アート/エンタメ
 

キース・ヘリング美術館(KEYFOREST871228)(山梨県)

「キース・ヘリング美術館(KEYFOREST871228)(山梨県北杜市)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「4月にオープンしたばかりのキース・ヘリングのコレクションのみを展示する、プライベート美術館。建築家 北川原温氏による建物も必見です」



=2007年9月22日収集分=

*followdot:バスハイク2007より (from+062)
純粋にキース・へリング、またはあるインスタレーションまたはアトラクション的な気分で行ってみたら、良いとは思います。
http://followdot.exblog.jp/5635948/

*ぷらんたー菜園:山梨に日帰りで行ってきた〜。。
『キース・ヘリング』というアーティストだけのコレクションを展示している世界初プライベート美術館だそうです。。
http://blogs.yahoo.co.jp/kjmtphb/14833067.html

*375logy:美術館巡り
建物自体もめっちゃ斬新な感じだし、中のキースへリングワールドもポップアート感満載で楽しかった☆
http://petitelephant.blog94.fc2.com/blog-entry-657.html

*ぼやろぐ:夏休み 展覧会行ってやれ祭り vol.15
キースへリングの作品が展示してある個人美術館。北川原温 設計。展示空間と作品も一体的に楽しめます。
http://raytus.air-nifty.com/boyalog/2007/09/vol15_c67f.html

*ashiato:北日本ぐるり旅 山梨の巻
まだ真新しいせいかもしれないが、白と赤で塗られた壁面は山の緑の中でしっかりとした存在感を見せていた。
http://goodtimes8.exblog.jp/6035788/

*OIKOS:KEYFOREST871228
キースヘリングの個人コレクション美術館。まず建物の外観に驚かされるけれど、その場所にしっくり収まっているのは不思議だな。
http://oikos.jugem.cc/?eid=247

*極上のひまつぶし研究日記:八ヶ岳アートな休日その1
チラリと見える建物が唐突でいいですね!建築オタク的には建物を見に来た訳ですが。。キースの作品ももちろん見ます♪
http://blogs.yahoo.co.jp/gokujyounohimatubusi/35435018.html

*初転職活動:信州旅行六日目
美術館の入り口がわからず、レストランの人に聞きました。私は入ってすぐの「闇」を表している所が面白かったです。
http://ameblo.jp/zhizi/entry-10044524570.html

*switch C/L:KEYFOREST871228
そのコレクションを、建築家 北川原温氏により、キース・ヘリングと彼が駆け抜けた時代が併せもつ「光と影」を表現した空間に展示。
http://blogs.yahoo.co.jp/mathematica10/36728701.html

*美・食・住:キースヘリング美術館
美術館の屋根を撮ってみた。独特なデザインがかっこいい。 森の中にある赤と白の屋根は存在感があります!
http://saporo.blog99.fc2.com/blog-entry-136.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月25日 00:03 | コメント (0)

 

Bunkamuraザ・ミュージアム(東京都渋谷区)

「Bunkamuraザ・ミュージアム(東京都渋谷区)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「渋谷の道玄坂にある企画、展示を運営の主体とする美術館。近代美術の流れに焦点をあてた展覧会が開催されています。」



=2007年9月20日収集分=

*lair:ヴェネツィア絵画のきらめき
知ってる画家さんはおろか知ってる美術館もなかったっつうTHE★無知。 ヴェネツィアという響きに惹かれて行ってみたのでした。
http://loti.blog71.fc2.com/blog-entry-156.html

*Senfsfeld〜セイヨウカラシナ〜:ルドンの黒/Bunkamuraザ・ミュージアム
Les Noirs de Redon ルドンの黒 眼をとじると見えてくる異形の友人たち 渋谷東急Bunkamuraザ・ミュージアム
http://blogs.yahoo.co.jp/sa2mari_de/17017737.html

*POMONE ET POMME:ヴェネツィア絵画のきらめき
渋谷のbunkamuraザ・ミュージアムで9月2日から始まった「ヴェネツィア絵画のきらめき」に行ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/naoka17/2110661.html

*たれなり徒然記:芸術の秋(予定)・その3
Bunkamuraザ・ミュージアムを見つけました。これも行きたいかも。でも、渋谷だと六本木や上野とちょっと離れてるかな。
http://tarenari-diary.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_794d.html

*Stray Sheep:ジョン・エヴァレット・ミレイ展(仮称)
来年の話ですが、bunkamura ザ・ミュージアムでジョン・エヴァレット・ミレイ展(仮称)が開催されるそうです!
http://blog.livedoor.jp/lily69/archives/51060303.html

*My daily life and memories of overseas:fine settimana.
渋谷は凄く人がいっぱいで、ちょっと疲れるけど、ミュージアムは静かだし、なんか贅沢な時間を過ごしている気分。ちょっとハマリそう!
http://sak3122rb.exblog.jp/6111056/

*errance ... ecumes des jours:ルドンの黒 Les noirs de Redon
8月中に渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムに「ルドンの黒」を観に行ったのだけど、長らく感想書かずに放置してました。
http://blog.livedoor.jp/errance/archives/51050063.html

*GOD’S 新藤酒店 Blog:ヴェネツィア絵画のきらめき
栄光のヴェネツィア絵画 71作品の「ヴェネツィア絵画のきらめき」 をBunkamuraザ・ミュージアムで愉しませ てもらった。
http://gods.blog2.fc2.com/blog-entry-671.html

*福原はるかの理性の悲観主義、意志の楽観主義:少し遅い夏休み
BunKamuraザ・ミュージアムで開催中のヴェネツィア絵画のきらめきを観に行ってきた。美しかったです。こころ洗われます。
http://harukahuku.exblog.jp/6152664/

*つまずく石も縁の端くれ:ヴェネツィア絵画のきらめき Bunkamura・・・
ルネサンスのティツィアーノ、ティントレットから、18世紀までの作家の作品約70点を紹介するというこの展覧会。
http://plaza.rakuten.co.jp/ennohasikure/diary/200709160000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月21日 07:47 | コメント (0)

 

ダイアログ・イン・ザ・ダーク 2007 東京(東京都港区)

「ダイアログ・イン・ザ・ダーク 2007 東京(東京都港区)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「9月13日から12月19日までの90日間、東京都港区の旧赤坂小学校にて行われるワークショップ形式の展覧会。真っ暗闇の空間を、視覚以外の感覚を使って体験します」



=2007年9月13日収集分=

*とぽとぽノート:ダイアログインザダークに興味
TBS主催の「ダイアログインザダーク」に興味津々 暗闇の中で五感などを研ぎ覚ますというもの。らしい。
http://blog.goo.ne.jp/superbeach/e/e7d993d3c0d0c049c0fbf39d94cfb943

*E!:0909 0746
取れた…! チケットとれたー! ダイアログインザダーク!! すげぇよ日曜ほとんど埋まっちゃってるよ(;・・)
http://itujp.blog96.fc2.com/blog-entry-34.html

*Re:commend:見えない
昨年はディオールとの企画で注目されてましたが、今年もいよいよ明後日から。見事に土日満席ですが是非とも参加してみたい!
http://d.hatena.ne.jp/koumerci/20070911/p1

*泣きながら疾走するブログ:ダイアログ・イン・ザ・ダーク 2007 東京
暗闇の中を1時間歩く。なんという童貞スチュエーション!いきおいで2枚取ってしまった。それまでに彼女が出来ますように・・・。
http://yaplog.jp/nakisitu/archive/71

*Femme fatale:27年間で、いちばん長い一時間。
本当に、目の慣れることのない闇が、そこにはあった。 『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』に行ってきた。
http://mukasa.blog82.fc2.com/blog-entry-85.html

*日々日進月歩:2007/09/10 (Mon)
廃校になった旧赤坂小学校って… そそられる〜 アート色が強いらしいのですが、まっくらってどんなんだろう。 と、今から楽しみです。
http://picturesquemi.blog89.fc2.com/blog-entry-177.html

*スナッフィ〜。の日記:DID
またやってますね、ダイアログ・イン・ザ・ダーク。今回はひとりで参加してみます。
http://plaza.rakuten.co.jp/pintonahinto/diary/200709100000/

*え の ぐ 。:見えない。が、見える。
同じように私達も何も見えなくなる中で 彼らはまるで見えているかのように的確に頼もしく歩いて案内してゆく
http://champyon.blog69.fc2.com/blog-entry-62.html

*酔拳の王 だんげの方:暗闇の中を散歩し、真っ暗なバーで酒を飲む・・・
今日から東京赤坂で開催されてます。 ちょっと上の文を読んで感銘を受けたので行ってみます。
http://d.hatena.ne.jp/dangerous1192/20070913/p1

*EASTWOOD☆WESTWOOD:真っ暗闇体験ツアー「ダイアログ・イン・・・
自分の体すら見えない暗闇に見ず知らずの人と閉じこめられたら−−そんな未知の体験ができるアート展らしいです。
http://eastwoodwestwood.blog49.fc2.com/blog-entry-91.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月14日 07:34 | コメント (0)

 

グレゴリー・コルベール アッシュ&スノーinノマディック美術館(東京・お台場)

「グレゴリー・コルベール アッシュ&スノーinノマディック美術館(東京・お台場)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「グレゴリー・コルベールのAshes and Snowを展示するために坂茂氏が設計した移動式美術館。6/24までお台場で「動物と人間が共存した姿」の作品が展示されていました」



=2007年6月27日収集分=

*prologue:Ashes and Snowとalksndla。
ノマディック美術館〜Ashes and Snow〜ついに終わってしまいましたね。もう一度くらい、見てみたかったんですが。
http://u30.cocolog-nifty.com/prologue/2007/06/ashes_and_snowa_f2ed.html

