info/200711/article_2.html

*M's Tiger Eyes ver.2.0:「恋空」を観た
全く持って何の変哲もないしホンマ?って感じやけど、ガッキーの見た目とセリフ回しがカワイイのが救い。
http://masayan36.seesaa.net/article/64393499.html

*さとみの恋愛日記:「恋空」って映画
正直いまいちだった。途中泣いてるひといたけどあんな映画でよく泣けるなって思った。
http://blog.goo.ne.jp/koikoi_sa/e/7b8ae7c44d308749e42deb7ed3acd952

*りさこハイジ:あ〜切ない
【恋空】ハッピーエンドには、ならなくて…(;_;)ヒロかっこ良すぎる☆彡「美嘉は俺が守る!」
http://blog.livedoor.jp/risaheidi2006/archives/50990038.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月04日 22:38 | コメント (0)

 

犯人に告ぐ(豊川悦司:主演)

「犯人に告ぐ(豊川悦司:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「雫井脩介のベストセラー小説の映画化。1億3千万人、全国民が観客の前代未聞の「劇場型捜査」です。豊川悦司が好演しています」



=2007年11月1日収集分=

*茶々吉の着物生活:豊川悦司「犯人に告ぐ」見ました
映画もとても面白かった。面白かったのですが、原作を超えることは出来ませんでした。それは時間的制約かも知れません。
http://plaza.rakuten.co.jp/chachakichi/diary/200711010000/

*楽しい毎日:犯人に告ぐ
話は重いのですが良かったです。最後スッキリはしないのだけど。ただ、推理ものって感じではなかったかな。でも良かった。
http://blogs.yahoo.co.jp/xxxmigu/25307486.html

*映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評:犯人に告ぐ
連続児童殺人事件を、メディアを使った公開捜査で解決しようとする刑事の苦闘を描くサスペンスだ。
http://cinemassimo.livedoor.biz/archives/51133603.html

*今日のエンドロール:犯人に告ぐ 6
テレビを利用し、国民を巻き込んでやる行為を「劇場型」なんたらって最近言うけど、犯人側がよくやるそれを警察が使ってという話だ。
http://blog.goo.ne.jp/numatch0214/e/c628ff45646d11dcaa3f440b2c6e1f33

*パラパラ映画手帖:No289「犯人に告ぐ」〜劇場型捜査の裏側・・
犯人を決して許さないという不屈の根性、気概が、巻島刑事を演じる豊川悦司の全身からあふれていて、圧倒された。
http://blog.goo.ne.jp/paraparaeiga/e/c6ea288f96a8ac78916b6212477923e9

*花ごよみ:犯人に告ぐ
映画も本と同じく緊張感たっぷりです。巻島のせっぱ詰まった様子も感じとれました。
http://blog.goo.ne.jp/k1z2/e/1e1cbbc2029de130761641a7a703483d

*JAZZ 時々 CINEMA:久しぶりの大人の映画
次々と公開される映画が こうも純愛物だといい加減うんざりするそんな中で 久しぶりにガツンときた映画 傑作です
http://jazzcine.blog79.fc2.com/blog-entry-182.html

*Movies!!:犯人に告ぐ
昔観たTVドラマの刑事ものみたいな雰囲気もあり、逆に火サスみたいに映像は綺麗だけど軽いという感じではありませんでした。
http://blog.goo.ne.jp/hi-chan_2005/e/fbf39e189712e632d60543aeee4f279b

*ソノ日暮ラシ:『犯人に告ぐ』
日本映画にありがちな「TVの2時間ドラマ並み」じゃない。かなり面白かったです。静かに闘志を燃やすトヨエツ、決まってますw。
http://interseason.net/mt_archives/2007/10/post-748.html

*気まぐれな趣味たちの備忘録:[cinema]犯人に告ぐ
驚きというものは特になかったのだが,それでも画面に食い入って観てしまうような不思議な魅力をもった作品だった。
http://versatiletastes.seesaa.net/article/63768997.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月02日 23:12 | コメント (0)

 

ゾンビーノ(キャリー=アン・モス:主演)

「ゾンビーノ(キャリー=アン・モス:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「凶暴なゾンビが調教され、人間のペットとして活用されるという新感覚のゾンビ映画。ユーモラスでダークな映画です」



=2007年10月31日収集分=

*It's a wonderful cinema:「ゾンビーノ」
あははは。B級。でも、これはとっても良い意味でのB級ゾンビ映画!
http://wcinema.exblog.jp/7289647/

*Cinema Heisan:ゾンビーノ
子供と心を通い合わせたり,笑ったりしたらゾンビじゃないじゃ〜ん,と怒っちゃうようなこだわりのある人は観ない方がいいかも。
http://blog.livedoor.jp/cats0607/archives/51016988.html

*日暮し〜HIGURASHI〜:映画:ゾンビーノ
「ゾンビは死んでいるの?それとも生きているの?」初めの数分でものすごい疑問と突っ込みが頭を駆け巡りました。
http://blogs.yahoo.co.jp/otohime4/50120077.html

*なせば成る なさねば成らぬ 左利き:ゾンビーノ
ゾンビーノを観てきました。子供が主人公でホノボノな雰囲気なのに、その内容は超ナンセンス!
http://blogs.yahoo.co.jp/yumemomo88/24980408.html

*ちくわの心。:ゾンビーノ
ほのぼのとした雰囲気なのにブラックジョークの塊のようなコメディーです。ペットっていうか奴隷なんですけどね。
http://blogs.yahoo.co.jp/shishimaru_8/52130589.html

*K-TARO NEVER DIES 〜ケイタロウは死なない〜:ゾンビーノ
しかし、ここまで庇護するほど映画が気に入ったかというとそうでもない。はっきり言ってコメディとしては三流。
http://blogs.yahoo.co.jp/k_taro_neverdie/6394558.html

*映写技師を射て:#165 ゾンビーノ
10月21日 TOHOシネマズ3 セクシーゾンビのタミーさんだったら僕も飼いたい。
http://blogs.yahoo.co.jp/xenon_arc_fire/24889347.html

*お気楽に映画で極楽:ゾンビーノ
ゾンビが題材なのに、こんなにポップでファンタジーに仕上がってるってすごい!
http://eigadegokuraku.blog117.fc2.com/blog-entry-40.html

*えいがのススメ:ゾンビーノ
あらゆる亜流が作られているゾンビもの。しかし、この手で来るとは、愛と勇気のゾンビ・ファンタジーというなんとも胡散臭い作品だ。
http://blogs.dion.ne.jp/mata_mata/archives/6382515.html

*我想一個人映画美的女人blog:ゾンビーノ/ FIDO
安易でナイスな?アイディアから生まれたこの作品、2006年のトロント映画祭や、サンダンス映画祭で話題となった1本
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/e/aee6900bf9f422aeb940c664ac7c5214

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月01日 22:00 | コメント (0)

 

象の背中(役所広司:主演)

「象の背中(役所広司:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「秋元康の初の長編小説を映画化。末期の肺がんで余命半年を宣告された男性と、その妻、家族の姿が描かれています」



=2007年10月30日収集分=

*ぷち窯、ぷち部屋、ぷち陶芸。:象の背中
象の背中は本も映画も、あんまり評判よくないですね〜。 今回家族で観ましたが家族もがっかりしてました。
http://puchipuchipuchi.blog80.fc2.com/blog-entry-179.html

*I can't stop wasting money:映画感想
原作の小説が微妙だったので、それをさらに2時間ちょいに圧縮させて、さらに薄くなっちゃった、という感じ。
http://withhugh.exblog.jp/6477051/

*たらこ畑でつかまえてん。:象の背中
ネットで、評価を見たら、めちゃめちゃ悪かったんですが、役所さん好きの私としては、激泣きでした。
http://tara.atanycost-7.moo.jp/?eid=676842

*hissy's blog:「象の背中」
脇を固める役者陣も素晴らしい人ばかりでもの凄い感動とかはないもののじんわり心に響くいい作品でした。
http://pink.ap.teacup.com/hissy/431.html

*nico*nico:映画『象の背中』を見てきました
役所広司さんが本当に痩せて病人っぽくて、すごいなーと思いました。今井美樹さんは美しい!
http://puni0409.exblog.jp/7293846/

*今日は・・・!?:映画。
開始、10分ぐらいで号泣。あとはひたすら泣いてた。やばい。めっちゃいい映画。みんなも見て泣いてほしい。
http://blog.livedoor.jp/george_11/archives/54870556.html

*sometyan:自分探しの旅に出たのか?
余命半年と宣告されたら、自分は「どうするかなぁ」と考えさせられる映画であった。
http://sometyan.blog.ocn.ne.jp/sometyan/2007/10/post_a16a.html

*PHOTO日記:象の背中〜つばき
余命半年を宣告された主人公は、残された時間をどう生きるか選択を迫られる。号泣度はかなり高い作品でした
http://blog.livedoor.jp/narakumakanji/archives/51238935.html

*ワッキーのチョィ裏ブログ♪:映画『象の背中』
そんな宣告をされた1人のサラリーマンはどーするか?って話でした。その時になってみないともちろん分からないことではあるが...
http://blog.livedoor.jp/shige5499shige/archives/51185936.html

*日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。:象の背中 秋元康 原作
藤山(役所広司)が、末期がんを宣告されて、残された半年間をいかにして過ごしていくかを描いている作品です。
http://ameblo.jp/musicfactory/entry-10053028440.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月31日 22:36 | コメント (0)

 

自虐の詩(じぎゃくのうた)(中谷美紀:主演)

「自虐の詩(じぎゃくのうた)(中谷美紀:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「業田良家による4コマ漫画作品の映画化。健気な妻と無口な夫が織りなす奇跡のどん底ラブストーリーです。」



=2007年10月29日収集分=

*物忘れ日記:自虐の詩
『自虐の詩』という映画を見てきました。感想は…やられましたの一言です。
http://mktflaorg.sblo.jp/article/6289560.html

*赤い金魚:自虐の詩
4コマ漫画作品の映画化なので,ドキドキハラハラドラマチックなストーリー展開は期待しないほうがいいです
http://utangoran.blog99.fc2.com/blog-entry-49.html

*エブリーデイズ生活白書:自虐の詩
でも何か面白い映画ないかなぁって思ってる人には自信を持ってオススメできる映画です。
http://blog.livedoor.jp/katz_05/archives/64834944.html

*エースで行こう!:自虐の詩
醤油の液体の粒粒がキラキラーッと宙を舞うところなんか最高で、お寿司もネタごとくっついて飛んでいく姿などウットリして眺めてました
http://blog.so-net.ne.jp/acedeuce-ent/2007-10-29

*だめ男のだめ日記:自虐の詩
前半はコメディー 後半は感動といい感じ 中盤じゃっかん展開がゆるくなりだるさはある
http://plaza.rakuten.co.jp/takeout/diary/200710290000/

*ポンコツのくらしです。:自虐の詩
四コマというバラバラのエピソードを映画という一本の大きなお話にうまくはめ込んで、原作の魅力を遺憾なく引き出していました。
http://blog.livedoor.jp/sakunosuke/archives/51145512.html

*きこの日記:自虐の詩
疑問に思ったコト、納得できないコト、突っ込みどころ満載なのですが、、雰囲気的にすげー良かったですぅ。。
http://blog.goo.ne.jp/mero_mero_2006/e/ab641cae769e597b1c91cd1a17622d4f

*MAMA QUILLA:見てきましたよ 自虐の詩
でも面白かったし阿部寛はやっぱり良かった。武骨で無口な役ゆえに眼差しがすごかった!熊本さんもよかった。
http://lunamar.jugem.jp/?eid=308

*そんなこんなで生息中2007:久々の映画鑑賞「自虐の詩」
夫はろくでなしだが、しっかり固い夫婦愛があるし、何よりヒロインが周囲の人に愛されているんだな・・これが・・。
http://hiyokoneko.jugem.jp/?eid=204

*「不承不承」が読めず、不承不承、辞書を引く。:自虐の詩
いい俳優使った割にはなんとも・・というカンジやった ケイゾクとかTRICKとかIWGPの監督なのにー
http://daimajin.exblog.jp/7641124/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月30日 21:44 | コメント (0)

 

ブレイブ ワン(ジョディ・フォスター:主演)

「ブレイブ ワン(ジョディ・フォスター:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ジョディ・フォスターとニール・ジョーダン監督がタッグを組んだ社会派サスペンス。銃を手に復しゅうに燃えるという危険な役に挑戦した問題作です」



=2007年10月27日収集分=

*めでぃあみっくす:『ブレイブワン』
実際私もこの映画を見ると許せる派に一票を投じたいと思いました。でも決して彼女の行為を正義の行為とは思えません
http://blog.livedoor.jp/acideigakan/archives/50742239.html

*勝手に映画評:ブレイブ ワン
社会派の、非常に重いテーマの映画ですが、誰にでも起こりえることであり、身近な問題であるので、引き込まれてしまいます。
http://blog.goo.ne.jp/katte_cinema/e/4a321b14a2e76546050effccc7208f73

*晴れ曇:ブレイブ ワン
こんなテーマで映画をつくってしまえるのが犯罪大国アメリカの怖ろしい現実なのかもしれない。
http://giacomops.exblog.jp/7630884/

*zeroの日記:ブレイブ ワン
悪を憎み、復讐を遂げるところに胸のすく思いがするわけですが、さすが上手い役者ですね。彼女の「選択」、許します
http://zero33golf.blog85.fc2.com/blog-entry-171.html

*百子の部屋:ブレイブワン
心に深い傷を追ってしまった時、人は。。。自分の中のもう一人の自分を、抑えきれなくなるのかも知れない。。。
http://momoko8.blog.ocn.ne.jp/orangemoon/2007/10/post_c9c8.html

*I LOVE HARLEY! の独り言:「ブレイブ ワン」と「スターダスト」
私にとっては望み通りの結末でしたが、この結末を容認するほど現代アメリカは病んでいるのでしょうか
http://blog.goo.ne.jp/flhsakai/e/58b7817db06c2fdda67d6430b5312132

*Lovely Cinema:ブレイブワン
自分としては、とても衝撃的な作品でした。人間としてやってはいけない一線を越えてしまうことに。
http://peko.jugem.cc/?eid=737

*ミチの雑記帳:映画 【ブレイブ ワン】
エリカは幸福の絶頂にいたのに、暴力を受けて3週間のこん睡状態から醒めてみればそこには以前とは全く自分がいたのです
http://blog.goo.ne.jp/oj0216nm/e/4114444c879996ec73da15bfc11d83c2

*False☆Rocketman2号:『ブレイブワン』
いきなり冒頭で黒人グループにボッコボコにされるジョディは必見!予告編のイメージとはちょいと違うこの映画!
http://captain-picard.blogzine.jp/falserocketman2/2007/10/post_8670.html

*ハッピーハッピーDIARY:「ブレイブ ワン」観てきました
私はたった1度の人生だからジョディと同じ選択をする。映画だからうまくできてる展開だけど。
http://www.dhcblog.com/okayu/archive/10

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月28日 22:25 | コメント (0)

 

クローズ ZERO(小栗旬:主演)

「クローズ ZERO(小栗旬:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「高橋ヒロシの大ヒットコミック「クローズ」の映画化。学内の覇権を巡って拳と意地とプライドをぶつけ合う男たちの姿を描いています」



=2007年10月27日収集分=

*NOBUのあとがき:クローズZERO みました!
なかなか面白かったです (ひどい感想だな。もはやブログと呼べない。メモだっ!
http://blog.so-net.ne.jp/nobu0352/2007-10-27

*柊の葉っぱ日記:クローズZERO。
クローズゎかなりいい出来でしたね〜。内容ゎ言いたいけど見てない人もいるから伏せておこう。
http://blogs.yahoo.co.jp/jx3g4644/6186280.html

*ちえちえ日記:クローズzero
早速、観に行ってきました 迫力笑い感動 かっこい〜〜〜家の「DVDが出たら買うリスト」にのりました・・・・
http://chiechienikki.jugem.jp/?eid=64

*☆暇人の溜まり場☆:クローズZERO
俺の好きなマンガが実写映画化したので、、、 とゆーことで。。。 祝!!クローズ映画化!!! みたいな?
http://agoware.blog90.fc2.com/blog-entry-91.html

*いっしょにあるく"はにる"のみち 〜韓日的道〜:クローズZERO
最高におもしろかったし、スッキリした。上映中あたしはずっとニマニマしてたやろうし、スクリーンに釘付けやったわ
http://sncharisma.exblog.jp/6456482/

*Luna Rainbow:『クローズ ZERO』
少年誌に連載されたマンガだっていう事すら知りませんでした でも、すっごく面白かった〜
http://gackt0704r.blog84.fc2.com/blog-entry-340.html

*来て見てさわって:ただいまぁ☆
カッコイイなぁ小栗め〜ぇ このヤローでも 名前わかんないけど金髪の人に目移り・・
http://ameblo.jp/ben-linexxxmi-na/entry-10052846770.html

*割れあご☆リカちゃん:クローズZERO、観てきました。
見せる為にしっかり作り込まれた殴り合いシーンは、 うわ!とか痛そう!とか心の隅で思いつつも、やっぱりスカッと気持ちいいですな。
http://iduru.blog46.fc2.com/blog-entry-189.html

*YUの終わりなき旅:CROWS
個人的にはすごく好きな漫画の原作のものなので大満足の内容でした。男男してます。
http://tobewithyu.exblog.jp/6456929/

*元気印☆:クローズZERO初日!
映画は予想以上に面白かったし、とってもかっこよかったですよっ!
http://honeypeace.blog11.fc2.com/blog-entry-961.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月28日 22:24 | コメント (0)

 

グッド・シェパード(マット・デイモン:主演)

「グッド・シェパード(マット・デイモン:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「CIAの誕生をめぐり、運命に翻弄されていく一人の男性を描いた壮大な人間ドラマです。ロバート・デ・ニーロが、監督、製作、出演の3役をこなしています」



=2007年10月25日収集分=

*映画とワンピースのこでまり日記:グッド・シェパード(172)
CIAの誕生秘話・・・という事でかなり期待してたんだけど、ぶっちゃけよくわかんなかったです・・・
http://blog.goo.ne.jp/kodemari44/e/23268c0808f42adb76796fd9ababc110

*うさぎのつれづれ日記:グッド・シェパード☆
女性の目から見ると、アンジェリーナ・ジョリーの役どころに共感しちゃう 切ないよねえ、いくら自分の家族を守るためだからといって
http://blog.goo.ne.jp/usako3114/e/d17acaf977d5fd5edfddccdc8352378b

*NAO−C☆シネマ日記:グッド・シェパード
これは過去の話ね!これは現在ね!っと分かる感じで、役者だけを見てると、外見の変化があまり無いので分かりづらい。
http://blog.goo.ne.jp/na-c-2006/e/b9b369ef5a04be7848e56880d6d3a744

*食いしん坊のなーんでもあり!:グッド・シェパード
悪くはなかったけど、、初めから、、これは誰?この人はなに?相関図、、観る前にしっかり下調べしておくべきだったーー。
http://blog.livedoor.jp/moon14/archives/51161477.html

*パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ:グッド・シェパード
だが冷たい戦争が、そんな彼らの罪なき人々に牙を剥く狼に変身させてしまう現実を冷酷なまでに描ききっている。
http://blog.livedoor.jp/papikosachimama/archives/51096136.html

*てらちゃんの部屋:(映画報告)『グッド・シェパード』
現在、過去を行ったり来たりのストーリー展開。もう少し時代背景を代える際には、わかりやすくしてもらったらちょっとは理解できたかも。
http://82780262.at.webry.info/200710/article_10.html

*アスカ・スタジオ:グッド・シェパード
1945年前後〜1960年前後を、秘密結社を絡ませ巧みに操る脚本(エリック・ロス)の滑らかさも一因でしょう
http://blog.goo.ne.jp/esuapn8u6f/e/13b7f6a76707012e03b6980bb7402c8a

*涙と笑いのHIV奮闘記:グッド・シェパード:とにかく長い
主人公のマット・デイモンは好演技。アンジェリーナ・ジョリーは贅沢すぎですね。もったいない。
http://blog.goo.ne.jp/mmth/e/f750d3eb58982b0ac1dd14ac4a547c6c

*映画・つぶやき:グッド・シェパード
堂々2時間47分の大型本格映画。各出演俳優の格調ある演技により、見応えは十分。が、長すぎて、少しだれる。
http://blog.livedoor.jp/t104872/archives/51246601.html

*easygoing:映画「グッド・シェパード」
だいたい思ったとおりだった。フランシス・フォード・コッポラ製作総指揮、ロバート・デ・ニーロ監督と、それだけでも重厚な印象だ。
http://net-walker.at.webry.info/200710/article_9.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月26日 22:11 | コメント (0)

 

クワイエットルームにようこそ(内田有紀:主演)

「クワイエットルームにようこそ(内田有紀:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「松尾スズキの小説を、松尾自身が映画化した異色コメディー。精神科の閉鎖病棟に閉じ込められたヒロインの奇妙な入院生活を描いています」



=2007年10月22日収集分=

*かふぇ・べいぶ別館:クワイエットルームにようこそ(渋谷・シネマ・・・
「恋の門」のようなアバンギャルドな映画だと思って甘く見ていたのだが,以前とまったく異なり非常にまともな映画
http://d.hatena.ne.jp/cafebabe/20071021/1193011956

*甘噛み日記:シネマルームへようこそ
人間関係などを松尾スズキ目線でとても細く、軽すぎず、重すぎずに描いていてとても魅力的な映画でした。
http://blog.livedoor.jp/clamato/archives/51016859.html

*我、日々思フコト。:クワイエットルームにようこそ
映画を観てみてですが……素晴らしかった!!!いろんな感情を引き起こされて、凄く見応えのある作品でした。
http://kirei-na-anego.seesaa.net/article/61901735.html

*なっとう、ねばねば:クワイエットルームにようこそ
内容は、満足でした☆原作を読んでいたけど、やはり記憶漏れがあって新鮮に観れたし。
http://blog.goo.ne.jp/betamoko/e/8a668b765ef8e807f96ab7fff5998993

*FEELING PLACE:クワイエットルームにようこそ
「恋の門」は、なんだか微妙だったが、この映画はとてもいい。これこそが、松尾スズキ!!とでもいうべき面白さ。
http://entaisland.exblog.jp/6423082/

*FaBlog:イトシアでクワイエット
「あれ?これコメディなのかな?」と思ったのですが、中盤から終盤にかけてはシリアスで知らず知らずのうちに内容に引き込まれました。
http://blog.goo.ne.jp/kwp_tk/e/4822fa7f93d82f09ee63f20ec02daa50

*ゆうなのブログ:またまた
今日が3回目だったのだが、今日が1番号泣した。西田さんが手紙読み出して、明日香と鉄ちゃんの喧嘩の辺りほんとに涙が止まらなくなった。
http://06540263.at.webry.info/200710/article_8.html

*根無し草のつれづれ:映画『クワイエットルームにようこそ』
精神科の女性閉鎖病棟を舞台にした、ゲラゲラ笑える作品ではありましたが、後半に向かうに従い切ないシーンもあるような傑作でした。
http://blog.goo.ne.jp/heromorris/e/84ea2bdb0bdd25d14f9b1bbb71d87d1f

*23造里△靴△函Дワイエットルームにようこそ
きっとこの世界を生きている誰もが 目醒めたら「そこ」にいてもおかしくはない
http://23centi.blog98.fc2.com/blog-entry-57.html

*魂ころがして。:『クワイエットルームにようこそ』
こわいものはこわく、面白いものは面白く撮られていたことが すごくリアルだった。
http://it5uka.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_f9ab.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月23日 16:29 | コメント (0)

 

ヘアスプレー(ニッキー・ブロンスキー:主演)

「ヘアスプレー(ニッキー・ブロンスキー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ビッグサイズのヒロイン、トレーシーが活躍するミュージカルムービー。ヒロインの母親役で大胆な女装姿を披露するジョン・トラヴォルタも必見です」



=2007年10月21日収集分=

*自己満GARA:ヘアスプレー
みにいってきました。うたっておどって楽しい映画です。出演してる人みんな歌がうまい!!
http://cyogori.exblog.jp/6658554/

*etoile:『ヘアスプレー』
これは気になっていた。なぜならあのジョン・トラボルタが女装して主人公のママを演じているから
http://yaplog.jp/maru-a-gogo/archive/495

*昨夜の一杯:ヘアスプレー(2007):Hairspray
キャスティングが最高!みんな魅力的で、この作品に出演したことは間違いなくキャリアにおいてプラスになることでしょう。
http://isaac.jugem.cc/?eid=588

*期間限定!九州人の米国生活・・・その後のおはなし:Hairspray
待望の「ヘアスプレー」を観て来ました。内容的には、ミュージカルコメディとでも言うのかなぁ、子供も観れます。
http://blogs.yahoo.co.jp/mater_ramone/37559081.html

*The Song Lives On:Hairspray/ヘアスプレー
やべー、この映画。すっげー面白い。親にも観せたい。時間おいてまた観る!Nikki Blonskyかわいいわー。
http://www.tdmax.com/MT2/archives/003330.html

*海外ドラマが好き♪:ヘアスプレー
ヘアスプレー最高!トレィシーもトレィシーママも素敵だったよ。まさかママがあの人がやっていたとは知らなくてびっくりしちゃったけど
http://blog.goo.ne.jp/tantan1010/e/5cbb682f584009351879c65d1a42fc3c

*今日のわたくしゴト:映画ヘアスプレー見てきました
電車に乗り遅れ、冒頭二十分くらい見逃しましたが、楽しかったです。まずは、ホヨン君じゃなくて、リンク。
http://blog.goo.ne.jp/satesate666/e/522ebd4343f1505a76a65c7706fea843

*スメブログ:ヘアスプレー
主人公が小さくておデブなんだけど、とってもチャーミング。ノリのよい曲が続き、見てるこっちも踊りだしたくなる。
http://blog.sumeneko.holy.jp/?eid=356747

*☆ぶろぐdeモンキチ☆:『ヘアスプレー』を鑑賞しました。
問答無用の怒涛のクライマックスは楽しかったです あれだけ楽しませてくれたら、強引な展開も気になりませんでした。
http://monkichiblog.seesaa.net/article/61633450.html

*ぴんくのおもちゃばこ。:みしぇるふぁぃふぁ。
レイトショーで“ヘアスプレー”を見てきましたの夜。約2時間、見ながら笑顔になっちゃぅよぅなとってもカワユスな映画でした。
http://blog.goo.ne.jp/xxpink-diamondxx/e/f7cddb2401226ea04655f04738becdcc

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月22日 18:59 | コメント (0)

 

バタフライ・エフェクト2(エリック・ライヴリー:主演)

「バタフライ・エフェクト2(エリック・ライヴリー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大ヒット作バタフライ・エフェクトの続編となるSFファンタジー。過去に戻るたび予想もつかない現実が現れるスリリングなストーリーです」



=2007年10月16日収集分=

*ソレデ本当ニ最後ニ笑ッテクタバレルノカ若者ヨ:本日劇場公開・・・
脚本も監督もキャストも変わって、まったく別のお話。どのあたりが続編w?これほど前作を裏切っている作品もなかなかないです。
http://blog.livedoor.jp/susa0asus/archives/51352949.html

*まどぎわ通信:映画「バタフライ・エフェクト2」
おそらく賢明な人々は駄作が運命づけられた本作の監督を断ったのだろう.肝心の脚本家もほぼ無名の人物だ.
http://d.hatena.ne.jp/madogiwa2/20071015

*極私的備忘録:映画『バタフライ・エフェクト』
彼が好きな映画にいつも挙げている作品なので、観てみた。なかなか面白かった
http://plaza.rakuten.co.jp/marinoa/diary/200710150000/

*heavenlyblue Diary:バタフライ・エフェクト2
タイムスリップの概念が前作と同様だったのは、うれしい。でも、設定があまりにも似ていて、ちょっと飽きてしまいました。
http://blog.livedoor.jp/yoshitak1016/archives/50996677.html

*Life is like that. 〜人生はこんなもんだ〜:バタフライ・エフェクト・・・
ラストが切ないというのは、確かに前作通りなのだけど、伏線バリバリで展開した前作に比べると、ちょっと作り物っぽかったかな。
http://lifeislikethat.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_e84a.html

*ちくわの心。:バタフライ・エフェクト2
まさに劣化コピーです。これ作った人達は前作の良さが全然わかってないんでしょうね。
http://blogs.yahoo.co.jp/shishimaru_8/51858741.html

*現実と仮想 Rukaushieの談:バタフライ・エフェクト2
儚いですね。何かを手に入れるのは何かが必要 選択によっては様々な結果があるんですねw
http://blogs.yahoo.co.jp/rukaushie/26347280.html

*チャック・ノリスな映画日記:『バタフライ・エフェクト2』
しかも前作のクオリティを保ってればまだ良かったのですが、どう観ても劣化してます><
http://cnorris.blog118.fc2.com/blog-entry-14.html

*雷と磁石:butterfly-effect
あれは前作を見て感動したので、今回結構期待していたのですが、無残にも酷かったです。
http://ameblo.jp/thunder-and-magnet/entry-10051057537.html

*くずおれる日記:バタフライ・エフェクト2
うーん、途中まで良かったんだけどなぁ あっさりな終わり方に、( ゚д゚)ポカーン
http://d.hatena.ne.jp/kitchy/20071014#1192372262

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月17日 22:01 | コメント (0)

 

キングダム/見えざる敵(ジェイミー・フォックス:主演)

「キングダム/見えざる敵(ジェイミー・フォックス:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「自爆テロ事件捜査のため、4人のFBI捜査官が、サウジアラビアに乗り込んで行く社会派アクション映画。主演はオスカー俳優のジェイミー・フォックスです」



=2007年10月13日収集分=

*としさまブログ:キングダム
サウジアラビアの米国人特別区域で起きたテロ事件にアメリカのFBI捜査官が現地捜査に行く話し
http://blog.goo.ne.jp/tosimalo/e/b1e34ed1b0515714f15aaa6d42b2bf85

*カノンな日々:キングダム/見えざる敵/ジェイミー・フォックス
予告編の感じだとプロパガンダ色の強い印象があったけど、意外とそうでもなくて、娯楽大作って感じでしたヨ。
http://blog.livedoor.jp/baron_na8c/archives/51190105.html

*みんなシネマいいのに!:「キングダム/見えざる敵」
実は物凄い情報量なのに上映時間が2時間もない。相当見せ方がうまいのだと思う。
http://cinemaiinoni.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_aee8.html

*ミスチルな日々:キングダム
予想以上にリアルな内容だったけど結局最後は鑑賞者の判断に委ねる感じ
http://blog.livedoor.jp/delico_cafe/archives/51039129.html

*ジャポニカ自由帳:キングダム 見えざる敵
上映中は飽きずに見ていたのですが、終わって振り返ると・・・・どんな内容かな??ってあまり印象には残らなかったかな〜
http://ameblo.jp/yamasan19720521/entry-10050954896.html

*迷走日誌 (旧GNN別館):キングダム。
この映画で言いたかったメッセージは「憎しみは繰り返される」と言うことではないかと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/tm_x2002/26329490.html

*〜第69街道を君と〜:マジで「TV or 映画」のカテゴリつくろっかな
だって血とかふつーにブシャァァァァァって吹き出てたしフツーに乱射とかしてるしフツーに口から血吐いてるしちょっと怖いと思った
http://piketyan.exblog.jp/7176809/

*風来坊:キングダム −見えざる敵−
今このときも、どこかで殺し合いが続いているかと思うと、、、映画を観終わってから、色々な事を考えさせられました。
http://blog.so-net.ne.jp/khino/2007-10-14

*気ままなひととき。:キングダム (Theater)
単純明快なので見てて楽。伏線とかないし。あとはテロシーンが派手です。轟音だし。これは劇場じゃないと(笑)
http://blog.goo.ne.jp/teabible/e/6f9095a6e439cced26bd20322ad3c696

*カズのおすすめ:映画「キングダム」
銃撃戦は緊張感と迫力があった。その時見せる厳しさと子供に接する時の優しさを上手く演じているフォックス。
http://blog.livedoor.jp/kazohta1972/archives/51081831.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月14日 22:28 | コメント (0)

 

北極のナヌー(アダム・ラヴェッチ:監督)

「北極のナヌー(アダム・ラヴェッチ:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「マイナス50度という過酷な自然環境で生き抜く、北極の白クマの姿に迫るドキュメンタリー映画。地球温暖化による自然破壊の恐ろしさを訴えます」



=2007年10月12日収集分=

*こんな映画は見ちゃいけない!:北極のナヌー
雪と氷に閉ざされた世界で授かった小さな命。母親に大切に育てられ、成長し、やがて自分で生き抜く術を教えられて自立する。
http://d.hatena.ne.jp/otello/20071012

*STAY:北極のナヌー
自然の摂理とは別の、わたしたち人間が引き起こしてしまった要因が大きいということに胸が痛みました。
http://blog.goo.ne.jp/cain9641/e/2d886f15938a8d172b78a22077d89d5c

*映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評:北極のナヌー
地球温暖化に警鐘を鳴らす作品だが、白クマの可愛さに目を奪われて大切なメッセージを忘れそうになるのが難点。
http://cinemassimo.livedoor.biz/archives/51116610.html

*自分展:北極のナヌー
どうやって撮影しているのだというようなシーンがたくさん出てくる。きっと大変な撮影だったのだろうと思う。
http://junior.exblog.jp/6296357/

*別世界・海の中へようこそ!:北極のナヌー
私の感想はまあまあでした。というのは みのもんたの司会しているどうぶつ奇想天外!で 紹介しているシーンが有りました。
http://blog.kansai.com/manta/899

*VAL と 母ちゃん の日記:北極のナヌー 映画鑑賞記
地球温暖化防止の為私たちで出来る、小さな事でも何かをしなければ生物が長生きできないな、と思う映画でした。
http://valentine.a-thera.jp/article/1155541.html

*1944熟年日記:”北極のナヌー”の映画を見ました。今回、初書き込みです。
地球温暖化で北極の氷が少なく薄くなっていて、熊も、狐も、セイウチも、アザラシも絶滅の危機に瀕しているとの、状況を訴えていました。
http://52213822.at.webry.info/200710/article_1.html

*元祖一発屋ブログ:コマムラコラッ!
『ファンタジア』よりも流麗な映像美に圧倒…『となりのトトロ』よりもユーモラスなキャラクター(動物達)に胸キュン…
http://blog.livedoor.jp/luckyippatuya/archives/51012432.html

*モルダー:『北極のナヌー』
なんと2040年には、北極の氷がなくなって白熊が死に絶えるという訴えの映画です。また稲垣の五郎ちゃんがナレーターですよ。
http://blackblade.at.webry.info/200710/article_7.html

*Cat's Street Now !:「北極のナヌー」
「北極のナヌー」 観てきました! 泣いていきました! 考えさせられてきました!こういう映画こそ 親子で見て欲しいなぁ …
http://katcat2121.exblog.jp/6615881/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月13日 23:47 | コメント (0)

 

未来予想図 ア・イ・シ・テ・ルのサイン(松下奈緒:主演)

「未来予想図 ア・イ・シ・テ・ルのサイン(松下奈緒:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「DREAMS COME TRUEの名曲「未来予想図」「未来予想図II」の世界観をモチーフにしたラブストーリー。ブレーキランプを5回点滅させるアイシテルのサインは必見です」

=2007年10月9日収集分=

*マイペースなちょこっと日記:未来予想図〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜
『未来予想図〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』 観ました♪すっごくよかったです こんな恋愛したいなぁぁぁと・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/woodstock5/diary/200710080000/

*HR34ブログ:火曜日の過ごし方
見たのは「未来予想図〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜」いやぁ、久し振りに泣きましたよ(T-T)
http://blog.livedoor.jp/skyline_m_a/archives/51063854.html

*マカロン☆デイズ:『未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜』
ドリカムが大好きで、いつかドリカムの曲達が映画になったらいいのになと思ってたので、大満足でした。
http://ameblo.jp/sasapanda/entry-10050388407.html

*癒しの空間の中で・・・☆:「未来予想図」〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜
主人公二人の恋愛を中心に、親子愛、友情、倦怠期の夫婦愛など様々な愛が描かれていて、とても暖かい気持ちになりました
http://blogs.yahoo.co.jp/takakohime222/36839982.html

*わたしのブログ:思わずこぼれた涙
こういう感じのものを映画館に観に行くのはあまり無いのですが、今回だけは観たかったのです。
http://ameblo.jp/yuki1224/entry-10050406039.html

*番長のつぶやき:未来予想図 〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜
世界観を映画化したラブストーリーだったのですが、曲のイメージに近付ける為か、展開に多少無理があったように感じました。
http://blog.goo.ne.jp/complacent/e/e2ba26841a0b868ee7271a101955d342

*Metalone:Sign of Love
未来予想図〜ア・イ・シ・テ・ルのサイン〜を見た.特に曲に思い入れがあるわけでもないんですが...まぁ綺麗な映画でしたね.
http://metalone.jugem.cc/?eid=965

*Life is like that. 〜人生はこんなもんだ〜:『未来予想図〜ア・イ・・・
『未来予想図』をベースにした学生時代〜『未来予想図供戮琉刷会社OL時代は、「ある、ある!」って、良い感じでした。
http://lifeislikethat.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_6b35.html

*心ころころ:映画
スペインの街並みや、ガウディの建築物がとても素敵で見応えがありました
http://blog.goo.ne.jp/heren-0404/e/e0fcae54d0f4596be1a9e7d179f55c76

*あきゆきっず倶楽部:アイシテルのサイン
ドリカムの歌がモチーフになった映画っていう興味で見るというかんじだった。それが、ですよ。これが、よかったんですよ。
http://blog.goo.ne.jp/akiyukids-club/e/1399f575912e29a75f34fd4c086d995c

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月10日 22:54 | コメント (0)

 

大統領暗殺(ヘンド・アヨウブ:主演)

「大統領暗殺(ヘンド・アヨウブ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「2006年トロント映画祭で国際批評家賞を受賞した衝撃の話題作。ブッシュ大統領が暗殺されるという衝撃的な設定のドキュメンタリータッチのフィクション映画です」



=2007年10月6日収集分=

*世田谷徒然日記:「大統領暗殺」(イギリス)
あまりに危険である。現職の生きている大統領を殺してしまうという途方もない映画である。
http://ameblo.jp/chikarablog/entry-10050000383.html

*B級パラダイス:大統領暗殺
微妙だなあ。映画でありながらなんだかテレビの特番とかCATVの番組を見ているかのようで、いまひとつ面白みは感じられませんでした
http://cinemaparadise.blog73.fc2.com/blog-entry-243.html

*かずのつれづれ日記:「大統領暗殺」
ショッキングなストーリー。これをドキュメンタリー、関係者のインタビュー方式を取り入れて作られています。
http://blogs.yahoo.co.jp/kazukun1160/37518113.html

*いかにしてオシムはカピタン・ブチと利権軍団にJFAで戦いを挑んだか
つまりこの作品は「事件から約1年後に作られたドキュメンタリー」という設定である。
http://kaikigessyoku.cocolog-nifty.com/od/2007/10/post_7c25.html

*不迷道、我進道:大統領暗殺
希望を言えば、どうせフィクションなのだから、もっと犯人探しに焦点を絞ったものにしてほしかったなぁ、と個人的には思いました。
http://blog.livedoor.jp/marco_glen/archives/50488239.html

*別冊 社内報:大統領暗殺
ドキュメンタリーっぽく、よく出来てます。銃撃まではテンポよいのに、後半がだれてくるのが残念。
http://syachou.exblog.jp/7126688/

*かずの日記:「大統領暗殺」
アメリカのブッシュ大統領が遊説先のシカゴのホテルを出たところで狙撃され、搬送された病院で死亡するというショッキングなストーリー
http://blog.livedoor.jp/kazukun0709/archives/51349068.html

*ハピネス道:「大統領暗殺」 もしも…の世界
まったくのフィクションを実在の人物の映像を交えて、ドキュメンタリー風に作るというのはこれまでありそうでなかった手法かも…。
http://happinessway.jugem.jp/?eid=236

*国際情勢から、ハロプロまで幅広く書いてやるぞ!:映画、大統領暗殺・・・
ネタバレは良くないので感想を手短に。正直この映画は観た人間に何を訴えたかったのか私には分からない
http://blog.livedoor.jp/pazuzu/archives/50265897.html

*mita!×3 memo:映画「大統領暗殺」
真剣に作った偽ドキュメンタリー映画です。現役の大統領が暗殺されてってテーマで映画作っちゃうなんてある意味すごいことです
http://review.mita3.lomo.jp/?eid=720634

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月07日 21:47 | コメント (0)

 

パーフェクト・ストレンジャー(ハリー・ベリー:主演)

「パーフェクト・ストレンジャー(ハリー・ベリー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ラスト7分11秒―「衝撃の事実」に、あなたは絶対騙される。という印象的なコピーのサスペンス映画。ハル・ベリーとブルース・ウィリスの熱演が光ります」



=2007年10月2日収集分=

*過去をふりかえり、未来へ:『パーフェクト・ストレンジャー』
新聞記者を演じるハル・ベリーが、友人が殺された事件の謎を追い、会社経営者を演ずるブルース・ウィリスの会社に潜入していく・・・
http://blog.goo.ne.jp/hollydance/e/bda1e4dbd5582dbcbfb90fdaa3c9dc7a

*ひとり言・・・:パーフェクト・ストレンジャー
サスペンスで最後まで犯人が分からないようになっています。大どんでん返し・・・ありえない〜〜〜。。。
http://blog.goo.ne.jp/bf921_1988s/e/fe0971d6d1db54fc17080fd297dfa0c1

*ミカ日記:映画
『パーフェクト・ストレンジャー』観てきました。ラスト7分の大どんでん返しが売りみたいだったんですが…。
http://blog.livedoor.jp/l_mika/archives/19732.html

*syusenの戯言:パーフェクト・ストレンジャー
そうです騙されるような映画じゃないのに、そんな感じの映画だと煽っただけなんです
http://syusen.blog.ocn.ne.jp/do/2007/10/post_690f.html

*ショートカプチーノ (ショット追加):パーフェクト・ストレンジャー。
ストーリー的にも、若干??でしたし、その結果の真犯人が更に???でして、まあまあかな。
http://blogs.yahoo.co.jp/komeu06/22410912.html

*はみだしとる・・:パーフェクト・ストレンジャーを見に行ったけど・・
はみ的には、(あまり期待せずに見たせいか)まぁまぁおもしろかったよ。あー、だまされたー!みたいな(苦笑)
http://ameblo.jp/hamidashitoru555/entry-10049496203.html

*眠れないのは誰のせい☆:パーフェクト・ストレンジャー☆
ハル・ベリーとブルース・ウィルスとの競演。ミステリー、サスペンス大好きなんで、ちょっとは期待してたんだけど。。。
http://blog.so-net.ne.jp/victoria_178/2007-10-03

*サロンブログ〜キュアー浜ノ茶屋店〜:『パーフェクト・ストレンジャー』
ミステリーだけど、超怖がりな私でさえ、落ち着いて鑑賞できた映画でした
http://curehamano.blog90.fc2.com/blog-entry-358.html

*思い出エッセイ:映画雑記帳20「パーフェクト・ストレンジャー」・・・
映画そのものは、テンポは速いは、登場人物の名前を覚えるのに四苦八苦。それに、おそろしい映画でした
http://essaies.at.webry.info/200710/article_1.html

*森の水族館 ver. flat106:パーフェクト・ストレンジャー
結果的には、妥当に、“情報が足りないので気付きようがなく、誰が犯人にもなれる”タイプのものでした。
http://d.hatena.ne.jp/fukith/20070929/1191345849

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月03日 08:31 | コメント (0)

 

エディット・ピアフ〜愛の讃歌(マリオン・コティヤール主演)

「エディット・ピアフ〜愛の讃歌(マリオン・コティヤール主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「 「愛の讃歌」の伝説の歌姫エディット・ピアフの生涯を描く伝記ドラマの映画。マリオン・コティヤールの熱演が光ります」



=2007年10月1日収集分=

*レスタースクエアの宴:エディット・ピアフ
それよりも、やはりパリは美しく、人生は信仰と奇跡と出会いなんだと。そして、歌は情熱で人生だ。
http://santainu21.jugem.jp/?eid=343

*さりげなく♪楽しく♪:映画 『エディット・ピアフ〜愛の賛歌〜』
映画は、回想シーンを織り交ぜながら進行しますが、果たして『愛の賛歌』は何時歌われるのか? 興味はこの一点に絞られてきました。
http://happy.ap.teacup.com/mtt1030/903.html

*世界ノ片隅デ独リ相撲ス:劇場にて「エディット・ピアフ 愛の讃歌」
「歌は人生だ」って言葉の意味がこの映画を観て始めて理解できた。
http://song-for-uandme.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_2ac1.html

*Limoneの日々色々。:エディット・ピアフ 愛の賛歌
マリオン・コティヤールの演技も素晴らしく、20代から47歳までのピアフを見事に演じ、様々な表情、歌う場面の熱演、本当に引き込まれた。
http://nlimone.exblog.jp/6281203/

*kin-tsuba diary:ふぁーすと☆でー
これがまた波乱に満ちた凄い人生で、終盤の更なる衝撃的な内容に観終わったあとも余韻の涙を誘う作品でございました。
http://kin-tsuba.com/2007/10/10_2.html

*Be Balanced!:エディット・ピアフ 愛の賛歌
パリの下町に生まれた孤児の女の子が、大スターになるまでの一生涯を光と影のコントラストでとてもわかりやすく演出していました。
http://bebalanced.exblog.jp/6465713/

*おやすみ前に・・・:エディット・ピアフ 愛の讃歌
本当に波乱万丈な人生を送った人だ。 幸せを手にした途端、悲しい出来事が彼女を襲う。
http://smra.blog68.fc2.com/blog-entry-15.html

*キャッチアップ!(40歳前後で、子供を生んで育てている人たち、・・・
骨太なストーリーは、もちろん、映画の撮り方として何場面か、うっう上手い!!と驚嘆するシーンがあって見応えありでした〜!!
http://plaza.rakuten.co.jp/ran2000/diary/200709300000/

*カクレマショウ:「エディット・ピアフ 愛の讃歌」─歌の持つ力・・・
吹き替えであることすら気づかないくらい、マリオンの演技はピアフになりきっています。
http://blog.goo.ne.jp/yappi27/e/a96d9e2490a238efe8445e56370f986f

*映画の感想文日記:『エディット・ピアフ〜愛の賛歌』
この映画は、シャンソンに興味がない者が見ても素晴らしい作品になっている。エディット・ピアフを美化していないところが良い
http://ameblo.jp/cinephile/entry-10049366175.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月02日 12:07 | コメント (0)

 

クローズド・ノート(沢尻エリカ:主演)

「クローズド・ノート(沢尻エリカ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「雫井脩介の同名小説を基に、セカチューの行定勲監督がメガホンをとった感動作。前の住人の1冊の日記を読んでしまったヒロインのドラマです」



=2007年9月30日収集分=

*のんのんのん:涙。
「心の力」、「思い続けることの大切さ」、「出逢い」…。色々なことを考えさせられました。
http://ameblo.jp/blognon/entry-10049183036.html

*ひとりきり…:映画三昧
クローズド・ノート見てきたよ 最後のとこがよかったね 泣いちゃったよ その時彼氏のこと考えて、あーそうだよねって。
http://blog.livedoor.jp/hankundane/archives/50788758.html

*泣き虫ゆゆのくろーばー・ブログ:クローズド・ノート
全体的にさらりとしていて捻りもない・・・。好きな感じの映画なんだけど、、、う〜〜〜ん。
http://blog.goo.ne.jp/tsuyuki66/e/6d3622bf1830339513aa97ad81b9442e

*tomotomoの日記♪:『クローズト・ノート』
日記を読んでしまうという人としての道徳心を問うとこの映画が始まらないので置いておいてとてもピュアな映画でした
http://plaza.rakuten.co.jp/tomotomo411/diary/200709300000/

*I Love Cinema:クローズド・ノート
楽しみだった映画♪ 原作を読んでから映画を観たから 感想と言えば・・・・拍手かな(笑)
http://pianomilktea.blog32.fc2.com/blog-entry-80.html

*ぐうたらOL、日々の生活に渇を入れる!:万年筆
前評判では賛否両論あり、どうなのかなって思ってましたが、私の感想は話しの流れとしては普通でしたね。
http://ameblo.jp/kanking/entry-10049208829.html

*時間があれば映画館へ。:現実ではこんなに心がキレイな人ばかりはいない。
登場人物がすべて心がキレイなすばらしいひとばっかり。こんなにいい人ばかりだったらこの世界平和だけど、これはあまりにキレイ過ぎる
http://blog.livedoor.jp/hashi331/archives/51126853.html

*My Jewelry Days:「私じゃだめですか?」
切ない!あぁ切ない よかったよ。伊勢谷さんがかっこよかった。よくできたお話だな
http://ameblo.jp/ruppina825/entry-10049210759.html

*イヅメの、今日これやってみた:クローズド・ノートを見てみた
肝心な内容ですが、腹痛の為、途中退席してしまったため、わからず。携帯小説っぽく、余り深い内容ではなかった。
http://susumu-izumr.blog.ocn.ne.jp/blog/2007/09/post_51aa.html

*Uriblog:9月最後の日曜は…
ストーリーは予告編でだいたい察していたとおりの内容で、そこは特に感動はなかった。淡々と見られる映画だった。
http://151en.net/archives/189

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月01日 23:57 | コメント (0)

 

幸せのレシピ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)

「幸せのレシピ(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「マーサの幸せレシピ」をハリウッドでリメイクしたハートウォーミングなラブストーリーです。キャリアウーマンから心豊かな女性へと変わるヒロインと、美味しそうな料理に目を奪われます」



=2007年9月29日収集分=

*lala's:幸せのレシピ
多分、多くの働く女性は共感出来る映画だと思います
http://ameblo.jp/lalano/entry-10049081819.html

*ダメダメ脱出計画:幸せのレシピ
一度立ち止まって、違う見方で自分を見るっていうのも大事なことだと気づかせてくれる映画でした。
http://ameblo.jp/get-happy2009/entry-10049089107.html

*サッカーと歴史を愛するブログ。:幸せのレシピ
ハートウォーミングなストーリーでしかもところどころでコメディーもいれてくれている作品。
http://plaza.rakuten.co.jp/bernstein/diary/200709290000/

*函館萬屋本舗:幸せのレシピ
地味なドイツ映画だった「マーサの幸せレシピ」をハリウッドがリメイク。 ほとんど同じ内容なのに、主役がゼタ姉さんになると、全くの別物映画。
http://kazz0111.blog20.fc2.com/blog-entry-1039.html

*最近見た映画:"極楽おじさん"のお気楽日記:最近見た映画
”幸せのレシピ”、今日見た映画である。料理が絡んだ作品のため気になっていた。
http://chancey.blog119.fc2.com/blog-entry-14.html

*披・・・ひとり時間:幸せのレシピ
実はこの映画からは、な〜んだか、今ひとつピンとこなくてラブコメでもないし、人間ドラマでもなくて・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/hirakilibrary/diary/200709290000/

*だいありぃ〜。:幸せのレシピ
キャサリン・ゼタ・ジョーンズはめちゃくちゃ綺麗だし、姪の女の子も凄く可愛かったし、相手役の男の人も結構かっこよかった!!
http://yamada001.seesaa.net/article/57931843.html

*終わりなき旅:【幸せのレシピ】 v(≧∇≦)v
ハリウッドリメイクのスパイスも加わったとてもよい作品。心があたたまる肩の力を抜いて観れるラブコメディーです!
http://blogs.yahoo.co.jp/xx_joga_bonito_xx/22103854.html

*FAKE's Gallery:幸せのレシピ
ドイツと料理人の組み合わせってどこかで聞いたことあるような気がしますが気のせいでしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/fake01original/36742292.html

*映画の感想文日記:『幸せのレシピ』
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演による、2001年のヒット映画、『マーサの幸せレシピ』 のリメイク作品。
http://ameblo.jp/cinephile/entry-10049089703.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月30日 23:34 | コメント (0)

 

さらば、ベルリン(ジョージ・クルーニー:主演)

「さらば、ベルリン(ジョージ・クルーニー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ジョージ・クルーニーとスティーヴン・ソダーバーグ監督のコンビの、第二次世界大戦後のベルリンを舞台にしたサスペンス映画。フィルムノワールの雰囲気を存分に味わえます」



=2007年9月28日収集分=

*toboggan slide:さらば、ベルリン
なんかわかりにくかった…。 全然関係ないけど、鷹の爪のNEWバージョン、初めて観ました(笑)
http://6680.blog58.fc2.com/blog-entry-870.html

*関西おいしいもの♪:さらば、ベルリン
その狙いはあたってて、なんだか大戦後にタイムスリップ(私は体験したこと無いけど・・・)したような錯覚に陥ります。
http://yoririn.blog5.fc2.com/blog-entry-2221.html

*kiki的徒然草:ジョジクルのなんちゃってカサブランカ「さらば・・・
ムードは「カサブランカ」。音楽や映像の雰囲気がそれっぽい。意図的に30年代や40年代のモノクロ映画の映像のようにしつらえてある
http://diary.jp.aol.com/ugtj2ehb/266.html

*Kaz.Log Loft Cinema:さらば、ベルリン
この2人の設定も古めかしさも感じ取れるところですが、ケイト・ブランシェット演じる女性レーナの感情の変化と葛藤は見物です。
http://blogs.yahoo.co.jp/jkz203/52247862.html

*こんな映画は見ちゃいけない!:さらば、ベルリン
モノクロームの映像が醸し出すシャープな陰影と、戦争の影から逃れられない男と女。
http://d.hatena.ne.jp/otello/20070927

*PINKLEOのシネマ散歩:さらば、ベルリン
ベルリンときたので、「ミステリアスで緊張の連続、しかも娼婦かスパイ」かってに連想ゲームしてしまいました
http://pinkleo.exblog.jp/6242990/

*気がつけばアナログ:さらば、ベルリン
映画らしい映画。ソダーバーグ、クルーニの映画はやはりいい。ケイト・ブランシェットって凄い。
http://blogs.yahoo.co.jp/norogmbh/49642787.html

*狂力バボーン!!:さらば、ベルリン
ケイト・ブランシェットにジョージ・クルーニー、すぐに消えてしまうにしてもトビー・マグワイアと、キャスト的にも申し分がありません
http://blogs.yahoo.co.jp/tsupparitaro/51164586.html

*2+12 Life:さらば、ベルリン
ケイト・ブランシェットを観に行ったのだがやっぱり良いね。素晴らしく魅力的だ。
http://osuga.livedoor.biz/archives/51102538.html

*Bruce Willis's blues:さらば、ベルリン
肝心のストーリーというと、全ての謎が明らかになっても、経緯がすっきりしないのが、残念。
http://bruceblues.blog112.fc2.com/blog-entry-108.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月29日 00:58 | コメント (0)

 

「ミス・ポター(レニー・ゼルウィガー:主演)

「ミス・ポター(レニー・ゼルウィガー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの伝記映画。ピーターラビットのアニメーションもとってもかわいらしいです」



=2007年9月27日収集分=

*腎ちゃんの映画大好き!:ミス・ポター
景色はきれいで、ピーターが時々動いて楽しませてくれるし、最後はなぜだかジーンとくる映画でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/rtbyy168/36676000.html

*うさぎのうーちゃん:『ミス・ポター』
そんなに多くの場面ではなかったのですが、ピーターラビットの絵が動いてそれと一緒に演技をしている場面はとてもステキでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/jikenyuki2/16958118.html

*KABAMI's petite diary:ミス・ポター
みどころは、ピーター・ラビットやアヒルのジマイマなどがときおりチャーミングに動き出すところ。
http://kabami.air-nifty.com/kabamis_petite_diary/2007/09/post_bb6f.html

*わたしのブログ:ミス・ポター
ミス・ポター見た。ピーター・ラビットの作者なので、ファンタジックなお話かと思っていたが、かなり切ない恋の話も入っていた。
http://plaza.rakuten.co.jp/wonderland5555/diary/200709270000/

*らるっちあびっち :ミス・ポター
ピーターラビットを生み出したのはどんな人って事も今まで考えた事はなかったのですがとても親しみのある美しい映画でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/ralcchie/25702397.html

*保険屋のおばちゃんと呼ばないで:「ミス・ポター」見てきました。
この映画には彼女の人生はドラマティックであったのにとても静かに流れるように過ぎていくところが気に入りました。
http://win-winrelationships.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_2830.html

*ラクガキ帳:映画
ポターってとても素敵な女性だったんだなぁって思いました。映画の中にポターの絵がちりばめられてるのもうれしかったです。
http://ameblo.jp/g1nnan/entry-10048795710.html

*日常的な語り日記:ミス・ポター
彼女のペンから生まれ動き出すキャラクター達はとても愛しく感じます。 まずそこでワクワクが止まらない!!
http://otakumodoki.blog109.fc2.com/blog-entry-41.html

*ホビー喫茶へようこそ♪:ミス・ポター(53)
身分違いの恋は、許されない時代だったから、仕方がなかったものの、この展開に、泣きそうになりました。・・・哀し過ぎて。
http://plaza.rakuten.co.jp/century21st/diary/200709190001/

*まいアンテナ:ミス・ポター
イギリスが好きな人 レニー・ゼルヴィガーが好きな人 ブリジットジョーンズの日記が好きな人 最近、切なさ、を忘れているひと
http://maiporoke.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_bb6f.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月28日 00:08 | コメント (0)

 

めがね(小林聡美:主演)

「めがね(小林聡美:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「監督の荻上直子を始め、大ヒット作『かもめ食堂』のスタッフがおくる穏やかな人間模様をつづったヒューマンドラマ。心地よい癒される映画です」



=2007年9月26日収集分=

*おもろうてやがて悲しき・・・:めがね
あっ、私疲れているかも!たまには立ち止まってみるのもいいかなって・・・思ってしまいます。
http://mayberry.exblog.jp/6238333/

*縁側。:めがね
もたいさんは神様級。くすくすと幸せに笑え、隣をみたら旦那も笑ってて、お腹がぐうぐう鳴ってた。
http://plaza.rakuten.co.jp/milkco/diary/200709260000/

*JoJo気分で映画三昧!+α:「めがね」
前作とは似て非なる、とても心癒される良質な作品。心が疲れている方にオススメです。わたしはこれDVD買います!!
http://pub.ne.jp/TSURUkame0701/?entry_id=941530

*感動したい!!:「めがね」を観て来ました
観てすぐの感想は、「おなかが空いた!」映画に出てくるご飯、おかず、かき氷とにかく美味しそう!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/caffeinist_overdose/3586455.html

*イキテルッテスバラシイ:めがね
動きも、会話も、音も、全体的にゆっくりだ。観終わってみると、「ただ浜辺でたそがれる」だけの旅もいいなとか思ったり
http://blog.livedoor.jp/mynnsmile/archives/51231617.html

*ほぼきまぐれ通信:メルシー体操〜「めがね」より〜
思った以上に良かったです。でも何がと言われると上手く言えないところが歯がゆくもあり、当たり前であり、そんな不思議な映画です。
http://blog.goo.ne.jp/moon_star_july/e/fd5362c1612c38a7253cf08e49b4ed18

*PHOTOGRAPH:映画『めがね』
見終わって感じたのは、これが映画として成立するなんてすごい。ある意味、これで成立させてしまうってものすごくスゴイことかも。
http://plaza.rakuten.co.jp/photo3110cs/diary/200709260000/

*バニらんち:めがね
最近そんなに心病んでナィのになんか元気になりました。やっぱりスキ。もたいまさこスキ。
http://myhome.cururu.jp/little_/blog/article/61001555036

*うしぃ。の気まぐれ日記 Vol.2:めがね
「めがね」です。今更ながら、感想を書きます。ネタバレ(と言ってもこの映画に、あまりストーリーはない。。。)OK!
http://plaza.rakuten.co.jp/ushiayu/diary/200709260000/

*ロッコさんの散歩:まったりとこってり
それにしても、もたいまさこの不思議な存在感。途中出てくるメルシー体操も妙に気になる
http://blog.goo.ne.jp/yynetwork/e/fc4c65f4ba34ac2a3452b5df3c5d320b

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月28日 00:03 | コメント (0)

 

ファンタスティック・フォー:銀河の危機(ヨアン・グリフィズ主演)

「ファンタスティック・フォー:銀河の危機(ヨアン・グリフィズ主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「宇宙放射線を浴びて超人となった4人組“ファンタスティック・フォー”が地球のために戦う映画化第2弾。サーフボードを操る未知の生命体、シルバーサーファーが登場します」



=2007年9月24日収集分=

*☆Carol's Diary☆:ファンタスティック・フォー。ネタばれ注意。
めっちゃおもろかったぁwスーとリードの結婚式5度目の正直で成功wwでもやっぱり手短にやったしw
http://blogs.yahoo.co.jp/carol_haru9241/21566628.html

*ケントのたそがれ劇場:ファンタスティック・フォー 銀河の危機
だがファンタスティック・フォーの個性溢れる役回りと、人間的な心理ドラマも見せてくれるところがグッドだったね。
http://kurakent85.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_9c8e.html

*センタのダイアリー:ファンタスティック・フォー:銀河の危機
映画用に何か設定を細かく変えているようでもないみたいなので、下手にくどくなく、何も考えずに楽しめる映画に仕上がっている。
http://centerotu.exblog.jp/6513174/

*SWZS!:ファンタスティック・フォー 銀河の危機( Written By TAKA )
監督は前作同様ティム・ストーリー、主演の4人もこれまた前作同様のキャストが揃いました。
http://swzs.blog12.fc2.com/blog-entry-382.html

*気になるあの映画:映画 「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」
アメコミの映画は、悪者・正義の味方、僕にとってはわかりやすくていい、この映画の主役は何といってもシルバー・サーファー
http://blog.goo.ne.jp/gosyo2122/e/7dcd723121a8f95d97501210626558c4

*おばさんになった帰国子女:『ファンタスティック・フォー 2』
2作目ということで、期待半分で行きましたが面白かったです。前作の敵も登場したりして楽しめました。
http://blog.goo.ne.jp/wanko-mum/e/a6870d87bf0433958895292e13574567

*映画大好き人間の9割菜食生活:ファンタスティック・フォー:銀河の危機
機内で立て続けに4本観た映画の中の1本ですが、しばらく前のピクサーのアニメを思い出させる作品でした。
http://yokoblueplanet.blog112.fc2.com/blog-entry-36.html

*Walk this way:ファンタスティック・フォー:銀河の危機  観てきました!
アメコミは色々考えずに楽しむのが1番だと思います!そして今回は新しいキャラ、シルバーサーファーも登場。
http://aksei.exblog.jp/7039808/

*プラネタリーヴ:ファンタスティック・フォー 銀河の危機
シルバーサーファーはすごかったですね。ジョニー(発火飛行能力者)に追われるシーンはものすごいスピード感が良かったです。
http://puranetari-vu.cocolog-nifty.com/puraneta/2007/09/post_9c8e.html

*iMac動いてる?:「めがね」と「ファンタスティック・フォー 銀河の・・・
「ファンタスティック・フォー」は続編です。ゴム男がジェシカと結婚式をするとか、しないとか。
http://blog.goo.ne.jp/betahi-fi/e/958a23a55966a3d8ea5e02fa20c5ef99

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月25日 00:12 | コメント (0)

 

プラネット・テラーinグラインドハウス(ロバート・ロドリゲス監督)

「プラネット・テラーinグラインドハウス(ロバート・ロドリゲス監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスがタッグを組んだプロジェクトのゾンビvs.人間を描いたロドリゲス版。義足代わりにマシンガンを取り付けたセクシーなヒロインなど多彩なキャラクターから目が離せません」



=2007年9月23日収集分=

*シネマをぶった斬りっ!!:プラネット・テラー in グラインドハウス・・・
ローズ・マッゴーマン。本作では片足ストリッパーのチェリーをエロク・強く・カッコ良く演じてて、自分もかなり魅了されました
http://mebius.blog2.fc2.com/blog-entry-398.html

*はっちのブログ快適版:プラネット・テラーin グラインドハウス
ただし、ゾンビをマシンガンでぶっ飛ばすだけの映画というのは今までにない感じです
http://hageuz.exblog.jp/6408174/

*102人目のかみさまジョナサン・リヴィングデッド:プラネット・テラー・・・
ロメロやフルチのゾンビ物のパロディ満載で、真剣におバカなホラーを作っている所が非常に共感出来て面白かったんだけど・・・
http://soldiermozz.blog90.fc2.com/blog-entry-194.html

*no movie, no music, no life:プラネット・テラー in グラインドハウス
で、観終わって・・・ なんなんざんしょ、この面白さ!!!!!!! ロドリゲスさん、サイコーだわ☆☆☆
http://eigasuki.blog39.fc2.com/blog-entry-279.html

*今日はこんな感じ:プラネット・テラーinグラインドハウス
ゾンビに食われた足に義足の変わりにマシンガンを装着して闘うストリッパーの話。 冗談に聞こえるけどマジです。
http://bgrazzledazzle.blog97.fc2.com/blog-entry-85.html

*映画評?ねこのひたい〜絵日記室:プラネット・テラーinグラインド・・・
ニセの予告「マチェーテ」にもガトリングガンを登場させてるロドリゲス。 かつて『フルメタル極道』を撮った三池崇史。
http://nekohita.blog6.fc2.com/blog-entry-244.html

*HELLO MOVIES!:やり切った!「プラネット・テラー in グラインドハウス」
いやぁ、すごかった! ロドリゲス監督は、やり切ってます。「スパイ・キッズ」のロドリゲス監督と思って観たら、大怪我しますよ。
http://hellomovies.seesaa.net/article/56871809.html

*網野式のSRC私評:プラネット・テラーinグラインドハウス
テーマとか、観た後に何がしかの感慨に耽るとかは一切ないものの、とても面白くすっきりとした気分になれました
http://d.hatena.ne.jp/Amino4ki/20070923#1190564925

*一生試運転@映画・音楽レビューメイン:プラネット・テラーin・・・
ゾンビや人がグシャグシャと。映像はかなり過激であるものの、あまりのB級臭さに気持ち悪さなどは多少は緩和。
http://superpumpkin.iza.ne.jp/blog/entry/309007

*たこやきくん日記:なんでもありよ
これ、またことごとくなんでもあり。それがまた楽しめる。時間があっという間に過ぎたとさ。
http://plaza.rakuten.co.jp/takoyakikun/diary/200709230000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月25日 00:10 | コメント (0)

 

アーサーとミニモイの不思議な国(リュック・ベッソン監督)

「アーサーとミニモイの不思議な国(リュック・ベッソン監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「リュック・ベッソンが引退を宣言して挑んだ、実写と3-Dアニメが融合した超ミラクルなファンタジー・アドベンチャー。体長2ミリのミニモイ族がかわいいです」



=2007年9月22日収集分=

*長澤瞳のオフィシャル・フォトダイアリー:映画♪♪
[アーサーとミニモイの不思議な国]をみてきました♪♪アーサーもミニモイたちも、ものすごくかわいい(〃▽〃)
http://blog.livedoor.jp/hitomi_vivienne/archives/50373652.html

*未完成:アーサーとミニモイ?
ただ声優はぴったりだったんじゃないかな 私は恵梨香ちゃんのヒロイン・セレニア役は好きでした。
http://ameblo.jp/hananoko22/entry-10048170801.html

*ある小さな雑貨店主の憂鬱:超ミラクルなファンタジーアドベンチャー
こんな感じでこの映画のすごいところは、実写と3-Dアニメが見事に融合した超ミラクルなファンタジーアドベンチャーってこと!!
http://blog.livedoor.jp/cottage3838/archives/50878722.html

*にんにんの懸賞とお出かけ大好き:アーサーとミニモイの不思議な国
これがなかなかおもしろかったです。子供向けだと思うけど、2時間あっという間でした。最近では、一番のヒットかも・・・
http://blog.goo.ne.jp/ninninmaru2007/e/7254a06f1b756da80de6fd042881d6cc

*フーのフルーツカフェ:アーサーとミニモイの不思議な国
アーサー役の、フレディ・ハイモアがかわゆ〜〜〜い!!!とても15歳とは思えません!
http://ameblo.jp/atoriefu/entry-10048203614.html

*備忘録:アーサーとミニモイの不思議な国
一致団結!!といった感じで気分爽快な感じでしたが、こちらは夢がたっぷりで、冒険することに喜びを感じさせる映画でした。
http://blog.so-net.ne.jp/memo_pad/2007-09-23

*ridingsun:アーサーとミ二モイの不思議な国
その中にも、自然の大切さ、環境汚染で失われた命たち、見返りのない愛へのメッセージが込められていると感じた。
http://ridingsum.seesaa.net/article/56713854.html

*なみさんのきまぐれ:アーサーとミニモイの不思議な国
王道的なストーリーで、先読みできる臭さはありますが、安心して楽しめるという点ではいいのかもしれないですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/namisan_2006/36541091.html

*Happy diary:アーサーとミニモイの不思議な国をみました!!
すごく、面白かったです!!特に。。。神木君の声がよかった(◎*Q凵Op愛q)♪+.
http://blogs.yahoo.co.jp/pingadaisuki215/3262709.html

*世は弱肉強食でなければ・・・:アーサーとミニモイの不思議な国
そこいらから話が急に動き出し、テンポよく最後まで行った・・・・・が・・・・・内容は独創的とは程遠くありきたりな感じ・・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/gxgbq822/52167193.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月25日 00:05 | コメント (0)

 

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(伊藤英明:主演)

「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(伊藤英明:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本人キャストによる全編英語時代劇×ウェスタンの三池崇史監督作品。源平合戦をモチーフにした、破天荒なアクションドラマです」



=2007年9月18日収集分=

*paris-milan:スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ
ちょーよかったーグロいのだめな人は厳しいかもだけど、佐藤浩市かっこいいいいっていうかみんなマジかっこいい。
http://yaplog.jp/parismilan/archive/131

*JUKEBOX:スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ
その予感は的中し、やっぱりスキヤキを食べてしまった・・・。出だしからタランティーノワールドにノックアウトされました
http://waruda.blog63.fc2.com/blog-entry-312.html

*映画な☆気持ち:スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
タイトルの“スキヤキ”のように、色んな映画の醍醐味を感じる、娯楽大作と呼べる映画。
http://eiga.osakazine.net/e60948.html

*SAKURAが咲けば:スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
壇ノ浦の戦いから数百年後の平家と源氏家のお宝争奪戦。そこへ腕利きガンマン登場で どちらの味方になるのか!?
http://blog.livedoor.jp/kanabunbun1/archives/50490288.html

*文庫本を読み,レイトショーを見る:「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」
ツッコミどころ満載な映画ですが、ここまで突き抜けてしまえば、そんな細かいこと言っても仕方無いって気持ちにさせられます。
http://blog.livedoor.jp/triten/archives/54818796.html

*読観日記+遊:「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」
アクションシーンは魅力的でしたがエロもグロも格好よさもお笑いもすべてが中途半端で詰め込み過ぎな印象。
http://blog.goo.ne.jp/tosai415/e/795100f56f487d1729bed55de89c894b

*EMI’S LIFE:スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ
キャストも豪華だった。私の中で一番印象的やったのは、やっぱり木村佳乃嬢かな。
http://ameblo.jp/stellaemi/entry-10047662381.html

*A HENな飴玉:映画『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』(ネタばれあり)
そんなこんなでとっても面白い映画でした!! 映画は作り物だから何でもあり!と思っている人なら、きっと楽しめる。
http://pub.ne.jp/adoka/?entry_id=928690

*無知から知識への長い旅:スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
最初は、話もわけ分かんないし、つまんねえ……と思ってましたが、徐々に面白くなり、後半は結構見入ってしまいました。
http://ameblo.jp/mmmichy/entry-10047689414.html

*喫茶ゴダール:スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
三池崇史監督の最新作を観た。良くも悪くも三池崇史監督の作品にちゃんとなっていた。
http://lecafegodard.blog51.fc2.com/blog-entry-1.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月19日 07:54 | コメント (0)

 

ミルコのひかり(ルカ・カプリオッティ:主演)

「ミルコのひかり(ルカ・カプリオッティ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「実在の盲目のサウンド・デザイナー、ミルコ・メンカッチの実体験体をもとに作られた感動作。映画初主演のルカ・カプリオッティの演技に感動が広がります」



=2007年9月13日収集分=

*にっきみたいな。:初・チネチッタ
なんていうか、 じわじわというか、しっくりとくる映画でした。 とにかく、確かに、彼らは生き生きしてた!
http://emicco0318.blog118.fc2.com/blog-entry-4.html

*Chaka's Room:ミルコのひかり
今年観た中でNo1の映画。脚本、演出が非常に丁寧に、細部まで作りこまれており、これぞイタリア映画の底力と感心してしまった。
http://rattlhum.exblog.jp/6126820/

*こんな映画は見ちゃいけない!:ミルコのひかり
ミルコがハンディを乗り越え人生をつかみ取る過程や、体制派の校長、理解ある神父、そして外部の協力者などの登場人物はいかにも通俗的でできすぎた話
http://d.hatena.ne.jp/otello/20070912

*檸檬日記:ミルコのひかり(ネタばれあり)
本当にところどころプッと思わず笑っちゃたり、突っ込みいれたくなったり、楽しい映画でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/kirari0120/49408176.html

*Tutte le strade portano a Roma ♪:ミルコのひかり
久しぶりのイタリア映画、涙がウルウルしますが、とてもいい映画でした〜。まだの人、ぜひ観てくださいね!
http://blogs.yahoo.co.jp/bimba001jp/35987129.html

*アンドロイドは電気鰻の夢を見るのか?:イタリアのものが好き
「ミルコのひかり」本当は観る予定の無かったこのイタリア映画予想外の大当たり不覚にもグッと来てしまいました
http://ameblo.jp/katebakangun/entry-10046538145.html

*BLUE ROSE: 「ミルコのひかり」(試写)を観て
実話がベースになっていますが、ややファンタジー風の演出もあり、とても心温まる作品で、途中から涙が止まりませんでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/bluerose21/diary/200709020000/

*On.Off.On:いっぱいいっぱいな週末
イタリア映画『ミルコのひかり』を観る。今年のベスト!てか、ここ何年かで観た映画の中で一番良かった。
http://oseason.blog50.fc2.com/blog-entry-296.html

*小さなポッケ:素敵な映画。
「ミルコのひかり」みてきました。すんごく素敵です!!!色の表現が素敵で感動しちゃった。
http://ameblo.jp/satoko1002/entry-10046648931.html

