職業/仕事
 

彫刻家

「彫刻家」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「彫刻家、木、石、石膏から色々大小さまざまな製品が出来上がってゆくのは夢があって楽しいでしょうね!苦労も多いでしょうが!



=2007年01月03日収集分=

*ある彫刻家の独り言:忙しさにかまけて
京都野外彫刻展をはじめ京都アートカウンシルでの「まなびや」の企画、芸大大学祭での模擬店「温故知新」の開催と続いていまや体はがたがただ。
http://blog.livedoor.jp/artunion/archives/50034369.html

*ふくろうおじさん気まぐれブログ:イブに思う!
何か見えない力がこの宇宙に存在していると確信しています。そう信じて日々送っています。作品づくりには特にそんな事があるのではないでしょうか?
http://s2960.hamazo.tv/e258792.html

*山田尚公の工房日誌:火頌その2
今日までに35点の木版画を彫りました。これほど集中して木版画に取り組んだ事もないし文字が中心の作品を連続で製作したのも初めてです。
http://tatakibori.exblog.jp/4120500

*ART WING:神馬の修復(21)
頭の部分は凹凸が多いので特に気をつけて貼っていきます。目はマスキングしておきます。
http://artwing.seesaa.net/article/24417604.html

*MOCO WORLD :本邦初公開
製作途中の様子を、公に載せるのは本当に初めての事で…。基本的には、内緒にしておきたい事なんだけどさ。本当は秘密にしておきたかったけどさ。
http://moco-world.jugem.jp/?eid=232

*彫刻家のつぶやき:ヤノベケンジの展覧会
豊田市美術館で開催されている「ヤノベケンジ」の展覧会を見てきました。同時開催でミロ・ダリ・ガウディの企画も開催されていました。
http://a868964900.blog24.fc2.com/blog-entry-1.html

*五代目根付職人(彫刻家) 昌寛,,白春:今年最後の仕上
今年も最後の仕上になりました。向かい干支です。いの獅子の半回りの蛇が縁起かよいとされています。
http://plaza.rakuten.co.jp/netukeart/diary/200612270000/

*彫刻家 尾崎悟が想い巡るサファリ:サファリ-63  未明
次の作品が素晴らしいかどうか、私にはわかりません、妄想する力があって、経験を積んできても、次の作品が果たして本当に良いのか悪いのか。
http://utyuuinu.exblog.jp/5180261/

*彫刻家 宮川の美術日記 :お犬様
こよみのよぶねの巨大光る犬と、ダンボール舟を2階のテラスまで引き上げる作業をしました
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/miyakawatatsuya

*彫刻家丹羽俊揮の日記:よいこと
日展が終わってから制作していた、大作の仕上げ、そして石膏取り。馬の作新の石膏取りを今日やっと終えることが出来ました。
http://shunki.exblog.jp/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月04日 17:19 | コメント (0)

 

ミュージシャン

「ミュージシャン」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

ポップスやロックなどの分野で演奏家として活動。歌手のコンサートでバックバンドの一員として演奏をつとめたり、スタジオミュージシャンとしてレコーディングに参加する。卓越したテクニックがあり、チャンスに恵まれれば、ソロミュージシャンとして自分の名前で活躍できる可能性もあるが、成功できる人はごくごくわずか。



=2006年11月8日収集分=

*ミュージシャン神川圭司は思う:久し振りに文章をかいてみました・・・
基本的に 道具選びは 難しいですね。 やはり高い物はは良い 、かといって 予算は限りあるし 。
http://blog.livedoor.jp/keijikamikawa/archives/50492478.html#comments

*ものぐさミュージシャンのものぐさ日記:使い捨て
音楽を創る労力を理解しろと言っても無理な相手と考えると、作業にまったく力が入らなくなってしまった。
http://blogs.yahoo.co.jp/sorry_joe2000/19280190.html