*クラニエルの日記:遅くなりましたが、、、、
写真を和紙に印刷したものでとても写真とは思えないような風合いを持ち、感動してしまいました。
http://blog.so-net.ne.jp/kuranier_ro/2007-06-27

*ずむずむずーむ:ノマディック美術館 最終日
ash and snowの展示の為に建てられたもの。建築家坂茂氏によって設計され、美術館ごと世界をまわっています。
http://www.zumzumzoom.com/2007/06/post_12.html

*青山インテリア倶楽部:グレゴリー・コルベール(ノマディック美術館)
コンテナとテントの、坂茂設計によるお台場に造られた仮設美術館。24日までだった。
http://aicaic.exblog.jp/7026035

*きょうのいちまい・・・ひごろぐ・・:ノマディック美術館
この美術館はグレゴリー・コルベールというアーティストの「ashes and snow」展のためにつくられた移動&仮設美術館.
http://ikmo.blog.drecom.jp/archive/317

*真っ直ぐ生きる田舎娘のブログ:グレゴリーコルベール
きっと日本人は皆、合成じゃないの!?と感じるような世界です。それは自分の周りには絶対に無い世界。
http://www.rocket-web.net/blog/maki/2007/06/post_59.html

**Daily Pretty*−Prettyのかわいいもの日記−:ノマディック美術館。
神聖な空気に包まれた会場では、人間と動物たちの素敵な写真、映像。そしてすばらしい建築を見る事ができました。
http://prettypretty.jugem.jp/?eid=251

*けんちゅん日記:ノマディック美術館
日曜日の夕方ノマディック美術館 in お台場に行ってきました。
http://ameblo.jp/kenchun/entry-10037952616.html

*Towers,Tokyo:ashes and snow
グレゴリー・コルベール、ノマディック美術館。入った瞬間、天井たかー!と思った、したら、17mです、ってじまんげに書いてあった
http://blog.livedoor.jp/stereostereo/archives/51007035.html

*THE BOYAKI:ノマディック美術館
先日、グレゴリー・コルベール『animal totems: a prelude to ashes and snow』ってのを見に行ってきた。
http://blog.goo.ne.jp/zvezdochka1984/e/200641af62c768100deba8b4028d4ab6

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月28日 07:25 | コメント (0)

 

ル・コルビュジエ展 in 森美術館(東京都港区)

「ル・コルビュジエ展 in 森美術館(東京都港区)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「建築界の巨人と呼ばれるル・コルビュジエ。実寸大のアトリエや、建築、絵画、家具までの多彩な業績を約300点が展示してあります」



=2007年6月19日収集分=

*おきにいり:ル・コルビュジエ展
見どころの実寸大の再現がよかった。集合住宅の吹き抜け、上りやすい階段、実際に使われていた小さいキッチン。
http://catmint-vic.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_6689.html

*crea que si:ル・コルビジェ展@森美術館
コルビジェ予習その2ですが、森美術館で開催中のル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡へ行って来ました。
http://xiaoguang.jugem.jp/?eid=71

*みんすまスタッフひとりごと:「ル・コルビュジエ展」に行ってきました
もちろん展示は設計図ばかり・・・と思いきや、若い頃の絵画作品からスタートしていました。
http://blog.37sumai.com/staff/2007/06/post_529.html

*シャブログ:ル・コルビュジエ展
コルビュジエの絵が多く展示してあるのですが、これがどんどん抽象画みたくなって、わけがわかんなくなっていく様が凄まじい
http://syakoku.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_1b5b.html

*ホトケ様のよう:ル・コルビュジエ展
関連ビデオも放映されていて、更に彼のアトリエ、集合住宅の一室、彼の終の棲家の再現空間が体験できる展示となっていて、楽しめました
http://hotoke.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_6689.html

*COOCAN STAFF BLOG:ル・コルビュジエ展
また、実寸大に再現した建築模型の中で彼の家具や作品を 鑑賞できるとのこと。
http://coocan.blog73.fc2.com/blog-entry-224.html

*古民家ギャラリーJ.FORME-ジェイフォルム:LE CORBUSIER ・・・
今回行った森美術館の展示物には、彼が設計した住戸を原寸で再現したものがいくつかあり、そのサイズを体感するこもできます。
http://blogs.yahoo.co.jp/jformej/47701744.html

*d.d.b.:森美術館:ル・コルビュジェ展
入口付近にはアトリエが再現され、数多くの模型とスケッチ、映像、実寸大に造られた模型の中に入ることも出来き、かなり見ごたえがありました。
http://blog.defidesign.jp/?eid=459099

*Living with a season! 〜季節のある暮らし〜:ル・コルビュジエ展・・・
今回の展示会は、コルビジェの生誕120年を記念して、彼の絵画、家具、建築という幅広い作品が楽しめました。
http://blog.goo.ne.jp/leaf-october/e/96b384babf12c0d2ba67e501078a8b52

*コロコロ建築日記:東京2日目
コルビュジエの絵画、図面、模型、映像、そして実寸大の模型が展示されていて、見所満載の内容でした。
http://kuusou.exblog.jp/5926065

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月20日 07:55 | コメント (0)

 

黄金の兜の男(レンブラント)真作か 大阪の社長が所蔵

「黄金の兜の男(レンブラント)真作か 大阪の社長が所蔵」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「すごいですね!一体どのような経緯をたどって大阪の社長さんの所にいったのでしょうか?オランダ「レンブラント調査委員会」で本物とされたら、またニュースになりますね」



=2007年3月16日収集分=

*行政書士雨堤孝一事務所ニュースページ:レンブラント「黄金の兜の男・・・
日本でも人気の高いオランダの画家ですが、この発見によりこの作品に更に注目が集まるかもしれません。
http://blog.livedoor.jp/amazutsumi1/archives/53111784.html

*yahooニュース最前線:「黄金の兜の男」の真作
ものすごくいい絵を描く。素晴らしい作品を後世に残してくれた偉大なる画家だと思う。心が洗われた。
http://yahoonewsjp.blog97.fc2.com/blog-entry-9.html

*$dom:Rembrand
えっ何!レンブラント??!私の大好きなレンブラントーーー??!ええええ真作って何!レンブラントさん大好きで大尊敬してますの!
http://norh.blog81.fc2.com/blog-entry-398.html

*Natural life:黄金の兜の男 真作!
この真作が日本で見つかったなんて、なんかすごいですよね。こんなちっぽけな日本で、こんなすばらしい巨匠の作品が眠っていたなんてね。
http://ameblo.jp/salt-therapist/entry-10028117249.html

*atmosphere:黄金の兜の男
黄金の兜の男。江戸川乱歩作品につきそうなタイトルー!大阪でレンブラントの作品がみつかったそうです。真作だそうです
http://ameblo.jp/antenna/entry-10028148065.html

*芸能ニュースをネコが斬る!:「黄金の兜の男」真作か
意外なところに本物ってあったりするんだよね★ 贋作も巧妙すぎるから…ホントに鑑定って難しい(●´Д`●)
http://nekonyan0912.blog97.fc2.com/blog-entry-2.html

*巷の話題取り上げてみました:レンブラントの真作か?
そのレンブラントの黄金の兜(かぶと)の男という作品の真作がどうやら日本で発見されたようです。
http://wadaitokumori.seesaa.net/article/36123549.html

*必殺yahoo newsの蟲の知らせぃ!:真作か偽作か?レンブラントの「黄金の兜の男」
こういう真偽を確かめるのってなんか楽しいです。なんでも鑑定団とか
http://yahoonewsyomu.blog96.fc2.com/blog-entry-138.html

*つれづれ日記:またえらい所から見つかりましたね。
「黄金の兜(かぶと)の男」という作品を、大阪市の会社社長が所蔵していることが14日分かりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1939jpjp/47739251.html

*DJ_hiraiwa:光と影の魔術師
僕の好きなオランダ最高の画家、レンブラント・ファン・レインの真作らしき作品が関西の地、大阪で見つかったみたいです。
http://ameblo.jp/dj-hiraiwa/entry-10028134348.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年03月17日 08:19 | コメント (0)

 

岡本太郎さん幻の作品発見=油彩画『電撃』一般公開へ

「岡本太郎さん幻の作品発見=油彩画『電撃』一般公開へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「59年ぶりに発見とはすごいですね!このニュースを知って、一般公開を待つファンの方たちはきっといっぱいいることでしょう・・」



=2006年11月28日収集分=

*ぱんたー:『電撃』
丘の上で男が電撃を食らっている作品。先ほどNHKで絵が映っていました。すごいですね。電撃に撃たれている男から、逆に勢いを感じます。
http://plaza.rakuten.co.jp/koppepanta/diary/200611280000/

*イラストレーションラピスクラフト:岡本太郎さんの名画
「電撃」という絵だそうです。私は少し怖い絵だと感じてしまった…修復されて、早ければ来年には一般公開されるとアナウンサーの方が言っていました。
http://blog.lapiscraft.com/?eid=441988

*同じ空の下で 〜 To you who do not yet look 〜:Taro Okamoto
岡本太郎という芸術家は、生き方そのものが芸術だった。僕は作品のことはよくわからないが、彼の生き方には非常に興味を持っていたし彼の言動が好きだった。
http://ameblo.jp/aloha-spirits-yoshi/entry-10020702092.html

*幻の青い空:雨
今日も雨が降ったりやんだりしていました。岡本太郎氏の“幻”になっていた絵が見つかったそうです!
http://aoisora.exblog.jp/5044945

*tajiManiac*Love:岡本太郎さんの幻の作品が発見された
今NHK19時からのニュースで、岡本太郎さんの『電撃』という作品が59年ぶりに見つかったと報道されました。
http://19950714fri.blog74.fc2.com/blog-entry-58.html