*シャーロットの涙:ミルコのひかり
音響劇を作っていく本作は、実際にキャスティングされた子供達のアイディアもたくさん盛り込まれて作られているそう
http://blog.goo.ne.jp/charlotte26/e/c6739c6f9efba4f5398d913acfa8e95e

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月13日 21:20 | コメント (0)

 

HERO(木村拓哉:主演)

「HERO(木村拓哉:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大ヒットドラマHEROの劇場版。久利生役の木村拓哉、事務官役の松たか子らレギュラーメンバーのほか、松本幸四郎、タモリ、イ・ビョンホンなどの豪華ゲストも見逃せません」



=2007年9月10日収集分=

*Mi piace:HEROを観る
(わたしの)ビョンホンは本体(?)が出てくるのは2シーン,合わせて2分ほど。十言くらいは喋ったかな。
http://blogs.yahoo.co.jp/wxrfd775/50929221.html

*陸と海と空の日記:英雄なる話
検事を題材にした作品を初めて見たので、結構衝撃的でしたし、面白かったです。
http://aki-ni-fuku-kaze.blog.ocn.ne.jp/rikuumisora/2007/09/post_1126.html

*COYOTE's HAPPY LIFE☆:祝HERO!
映画のストーリーも好きだし城西支部のメンメンもキャラがいい味出してますよね。なんと言っても「久利生 公平」は最高です
http://blog.so-net.ne.jp/coyote-happylife/2007-09-10

*やまこ日記:HERO
けっこうおもしろかった〜。それはできすぎくんなとこもあったけど、でもジーンとしたり、どきどきしたりはあったしね。
http://makoto23.exblog.jp/7425711/

*CHERRY:HERO
今日観てきました! 映画『HERO』★ いやぁー やっぱし最高だったw メンバーもお話も 一番良いよ(*^∀^*)
http://cherrykxmx.blog116.fc2.com/blog-entry-16.html

*ヒビノアワ:「HERO」
キムタクはちっとも好きじゃないけれど、久利生公平は好きです。かっけー。こんな人たち、きっといないんだけども、いたら、素敵よね。
http://myhome.cururu.jp/shizukun/blog/article/31001449686

*闘う猫のうた:映画HERO
ドラマ見てなくても大丈夫…とは思いますが、ドラマ見てた方がより楽しめると思います。
http://ameblo.jp/fighting-cat/entry-10046689547.html

*〜平気物語〜:単純明快だから
映画の『HERO』を観に行ってきました。面白かったです。で、驚いたのは、観客の年齢層の幅広さ!!小さな子供から、シルバー世代まで。
http://plaza.rakuten.co.jp/dailystory/diary/200709100000/

*ホシ姉さんのつぶやき:HERO 観たよ〜♪
キムタクが自然な演技で、観ていて引き込まれた。個性的なキャラばかりの、検事仲間の連帯感にも、高感度アップした。
http://plaza.rakuten.co.jp/brugge/diary/200709090000/

*ポジティヴ主義:その227 HERO
決してキムタク好きでない私ですが、キャストがとっても豪華でよかったしストーリーも面白かったし見てよかったです
http://eikochan.exblog.jp/6119809/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月11日 07:30 | コメント (0)

 

チャーリーとパパの飛行機(セドリック・カーン:監督)

「チャーリーとパパの飛行機(セドリック・カーン:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「少年チャーリーが、亡くなってしまった父からの最後のプレゼントで、奇跡を巻き起こす感動のファンタジー。心温まるストーリーです」



=2007年9月3日収集分=

*ひとりごと:「チャーリーとパパの飛行機」
この映画まじ泣けるのに大泣きしてるの私だけでした( ´ω`)…あれ??
http://2489.jugem.jp/?eid=183

*棄灰之刑:子供はもちろん、大人たちにも夢や希望を語りかける・・・
幼いころは誰しも自分だけの空想世界を持っていて、そこで憧れのヒーローになったり、大好きな乗り物に乗ったりしたもの。
http://plaza.rakuten.co.jp/bleiuz/diary/200709030000/

*明日は明日の風が吹く(一日一笑):しろいひこうき
チャーリーとパパの飛行機を見た チャーリーの白い飛行機は見る人によって違う色を感じるのだろう
http://blogs.yahoo.co.jp/yoyo_40400/35760428.html

*杏色の天球儀: 『シッコ』&『チャーリーとパパの飛行機』
ほのぼのしているのだけど、押し付けがましくない淡々としたファンタジーがなんだか「フランス行きたいな〜」と思わされるというか。
http://d.hatena.ne.jp/rikipon/20070901

*シャーロットの涙:映画公開覚書 9/1〜編
セドリック・カーン監督もフランス映画祭で拝みました。お子ちゃま向けかも知れませんが、とってもファンタジック。ラストは涙でした
http://blog.goo.ne.jp/charlotte26/e/a8fea61683e68b0e88cd62c55decdefd

*あんみわーるど:チャーリーとパパの飛行機。
自分が幼い頃のことを思い出しちゃいました。主人公役の男の子がカワイイ☆くて、心が温まりました♪
http://blog.goo.ne.jp/ayuyua_1987/e/b620a5e917921a3d775d68e6636f0156

*お元気ですか57:チャーリーとパパの飛行機
あれはあれでいいのかもしれないけど感動系を期待していた私としては期待はずれの何者でもない・・・
http://howareyou57.blog37.fc2.com/blog-entry-828.html

*根無し草のつれづれ:映画『河童のクゥと夏休み』&『チャーリーとパパ・・・
いかにもフランス映画らしいファンタジーでした。ファンタジー形式にして幻想的な仕上がりになっている映画でした。
http://blog.goo.ne.jp/heromorris/e/ff96f874a9e407268ffda6f34e84b214

*ラコッピ・リコッピ:チャーリーとパパの飛行機
はーとふるTONDEMO系・・・かしら?とりあえず科学者のおじさんが車に乗り上げて追ってくるところは大笑い。
http://d.hatena.ne.jp/hashinomoto/20070902#1188742427

*dygoLOGy 〜DYGOのブログ〜:「チャーリーとパパの飛行機」離陸失敗…
なんか途中で飽きちゃった。こういうテーマは大好きなんだけど、なんか違ったんだよ、僕の求めていた路線と。
http://megadaigo.seesaa.net/article/53824128.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月04日 07:51 | コメント (0)

 

私のちいさなピアニスト(オム・ジョンファ:主演)

「私のちいさなピアニスト(オム・ジョンファ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「小さなピアノ教室で、運命的な出会いを果たす、ピアノ教師と天才ピアニストの少年の師弟愛を描いた感動作です。クラシックの名曲も素晴らしいです」



=2007年8月30日収集分=

*ひとりごと:韓国映画「私のちいさなピアニスト」
天才少年を発掘し育て上げる賢明な師匠とそれに応える弟子。−決してそんな甘いストーリーじゃないところが最大の魅力。
http://blog.so-net.ne.jp/dorama-hitorigoto/2007-08-27

*ゆきんこさんの日記:映画「私のちいさなピアニスト」
エピソードはわかるけど、少年の変化がイマイチわかりにくかった。良かったけど、後で考えるとちょっと消化不良の感じがしました。
http://yukinkosan.exblog.jp/7358823/

*すーの玉音堂ブログ:今日もシネマ〜「私のちいさなピアニスト」
オム・ジョンファ、綺麗です。 韓流好きの方なら当然ご存知、オム・テウンのお姉さんなんですね(目や鼻がよく似てる)。
http://gyokuondo.co.jp/blog/su/archives/86.html

*ネオ・ロマンチシズム:やっと。
某映画批評では良い評価と悪い評価が極端に別れていましたが、私は割りと好きでした。
http://romanticismneo.blog70.fc2.com/blog-entry-327.html

*ambleside park:私のちいさなピアニスト
そういう壁を乗り越えて、大人にも子どもにも誰にでも観てほしいな〜と思ったのがこの『私のちいさなピアニスト』です。
http://d.hatena.ne.jp/amble/20070829/p1

*にじいろくじらの徒然日記:昨日
「私のちいさなピアニスト」を観てきた。 けっこう泣けた。音楽がよかった。またピアノをはじめたい気分になった。
http://nijiirokujira.blog103.fc2.com/blog-entry-87.html

*ポーク姫のトントン日記:私のちいさなピアニスト
この映画は号泣です。分かっていながらツボに入ってしまいます。そしてまたピアノの音色が聞いてて心地よい。心があらわれるようです。
http://pork-hime.269g.net/article/5014056.html

*ル・キャボタン:私のちいさなピアニスト
その演技も少年らしく自然で純粋な感じが良かった。映画も、変に技巧にはしらず、素直に感動出来る作品でした。
http://clint.blog.ocn.ne.jp/lecabotin/2007/08/post_8253.html

*韓国映画&韓流スターサランヘ:韓国映画「私のちいさなピアニスト」・・・
人生の中で当り前のことのようですが、再確認させられる部分の多い作品だと思います。
http://hanryumovie.seesaa.net/article/53161815.html

*嫌になったらヤメろ!:ほっ…
「私のちいさなピアニスト」韓国映画なんですねぇ〜内容的には先日観た「ピアノの森」に似てました。
http://kato-yoshifumi.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_d6e1.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月31日 00:16 | コメント (0)

 

スピードマスター(中村俊介:主演)

「スピードマスター(中村俊介:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「チューンナップされた日本車が、夜の埠頭を疾走するカーアクション映画。迫力満点のレースシーンは必見です」



=2007年8月30日収集分=

*Taka’s Diary(仮):スピードマスター※ネタバレあり
「スピードマスター」を観てきました。素直な感想は、おもしろかった!!なんかワイルドスピード2に似てたような。。。
http://yaplog.jp/taka_everyday/archive/325

*日常の戯言!?:行ってきました!!
新旧RX-7のバトルが主な映画なので、我がアイドル??フェアレディZはあんまり出てませんでしたが・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/z32blackcar0318/16045770.html

*日本車の最新情報:日本車爆走ムービー スピードマスター
日本からの出発の自動車アクション映画が言う熱意は、十分なスクリーンから伝えられたが、私がもう少しレースの長い場面を持たなければならなかった
http://sakura3000man.noblog.net/blog/e/10400667.html

*ぴんく すた-:ルンルン
内容はカーレースで、カーレースに興味のないボクは見れるかなと思いましたが、結構面白くて満足でした。
http://yaplog.jp/pinkrythem/archive/133

*新・ALEXのハチロク生活:「スピードマスター」を見てきました
詳しい事は伏せておきます(^^;)ネタバレにもなりかねないので。でも、映画館で見るとやっぱり迫力がありますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/trueno86gtapex16/24417950.html

*(仮)86珍道中:スピードマスター
内容はというと、やはり走り好きの人にはいまいち感のある映画?!です。感想はおやじさんのFC渋い!(自分好み)主役のセリフ少なっ!
http://blogs.yahoo.co.jp/isao_racing/50646074.html

*チョイ馬鹿オヤジのさりげない日々(映画のプログなの?):スピードマスター(太田イオン)
はっきりいって…ですね!私はカーレース系はダメかも??ですね。まぁ、映画なんで、現実ばなれしているのは仕方ないとして…
http://blogs.yahoo.co.jp/kasinnfu/35780501.html

*シルビア気まぐれ日記供Д好圈璽疋泪好拭
最終時間帯 1200円 5人しかいなかった。。。結構 映画としてみれば面白いですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/yasu13ks/36357767.html

*仙台のラーメンRAMPの住人達ブログ:スピードマスター
主人公の中村俊介 ライバルに内田朝陽ストーリー的に、荒いというか乱暴な感じで、きっかけや展開が多少期待はずれ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ramp_yado/49218845.html

*なお☆のRealFaceな日々:スピードマスター☆
そろそろ映画「スピードマスター」が公開です(*^_^*)こう見えても元走り屋なんで(笑)見に行きたい的なカンジです♪
http://blog.livedoor.jp/ishiinao1008/archives/184117.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月31日 00:12 | コメント (0)

 

ショートバス(ジョン・キャメロン・ミッチェル:監督)

「ショートバス(ジョン・キャメロン・ミッチェル:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「リアルで過激なセックスシーンで話題になった映画です。ニューヨークを舞台にして、人とのつながりや愛を求める、男女7人の姿を見つめたヒューマンドラマです」



=2007年8月30日収集分=

*この映画がやばい!:ショートバス  2007年8月25日公開
入会金を払わなくてもやりたい放題といううらやま…ではなく、真面目なぼくには理解しがたい人たちがハメまくるという映画。
http://blogs.yahoo.co.jp/tautsuno0229/49798586.html

*こぶた日記:「ショートバス」
それぞれのキャラクターの心情などをきちんと描いてくれていたので、ただのポルノ映画になる事なく素敵な作品に仕上がっていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yukino_f3/35734292.html

*一日千秋のいちにち: 「ショートバス(SHORTBUS)」
正直、かなりエログロ?なのを想定して行ったのですが、けっこうフツーじゃん、ていうか、いたってまじめな映画でした。
http://blog.goo.ne.jp/dasyaswamedh/e/f1171e02b45d4ec1ea833574571b8748

*笑う龍:ショートバス
のっけから結構刺激的なシーンをかましてくれるのですが、ここでもう目が離せなくなっちゃうんですよねぇ
http://blog.livedoor.jp/loughing_dragon/archives/51023638.html

*jeden Tag.:2007-08-28
言われるほど過激ではなかったなぁ。監督のアニメーションの手法が『ヘドウィグ〜』と同じようにすばらしく音楽も本当に良かった。
http://blog.so-net.ne.jp/non-jt/2007-08-28

*鳩の目日記:「ショートバス」、よかったー!!
非常にレベルの高い作品が出ていますが、この「ショートバス」も、2000年代の収穫と言える、優れた作品でした。
http://communityart.cocolog-nifty.com/hato/2007/08/post_944e.html

*Such a beautiful world like‥‥:ショートバスに乗って
最後には、ポッと幸せな気分になれたので、ちょっと元気がないお友達にもすぐにおススメ。
http://such-a-beautiful.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_3a4a.html

*シオぴ&ミツのレンタル☆キャット:ショートバス5年振りにイッてみる?
そんな性描写ばかりに目を奪われがちだけど、語られるテーマはシンプル。「欠けた心を他者に求める」のは、多くの人が共感出来るだろうしね
http://blog.livedoor.jp/radiotube/archives/51139880.html

*観て、メモって、うpして。:ショートバス
すなわち、エロ満載のトンデモ映画なのか?それとも崇高なテーマを秘めた芸術映画なのか?
http://blog.livedoor.jp/n_yam66/archives/51046604.html

*ゆるゆる日記:ショートバス
私としては、「ショートバス」のオーナーのジャスティン・ボンドが最高にセクシーでかっこよかった。
http://blog.so-net.ne.jp/sicca/2007-08-30

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月31日 00:10 | コメント (0)

 

阿波DANCE(榮倉奈々:主演)

「阿波DANCE(榮倉奈々:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ヒップホップと阿波踊りで、成長する高校生たちを描いた青春ムービー。KABA.ちゃんが振り付けを担当しています」



=2007年8月28日収集分=

*まーイーカー:阿波DANCE
「阿波DANCE」長江俊和監督、観る。みんな何が寂しくてダンスにのめり込むのかが、見えない。退屈。
http://pink2000s.cocolog-nifty.com/meikemitsuru/2007/08/dance_50dd.html

*新座とわかばと、時々、幸手 「 シネプレックス漂流記 」:佰六本目・・・
友人、父子、母娘、爺孫娘、師弟やらほのかな恋人関係まで、誤解と理解、対立と和解を湿り気なくサラッと描いた青春譜。
http://awaniko.blog57.fc2.com/blog-entry-194.html

*きものショップかきうち 店長ブログ:阿波DANCE
榮倉奈々ちゃんが主演の映画阿波DANCEが公開になりました。はじける奈々ちゃんが見ものです。
http://blog.livedoor.jp/kaki_10/archives/51022766.html

*田舎のおっさんの あれ!!あらら!!あちゃち... :阿波DANCE
「阿波DANCE」を 観てきました・・正直なところ 青春映画なんで・・ おっさんには映画自体は・・う〜〜んて首かしげてた
http://awawa1919.spaces.live.com/Blog/cns!87C99952F2D2E8A0!1434.entry

*☆大学生の日常記録☆:阿波DANCE
阿波DANCE見てきました(^^)今年は阿波踊り見にいけなかったんでちょっとだけですが阿波踊り見れてよかったです♪
http://blogs.yahoo.co.jp/by_the_way_tejinanya123/23806374.html

*シネマ de ぽん!:阿波DANCE
ある意味予想通りでした。あまり期待せず、榮倉奈々が出ているので見たのですが、正直ひどかった・・・ 
http://matchan825.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_032c.html

*mirry_cooky DIARY:『阿波DANCE』
『阿波DANCE』は好きな俳優 勝地涼くんが出てるってだけの理由で観に行ったんだけど、思ってたより面白かった。
http://blog.livedoor.jp/mirry_cooky/archives/50968272.html

*船員28号の日々:映画「阿波DANCE」、公開開始!
全国公開されているので、日本全国の人に、徳島、鳴門の魅力を知ってもらえたらいいな、と思います。
http://blog.livedoor.jp/moto38/archives/50668627.html

*たかお=うどイズム:阿波DANCE
そう、イッツ、阿波DANCE。青春ドラマと地域の伝統のフュージョン。結構熱い。惜しむらくは、主演の栄倉奈々さん。
http://takaoudo.cocolog-nifty.com/takaoudoism/2007/08/dance_50dd.html

*グッドプレイとエアプレイン:阿波DANCE
昭和40年代くらいの映画センスじゃないだろうか。とてもつまらない。恋愛、友情、親子愛、進路の葛藤、ダンスシーン、すべて不発。
http://blog.goo.ne.jp/funa_be/e/a3e37f21cb0ea1db9de9b8efbda5c192

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月29日 07:31 | コメント (0)

 

TAXi4(サミー・ナセリ:主演)

「TAXi4(サミー・ナセリ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「リュック・ベッソン製作のフレンチ・カーアクション第4弾。刑事のエミリアンとタクシー運転手のダニエルの追走劇のカーアクションにも注目です」



=2007年8月27日収集分=

*ぷじょ〜る君の飼い主sのたわ言@京都:Taxi4見てきたよ
ハイテンションさくさくさくさく〜という進行、おフランス式お笑いに大爆笑し、カメラワークの凝り様にニンマリして終了。
http://pugeore.way-nifty.com/nonsense/2007/08/taxi_472e.html

*B.B Brothers Room:TAXi4 見たよ
今日はTAXi4を見ることに。字幕か吹き替えかなやんだけど、やっぱり字幕でしょ〜と言うことでいい席も取れたので楽しむことに。
http://plaza.rakuten.co.jp/rikomasa/diary/200708260000/

*I Forward,I Pull up!!:『TAXI 4』
ギザオモシロス ギザワロウタ(←笑った)かなり↑面白かった。あの署長オモロかった。爆
http://ameblo.jp/130vibes-dance-reliance/entry-10044849092.html

*ラララBlog chii:TAXI4観てきました☆
内容も、今までと比べてTAXIが走るシーンが少な過ぎるし、コメディ一色って感じ。「TAXI」ってタイトル変えた方がいいくらい・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/miu_9404/18705397.html

*Days:TAXi4(字幕版)
面白かったけれど、いつものように車で走る部分が少なくてちょっと残念。あいかわらずの警察の面々は楽しくてよかったです。
http://d.hatena.ne.jp/pinomemo/20070825#1188179613

*とびきりスウィート:「TAXI4」
ドタバタコメディ、思った以上に楽しめました。ジベール署長演じるベルナール・ファルシーさん、切れっぷりの名演技にぷぷぷ。
http://mycasty.jp/android/html/2007-08/08-27-811151.html

*”アルファロメオGTV&プジョー406”の有る生活:TAXI4を観て・・・
ストーリーは相変わらず単純明快で、安心して観ていられます。ちょっと残念だったのは407の激走シーンが少ないかなぁ〜?
http://blogs.yahoo.co.jp/lunarossa355/50989239.html

*車好きが暇つぶしに書くブログ:モナコへGO!TAXI4
結構迫力ありました。声優のオリラジは結構うまかったわwあの刑事のおっさんも最後にラりってるしwww
http://myhome.cururu.jp/hiroshi4747/blog/article/31001411587

*Drunkard:TAXi4
少し期待していただけに、不完全燃焼。それなりに面白いんだけど、いまいち。
http://blogs.yahoo.co.jp/shin54chan/15803377.html

*milky&marble:TAXI4
結果は、残念(涙)。もう、笑いに走っているような感じで、もっとプジョーの走りが見たかった私としては残念という結果
http://mirumaru.jugem.jp/?eid=179

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月27日 21:41 | コメント (0)

 

伝染歌(松田龍平:主演)

「伝染歌(松田龍平:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「歌えば死ぬという呪いの歌「伝染歌」が引き起こす恐怖を描いた、都市伝説ホラー。秋元康が企画・原作を手がけています」



=2007年8月27日収集分=

*リルルの日記:例の元ネタ伝染歌
色々と癖のあるキャスティングなんで、もっと怖いのかと思っていた・・・ ぶっちゃけAKB48を映画デビューさせたかっただけなのでは?
http://rirurunikki.jugem.jp/?eid=350

*起点は妙典(仮):『伝染歌』:無駄な時間を過せる映画(13)
まぁ、見るからに駄作臭はプンプンしてたし、よく調べてなかったけどなんか秋元康の臭いがするなぁと思っておりました。
http://myouden.at.webry.info/200708/article_18.html

*ちいのチイサナ東京願望:昨日の伝染歌
とりあえずあの映画、AKB仕様です☆AKBファンにゎいろんな所で楽しめる作品でしょう
http://ameblo.jp/marimo-chie/entry-10044866196.html

*Too Late To ...:失敗。
さて、見てまいりましたよ。伝染歌。んー。なんとも言えない感じです。。。期待してた割りにはなぁ;
http://sky.ap.teacup.com/lost-heart/54.html

*ぎろぎろぎろ・・・ってどんだけっ! :お出かけっ!
んで、伝染歌見てきた!最初はドキドキゃったんけどなあ、全然怖なカった!
http://myhome.cururu.jp/baske_b/blog/article/61001472540

*今日も今日とて:伝染歌、ベクシル映画感想
最後に、ちょっと謎な終わり方をして、何かが起こる?!ような予感をさせて終わりましたわ。
http://blog.livedoor.jp/kanko09/archives/51121474.html

*ぼくの雑記帳:映画「伝染歌」
その歌を歌うと自殺するという都市伝説を、ある女子高を舞台に描くホラー。脚本も演出も散漫な印象で、とにかく怖くないホラーです。
http://blogs.yahoo.co.jp/noboru262001/23781789.html

*気の向くままに:今日は・・・・。
『伝染歌』怖かったけど良く解らなかった・・・・・。もう一回DVDで見たいです・・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/mybestmesic/35989701.html

*画嬢部屋:今日の出来事
『伝染歌』ってぃぅホラー!!『着信アリ』を書ぃた囚なんだって!!面白かった↑↑でもストーリーがぃまぃちょくわかんなかった(藁
http://blogs.yahoo.co.jp/starrysky_nnoelco/18418387.html

*Yang's Rest Room:File No. 2007_111 伝染歌
これはもっと上手く作れたんじゃないですかね。ネタは面白いのに単なるAKB48のプロモーション映画になってしまいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tkadoma/50553595.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月27日 21:39 | コメント (0)

 

ラッシュアワー3(ジャッキー・チェン:主演)

「ラッシュアワー3(ジャッキー・チェン:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ジャッキー・チェン&クリス・タッカーの異色刑事コンビが、過激なアクションで大暴れする大ヒットシリーズ第3弾。真田広之が最強の悪役を演じています」



=2007年8月27日収集分=

*そのうち週刊2:ラッシュアワー3
それでも変わらぬコント&アクションの連続で飽きさせない展開。上映時間も短く、エンドロールまであっという間でした。
http://d.hatena.ne.jp/zeal019-2/20070827#p1

*HRS趣味の部屋♪:ラッシュアワー3を見てきた〜よ。
真田さんは、カッコよかったですよ〜…まぁ、それを観に行ったところもあるのですがw
http://plaza.rakuten.co.jp/horussin/diary/200708270000/

*介護士うだうだ日記:ラッシュアワー3
ジャッキーチェンなんか50歳すぎてあのアクションほんとすごい 真田広之もすごい さすがもと千葉真一の弟子
http://zengtian.jugem.jp/?eid=17

*40代オンナの日常〜飲む・喰う・遊ぶ:ラッシュアワー3の真田広之
ラッシュアワー3は、前作以上の内容でした。各キャラクターにしてもアクションにしてももう確立されている!感があります。
http://minminaf.seesaa.net/article/52880516.html

*かずおの人生日記:久しぶりに映画に行きました。
ラッシュアワーはスリリングな場面の連続でジャツキーに楽しませて貰いました
http://blog.goo.ne.jp/vmnogawa/e/0ec58b0319c7b0fc46a0417c053fd152

*おきらくごくらく(出張版):「ラッシャワー3」「シッコ」
舞台をフランスに移し、悪役には真田広之と工藤夕貴も登場。特に真田広之の悪役はなかなか胴に入ったもの。
http://konsun.exblog.jp/6037860/

*gindanukiのブログ:ラッシュアワー3
スクリーン上では15年ぶりぐらいのジャッキーとの再会。最後にみたのはポリスストーリー3だったか。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/hokohoko/diary/200708270000/

*SWEET DAYS:今月のおすすめ映画
今回はパリが舞台で もう大興奮♪毎度の事ながら爆笑シーンもアクションシーンも魅せます!
http://tmk06.blog63.fc2.com/blog-entry-529.html

*プロローグ:ラッシュアワー3
ラッシュアワーシリーズはハリウッド映画っぽくてジャッキーファンにはウケないと思っていたがよかった
http://ameblo.jp/1q2w3e4r5t6y/entry-10044877740.html

*ことば@あそび:ラッシュアワー3
とりあえず最後の最後、ジャッキーと真田広之のアクションには手に汗握るって感じでした。気がついたら手のひらがしっとりとなってましたからね
http://blogs.yahoo.co.jp/nobby6093/50650315.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月27日 21:38 | コメント (0)

 

Life 天国で君に逢えたら(大沢たかお:主演)

「Life 天国で君に逢えたら(大沢たかお:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「38歳でガンのため他界したプロウィンドサーファー、故・飯島夏樹のエッセイを基に映画化。ガンを患いながらも精一杯生きた飯島さんと、支える家族の姿に感動が広がります」



=2007年8月25日収集分=

*まだ、未完成:映画『Life 天国で君に逢えたら』を見てきました
しかし、予告編で見ていた内容からは想像が出来ないほど良い出来でした。(試写会にも応募したのですが外れました)
http://plaza.rakuten.co.jp/zgud700/diary/200708250000/

*マグロなまいにち:風の詩を聴かせて
悲しいけれど、家族の笑顔が印象的。エンドロールで映された飯島さん家族の写真がどれも印象的で。
http://everyday-maguro.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_cb07.html

*天地創壊:『Life』
すごく素敵でした。切なくて泣いちゃったけど、幸せな気持ちをいっぱいもらいました。
http://plaza.rakuten.co.jp/liony68/diary/200708250000/

*ruiz cafe:Life 天国で君に逢えたら
今日、娘と観に行きまして・・・娘は2/3ぐらいは泣いてました^^;久しぶりに観た映画なんですけど〜
http://myhome.cururu.jp/l_ruiz/blog/article/51001458028

*リリィ's Diary:『Life 天国で君に逢えたら』見てきました
爽快で淡々と描かれている印象もあり、それほど尾をひくものでもありません。「お涙頂戴もの」が苦手な方にも、そういう意味ではお勧めです。
http://www.mmpr.net/lily_blog/diary.cgi?date=20070825

*アリコジャパン横浜シティエイジェンシーオフィス:life 天国で君に逢えたら
長女は最初から涙が止まらなかったとか。『人に優しく出来る』見終わった人はみんなそんな感じではないでしょうか?
http://fujikura.lifepro-yc.com/?eid=655087

*しもの部屋:3人で映画♪
今日は3人で映画『Life〜天国で君に逢えたら』観てきた めっちゃ感動もんやった 映画で泣いたの久々や〜
http://yaplog.jp/marie_nikki/archive/1

*つぶやき、ダラダラ:『Life 天国で君に逢えたら』
確実に迫ってくる「死」があるにもかかわらず、そして実際にその場面が描かれていたにもかかわらず、作品全体の雰囲気は、どこか爽やか。
http://plaza.rakuten.co.jp/keisetsu21/diary/200708220000/

*吾川大胡の褻:Life 天国で君に逢えたら
なにぶん大沢たかおの演技がみやすくなったというかかなりいいなぁ〜。泣いてもうた。
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/appy_velocity/view/20070825/1188053849

*ぽっかぽかやすらこキッチン(Kitchen):「Life 天国で君に逢えたら」を見に行ってきました。
飯島夏樹さんのドキュメンタリーは以前見ていたので、映画の最初から最後まで涙が出っぱなし。
http://yasurako.exblog.jp/6030969/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月26日 07:48 | コメント (0)

 

シッコ(マイケル・ムーア:監督・主演)

「シッコ(マイケル・ムーア:監督・主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「マイケル・ムーアの新作ドキュメンタリー。大いなる矛盾を抱えるアメリカの医療システムに遠慮なしのメスを入れていきます」



=2007年8月25日収集分=

*81.3 FM J-WAVE : J-WAVEニュースルームblog:今日からロードショー
日本も社会保険庁などの問題があったり様々な難題を抱えていますが、アメリカ国民が抱える問題はもっと深刻・・・。
http://www.j-wave.co.jp/blog/mp_news/2007/08/post_1503.html

*日本共産党の田川ゆたかが自転車で行く:シッコ!
観てきました!たしかに、マイケル・ムーアの最高傑作!だと思いました。
http://plaza.rakuten.co.jp/peace21tagawa/diary/200708250000/

*雑記帳(仮):マイケル・ムーア『シッコ』
マイケル・ムーアの映画を観るのははじめてだったのだが、シリアスなテーマにも関わらずブラックユーモアや風刺が効いていてとてもおもしろかった
http://baba-kame.at.webry.info/200708/article_3.html

*大河ドラマ風林火山、韓国&日本映画、ドラマ「ホジュン」と中医学
で、この映画が単なるドキュメンタリーかというとそうではなくて、ブラックなエンターテイメントとしても成立しているところがすごい。
http://blogs.yahoo.co.jp/nattan3211/18300513.html

*mololog(モロログ):シッコ [映画]
とりあえず、ビックリしましたよね…。ユナイテッド・ステイツ・オブ・アメリカ。世界最低の国じゃないですか…これ。
http://playground-blog.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_8c96.html

*asterisk 3.2:シッコ
また、マイケル・ムーアの映画で見せるユーモアさも 今作においては「静かな怒り」に満ちているような気がします。
http://ameblo.jp/salisbury-utena/entry-10044673156.html

*Rock75:シッコ
マイケル・ムーア監督渾身の医療ドキュメンタリー。悪名高いアメリカの医療制度を赤裸々にしている。
http://nam1978.blog105.fc2.com/blog-entry-390.html

*映像と音は言葉にできないけれど:『シッコ SiCKO』
久しぶりに感傷的になってしまいました。胸にジンときました。
http://yanks.seesaa.net/article/52718225.html

*いただきものに感謝:『シッコ』
いろいろ言いたいことはありますが、今までで一番「上手い」ムーア作品だと思います。ヒラリー・クリントンに対するプレッシャーのかけかたも含めて
http://d.hatena.ne.jp/artery/20070826/1188052780

*ピイスケな部屋:ジャケ買い
友人がマイケル・ムーア監督の「シッコ」を見てきたという。アメリカの医療制度の問題点を取り上げた映画。
http://pompido.cocolog-nifty.com/essei/2007/08/post_3e54.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月26日 07:47 | コメント (0)

 

遠くの空に消えた(神木隆之介:主演)

「遠くの空に消えた(神木隆之介:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「行定勲監督が7年間温めてきた物語を映画化した感動作。子どもたちが起こす小さな奇跡を描いています」



=2007年8月24日収集分=

*☆ぶろぐdeモンキチ☆:『遠くの空に消えた』を鑑賞しました。
感想は、笑いあり、涙ありで満足しました 少々置いてきぼりなエピソードがいくつかありましたが、それなりにまとまっていたと思います。
http://monkichiblog.seesaa.net/article/52495928.html

*ヒロミのまったり寄稿。:2時間前に『遠くの空に消えた』を鑑賞
結論、神木隆之介くんがカッコかわいかった。以上。そんだけです。ほんとそんだけ。・・・充分満足ですが。(笑)
http://blog.livedoor.jp/ojaruhime/archives/51051926.html

*おそらにはくしゅ あおぞら日記:夏とわたしと音楽と  その2
子どもたちが主人公で、それなりに良かったのですが、ストーリー的にイマイチでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/cpiz42riversidesongs/1229081.html

*蓬莱大介の随筆:「遠くの空に消えた」を見る
ストーリーは最近では珍しいファンタジーで、映像美が素晴らしい!壮大な絵本を見ている感じ。
http://ameblo.jp/daisukehourai/entry-10044487755.html

*crown in sky:遠くの空に消えたみたよー!
面白いとかいう話じゃなかったなぁ、なんか不思議な話だった。監督が監督で信用できるもんではあったから、期待はあったけど
http://passionlight.blog.shinobi.jp/Entry/95/

*かせだプロジェクト:719.遠くの空に消えた
予想以上に面白かったのは、この作品。行定勲監督・脚本の「遠くの空に消えた」である。
http://keida.cocolog-nifty.com/kaseda/2007/08/719_3bc2.html

*よだっぴーの『ビバ☆ホリデー』:映画 『遠くの空に消えた』
しいて見所をあげるとしたら、神木君の少し大人になった姿と、村人が合唱する歌かな。 なぜが歌気に入った
http://yodappy.blog104.fc2.com/blog-entry-5.html

*23造里△靴△函П鵑の空に消えた
なんかよくわかんないなんかすごく不思議なお話ででも不思議と鳥肌が立って不思議と涙が流れる
http://23centi.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html

*背番号708:映画
正直言って「・・・」でした。何を言いたい(やりたい)のかよくわからない。見終わったあとにスッキリしない感じだけが残りました。
http://hsp-cs.no-blog.jp/blog/2007/08/post_a08a.html

*「渋谷系」超克への道!:「遠くの空に消えた」
子どもと大人の違いとは 奇蹟を信じるかどうか 星空を眺めて 純粋に綺麗だと言えるかどうか いたずらは正義であると思えるかどうか
http://miloumogu.cocolog-nifty.com/miloumogu/2007/08/post_986e.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月25日 10:05 | コメント (0)

 

恋するマドリ(新垣結衣:主演)

「恋するマドリ(新垣結衣:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「初めて一人暮らしをすることになった女の子の成長する姿を描いています。映画初主演となる新垣結衣の好演が光ります」



=2007年8月21日収集分=

*たらこっこ:恋するマドリ
「恋するマドリ」公開したばかりなので、内容については触れませんが、心が温かくなる映画でした。
http://taracoco.jugem.cc/?eid=2177

*しねまにあ:恋するマドリ
U-21と呼ばれる女優さんの中で最近注目されている新垣結衣ちゃん主演の映画。
http://tera3.way-nifty.com/cinemania/2007/08/post_99d4.html

*さぼりいのこりしらけどり:新しい青春映画 『恋するマドリ』
作品としては、ところどころ粗さと強引さがあり、編集もいまいちなのだが、新しい青春映画を提示したことの大きさを述べたい。
http://d.hatena.ne.jp/tarchin/20070822/1187710456

*SHOのゆるゆる通信:恋するマドリ
発想は面白いと思うし、松田龍平と菊地凛子の2人の存在感も面白かった。
http://sho2000.blogzine.jp/nwa/2007/08/post_99d4.html

*Life document of Tetsu:恋するマドリ
「男ってさ、みんなオタクっぽいとこあるじゃん…」という台詞。うーん、分かる。
http://ameblo.jp/tetsushi/entry-10044107677.html

*新婚生活 煉獄編:恋するマドリ
美大生の日常が、ものすごく親近感わきました。当時を思い出して、あーやったやった、、、とか、服装とか、いろいろ甘酸っぱかったです。
http://blog.livedoor.jp/vinoymerienda/archives/158657.html

*小耳書房:恋するマドリ
かわいい話でしたね。笑いもあったし、ほのぼのしてるし、最後もハッピーで「心を洗って」映画館をされる感じですね
http://komimisyobou.jugem.jp/?eid=286

*「好きになりますよ?」(byみやびん):映画『恋するマドリ』
昨日、さっそく観ちゃった。新垣結衣ちゃん(ガッキー)可愛いなぁ〜。ナチュラルな表情の変化が、すごく好き。
http://blog.livedoor.jp/miyabytea/archives/54782609.html

*FLOWER PARK:素敵なお部屋
とっても爽やかで、素敵な作品でしたよ 新垣結衣さんが可愛いなぁ〜可愛いなぁ〜って思いながら観ました
http://blog.goo.ne.jp/flower-mina22/e/9c06075a179f49ec76456831bf143a62

*あいちゃんの脳内アホアホプリティワンダーランドぉっ!:恋するマドリ
新垣結衣ちゃん、かわゆいゆい〜(^^)映画もかわいい映画だったけど、それ以上に結衣ちんのかわいさを満喫した感じw
http://blogs.yahoo.co.jp/aichanahopuri/1116557.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月22日 07:27 | コメント (0)

 

トランシルヴァニア(トニー・ガトリフ:監督)

「トランシルヴァニア(トニー・ガトリフ:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「トニー・ガトリフ監督の最新作。トランシルヴァニアへ男を追ってきた女性の、愛と葛藤を描いています。」



=2007年8月17日収集分=

*Cinema日和:トランシルヴァニア
「トランシルヴァニア」とはルーマニアの北の方をいう。ロマの現状を交えながら、情熱的な大人の恋の映画で良かった
http://diarynote.jp/d/47719/20070812/

*ゆったり♪まったり♪:トランシルヴァニア
ジプシーの音楽がとにかく素晴らしかった『ガッジョディーロ』 が大好きなのと今回は主演に アーシア・アルジェント!
http://ameblo.jp/lucky2005/entry-10043305816.html

*Blog・キネマ文化論:トランシルヴァニア 評価額・1000円
簡単に言えば女が旅先で恋人にふられて発狂するお話。父親が父親だけに主演のアーシア・アルジェントはこういう役がびっちりとハマります。
http://kizaemon.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/1000_51d7.html

*どんくらの映画わくわくどきどき:トランシルヴァニア音楽とダンスに・・・
トランシルヴァニアの音楽や踊り、風習などおもしろいし楽しい。観ていて飽きない。
http://klause.blog53.fc2.com/blog-entry-589.html

*クマムシの囁き:トランシルヴァニア
フランス語、英語、ドイツ語にロマ語が飛び交って、全編にロマ音楽が響く。激情と破滅型の二人だけど、ラストはホッとする。
http://mandaraya.air-nifty.com/kumazo/2007/08/post_6793.html

*平平凡凡映画評:ドラキュラは出てこない、『トランシルヴァニア』
トランシルヴァニアといえば、一にも二にもドラキュラを思い浮かべるが、この映画にドラキュラは登場しない
http://ameblo.jp/imayouo610/entry-10043484411.html

*☆journal☆:トランシルヴァニア
大好きなトニーガトリフ監督の最新作 やっぱり今回もとっても好きな感じでした
http://neferti-ti.jugem.jp/?eid=26

*面白い映画とつまらない映画はどこが違うのだろう?:トランシルヴァニア
トニー・ガトリフ映画なのだが、一方でアーシア・アルジェントの存在感も凄まじく、がっぷり四つといった印象の濃く熱い映画だった
http://dhanabi.exblog.jp/7300512/

*Brain Construction:トランシルヴァニア
音楽が良い。ロマの民俗音楽。特に冒頭はふんだんに音楽が現れて、まるで音楽も一つの登場人物のよう。
http://blog.goo.ne.jp/doma04062421/e/e0fa9f1bbbd1fb64868bb44ce7dc335e

*天井桟敷のザレゴト:「トランシルヴァニア」〜音の洪水
なんと言っても「愛より強く」で一発で気に入ってしまったビロル・ユーネルが出演とあっては、化粧が乗らずとも、出掛けたくなります。(゚д゚)
http://blog.so-net.ne.jp/edwood_5thav-ny/2007-08-11

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月18日 21:34 | コメント (0)

 

おやすみ、クマちゃん(ルツィアン・デンビンスキ:監督)

「おやすみ、クマちゃん(ルツィアン・デンビンスキ:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ポーランドをはじめ、ヨーロッパ諸国で親しまれている絵本の主人公“クマちゃん”の映画化。森の仲間と繰り広げる愉快な日々に癒されます」



=2007年8月16日収集分=

*快適らいふ.navi:おやすみ、クマちゃん
内容はクマちゃんと仲間達の四季を通じての日々を描いた内容でしたが、人形なのに細部まで細かくて驚きました。
http://plaza.rakuten.co.jp/wanko1/diary/200708090000/

*leaf green:「おやすみ、クマちゃん」
なにがいいかって、パペットたちのファッションセンス!ワンちゃんがキャスケットかぶっていたり、きれい色のニットを着たウサギさん。
http://blogs.yahoo.co.jp/kazooh_kaz/16391206.html

*映画で休憩:おやすみ、クマちゃん
作品を丁寧に作る大人たちや、それに親しむ遠い国の子供たちを想像しながら鑑賞すればまた違った楽しみももてます。
http://ameblo.jp/cinemapia/entry-10042729405.html

***コドモCAMERA** by romace-car:クマちゃん来日。
クマちゃんは愛らしい動物たちが住む森に、ブタくんウサちゃんネコちゃんイヌくんたちと住んでいます。耳が垂れてるのがチャーミング
http://blog.goo.ne.jp/lovecamera016/e/cabebf1ab622fa817a193738ac2982ab

*live slow * speak slow:おやすみ、クマちゃん
かわいいよー。ほのぼの。ちいさなお客さまがたくさん来ていたけれど、みんなけっこういいこに観てました。
http://ecco.jugem.cc/?eid=1640

*日刊シマン:おやすみ、クマちゃん
ポーランドの人形アニメなんだけど、超可愛い!!!子供向けの映画で、大音響もない!1話が8分で10話。
http://plaza.rakuten.co.jp/totolecafe/diary/200708100000/

*Candy Tea Time:クマちゃん
『おやすみ、クマちゃん』を観に行きました。クマキャラ史上最も可愛いと称されるクマちゃん♪ ほんとに可愛い!!(≧▽≦)
http://happyjam.cocolog-tcom.com/jamdiary/2007/08/post_279a.html

*映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評:おやすみ・・・
ポーランドの国民的キャラクターのクマちゃんが主人公。折れた耳が特徴のクマちゃんが、寝る前にその日の出来事を振り返る趣向の短編だ
http://blog.livedoor.jp/cinemassimo/archives/51062429.html

*ちょこぼーるほーむ供А悗やすみクマちゃん』
ポーランドの人形アニメーションで,クマのぬいぐるみが主人公。約7分ほどの短いエピソードが春夏編と秋冬編5話ずつ上映されています
http://binnette.exblog.jp/5998164/

*五里夢中:初めての…
ポーランドで放映されていたアニメの10話分が映画になってて、溜めていたビデオを一気に見ているような気分が味わえます!!笑。
http://ameblo.jp/nliebty/entry-10043513959.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月17日 07:51 | コメント (0)

 

ドッグ・バイト・ドッグ(エディソン・チャン:主演)

「ドッグ・バイト・ドッグ(エディソン・チャン:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「殺し屋と、刑事の壮絶な死闘を描いた香港バイオレンス。激しい暴力シーンが凄いです」



=2007年8月16日収集分=

*阿Sam 気まぐれ日記:『ドッグ・バイト・ドッグ』
正直言ってしまうと、観終わった時すごく重い気分になる映画だと感じました。
http://plaza.rakuten.co.jp/kungfuking/diary/200708120000/

*Blog・キネマ文化論:ドッグ・バイト・ドッグ 評価額・1170円
この映画を見るにつけ中国人なんぞにオリンピックなんてやらせたらダメですよ。
http://kizaemon.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/1170_aea8.html

*masalaの辛口映画館:映画「ドッグ・バイト・ドッグ」を試写室にて鑑賞。
何かと日本映画にゆかりのある二人が、二匹の犬の化しガチンコ勝負をするバイオレンス映画だ。
http://plaza.rakuten.co.jp/masala0517/diary/200708130000/

*ときどき映画館日記:ドッグ・バイト・ドッグ(+サム・リー君舞台挨拶)
あんなに人死にが多いのに、なぜか、若者のすがすがしい格闘話だったような気がしましたよ。
http://yuzufilm.seesaa.net/article/51177988.html

*ねいろうろうろ:映画『ドッグ・バイト・ドッグ』
エディソンがプロの殺し屋で、サム・リーがそれを追う刑事という組み合わせだけで、もう、かなりそそられる
http://lapinwaka.exblog.jp/5967453/

*ネタバレ御免日記:ドッグ・バイト・ドッグ
サムのとーちゃんは売人だった。寝たきりになったのはサムが撃ったから
http://plaza.rakuten.co.jp/valkil/diary/200708120000/

*FOOTSTEPS OF DREAM:ドッグ・バイト・ドッグ
お友達のリクエストでDOG・BITE・DOG 内容よくわからないで行ったけど・・・かなり激しかったぁぁぁ〜
http://yaplog.jp/mai-qurulingo/archive/52

*へなblog:「ドッグ・バイト・ドッグ」
いやー結構よかったッス!私的にはこの前の「傷だらけの男たち」より全然好きかもしれない。
http://blogs.dion.ne.jp/henablog/archives/6054703.html

*ぐうの日常:「ドッグ・バイト・ドッグ」「パープル・バタフライ」
生き残るために暴力の限りを尽くす男たち。その残虐ぶりが半端じゃないのだが、却って潔く見えたりもするから不思議だ。
http://guunonichijyou.blog22.fc2.com/blog-entry-458.html

*Hana*Hana World: 「ドッグ・バイト・ドッグ」を観にいってきました
蹴りすぎですから・・・、殴りすぎですから・・・、撃ちすぎですから・・・、刺しすぎですから・・・、ってなりました
http://plaza.rakuten.co.jp/maihana/diary/200708150002/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月17日 07:48 | コメント (0)

 

オーシャンズ13(ジョージ・クルーニー:主演)

「オーシャンズ13(ジョージ・クルーニー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気シリーズの第3作。11人のプロフェッショナルが集まった犯罪チームの騒動が、豪華なキャストで繰り広げられます」



=2007年8月12日収集分=

*幸せ大使館:オーシャンズ13
オーシャンズ13!実は、前作、前々作を見ていないで行ったのですが、かなり楽しめました☆
http://blog.livedoor.jp/hirotaka0124/archives/50303243.html

*Blog Shows...But Who`s Reading?:『オーシャンズ13』
ではこの『オーシャンズ13』は・・・・・?いやあ、『〜13』は素直に面白かったですね!!
http://blogs.yahoo.co.jp/angelisfullthrottle/16898374.html

*茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜:映画「オーシャンズ13」
11人で始まった犯罪ドリームチーム、オーシャンが率いるから"オーシャンズ11"、12から13へと続く流れをみると・・
http://ameblo.jp/take-chan/entry-10043165074.html

*a pure feeling:オーシャンズ13
ジョージ・クルーニは相変わらずセクシー(セクシィーではない)で、ブラッド・ピットもコメディいけるじゃん(違う?)。
http://ameblo.jp/ruka-psyche/entry-10043170624.html

*Juniee's happy fravor:オーシャンズ13
さすがにまだ混んでいた。初心に戻り舞台は11と同じラスベガス。しかし、2005年の前作よりは格段に面白かった。
http://juniee-journey.de-blog.jp/juniees_fun/2007/08/13_ee8e.html

*ヒロリンズ:オーシャンズ13観てきた!
今日は、話題の『オーシャンズ13』を観ました ジョージ・クルーニー渋いですね。。。
http://ameblo.jp/hiro12347/entry-10043169510.html

*白リスまろんのお気楽なひとりごと・・・:オーシャンズ13 その2
ストーリーは良く作ってあるほうで、オーシャンズそれぞれの個性を適度に出しつつ、ド派手なリベンジ劇を展開していました。
http://plaza.rakuten.co.jp/maronris/diary/200708120000/

*幸せだなぁ:オーシャンズ〜
オーシャンズ13見ました。面白かったですよ〜ただ、ブラピ好きな人は、ちょっと物足りないかもしれません。
http://blogs.yahoo.co.jp/koki198055/669056.html

*とまと日記:オーシャンズ13
三谷幸喜カントクで作ってほしかった。。・アル・パチーノのファンとしては今回のパチーノ様はアクが弱い。
http://blog.goo.ne.jp/mr-momong/e/f6f255196cfae6af2c2b85d22715e519

*だあ〜流「バス釣りのすすめ!」:映画『オーシャンズ13』を見てきました。
いつものどんでん返しはたいしてありませんでしたが、痛快な展開と見事なキャラが毎度ながらにいい感じでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/haru450302/50302963.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月13日 08:08 | コメント (0)

 

呪怨 パンデミック(清水崇:監督)

「呪怨 パンデミック(清水崇:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ジャパニーズホラー界の寵児、清水崇監督の最新作。日米両方を舞台に伽椰子の怨念がより不気味に進化しています」



=2007年8月12日収集分=

*紅い蝶:呪怨 パンデミック ネタばれ注意
写真の液から出てくるのが一番怖い。呪怨万歳!ジャパニホラー万歳!11日からなので、みんな見に行くと良い☆
http://ameblo.jp/lunaticvampire/entry-10043103244.html

*masalaの辛口映画館:映画「呪怨 パンデミック」を試写会にて鑑賞。
伽耶子も俊雄(今回は尾関雄哉が成長してしまい田中碧海に変更)も出まくりでチラシによると伽耶子は18回、俊雄は6回も登場したそうだ
http://plaza.rakuten.co.jp/masala0517/diary/200708010000/

*うぃんすぽぶろぐ:呪怨 パンデミック
伽椰子や俊雄の出番が少なかったような気がします もっと出てくれれば面白かったのにな〜それにしても伽椰子の呪いはリング貞子を超えたかな
http://winspo.seesaa.net/article/51153781.html

*「おでんや」のひとりごと日記:アノ映画の試写会に
ハリウッドのリメイク版です。舞台は主に日本なんですが、出演者の多くはアメリカ人(幽霊役は日本人です)。セリフも英語でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/odenya_numa/23826839.html

*ちくわの心。:呪怨 パンデミック
前作のような総集編的なものではありませんでしたが、今回のカヤコは不完全燃焼でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/shishimaru_8/50730165.html

*Life is like that. 〜人生はこんなもんだ〜:『呪怨 パンデミック』鑑賞(オススメ映画を紹介します)
キャストをアメリカ人に置き換えて、まんまコピーした前作とは異なるオリジナル作品となっています。物語は3つのパートからなっています。
http://lifeislikethat.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_0f95.html

*最近の出来事:呪怨パンデミック
元々、台本がいい加減で、演出もリングのパクりだった呪怨だが、ついに最高のダメ映画をつくっちゃった!
http://yaplog.jp/saikindekigoto/archive/499

*Black PV:呪怨 パンデミック
一番注目したいのが、過去の作品で語られることの無かった伽椰子の過去です。
http://blogs.yahoo.co.jp/morebouns/23850167.html

*アンヌのイマージュ:呪怨パンデミック――The Grudge 2
久しぶりに映画館で映画を見ながら眠らずにすんだ。とはいえ、ちっとも怖くなかった。怖くはないが、捨てがたい感じ?
http://ameblo.jp/ananne/entry-10043158300.html

*fumi's web log:呪怨 パンデミック
「呪怨」シリーズの最大の売りとも言える“畳み掛けるような恐怖シーンの連発”ぶりは健在でよかった。
http://blog.goo.ne.jp/anewlevel777/e/4ce55e6806e6c455bd58e61ba2bc69b1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月13日 08:06 | コメント (0)

 

プロヴァンスの贈りもの(ラッセル・クロウ:主演)

「プロヴァンスの贈りもの(ラッセル・クロウ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ピーター・メイルのベストセラー小説を映画化。人生を見つめ直すビジネスマンを描いたヒューマンドラマ。」



=2007年8月6日収集分=

*加納忠幸のワイン飲もうよ:プロヴァンスの贈りもの
ワインが好きな方も、そうでない方もハッピーな気分に浸れる映画だと思います。
http://plaza.rakuten.co.jp/bacchusmarket/diary/200708050000/

*HSKI's:「プロヴァンスの贈りもの」
大筋で似たようなお話しは数多くあると思うけど、それぞれ少しづつ違う味わいがあるのは、同じワインでもそれぞれのテロワールがあるようなものか。
http://hski.air-nifty.com/weblog/2007/08/post_d5d3.html

*寺子屋こしひかり:プロヴァンスの贈りもの
幼い頃のマックスのあたたかな記憶、初恋、そしてワイン。プロヴァンスの、乾いていながら日差しが優しい映像にも癒される。
http://blog.so-net.ne.jp/koshihikari/2007-08-05

*はるさめのきもち:プロヴァンスの贈りもの
「プロヴァンスの贈りもの」を観にいってきた。南仏の素晴らしい風景とともに流れていくストーリー。音楽。おとなの恋。
http://harusame55.exblog.jp/6058138

*映画の感想文日記:『プロヴァンスの贈りもの』
面白い作品にはなっていて、リドリー・スコットのフランス映画に対する劣等感が垣間見えるような、好感の持てる映画だった。
http://ameblo.jp/cinephile/entry-10042306061.html

*言の葉の王国:プロヴァンスの贈りもの 試写会(ネタバレ
久しぶりに試写会に当たったので「プロヴァンスの贈りもの」を見てきました。南フランスが舞台のヒューマン・ドラマです。
http://ark-kingdom.jugem.jp/?eid=271

*My Favorite Thing:「プロヴァンスの贈りもの」鑑賞
ラブコメ??なんでしょうか。2時間位の上映時間でしたが、面白くて飽きませんでした。結構、笑ってばかり。ひとつひとつの台詞も面白くて〜。
http://topazws.blog63.fc2.com/blog-entry-57.html

*jardin secret:プロヴァンスの贈りもの
基本的なラインはメイルの原作に沿いながら,ところどころで変更やアレンジが施され,非常に「わかりやすい」作品となったと思う。
http://jeannot.blog5.fc2.com/blog-entry-549.html

*Mayu's Journal:プロヴァンスの贈りもの
ハリウッドの資本にフランスの小粋さが加わっている感じです。ラブストーリーに感動しない年齢になったのかな(笑)
http://mayu-run.blog.ocn.ne.jp/mayus_journal/2007/08/post_3482.html

*女装子さん ? はい ! 普慰於那姫です。:女装子さん、シティ。
前評判は良いと聞いていたので早速行きました。評判とおりでした。お薦め映画です。ラッセル・クロウって実はすきなんです。
http://blogs.yahoo.co.jp/fiona2004corona/23581198.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月06日 22:07 | コメント (0)

 

トランスフォーマー(マイケル・ベイ:監督)

「トランスフォーマー(マイケル・ベイ:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグ、監督はマイケル・ベイがタッグを組んだSFアクション超大作。未知なる地球外生命体と人間との攻防が、前人未到の映像で描かれます」



=2007年8月6日収集分=

*朝方の音嗚ン:トランスフォーマー見ました。
“映像革命”とまで言われたCGは流石スピルバーグといったところか、 劇中、スクリーンに目を釘付けにさせられました。
http://morningsound2.blog113.fc2.com/blog-entry-7.html

*芽吹ファミリー歯科へようこそ:トランスフォーマー
映画は期待を裏切らず、映像・音楽ともに堪能できました。本当にいい気分転換になりました。
http://plaza.rakuten.co.jp/mebukifamily/diary/200708060000/

*ハチミツ☆:トランスフォーマー
日本のアニメから生まれた『トランスフォーマー』。とにかくCGがすごい!!そしてかっこいい!!
http://plaza.rakuten.co.jp/Happy8823/diary/200708060000/

*今の私って???:今日の映画トランスフォーマー
でも〜期待しすぎたなぁ(/--)/イケメン俳優なら もうちっと良かったのに……。でも、映像はすごいです!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/vv_white_peach_vv/15963673.html

*楽しい農業生活:トランスフォーマー!
実写(とはいえないかな、CGだから)でこうまでやられると ほおおおおの世界です。
http://spygrass.blog102.fc2.com/blog-entry-97.html

*べた〜 Days:日曜日
期待せずに行ったがやっぱりダメダメ!! 宇宙戦争からこの監督の評価は下がりましたが、上がる事はないでしょう。
http://ucum.blog84.fc2.com/blog-entry-156.html

*タタカエ!!! 新世紀カッパ少年:トランスフォーマあばばばばば
ドカーンとか、ドンガラガッシャーンとか、ボンボカドッカーンとか、かなりデカイ効果音が鳴りっぱなしで、耳が疲れた・・・
http://myhome.cururu.jp/kappaboy/blog/article/91001345215

*Dilettante Style Weblog ::::Autobots, transform and... Roll out!
「長い歴史を持つTFを誰にでも楽しめるように」という方向性は、今後の展開に期待が持てるという点で間違ってないと思います。
http://www.dilettantestyle.net/weblog/2007/08/post_135.html

*はちみつ:トランスフォーマーを観ました。
すごい(CGの?)精密機械、ロボットがバンバン出てきました。目がとっても疲れて、途中で眠ってしまいそうになりました。
http://chubby1967japan.spaces.live.com/Blog/cns!382065832240502F!223.entry

*memo:よつば
週末トランスフォーマー見てきました やっぱりすごかったです(^-^)面白かった
http://hiroshi25.blog1.fc2.com/blog-entry-119.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月06日 22:05 | コメント (0)

 

怪談(尾上菊之助:主演)

「怪談(尾上菊之助:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「Jホラーの第一人者、中田秀夫監督作品。真景累か淵が原作で、運命的な恋に落ちた1組の男女と4人の女の愛憎を描いています」



=2007年8月6日収集分=

*ウミのトビラ:怪談で納涼
怖かったーーー。。。でも、特に季節の移り変わりの様子や衣装など、映像がとってとってもきれいでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/uminotobira74/34956257.html

*こんな映画は見ちゃいけない!:怪談
小手先の表現術でショックを与えるよりも、情念が怨念に変わっていく様子を細密に描く
http://d.hatena.ne.jp/otello/20070806

*美忘記:怪談
もーっ、怖くて怖くて後半は正視出来なかったくらい…ホラーも怪談も苦手な事をすっかり忘れていたんです(汗)
http://aorina.blog19.fc2.com/blog-entry-482.html

*映画と株とモルディブの毎日:怪談
愛とストーキングが紙一重なように、愛と憎悪を紙一重ってコトやね。いつの世も変わらない人間の本質・・・あぁ〜きょわい(;゚Д゚)
http://blogs.yahoo.co.jp/mal_mal_dives/23589350.html

*北海道の旅路・・・ :怪談・・・見ました
あまり怖くなかったよ(黒木瞳さんは美人だから^^)〜 三回しか鳥肌が立たなかったもん。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/be_boss_dan39/15882704.html

*斉藤久美子’S 被害対応ブログ:怪談
松竹映画の良さと(悪さも)、中田さんの特徴、そして、キャスティングの悪さ、そう言ったものがアンバランスに入り混じっている感じでしたでしょうか
http://blogs.yahoo.co.jp/kumikos_diary/23587923.html

*どうなるの ☆2007:怪談
5つ星が最高とすると3つ星くらいかな。背筋がぞくぞくするまではいかない。幽霊がきれいすぎて、今ひとつといったところだ
http://plaza.rakuten.co.jp/ANGELGOD/diary/200708060001/

*ムッチーさんのブログ:暑い暑い
『怪談』を見たのですが、これが見事にイマイチ。あれで1800円は高い!!出演者はなかなかなのがもったいない。
http://member-6p00e39899faf80003.vox.com/library/post/%E6%9A%91%E3%81%84%E6%9A%91%E3%81%84.html

*暇つぶし日記:怪談
ドキッとさせられる怖さと言うか音の使い方とか、何か来る!!って想像させられる怖さみたいな所はさすが中田監督!!って感じでしたね〜。
http://blogs.yahoo.co.jp/number777777777777/15906088.html

*Life is beautiful 〜人生楽しく美しく〜:悲恋のホラー『怪談』
でも、監督が「悲恋を描きたかった」と言うだけあって女のものすご〜い情念が、これでもか!と描かれてます。
http://blogs.yahoo.co.jp/chibisayo/35136398.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月06日 22:01 | コメント (0)

 

フリーダム・ライターズ(ヒラリー・スワンク:主演)

「フリーダム・ライターズ(ヒラリー・スワンク:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「アカデミー賞主演女優ヒラリー・スワンクが、プロデュースをしたヒューマンドラマ。実在の英語教師とその生徒たちによるベストセラーが基になっています」



=2007年8月3日収集分=

*Blog・キネマ文化論:フリーダム・ライターズ 評価額・1170円
それにしてもアメリカの教育現場ってすごいですね。多民族国家は何をやらせても問題山積みです
http://kizaemon.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/1170_4a22_1.html

*Shall we watch the movie??:実話、フリーダム・ライターズ
本当にあった、この話はまだまだこれから大きく展開してゆきます。キーは”ホロコースト” ”アンネの日記” ”マー”。
http://soulfood2.exblog.jp/6606097

*みなとノオト:7月31日(火) 無意味な1月
人種問題など、とても深刻な問題を扱っていて、感動的だけどいろいろと考えさせられる内容に、何度も涙ぐんでしまいました。
http://ameblo.jp/notes-de-minato/entry-10041752590.html

*つれづれなるままに:フリーダム・ライターズ
『3年B組金八先生』のアメリカ女教師版みたいな感じの感動作だけど、こっちは実話に基づいている分、やはり重みがありますね。
http://ameblo.jp/caro88/entry-10041791282.html

*心のままに映画の風景:フリーダム・ライターズ
こんな話しは現実でも成功するのはまれなのかもしれない… それでも、特に同じ現場の方々に観て欲しいと感じた作品。
http://jdyk060911.blog93.fc2.com/blog-entry-141.html

*元・副会長のCinema Days:「フリーダム・ライターズ」
単に“実話だから”という設定に寄りかかって、作者のリベラルな主張を全面展開したようにも思える。
http://blog.goo.ne.jp/chandos/e/3abe79c4a04cd7e50870df384170ce0c

*[FREECRUZ BLOG:『フリーダム・ライターズ』
泣いた。実話をヒラリー・スワンクがプロデュース&主演。感動!
http://blog.freecruz.com/?eid=550371

*流風月海:実話 「フリーダム・ライターズ」
これは 心の奥底にずーんと染みて後からじわーっとくる感動作です!!!!予告を観てまた泣けてくる・・・(;;)いい映画だ〜・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/lukagekkai/15128813.html

*日々のきらめき。:フリーダム・ライターズ
泣きました。良かったです〜。日比谷シャンテで見てきたのですが、こういう映画こそ、もっと上映する映画館が増えたらいいのになぁ。
http://ameblo.jp/loveandlight/entry-10041984471.html

*zoro-0810の日記:映画を見ました
ストーリーはわかっていましたがやはり泣いてしまいました。涙腺が緩くなっているのだと思いますが、良い映画である事は間違い無いと思います。
http://d.hatena.ne.jp/zoro-0810/20070803

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月04日 09:43 | コメント (0)

 

馬頭琴夜想曲(鈴木清順:特別出演)

「馬頭琴夜想曲(鈴木清順:特別出演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「美術監督の木村威夫が、原爆をモチーフに創造した音楽と映像のファンタジー。馬頭琴が奏でる奇跡の物語が幻想的に展開します」



=2007年8月3日収集分=

*NMC100的映画感想集:「馬頭琴夜想曲」(木村威夫監督)
齢80も後半にして、自分の好き勝手に作れるようになって作ったのが・・・小学校の学芸会のクリスマス演劇!?
http://nmc100.exblog.jp/6140569

*CINECHANの映画感想:まろうどが爪弾く極彩色の夢
木村監督はこれまで美術監督として、鈴木清順と200本以上の作品を作り上げてきた人らしい。正に美術監督ならではの映像である。
http://cinechan.at.webry.info/200707/article_23.html

*自然体ブログ発信:馬頭琴夜想曲 映画
馬頭琴の大好きな私。昨日から素敵なキャストで繰り広げられている公開映画「馬頭琴夜想曲「」の話です。
http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10040692708.html

*まつ葉文庫:第2回 MY渋谷映画祭
監督の感性をそのまま映像化したストーリー性の乏しい意味不明な展開に、はっきり言って退屈しました
http://blog.goo.ne.jp/matsuba_nakamura/e/5a7d323de37bcf835f4b9b25781a757b

*TESSERACT:馬頭琴夜想曲
はっきりとしたストーリーはなく、モチーフからイメージを連想していくようなものになっています。
http://d.hatena.ne.jp/taniwaki/20070728#p1

*romanticism&realism:C
やっぱり恐。怖。落ち着いて観れんかった;;でもすごい。美。術。美の術がすごい。光が良い。それと絡ませた音の術もすごい。
http://yaplog.jp/virginromantic/archive/122

*LUNACY:『馬頭琴夜想曲』
アメリカ人には撮れない映画ですね(笑)。でも、なんか謎めいているというか。とりあえず、評価は、保留(笑)。
http://cygnus.blog.ocn.ne.jp/cygnus/2007/07/post_64fb.html

*CINEPHILIA〜映画愛好症〜:馬頭琴夜想曲(2007日)
スーパーオペラのようでもあり、ギャグマンガのような演出もあり。色の上に色が重なり、音楽でにじんでいるような作品。
http://ameblo.jp/tombouctou/entry-10041438623.html

*キタヤママサキブログ:馬頭琴夜想曲
宮益坂の上にあるミニシアター、イメージフォーラムにて。変な映画でした。
http://blog.livedoor.jp/nstl/archives/51004015.html

*斉藤久美子’S 被害対応ブログ:2007.07.21.(Sat)
作品のほうは。。。さすが美術監督だけあって、映像がきれいでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/kumikos_diary/22904927.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月04日 09:40 | コメント (0)

 

いつかの君へ(斎藤工:主演)

「いつかの君へ(斎藤工:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「3人の男のピュアなストーリー。男子学生とその双子の弟、クラスメイトが、禁断の愛にめざめていくラブストーリーです」



=2007年7月31日収集分=

*佐々木麻衣オフィシャルブログ「〜ピュア〜」:いつかの君へ。
この映画、熱くてとても好きでしたボーイズ・ラブ、ということでいろいろ想像していましたが(笑)本当にきれいで素敵な作品でした。
http://ameblo.jp/mai-sasaki/entry-10041734391.html

*shige日記(仮題):いつかの君へ
映画はまずまず。ノンケの男の子たちのちょっとした触れ合い、でしょうか。終了後もいろいろと考えたり、つっこんでみたり。
http://mizuiro-nijiiro.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_5819.html

*のんびり時間:〔黄身〕めちゃカッコイイw
昨日は待ちに待った、「いつかの君へ」を見てまいりました ヤバイですよー凄く楽しかったです
http://ameblo.jp/sora-music/entry-10041468321.html

*おえかき上達への道R1:「いつかの君へ」感想(斎藤工)
・・・・あれ?いいじゃん・・(^_^;)ってのが初日に観た率直な感想。き、期待してなかったんです・・・正直・・
http://blog.crowe.jp/?eid=667641

*拓美のICHIGO-STATION:深水な工と早瀬な龍之介
映画…とても素敵でした(∧ω∧)って言うか、工と龍之介がもう愛しいよぅ!!
http://blogs.yahoo.co.jp/sunflower2006ts/23229214.html

*愛ゆえに・・・。:天国と地獄?
渋谷で迷ってしまったケド、無事に「いつかの君へ」(初日舞台挨拶あり)を観に行きましたよ★工さんと龍ちゃん超格好良かった!!
http://blogs.yahoo.co.jp/qqus2nr9n/35417611.html

*T×D Day:いつかの君へ初日舞台挨拶。
行って来ましたよ『いつかの君へ』初日舞台挨拶。久し振りの工君(それでも1ヶ月振り)はめちゃくちゃ素敵でした!
http://tddaynino.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_f69b.html

*日々是最遊記。時々久保時?:『いつかの君へ』
初日舞台挨拶を観てきました!実はあまり期待してなかったんですが(^^;)、面白かったですvv
http://blogs.yahoo.co.jp/hisui_53/49237837.html

*ばいぶれいしょん:※ネタバレ注意
見てきましたよー映画!「いつかの君へ」よかったよあれ!あのくらいのテイストなら丁度いいかもね。
http://blog.goo.ne.jp/argon_algonquins/e/70ba78bf57d3b6e7cd6267a816ecadba

*三日坊主:いつかの君へ〜舞台挨拶
この手のお話は2本目なんですが、コッチの話はライトな感じで普通のBLとして楽しめました。
http://blog.livedoor.jp/y705705/archives/50799582.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月01日 08:12 | コメント (0)

 

リトル・チルドレン(ケイト・ウィンスレット:主演)

「リトル・チルドレン(ケイト・ウィンスレット:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「トム・ペロッタ原作のベストセラー小説の映画化。「大人になれない大人たち」の心のうちをリアルに描いています」



=2007年7月30日収集分=

*ガムザッティの感動おすそわけブログ:「リトル・チルドレン」
これ、いわゆる「専業主婦」と「専業主夫」の恋物語。二人で家事だけやっていたら食っていけませんから、モチロン不倫。
http://plaza.rakuten.co.jp/gamzatti/diary/200707280000/

*ヘーゼル☆ナッツ・シネマBOOK:『リトル・チルドレン』
大人になれない大人ってとこでしょうか?でも、大人の映画ですね。いろいろいい意味で考えさせられます。
http://plaza.rakuten.co.jp/eiganosekai/diary/200707280000/

*映画のメモ帳+α:リトル・チルドレン
映画『リトル・チルドレン』は見終わった後、もやもやとした、すっきりしない余韻を観客に残す。
http://moviepad.jugem.jp/?eid=120

*は る か カ ナ タ:挑戦してみました。
久々に映画館へ行ってきました。観てきたのは「リトル・チルドレン」という映画です。コレ、なにげに大アタリでした
http://ameblo.jp/kurutu/entry-10041564384.html

*まどぎわ通信:映画「リトル・チルドレン」
モラトリアムを求め,逃避型「ダメ大人」人生を送る「大人になりきれない大人たち」への心地よいファンタジー
http://d.hatena.ne.jp/madogiwa2/20070729

*さんゆうていおうらくのはじめてのブログ:映画見聞記 vol.116
今年のオスカーにノミネートされたケイト・ウインスレットも健闘したが、周りのキャラのが印象深い。
http://ouraku.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/vol116_41ec.html

*【EURO高】根暗な美容専門学校生の耽美な日常【最悪】:残酷な孤独のテーゼ
あのね、すっげーシュールwありゃあナレーションがなかったら意味不明で終わっていたでしょう なかなか深いです
http://ameblo.jp/bihadakakumei/entry-10041491381.html

*HEART OF ROSE MEMORY:♪映画ハシゴ♪
どれも結構人入ってましたし、リトル・〜は初日だったので注目度は高いんだな!と映画人口の多さにウットリです。
http://plaza.rakuten.co.jp/rosane/diary/200707290000/

*rock-cのmy cinema:「リトル・チルドレン」
「意外な展開、意外な結末」。単純な恋愛映画ではなく、さまざまな要素が融合しあい、考えさせられる「大人のヒューマン映画」。
http://rock-c-cinema.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_85d8.html

*カノンな日々:リトル・チルドレン/ケイト・ウィンスレット
リトルチルドレン。大人になりきれない大人って何気に他人事には思えなかったりするんですよね(焦)。
http://blog.livedoor.jp/baron_na8c/archives/51002011.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月31日 11:10 | コメント (0)

 

天然コケッコー(夏帆:主演)

「天然コケッコー(夏帆:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「くらもちふさこ原作の同名人気少女漫画の映画化。自然豊かな町を舞台に、甘酸っぱい初恋や、友人や家族との何気ない日常に癒されます」



=2007年7月30日収集分=

*ももねこ図書館:天然コケッコー
そんなちょっとしたところでも幸せな気分になれる映画でした。とにかくこれは癒される〜!
http://yaplog.jp/momo_cat/archive/125

*きりぎりすな日々-2:天然コケッコー感想その3
笑って・怒って・泣いて…そして天然──そんな色んな表情を見せてくれた、夏帆ちゃんが最高に良かった!
http://impre.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/3_3573.html

*“cafe saudade”at shonan:絶品!「天然コケッコー」をシネスイッチ・・・
「かもめ食堂」的「抜け」を想像して足を運んだが、これは観にいってから二日三日経って、じわじわと沁みてくる良作。
http://joao.at.webry.info/200707/article_9.html

*自転車と猫:天然コケッコー
主人公の女の子が修学旅行で東京に出てくるシーンがあり雑踏の中で戸惑っている姿が印象的だった。
http://blog.goo.ne.jp/tabies/e/efa8ac3f7b2ec3d9d6c19abca4d9a84a

*クラシックな日々:嬉しい土日でした♪
美しい姿と優れた演技、共演者に対する優しい姿勢を観ることができて、ブラビッシモでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/k_hilty/48662264.html

*きょうもあしたも:映画「天然コケッコー」みました。
中学2年の夏から始まって中学を卒業するまでの約1年半のそよの大沢君への気持ちの動きが描かれる。
http://coitaba.exblog.jp/7213785

*君住む街角:銀座でコケッコー
でも、登場人物は大体マンガのイメージに合った人選で笑えてしまいました。特にお気に入りはさちことシゲさん。
http://kimisumumachikado.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_3eb2.html

*LIBERTY ART 足下の恋文:パイレーツオブカリビア☆天然コケッコー・・・
ヤフー映画のレビューとかでは結構評価が低かったけれど、最初から最後まで私はわくわくと楽しめて最高な気分で映画館を後にできましたよ
http://blogs.yahoo.co.jp/mijieyu8kitino/14820452.html

*「さとりのひとりゴト」あの映画のウラ・オモテ:キュートな女優さん・・・
カワイイ映画でさわやかな映画でなんてったって見終わった時に爽快感が残る!!
http://blogs.yahoo.co.jp/satorinmisya/14954774.html