*35歳!脱OLミュージシャン奮闘記:2夜明けても覚めやらぬ感動
感謝の気持ちが溢れ出てくるとはこういうことなんでしょうね。なんかもう、胸がドキドキしちゃうの
http://blog.livedoor.jp/kochi_yasuko/archives/50738927.html

*ミュージシャン大富豪の教え:社会人
音楽のバブルがはじけてる現代で、音楽で生き残るには、先輩方と一緒のやり方じゃ無理です。
http://blog.livedoor.jp/seimei_lak_a/archives/50279426.html

*かけだしミュージシャンのブログ:札医大定演!
トリのバンドだったので、待ち時間が長くテンションが心配でしたが、本番はリハよりも良い感じで出来たような気がします。
http://bunsax.blog78.fc2.com/blog-entry-16.html

*クラシカルミュージシャン !:首席の力
彼らの音は、ときに勇壮に、ときに優美に、しかも精密機械のような正確さを持って、ぼくたちに迫ってくる。
http://blog.goo.ne.jp/strausstp/e/c65e702c1688f0216fe8a6e5b33537fc

*yukiko nishimura.net:人を楽しませること
人を存分に楽しませることができる人たち。すごいなと思う。サービス精神旺盛で自分たちも楽しんでいる。本来のミュージシャンの姿。
http://yukikonishimura.net/?eid=112

*『厚木インディーズミュージシャン』(A-I-M):11/4(土)は厚木市・・・
このイベントに少しでもご興味を抱いてくれたみなさん一人ひとり全員が光り輝く 『 アツギ ノ タイヨウ 』なんです!
http://blog.livedoor.jp/a_i_m_smily/archives/50574599.html

*ユウのひとりごと 会津のミュージシャン:喝采きたかた よさこい・・・
踊り手さんの躍動感あふれる動きが目の前で展開していると、歌も気持ち入りますな。この瞬間があるからやめられないのだよね。
http://blogs.yahoo.co.jp/swingmusicman/43105849.html

*自称天才ミュージシャン「たけし」の日記:レコ発第2弾、新曲公開・・・
新曲のエメラルドって曲、歌ってて最後のサビで泣きそうになりました。自分で作っておきながら。
http://blog.goo.ne.jp/big-artist-takeshi/e/3b233f1bc963d522f171e5fb20b4914d

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月09日 23:32 | コメント (0)

 

まんが家(漫画家)

「まんが家(漫画家)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

コミック雑誌に漫画を描くのが中心だが、企業などのPR誌、情報誌などに実用漫画などを描くこともある。雑誌連載の原稿料だけでは生活は苦しく、挿し絵やカットなどの仕事を副業的に行っている人も少なくない。雑誌に連載した漫画が単行本になると収入アップが望める。



=2006年11月8日収集分=

*主婦andマンガ家・高橋三千世のブログ:新刊発売日
「みして、新聞、えんくんに見して! あっ、ママの漫画が出てる!」と息子はコーフンしていました。私も新刊PRがんばろう!!
http://ameblo.jp/michiyo-takahashi/entry-10009196095.html

*若手漫画家おおきくなりたぁい:大丈夫そう
昨日スーパーアシスタントさんが来てくれたおかげでピンチ回避。ヨカッター…でもまだ油断できない。
http://blog.goo.ne.jp/mawaru18/e/d08ca9da36e62aa63ad7c0da61e5b7d5

*マンガ家日記:ファンレター
ファンレターが少ないと「人気のない作家」というあつかいになってしまうんですから。シビアな世界なんですよ〜
http://yuuko.blog1.fc2.com/blog-entry-153.html

*杉山美和子のマンガ家ライフ:ロイヤルグリーン コミックス 発売・・・
恐る恐る地元の本屋さん行ってみましたが、何処にもちゃんと置いてあった!
http://blog.livedoor.jp/sugi_miwa/archives/50560661.html

