職業/仕事
blog-headline+

 

表具屋の仕事/職人

「表具屋の仕事/職人」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「表具屋さん、襖、障子の張替えから掛け軸や屏風の製作や表装を手掛けている職人、苦労もあるでしょうが綺麗な仕上がりです!」



=2007年2月3日収集分=

*児玉表具店:表具師とは
「私たちの仕事」それは数百年、或いは千年以上の流れを経て、今日に至ったものであります。古くからの「たくみ」のみちを表具技能は伝え続けてきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kodaken37/19192680.html

*高柳輝雄の仕事:掛軸
作品に最後の息吹を吹き込めるかどうかは表装にかかっていると言っても過言ではありません。地味すぎず、主張しすぎず…何事も、バランスが大事ということ。
http://ameblo.jp/syoukoudo/entry-10004795446.html

*タイプBです:写経の掛け軸作り
依頼された半切大の掛け軸の作成をはじめようと思います。中回し付きの写経の掛け軸です。
http://hyouguya.at.webry.info/200511/article_24.html

*大阪・岸和田市の芦田工芸「表具屋日記」:かぼちゃのランプ
何年か前におしゃれ工房を見て作成したものです 最初は何個か作って飾っていたの見たお客さんが欲しいと言われそれからたくさん作成した物
http://harikae.exblog.jp/2001280/

*三重中勢の旬便り・第二章・:新しいフレームは秋の訪れと共に・
同じ形のシンプルなフレームばかり選んだのですが、うち3種類は笹のデザインがプリントされ、別の3種類のもゴールド・シルバー系ながら控えめな光具合のものを、
http://ameblo.jp/matsu-hyou2/entry-10017040321.html

*ふすまっくす逸品堂+店長ブログ:ミニ衝立(ついたて)
表具内装工芸展っていうんだけど年に一回大阪の表具屋さんが集まって自分の作った作品を競い合うんです。僕のは硯屏(けんびょう)という小さな衝立。
http://blog.fusumax.com/?eid=130494

*若旦那の独り言:衝立と屏風
衝立は子供の着物(なんて言うのか忘れた)をほどいて柄を合わせて貼り込みました。風は全て手漉きの和紙を用いて製作してます。
http://blog.livedoor.jp/dainamaitosikoku1/archives/50887121.html

*しげま工房のブログ:留袖屏風
もう着らなくなった留袖の柄の部分だけ生かした、枕屏風です。ベッドサイドに置いてもいいし玄関や、ちょっとした目隠しなどに人気があります。
http://plaza.rakuten.co.jp/tuchito/diary/200701170000/

*一番早く行列が出来る表具屋日記:巨大地図
昨年の夏からお預かりしていた地図の裏打ちが、やっと完成した。幅180センチ縦360センチほどの大きさで、薄い和紙で(製図用)で書かれているもの。
http://red.ap.teacup.com/hyougu01/92.html

*表具屋.com:仕上げは職人の「技」
掛け軸、みなさんも見たことがあるかと思いますが、表具を平らにしなやかにするために「裏ずり」という作業を行います。
http://takahyogu.hamazo.tv/e284021.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:職種:建設/工事 | 投稿者 xbheadjp : 2007年02月03日 21:35

■コメント

コメントしてください




保存しますか?