*Noriko Takahara's Blog:半分子ちゃんになりたい
「天然コケッコー」を見る。ああ、私はもう一生、夏帆のことを嫌いになれません。
http://blog.livedoor.jp/sportsman_takahara/archives/51008864.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月31日 11:06 | コメント (0)

 

夕凪の街 桜の国(田中麗奈:主演)

「夕凪の街 桜の国(田中麗奈:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「平成16年度文化庁メディア芸術祭漫画部門大賞を受賞した、こうの史代のコミックの映画化。広島原爆投下から13年後と現代に生きる2人の女性と通じて、原爆の悲劇さを描いています」



=2007年月28日収集分=

*チルソククリニックは診療中:『夕凪の街 桜の国』東京初日
夕凪の街 桜の国を観ていると、どうも『四日間の奇蹟』がふっと浮かんできて仕方がないのですが、それがなぜなのか、うまく表現できずにいたのです
http://yaplog.jp/chirusoku77/archive/659

*@ブラウンカープ:夕凪の街桜の国
夕凪の街桜の国1桜の国2の総数190ページに満たないアニメをもとに映画にした様です
http://yaplog.jp/tsuyo-tsuyo/archive/1646

**少年オオカミ:映画「夕凪の街桜の国」
これほど彼女たちがハマって、輝いていた作品ってこれまでなかったんじゃないだろうか?それほど、本当にこの映画の3人はいいです。
http://dailyookami.jugem.cc/?eid=267

*何書☆ねくすと:夕凪の街 桜の国
本編の中で皆実が唄ういくつかの歌は、優しくもあり、心と体に傷を負った者の小さな悲鳴にも受け取れます。
http://tamasyoku.blog84.fc2.com/blog-entry-105.html

*shin nippon blog:『夕凪の街 桜の国』の試写会を開催しました
先日、学校の先生方に向けて『夕凪の街 桜の国』の試写会を開催いたしました。
http://espacesatou.blog84.fc2.com/blog-entry-6.html

*山あり谷ありダイアリ〜:【夕凪の街 桜の国】
NHKの朝のニュースでやってた。広島を舞台にした原爆もの。ちょい「父と暮せば」風か。
http://d.hatena.ne.jp/Hiromix2004/20070728#p2

*ポンコツのくらしです。:夕凪の街桜の国
原作に合わせるならもっと忠実にやってほしかったし、原作無視するならもっとうまくやってほしかった。なんか全部が中途半端な感じです
http://blog.livedoor.jp/sakunosuke/archives/51023398.html

*tyttaのきまぐれコラム:夕凪の街 桜の国
あんまり書くとネタバレになるので書きませんが、麻生さんの演技が光る良い映画だと思います。
http://tytta.way-nifty.com/blog/2007/07/post_97f3.html

*試写会帰りに:『夕凪の街 桜の国』
違和感のあるクローズアップに何度か戸惑いましたが、全体的にとても真摯な姿勢で丁寧に描かれている作品で、見応えありました。
http://bakabros.seesaa.net/article/49467318.html

*MISAからはじめました。:夕凪の街 桜の国
「広島」はテーマの1つであって、もっと大きい意味で人間の繋がり、っつか、人間の「想い」の繋がり…を感じさせる映画だったわ。
http://blogs.yahoo.co.jp/misamisugi/50097261.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月29日 21:59 | コメント (0)

 

インランド・エンパイア(デヴィッド・リンチ:監督)

「インランド・エンパイア(デヴィッド・リンチ:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「鬼才デヴィッド・リンチの監督最新で、ベネチア映画祭で栄誉金獅子賞を受賞しています。リンチ・ワールドとも言うべき不可思議な映像世界です」



=2007年7月25日収集分=

*我想一個人映画美的女人blog:インランド・エンパイア / INLAND EMPIRE
こんなにひとつの映画の世界に引き込まれるなんてそうそうあることじゃないし、この世界観はやっぱりスゴい!!もう一度観たい♪♪
http://blog.goo.ne.jp/some-like-it-hot/e/364d1f2ecab1f08d48c47f4e293aa244

*ちくわの心。:インランド・エンパイア
何点付ければいいのかもよくわかりませんが…。マルホランド・ドライブとは比べ物にならないくらいわけのわからん作品です。
http://blogs.yahoo.co.jp/shishimaru_8/50384334.html

*映画人生:インランド・エンパイア
@恵比寿ガーデンシネマ、先週土曜日から公開。★を三つつけましたけどね、正直、わけがわかりませんよ。
http://bunumz104.blogspot.com/2007/07/blog-post.html

*sairoku:デビットリンチの新作「インランド・エンパイア」
リンチ、ああゆう話気に入ったのか。予告はちらちら悪夢っぽいものがあるな。あーわくわくする。
http://sairoku.blog33.fc2.com/blog-entry-117.html

*バッキー大坂のサブカルチャー情報ブログ『スト☆パラ』:バッキー映画の日
んが! これが全然ダメだった…(-o-;) 監督のファンで期待が大きかっただけに 失望も大きかったなぁ。
http://www.hobidas.com/blog/hobidas_blog/backy/archives/2007/07/post_176.html

*どんくらの映画わくわくどきどき:インランド・エンパイア・・・
現実と仮想とさらに映画撮影の演技が混沌と混ざり合ううえに、映画の中でも現実と仮想が混ざり合う。
http://klause.blog53.fc2.com/blog-entry-568.html

*そがまつみのひびおもうこと:遅れましたが
これから観るという人がいたらいけないので、内容は伏せますが、ワタシは、ものすごぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉく好きです。
http://s-m-kaban.jugem.jp/?eid=355

*Birth of Blues:【映画】インランド・エンパイア
スポンサーが全没だったという前評判通り、興行作品ではありませんでした。普通の人には絶対お勧めできないw
http://blog.livedoor.jp/kingcurtis/archives/50399868.html

*Brain Construction:INLAND EMPIRE
これほど胸を張って「全然わかりませんでした!」と笑顔で言いたくなる作品は他に絶対ないだろう。
http://blog.goo.ne.jp/doma04062421/e/83661fca021ca26551dfc47e293bf29e

*隣人A:錯乱侍
『インランド・エンパイア』観ました。これはね、すごい。死ぬかと思いました。ほんとに。想像を絶する意味分かんなさ。
http://neighbora.spaces.live.com/Blog/cns!9449DDF12284CF8!1616.entry

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月26日 09:33 | コメント (0)

 

ゴースト・ハウス(クリステン・スチュワート:主演)

「ゴースト・ハウス(クリステン・スチュワート:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「スパイダーマンのサム・ライミ製作のホラー。古い一軒家に引っ越してきた一家が、悪夢のような怪現象の数々が描かれています」



=2007年7月25日収集分=

*勝手にコピーライター宣言:ゴースト・ハウス
唯一の救いはゴーストの見せ方がちょっと面白かったこと。でも、それもJホラーによくあるものではあるけど。
http://sean.no-blog.jp/kattesenngenn/2007/07/post_7abe.html

*マイROOM:「ゴースト・ハウス」
ストーリーは、ホラー要素をとりのぞけば、結構可哀想な話なんですよね。でも・・・ちょっとありがちかな?^^;
http://eiga-zuki-roudo.blog.drecom.jp/archive/892

*SAWSIN'S DARKNESS:ゴースト・ハウス
霊の描き方はアジア的であったりでタイホラー出身監督ならではの東西ホラーテイストの融合はうまいと思った。
http://sawsin.exblog.jp/5912264

*いぶら★カダブラ .blog:ゴースト・ハウス
CG映像はなかなかB級の匂いがプンプンしたけど、内容としては、そんなバカバカしいわけでもなく、まぁ、よくあるオチですわ。
http://ibrasavi.jugem.jp/?eid=25

*映画の感想文日記:『ゴースト・ハウス』
ストーリーはシンプルなもので、ホラー映画で郊外の一軒家が舞台という設定だと、誰もが思い描くようなありふれた内容になっている。
http://ameblo.jp/cinephile/entry-10040817417.html

*CINEMA STADIUM:ゴースト・ハウス(2B)
アメリカの埃っぽい街を舞台としてるのに、パン兄弟の幽霊の見せ方はアジアの湿り気を感じさせるんで、大好きだ。
http://cinesta.exblog.jp/6152097

*SEA side:映画 「ゴースト・ハウス」
幽霊はポルターガイストのようにその場に怨念を残すタイプと、恨みを持ったある個人にとり憑くタイプがある。本作はその両方。
http://blog.goo.ne.jp/machindows/e/eee2ee885cb3244c0bedd96277fb3697

*映画の街で暮らしたい:「ゴースト・ハウス」
邦題の付け方ってもう少し考えないといけませんよ。この、「ゴースト・ハウス」ってタイトルだけ見たら完全にB級・・・内容は結構面白かったのに。
http://mogmog-yukidaruman.blog.ocn.ne.jp/eimachi2/2007/07/post_cfb8.html

*映画ざんまいの日々:ゴースト・ハウス
上映時間が90分と短めで、ストーリー展開も複雑ではないので分かり易かったです。
http://yass.mediacat-blog.jp/e10174.html

*春眠る月:「ゴースト・ハウス」 The messengers
ホラー映画は大好きだけど、映画館で観たのは久しぶり。監督がパン兄弟って双子なんだって。アジアン・ホラーのヒット・メーカーと書いてあった。
http://blogs.yahoo.co.jp/fukusuke_anyo/23080768.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月26日 09:29 | コメント (0)

 

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(ダニエル・ラドクリフ)

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(ダニエル・ラドクリフ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ハリー・ポッター映画版シリーズ第5弾。ハリー・ポッターとその仲間たちが、ヴォルデモート卿相手に、秘密同盟の“不死鳥の騎士団”と協力して戦います。」



=2007年7月20日収集分=

*Hana*Hana World:「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」初日舞台・・・
舞台挨拶にきたのはウィーズリー兄弟役のジェイムズ・フェルプス、オリヴァー・フェルプス
http://plaza.rakuten.co.jp/maihana/diary/200707200000/

*まっど,蘭理の日記:ハリー・ポッター
キングズリーが少ししか出なかったからちょっと残念だったけど、ダンブルドアVSヴォルデモートのところとかよかった♪
http://mad268.blog71.fc2.com/blog-entry-77.html

*cats_no_blog:本日公開、ハリポタ見ちゃった☆
今までのシリーズの中では1番おもしろかったです 前作はなんか暗すぎたし、ロンの髪型きもいし(笑)、なんかな〜てかんじ。
http://yaplog.jp/cats1101/archive/58

*MIWA-BLOG:映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』
ネットでの評判が散々だったので不安でしたが、見終わってみて、私はハリーの映画中、最高の完成度だと思います。
http://blog.7heavens.info/?eid=482050

*ソナチネ:ハリー・ポッター
映画についてもあまり期待していなかったんだけど、映画は驚くほど良かった!
http://cuppa.tea-nifty.com/blog/2007/07/post_a7e2.html

*オハナのみにぶろぐ:ハリポタ
一応今までのシリーズは見ていたのですが、改めてハリポタの世界にどっぷりハマってしまいました
http://yaplog.jp/ohana28/archive/22

*よもやまシネマ:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
多くを語って無い所や切り捨てられてしまったエピソードを記憶の中から探り出して映画を観ながら補足してました。
http://plaza.rakuten.co.jp/ymymcinema/diary/200707200000/

*Pippypoo:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
見てきました♪ハリー・ポッター(*´∀`)いや〜みんな大きくなって。あんなに小さくて可愛かったハリーが、今は大人っぽくなりましたよね
http://plaza.rakuten.co.jp/pippypoo/diary/200707200001/

*にじいろ なないろ:ハリー・ポッター(映画)
主演の3人を初め、生徒役のキャストがみんな成長してて、あ〜、後2作なのね、とちょっと感慨深くなりました。
http://ameblo.jp/serendipper/entry-10040505724.html

*MY DAYS:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
欧米で公開になった時、かなり評判がよく「シリーズ最高の出来」「オスカーもあり得る」などと言われてましたが、どうでしょう。
http://bunkasmydays.blog71.fc2.com/blog-entry-189.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月21日 09:07 | コメント (0)

 

魔笛(ケネス・ブラナー:監督)

「魔笛(ケネス・ブラナー:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「モーツァルトのオペラをイギリスの演技派俳優ケネス・ブラナーが映画化したオペラ劇。全22曲の「魔笛」の楽曲が映画を盛り上げています」



=2007年7月19日収集分=

*夢さがしブログ:モーツァルト「魔笛」を観ました!
新宿高島屋にあるシアターはとても音響効果がよく、まるで舞台のオペラを生でみているような臨場感を味わうことができ、感動
http://ameblo.jp/yumesagashi-blog/entry-10040335010.html

*Seasons Of Change:魔笛
歌はやっぱり皆さん圧巻の一言です。三人の童子が歌い上げるコーラスが素晴らしかったですね。
http://tometomebace.jugem.jp/?eid=364

*のんびり、ゆったり、素敵な毎日:映画 魔笛
曲に合わせて戦争風景が流れ、台詞もほとんどなく、ちょっと映画を見ているというよりも曲のプロモーション映像を見ているような感じでした
http://ameblo.jp/littlelily/entry-10040372215.html

*camarade:ケネス・ブラナーの「魔笛」
平和と調和をもたらす魔法の笛の効力と、戦火の絶えない現実の世界とを関連づけて考えざるをえなくなる。
http://goodfeeling.cocolog-nifty.com/camarade/2007/07/post_e73d.html

*怠け者の日々:映画「魔笛」を見に
昔「薔薇の騎士」のそのまま映画にしたのを見たことがありますが、あの方がわかりやすいかも。
http://solebterhin.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_714a.html

*璃薇の部屋:ケネス・ブラナーの「魔笛」
250年ほど昔の脚本をそのまま、説明も何もなくても、映像と音楽がぴたりと現代のお話に合っているのです。
http://flieder.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_e73d.html

*Poka Poka Biyori:魔笛
魔笛は、モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラ。音楽をとても楽しめました。ほとんどのシーンは歌でした
http://ameblo.jp/poka-poka-biyori/entry-10040382995.html

*ハーブ&紅茶研究家のときめき日記 キャンディタイムス:最近のシネマ
歌声や恋のストーリーに酔いしれ、、そして魔笛とは木のフルートのことです。フルートは大好きなのでとても癒されました。
http://ameblo.jp/happycandysalon/entry-10040402992.html

*雑記帳:“魔笛”
本物志向のオペラファンからは文句が出そうな作品かもしれませんが、なかなか楽しめる映画でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/santasanta51/50271061.html

*暇つぶし☆:魔笛
想像通り全編オペラ。モーツァルトの楽曲と美しい歌声に心がリラックス。。。はあ〜〜リラックスし過ぎちゃいました(・ω・;)
http://blogs.yahoo.co.jp/nemutan21/48369394.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 07:42 | コメント (0)

 

ルネッサンス(クリスチャン・ヴォルクマン:監督)

「ルネッサンス(クリスチャン・ヴォルクマン:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「近未来のパリを舞台にした誘拐事件を追うカラス警部の活躍を描くSFアクション・フィルムノワール。美しいモノクロームの映像が独創的です」



=2007年7月16日収集分=

*探査記録:フィルムノワールなアニメ
モーションキャプチャーで取り込んだ動きは、とても滑らかで、いままで見たCGアニメでは一番良かったような気がする。
http://sf-henkyo.sblo.jp/article/4703225.html

*はらやんの映画徒然草:「ルネッサンス」 映像は新しいが・・・
全編モノクロームのアニメーションですが、白と黒の中間のグレーはあまり使っていないので、さらにハードなタッチに仕上がってします
http://harayan.air-nifty.com/blog/2007/07/post_1bf8.html

*Turn on Life:ルネッサンス
コントラストがかなり強い画 かつ自分で画を補完しなきゃ いけないので疲れる
http://kjrykt.blog67.fc2.com/blog-entry-620.html

*横幅日記:ルネッサンス
白黒画面とも違うシャープな絵柄で、ハードボイルドなストーリーによくマッチしている。動きは自然かつ滑らかで、美しい。
http://blog.livedoor.jp/gorogoroemon/archives/50964109.html

*記憶断片CoraGe:ルネッサンス
特徴的なのが画面が白黒なこと。モノクロじゃなくて白黒なんです。色を2色に限定した面白さや美しさはよく伝わりました。
http://kiokucorage.blog49.fc2.com/blog-entry-241.html

*此処ではない何処か:「ルネッサンス」
モノクロにする事で、カラーでは見えないものが見え、見えるものが見えないと言うミステリアスな部分もあるし、空想も広がる。
http://kokodewa.blog26.fc2.com/blog-entry-290.html

*モグラのあくび:『ルネッサンス』
この映像にはまだ名前がないのだという。時代が追いつけなかったのである。“それ”に。観た瞬間に圧倒されるだろう。
http://blogs.yahoo.co.jp/typhoon_number23/48937470.html

*OGAの雑記:【映画】 ルネッサンス
ポリゴンや擬似3Dが全盛のゲームの中で、ワイヤーフレームだけど超高速の3Dスターウオーズのゲームをやったときの感覚が近いかな。
http://oga89.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_ddd5.html

*まどぎわ通信:映画「ルネッサンス」
これまで何回か書いたようにアニメーションと実写はCGという媒介を経て融合していく.
http://d.hatena.ne.jp/madogiwa2/20070716

*氷の微笑:ルネッサンス
今まで観た事のない画期的な作品だと思いました。内容もハラハラ・ドキドキさせるもので、最後まで楽しむことができました。
http://koori-bishou.sblo.jp/article/4721053.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月17日 00:12 | コメント (0)

 

ファウンテン 永遠につづく愛(ヒュー・ジャックマン:主演)

「ファウンテン 永遠につづく愛(ヒュー・ジャックマン:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「医師が愛する妻の命を救うため、16世紀、21世紀、26世紀という3つの時代を超えた壮大な旅に向かうラブ・ファンタジーです」



=2007年7月15日収集分=

*映画・本・音楽などなど:「ファウンテン」
後半の残り20分位から、監督が暴走しちゃったか!?現在過去未来(?)の、3つ次元が最後つながった・・・のか?びっくりでした。
http://synapse1997.blog.drecom.jp/archive/182

*しょうちゃんの映画ブログ:映画「ファウンテン 永遠につづく愛」
トミーとイジーとの関係の描写がもう少し描かれていてもよかったと思います。結局、あまり分けがわかりませんでした。
http://shochan.blog.drecom.jp/archive/256

*Shazzarn Times:新作批評 『ファウンテン 永遠につづく愛』・・・
現在、中世、未来を平行して物語は進むのですが、おのおのの話が前世なのか、本の話なのか、単なる想像なのか、まったく理解できません
http://blog.so-net.ne.jp/katoyasu/2007-07-14

*映画好きのひとりごと:ファウンテン 永遠につづく愛
主演のヒュー(XMENのウルバリン)ジャックマンとレイチェル・ワイズこの映画がきっかけで結婚しちゃったよ!
http://myhome.cururu.jp/captainsolo/blog/article/41001313972

*夜のひとカケラ:ファウンテン
永遠の愛と、死を受け入れるというテーマが最後に行き着くところまで、観る人によってはかなり意見が分かれるかもしれません
http://m-picture.way-nifty.com/blog/2007/07/post_f4ce.html

*DoobieのCINEバカ日誌:ファウンテン 永遠につづく愛
夫が抱く観念的なイメージを映像化している部分もあり、全体としては、SF&ファンタジー、プラス哲学または宗教の世界になっていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/supershot1996/14257146.html

*Forget me not:心静かに・・・
涙がこぼれた・・・彼女が 終わらせて・・・っていう・・・いつか 終わる恋 かっちゃんもそう言った
http://blogs.yahoo.co.jp/eri77887/12941994.html

*シネマダイアリー:映画「ファウンテン 永遠につづく愛」
2007年50本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「π」「レクイエム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキー監督作品。
http://d.hatena.ne.jp/shochan627/20070714

*ハイテンションブルーズ:独りデート
「ファウンテン」て映画。これから観る方もいるでしょう。内容は言いません。ただ、あーよく寝なかったねタロウさん。
http://lizarazu.blog66.fc2.com/blog-entry-382.html

*東京で安く映画を観る.com【実践編】:ファウンテン 永遠につづく愛
良い意味で完全に裏切られたね。あらら、、監督はダーレン・アーロノフスキかぁ。こりゃ迂闊だったね。普通の映画の訳ねえじゃん。
http://blog.goo.ne.jp/yes90125/e/feaa586a157148e21749c01e959fad61

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月15日 22:52 | コメント (0)

 

童貞ペンギン(ボブ・サゲット:監督)

「童貞ペンギン(ボブ・サゲット:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大ヒットした『皇帝ペンギン』のパロディで、動物の映画なのに、下ネタの連続でR-15指定!サミュエル・L・ジャクソンナレーションをしています」



=2007年7月15日収集分=

*帰国処女って言った人のブログ:問題
R18指定の皇帝ペンギンのパクリ映画は何ペンギンでしょうか!?答えは下へ。
http://ameblo.jp/ngyt/entry-10039847613.html

*机の上が汚いSEが書く日記:ハリー・ポッターじゃなくて…
『童貞ペンギン』を観にいったちょっとおかしな二人でしたとさ。動物映画なのにR15指定というヤバい作品です'`ィ(´∀`∩。
http://d.hatena.ne.jp/takaochan/20070715/1184429744

*ハンスの「あ、そうですか」:動物物の映画
で紹介ムービーの1コマ目のセリフ「はやくやりてえよ」もうつぼにはまちゃいましたね。・゚・(ノ∀`)・゚・。
http://plaza.rakuten.co.jp/hansu0313/diary/200707150000/

*酒池肴林:マジものです。
運命の一発を夢見る童貞カール ハーレムを夢見るタフガイ ジミー 運命の恋を夢見る処女メリッサ
http://halfmoon1.blog55.fc2.com/blog-entry-417.html

*映画 de しりとり:童貞ペンギン
さらにナレーション役がサミュエル・L・ジャクソンて。下ネタ系もイケるんですかね?サミュエルさんは。
http://cinematrailer.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_f3e2.html

*Keep in Touch:童貞ペンギン
思わず振り向いちゃった そしたら本当に『童貞ペンギン』だった(笑)パロッてるらしいけど、映像は一緒みたい
http://blog.goo.ne.jp/keep_in_touch_2006/e/60ab235aed7dc1f8fa527d760bf1f6d7

*るんるん♪:間違ってません、童貞で検索しました
今度のは皇帝じゃなくて童貞。「皇帝ペンギン」一昨年だっけ?劇場の大きなスクリーンで観ましたよ。
http://run2.exblog.jp/5864657

*新今週どーする? 〜食道楽日記〜:童貞ペンギン
「皇帝ペンギン」の映像を使ったパロディなんですが、美しい映像に似合わず、なんと吹き替えの下品なことよ・・・(笑)
http://d.hatena.ne.jp/dadachamusume/20070714#p1

*よくいやドリーマー。。:タイムカード押すみたいな。。(笑)
今日の『王様のブランチ』で『童貞ペンギン』なる映画の紹介をやっておりました。昭仁さんを思い出しました。
http://koharu0122.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_827f.html

*目指せ!世界の料理ショー『グラハム・カー』ラブリーのグルメ探検隊
おすげ「ほんと!素晴らしい映画だわ」ぴーちょ「愛と涙、友情、ハンカチ無しでは見られないわ」
http://blogs.yahoo.co.jp/lovly_wine/48892609.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月15日 22:49 | コメント (0)

 

劇場版 西遊記(香取慎吾:主演)

「劇場版 西遊記(香取慎吾:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「フジテレビの高視聴率ドラマ「西遊記」の劇場版。金角と銀角の兄弟妖怪と「なまか」達が戦うストーリーです」



=2007年7月14日収集分=

*Foret de Lune:台風なんか気にしなーい
シリアスな中にあるギャグが最高。絶対名前わからへん、て思ったら案の定だし(笑)ていうか私、武器をやたら熱心に見てまして(笑)
http://nouvellelune.blog68.fc2.com/blog-entry-480.html

*プライベート日記のようなもう一つの腐日記:西遊記
観にいったのは『西遊記』ですた〜印象は、金閣大王怖かった
http://myhome.cururu.jp/everydayprivate/blog/article/21001301765

*BROADWAY DANCE:西遊記
子供が早く観たいと言っていた作品。ファミリー映画としてはいい作品なのかもしれない。
http://broadway.hospitality-bank.com/?eid=285234

*イケメン大好きぴのこのブログ:「西遊記」初日見てきました!
面白かったっすぅ〜♪っつか、岸谷五朗フリークの私としては、めっちゃ五朗ちゃんがカッコ良かったのに感動です!
http://myhome.cururu.jp/jazzman/blog/article/21001301785

*黒うさぎ☆みきみに:映画×西遊記
楽しむこと。なまかを思う気持ち。約束というものの意味。生きるということ。まっすぐな姿勢。たくさんのことを学びました。
http://mikiminishingo.blog100.fc2.com/blog-entry-189.html

*あしたも晴れ!:「西遊記」公開!
慎悟空のアクションは、ハンパじゃなくカッコ良かったし ウッチャンの沙悟浄もカッコイイですよね〜。 ちょっとクールで。
http://pon244.blog102.fc2.com/blog-entry-58.html

*咲来-sakura-:西遊記
台風近づくなか観てまいりました。なかなか面白かったと思いますが、金角・銀角のシーンがもっと欲しかった。
http://nikunasi.exblog.jp/5885972

*TAKEのひとり言:なまか
「西遊記」観てきました 熱〜い慎悟空良かったですよ〜時には、笑いあり…時には、胸が熱くなり…
http://smap5tolove.blog94.fc2.com/blog-entry-140.html

*Single is Best ?!さふらんの日常:西遊記&ハリーポッター
西遊記 観ました(^_^)面白かったなぁ〜 笑いあり、感動ありで涙した私(;_;)ウルウル
http://myhome.cururu.jp/safuran_/blog/article/61001340701

*Tree&Green:今日は西遊記、見てきました♪
映画の感想は、とってもおもしろくそしてちょっぴり感動もあり、子供でも分かる楽しい映画でした。
http://plaza.rakuten.co.jp/mamaslikes/diary/200707140000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月15日 09:52 | コメント (0)

 

私たちの幸せな時間(カン・ドンウォン:主演)

「私たちの幸せな時間(カン・ドンウォン:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「韓国のベストセラー小説を映画化した感涙のラブストーリー。人生に絶望した死刑囚と女性の感動の話です。カン・ドンウォンが泣かせます・・」



=2007年7月14日収集分=

*トモトモの韓流侃々諤々:『私たちの幸せな時間』を観て
最後のカン・ドンウォンなんか泣かされましたよ? いや泣かなかったけどさ。泣けなかったのは脚本のせいです。
http://yongtomo.blogzine.jp/yongtomo/2007/07/post_e659.html

*欲の穴食道:ゲンカツ@銀座
韓国映画とあって客層はちょい高め。。わたしは、ポロリ程度だったけど、かなり泣いている方もいらっしゃいましたね。。。(ToT)
http://blog.livedoor.jp/rapt/archives/50975937.html

*〜 Lonely wolf 〜:☆私たちの幸せな時間 初日☆
原作では 死刑制度に対するメッセージ色が強かったけど映画はやはりメローなラブストーリーだなという印象を改めて受けた
http://myhome.cururu.jp/dongwonssi/blog/article/21001300340

*The Song Lives On:私たちの幸せな時間
また韓国映画だ。ユニークだなぁ、この話。韓国以外の国では発想もできないだろうな。
http://www.tdmax.com/MT2/archives/003172.html

*なんだすて!!!:私たちの幸せな時間
なんとなくあと一歩、泣くに泣けない物足りなさがあった。主人公の二人が心を通わすには、いきなりな感じがして、唐突感が否めない。
http://rachelgreen.blog49.fc2.com/blog-entry-152.html

*おきらくさんの映画的な毎日:私たちの幸せな時間
とにかく泣けます涙の嵐です。切ないとか悲しいとかそんな感情抜きにしてもう胸が締め付けられるほど苦しくて泣けます。
http://plaza.rakuten.co.jp/okiraku1964/diary/200707140000/

*Timemachine:映画「私たちの幸せな時間」
公開日の今日観に行って来ました。いや〜泣けます(ノ_・。)オススメです。
http://ameblo.jp/shinhwa47/entry-10039831691.html

*カンホリLUNAのゆるゆる日記:体験!韓国語教室
元彼のドン君の映画だからね〜やっぱチェックしないと〜ってことで行ってきました〜〜
http://myhome.cururu.jp/princess_of_forest/blog/article/61001340230

*カン・ドンウォン熱・・・・・・・・ ずっと・・・:映画
1度は悲しみに浸る・・・2度目からは また新たな発見 細かい表情 脇役の方 風景 理解がさらに深まると思います。 
http://blogs.yahoo.co.jp/mellysunga7/50737749.html

*おまけの告白+α:私たちの幸せな時間
悲運の人生を生きながら、死刑宣告をうける殺人犯を演じるのはわたしのドンちゃんこと、カン・ドンウォン 照ッ (〃ノ∇ノ)
http://blog.so-net.ne.jp/jolly_bubbly/2007-07-14

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月15日 09:50 | コメント (0)

 

ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ(松山ケンイチ:主演)

「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ(松山ケンイチ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「世界初の人口尾びれプロジェクトを巡るイルカ、フジと人間の感動のリアルストーリー。沖縄美ら海水族館へ行きたくなりますね」



=2007年7月12日収集分=

*ドラマでポン!:「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」
淡々とした作りで、沖縄の景色と水族館と松ケンの目が綺麗で(最後余計かな・笑)良かったですよー。
http://pon-drama.blog.drecom.jp/archive/931

*映画で休憩:ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ
この内容ならドキメンタりーの方がよかったのでは劇場もがらがらで寒い雰囲気でした。
http://ameblo.jp/cinemapia/entry-10039569000.html

*お気楽でラクラク♪:ドルフィンブルー 〜フジ、もういちど宙へ〜
全体的には、考えさせられる場面も要所要所でありましたし、おもわず涙する場面もありましたし・・・観にいってよかったと思いました。
http://ameblo.jp/suteki77/entry-10039585663.html

*凛と歌えば:ドルフィンブルー
唯一、イキイキとしていたのはイルカたちの姿だろうか。イルカに救われた、映画だった。
http://blogs.yahoo.co.jp/ring_ring_to/14127826.html

*mon Lapin!!!:何事も期待し過ぎは良くないですね
沖縄の風景や海やイルカたちなどはすごく良かったのですが、演出に少し問題が・・・という感じでした><
http://arkadiary.blog49.fc2.com/blog-entry-302.html

*きょうこのごろ:ひとり映画
ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ 松ケンかっこよかったぁぁぁますますファンになりました
http://ameblo.jp/sweet-k/entry-10039600059.html

*ナイジェリアンの妻の日記:Dolphin Blue & Okinawa
松山ケンイチ主演の ドルフィンブルー を観てきました。 沖縄の美ら海水族館のフジをモデルとした実話
http://sylvia.10.dtiblog.com/blog-entry-36.html

*ィチ番☆F箸蠍澄Д侫犬留薺擦亡尭阿靴
マジで松ケンかっこよかった かわいかった 演技うまかった すごい引き込まれてしまったんで、フジの演技もすごかった
http://blogs.yahoo.co.jp/ayaa_372229/12532918.html

*じぇらしい的blog:イルカ
ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へを見てきた 実話を映画化してるだけに良い話だった
http://teamjealousy.blog68.fc2.com/blog-entry-266.html

*スキマニア@ひさこ:ドルフィンブルー
ドルフィンブルー見た★やばい。みっきぃ、演技上手すぎ!
http://yaplog.jp/motoni/archive/4

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月13日 07:32 | コメント (0)

 

アドレナリン(ジェイソン・ステイサム:主演)

「アドレナリン(ジェイソン・ステイサム:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「体内のアドレナリンが減ると即死するという毒を盛られた、スナイパーの奮闘を描いたノンストップ・アクション映画。観ているほうもアドレナリンでまくりです」



=2007年7月9日収集分=

*好きな映画を探して!:アドレナリン
どうも設定に無理があり過ぎです。自分を痛めて危険な状態を維持し続けないと死んでしまうという発想は良かったかもしれませんが
http://mystones.blog58.fc2.com/blog-entry-338.html

*ひまわり日記:アドレナリン
大好きなエイミー・スマートが出ていたので観に行ったのですが、ストーリー的にはB級映画の分類に入るのでしょうかねぇ・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/harukayumi/diary/200707090000/

*30代独身男の生活:アドレナリン
イヤァ、結構アドレナリンでましたよ! 主人公の恋人役の女性がとても僕好みでした(笑)
http://plaza.rakuten.co.jp/yaoya808/diary/200707090000/

*花さん家はいつもお天気♪:劇場鑑賞「アドレナリン」
今日は旦那さんと一緒に 「 アドレナリン 」を観に行ってきました。これはジャンルで言えば・・・・「 バカ映画?」(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/komeyuhatona/34095640.html

*ダラダラ日記:アドレナリン(ねたばれ)
ストーリーのアイデアは、まあまあイケてます。アドレナリン出し続ける為に行なうチェリオスの行動は笑えることこの上ない♪
http://blogs.yahoo.co.jp/mastle7/48275658.html

*今日も一日のびのびと♪: 「アドレナリン」を見てきました
もう、めちゃくちゃな内容です。ビビビビビビックリ。えぇぇぇぇ????って。興奮してアドレナリンを出してないと即死亡。
http://plaza.rakuten.co.jp/0012340/diary/200706280000/

*のんびり過ごそう:「アドレナリン」観てきました。
次から次とよくやるなぁ〜と思うくらいずっと動き続けて、衝撃的なシーンの連続。あっと驚く大胆シーンもあって、かなり強烈でした。
http://plaza.rakuten.co.jp/kayopon01/diary/200706290000/

*鶴亀さんの日記:アドレナリン
なんとまあ、しょうもない映画でした。むちゃくちゃな映画。ストーリーなんぞあったもんじゃなく意味不明。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/tsurukame1810/diary/200707040000/

*反省はしても後悔するな:アドレナリン
アドレナリンを出し続けないと即死亡の毒を盛られるという着眼点と派手なアクションはかなりよかった。
http://plaza.rakuten.co.jp/peyang8/diary/200707080000/

*なんとなくブログ・・・:『アドレナリン』
こりゃぁB級映画だった 中国製毒薬を打たれて、アドレナリンを出し続けなければ即死亡
http://plaza.rakuten.co.jp/fumfumaero/diary/200707070000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月10日 07:50 | コメント (0)

 

傷だらけの男たち(トニー・レオン:主演)

「傷だらけの男たち(トニー・レオン:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「心に深い闇を抱えた男たちの人生を描いたヒューマンドラマ。アジアのトップスターのトニー・レオンと金城武の共演も話題です」



=2007年7月9日収集分=

*『天使の涙』:私も『傷城』の住人
でも、『傷だらけの男たち』を観て共感できる部分がたくさんあり、この作品は私にとって、凄く思い入れ深い作品となった。
http://ameblo.jp/uke-chang/entry-10039245124.html

*にっぽんで米夫と暮らす:傷だらけの男たち
香港を舞台に中国のスンバラシイ役者たち、そして、情緒ある雰囲気、切なさ等々十分に描かれていて、これがぴったしな気がするから。
http://ameblo.jp/mippo29/entry-10039280021.html

*千葉市 稲毛の中国茶cafe 「chanachana(チャナチャナ)」のblog
「傷だらけの男たち」 トニー・レオンは今までとは別人に見え、金城くんも何かが違い・・・やっぱり二人はすごいです。
http://blog.chanachana.net/?eid=270513

*平平凡凡映画評:香港はハードボイルドが似合う、『傷だらけの男たち』
ジャンルはハードボイルド・サスペンス。哀愁の滲む、男っぽい映画になっていた。主演はトニー・レオンと金城武。
http://ameblo.jp/imayouo610/entry-10039299907.html

*Shape Of My Heart 今日の気分!:傷だらけの男たち
題名からして、血なまぐさいものを想像していたんですが、よく見てみると、別の意味で傷だらけなんですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/katujijannguru/diary/200707090000/

*かじゅStrawberry Love:傷だらけの男たち
インファナルアフェア好きなんだけど、あんな感じの暗さと深さがあったかな。静かに、進んでいく感じ。二人とも、かっこよかったよ〜。
http://lovers.at.webry.info/200707/article_30.html

*やまのつれづれ日記:「傷だらけの男たち」を観る
全体的に青っぽい画面が特徴的で映像は凝っています。単にサスペンスと暴力だけでない映画です。
http://okirakuyamachan.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_2621.html

*すき☆なもん:Superstar
サスペンス映画で、ちょっと怖かったけど、おもしろかった。金城武とトニーレオン(石坂浩二似)はさすが演技派。見応えあった〜!
http://mikan.e-radio.jp/e48534.html

*フレッシュレスバーガーのつぶやき:Confession of Pain
「傷だらけの男たち」をみました。実は傷だらけなのは男だけではなく彼らを取り巻く女性陣もかなり傷だらけなんだけど…。
http://freshless.exblog.jp/5844350

*カレナーデのEnjoy☆Life:傷だらけの男たち。。。
「傷だらけの男たち」を観た。悲しく切ないクライムサスペンス。だったと思う。ドキドキした。泣いた。ひどく切なかった。
http://karenade.exblog.jp/7082480

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月10日 07:38 | コメント (0)

 

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(佐藤江梨子:主演)

「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(佐藤江梨子:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「女流作家、本谷有希子の大ヒット戯曲の映画化。欲深い暴力女の姉と、したたかな妹など家族が繰り広げるブラックなコメディーです」



=2007年7月8日収集分=

*これからどうやって生きていくか:腑抜けども、悲しみの愛を見せろ・・・
表情豊かな佐藤江梨子と終始無表情な(ラストシーン以外)佐津川愛美の対比も見ものだ。
http://blog.so-net.ne.jp/unokichiro/2007-07-08

*白拍子なんとなく夜話:映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」感想
あー面白かった。女優になりたい勘違い女の姉・スミカ(佐藤江梨子)。
http://d.hatena.ne.jp/y-shirabyoushi/20070708

*HSKI's:「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」
そういう、口にするのが憚られるような、しかし見ずにはおれない面白さを持った映画。
http://hski.air-nifty.com/weblog/2007/07/post_11b7.html

*つれづれなるままに:「FUNUKE」
見終わった後、すぐに思ったのは「佐津川さんの役はすごい役やなぁ」って事です。
http://satsuma.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/funuke_76ab.html

*もしもし、matsuuですが...:腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
役者が非常に良かった。サトエリの性悪女っぷり、佐津川愛美の根暗っぷり、永作博美の天真爛漫っぷり、他の役者も皆素晴らしい。
http://d.hatena.ne.jp/tmatsuu/20070708#1183888894

*好きすき大好きいかおやじ:腑抜けども
能登の森や田んぼや土の道がたくさん映っていました。能登好きの私には、最高に楽しい映画でした。
http://ikaoyazi.exblog.jp/7076610

*LIFE GOES ON:「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」鑑賞。
公開されているということなので、突発的に15時からの回を観てきた感想は、おもしろかったけどラストが甘いなと思った。
http://ishiken79.blogspot.com/2007/07/blog-post_08.html

*すもも飴:腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
終始目を離せませんよ、この映画。ぞっとするようなシーンもあるけど、巧い具合に笑いが込められて楽しく見ることができます。
http://sumomoameame.blog51.fc2.com/blog-entry-171.html

*―明日のために―:腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
ジャンルがコメディーなのはおかしいと思っていたらしいが、こんな作りだからコメディーって言われるんだよ!と憤慨して帰ってきた。
http://yukiailiberty.blog47.fc2.com/blog-entry-578.html

*爪先で蹴る遊び:とりあえず頑張った
元ネタと映画の違いを比べるのは非常に困難なことですが(別にする必要もないし)、映画を見たのが久々だったので何か書いてみます。
http://moonclock.jugem.cc/?eid=987

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月09日 09:17 | コメント (0)

 

そして、デブノーの森へ(アナ・ムグラリス:主演)

「そして、デブノーの森へ(アナ・ムグラリス:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ヨーロッパの上流階級を舞台に、ベストセラー作家と美女の駆け引きを描いた官能サスペンス。"シャネルのミューズ" アナ・ムグラリスが素敵です」



=2007年7月6日収集分=

*まどぎわ通信:映画「そして、デブノーの森へ」
物語を一言で言い表すと匿名作家を追い詰めていく謎の過去を持つ女という言葉に集約される.
http://d.hatena.ne.jp/madogiwa2/20070704

*shink.talk:私は世界をいとおしく思う
しかし、スクリーンの向こうから誘う挑発的な目は良かった。多分にジャミダウ。(ダウジャミでも可)
http://shink-talk.sblo.jp/article/4575738.html

*映画と音楽などに夢中〜仕事を辞めた「眠り猫」の日記:「そして、デブノーの森へ」@シアターイメージフォーラム観ました
アナ・ムグラリス、本当にキレイでした。スラッと伸びた肢体とまっすぐな眼差し、凛とした美しさ・何とも表現し難い魅力を感じました。
http://67563580.at.webry.info/200707/article_6.html

*果実相兼:そして、デブノーの森へ
たまには、フランス映画も、いいね。私が、見終わって一緒にいた人に言った言葉。余韻のある、作品だった。
http://ameblo.jp/chrysanthemum/entry-10038880338.html

*観るためだけに生きている:『そして、デブノーの森へ』
最初「なんだ、ビノシュの『ダメージ』の二番煎じかパロディか?」と思って観ていたところ、見事に予想に反する作品だった。
http://blogs.yahoo.co.jp/caihuanaho/13578380.html

*白痴浪漫の傀儡館:映画サービスデーは渋谷に逃避。
所謂「ファム・ファタル映画」の変奏曲としてなかなかヒネリの効いた展開を見せるスリラーだった。
http://hakuchi-6man.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_88ba.html

*憂愁の美:シャネルは女神
しっかり狙ったようなデザインされた空間で、展開が二転三転して、素敵だったぁ〜という気持ちを抱えたまま、帰ってきました。
http://ureinotakako.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_c9d1.html

*こんな映画は見ちゃいけない!:そして、デブノーの森へ
復讐劇にミステリーと官能を加えた盛りだくさんな内容にしようという意気込みは理解できるが、どの要素も中途半端で消化不良の感は否めない
http://d.hatena.ne.jp/otello/20070703

*観て、メモって、うpして。:そして、デブノーの森へ
無意識のうちに楽しんでいたのかもしれないが、終盤の展開以外は予告編から予想出来る内容で、意外性ナッシング。
http://blog.livedoor.jp/n_yam66/archives/50903159.html

*rock-cのmy cinema:「そして、デブノーの森へ」
ダニエル・オートゥイユはただ黙っているだけで絵になる。この人の映画に外れはない。
http://rock-c-cinema.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_8c5e.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月07日 09:30 | コメント (0)

 

100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!

「100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「MLBのスーパースター、バリー・ボンズが放った73号記念ホームランボールをめぐる大騒動を描いたコメディー。訴訟の多いアメリカの現実に驚きます」



=2007年7月3日収集分=

*しばあの日常:「100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!・・・
Tvでも話題になったので多少は知っていた事件だけどやっぱり釈然としない終わり方だ。
http://shibaaaaa.exblog.jp/5766549

*日暮し〜HIGURASHI〜:映画:100万ドルのホームランボール 捕った!・・・
ホームランボールに少なくとも○万ドル単位でお金を払うコレクターがいることに驚きです。あるところにはあるんですね〜
http://blogs.yahoo.co.jp/otohime4/47881420.html

*へっぽこスロット・お仕事日記:充実した土曜日 堕落した日曜日
所有権、占有権とはなんなのか?裁判大国アメリカをボール一個を巡っての法廷論争。面白かったです。
http://blogs.yahoo.co.jp/horikenp/48121595.html

*CINEPHILIA〜映画愛好症〜:100万ドルのホームランボール 捕った!・・・
原題は「UP FOR GRABS」(これってボールを取る瞬間だけを意味するのでなさそうです)ですが、邦題がすごいです
http://ameblo.jp/tombouctou/entry-10038549980.html

*映画で休憩:100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!訴えた!
タイトル通り流石にアメリカ的なお話で最後は笑ってしまいました でもこの模様をカメラにとらえていたことにも驚きでした!
http://ameblo.jp/cinemapia/entry-10038393178.html

*ラジオ映画館:『バリー・ボンズの記念ホームランボール、争った2・・・
パリスの騒動といいアメリカはどうでもいいことが騒ぎになる。日本も何たら王子とか言ってバカ騒ぎしていますが。
http://blog.livedoor.jp/ten_years_after/archives/51532616.html

*天井桟敷のザレゴト:「100万ドルのホームランボール○捕った!・・・
ここまで、恥を晒してくれてありがとう、ポポフ君。観終わってそんな気持ちになりました。
http://blog.so-net.ne.jp/edwood_5thav-ny/2007-07-01-1

*アジアのとりこ:100万ドルのホームランボール
こんな裁判の間にどちらかがいやになって示談にしてしまいそうだけど、徹底的に裁判するのがおかしくもあった
http://blogs.yahoo.co.jp/asiangirl40jp/11454080.html

*もしもし、matsuuですが... :100万ドルのホームランボール 捕った・・・
バリー・ボンズが放った73号ホームランボールを巡る裁判沙汰を取り扱った爆笑ドキュメンタリー。あまりの滑稽さに笑った。
http://d.hatena.ne.jp/tmatsuu/20070701#1183253797

*天使にラブソングを:100万ドルのホームランボール 捕った!盗られた!・・・
行列が出来るのはTVだけでいいですよ いかにも、アメリカ!って話です。(今のところ)
http://tenshi-lovesong.sblo.jp/article/4549421.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月03日 22:12 | コメント (0)

 

イラク -狼の谷-(ネジャーティ・シャシュマズ:主演)

「イラク -狼の谷-(ネジャーティ・シャシュマズ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「トルコでは、観客動員数ナンバーワンを記録したメッセージ性の強い、反米アクション大作。西欧社会で社会問題になっています」



=2007年7月3日収集分=

*二度目:イラクー狼の谷ー
これほどアメリカを敵視した映画は見たことないな。胸がすくほどだった。米軍の非人間的な行為、それはイラク人に対する虐殺や辱め。
http://ameblo.jp/ryodan/entry-10037774109.html

*ゆるヲタ帳。:イラク−狼の谷−
アメリカはこの映画の公開禁止を即刻解除すべき。だってアメリカの行為についてはぜんぜん誇張してないもん。
http://papparde.exblog.jp/5978556

*龍堂 永利途の映画日記:『イラクー狼の谷』
こういう話を見ると、何時も思うんですが。宗教が違ったり、人種が違う事が、何でそんなに、問題に、なるんだろう…?と。
http://erito32.blog68.fc2.com/blog-entry-283.html

*めカラうりぼうシネマ:内外から叩かれるブッシュ政権『イラク狼の谷』
今、銀座シネパトスで公開されているトルコ映画『イラク 狼の谷』ってやつのブッシュアメリカ批判は強烈。
http://wako05.exblog.jp/6400480

*ChechenNews.org バイナフ自由通信:イラク-狼の谷-」という映画を見た
この映画を見に行ったことを金の無駄だとは思わない。むしろ2本とも観た人は、投資が無駄でなかったことに気が付くと思う。
http://d.hatena.ne.jp/ootomi/20070629/1183132947

*どんくらの映画わくわくどきどき:イラク−狼の谷−狼はおばあさん・・・
一方的に米国を非難している映画ではない。ただふだん接している報道のほとんどは米国寄りのものなので、逆側からのメッセージも必要だと思う
http://klause.blog53.fc2.com/blog-entry-540.html

*映像と音は言葉にできないけれど:『イラク -狼の谷-』
曖昧な部分が多すぎるこの戦争に対し、トルコがこの映画を持って正面からアメリカに突きつけたと思えるのがこの作品です。
http://yanks.seesaa.net/article/46252168.html

*ダイターンクラッシュ!!:イラク 狼の谷
トルコやアラブでは、大ヒットしたそうだ。が、娯楽作品としては、たいして面白くありません。最後のほうは、結構派手だけど。
http://blog.so-net.ne.jp/tigerdriver/2007-07-02

*CINECHANの映画感想:本当に自由になれた時に
悪がアメリカというところに何かしら違和感などを覚えてもおかしくはないのだろうが、このストーリーをすんなり受け入れてしまった。
http://cinechan.at.webry.info/200707/article_2.html

*古代世界の午後雑記:映画 イラク-狼の谷-
時間がある時にでも調べようと思いますが、私の感想は、「トルコ映画も、途上国レベルを抜け出したな」です。
http://shahr.exblog.jp/5817919

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月03日 22:06 | コメント (0)

 

吉祥天女(鈴木杏:主演)

「吉祥天女(鈴木杏:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「吉田秋生の代表作の映画化。代々伝わる"天女伝説"をもとに、17歳の美少女に運命を狂わされていく人々を描いています」



=2007年7月1日収集分=

*だらだら日記:吉祥天女(映画)
天女伝説ののこる地に現れた美貌の転校生。 天女の羽衣をもつ名家・叶家と、 叶家を取り込もうとする遠野家。
http://kiyomizu.blog15.fc2.com/blog-entry-485.html

*白鳥*日記:映画
吉祥天女でありますよ!昨日から公開ですが群馬はココでしか上映してないんですよぅ。
http://yaplog.jp/r32swan/archive/528

*マンタマンタのショートストーリー:映画吉祥天女に告ぐ
つまらん。よく分からん。映画の日なのに、ガラガラだ。それにしても、杏の顔はでかいなー。ユイカは、小さいなー。
http://plaza.rakuten.co.jp/aqeryus/diary/200707010001/

*夢で逢うあなたは優しい:映画「吉祥天女」
自分が観に行ったのはコレ♪「吉祥天女(PG-12)」原作本も読んでみたくなるようなそんな出来映えの映画です♪
http://blogs.yahoo.co.jp/movin_on_april01/33829607.html

*if sizuru:吉祥天女
いやー、漫画原作とかなり違ったホラーな世界になっててなんとも微妙な気分になりましたよ(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/sizuru_aki/11292038.html

*MOVIE COLLECTION & Diary:吉祥天女
なんとも不思議な映画でした。魅惑の女性・・・叶小夜子(鈴木杏)不思議な少女・・・麻井由似子(本仮屋ユイカ)
http://blogs.yahoo.co.jp/masahiko_1111/48644622.html

*浅草散歩:吉祥天女
昭和45年の金沢が舞台となり、ストーリィは時間内に収まるよう、原作の雰囲気を壊さない程度に脚色しています。
http://asakusasanpo.blog96.fc2.com/blog-entry-1008.html

*温故知新:吉祥天女
鈴木杏はどうかなぁと最初の方は思っていたが、しつこいほどのそういう演出と、鈴木杏の演技力によってだんだんそう見えてきた
http://cinemania.cocolog-nifty.com/chishin/2007/07/post_4d5c.html

*がんばろうにゃん:「吉祥天女」を観てきました。
好きな男優、女優さんが沢山出ていてそれだけでも観に行って良かった。お話は薄く白い空気の中に居るような感じの展開でした。
http://bubumomo650.at.webry.info/200707/article_1.html

*自堕落的腐乱生活ハイパー。:『吉祥天女』観に行った。
そして本日本来の目的である(苦笑)、 映画『吉祥天女』を観賞したワケですが。 思いっくそネタバレ的な記述しまくりますので
http://koriyamajoshi.blog42.fc2.com/blog-entry-120.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月02日 08:52 | コメント (0)

 

シュレック3(マイク・マイヤーズ:主演)

「シュレック3(マイク・マイヤーズ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気のシュレックシリーズの第3弾。白雪姫やシンデレラなど、お姫様たちの格闘シーンが見ものです。豪華な声の出演もチェックですね」



=2007年6月30日収集分=

*飼い主の近況 yasuko's life:シュレック3
「シュレック3」を観てきました。前売券を買っていた程、楽しみに観てきましたが、結果はイマイチ。
http://blogs.yahoo.co.jp/yasuko0064/49457283.html

*つれづれ日記:シュレック3
超おもしろかったです。 エンドロール見てはじめて気づいたけど、 キャストが豪華。
http://blogs.yahoo.co.jp/gorotto_goro_56/47994295.html

*☆ROCK MUSIC☆:シュレック3
シュレック3観てきました。浜田雅功のシュレックが好きなので吹き替え版です。…字幕は観たことありません。
http://blog.livedoor.jp/ittsuzii/archives/50334668.html

*ムーミン・パパ:シュレック3
確かに面白いよ!笑えるよ!でも、いけないんだろうけど第1作、第2作と比べればサプライズは少ないよね。
http://moomin-papa.cocolog-nifty.com/weblog/2007/06/post_3528.html

*し ろ ま る 。:今期見た映画☆
シュレック3!シュレックはいつものノリで、おもしろかった☆いろいろパロディにしてるのも、いつもどおりおもしろかった
http://blog.goo.ne.jp/hisako_123_123/e/72750f9ad5742629adb1357790d0f86f

*映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評:シュレック3
人間社会にリンクするのはいいが、おどぎの国のはみだしキャラ、シュレックの強い個性は失われてしまった
http://blog.livedoor.jp/cinemassimo/archives/51018474.html

*チコ日記:シュレック3
慶太アーサー王子スゴクよかった。 ちょっと心配してたんだよね(母の心境デス) それがもう慶太くんの声王子にピッタリ。
http://windschiko.blog72.fc2.com/blog-entry-196.html

*バ〜ミ〜ず☆:シュレック3
シュレック3、見てきました(^O^)やっぱり面白かった〜♪どちらかというと中盤前のほうが冴えていた気がするかな。
http://ameblo.jp/putibami/entry-10038361363.html

*Radio 80 あ!スマイルまるごと・ぎふ:おすすめ映画・その16・・・
三作目の今回は、ずばり「お世継ぎ騒動」です。シュレックとフィオ姫の間に生まれる赤ちゃんが可愛い〜。
http://blog.goo.ne.jp/80smile/e/10a6f5fee02f2e961e1a63461ddf7e57

*デコ親父はいつも減量中:シュレック3−(映画:2007年72本目)−
なんだか小さくまとまってしまって、ハチャメチャさが無くなってしまってるんじゃないのかシュレック。
http://blog.livedoor.jp/dekodekoman/archives/51093036.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月01日 07:54 | コメント (0)

 

ボルベール <帰郷>(ペネロペ・クルス:主演)

「ボルベール <帰郷>(ペネロペ・クルス:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞した感動のヒューマンドラマ。母と娘、女性たちの生き様が描かれています」



=2007年6月30日収集分=

*razon corazon:映画試写会『ボルベール<帰郷>』
ペドロ・アルモドバル監督の新しい一面をペネロペ・クルス達女優陣が見事に表現していてよい映画でした。
http://razoncorazon.jugem.jp/?eid=284

*mami:ボルベール
母である女性の逞しさと美しさスペインの情熱的な色香とペネロペがあまりにも魅力的で女性にぜひ観てほしいです
http://ameblo.jp/mamitasu921/entry-10038321704.html

*journal:VOLVER
ものすごく良かったです。面白いんだろうな、とは思っていたんだけど、ここまで素晴らしいとは思いませんでした。
http://ppmblog.exblog.jp/5809367

*オレンジ星人の地球探検!?:久々のスペイン映画♪
あー、久々のスペイン映画、久々のスペイン語。嬉しくてウキウキしちゃった、オレンジです。
http://estrelladecafe.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_8068.html

*カタリ・カタリ:ボルベール<帰郷>
出てくる女性が、皆、強くて繊細。 一人一人が、強烈な「個」を持っていて。 これっぽっちも曖昧さがない。
http://cataricatari.blog110.fc2.com/blog-entry-5.html

*JJの好きなコト:ボルベール
これってサスペンスなのぉぉぉ???と思っていたのも束の間、とても温かい家族愛を感じられる、素敵な作品でした。
http://jjlovelove.blog92.fc2.com/blog-entry-99.html

*シャープなブログ:ボルベール
「バッドエデュケーション」より面白くて「トークトゥーハー」よりは面白くなかったです。
http://sya-puna.jugem.jp/?eid=10

*マカロン日記:ボルベール
テーマは、”母娘の愛”かな?きっと、母親と離れて暮らしている女性がみたら、お母さんに会いたくなるに違いありません。
http://macarrondecafe.blog75.fc2.com/blog-entry-29.html

*日記アメンチア:『ボルベール(帰郷)』
劇中で起こるある重大な出来事に対して、それがずいぶん軽々しくあつかわれている印象を受けた。
http://inkfish.txt-nifty.com/diary/2007/06/post_cbe7.html

*ひらりん的映画ブログ:ボルベール <帰郷>
7月の1本目は、ひらりんお気に入り女優のひとり、ペネロペ・クルスの作品。
http://blog.goo.ne.jp/hiralyn/e/c0318ab9c7659be47a244301243ef053

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月01日 07:51 | コメント (0)

 

転校生 -さよなら あなた-(大林宣彦:監督)

「転校生 -さよなら あなた-(大林宣彦:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大林宣彦監督が、物語の舞台を尾道から信州に移して25年ぶりにリメイクした「転校生」体が入れ替わった男女を描く青春ファンタジーです」



=2007年6月29日収集分=

*Home Sick:転校生ーさよならあなたー
ものすごく期待していなかったので なかなか楽しめましたノ´ー`)ノ〜〜 やっぱり誰かが死ぬ系は苦手です・・・
http://libertines1983.blog71.fc2.com/blog-entry-224.html

*シネプレックス新座 / 川越スカラ座 漂流記:八拾壱本目「転校生・・・
つまんね〜ものは「つまんねぇ」という外ない。 現在、本邦に残された希少な「巨匠」大林監督
http://awaniko.blog57.fc2.com/blog-entry-165.html

*狂人日記:転校生 -さよなら あなた-
今作は今作で全く新たな味わいとテーマを備えた作品に仕上がっている。ここに25年経った監督の自信と熟練を見ることができるのだ。
http://kuruu.7.dtiblog.com/blog-entry-424.html

*ぶ〜し〜の気まぐれ日記:転校生 さよならあなた
全体的には良かったといった感じかな!? 泣いている女性もいたしね...
http://boocy.blog96.fc2.com/blog-entry-132.html

*幾夜の音:「転校生〜さよなら、あなた〜」
あからさまなお涙ちょうだいものって感じとはまた少し違った気がした。結構よかったかも。
http://ikuyonooto.at.webry.info/200706/article_12.html

*yoshikemの第二反駁:転校生 さよならあなた
序盤、何でもかんでもあけすけに喋る一美の様子とか、入れ替わり直後のどたばたコメディの様子は期待を裏切らない良いクオリティでしたね
http://d.hatena.ne.jp/yoshikem/20070628/1183034946

*鴨谷南蛮雑記帳:転校生〜さよならあなた〜
前半は斜め具合が見事なトリッキーな映像と、信州の素晴らしいロケーションを堪能することができる。
http://d.hatena.ne.jp/K-N/20070628/1183045314

*しー、こいこいこい・・・:主演と主題歌に持って行かれた/映画・・・
主演の蓮佛美紗子ちゃんがかなり良かったです。男の子のがさつな仕草がコミカルで、面白かったです。何より、かわいかった〜!
http://blog.kansai.com/hinokiburonireformshitaiwakedehanai/281

*ふとモモのうちがわ:『転校生 さよならあなた』
『A movie』の枠で飾られた懐かしいけど新鮮な空気。大林映画ファンなら思わずうなってしまう細かな配慮。どれもこれもが嬉しかった。
http://diarynote.jp/d/19972/20070629/

*コーチ スギノケン・カーターのトレーニングルーム:映画 転校生・・・
『転校生』のリメイクだとばかり思っていたけど、いわば『転校生』の完結編。リメイクだとばかり思っていたので、意外な展開に驚いた
http://kencarter.exblog.jp/5803657

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月30日 09:00 | コメント (0)

 

殯(もがり)の森(河瀬直美 :監督)

「殯(もがり)の森(河瀬直美 :監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「2007年度カンヌ国際映画祭グランプリ(審査員特別賞)を受賞し話題となった作品。認知症の老人と女性介護士のふれあいを通して人間の生と死を描いています」



=2007年6月29日収集分=

*“マイホームパパの徒然日記”:“殯(もがり)の森”を観て・・・・・
わたしが感じたのは、この作品はドキュメンタリー番組が好きかどうかしかも重苦しいテーマでも好きでいられるかそれで決まると思います。
http://myhome.blog43.fc2.com/blog-entry-213.html

*エコビレッジへの旅:映画『殯の森』 & 土と生命の循環
今年のカンヌ映画祭でグランプリを受賞した話題の作品である。面白かった。エコビレッジ的な世界も描かれていたと思う。
http://way-to-ecovillage.cocolog-nifty.com/aloha/2007/06/post_391b.html

*topaz:「殯の森」(もがりのもり)
音声が声を拾うというより、集音マイクで、自然そのものの音を拾っている感じで、音がとてもいい。特に風の感じなど、すばらしい。
http://senda.air-nifty.com/topaz/2007/06/post_c442.html

*気が向いたらね:殯の森
もっと監督の自我が出てる作品を予想してましたが、映像がよかったので説得力がありました。
http://ameblo.jp/hit555/entry-10037919530.html

*クマムシの囁き:殯の森
とてつもない生々しさで沁み入る感動。この映画的構築、作法はただものではない。
http://mandaraya.air-nifty.com/kumazo/2007/06/post_e62e.html

*asterisk 3.2:殯の森
そしてこの映画を観るのに必要なのは「予習」だったりします。 ものすごく不親切な映画です。
http://ameblo.jp/salisbury-utena/entry-10038015529.html

*じゃがバタ〜 映画メモ:「殯の森」
深い森の中にすむ魂のファンタジーなのだと気を取り直してラストを迎える。、、、、ワタクシには難しい映画でございました。
http://jagabatako.exblog.jp/5700313

*beatleの「探検隊日記」:河瀬直美監督『殯の森』(2007年)
ノンフィクション映画出身の監督らしい特徴が出ているとおもいましたが、『誰も知らない』のような新鮮な魅力は感じませんでした。
http://d.hatena.ne.jp/beatle001/20070629/1183070688

*心はいつも少女のまま・2:「『殯の森』を観にいく」琴線にふれたモノ
国籍も性別も年齢も関係なく、すべての人たちに『何か』を残してくれる映画だと思います。
http://hello.ap.teacup.com/marikamo2/73.html

*「なんちゃって−おじさん」の独り言:「殯の森」の上映を観て・・・
映画のストーリーは別として、言葉・会話の少ない出演者のセリフから、次のセリフ・映像が印象深く残っています。
http://pub.ne.jp/JOMEIOYM0314/?entry_id=778357

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月30日 08:55 | コメント (0)

 

図鑑に載ってない虫(伊勢谷友介:主演)

「図鑑に載ってない虫(伊勢谷友介:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「時効警察」や「イン・ザ・プール」の鬼才三木聡監督待望の禁断コメディ。笑いあり、サスペンスありの脱力系ロードムービーです」



=2007年6月27日収集分=

*とにかく、映画好きなもので。:図鑑に載ってない虫
もう。とんでもなくくだらなくて面白い。誰が一体、塩辛からニコラス・ケイジを連想するのだろうか・・・
http://blog.livedoor.jp/orange0802/archives/50706716.html

*White and Black:「図鑑に載ってない虫」
先日観てきましたぁ三木聡監督の映画で、おきまりのゆる〜い感じで楽しい(個人差があるかも)映画でした。
http://ameblo.jp/stainboy/entry-10037943332.html

*シネプレックス新座 / 川越スカラ座 漂流記:七拾九本目 「 図鑑に・・・
感性にハマり捲くりでした〜。 わたくしもこんなステキな人たちと「死にモドキ」を探しに逝きたい。
http://awaniko.blog57.fc2.com/blog-entry-163.html

*Karikofskyのカリコフログ:奇才!
映画「図鑑に載ってない虫 」を観てきました これはもう、本当に何ヶ月も前から楽しみにしていた映画だったので、最高でした(>▽<)
http://ameblo.jp/karikofsky/entry-10037920037.html

*関心事時々日記:映画「図鑑に載ってない虫」
例によって小ネタ満載だが、1本の映画としてきちんと成立しているストーリー仕立て。最後まで笑いながら観ることが出来た。
http://d.hatena.ne.jp/tono-p/20070627/p1

*AV女優 水澤 アイサ - オフィシャルブログ:図鑑に載ってない虫
素敵な役者さんいっぱいでもう終始笑いっぱなしでした☆彡主演の伊勢谷友介がかっこいい♪足が長くて背が高くてかっこいい♪
http://blog.livedoor.jp/dp_03/archives/50898211.html

*雑記帳:観た!
観たよ!「図鑑に載ってない虫」松尾さんだし、三木さんだし、岩松さんだし、菊池凛子だし、やっぱ観なくちゃってことで。
http://mamekosan.at.webry.info/200706/article_14.html

*日々のあぶく:ゆるゆるな笑い満載な1本
今日は学校帰りに【図鑑に載ってない虫】見てきました。かなり笑える。かなり松尾スズキ笑える。かなり気に入った。
http://blog.goo.ne.jp/suppy_2005/e/5605082cc1f5401e5dd467a3dd23c41e

*空色日記:フライヤー「図鑑に載ってない虫」
三木聡監督の新作です!謎の゛死にモドキ"って…なんだよ!?(笑)という事で映画を観て確認してきます〜!
http://blog.livedoor.jp/sora_tiankong/archives/51009072.html

*LSDで行こう♪:『図鑑に載ってない虫』
期待通り“小ネタ”満載の映画です(^^;登場人物が、みぃ〜〜んな変な人です(^^;;笑いました〜楽しかったです〜〜
http://blog.livedoor.jp/kano_issyi/archives/50978437.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月28日 07:51 | コメント (0)

 

憑神(つきがみ)(妻夫木聡:主演)

「憑神(つきがみ)(妻夫木聡:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気作家、浅田 次郎原作の映画化。幕末を舞台に、人生のツキに見放され、不幸の神様にとりつかれた武士の運命は??妻夫木聡をはじめ、出演者が凄いです」



=2007年6月27日収集分=

*s87日記:憑神
観ました。とても面白かったですよ。画面もお話も。エンドロールのキャストの名前の文字も面白かった。
http://ameblo.jp/haru-hana/entry-10038020855.html

*そぞろ歩き:憑神
なかなか面白かったよ(^O^)お兄さん役の佐々木蔵之介さんがナイスキャラ!!江口洋介さんの勝海舟もステキvv
http://kogepanda07.blog64.fc2.com/blog-entry-363.html

*硬い石屋の和かな日々:tsukigami 【communityblog】
公式サイトを見たら、このサブタイトルや「あんた、憑いてるね」などのキャッチコピーすべてが気に入り、楽しみにしていました。
http://osakasekizai.livedoor.biz/archives/64575939.html

*ひめの映画おぼえがき:憑神(つきがみ)
死神役の森迫永依ちゃんがとってもかわいかったです。存在感も他の役者さん達に負けていませんでした。
http://himemovie.blog73.fc2.com/blog-entry-296.html

*すもうブログ:憑神
映画『憑神』をみてきました。時代は幕末、下級武士(妻夫木聡さん)に3人の不幸な神様がとり憑いてしまうお話。
http://ameblo.jp/namnam365/entry-10037903352.html

*年下男は難しい!?:憑神
西田敏行の貧乏神っぷりと、赤井秀和の疫病神っぷりが最高です(笑)佐々木蔵之介は…あんなに面白い演技するんですね〜(笑)
http://ameblo.jp/almond1202/entry-10038035990.html

*今日も青い空の下で:『憑神』見ました
映画の宣伝を見て、原作を読んで「面白そう」と思い、見に行きました。面白かったよー。キャスティング、ピッタリやと思う。
http://mioka.blog25.fc2.com/blog-entry-320.html

*黒コギ日記:憑神観て来ました
「どろろ」に引き続いて、 妻夫木くん出演作品をまた観ちゃいました。 なかなか彼はいい味出してますよ〜〜(^O^)/
http://blackcorgi.blog92.fc2.com/blog-entry-133.html

*アムルと猫日和:映画『憑神』見ました!
感想は…前半〜中盤あたりはコメディ。後半はややシリアス。全体的にはコメディなので、笑えます。
http://nekonos.at.webry.info/200706/article_6.html

*SQUALL:ご利益♪うぉーおおおー
めちゃくちゃ泣けるとかじゃないし重くもないし(重くしようとしたらできるけど)、押し付けがましくもなくさっぱり楽しめる。
http://no-14.jugem.jp/?eid=705

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月28日 07:49 | コメント (0)

 

ダイ・ハード4.0(ブルース・ウィリス:主演)

「ダイ・ハード4.0(ブルース・ウィリス:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気映画シリーズ「ダイハード」の12年ぶり4作目。電脳テロに体当たりする52歳になったブルース・ウィリスが格好いいです」



=2007年6月26日収集分=

*遠藤瞳 オフィシャルブログ:ダイ・ハード4
映画自体、内容も濃いし、すっごい迫力あるし、アクションかっこいいし、ブルースウィリスはめーっちゃカッコイイし
http://ameblo.jp/endou-hitomi/entry-10037662636.html

*じぶらるたる:ダイ・ハード4.0
マクレーン、歳取ったなぁ・・・。 ちょっと落ち着いた貫禄出てるような。 まあ、相変わらず無茶やるけどね。
http://gibraltar.blog73.fc2.com/blog-entry-92.html

*Sweet Things ☆ Sweet Days:ダイハード 4.0
『 ダイ・ハード 4.0 』 先行上映観て来たよ〜♪いや〜、最高 ド派手なアクション満載で、大満足デシタッ(≧▽≦)
http://yaplog.jp/sweet-3838/archive/83

**cinema memo*:ダイ・ハード4.0
マクレーン刑事は(ちょっと年数経過してるけど)相変わらずの悪運ぶり(笑)アクションもすごくて、めちゃめちゃ期待以上の映像でした。
http://chakocinema.jugem.jp/?eid=34

*あやしい京都娘、浜田千秋:ダイ・ハード4. 0
この作品は、正直それほど期待してなかったのですが、今年になって観て精神的プラスになった映画ナンバーワンです。
http://blogs.yahoo.co.jp/chiakihamada/33651325.html

*みみぶくろ図鑑:「ダイ・ハード4.0」を見に行った(その2)
とにかく面白かった。私は大好きだ!!!!3も良かったけど、その500倍くらい面白かった。
http://ameblo.jp/mimibukuro/entry-10037841949.html

*なちゅらる・ガーデン:ダイ・ハード4.0
「ダイ・ハード4.0」を観てきました。いや〜スカーッ!っとしました。マクレーン刑事、髪はなくなっても健在でしたよ!
http://hibinokoto.jugem.cc/?eid=49

*りんちゃんの「おかん」になる日まで〜!!!:ダイ・ハード4.0
「ダイ・ハード4.0」4作目となると、正直あんまり期待してなかったけど イヤイヤ、とんでもない。 めっちゃ、面白かったですぅぅぅぅぅ
http://miraclerin.blog93.fc2.com/blog-entry-63.html

*ぴーすけ日記。:ダイハード4.0。
サイバーテロの映画は結構たくさんあるけど、この映画はなんてったってジョン・マクレーンが主役。とにかく派手。
http://blog.goo.ne.jp/pi-sukero/e/b6383933dd13acfe8257613333016046

*腹痛 下痢夫の 【たそがれマイ・ライフ】:お初でございます!
大変に面白うございましたよ。ストーリー的には、サイバー・テロリストとダイ・ハードマンことジョン・マクレーンとのバトル
http://blogs.yahoo.co.jp/hirokun03130815/10637057.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月26日 22:38 | コメント (0)

 

サイドカーに犬(竹内結子:主演)

「サイドカーに犬(竹内結子:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「長嶋有のデビュー作の映画化。竹内結子演じる天真爛漫な主人公・ヨーコと10歳の少女・薫の心の交流を描いています。YUIの主題歌も話題になっています」



=2007年6月26日収集分=

*あれこれ日記:憧れ・・・。
映画「サイドカーに犬」を観てきました。上映前に竹内結子さんをはじめ、監督や出演者の舞台あいさつがありました。
http://non-tan.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_c5dd.html

*murmur:梅雨らしくなってきました
「サイドカーに犬」を観てきました。ふんわりとした、でもどこかリアルで切なくて強くて弱い。可愛らしくて、優しくて。そんな映画でした。
http://maborosi.blog3.petitmall.jp/blog-entry-128.html

*ものろぎや・そりてえる:「サイドカーに犬」
結論から言ってしまうと、この映画、とても好きだ。子供の頃、大人の世界は不可思議だった。
http://barbare.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_053a.html

*yagyagのお気に入り:「サイドカーに犬」でおのぼりさん
サイドカーに犬は竹内結子さんの魅力満載ながら、どこか懐かしさを感じる映画でした
http://ameblo.jp/yagyag0511-blog0609/entry-10037786835.html

*て の ひ ら:サイドカーに犬
ヨーコさんと薫のやり取りで、印象に残ったセリフ。「嫌いなものを好きになるよりも、好きなものを嫌いになるほうが難しいね」
http://ameblo.jp/palmlog/entry-10037821510.html

*夕焼け劇場:サイドカーに犬
まずこの映画が純文学の映画化ということからも簡単にすっきりしない鑑賞感がある。
http://stgenya.exblog.jp/5687972

*わたしのブログ:『サイドカーに犬』
『サイドカーに犬』を、銀座シネスイッチで観てきました。ロケバスを見かけた大学通り、今はない、あの駅舎もばっちり映っていました。
http://plaza.rakuten.co.jp/hitsuji89/diary/200706260000/

*ヒトリゴト:サイドカーに犬
初日に見てきました なんか、あーゆーの好きです。 懐かしい感じだし…。 出演者も、何気に豪華
http://nanianuenuesunnyday.blog108.fc2.com/blog-entry-23.html

*ryuma.net 〜Re-cycle days〜:贅沢な後悔
23日(土)事前に言っていた通り、「サイドカーに犬」の舞台挨拶を見てきました。竹内結子がとても綺麗でした
http://blog.livedoor.jp/ryuma1017/archives/64672884.html

*観た映画記録:サイドカーに犬
車が飛行機が列車が爆発する訳ではないし、日常の出来事を(といっても80年代)たんたんと綴った映画。
http://890230017.at.webry.info/200706/article_3.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月26日 22:36 | コメント (0)

 

アコークロー(田丸麻紀:主演)

「アコークロー(田丸麻紀:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「沖縄の民間伝承をモチーフにしたホラー映画。岸本司がメガホンを取り、スタッフも沖縄出身者という「沖縄の映画」としても話題になりました」