*大谷美穂の漫画家日記:原稿アップ!
育児本のマンガ化の原稿が出来上がりました〜(^o^)/一冊丸ごとで1ヶ月ちょいで完成!がんばりました〜
http://miho-oo.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_5975.html

*陽斗イワヲ(ハルトイワヲ)の漫画家生活:なんとか、、、
焦る気持ちもありながら、なんとか後につづけ〜っと言う気持ち。でも書込みは念入りに、、、。
http://pepeharuto.blog.ocn.ne.jp/pepe/2006/10/post_5dd1.html

*漫画家 桜真澄の日々:原稿終了・・・・
あ〜〜〜〜終った!明日から次回作だ!!なんだこのスケジュール!!過労死すんぞ!!
http://blogs.yahoo.co.jp/masumisakura_web/43352221.html

*マンガ家の奇妙でワンだふるな日々:マンガルポ
こうしたルポマンガでその青木文教さんの足跡をコミカルにたどってみるのも本編の劇画を描くのとは、またひと味違っておもしろかった。
http://blogs.yahoo.co.jp/saiwaimiyuki/22610480.html

*たけやまたけをの漫画家日記:桜2号、再起動
取材をして15話分の話を頭の中で作って1日3時間睡眠の2週間で200ページのネームをイッキに描きあげた
http://blogs.yahoo.co.jp/onyuugaku/41478506.html

*あっきう(漫画家)のブログ:止まった…。
こうしている間にも担当さんが寝ずに待っているのかもしれないのに…。
http://blog.livedoor.jp/akkiu312/archives/50793430.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 21:57 | コメント (0)

 

陶芸家(とうげいか)

「陶芸家」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

土を選び、成形し、窯で焼成して陶磁器を作る。日常使いの茶碗やコーヒーカップから、一点ものの壺や大皿まで種類はさまざま。伝統の技術を活かしつつ、オリジナルの器を作る。



=2006年11月8日収集分=

*陶芸家、村越琢磨の手掛ける器の数々:土聞琢磨のすべて
信楽の土にこだわり、土の響きを聞き取る。あたかも土自身がその造形(かたち)になりたいかのように やさしく包んであげる。
http://komugiya.blog60.fc2.com/blog-entry-7.html

*陶芸家の生活:泰然自若
人様に見せる用じゃない、自分の為の「心の芯」になる一文が 今私に一番必要な要素なんじゃないかなと。
http://blog.livedoor.jp/yulicoco719/archives/51201388.html

*陶芸家生活日記!:陶芸講座作品管理
このように陶芸家が皆さんの陶芸作品を管理しております。知らない人は次の週に作業する時、ごく普通に出来ることが自然だと思っている事でしょう。
http://kinseitougei.at.webry.info/200610/article_28.html

*湘南の陶芸家のひとりごと:めし椀グランプリ ♪
数人の賞にははいらんかったけど1000点以上応募あったみたいだから、入選なら上々♪♪
http://blogs.yahoo.co.jp/shounantougei/41659807.html

*軽井沢版*陶芸家への道:軽井沢町総合文化展に出品してみました<2>
初心者とはいえ、展示会への出品なんて、なかなか体験できないことでもあるので、今回は「出すことに意義あり」かな?!
http://blog.goo.ne.jp/togei_karuizawa/e/090084a67a2f467e3d3813386281c495

*京都で陶芸家になる!?:陶芸について考える
続けていることは大切なんだなと思った。毎日続けていると普段はわからないことでも、 最初と比べると少しづつでも進歩している。
http://moro330.blog64.fc2.com/blog-entry-146.html

*研妻JOURNAL 〜福岡県糸島半島にて陶芸家の夫と暮らす日常〜:明日・・・
早くも下見に来られるお客様もいらして、私たちも明日から沢山の方とお会いできることを楽しみにしております。
http://ameblo.jp/kengama2003/entry-10019297265.html