*Commonscapes:岡本太郎の幻の作品「電撃」が発見された?
ちょっとしか見えませんでしたが、デッサンが気になります。誰がモデルなのか分からないけれど、おそらく岡本敏子さんがモデルなのではないかとニュースでは話されていました。
http://commonscapes.blog69.fc2.com/blog-entry-67.html

*おばさんは元気:岡本太郎美術館
岡本太郎の幻の作品が発見された。と今日ニュースになっていました。昭和22年5月から行方不明になっていた、初期の油絵『電撃』です。現存する中では、もっとも古い作品だそうです。
http://h764582.reallabo.com/e563.html

*今日のニュース:岡本太郎さんの幻の作品発見
岡本太郎さんには、お会いするチャンスがなかったのだが、岡本敏子さんには、生前よく仕事でお世話になった。岡本太郎さんの作品はどれも本当に迫力がある。
http://news2007.blog78.fc2.com/blog-entry-2.html

*ヲタ語り:再放送、見逃したってばよ。
岡本太郎さんの幻の絵が見つかったそうですね。名言「芸術は爆発だ」デイダラもそんなこと言ってるね。
http://blog.goo.ne.jp/sinn-sinn/e/6acbea16cb7dfb25c080aadadd010564

*ふるさと☆CM★NAGANO:電撃!!
岡本太郎氏の幻の油彩画がみつかったそうです。タイトルは「電撃」ラジオで聞いてきになっていたんだけど、作品の写真がすぐに見ることができる。ネット社会の恩恵です。
http://blog.livedoor.jp/hex231/archives/50905972.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月29日 07:26 | コメント (0)

 

大竹伸朗『全景』(個展)吹き荒れる旋風

「大竹伸朗『全景』(個展)吹き荒れる旋風」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「異才画家の大竹さん。個展が開かれたり、エッセー集、画集も連発。雑誌も特集を組んでいるそうです。作品はもう2万点あるそうです!」



=2006年11月23日収集分=

*miyagi masako architect design office:大竹伸朗展+東京現代美術館.
大竹さんというアーティストは、とても振り幅の広い作家さんだった。歳によって、作風が違う。わたしが大好きだったのは、30代後半の作品。
http://blog.miyagimasako.com/?eid=201868

*ジョヴァンニッキ:大竹伸朗 全景
大竹が小学生の頃から近年までの2,000点にものぼる作品が一堂に会しただけあって見ごたえがあり、また得るものも多かった。
http://giovannikki.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/__013a.html

*analoguetime:大竹伸朗
東京都現代美術館で個展『全景』を開催する画家 大竹伸朗さんが西麻布のスーパーデラックスで11月11日に大竹伸朗DJ景というDJイベントをやったそうです。
http://blog.drecom.jp/analoguetime/archive/2

*キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜:魂をぶっ飛ばされる快感 ―大竹伸朗「全景」展
てなわけで、行って来ました、大竹伸朗「全景」展。もうね、3Fに展示してあるスクラップブックからして、イッちゃってます。
http://blog.goo.ne.jp/henkutsuou/e/a94fe0a7a3d1aabddee7b1acd19f3809

*新宿西口OL徒然草子:大竹伸朗「全景」展
…いやはやすごかった。小学校時代の絵から最新作まで怒涛のごとく展示されていて、天才と凡人の差を見せつけられた感じ。
http://blog.livedoor.jp/sleeping_lucy/archives/50799900.html

*ぷかぷか☆DAYS:大竹伸朗「全景」展
それはどうでも良いけど、大竹さんは20代にものすごく影響を受けた作家さんでかなりまねに近い作品作りをしていた
http://blog.goo.ne.jp/qoonk1960/e/75fedb2b7510ca001b19b32fe7708965

*回転するジャイロ:全景
約2000点の作品が一堂に会した大回顧展と言うにふさわしい規模の展覧会でした。このバイタリティーは認めざるを得ないですね。
http://blog.livedoor.jp/gyroscopeview/archives/50399798.html

*続・SACRA事務局の日記:大竹伸朗とビル・ヴィオラ
大竹伸朗って私と同じ歳だったのね。いままでほとんど意識したことがなかった。東京都現代美術館「全景」で全貌を見たがフツーは圧倒されるんだろう
http://blog.livedoor.jp/stakahashi2/archives/50517475.html

*イワナケレバヨカツタノニ日記★:大竹伸朗…かっこいい…。
さて、2時間かけて見たが、どれもこれも、面白い。最初にあった、小学生の頃の『将来の夢』の作文なんてもう泣きそうになった。
http://ameblo.jp/iwanakereba/entry-10020336692.html

*Reiko's Living Room:大竹伸朗全景展
凄かったです。宇和島のアトリエにある2万点の作品から厳選した2千点の作品群が巨大な現代美術館を埋め尽くしておりました。
http://blog.goo.ne.jp/miss_saurus/e/bf280ff2188eb2a3a3fc4c2b9d971cf7

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月24日 08:13 | コメント (0)

 

日常のデザイン(佐藤卓展)

「日常のデザイン(佐藤卓展)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「毎日何気なく使っている身の回りの物を、改めて注意深く眺めてみましょう。」



=2006年10月30日収集分=

*Usotsuki:今日のこと、昨日のこと
今日はひぃちゃんと一緒に水戸芸術館まで行って来ました。佐藤卓展「日常のデザイン」うん、すごく
http://franzip.exblog.jp/4393673

*ひとりでできるもん:水戸にいってきた
美的なセンスもさることながら、発想力みたいなもの、後は、量をこなす体力と、
http://blog.goo.ne.jp/temgusa/e/f53e4ee62668945c9c592b6847167de2

*TOMOエモン☆スペシャル:何故に水戸!?〜「日常のデザイン」佐藤卓展〜
最近では、ポピュラーな言葉となりつつあるプロダクトデザイン。身近なものを如何に個性的にかつ
http://ameblo.jp/tomoemon-sp/entry-10018770580.html

*もじゃもじゃし隊?〜きばらずイキます〜:芸術館に行ってきました
佐藤卓さんの「日常のデザイン」を見てきました。ちょっと説明させていただくと、デザイナーさんなんだね。
http://mojarinko.seesaa.net/article/26038349.html

*Tadaoh! All Blog:佐藤卓展「日常のデザイン」
日常生活のなかにあたりまえにあることを大切にしています。自己主張しすぎないにもかかわらず
http://d.wyco.jp/tadaoh/2006/10/25/1.html

*823269:生まれて初めて北関東に行く
商品のイメージを作り出すときに、どのような情報整理をしていくのか、とかその前に、整理整頓をすることが
http://d.hatena.ne.jp/ha23269/20061027

*ただの通りすがりです:佐藤卓展行って見た
ちょうど、芸術館の庭ではフリマをやっていて、結構にぎわっていたのだが館内はガラガラ。
http://plaza.rakuten.co.jp/ssbike/diary/200610280000/

*In The Cage:新し物信仰
日本人は新し物好きです。それは、昔は異なる文化や考えを大きな抵抗もなく受け入れさせ、
http://inthecage.exblog.jp/4437427

*蒼天儀(そうてんぎ):水戸芸術館「佐藤卓展『日常のデザイン』」
初代の写るんですが、スゴく懐かしい。これだよコレ。いまはかなりプラスティックな感じになっちゃったのね
http://chocho4141.cocolog-nifty.com/soutengi/2006/10/post_9e89.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月30日 18:50 | コメント (0)

 

叫び/マドンナを公開(ムンク美術館)発見後初

「叫び/マドンナを公開(ムンク美術館)発見後初」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年9月28日収集分=

*湘南徒然草:ムンクの絶望、叫び、不安
ムンクの「叫び」は世界的に有名な作品です盗難後、無事回収されてなによりでした。所蔵先のノルウェー・オスロ国立美術館は入場無料だそうです
http://blog.goo.ne.jp/universalsoft/e/b58ee43e5ef4bc37f67a17ea93231ea5

*日暮らし:離酒280日目
「こんな名画が盗難されたら、もう二度と表舞台にでることはないだろう」なんて言われていた。よかった。
http://tomorrowhearts.blog49.fc2.com/blog-entry-252.html

*SOMEHOW:盗難被害のムンク「叫び」発見!
「叫び」が好きだ!!と思いましたね。たぶん、そういう人はたくさんいると思う。そういう人たちにとって「叫び」発見のニュースは、とてもめでたいことだったのではないかなぁと思う。
http://yuzuriha.s10.xrea.com/sb/log/eid507.html

*Happy! Lucky! Pooh!:ムンクの「叫び」発見!
あの絵、白昼堂々盗難されてたんだね。確か2回目だよ、盗まれたの。まっ、帰ってきたからよしとしよう。もうちょい警備を強化しないとね〜。それも難しいのかな。
http://blog.livedoor.jp/piroriboshi27/archives/50433648.html

*SUKIなこと:ムンク 「叫び」 「マドンナ」 傷を公開
見つかった時には、数箇所破損しており、下の写真を見ても分かると思います。「叫び」のほうは右上のカドが丸くなっています。
http://ameblo.jp/sukinakoto/entry-10017009544.html

*■織ひろば■から・・・:「叫び」
先日の新聞に、盗難に遭い行方不明だったムンクの「叫び」が発見され無事に元のムンク美術館に戻ってきた・・という記事がありました。
http://orihiroban.exblog.jp/4161453

*ピアノと海と花との生活 供 盗まれた名画汽襯離錙璽襦埒緲瓩垢觸性》
4日後には、もどったものの、そのダメージは大きく、会場内にも、その写真が飾ってあって、一緒に行った娘ももちろん私も、強い衝撃を受けました。
http://blog.goo.ne.jp/albalb23/e/7f3b276390f28a32ed23c07f423addf7

*踊る阿呆を、観る阿呆。を書く阿呆:Welcome Back
一般公開は修復後なのかな。ともあれ、もうこれ以上数奇な目に遭いませんように…。
http://d.hatena.ne.jp/tongariyama/20060927#p3

