職業/仕事
blog-headline+

 

精神対話士

「精神対話士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「相手の話を聞き心のケアをする、ボランティア的素養の求められる仕事ですね。」



=2007年7月19日収集分=

*夢見者日記:ルミ見つかったあ!!!
発達障害の概念がいまいち分からなかったがなんとなく理解できた気がした。受講生の年齢構成は4、50代が中心。男女比は3対1位で女性の方が多い。
http://blog.goo.ne.jp/yumemisha/e/4fe18fd151962e81e524c328989cb193

*tokiosの日記:上北台からウエルカムに
民間の資格もあるらしいが、ちょっと怪しげなので、まずはボランティアに参加してみては?と助言する。
http://d.hatena.ne.jp/tokios/20061206#p8

*8X4〜783@640〜:精神対話士
皆は精神対話士の講義受ける度に自信なくなるってゆーけど、私は違う。色んな人みたり講義受ける度に私しか出来ないとか私は絶対出来るって思う。
http://ameblo.jp/junkiri/entry-10022352599.html

*眞野丘秋日記:精神対話士面接
集団面接試験のように、記憶力を試されると、私は昨日のことも忘れてしまっているので、なんとも答えられません。
http://plaza.rakuten.co.jp/manotaka/diary/200702250001/

*ね、キミが行きたいところへ行こうよ:精神対話士面接試験報告その2
さて、いよいよ集団面接。17分間。8人ずつ、きちんと番号順に並んで入場すると、手前に八つの椅子がズラーっと並び、会議用机が横並びに二つ。
http://plaza.rakuten.co.jp/nyahonyaho92/diary/200702250001/

*勝手に時事分析:書籍「人の話を「聴く」技術」
メンタルケア協会の精神対話士による傾聴技術の極意1)「聞く」のではなく「聴く」
http://blog.goo.ne.jp/decky_2007/e/6222477c387ffe7eed89889e0c35591a

*けいちゃんの心の旅路:精神対話士になるきっかけ
わたしが、メンタルケアのスペシャリストを受講するきっかけとなった、ある入所者との対話。
http://keichan-diary.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_a4a3.html

*ライフサポート・サークル:『人の話を「聴く」技術』を読んで
装丁が華やかなものは、やはり内容もちゃらちゃらしたものになっていますので、ご注意ください。
http://on.way-nifty.com/blog/2007/06/post_823e.html

*私の私による私だけの日記:清水の舞台から飛び降りてみた〜〜〜
なんと合格率はたったの15%で、全国にまだ600人しか取得者が存在せず、おまけに資格取得できたとしても5年ごとに試験を受けなければならない更新制なのです。
http://blog.livedoor.jp/love_sono/archives/50736392.html

*ジャングル・ジャム:精神対話士って すごい!
精神対話士・・・・奉仕精神がウズウズと出てきます。決してオセッカイ・オヤジにはなりたくありません。人の人生を作り替えるぐらいの優しさが必要。
http://popojun.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_279a.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:資格:健康/癒し/心理 | 投稿者 xbheadjp : 2007年07月20日 00:27

■コメント

コメントしてください




保存しますか?