*窓際の陶芸家:壷中之天(第四十七話)
壷を製作している時、不思議な気持になる。子供の頃、隠れ家を作った感覚に似ている。
http://doushouka.blog31.fc2.com/blog-entry-47.html

*陶芸家の毎日in カナダ:アートスクール
主に技術面の指導とスタジオの管理=掃除。で、土の性なのである程度はしょうがないとも思うんだけどさ、土=ぐちゃぐちゃ、ねちょねちょ、泥遊び、全身土パック?
http://blog.livedoor.jp/may5gatu1018/archives/50314218.html

*陶芸家を女房にもつ男の独白:「作家」と「職人」の違いは?
陶芸家は、おおかた「陶芸作家」と「陶芸職人」に分かれると思いまが、その判断基準はどこにあるのでしょうか。
http://blog.goo.ne.jp/umannthu/e/bc84704db49c3d203401c38caf18eac7

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 21:55 | コメント (1)

 

書道講師/書道家

「書道講師/書道家」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

書道はお稽古ごとの定番のひとつだが、頑張ればそこからステップアップして教える仕事に就くこともできる。教える仕事に携わりながら、書道家としての活動を続けている人も多い。



=2006年11月8日収集分=

*書道家 矢部澄翔:スランプ・・・かも。。。。
書はホント正直です。自分の内面を鏡として写しているかのよう。
http://blog.goo.ne.jp/my1004/e/234f2de8502f0c34cf05440bec9c1730

*書道家 佐藤天招オフィシャルホームページ:人間・・・・・
「人間以上の品物はできない」だからこそ、焦らず、時間をかけて人格を磨くしかない。今の自分以上の書は書けないのだから。
http://www.genki1.net/item/2962

*極貧系?書道家のつぶやき:五月漢字半紙倣書
今回の楷書の半紙がみるからに魏の鍾ヨウ風であります… 行書も隷意がかなりハイッテル模様…睦の横運動のスゴイ事!
http://gokuhin.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_7a1e.html

*書道家の日常:書けない日が続いても
とりあえず小筆の練習は休まずに行うようにしている。楷書がもっとうまくなれば賞状書きが出来るようになります。
http://blog.livedoor.jp/suzukigumi1/archives/50454185.html

*書道家の日々つれづれ:展覧会シーズン 突入作品制作大忙し
出品料と経費で10万円、それに表具代、額代いったいいくら掛かるのだ。
http://pub.ne.jp/Indianinkworld/?entry_id=344665

*書道家竹内緑泉の作品集:2006年 読売新聞社賞受賞作品
作品の制作にあたって、この詩が自身の背中を押してくれた。
http://blog.livedoor.jp/ryokusen/archives/50264482.html

*書道家・皇雲の「書道」「フットサル」「グルメ」エトセトラ:競書課題【10月号】
半切作品4点です。太源展の作品制作の合間に書いたものです。多書したものではないですが,逆に言えば今の自分の実力でしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/takashi_koun/42696443.html

*書道家 大橋陽山:個展犢の律動
今回は「黒の律動」というタイトルで、書のリズミカルな部分に焦点をあてた作品を中心に展示しました。
http://yozan.seesaa.net/article/25167318.html#more

*書道家への道:失敗作の反省(3)
いかに上等な紙でも、少ない枚数でも、平常心で落ち着いて書き、作品として仕上げることの難しさ。
http://blogs.yahoo.co.jp/seigakudo/22565308.html

*書道家・武田双雲 公式ブログ『書の力』:与喜
「ただ、よいものを創りたい」この気持ちをよく考えてみるととても素晴らしい心構えだということに気づきます。
http://ameblo.jp/souun/entry-10019436519.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 21:54 | コメント (0)

 

作家/小説家

「作家/小説家」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

独自のタッチで作品を発表。小説をはじめ、童話、シナリオ、ノンフィクション、エッセイなどジャンルは幅広い。新聞や雑誌などに連載したり、作品を書き下ろして単行本にまとめたりする。