*Flow my tears:Edvard Munch
盗まれて行方不明になっていたムンクの「叫び」と「マドンナ」が発見されてムンク美術館に戻ってきたとのこと。見に行きたい。。。
http://d.hatena.ne.jp/heresy666/20060927#p4

*矢.島.慎のページ:盗難中のムンクの「叫び」が戻りました。
盗難にあったムンクの作品「叫び」と「マドンナ」が2年ぶりにムンク美術館に戻ってきました。良かったー!
http://plaza.rakuten.co.jp/sweetcreationjp/diary/200609270001/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月29日 07:35 | コメント (0)

 

草間彌生さんら決定(第18回高松宮殿下記念世界文化賞)

「草間彌生さんらに決定(第18回高松宮殿下記念世界文化賞)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年9月8日収集分=

*バレエな生活:マイヤ・プリセツカヤさん>世界文化賞
2006年度の高松宮殿下記念世界文化賞演劇・映像部門にマイヤ・プリセツカヤさんが決まったとワイドショーで言っていました。
http://bisous.jugem.cc/?eid=257

*CATCH THE RAINBOW:オメデトウ 草間さん♪
77歳にして 年齢を感じさせないというか 見た目は不詳。ますますのご活躍が楽しみです!
http://ska-mizu-love.seesaa.net/article/23439324.html

*NEWS-ニュース:海外で活躍する日本人
海外で活躍する日本人もたくさん出てきたねぇそれぞれが自分が活躍できる分野を見極めることが大事ですね。
http://hotajin.exblog.jp/3740282

*ユキちゃんの日常:プリセツカヤさん
第18回世界文化賞に選ばれたそうです。プリセツカヤさんの「瀕死の白鳥」を観て、凄すぎて固まってしまったのを今でも覚えています。
http://etoileballet.blog69.fc2.com/blog-entry-88.html

*◆nice+◆:世界のKUSAMA!
世界文化賞草間弥生さん受賞!!おめでとうございます!
http://nice68.exblog.jp/4248925

*ノイズ好きなガルベス:世界文化章
受賞者の中にスティーブライヒの名が・・・!トクダネで笠井がいってました。ていうか「ミニマル」って用語がテレビから初めてような気がします。
http://pianoise.exblog.jp/4514449

*おんぷのーと:速報!
今朝、特○ネにてスティーブ・ライヒ氏が世界文化賞の音楽部門に選ばれたというニュースをやっていた。
http://blog.goo.ne.jp/tempodispari/e/55d6d88740b6008bc82cf498afe2826e

*ガムランガムラン:高松宮殿下記念世界文化賞
日本人の活躍はこれくらいかっ。
http://gamuran.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_6661.html

*ブルークローバーハウス:世界文化賞
絵画部門で賞を頂いた草間 彌生さん。とても独創的な絵を画かれます。私は大好きです。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/dogwan/diary/200609080000/

*明けの明星:インパクト
すばらしい芸術家さんなんだろうけど、記事の内容よりも、写真のインパクトがすごい。
http://lucifer.yoka-yoka.jp/e6047.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月08日 17:39 | コメント (1)

 

ルーブル美術館の入り口ピラミッド改修へ

「ルーブル美術館の入り口ピラミッド改修へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月19日収集分=

*これでいけるのか!?(知り合いに見つかるまで!):仕事中ですが・・・
ルーブル美術館入り口のピラミッド改修するんだなぁ。違う新しい入り口になるのかな。
http://blogs.yahoo.co.jp/kanatanikun/221028.html

*散蓮華:フランス
ルーブル美術館のピラミッドが改修されるそうです。最初この記事を見たとき、パッとオリビエさまが浮かんだ。
http://yaplog.jp/tirirennge/archive/416

*旅log:ルーブル美術館、ピラミッド改修へ
年間4億人?!と驚いたのは私だけ?まぁ、リピーターも多いだろうけど、すごい人が訪れているんですね!
http://tabilog.blog53.fc2.com/blog-entry-86.html

*みんな夕焼けみてた、宇宙のはじっこで。:ルーブル美術館入口のピラミッド改修へ
行ったなぁ。螺旋が体重でゆらゆら揺れて怖かったのを覚えている。
http://d.hatena.ne.jp/chanoaji/20060819/p5

*ORANGE Days:ピラミッド改修へ。
そっかぁ。入り口のピラミッド改修なのか。確かにあそこでの荷物検査でものすごい時間食われるけど。
http://d.hatena.ne.jp/yoshi51/20060819/p4

*元気!:ルーブル美術館のピラミッド
パリのルーブル美術館入り口のピラミッドが、入場者増に対応し切れなくなり、改修の検討を始めたそうです
http://ameblo.jp/nihon-genki/entry-10016026011.html

*Travel Diaries:<ルーブル美術館>入り口のピラミッド改修?
現代的なピラミッドがあって印象的で、美術館の1つのスポットかなと思っていたので、これが実現すると少し残念な感じがします。
http://blogs.yahoo.co.jp/takecreate/17790110.html

*GO FURTHER:ピラミッド
もっとも俺はルーブル美術館なんか行ったことないし、そのピラミッドの写真も見たことはないですがね・・・・・
http://takaxeg4.exblog.jp/4368786

*波乗りと共に生きたい波乗り珍道中:まだ見た事無いのよ...
どうかそのままでもう少し!といってもいつ見に行けるか分かりませんが...でも一度見たい...
http://blogs.yahoo.co.jp/gobig_gohome590202/17592642.html

*LOHAS Life* body&mind&spirit:<ルーブル美術館>入り口のピラミッド
行きたい・・・・・いきたい・・・イキタイ・・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/lohas_v/17798934.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月20日 15:11 | コメント (0)

 

クリムト『アデーレ・ブロッホバウアー肖像』史上最高額

「クリムト『アデーレ・ブロッホバウアー肖像』史上最高額で売却」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月19日収集分=

*ArchitectFantasy供156億かいっ!
ニューヨーク・タイムズ紙によると、売値はナント1億3500万ドル(約156億円)と史上最高値を記録した。
http://blogs.yahoo.co.jp/architect_fantasy/8704011.html

*雨が止んだら welcome to my homepage:クリムトの肖像画に史上最高値
インターネットのニュースを見たら「クリムトの肖像画に史上最高値」という文字が目に飛び込んできました。
http://plaza.rakuten.co.jp/ameagarinoniji/diary/200606190000/

*ニコソウやわらか日記:156億円!?
ネットでニュース見てびっくり。クリムトの絵がNYの美術館に156億円で売却されたって!!
http://nikosou.exblog.jp/5062489

*イタリア人になれるかも?:クリムト、なんと156億円
グスタフ・クリムトの肖像画がなんと156億円でNY美術館に売却されたそうだ。
http://integrity.jugem.jp/?eid=186

*晴れた日に永遠が見える:クリムト
クリムト作の『アデーレ・ブロッホバウアー肖像』が約156億円で所有者からニューヨーク美術館に売却されたそう。
http://blog.goo.ne.jp/lalala_7/e/5897fb2c852ee2e0dda00aff59d198ae

*廈門発 不定期便(サッカー三昧中):高い値段の絵
156億円だって、どれくらいのお金かね...。クリムトの黄金の時代の絵。僕はクリムトの絵はあまり好きじゃないけどな。
http://blog.goo.ne.jp/kotoshima/e/1a3ba00a0a781953732912a6e6766f74

*luz natural:クリムトの絵
グスタフ・クリムトの名画「アデーレ・ブロッホバウアーの肖像I」が156億円でニューヨークの美術館に売却されたそうだ。
http://blog.goo.ne.jp/sydsydsyd/e/3d9ef3138f2070eeb5d88b7adf6b7b84

*International_Klein_Blue:「アデーレ・ブロッホバウアーの肖像I」
売値は1億3500万ドル(約156億円)・・・!確かに、それくらいの価値があってもおかしくない絵だと思います。
http://ikb.blog11.fc2.com/blog-entry-67.html

*Здравствуйте!☆今日の出来事☆:アデーレ・ブロッホバウアー
「アデーレ・ブロッホバウアーの肖像I」が、所有者からニューヨークの美術館に売却されたとのこと。
http://blogs.yahoo.co.jp/mariinnka77/8730575.html

*バオバブの木:朝から・・・
せっかくの夢話がアホらしくなりますね。156億円って・・・。クリムトさんという絵描きさん。
http://blog.goo.ne.jp/monkey1985/e/715d0b67775e636c2b252f0ef66ad570

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月20日 07:52 | コメント (0)

 

老女の横顔スケッチ=レオナルド・ダビンチ作品と判明

「老女の横顔スケッチ=レオナルド・ダビンチ作品と判明」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月11日収集分=

*美術日記-PAINTWEBLOG:ダ・ヴィンチの作品発掘
ちょうど映画で話題になっているので新しい作品が出たとなると売れば高値がつきそうですね。
http://blog.goo.ne.jp/iethi/e/2b3c0e77dc04b929e9ad9ca32ecd72d4

*まぼろし劇場:新しいダ・ヴィンチの絵
この絵にもモデルがいるんでしょうかね。シワシワなわりに姿勢がピンとしてます。
http://aphantomtheater.blog.shinobi.jp/Entry/372/

*波乗りと共に生きたい波乗り珍道中:ルーツじゃないよ...
ダ・ヴィンチ・コードの真っ最中ですしね〜...関係ないか(><)まぁ〜何が言いたいのかといいますと生で絵が見たい♪
http://blogs.yahoo.co.jp/gobig_gohome590202/7689505.html