=2007年6月22日収集分=

*ムネヤケ原料:映画感想てきな。
あの映画は沖縄の事をリアルに再現出来てたと思う。でも、若いのにあの家に一人暮らしだったのかな?
http://yaplog.jp/likemuneayke/archive/144

*SEVEN-TENTHS IMAGE(セブン・テンス イメージ)のBlog:アコークロー・・・
チケットは手にしていたものの、ようやく今日見ることが出来た!オール沖縄スタッフで作られた第一作目
http://sevententhsimage.ti-da.net/e1617727.html

*外部記憶装置:アコークロー
妖・怪談義で聞いた話に近い話もあって別の意味でも面白かったです。
http://plaza.rakuten.co.jp/2003SLEEPLESS/diary/200706200001/

*蝙蝠山の火点 -最前線-:テイルドーン
いうなればキジムナーVS人間、80分一本勝負(セミファイナル)って感じでしょうか。まぁ人間側は終始呪われてキャーキャー言ってるだけなんですが
http://mtbat.seesaa.net/article/45533259.html

*FYIRadio的充実生活:映画「アコークロー」
あなたの心にはキジムナーはいませんか…。というより、人はだれでも心に傷や悲しみを抱いてるものですよね。
http://ameblo.jp/fyi/entry-10037507835.html

*流れゆくもの:アコークロー ぬキジムナー
キジムナーと魂がキーワードとなり僕には興味深い作品でした。うちなんちゅ(沖縄の人)がうちな〜で撮った作品です。
http://blog.livedoor.jp/sora_torchsong/archives/50990476.html

*そら豆のひとりごと:アコークロー
映画の舞台は沖縄。青い空、照りつける太陽というイメージはない(ホラー映画だもんな)はっきり言って、恐くなかった。
http://blog.goo.ne.jp/kymn0414/e/11b3a35bab702a4f675293f3d108c021

*日々平穏が理想郷:『アコークロー』
映画そのものは、沖縄が舞台のホラー映画。ある出来事がきっかけで壊れていく日常。
http://blogs.yahoo.co.jp/arcadia1128/9667403.html

*Ryukyu yugi 《琉球遊戯》Игра Рюкю:先週アコークロー・・・
一応「キジムナー」のホラーということなのですが、どうなんでしょうキジムナーとかけ離れたものがでているんだよな。
http://blogs.yahoo.co.jp/ogglotmimic/47817971.html

*Spring Neige 〜結婚式のお手伝い〜:映画 〜アコークロー〜
見に行った映画は「アコークロー」沖縄を舞台にしたちょっと怖い話。ゆきちゃんは終始目をつぶっていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/springneige/21416630.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月23日 10:18 | コメント (0)

 

ラストラブ(田村正和:主演)

「ラストラブ(田村正和:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ベストセラー作家のYoshi原作の映画化。田村正和が14年ぶりにスクリーンに復帰したことでも話題になりました。大人の恋愛ドラマです」



=2007年6月21日収集分=

*☆煌く夏?の光の中で花たちは詩う♪:ラストラブ  最後の恋は・・・ 白薔薇と天使の薔薇
正和さまのダンディーさを ウリにした映画? 「ラストラブ」観てきました
http://blogs.yahoo.co.jp/nikonikoufufu25/47794354.html

*久堂秀明の「どうせ一度の人生ならば!」:「“彼”を堪能する作品」
実際、田村正和さんの演技は素晴らしいです!颯爽としたオープニングからラストにいたるまであれだけ全身にスキがない人はスゴいです
http://black.ap.teacup.com/sonnakotonaiyo/1576.html

*COUNTRYWORKS:ラストラブ
映画の内容は2時間であまりどろどろした場面は全くなく、もう少しニューヨークの場面が多かったら良かったかな〜〜
http://countryworks.blog64.fc2.com/blog-entry-276.html

*♪Fortune-teller 桃歌’s DIARY♪:ラストラブ
たまらず涙がこぼれるのではなくて知らず知らず涙が頬をつたうという今まで感じたことのない気持ちにさせてくれる映画でした。
http://ameblo.jp/peach-songs/entry-10037373456.html

*言の葉energy:ラストラブ
ニューヨークのセントラルパークからタイムズスクエアーや、ブロードウェーなど、懐かしい風景が始まりのシーン。
http://kotonohaenergy.blog3.fc2.com/blog-entry-389.html

*まるちゃん大騒ぎ:ラストラブ、ニューヨークがお似合いな田村正和さん
大人のラブストリーでしたよ。伊藤美咲が綺麗で森迫永依(初代ちびまるこちゃん)がおちゃめで今年は邦画もいいね
http://plaza.rakuten.co.jp/marumi12345/diary/200706210000/

*One & Only 〜STAY GREEN〜:田村正和主演 『ラストラブ』
これが、思った感じと違って恋愛恋愛してないんですよ。ドロドロとかも、好きだって感じもなく、とにかく田村正和が渋くて格好いい。
http://plaza.rakuten.co.jp/metropolis/diary/200706210000/

*かじゅStrawberry Love:ラストラブ
すごい大人なラブストーリーだったよ。田村正和が何度も泣くシーンがあるんだけど、切なかったなぁ。
http://lovers.at.webry.info/200706/article_102.html

*あたし、びびちゃん。:恋には覚悟が必要だよ・・・だって〜♪
映画「ラストラブ」観てきました♪ 梅雨シーズンに秋のニューヨークの風景を堪能できただけでも大満足でした。
http://atashibibichan.blog72.fc2.com/blog-entry-385.html

*Captain's log 供Captain's log-航星日誌- LOG.177(通巻第180号)
まず「ラストラブ」田村正和は、カッコよかったんですが、演技スタイル変わりませんねぇ。
http://nccsdf1me.exblog.jp/5943065

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月22日 09:24 | コメント (0)

 

きみにしか聞こえない(成海璃子:主演)

「きみにしか聞こえない(成海璃子:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気作家・乙一の感動作の映画化。「脳内電話」で会話する二人のスローラブストーリー。DREAMS COME TRUEの主題歌も盛り上げます」



=2007年6月20日収集分=

*起点は妙典(仮):『きみにしか聞こえない』を観てきました。
これは凄くいいですね。どこか去年の同じ時期に映画館で観た『タイヨウのうた』を観た時にも似た爽やかさを感じました。
http://myouden.at.webry.info/200706/article_18.html

*ブタネコのトラウマ:きみにしか聞こえない 映画版
ほのかな期待は抱いていたが、期待以上なんてモンじゃ無い程 良い映画だった。
http://buta-neko.net/blog/archives/2007/06/post_1287.html

*おきらくごくらく(出張版):「きみにしか聞こえない」
乙一原作の映画化。主演は成海璃子と小出恵介。原作は未読ですが、なかなか練られた脚本で、泣かせます。
http://konsun.exblog.jp/5652073

*蚊取り線香は蚊を取らないよ:きみにしか聞こえない 50点(100点満点中)
挙げた様な先人達と比べると、どうにも冗長な上に考証に著しく欠けるため、今ひとつふたつ及んでいないのが残念。
http://blog.livedoor.jp/tsubuanco/archives/50998846.html

*monte12:映画♪
映画の感想は、、、ピュアで初恋を感じさせる、いいストーリーでした 感動は、私的に「まぁまぁ」って感じでした。
http://yaplog.jp/monte12/archive/86

*Dream Blog:映画見てきました
良かったとは思うけど、展開が何となく読めてしまい…。それに、オイラの問題でもあるんだけど…感情移入ができないんです。
http://blog.livedoor.jp/angela77/archives/64563463.html

*Machinegun Talk:きみにしか聞こえない
あぁ、泣きました。ていうか冒頭で出てきた川が流れる様子を見ただけで原作最後を思い出して泣きました(フライング!)
http://yaplog.jp/melissa27/archive/1110

*たらこっこ:きみにしか聞こえない
恋愛映画になってるんですが、恋愛っていうより孤独だと思ってる人に観て欲しいかなぁ
http://taracoco.jugem.cc/?eid=2089

*ひまゎり畑:☆きみにしか聞こえない☆
もっと泣けるかなって思ってたけど、残念ながら泣けませんでした ちょっとジーンてくるトコはあったけど。
http://blog.livedoor.jp/llaikokko/archives/54580842.html

*password-xxx:きみにしか聞こえない
うんm(_ _)m 良かった良かったよ〜( ´∀`)心がほのぼのしたね〜ε=ヾ(*~▽~)ノ←こ〜んな感じ。
http://blog.livedoor.jp/mio_041824/archives/50949567.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月21日 07:39 | コメント (0)

 

舞妓 Haaaan!!!(阿部サダヲ:主演)

「舞妓 Haaaan!!!(阿部サダヲ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「クドカンこと宮藤官九郎脚本の、異色のスーパーコメディ映画。サラリーマンの男が、京都・祇園の舞妓と野球拳をしたいという夢を追い求めるというコメディーです」



=2007年6月19日収集分=

*脳内ドット症候群。:ぐぉっふぉー。
舞妓Haaaan!!!すんげ面白かったたたたたたたたた!!!!!!!!!久しぶりのクドカンヒット(自分的に!)!!!!!!!!!!!!!
http://yaplog.jp/pikinoko/archive/425

*シネプレックス新座/川越スカラ座 漂流記:七拾伍本目「舞妓Haaaan!!! 」
う〜むむむ。 期待しすぎた点を差し引いて考慮しても・・・ 不完全燃焼。だ〜い好きなアベサダ初の主演作。
http://awaniko.blog57.fc2.com/blog-entry-158.html

*d..:7 ななは−−−−−ん 班!
いやもう、とにかく、どんだけ笑うねん…ってくらい笑った。 お腹抱えて笑う、ってゆうよりは、クスクス笑いの小ネタが多い
http://kazumin5124.blog57.fc2.com/blog-date-20070617.html

*Suroy Suroy:舞妓Haaan!!
面白いと評判の「舞妓Haaaan!!」ほんっとにくだらなくってバカバカしくって笑える〜。
http://ameblo.jp/suroysuroy/entry-10037220509.html

*あーりーず Cafe:舞妓Haaaan!!!
それなりに面白い場面もあったけど、とにかく主人公の阿部サダヲがきもち悪くて。。。。うざい!とにかく叫びまくってました!
http://plaza.rakuten.co.jp/ari2410mokun/diary/200706190000/

*北の横浜ファン:舞妓Haaaan!!!
舞妓Haaaan!!!を見てきました。内容はかなりばかばかしく日頃のストレス解消には非常いいかとおもいます。
http://satoshienjoy583.blog107.fc2.com/blog-entry-7.html

*明日に架ける橋。:「映画館・邦画・舞妓 Haaaan!!!」85点!
感想:久しぶりに大笑い出来た映画。映画は娯楽なり。劇場でいっぱい笑いましょう!
http://plaza.rakuten.co.jp/hirokvw/diary/200706190000/

**うな茶だより*:久々に映画を観てきました
『舞妓Haaaan!!!』なんですが、これがホント面白かった☆終始笑いっぱなしで、観終わった後スッキリした(笑)
http://unacha.jugem.jp/?eid=425

*のぞきあな:観てきたどす
京都出身の友人と『舞妓Haaaan!!!』を観てきました! 阿部サダヲさんが超がつくほどハマリ役で、文句なし星5つ!
http://ixnxi.blog81.fc2.com/blog-entry-163.html

*もんた日記:舞妓Haaaan!!!
この映画は、テレビ局である日本テレビが制作したものですが、映画と言うよりはテレビドラマ的な感じでした。
http://blog.livedoor.jp/buffaloes5/archives/51174586.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月20日 07:59 | コメント (0)

 

ゾディアック(ジェイク・ギレンホール:主演)

「ゾディアック(ジェイク・ギレンホール:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「セブンのデビッド・フィンチャー監督の衝撃作。アメリカ史上最も謎に包まれた未解決事件「ゾディアック事件」をモチーフにしたサスペンス・スリラーです」



=2007年6月18日収集分=

*おじさん(Age.51)日記By宙虫:おじさんシネマ(ゾディアック)
心理サスペンスとしてはけっこう鋭い映画だと思う。現代におけるマスコミや警察権力というものの姿の原点を見る。
http://musinandanikki.at.webry.info/200706/article_8.html

*JPわ〜るど:ZODIAC
殺人シーンの緊迫感とスリルを味わえたり、徐々に真相に近づいてくストーリー展開は前知識なくてもけっこう楽しめます。
http://blog.livedoor.jp/hidechan_p/archives/50941113.html

*no-title:ZODIAC
みてきました.「ZODIAC」かの奇才,デビット・フィンチャー監督作品.
http://blog.livedoor.jp/gutterflower/archives/50877863.html

*movic:ゾディアック
いや〜;どっと疲れましたね;面白くなかったわけじゃないんですけど・・・何せ(上映)時間が長い〜〜〜;
http://movic.jugem.jp/?eid=142

*ぴよこ日和:ゾディアック
観て来た映画は「ゾディアック」暗号がズラズラ並ぶ予告編を見ていて楽しみにしていた映画です。
http://blog.goo.ne.jp/nabaho7373/e/005b5d7606e6855e95c88245191c091e

*Fourth-Moon's Weblog:ゾディアック
実際の殺人事件を元にした映画。たぶん、想像でしか作れないシーンを除けば、ほとんどノンフィクションと言ってもいいくらいの内容だと思う
http://4th-moon.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_4a03.html

*to be happy…:『ゾディアック』
見ちゃいましたっ『ゾディアック』恐すぎ…リアルすぎ…かなり閉じてたし、途中で外に出ようかと考えた程っ
http://blog.livedoor.jp/e0270237/archives/64642725.html

*JUN情 日記:今日の映画32
実際にあった連続殺人事件の検証映画で、実際に現在未だ解決していないそうです…内容はどうも私には退屈なものになってしまいました
http://ryomasan.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_7b06.html

*菜の花畑:ゾディアック
とりあえずゾディアック恐ぇー。半殺しだけは勘弁してくれ。誰が本物か模倣犯か結局わからんかった。もう一回考えながら見たか。
http://blog.livedoor.jp/daigoh1112/archives/51005366.html

*my story:映画
ゾディアック見に行った。ハズレ。今回はマヂ失敗↓(脱力)↓
http://0n0.blog14.fc2.com/blog-entry-231.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月19日 08:08 | コメント (0)

 

キサラギ(小栗旬:主演)

「キサラギ(小栗旬:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「第29回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した古沢良太の脚本の映画化。自殺したアイドルの1周忌に集った5人の男達の密室ドラマです」



=2007年6月18日収集分=

*昭和史猫またぎ:キサラギを観る。
一種の密室劇なんですよね。「12人の怒れる男」とかと一緒。そして逆転劇でもある。「スティング」みたく。
http://d.hatena.ne.jp/nekoirazu/20070618#p2

*大江戸時夫の東京温度:お見事!「キサラギ」
古沢良太のオリジナル脚本の驚くべき出来に感心します。読めない展開と、二転三転する結末。笑えて笑えて、驚いて、最後に涙と感動まで味わえるとは
http://oedo-tokio.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_e553.html

*お気楽極楽。:『キサラギ』鑑賞。
さて、映画ですが。おもしろかったです!以下ネタバレありなので隠します。
http://blog.livedoor.jp/yama_jun62/archives/51613864.html

*What's New:映画「キサラギ」
はじめコメディータッチの映画かと思っていたのですが、サスペンスの要素もあって(シリアスではないです(笑))面白かったです。
http://hirohiro.txt-nifty.com/book/2007/06/post_f15f.html

*【ぼくんち杉並区】:映画「キサラギ」大満足
シネクイントで映画「キサラギ」を見てきました。やばい、これすごい。たまらん。名作。タイトルから秀逸。
http://hello-kitty.at.webry.info/200706/article_21.html

*夢よ飛び散れ花となれ:[他]
でも私はと言えばそんな日に映画「キサラギ」を見に行ってました。いやー。おもしろかった。で感動しました。
http://d.hatena.ne.jp/hal_berry/20070617#1182097648

*なくしちゃいけない宝物:映画『キサラギ』!!
舞台は終始地下室みたいな一室のみで繰り広げられるこのお話。今まで見たことのなかった『密室コメディ』です(^−^)
http://smileasap.blog98.fc2.com/blog-entry-21.html

*カナのナナメ一直線:キサラギ
よくわからないで観に行ったけどテンポよくて面白かったよー♪ 伏線いっぱいびっくりひらめきいっぱいでコナンよりおもしろかったかもしれません
http://kanariakana.blog4.petitmall.jp/blog-entry-18.html

*yamasugamaniaの日々:キサラギ。
テンポの良さと、緻密なストーリーに引き込まれます。5人それぞれの個性がいい味出してるし意外な展開がすごくおもしろいです(^^)
http://yamasuga.exblog.jp/6334557

*夢に向かって挑戦し続ける女のブログ:キサラギ
映画キサラギ観ちゃいました。とっても、良く出来て、なかなかおもしろかったですよ。yumeの好きな、細かい伏線が良い感じです。
http://blog.livedoor.jp/nondesu666/archives/54560763.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月19日 07:52 | コメント (0)

 

アポカリプト(メル・ギブソン監督)

「アポカリプト(メル・ギブソン監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「メル・ギブソン監督の最新作。後期のマヤ文明を舞台1人の男の戦いを描いていく、アクション・アドベンチャー・ドラマです。」



=2007年6月14日収集分=

*土方美雄の日々これ・・・:アポカリプト
視点に特段の目新しさはないが、単なる娯楽作品とは一線を画そうとする監督の意気込みは、それなりに理解出来る。
http://ameblo.jp/hijikata/entry-10036639312.html

*The F O R U M   (ザ フォーラム):メル・ギブソン監督
「アポカリプト」この映画、残虐シーンすごすぎて、気持ち悪すぎ。 DVDと違い、映画では飛ばし見も出来ないしね。
http://blog.goo.ne.jp/amarantine5/e/01c41a0321a63e6faa08229ef8c9fde4

*人生はお伽話もしくは映画のよう:見た事のないマヤ文明の描写から・・・
「人々がかつて見たことのない映像を提供する」娯楽映画として、かなり目一杯楽しめるということで、10点満点中6点。
http://pine-link.blogzine.jp/passopenwindow/2007/06/post_5c8b.html

*わたしの日記:試写会「アポカリプト」
アポカリプトを観て来ました。とにかく面白かったです。途中席を立ってしまわれる女性の方々がいたのが残念ですが…。
http://plaza.rakuten.co.jp/081000/diary/200706130000/

*【平山夢明 ブログ】ある日記:まさに『アポカリプト』!!
先週末から公開されている『アポカリプト』ですが、これがまた最高にスカッとするマッスル・アクションなんですよ。
http://blog.livedoor.jp/hirayama6/archives/50984841.html

*SAD サークル Nagano:アポカリプト試写会
今までのサバイバルアクションに古代文明の残酷さをミックス。 かなり暴力模写が前半 きつかったです。
http://sad.naganoblog.jp/e21209.html

*日刊ゴーヤ!起死回生のガチンコ日記:メル・ギブソン監督『アポカリプト』
”鬼才”メル・ギブソン監督に乾杯、といった感じ☆とにかく、映像だけで充分に金が取れる映画だ!
http://great-goya2005.seesaa.net/article/44751103.html

*色眼鏡's Blog:本日の映画鑑賞
パッションを思い出すタッチの作品でした。またマヤ文明の時代の話なので、古代版マッド・マックスという感じもしました・・・。(笑)
http://plaza.rakuten.co.jp/irome/diary/200706120000/

*マイコのHAPPY LIFE:I LOVE アポカリプトGUY
内容は、とにかく残酷!!監督は、メル・ギブソンだったんですが、ドSかっ!?って思うくらい、残虐なシーンばっかりでした(苦笑)
http://blog.livedoor.jp/maimitsu/archives/51026796.html

*ストリームの投げ日記:パス抜きの現状andビシャスな日々
この映画はキツイです。。。人間狩りや無残な生け贄なシーン 久しぶりに映画館で周りからため息聞こえました。。
http://stre.blog91.fc2.com/blog-entry-95.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月15日 00:37 | コメント (0)

 

それでも生きる子供たちへ(カティア・ルンド他:監督)

「それでも生きる子供たちへ(カティア・ルンド他:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「少年兵士、ストリートチルドレンなど、世界各地の子どもたちの現実を描いたオムニバス映画。7カ国・7組の名匠たちが撮った7つのエピソードです」



=2007年6月13日収集分=

*DADDY'S LIFE:それでも生きる子供たちへ
率直な感想は・・・。大人がしっかりせなあかんな。って思った。タイトル通り世界7カ国の子供たちの現実を訴えるドキュメンタリー映画。
http://plaza.rakuten.co.jp/momotenka69/diary/200706110000/

*やっぱ馬と音楽と愛でしょう:それでも生きる子供たちへ
映画「それでも生きる子供たちへ」スラムは遊び場に。ゴミ捨て場は冒険の場に。子供たちは、生きることの天才だ。
http://www.murni.net/umaotopress/peace/umaoto30/

*日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜:それでも生きる・・・
特に印象的だったのは、ラストの7作目。あまりに違う環境にいながら、まるで、逆転したような関係の二人。
http://ameblo.jp/hippopotamus-0319/entry-10036109459.html

*のだめと小金持ち:それでも生きる子供たちへ
世界の著名映画監督が集まって、オムニバス映像をつくった。どれもが印象深い。主人公は子どもたち。
http://blogs.yahoo.co.jp/tyaotomo/49996783.html

*Konha-Ryu:それでも生きる子供たちへ
私が特に好きになったのは、「ビルーとジョアン」!!いや〜〜この子供たち素敵すぎる〜〜^^
http://konha.exblog.jp/5877385

*旅のラジオ:『それでも生きる子供たちへ』
ルワンダや中国、ブラジルなどを舞台に、劣悪な環境のなかでも逞しく生きていく子供たちの様子を彼ら、彼女らの目線で淡々と描いています
http://aciktim.exblog.jp/5878989

*日記:六月十二日、それでも生きる子供たちへ
「それでも生きる子供たちへ」、観てきた。同じ星の元で数え切れない多くの子供達が、あんな環境の中で生活をしている。
http://ameblo.jp/dro/entry-10036488534.html

*ゆったり♪まったり♪:それでも生きる子供たちへ
素晴らしい!!!!7つのエピソードそれぞれが印象的 子供の笑顔が素晴らしく、そして悲しい
http://ameblo.jp/lucky2005/entry-10036506910.html

*cultyシネマ行状記:それでも生きる子供たちへ
オムニバスの中でも一定の評価以上の優れた鬼才が揃う作品は珍しく、この作品の組み合わせも稀に見る面白い顔触れである。
http://culty.seesaa.net/article/44661723.html

*とにかく、映画好きなもので。:それでも生きる子供たちへ
子供の力はある種、絶大なのかもしれない。これから知らない世界を覗く好奇心。
http://blog.livedoor.jp/orange0802/archives/50691680.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月13日 22:18 | コメント (0)

 

女帝[エンペラー](チャン・ツィイー:主演)

「女帝[エンペラー](チャン・ツィイー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「アジアの宝石」と呼ばれているチャン ツィイー主演の、中国の宮廷に生きる“女帝”の壮絶なほど美しい復讐劇です。色鮮やかな美しい映像も魅力です」



=2007年6月11日収集分=

*どび〜のぼ〜っとやってみよう!:VCD「女帝エンペラー」
現在公開している「女帝エンペラー」を見ました。どび〜は個人的にすごく好きです。もう、何もかもが美しい〜!
http://dobbymylov.exblog.jp/6962493

*結婚情報サービスについて真剣に考える、日・米・欧で働くCEOの日記
中国は人口も面積も日本の何倍もあったのだから、それに比例して、日本よりも数多くの歴史や人間模様があったに違いない。
http://ameblo.jp/nicknaruse/entry-10036295020.html

*かずえひめの日記:女帝 エンペラー
歳をとっても、チャン・ツィーはかわいい!!!そして、だれだれ?皇太子かっこいい〜
http://plaza.rakuten.co.jp/kazuehime/diary/200706090001/

*シネマランキング ナビ:女帝
主人と見てきました。チャン・ツィー主演。映像はさすが、中国映画、とっても綺麗です。
http://ameblo.jp/cinemama/entry-10036288954.html

*まてぃの徒然映画+雑記:女帝
いかにも最近の中国歴史物っぽい映画だったなあ〜、というのが第一印象。
http://plaza.rakuten.co.jp/asianmovie/diary/200706100000/

*くろりんの映画生活:女帝「エンペラー」
この世で最も恐ろしい毒 それは『人の心』作中に出てくる言葉です。その言葉が、この作品の全てを語っている。
http://kurorin3.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_dd08.html

*Cinemasaki Archives:「女帝 [エンペラー]」
チャン・ツィイーの復讐劇は凄かったが、殺された先帝が出てこなかったのでちょっと説得性が無いかな。
http://gray.ap.teacup.com/masaki1544/194.html

*asimov.blog:「女帝エンペラー」
「女帝エンペラー」を観ました。 感想は、きれいな映画でした。 荘厳で、神秘好きにはいいです。
http://asimov07.blog106.fc2.com/blog-entry-11.html

*日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜:女帝 エンペラー
戦いの様式美を追求したらこうなったという感じの映像の連続で、戦いというより、舞踏を観ているような雰囲気さえありました
http://ameblo.jp/hippopotamus-0319/entry-10036109401.html

*風なブログ:映画No18「女帝」
見てきましたアジアン・ビューティ?チャン ツィイー主演皇太子の許婚やくのチンニー(ジョウ・シュン)おおっかわいい。。
http://fuumidou.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/o_472c.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月11日 23:16 | コメント (0)

 

コマンダンテ(オリバー・ストーン監督/フィデル・カストロ主演)

「コマンダンテ(オリバー・ストーン監督/フィデル・カストロ主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「オリバー・ストーン監督がキューバのフィデル・カストロにインタビューした映画。革命時の盟友チェ・ゲバラやケネディ暗殺についての質問など興味深い内容です」



=2007年6月11日収集分=

*きびをむく少女の指先傷つきてラムの琥珀酒カリブの海より来たる
カストロの人間的魅力とオリバーストーンの歯に衣着せぬ質問とで興味深い作品になっています。
http://d.hatena.ne.jp/azamiko/20070609#1181329881

*The Song Lives On:Comandante
カストロは一般的に言われてる悪役ではなくて、稀代の主導者なんだろうな、と映画を見て考えていた(一般的、というのがそもそも危ない。
http://www.tdmax.com/MT2/archives/003114.html

*バツイチ父さんの子育て日記:「コマンダンテ」
そのひとつひとつの言葉からは、知性、彼の哲学、政治的信条、ユーモアが窺える。
http://batsuichitosan.cocolog-nifty.com/mario/2007/06/post_2ebe.html

*かぽんのこだわり道場ミリタリー館:戦争映画「コマンダンテ」 
ドキュメンタリーとしては、恣意的な点は感じられず、ドキュメンタリーとしてあるべきセオリー通りの良作。
http://plaza.rakuten.co.jp/kapon2/diary/200706110001/

*EncycRopIdia 〜漫画・映画・書評・グルメなどなど
さすがに、終盤は眠くなりかけましたが、それでも、この種の対談型ドキュメンタリーとしては、レベルは高いかと。
http://blogs.yahoo.co.jp/katsumi_aoi/48999352.html

*KINTYRE’S DIARY:映画『コマンダンテ』を観て
フィデル・カストロという人物はアメリカ政府にとっては「憎き指導者」であろうが、日本人にはそうしたイメージは無いはずだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/macca/diary/200706090000/

*和のこころ:コマンダンテ
オリバーストーンによる、キューバの最高司令官フィデル・カストロの取材インタビューを撮ったものでした。
http://blog.goo.ne.jp/yoshiko0122/e/85c271993cdcf2e62aa5f4703cad16c3

*マジック・映画について思うこと:コマンダンテ/COMANDANTE
ベトナム戦争へ従軍した経験を持つせいか、「1970年代のアメリカ」というテーマに病的と言ってよい程の執着心を見せています。
http://magic-ocean.at.webry.info/200706/article_3.html

*Soul_Flowerの日記:コマンダンテ
カストロは非常に魅力的。若い頃は格好良く、年老いた今も魅力的。受け答えからも愛すべき人物像が描き出される。
http://d.hatena.ne.jp/Soul_Flower/20070610/1181476564

*Reel around the fountain:現存する最後のカリスマ
時々は学校へ視察に行ったり、レストランにいったりするが、基本的に全編、ひたすら彼の話を聞く。だが、あきない。
http://pub.ne.jp/antoinedoinel/?entry_id=743845

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月11日 23:15 | コメント (1)

 

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(サシャ・バロン・コーエン:主演)

「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(サシャ・バロン・コーエン:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「全米で大ヒットを記録したが、訴訟も続出しているシニカルコメディ。一度観たら忘れられないほどインパクトの強い主人公です・・・」



=2007年6月9日収集分=

*CINEMA&STAGE 見聞録:「ボラット〜栄光ナル国家カザフスタンの・・・
もう、なんというか、下品というより「えげつない」と言ったほうがいいのか、「大迷惑」な男が主人公。絶対に近寄ってほしくない。
http://asabuya.blogzine.jp/kenbunroku/2007/06/526_ff6c.html

*半夢人(はんむじん):ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのための・・・
「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」と、なんとも人を食ったような映画の主人公が見事な髭のボラットだ。
http://ameblo.jp/n-masakazu/entry-10035948404.html

*すべらない映画:ボラット
無茶ぶりはだいたい予想の範囲内だけど、その下品さはやっぱり引く。途中退場するおばさんも二人確認。
http://barrett40.blog107.fc2.com/blog-entry-2.html

*黒猫のうたた寝:ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのための・・・
はまる人は、めっちゃ、はまるってことなんでしょうね・・・いっやぁ、お下劣ですが、クスクス笑いながら観てました。
http://catsleep.hamazo.tv/e652787.html

*箱の中の○○○チーズケーキ:観れました
逮捕されそうになったり、顔面をぶっ飛ばされたり、FBIに追われたり いろいろ危ない目に遭ったみたいですよ
http://miyavix55rock69.blog2.petitmall.jp/blog-entry-504.html

*ハム日記:ボラット
何というか、バカすぎ。下品すぎ。多分8〜9割の人は嫌悪感を示すんじゃなかろうか。
http://blogs.yahoo.co.jp/komatta2223/47623454.html

*みてあるき:6月6日 ムームー
「ボラット」を鑑賞。どこまでもバカらしくて良かった。3つ隣の席に座った変な男性は終止ボラットに大ウケ。
http://mitearuki.exblog.jp/6954204

*マシマロ仮面:『ボラット』
中の人はユダヤ系イギリス人、それを観て笑うわたしたちは日本人という多重構造に放り込まれる映画です。
http://blog.livedoor.jp/homemade_milktea/archives/50847907.html

*Shazzarn Times:新作批評 『ボラット/栄光ナル国家カザフスタン・・・
他の大作を抑えたのは謎のカザフスタン人『ボラット』だったのでした。大分前に観たのですが、記事を書くの忘れてました〜(笑)
http://blog.so-net.ne.jp/katoyasu/2007-06-08

*映画のだいごみとは:ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのため・・・
ちんけなギャグ映画とは異なり、疑似ドキュメンタリー風の描き方や人種差別をテーマにしているため、タダおもしろいだけじゃない何かを感じさせます
http://yaplog.jp/moviedaigomi/archive/288

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月10日 17:34 | コメント (0)

 

プレステージ(ヒュー・ジャックマン:主演)

「プレステージ(ヒュー・ジャックマン:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「クリストファー・ノーラン監督の、二人の天才マジシャンによる、命を懸けたトリックバトル。ヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベールの演技が凄いです」



=2007年6月9日収集分=

*じこまんピクチャーズ:プレステージ
「この映画の結末は誰にも言わないでください」だって。言ったらガッカリするからね。え?そんなオチなの?って。
http://classics.exblog.jp/5713439

*夢の箱庭:奇術・魔術・魔法
個人的評価は95点、奇術や手品等に興味が無い人だともうちょっと評価が下がると思われます(^^;;
http://kano-pusu.spaces.live.com/Blog/cns!BEA1A44C0BAE132E!1250.entry

*ダイエットは明日から〜:映画『プレステージ』
「モーレツに感動しております!!!!」こんなすごい映画見たの久々だ!この映画作った人は天才かも!???
http://blogs.yahoo.co.jp/mojimoji48/49424441.html

*The Company Of Wolves:プレステージ
「プレステージ」を観ました。わかっていてもアッと唸ります。
http://blogs.yahoo.co.jp/thecompanyofwolvesronnie/8802594.html

*Kyo's Room:プレステージ
面白かった!もう1回観たいけど・・・騙しあいの連続なので何もかもを疑って観た方が間違いナシです。
http://blogs.yahoo.co.jp/yukko2480/47529817.html

*のんびり:プレステージ
ラストは言いません。でも、是非、見てもらいたいと思います。驚きの真実がありますよ?
http://blogs.yahoo.co.jp/minas8362/33090896.html

*綴られる町に眠る山猫:嗚呼・・・iMac・・・
エンターテーメントな映画でしたよ。面白かったです。でも万人向けではないかも?クリストファー・ノーランらしい作品でした
http://blogs.yahoo.co.jp/dourakubiyori/49425921.html

*Under the Rose:プレステージ♪
観て来ました〜おもしろかったけど時間が長い。。。
http://blog.goo.ne.jp/stand-aloon/e/de29c3a90abad1302e1af3e41f80f312

*お昼寝日記:プレステージ
なかなかよくできたストーリーで、単なるマジックものになっていなくて、ちょっとサスペンスぽい作りでした。
http://blog.goo.ne.jp/yutapon721/e/da186d313b91a9729a2f649efdbdff32

*シネマ雑記帳:「プレステージ」(2007/アメリカ)
かなり期待していたのだけど、まったくの期待外れだった。劇中のマジックというかイリュージョンにも新鮮さがない。
http://blogs.yahoo.co.jp/cinemanbo_4/21017827.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月10日 17:31 | コメント (0)

 

ザ・シューター 極大射程(ボブ・リー・スワガー:主演)

「ザ・シューター 極大射程(ボブ・リー・スワガー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「2000年度「このミステリーがすごい!」海外部門で第1位となったベストセラー小説の映画化。マーク・ウォールバーグ主演の本格アクションです」



=2007年6月9日収集分=

*cultyシネマ行状記:ザ・シューター/極大射程
典型的なアクション劇と思って見ていると、これが意外にインテリジェンスな策略で楽しめるものとなっている。
http://culty.seesaa.net/article/44324744.html

*Cinema Chips ブログ版: 「ザ・シューター / 極大射程」観ました。
この映画は、私の好きなアクション映画だったので(ミステリーらしいけど・・・)、けっこう楽しめました
http://blog.goo.ne.jp/mist_01/e/1526cade5a95bb60ae2d1da3d83d57a4

*かしこみかしこみも申す:映画「ザ・シューター/極大射程」
ゴルゴ13 マーク・ウォールバーグ版って感じで、ジェイソン・ボーンのマットデーモンのようなスマートなヒーローいい感じでした。
http://ameblo.jp/magamo123/entry-10036060051.html

*Soup of the Day:23.『ザ・シューター 極大射程』
狙撃のアドバイスとして呼ばれたが、実は狙撃犯にされてしまう話なんですが、黒幕へそこから反撃していく姿は面白い
http://tandemmm.exblog.jp/6954802

*朝鍛夕錬:”ザ・シューター 極大射程”
ちょ〜っと話がうまく行き過ぎかな〜とか思いつつもバンバン正確に敵をしとめていくところはちょっと壮快。
http://ymasaki.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_cdb9.html

*masaのタイクツ日記:「映画鑑賞」
久しぶりにハリウッド映画を見た気がします。面白かった。というより好きなジャンルの映画です。
http://sea.ap.teacup.com/nonbe_zu/372.html

*趣味人じゅんぴんの日常:[映]ザ・シューター 極大射程
パターンとしてはよくあるが、主人公がスナイパーというのがちょっと新しいか・・・。
http://junpin.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_533f.html

*えいがたま:ザ・シューター 極大射程
来週の水曜にももう一回見るよってくらいどっぷりなんですケド、この映画。んもう、カッコよすぎる!
http://eigatama.blog107.fc2.com/blog-entry-1.html

*CINEMA見聞録:ザ・シューター 極大射程
先の読めない展開を期待するところ、映画作品としてはミステリーというよりも痛快なアクション映画のようである
http://yamao.cocolog-nifty.com/yamaos_blog/2007/06/post_6f0f.html

*お気楽に行こう:ザ・シューター 極大射程
この作品の内容もこんな事ってあっていいの?でももしかしたらこういう陰謀って日本にもあると思う。
http://mahtohana-hutaridene.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_6f0f.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月10日 17:30 | コメント (0)

 

そのときは彼によろしく(長澤まさみ:主演)

「そのときは彼によろしく(長澤まさみ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「市川拓司原作の恋愛小説の映画化。幼なじみの男女3人がおりなす奇跡的な友情と恋愛模様が、綺麗に描かれています」



=2007年6月6日収集分=

*新!やさぐれ日記:【映画】そのときは彼によろしく
本作もさしたる期待もせずに観賞を行いましたが、結果は案の定と言った感じでした。
http://alkirion.exblog.jp/5559028

*何気ない日々。:そのときは彼によろしく
市川拓司の作品としては、3作目の映画化となった作品でした。その3作品の中でも最も面白くない作品でしたね…。
http://wilhelm.exblog.jp/5546310

*hatachi style,kobe a la carte:そのときは彼によろしく
結構いい映画でした。長澤まさみほんっっとキレイでした。あと、山田孝之はやっぱり雰囲気がありますねー。
http://takeshi-matsuzu.spaces.live.com/Blog/cns!4B1EFC129E014708!897.entry

*my*life:映画
昨日は「そのときは彼によろしく 」を観に行ってきました。号泣しちゃったぁ〜・・・
http://ameblo.jp/happy613/entry-10035817550.html

*liveの妄想:【そのときは彼によろしく】を観て来た
感想の結論から話せば「有ったらいいな」と云う妄想の世界だと思う、思春期の時に観たとしたら、強く印象に残る映画だったと思う
http://blog.livedoor.jp/liveget/archives/50833187.html

*捲土重来ーあきとしが行くー:そのときは彼によろしく
「そのときは彼によろしく」という言葉の演出や、作品自体の雰囲気などもとても似ていて、この映画を観ていて居心地は良かったです。
http://akitoshi-qb18.blog.drecom.jp/archive/432

*Tada's Blog:7:09pm そのときは彼によろしく
市川ワールドに泣かされた(TT_TT)複雑化する時代だからこそ、王道の必要性を感じる☆長澤まさみ可愛いー♪山田くんも可愛いー♪
http://blog.livedoor.jp/tada4792221/archives/50991698.html

*POEM about Love:そのときは、彼によろしく
映画の中には必ず今の自分に対するメッセージ的なものがあって今回もジーンってな感じ
http://blog.goo.ne.jp/snufkin519/e/607b172133cd3286d1034c1da7955e11

*労組書記長社労士のブログ:そのときは彼によろしく
長く感じた映画だったなあ…なんかワンカットが長いのと、話の展開が小さいのと。
http://blog.goo.ne.jp/hisap_surfrider/e/c9bb64121c17e1b1c35c4522ecf422ac

*ready go!  川久保拓司くんの応援日記:映画を観に行ったら☆
今 映画を観てきました。「そのときは彼によろしく」すごく きれいな映画で しんみりしました。
http://blog.goo.ne.jp/tomokei-2k/e/753bee887058130c26be2412e9429745

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月06日 22:26 | コメント (0)

 

あるスキャンダルの覚え書き(ジュディ・デンチ:主演)

「あるスキャンダルの覚え書き(ジュディ・デンチ:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「嫌われ者のベテラン教師と新任美人教師の心の闇を描いた心理スリラー。ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットの2大女優の演技が素晴らしいです」



=2007年6月6日収集分=

*ルジュルナル de しげる:あるスキャンダルの覚え書き
映画「あるスキャンダルの覚え書き」を観た。基本テーマは「幻滅」・・・・なので、私は大いに楽しみましたとも。
http://uedas.at.webry.info/200706/article_3.html

*joy-joy@Nagieの長閑な毎日:【映】あるスキャンダルの覚え書き
ジュディにぴったりの役ですよー。ちょっと偏執的な歪んだ愛情の表現、なかなか出来ませんよ。
http://joynagi.exblog.jp/5690548

*魔法使いの手:あるスキャンダルの覚え書き
なんか気持ち悪い映画でした。後味が悪い。こういうタイプの女性達のことは、私は理解できない。
http://blog.livedoor.jp/patchmari/archives/51264223.html

*カナダDE映画鑑賞日記:今日の映画:あるスキャンダルの覚え書き
観ている間も観終わった後も不快度高いですが、名女優同士の火花散る演技対決を見るだけでも観る価値あり。
http://plaza.rakuten.co.jp/bleuets/diary/200706050000/

*WHAT'S NEW PUSSYCAT!?:「あるスキャンダルの覚え書き」おんなと・・・
いかにもイギリス作品という感じ。品よく仕上げながらも、小粒だがきりっと渋苦味が効いた佳作。
http://blog.so-net.ne.jp/pussycat/2007-06-05

*Puff's Cinema Cafe Diary:「あるスキャンダルの覚え書き」
これは良かった! 2大女優の見事な競演。 そして、心理描写。 実際身近に起こりそうな話だけに本当に怖い。
http://puffcafe.blog31.fc2.com/blog-entry-341.html

*something like that♪:映画:あるスキャンダルの覚え書き
ブッカー賞最終候補に残った小説が原作。内容もすごかったけど、何と言っても役者が最高!ケイト・ブランシェットにジョディ・デンチ
http://horoyoshiusa.blogspot.com/2007/06/blog-post_05.html

*本日のお言葉:人は女に生まれるのではない、女になるのだ。
かなりドロドロした映画です。こちらはさっきのエステとは一転、「女って怖いわ〜ぁ」と恐ろしくなる内容でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/momiji_no_nishiki/33535581.html

*Cartouche:クレマチスの咲く頃
サスペンスフルなストーリー運びですが、孤独と焦り、嫉妬感を抱える女性の心のうちが見事に表現されていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/cartouche_ak/47571053.html

*アンチョビ:あるスキャンダルの覚え書き
内容は、現代人が抱える孤独、脅迫観念、嫉妬、妄想、自己欺瞞を描くサスペンス的なもの。最近見た映画では、かなりのいい出来。
http://blogs.yahoo.co.jp/themanfelltoearth/49850761.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月06日 22:24 | コメント (0)

 

300 <スリーハンドレッド>(ジェラルド・バトラー:主演)

「300 <スリーハンドレッド>(ジェラルド・バトラー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「スパルタの兵士300人が、100万のペルシャ軍と戦う姿を描いたアクション映画です。デジタル技術を駆使した映像も見ものです」



=2007年6月4日収集分=

*小さな山で、一匹の羊が迷っています.....:「300」スリーハンドレット
この映画、半分実写・半分アニメ です。そういう映画は結構見てきましたが、一番いい出来です!
http://ippiki-no-hituji.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_1282.html

*LIVRE LIVE LOG:300
その独特の映像表現において最大の魅力の一つは、やはり光と闇のコントラスト。
http://livrelivelog.blog96.fc2.com/blog-entry-59.html

*いんどあかめさん日記:映画『300(スリー・ハンドレッド)』
少ない人数で大きな敵に立ち向かうというストーリーもかなり好きなタイプなので、観ることが出来てよかったなぁと思いました。
http://remit.cocolog-nifty.com/indoorkamediary/2007/06/post_5da4.html

*驟雨来たりなば、幸遠からじ:This is Sparta!
素晴らしい映画。新しい映像美、1カット1カットとしての絵の完成度、そして作り手たちの情熱。その凄さに、とにかく圧倒されます
http://tom85y.blog104.fc2.com/blog-entry-11.html

*スイカの不定期日記:300
つえーな300。久々におもしろい映画見ました。とにかくカッコイイ。カッコイイとしか言いようがない。
http://yaplog.jp/jnsuika/archive/179

*kuririn’s blog:300
結構良い映画だった! 映画を見た後にレビューを見て殆ど本当の話だから「すっげ〜」と思った。
http://ichigopocky.vox.com/library/post/300.html

*CAFE☆flyingpancake☆:映画レビュー「300」スリーハンドレット
歴史に詳しい人ならこの戦いの結末は知ってるとは思うんですが知ってても全然楽しめると思います
http://flyingpanc.exblog.jp/5817719

*ニキ日記:300[スリーハンドレッド]
映画はといいますと、かなりのバイオレンス振りにたじろぎましたが、なかなか面白かったです。
http://blog.goo.ne.jp/miho_0301/e/c9c458ebc266a0d2fe7d80887f18c3df

*Elysion:300
スパルタが舞台の映画ですねMovixで見てきた(^∇^)スパルタといえば・・・そう、あのスパルタ教育で有名なギリシャの都市国家ですよぅ
http://ameblo.jp/elysion-duo/entry-10035654103.html

*独言綴:300 ~ スリーハンドレッド
映画レビューでも賛否両論となっているが、史実に基づき、何があったのかを現代に伝えるものとしてはよくできているのかもしれない・・
http://filsnoel.exblog.jp/5689492

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月05日 07:41 | コメント (0)

 

大日本人(松本人志:監督・主演)

「大日本人(松本人志:監督・主演) 」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ダウンタウンの松本人志が、企画・初監督・主演を務めた長編映画。高圧電流を浴びて巨大化した「大佐藤」哀愁と戦いを描くストーリーです」



=2007年6月3日収集分=

*Innocentgrand:大日本人 鑑賞
ギャグであることは間違いないでしょう。もちろんギャグ主体という訳にはいかなかったのか監督の苦悩が見えるような作品です。
http://www.innocentgrand.com/?p=49

*なみじろうのひまつぶし堂本舗:大日本人
いやこれ、すごい映画です。今までこんな映画見たこと無い。評価は真っ二つにわかれると思うんだけど、僕は支持しますね
http://namijiro.cocolog-nifty.com/himatsubushi/2007/06/post_390a.html

*Keseran-Pasaran:大日本人鑑賞記
唯一言えるとすれば、松本人志にしては一般的に解りやすい笑いで通していたな、と言う辺りです。
http://free-man.cocolog-nifty.com/keseran/2007/06/post_5c0e.html

*いろいろ記録F byとり(仮):大日本人
ヒーローものの笑える映画。……なのだが見方を変えると、ヒーローの悲哀を描いた作品といったところ。
http://d.hatena.ne.jp/tori009/20070602#1180802276

*Another World !:大日本人だよ
封切一番で見ました。途中から・・・、完璧にツボにはいりました・・・・・。
http://louis-cyphre.at.webry.info/200706/article_1.html

*しゃくれぶろぐ:大日本人。
早速観てきた。松ちゃんワールドだった(^^ゞそう来たか、みたいな。
http://red.ap.teacup.com/syakure/23.html

*キョの日記@はてな:大日本人
終盤の展開に違和感があって、そのためか、映画が終わった後、微妙な空気になっていたような気がする。
http://d.hatena.ne.jp/kyoooo/20070602/1180802555

*T23:大日本人
こいつは評価が分かれそうだなぁ・・と思ったが、人の評価なんて別にどうでもいいので、自分が思ったことを少しだけ書くと・・
http://t23t23.exblog.jp/6932321

*同化しないカメレオン:大日本人
梅田ピカデリーで「大日本人」を観てきた。昔から松本氏の笑いのセンスに魅了されてきたものとしては外せない作品。
http://blog.goo.ne.jp/immortality/e/881a6c15e492647aa0626e8e739c52e8

*吾、二十七にしてグラフィックデザイナーを志し。:大日本人だよ!
・・・松本人志初監督作品!公演初日に見て来ましたよ★ 非常に期待していた・・・たぶん期待以上に期待していたのでしょう。
http://medapani.blog44.fc2.com/blog-entry-143.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月04日 07:32 | コメント (0)

 

監督・ばんざい!(ビートたけし:監督・主演)

「監督・ばんざい!(ビートたけし:監督・主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「“世界のキタノ”こと北野武監督の最新作。奇想天外な世界にどっぷりはまれる映画です。豪華なキャストも話題ですね」



=2007年6月3日収集分=

*映画と読書と徒然に:監督・ばんざい!
北野武監督の最新作。感想を一言で言えば「金返せ」もう一言付け加えるなら「時間も返せ」
http://www.caiwa.jp/blog/weyl/2007/06/03/cei2007-7iaeaeadho/

*本日、快晴。:監督・ばんざい!【映画】
本編の前に、カンヌ国際映画祭で上映された、「素晴らしき休日」(?)という3分の短編が上映されたのですが、こっちの方が良かった。
http://blog.goo.ne.jp/analogue-tanako/e/e3f8c228c751d9ac4edb8e6578f7e4d7

*Universality Class:監督・ばんざい!
”千年女優”か”ゴダールの映画史”のパクリかと思っていたら、もっと適当でした。ある意味これだけ崩せるのはすごいわけで。
http://blog.livedoor.jp/hisakadom/archives/50928442.html

*なおすけ日誌:「監督・ばんざい!」鑑賞
しっかし細かい映画ですねぇ。よく見てないと見逃しちゃう部分が多いし。六平さんがいる道場の文字にいろいろ発見。
http://honyanonaosuke.at.webry.info/200706/article_2.html

*かねやんのエコログ:監督・ばんざい! / おでかけ
ビートたけしと一緒に出てきた人形がよかった。入れ代わる場面とかタイミングとか、人形とまわりの人の絡みとかがいい。
http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/kaneyama1/eid/474807

*ニ・ド・ネ:ばんざい!
すごい、あれ、カンヌで放映してきたのっ?わたしはひとりで笑っていたんだけど、外国人に通じ・・・たの?
http://nawoo.exblog.jp/5522117

*風に吹かれて:監督・ばんざい(57本目)
おばかな映画と言ってしまえば、それだけかもしれない。でも、これまでの北野監督の全作品12本を見ている僕にとっては、そうだけとは言えない。
http://blog.so-net.ne.jp/reiji-reiji/2007-06-02-1

*おやこブログ:監督・ばんざい!
「監督・ばんざい!」を試写会で観ました。監督、色々やりたい放題。ベタなギャグも満載。わかっちゃいるのにやっぱ笑っちゃうんよねー。
http://blogs.yahoo.co.jp/oyaandoko/7427383.html

*Take it Easy♪:監督・ばんざい!
ビートたけしのお笑いが好きな人には面白い作品だと思います。こういう作品を(も)作ってしまう北野武監督のセンス、私は好きです。
http://blogs.yahoo.co.jp/momoreo12/48826115.html

*Have a break:監督・ばんざい!
昨日試写会行ってきた。。。うーんうーん…。オムニバス形式な感じ…。これ以上言うたらネタバレになるから言いません★
http://blogs.yahoo.co.jp/md2dn275/20205633.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月04日 07:30 | コメント (0)

 

GOAL!2(クノ・ベッカー:主演)

「GOAL!2(クノ・ベッカー:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「サクセスムービー『GOAL!』の待望の続編。今度の舞台は、ヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグで、クランクインとなった東京ロケなど見所いっぱいです」



=2007年6月1日収集分=

*戯言:GOAL!2
今はもう引退してしまったジダンのプレイをまた見ることができたのは嬉しかったですね。
http://blog.livedoor.jp/gongoal2005/archives/50286267.html

*asterisk 3.2:GOAL!2
いわゆるスポコン映画のお約束であろう 「友情、努力、勝利」の3大キーワードが並ぶ映画です。
http://ameblo.jp/salisbury-utena/entry-10035354818.html

*映画な12箇月。:GOAL ! 2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦
ニューカッスルからスペインのレアル・マドリードに移籍して、チームがヨーロッパ・チャンピオンになるまでの活躍を描いています。
http://blog.goo.ne.jp/seoul-nobu/e/18f007b58a0fa41cacbbdd6ec1db36ba

*AKIRAの部屋:シネマ劇場(6)
全てはFIFA公認なだけ本物の試合シーンでの登場はあるわ東京のロケがあってこそ価値があるね(^-^)/
http://blog.livedoor.jp/akira707line/archives/50887271.html

*acqua al†a:映画
内容はネタばれだから言えないけど、セクシーだったです(ぇ 第3弾はW杯編だけど、ハリスってどこの国出身なんだろうか・・・。
http://blog.goo.ne.jp/ichigo_de_yue/e/42be4d885e8742b1fbebfdc045880c3f

*のほほん日記:『GOAL!2』
観に行って来た。展開早いなぁ。。。案外面白いのだが。最後はベッカムのフリーキックで終わり。うむむ。
http://blog.goo.ne.jp/maiko0701/e/92534e21ff7fa332c8aaf0b63c86787e

*Blog@Flowers of Romance:Goal!2
話題になっていたことがいくつかあった。まずは噂になっていた日本でのロケだが、序盤にて早くも適用されている。
http://dzppr.jugem.jp/?eid=3413

*フライホイールにまわされて:GOAL!2
率直な感想は、「面白かった!」です。FIFA全面協力という協力なバックアップに裏打ちされたリアルな試合シーン
http://blogs.yahoo.co.jp/banzai370720/48907886.html

*長友美貴子 公式ブログ:映画 GOAL!2
見た人はわかるかな あのチャンピョンズリーグ決勝前のベンチ裏とかカッチョイー 萌 萌
http://blog.livedoor.jp/mikikonet/archives/50210524.html

*映画とゲームの感想 : GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦
サッカーシーンはFIFA全面協力だけあって、さすがの迫力! そして主演のサンティもサッカー選手の役がとても良く似合います。
http://eigatomanga.blog65.fc2.com/blog-entry-380.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月02日 08:01 | コメント (0)

 

しゃべれども しゃべれども(国分太一:主演)

「しゃべれども しゃべれども(国分太一:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「佐藤多佳子の小説の映画化。下町を舞台にした落語青春ストーリーで、観た後に心がジワーッと染み込む作品です。国分太一さんの落語にも注目です」



=2007年5月29日収集分=

*asterisk 3.2:しゃべれども しゃべれども
落語のシーンもすごく様になっていると思います。 国分太一の「火焔太鼓」を演じる様も伝わるものがあります。
http://ameblo.jp/salisbury-utena/entry-10035063721.html

*つぶやき:しゃべれども、しゃべれども
とにかく、国分太一さんが古典落語の名作「火炎太鼓」を見事に演じきったのには驚きを通り越して 感動してしまいました。
http://okayamamomo.blog98.fc2.com/blog-entry-66.html

*ちひろにっき:しゃべれども しゃべれども 観ました☆
派手さはないけど心にしみるって感じで。じーんとしました。 で、最後に「明日天気になぁれ」が流れるから更に泣ける・・
http://kitaiwa.blog1.petitmall.jp/blog-entry-37.html

*EARTH・BORN:映画行ってきました。
今回は、『しゃべれども しゃべれども』国分太一、香里奈、伊東四朗などが出演。落語って、奥が深い。(゜_゜)
http://ameblo.jp/jhk/entry-10035080838.html

*smile☆smile:しゃべれどもしゃべれども
すごくあったかくて優しい爽やかな物語でした優役の男の子がツボで祖母役の八千草薫サンがすごく素敵でした
http://ameblo.jp/08222525/entry-10035081063.html

*one day07:しゃべれどもしゃべれども
落語を通じて、人と人とのつながりを描いたとても良い作品でした。しゃべるということ、言葉というもの そしてそれを越えた心とか気持ちというもの
http://sy07.blog103.fc2.com/blog-entry-4.html

*ROAD OF THE TINKLING BELL:しゃべれども しゃべれども
『しゃべれども しゃべれども』を観てきました。私の行った回はなぜだかおばさまが多くめちゃくちゃ自由に笑ってた。
http://machi5772cco.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_b6a3.html

*亮シゲと芸術の両立。:お前師匠いねぇーよ
しゃべれども。普通にいい映画だった。気に食わないのは、太一君と香里奈の出会いのとこだけかな。
http://blog.livedoor.jp/soratobiandeight8/archives/51005252.html

*風に吹かれたい♪:『しゃべれども しゃべれども』
みんな一生懸命なんだな、って、当たり前なことを再確認させてくれた、素敵な映画でしたよ。どうぞみなさま、観に行ってくださいまし
http://bokansya05.exblog.jp/5511603

*stella e sogno.:えいがみてきたー
国分太一が噺家で、師匠役が伊東四朗という絶妙さにひかれて観て来ました。ヒロイン的なポジションに香里奈。演技を見たのは初めて。
http://loca.zombie.jp/ses/log/eid469.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月30日 07:31 | コメント (0)

 

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい(ベン・アフレック主演)

「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい(ベン・アフレック主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ジョー・カーナハン監督のスタイリッシュなハイテンション・バイオレンス・ムービー。最高級のキャストが集結して、壮絶な銃撃戦が繰り広げられます」



=2007年5月28日収集分=

*実感近似:「スモーキン・エース」 監督 ジョー・カーナハン
だけど、これはめずらしく面白かった。俺の基準では未だにタランティーノ映画に似た映画は見たことがない。と言うと言い過ぎか
http://d.hatena.ne.jp/abyssal-fish/20070526#smokin_aces

*西沢千晶のシネマ日記:B級バイオレンス・アクション「スモーキン・・・
大物マフィア摘発のための証人としてマジシャンを保護しようとするFBIなども入り乱れて、激しい殺し合いを展開するバイオレンス・アクション作品
http://blog.livedoor.jp/chiakix/archives/50838999.html

*nawowow無料放送:最近観たのは
…『NARC』のジョー・カーナハン監督がなぜかうって変わって撮った、頭の悪そうなドンパチ・アクション。
http://nawowow.exblog.jp/6178518

*さいはての西:スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい(2007)
マフィア界の大物ボスを怒らせた男の"ハート"を奪うため、暗殺者たちがラスベガスに集結するバイオレンス・アクション。
http://fwest.exblog.jp/5489294

*うたた寝の中を歩く:映画「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」・・・
こういうバカらしい映画は、お笑い系だと思うのですが、けっこう生真面目な作品で、ギャグというよりバイオレンス映画のような感じ。
http://takanotume2001.blogspot.com/2007/05/blog-post_26.html

*黒猫宅急便ver.2:スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい
また、登場人物が多かったのと内容の把握がちょっと難しかった気がする。最後もなんかしっくりこない終わり方だったなぁ
http://kuroneko0525.blog.shinobi.jp/Entry/72/

*ニモ子の「出張でへろへろ」(暫定):イクスピアリで『スモーキンエース』
B級映画好きなので、予告編を見た限り、群像劇で面白そうな印象を受け、ちょっと楽しみにしていたのですが、もうハチャメチャ過ぎでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/nemoco/diary/200705270000/

*Kung好きの日記:暗殺者がいっぱい♪
タイトルからしてB級っぽいでしょ。確かにB級だったけど、”当たり”でしたよ。オススメ。ストーリーは良くある話。
http://tomyumkung.cocolog-nifty.com/kung/2007/05/post_4bf7.html

*漢(おとこ)だって癒され隊!:なかなかのどんでん返し     スモーキン・エース
映画が好きなら観ておいて損はないよ〜。報酬100万ドルを巡ってマフィアの大物を殺し屋が狙うんだけど、これが個性豊かでねえ。
http://blogs.dion.ne.jp/supper_supper/archives/5666529.html

*meglob:スモーキン・エース〜暗殺者がいっぱい [SMOKIN' ACE]
テンポとか見せ方とかとってもSnatchに似てる。でも最後に「スッキリ」しないのは、脚本がイマイチだからなんだと思う。
http://meg696.exblog.jp/6193344

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月29日 07:47 | コメント (0)

 

パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド(ジョニー・デップ主演)

「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド(ジョニー・デップ主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「世界中で大人気のパイレーツ・オブ・カリビアンの第3作目。お馴染みのジョニー・デップのほか、チョウ・ユンファ、キース・リチャーズなどの新たなキャストも話題です」



=2007年5月27日収集分=

*映画もドラマも大好き!:パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
謎解きあり、アクションあり、親子愛あり、友情あり、恋愛あり。もうお腹いっぱいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/angelina200611/12135889.html

*カタルエ:パイレーツとスパイダー
ええともしもまだ観てない人で、先入観を持たずに観たいっていう人は今日の記事は読み飛ばしてください。
http://katarue.com/archives/50988748.html

*フラダンス始めました♪:パイレーツ・オブ・カリビアン
「呪われた海賊たち」と「デッドマンズ・チェスト」を復習してから観たほうが楽しめると思います!
http://blogs.yahoo.co.jp/sing_like_radio78/32637908.html

*感佩(かんぱい)の記:シネマ観マシタ(其の35):パイレーツ・・・
今作は一通りの問題の結論がはっきりすると共に、ひとつの作品としても完結しているので、好感を持って楽しむことができました
http://blogs.yahoo.co.jp/yuuy/33015949.html

*エアコンのついてる部屋は快適だ:パイレーツ・オブ・カリビアン・・・
これで完結です。さびしい気もしますが、それに負けないくらいめっちゃくちゃ面白い!!ジョニーデップほんっとカッコイイ・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/spartapasta/7535447.html

*Amelie's DVD diary:パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド
感想等は…〆8什澑撚茣曚砲鴇絮巴罎任△觧。▲灰海離屮蹈阿錬庁孱弔瞭記である事。から控えます^^
http://blogs.yahoo.co.jp/oaiko22/7458331.html

*なにもないよ?:観た
『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』エンドロールは長くてイライラするけど、最後まで観たほうがいいよ〜♪
http://blogs.yahoo.co.jp/yume_no_oto28/47251273.html

*ヒゲオヤジの独り言:パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
で、感想はうーん・・・・正直なところ1、2の内容を忘れてしまっていて、作品の世界に入っていくのに時間がかかりました
http://blogs.yahoo.co.jp/baiodex/7537296.html

*filmdays daybook:パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
3時間の映画を観ているというより、テレビドラマ「パイレーツ・オブ・カリビアン」のシーズン3の総集編、みたいな感じ。
http://filmdays.cocolog-nifty.com/filmdays_daybook/2007/05/post_532d.html

*じこまんピクチャーズ:パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
主役のジャック・スパロウの出番が少なく、キャラの良さが出ていない。エリザベスが今回の主役?
http://classics.exblog.jp/5651903

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月28日 07:33 | コメント (0)

 

主人公は僕だった(ウィル・フェレル主演)

「主人公は僕だった(ウィル・フェレル主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「自分の人生が小説の中で進行していると知った主人公を描くファンタジーの映画。ウィル・フェレル主演ですが、ダスティン・ホフマンの演技が光ります」



=2007年5月21日収集分=

*横浜映画生活:『主人公は僕だった』
久しぶりに見た映画は当たりでした。「作家の声が聞こえる」という設定がおもしろく、笑いのツボも私の好みにぴたりとはまりました。
http://yokohamamovie.blog44.fc2.com/blog-entry-156.html

*Salad Days Rider:及第点 - 主人公は僕だった
「エリザベスタウン」と同系だけど、恋愛にこだわってないし、もっと落ち着いてます。登場人物がみんな、中年だからかもしれませんね。
http://blog.so-net.ne.jp/SDR200/2007-05-21

*ははろのお気楽講師生活:主人公は僕だった
神の声(小説家の声)に振り回される主人公のようす、そして、変わっていこうとする様子など、面白い要素いっぱいで楽しめました。
http://haharo.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_9a8a.html

*のだめと小金持ち:主人公は僕だった
ちょといいコメディでした。エマ・トンプソンとダスティン・ホフマンに、マーク・フォースター監督が大人の味つけをしています。名作型シネマです
http://blogs.yahoo.co.jp/tyaotomo/49491997.html

*なんとなくな日々:映画三昧。
まずは「主人公は僕だった」。これはねぇ、う〜ん・・・・。おもしろくなくはなかったんだけど。
http://my-nantonakunahibi.cocolog-wbs.com/blog/2007/05/post_d642.html

*水曜日のシネマ日記:中だるみしても、ラストに説教。『主人公は僕だった』
ある日突然、自分の行動を正確に描写する声が聞こえるようになってしまった男性の物語です。
http://blog.goo.ne.jp/tekuteku_2006/e/108c9948d10b34cb0b5ca500efb65a3d

*mizutama日記:日曜日のこと
「主人公は僕だった」を見てきました。感想は、すごく面白かった!!たまたまいい時間にやっていた映画がこれでよかった
http://plaza.rakuten.co.jp/ikura0303/diary/200705200000/

*COADデブデブ日記:2007/05/21
今週公開の映画の期待度ランキングみたいなのがあって、1位だった"主人公は僕だった"を見に行きました。
http://ameblo.jp/coad/entry-10034291417.html

*沢庵記:月曜映画
まあまあ面白かったかな。 主人公だけに聞こえている声が、 ナレーションなのか、その声なのか、 区別できないのが、ちょっといけません。
http://m81x38039.blog36.fc2.com/blog-entry-1069.html

*ヒサミチの生きる道:主人公は僕だった
映画を観てきました「主人公は僕だった」前半少し疲れちゃったけどなかなか面白かったです
http://blog.livedoor.jp/yukikikiki/archives/51078774.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月22日 07:43 | コメント (0)

 

パッチギ! LOVE&PEACE(井筒和幸監督)

「パッチギ! LOVE&PEACE(井筒和幸監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「井筒和幸監督と李鳳宇のコンビの待望の最新作。前作から、キャストを一新し、三世代に渡り受け継がれる壮大な家族史と命の輝きが描かれる感動作です」



=2007年5月20日収集分=

*Sanae's Cafe:パッチギ!LOVE&PEACE
いやぁ〜〜〜〜いい映画でした! 井筒監督ブラボーです!前作に引き続き、笑って泣いて、めちゃめちゃ心温まります。
http://sana-cafe.seesaa.net/article/42336449.html

*DIGITAL Shot Diary:パッチギ! LOVE&PEACE
賛否両論だが、監督が何を伝えたいのかは、ちゃんと分かったし意味のないと批判されている乱闘シーンも前作を観ていれば妙に納得できる
http://grac.blog98.fc2.com/blog-entry-18.html

*映画子の映画日記:『パッチギ LOVE&PEACE』試写会
前作のガチンコ描写が苦手で、今回は観るのをちょっとためらっていたけど、試写会が当たったので観てきた。
http://eigako.seesaa.net/article/42345744.html

*毎日がおもちゃ箱:「パッチギ!LOVE&PEACE」
ただ、戦争の無意味さや、人間同士の争いほど愚かなものはないんだ!というメッセージとして私は受け取りました。
http://orange.ap.teacup.com/8258oj/154.html

*ハロー!サンガプロジェクト:『パッチギ!LOVE&PEACE』
とりあえず見てください。生きることの尊さを改めて感じることができた。感動的やったなぁ。
http://plaza.rakuten.co.jp/hellosangapro/diary/200705200000/

*大阪ふたば法律事務所:「パッチギ!Love&Peace」を見ました
総評:お勧めします。私は第1作より気持ちよく観られました。今回の主人公は、アンソンよりもキョンジャです(キャストは代わりました)。
http://osaka-futaba.cocolog-nifty.com/futaba/2007/05/lovepeace_1887.html

*Shape Of My Heart 今日の気分!:パッチギ! LOVE&PEACE(ネタばれ)
今回の乱闘も迫力ありました。冒頭からめちゃくちゃになりますんで、途中入場は御法度です。
http://plaza.rakuten.co.jp/katujijannguru/diary/200705200000/

*aya's の〜と *soccer*:見ちゃいました☆
いろんなことについて考えさせられる映画です。日本人はなんであんなひどいことをしてきたのか・・
http://ameblo.jp/8aya8/entry-10034194722.html

*熱き専門学校理事長の仕事:井筒監督、恐るべし!映画「パッチギ!LOVE&PEACE」に感動!
本当にすごい映画だ。いろんなことが様々な鋭い演出と、問題提起とともに、そのまま胸に突き刺さり、多くのことを考えさせられる映画だ。
http://blog.goo.ne.jp/song20/e/4893517c24b018a5fe575bad75361728

*READY MADE:パッチギ LOVE&PEACE
かなりメッセージ性のある映画で、メッセージ内容に関しては賛否両論だと思います。現在の日本では否の方が多いかな・・・
http://readymade.exblog.jp/6879911

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月21日 07:29 | コメント (0)

 

初雪の恋〜ヴァージン・スノー(宮崎あおい:主演)

「初雪の恋〜ヴァージン・スノー(宮崎あおい:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日韓合作の、韓国人青年と、日本人の女の子の恋愛映画です。京都の風景と、主演のお二人の爽やかさにキュンとなりそうですね」



=2007年5月17日収集分=

*ステキナマイニチ:映画☆
ベタベタの恋愛・純愛映画を久しぶりに見た。そして・・・宮崎あおいのかわいさにやられた
http://myhome.cururu.jp/pupusango/blog/article/31001140608

*シウォン☆サランヘヨな日常:初雪の恋 ヴァージン・スノー
いやいや、映画自体は感動もんでした・・・。イ・ジュンギいいわぁ〜。ぜひおすすめします。ハンカチお忘れなく・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/marimarisiwon/19376703.html

*ももかの部屋へどうぞ♪:映画『初雪の恋』
ストーリーは、好きだったけど、主演の二人は、この映画のイメージとちょっと合っていなかったような?!
http://blogs.yahoo.co.jp/momoka_chan_3/32581132.html

*shimashimaな生活:初雪の恋〜ヴァージン・スノー
どなたかのお怒りを承知で書いています〜ハッキリ言って いまひとつかな〜 m(_ _)m
http://blogs.yahoo.co.jp/shimashima51900/32390649.html

*チョウミエヨ:☆初雪の恋を観てきました☆
去年、京都に行ったところが映っていたり、あこがれのソウルが舞台だったり、素敵でした〜!!
http://blogs.yahoo.co.jp/cozyrieko/32584676.html

*ハングル DE あそぼう!「ごめん、愛してる」の世界:「初雪の恋」
古都京都の美しい姿を背景にきれいなふたりのピュアな恋とても懐かしい感じのするラブストリーです。
http://blogs.yahoo.co.jp/hanurupyoruparan2001/46995443.html

*ぶろぐ:映画
宮崎あおいさんとイ・ジュンギssiは、「役者としての成長を見ていきたい」と思わせてくれる役者さんだと思いましたね。
http://blogs.yahoo.co.jp/mame_mame560/6407114.html

*日本の片隅から台湾へ愛をこめて:目がショボショボする
ビジュアル的にはきれいだよ ストーリーも京都が背景にあるからしっとりと落ち着いてて でもね。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/f4vicloveforever/19823971.html

*はなの今日のこの頃・・・:初雪の恋
「初雪の恋」という映画を見てきました。久々に、見た純愛映画って感じでした(。-_-。)
http://blogs.yahoo.co.jp/hana_hotaru_3/48530102.html

*うさのエンタメ日誌: 映画 初雪の恋 ヴァージン・スノー
日韓合作の難しさを痛感した内容だった。とにかく、言葉の壁が厚くて、感情移入がしづらいのだった。
http://blogs.yahoo.co.jp/love2usa75/47132161.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月17日 14:53 | コメント (0)

 

アヒルと鴨のコインロッカー(濱田岳・瑛太主演)

「アヒルと鴨のコインロッカー(濱田岳・瑛太主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「伊坂幸太郎の同名小説の映画化。ボブ・ディランの名曲「風に吹かれて」が主題歌。仙台市にて先行公開で、6月下旬より全国公開となります」



=2007年5月17日収集分=

*それでもクレオはチッチッと言うよ。:アヒルと鴨のコインロッカー
見ている最中に「楽しい、面白い」と噛み締めながら観た映画って大げさでなく初めてかもしれません。
http://morimoricleo.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post.html

*読書日和〜Topo di biblioteca〜:「アヒルと鴨のコインロッカー」観て・・・
「アヒルと鴨…」だけは映像化出来ないだろうな、と思っていました。思っていたのに…!出来ちゃうものなんですね〜!びっくりです。
http://plaza.rakuten.co.jp/hiiragi0225/diary/200705160000/

*恋or憧れ:久々に♪
アヒルと鴨のコインロッカーってゆう地元『宮城県』で撮影されたやつでさ!すごい面白かった(*^∀^)ノシ途中かなり眠くなったけど(笑)
http://ameblo.jp/go---ma/entry-10033820670.html

*感情道路ジャンクション:レビュー:映画『アヒルと鴨のコインロッカー』
なにより中村監督は、きちんと伊坂氏の原作を(あるいは他の著書を)読み込んでいるんだろうなぁ、と。
http://ameshow.blog24.fc2.com/blog-entry-255.html

*日々の栞:映画
先週末、アヒルと鴨のコインロッカーを観に行く。神様ボブディランの「風に吹かれて」が主題歌。当然興味はそこにあった。
http://bookmarklog.blog4.fc2.com/blog-entry-157.html

*エレカシと歩く日々。明日に向かって。:アヒルと鴨を観てきました。
正式名:アヒルと鴨のコインロッカー ほぼ、原作に忠実に、違和感なく仕上がっていたなと思いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/miya2532/48861540.html

*福島競馬場は私の庭かも:アヒルと鴨のコインロッカー。。
濱田岳と瑛太がダブル主演でどこに魅力が??・・とお思いの人も多いと思うのですがこの映画の舞台となったのが仙台。
http://blogs.yahoo.co.jp/toshiohu/47111085.html

*うっかりはんぞう:映画『アヒルと鴨のコインロッカー』
自分的に、ちょっと痛々しい場面なども有りましたが、ホントによく作りこまれた設定と物語ですな。
http://hanzou.blog.ocn.ne.jp/light/2007/05/post_499b.html

*小松塾日誌:アヒルと鴨
期待しててよかった、とーてーもー面白かったです v(0_0)じつはこの映画は、すべて仙台でロケをしたものなんです!
http://blog.livedoor.jp/komatsujyuku/archives/51017939.html

*どらごんWAVE1.5:アヒルと鴨の違いは?
アヒルと鴨のコインロッカー観て来ました。ネタは含みませんけど読みたくない人は要注意です。
http://d.hatena.ne.jp/dragon113/20070516/1179322602

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月17日 14:47 | コメント (0)

 

俺は、君のためにこそ死ににいく(徳重聡:主演)

「俺は、君のためにこそ死ににいく(徳重聡:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「石原慎太郎、脚本、総指揮。特攻隊基地のあった鹿児島県で隊員たちと交流を持った鳥濱トメさんの体験の映画です。」



=2007年5月15日収集分=

*気まぐれシロちゃん工房:君のためにこそ。。。。
エヅクぐらいの泣きっぷりでしたよ これは是非観ていただきたい 賛否両論あると思う でもこの事実は知っていて欲しい
http://lvpoyan.blog72.fc2.com/blog-entry-184.html