=2006年11月7日収集分=

*文学賞を受賞し、小説家になりたい。−情報提供とオリジナル小説・・・
優良なスクールでプログラムもいいと思いましたが、学ぶ為の準備が事前に出来ていなかったなと現在では痛感。
http://a621026531.jugem.jp/?cid=19

*小説家修行:小説家宣言
今を逃せば、次はおじいさんになるまでないかもしれない。僕は、この世界に自分の感覚を残したい。おじいさんになってからでは遅い。
http://d.hatena.ne.jp/i00385131/20060821/p1

*作家、生井利幸のブログ:「共感」があってこそ、本当にいい仕事ができる
最近、感じていることは、打ち合わせにおいて、「常に、お互い率直な意見の交換をしなければ、なかなかバランス感覚に優れた仕事はできない」ということです。
http://ameblo.jp/toshiyukinamai/entry-10016816562.html

*ライトノベル作家志望:1次予選通過のときに読んでいた本
結果、一次予選通過!ふぁ!やればできるもんだ!それからペースがあがりました。1ヶ月で100枚。
http://ameblo.jp/sorako9171/theme-10002672911.html

*ネタゼロ・知識ゼロ・技術ゼロ:先に言ってよ
ストーリーの展開や進行がどうなるのかを早く知りたいと思う反面、すべてが、すぐに明らかになることを望みません。
http://suisuistory.blog56.fc2.com/blog-entry-91.html

*闘う劇作家・森川 秋の戯言:『ピーターと狼』 女優魂
私は彼女の台詞を書けると思った。彼女なら、私の言葉を解ってくれると思った。台詞は、覚えるものではなく、その気持ちになるもの。
http://blog.livedoor.jp/autumn_forestriv/archives/50623820.html

*うつ病以上小説家未満〜作家デビュー(内定済み)の過程〜:いま・・・
10月中旬、2社から書籍化の話がくる。しかし無料ではなく、負担金を支払うとのこと。文芸社のほうは親が負担金を出してくれることに。
http://blog.goo.ne.jp/kawaharafuta/e/fdc8356246fdd21b2bc21ece977d331f

*Feel the Rainbow /小説家・町田誠也のBlog:徐々に復活なのである。
僕は創作する人間であるから、締め切りを意識した創作というのはプレッシャーがかかる分、それが良い刺激となる。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/33732/2608556#2608556

*新米作家の生活(日本語吹き替え版):
テレビドラマや映画は、一時間や二時間の世界、小説は何百ページの世界。だけど、人生は、その何倍も何十倍も長くて、舞台はこの地球上で、登場人物はいわば60億人いるのだ
http://blogs.yahoo.co.jp/teas1215/43211037.html

*たまごのひび 〜小説家入門編〜:山村教室〜最高だよ、アナタたち!〜
視点をどこに据えるか、色んな可能性を考えてみなさいと今まで言われてきたけど、そっか、そういう手もあるのね。
http://sakai.cybernovels.jp/?eid=395811

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月07日 21:59 | コメント (0)

 

作曲家(さっきょくか)

「作曲家(さっきょくか)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

Jポップやロックなどの分野で活躍。レコード会社のディレクターから依頼を受け、その曲を歌う歌手のイメージや声質、リスナー層などを考慮してメロディーを仕上げ、デモテープを作成。こうして作られた曲に、作詞家が歌詞をつけるというケースがほとんどだが、すでにできあがっている歌詞にメロディーをつけるケースも。



=2006年11月7日収集分=

*作曲家のゆで卵、カナダで修行中。:私の作曲過程
作曲のアイデアはバスの中で思いつく事が多いです。そしてピアノで思い出して弾こうとした時に忘れちゃってる悲しい運命。
http://ameblo.jp/thelious/entry-10009378256.html