*なんでもカルチャーブログ:「ダビンチ風の作品」といわれたスケッチが本物のレオナルド・ダビンチ作品と判明
レオナルド・ダビンチに注目が集まっている中での今回のダビンチ作品の判明はタイムリーですね。
http://nandemo-c.jugem.jp/?eid=268

*転職、私:ダビンチの作品
すごいじゃん!!思わぬ所に、宝だね。嬉しいねぇー!!
http://ten-me.seesaa.net/article/19134085.html

*真相世界(The truth world):ダビンチ作品と判明=老女の横顔スケッチ
何となく嘘くさい。判明した根拠が明確にされていないので、もう少し正確な情報が必要だ。
http://blog.goo.ne.jp/warabidaniyuukoku/e/326b53f9a61e0ca44340f5c708d34d73

*メインウェーブ日記:ダビンチ風の作品が本物のレオナルド・ダビンチ作品と判明
所有している収集家も「本物」と判明して驚いたようですね。なかなか興味深いニュースです。
http://wave-blog.cocolog-nifty.com/log/2006/06/post_5ef6.html

*ロト6夢紀行:老女の横顔スケッチ
何かと話題の彼。。凄いね。
http://blog.itosisa.com/index.php?e=101

*〜大吉中吉末吉カズ吉小吉凶大凶〜:Leonardo da Vinci
赤外線による検証でダ・ヴィンチLeonardo Da Vinciの絵ということが判明されました。
http://kazzkichi.blog47.fc2.com/blog-entry-142.html

*らヴ・みー・どぅ:ダビンチ作品と判明、老女の横顔スケッチ
後世になって他の画家が手を加えてるのに、ダヴィンチの作品だと確実に言えるのは何故なんでしょう?
http://plaza.rakuten.co.jp/how2happy/diary/200606110001/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月12日 08:23 | コメント (0)

 

和田義彦(洋画家:芸術選奨)アルベルト・スギの盗作疑惑

「和田義彦(洋画家:芸術選奨)アルベルト・スギの盗作疑惑」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月29日収集分=

*日本毒舌振興会:芸術をナメた男に芸術選奨
音楽の世界なら「オマージュ」とはっきり題名の中で断った上で、上記記事のパクリ画家氏
http://tetsudas.cocolog-nifty.com/dokuzetsu/2006/05/post_0407.html

*我描くが故に我在り。:レンズの内側のときめき
プロとしてのプライドがないのでしょうかね^ー^ ま、盗作・盗用・無断転載などの行為は、プロアマや
http://atra.blog57.fc2.com/blog-entry-65.html#more

*ナガヤブの堂島写真現像機:洋画家のパクリ
洋画家の和田義彦がイタリア人の作品を盗作したって話がニュースになってた。本人がイタリアに留学
http://www.nagayabu.net/blog/2006/05/post_38.html

*見たこと聞いたこと(予備):やっぱり盗作だと思うんですけど
一つ二つなら、同じモチーフで同じような絵ができることもあるでしょうけど、構図とか色まで一緒なんて
http://sunrisesunset2.blog53.fc2.com/blog-entry-277.html

*“Slow Life”な模型生活:絵画の著作権…「共作」?
何だか面白そうな「著作権」絡みの問題が見つかったようで…。洋画家「和田義彦氏」の作品に関する問題
http://blog.livedoor.jp/tanmen0525/archives/50650070.html

*mutouyuuitiの日記:芸術選奨洋画家・和田氏の受賞作、イ画家の作品に酷似
誰が見ても盗作である事は明らか。堂々と展示する神経が分からない。文化庁は早急に取り消してほしい
http://d.hatena.ne.jp/mutouyuuiti/20060529/1148911947

*Birth of Blues:これは凄まじい同じモチーフで制作ですね 洋画家和田義彦(66) パクリ疑惑 豪華4連発
疑惑というより、100%インスパイヤですね・・・・つまり、インスパイヤの新しい定義の誕生。
http://blog.livedoor.jp/kingcurtis/archives/50244821.html

*SKETCH BOOK:専門科の意見
このニュース聞いてわたしは、ふうん、としか思わなかった。(何故だろ?)けど「専門家の判断」って
http://sketchbook.sacla-kimidori.com/?eid=389192

*何でもありんす:洋画家・和田義彦氏、作品酷似で文化庁に調査うける
どうみても盗作です。本当にありがとうございました。
http://milfled.seesaa.net/article/18575070.html

*ヒロノの絵日記〜一期一絵〜:盗作疑惑
ニュースで流れたものは、酷似しているというよりも、まんま模写したような絵だった。あれは盗作としか
http://d.hatena.ne.jp/hironof/20060529#1148921369

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月30日 08:36 | コメント (0)

 

ピカソの恋人108億円で落札…絵画では史上2位

「ピカソの恋人108億円で落札…絵画では史上2位」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月4日収集分=

*ブログ三面記事:ピカソの絵に108億円・史上2番目の高額落札
欲しい!ピカソの絵?じゃなくて108億円の方。108億円でピカソの絵は変えますが、
http://plaza.rakuten.co.jp/blog3men/diary/200605040000/

*公鈍日記:やっぱピカソは高いなぁ。
とゆー訳で、ピカソの絵が108億円で落札とかゆーニュースが出てましたね。・・・108億円か。
http://hamnoro.blog38.fc2.com/blog-entry-138.html#trackback

*勝ったつもりでいるなよ!:天才
ピカソの絵が108億で落札されたそうです。108億。おそらく僕では一生かかっても
http://tumorich.blog43.fc2.com/blog-entry-73.html

*Route347:ドラマールと猫、画像発見
タイトルは「ドラマールと猫」。1941年のキュビスム手法で描かれた作品であるとのこと。
http://route347.exblog.jp/3867628

*さいとーのたれながし:バブルってる?
ピカソの恋人、108億円で落札…絵画では史上2位だそうです。絵画投資なんてバブルってる証拠だと
http://spaces.msn.com/saikohakuro0421/Blog/cns!D51ED69754F84951!1542.entry

*アッサムティーを飲みながら:で、一体、どんな絵なんだよ!
そうか。約9522万ドル(約108億円)ね…あるところにはあるんだなぁ、そんなカネ。
http://ayakawa.tea-nifty.com/blog/2006/05/post_30c7.html

*悲喜交々:06.05.04の気になるニュース
「ドラ・マールと猫」という作品が、ニューヨークで競売にかけられ、手数料込みの9521万6000ドル
http://blog.goo.ne.jp/komogomo06/e/51a25b45ff8e1f31d6e08b30852656fd

*Angel Glacier:ドラ・マールと猫
沢山のピカソの絵や、住んでた家を見たが108億って・・・・高いの〜〜しかも個人コレクターの手に
http://blogs.yahoo.co.jp/poutine53/35027100.html

*日経番長日記:おう!ワイや!ビカソ!
おうおう、有名絵画の競売。なんとなくバブリーな響きやな。しかも予想の倍近くの落札とか、高額落札
http://blogs.dion.ne.jp/home/archives/3343690.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月05日 10:18 | コメント (0)

 

ポンペイの輝き展(渋谷文化村ザ・ミュージアム)

「ポンペイの輝き展(渋谷文化村ザ・ミュージアム)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年4月29日収集

*うちめし外めし旅ごはん:ポンペイ…似非(えせ)セレブの輝き
明日から始まる『ポンペイの輝き〜古代ローマ都市最後の日』展のプレビュー特別ご招待!
http://blog.goo.ne.jp/kurokuroharamaki/e/e5a45b2ce1a23d4d43b7634b74ca9f1c

*徒然日記blog版:ポンペイの輝き展に行ってきました。
28日、今日から始まる「ポンペイの輝き」展に行ってきました。初日だから混んでいるかなと
http://blogs.yahoo.co.jp/karasuyama7/33095256.html

*非時香果が見える窓 :ポンペイ展が開幕
へえ.渋谷なら帰り道だし,今日まだやってたら行ってみたかったな.こんどかならず行ってみよう
http://d.hatena.ne.jp/tokijikuno/20060428/1146221570

*具合はどぅ?:妄想旅行
調べて行きたかった「ポンペイの輝き」展を見て来ました。渋谷Bunkamuraザ・ミュージアム
http://chashimo.exblog.jp/3844027

*M's cafe:ポンペイ
『ポンペイの輝き』は時間帯のせいもあるのかガラガラでした。ゆーっくり回れて色々感じました。
http://yaplog.jp/macchan-cafe/archive/109

*Masala MASALA:ポンペイの輝き
今回の「ポンペイの輝き」展はわざわざ「輝き」といっているだけあって、光りモノが多く、当時の裕福層
http://masalamasala.squares.net/blog/archives/2006/04/post_127.html

*Diary of lynz:ポンペイの輝き展
Bunkamuraでやってる、ポンペイの輝き展に行ってきた。ベスビオ山の噴火によって
http://d.hatena.ne.jp/lynz/20060429#p1

*Art & Bell by Tora:ポンペイの輝き
BUNKAMURAで今日から開催の「ポンペイの輝き」をグループ4人で観てきました。
http://cardiac.exblog.jp/4513940

*書いてやせたい日記:ポンペイ遺跡展
西暦79年の大噴火で埋ってしまったポンペイの壁画とか指輪・ネックレスなどのアクセサリー類が
http://plaza.rakuten.co.jp/mukko3/diary/200604290000/

*自分改善計画:ポンペイの輝き展
電車の中の広告で、ポンペイの展覧会をやることを知り、ちょっと行ってみたいと思っていました。
http://blog.so-net.ne.jp/TYzzz01/2006-04-29

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月30日 07:45 | コメント (0)

 

美声?モナリザの声を復元?!(日本音響研究所)

「美声?モナリザの声を復元?!(日本音響研究所)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年4月28日収集分=

*sono con te e sei con me:モナリザの声
とダビンチの声を再形成したらしい・・・。日本音響研究所でモナリザの絵画を分析。骨格や肉厚
http://sayurifior.exblog.jp/3536884