*哲学と哲楽:貴様と俺
実話に基づいており当時の実写も多く、ある意味で迫力があり大日本帝国とその人々だ。
http://horitetsu.exblog.jp/5405024

*G・T・B:俺は、君のためにこそ死ににいく
生きることがそんなに悪いのか?死ぬとは何か?生命というものの本質を聞かれている映画だと思います。
http://tumiki.radilog.net/article/179215.html

*Good job M:俺は、君のためにこそ死ににいく
派手さはありませんが、これはこれでOKだと思いましたよ。 (・∀・)/
http://plaza.rakuten.co.jp/free20mish/diary/200705150000/

*TAKA'S DIARY:俺は、君のためにこそ死ににいく
特攻隊を描いた映画で国の為に死にに行く若者達やその家族の苦悩が辛い程分かる映画だ。
http://blogs.yahoo.co.jp/royal_demon_rose/6228455.html

*たにぐちしんじの広告ちょうだい:俺は、君のためにこそ死ににいく
映画として良いか悪いかは判りませんが、歴史。大東亜戦争の大義って「大東亜共栄圏」でしょ。
http://blogs.yahoo.co.jp/tshinji0521/6132713.html

*OCEAN:俺は、君のためにこそ死ににいく
隊員たちから母と慕われた食堂の女性トメとの心の触れ合いを中心に、人間と人間の心模様が描かれた感動的な傑作だと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/hirokichi_bz178tak/48834642.html

*30代独身ダメンズくまちゃんの挑戦:泣ける映画ですねー
鳥浜トメさんの生涯はいろいろな本やテレビなんかの特集でわかっていたもののやはり泣けますねー(/_;)
http://blogs.yahoo.co.jp/doitstation_kikuryou/46951816.html

*映画とデジカメとワールドカップと政治ネタ:石原都知事の限界を感じた・・・
戦争の悲惨さや特攻隊員や周りの人々の気持ちを描いた作品で、決して戦争賛歌の映画ではなかったですが、石原都知事の限界も感じました
http://blogs.yahoo.co.jp/ankozunda/32329861.html

*三重ではたらくスキーヤーの告白:『 俺は、君のためにこそ死ににいく・・・
結論から言うと75点『過酷な時代を生きた 美しい日本人の姿を残しておきたい』という石原慎太郎の願いが達成されたという点では評価出来る
http://blogs.yahoo.co.jp/ibelieveicanfly55/48490557.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月15日 23:51 | コメント (0)

 

眉山−びざん−(松嶋菜々子:主演)

「眉山−びざん−(松嶋菜々子:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「さだまさし原作の「母の恋」と「娘の恋」が紡ぎ出す、温かい気持ちになれる感動の物語です。宮本信子さんと松嶋奈々子さんの演技が光ります」



=2007年5月15日収集分=

*日々のつぶやき:映画「眉山」
さだまさしさん原作ということで、どうしても観たかった映画です。さだまさしさんの描くあの透明で優しい世界が大好きなんです。
http://ameblo.jp/hitopito/entry-10033482219.html

*いつかはきっと・・・:眉山
「なんでやねん」と突っ込みたくなるところもしばしばあったが、全体としては上手くまとまっていて面白かった。
http://maidon.exblog.jp/6858158

*青葉に風薫る徳島より:映画『眉山』に想う・・・・・
ついつい、いつもの飲み屋でかわす会話とかさなり、現実なんだか、映画なのか、なんともいえない想いが味わい深いものでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/daihachi/diary/200705140000/

*Kikkaiのブログ:眉山
ストーリーは、子どもである咲子と母親の龍子の愛情表現を、母子家庭、末期医療のふたつの軸をうまくからませて演出しています。
http://plaza.rakuten.co.jp/kikkai/diary/200705150000/

*金のFP 銀のFP:『眉山』をみて
先日7日に試写会『眉山』を見てきました。さだまさしさんの原作で宮本信子さんと松嶋奈々子さん出演
http://www.cafeblo.com/kinginfp/archive/157

*美月'S LIFE:先週の火曜日
『眉山』の試写会に行ってきました。宮元信子さんが、すごく粋で素敵でした☆人の一生って本当にいろんな事がありますね。
http://sakurarose.jugem.jp/?eid=523

*ぴくちゃあ通信:『眉山−びざん−』(2007:犬童一心)
劇的な感動シーンがあるわけではないけれど、静かに感動をもりあげてくれます。充分に涙を流させてもらいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/hati3591/32336751.html

*東京タワーがみえる隠れ家サロン:映画・眉山を観てきました。
いい映画でしたよ・・・大好きな宮川信子さんも素敵でした。。何より今回、徳島の阿波踊りを生で見たい!見てみた!と思いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/makomalvablue/32767113.html

*頑張る わん ♪:眉 山 (びざん) 観て来ました!
泣けましたね。母も泣けたようです。宮本信子ってすばらしい女優さんですよね。原作はさだまさしさん、主題歌はレミオロメンの「蛍」です。
http://blogs.yahoo.co.jp/reikowan101/48493128.html

*C’est tout:眉山
今日、「眉山」を観てきた。宮元信子・・・よかった〜!「仕事は女の舞台」か・・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/meow_miaow_xxx/6268771.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月15日 23:47 | コメント (0)

 

恋愛睡眠のすすめ(ガエル・ガルシア・ベルナル主演)

「恋愛睡眠のすすめ(ガエル・ガルシア・ベルナル主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「夢では完璧なのに、現実では上手くいかない「睡眠中」に恋愛するという、ラブコメディー。キュートな二人にも注目です」



=2007年5月9日収集分=

*うぃーっす!:恋愛睡眠のすすめ
この映画はガエルがめちゃめちゃかわいくて、抱きしめたいくらいにかわいくて、おばちゃんメロメロ!!
http://blogs.yahoo.co.jp/yucapyoko/47367464.html

*HELLO MOVIES!:恋愛睡眠のすすめ
かなり観たい映画があるんですよね。その名も「恋愛睡眠のすすめ」。いかにも、妄想爆走の匂いプンプン!
http://hellomovies.seesaa.net/article/41092508.html

*P o s t - i t .:『恋愛睡眠のすすめ』
直訳だったらまんまでいいのかって話でもたぶんなく、 だいたい『睡眠の科学』じゃまるでどっかの新興宗…むにゃむにゃ。まあいいや。
http://postitnews.blog87.fc2.com/blog-entry-36.html

*どんくらの映画わくわくどきどき:恋愛睡眠のすすめ 眠らないようにご注意
映画としては残念ながらかなり退屈。 予告編の映像は結構おもしろそうだったのに。
http://klause.blog53.fc2.com/blog-entry-456.html

*あいまblog:「恋愛睡眠のすすめ」
「恋愛睡眠のすすめ」を観てきました。 久々に映画館で観てよかったーという映画でした。
http://sandpaperback.blog86.fc2.com/blog-entry-24.html

*セレンデイピテイー:恋愛睡眠のすすめ
渋谷のミニシアターで友と久々に映画を見てきたフランス映画は映像が美しい。ストーリーとしてだけではなくそれぞれの絵として見れる
http://ameblo.jp/srdyp762/entry-10033053693.html

*徒然日記(仮):恋愛睡眠のすすめ
主演の2人、ガエル・ガルシア・ベルナルとシャルロット・ゲンズブールがキュート。
http://fcb18991999.seesaa.net/article/41214071.html

*椎名林檎のテレビ初出演は?:恋愛睡眠のすすめ
様は・・・妄想族!したも、全てポジティブ妄想族!この作品・・妄想族を名乗る方々は、観ないとアカン!
http://ameblo.jp/suparstar/entry-10033061598.html

*クッキー食べすぎだよ。:映画「恋愛睡眠のすすめ」を観た。
で、この作品は「どうやって作ったんだろうこの映像」部分が突出していました。あと選曲が素晴らしい。
http://plaza.rakuten.co.jp/starguitar/diary/200705080000/

*ねじまき手帖:夢のような夢?
「恋愛睡眠のすすめ」という映画。フランス映画?さえない男の子が隣りの部屋に住む女の子に恋をするんだって。
http://a-wind-bell.blog.drecom.jp/archive/153

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月10日 07:25 | コメント (0)

 

神童(成海璃子:主演)

「神童(成海璃子:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気漫画家、さそうあきらのコミックが原作です。天才ピアノ少女と、音大浪人生の心の交流がさわやかに描かれた感動作です」



=2007年5月6日収集分=

*誇り高き遊び人魂:クラッシックづいてますな〜
映画「神童」を見てきました。松山ケンイチも成海璃子も好きな役者さんなので・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/kay0707snow/diary/200705060000/

*naturalness:神童
クラッシックと物語が重なりあっていて、素直によかったなーっていう映画でした。
http://blog.handmadegarden.net/?eid=357333

*黄色い向日葵に囲まれて・・・・:楽しかったよv
今日は念願の神童見てきました!!!いやぁー、本当に良かったっすネ★最後の終わり方がちょっと微妙だったけど・・!
http://kanonpf.blog80.fc2.com/blog-entry-24.html

*Whereabouts of O2:神童
となりの映画館でやってた『神童』観た。成海璃子ちゃんはあんなに大人っぽくて14歳なんだもんな〜最近の子は凄いわ!
http://d.hatena.ne.jp/y0uki/20070505/1178449264

*キシリトール配合:「神童」2回目
いやー、ケンイチ君の演じるワオが入学試験で弾くピアノ、よかったー。観てる私も緊張した。(2度目なのに。)
http://londongirl.exblog.jp/6022246

*Drinker:神童レポ ※ネタばれ含
とまあ少し不満はあったもののワオが出ていてから機嫌回復。(?かーわいー萌え。
http://kame-chan.at.webry.info/200705/article_3.html

*La vie qui a le film:[映画館にて]「神童」
原作は未読なので、どんな感じなのかは分かりませんが。うたとワオがピアノを通じて心を通わせていくのは良く分かった。
http://d.hatena.ne.jp/toushiki/20070506#1178454324

*『想いもつのれば山となる』:もんじゃと『神童』
映画の感想はまた改めて。穏やかな映画で良かったですよ〜♪成海璃子ちゃんと松山ケンイチくんの演技は圧巻!
http://blog.goo.ne.jp/sora-color7/e/7e78b6ef2cd110a4926ff9a9290b01f6

*シネマ方丈記:「神童」
随所に使われるベートーヴェンやショパンのピアノソナタの数々は、クラシック好きにはたまらない。
http://blogs.yahoo.co.jp/kmmrb627/31833072.html

*チーズギョウザを召し上がれ。:映画「神童」
マイナー系らしく、東京でもあまり上映している映画館は多くないんですが、凄くお薦めです!
http://d.hatena.ne.jp/bebe4/20070427/1178466705

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月07日 21:07 | コメント (0)

 

The焼肉ムービー プルコギ(松田龍平:主演)

「The焼肉ムービー プルコギ(松田龍平:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「カルビ、ロースなどの赤身の赤肉と、白肉ことホルモンの焼き肉バトルの映画。帰りに焼肉屋さんに行きたくなりますね」



=2007年5月6日収集分=

**今日のごはん* in PINK & BLUE:THE 焼肉ムービー プルコギ
レイトショーで「THE焼肉ムービー プルコギ」見てきました♪レイトショーの後に焼肉食べたくなってしまう、という困った症状に陥り。。。
http://hirohiro.exblog.jp/5538864

*矢沢心 ブログ「ココロのとびら」:プルコギ公開!!!
昨日、焼き肉ムービー『プルコギ』が公開しました!観に来て下さった方、ありがとうございました(☆ω☆)
http://plaza.rakuten.co.jp/m810j94/diary/200705060000/

*ゴルゴ通信:『プルコギ』
これはいい!最高!観る時間帯も考えましょう!劇場から出てきたら夕食タイム、そして焼肉屋へ直行だったりしたら、もっと最高でしょう!
http://844.spaces.live.com/Blog/cns!726014984186F921!980.entry

*365シネマ通信:The 焼肉ムービー プルコギ
赤肉派(カルビ、ロース)と白肉派(ホルモン)の究極の焼肉対決と言ってますが、バトルシーンはさほど迫力はなく「料理の鉄人」の方が凄いです
http://ameblo.jp/kata-07/entry-10032799622.html

*大好きな●●●:THE焼き肉ムービー プルコギ
「THE焼き肉ムービー プルコギ」この作品は浜松で上映予定が無いので絶対観ておかないと…と思っていました!
http://plaza.rakuten.co.jp/kazzy155/diary/200705060001/

*四十男の鉄下駄映画修行:「プルコギ」
大手焼肉チェーン店の若手天才オーナーシェフと焼肉バトルを行う北九州のホルモン焼き屋の青年の話で、グ・スーヨンという人が監督をしました
http://spotish.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_64f7.html

*女王様のきまぐれ日記:「プルコギ」
「プルコギ」を見ました。若手とベテランの実力派が、がっちりとタッグを組んだ力作です。
http://blogs.dion.ne.jp/leo_gemini/archives/5552478.html

*ゆきかぜ の ものぐさ日誌:「The 焼肉ムービー プルコギ」
内容にはそんなに興味がなかったのですが、山田優は元気そうだし、田村さんの遺作になったといわれる映画でもあるので見てきました。
http://blog.yukikaze.sub.jp/?eid=650329

*じぇらしい的blog:あなたはどっち?
赤肉vs白肉ですが、我々じぇらしいで 生肉派vs焼肉派を、さんざん見たので物足りない感じです( ̄ー ̄ニヤリ
http://teamjealousy.blog68.fc2.com/blog-entry-225.html

*火那子のオーナー日記:プルコギ
「プルコギ」を観てきました。盛り上がるようで盛り上がらない微妙さはありましたが、面白かったです〜!
http://ameblo.jp/candle-stand/entry-10032840720.html

*ほげほげへむへむ:THE焼肉ムービー プルコギ公開
ついに、5月5日初日でしたね。ロケとなった福岡でも来週、舞台挨拶があるとか。(もうすでに、チケット終了してます)
http://blog.livedoor.jp/hogehogehemohemo/archives/50164074.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月07日 21:02 | コメント (0)

 

スパイダーマン3(トビー・マグワイア主演)

「スパイダーマン3(トビー・マグワイア主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「世界中でいち早く公開となったスパイダーマン3。製作費が3億ドル(約357億円)に達し、今年前半の最大の話題作です。」



=2007年5月1日収集分=

*手のひらを太陽に:スパイダーマン3
色々と事情がアリ。普段は一切見ないタイプの映画を見ました。結論。俺、やっぱハリウッドの超大作系は苦手です。
http://air.ap.teacup.com/hisa-hairimasuru/273.html

*W´s ELEMENTS:スパイダーマン3
多くは語るまいて…(いつもの事じゃん………)いやあ…いっそがしい展開でした。ハリーがスゴい!MJがかわいそう。
http://blogs.yahoo.co.jp/weliena/47229484.html

*シネマ名画座:スパイダーマン3
映画史上最高の製作費、3億ドル(約357億円)!をつぎ込んだといわれる、今年前半の説明不要の超話題作、「スパイダーマン3」。
http://meigaza.seesaa.net/article/40547605.html

*育児のプロセスと漫画のプロセス:スパイダーマン3見たよ♪
おもしろかったよ!!初日だから人多いと思ったけど、それほど多くなかった・・・ 田舎のほうで見たからかな??
http://blogs.yahoo.co.jp/gcdfk128/19002211.html

*SIDE -V:見てきました。
スパイダーマン3 感想は・・映像が素晴らしく躍動感は秀逸! これから見る予定の人は追記見ないほうがいいです。
http://vandw.blog52.fc2.com/blog-entry-223.html

*グリーンコンシューマKazuakiのブログ:スパイダーマン3
公開を待ち望んでいた「スパイダーマン3 」を観てきましたよ(^o^)。世界最速、地球上で一番早く、本日日本で公開されました
http://ameblo.jp/kazuaki-niigata/entry-10032341893.html

*☆カエルのケロケロ映画日記☆:スパイダーマン3
大迫力のアクションシーンがすごかった!砂の怪人がどうやって映像化してるの!?って感じ☆
http://blog.livedoor.jp/kaeru0339/archives/53971797.html

*みみっちょシネマ:スパイダーマン3【思いっきりネタばれ】
公開初日第1回目の上映を観に行ってきました。かなり興奮しているので文章にできません。
http://blog.livedoor.jp/catsfarm/archives/50760144.html

*木村宏一のBlog:映画「スパイダーマン3」を観る
例によってネタばれになるようなことは一切書けないが,ストーリーは愛あり,裏切りあり,友情ありと盛りだくさんの展開となっている
http://blog.livedoor.jp/cpiblog00179/archives/50760150.html

*赤星マサノリの「日常45」:最高ね。
スパイダーマン3を観て来ました。いやー、よかった!!今回はアクションだけじゃなくて、ドラマもぐっときたよ。
http://blog.livedoor.jp/aka15/archives/50775715.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月02日 07:59 | コメント (0)

 

善き人のためのソナタ(ウルリッヒ・ミューエ主演)

「善き人のためのソナタ(ウルリッヒ・ミューエ主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツが舞台の話題作。恐るべき真実を見つめた歴史ドラマで、見た人の心を揺さぶります」



=2007年4月30日収集分=

*unew:善き人のためのソナタ。
こうゆう歴史的真実があったことにも驚きましたが男のいやらしさとかっこよさが描かれていた部分にとても惹かれました。
http://blogs.yahoo.co.jp/unew0808/46507672.html

*小さな木の実のブログ:善き人のためのソナタ
種明かししてしまうことになりますので いいません。 とにかく一人でも多くの方に 見ていただきたいです。
http://chikonomi.exblog.jp/5272311

*北の国旅日記:映画と実家へ
大人の映画でエッチなシーンもあるし、静かだし・・万人受けするような感じや沸き立つような感じも無いけど、いい映画でした。
http://plaza.rakuten.co.jp/shanzui/diary/200704280000/

*つれづれなるまま日記:鑑賞三昧
「善き人のためのソナタ」見てきました。何も言えない。最後が…もう……。涙。
http://blogs.yahoo.co.jp/yggdrasil5833/31444806.html

*雑記帳:久し振りの映画鑑賞
評判の良い映画であることはWebサイトや雑誌記事等で知っていましたが、予想以上に大満足でした。
http://kjtgm.spaces.live.com/Blog/cns!C772571276B2BF8B!149.entry

*いなか便り:映画
さて映画ですが、通のオススメだけあってじんわりとした余韻の残る作品でした。
http://simizimi.blog62.fc2.com/blog-entry-233.html

*鏡さんの法則:休日の過ごし方
『善き人のためのソナタ』です。いい映画だったと思います。あんな時代が自分が子供のころあったのかと思うと、ぞっとします。
http://motimotikagami.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_7807.html

*風に吹かれて:善き人のためのソナタ(46本目)
「やっと、語らえた真実」との触れ込みだが、本当に、これが真実だとしたら、恐ろしいことである。が、たぶん事実の一部であろう。
http://blog.so-net.ne.jp/reiji-reiji/2007-04-30-3

*Satoshi Iijima Blog わが道を行く:善き人のためのソナタ
今日はサロンシネマに「善き人のためのソナタ」という映画を観に行きました。ベルリンの壁崩壊前の東ドイツのお話です。
http://iago.blog.shinobi.jp/Entry/92/

*今日、何した?:最近の映画☆
善き人のためのソナタ ☆5個 生涯忘れえぬ傑作ですね。これを見ずに映画ファンと言ってほしくないぞ
http://plaza.rakuten.co.jp/mangetumikazuki/diary/200704250001/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月01日 07:44 | コメント (0)

 

ストリングス 愛と絆の旅路(草なぎ剛、声で出演)

「ストリングス 愛と絆の旅路(草なぎ剛、声で出演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「デンマーク生まれのドールムービーに、日本版として新たに生命を吹き込んだスペクタクルロマン。スマップの草なぎ剛 、中谷美紀が吹き替えをしています」



=2007年4月30日収集分=

*nekochinさんのブログ:ストリングス〜愛と絆の旅路〜
物語はわりと単純なものでしたが(その方がいい)、糸につるされたものたちの世界観。
http://nekochin.vox.com/library/post/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9%E6%84%9B%E3%81%A8%E7%B5%86%E3%81%AE%E6%97%85%E8%B7%AF.html

*asterisk 3.2:ストリングス〜愛と絆の旅路〜
ストーリーはわかりやすく悪く言えばありきたりなのですが 「糸によってつながれた命」の表現が 映画が進むたびにすごく愛おしくなってくるのです
http://ameblo.jp/salisbury-utena/entry-10032234811.html

*DENIK:安息
「ストリングス」を観ました。ドールムービーとな。 ふぁ〜〜〜〜こらぁなかなかの映画でしたよ! 美しい!操り人形なのに色っぽい!
http://muzica7.blog91.fc2.com/blog-entry-23.html

*まいにちまったり♪:ストリングスの試写会に行ってキマシタ。。
とっても美しくロマンティックな映画デス。。ラブシーンがとってもよかったデスね♪
http://plaza.rakuten.co.jp/hopk0907/diary/200704240000/

*気晴らしの部屋:映画
『ストリングス〜愛と絆の旅路』を観てきました。まだ、六本木だけでの上映ネタバレになるので、写真だけUP。
http://blogs.yahoo.co.jp/kuukuuru/31769008.html

*りらの感想日記♪:ストリングス〜愛と絆の旅路
ドールームービー、人形劇映画ってどんなんだろう?って思ってたんだけど、これがなかなか面白かった。
http://rirarira.no-blog.jp/da/2007/04/post_5f87.html

*♪Tones of ららりお♪:映画 ストリングス♪
ストリングス公開です デンマーク生まれのドールムービーです アニメで、もちろんつよぽんが、声優やってます
http://rara9rio3.blog4.petitmall.jp/blog-entry-19.html

*毎日がテーマパーク??:私のGW(3)
なんばで「ストリングス」を見てきた。映画、オモシロかった。あやつり人形が人間に見えてくるから不思
http://blog.livedoor.jp/greens_zurg/archives/50768836.html

*ふわふわのしっぽ:ストリングス
意外と面白くて?!というか…1回だとわかりずらい部分もあり…でも、引き込まれていく感じ〜(^_^)
http://plaza.rakuten.co.jp/aki405/diary/200704280000/

*かおリンのひとやすみ日記:映画『ストリングス』
4年かかって作り上げたという人形の世界は技術的にスゴイと思うものの、ストーリーがありきたりでチョットガッカリ…
http://plaza.rakuten.co.jp/kaonohitoyasumi/diary/200704290001/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月01日 07:34 | コメント (0)

 

バベル(ブラッド・ピット/菊地凛子:出演)

「バベル(ブラッド・ピット/菊地凛子:出演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「アカデミー賞にノミネートされた菊地凛子出演の話題の映画がついに公開されました。モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に繰り広げられるヒューマンドラマです」



=2007年4月28日収集分=

*reve de paradis:バベル
メキシコと欧米化路線をいってても異質な極東の国日本は言葉も通じない、理解を超えた未知の国ということか。
http://reve-de-paradis.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_6178.html

*The Master of Speech and Slow Life:Babel
映画『バベル』を観る。tastefully directed!!! 非常に良い構成だし、個々のパートも良い。
http://speech-master.blogspot.com/2007/04/babel.html

*二度目:バベル
モロッコ編、メキシコ編は納得いくんですが、日本編は。。。リンコキクチがやりすぎ感が否めませんでした。。。
http://ameblo.jp/ryodan/entry-10032084905.html

*のびのびにっき:【映画】予告が一番おもしろい映画。
訴えたいテーマや盛り込んだ社会性なんかは伝わってくるんだけど、おもしろかったとは言いがたい感じ。
http://nndiary.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_fdf7.html

*ジョニーと偏差値:バベル
菊池凛子の演技はうまかった。 あとブラットピット主演なのに主演ということを全然感じさせない映画になってました
http://taipyon.blog96.fc2.com/blog-entry-33.html

*サルのこしかけ:話題の映画。
早速「バベル」見てきました〜。感想は・・・なんだかな〜って感じです。期待がでかすぎたのでしょうか?
http://blog.goo.ne.jp/nanasaru5195/e/2ccb709ed115b6cbd10af587d63e321c

*映画・音楽・人、日々出逢った全てに感謝:『バベル』を語る
生きるということは、どうしようもなく世の中に関わっているのだと、まざまざ突きつけられます。
http://ohkini.exblog.jp/5281698

*newznews:バベル見ました。
ディスコミュニケーションの悲しみとモロッコ、アメリカ、メキシコ、そして日本へと続く孤独の連鎖と、少しの希望。。。これじゃわかりませんね
http://newznews.seesaa.net/article/40302778.html

*生きちゃる!:バベル
バベルみた!ふむふむ…とりあえず、愛情を確認するのはこんなに難しいのかね??みたいな。苦笑
http://blog.goo.ne.jp/life-car/e/88a5a22a18d7c337fef02e58c30ecd3b

*旅行好きのyuの日記:バベル見てきました〜
バベル、公開初日に見てきました。菊地凛子関連の話題が日本では多いけれど、映画全体として、とてもよかったです。
http://123newz.livedoor.biz/archives/50136815.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月29日 13:29 | コメント (0)

 

ゲゲゲの鬼太郎(ウエンツ瑛士:主演)

「ゲゲゲの鬼太郎(ウエンツ瑛士:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「国民的アニメの実写版です。ウエンツ瑛士のほか、大泉洋のねずみ男、田中麗奈のネコ娘など、配役も話題になっています」



=2007年4月28日収集分=

*MASTARD CASTLE!:ビビビ。
もちろんねずみ男役の洋ちゃん目当てで。ちなみに安田さんも声のみ出演。(忘れてたけど!)…リアクションなんて洋ちゃんそのまんま。
http://talbo.jugem.cc/?eid=213

*アルファ接骨院スタッフブログ:ゲゲゲの鬼太郎
ウェンツ瑛二?ですか?この人、カッコいいですね(^з^)-☆笑いあり、涙あり、おもしろかったです。
http://blog.a-sekkotsuin.com/?eid=590657

*ひみつ:ゲゲゲの鬼太郎
銀座に映画『ゲゲゲの鬼太郎』を観にいってきました。初日で舞台挨拶があるんですね。「生ウェンツ」だそうだ
http://thesecret.blog67.fc2.com/blog-entry-241.html

*生存確認:ゲゲゲ
感想はスゴく面白かったです♪ウェンツかわいー!!田中麗奈かわいー♪洋ちゃんリアルー(笑)な感じでスゴく楽しめました。
http://yaplog.jp/uka0726/archive/23

*いろいろ記録F byとり(仮):ゲゲゲの鬼太郎
ぶっちゃけもっとアクションが見たかった。VFXはいうほど凄いモノではないのがガックリというところ。
http://d.hatena.ne.jp/tori009/20070428#1177785729

*あーちゃんママの日記:鬼太郎王子
映画の本編は始まったばかりですので、書きませんが泣き所あります。 笑い所あります。
http://yappiiloves.blog43.fc2.com/blog-entry-191.html

*HAVE A NICE “DA”Y:ゲゲゲの鬼太郎
見てきました〜!!予定してなかったけど、ウエンツが鬼太郎の格好でクイズ番組に出てるんだもん。
http://blog.livedoor.jp/hide46526/archives/51141117.html

*OGAの雑記:ゲゲゲの鬼太郎
ゲゲゲの鬼太郎を観てきました。最近は原作ものの映像化も当たりが多く、この映画も当たりでした。
http://oga89.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_1b4c.html

*@blog "SPOTTED PRODUCTIONS":ウエンツ鬼太郎
実写版『ゲゲゲの鬼太郎』については早くから物議がかもし出されていた。実写化そのものに対する不安
http://blog.livedoor.jp/spotted701/archives/51001641.html

*ひろぶろぐ:ゲゲゲのゲー!
深夜に観てきました。 水木しげるの国民的妖怪漫画の実写版『ゲゲゲの鬼太郎』
http://blog.goo.ne.jp/yhiro-01314z/e/787bde6ddefb81705b7c473de0b4f6ef

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月29日 13:27 | コメント (0)

 

ロッキー・ザ・ファイナル(シルヴェスター・スタローン主演)

「ロッキー・ザ・ファイナル(シルヴェスター・スタローン主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「『ロッキー』のシリーズの第6弾です。第1作目から30年たっているそうです。前作までを知らない方も感動できる内容のようですね」



=2007年4月25日収集分=

*bonheur days:映画「ロッキー・ザ・ファイナル」
ロッキー・ザ・ファイナル観て来ました。 結論から言うと・・・ 多分もう一回は観に行くな・・・って感じです。
http://j54.vox.com/library/post/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB.html

*ちくわの心。:ロッキー・ザ・ファイナル
ロッキー好き限定。ロッキー=スタローンといえる内容です。相当無理しているように見えました。体は大丈夫なんでしょうか…。
http://blogs.yahoo.co.jp/shishimaru_8/48381171.html

*Rabis Tok:ROCKY BALBOA 『ロッキー・ザ・ファイナル』
予告編を見た時に、これは意外と面白い映画になっているんじゃないかと想像していたが、それ以上に面白かった。
http://haraq.cocolog-nifty.com/rabis_tok/2007/04/rocky_balboa.html

*WEB2.0的生活:ロッキー・ザ・ファイナル見に行きました
今回のロッキーのテーマは家族愛につきると思います。妻を大事にして、子供を大切に思って・・・
http://web2.g-fan.tv/2007/04/post_71.html

*この夏は忘れない〜borderline〜:ロッキー・ザ・ファイナル
今回の作品はロッキーシリーズを知ってる人にとってはトレーニングシーンや試合のシーンが少し物足りないかな。
http://spirit-jet2006.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_c020.html

*おすわり:映画『ロッキー・ザ・ファイナル』
はっきり言うと、私、前作どころか、全作(第1作〜第5作)、何〜んにも覚えていません。でも、感動してしまいました。
http://osuwari.way-nifty.com/blog/2007/04/post_42ed.html

*テーマはなし(……) ウィーアー、ハァ〜〜ウンド・ドォォッグ
確かにね父と息子の絆とかエイドリアン亡き後のほのかなラブストーリーとか盛り込まれてるのは事実なんだけどね…。
http://blogs.yahoo.co.jp/bbbluesuedeshoes/47957128.html

*みんなシネマいいのに!:「ロッキー・ザ・ファイナル」
いくらアメリカ映画も企画がないとはいえ、今更ロッキーの続編が映画化するとは思いもしなかった。
http://cinemaiinoni.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_e214.html

*毎日が映画記念日!:ロッキー・ザ・ファイナル
ロッキーシリーズ最終章。『ロッキー・ザ・ファイナル』。しかしいざ目の当たりにしてみると、やはり胸があつくなってしまった。
http://blogs.yahoo.co.jp/apoloncat/47958014.html

*寿美礼漬日記帳:久々の感動。
伊丹のダイヤモンド・シティーで『ロッキー・ザ・ファイナル』を見て参りましたんで。一人で見乍ら、号泣いたしました。
http://blog.goo.ne.jp/sumire-nikki/e/2c0acca873f0f43adf69993648833688

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月26日 07:43 | コメント (0)

 

ラヴソングができるまで(洋画)ヒュー・グラント主演

「ラヴソングができるまで(洋画)ヒュー・グラント主演」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ラブコメディーの貴公子ヒュー・グラント主演の「ラヴソングができるまで」元アイドルのミュージシャンを演じています」



=2007年4月22日収集分=

*今日の出来事:映画を見てきました><
今日は、『ラブソングができるまで』を見てきました。なんかよかったよ…ちょっと楽しい所もあったし
http://ameblo.jp/azuchin-1984/entry-10031536904.html

*L'Auberge espagnole:ラブソングができるまで♪
けどノリノリのヒュー・グラントが最高に楽しくて、面白かったです0^^0正直公開すぐに見に行くほどでもないですけどね^^;
http://pribet.exblog.jp/5227255

*RUN & GUTS:映画「ラブソングができるまで」を観て
80年代洋楽ポップスターを主人公にしたこの映画、80年代洋楽が大好きな俺は観ておかないと。中年が楽しめるラブコメディ。
http://satsat.blog.ocn.ne.jp/satorinwalker_blog/2007/04/post_4d8f.html

*50歳で専業主婦から返り咲き〜夫と4人の子供つき職業婦人の花道
ヒュー・グラントの80年代ポップスターぶりが最高!私もあの最前列に入りたい〜
http://plaza.rakuten.co.jp/maisondeco/diary/200704220000/

*犬も歩けばBohにあたる!:歌って腰ふる46歳【ラブソングができるまで】
80年代の洋楽をリアルタイムで聴いていた人には、痛々しいほどに懐かしい、そんな映画です。
http://born-to-be-wild.way-nifty.com/boh/2007/04/46_94e4.html

*アンラッキーもラッキーさ:コレ観たいなぁ〜
ドリュー・バリモア大好きです!だって笑顔が素敵だから、、、。ヒュー・グラントも好きなもんで、、、オレけっこうミーハー(笑)
http://shindouxxx.exblog.jp/6767060

*おろろ日記:『ラブソングができるまで』を観た〜♪
楽しかった!!お話もわかりやすいし、良い意味で。久しぶりにラブストーリーを観たってのもあるんかな。キュートなお話って感じ。
http://blogs.yahoo.co.jp/super_colorful_mine/18106602.html

*映画・音楽・人、日々出逢った全てに感謝:『ラブソングができるまで・・・
彼は、忘れ去られた80年代のポップスターだった。彼女に出会うまでは・・・『ラブソングができるまで』を試写会で観させて頂きました。
http://ohkini.exblog.jp/5228134

*ハピネス道:ラブコメの王道 「ラヴソングができるまで」
ヒュー・グラントだからこそ、ドリュー・バリモアだからこそ…といった、彼らの魅力を最大限に楽しませてくれる作品でした。
http://happinessway.jugem.jp/?eid=155

*ジャックリー:'cause i can
ラヴソングができるまで とても良い映画です。CDってあんなに試行錯誤があってできていくものなのですね。
http://tosaytheleast.blog96.fc2.com/blog-entry-32.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月23日 07:59 | コメント (0)

 

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(映画)

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(映画)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「原作の素晴らしさはもう明らかで、配役もオダギリジョーや樹木希林とくれば、大ヒットは約束された映画でしたね。日本中がオカンに染まっています」



=2007年4月21日収集分=

*ふんだーりけったーり♪:東京タワー
東京タワー映画みてきた。本も読んでドラマも見た私はストーリーを知っているせいか泣けなかった・・
http://yaplog.jp/o_o-u_u-p_p/archive/30

*秀の世界旅行記&ヨークシャーテリア6人集:映画「東京タワー」を・・・
そして、この作品を見た多くの人がそうであろう「自分と母親に重ね合わせる」ことも自然にしていました
http://blog.livedoor.jp/nakanoamato/archives/961302.html

*青空と芝生となかじま日記:東京タワー
内容は原作よりもお笑い要素がたっぷりで、まぁまぁ感動も味わえたので良かったッス。
http://blog.livedoor.jp/first_pleasure/archives/50761889.html

*Summer Time:東京タワー
オカンとボクと、時々、オトン観てきました!オダギリジョー、かなりのハマリ役です!!
http://blog.livedoor.jp/iiaiaiii/archives/51136141.html

*micaのダラダラ日和:東京タワーと映画のおはなし
いやぁ〜やっぱり親子ってだけあって樹木希林親子そっくり(笑)そして娘の(もっくんの奥様☆)内田也哉子さん。
http://blogs.yahoo.co.jp/strawberrrycandy/3942073.html

*君も どこかで 見ただろうか:東京タワー
総合的に、ジョーの贔屓目も含め、ふつうだった。あの原作と、このキャストなら、もっといい作品ができたんじゃないかなー、と思う。
http://blog.livedoor.jp/drawing2005/archives/50446528.html

*BMO Lounge:東京タワー
観て参りました。とてもいい映画でした。でも想像してたほど泣けなかったな。
http://blog.livedoor.jp/bmo210/archives/50657723.html

*なつみの実☆:東京タワー
なぜなら…オダギリジョーが見たいから!!樹木希林。の演技には本当…ずっと涙が止まりませんでした。
http://blog.livedoor.jp/natsu20060829/archives/50641842.html

*lotus:東京タワー…
私はどうしてか,母や父,一番身近にいる家族を大切にできていないと,しみじみ思いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/lotus_pedestal/10012245.html

*Plumeria's Diary:映画「東京タワー」
かなり重たい内容だけど、すごくいい映画でした。私はドラマ版も見ているけど、この映画版が一番好きかな〜。
http://blog.goo.ne.jp/com-on-snow/e/5a2bff8b316b26ae53ab2364c6d44054

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月22日 07:22 | コメント (0)

 

ブラッド・ダイヤモンド(洋画)レオナルド・ディカプリオ

「ブラッド・ダイヤモンド(洋画)レオナルド・ディカプリオ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「レオナルド・ディカプリオが迫真の演技を見せる社会派の映画です。地域紛争の激化するブラッド・ダイヤモンドの現実に、言葉が出なくなりそうです・・・」



=2007年4月18日収集分=

*RIKKA:ブラッド・ダイヤモンド
ディカプリオがあんまり好きじゃないため、あまり期待せずにいたんだけど、すごく考えさせられる映画でした。
http://303.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_e18e.html

*詰め込み雑記:「BLOOD DIAMOND」
ブラッド・ダイヤモンド。見に行ってきました。良かったです。ネタバレになるので、上手くは言えないのですが。
http://pocketable.exblog.jp/5194856

*ヨシカヨそんなバナナ!?:ブラッド・ダイヤモンド
すごい良かった…良かったってゅぅか…悲しいお話だった悲しい…う〜ん…切ないってぃぅか…胸が裂かれる感じ…?胸が苦しくなった
http://ameblo.jp/acuralegend/entry-10031191547.html

*62歳私の絵日記です。:「ブラッド・ダイヤモンド」と言う映画
アフリカの同じ民族同士が殺し会うという悲劇で、すごい実話でしたよ。こんな話が本当に実話なんでしょうか?
http://blogs.yahoo.co.jp/nkou1944/31695004.html

*WIG IN A BOX:今日の一本
『 ブラッド・ダイヤモンド 』 観ました。 アイドルから脱皮して、いい感じにタルんできたディカプリオの演技は良かったと思う。
http://wigin.blog80.fc2.com/blog-entry-166.html

*どうも、まみ〜です。:『ブラッド・ダイヤモンド』。
衝撃的で感動的で胸にジーンとくる良い映画でした。元傭兵の密売人にレオナルド・ディカプリオ。
http://tmk2006.blog54.fc2.com/blog-entry-423.html

*trilogyの映画日誌:ブラッドダイヤモンド
これはすごい。期待をしていなかったわけではないんですが、予想をはるかに上回る出来栄え。
http://blog.goo.ne.jp/trilogy_1986/e/160c38ab59990a229ec114d706f8efb3

*toboggan slide:ブラッド・ダイヤモンド
久しぶりにディカプリオをかっこいいと思いました(笑) わたしは『ディパーテッド』だめだめだったんですが、こっちのが全然よかったですよ。
http://6680.blog58.fc2.com/blog-entry-668.html

*今日なにした?明日なにする?:ブラッド・ダイヤモンド/これこそ・・・
浮いた俳優が見当たらないし 監督・脚本・撮影のチームワークでどっしりと荷物を背負わすメッセージは見事でした。
http://blog.goo.ne.jp/momonngamomo/e/7a1a940cd1b5205529d09847b9329d91

*大事なものは空に:[映画]ブラッド・ダイヤモンド
TOHOシネマズ錦糸町。アフリカ西部のシエラレオネでのダイヤモンドをめぐる密輸業者とゲリラ組織のお話
http://d.hatena.ne.jp/hifie/20070418#1176914762

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月19日 08:07 | コメント (0)

 

スパイダーマン3プレミア試写会T・マグワイアが舞台挨拶

「スパイダーマン3プレミア試写会T・マグワイアが舞台挨拶」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本でワールドプレミアなんて凄いですね。5月1日に日本で世界に先駆け公開されるそうです。大ヒット間違いなしです」



=2007年4月17日収集分

*Pray Beyond:スパイダーマン3 プレミア試写会参加
雨の六本木ヒルズで行われたワールドプレミア試写会に行ってきました。
http://www.hdn.gr.jp/pog/2007/04/post_46.html

*松尾さんの徒然日記:世界最速公開!!
今朝、目覚ましテレビ野郎でスパイダーマン3の試写会発表のニュースが飛び込み、朝っぱらからほくそ微笑むw
http://ameblo.jp/beagle86/entry-10031029172.html

*SPOTLIGHT !:スパイダーマン3 ワールドプレミアム
ジャパンプレミアムではなくてワールドプレミアムであることは、スパイダーマンが日本で非常に支持されている証しですね。
http://www.sato-tetsuya.net/archives/2007/04/3_30.html

*紫音の寝言:スパイダーマン3
プレミアム試写会の様子が今デレビで流れておりました(・ω・)5月1日に公開ですよねvV
http://shionnotsubuyaki.blog4.petitmall.jp/blog-entry-18.html

*本当に大好きな人々へ:スパイダーマン3
制作費から宣伝費に至る全てにおいて、相当なスケールで展開されているこの作品。公開を間近に控え行われたワールドプレミア試写会。
http://myblog.slns.net/?eid=527844

*素直ブログ:スパイダーマン3
世界初上映は、ココ日本。六本木ヒルズのTOHOシネマズ!ワーォである。厳しいボディチェックは空港並み!
http://plaza.rakuten.co.jp/sunao2007/diary/200704170000/

*芸能 大好き:スパイダーマン3 ここだけは見逃すな
なんで日本が・・・?と思いました。あーなるほど。アメリカでは見る人減っているのかもしれませんね。
http://sholark.jugem.jp/?eid=60

*ちゃっきぃ箱:なんで??
映画「スパイダーマン3」のワールド・プレミアが東京で行われましたね。これ・・・世界でトップをきっての試写会。
http://blogs.yahoo.co.jp/djchucky282/47739884.html

*Rinko:スパイダーマン3 ワールドプレミア試写会
「スパイダーマン3」、ワールドプレミア試写会に行ってきました。
http://rin-ko.blog.ocn.ne.jp/rinko/2007/04/post_53e9.html

*〜I's Blog〜 since 2007:スパイダーマン3 ワールドプレミア 前編
4月16日(月)、六本木ヒルズで開催された、「スパイダーマン3」のワールドプレミアに参加してきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/milano5140/9755644.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月18日 07:37 | コメント (0)

 

CROWS(人気コミック)小栗旬で映画化

「CROWS(人気コミック)小栗旬で映画化」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「総売上部数3200万部の人気コミック「CROWS」の映画化です。小栗旬さんや、山田孝之さんの主演も楽しみですね」



=2007年4月17日収集分

*ひとりじゃない 一人暮らしの”ひとりごと”:映画『クローズ-ZERO・・・
今日は『クローズ-ZERO-』の神戸ロケに行ってきました。旬くんは一瞬 エアロンかと思う肌の色
http://ameblo.jp/shunrose/entry-10030921220.html

*人生旅的途上:CROWS映画化
映画は「CROWS・ZERO」として原作前の時代が舞台になるようです。春道も龍信もでないのか・・・
http://d.hatena.ne.jp/SWEEKS/20070417/p1

*Tシャツを売りたい!売れるTシャツを作りたい! 久米繊維工業(株)・・・
「ビーバップハイスクール」や「湘南爆走族」を見てきた私には、今から、楽しみでなりません!
http://plaza.rakuten.co.jp/jentle/diary/200704170000/

*かくれが:「CROWS」小栗旬で映画化
意外。なんかいろいろ意外。観るけど。今秋公開ってことは、ヤッターマンよりも大魔神よりも先になるんだなあ。
http://d.hatena.ne.jp/refuge/20070417#1176806016

*ホット!:小栗旬で「CROWS」が映画化
小栗旬さん、山田孝之さんらで人気コミック「CROWS」が映画化されることになりました。
http://tyume.exblog.jp/5908700

*ファン日記:映画『CROWS』yahooニュース
記事出てきましたねぇ〜しかも今秋公開って!!随分早いんですねぇ〜今秋と言えば『スキヤキ・ウエスタンジャンゴ』も公開だぁよ〜
http://ameblo.jp/yufubuki/entry-10031080732.html

*web-tonbori堂ブログ:又さんは漫画がお好きなようだ。
でそれよりもこの原作者をくどいた方があの山本又一朗氏だそうで。
http://tonbori.exblog.jp/5439964

*−旬旬・愛− to 「小栗旬」:いきなり解禁
「CLOWS」 小栗旬で映画化  ついに発表されましたね〜山田孝之君も出るんですね。これまたイイ男です
http://syunsyunai.blog95.fc2.com/blog-entry-99.html

*るいちゃんLOVE:CROWS話題2
人気コミック『 CROWS 』 映画化!!・・・・・と書いてあるじゃありませんかぁ〜、( ̄▽ ̄)V いえーい!
http://blog.so-net.ne.jp/alohapuamakani/2007-04-17

*毎日が編集後記:変幻自在。
ようやく公式発表された「CROWS」映画化の情報。小栗くんは転校生の滝谷という役を演じるそうだ。
http://blog.livedoor.jp/emin0318/archives/50766284.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月18日 07:35 | コメント (0)

 

東京タワー(映画)初日でオダジヨーのキムタク超え確実

「東京タワー(映画)初日でオダジヨーのキムタク超え確実」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「原作、ドラマ2本と・・続いていたのに、さすがですね。結末がわかっているのに、見たくなってしまうのは、俳優さんと原作の力なのでしょうか?」



=2007年4月15日収集分=

*芸能人のアレやコレをスクープ:オダギリジョーさんが興行収入No1・・・
全国の映画館で初日ほとんど満員だったそうです。凄い勢いですね。オダギリジョーさんの勢いと置き換えても差し支えないかも。
http://geinou-kai.jugem.jp/?eid=111

*徒然がもぴー:東京タワー
「東京タワー」昨日から公開が始まったんですよね。私も絶対に観に行きますが、まだ行けていません
http://plaza.rakuten.co.jp/gamopi/diary/200704150000/

*butatotoroのブログ:東京タワー
別にキムタクと比べる必要はないと思うが…。もこみちのドラマは見なかったけど、大泉洋のドラマは見た。
http://butatotoro.arekao.jp/entry-e76268c942f9acc1c8b6181f4839d61f.html

*気になる気になる:オダジョー、キムタク超え確実
オダギリジョーの演技も興味ありますが、それ以上にオカン役の樹木希林が見てみたいです。
http://kininaru2.jugem.jp/?eid=166

*マーケティングプランナーの日常:オダギリジョー
オダギリジョー、「東京タワー」の映画バージョンに出てたんですね。それにしても、このシリーズいろんなバージョンがありますね。
http://x5.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_2702.html

*Ayers Rock:オダギリジョー、キムタク越え
このクールから始まった時効警察も前評判が良いようだし、オダギリジョーは時の人、って感じですね。
http://ayersrock2007.blog100.fc2.com/blog-entry-9.html

*明日への架け橋!今日を記録する日記:映画「東京タワー」が「武士・・・
40億円の興行収入でキムタクを抜いたというのは、東京タワーが話題になりそうだ。
http://digimaru.blog99.fc2.com/blog-entry-30.html

*気になる出来事:東京タワー観にいきましたか?
やはり、評判通りとのことで、観にいった友人から、電話攻勢!!でね、・・・言うーなっ!!ストーリーは、言わないで!!!
http://ameblo.jp/funky55/entry-10030917762.html

*いつからだか忘れたこの気持ち:すばらしー。
木村拓哉主演の「武士の一分」の興行収入40億円を超えるのは確実だそうです(*´∀`*) おだじょー、おめでとぅ
http://blog.livedoor.jp/raralovesyou/archives/53832514.html

*Pass The Time:東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
映画「東京タワー」が公開されましたね〜。 木村拓哉主演の「武士の一分」の興行収入40億円を超えるのは確実みたいです。
http://killtime1988.blog82.fc2.com/blog-entry-177.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月16日 07:18 | コメント (0)

 

デスノートのスピンオフ映画で監督決定!リングの中田秀夫

「デスノートのスピンオフ映画で監督決定!リングの中田秀夫」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「デスノートの話題は続きますね・・今や松山ケンイチさんは時の人になっていますので、来年公開が楽しみです」



=2007年4月11日収集分=

*Dragon Jokers:デスリング
監督が来たっただけで、こんなにニュースになるぐらいだから、大ヒット間違いなしですね。
http://magicmusicmix.seesaa.net/article/38465344.html

*松山ケンイチ君FAN日記:スピンオフはどうなるの!?かは、理解・・・
今日発表があったみたいだけど、 なんと監督が金子さんじゃない!! なんでなの!!??( ̄Д ̄;) 「リング」の中田氏・・・・。
http://pandar.blog95.fc2.com/blog-entry-103.html

*Heart & Snow:L!!
『リング』の中田秀夫監督で、それでもって、全米公開大ヒットを目指すって!!ひゃーーー 松L全米デビュー!??
http://heart-snow.jugem.jp/?eid=250

*Matsuken Style〜松山ケンイチさん日記〜:『ザ・リング2』の・・・
少しづつスピンオフが見えてきましたね!続きは監督&プロデューサーの一言から気になった部分を。
http://ken1ma28ma.jugem.jp/?eid=168

*アドニス:「デスノート」スピンオフ映画の監督決定!「リング」・・・
ついに!ついに、監督が決まりましたね!!クランクインは8月か。今からすっごく楽しみですねっ。
http://adonis.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_0964.html

*springsong:中田監督
中田監督なら観てみたい!と思わされるくらいには好きです、中田監督の映像が。
http://song.web2.jp/spring/log/eid99.html

*JoJo気分で映画三昧!+α:「デスノート」L主演映画の監督決まる!
どうか、ご自分の目でチェックなさってくださいませ。Lをこよなく愛する皆様なら、興奮で震えてくるような内容です!!
http://pub.ne.jp/TSURUkame0701/?entry_id=638398

*自由気儘に・・・のんびりと♪:監督決定!
松山ケンイチくん主演映画「デスノート」スピンオフ作品「L(仮)」の監督が、中田秀夫さんに決まりました!
http://blog.livedoor.jp/mana127/archives/50952237.html

*芸能一直線:デスノートDEATH NOTEが中田秀夫バージョンで甦る
デスノートが中田秀夫バージョンになるらしい。なんせリングの監督やからね〜めっちゃ楽しみ。
http://geinouwebnews.livedoor.biz/archives/53665955.html

*彼是梅日記:来る きっと来る きっと来る お菓子は多く
えええーーーー!!? 監督変えるんだ!? 金子監督、後編のパンフや挨拶でやらなくもないよ?的な発言してたのに。
http://biwakoume.blog49.fc2.com/blog-entry-44.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月12日 07:36 | コメント (0)

 

ジャッキー・チェン神話崩壊!?囁かれるスタントマン説

「ジャッキー・チェン神話崩壊!?囁かれるスタントマン説」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「真相はどうなのでしょうか・・本当だったらファンの方はショックでしょうし、間違いだったら、それはそれで嫌な感じですね。」



=2007年4月11日収集分=

*それでも地球は回ってる:ジャッキー・チェンがスタント?
真相はどうなんだろう?もしスタントを使っていたとしたら、なぜ今暴露なのか?その背景も気になる・・。
http://olryoka.blog99.fc2.com/blog-entry-70.html

*ヨーヨー部屋:ジャッキー?
あのジャッキーチェンがスタントマンを使っていたという説が浮上してるみたいです。
http://plaza.rakuten.co.jp/nattsunyoyo/diary/200704110001/

*いろいろあって、楽しい毎日!:いいじゃないですか、それでも・・・。 ジャッキー・チェン神話崩壊!?囁かれるスタントマン説―北京
ジャッキー・チェンも53歳ですか・・・、それでもまだ現役・・・?今回の発言でいままでのことがすべて、嘘になってしまうとは思えませんが・・・
http://jouhou123.blog84.fc2.com/blog-entry-895.html

*あなたも私も知りたい!役に立つYahooニュース&トピックス
映画を見ればどれもジャッキーが一生懸命なのはよくわかるから、別にスタントを使ってたっていいんじゃないの?
http://newstopicks1616.blog95.fc2.com/blog-entry-189.html

*journey 〜めぐログ〜:ジャッキーのスタント疑惑について・・・
後継者探し・・・少し寂しい響きです。そして、スタント疑惑??でも、私の意見は、先日書いた通りです!!
http://yaplog.jp/meg_log/archive/7

*Yahoo!ニュース☆Yahoo!ニュースを女性の目からみると:ジャッキー・・・
昔からファンでした。友達は、ファンレターを書いていたんですが、ジャッキーって、ちゃんとお返事くれてたんですよー
http://lucky3000.blog89.fc2.com/blog-entry-16.html

*goody1980 blog:ジャッキー・チェン神話崩壊!?囁かれるスタント・・・
映画を見る限りはわからないですが、わからないようにするのがスタントですからね・・・笑
http://goody1980.exblog.jp/5404451

*KENの日記:ジャッキー・チェンさん、実はスタントマンを・・・
でも大けがもしていますし、スタントシーンはチェンさん自らやっていたのは、僕の目でも明らかです。
http://ameblo.jp/suphi2005/entry-10030542581.html

*ブログに人を呼ぶ方法:13.ジャッキーだって人間じゃけん
まず驚いたのですが、ジャッキー・チェンがいっさいスタントマンを使っていないというのが、世間では真面目に受けとられていたということです。
http://blohou.blog.shinobi.jp/Entry/13/

*総合情報局:ジャッキーチェン、うそだぁ
スタントを使っていたって・・・?うそでしょ?うん、嘘に決まってる。ジャッキーチェン!!
http://thh3.blog85.fc2.com/blog-entry-506.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月12日 07:33 | コメント (0)

 

ヤッターマン/科学忍者隊ガッチャマン実写映画化

「ヤッターマン/科学忍者隊ガッチャマン実写映画化」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「アニメがどんどん実写になりますね・・・配役の発表が楽しみです。2年後の公開予定だそうです」



=2007年4月10日収集分=

*ハマムラ's Blog StrikerS:実写か!
いやぁ、ぶっ飛んだ(笑) 最近、昔のアニメが次々と実写映画化されている キューティハニー、デビルマン……
http://hamamura86.blog44.fc2.com/blog-entry-711.html

*雅王の遠吠え:ヤッターマン、ガッチャマン実写映画化
えぇ〜。ダイジョウブ?監督が「ゼブラーマン」、「妖怪大戦争」の三池崇史監督だとか。ビミョー。
http://gaou.blog2.fc2.com/blog-entry-767.html

*あ!毒電波だ!(としまろ):ヤッターマンとかガッチャマンが・・・
ヤッターマンだのガッチャマンを知ってる奴って相当おっさんだ。オレは、当時幼稚園か、小学1年生だ。
http://tosimaro.at.webry.info/200704/article_12.html

*みやざき芝居茶屋的思考:実写化に期待っ。
ヤッターマンとガッチャマンが実写化されるとかっ。ガッチャマンは去年、Yahoo!動画で公開されてたのを見ました。
http://tyaya.net/blog/archives/2007/04/post_12.html

*30糎の壁:ヤッターマン・科学忍者隊ガッチャマン
実写化?ちゃんと撮ってよね。ドロンジョ様は常盤貴子がよろしいかと。
http://blogs.yahoo.co.jp/vammvi/47636234.html

*TUBEと俺:俺達の青春が
過去”キャシャーン”や”デビルマン”が実写版になったけどやっぱアニメの思い出が強すぎるのかイマイチパッとしなかったな
http://blog.goo.ne.jp/tubekeibatdltds/e/1de22c67f927dec5336dffb6c3d694f2

*機巧奇行草紙−タワゴトノダン:実写映画
思わず叫んでしまった。どうも日活映画で実写版『ガッチャマン』と『ヤッターマン』が製作されるらしい。
http://prayer-on-the-hill.at.webry.info/200704/article_7.html

*specialの独り言:実写化??
こんなニュースが目を引きました。。「ヤッターマン、ガッチャマン、実写映画化」・・・というもの。
http://ameblo.jp/special-rt/entry-10030442638.html

*Never too late!:やるの?ど〜なるの?
カッツェ(ガッチャマンの敵役)とかドロンジョ(ヤッターマンの敵役)とか、いったい誰が演じるのだろう・・・。
http://ameblo.jp/symphony-no6/entry-10030443781.html

*ver.m:うそぉん
『ヤッターマン』と『ガッチャマン』が実写映画化されるとか。大丈夫か?『キャシャーン』の二の舞にはならないことを祈る。
http://blog.goo.ne.jp/mm_bomb/e/f929460553593f0d3ec800cc1c2fc666

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月10日 23:37 | コメント (0)

 

富良野塾(倉本聰さん主催)10年3月で閉塾へ

「富良野塾(倉本聰さん主催)10年3月で閉塾へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「これまでに300人以上が巣立っていったそうです。若い人の気質が変わってきたということなのでしょうか?残念です」



=2007年4月2日収集分=

*岩崎さとこ cat&act:塾
富良野塾があと3年で閉塾との事。新聞の記事読み、倉本先生の気持がとてもよく理解できた。
http://chuchandai.exblog.jp/6680108

*秋葉原 Bankinya 社長の苦戦記:富良野塾が閉塾?
確かに体力的な問題もあるでしょうが、それ以上に今の若者に対して「辛抱がない」なんて言われてしまうんですよ?
http://blog.cocokom.com/archives/50748286.html

*所沢支部 税理士仲間のブログ:『ビルマの竪琴』
年齢のこともありまた現代の若者たちとのイメージのギャップもあり続けていくことが困難となったようです。
http://ameblo.jp/tokozei/entry-10029634961.html

*芸能界に吹き荒れるニュースの嵐:富良野塾が…ショック!
富良野塾が…ショック!脚本家の倉本聡さん主催の富良野市の富良野塾が閉塾するそうです…
http://giginews.blog92.fc2.com/blog-entry-161.html

*ESCAPE BLOG:なんなんだろうね。
富良野塾って受講料は無料で夏場は農作業などで生活費を稼ぎ、冬場に集中して学ぶシステムなんですね。
http://protocolrain.com/mt/archives/2007/04/post_56.html

*精神科医のひとり言(こころの扉):富良野塾 偏差値教育 待つ
倉本聰さんの元に演劇人を目指す人が集まり共同生活をしながら演劇の勉強をする。その二十五年の歴史が閉じられる。
http://ameblo.jp/minatogawaarisu/entry-10029649885.html

*くじら島通信:何もかも
忍耐力か。二年間と限られた空間の隔ての中でどれだけ夢へと出向く事が出来るか。忍耐力って根性と持久力の事で。
http://blog.goo.ne.jp/kujira_jima/e/b0e4a62e99cbc4d761c28a16e6317f87

*中年男の徒然草:教育とは
体力的な理由は仕方ないですけど、人材を育てようとする人の言葉としては自己否定、敗北宣言です。
http://blog.goo.ne.jp/tomotomoharuka/e/9613ba617fb10bf73cee29a970e9caa0

*花衣やまとなでしこ日記〜心理学者・華(はな)のこころのレポート〜
辛抱と責任かあ。もっときっと具体的なシーンが情景が倉本氏にはあるんだと思う。
http://blog.goo.ne.jp/chika021/e/4934646d33565d4fc6b5f453628e2070

*月夜のプレゼント:倉本聰さんの富良野塾、10年3月で閉塾へ
若者から学ぼうとか演出のやり方を盗んで覚えようという気力を感じられないんだろうね。俺もむなしくなるよ。
http://blog.livedoor.jp/kaiza_5551/archives/50907154.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月02日 21:27 | コメント (0)

 

大日本人(松本仁志監督映画)に神木、板尾ら出演

「大日本人(松本仁志監督映画)に神木、板尾ら出演」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「竹内力、UA、神木隆之介、板尾創路などが出演するそうです。といっても役柄などは一切不明なので、ますます楽しみになってきます」



=2007年3月30日収集分=

*きままにっき:松本人志監督「大日本人」に神木、板尾ら出演
いや〜、徐々に明らかになっていきますね!といってもキャストがわかっただけですけど
http://kimamawa.seesaa.net/article/37274843.html

*なんでもいいんじゃないの?part 3:うーーーーーーーーーーーあ!
松ちゃんの映画『大日本人』の出演者等が今日発表。板尾はよくわかるんだけど、(というか、やっぱな、という感じ)
http://yaplog.jp/eminko/archive/245

*まっつんの素:松本人志第1回監督作品『大日本人』
だんだんまっちゃんの映画の全体像が現れてきた。竹内力は「カオルちゃん伝説」でのお笑い度からしたら、かなり期待できる
http://hevensdoor.blog94.fc2.com/blog-entry-28.html

*。。。話題です。。。:松ちゃん映画の出演者は??
気になりますね〜。予告編もかつらを付けた松ちゃんが雨の中を歩くシーン・・・これだけでも早く見たい!!
http://satotamu.blog86.fc2.com/blog-entry-158.html

*人気キーワード おっかけ隊:謎の大日本人 松本人志
6月公開だそうで、明日から予告編が劇場で見れます。予告編見たさに劇場に行く方もいるのでは?
http://keywordserch.blog97.fc2.com/blog-entry-22.html

*隠れ家:「松ちゃん映画」に神木、板尾ら出演
神木くんも出演しているんですね〜★板尾が出演するっていうのが、松ちゃん映画ならではって感じがしますよねw
http://blog.livedoor.jp/parallel_world_m/archives/51184356.html

*伊予柑:松本人志 映画「大日本人」出演者決定 神木・竹内力
竹内力ねぇ。。 極道もの?? 神木隆之助君が出るのは楽しみだけど。もう13歳だし今までとは違う感じの役だと尚、嬉しいね。
http://news1029.blog91.fc2.com/blog-entry-213.html

*Yahoo!ニュースにちょっとコメントさせてもらおっと。:「松ちゃん映画」に・・・
彼のボケは天才的。きっと映画でも北野武を越えるものを作ってくれるのでは??期待したいですね。やっぱりバラエティーになるんだろうな〜。
http://80545.blog62.fc2.com/blog-entry-86.html

*気になったことを:「松ちゃん映画」に神木、板尾ら出演
基本的に邦画をみないので興味が沸かないが、出演者に全容を話さないというのは、新しい手法なのかな?
http://salisbury2.blog92.fc2.com/blog-entry-192.html

*every step:松本人志の映画、出演者が判明!
ダウンタウン松本人志さんの映画「大日本人」の出演者が判明したそうです。天才子役の神木隆之介さんも出るみたいです。
http://every9250.at.webry.info/200703/article_37.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年03月31日 09:51 | コメント (0)

 

リュークのリンゴ付きデスノートパソコン名前を書いたら!?

「リュークのリンゴ付きデスノートパソコン名前を書いたら!?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「全世界完全限定の30台とは、手に入れるのは難しそうですね・・・リンゴをモチーフにしたUSBメモリがちょっとかわいらしいです」



=2007年3月7日収集分=

*みどりのーと:デスノートパソコン
うっかり、欲しい!って思ってしまったよー。 デスクトップの画像は「L」の文字にしたいところですが、やっぱり私的には「M」で。
http://zlover.blog77.fc2.com/blog-entry-217.html

*〜舞い落ちる羽の下で〜:で、デスノートパソコン?
...最近のオタク関連商品って...名前入力すると...ど、どうなるんだ?つかリンゴもついてくるのか(笑)。
http://ritsu2.livejournal.com/251751.html

*しょこたんviva しょこたんnews:名前を書いたらどうなる!? リューク・・・
でも、一番最初にセットアップするとき、自分の名前を入力するのはちょっと怖いですよね……。
http://vivasyokotan.blog94.fc2.com/blog-entry-42.html

*バカメロン:デス・ノートは20万円で買えるらしい
30人限定で20万円だから、かなり手に入れるのは難しそう。私はパソコンよりも、リンゴのフラッシュメモリーの方がほしいですがw
http://blog.livedoor.jp/baker0324/archives/50739383.html

*かみかみ日記:デスノートパソコン
これ見っけたときほんとネタなのかと。気になるお値段は20万円。さすがにお高いですな
http://mottyara.blog78.fc2.com/blog-entry-89.html

*ニュースでごわす。:デスノートパソコン発売
人気漫画のデスノートオリジナルのパソコンが限定30台で売り出されるようです。
http://qqnews.blog95.fc2.com/blog-entry-92.html

*好きな言葉は『適当』:誰の名前を書いてやろうか?
デスノートパソコン だってさ。何がすごいって、リュークのりんご付きUSBメモリ。こえーんだかカワイイんだかどっちなのさ!
http://ameblo.jp/k-kodama/entry-10027407254.html

*Crescent:デスノートパソコン!!
全世界完全限定で30台。シリアルナンバー入りだって☆あと、、死神リュークの大好きなリンゴをモチーフにしたUSBメモリもついてるんですよ
http://blogs.yahoo.co.jp/sfbqr602/6659425.html

*ひきこもり・ニート・競馬・ヤフオク日記:PCの調子悪し
ところでデスノートパソコンなるものが出るみたい。これは欲しい。全世界完全限定の30台らしい。価格は20万円。買えないな。
http://blog.livedoor.jp/hikky1978/archives/52967336.html

*なんだみずほ化:寝ちゃった。
ついにこんなのまで出るのか。すごいな、デスノ現象。20万円で限定30台でしょ?買えねー。
http://d.hatena.ne.jp/sorakire/20070307#1173286144

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年03月08日 09:06 | コメント (0)

 

ウゴウゴルーガDVD発売!再会に胸毛生やして

「ウゴウゴルーガDVD発売!再会に胸毛生やして」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「今や伝説的な番組ですね。ウゴウゴルーガ。主演のお二人は、大人になってびっくりでしたけど、やり取りを聞いていると、ウゴウゴ君とルーガちゃんのままでしたね」



=2007年3月2日収集分=

*Web of Night〜aomelo mix〜:ウゴウゴルーガDVD-BOXで復活
あったねー!ウゴウゴルーガ。ここに出てくる名物キャラクターミカンせいじん好きでした(笑)
http://blog.livedoor.jp/aomelo19765/archives/50733304.html

*ちょいとひとこと♪:またまたDVD-BOXの話題
1年ほど前だったかな、TVで久しぶりにみたルーガちゃん(小出由華)が、あったりまえだけど大人になっててびっくりしたよw
http://blogs.yahoo.co.jp/koehime/45134251.html

*hiroto sakai's site:ウゴウゴルーガが DVD に!
もう 15 年も前に放送されていた番組なんですね。どうりでルーガちゃんも大きくなるはずです。
http://www.fan.gr.jp/~sakai/archives/2007/03/_dvd.php

*ニュース35度:ウゴウゴルーガ、DVD化で13年ぶりの再会
懐かしいですね〜。「ウゴウゴルーガ」がDVD化されるそうで東京・台場で会見があったそうです。
http://naname05.seesaa.net/article/35093603.html

*まつか。の ええかげんなblog:おきらくごくらく
9枚組で¥29,400の完全予約限定販売らしいですが、誰か買ったら貸してくれ。(爆)
http://matsuka.blog5.fc2.com/blog-entry-1027.html

*だいすけでした(^^)v :ウゴウゴルーガ
見てたよウゴウゴルーガ今はスカパーでちょいちょい見てる。シュールな笑いが好みでこれみてから学校行ってたなー。
http://blog.goo.ne.jp/outbreak1978/e/f97f358c9a584dc6fabd21da98b9dc6b

*不連続大河コラム『サケとマス』:時の過ぎ行くままに
いやですね、ルーガちゃんの写真集を本屋で見た時もそりゃもう大騒ぎさ、ってな感じだったんですが…。
http://blog.livedoor.jp/daitetsu1970/archives/50928662.html

*夕刊しし:おきらくごくらく
ウゴウゴルーガのDVDが発売されるようで、テレビクンの、おきらくごくらく♪を思い出しただけなんですけどネ。
http://blog.goo.ne.jp/gb3451130/e/400b4d121f11648d26e8f930886f29a1

*ぶうすけスタジオ:ウゴウゴルーガ13年ぶりの再会!
ウゴウゴルーガ結構見てたなぁ。シュールさんだかピカソさんおもしろかった。
http://blog.goo.ne.jp/ohsam523/e/bedfb039fe3716111703d50c7471c560

*NO MORE JAPANのブログ:ウゴウゴルーガ!
ウゴウゴルーガがDVDで発売されるようです。ウゴウゴ君=田島秀任は当時は太っていましたが、今は普通ですね。顔は面影がありますね。
http://no-more-japan.iza.ne.jp/blog/entry/126622

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年03月03日 11:19 | コメント (0)

 

長渕文音(長渕剛・志穂美悦子の長女)が女優デビュー

「長渕文音(長渕剛・志穂美悦子の長女)が女優デビュー」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「どちらに似ているのでしょう?演技初挑戦でいきなり映画主演とはすごいですね。これからの活躍が楽しみです」



=2007年3月1日収集分=

*毎日マル得新聞 -MARUTOKU◎TIMES-:長渕剛の娘って
長渕剛の娘ってどんな人なんでしょうね。ググったけども出てきませんでした。
http://yahhonews.blog95.fc2.com/blog-entry-11.html

*気ままにWALKIN':長渕剛の長女デビュー
長渕剛と志穂美悦子の子供なんて、超サラブレッドじゃん。きっと色々と言われるだろうね。
http://blog.livedoor.jp/bocchisama/archives/50735470.html

*気になる芸能にゅーす:長渕文音は金の卵かそれとも・・・
いきなりの「コスモ、光明のなかへ」で主役デビューとは・・・サラブレッドの家系に生まれてその実力は本物なのでしょうか???
http://rantosi.blog79.fc2.com/blog-entry-494.html

*NEVER CHANGE:長渕文音さんが女優デビュー
佐々部清さんが監督する映画、「コスモ、光明(ひかり)のなかへ」(仮題)で、いきなり主演らしいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/running_y/46600619.html

*え?まじで?:長渕文音が映画デビュー
演技の道を勧めたのは母だったようだけど、高校1年の時に演技学校を紹介されたことから女優デビューにつながったんだね。
http://maji.livedoor.biz/archives/52801588.html

*猿一匹唄えば侍:NEVER CHANGE
長渕文音女優デビューいきなり映画主演!!あの文音ちゃんが…俺も年取ったなぁ〜(笑)
http://blog.livedoor.jp/tsuyoshi_japan92/archives/52791032.html

*速報!情報・ニュース新鮮館:長渕文音さんに興味深々!
長淵剛さんの長女というのも不思議な気がしますが、サラブレットですからいきなりの主演でもやりこなしてくれるのでしょうね。
http://hutleys.blog95.fc2.com/blog-entry-24.html

*にゅーすブログ:長渕文音ってどんな娘?お顔拝見
長渕剛さんの長女の長渕文音(18)が女優デビューだって。しかもいきなり主演ですかぁ…
http://newwws69.blog.shinobi.jp/Entry/11/

*逆流:長渕文音 女優デビュー
長渕文音(あやね)が女優デビューする。しかも、いきなり映画で主演! サンケイスポーツ記事 すんごいねぇ〜
http://gyakuryu.blog78.fc2.com/blog-entry-142.html

*ナオキのロックンロール少年院:長渕 文音。
どうせなら歌手としてデビューしてほしかったような気がしました。親子デュエットとか見てみたかったもんです。
http://blog.livedoor.jp/naoki6966/archives/52707941.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年03月02日 07:27 | コメント (0)

 

米アカデミー賞(第79回)菊地凛子さん助演女優賞ならず

「米アカデミー賞(第79回)菊地凛子さん助演女優賞ならず」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「菊地さんをはじめ、日本勢のみなさんは残念でしたね・・・でもみなさん、堂々としていて素敵でした。特に菊地さんのシャネルのドレス姿は美しかったです!」



=2007年2月26日収集分=

*やれとほ通信:第79回アカデミー賞 (JZ)
今朝のニュースで硫黄島からの手紙は、作品賞を逃したそうですね。よく健闘しました。また、菊池さんも健闘しました
http://yaretoho.exblog.jp/5613921

*おやじの挑戦!:アカデミー賞!
菊池凛子さん助演女優賞惜しかったね!残念!でも日本人が映画界最高の受賞式に参加してるなんて凄いよね。
http://blogs.yahoo.co.jp/jamr747/14759756.html

*Gidonet雑記:アカデミー賞
やはり今年の注目は菊地凛子さん。助演女優賞は逃したものの、キリッとしていてかっこよかったです。
http://blog.livedoor.jp/gideon/archives/50925160.html

*北原ジュリの今日の日記:ちょっぴり残念!
菊地凛子さんは、アカデミー賞助演女優賞を逃したようですね。応援していただけにちょっぴり残念。
http://jurinao.exblog.jp/5614019

*怪Keyの『ソレガどうしたっ!?』:ナンシー梅木さん
キムタクがウサギになるパソコンのCMやその他の番組でも気になっていた女優さんだが残念だったねぇ。
http://blog.livedoor.jp/soe1966soe/archives/50864837.html

*ハルの遊び部屋:第79回アカデミー賞
第79回アカデミー賞を観ました。率直に言うと、今までの中で最高につまらなかったです。
http://blog.livedoor.jp/moonlight553/archives/50634050.html

*アホボケ野球家族ケンカ日記:残念!
アカデミー賞助演女優賞にノミネートされていた菊地凛子さんは、残念ながら最優秀賞には選ばれませんでした…。
http://blog.livedoor.jp/jetkiryu/archives/52626231.html

*emem*log:凛子ちゃん残念
アカデミー賞。凛子ちゃん、残念でしたね!ま、ムリだろーとは思ってたけど。で、その映画「バベル」。
http://blog.livedoor.jp/ememlog/archives/50831848.html

*佐都の呟き:アカデミー賞
菊池凜子さんが、助演女優賞にノミネートされていましたが、残念ながら受賞はなりませんでしたね。
http://blog.livedoor.jp/senri1974/archives/50665483.html

*あ くろっくわーく おらんうーたん:第79回アカデミー賞
菊池凛子さんは惜しくも受賞を逃しました。でもしょうがない相手が悪かった。ジェニファー・Hはものすごかい存在感だったもの。
http://blog.livedoor.jp/slimshady1104/archives/50889168.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月27日 07:48 | コメント (0)

 

菊地凛子さん(米アカデミー賞)オスカー獲得の可能性は?

