職業/仕事
blog-headline+

 

国際会計検定(BATIC)

「国際会計検定(BATIC)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「得点数によってレベルが決ります。午前の試験が英文簿記、午後の試験が国際会計理論となっているそうです。」



=2007年6月26日収集分=

*ワインレッドの独り言:派遣会社の事件簿(BATIC=国際会計検定)
日本と外国両方の会計ルールに精通し、国際ビジネスの掛け橋になれるリキャスティング能力を持った人材を育成すること。
http://blogs.yahoo.co.jp/yokonagayama/27698166.html

*外資系転職で年収をアップさせる資格取得術:転職にも強い英文会計・・・
BATIC(国際会計検定)(R)の講座を開講しているところにも千差万別ですので、選択基準を申し上げましょう。
http://www.job-sagasi.net/archives/52409848.html

*会計士受験日記〜新制度でリベンジ〜:簿記ST応用
連結CFからの出題でした。個別P/L・B/Sから個別CF・連結CFの精算表作成の形式でした。
http://submarine44.blog18.fc2.com/blog-entry-442.html

*キャリア改革の足つぼ:そして日本だけが取り残された-会計基準の・・・
しかし、まだまだ日本の簿記・会計の人口からみればごく少数の人だけしかやっていません。そこがチャンスなのです。
http://blog.livedoor.jp/uogjp/archives/942416.html

*べんきょうライフφ(。。 ):勉強開始!
BATICの場合あまり他にテキストがないのもあるけどやはり公式なのが一番かなぁと
http://ameblo.jp/yuzu-80/entry-10028675381.html

*INGENIUM:7月の国際会計検定(BATIC)にむけて
ただ単純にBATICで400〜500点取りたいなら、商工会議所の公式テキストで十分対応できる。ただ、例題数が圧倒的に少なく、高得点を狙えない。
http://web.sfc.keio.ac.jp/~endo/sb/log/eid222.html

*アメリカでのいちにちのきろく@I'm in Japan right now!:国際会計検定
この検定の概要を見て、アメリカで(英語で)勉強した会計の知識は、日本ではきっと役に立たないだろうな、と思いました。
http://naokochin1.exblog.jp/5422179

*英語DE経理!:BATIC(国際会計検定)
試験内容は、意外にもUSCPAの一科目である「FAR」の一部でもあるのですね。BATICをお勉強すると、FARの問題で解けるものが出てくる!おぉすばらしい!
http://ameblo.jp/shitoame/entry-10032630380.html

*BATIC(国際会計検定)受験勉強ノート:BATIC(国際会計検定)の問題集
しかし、勉強が進むにつれて、公式問題集だけでは問題数が少なすぎると思うので、どうするか悩むことになるかもしれません。
http://baticjuken.seesaa.net/article/42251211.html

*会計学者への道:BATIC
まぁ日商簿記3級程度の内容なので,読めばすぐに分かるのですが,やはり英語で仕分をきることに慣れる必要があるので,暇を見つけては問題を解いています.
http://blog.livedoor.jp/silhouette_kobe/archives/51002355.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:資格:国際ビジネス | 投稿者 xbheadjp : 2007年06月26日 22:29

■コメント

コメントしてください




保存しますか?