*日々是口実:謎の微笑
骨格から復元したというモナリザの声を聞いた。少し低いぼそっとした感じの声だった。
http://muumuu2006.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_ce01.html

*片田舎から世界へ、、なんちって☆+クレーンゲームに魅せられて、、なんちって:モナリザの声
暗い気分の時にこういうばかばかしいニュースをNHKで見ると心が和む。しかも外国語で言ってるから
http://d.hatena.ne.jp/kuroiyumewomiru/20060427/1146142827

*オオタ・メモ:モナリザの声
復元されたらしい。そうか、日本語じゃないんだよねぇ。「こんばんわ〜、モナリザですっ
http://ameblo.jp/koujiohta/entry-10011864211.html

*hibomaのはてなダイアリー:モナリザの声 につっこみ
モナリザの声が再現された というニュースが飛び交っていたけど、再現する技術の信頼性を示して
http://d.hatena.ne.jp/hiboma/20060427/1146143325

*ほんわか・うふふ:「モナリザ」の声?
NHKのニュースで「”モナリザ”の声を復元した」というのを見ました。『ダ・ヴィンチ・コード』が
http://plaza.rakuten.co.jp/tomiyu73/diary/200604270000/

*大好きだよ!!幸せの四つ葉のクローバー探し♪:モナリザの美声?!
日本の音響研究所でモナリザの声を復元した、というニュースをやっていました。絵画の骨格などから
http://blog.goo.ne.jp/dori-ringo/e/86817e8cae2abedbab94b1d652699847

*あれも☆これも:声
さっきテレビでモナリザの声を復元(?)していた。なんでも、骨格のデータを測定し、膨大な声の
http://mlh.blog11.fc2.com/blog-entry-394.html

*ゆうりんごの部屋:モナリザの声再現だってばよ。
ニュースでダヴィンチとモナリザの声を再現をやっていた。モンタージュボイスで、だいたいの声は
http://happyx100.blog16.fc2.com/blog-entry-57.html

*My Book Review:モナ・リザの声を復元
日本で、世界初の試み。モナ・リザの声を復元、という話。これは、モンタージュボイス
http://smilebook.seesaa.net/article/17150771.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月28日 23:20 | コメント (0)

 

アルルの女(ゴッホ)落札価格は47億円超との予想も

「アルルの女(ゴッホ)落札価格は47億円超との予想も」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年3月25日収集分=

*武士(もののふ)の独り言:ゴッホの「アルルの女」5月に競売・落札額47億円超す?
アルルの女・・・47億、 アルツの女→認知症
http://beagleman.blog12.fc2.com/blog-entry-207.html#trackback

*TETSU Design Gallery:ゴッホの「アルルの女」5月に競売・落札額47億円超?
左手でほおづえをついた様子を独特の力強いタッチで表現しているのが特徴で、黄色の背景には
http://tetsudg.exblog.jp/770017

*オレンジ色の気持ち:アルルの女
ゴッホの「アルルの女」5月に競売・落札額47億円超す?私は「夜のカフェテラス」が大好きです。
http://naturallog.air-nifty.com/orange/2006/02/post_906e.html

*公鈍日記:端数は上手く誤魔化すんでしょうね。
予想落札価格が47億円とかゆー事で。 誰が買うんだろうとか思うけど買うんでしょうなぁ
http://hamnoro.blog38.fc2.com/blog-entry-110.html

*新婚らぶらぶ:アルルの女は47億
ほー。このゴッホの絵画が47億ですかぁ……いや〜、芸術は奥が深いから、よさが、まったく
http://plaza.rakuten.co.jp/love200505/diary/200603250001/

*わたやんの団塊世代応援ブログ:ゴッホの「アルルの女」、なんと落札価格は47億円!!
競売会社のクリスティーズは24日、ゴッホの晩年の名作「アルルの女(ジヌー夫人の肖像)」
http://plaza.rakuten.co.jp/myledcopen/diary/200603250004/

*魅力的か魅力的じゃないか:Yahoo!ニュース - ゴッホ晩年の肖像画競売へ47億円超の落札予想
生涯売れた絵は1枚限り。ピカソとは大違いの人。この人のタッチは異常。スクリーンを通してもその
http://plastic.livedoor.biz/archives/50353880.html

*It is not as it is.:47億円!
う〜ん、よくわかりませんが、47億円なんですね。みたこともない金額なので、価値がわかりません
http://blogs.yahoo.co.jp/silky_minx_9/31050325.html

*日本晴れ:47億円!?
この絵をご存知ですか?ゴッホのアルルの女です。この絵が推定落札価格47億円超だそうです。
http://yaplog.jp/tozenngusa/archive/18

*バービー大好き!etc:ゴッホの「アルルの女」
ゴッホ絵なんて、一生買えないのは分かってるけど。。47億円ってスゴクない?
http://blogs.yahoo.co.jp/marimu_03030605/30835002.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年03月26日 08:26 | コメント (0)

 

文化庁メディア芸術祭(東京都写真美術館)

「文化庁メディア芸術祭(東京都写真美術館)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年2月24日収集分=

*猫缶は人にも美味い:失踪日記
今日、文化庁メディア芸術祭の受賞祝賀会があった。漫画部門の大賞は吾妻ひでおの「失踪日記」。
http://blog.so-net.ne.jp/chat-bobtail/2006-02-23

*白夜の夢:文化庁メディア芸術祭
2月24日から3月5日まで東京都写真美術館において「文化庁メディア芸術祭」を開催
http://peace.tea-nifty.com/shiro/2006/02/post_aef1.html

*とーちゃんの独り言:文化庁メディア芸術祭
文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で吾妻ひでおの「失踪日記」が大賞を受賞したというニュースが流れ
http://byn00576.cocolog-nifty.com/tochan/2006/02/post_aef1.html

*いまどきの楊柳:文化庁メディア芸術祭マンガ部門
NHKのニュースで「文化庁メディア芸術祭」マンガ部門の大賞に『失踪日記』が選ばれたことをやってた
http://yangliu.cocolog-nifty.com/imadoki/2006/02/post_e608.html

*DEAR FEELING:文化庁メディア芸術祭賞
以前載せた、吾妻ひでおの「失踪日記」がマンガ部門で大賞になりました。締め切りに追われて
http://momohablm.exblog.jp/2835644

*気まぐれ嫁が行く。:文化庁メディア芸術祭
ラジオのニュースと、おなかさんの日記で知りました(^^)今日からなんですね。3月5日まで
http://d.hatena.ne.jp/nekomama/20060224#note

*chrysanthemum:文化庁メディア芸術祭
文化庁メディア芸術祭本日から開催です。恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館で行われています
http://plaza.rakuten.co.jp/chrysanthemumes/diary/200602240000/

*文化庁メディア芸術祭特設ブログ2005:会場はこんな感じです
いよいよ「平成17年度(第9回) 文化庁メディア芸術祭」の開幕です!大変な盛り上がりを
http://media-arts.cocolog-nifty.com/festival2005/2006/02/post_3a5d.html

*ちょっと待ってて:メディア芸術祭
今日から始まりました。文化庁メディア芸術祭。数日前から駅にポスターはたくさん
http://harkul.exblog.jp/2838061

*みのむしもんちの寝袋 ⊂(・ェ・)⊃:文化庁メディア芸術祭
東京都写真美術館で今日から始まった展示会、『文化庁メディア芸術祭』を見に行ってきました。
http://blog.so-net.ne.jp/mino-monchi/2006-02-24

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年02月25日 10:11 | コメント (0)

 

プーシキン美術館展、今度は国立国際美術館(大阪府)

「プーシキン美術館展、今度は国立国際美術館(大阪府)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年12月19日収集分=

*Yusaku Nakaoka:美術館/写真展 .廖璽轡ン美術館展
ぜひ行ってみて下さいね。2006年1月11日(水)〜4月2日(日)大阪・国立国際美術館
http://blog.goo.ne.jp/yusaku333/e/903e187f1bde6cbf5c79cd4ac434a021

*イキモノ道楽:昼食難民発生美術館
でも次の企画はプーシキン美術館展。 今やっている上野では大盛況のもよう。
http://doraku.blog12.fc2.com/blog-entry-63.html

*MY Piece:昨日はというと。
プーシキン美術館展。東京は今週末の日曜まで。大阪は来年の1月中旬〜4月中旬まであるらしい。
http://blog.goo.ne.jp/alfalfalfalf/e/e4417da82d6946bdc960d0ccbd16e9fa

*歩楽 style:けっさく、キンギョ(プーシキン美術館展と栗田咲子個展)
来年1月11日から大阪中之島国立国際美術館で観ることができるプーシキン美術館展。この1枚でも
http://plaza.rakuten.co.jp/morningcompany/diary/200512070000/

*むっちゃ本が好っきゃねん!:「その美術 通勤される 倶楽部かな」
プーシキン美術館展の関連ページが、まだ国立国際美術館のHPに載ってへん・・・。来年にならんと
http://blog.kansai.com/karanawakana/100

*Moonlight Magic:プーシキン美術館展
その後は来年1月11日から大阪の国立国際美術館で開催されるみたいです。
http://blog.goo.ne.jp/murasakinoue05/e/7fceb122da8eab98ea1f51d3808a9509

*きららんち:プーシキン美術館展がやってくる!!
この1月に大阪でもこの「プーシキン美術館展」が開催されます。行かねば!!さてその名も「プーシキン」
http://blog.goo.ne.jp/ikka1515/e/3eeb9dfb4ff0d88279b22e6294806273

*三河女@京都:「美術館とパン屋に行きたいなあ」
来年一月から大阪の国立国際美術館でやるプーシキン美術館展。わーい(○^∀^○)
http://white.ap.teacup.com/satommy/238.html