「菊地凛子さん(米アカデミー賞)オスカー獲得の可能性は?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「いよいよ発表が近づいてきましたね!日の丸付きコートで、出発されたそうですね。ちょっとドキドキしますが結果が楽しみですね」



=2007年2月24日収集分=

*本多友也(ほんだゆうや)のBLOG:アカデミー賞
日本人としては49年ぶりとなるアカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた菊地凛子さん。こんなに素晴らしい事はない。
http://rendyprohonda.blog80.fc2.com/blog-entry-129.html

*Endless Love:上質な映画
もうすぐアカデミー賞の発表ですね今回は、菊地凛子さんが日本人として49年ぶりに助演女優賞にノミネートされました
http://love-diana.jugem.jp/?eid=54

*話題の有名人:菊地凛子のオスカー獲得の可能性
かなり可能性がありそうなのであるが、米国の業界紙の予測は少し違っている。業界紙の予測が外れて欲しい。
http://murasan.lolipop.jp/female/2007/02/post_73.html

*宇宙人れいこのひとりごと:いよいよアカデミー賞
「バベル」を見た友人によると、凛子さんかなりエロくって、すごいインパクトを与えていたと偉く感心してました。
http://blog.goo.ne.jp/reitake_2006/e/4fdf59e1ab8a31d82cfb6218a77c2076

*ネットで拾ったネタのタネ:菊池凛子さんに受賞して欲しい!
期待してしまいます。菊池凛子さんの本日成田空港での会見時の服装も素敵でした。
http://netanotane.jugem.jp/?eid=9

*Lucky Strike:映画が見たいょ
『バベル』菊地凛子さんは果たして賞を獲得できるのか。発表が楽しみですね
http://blog.livedoor.jp/snowy7/archives/51175603.html

*プラッチック人生:話題の人たち
なんかもうすっかり日本人トップ女優みたいな扱いだな。どう見てもオセロの白にしか見えないんだけども。それは関係ないか。
http://blog.livedoor.jp/shamoji105yen/archives/50882398.html

*くりおね あくえりあむ:メモ:アカデミー賞予測市場 Hollywood Stock・・・
菊地凛子さんの助演女優賞も、「ドリームガールズ」のジェニファー・ハドソン相手には厳しそうですね。
http://clione.cocolog-nifty.com/clione/2007/02/hollywood_stock_8579.html

*ふかや・インディーズ・フィルム・フェスティバル:リンコに賭けろ
いよいよです。作品賞やビヨンセなど、主要部門を外した『ドリームガールズ』。ジェニファー・ハドソンが強いだろうなぁ…
http://blog.livedoor.jp/fiff/archives/50731605.html

*りんこうの世界より:第79回アカデミー賞予想
菊地凛子に受賞してもらいたい気持ちが当然強い。私は菊地凛子受賞の可能性はかなりあるのではないかとノミネート時は踏んでいた。
http://blog.so-net.ne.jp/rinkou/2007-02-23

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月25日 17:52 | コメント (0)

 

蒼き狼(映画)世界60カ国配給契約成立、世界を制す!

「蒼き狼(映画)世界60カ国配給契約成立、世界を制す!」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「欧州、アジアなど世界60カ国とは素晴らしいですね。国内でも444スクリーンでの公開になるそうなので、ヒット間違いなしですね」



=2007年2月23日収集分=

*come here to ENTERTAIN me!:蒼き狼〜地果て海尽きるまで〜
個人的には、勢いと大声だけで押す反○○史さんの演技は好みではないけど、日本とモンゴルの合作という点が少し気になる。
http://entertainme.seesaa.net/article/34478678.html

*負け犬は一生懸命:「まずは国内制覇」−反町隆史が「蒼き狼」で
ミステリ好きな割には森村誠一先生の作品は読んでいないので、これを機会に「蒼き狼」を読んでみたいと思います。
http://ikuo.blog.shinobi.jp/Entry/98/

*アイの芸能ニュース:「蒼き狼」世界へ
今となっては、邦画が世界的にも注目されていますね!! アイ的には嬉しいかぎりです。
http://yukisukisuki.blog94.fc2.com/blog-entry-16.html

*工務店親父の一輪車独り言:昨晩に続いて映画の話
題材の「チンギス・ハーン」と主演俳優、反町隆史に関してはまずまずだが、製作総指揮が角川春樹では?
http://blogs.yahoo.co.jp/tucasa_kenko/44964473.html

*すばりっしょ:映画「蒼き狼」
世界60カ国で配給契約が成立したとのこと。チンギス・ハーンを題材とした、壮大な物語。
http://blog.goo.ne.jp/tsc_info/e/40160a25b38514db80b16ca7f6e74db3

*The twin core:上物
角川春樹さんが、立ち上がったね、この映画は、世界上映されるらしいけど〜 頑張ってほしいなぁ〜
http://tamako69.blog92.fc2.com/blog-entry-22.html

*BICCREATION:「蒼き狼」世界に羽ばたく!
「蒼き狼」といえば、去年の忘年会の時、撮影の前田さんと、記録の一美さんがモンゴルの話を熱く語っていた。
http://plaza.rakuten.co.jp/bcreation/diary/200702230000/

*あぁぁぁッ!とニュースでぇぇえええ!:「蒼き狼」世界へ“出陣”…
信長といい、反町はオレサマキャラが合ってるね
http://blog23tg.blog94.fc2.com/blog-entry-16.html

*エンジョイニュースライフ:「蒼き狼」世界へ
最近邦画が世界市場で売れてますね。どろろなんかもそうですが、一昔前の日本映画界では考えられないような事ですけどね。
http://top2007.blog93.fc2.com/blog-entry-25.html

*mioの映画+ドラマNEWSブログ。:「蒼き狼」世界へ“出陣”…60か国・・・
他の日本人キャストは菊川怜、松山ケンイチ、松方弘樹、若村麻由美などなど・・・。
http://ameblo.jp/tyugakusei-mio/entry-10026406661.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月24日 10:33 | コメント (2)

 

どろろ2&3製作決定!妻夫木&柴咲コンビも続投!

「どろろ2&3製作決定!妻夫木&柴咲コンビも続投!」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「只今公開中の「どろろ」大ヒット中ですね。そのどろろの続編が決定で、しかも2,3とあるそうですね。撮影は来年とのことですが、楽しみです」



=2007年2月22日収集分=

*坩堝攫:どろろ続編製作決定!!!!
どろろ続編製作決定ぃぃぃぃ!しかも3までやるそうで!ぎゃあああ!最高だあああああ!
http://rutubotukami.blog92.fc2.com/blog-entry-9.html

*ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!:「どろろ」続編決定!
まぁ、残り24体ということだったので、後半は作るとは思ってたけど、3部作構成にするとは(ーー;)
http://yoyupon.livedoor.biz/archives/51348150.html

*Million Day's:続編
劇場では続編を匂わせる終わり方だったし、百鬼丸の妖怪退治も続きが見たかったので楽しみだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/akasakakids15/28827638.html

*ヨッシーのモノ申す:どろろ続編60億円で連続製作へ…妻夫木&柴咲・・・
見た人は多いと思いますが、私はまだみていません。はやく見たいのですが。続編はもう決まったんですね〜早い。
http://misty1107.blog94.fc2.com/blog-entry-87.html

*てらのつれづれ日記:どろろ 2&3
そのどろろですがサンケイスポーツ 「どろろ2&3」製作決定!妻夫木&柴咲コンビも続投!
http://milky02.blog91.fc2.com/blog-entry-204.html

*Wings of Freedom:邦画も続編が多くなってきたなぁ
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!またあの二人の掛け合いが観れるのは嬉しいですね。
http://blog.livedoor.jp/crawling79/archives/50828990.html

*slowly:どろろ続編決定
続編ありそうて勝手に思ってた私ですが。。。 この記事はとっても嬉しいです(*゜▽゜)ノ 公開がとっても待ち遠しいです。
http://kkkizuna223.blog49.fc2.com/blog-entry-311.html

*真舞彩度 美味しい飴。:どろろ2&3だと!!?本気なんですね。
やる気満々だなーと言うのが正直な感想ですが、なんだかんだ言っても嬉しかったりします^^;
http://blog.so-net.ne.jp/ame01night/2007-02-22

*♪ごーいんぐまいうぇいっっ♪:『どろろ』2&3決定!
あ〜あ。デスヨまぁ終わり方からして2は予想できました。けどね..........。すでに3も決定してるってどうなのよ
http://ameblo.jp/t-violet/entry-10026333310.html

*毎日が編集後記:やったー!続編決定!!
映画「どろろ」の続編制作が決定したとのこと。パート2はもちろんパート3の制作まで決定してるというからスゴイ!
http://blog.livedoor.jp/emin0318/archives/50730303.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月22日 22:51 | コメント (0)

 

幸福の黄色いハンカチ(山田洋二監督)ハリウッドリメーク

「幸福の黄色いハンカチ(山田洋二監督)ハリウッドリメーク」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「世代が違っても、高倉健さんの映画だと知っていますよね。健さんのイメージが強いので、どこまで日本で受け入れられるか・・・楽しみですね」



=2007年2月13日収集分=

*私の厳選ショップ: 「幸福の黄色いハンカチ」がハリウッドリメーク
名作がハリウッドでリメイクされるという。頼りない役をしていた武田 鉄矢さんの俳優デビュー作でもある「幸福の黄色いハンカチ」
http://plaza.rakuten.co.jp/oktom/diary/200702130000/

*sakuの映画日記:【リメイク・幸福の黄色いハンカチ。】
なんと山田洋二監督  往年の名作「幸福の黄色いハンカチ」がリメイク。それも  ハリウッドですよ\(゜□゜)/  ワーーい! 
http://ameblo.jp/sku-1028/entry-10025619233.html

*映画探偵:「幸福の黄色いハンカチ」米でリメーク
アメリカで作り直したら、トニー・オーランド&ザ・ドーンが歌った「幸せの黄色いリボン」に戻ってしまうと思うのだが
http://tigerace.cocolog-nifty.com/movie/2007/02/post_6a03.html

*yabuDK note 不知森の記:「幸福の黄色いハンカチ」が米国でリメーク
高倉健の役をウィリアム・ハートがやるのか、ちょっとイメージが違う気もするけど。ハートは見るからにやさしそうだから。
http://d.hatena.ne.jp/yabuDK/20070213/1171378510

*Gallolindo:幸福の黄色いハンカチ
原作が「幸せの黄色いリボン」ピート・ハミル著というアメリカ小説だったらしく、他の邦画リメイクとは意味合いが少し違うかもしれませんが。
http://gallolindo.blog92.fc2.com/blog-entry-5.html

*ぼっけもんブログ「玉鈴♪」:リメイクだそうです。。
幸福の黄色いハンカチが、ハリウッドでリメイクされるようですね。。武田鉄矢と桃井かおり、そしてあこがれの高倉健。。
http://blog.goo.ne.jp/tama0504/e/51c8fe395d009dcaa5ba72bdc72b8b62

*ニュースorニュース:「幸福の黄色いハンカチ」ハリウッドリメーク
しかし最近ハリウッドは、日本の映画のリメーク多いですよね、日本映画安いんでしょうか?
http://daisuki1999.blog62.fc2.com/blog-entry-100.html

*ポクポクぼんのう道:「幸福の黄色いハンカチ」
ってこの話かなり昔からありましたよ、私が中学か高校生のころに。 どーも一度ポシャってたみたいですね。
http://kotoman.blog43.fc2.com/blog-entry-143.html

*いいたい放題、「良品殿堂」店長にっき。:幸福の黄色いハンカチ・・・
幸福の黄色いハンカチが、ハリウッドでリメイクされるようです。リメイクといって思い出すのはシャル・ウィ・ダンス
http://blog.livedoor.jp/ryohindendo/archives/52300747.html

*うめぶろぐ☆日常のblog:幸福の黄色いハンカチがリメーク
山田洋次監督の不朽の名作「幸福の黄色いハンカチ」が、アメリカでリメークされるそうだ。
http://blog.livedoor.jp/umekeiba2/archives/51065227.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月14日 08:06 | コメント (0)

 

ドラリオン(シルク最高傑作)が開幕!原宿に神が降りた!

「ドラリオン(シルク最高傑作)が開幕!原宿に神が降りた!」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「テレビで見ているだけでもワクワクしちゃいます・・人間技とは思えないです!これは舞台で見ないと、臨場感が全然違いますよね。。」



=2007年2月8日収集分=

*はるみらな日々 子育てとネット通販:『ドラリオン』チケット予約・・・
これを聞いて決断しました・・・っていうか私がずっと行きたかったんですけど(笑)早速3月末のチケットを予約しました
http://plaza.rakuten.co.jp/nthms/diary/200702080000/

*my life:観たーい
毎朝、めざましを見る度にドラリオンが観たくなります。名古屋公演は10月だっけ?←(把握してない人…笑)
http://yaplog.jp/peachorange-kt/archive/415

*おちぶれ記者です:ドラリオンの座席表
ドラリオンの座席表は各チケットセンターでも教えてくれるんですがちょっとわかりにくいですね。
http://www.dori3.com/archives/52173011.html

*日々猫まみれ記:どらりおん
世界が恋する(でしたっけ?)ドラリオンのチケットが届きました〜すっかり忘れていたんですが生協のチケット販売で頼んだんだった…。
http://practicalcats.blog87.fc2.com/blog-entry-28.html

*Slow slow life:ドラリオン♪
キダム、アレグリア2を見てすっかりシルクの虜になってしまった私とり〜り。「また行くの?」とノリ3に呆れられながらも勿論また行きます
http://koyumari.blog23.fc2.com/blog-entry-557.html

*ネクナビ:ドラリオン先行予約
昨日、東京(2/7〜)を皮切りに日本公演が始まったばかりでこの後、仙台→大阪→名古屋(10/31〜)→福岡と5ヵ所で開催とのこと
http://ameblo.jp/nekunavi/entry-10025065736.html

*ザ。東京ライフ。−high and low−:ドラリオンのペアチケ。
去年はアレグリアのペアチケをもらったことを激しくコーフンしてブログに書いていますが、今年も某局さんからいただきました。
http://blog.goo.ne.jp/mymy55/e/ee87c354f53a66dfbe871f75fe7a4d06

*ようこのスウィートマンゴーブログ♪♪:ドラリオン
あれはよかったねーみんな見に行ったほうがいいよ。トランポリンとわっかがヤバすぎるから!
http://blog.goo.ne.jp/youkohasegawa117/e/2fb6e430d7abf270a5e7e58ee065778e

*かざあな:「ドラリオン」開幕!!
仙台公演は5月23日〜7月8日まで。ん〜仙台公演が待ち遠しいよ〜早く生でシルク・ドゥ・ソレイユの技を見てみたい。楽しみじゃ〜
http://blog.goo.ne.jp/goo1012libra/e/c2056189c5e69eed41b696471d866794

*ゆめ☆実現日記:『DRALION(ドラリオン)』
『DRALION(ドラリオン)』ってしってますか?シルク・ドゥ・ソレイユというスーパーサーカスが行う 演目です。
http://blog.livedoor.jp/freehope1/archives/52278604.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月09日 08:04 | コメント (0)

 

監督・ばんざい!主演たけしで北野監督13作目6月公開

「監督・ばんざい!主演たけしで北野監督13作目6月公開」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「もう13作目なんですね・・・世界の北野たけしの新作なので、日本だけじゃなく注目されていくのでしょう。楽しみですね」



=2007年2月7日収集分=

*ば。が生まれるblog。:主演たけしで北野監督13作目6月公開
松本人志初監督の「大日本人」同様、あんまり期待しないほうがいいのかな〜?
http://d.hatena.ne.jp/Odaibabanzai/20070207/1170838716

*HUMAN LOST 映画・音楽レビュー:北野武最新作!!
前作の「TAKESHIS'」みたいにわけわかんない内容かもしれないが、やっぱり北野作品は楽しみだなあ。
http://humanlostmoviereview.blog91.fc2.com/blog-entry-4.html

*ネタの殿堂:主演たけしで北野監督13作目6月公開
ダウンタウンまっちゃん映画といい、内容が謎のまま話題になっていくのは、やはり監督への期待度の高さなのだろう。
http://netanodendou.seesaa.net/article/33131006.html

*たぼさんのおもうこと:北野武の新作!
6月に公開するそうですねー。「監督・ばんざい!」というタイトルらしいがいったいどんな映画なのやら・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/atomutboy/44948553.html

*日々の日記:映画
北野武監督新作、監督・ばんざい!が発表されましたね。ズームインで映像が流れたらしいですが、見れませんでした。残念。
http://blog.goo.ne.jp/dgof/e/48995b52e09d6b715871ebe1405ffa26

*メタボリカル ライフ:主演たけしで北野監督13作目6月公開
北野武監督の新作が6月に公開されるらしい。北野映画好きの私にとっては、とても待ちどうしいですね。
http://ameblo.jp/wakuwaku2/entry-10025164582.html

*よもやま遊山船(ゆさんぶね):北野武監督新作完成
コメディ映画らしいが、「みんな〜やってるか!」で大コケしたコメディ路線の挽回ができるかどうか!?
http://blog.goo.ne.jp/gootakek/e/483ef34eb599e00f7a38d8b1dfa837c9

*ちょっと気になるあの話題:たけし「新作」6月公開
「座頭市」のタップダンスのシーンの時以上の、"あっ"と言わせる"お笑い"のセンスを魅せてくれるでしょう!
http://houshu.blog87.fc2.com/blog-entry-50.html

*映画好き30男をもうちょっと励ます会:「監督・ばんざい!」 VS ・・・
「次は、名作と言われた映画をキチンと撮ってみる」と言ってたのはこれだったんだな。
http://blog.goo.ne.jp/kato261/e/530358007a70df18910f28cbb0ef8f2d

* styling:タイトル決定
先日、スニークで見た北野武監督の新作のタイトルが決まったようです。「監督・ばんざい!」
http://styling.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_a6e9.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月08日 08:07 | コメント (0)

 

チューバッカの物まね、観光ガイドに頭突きして逮捕

「チューバッカの物まね、観光ガイドに頭突きして逮捕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「身長196センチのチューバッカに頭突きって・・・結構真面目に恐いものがありますよね。チップの国のアメリカならでは・・ですね」



=2007年2月4日収集分=

*ただの日記でガッカリだよ!:笑うしかないニュース
これってマジなニュースなんでしょうか?頭突きして逮捕って・・・ギャハハハ(≧▽≦)
http://inchan.seesaa.net/article/32827054.html

*得だねニュース!:コスプレチューバッカ、暴れる!
日本人観光客がチップを払わなかったので暴れたのだろうか・・でも現実に、チューバッカに嫌がらせされたら怖そう。
http://newspress.seesaa.net/article/32828033.html

*I love Johnny,orlando and movies! :チューバッカの物まね、・・・
キャー!!何故こんなことを!!ひどい・・・。チューバッカは本当はこんな恐ろしいことをする子じゃなくていい子なんですよね
http://myhome.cururu.jp/tomominohosi/blog/article/41000818383

*こんなことでいいのか?オレたちは!:「チューバッカの物まね、・・・
「誰の指示も受けない」のは、ハン・ソロであって、チューバッカはハン・ソロの指示を受けていたと思うのだが、それは、まあいい。
http://hello.ap.teacup.com/makochin/23.html

*超てきとう日記2:チューバッカの物まね、観光ガイドに頭突き・・・
あああ!!チャイニーズ・シアターだ〜〜!たしかに、あそこでは、変装してる映画のキャラクターが寄って来る!!!
http://deepstone.blog64.fc2.com/blog-entry-427.html

*今日の注目のニュースたち:チップを払わなかったから嫌がらせ・・・
日本人がチップを払わなかったから嫌がらせでもしたのでしょうか?不明ですが、まあ日本人はあまり"チップ"という概念が無いですからね。
http://netwatching.blog90.fc2.com/blog-entry-62.html

*Yahooニュースを斬る!:悪気があるわけではなく払わない人も多いのかもしれないですね。
日本人はチップという概念があまり無いから、悪気があるわけではなく払わない人も多いのかもしれないですね。
http://yahoo-news.seesaa.net/article/32834914.html

*気が向いたらBlogる:チューバッカに謝れ
チューバッカは優しくてむやみに暴力を振るったりしないんだぞ!イメージを落とすようなことをする奴はモノまねなんかやめろ。
http://two-five.way-nifty.com/blog/2007/02/post_422e.html

*hiroshiの部屋:「チューバッカの物まね、観光ガイドに頭突きして逮捕」。
これはいけません!!こいつは「STAR WARS」ファンではないな・・・。
http://tk-hiro500419.jugem.jp/?eid=215

*義行軍団Blog:チューバッカ逮捕
う〜〜〜〜〜〜〜〜mmm。。。さすが、ハンソロの相棒チューバッカだ。貧乏海賊だから240万の罰金はキツかっただろうに。
http://blog.goo.ne.jp/heritageof/e/d233349bd83172105258e3603478afe6

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月05日 07:45 | コメント (0)

 

ダ・ヴィンチ・コード続編決定…トム・ハンクス再登板

「ダ・ヴィンチ・コード続編決定…トム・ハンクス再登板」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「公開前から物議をかもし出し、ブームとなったダ・ヴィンチ・コード。原作は前作の小説なのですね。今度もブームとなるのでしょうか?」



=2007年2月1日収集分=

*ニュースメッタ切り:ダ・ヴィンチ・コードの続編決定!来年・・・
去年の映画総合1位だったダ・ヴィンチ・コードの続編ってことで、そのころまた、ダ・ヴィンチ・コードのブームが起きるんでしょうね。
http://mettagiri.269g.net/article/3702209.html

*ニュース・ニュース・ニュース:映画「ダ・ヴィンチ・コード・・・
最初の報道では続編ってだけだったので、またショウもない作品でお茶を濁すのか。。。と、うんざりだったんだけど。
http://entameinfo.blog89.fc2.com/blog-entry-12.html

*nest nest beta on yahoo:「天使と悪魔」映画化決定
ダ・ヴィンチの原作を読んで思ったんですが、トム・ハンクス(内定してるようですが)よりももうちょっと若い人の方がいいんじゃないですか?
http://blogs.yahoo.co.jp/snowdrop__99/44334640.html

*虫喰い手帖:映画の話
続編で天使と悪魔をやるのは原作の順番的には逆ですが、そのへんはさほど問題じゃないでしょうし、楽しみです。
http://koutousya.blog.shinobi.jp/Entry/86/

*"の@"のチャリバカ日記 the 2nd:「天使と悪魔」映画版「ダ・・・
次回の作品は同じ主人公で「ダ・ヴィンチ・コード」の前作「天使と悪魔」が原作です
http://blog.goo.ne.jp/no_strada/e/2a61822c56a4dac9428959c4f6760268

*暮しや生活とビジネスに役立つネタ帳:「ダ・ヴィンチ・コード」・・・
映画とかドラマって大概次回作は詰まらなくなってしまったりするのですが、これはどうなんでしょう。
http://goodnew.ti-da.net/e1307152.html

*かのこの劇場メモ〜半券の余白:「ダ・ヴィンチ・コード」映画・・・
だそうです。私には映画の方はどうにもならなかったので、何とも言えないですが…。
http://reserve-seat.tea-nifty.com/kanoko/2007/02/post_082e.html

*take it easy:映画「ダ・ヴィンチ・コード」続編決定…トム・・・・
やっぱり続編やるんだぁ。前作の色んな反響もあったけど、どうなるんだろう?
http://ameblo.jp/lilyrose-8/entry-10024695544.html

*とほほニュース:映画「ダ・ヴィンチ・コード」の続編
ヒットすれば続編を作りたくなる気持ちもわかりますが。前作を見ていないので、なんともいえないですが、完結していなかったのでしょうか?
http://thh.blog79.fc2.com/blog-entry-375.html

*アクエリアスに乾杯 ≡☆:「ダ・ヴィンチ・コード」続編
まだ続編の前に、「ダ・ヴィンチ・コード」を見ておかないといけないけど、来年12月ってことは2009年のことでしょ!?
http://blog.livedoor.jp/poohdon/archives/50335208.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年02月02日 01:16 | コメント (0)

 

邦画が洋画を21年ぶりに抜く(映画の興行収入)

「邦画が洋画を21年ぶりに抜く(映画の興行収入)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「21年ぶりってすごいですね!話題になった映画も邦画のほうが多かったような気がします。今年もまた頑張って欲しいですね」



=2007年1月30日収集分=

*『びわ新聞』:日本映画が好調!
NHKの7時のニュースで放送しており、とても嬉しく思います。因みに、洋画の興行収入(900億円台)でした。
http://yoshitake.kyo2.jp/e11319.html

*芸能・ニュース・:映画:邦画興行収入21年ぶりに洋画を上回る
そういえば去年は話題になる邦画が多くて、洋画は大きくとりあげられなかったような気がします。
http://newszaio.blog90.fc2.com/blog-entry-23.html

*プーさんの日記:30日の日記
よかった、よかった。でも、良い映画って、自分基準でしょ。。見応えが無いのに“いい”映画って、云える?
http://plaza.rakuten.co.jp/hhpoorsan/diary/200701300005/

*me mola:邦画
一位のゲド戦記とかLIMIT OF LOVE海猿は見てないものの、確かに2006年に映画館に足を運んで見たのは邦画が2本。
http://memola.exblog.jp/5055579

*ペラスケのひとりごと:映画興業収入
邦画・洋画別にみますと、なんと邦画が大健闘!洋画の興収948億に対して、邦画は1077億と、大きくリード。日本映画の大勝利です
http://plaza.rakuten.co.jp/sadoya3108/diary/200701300000/

*藤原紀香 陣内智則:映画の興行収入、21年ぶり邦画が洋画抜く
本当にそうですね、いい映画が続々と放映されてますよね。
http://omega.kotokoto.pupu.jp/?eid=462886

*仕事とネットと家族と:邦画の勝利ですかぁ〜
さきほどテレビでやってました。何でも 洋画より邦画の方が興行収入があったとか(/^^)/やはり宮崎漫画ですか?ゲド戦記
http://plaza.rakuten.co.jp/jajaneko/diary/200701300003/

*Happy Life:21年ぶり
7時のNHKのニュースで「去年の日本映画の興行収入が洋画を上回った」と言っていました。これは21年ぶりのことだそうです!
http://ka-ko-navi.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/21_0594.html

*sigh.:邦画が好調っ!
昨年の興行収入は、邦画が洋画を上回ったそうです!なんと21年ぶりのことだとか!確かに、最近は邦画が元気ですものね♪
http://blog.goo.ne.jp/2b-or-not/e/58d8a69761d731fef15044acd78298c6

*なかれもんの殴り書き:ゲド戦記
去年は、久々に邦画が洋画の配給収入を上回ったらしい。んで、第一位が「ゲド戦記」、第ニ位が「LIMIT OF LOVE 海猿」。
http://naka-lemon.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_2696.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月31日 07:19 | コメント (0)

 

893239(ヤクザ23区:You Tubeショートムービー)10万ヒット

「893239(ヤクザ23区:You Tubeショートムービー)10万ヒット」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ヤクザ、東京23区をテーマにしたショートムービーだそうです。インパクトのある題名ですね!一瞬何のことかと思いました・・・」



=2007年1月28日収集分=

*勘合貿易24時:Don't Believe the Truth
しかも調べてみたらどうやら20何本かのショートムービーを全部足して10万ってカウントのようで…。
http://illwill.blog41.fc2.com/blog-entry-309.html

*mako bookworm:893239
「893239(やくざにじゅうさんく)」というものがはやっていると聞いたので早速見てみた・・・オモシロィ・くだらないが最高だ!!
http://blog.livedoor.jp/mako432/archives/50813147.html

*気になるニュース:龍が如く?
全く知らなかったので、893239ってなんだろうと思いました。10万ヒットって書いてあるから新しい歌手かなんかと・・・
http://najyakorya.exblog.jp/5035695

*子育てママの気になるニュース!:893239『ヤクザ23区』異例の10万ヒット
観てみたいのですが・・・アクセスが混み合っていて中々観れません。時間を見て再チャレンジしてみます。観た人どうでしたか?
http://norisato1.blog68.fc2.com/blog-entry-109.html

*GUNちゃんFight:893239?
「YouTube」へ見に行きましたが見かたがわかりませんでした(;^_^A ど〜いうショートムービーなんだろ??
http://gogofightgun.blog89.fc2.com/blog-entry-65.html

*日常的出来事!:893239(やくざ23区)
キーワードは「ヤクザ」と「23区」。各ジャンルのクリエーターたちが自由な発想で挑んだオムニバスムービー「ヤクザ23区(893239)」
http://blog.so-net.ne.jp/flatoutcool/2007-01-25_893239

*法務の国のろじゃあ:893239・・・なんちゅうタイトルやねん・・・
不可能ではなさそうな作品でございますが、まあ、きのせいでしょう。あっという間の10分間でございました。
http://rogerlegaldepartment.cocolog-nifty.com/rogerlegal1/2007/01/post_5685.html

*Lentement:(・x・)
ヤフートピックスのこのタイトル見たとき真っ先に「838868」という数字が浮かびました。はぐれメタルの盾貰い放題\(^o^)/
http://myhome.cururu.jp/hitomivip/blog/article/91000782384

*軟弱男の肉体改造計画カウントダウン!:893239を見る。
不思議なショートムービーでした。でもなんか、このゴロ合わせ好きです。(893239=ヤクザ23区)
http://beeforpork.humony.co.jp/e6610.html

*無 映画制作日記:メルマガ
期間限定で、2月14日までの公開で、その後は英語字幕版の期間限定上映、国際映画祭への出品、DVD発売を予定してるそうですー。
http://blog.livedoor.jp/mu_actor/archives/50891093.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月29日 08:38 | コメント (0)

 

あなたを忘れない(日韓合作映画)試写会に両陛下ご出席

「あなたを忘れない(日韓合作映画)試写会に両陛下ご出席」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「他にも安倍首相の昭恵夫人や福田康夫元官房長官が出席したそうですね。日韓の関係を大切にしようとする表れなのでしょうか?」



=2007年1月27日収集分=

*まだまだ【冬のソナタ】:日韓合作映画:「あなたを忘れない」
昨日のニュースで東京のとある映画館での天皇陛下ご夫妻とスヒョンさんのご両親とのご対面のお姿が映りました。試写会だったのでしょうか。
http://blog.goo.ne.jp/tempest1991/e/fee8b5cd10cb5939df7f2f866e6c4a32

*たぼすけの「書きっぱなしジャーマン」:肝心な事を忘れてないか
死んだ留学生の勇気ってのを讃えるのもいいんだと思う。でもねぇ〜、各マスコミ、肝心な事を「忘れない」どころか「忘れてる」と思うんだけど。
http://d.hatena.ne.jp/turbosk/20070127/1169861458

*METAL MOON:brave heart
天皇陛下が試写会に来たりして、日韓の交流をうんぬん…って魂胆が丸見えで気に障るけどな。
http://blog.livedoor.jp/ryostar1118/archives/51948821.html

*偕楽園血圧日記:緞帳にはまだ早い
そしてこんな映画の宣伝に、あろうことか天皇皇后両陛下をお招きしたというのだからひどいものである。
http://ameblo.jp/statesgrow/entry-10024341375.html

*戌年男かく語りき:日韓の橋渡し / 政治
天皇と皇后は、「日韓の橋渡し」を願っているようだ。それは、当然、日本の近隣諸国との友好の一環という気持ちから出ているだろう。
http://echoo.yubitoma.or.jp/weblog/kamiwaki1958/eid/424031

*ちょっと一言:「あなたを忘れない」ではなく「あなた方を忘れない」・・・
ホームから転落した人を助けようとして死亡した韓国人留学生を描いた映画の試写会に天皇皇后両陛下も訪れ鑑賞したとの報道が有りました。
http://sapporo-hide.cocolog-nifty.com/hitokoto/2007/01/post_38b4.html

*ふぶきの部屋:あなたを忘れない
実際見て「立派な映画ですね」と陛下がおっしゃったらしいけど、本音はどう思われたんでしょうか?
http://blog.goo.ne.jp/yonyon4009/e/8ad4b7168b1f74b5139d91d9fe323d85

*ラブログ!!!!!!!:4日前
んで、明日は家族と天皇陛下も見に行ったというあなたを忘れない?だっけ?
http://ameblo.jp/katie-chan/entry-10024337766.html

*俺的日常 〜わしのまいにち〜:「あなたを忘れない」だけど,ただ何だか…
今の日本にはこのような日本人が居ないのだろうか?酒に酔い線路に転落した人を,周りの人間は助けなかったのだろうか?
http://blog.goo.ne.jp/kazz-blog/e/dc986b9a5aafda0fdf1458d25ade4c58

*@じゃんだらりん:懸命に美談化
公開されている情報を見聞するに、「日本で不当な差別を受けていた青年が、それを恨まず日本人を助けた」というストーリーになってるようだ。
http://blog.goo.ne.jp/svxs4_2005/e/82f5a01808c8e956009fae573004c909

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月28日 08:13 | コメント (0)

 

ブルーリボン賞(第49回)ドランク塚地、蒼井優ら受賞

「ブルーリボン賞(第49回)ドランク塚地、蒼井優ら受賞」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「フラガール強いですね・・賞を総なめですね。蒼井優さんは主演女優賞です!これからますますの活躍が楽しみですね」



=2007年1月25日収集分=

*いろはに*こんぺいと:ブルーリボン賞
ブルーリボン賞の新人賞を、ドランクドラゴンの塚地さんが受賞されたみたいですね。「おめでとうございます。」
http://konnpeito.blog67.fc2.com/blog-entry-105.html

*痛い芸能ニュース:「ブルーリボン賞」主演女優賞に蒼井優
努力は報われるんですねー。これからもどんどんいい映画に出て、女優さんとして成長してほしいものです。
http://www.ojka.biz/archives/50776709.html

*木っ葉の微塵日記:「えっ主演?」
スポーツ新聞各社の映画記者の投票で決められるという「ブルーリボン賞」の主演女優賞に決まった蒼井優のコメントだ。
http://blog.goo.ne.jp/koppa_34/e/7b16aa353b32139f0a3f5a96402972e3

*今日までそして明日から・・・:ブルーリボン賞発表!
蒼井優ちゃんは主演女優賞ですか。映画賞によって主演、助演、新人と受賞してきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sy24_beatles/12402868.html

*ゆめにっき:はぴばすでぃ
後でよくニュースを見ていると、准くん、キムタクとともにノミネートを辞退していたんだね。なんか惜しい気がするな。
http://ameblo.jp/1ichi-nico2-yoshi/entry-10024212626.html

*Calling From Far East:おめでとう塚っちゃん の巻
そしてまさかまさかの新人賞。ドランクドラゴンの塚地さんが受賞!よかったもんなあ「間宮兄弟」。
http://blog.goo.ne.jp/keipon0416/e/7afd32e0d388ee7c9fcee504c71b341f

*HIBIcoreSHOJING:おー!やったぜ蒼井優!
「花とアリス」時代から注目していたというか、応援していたというか、ぶっちゃけ好きだった的な女優さん。
http://blogs.yahoo.co.jp/volumefoot/44568516.html

*まんぼうSWITCH:蒼井優 @ ブルーリボン賞主演女優賞受賞
優ちゃん、おめでとう 『リリィ・シュシュ…』のときから優ちゃんファンの私はうれしい。
http://blog.goo.ne.jp/karu_manboo/e/4b3be76be1ee6ef5a8f9d39fb58ee8d9

*かわいい子だけ見ていたい:コメントが好感もてる
相変わらず謙虚なコメントでかわいいです☆やっと主演女優として評価されましたねー。これからもどんどん活躍していってほしいです。
http://blog.goo.ne.jp/binnbougami1986/e/d38fa2c3cc2e99caaadec1f634ba6b8d

*グルメ隊・隊員日誌 <ライブドア支店>:ブルーリボン
「蒼井優」がブルーリボン賞で主演女優賞を取りました♪最近非常に好きです。出てる雑誌は必ず目を通してしまいます。
http://blog.livedoor.jp/tokei3154/archives/51394419.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月26日 08:43 | コメント (0)

 

不都合な真実(元米副大統領アル・ゴア)地球温暖化に警鐘

「不都合な真実(元米副大統領アル・ゴア)地球温暖化に警鐘」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「地球温暖化について考える映画「不都合な真実」が公開されましたね。TOHO系での上映のようです。ぜひチェックしたいですね」



=2007年1月20日収集分=

*アナキンの母です:『不都合な真実』・・公開
今日(1月20日)、『不都合な真実』が公開されます。今日の朝の番組でも取り上げられていました。
http://gnt.cocolog-nifty.com/anakin/2007/01/post_9208.html

*のらnori ふらふら:田舎ゆえ
映画不都合な真実 今日からだよね?見る気になって茂原の映画館に電話したんだけど、やってないんだって。
http://noranori.exblog.jp/4967795

*ちょっと止まってみよう:エコバックに効果はあるのか
今日から元アメリカ副大統領のアルゴア氏が制作した環境の現状をつづった映画「不都合な真実」が公開されました。
http://mikky3.blog40.fc2.com/blog-entry-16.html

*かきなぐりプレス:地球温暖化の危機を訴える「不都合な真実」
地球温暖化対策に取り組む元アメリカ副大統領のゴア氏の姿を追ったヒューマンドキュメントのようだ。
http://tetorayade.exblog.jp/6362716

*マイペースでロハス!:「ロハス」という言葉の意味
ゴア氏の「不都合な真実」という作品が騒がれているようですが、まだ本も映画もチェックしていません。
http://phana.yoka-yoka.jp/e20595.html

*森のクマさん日記。:不都合な真実
地球温暖化環境問題に関してこんなにも造詣の深い人だったんですね。恥ずかしながら知りませんでした。
http://boscohome.blog28.fc2.com/blog-entry-614.html

*呑喜庵の一日:映画が見たい「不都合な真実」
気晴らしに映画でも見ようかとおもっていたところ、この「不都合な真実」のタイトルにひかれたという訳です。
http://blog.goo.ne.jp/donkimaru/e/b95d601c5a932ce4fedfdde490da8f81

*空をみるひと:公開!【映画】 An Inconvenient Truth 不都合な真実
六本木ヒルズでも『不都合な真実』を上映するらしく、大きなポスターが貼ってあった。
http://blog.goo.ne.jp/so-kuu/e/8244e10583cc9dad01136779ece88709

*SOUL UNITED FOOTBALL CLUB:おかしな世界・・。
環境問題を訴える映画「不都合な真実」がロードショーされます。アメリカの前副大統領アル・ゴア氏がプロモーションをしてます。
http://blog.livedoor.jp/mufc_scholes18/archives/50948456.html

*モモ花日記掘А愽堙垤腓平深臓
「不都合な真実」を観にいってきた。本日初日公開のこのドキュメンタリー映画は素晴らしかった。
http://blog.livedoor.jp/momohana_2005/archives/50548621.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月21日 07:42 | コメント (0)

 

どろろ世界制覇目前!アジア欧州に続き米でも配給決定

「どろろ世界制覇目前!アジア欧州に続き米でも配給決定」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「27日公開なので、まだ日本でも公開前に世界各国からオファーなんて素晴らしい!手塚作品の素晴らしさと、日本の俳優さんの凄さが認められたのですね」



=2007年1月19日収集分=

*どろろ 手塚治虫 情報:どろろ 世界制覇なるか
手塚治虫氏の他の作品にも思いを馳せながら、「どろろ」実写版がアニメを超えられるのか大いに期待します
http://dororoteduka.seesaa.net/article/31679347.html

*砂時計通信:「どろろとゲゲゲ」
「どろろ」は手塚さんの漫画のなかでもとりわけ好きな作品なので、今度の映画は期待と不安が半々って感じです。
http://gqgweb.exblog.jp/5005766

*本日の最新注目ニュース:どろろ世界制覇目前
私は手塚治虫氏の作品が大好きで、なにを隠そう、どろろはその中でもブラックジャックに次ぐ、2番目に大好きな作品である。
http://saisinnwes.seesaa.net/article/31690944.html

*映画情報 新作DVDレンタル:妻夫木&柴咲「どろろ」世界制覇へ!・・・
質の良い作品がどんどん生まれるという好循環になるのでしょうから、ぜひこのどろろにはヒット祈願をしたいものです。
http://chibamovie.seesaa.net/article/31701790.html

*芸能界まるわかり!:妻夫木&柴咲「どろろ」世界制覇へ!米でも配給
私が小さいころに見ていたアニメがこうして世界の話題になるのはなんとなく違和感がありますが・・・
http://mtdsik.blog90.fc2.com/blog-entry-25.html

*つまぶろ。:世界制覇の妻夫木くん
妻夫木くんの記事で紹介した運勢占いの、「海外に関係することで幸運」というのは↓このニュース↓なのでしょ〜か??
http://bukkie01.livedoor.biz/archives/50564794.html

*612ページは職人気質:週末だ!
結構どろろはいろんな国で公開されるんですね、知らなかった。「フェイク」も世界に公開されるのかなぁ。リリース来週です。
http://d.hatena.ne.jp/roundabout/20070119#1169203465

*タグTagでニュースをメモしてみる:「どろろ」手塚治虫原作の映画・・・
世界各国から配給のオファーがあったというが、今回予告編を見て納得した。
http://blog.livedoor.jp/tagcloud/archives/51790046.html

*花果雑記:どろろ特番はじまるよ〜〜
先ほどラジオで 「 どろろ 」 に関して 「 すごい! 」 みたいなことを言ってたんですけど、はっきり聴き損ねました…。
http://xiyouji.blog3.fc2.com/blog-entry-896.html

*負け犬は一生懸命:「どろろ」世界制覇目前!アジア、欧州に続き米・・・
食指が伸びない方なのですが、こうも公開前から世界各国からの配給オファーが来るというのも中々凄いものだと驚きました。
http://ikuo.blog.shinobi.jp/Entry/44/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月20日 08:46 | コメント (0)

 

ジョニー・デップがロシアの元スパイ殺害事件を映画化へ

「ジョニー・デップがロシアの元スパイ殺害事件を映画化へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「まだ解決していない事件ですよね。政治的とかは大丈夫なのでしょうか?映画としては楽しみなのですが、ちょっと心配ですね」



=2007年1月13日収集分=

*贔屓:ジョニー・デップ!
同映画はジョニー自身が主役を務める可能性があるらしいですぞ…。ジョニーはイイ!年齢を重ねる程に益々魅力が増し、何しろ面白い。
http://blog.drecom.jp/suzuneko/archive/67

*私の1部分 魔法をかけられた者:ジョニー・デップが映画化へ
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!ジョニー・デップですか いいですね 楽しみですね
http://ameblo.jp/mypiece/entry-10023412878.html

*I love Johnny,orlando and movies!:Johnnyがプロデュース
Johnnyが事件物やるんですね!!プロデュースするってことは、制作監督!?もし監督をするのであったら、2作目の映画ですね!
http://myhome.cururu.jp/tomominohosi/blog/article/41000746229

*現実のど飴:ロシアの元スパイ殺害事件、ジョニーデップが映画化へ
この事件は注目してましたが、あんまり詳しい事が分からないまま報道されなくなってしまったので…
http://witchrainbow202.seesaa.net/article/31334200.html

*ユズ風呂:デップさんプロデュース
デップ、プロデュースするのかー…プロデュースだけかと思ったら、主役もやるかもしれないのね。
http://blog.oolong.noor.jp/?eid=57943

*Monomaking:あのスパイですか^^;怖い題材ですね。
なんだか、首切り連続殺人ミュージカル映画やらこの事件やら・・・新作はおどろおどろしい事件ものが続きますね^^;
http://monomaking.exblog.jp/4981664

*つ ぶ ロ グ:映 画 化
実際この事件のことはサラッとしか見たことなかったんだけど、ジョニが主役を務める可能性があるって想像しにくいなぁ。
http://takuhiro.jugem.jp/?eid=41

*straight:ジョニー・デップが映画化へ=ロシアの元スパイ殺害事件☆
何故こんな最近の出来事を映画化に????恐い・・・
http://blog.goo.ne.jp/kei-keserasera/e/b87acd6f1b503af0b00c6b6ce2f9a8fd

*シネマでお邪魔〜♪(Johnny館):ジョニー・デップが映画化へ=ロシア・・・
これってまだ事件が解明されていないんじゃなかったっけ?謎だらけで興味あるけれど、また死んでしまう役なのかぁ〜(涙)
http://ameblo.jp/axel/entry-10023389843.html

*チョキチョキ日記:ロシアの元スパイ殺害事件をジョニー・デップが映画化。
この作品に、ジョニー・デップが出演するのかが、ものすごく気になるのですが、そのあたりはどうなんだろう。
http://blog.livedoor.jp/modacyoki/archives/50830158.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月14日 17:27 | コメント (0)

 

恋するマドリ新垣結衣が映画初主演…今年夏公開

「恋するマドリ新垣結衣が映画初主演…今年夏公開」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「2007年は新垣結衣の年になるってあちこちで言われていますね。映画も面白そうです。これからの活躍が楽しみです」



=2007年1月10日収集分=

*負け犬は一生懸命:新垣結衣07年銀幕でキラキラ
ポッキーのCMと順調に頑張っているので、このままの勢いで映画もいいものが出来るよう期待したいと思います。
http://ikuo.blog.shinobi.jp/Entry/36/

*芸能お宝ニュースチャンネル:新垣結衣 映画「恋するマドリ」で初主演
ガッキーかわいいからなぁ・・何してもOKだよ^^ 新垣結衣は今年大ブレイク間違いなしだな。ファンが急増するよ。
http://geinounewsch.blog88.fc2.com/blog-entry-32.html

*ガッキー・新垣結衣ファンへの道!:初主演!!
ガッキーが映画初主演することになりましたよ(^^)今夏公開予定の「恋するマドリ」で美大生を演じるみたい☆共演は松田龍平、菊地凛子。
http://blog.livedoor.jp/gakki_love/archives/50524007.html

*『びわ新聞』:新垣結衣が映画初主演
昨年は、「マイ ボス マイ ヒーロー」で話題をさらった。今後、期待される若手女優の成長が楽しみです。
http://yoshitake.kyo2.jp/e9923.html

*ほとんど新垣結衣のブログ:ガッキー、映画初主演!
ガッキーが今年の夏公開の映画「恋するマドリ」で初主演することになりました!おめでとー!
http://ameblo.jp/blog-su/entry-10023213650.html

*マトゥさんのダイアリー:恋するマドリ
2007年は「ワルボロ」に続いて映画出演ですか。「落下女」でニャンかわいかった*1頃からすると大ブレイクですな。
http://d.hatena.ne.jp/mattak17/20070110/p1

*ニュースです:新垣結衣07年銀幕でキラキラ
昨年ポッキーのCMで注目を集めた新垣結衣さん、今年は更に注目を集めそうですね〜。
http://newsdesu.blog80.fc2.com/blog-entry-146.html

*亜弥紺亜弥日記:新垣結衣、映画初主演〜今夏公開の「恋するマドリ」・・・
ガッキー、映画初主演ですか。20歳の美大生役。やや大人っぽい役柄。新たな挑戦ですよね。
http://aries-otome.blog.ocn.ne.jp/ayacondiary/2007/01/post_b222.html

*蠖歓豈れ部屋:猯するマドリ瓩縫ッキーが主演!! 新垣結衣さん♪
「今年は!新垣結衣」と言う見出しが!記事も紙面の4分の1ほどありましたね^^そして、それとは別BIGニュースが!
http://blogs.yahoo.co.jp/hirokundesuga/10964827.html

*ドラマの海に溺れていたい。:新垣結衣が映画初主演…今年夏公開・・・
多分『ワルボロ』も、殆ど松田翔太君とのW主演みたいなもんなんでしょうけど、一応この作品が映画初主演と云うことだそうで
http://d.hatena.ne.jp/thebomb/20070110/1168430922

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月11日 07:36 | コメント (0)

 

ロッキー・ザ・ファイナル(シルベスター・スタローン)復活

「ロッキー・ザ・ファイナル(シルベスター・スタローン)復活」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「1作目からは30年以上たっているそうですね。リメイクではなくて、新作というところが凄いですね。エイドリアンは亡くなった設定なのですね・・」



=2007年1月8日収集分=

*ニュースBlog 今日の出来事:スタローン「ロッキー」復活
すごいですね。60歳でボクシングの映画をつくるなんて。しかもシリーズ6作目です。あしかけ何十年でしょうか。
http://e-kyodeki.seesaa.net/article/31088503.html

*cafe長。+2:2007年
前作で完結だったのですがラストシーンが不評ということで・・・つーか60歳だよ。ボクシングできるのかなぁ?
http://cafeaulaitclub.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/2007_0adc.html

*芸能ニュースですよ:スタローン16年ぶり「ロッキー」
シルベスター・スタローン、60歳なんですね〜。体が立派なので60には見えません。
http://endesuyo.blog88.fc2.com/blog-entry-25.html

*日々悠々:老いたロッキーは見たくない
しかし私の中では前々作のロッキー・ザ・ファイナルで完結している。今になって何故!?というのが率直な感想である。
http://blog.livedoor.jp/ts_youyou/

*K.Ice's Diary 伊勢賢治:ロッキー復活
年齢層に関係なく名作と呼ばれる第1作目に始まり失敗作と呼ばれた第5作目まで見ている私としては何とも複雑な気分である。
http://isekenji.com/column/2007/01/post_3.html

*とあるテレビ作家兼リサーチャーの咆哮:『ロッキー・ザ・ファイナル』って…
ダサいといっても『ロッキー・バルボア』ではなく、その邦題の『ロッキー・ザ・ファイナル』の事。
http://fightclub.cocolog-nifty.com/regency/2007/01/post_72ff.html

*ときどき?ノスティミア -愛媛版-:「ロッキー・ザ・ファイナル」
もう60歳、シルベスター・スタローン主演の映画「ロッキー・ザ・ファイナル」の公式サイトがオープンしてるじゃないですか。
http://cerberus.at.webry.info/200701/article_1.html

*とある演歌ファンのブログ:ロッキー6
還暦を過ぎたシルベスタ・スタローンがロッキーシリーズの6作目、「ロッキー・バルボア」で16年ぶりにロッキーを演じたらしい。
http://enkafan.blog37.fc2.com/blog-entry-417.html

*ここを抜けたら全開!:ロッキー新作
昨年末、アメリカで映画「ロッキー」の6作目となる最新作が公開されたらしい。タイトルは「ROCKY THE FINAL」
http://rallyborg.blog50.fc2.com/blog-entry-138.html

*エヌ氏の戯言:ロッキー6
ロッキーの最終作がこの夏公開される。前作ロッキー5は私が高校生の頃公開されたがそのあまりの面白く無さに心底ガッカリしたのを覚えている。
http://blog.goo.ne.jp/giagadein999/e/b89db91483873e6c4ecb689f026d2655

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月09日 09:58 | コメント (0)

 

キムタク(木村拓哉)日本アカデミー賞主演男優賞候補辞退

「キムタク(木村拓哉)日本アカデミー賞主演男優賞候補辞退」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ジャニーズ事務所の方針なのですね・・・木村さんご本人の意向はどうなのでしょう?ちょっと聞いてみたい気もしますね」



=2006年12月20日収集分=

*ちょこれぇと たると:きゃー
朝の日本アカデミー賞のニュースは… 木村拓哉、受賞辞退。 …が、主にだったね(^口^;) ジャ…ジャニさんを殴りたいと本気で思ったのは生まれて初めてだ…
http://mn0818.blog82.fc2.com/blog-entry-113.html#trackback

*和ごころ:辞退って何だよ。
SMAPの木村拓哉さんが日本アカデミー賞候補を辞退したそうですが、これは…もらえそうに無かったからですよね?だから辞退したんですよね?
http://blog.goo.ne.jp/aya-617/e/03975ac023e8289592ecfe3c8483d56e

*ハッピーデイズ♪ Smapな日々。:アカデミー賞♪
事務所の方針もわからないではないけど、なんだかもったいないと思ってしまう。最優秀賞もとれてたかもしれないのにね。
http://plaza.rakuten.co.jp/oo0518/diary/200612200000/

*AMNOS*BLOG:うーん。
木村さんが日本アカデミー賞を辞退したようですが…世界?ハリウッド?の方のアカデミー賞はどうなるのでしょうか…。
http://arashi-amnos5.jugem.jp/?eid=749

*犬磨き:辞退
事務所がそう決めたならしょうがないけど、木村さん自身は貰えるなら・・・って考えかなーと、勝手に思いをめぐらしたり。
http://plaza.rakuten.co.jp/chicorita1179/diary/200612200000/

*web-tonbori堂ブログ:オンリーワンっていうステイタス
アカデミー賞を辞退だそうで、そういえば黒澤監督も辞退したことあったよなあ。ウィキペディアに記述アリ。但し確実なソースがちょっと探したくらいでは見つからなかった。
http://tonbori.exblog.jp/4873617

*とろり:今日はチーム内忘年&送別会でした
ところで、木村拓哉(っていうか、ジャニーズ事務所)が日本アカデミー賞を辞退したそうですね(っていうか、ジャニは毎度の事らしいですが)。
http://tamatetu.blog20.fc2.com/blog-entry-313.html

*SMAPin百年分の情熱を♪♪:やっぱりなぁちょっと残念!
さぁ残念なのは木村君アカデミー賞の主演男優賞辞退ですかぁ(T^T)そりゃ事務所の方針って言うのもわかるけどぉくれるって言ってるのに勿体無い!
http://plaza.rakuten.co.jp/TKKHIME517/diary/200612200000/

*タルギコンジュ イルギ:しんどいSPは?
今朝のWSで木村くんが日本アカデミー賞辞退って記事が紹介されていました。事務所的に賞レースには参加しない意向なんですね。
http://uni09.tea-nifty.com/strawberry/2006/12/sp_b303.html

*STAY:残念です・・・。
そんな私が寝ている間に木村さんの「アカデミー賞辞退」ってニュースが世間を騒がせていたみたいですね。みんな残念がってるみたいで。。。
http://stay1972.blog83.fc2.com/blog-entry-39.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月21日 08:17 | コメント (0)

 

羊が歌うクリスマス・ソング動画サイトで大人気

「羊が歌うクリスマス・ソング動画サイトで大人気」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「英北部カンブリア州の観光当局が羊の鳴き声を組み合わせて作曲し動画サイトに掲載したものだそうです。ほのぼのしていて、癒されますね」



=2006年12月14日収集分=

*某teacherの想い:羊が歌う?
羊が歌うクリスマス・ソングが世界中で人気を呼んでいるらしい・・・私には、よく分かりませんが…皆さんも一度聞いてみては???
http://blog.goo.ne.jp/kgu-kakehasi/e/71a67b7b0095bdc04dc5ed96165ccb7f

*WHAT'S NEW PUSSYCAT?:羊の歌うクリスマスソング
羊が歌うクリスマスソング。私には羊の声が早送りか逆再生したように聞こえます(;´▽`A``
http://ameblo.jp/feiran-dream/entry-10021601034.html

*ろばの耳blog:羊合唱団のクリスマス・ソング
他にもチワワバージョンとかハムスターバージョンとか色々作ってみて欲しいなぁ♪無料で楽しめまーす
http://ameblo.jp/iililli/entry-10021603133.html

*Smile*Voice:めぇめぇ
その名も 『羊が歌うクリスマス・ソング、動画サイトで大人気』それは聞かねばもったいない!早速聞きに行ってみると。。。
http://diced.jp/~smileydays/cgi-bin/aki-blog/log/eid696.html

*Nao's:羊が歌うクリスマス・ソング
羊さんたちが歌うクリスマス・ソングのMOVIE に笑ってしまいました。とても面白いMOVIE で、羊さんたちが微笑ましかったです。
http://nao2006.exblog.jp/4051156

*Bonjour Paint!:羊が歌うクリスマス・ソング
だんだん愉快になってきました。耳のシーンが良いです。そして、後腐れなく何事も無かったかのように終わるところが更におかしい。
http://bon2.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_f584.html

*(も)の呟き:羊のジングルベル
日本には、こういう企画は出来ないのだろうかねぇ。イノシシ、牡丹鍋が有名な地方とか午も牛もあるだろうに。
http://moro3.blog59.fc2.com/blog-entry-175.html

*おもしろ”net生活”Have a Nice Day!!:羊が歌うXmas song ♪♪♪
Sheep の群れが歌うクリスマス・ソング 思わず笑えます(*^0^*)ノ ニコッ〜色んな鳴き声を合成したものです。
http://hanamoe2006.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/xmas_song__d046.html

*日々毎日一歩一歩♪:あなたはすごい
この時期かならずと言っていいほど こういうなんっていうか かわいらしい系がはやりますよね(笑)いやぁいいことでござる(笑)
http://hpkenkenblog.blog19.fc2.com/blog-entry-2739.html

*color of leaves:羊が歌うクリスマス・ソング
みなさんもご一緒に!♪めーめーめー めーめーめー めーめーめーーめめーー!(ジングルベル)
http://blog.goo.ne.jp/chikalatte/e/bcaff4ca497b6874fd466dcb09c64442

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月15日 08:21 | コメント (0)

 

硫黄島からの手紙(渡辺謙)公開。初日舞台あいさつ

「硫黄島からの手紙(渡辺謙)公開。初日舞台あいさつ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「興収50億円突破は確実といわれている「硫黄島からの手紙」舞台挨拶は、厳粛な雰囲気だったようですね。ぜひ、映画館で見てみたいです」



=2006年12月10日収集分=

*花嵐:初日「硫黄島からの手紙」
初日一回目の舞台挨拶見て来ました。・舞台挨拶があるからという事で客席は若い女性がほとんどでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/flowerstorm/diary/200612090000/

*優しい時間:硫黄島からの手紙
もともと「硫黄島からの手紙」は見るつもりでしたが、初日舞台挨拶があるということで、わざわざ東京まで出かけてきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/yasasii2825/diary/200612100000/

*女30ダイアリー:監督から入ってみる
地元での舞台挨拶のときに主演の渡辺謙さんが「この役を演るうえで、当時の方々から沢山の手紙を受け取った気がします。
http://blog.goo.ne.jp/darvish0202/e/4bc818e278da5f73414962771d595233

*For upcoming day:こんな週末でした。
舞台で挨拶するにのは、黒いスーツに白いタイ、白い靴。あのつま先がとんがって上を向いている靴を見ると、空を翔けあがりそうな感じがする。
http://blog.livedoor.jp/miuko1722/archives/50845220.html

*おきらく日記:硫黄島からの手紙
舞台挨拶って初めて行ったけど映画があの内容だからかなぁ静かだった。謙・渡辺の出だしが低くてね…(-∀-;)謙さん、二宮和也、加瀬亮、伊原剛志の順番でお話。
http://reko-0917.spaces.live.com/Blog/cns!52166055DC302C9D!1132.entry

*溺愛ロジック。:「硫黄島からの手紙」初日舞台挨拶。
服装はスーツ(でもジャケットが大きめ、三つボタン)白シャツに白の細い紐みたいなネクタイ。白のとんがり靴。髪の毛は生で見るとちんちくりん★(笑)
http://canna01.jugem.cc/?eid=983

*まものスマイルニッキ:ただいまー!
上映後に二宮さん達が舞台に上がった時のなんともいえない会場の雰囲気が凄かった。アノ映画の直後ですから なんともいえない重厚なというか張り詰めた感じで。
http://mikkiymikkiy.jugem.jp/?eid=567

*ほんのりごめんね・・・:硫黄島からの手紙
昨日、舞台挨拶に行ってきました。 席が3列目だったんですが前2列は記者の人達だったので 観客の中では一番前だったんです
http://honnorigomenne.blog62.fc2.com/blog-entry-314.html

*ダラックマ日記:硫黄島からの手紙
映画の後は、渡辺謙さん、伊原剛志さん、二宮和也さん、加瀬亮さんの4人が挨拶してくれました。
http://ameblo.jp/pancopa/entry-10021373285.html

*咲かせたい花:硫黄島からの手紙公開中。
丸の内ピカデリー1にて。舞台挨拶付きの上映回でした。8時からの上映のために早起きして家を6時台に出て(笑)今回は母親と一緒でしたけど、ウキウキしてる私(笑)
http://nannpi61710.jugem.cc/?eid=1028

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月11日 07:58 | コメント (0)

 

銀色のシーズン(海猿:羽住監督)雪山撮る!来年冬公開

「銀色のシーズン(海猿:羽住監督)雪山撮る!来年冬公開」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「舞台が海から、雪山になるのですね。キャストの皆さんも今売れっ子の方ばかりで、大ヒット間違いなしですね!楽しみです」



=2006年12月9日収集分=

*走れGenG:白馬でスキー映画撮影!
本日のサンスポと日刊スポーツにスキー映画の製作発表が行われました。「銀色のシーズン」監督は「海猿」の羽住監督です。
http://gggggen3.exblog.jp/4009315

*Taka with UG in the World!:白馬村でモーグル映画がクランクインか!
その映画のタイトルは「銀色のシーズン」と言い、あの「海猿」チームがモーグル映画を製作を担当するらしいです。
http://blog.takas.mond.jp/?eid=489430

*テレビっ子でもいいよね。。。:瑛太くん主演映画♪
『銀色のシーズン』に出演します。さらにどうやら主演ですよね!?バイオリンの次はスキー・・・いやぁ、俳優さんは大変です
http://blogs.dion.ne.jp/pure_smile13/archives/4675284.html

*深呼吸:白馬村を舞台にスキー映画が製作されるらしい。。。
どんな映画になるのか、今から楽しみです。この映画が、ウインタースポーツブームの再来と、地域の活性化に繋がるのは間違いないですよね!?
http://aniy.exblog.jp/5110881

*なんといっても女優の田中麗奈子:来年の出演映画さらに決定!
モーグルをテーマにした雪山の物語、瑛太と玉山鉄二が競演。ん? 即座に「駅伝」を連想!やれやれ
http://blog.goo.ne.jp/renako777/e/45424d48dfdd8f07a3c87c12d9fbf0a4

*瑛☆ta:瑛太クン新情報UP!! 映画『銀色のシーズン』'07冬公開・・・
瑛太クンが新しく映画に出演する事が分かりました!! めっちゃ嬉しいですねぇぇぇ 『銀色のシーズン』という『海猿』の製作メンバーで製作される映画らしいです!!
http://eita19821213.blog75.fc2.com/blog-entry-94.html

*BMI適正化計画:期待しています
「海猿」は泣いてしまいました。小学4年の息子といっしょに観ました。彼は彼なりに感動したようです。娯楽映画とバカにする人もいますが、心に訴えるものは変わりません。期待しています。
http://japanc.exblog.jp/5109392

*HOP ON:期待のスキー映画?
久々に期待できそうなスキー映画が作られる模様。「海猿」は観ていませんが、評判のいい映画だったようで、この新作もちょっと楽しみです。「
http://blog.livedoor.jp/hop_on/archives/50844229.html

*Free Snow:白馬でモーグル映画!?
ところで、その白馬村全面バックアップで1月からモーグルの映画の撮影が行われるようだ!(・ω・ )モニュ?
http://blog.livedoor.jp/spreadeg/archives/50860373.html

*MARKW的LOVELOG:銀色のなんとか
モーグルを題材にした映画が来年公開らしいです。タイトルはたしか「銀色のシーズン」?田中麗奈や玉山鉄二、瑛太が主演
http://blogs.dion.ne.jp/markw/archives/4676312.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月10日 09:19 | コメント (1)

 

ゲド戦記(スタジオジブリ)主題歌のパクリ認めた

「ゲド戦記(スタジオジブリ)主題歌のパクリ認めた」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「最近この手の問題が多いですね。有名な一節だったりすると心の中に残っていて、思わず出てしまったりするものなのでしょうか?」



=2006年12月6日収集分=

*二次元愛:ゲド戦記主題歌問題
なんつーか、言葉の選び方にとっても悪意があるな。アニメ界では有名な制作会社相手だからネタにもなるし、売れるからこんな刺激的な見出しなのだろう。
http://d.hatena.ne.jp/green728/20061206/p4

*smithの日々邁進。:心を何にたとえよう??w
これは、ゲド戦記の主題歌「テルーの唄」の歌詞の一部を、有名詩人からパクったという騒動のものです。決着ついたみたいですわな。まったくもう。
http://alfredclar.exblog.jp/6151176

*気まぐれ更新日記:何を今更。
お気楽コメンテーターのコメントや友達同士の会話ではないのだから「パクリ」ではなく「盗用」と表記するべきでは。
http://blog.livedoor.jp/k_jindai/archives/50786889.html

*乱’s R00M:ゲド戦記 パクリ??
ゲド戦記より、他に、これはあきらかにパクってるでしょ!!っていうアーティストさんいるのに・・・
http://myhome.cururu.jp/chikamejindepp/blog/article/21000603463

*人生楽しく生きましょ!行きましょ!!:「ゲド戦記」主題歌“パクリ”認めた
過去の良作からヒントを得る事は決して悪いことではないと思うし逆に必要なことだと思う。
http://monakona.exblog.jp/4314682

*ファイト・アップ!:影響をうけるとパクリになる不思議
記事には責めてるように書かれていないけど、表に出ているのは歌手であり、それって、そういう意味でしょ。
http://blog.goo.ne.jp/minervois/e/c900e9e8e9fa51d5d41f7e08ade1f30c

*好き好き!芸能ニュース:「ゲド戦記」主題歌はパクリ?
これは、“パクリ”を認めたということなのでしょうか??それともインスパイアなのでしょうか?
http://sukidrama.seesaa.net/article/29068140.html

*私の厳選ショップ: 「ゲド戦記」の主題歌はパクリだと認めたってさぁ
別にそんな、パクリって言うほどじゃないと思うけど宣伝の一環で流したんじゃないかなと思う。
http://plaza.rakuten.co.jp/oktom/diary/200612060002/

*kleineschwarzのつれづれ日記:「ゲド戦記」主題歌“パクリ”認めた
…なんとも歯切れの悪い表現ですな。しかも、公開中ならともかく、今頃になってひっそりと認めるというのも姑息な気が。これで本当に決着したと言えようか、いや言えまい。
http://kleineschwarz.blog76.fc2.com/blog-entry-3.html

*ニュースのような日記の話:ゲド戦記がパクリ
ここのところこう言うパクリとか多いですね。まるまるコピーならともかく、一部ならねえ…。影響を受けたでええじゃんかw
http://adyrt.blog1.fc2.com/blog-entry-187.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月07日 00:32 | コメント (0)

 

フラガール4冠/岡田准一新人賞(日刊スポーツ映画大賞)

「フラガール4冠/岡田准一新人賞(日刊スポーツ映画大賞)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「フラガールの4部門受賞は素晴らしいですね。岡田くんは「花よりもなほ」での受賞。今年は邦画の勢いがすごい記念になる年だそうです」



=2006年12月5日収集分=

*ココロ楽ちん記 byレ)ヵゝち:大沢さん助演男優賞だって。
今まで賞に絡んだこと無かったのかァ。。(゚ロ。屮)屮何はともぁれ、ぉめでとぅござぃます!!さっきまで「スカィハィ・劇場版」鑑賞
http://i-na-i-na.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_267e.html

*ワーキングクラス・ヒーローズ:祝「フラガール」まず4冠!\(^o^)/
やりましたな!!日刊スポーツ映画大賞で主演女優賞を含む4冠を達成した模様!これから、各映画賞が行われると思いますが楽しみですな
http://blogs.dion.ne.jp/satch06/archives/4654474.html

*おぢのニセコ週末山暮らし:日刊スポーツ映画大賞
日刊スポーツ映画大賞で「フラガール」が4冠に輝いた。若い人はともかく、中高年は誰でも知っておる常磐ハワイランドのサクセスストーリーじゃ。
http://blog.goo.ne.jp/gooniseko/e/8e0f92062254d077e309f2ba6ab2debf

*Diamond-Pink:岡田くんおめでとう!→石原裕次郎新人賞
2006年「第19回日刊スポーツ映画大賞」で、私の大大大好きな岡田准一くんが、石原裕次郎新人賞を獲得しました〜!!
http://ameblo.jp/diamond-pink/entry-10021089341.html

*わたしのすきなMONO:おめでとう。
5年目の新人(笑)蒼井優が報知に続きまた賞を獲得しました!助演じゃないのは残念ですが、同じ『フラガール』からって事で納得です。
http://ameblo.jp/buffa/entry-10021094784.html

*「の」ぶろぐ 弐:4冠
フラガールが日刊スポーツ映画大賞で4冠とのこと。すばらしい、いい映画だったもんね、もっかい見に行こうかなぁ、と思わずにはいられないニュースです。
http://blogs.yahoo.co.jp/nomufit/24891737.html

*V6と薔薇の日々:石原裕次郎新人賞
日刊スポーツ映画大賞、石原裕次郎新人賞に准くんが選ばれました!今朝の日刊スポーツは一面トップでした!
http://love.ap.teacup.com/sweetjuliet/57.html

*月夜に♪にゃんこ:おめでたいvv
石原裕次郎記念館協賛)にて裕次郎新人賞を受賞したとの事!!どんな賞なのかわたくし詳しくは存じておりませんが、どうやら「花よりもなを」の演技が認められたようです
http://moon.ap.teacup.com/catcatwalk-07/49.html

*Hiro’s Diary:[V6]日刊スポーツ映画大賞
「新人賞?」と一瞬思いましたが(苦笑)、岡田くんにとって大変名誉な受賞ではないでしょうか。おめでとうございますっ!
http://d.hatena.ne.jp/hirov6/20061205/1165326258

*FEVER★FEVER:日刊スポーツ映画大賞
だってすごかったもん!松雪さんのフラも、優ちゃんのフラも。早くDVD出ないかな〜ww初回盤とかあったら買っちゃおう♪
http://fever.ichi-tora.hacca.jp/?eid=588457

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月06日 11:28 | コメント (0)

 

SHO(薬丸&秀美の長男)映画「炬燵猫(こたつねこ)」主役

「SHO(薬丸&秀美の長男)映画「炬燵猫(こたつねこ)」主役」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「もうそんなに大きなお子さんがいたのですね・・いきなり映画の主役っていうのは素晴らしいです。でもジャニーズじゃないのですね。」



=2006年12月1日収集分=

*HOBBYな毎日:薬丸くんと秀美ちゃん
若い人には「誰それ?」ってかんじだけど(笑) シブがき隊のやっくんとこの長男くんが俳優デビューするんだってね〜〜〜。
http://alohamamiko.blog57.fc2.com/blog-entry-292.html

*One Step ビヨ〜ん!!:新人俳優 “ SHOくん ” はヤックン似 ・・・
古田新太さんが目標ってなかなかいいすねw それにしても、ちょっと時の流れを感じてしまいますwww
http://onestepbeyooond.blog57.fc2.com/blog-entry-723.html

*SWEET-B*Type:16歳
青春時代(言い方古い?)に追いかけに追いかけまくったグループのお子が16歳ですって?デビューですって??
http://sweetbtype.blog28.fc2.com/blog-entry-188.html

*わたしのブログ:薬丸&秀美長男SHOが俳優デビュー!!
朝起きてテレビをつけたら、薬丸 長男デビュー と、アナウンサーの声が・・・『えぇっ!』薬丸君の長男は、こんなに大きいのか〜とびっくり仰天。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/08221028/diary/200612010001/

*ツッコミ!寅のあな Fresh:♪ジタバッタするっなよっ
本気で「自分の力じゃないと意味がない」と思うのなら、映画がヒットして自身が有名になってから明かすもんじゃないの?
http://tora-3.seesaa.net/article/28674082.html

*じゅんた0NE−MAN:薬丸裕英、石川秀実の長男
公開映画「炬燵猫」で銀幕主演デビュー。すご〜い。主演か〜。親の七光りじゃMAINAI16歳ってか。
http://plaza.rakuten.co.jp/junta49/diary/200612010007/

*韓国観察日記のつづき:やっくんの息子“薬丸翔”俳優デビュー!
今度映画「炬燵猫(こたつねこ)」で、いきなり主役でデビューしちゃうんだって。シブがき隊・・・もあの頃16歳ぐらいだったような・・・。
http://ameblo.jp/korean-life/entry-10020853278.html

*気まぐれ雑記帳:薬丸裕英の長男がデビュー
いきなり主役は、さすがですね。月曜日の「はなまるマーケット」では、オープニングでこの話がでるかな。
http://hayabusa316.blogzine.jp/kimagure/2006/12/post_028f.html

*80年代アイドルをレビューする:薬丸夫婦の長男が映画デビュー
すでに、モデルとしての活動はあったようですが、このたびの映画主演が、本格的な芸能界活動の始まりと言ってもいいのでは。
http://idol-idol-80s.seesaa.net/article/28683919.html

*♪SMAP日和♪:薬丸さんちの・・・
翔くんが俳優デビューだとさ。翔くんも16歳か〜。”薬丸翔”ではなく”SHO”としてデビューなのね〜。
http://smapbiyori.jugem.cc/?eid=994

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月02日 09:17 | コメント (1)

 

ニコール・キッドマン、ハリウッドで最も稼げる女優に

「ニコール・キッドマン、ハリウッドで最も稼げる女優に」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「映画1本で20億近いギャラ・・って金額が大きすぎてよくわかりません・・再婚もなさって、まさに人生ばら色って感じでしょうか?それにしても綺麗です。。」



=2006年11月30日収集分=

*ハーベストのアメブロ:ハリウッドで最も稼げる女優!
映画1本当たりの出演料、推定で約18億6000万─19億7500万円とは恐れ入ります!
http://ameblo.jp/harvest0/entry-10020795803.html

*コントロールパネル:ハリウッドで最も稼げる女優
ハリウッドで、一番稼げる女優は・・・・二コール・キッドマンだそうで。映画一本で、20億近い出演料なんですね(°m°;)
http://pub.ne.jp/darkhorse/?entry_id=433832

*ちょこっとインフォ:最も稼げる女優
それにしてもこの年齢にしてこの美貌、ずっと変わらない美貌の秘訣は一体どこにあるのだろう・・・?完璧すぎる二コールの美貌。
http://ichigen.blog76.fc2.com/blog-entry-179.html

*あんどブログだよ!全員集合!:なんでぇ〜
惜しい!!1位はダントツでキャメロンだと思ったのに!!!こんな俺、ヤッパキモイ!?
http://and1108.exblog.jp/3935699

*Marunouchi OL白書 【実事求是の毎日〜】:ニコール・キッドマン・・・
スゴイですねぇ。。稼げる女。私には想像つかない額ですけど。。人生一度、こんな成功をモノにした彼女の努力と栄光をたたえますー、、。
http://blog.innocent.babyblue.jp/?eid=208830

*Moulin Rouge!:ニコール・キッドマン、ハリウッドで最も稼げる・・・
ハリウッドの出演料ランキングの女優部門で、ニコール・キッドマンが5年ぶりに首位に返り咲いた。米芸能誌「ハリウッド・リポーター」が29日発表した。
http://blog.so-net.ne.jp/two-tone-cat/2006-11-30-1

*Prime time CINEMA:ハリウッド高額出演料女優 1位 ニコール・・・
ジュリア・ロバーツに代わって、ニコール・キッドマンが1作品あたり1700万ドル(約20億円)でギャラNo.1女優に輝きました。
http://eigablogmeinoheya.blog44.fc2.com/blog-entry-255.html

*芸能チャンプルー:GEINO CHAMPLOO:ニコール・キッドマン2006年・・・
最近、ニコール・キッドマン再婚しましたね^^ 確かカントリー歌手のキース・アーバンでしたか。 私生活ともに順風満帆です。
http://ababa88.blog51.fc2.com/blog-entry-11.html

*いちばん奥のひきだし:ニコール・キッドマンのギャラとオバケのQ・・・
すごい金額である。 しかし、すごすぎてビンボー人にはいまいちピンとこない。 こういうときは身近なものに置きかえてみるにかぎる。
http://ichibanoku.blog62.fc2.com/blog-entry-75.html#more

*ふらめんこな365歩のマーチ:ハリウッド高級取り女優
過去5年間トップの座にいすわっていたジュリア・ロバーツをしりぞけて、今年トップに躍り出たのは、ニコール・キッドマン。
http://blog.livedoor.jp/emilynz/archives/50799784.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月01日 07:51 | コメント (0)

 

めぐみ−引き裂かれた家族の30年ドキュメンタリー公開

「めぐみ−引き裂かれた家族の30年ドキュメンタリー公開」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「めぐみさんのお父様が声を荒げているシーンや、めぐみさんの合唱の歌声など、身につまされるシーンがいっぱいありそうです。この映画がきっかけになって動きがあればいいのですいが・・・」



=2006年11月25日収集分=

*あの空の下で:『めぐみ』 公開初日
今日から 拉致被害者である横田めぐみさんのご両親が出演しているドキュメンタリー映画『めぐみ』が公開。多くの人が来館した=多くの人が拉致問題に関心がある ということですな。
http://ameblo.jp/kucchan88/entry-10020519806.html

*今日はいい転機:拉致と映画
横田めぐみさんをテーマにした映画が公開された。今日からなのでまだ内容は見ていないが、拉致の悲惨さを考える映画らしい。
http://blogs.yahoo.co.jp/hillmonkeypod/42380663.html

*everyday:親の愛は世界を動かす
ドキュメンタリー映画「めぐみー引き裂かれた家族の30年」が公開され、初日から多勢の人が劇場に足を運んだとのニュース。
http://doi-yasumi.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_e7d9.html

*Blue jewel:『アブダクション』=『めぐみ 引き裂かれた家族の30年・・・
渋谷シネマGAGA(公園通りディズニーストア上階)で初日を迎えた『アブダクション』=『めぐみ 引き裂かれた家族の30年』の二回目上映にいきました。
http://blue-jewel-7.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/_30_26af.html

*雑学広場。:横田めぐみさんの映画。
できれば日本の監督の誰かが取り上げてもらいたい題材でありましたが、反ってアメリカの監督が取り上げてくれたことで、その反響は世界的に広がっていくことと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/tcnve4/7095532.html

*依存症の独り言:めぐみ 引き裂かれた家族の30年
昼のテレビニュースによると、映画館(東京・渋谷のシネマGAGA!)はすぐに満席になったという。それだけ拉致事件に対する国民の関心が高いということだ。
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/11/post_8e60.html

*公園のベンチのようなプチ雑記:映画「めぐみ」
「めぐみ −引き裂かれた家族の30年―」を、渋谷のシネマGAGAで公開初日に観た。その劇場にした訳は、横田ご夫妻の挨拶があるからだ。
http://ohsama007.blog12.fc2.com/blog-entry-98.html

*毎日感じたこと、時々は台湾のこと:なぜ、アメリカ製?、ある・・・
驚くのは、この映画は日本製でなく、アメリカ製なのです。なぜ、日本で作れなかったのかと首をひねるのは、私だけでしょうか。
http://plaza.rakuten.co.jp/chenpitao/diary/200611250000/

*shalala diary:嘘のような本当の話〜めぐみ〜
拉致問題に関してはいろんな映像や書物を目にしているので、さほど目新しいことはなかったけれど、未公開写真もたくさんで改めて家族の絆についても考えさせられました。
http://kiyonesque.exblog.jp/5026211

*コンプレックスビズと海が好き!:めぐみ 引き裂かれた家族の30年
あの横田めぐみさんの話です。内容はめぐみさんの話というよりめぐみさんを題材に拉致問題を描いている、ドキュメンタリー仕立てでした
http://plaza.rakuten.co.jp/coralPoint/diary/200611250000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月26日 08:04 | コメント (0)

 

ALWAYS三丁目の夕日(映画)東京五輪開催の4か月後へ

「ALWAYS三丁目の夕日(映画)東京五輪開催の4か月後へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「前作が大ヒットする名作だったので、続編が出来ることは賛否両論ですね。監督もキャストも変わらないとのことなので、今度も期待できますよね?!楽しみです」



=2006年11月20日収集分=

*あの日まで:三丁目の夕日続編を製作へ
今日Yahoo トピックスを見たら続編製作へ、と東宝さんが発表していてびっくり(・∀・)公開は来年11月だそうです。
http://ameblo.jp/otomeyuri/entry-10020260301.html

*existence Uhheri Edition:続編やるんですかーっ!
だいたい映画のパート2って大当たりか大外れかと、結構極端なのでどーしても不安になってしまうわけです。
http://to-6.com/mt/archives/001129.php

*そこにあるもの:「ALWAYS 続・三丁目の夕日」2007年11月公開決定!
来年1月から早くもクランクインで堤真一さんや吉岡秀隆さん、薬師丸ひろ子さんら主要登場人物は前作に引き続きのご出演なりっ^^
http://plaza.rakuten.co.jp/nonstopdiary0/diary/200611200000/

*web-tonbori堂ブログ:まさかあの名作シリーズにあやかって・・・
あと主要キャストそのままってのはこの作品を寅さん化とかかんがえてるんじゃないだろうな?>日テレ。なんせ吉岡くんはその寅さんシリーズに出ていたし(^^;
http://tonbori.exblog.jp/4718144

*じゅんりんの不育症日記:ALWAYS…再び
昨日、いろいろ話していて、また観たいね…なんて話していたら、今朝の新聞を見てビックリ!?なんと続編上映が決まったとのこと
http://junrin.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_83fd.html

*ぐだぐだへなちょこ日記。来年は挑戦者だ虎っ子が行く。:ほんま・・・
三丁目の夕日続編決定って本当ですか!?(卒倒)(ついでに白目)えええええーーーううう嬉しすぎる!!!早く!!早くしないとチビがでかくなってしまうよ!!!
http://blog.drecom.jp/choco55/archive/85

*フリーダムクライ:ALWAYS、必見です。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!最近というか過去の映画で唯一、私が号泣した映画の続編の公開が決まったみたいです。
http://tonty.blog.shinobi.jp/Entry/61/

*よりみちでも。:夕日町のみんなにまた会える♪
今日の朝、「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編が製作されることが発表されました!前から、噂はちらほらありましたが本当だったんですね。
http://michi93.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_5274.html

*Look of Love:続・三丁目の夕日
ただこの作品は1作目できちんと完結しているので、いくら興行収入が良かったからといって安易に第2作を企画してほしくなかったな。
http://dickdiver.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_51df.html

*いまから、ここから:ALWAYS 続・三丁目の夕日
前作の評判があまりに良過ぎて、これを超えることは出来ないと山崎監督も表明していたので続編は作られないものだと、あきらめていましたが、がんばって作ってくれるんだね〜
http://blogs.yahoo.co.jp/kn195748/6868323.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月21日 07:31 | コメント (0)

 

セブン(ブラッド・ピット)前編製作か?

