アート/エンタメ
blog-headline+

 

クワイエットルームにようこそ(内田有紀:主演)

「クワイエットルームにようこそ(内田有紀:主演)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「松尾スズキの小説を、松尾自身が映画化した異色コメディー。精神科の閉鎖病棟に閉じ込められたヒロインの奇妙な入院生活を描いています」



=2007年10月22日収集分=

*かふぇ・べいぶ別館:クワイエットルームにようこそ(渋谷・シネマ・・・
「恋の門」のようなアバンギャルドな映画だと思って甘く見ていたのだが,以前とまったく異なり非常にまともな映画
http://d.hatena.ne.jp/cafebabe/20071021/1193011956

*甘噛み日記:シネマルームへようこそ
人間関係などを松尾スズキ目線でとても細く、軽すぎず、重すぎずに描いていてとても魅力的な映画でした。
http://blog.livedoor.jp/clamato/archives/51016859.html

*我、日々思フコト。:クワイエットルームにようこそ
映画を観てみてですが……素晴らしかった!!!いろんな感情を引き起こされて、凄く見応えのある作品でした。
http://kirei-na-anego.seesaa.net/article/61901735.html

*なっとう、ねばねば:クワイエットルームにようこそ
内容は、満足でした☆原作を読んでいたけど、やはり記憶漏れがあって新鮮に観れたし。
http://blog.goo.ne.jp/betamoko/e/8a668b765ef8e807f96ab7fff5998993

*FEELING PLACE:クワイエットルームにようこそ
「恋の門」は、なんだか微妙だったが、この映画はとてもいい。これこそが、松尾スズキ!!とでもいうべき面白さ。
http://entaisland.exblog.jp/6423082/

*FaBlog:イトシアでクワイエット
「あれ?これコメディなのかな?」と思ったのですが、中盤から終盤にかけてはシリアスで知らず知らずのうちに内容に引き込まれました。
http://blog.goo.ne.jp/kwp_tk/e/4822fa7f93d82f09ee63f20ec02daa50

*ゆうなのブログ:またまた
今日が3回目だったのだが、今日が1番号泣した。西田さんが手紙読み出して、明日香と鉄ちゃんの喧嘩の辺りほんとに涙が止まらなくなった。
http://06540263.at.webry.info/200710/article_8.html

*根無し草のつれづれ:映画『クワイエットルームにようこそ』
精神科の女性閉鎖病棟を舞台にした、ゲラゲラ笑える作品ではありましたが、後半に向かうに従い切ないシーンもあるような傑作でした。
http://blog.goo.ne.jp/heromorris/e/84ea2bdb0bdd25d14f9b1bbb71d87d1f

*23造里△靴△函Дワイエットルームにようこそ
きっとこの世界を生きている誰もが 目醒めたら「そこ」にいてもおかしくはない
http://23centi.blog98.fc2.com/blog-entry-57.html

*魂ころがして。:『クワイエットルームにようこそ』
こわいものはこわく、面白いものは面白く撮られていたことが すごくリアルだった。
http://it5uka.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_f9ab.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:125映画/ビデオ/DVD | 投稿者 xbheadjp : 2007年10月23日 16:29

■コメント

コメントしてください




保存しますか?