*Rickのおすすめ:金魚。
来年の1月11日から4月2日までは、大阪北区にある、国立国際美術館でも、開かれるそうです!
http://plaza.rakuten.co.jp/rick206/diary/200512100000/

*I LOVE BUMP OF CHICKEN♪:プーシキン美術館展
来年1月〜4月、大阪の国立国際美術館に、モネ、ルノワール、ゴーギャン、ピカソ、マティスが来る
http://yaplog.jp/tale_of_nicole/archive/159

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年12月19日 23:09 | コメント (0)

 

横浜トリエンナーレ2005

「横浜トリエンナーレ2005」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年9月30日収集分=

*backdrop: 横浜トリエンナーレ 2005
総合ディレクターが、磯崎新氏の突然の辞任で、川俣正氏になど何かと話題
http://nankotsu.seesaa.net/article/7402003.html

*京都にほひタワー:「横浜トリエンナーレ2005」に野村誠さん
「クリエーター50人が語る創造の原点」のインタビュー集にご協力頂きまして、
http://ameblo.jp/1928/entry-10004655743.html

*tropicalia **:「横浜トリエンナーレ2005」今日から開幕です
秋刀魚も美味しいけど、やっぱり芸術の秋にも触れておきたいものです。
http://half.exblog.jp/3538347

*夏の観察日記:横浜トリエンナーレ開会レセプション
横浜トリエンナーレの開会レセプション、私も会社の帰りにちょっと参加。
http://blog.goo.ne.jp/jmjmjm/e/235015629770fd02c8edd8132d546c90

*anagma日記:The SINE WAVE ORCHESTRA nomadic in 横浜トリエンナーレ!
横浜トリエンナーレ開催、The SINE WAVE ORCHESTRAも参加しております!
http://d.hatena.ne.jp/anagma/20050928/1127863514

*賃貸不動産・街・店・マネー情報:横浜トリエンナーレ2005
桃谷さんのお部屋探しは縁あって、当社でお手伝いさせていただきました!
http://blog.goo.ne.jp/iiicorp/e/62a653839119e82075ed7f1fc7543fc1

*癒しの瞑想 : 横浜トリエンナーレ!
本当にここでアートをしてるんですか? と、ちょっと最初は戸惑う感じ。
http://healing-therapist.seesaa.net/article/7419645.html

*於上海...: 横浜トリエンナーレ
特に天気のいい日なんて散歩がてら歩いてみてもいつもの雰囲気と違うんで面白い。
http://yushanghai.seesaa.net/article/7420283.html

*春日部SLOW:横浜トリエンナーレに行きたい!
ビュラン・サーカス・エトカンていうのが観たいんです!フランスのサーカスです。
http://blog.goo.ne.jp/harapeco99/e/b1d4c0fa366b7f62934fba787a8529de

*インテリア設計事典:横浜トリエンナーレ2005は、今日スタート
オープンしていたカフェ・graf media gm:YOKOHAMA に立ち寄ってきました。
http://homedesign.exblog.jp/1879206

*GOLDENSHIT Blog:横浜トリエンナーレ
自転車を借りて展覧会場を巡回できるらしいことを横田アローンに聞いたので、
http://blog.goo.ne.jp/goldenshit/e/6936e4012b0a40db5c3ac35115f2714e

*lightning:横浜トリエンナーレ2005
撮影欲を満たす為赴きましたが、当然ながら作品群の多くは撮影禁止でして、残念。
http://blog.goo.ne.jp/lightning123/e/6e7d59b299ec529f379217a1c7a152e0

*ArtsLog:横浜トリエンナーレ2005
横浜でこその展覧会とはどういうことか。いろいろ考えさせられたシンポジウムでした
http://artslog.seesaa.net/article/7456166.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年09月30日 23:29 | コメント (3)

 

イサムノグチ展

「イサムノグチ展」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年9月15日収集分=

*こーぽら日記deux:イサムノグチ展
「イサムノグチ展」。9月16日から11月27日まで、東京都現代美術館です。
http://much.cocolog-nifty.com/log/2005/08/post_b784.html

*横浜 イイネ!イイネ!イイ〜ネ!:septemberはねぇ〜、
牟礼のイサムノグチの工房から始めてエナジーボイドの彫刻が移動され、この現代美術館で展示
http://blogs.yahoo.co.jp/suzutch118/10157976.html

*architripper:イサムノグチ展
ぜひ行ってみたいと思った展示。せっかくモエレ沼公園でイサムノグチに興味を持ったことだし
http://blog.livedoor.jp/arche_m/archives/50057368.html

*池田姫のきままLife:イサム・ノグチ展
J−WAVEを聴いていたらイサムノグチのことをやっていました。名前は聞いたことあるような
http://yaplog.jp/ikeda-m/archive/604

*紺洲堂の文化的生活:招待状が届いた!
東京都現代美術館「イサムノグチ展」です。オープニング・レセプションの招待状来るのですが
http://plaza.rakuten.co.jp/conshudo/diary/200509010000/

*8039 apartment BLOG:イサムノグチ展
これに行くか?終わったあと牟礼町に行くか?迷ってます。両方行きたいですが
http://focomoco.exblog.jp/1711336

*日曜画家KOOの日記:ノグチ?
イサムノグチ展  東京都現代美術館にて9/16〜11/27やるんですって!!
http://ameblo.jp/brokant/entry-10004112163.html

*白金台フラワーデザイン:待ちに待った〜 イサム ノグチ展 東京にて
イサム ノグチブームが続く昨今。いろんな特集がラジオから雑誌まで賑わしています。
http://blogs.yahoo.co.jp/deblwinkel/11041709.html

*locus-solusの日記:陶芸にカフカを持ちこんだ男
今月イサムノグチ展が東京都現代美術館で開催される。近ごろはオシャレを気取るインテリ達
http://d.hatena.ne.jp/locus-solus/20050902

*overdose:芸術の秋
イサムノグチ展。言わずと知れた空間デザイナー。幅広く活動をしていた人である。
http://sas.blogzine.jp/overdose/2005/09/post_9678.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年09月16日 09:39 | コメント (0)

 

加守田章二展(陶芸)

「加守田章二展(陶芸)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年9月7日収集分=

*たまカフェ:いいもの見ました。
『20世紀陶芸界の鬼才 加守田章二展』を京都国立近代美術館に見に行きました。
http://ohiruneame.seesaa.net/article/4385986.html

*かわうそ亭:加守田章二に感動
京都国立近代美術館で開催中の「20世紀陶芸界の鬼才・加守田章二展」に行く。
http://kawausotei.cocolog-nifty.com/easy/2005/06/post_680b.html

*生畑皿山通信:加守田章二展を観る
京都近代美術館で加守田章二展を見る。やきものの作家としては誰よりも才気溢れる仕事を残した
http://plaza.rakuten.co.jp/kihatasarayama/diary/200507070000/

*sound vision.:加守田章二展みる。
これはすごい。この人の作品をみると、半世紀も前の作品とは思えないほど素晴らしい。
http://blog.livedoor.jp/astanica/archives/27009593.html

*kenroのミニコミ:斬新な陶芸、安寧の正体  加守田章二展
加守田は栃木県益子に居をおき、柳田国男で有名な岩手県遠野に足をのばし新境地を開いた
http://blog.goo.ne.jp/kenro5/e/a7a8520b8f64a05c0dfac8622731911c

*いろんなこと日記:加守田 章二展
加守田 章二展というものだった。とってもえ〜仕事してた。陶芸で感動したのは始めてだ。
http://tonemasterjp.seesaa.net/article/4450933.html

*めいの日記:加守田章二展
昨日美術館で+++20世紀陶芸界の鬼才+++加守田章二展を観てきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/crystalsofmay/diary/200507190000/

*連々:Mavin
造形の多彩さに素直に目を奪われ、それを作陶する姿を思い浮かべて、楽しんだ。
http://bakuyo.cocolog-nifty.com/ren/2005/08/mavin.html

*KEIROKU:加守田章二展
行ってきました、加守田章二展に。綺麗だった!独特の模様でおもしろかったです
http://blog.livedoor.jp/keiroku_/archives/28143560.html

*piclog mobile:加守田章二展
さすがに20世紀陶芸界の鬼才と呼ばれるのも頷けました。すごいの一言です。
http://blog.lavalse.com/?eid=301883

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年09月08日 11:07 | コメント (0)

 

フィリップスコレクション

「フィリップスコレクション」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年8月22日収集分=

*風花:フィリップスコレクション展
アメリカの資産家、ダンカン・フィリップスの個人コレクションとのこと。
http://rikko.blog.ocn.ne.jp/kazahana/2005/08/post_798a.html

*ひみつの金魚:しっかりしないと感情に取り込まれてしまうよ。
わたしはアンリ・マティスというひとの絵が好きです。
http://mayahime.exblog.jp/3269870

*楽家記:六本木ヒルズ
写真は展望フロアにいたアシモ君。驚いたのは駐車場の車が横にスライドして出入りすること。
http://matsublog.exblog.jp/3270810

*何が彼女をそうさせたか:空白の報告
解説がついているのを見て悲しい気持ちになったりしながら様々な画家の様々な絵を見ました。
http://blog.livedoor.jp/chinami0907/archives/30010133.html

*イモノヒビ:いいねいいね
生活とか、キモチとか色々があって生き生きとしていて、命があって見ていて幸せな気分に
http://bakupo.cocolog-nifty.com/blog/2005/08/post_d95a.html

*よしなしごと:今週見たいもの
「フィリップスコレクション展」 ゴッホ、セザンヌ、ピカソが来てるらしい。
http://blog.goo.ne.jp/halka-h/e/a6aa042f485e6b4b4f87a9fac41ffca7