「セブン(ブラッド・ピット)前編製作か?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「いやー賛否両論ですね。好きな映画だからこそ見たくない!と、楽しみ!となってしまいますよね。恐くてドキドキして、そして悲しい映画だったセブン。どんな内容になるのでしょうか?」



=2006年11月7日収集分=

*負け組サラリーマンの映画な日々:「セブン 前編」製作か?
一体どういう内容になるのか皆目見当もつきません。あの映画の前章ってどういうことなんでしょう。ブラピは出ないのか?
http://plaza.rakuten.co.jp/sioadachi/diary/200611070000/

*BIGLOBE平社員ブログ:「セブン」の前章!?
セブンが良いのはあのストーリーだから良かったわけで、世界観がつながっている前章が必ずしも面白いとも思えないのですが、やはり気になってしまうのがこういう映画。
http://kabegami.at.webry.info/200611/article_7.html

*Girasole:ブラピの「セブン」前章を企画
セブン、懐かしい。何度見ても最後分かってるんだけど泣けてくるんよね。これは楽しみですね。
http://diary5.jugem.jp/?eid=207

*NEW WAY.NEW LIFE:【VIRTUE】について
そんな【セブン】ですが、どうやら前章が企画されているらしいです【エクソシスト】シリーズで言えば【エクソシスト・ビギニング】みたいなもんでしょうか
http://blog.livedoor.jp/lovespoonful/archives/50924972.html

*OLE 龍:『セブン』の前章
『セブン』の前章が、企画されているみたいです。セブンは好きな映画ですね。ああいう単純なサスペンスは好きです。
http://tencyou.jugem.cc/?eid=695

*trinta ё dois blog:Virtue (原題)
セブンは大好きでいつ見ても最後はモヤモヤするんですけど、その関連作品ということで気になりますね〜
http://novarova.blog.ocn.ne.jp/blog/2006/11/virtue__1b4e.html

*エースたつやのカリスマ日記★:ブラピのセブン前編製作か?
セブンが好き。ダークな世界観と最後のオチがいい。うんとね〜、最後のオチは奥さんの首が届くんだよ!
http://blog.livedoor.jp/hibinotatsuya/archives/50751849.html

*僕の独り言:映画「セブン」、前編を企画
「セブン」が公開されて、もうすぐ10年位になるのかな。こんなに時間がたって「前章」が企画されてるみたいですね…
http://bokunohitorigoto.blog.shinobi.jp/Entry/131/

*funnyな毎日:好きなのにぃ〜(泣;)
ちょっと、、、イヤだなぁ〜(x_x;)「セブン」には、前の話も後の話も付けてほしくない。あのままがいいなぁ〜・・・
http://ameblo.jp/funny-fellow/entry-10019558986.html

*Trimmarks:ブラッド・ピットの『セブン』、前編製作か?
「Virtue(バーチュー)」というタイトルで現在は脚本家選びの段階らしい。好きな映画なので楽しみ。
http://trimmarks.blog15.fc2.com/blog-entry-541.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:40 | コメント (0)

 

ブラッド・ピット(ブラピ)&ジョリー映画撮影中に脅迫

「ブラッド・ピット(ブラピ)&ジョリー映画撮影中に脅迫」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「こ・・・恐いですアルカイダなんて。ブラピとアンジーを脅迫って筋違いのような気がしますが。映画に出るのも命がけなんて嫌な世の中ですね」



=2006年11月4日収集分=

*うとうと日記:およよ
ブラピとアンジェリーナジョリーがアルカイダから脅迫されてるらしい。名指しで、しかもアルカイダから脅迫ってねぇ…恐い。恐すぎる。
http://blogs.yahoo.co.jp/hitomi_to_shirotan/5245734.html

*ゆっくりゆっくり 音楽でも聴きながら:さすが、根性あるよね
映画の撮影で、アルカイダから脅迫を受けたそうだ。映画の内容からすると、反アルカイダと判断され反発を招くことは想像に難くない。
http://music80s.exblog.jp/4880414

*海外ドラマ&セレブゴシップ&ハリウッドニュース:ブラッド・ピット・・・
インドで撮影中の二人がアルカイダに狙われているという情報があります。何も起きないことを祈ります!
http://blogs.yahoo.co.jp/friends831980/22766262.html

*25歳の反抗期ブログ:ブラピ夫妻 アルカイダから脅迫!?
特にアンジェリーナさんは2002年にパキスタンで拉致にあったこともあったそうなので、現実味がありますね・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/freedom001313/5281926.html

*海外ドラマ★TV大好き「プリズンブレイク」「LOST」「24」:ブラピと・・・
インドで撮影しているアンジーやブラピの敵はパパラッチだけかと思っていたのにパパラッチなんか目じゃないってくらいの強敵が現れた
http://blogs.yahoo.co.jp/xsjrq599/22780530.html

*少年とボブ:アルカイダ、ブラピ夫妻を脅迫
アンジェリーナ・ジョリーはその夫人役を演じている。ブラピさんは制作側。映画には、批判は付き物ですがこれは恐いです。
http://d.hatena.ne.jp/dacochi/20061104#1162637169

*こんな私でヨイのだ!:アンジーがアルカイダに狙われる?!
あたしのアンジーを(ぉ)、アルカイダ野郎が脅迫するなんてー!あの世にも色っぽい唇がそんな奴らに奪われたら、世界の損失なんだぞー?!
http://nononews.seesaa.net/article/26772261.html

*アッサムティーを飲みながら:アルカイダ、ブラピ夫妻を脅迫?
それとも、アンジェリーナ・ジョリー&ブラピ夫妻が、セレブだから気に入らない?目立っているから気に食わない?
http://ayakawa.tea-nifty.com/blog/2006/11/post_f83d.html

*凡忘親父乃「赤点不路愚」:アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・・・
アルカイダから脅迫されるというのは、ある意味狙い通りだと言える半面、映画の登場人物同様に自分の命を彼らに狙われるという、何とも皮肉な話になってしまっている。
http://vonvoyage.blog26.fc2.com/blog-entry-1585.html

*チョキチョキ日記:ブラピ・アンジー夫妻をアルカイダが脅迫。
アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのカップルが国際テロ組織アルカイダから脅迫を受けたと地元紙が報じ、インド警察当局は3日、警備態勢を見直すための協議を行ったそうです。
http://blog.livedoor.jp/modacyoki/archives/50759292.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月05日 07:58 | コメント (0)

 

憑神(浅田次郎)妻夫木聡主演で映画化

「憑神(浅田次郎)妻夫木聡主演で映画化」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「妻夫木くんは主演作品が次々と続きますね。浅田氏の作品も映画化が続いているので、二人がタッグを組んだらヒット間違い無しですね」



=2006年10月31日収集分=

*耳かき.com:妻夫木、「鉄道員」コンビの時代劇映画「憑神」主演
妻夫木君もいそがしいですね。いろんなものに出てますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroki_ryukai/41764540.html

*気になる、噂の芸能ニュース!!:妻夫木、「鉄道員」コンビの時代劇・・・
妻夫木聡君、ホントのってますよね。涙そうそうも大ヒットしてるし、次々と映画にでてますよね。
http://geinou-g.seesaa.net/article/26502516.html

*京都 太秦名物   つぶあん入り豆大福:憑神(つきがみ)
映画の事、降旗康男監督率いる降旗組が浅田次郎さん原作の憑神という映画を撮らていて、主演の妻夫木聡さんを見かけます。
http://blogs.dion.ne.jp/futabakaho/archives/4441775.html

*負け組サラリーマンの映画な日々:「憑神」関連ニュース
最近浅田氏原作の映画化が盛んですね。固定したファン層による動員が見込めるということでしょうか。
http://plaza.rakuten.co.jp/sioadachi/diary/200610310003/

*月ひかるの日記:作家・浅田次郎氏の小説「憑神(つきがみ)」・・・
『鉄道員』の記録した興収40億円を上回りたい」と話していますので、浅田・降旗の黄金コンビと妻夫木による名作を期待したいですよね。
http://plaza.rakuten.co.jp/tukihikaru/diary/200610310000/

*暇な日々もまたよし:2006年後半に観た映画
幕末時代、下級武士の青年が、災いの神に取り付かれ、苦労しながらも、成長していくというストーリー。主演は、妻夫木聡。人気出るのかな。
http://plaza.rakuten.co.jp/himana22/diary/200610310000/

*ぴかたみのまったりCafe:「憑神(つきがみ)」妻夫木聡主演で映画化
東映の配給で、来年夏公開予定。とWEBでみました、これは原作が浅田次郎さんの小説ですし、主演は妻夫木くんとなるときっと大ヒットしますよね
http://pikatami.exblog.jp/4849423

*中学生のテレビ日和!パート2:妻夫木主演で浅田氏「憑神」を映画化
妻夫木さんもたくさん映画に主演してますねぇ、演技力もあるし良いと思います(*^ー^)ノ
http://ameblo.jp/tyugakusei-mio/entry-10019187823.html

*流れるままに徒然に。:妻夫木、「鉄道員」コンビの時代劇映画・・・
浅田作品は最近よく映画化されますね。これは幕末が舞台ということですが、ちょっとコメディっぽいんでしょうか?
http://d.hatena.ne.jp/mizunagaru/20061031/p1

*木耳:妻夫木主演で浅田氏「憑神」を映画化
なんか面白そうな話だな。キャワキャワなツマブが見れそう。このところ映画続きのツマブですが、そろそろドラマで見たいんですけどー。
http://d.hatena.ne.jp/minko/20061031#p1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月01日 15:33 | コメント (0)

 

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ爆発的ヒットスタート

「木更津キャッツアイ ワールドシリーズ爆発的ヒットスタート」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ぶっさんの復活。これでシリーズ最後・・今まで見ていない人もひきつけられますよね。5人は本当に出世しましたね!」



=2006年10月30日収集分=

*ライターになりたいの!!:2006年10月29日(日)
野球ではなく、映画「木更津キャッツアイ」。ドラマは低視聴率でも、映画が2本もできる。何が化けるか分からない世の中だ。
http://ameblo.jp/snutsmn/entry-10019128493.html

*下克上日記−Taboo−:木更津キャッツアイ ワールドシリーズ
クドカン作品の中では好きじゃないけど人気あるんですね。
http://stressjam.seesaa.net/article/26476538.html

*火星から来たDAVID BOWIE:木更津キャッツアイ
思った通り 大当たり!!ここには ミントの好きな役者がそろってるではないですか。岡田君でしょ THE三名様グループなど  あら、みんなも好き
http://davidoopp.cocolog-nifty.com/david_bowie/2006/10/post_95c9.html

*KAT-TUNモッチ仁:木更津キャッツアイ
あたぃも木更津見たいけど今風邪引いてるし多分親にだめって言われそう!皆は見てね↑↑
http://blogs.yahoo.co.jp/kattun_74_a/22813916.html

*つれづれ日記:スゴイね!
『木更津キャッツアイ〜ワールドシリーズ〜』大ヒット!すごーい!すごーい!!早く観に行きた〜い!!!
http://storm5.air-nifty.com/blog/2006/10/post_04a3.html

*櫻の華:爆発的!?!?
う。。。。ん。。。確かに、それは行くかもと思ったが、流石、キャッツ!!恐るべし。。って感じでございます。で、今日も、シーサードばいばい。。
http://sakuranohananao.blog51.fc2.com/blog-entry-1092.html

*arashi記念日:すごいんだね、キャッツ
yahooのニュース見てたら載っててん??これって…と思い読むと今回の木更津キャッツアイは本当に凄いんだなぁ〜と実感しました。
http://arskinenbi.blog63.fc2.com/blog-entry-45.html

*★Happy Life…☆:爆発的大ヒット!
すごいねー。日本シリーズと比べて動員数 193%、興収 196%。初日2日間で動員21万9000人 興収3億だって!!!
http://arasho.sakura.ne.jp/sb/log/eid970.html

*AOSANIMA:木更津凄っ!
初日2日間の動員数約21万9000人、興収3億円!! 凄すぎだよー。 2日間でこんなにね。 大ヒットしちゃいますね(*゚∀゚)
http://arashi617.blog35.fc2.com/blog-entry-426.html

*野暮と化け物は箱根から先。:支離滅裂?ゴメンナサイ。生まれつきです。
『木更津キャッツアイ〜ワールドシリーズ〜』が大ヒットらしいですネ。嗚呼ー見たいヨ!来週の水曜日まで待てるかな!(何)
http://h113953y.blog46.fc2.com/blog-entry-283.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月31日 07:55 | コメント (0)

 

パッチギ!Part2ポスト沢尻にYURIMARIの中村ゆり

「パッチギ!Part2ポスト沢尻にYURIMARIの中村ゆり」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「パッチギも続編があるのですね。パッチギでブレークした沢尻エリカのように中村ゆりさんも頑張って欲しいですね!」



=2006年10月30日収集分=

*テレビ依存の生活日誌2:YURI改め中村ゆり
それが中村ゆりという名前で、女優として「パッチギ2」のヒロインに抜擢とのこと。記事を見てもう24歳なのかとも思ったり。
http://coolred.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_5142.html

*Rast Stage:【中村ゆり】
さて?いったい誰だ?と思ってましたらパッチギ2のヒロインに決まった娘です!女性デュオ「YURIMARI」のYURIの方です!
http://blogs.yahoo.co.jp/laststage1218/4743075.html

*かくれが:パッチギ続編に井坂俊哉
キャスト一新でも、バンホーはオリジナルキャストでお願いできませんか。そしたら、わたしはいろんな意味で楽しいんだけども。
http://d.hatena.ne.jp/refuge/20061030#1162164464

*芸ニュース:パッチギ2“ポスト沢尻”に中村ゆり
そういえばそんな人達もいたなぁ〜とちょっと懐かしくなりましたが彼女達の曲はまったく覚えていませんでした(笑)
http://geigeinews.seesaa.net/article/26447402.html

*AIS-Blog.NET:パッチギ2“ポスト沢尻”に中村ゆり
久々鳥肌が立ったASAYAN関連記事。ついに!というかやっと!という感じです。あの子は表舞台に出るべき素材。
http://ais731.blog22.fc2.com/blog-entry-525.html

*迷っちゃだめ!悩んじゃだめ!何とかなるなる!:パッチギ2“ポスト・・・
一気に見る気がなくなったよ。沢尻エリカが出ないのが一番のショックなんだけどもアンソンは高岡蒼甫がハマり役だったのにキヨシって!
http://d.hatena.ne.jp/mayachin/20061030/p1

*夢と希望と笑いと涙の英語塾:『パッチギ2』のキャストも、予想外
『パッチギ!』に映画館で、Gump Theatreで涙したゴウ先生、沢尻エリカ姫のキョンジャに続編でも会えると思っていたのですが、夢と消えました。
http://blog.goo.ne.jp/indec/e/0ff7f2b200d02161596ebbc33f5bfbfc

*中村ゆりオフィシャルブログ ぬるま湯と冷たい風:パッチギ
今日の朝刊新聞で発表されましたが、パッチギ2でキョンジャ役をやらせていただく事になり、撮影に入っています。
http://blog.goo.ne.jp/tsumetaikaze/e/ac898c35e5fd2cd327bbd0ac97e8797e

*はてな出張版すいか日記:パッチギ2“ポスト沢尻”に中村ゆり
あ,YURIMARI!いたなぁー(ASAYAN見てました。なんか,まだこうやって頑張ってるんだなぁとしみじみしてみる.
http://d.hatena.ne.jp/suikaf/20061030/1162191596

*ななさんにトラックバック:YURIMAYI
中村ゆりさんって、任天堂DSの「英語漬け」のCMで知ったわけで…、ブログも拝見させてもらってたけど…、今日になってYURIMARIのYURIと知った…。
http://blog.goo.ne.jp/tallgeese-goo/e/dd3cf9cbb0d28fb0704c097ecc26d3bf

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月31日 07:50 | コメント (0)

 

24第6シーズンの予告編がネットに登場!

「24第6シーズンの予告編がネットに登場!」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「第6シーズンですか・・・・24には終わりは無いのでしょうね!キーファー・サザーランドは今回も大活躍なのでしょうか??」



=2006年10月30日収集分=

*Time‐Table 「タイム・テーブル」:大変です!
10月も本日が最終日。24シーズン6の予告編が公開され、ジャックの髭ずらが公開された日。事態は最悪の方向へ・
http://timetable.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_a4d9.html

*bazzer!!:明日は・・・
今日24のシーズン6の予告編を見ました。ヒゲや髪が伸びすぎのジャックがあれはあれで格好良かった!!笑
http://plaza.rakuten.co.jp/barusoccer/diary/200610300001/

*デザートと僕:24 シーズン6の予告編
つか、出遅れてるよ(;´Д`)→24 シーズン6予告編 ←もちろん、シーズン5を見終わってから、見ましょうね(゚▽゚*)ニパッ♪
http://ameblo.jp/xxworstxx/entry-10019142335.html

*自己満足自由帳:「24」シーズン6 ヤバすぎ
激しくネタバレしてるので5を見終わってない人は見ないようにしましょう。ワタシは見終わってませんが・・(汗
http://thunderforce.air-nifty.com/log/2006/10/post_e53a.html

*alog:24シーズン6の予告編
アメリカで放送が近づいている24シーズン6。予告編がWebで公開された。冒頭ではキーファー・サザーランドからファンへのメッセージもある。
http://www.chem7.net/alog/movie/20061030225812.html

*Prime time CINEMA:「24」シーズン6の予告編
「24」シーズン5が好評レンタル中ですが、先日シーズン6の予告編がネットで配信されまして、私もやっと見ることができました。
http://eigablogmeinoheya.blog44.fc2.com/blog-entry-230.html

*TRUE CRIME TOKYO CITY:「24」第6シーズンの予告編がネットに登場!
らしいです。第好掘璽坤鵑離優燭个譴あるので要注意らしい。ちなみに、自分はみてません。
http://ameblo.jp/kazumasuzuki2000/entry-10019140947.html

*P's Diary:「24」第6シーズンの予告!?
「24」第5シーズンの最後の3巻のレンタルを今週の金曜日に控えて、ナント!もう第6シーズンの予告がネットで観られるんですね!
http://pscafe.at.webry.info/200610/article_24.html

*デジタル家電ナビ 購入ガイドと詳細レビュー:24の新シリーズ予告・・・
とうとうシーズン6に突入しうましたね。予告はシーズン5の結末について触れられてるようなので、私は見ていないのですが、かなり期待できそうな内容のようです。
http://art88.blog21.fc2.com/blog-entry-486.html

*まあ、なんとかなるべ・・・:24 SEASON6 予告編
Yahoo Japnのトップページ 「24 第6シーズン予告編公開」と・・・な、なに・・・・ 気になる・・(シーズン5を見終わっていない人は注意)って書いてあるよ・
http://pub.ne.jp/tomo_tg/?entry_id=388342

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月31日 07:32 | コメント (0)

 

高倉健さん映画俳優初の文化功労者に

「高倉健さん映画俳優初の文化功労者に」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「映画俳優としては初めての受賞なのですね。高倉健さん、コメントも渋くてかっこいいです・・・」



=2006年10月28日収集分=

*ニキの気になるテーマをcheck!:高倉健 文化功労者に!
映画俳優としては初めての文化功労者受章となったのは・・・寡黙な男! 高倉健!!健さん、本当におめでとうございます!受章の際?のコメントもまた、カッコイイ!
http://niki888.seesaa.net/article/26315293.html

*じゃがブログ 〜さいとう小児科〜:寂聴さんに文化勲章
文化功労者は15人。特筆すべきは、高倉健さん。本名、小田剛一さん。初めて知りました。本人も自分が剛一だなんて忘れてしまうんじゃないかと思うくらい
http://blog.goo.ne.jp/saitomas_001/e/241221806df11ad480fc4c7eb57efa6c

*夢と希望と笑いと涙の英語塾:健さん、文化功労者に!
健さんに文化功労賞が授与されることになりました。映画俳優としては初の受賞だとか。大したものです。そこで関連情報を記録しておくことにします。
http://blog.goo.ne.jp/indec/e/f27db75e6655696bf0eb6031ce9907c8

*コミカルバーテン小話:高倉健さん最高です!o(^o^)o
2006年、文化功労者に選ばれた高倉健さんですが、僕はこの健さんの男らしい生き方が本当に好きです
http://blogs.yahoo.co.jp/cf0623jp/41557869.html

*しかん香ブログ:高倉健さん(平成18年10月28日)
昨日、高倉健さんが文化功労者に選ばれたと聞いた。若い健さんの写真が飛び込んできた。「いつまでも若いな」
http://shikanko.exblog.jp/5943397

*Price-1店長【やっさん】の日記:瀬戸内寂聴さんが84歳というのも・・・
文化功労者の方も発表されましたが、映画俳優の高倉健さんが選ばれた、とのことで、その年齢を見てびっくり、75歳!って...。
http://plaza.rakuten.co.jp/price1/diary/200610280000/

*ken's blog:祝〓〓〓
高倉健さんおめでとうございます。 文化功労者  自分の信じる道をこれからも歩み続けます  とのコメント 格好いいですね
http://kenshimura.livedoor.biz/archives/50508374.html

*三度の飯より映画なブログ:高倉健!!
出来ればこういった映画俳優さんたちの作品は数多く拝見したいのでこれをきっかけにちょっとずつ健さんの仕事ぶりに感激したいと思う。
http://blog.goo.ne.jp/kazunari25_2004/e/f17486f23dcd02941f39e91e3abb254a

*With You:健さん
本年度の文化勲章・文化功労者が27日、発表され文化功労者に高倉健さん。おめでとうございます。
http://akitan1202.blog36.fc2.com/blog-entry-335.html

*アマノジャクはこう考える:文化勲章
高倉健も「私なんかとても・・」と照れながら断って欲しかったです。ちなみに私は当然断ることに決めています。
http://ymmoto.exblog.jp/3654663

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月29日 09:26 | コメント (0)

 

嘔吐バックキャンペーン(ホステル)退場すれば全額返金!

「嘔吐バックキャンペーン(ホステル)退場すれば全額返金!」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「お・・・嘔吐バックって・・前代未聞のキャンペーンですね。その映画館を想像すると・・・これって人を呼ぶキャンペーンですよね??」



=2006年10月26日収集分=

*グータラママのダメ人間:嘔吐、失神・・・退場で返金の映画
嘔吐、失神する客続出?!どんだけグロい映画なんだろう。(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
http://plaza.rakuten.co.jp/gutaramama/diary/200610260004/

*平々凡々を目指して:僕は苦手です。
ネットで見つけたニュースなんですけどね。「上映から46分以内に退場したら全額返金」名づけて「嘔吐バックキャンペーン」なるものが展開されるらしいです。
http://ameblo.jp/rayhult/entry-10018911883.html

*昨夜の一杯:「嘔吐バック」の映画!?
イーライ・ロス監督と製作総指揮のクエンティン・タランティーノのコンビなら・・・このジャンルの好きな方にはたまらない過激描写が期待できますね。
http://isaac.jugem.cc/?eid=402

*サラリーマン映画的生活:ホステル観ました。
クエンティン・タランティーノが製作総指揮をしただけあり、かなりの猟奇的映画っぷり。痛い!!うわぁっ!!ばかり連呼してしまうほど。とにかく痛い映画です。
http://blog.livedoor.jp/yassan29/archives/50331757.html

*Renka txt:ホラー映画上映から46分以内に退場すれば全額返金
ごいすー。嘔吐・失神者続出なんていったいどんなホラー映画なんだろう?かなり興味あるんだけど、すごい描写がリアルなんですかね?
http://renkatxt.blog77.fc2.com/blog-entry-50.html

*びっけのほにゃらら:嘔吐バックキャンペーン
<嘔吐バックキャンペーン>…なんちゅうキャンペーンじゃ。ちょっと貧血しそうなニュースですが、良かったら見てみてね。
http://blog.livedoor.jp/shino_turbo919/archives/50543958.html

*BON CAFE:ホステル
どの程度のものか見に行きたい気もするが、友人は誰一人として一緒に行ってはくれないと思う(-_-;)
http://boncafe.exblog.jp/4078963

*おトク.COM:上映から46分以内に退場すれば全額返金!?「嘔吐バック・・・
失神したら「嘔吐バックキャンペーン」は受けられないってことですね。残念!
http://ameblo.jp/ryuukou-tuusin/entry-10018915072.html

*非送受信:嘔吐バックキャンペーン
嘔吐(おうと)バックキャンペーンてw オフィシャル見てみたけどかなりヤバイ。すぐタブ閉じたw 俺は見るの無理だ。というかホラー全般無理ですから。
http://hikiota.blog78.fc2.com/blog-entry-17.html

*光転疾走(ハーミュレイ):某カー用品会社から訴えられないか?
仮に返金してもらっても、映画の代金ってだいたい2000円弱でしょ? んで病院搬送されて、治療費が……高く付かないか?
http://d.hatena.ne.jp/Midou/20061027/p1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月27日 10:31 | コメント (0)

 

東京国際映画祭(第19回)父親たちの星条旗など上映

「東京国際映画祭(第19回)父親たちの星条旗など上映」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ついついレッドカーペットでの女優さんのドレスなどに目が行きがちですが、上映作品は国際色豊かで素敵なものばかりですね。」



=2006年10月23日収集分=

*坊やだからさ!長澤奈央を中心に応援する日記-奈央ちゃんに愛体-
東京国際映画祭の特別招待作品「手紙」を観てきました。上映前にキャストと監督の舞台挨拶もあり、沢尻エリカ、吹石一恵、高橋 瞳、生野慈朗監督が来場しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ring200604/22056608.html

*みゆきさんのブログ:アジアの風【家族の誕生】
東京国際映画祭 開幕ですね^^今朝 ワイドショーで映像が紹介されていました^^もしかしたら・・・と言う淡い期待は・・・淡い思いのまま胸にしまいました
http://myhome.cururu.jp/unahaun/blog/article/91000452783

*rainSTORM:ゆるいネクタイ
東京国際映画祭のニノ、かっこいい!!!衣装が良すぎ!ネクタイもビシッと締めないで、ちょうど良い感じにゆるいし。
http://sketch-one.jugem.jp/?eid=81

*キラキラWATER:映画
東京国際映画祭の映像が流れたね。檀ちゃん。でも一瞬とかですぐキムタクになっちゃうからさー。仕方ないけど。
http://bisco-wao.jugem.jp/?eid=40

*yaStory:第19回東京国際映画祭
全国ロードショーに先駆けて、一足先に見ることができました☆東京国際映画祭でのお披露目ということで、上演の前に出演者などによる挨拶があった
http://passionale.exblog.jp/4061009

*嵐 さいっこうだぜ!:東京国際映画祭
東京国際映画祭自体はどの局も取り上げていたんですがにのちゃん寄りか否か、ヲタ目線で見ると少なく感じたのかも。
http://supersoul-a.jugem.jp/?eid=376

*語りたがりの日記:行ってきました!東京国際映画祭
舞台挨拶に山田クンの名前は無くて残念だったけど、そして晴れ男がいないせいで生憎の雨だったけれど、とても懐かしい山田ファンのお友達にも会えて楽しい初鑑賞になりました。
http://allineed.blog13.fc2.com/blog-entry-187.html

*シネマ・ノート2006:東京国際映画祭 10月23日
「父親たちの星条旗」傑作です!オープニング作品にふさわしい作品。10月28日から公開とのことです
http://melomane.blog52.fc2.com/blog-entry-229.html

*タビタビマイマイ:サイゴンラブストーリー・・・ベトナム恋歌
東京国際映画祭は始めて観たんですが、なかなかいいですね。同じアジアの作品をこんな一遍に楽しめる機会って本当に無いでしょうし、来週も観れたらいいです。
http://blog.tiger-eye.net/?eid=449729

*メガネママ:雷様 すてき!『薄桜記』
この映画は第19回東京国際映画祭の中の時代劇スペシャル名優伝説というテーマで選ばれた一本だ。
http://pub.ne.jp/okiraku_obasan/?entry_id=378643

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月24日 08:08 | コメント (0)

 

舞妓Haaaan!!!(阿部サダヲ/堤真一/柴咲コウ映画)

「舞妓Haaaan!!!(阿部サダヲ/堤真一/柴咲コウ映画)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気脚本家の宮藤官九郎に阿部サダヲさんの主演と聞いただけで「面白い!」の保証つきですね。柴崎コウさんの舞妓さんも楽しみです



=2006年10月13日収集分=

*びわこおおなまず通信:週末だけどテンション高!!
「舞妓Haaaan!!!」の記者会見をしていて、宮藤官九郎さんの脚本?と聞こえたとたん注目したら阿部サダヲさんが出てました。
http://blog.livedoor.jp/biwako66marimo/archives/50635549.html

*neverland:製作発表は???
サダヲ主演の映画「舞妓Haaaan!!」の製作発表で、某スポーツ新聞でちょびっと記事を発見。でもでも・・・
http://yaplog.jp/neverlandkino/archive/293

*DEPARTURE:舞妓Haaaan!
堤さんチャレンジャーだなー^^;クドカン作品なので予想はしていましたが今までとは全く違った堤さんを見ることができそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/mattarinnkocafe/diary/200610130001/

*負け組サラリーマンの映画な日々:「舞妓Haaaan!!!」製作発表
舞妓さんの世界を描くというのは面白い着眼点なんですが、柴崎コウさんの舞妓さんってなんかイメージ湧かないですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/sioadachi/diary/200610130004/

*サイドブロック:舞妓Haaaan!!!制作記者発表
昨日あって、ということは今日TVでやる!ということでズームインでチェキ。どうしても柴咲コウ寄りなのね。
http://d.hatena.ne.jp/sideblock/20061013#1160709398

*VACANT:「舞妓Haaaan!!!」会見、総マトメ。
NEWS ZERO、めざましテレビ、どですか!、ズームインで確認!でかした!めざましの扱いは嬉しい!"阿部サダヲ初主演"ってことをちゃんと言ってくれて。
http://prettyvacant.jugem.jp/?eid=119

*刹那と永遠 - a moment and eternity:「舞妓Haaan!!」/夢で逢いましょう。
映画「舞妓Haaaan!!」の製作発表記者会見、「めざましテレビ」でちらっと見ました。阿部さん、挙動不振でおもしれ〜
http://plaza.rakuten.co.jp/hakapyon/diary/200610130000/

*好きなんだもん。:野球拳に人生を賭ける男。
阿部サダヲちゃん主演の映画「舞妓haaaan!!!」の製作発表会見で映画のダイジェストがいろいろと観れて、期待が相当膨らんでるながっち。
http://sadawo-mania.jugem.jp/?eid=198

*砂時計☆sand glass:舞妓haaaan!!!
今日は朝からコウちゃんの舞妓姿みれてHAPPY♪めっちゃ綺麗☆+゚ホントなんでも似合うなぁ〜(〃'v'〃)♪
http://ameblo.jp/mk1sand-glass/entry-10018290858.html

*joy:思い切りやっているコメディ(@宮藤官九郎)
柴崎コウさんがお綺麗過ぎてもう朝から目を細めてしまいましたよ。あのキリっとした目が、着物用のひっつめ頭のお陰で更にキリリッと釣りあがっていて猫のようだったもの。
http://d.hatena.ne.jp/joy_joy_joy/20061013#1160748185

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月14日 11:03 | コメント (0)

 

田村英里子ハリウッド映画ROCK POINTで主要キャストに

「田村英里子ハリウッド映画ROCK POINTで主要キャストに」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「この作品に続き、ハリウッドでも日本でも映画の出演が決まっているそうですね。2つの国で頑張っているんですね」



=2006年10月5日収集分=

*soraいろのクレヨン:田村英里子ちゃん
さっき、ヤフーのトピックスに「田村英里子ハリウッドデビューしていた」とでていた。私の中で田村英里子といえば、10年位前...
http://plaza.rakuten.co.jp/denkiyaDENchan/diary/200610050000/

*資格取るーぱー:えりりん!
おお!!えりりんではないか!!懐かしいな〜。お尻出した写真を発表してからトンと見ませんでしたが・・。
http://komewotaberu.seesaa.net/article/24929016.html

*e-mono select:帰ってきた田村英里子。
忘れた頃に帰ってきた田村英里子。昨日テレビを見ていたら田村英里子が出演していましたよ。
http://blog.goo.ne.jp/masala0517/e/41e822a160fece80a123fc68eebec821

*好き好き!芸能ニュース:田村英里子の苦難ハリウッド挑戦
まだ米国で頑張りるそうですが、日本の映画にも出てみたいそうなので、両方の国で活躍できるといいうですね。
http://sukidrama.seesaa.net/article/24933412.html

*虎と公 〜阪神と日本ハム〜:田村英里子のハリウッドデビューとGAM・・・
あ:いましたねぇ、こんな人、そして10年前は結構スキだったような気がしました。オシリ出したカレンダーとか出してませんでしたっけ?
http://tigerandham.livedoor.biz/archives/50588092.html

*ピロリゴト:DIRTY OLD TOWN!
田村英里子さん。ハリウッド映画に出てたのね。でも、そんな彼女は私にとってラ・フランス♪今日のyahooニュース。
http://starcakebabybaby-19.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/dirty_old_town.html

*アイドル、芸能人に会いに行こう:田村英里子さんはハリウッドで活躍中
田村英里子さんは現在ハリウッドで活躍中なんだそうです。今33歳だということですが、凄く綺麗、まだまだ十分、萌えですね。
http://making-up.seesaa.net/article/24945566.html

*ちゅん的!モテない男でも恋愛結婚。:た・田村英里子さんですか??しかもハリウッド女優ですか??
懐かしいじゃないですか。アイドルだった田村英里子さんじゃないですか。ぜんぜん見ないと思ったら、アメリカに行ってたんですねぇ。
http://chun.livedoor.biz/archives/50435793.html

*のにゅブログ:田村英里子、ハリウッドデビュー
しっかり現役。ときどき2時間ドラマで見るだけだったけど、ハリウッドで映画デビューを果たしていたという。
http://plaza.rakuten.co.jp/nonyu/diary/200610050001/

*馬尻島ブログ:田村英里子
しばらくしてアメリカ修行に行ったことまでは知ってたがようやく映画に出演できるまでになったようで良かったですね。
http://umashiri.exblog.jp/4442532

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月06日 10:10 | コメント (0)

 

NANA2(映画)制作報告会見で打ち切り発表

「NANA2(映画)制作報告会見で打ち切り発表」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ハチ役が宮崎あおいさんから、市川由衣さんに代わったり、色々と話題にことかかない映画NANAですが、これで終わりなんですね。残念です・・」



=2006年10月4日収集分=

*ひまわり日より:NANA2で打ち切り
まぁ、漫画のようにたくさん続けるより、映画はきっちりと終わらせるのがいいですね。
http://himawaribiyori.blog.shinobi.jp/Entry/35/

*TONOKI’s Life:会報来ないやーん…(`´)
そういえば…映画のNANA今回で終わりだそうですね。もっと続けるのかと思ったら・・・人代わってる時点でまぁ問題だけどねw
http://blog.goo.ne.jp/tonoki_world/e/743e1b6172f87c580cad523fa9e0cf43

*タイムマシン・ノート:新生「NANA2」、これで完結!
映画は今回で完結。「ブラスト」がメジャーデビューするまでの話になるそうです。原作はまだ続いてるのでラストもオリジナルになり、原作ファンも楽しめますね。
http://andy-football.jugem.jp/?eid=131

*にゅ〜んと、クメコ。:卒業写真☆
そういえば…NANAの映画は2で終わりみたいですね…。ん〜やっぱり続けるって難しいのかなぁ。ね???
http://kumeko.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_8893.html

*綺蓉のクウィアネスショカン:「NANA2」−制作報告会見で打ち切り完結発表!
「NANA2」で映画のほうは完結するのはよい選択だとわたしは思っていますが。 2006.12.9からロードショー。
http://suifuyou.blog77.fc2.com/blog-entry-10.html

*今日のニュースたち☆:映画「NANA」2で“打ち切り”
へぇ〜。でも、良かったですね。2  ができるようになって。きっといろいろとあるんでしょうね。。。
http://user.spblog.jp/mouhitotsu1/blog/archive/111.html

*まりかぶろぐVol.2:NANA2 打ち切り
映画「NANA2」がこれで終わりになるみたい(´・ω・`)長文をコピーしましたので興味ある方だけどうぞ(笑
http://yaplog.jp/marika-ayase/archive/45

*A様盲目な日々…:NANA
NANAの映画の続編、NANA2が上映されるけど、2でもう完結しちゃうんだね(;_;)ハチももう宮崎あおいちゃんじゃないし…。
http://yaplog.jp/arisadoll/archive/171

*デュラスのヘタレっプリ:NANAend
NANA打ち切りと出てたとので気になって見ちゃいました。アニメの方は深夜に結構な割合で見てたりしてますが映画は結局見ませんでした。
http://blog.livedoor.jp/duras1/archives/50587518.html

*しふくのおと:NANA2
NANAはNANA2をもって完結するんだってね。キャストをそろえるのが困難だからって言うのがその理由だけど あの話を完結させることってできるのか!?
http://shifuku.cocolog-nifty.com/shifukunote/2006/10/nana2.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月04日 22:31 | コメント (0)

 

ミクシィ(mixi)にアタック25予選でカンニングしたと?

「ミクシィ(mixi)にアタック25予選でカンニングしたと?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「児玉清の「アタックチャンス!」の物まねで注目された「アタック25」真面目なクイズ番組という印象だったので、このニュースは気の毒ですね・・・」



=2006年10月3日収集分=

*左り馬の徒然日記〜( ゜Д゜)y━・~:(;゚ Д゚)・・・バカ?!
痛いというか単なる馬鹿と言うか…そもそもカンニングした事を堂々とmixiで告白した時点で阿呆としか思えませんな
http://d.hatena.ne.jp/hidariuma/20061003/1159889878

*BASTARD!! blog 『DE』:アタック25優勝者がカンニングをネットで暴露
局からの聴取には全面否定しているようですが、まあネットにこんな事書いちゃうってのはアフォですな。
http://moris.raindrop.jp/2006/10/25.html

*Pleasure1997:カンニング
アタック25の筆記予選でカンニングした人がいたらしいですね。しかも、その事をわざわざmixiにまで書いて。
http://plaza.rakuten.co.jp/pleasure1997/diary/200610030000/

*Hustle! Wrestle! Muscle!:後期開始
予選試験がそんなに甘いチェックのもと行われてるとなると、今までにも相当数のカンニング野郎がいたのでは?と思ってしまいます。
http://egocentrism.jugem.jp/?eid=455

*裂帛ツヴァイハンダー 〜剣戟と俗悪の日常〜:クイズ
えらいDQNじゃないかw mixiが閉鎖空間だと勘違いしたばっかりに、今後ずっとこのことを引きずる人生を送るわけですね。
http://d.hatena.ne.jp/kyamam/20061003#1159891402

*仮設(仮):人気クイズ番組『アタック25』優勝者、ミクシィにて・・・
今件でこの大学生は社会的にサヨナラなんでしょうが、こんなくだらない事件の為にアタック25が企画打ち切りになるかも知れないと思うと心が痛みます。
http://plaza.rakuten.co.jp/ameblo/diary/200610030000/

*もっとこんな日記ですが:アタックチャンスでおなじみの
カンニングするって言う行為も行為なら、カンニングの事実をmixiなんかで白状する方もするとは。って言うか、公開して目立ちたかったのか。
http://bysilvwin.seesaa.net/article/24854422.html

*ゆーのすけーぷ2:大爆笑「アタック25」カンニング
この件に関して言えば、実力の無い人を優勝させてしまうほど、他の3人が頑張ってなかったということに尽きるのではないだろうか
http://euno.cocolog-wbs.com/euno/2006/10/25_714e.html

*こっとんまうす王国:カンニング
最近このパターン多いな。なんでもかんでもミクシーやブログで書いちゃうからこんなことに。医学生のくせして情けない。。。
http://kottonmouth420.seesaa.net/article/24855840.html

*ko-son.com:カンニングして
で、本戦で勝ったそうですが。すごい言い訳してますが、どう転ぶんでしょうね。勝てば官軍、かね。
http://d.hatena.ne.jp/enk/20061004#p1

*Ralfの暴言日記:匿名性
またmixiに馬鹿なこと書いて祭りになっとるね 彼の名前は北原慧 アタック25の予選でカンニングしたとやら mixiの匿名性なんてのは既に無いに等しい
http://d.hatena.ne.jp/Ralf/20061004#p1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月04日 16:50 | コメント (0)

 

オトシモノ沢尻エリカの予言的中!?映画の中に黒い影

「オトシモノ沢尻エリカの予言的中!?映画の中に黒い影」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ん〜。ブログの口コミで広めるには最高の話題ですね。どれだけ盛り上がるか、楽しみというか怖いというか・・・。」



=2006年10月1日収集分=

*PUZZLE:映画『オトシモノ』
ひぃ〜〜〜(x_x)観たいと思ってたのに。。。そんな事いわれたら余計怖くなったじゃないか( ゚Д゚)∂
http://blogs.yahoo.co.jp/yu11n7j/2252444.html

*改 普通の生活:オトシモノ
後ろに不自然な影があるように見えたのは、私の気のせいだったようです。ちなみに、気付かなかったけど、他のシーンでそういうのがあったらしいです。
http://d.hatena.ne.jp/akilanoikinuki/20061001/1159688191

*ポ☆ニュー:くもりがち
それはNGだから撮りなおせばいいと思った。サワジリは心霊キャラってことでFIXにしてOKなの?
http://d.hatena.ne.jp/sukekyo/20061001/1159695620

*アーデンの森:強敵?!
『「僕がCG合成していない小栗(旬)君が出演している場面に黒い影が映っている」と暴露した。』というものでした(笑)。な〜んだ、残念!
http://mymumaimu.blog73.fc2.com/blog-entry-118.html

*えいたーのにっき:まっまっMAJIDEKA−!!!
だそうです・・・見に行こうと思ってたのにー!まあ見に行くけど笑
http://yaplog.jp/xx8ryo-suba8xx/archive/12

*とりあえず○○:沢尻エリカの予言的中!?映画「オトシモノ」中に“黒い影”
こういう映画にこのテのハナシ…。あってもおかしくないとは思うけど、マジでやばかったら、公開そのものが危うくなりますからね。まあ大丈夫かなと。
http://blogs.yahoo.co.jp/ym440617/40683252.html

*ほなほな日記:267”黒い影”の話
映画”オトシモノ”の小栗旬の場面に、”黒い影”が!!!元モー娘。か!?
http://ameblo.jp/honahona-blog/entry-10017744119.html

*PSW〜Full of affectionate cares〜:映画「オトシモノ」
本当は、CGじゃないの?と勘ぐってしまいますが・・・・・沢尻エリカは、霊感があるって、トーク番組で言っていましたね
http://ameblo.jp/respect-you-0725/entry-10017751966.html

*最新おもしろニュース 話題の芸能や時事ネタ満載:沢尻エリカ映画・・・
なんだか、恐いですね・・・。あーでも、映画を観てもらうための演出???こういう話聞くと、見たくなるものね!
http://ninjin.usagi.chowder.jp/?eid=132977

*沢尻エリカを噂:沢尻エリカ オトシモノ 黒い影
ほんとに影を落としてしまったって事は…怖い、怖い。
http://sawashirigkgk.seesaa.net/article/24749674.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月02日 07:56 | コメント (0)

 

就活女優(ハラカナ)原田佳奈がブログでブレイク?

「就活女優(ハラカナ)原田佳奈がブログでブレイク?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年9月24日収集分=

*映画監督・村松亮太郎 映画矯正ギブス: 就活女優ハラカナDVD盛り上がってるねー
就活女優ハラカナのDVD発売だよ。長かったね、ここまで。一緒に始めたこの企画、ここまで長かったような短かったような…。
http://muramatsuryotaro.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/dvd_0df7.html

*おもしろスポット日記:就活
何よりも、通信手段が会社や家庭から、個人のものに変化したことが一番の進歩でしょう。
http://blog.goo.ne.jp/kunio_nikki/e/545562ed19b6b869c4cff8f8d62fcfad

*Garbage Collection:ハラカナ
記事には肝心のブログへのリンクがはっていないようにみえるのが気になります。何か制限でもあるのでしょうか。
http://blog.goo.ne.jp/sol164/e/edd2b66e9d7685ef19ab0d3172060803

*ホメログ:女優を名乗る怖さ・原田佳奈
一種孤軍奮闘といった感で走り続けてきた彼女がいつの間にか共闘する仲間を見つけ、DVD作品を発表したのである。
http://homete.jugem.jp/?eid=48

*OLカルチャーを学ぶ!:OLとは就活を経験した生き物
リクルートスーツの没個性とはほど遠いなんとも個性的なキュートな女優さんですわ。これ、「来る」んでないの?
http://ameblo.jp/140giga/entry-10017291448.html

*少女漫画のあれこれ。:『就活女優』というなのDVD...
なんともアグレッシブ。。。ちょっと私にもわけてほしいわ。気になる、このDVD。予約してしまいましたよ、私。。。笑。
http://ameblo.jp/sononami/entry-10017313661.html

*hanae0075の日記:今欲しいDVD。
女優という職業はちょっと距離を感じてしまうが、就職活動をした人なら共感できるDVDなのではないだろうか?
http://d.hatena.ne.jp/hanae0075/20060922

*改メ『やぐちひとりやふたりや三人』:スーパーニュース
しかしどうもこうゆう強烈な自己顕示欲にでくわすと反射的に「女優になんかなれるかボケ」と反発を覚えてしまう。挫折キボンヌ。
http://d.hatena.ne.jp/comy/20060922#p1

*ROAD TO イベントマスター:女優+就職活動=就活女優ハラカナ!!
原田佳奈自身、R-25で今週の顔になり、サンスポで紹介され、ヤフ−ほか、多くのサイトで取り上げられているそう
http://d.hatena.ne.jp/akira81/20060922/1158909182

*ひとり宣伝会議:【就活女優】女優の就活って。。。
この企画がうまく行っている要因としては、企画自体の意図的な部分とはうらはらに、一切活動にやらせが無いということ。
http://ameblo.jp/romarioparty/entry-10017363944.html

*ejanの24/7:就活女優 原田佳奈
……とか言ってこれ自体が企画モノだったらどうしよう。公式サイトもすでにしっかりしすぎた感があるし。うーん、この発想が出る俺って素敵。
http://ejan.jugem.cc/?eid=378

*Time waits for no one.:脆弱な心
それに乗っかる感じて自分は就試学生として就職試験の25日(月)はブログ実況をしてやろうと思っています(´-`)b
http://blog.goo.ne.jp/desperate_heaven/e/34f3d38d982a0dacf8b95ec1d1e96ec7

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月24日 18:58 | コメント (0)

 

長い散歩(奥田瑛二・監督)モントリオール映画祭グランプリ

「長い散歩(奥田瑛二・監督)モントリオール映画祭グランプリ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年9月5日収集分=

*・・ミニチュア ユニコーン・・:モントリオールで受賞!
奥田監督の長い散歩がモントリオールで最高賞のグランプリを受賞した。おめでとう緒形さん!!(監督も)
http://unico017.exblog.jp/3718695

*khtatuの日記:奥田瑛ニ監督作品「長い散歩」がカナダの映画祭で最高賞
俳優奥田瑛ニさんの監督作品「長い散歩」が最高賞を得たと言う。おめでとうございます。
http://d.hatena.ne.jp/khtatu/20060905#1157458315

*星空のコマンタレブー:グランプリ受賞!
俳優奥田瑛二さんが監督した「長い散歩」が最高賞のグランプリを受賞!おめでとうございます♪
http://blogs.yahoo.co.jp/suidou_ca/798619.html

*思いつき ブログ:モントリオール映画祭 奥田瑛二作品にグランプリ
隣家で虐待を受けていた5歳児の子供をみて旅をする話だ。その他この映画には緒形拳さんや高岡早紀さんが出演している。
http://ameblo.jp/zatoichi1/entry-10016665013.html

*さつき:モントリオール映画祭で奥田瑛二さんの作品がグランプリ
奥田瑛二さんの監督作品がグランプリを受賞しました!おめでとうございます。
http://akihiro-n.at.webry.info/200609/article_40.html

*THAT'S WHAT I WANT:ハァー
このブログでも2月2日の記事に、オーラの泉にゲスト出演した奥田さんのことを書いたけど、映画監督は天職だって言っていたっけ。
http://blog.goo.ne.jp/petit_musee/e/0120445ac1d4ae24065fc3ccf7241204

*たまたま:┐(´∀`)┌ヤレヤレ・・これで オイラも・・国際派男優?
昨年の秋に ここ多治見が撮影場所になった 映画「長い散歩」がな・なんと・・世界に出て 賞をとりました ばんざぁ〜い ヽ(^o^)丿
http://kotakansen.exblog.jp/3252752

*銀河最終便:<奥田瑛二監督作品が第30回モントリオール世界映画祭で・・・
きわめて今日的なテーマを取り上げているし、イタリア映画かギリシャ映画のような良さもありそうですね。
http://sho.jugem.cc/?eid=1551

*44才 お父さんのダイエット体験記:奥田瑛二さんグランプリ受賞
緒形拳さんが演じる孤独な初老の男と虐待にあっている隣家の少女の旅が描かれている。近く全国で公開予定とのこと。
http://blog.livedoor.jp/ato5kg/archives/50583044.html

*狂人の☆の〓ネコと暮らす独身男のつぶやきブログ:奥田瑛二・監督作品・・・
おめでたい事ですが、本業で監督で飯を食う人達の中には、賞を取れるような作品を作る人は居ませんでしょうかね。
http://ameblo.jp/kyoujinnohosi/entry-10016673515.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月06日 07:25 | コメント (0)

 

木村拓哉(SMAP)が主演映画のオフィシャルDVDを発売

「木村拓哉(SMAP)が主演映画のオフィシャルDVDを発売」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年9月4日収集分=

*♪SMAP&KAT-TUN♪:木村拓哉「一分 TAKUYA KIMURA・・・
でも拓哉がデザインしたTシャツももらえるのかぁ〜w(≧▽≦)wこれは買うしかないな…(^▽^;)
http://blogs.yahoo.co.jp/smap99_kat_tun322/18983797.html

*★べすとふれんど★:木村拓哉「一分」DVD・写真集発売!
おかげさまで…DVDの限定BOX予約にも出遅れました。携帯に予約できますメールが届いたのはついさっき。
http://blogs.yahoo.co.jp/yasashii_kiss2004/41357717.html

*フェイド・イン:木村拓哉さん初のDVD&写真集11.13に発売
限りなく冷静を装っていますがちょ。。ちょっと一言だけいい?うれしい〜〜〜〜〜 わおーヾ(@^▽^@)ノ 
http://onlyone.air-nifty.com/timescene/2006/09/dvd1113_c177.html

*POP!な日常:拓哉くん、DVDと写真集
朝からすっごいニュースが飛び込んできました。とってもステキなBirthdayになりそう
http://blog.goo.ne.jp/ariel-rm7987/e/b67dde23fb5324994ebf36b277d4adfd

*さよなら、こんにちは。:武士の一分
DVDを撮影していると分かっているからかもしれないけど、素顔(?)の拓哉くんもカッコイイ!!
http://blogs.yahoo.co.jp/jnkma65/39562307.html

*☆tomokoの日常☆:武士の一分 オフィシャルDVD&写真集発売
11月13日に『武士の一分』のオフィシャルDVD&写真集が同時発売だそうでそのDVDに収録されるであろうシーンの一部が公開されていましたが…
http://smatop.blog.shinobi.jp/Entry/372/

*Welcome SMAP:Pop up!SMAP 国立まであと5日★そして「一分」・・・
きゃ〜もう朝から大忙し〜 DVDのお知らせに新しいCMにと・・ もううれしい悲鳴です
http://welcomesmap.blog66.fc2.com/blog-entry-72.html

*木耳:木村拓哉が誕生日に主演映画のオフィシャルDVDを発売
近頃のキム様ってばお顔がシュッとしてオーラ出まくってるんですもの・・・。やっぱキム様はキム様ですよ。大スターですよ。
http://d.hatena.ne.jp/minko/20060904#p2

*AYAKOののんびり日記:ビッグニュース(*≧皿≦)σ!!!
朝からホントにビックリです・・・。でも、朝からテンション↑↑おかげで1日Happy_Day♪になりそうです
http://daisuki-takuya1113.spaces.live.com/Blog/cns!DD15B775654AA888!460.entry

*KUN’S WEB:やったぁぁぁぁぁ〜〜〜〜っ!!!
木村くんの写真集とDVDが発売決定ですって!!発売日は11月13日!そう!木村くんのお誕生日ですよ!うっうっうれし〜〜〜いっ!
http://kun-takupams.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_b7af.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月04日 22:34 | コメント (0)

 

ヒデ(中田英寿)今秋映画主演極秘プロジェクト進行中

「ヒデ(中田英寿)今秋映画主演極秘プロジェクト進行中」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月25日収集分=

*福岡のとあるスーツ(仕立て)屋の日記:中田 ヒデ仰天復帰… 今秋 映画・・・
について…。間違っても『そっち側に行っちゃ…ダメじゃん。。。』にナって欲しくないものです…。
http://blogs.yahoo.co.jp/bespoke42

*LOHAS(ロハス)な暮らしのアイテム:ヒデが映画?
中田ヒデが映画の企画・監督・主演を計画しているそうです。自伝的映画になるようで、楽しみです。
http://blogs.yahoo.co.jp/at_refua/39202333.html

*Cyanのプログラム記と日記:ヒデ、復帰!!?
よく分かりませんが(汗)元日本代表の中田が、主演映画で本格復帰する計画が挙がったそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/cyan_0618/17984319.html

*まほんのL-Beads-H:ヒデ仰天復帰?!
主演映画復帰?!ヒデ自身が、企画・監督・主演らしい。さすが大物の引退は、違うね。
http://lbeadsh.exblog.jp/5549751

*TOYCHAN NET MEMO:中田英寿仰天復帰…今秋映画主演極秘プロジェクト進行中
やっぱり目立ちたいんでふね、コノ人は・・・
http://d.hatena.ne.jp/toychan/20060824/p12

*国見応援かって連:【中田英寿雲隠れ?・今秋映画主演】
7月3日『引退メッセ―ジ』を最後に更新が途絶えたままだ。ヒデの売り方・露出少なくする方法にある
http://blogs.yahoo.co.jp/tomoyuki19622000/40936345.html

*One And Only:中田英寿氏が主演映画で復帰
これは驚き!!!えっ?映画ですか?
http://knty.seesaa.net/article/22760504.html

*防犯パトロール 武雄市交通安全指導員 武雄市消防団ラッパ隊:ヒデ仰天・・・
今秋、再び登場する際には、ぜひとも、日本サッカー界へのエールも聞きたいものだが…。
http://blogs.yahoo.co.jp/kisima13/18179190.html

*バニラ、チョコ、クレア、マロンのNEWS速報!!:ヒデ仰天復帰…
そんな中で敢行される復活プロジェクト。一体どんな形でヒデはわれわれの前に再び姿を現すのか?
http://ameblo.jp/yumiko1/entry-10016216081.html

*毎日更新!しがないサラリーマンUCN日記:引退しても稼ぐなぁ・・・
「ゆっくりしたい。旅をしたい。」と言っておきながら水面下で動いているとはさすがですね。
http://ucn2005.exblog.jp/4043974

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月25日 23:21 | コメント (0)

 

ゲド戦記(映画)原作者アーシュラ・K・ル=グウィンが批判

「ゲド戦記(映画)原作者アーシュラ・K・ル=グウィンが批判」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月25日収集分=

*フロム35ライフ | 35歳からのクリエイター修行!:原作者が・・・
原作者が映画化された作品に対して、上映期間中に批判的なコメントをすることはよくないだろうということでした。
http://from35life.com/2006/08/post_63.html

*すべってころんでエンディング:映画
今、パソを立ち上げて、サイトのニュースでゲド戦記の原作者、映画を批判って。そりゃ〜ね。
http://kara2mawari.blog73.fc2.com/blog-entry-160.html

*マリノスファンの超自己主張!:『ゲド戦記』原作者が批判!?
元々、ジブリ映画を見ないのでよくわからないが、『ゲド戦記』への評判ってどうなんだろう。
http://blog.goo.ne.jp/avantasia01/e/6d86273065185879c2cae83cd23d81e9

*ラジオ屋ふぐ日記3:あーあ。やっぱり来ました<ゲド戦記原作者が映画を批判
意外なのは…ル・グウィン氏が、「トトロ」や「千と千尋」を見た事あって、比較できるほどだって事ですね。
http://fugudiary.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_832b.html

*二次元愛:ゲド戦記、原作者ダメ出し?
公開以後、原作ファンが言ってた感想とかぶる部分があったのでイマイチな出来だったのでしょうか。
http://d.hatena.ne.jp/green728/20060824/1156427378

*ΣELL:さーふぃんぐ
##映画「ゲド戦記」、原作者がHPに批判的「感想」原作者すら認める駄作なんですね。
http://ameblo.jp/liner/entry-10016217066.html

*だだもれ人生:ゲゲゲのゲド戦記
興行的にはどうなのかは知りませんが、どうも評判の方はイマイチのようで…そしてついに原作者からソッポを向かれてしまいましたか。
http://kejirami.blog20.fc2.com/blog-entry-190.html

*百四季:『ゲド戦記』映画を作者が批判。
原作者の言っていることもわかりますが、もっとひどいのはアメリカでドラマ化されたほうだと思うのだけど。
http://blogs.dion.ne.jp/qubrey2/archives/4019504.html

*SNAIL BLOG:『ゲド戦記』
認めたくないが、ジブリ作品史上最もつまらなかった・・・。(今日の朝日新聞の夕刊でも、原作者が作品を批判してたな。)
http://plaza.rakuten.co.jp/THENIGHTSNAILS/diary/200608240001/

*お買い物雑記:心を何にたとえよう
出た!原作者自らが批判だそうですよ。>「絵は美しいが、急ごしらえで、まぁ確かにその感はある。
http://koit.seesaa.net/article/22774022.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月25日 23:18 | コメント (0)

 

ジョニー・デップとティム・バートンSweeney Toddで再タッグ

「ジョニー・デップとティム・バートンSweeney Toddで再タッグ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月17日収集分=

*Domotomode Days:デップとバートン、再タッグ
Yahoo!見て、嬉しくなってしまいました。前々から話はあったSweeney Toddの映画化のお話ですね。
http://domotomode.blog19.fc2.com/blog-entry-142.html

*ktolog:Sweeney Todd
ティムとジョニーの組み合わせ来た!!! やっぱジョニーはこうゆうかんじの映画をやるのがいいなぁと思う('∀')
http://ktoo.blog53.fc2.com/blog-entry-4.html

*Clair de Lu:na:最強タッグが再タッグ♪
『Sweeney Todd』は以前に話を聴いていて、面白そうだな…とは思っていたのだけれど…
http://for-dear.seesaa.net/article/22473440.html

*美楽ぶろぐ:2007年末公開予定!!
本領さらに発揮だろうなぁvv楽しみだわーーーー!!!
http://birdcage.eternal.lovesick.jp/?eid=562876

*シネマカブレ:デップ&バートン
デップさんの役どころは、床屋の殺人鬼。さすがです。バートンさんは、監督なのか製作なのか...不明。
http://dogaci.blog65.fc2.com/blog-entry-73.html

*miyu's room:ティムとジョニーが再び!
この話しはちょっと前から知っていたけど、本当に決まったのでうれしいな。
http://jelly-06040206.at.webry.info/200608/article_10.html

*Johnny's paradise:『Sweeney Todd』の撮影の予定etc...決定!
ティムとジョニーの6回目のタッグとなる『スウィーニートッド』いったいどんな映画になるんでしょうねー。
http://kirarajd.blog23.fc2.com/blog-entry-158.html

*Simbelmyne:楽しみです。
ジョニとバートンがまた映画v2007年末予定って事は、日本では年明け…2008年かな?
http://simbelmyne.sblo.jp/article/1132054.html

*a bouquet of sharpened pencils:ティムとジョニー
しかも、何となく気になっていたミュージカル、Sweeney Toddの映画化。きっと、ものすごくブラック!
http://plaza.rakuten.co.jp/ladybird64/diary/200608170000/

*奇跡的な鬼籍を目指す軌跡:『Sweeney Todd』
『Sweeney Todd』自体はあんまり知りませんが、ティム氏とデップさんがタッグという事でvv
http://yasaka-goingmyway.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/sweeney_todd_a2ab.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月18日 07:50 | コメント (0)

 

ライラの冒険:黄金の羅針盤 ニコール・キッドマンが夫人役

「ライラの冒険:黄金の羅針盤 ニコール・キッドマンが夫人役」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月7日収集分=

*Style―たぶんジョディ・フォスターな日々。:[ニコール・キッドマン]・・・
悪役ぅ〜?なんかまた微妙なの選ぶわね、ニコたんはよぉ。冒険シリーズってファンタジーなの、コレ?
http://d.hatena.ne.jp/ersearch/20060802/p1

*深夜鈍行乗り過ごし:ライラの冒険 黄金の羅針盤 映画化
ライラの冒険シリーズは、ファンタジーを倦厭しがちな私が珍しく好きな作品です。SF的な要素があるからでしょうね。
http://blog.goo.ne.jp/quareal/e/40b2993a18c5fd5ab842372d181b61cd

*Heath and Thistle:黄金の羅針盤にニコール♪
コルター夫人にニコール・キッドマンが決まったのですね!私のイメージではぴったりです!!
http://gerry-clive.cocolog-nifty.com/heath_and_thistle/2006/08/post_1513.html

*やぎさん通信:映画化なのですって。
「ライラの冒険」シリーズまでが映画化だそうだ。。ミュージカル化した時点で、次は映画だとは思っていたにせよ……う〜ん。
http://yagisan-t.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_9b42.html

*がちゃのダンジョン  映画&本:黄金の羅針盤 映画化正式決定
ライラの母コールター夫人は、二コール・キッドマンと聞いてマスが、決定した模様。母ではなく、謎の引き取り夫人ということ。
http://plaza.rakuten.co.jp/danjhon/diary/200607190004/

*負け組サラリーマンの映画な日々(夏):ニコール・キッドマン、悪役に
元夫の人気凋落ぶりを横目に、再婚もし精力的に仕事をこなすニコールお姉さん。
http://plaza.rakuten.co.jp/sioadachi/diary/200608020001/

*見てから読む?映画の原作:ニコール・キッドマンが「ライラの冒険」・・・
ニコール・キッドマンが「The Golden Compass」出演について最終交渉の段階に入った模様。
http://hamchu.exblog.jp/4046905

*GOODBYE,SUNSHINE:続・黄金の羅針盤
「ライラの冒険」シリーズの映画化ですが、ニコール・キッドマンの出演は正式に決定になった模様。よかったですね
http://d.hatena.ne.jp/ceciliaL/20060802#p4

*惑い星の惑い人:ライラの冒険シリーズ
黄金の羅針盤の映画化の話の続報です。やっぱり、ニコール・キッドマンがコールター夫人を演じるそうです。で、決定ぽい。
http://d.hatena.ne.jp/arbachev/20060803#1154605001

*映画大好きっ子☆:二コール・キッドマン ファンタジー映画に出演
この映画、「ライラの冒険」どういうできになるかとっても楽しみです。
http://tomatojuice.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_1b7a.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月08日 08:05 | コメント (0)

 

日本沈没(草剛主演)韓国で200館上映

「日本沈没(草剛主演)韓国で200館上映」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月5日収集分=

*Infinite love to 草剛:日本沈没韓国で上映決定!
それに、通常なら100スクリーン程度しか上映されないものが、なんと200スクリーンと、2倍ほどの規模で上映されるそうで。
http://244love.blog58.fc2.com/blog-entry-60.html

*したり顔で独り言:逆に栄誉なことでは
ある意味役者にはイメージが付きまとう。むしろ個性が強いと、どんな演技にもその人自身が映ってしまう。
http://kaivax.exblog.jp/4074775

*うかうか三十きょろきょろ四十:「世界の草なぎ 全16カ国に進出」
アジアだけでなく、ドイツやオランダでも「日本沈没」が公開されるようです。どうしよーー!(何が?)
http://uka30kyoro40.tea-nifty.com/blog/2006/08/__e642.html

*KOREASTYLE:「日本沈没」韓国で200館上映
われらがつよぽんの「日本沈没」が韓国でも上映決定だそうです。私としてはとってもうれしいなり〜。おめでとう!
http://stylekorea.exblog.jp/3508486

*ぴかたみのまったりCafe:「日本沈没」韓国などでも公開決定
韓国通でもあり、「チョ.ナン.カン」で草なぎさんの知名度も高いことから、韓国でもかなりの動員数が期待できそうですよね
http://pikatami.exblog.jp/4279674

*秋日子のひとり言:韓国版:日本沈没
日本沈没も、ついに今月に韓国で上映開始!日本では、3日までに観客動員約229万人・興収29億円を突破との事!
http://fukusaki7-etc.seesaa.net/article/21960742.html

*転職ネット:日本沈没、韓国でも公開
くさなぎさんなら、韓国おてのものですものね。
http://shinshu.fm/MHz/43.48/archives/0000141513.html

*ぽわ〜んっと:今日はコレあげときましょ。
『韓国は地震がないので韓国に逃げます』と答えていた草剛さん・・・韓国記者にしてみればチョナン・カン氏なのかな?
http://kpop.exblog.jp/4280547

*daiverの日記//Boyaking Collective:2006-08-05
でもこの映画 は同じアジア人の街が壊れるところやというか日本に本気で沈没してほしいと思ってるだけでしょ
http://d.hatena.ne.jp/daiver/20060805/1154790498

*徒然なるままに、クサナギツヨシのことなど。:「日本沈没」大ヒット!記念。
韓国で200スクリーンでの公開というのも、その韓国を含めた16の国・地域で公開というのも嬉しいけど、ちょっと怖い気も。
http://kokotsuyopon.blog35.fc2.com/blog-entry-1289.html#more

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月06日 08:16 | コメント (0)

 

渥美清(寅さん)没後10年。男はつらいよ追悼上映と写真展

「渥美清(寅さん)没後10年。男はつらいよ追悼上映と写真展」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月5日収集分=

*アジア・シネマ雑記:今日は寅(渥美清)さんの命日
今日で寅(渥美)さんが亡くなられて10年だとか、早いものですね。わたし渥美さんとはあった(ホントは見た)事があるんです。
http://blog.goo.ne.jp/lee025/e/93876db6fcd981d53cda9a38993da760

*優しい時間:寅さんに思ふ
昨日は渥美清さんの10回目の命日だったそう。そっかぁ・・・もう10年も経つんだなぁ・・・が、感想。
http://hossy.cocolog-nifty.com/gentle/2006/08/post_db22.html

*Jun のんびりブログ:寅さんは負け組!
渥美清さん(享年68)の没後10年の追悼上映と写真展が命日の4日、東京・築地の東劇とADK松竹スクエアで始まった。
http://blog.goo.ne.jp/jun570131/e/bda93d71df66c9fc1048017ca0e195d3

*時よ止まれ! 僕たちはすることが一杯ある!!:渥美清の肖像・知られざる役者人生
前にも載せましたが、今日は寅さんこと渥美清の命日なので、この番組がありますので、見逃さないようにしましょう。
http://d.hatena.ne.jp/tougyou/20060804/p1

*生まれてはじめて家について考えた:フーテン
今日は、渥美 清さんの命日だ「男はつらいよ」の寅さんである。渥美さんのファンというより、「車 寅次郎」の生き方にあこがれた
http://kowatari.blog65.fc2.com/blog-entry-16.html

*yotarosanの日記:名優渥美清
記念の映画上映会と写真展が開催され、寅さんファンクラブの会員が招待されて、全国各地から集まってきました.
http://d.hatena.ne.jp/yotarosan/20060804#1154687049

*小諸魚甲店主:今日は渥美さんの命日
8月4日は渥美清さんの命日、そして没後10年ということで、あちこちのTV局で取上げていました。
http://koi-uoko.spaces.live.com/Blog/cns!AC1D767EB84FA73B!204.entry

*RMC:あつ
BS2で渥美清の特集をやっていた。Mが今日は命日だと教えてくれた。
http://rmcdiary.exblog.jp/5416157

*男爵blog:神懸かり的だ
それで、なんで今「男はつらいよ」なのかと言うと、8月4日は渥美清さんの命日だったのです。
http://arden.livedoor.biz/archives/50551006.html

*Fly high!!:その見方も『アリ』か
「そのコメントの真意」に気づくと、思わず膝を打つことに。
http://clockwork-orange.moe-nifty.com/fly_high/2006/08/post_c5b4.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月06日 08:07 | コメント (0)

 

NANA2宮崎あおい(奈々役)から市川由衣へ

「NANA2宮崎あおい(奈々役)から市川由衣へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月4日収集分=

*tksonicのblog:残念
やっぱり市川由衣に代わってしまった。レン役の人も変わっちゃったわけで。なんかがらっと変わっちゃって、大丈夫?
http://tksonic.blog28.fc2.com/blog-entry-650.html

*有希子のミーハー日記:映画「NANA2」、宮崎あおいさん降板
宮崎さんは、私の中で最近急上昇しているので、このニュースは残念です。市川由衣さんですか…。すみません、ちょっと微妙です
http://plaza.rakuten.co.jp/yukiko0913/diary/200608040002/

*恋するドラマBLOG:NANA2
宮崎あおいちゃんだから見に行く価値あるのに、映画が安っぽくならないのに。間違いなくバッシングを受けるだろうな…。
http://koisuru.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/nana.html

*startin':NANA続編
出演者が変わって、もえのイメージと違うけど もえは美嘉ちゃん目当てなので、まぁいいか┐(´ー`)┌
http://evolution27.blog69.fc2.com/blog-entry-69.html

*骨の髄まで愛してよ:NANA、キャスト変更の話
・・・・・・俺にどうしろと?あおいちゃんがいないのに続編も見ろと言うのか!
http://d.hatena.ne.jp/honenozui/20060804/1154703240

*The dream not changing:「NANA2」宮崎あおい降板。そして今年の年末は?
宮崎あおいは今の邦画界にとっては大事な逸材だし、あんまり悪い話は聞きたくない。演技も上手いからね。
http://diarynote.jp/d/56770/20060804.html

*きょろきょろウェブログ:それよりもシンちゃんのチェンジ希望
男がとぎれる事のない小悪魔的要素はあるかもしれないけどさ。宮崎あおいから市川由衣って、イメージ変わりすぎなのでは…?
http://plaza.rakuten.co.jp/kyoroblog/diary/200608040001/

*☆キラリラ☆:映画『NANA2』
奈々(ハチ)役の宮崎あおいちゃん→市川由衣さんになりました☆ナナ役の中島美嘉は、そのままだそうです・・・。
http://bmg0921.blog65.fc2.com/blog-entry-150.html

*流れ★の1日:やっと決まったか
キャスト変更は以前から噂されていた通り、宮崎の希望あってのことだったようだ。
http://nqg-37992.cocolog-nifty.com/nagarebosi/2006/08/post_480a.html

*WORLD CLASS元スタッフJの充電日記ver1.0:NANA2
正直、宮崎あおいさんのハチ役は結構ハマってたと思うんだけど…自身が求める女優像とハチのキャラが違うという理由で降板だそうです。
http://chargeing.exblog.jp/5417987

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月05日 09:36 | コメント (0)

 

マイアミ・バイス米興行成績ランキング1位スタート!