*ふりすかの日記帳:[美術館]フィリップスコレクション@森美術館
一番の目玉はルノワールの「舟遊びの昼食」以外はこじんまりした印象。
http://d.hatena.ne.jp/friska/20050815/p2

*まりねこの足あと:展覧会ハシゴ
教科書で出会ったルノアール「舟遊びの昼食」の本物を見て、感動・・・。
http://blog.goo.ne.jp/marineko-chan/e/99baa897e14ee762aed7622fdbaa8e5f

*大学“院”生日記:六本木ヒルズ
フィリップスコレクションという展示、教科書にのってるようなかなり有名な絵ばかり
http://d.hatena.ne.jp/tomos727/20050816#1124193809

*へっぽこ社会人日記:My Birth-Day
六本木の森アーツギャラリーで開催中のフィリップスコレクション展に行ってきました。
http://d.hatena.ne.jp/mapleleaf_fall/20050820

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年08月22日 23:57 | コメント (0)

 

古代エジプト展(東京美術館)

「古代エジプト展(東京美術館)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年7月27日収集分=

*push me :古代エジプト展
8月2日から東京都美術館でルーヴルコレクションの古代エジプト展がやるよ。
http://pushme.at.webry.info/200506/article_7.html

*LA VIE D'UN GENERAL FAUX-FRANCAIS:ラッキ〜
東京都美術館で8月2日から行われる『ルーブル美術館所蔵 古代エジプト展』の無料招待券を手に入れました
http://blog.livedoor.jp/dancing_shiva/archives/27419245.html

*coto coto:古代エジプト展
お次は【ルーブル美術館所蔵 古代エジプト展】が開催です。8月2日からだからまだチョット先だけど。
http://blog.livedoor.jp/towy_brown/archives/27497149.html

*ブログ+イツモノ:気になる特別展
古代エジプト展、ペアチケット。お値段は¥1,600-也。当日の観覧料は一般¥1300-、学生¥1100-
http://blog.itsumo-no.lomo.jp/?eid=204052

*エビスキッズ BLOG:古代エジプト展
8月2日より2ヶ月間、東京都美術館で「ルーブル美術館所蔵 古代エジプト展」が開催されるらしいです。
http://yebiskids.exblog.jp/3097990

*赤と黒とその中間:見たい行きたい
古代エジプト展。行きたいっていうか、行く。絶対行く。確実に行く。楽しみです
http://blog.goo.ne.jp/argenteum_astrum/e/4183d0ab7e56183d7b280506faf9854a 

*Horizons:Information : Musee du Louvre
ルーブル美術館情報をもうひとつ。東京都美術館で、「ルーヴル美術館所蔵 古代エジプト展」
http://operabastille.seesaa.net/article/5136227.html

* 社会人の徒然日記:8/2-10/2東京都美術館で「古代エジプト展」
ルーヴル美術館の「古代エジプトコレクション」が日本ではじめて本格的に公開されるそうです。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/2420/1613521#1613521

*on-limits:ルーブル美術館所蔵古代エジプト展
始まりますね〜古代エジプト展@東京。ブログにアップしたものだとばかり思いこんでましたわ〜。
http://blog.livedoor.jp/start_and_go/archives/28439277.html

*大学生あーちゃんの活動記録:古代エジプト展
ルーヴル美術館所蔵古代エジプト展 誰か一緒に行こー
http://blog.livedoor.jp/ayae84/archives/28619992.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年07月28日 09:06 | コメント (0)

 

清家清展

「清家清展」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年7月25日収集分=

*ぼちぼち:「告別式でした」 
清家清先生の告別式にでるべく、会社を午後半休。夏以降、首都圏および札幌で清家清展が開催されます。
http://star.ap.teacup.com/shiho06/257.html

*toshixpress :清家清と下町ジャズと
14時からは汐留にて、7/23から開催される「建築家 清家清展」に先立つシンポジウムに参加
http://fermata.exblog.jp/2138334

*+c a w c a blog::ver2 :清家清&Lambretta
汐留ミュージアムで展覧会が開かれるのですが、そこで展示するためのランブレッタの整備を清家さんの親族
http://www.blog.cawca.com/archives/2005/06/26-0015.php

*Achid Re;in:2005-07-04
となると今やっている清家清展の模型が展示されるとなると、それこそ感動なのでは
http://d.hatena.ne.jp/chidax/20050704

*ときょーあき :昨日
清家清展が汐留の松下電工ビルと、建築会館であります。汐留の方が、模型がたくさんあって楽しそう。
http://plaza.rakuten.co.jp/tokyoaki/diary/200507050000/

*建築リフォーム&リニューアルブログ :建築家 清家清 展「図面に見る清家清の世界」
図面に見る清家清の世界」と題し、清家清の設計図をもとにその作品の魅力を紹介する。
http://blog.melma.com/00133209/20050707173732

*えるみたーじゅ(隠れ家)でマイペラン:汐留 武蔵野茶房(むさしのさぼう) カレーライス
汐留で催されている清家清展に参りました。実はプレ展覧会にも伺ったのですが、ものすごい人々
http://shiokaze.blogtribe.org/entry-1de5a3c152f3c1dc9c3e3d616070de1c.html

*Y'not Report Revival:鉛筆と消しゴム--「建築家 清家清」展
本日から建築会館と松下電工汐留ミュージアムの二カ所で「建築家 清家清展」が開催されている
http://reikoyamamoto.blogzine.jp/ynot/2005/07/__e567.html

*日毎に敵と懶惰に戦う:東京アンテナショップ巡り+展覧会2題
『建築家清家清展』を見に、松下電工の汐留ミュージアムへ行く。「私の家」が実物大模型でおいてあった。
http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20050723#1122126419

*ラフ・スケッチ:清家清展
清家清展(松下汐留ミュージアムと建築会館でダブル開催!)に初日早々行って来た。私の家の実寸模型が
http://spaces.msn.com/members/masaki221/Blog/cns!1pU6VBHoiH8ppH8LbIWERe6w!410.entry

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年07月26日 08:48 | コメント (0)

 

東京国立博物館ベルリンの至宝展

「東京国立博物館ベルリンの至宝展」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2005年6月11日収集分=

*石井辰彦の世渡りジョーズ日記:Miseumsinsel Berlin
ペルガモン美術館のペルガモンの祭壇やイシュタール門だけでも、卒倒しそうな迫力だものね!
http://yowatari.exblog.jp/2905832

*ヒトリゴトゴリトヒ。:ベルリンの至宝展。
衝撃大だったのはお客さんの98%がおじちゃんおばちゃんだったこと。恐るべし団塊世代。
http://blog.goo.ne.jp/mymfjt/e/c54d06376eb4c7c7ac857c08783df7ad

*徒然日記:ベルリンの至宝展
基本的に博物館とか、歴史関係大好きなので、すんごく楽しかったーーイロイロ見れてね。
http://blog.goo.ne.jp/jxe2004/e/3f09271fb0a2ac8959eb15210de48b0c

*徒然なる大学生活:ベルリンの至宝展
ベルリンの中州に博物館島と呼ばれる島があり、そこには5つの美術館が立ち並んでいるそうです。
http://diarynote.jp/d/57027/20050609/

*それは甘く切なく。:ベルリンの至宝展
エジプト文化からヨーロッパ古典絵画まで.もりだくさんで久しぶりに心がうるおいました.
http://blog.goo.ne.jp/ash-brond21011/e/5563f61e82702a289784cc8826acef5c

*jerom, jerome:ベルリンの至宝展
中学生の頃からのラファエロファンとしてはどうしても行きたいと思ってて、やっとこ行けたよ〜〜
http://blog.goo.ne.jp/jerome_2005/e/a813ccd98c1e517d592d0c32cec09949

*『幽☆遊☆白書』〜仙水と樹の亜空間〜:[天使]ベルリンの暗黒天使
「聖なるもの」が、神々や聖母子、天使、使徒、大自然の姿で表現されていました。
http://d.hatena.ne.jp/sargasso_space/20050610#p1

*毎日が観光:ベルリンの至宝展
人類の「形を作ろう」とする情熱の変遷をたどっていける感じがしてよかったですね。
http://blog.goo.ne.jp/faure64/e/221641fb1ef333baae0137df7125e0c5

*ママが教えるお金のイロハ: 本物を見る機会を
「そのうち行こう」と思っていると、行きそびれてしまいます。今回の展覧会も、6/12まで。
http://nimbles.cocolog-nifty.com/diary/2005/06/post_1928.html

*ひねもすのたりの日々: 世界遺産・博物館島「ベルリンの至宝展」
収められた数多くの美術品が二度と散逸することなく末永く人々の目を楽しませることを祈りたい。
http://shamon-kuro.txt-nifty.com/hinemosu/2005/06/post_ac57.html

*旅(非現実)と日常(現実)を行きつ戻りつ:ベルリンの至宝展 − 東京国立博物館
博物館にあるレストランで「竹の子入り炊き込みご飯」を、外の緑を眺めながらの食事でした。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/35769/1470671#1470671

*そこはかとなく書きつくれば:ベルリンの至宝展に行って来た
ラファエロのやさしい眼差しの画が大好きで、当初はそれを見るのが主な目的だったのですが、
http://www.doblog.com/weblog/myblog/28861/1471385#1471385

*ash's Diary ベルリンの至宝展
今回はキリスト美術を見てくる予定だったんだけど、エジプト美術に釘付けになってしまい…
http://longash.blog7.fc2.com/blog-entry-94.html

*5年生の日記:ベルリンの至宝展
この天使こうみえて実はヤコブ氏の股関節をはずそうとしているそうです。さすが天使。
http://houtou-musuko.ameblo.jp/entry-bea9b7bcdeb7529ac0695b907dd2fbdf.html

新しい情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2005年06月11日 15:19 | コメント (0)