「マイアミ・バイス米興行成績ランキング1位スタート!」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月1日収集分=

*1日ひとつ、オモシロアメリカ情報♪:アメリカで流行りの映画: Miami Vice
潜入捜査という極限下の中のスリルに溢れるストーリーは、全米1位を納得させる作品でしょう!
http://usakids.seesaa.net/article/21743555.html

*Dreaming She-Wolf:『マイアミ・バイス』初登場全米1位!
順調なすべり出しです!公開の初日から「マイアミ・バイス」が全米No.1の興業成績を記録しました!!
http://blog.livedoor.jp/melody373/archives/50692771.html

*The flower to your mind.:マイアミ・バイス
パイレーツ・オブ・カリビアン-デッドマンチェストの興収を公開3日で抜いてしまった!と言うから ドンドン見たい見たい病がやってくるんです・・・^^;
http://maisha.blog62.fc2.com/blog-entry-66.html

*ほんの独り言:マイアミ・バイス
このアメリカのドラマしってるだろうか??大好きでよく見ていた。これが映画化になるらしい。エッでも「ドンジョンソン」なのか??
http://hime-hide.269g.net/article/2619217.html

*うめピンク(うめめ)の残念な独り言:暑いな
今週全米1位の「マイアミ・バイス」は評判次第だな。マイケル・マンは好きだし、「コラテラル」も意外とおもしろかった。
http://afistfulofdollars.at.webry.info/200608/article_1.html

*ドンジョンソン Fan Blog:全米映画興行収入「マイアミ・バイス」が初登場首位
ごめんなさい。私、マイアミ・バイスを過小評価していました
http://blog.livedoor.jp/donjohnson/archives/50468380.html

*ROMPER’S ROOM:「マイアミ・バイス」全米首位GET!!
公開スタートしたなぁ〜ってことで、「Box Office」のチャートはどんなもんかいな?と見てみたら、1位になってるじゃありませんか!?
http://blog.goo.ne.jp/romper-stomper-rc/e/a059188ef4d5d56f6fe53e8f08ba041a

*ヒトリ言。と、回顧録:これから
映画「マイアミ・バイス」が、公開3日間で、ランキングの1位になったらしい…。そうなんだー……。
http://blog.goo.ne.jp/funkyhipper59/e/89ad48b986d1ba053d4d01c0bc140f0a

*Rusty's Cinema Complex:「マイアミ・バイス」が「パイレーツ・・・」・・・
やはり往年のTVシリーズのパワーや近年、大活躍しているジェイミー・フォックスなどにあるかと思います。
http://ameblo.jp/rustymovie/entry-10015346063.html

*CRUCIAN CARP:マイアミ・バイス、「パイレーツ〜」を抜いて1位スタート!
パイレーツオブカリビアン抜いたのかーΣ(ΘдΘ)なんか、映画館で良く宣伝しているけれど、おもしろい系なのかなー??
http://shiga-funa.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/1__2d8d.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月02日 15:46 | コメント (1)

 

ゲド戦記(スタジオジブリ)興行収入9億円!動員67万人超

「ゲド戦記(スタジオジブリ)興行収入9億円!動員67万人超」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月1日収集分=

*mountain77 D.Reverse side:「ゲド戦記」公開2日で興収9億円。動員・・・
ネットだと不評が囁かれている。内容も子供にはショッキングな場面もあったりと。とある有名評論家は結構叩いてた。
http://mountain77.livedoor.biz/archives/50692897.html

*30過ぎてもこんなです;; あっこの日記:「ゲド戦記」公開2日で興収・・・
2日間でこんだけ儲かるって凄いね。ワタシャ父親の作るもんじゃないと見ないって人もいるかな?
http://d.hatena.ne.jp/nemonemolove/20060801#1154409704

*欲しがってばっかじゃ駄目ですか?@Hatena:「ゲド戦記」公開2日で興収・・・
ほほう。下呂戦記を千尋と並べてしまうのか。しかし流石はジブリ作品、快調なスタートダッシュですね。
http://d.hatena.ne.jp/nami0101/20060801/1154414749

*鶏魂 〜 ちきんそうる 〜:ゲド戦記
ゲド戦記。公開2日で興収9億円。観客動員数は67万人と公開前の不評はどこ吹く風やっぱスゴイねスタジオジブリ
http://ameblo.jp/0ckn360/entry-10015327907.html

*ものぐさざうし:ハウル戦記
この数字を多いと見るか少ないと見るか、人それぞれ自由。しかし、すさまじく煽りまくってることをお忘れなく。
http://ameblo.jp/okonnneru/entry-10015329800.html

*たぶん駄文:『ゲド戦記』の滑り出し
えーと、面白いんでしょうか?CMみても特に見たいと思わなかったけど?
http://ameblo.jp/dabun/entry-10015324000.html

*恵比寿ではたらくハッピーカムカム大前美翔の女社長ブログ:映画ゲド戦記・・・
昨日、映画ゲド戦記をみました。興行収益が2日で9億円?とパイレーツ・オブ・カリビアンをしのぐ勢いとのこと。
http://ameblo.jp/happycomecomepresident/entry-10015332794.html

*徒然なる日常〜まこっちの日記〜:ゲド戦記」公開2日で興収9億円!・・・
まあ、ジブリだし日テレがしつこいぐらいのPRでバックアップしてるんだから100億超えなきゃマズいでしょw
http://d.hatena.ne.jp/makoxtuti/20060801#1154429294

*SILVENT:バクガイデン
上記のように、好調とか9億円!とか書いてあるけど、ここを見る限りではゲド戦記はあまり評判は良くないみたいです。
http://nullvip2nd18.blog33.fc2.com/blog-entry-262.html

*Q部ログ:興行収入
あんまりいい評判を聞きませんけど、それなりにスタートダッシュは良いんですかね。
http://ponpokorin.exblog.jp/5394828

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月02日 15:42 | コメント (0)

 

宮崎駿(スタジオジブリ)監督が米アカデミー会員を辞退

「宮崎駿(スタジオジブリ)監督が米アカデミー会員を辞退」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月29日収集分=

*さむらい魂のなんでも物申す!:米アカデミー会員 宮崎駿監督が辞退
創作活動への専念を理由に辞退を決めた宮崎駿監督。他の人だったらどんなに時間がなくても引き受けていたでしょうね・・・
http://samuraitamashi.blog71.fc2.com/blog-entry-89.html

*akiblog:巷の記事から
さすがってだなって思うけど、息子をすぐに監督させちゃうってちょっと「克則」な感が・・?
http://blog.goo.ne.jp/akibo24_2006/e/c16ca3587a759b1e9ff4d464cde1c8bc

*映画よりも素敵な人生:「米アカデミー会員 宮崎駿監督が辞退」
あのジブリスタジオ、宮崎駿監督がアメリカのアカデミー会員に選出されたそうです。
http://lifeisdramaticmovie.seesaa.net/article/21622717.html

*芸能:宮崎駿監督が米アカデミー会員辞退
理由は創作活動への専念のため。かっこよすぎですね。もう65歳になるんだそうです。
http://memetto.noblog.net/blog/b/index.html

*ひなげしが咲く季節より 2006:宮崎駿氏すばらしい
宮崎駿監督 。アメリカ アカデミー賞の選考会員を辞退された、って名誉より 創作活動を選ばれたそう
http://sanpoppo.blog65.fc2.com/blog-entry-71.html

*rushslashsplash///:本日第二弾
生涯現役…。嬉しいと言えば嬉しいのですが、とするとあの「引退宣言」は何だったのかと。
http://blog.goo.ne.jp/rushslashsplash/e/92eab3f511ad5597a4c5d271be85af27

*(T.T.T.) 〜twelve tone tune〜:米アカデミー会員を宮崎駿監督が辞退
宮崎駿監督の言動からすると、この判断は当然といえば当然なんだけど。
http://blog.goo.ne.jp/ny2561961/e/495ca83f797508ba8dd664805cd0da7c

*Teririのうっかり日記:宮崎駿監督、アカデミー会員辞退
「創作活動に専念したいので、たくさんの映画を見て投票する時間がない」創作する人として正しいなぁ。
http://d.hatena.ne.jp/teriri/20060729/1154189983

*逃亡者Kの逃亡日記:生涯現役
アニメの宮崎駿監督が、アカデミー賞選考会員への就任を辞退されたそうで。
http://fugitive-k.jugem.jp/?eid=107

*わしの徒然草:ゲド戦記に見るジブリ摂関政治
今日の「アカデミー委員を宮崎監督は創作活動への専念を理由に辞退」というニュース。これは喜ばしい。
http://blog.goo.ne.jp/bowboow/e/1b4e2c2713edcb9bdab7ee0a8c59792f

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 16:10 | コメント (0)

 

グエムル−漢江の怪物−“怪物級”韓国映画

「グエムル−漢江の怪物−“怪物級”韓国映画」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月29日収集分=

*ryo's Favorite:おっぱやんオススメ映画
この映画、すっごく気になってたんですよ。大好きなペ・ドゥナちゃんが出てるし。
http://ryodong.blog17.fc2.com/blog-entry-382.html

*Fallin Angels:怪物
何か‥期待した以上に面白く見ました。笑いと悲しみと緊張感が共存したと言いましょうか‥
http://gairot.269g.net/article/2583406.html

*アカルイミライ:韓国映画「グエムル」
映画「グエムル〜漢江の怪物〜」の試写会が韓国で行われた。今後、世界各国で公開される予定で、日本では9月2日公開予定
http://shimirie777.no-blog.jp/akaruimirai/2006/07/post_0de7.html

*韓国人になりたいと本気で思うようになったら・・・・・アウトですか?
ドンワンも観たようだし(笑)想像を掻き立てられますね、このポスター。
http://ameblo.jp/someday-korean-drama/entry-10015183102.html

*気まぐれ仔猫のマネキネマ:「グエムル−漢江の怪物−」公開初日・・・
もし仮に「グエムル」が200万を突破するとなると、第1週で300万クリアという数字も見えてきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/garashadoeiga/diary/200607280000/

*そら_space:KOREAN WAVE 17
「グエムル」の記事があり、写真はありませんでしたがオ・ダルスさんが怪物の声を担当するということが書かれていました。
http://sola5.exblog.jp/5365319

*をとめのなんでもBlog。: 最近この俳優、気になってます。
最新作『グエムル-漢江の怪物』 というのがあるらしいんですが、韓国で大ヒットしているらしいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/plsstopidling/14549504.html

*雕刻時光 cinema cafe:『グエムル―漢江の怪物―』公開初日に42万人
そして評判もいいらしい。男女の評価がさほど変わらないというのが、単なる怪獣映画でないことを表している(?)
http://blog.goo.ne.jp/takanyan_october/e/0a5a84455a520c8ae41ad553cb2048d6

*Swing des Spoutniks:『グエムル−漢江の怪物−』韓国で公開!
このペースでいけば、韓国内で1000万人超の動員が見込めるのではないでしょうか。
http://blog.livedoor.jp/pfwfp/archives/50644006.html

*ぽわ〜んっと:韓国エンタ pickup!
いやぁ〜こうして韓国映画の話題が、日本のスポーツ新聞の芸能欄で取り上げられるような日が来るとはねぇ(゜-Å) ホロリ
http://kpop.exblog.jp/4244335

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 15:53 | コメント (0)

 

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭を来年以降中止

「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭を来年以降中止」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月28日収集分=

*彩賀の徒然なるままに…:【映画祭中止】ちょっと寂しい感あり。
名だたる日本の映画祭が早くても今年から中止する所がある(ゆうばり国際映画祭は来期から)のですが,残念ですね。
http://blog.goo.ne.jp/psyga_liberty/e/196815591ef883939f45d04f8d046dd1

*dogi-magi☆Diary:ゆうばり映画祭
東京国際映画祭に続いてやはりゆうばり映画祭も中止になってしまいました。。。
http://blog.livedoor.jp/marcy4426/archives/50622969.html

*北海道ブログちゃん:「ゆうばり映画祭」が中止に!
国際的にも知名度のある映画祭ですが、2007年2月開催回(本年度)以降中止となります(=北海道新聞)
http://pucchi.net/hokkaido/news2006/200607/yubari_film_festival.php

*きよ は こう考える:税金使っているのならしょうがないより当然だな
多額の税金使ってまで映画祭はできないだろう。しかし何でそこまで放漫経営したのか理解できない。
http://blog.goo.ne.jp/eroero0727/e/429b60e43e815be11891fa603f0bf38a

*呼鈴のきまぐれ日記帳:やっぱり....
これで夕張がますますさびれていくのは必至。今までの市政のツケは国民の楽しみを奪っていく。
http://plaza.rakuten.co.jp/colinsdiary/diary/200607280000/

*自分史への挑戦!?:そういう事に
やはり自治体レベルで考えると、税収が延びないために、こういった措置をとらざるをえないのだろうか?
http://ajyassi.spaces.msn.com/Blog/cns!195BA4D18A35B0F6!1082.entry

*北海道奈緒ちゃん応援団:閑話休題、夕張ファンタ
ゆうばりの映画祭がついになくなってしまいました。ずいぶん楽しませてもらった映画祭でしたから寂しい限りです
http://naochan.sblo.jp/article/1043593.html

*愛幻通信:私見
ぼく自身は現地に行ったことはないのですが、地元密着型で参加者が自分たちで作っていく映画祭という印象でした。
http://blog.goo.ne.jp/yamamotokiyoshi/e/c9552e0474783511246784c9db965c21

*GO! GO! 北海道!ブログ:ゆうばり映画祭」中止へ
確かに財政が困難なのでお金は出しにくいと思います。でもこれはチョットもったいないのでは?
http://gogohokkaidou.jugem.jp/?eid=337

*カウンターカルチャー、テレビ、政治、学問,について述べる:ゆうばり・・・
あきらかに地方の経済力がなくなってる証拠ですね。残念だけど、これが今の現状だからある意味でいい薬になると思う。
http://blogs.yahoo.co.jp/trarofujimoto/14433980.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月29日 12:50 | コメント (0)

 

ハード・キャンディ(米衝撃映画)観客も股間押さえる!?

「ハード・キャンディ(米衝撃映画)観客も股間押さえる!?」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月27日収集分=

*手掴みサークル:ハードキャンディー
なんと試写会では失神者も出たとか。 面白そうなんだけど、全国公開はされないんだろうな。
http://tedukasan.blog57.fc2.com/blog-entry-7.html

*狂騒の日々:ハード・キャンディ
男性にとっては笑えない映画だそうです。現に、これを見た男性客の中に失神者が出たそうです(笑えない)
http://ameblo.jp/mad-doctor/entry-10015169566.html

*sng@quaff 低音と律動の人生。:股間を押さえる映画。
失神て…話題作りじゃねぇ?と思ってしまう俺は、純な心がなさすぎなんでしょうかw。
http://ameblo.jp/quaff-sng/entry-10015172285.html

*KenKen Movie Review Diary:米映画「ハード・キャンディ」衝撃映画
恐らく、男が見るとかなり衝撃を受ける映画ではないでしょうか。さむけがしそうですね。
http://blog.livedoor.jp/kenken1816/archives/50464959.html

*この映画見ないとイ〜ヤ〜ダ〜!!:衝撃のサスペンス!?
この映画「ハード・キャンディ」「性器切り取り」を描いた映画らしい...男としては想像するだけでぞっとする
http://365cinema.seesaa.net/article/21479278.html

*地下室の副作用:米衝撃映画、観客も股間押さえる!?
「見ている間、ずっと股間を押さえていた」って、絶対に言い過ぎだと思う。
http://plaza.rakuten.co.jp/tsundokuhon/diary/200607270002/

*CRUCIAN CARP:米衝撃映画、観客も股間押さえる!?
失神者が出るってどんなにすごい映画なんだ。。。笑 女の子の私には想像もできないくらいな感じなのかなぁ???
http://shiga-funa.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_2c25.html

*君の「いただきます」は、午後12時39分41秒のチャイム:movie.
しつこい男と映画見なきゃいけないときに…「ハード・キャンディ」いやでも個人的に少し見たいです14歳と32歳だっけ?
http://d.hatena.ne.jp/koshian2069/20060727/1154013105

*けたの部屋:なんだか怖い映画のようで
男性の失神が出る珍しい映画。 「ハード・キャンディ」です。アメリカ試写会の出来事だそうだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/keta7/diary/200607280000/

*一蹴必殺 〜VAN・DAMMEに捧ぐ〜:なんだ、この映画は?
ラストのありえん展開に驚愕。決して見てて心地良いもんではありません・・・あなオソロシや
http://blogs.yahoo.co.jp/jean_claude_van_damme_0210/39773027.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月28日 08:39 | コメント (0)

 

ティファニーで朝食を(オードリー・ヘプバーン)のドレス競売

「ティファニーで朝食を(オードリー・ヘプバーン)のドレス競売」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月27日収集分=

*AO’s ROOM:オードリーのドレス
1万700円なら わたしが買います! でも、いろんな意味で着れないな・・・ m( __ __ )m
http://aonoheya.blog69.fc2.com/blog-entry-109.html

*気まぐれに日記:( ̄д ̄) エーーーーーーーーーーー
ジバンシィ・・・・酷い・・・。いくら恵まれない子供たちの人道的支援だからって・・・。(ノ´Дヾ) ウワァァァン!!
http://tamuyan.teatime.raindrop.jp/?eid=319106

*俺的スーパーロボット:オークション
いったいどんな人が落札するのでしょうね〜(^^)ユーパラでもそんなレアな物を扱えば面白いのに(^^)
http://u-gundamania.seesaa.net/article/21503268.html

*LA COTE ROUGE:もしも願いが叶うなら
手に入れる事が出来るなら、手に入れたいってのが本音ですね、オードリーを愛している俺にとっては・・・。
http://blog.so-net.ne.jp/lacoterouge/2006-07-27

*ToyBox column 佐伯君の独り言:オードリー・ヘプバーン「ティファニーで・・・
ポスターなどでオードリーをご覧になった事が有るでしょうし、『ローマの休日』を観ていない人は若い方でも少ないぐらいでしょう。
http://blog.livedoor.jp/toyboxblog/archives/51048125.html

*炭酸煎餅:映画「ティファニーで朝食を」のドレスが競売へ
デザインはジバンシー。MAX1500万の予想、もっといくでしょ?
http://blog.livedoor.jp/tansan808/archives/50232961.html

*★見る人がいようがいまいが、花は力まず凛と咲く★:ヘプバーンの・・・
「ティファニーで朝食を」の、あの有名な黒いドレス。あれは冒頭のシーンだったのね。
http://blogs.yahoo.co.jp/tenshiclub/38188712.html

*くろちゃんのほろ酔い話:オードリー.ヘプバーンの衣装がオークションに・・・
あの時冒頭の シーンで着用ていた 黒いドレスが 今回の「オークションに」出されるのですかね?  
http://plaza.rakuten.co.jp/noraw319/diary/200607280000/

*夏希日和:ドレスが競売
予想落札価格は5万〜7万ポンド(約1100万〜1500万)と見られているそうですが・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/natu8477/14261534.html

*バービー大好き!etc:映画「ティファニーで朝食を」
あまりにも有名な映画だし、ステキなドレスだけど。。。一体幾らで落とされるのかな?
http://blogs.yahoo.co.jp/marimu_03030605/39490016.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月28日 08:37 | コメント (0)

 

蟲師(漆原友紀マンガ)オダギリジョー主演で実写映画化

「蟲師(漆原友紀マンガ)オダギリジョー主演で実写映画化」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月26日収集分=

*web-tonbori堂ブログ:オートモ先生が今度は実写ですってばさ
たとえオダギリジョーが主演でもね。というかある意味彼をキャスティングしたのは面白いかもしれない。
http://tonbori.exblog.jp/4021463

*『@おさる伝』:大人1800円
今度「蟲師」が映画化されるらしい!しかも実写!!(アニメだけで充分な気も…)
http://yarukinaiyo.blog61.fc2.com/blog-entry-146.html

*ネボケマナコでドライブ:映画化!?
原作の独特の雰囲気がすごく好きなんです〜vしかもギンコ役にオダギリジョーって!す、好き・・・!
http://d.hatena.ne.jp/zaki-o/20060726/1153926079

*コミック・アニメ・ゲーム・PHP・サイトの更新履歴とか色々:『蟲師』が実写映画化なんだそうです
へー、今度は実写化かーとか思って記事読んでたら、監督は「AKIRA」の大友克洋がやるんですね。
http://blog.japacul.com/index.php?eid=503

*Go Over the Room:昨日は…
蟲師映画化されるみたい。オダギリさんと大友先生で。何か違う。蟲師はオダギリさんでも、大友先生でもないと思う。
http://d.hatena.ne.jp/overtheroom/20060726/1153927166

*第6ぶろぐ:実写化ですか
人気漫画の実写映画化って最近の流行なのかね。蟲師も映画化だそうだ。これってどうなんだろうね。
http://dairoku.exblog.jp/3883843

*プチヲタク日記:蟲師が・・・
蟲師映画化!!!! しかも オダギリジョー様!!! 友達よ、漫画を返しておくれ・・・
http://cscnikki.blog1.petitmall.jp/blog-entry-259.html

*エンタメっ子 世にはばかる:蟲師、映画化
蟲師が映画化されるようで。なんと、ヨッシーの大好きなオダギリジョーさんが主演ですって。
http://entamekko.jugem.jp/?eid=7

*はなたれ日記:最近気になるアニメ。
オダギリジョーがギンコを演じるとか・・・ぴったりなのか、イメージ壊されるかどっちかかなって思ったりして(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/chisa10_k/14235825.html

*ゲームブログならここ:アニメ「蟲師」 実写映画化
どんな映画になるんだろーなぁーーけっこう楽しみだったりします。
http://blogs.yahoo.co.jp/osusume1sitai2/14087046.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月27日 08:52 | コメント (0)

 

錦織一清と風間俊介(ジャニーズ18歳差)で蒲田行進曲

「錦織一清と風間俊介(ジャニーズ18歳差)で蒲田行進曲」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月17日収集分=

*くちゃニッキ:かざまさんがやす
風間さんのヤス!ステキだと思います。ニュースにもなっていますがヤスと銀ちゃんの年齢差18歳!
http://d.hatena.ne.jp/kucha_pon/20060717#1153122415

*yu-moの日記:風間君のヤス(少しネタバレ)
あのヤスって役を風間君がどんな風に演じるのか、今から本当に楽しみでしかたありません。
http://d.hatena.ne.jp/yu-mo/20060717/1153136822

*charの部屋:再演 \(^^)\
今回はなんと、ニッキと風間君!!!!!!!!プレゾンでの絡みもなかなかで、ニッキのアドリブにもしっかり対応できる相手。
http://char-desu.cocolog-nifty.com/char/2006/07/__39aa.html

*カゼビヨリ:かざぽん、ヤスになる
もう、なんの言葉がいるだろうか。必要だろうか。嬉しいなんて言葉が陳腐になっちゃうくらいに、喜んでいます。
http://kazebiyori.blog15.fc2.com/blog-entry-138.html

*KAT-TUNにドキドキブログ:あれ?
蒲田行進曲なんてほんとぴったり(笑)義理と人情に厚そうな俊介にはかなりはまり役かもね。
http://hello.ap.teacup.com/good-byelove/538.html

*航海日誌:銀ちゃん ニッキ三たび!!
そんな銀ちゃん@ニッキに、ヤス@風間くんが〜どこまで喰いついてくるのか?!が見物。
http://blog.goo.ne.jp/heartjump/e/bf02793d2ee1f10461622af0572231a5

*l o v e c o o l:蒲田行進曲!
思ってたら風ぽんがヤスとな。なんかさあ、巡り合わせってあるね。きっとそれは幸福な必然なんだと思う。
http://blog.ami.blush.jp/?eid=150023

*stage note archives:発表になりましたが
しかも個人的には演出がつかさんでないというところがにょにょにょにょにょ、という感じ。
http://d.hatena.ne.jp/peat/20060718#p1

*有希子のミーハー日記:ジャニーズ、18歳差コンビで「蒲田行進曲」
風間くんは、本当にすごい演技をするんです。風間くんは、トークも上手いので、デビューできないのはもったいないですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/yukiko0913/diary/200607170000/

*J☆研究所:【ヤス違い】
ヤスはヤスでも∞のヤスじゃなくて『蒲田行進曲』のヤスです。錦織さんと、風間くんとで上演ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/orange_joecool/39329362.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月18日 07:47 | コメント (0)

 

リアル鬼ごっこ(山田悠介の都市型ホラー小説)映画化

「リアル鬼ごっこ(山田悠介の都市型ホラー小説)映画化」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月17日収集分=

*ほんじつのにゅーすです。:リアル鬼ごっこ 映画化決定
中高生に良い意味でも悪い意味でも反響を呼んだ山田悠介の「リアル鬼ごっこ」が映画化する事になった。
http://tinews.blog60.fc2.com/blog-entry-148.html

*宿痾/番外地/間接照明:逃げて逃げて逃げまくれ!人気小説「リアル鬼ごっこ」が映画化
出演する俳優が「原作の大ファンで〜」と云っているのが、ちょっと驚きだったりするんですが、やっぱ人気なんでしょうね。
http://d.hatena.ne.jp/thebomb/20060717/1153139856

*ウニコ的現代妄想論:リアルな鬼ごっこしませんか?
なんでもかんでも映画化されるこの時代はどうなんだろうか。そりゃあ小説で漫画で人気のを映画すれば、動員数も増えてくれるだろうけどさ。
http://ameblo.jp/uniuniuniko/entry-10014797787.html

*bAbbLE:リアル鬼ごっこ
「こんなことがあっていいの??」と思うような、そんな内容。一度くらいは映画を見るなり、本を読んでもいいかも。
http://blogs.yahoo.co.jp/h0101606/37717583.html

*Blog*Break!:リアル鬼ごっこ
慥かこれって物凄く評判悪い本だったよな。何故に映画化?ストーリーとしては非常に馬鹿馬鹿しい。
http://camui.jugem.cc/?eid=760

*(株)ファンタジックぴのこの聖なる夜にドロップキック:み〜つけた。
この本は読みました。正直なんで流行っているのかわかんなかったけど、映画にしたら面白いだろうなって思ってた。
http://d.hatena.ne.jp/fantasicpinoko/20060717/1153146419

*ラストウルフの巣窟:リアル鬼ごっこが映画化!?
そうでもしないと映画化なんて無理なんだろうけど。 来年公開・・・・・・・ 怖いもの見たさで見てみようかな。
http://plus20micro.blog68.fc2.com/blog-entry-38.html

*閑人ライブ狂にっき。:『リアル鬼ごっこ』
山田悠介作のホラー小説で、 自費出版にもかかわらず20万部の売り上げを記録したという、大変な小説です。
http://pirose.blog15.fc2.com/blog-entry-401.html#more

*永久機関 〜 Perpetual Engine.:これなら俺にも書けそうだぜ。
その内容は…正直、何でこんなに売れたの?と言いたくなるくらい*酷い*です。まあ、以下のコピペを見れば大体分かるかと。
http://happa64.blog56.fc2.com/blog-entry-61.html#trackback

*フクロ君の戯言:リア鬼映画化
記事によれば中高生に評価されてるそうですが、多分中学生のときの自分が読んでも面白いとは思わなかったであろう。
http://plaza.rakuten.co.jp/hukuroblog/diary/200607170000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月18日 07:43 | コメント (0)

 

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(ジャパンプレミアイベント)

「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(ジャパンプレミアイベント)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月11日収集分=

*ねっ!ねっ!:パイレーツ ジャパンプレミア
今日の『めざましTV』でパイレーツ ジャパンプレミアの様子見ましたぁ♪ 来場者5500人、カメラは120台ってすごいですね。
http://dnjd.blog39.fc2.com/blog-entry-111.html

*Mugen Diary:「パイレーツ2」、ジャパンプレミア開催
同会場には、5000万円を費やして製作されたジャック・スパロウ愛用の海賊船、「ブラック・パール号」が姿を見せたとか。
http://blog.mugensuisei.holy.jp/?eid=476765

*隊長のひとこと:もうすぐ!
おすすめ情報の「パイレーツ・オブ・カリビアン-デッドマンズチェスト-」昨日はジャパンプレミアをネット中継で見ました〜
http://blog.livedoor.jp/aromas/archives/50559941.html

*なづなのひだまり日記:ジョニー・デップ
今、LIVEでパイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストのジャパンプレミアの様子をネット配信で観ています
http://plaza.rakuten.co.jp/hadamari238/diary/200607100000/

*哀梨の日記:ジョニーw来日してくれてありがとう!
記者会見は見れなかったのですが、ジャパンプレミアの生中継は観れたので感動生ジョニーだぁぁぁぁぁ!
http://plaza.rakuten.co.jp/airipc/diary/200607100000/

*〜Golden Age〜Chronic Keeping Tenderpassion:生中継ジャパンプレミア・・・
その後の六本木ヒルズのジャパンプレミアの様子は ネット中継で見てました! 以下はレポです
http://gchro.blog53.fc2.com/blog-entry-87.html

*バロックワークス日誌:海賊続報!
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェストの来日記者会見&ジャパンプレミアの様子を写真にてご紹介。
http://sea.ap.teacup.com/baroque_works/62.html

*Kのロンドン。。。から帰ってきました日記(笑):パイレーツオブカリビアン
プレミア試写会のチケットが当たり、今回は隠れ『パイレーツ〜』のファン、エンタメには縁遠い相棒と一緒に行ってきたのです。
http://d.hatena.ne.jp/hayakumi/20060711

*私の意見〜最新時事neta録〜:ファン5000人がデップ船長のとりこ
私もココ最近ですっかりファンになってしまいました。イベントに行った方〜感想ください〜
http://plaza.rakuten.co.jp/ariafuri/diary/200607110002/

*青山インテリア倶楽部:ジョニー・デップ様ジャパンプレミア(六本木ヒルズ)
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト ジャパンプレミア・レッドカーペット。
http://aicaic.exblog.jp/5237554

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月12日 09:47 | コメント (0)

 

ジダン神が愛した男(映画)の結末も一発退場だった

「ジダン神が愛した男(映画)の結末も一発退場だった」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月11日収集分=

*クリエイティブ:『ジダン 神が愛した男』が上映されます。
撮影技法も相当、コッテいるみたいで見てみたい映画です。最後に、今回の退場劇を暗示させるシーンもあるそうで、期待大。
http://blog.goo.ne.jp/seiiti7/e/c6c3aef1d5d4f1b7bcf2b83967aaa070

*のらのらのデイトレードで生活だあ!!!:「ジダン 神が愛した男」
サッカーW杯決勝でのフランス代表MFジダンの一発退場劇を予見していたか。。
http://kabu.kokonnya.com/?eid=406734

*日本民族よ!大和魂を呼び起こしましょう!:ジダン一発退場は映画・・・
ジダンは預言者だったのか!
http://plaza.rakuten.co.jp/ozawaseiji/diary/200607110000/

*PiPAブログ「オリエンタルラジオのオールナイトニッポンR」:ジダン・・・
配給関係者は、奇妙な符号に驚き、戸惑いながらもヒットへの期待をふくらませている。
http://blog.yorodai.com/p-2584/index.php?no=r64

*キッチンドリーマー:日出ずる国の物語〜幻想水滸伝5〜(72)・・・
ラストシーンも他の選手ともめてレッドカードをもらい、一発退場だったというニュースを聞いてまたまたびっくりしました。
http://kitchendreamer.blog27.fc2.com/blog-entry-193.html

*◆ MOCA MOVIE 〜 おとなな映画 ◆:やっちゃいましたねー
なんかどっかで見たようなこのあっけない幕切れ・・・。んにゃ、先日試写会で観た「ジダン 神が愛した男」だー。
http://mocamovie.jugem.jp/?eid=29

*URBAN NOMAD:ジダン映画の結末も「一発退場」だった。
(久しぶりにむかついたんで書かせてもらいます。)アホか!まだ公開もしてないのにラストシーンをバラしてどうすんねん!
http://blogs.dion.ne.jp/urban/archives/3742421.html

*ジズー:wカップ終了
ジダンが、まさかああいう形で現役最後の試合をしめくくるとは思いもよらなかったです。
http://almond-boll.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_918e.html

*KING SALMON msn:一発退場は映画のシナリオ通り!?
偶然に起きたことなんだと思うけど、あの頭突きはサッカーの歴史に、いつまでもジダンの名を刻むことになるだろう。
http://kingsalmonmsn.spaces.msn.com/Blog/cns!6ECD2B511609D278!272.entry

*めざせ2010:ジダン映画
ジダン退場に残念!と思っている人も、思ってない人も必見の映画が公開されます。
http://foot2010.exblog.jp/3928917

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月12日 09:39 | コメント (0)

 

X-MEN試写会「上映中、携帯電話の電源を切らないで!」

「X-MEN試写会「上映中、携帯電話の電源を切らないで!」」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月6日収集分=

*いなかモンの日記:X-MEN試写会
こういうの面白そう。どうすればこういう着眼点が養われるのだろうか?
http://d.hatena.ne.jp/motokyuji/20060706/1152183922

*ねこ目大好きふり好き日記:「上映中、携帯電話の電源ONで!」、前代未聞の
バイブはいいとして、鑑賞中に携帯電話で掲示板へ書き込みなんて、物語に集中出来るんでしょうか?
http://blog.livedoor.jp/hiroro_0223/archives/50842071.html

*next global jungle:前代未聞のX-MEN試写会 携帯電話の電源は切っちゃダメ
これは、試みとしては面白いですが、途中で友達から電話がかかってきて話し出す人もでてきそうな気がしないでもないですが
http://www.nextglobaljungle.com/2006/07/xmen.html

*だらだら人生送ってますよ。:「上映中、携帯電話の電源を切らないでください
なんだか、映画に集中できなそうです。私は集中したいタイプなのでこんなのは、あまり・・ちょっとと思ってしまいます。
http://blogs.dion.ne.jp/gop401mn/archives/3712386.html

*weeds:映画上映中の携帯電話企画
また、試写中の掲示板への書き込みではあるが、これもよい案とは言えないのではないだろうか。
http://0helium0.blog23.fc2.com/blog-entry-187.html

*ダイエット日記(痩せるブログ)洋画 ドラマ 大好き!:上映中携帯電話
携帯世代にとっては、うれしい試みになるのかもしれない。これは、面白そうですね。普通は携帯電話はマナー違反。
http://plaza.rakuten.co.jp/jeniffer234kirei/diary/200607060002/

*ポ☆ニュー:「上映中、携帯電話の電源を切らないでください!」前代未聞
これはライブなんかでやったほうがおもしろいんじゃないか?実況中継しやすいし。というか、してるやついるのかしら。
http://d.hatena.ne.jp/sukekyo/20060706/1152197070

*minaの喜怒哀楽楽日記:前代未聞の試写会?
『バイブで体感』これはすごいと思う。どうやって操作するのかよくわからないけど面白いよね。
http://minamina.exblog.jp/3895051

*〜○流〜:上映中、ケータイ電源切らないで!! 前代未聞の試み!
X-MEN最新作では、上映中に携帯電話の機能をフルに活用して全く新しい試みを行うようです。
http://letgoasyoulike.blog8.fc2.com/blog-entry-427.html

*ぷるるん乳素:X-MAN指令・上映中は携帯オンにしてぷるるるる
いやーこの映画・・・子供連れて観に行かなくて良かった。(って・・・これって日本だけのスペシャル企画か?)
http://pururunnews.seesaa.net/article/20391854.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月07日 08:01 | コメント (0)

 

東京国際ファンタスティック映画祭が資金難で休止

「東京国際ファンタスティック映画祭が資金難で休止」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月3日収集分=

*有希子のミーハー日記:今年度の「東京国際ファンタスティック映画祭」
実は一度だけ行ったことがあります。ただその時は、深夜だったので、舞台挨拶だけで失礼しました
http://plaza.rakuten.co.jp/yukiko0913/diary/200607030000/

*電波フリルパラノイア:うーん、地元の映画祭は大丈夫だろうか
行ったことはないけど、けっこう面白いラインナップだったような気が。残念な限りです。
http://d.hatena.ne.jp/momonohana_yu/20060703#1151939427

*住職の徒然日記:東京国際ファンタスティック映画祭
あの名作「少女椿」の劇場版が公開された東京ファンタがとうとう終了。残念なり。
http://d.hatena.ne.jp/zyushoku/20060704/1151939632

*HOGHUGの日記:Yahoo!ニュース - 共同通信 - 東京ファンタ映画祭が中止
東京国際ファンタスティック映画祭って1回目の1プログラムだけ観たんだよな・・・懐かしい。
http://d.hatena.ne.jp/hoghug/20060704/p2

*WaKa ShiRaga。:うそーん
うわーマジで?いやはや…早く再開できることを祈ります。なんか募金とかできねーかなぁ。
http://d.hatena.ne.jp/ym57/20060704#1151940333

*やつらかやつらだ:ショック!東京ファンタが。。。
そういえば、去年はちょっとおとなしかった(映画ではなく、司会やら余興の方)気もする。。。
http://d.hatena.ne.jp/themorthem/20060703#1151940722

*随想録:消えるファンタスティック
姉妹映画祭である東京国際ファンタスティック映画祭までも・・・今年から無期限休止が決定した。
http://blog.kenfil-arts.com/?eid=399823

*いろいろ記録F byとり(仮):残念、だが
何故か思い入れがあるわけではなかったので、寂しいことには変わりはないが来るべき時が来たか……というくらいな感じ
http://d.hatena.ne.jp/tori009/20060703#1151942958

*Hollywood Express:番組ディレクターより今週の一言
今年は21年間、毎年開催されてきた「東京国際ファンタスティック映画祭」の実施が見送られることになった。
http://hollywood-express.cocolog-nifty.com/blog/

*これがblogかっ!(仮):東京国際ファンタスティック映画祭が休止
TIFFの裏でがんばっていた東京ファンタが資金難の影響で当面休止状態になっちゃった。
http://d.hatena.ne.jp/honobon/20060703#1151945830

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月04日 09:23 | コメント (0)

 

海猿ハリウッドでリメークへ…NY特別上映で絶賛

「海猿ハリウッドでリメークへ…NY特別上映で絶賛」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月3日収集分=

*kaizinBlog:LIMIT OF LOVE 海猿/NYで絶賛
プロデューサーらがNY入りした事は知っていたが、ハリウッドからそうそうとリメイクオファーが入っているとは・・・
http://kaizin.jugem.cc/?eid=274

*ビーボーイじゃなくてビールボーイのサイト:「海猿」がハリウッドでリメークへ
「海猿」映画第1弾、2弾、ドラマともに感動しました。ぜひハリウッドでリメークしてもらいたいです!
http://plaza.rakuten.co.jp/djbeerboy/diary/200607030000/

*日々散々:「海猿」がハリウッドでリメークへ…NY特別上映で絶賛
ハリウッドもリメイクしまくりやなぁ〜(ネタ切れか??)まぁ面白ければいいんだけどネ
http://ramjin.seesaa.net/article/20211342.html

*CRUCIAN CARP:「海猿」がハリウッドでリメークへ…
おおー♪なんだか日本の映画ってよくリメークされるよねー。
http://shiga-funa.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_a69a.html

*お気楽♪極楽♪育児中♪:海猿 ハリウッドでリメーク
伊藤英明さん主演の海猿がハリウッドでリメークされるようです。もしそうなったら主演は誰がするんだろう。
http://plaza.rakuten.co.jp/gokuiku/diary/200607030001/

*Cry for the moon:海猿、ハリウッドでリメイク
どうやってリメイクするのでしょう? アメリカだと海上保安庁じゃないですよね。なんだろう?
http://ameblo.jp/cry-for-the-moon/entry-10014284845.html

*『生活小説』生活:海猿、ハリウッドでリメイク。
プロゴルファー猿は、リメイクされないのでしょうか。「猿の惑星」みたいなのが、ゴルフする、と。
http://seisyo.exblog.jp/3868201

*えいがタロー:「海猿」がハリウッドでリメイク?!ハリウッドもなんでも
その作品その物を公開したらいいのに、自分たちがそれを演じないと気がすまない。
http://eigataro.seesaa.net/article/20226852.html

*デリ嬢・るいの枕草子:リメイク
ハリウッドでリメイクしたらその映画は「メイドインジャパン」でなく「メイドインハリウッド」になってしまうんだよなあ;^^
http://blog.livedoor.jp/rui_pink_moon/archives/50385895.html

*Hunter日記:ハリウッド・・・・
ハリウッドって・・・・・・いい映画があったらすぐ飛びつき、リメイクしますよね^^;リングなどもリメイクされたし。
http://plaza.rakuten.co.jp/ryubatu/diary/200607020000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月04日 09:17 | コメント (1)

 

人志松本のすべらない話DVD発売

「人志松本のすべらない話DVD発売」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月29日収集分=

*ハロのブログ!略して(ハロブロ♪):【本日のオススメ】人志松本のすべらない話のDVD
誰が聞いても、何度聞いても面白い実話を披露するシンプルな番組。第1、2弾放送分を収録。
http://blogs.yahoo.co.jp/haro001313/38233708.html

*日常的な裏:すべらない話
「松本人志のすべらない話」が発売されましたね。昨日、夕方頃から売り切れて、問い合わせがくるくる。
http://kamera2005.exblog.jp/3835714

*から回りシンドローム:教材
今回のDVDでは第1弾と第2弾、そしてそれぞれの回の未公開映像等が収録されております。
http://blog.goo.ne.jp/san1972san/e/2086349c4f26a25251ce3f6b8e7fa14e

*So What ?:すべらない話
新宿のタワーレコードへ寄って、昨年お世話になったPuffyの「SPLURGE」と、DVD「人志松本のすべらない話」。
http://everytime-go-a.way-nifty.com/sowhat/2006/06/post_a9d5.html

*オレンジスカイの興味津々:あの名作番組がDVD化!おもしろい話好き必見!
その中でもハードディスクから再生しまくったのがこの番組。私はほっしゃんの大ファンです。
http://orangeskyblog.jugem.jp/?eid=28

*お役所しごと:すべらないね〜
『人志松本のすべらない話』を購入しました。本当にすべらないですね〜。ネタではなく、すべて実話だというのが凄い!
http://willy-nilly.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_67dd.html

*vermilion:すべらない話
待ちに待ったDVDが発売された。フジTVで、3ヶ月に1回放送されている【人志松本のすべらない話】
http://blog.vermilion.chu.jp/?eid=514091

*ラク★ログ:「人志松本のすべらない話」DVD
ネットで予約していた物が昨日届きました。DVD特典は未放送分収録とすべらない話のためになる話。買う価値ありです!
http://makinko.blog4.fc2.com/blog-entry-205.html

*日めくりキャレンダー:『人志松本のすべらない話』DVD
さっそく見ました!『1』と『2』が収録されてるんだけど、やっぱりいつ見ても面白い〜o(≧▽≦)o
http://blogs.yahoo.co.jp/bxcjy980/36955142.html

*目障りなものたち:なかなかに話題になっているらしいです。
ま、、見るのは週末になるでしょう。。。未公開トークと、すべらない話のためになる話。
http://plaza.rakuten.co.jp/punchline/diary/200605250000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月30日 14:33 | コメント (0)

 

デスノート(公開中の映画)史上初!日本テレビでオンエア

「デスノート(公開中の映画)史上初!日本テレビでオンエア」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月25日収集分=

*waltz:私は少し病気です
明日の深夜からしばらく日テレつけて張り付いてなきゃいけないわけね? 上等!
http://star69.blog2.petitmall.jp/blog-entry-223.html

*タイトル未定:かわいいから
6月27日〜7月1日までの深夜に、日本テレビで本編の始め12分間を放送するそうですよ。
http://orangets.blog71.fc2.com/blog-entry-4.html

*ハッピーオーラ温泉:「デスノート」テレビで一部放送
映画は出だし好調みたいですねー。
http://blog.livedoor.jp/realkinglion/archives/50675669.html

*たろうの投資日記:ちょっと気になる映画
初めての試みだそうですが、原作もみたことがなく、かなり気になっていたので、いい企画ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/taro_toushi/36782310.html

*IROAIな日々:ブラス担当の大chan
公開中の映画を地上波で流すって、それもまだ始まったばかりの映画を!ビックリ.....なんてもんじゃないですよ。
http://iroai.jugem.jp/?eid=795

*テレビのアシタ→2.0:「デスノート」深夜でこっそりOn Air
「デスノート」が映画化されたわけですが、映画の冒頭部分がテレビで流れちゃうそうなんです。
http://blog.goo.ne.jp/future-tv/e/c4a7d61898d60ab4bb9bb70c30f89e75

*Kimiteru's Blog:冒頭12分じゃ
逆効果だと思いますす。 冒頭5分の若者どもの演技でのしょぼさ加減で萎えた私としては。
http://kimiteru.jugem.jp/?eid=445

*プラマイゼロ。:公開中の「デスノート」がTVでオンエア!
日テレHPによると、「話題沸騰DEATH NOTE そのまま見せちゃいますSP」と題して放送されるようです。
http://vivicha.air-nifty.com/blog/2006/06/tv_6b07.html

*ぐ:デスノート
あまりにも劇場に人が来ないので冒頭の12分を日テレで放送し人集めをするらしいw
http://blog.so-net.ne.jp/osm/2006-06-25

*NAVI † DIARY:デスノート・オンエア!
デスノート前編の一部ですが日テレ系で放映されるそうです。観客動員数がダヴィンチコードを抜いて1位とは・・・すごいですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/navipso/36779189.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月26日 09:10 | コメント (0)

 

井上真央『ゲゲゲの鬼太郎』ヒロインで妖怪との禁断の恋

「井上真央『ゲゲゲの鬼太郎』ヒロインで妖怪との禁断の恋」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月24日収集分=

*かわいい子だけ見ていたい:鬼太郎に真央ちゃん♪
「ゲゲゲの鬼太郎」の実写化って正直微妙だけど真央ちゃんでるならいいかも♪「花男」に続いての漫画実写化出演ですね。
http://blog.goo.ne.jp/binnbougami1986/e/0136572cba552371119cba378a89d029

*あははな日記:おい鬼太郎っ
その鬼太郎役はウエンツ君。相手役が井上真央ちゃん。相手役って猫娘??って思ってたら、人間で女子高生でした。
http://blog.goo.ne.jp/chee-ko_244nff/e/0ae2755766a063e001402980a7ddd866

*龍海博起の耳かき日記:映画「ゲゲゲの鬼太郎」ヒロインに井上真央
写真見る限り可愛いですね。(*^-^)ニコ。でもゲゲゲの鬼太郎の実写ってどうなんでしょう?
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroki_ryukai/36711741.html

*ねこ目大好きふり好き日記:井上真央、「ゲゲゲの鬼太郎」のヒロインに。
今や海外からも注目される事が多くなった日本映画。これで井上真央さんもハリウッド女優に一歩近ずくかも。
http://blog.livedoor.jp/hiroro_0223/archives/50826237.html

*夏希日和:妖怪との禁断の恋?!
来年4月公開の実写映画「ゲゲゲの鬼太郎」のヒロインに井上真央さんが務めることになったそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/natu8477/9255360.html

*犬神狂介の【狂人日記】・映画篇:実写映画版『ゲゲゲの鬼太郎』はラブストーリーに!?
ゲゲゲの鬼太郎(ウエンツ瑛士)とオリジナルのヒロイン=人間の女の子・実花(井上真央)のラブストーリーになるらしい。
http://kyoujin.exblog.jp/3293113

*友達が気に入っているれいなからの伝言:井上真央
幅広い活躍をされてるようですね。ウエンツも真央ちゃんも人間界の女の子役でよかったなぁとも思ったり。
http://blogs.yahoo.co.jp/nono_tan22/36723635.html

*そこはかとない生活:鬼太郎の映画化に期待してたけど
来年4月に映画化されるゲゲゲの鬼太郎ですが、その内容を聞いて唖然としました。
http://sokohakatonai.aniran3.com/?eid=275404

*実録!アパマンショップ岸和田店:ゲゲゲの鬼太郎に井上真央がヒロイン!?
皆さん知っていました??僕は最近知りました!!それで井上真央ちゃんがする役は鬼太郎に恋をするみたいですよ
http://www.rentalhouse.jp/kishiwada/2006/06/post_00fd.html

*あきらのグラビア・アイドルファンブログ祭り:井上真央 鬼太郎と・・
井上真央・長澤まさみ・堀北真希・市川由衣と大活躍だよね!次はどんなすごい女優が現れるのかな?
http://aidorudaisuki.seesaa.net/article/19790678.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月25日 16:41 | コメント (0)

 

セーラー服と機関銃(長澤まさみ)カ・イ・カ・ン!甦る

「セーラー服と機関銃(長澤まさみ)カ・イ・カ・ン!甦る」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月22日収集分=

*yabuDK note 不知森の記:長澤まさみで「セーラー服と機関銃」
薬師丸ひろ子の代表作ともいえる「セーラー服と機関銃」が長澤まさみでリメイク。なかなか面白い着想。
http://d.hatena.ne.jp/yabuDK/20060622/1150985444

*名無しの芸能観察記:リメイク失敗に懲りないTBS
「カ・イ・カ・ン」の名ぜりふを再現ねえ。なんか、その時点で既にオリジナルを越えないことは予感出来そうだ(笑)
http://blog.livedoor.jp/folder7/archives/50519855.html

*【30代 独身男の日常日記】:☆★リメークだそうです★☆
まさみちゃんはかわいくて("▽"*)良いのですが最近はドラマといい映画といいリメークが多い様な気もしますが・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/ss_tk100914/9117778.html

*ラララ ノンビリト アセラズニ。:カイカン
なぜ、今この時代に「セーラー服と機関銃」なのか…。とりあえず、長澤まさみを使っておけば、内容は何でもOKって感じなのか…。
http://blog.goo.ne.jp/lalala893ksb/e/e7f0c8892c66c542243620c016a9d4ac

*体重記録帳:信じるわ。
明は前作同様、酒井敏也にやってもらいてーよ。これほど25年という歳月を感じさせてくれるキャスティングはないからな。
http://ray-cosey.seesaa.net/article/19688349.html

*アイドル、芸能人に会いに行こう:セーラー服と機関銃
長澤まさみさん、主演でセーラー服と機関銃が復活するそうです。あれって、コメディーなんですかね。
http://making-up.seesaa.net/article/19690544.html

*女性・アイドル・新情報:TV版「セーラー服と機関銃」
薬師丸ひろ子主演で大ヒットした映画「セーラー服と機関銃」が、長沢まさみ主演でリメイクされることが分かった。
http://girl.paslog.jp/article/369679.html

*Monkey Dance on a "Rocking Horse":セーラー服と機関銃
うーん、長澤にセーラー服を着せたいというだけの企画のようにも思えるが、まあいいか。
http://mikasama.exblog.jp/5088926

*自称天才馬券師と相棒チビの部屋:セーラー服と機関銃
長澤まさみちゃんの「セーラー服と機関銃」楽しみですね!いまの若い人知ってるのかな?
http://blogs.yahoo.co.jp/jungle_p2005/38239536.html

*楽天市場で気楽にお買い物!:長澤まさみで甦る「セーラー服と機関銃」
女優、長澤まさみ(19)が10月スタートのTBS系「セーラー服と機関銃」で、連続ドラマ初主演するって!?
http://plaza.rakuten.co.jp/ebato/diary/200606230000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月23日 08:40 | コメント (0)

 

トム・クルーズ『M:i:III』プロモで新幹線ファンサービス

「トム・クルーズ『M:i:III』プロモで新幹線ファンサービス」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月18日収集分=

*ラララ ノンビリト アセラズニ。:トムのミッション
電車を借りきるって、前に韓流スターって言われる人がやりませんでしたっけ?
http://blog.goo.ne.jp/lalala893ksb/e/64c9762b1aa6a67bd96b71e9f350c0a7

*ぴかたみのまったりCafe:トムクル−ズ新幹線“極秘ミッション”
特別ダイヤで東京から新大阪まで運行し、車内で交流する前代未聞の“ミッション”を遂行することが決まった。
http://pikatami.exblog.jp/3987869

*ルイール スタッフブログ:夏休みに見る映画は・・・
トム・クルーズさんが7月8日の映画公開に合わせて、東海道新幹線「のぞみ」を貸しきってファンを招待するんだそうです。
http://blog.goo.ne.jp/rui-ru/e/111893095986c655b0ee47182f6a3283

*ハリウッドセレブ★最新情報:トム・クルーズが新幹線をジャック!
招待されたファンは、21日まで英語の猛特訓でしょうね(笑)トムの言っていることを聞き取りたいですもんね!
http://blog.hollywood-jouhou.com/?eid=265617

*本郷でGO!!:トム・クルーズ
「M:I:3」の宣伝で、新幹線をジャックして、東京−大阪間で150人の乗客一人ひとりと話す予定ですって。
http://ameblo.jp/mezaseusohappyaku/entry-10013382586.html

*ANDY DAYS:ミッション:インポッシブル☆エージェントIDカード☆
招待されたファン150人は、東京から新大阪までの車中、トム・クルーズと写真を撮ったり、1分程度の交流ができるのだっ!
http://plaza.rakuten.co.jp/iloveandy/diary/200606080001/

*ねたくり町:スパイは小道具だ。スパイキッズ向けおもちゃは本格派。
M.I.3の公開はいつだっけ?トム・クルーズがまた来日して、新幹線を貸し切るんだって?
http://d.hatena.ne.jp/joho1960/20060608

*あたしのイロイロな事情とイロイロな日常のこと:トム様
MI3のキャンペーンでトム様が来日するそうで、東京・新大阪間の新幹線を貸し切りイベントをやるそうです。
http://diarynote.jp/d/73225/20060601.html

*究極の日記:トム・クルーズ:新幹線貸し切り
トム・クルーズは嫌いだけど、ファンサービスとしては秀逸。ド派手で面白い。
http://d.hatena.ne.jp/Watarcha/20060614#p1

*エルダー807の日記:「M:i:III」のエージェントに選ばれました?!
トムと一緒に新幹線で大阪特別試写会に行くツァーなど申し込んだのですが、見事に落選。
http://plaza.rakuten.co.jp/elder807/diary/200606160000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月19日 08:31 | コメント (0)

 

デスノート興収100億円見込む香港・台湾公開も決定!

「デスノート興収100億円見込む香港・台湾公開も決定!」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月18日収集分=

*azuki diary:デスノート初日舞台挨拶
けっこう海外から上映の話しがきてて、台湾と香港で公開が決まってるそうです。配給は、かのゴールデンハーベストとか。
http://blog.goo.ne.jp/s-moon415/e/ff0e0c36fc6bf175eeb3ab7a2a2f5d63

*ふわふわ気分で:「デスノート」初日舞台挨拶、よかった〜
香港と台湾にも配給されるそう。たっちゃん、海外の観客の反応が見たいと言ってました。
http://blog.goo.ne.jp/kurumin7/e/d0eb50d8019150da68c9ee2e1fdb5e24

*抹茶クリームパフェ!:『デスノート』初日舞台挨拶
舞台挨拶では後編は香港と日本同時公開で、もしかしたら香港でワールドプレミア?なんて話しもでてました
http://blogs.yahoo.co.jp/sweetlove_515/36442167.html

*雑感:今日の竜也さん(「デスノート」ついに公開!!)
羨ましゅうございます。悲しいので記事をあさってみました。ここ「デスノート」香港、台湾上映だそうです。
http://zakkan.exblog.jp/3651270

*転職発電所:デスノート
デスノート面白そうだよね。さぁ、ランキング何位になるだろう!?
http://hatsuden.bblog.jp/entry/304649/

*Yasunobuは思ったままに書きつづる:さまざま
超人気コミック『デスノート』を実写化した『デスノート(前編)』が香港&台湾で公開されるそうです。
http://d.hatena.ne.jp/Yasunobu/20060618

*華麗なるレオン様の日記:むしろ父の日いらないんじゃない?(おい!)
記事になってたけど、デスノートの日本・台湾・香港同時公開とか香港でのワールドプレミアとかすごい事になってきたね〜
http://d.hatena.ne.jp/reonsama/20060618

*ペパーミントの魔術師:リュークってかわいいっ。〜「デスノート・前編」〜
あと昨日正式決定したそうなんだけど香港と台湾でも公開なんだそうな。ブームは世界へ・・?
http://cyberdoll.seesaa.net/article/19445267.html

*龍海博起の耳かき日記:「デスノート」、香港・台湾公開も決定!
意外といういう話って多いですよね。あのデビルマンでさえアジアで公開みたいなこといっていたので。
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroki_ryukai/36462512.html

*Fire walks with me.:興収100億円見込む「デスノート」、香港・台湾公開も決定!
デスノートのCMっていいよね。レッチリだもんね。
http://blog.goo.ne.jp/firewalkswithme/e/30ffe0a920e69c47d7366aa9a68e5e04

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月19日 08:28 | コメント (0)

 

トリック-劇場版2-(映画)仲間由紀恵/阿部寛ら舞台挨拶

「トリック-劇場版2-(映画)仲間由紀恵/阿部寛ら舞台挨拶」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月11日収集分=

*舞浜バイト日記!:映画トリック 2を見ました!
本当、面白かった!爆笑の嵐!江戸川区の河川敷が、ロケ地として映っていたのが驚いた!!
http://blogs.yahoo.co.jp/bon_voyage0707/37746890.html

*ウォーク・ザ・ライン 幸せへつづく道:トリック劇場版2
トリック劇場版2を見てきました!公開当日に行ったんですけど、もうすごい人でしたよ。
http://turbo-diary.blog.ocn.ne.jp/happylife/2006/06/post_b7d6.html

*無気力EveRydaY:すべてお見通しだ!
つーわけで劇場版トリック2観てきました〜!ワー!すんげー面白かった、つーよりかいつもどーりでよかったv
http://amalgum.jugem.jp/?eid=221

*柳よしのりの裏日記:全部お見通しだ〜!
「劇場版トリック2」を見てきました。あ〜〜何て言うか一言じゃ言えないですね。面白かったです。
http://d.hatena.ne.jp/yanagiyosinori/20060611/1150039698

*社会人からのフィギュアスケート:トリック2
これから見る方がいるので、内容については、内緒!でも、よくも悪くも、「トリック」で、私は面白かった。
http://blogs.yahoo.co.jp/yuuji0502/37424861.html

*つぶやくみのり:トリック2
トリック2を見てきました!!ドラマでちょこちょこ見てたので普通に楽しんで見れました。
http://sonomino.exblog.jp/2481051

*FULL MOON ♪♪♪:トリック2
トリックの劇場版を見て来ましたぁ^^面白かったぁよぉ個性的な登場人物がいつもながら笑えるし面白かったぁwww
http://blogs.yahoo.co.jp/oo_o_maya_o_oo/7731046.html

*おもっちゃ箱:トリック2!
いつもどおりの仲間由紀恵の絶妙な(?)ボケと突っ込み、阿部寛のまじめな顔してバカする演技、ハマります(>▽<)
http://blogs.yahoo.co.jp/hirohashi0128b/36168878.html

*針市のたそがれ紀行:劇場版トリック2 公開
「劇場版トリック2」公開しましたね。私は信者幹部役で登場します。トリックファンの方は是非見てくださいね♪
http://plaza.rakuten.co.jp/rodeodrive/diary/200606100000/

*かきっち日記:デート
トリック2は、山田(仲間ゆきえ)と上田(阿部さん)のコンビが面白かったワハハ(笑)
http://kakicchi.blog58.fc2.com/blog-entry-75.html#more

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月12日 08:19 | コメント (0)

 

東京タワー(リリー・フランキー)映画化、オダギリジョー主演

「東京タワー(リリー・フランキー)映画化、オダギリジョー主演」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月10日収集分=

*『生活小説』生活:リリー・フランキーの「東京タワー」、オダギリ・ジョー
監督は、松岡錠司。オカン役は樹木希林。監督、松岡錠司かあ。「バタアシ金魚」、見たなあ。
http://seisyo.exblog.jp/3716649

*箱舟は今日も:東京タワー・映画化
「東京タワー」映画化。オダギリジョーはいいですよ。オトンの小林薫もわかる。
http://moon.ap.teacup.com/trustno1/405.html

*三日BO-ZU:オダジョー
オダジョーといえば、リリー・フランキーの『東京タワー』が映画化。主役がオダジョー。
http://mikkabo-zu.seesaa.net/article/19099165.html

*Rockin’Lovin:「東京タワー」映画化!
脚本はリリーさんの希望もあって、松尾スズキが担当。8月にクランクイン予定で、来年4月公開予定らしい。
http://rockin-lovin.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_286e.html

*雨雲日和:オダギリジョーvs大泉洋?
映画版のボクはオダギリジョーですか。ちょっと男前過ぎやしないかい?(大笑)
http://blog.goo.ne.jp/raincloud/e/820ad9164586ab4ed3fd6e2e3e64ca15

*なんでもカルチャーブログ:リリー・フランキーさんの自伝的ベストセラー小説「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が映画化へ
映画は来年4月公開予定だそうです。評判の小説の映画化・・・楽しみですね。
http://nandemo-c.jugem.jp/?eid=265

*そ日記:ジョーさんとヨウさん
「東京タワー」映画化決定だそうでね 来年4月公開との事ですよ 映画バージョンのボクはオダギリジョーさんですってよ。
http://sobu.blog55.fc2.com/blog-entry-102.html

*CRUCIAN CARP:リリー・フランキー氏「東京タワー」映画化
私絶対見るし!!!「東京タワー」めちゃ泣いたし!!(o>ロ<)oめちゃ感動したし!!!
http://shiga-funa.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_5897.html

*BGM:おぉ〜。
「東京タワー」の映画化。脚本が松尾スズキなんすね。ぬなっ、読まぬつもりだったが脚本との差を見る為に読まねば。
http://q-ta.jugem.jp/?eid=81

*戸塚祥太と山田涼介:映画化
キャストはオダギリジョー・小林薫・きききりん。オダジョーときききりんだと親子より祖母と孫の関係にみえる。
http://nonom.blog19.fc2.com/blog-entry-123.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月11日 08:33 | コメント (0)

 

ダ・ヴィンチ・コード上映打ち切り(中国)国産保護が理由

「ダ・ヴィンチ・コード上映打ち切り(中国)国産保護が理由」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月9日収集分=

*わたやんの団塊世代応援ブログ:中国で「ダ・ヴィンチ・コード」上映
中国の英字紙チャイナ・デーリーは9日、米映画「ダ・ヴィンチ・コード」の上映が8日で打ち切られたと報じた。
http://plaza.rakuten.co.jp/myledcopen/diary/200606090005/

*OHSIYH@tourwrite:@ダヴィンチコードが中国で上映制限。
あーらまwwwインドで上映延期になった次は、中国で制限っすね| 壁 |д・)
http://ameblo.jp/ohsiyh/entry-10013424505.html

*Free Diary:あらら・・
面白そうな映画ですけどちょっとこういうのがあると・・見る気にならないですねぇ・・
http://blog.goo.ne.jp/upinnko529/e/b2d7d88b036c3d5c8eabaf0da584311d

*狂人の☆の 〓ネコと暮らす独身男のつぶやきブログ〓:中国で上映打ち切り
中国政府は、少しでも民衆の騒動の素になりそうな事に敏感になってるようです。
http://ameblo.jp/kyoujinnohosi/entry-10013427502.html

*しーぐぅの茶・チャイナなBlog:上映中止?上映制限?どうなる中国での
「中国国産の作品を保護するため」って言ってるけど、絶対政治的判断が働いてるよ。そういうお国柄ですから。
http://blog.livedoor.jp/sdi116/archives/50678299.html

*時事チップス:「ダ・ヴィンチ・コード」大盛況&中国では上映禁止
観たいのう。地上波でやる日を気長に待つ。
http://blogs.yahoo.co.jp/rekishi_chips/36060608.html

*平熱回路:中国の映画検閲
そういうことを、中国の国民は理解すべきだし、政府もそれを促していくべきだと思う。
http://heinnetu.seesaa.net/article/19046966.html

*Idler Blog:中国で「ダ・ヴィンチ・コード」上映打ち切り
いかにも、中国らしい対応です。こっちのニュースでは、打ち切りではなくて制限となっていますが、よくわからん。
http://zubuneri.blog4.fc2.com/blog-entry-926.html

*〜Easy come,easy go!〜:ダ・ヴィンチ・コード
中国ではダ・ヴィンチ・コードの人気があまりにもありすぎて他の国内映画の経営が不振になってしまっているからだそうです。
http://d.hatena.ne.jp/koko_elt/20060609/1149855397

*余談・・・。:余談598
どうやら中国にも政府公認のカトリック教徒の団体があるらしく、そこがボイコットを呼びかけたとか。
http://spaces.msn.com/photokaneko/Blog/cns!E87FB70E1355E463!1165.entry

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月10日 07:51 | コメント (0)

 

米人気TVシリーズ『24』が映画化へ

「米人気TVシリーズ『24』が映画化へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月9日収集分=

*彩賀の徒然なるままに…:【24】果たして,リアルタイムで描かれる…の?
『24』が映画化になるという噂は,以前から噂で聞いた事があったものの,ようやくプロジェクトとして活動し始めた
http://blog.goo.ne.jp/psyga_liberty/e/479b184c14db4601d97d33d8871f54fe

*シュウイチ、映画Life:「24」が映画化!
来年の春から夏ね!楽しみだなぁ…(*^_^*)
http://em-life.seesaa.net/article/19020933.html

*In Another World:24映画化!?
ま,まさかあの24が映画になるとは・・・ドラマシリーズのファンとして期待せずにはおれません.
http://fridy.blog67.fc2.com/blog-entry-17.html

*momijiの お気楽DVD生活:「24」映画化
24」の製作チームと映画会社20世紀フォックスで、いよいよ映画化!?たぶん、絶対・・見に行くだろーな・・
http://plaza.rakuten.co.jp/gennkimisaki/diary/200606080000/

*記憶の書:それって同じ物?
それが映画化。当然24時間映画なんてはずはなく、3時間×8本の映画とかでも無いだろう。それじゃ売れるはずがないw
http://www.doblog.com/weblog/myblog/71604/2615720#2615720

*自分の部屋:米人気TVシリーズ「24」が映画化へ
見たいなこれは、早く完成、日本公開待ってるよ
http://plaza.rakuten.co.jp/jhiojp/diary/200606090002/

*Kiefer!!Alldaylong・・:映画「24」とダイハード4 & アンジー赤ちゃん
「24」はいつもの事だけどね。ボランティア東京宣伝部長だから。 しつこい程これからも ブログに載せるけど。
http://plaza.rakuten.co.jp/08140814/diary/200606090000/

*☆☆ 結婚します! た。☆☆:すぬちゃんのオムライスと、はなちゃんの餃子
って言ってても ジャックファンの私と旦さん、この映画は見ますよ!絶対に見ますよ〜〜〜〜
http://blog.goo.ne.jp/septcandy/e/373be413b9b46d46b98a7ae7575d80e9

*たくみさんのなんとなぁくでいこうか:24映画化
うーん、24時間やらないと24ではないと思うのだが。。。。それとも3時間×8本構成!
http://mp.i-revo.jp/user.php/ncyjbmai/entry/27.html

*Association Of Perhaps:24がキタ---------------------------☆
ぜってー見る!!!やばぃ熱いよッこれ☆絶対見に行こう、N!!!やばぃ、シーズン5も来るし・・・映画も来るし・・・
http://shoukoshou.exblog.jp/4961007

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月10日 07:49 | コメント (0)

 

ジョニー・デップとオーランド・ブルーム(ジャパンプレミア)

「ジョニー・デップとオーランド・ブルーム(ジャパンプレミア)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月8日収集分=

* ビター☆チョコ:おろおろ。。。
7月9日、デップとオーリー、ツーショット来日。きたっ〜〜〜てゆうか、来る〜〜〜ですかこの場合。
http://blog.goo.ne.jp/azuzu303/e/ceed8ddeea078634a78e5923751a46d4

*シネマでお邪魔〜♪(Johnny館):ジョニー・デップ来日決定!!
ジョニーがぁ〜〜〜ジョニーが来日ですよぉ!!7月9日にオーリーと一緒だって。。
http://ameblo.jp/axel/entry-10013361992.html

*人生くよくよするには短すぎる「日々、ポジティブ・シンキングで暮らしたい!!」:パイレーツ・オブ・カリビアン「デッドマンズ・チェスト」
来月「ジョニー・デップ」と「オーランド・ブルーム」が来日すると今朝のテレビで伝えられていました。
http://kenchikukanotuma.seesaa.net/article/18987458.html

*映画とワンピースのこでまり日記:リュークとX-MEN3とジョニデとオーリー
7月9日にジョニー・デップとオーランド・ブルームがダブルで来日するらしい。もちろん、パイレーツの宣伝
http://blog.goo.ne.jp/kodemari44/e/d85b3d05716e83e2ae5bc619135c4e8b

*月ひかるの日記:ジョニー・デップとオーランド・ブルームが「パイレーツ・オブ・カリビアン2」のPRで7月9日に来日!
ジョニー・デップ(42)とオーランド・ブルーム(29)が、7月9日に来日することが明らかになりました
http://plaza.rakuten.co.jp/tukihikaru/diary/200606080000/

*MY BIG PUPPY DOG:胸がイタイ・・・
パイレーツ・オブ・カリビアン」のPRのため、二人揃って、7月9日に来日するそうです。しかも日曜日!
http://blog.goo.ne.jp/ami-at_opera/e/f94855ba4169d86ab236ea7d494c3850

*ふりむけば人間ウォッチング:ジョニー・デップ来日で、どうやったら会えるの?
職場でも私と同じにジョニー・デップファンが何人かいて、その人たちの間ではその話題で小盛り上がり。
http://ameblo.jp/mydearjohnnydepp/entry-10013372067.html

*MAしゃまとアナマリア☆の独り言:来日決定〜♪
ジョニー&オーリーの来日が決定したと情報があった!寝坊して・・・7時30分に起きたとたん〜その知らせが・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/johnny119/diary/200606080000/

*おつかれかあさんの毎日:ジョニー・デップ来日!
7月9日、ジョニデとオーランド・ブルームが日本に来るそうです!ジャパンプレミアっていうの見たいなぁ。
http://miedon-3.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_1415.html

*毎日適温!:どうか!!
ジョニーの来日が決まったそうですね。うわぁ〜ますます行きたいっ!!そうそう!オーリーも来るとか。
http://mainititekion.blog55.fc2.com/blog-entry-38.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月09日 13:23 | コメント (0)