*シンプルっていいよね 私は作曲家 麻んとこのブログ:ガツンとドライ!!! タカラ焼酎ハイボール
このお仕事はす〜んごい大掛かりでしてね、僕もとってもいい経験をさせてもらいました。
http://hempie.livedoor.biz/archives/50408198.html

*作曲家の鬼!:あ、そうか!俺、作曲家だったんだ
自分の好きな楽曲に使われている楽器、鳴らしている音を耳の感覚だけを頼りに再現していくという作業が、音楽家としてのスキルを上げる一番の近道になるんですね。
http://blog.livedoor.jp/hige_majin2006/archives/50418518.html

*作曲家・平野一郎のブログ:鱗宮
この幾年かの間、各地の海人の祭や歌に接してきた私の中で、様々な神話や伝説が融け合い、ようやく一つの物語に昇華したようだ。
http://marebito.exblog.jp/3961535/

*ピアニスト・作曲家 山田隆広の部屋:音楽理論って
何で必要なんだろう。作曲家になるのには絶対的に必要になってくるけど、演奏家にとっては??
http://blog.livedoor.jp/takapubin/archives/50178516.html

*作曲家ピアニスト村松崇継の独り言:命の奇跡のレコーディング無事終了!
僕も脚本を読んだ段階で号泣だった。これは良い曲を書かなくては。僕にとってもかなり意気込んだ作品だ。
http://blog.livedoor.jp/takatsugu_sound/archives/50713712.html

*作曲家のH:限界バトラー
アレンジ&レコーディング15曲・・・って、なに? そのスケジュール・・・・・自分との闘い・・・
http://blog.livedoor.jp/nk_h/archives/50785817.html

*池田 悟<作曲家>のArabesque:カルテットは、軽くない
ぬ時、毎日飲んだことを幸せに思って死ねるか、それとも飲むのを我慢し、作曲に頑張ったことを幸せに思って死ねるか?
http://satoru-ikeda.blog.ocn.ne.jp/weblog/2006/10/post_3a94.html

*三橋 隆幸 -Takayuki Mitsuhashi -24才 職業 作曲家:モチベーション・・・
自分自身「感動」とは無縁の生活をしているのに、人々の感動するような音楽を作るなんて、割と残酷だ。。と思いません?
http://ameblo.jp/t4121/entry-10019050654.html

*アフターファイブの作曲家日記:それは突然やって来る
R氏は多少僕の曲調を気に入ってくれていて有利だった気がするけど、今はヒロさんや門谷さんが現場プロデューサーなので、信用をもう一度構築していかないといけない。
http://blog.livedoor.jp/m2project1/archives/50759727.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月07日 21:57 | コメント (0)

 

ガラス工芸職人

「ガラス工芸職人」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

グラスやコップ、食器、花瓶など、ガラス工芸を作る職人。高熱の溶鉱炉に原料ガラスを入れて溶かし、息を吹き込んでふくらます昔ながらの宙吹きの技法が中心。江戸切子(東京)、小樽ガラス(北海道)、琉球ガラス(沖縄)など、各地の著名な工房などで活躍する人もいれば、オリジナルのガラス工芸を創作する人も。



=2006年11月7日収集分=

*Two Heart 〜癒しのガラスアート〜:必需品
仕事上プチプチは必需品です。グラス、ミラー全てにプチプチをしてから出荷しています。
http://cplus.if-n.biz/5000111/article/0005384.html

*吹きガラス「Glass Blow-g」:ルツボのハナシ
この坩堝、ガラス熔解炉の中でもかなり大事な部分なのです。が、実はすべて職人さん手づくりのフルオーダー。
http://blog.livedoor.jp/glassroots/archives/50038289.html

*手吹きガラス工房 透きや:
窯はすべて手作りです。溶接したりレンガを組み上げたりと一人でやりました。制作に使用する道具などもほとんど手作りです。
http://sukiya-glass.com/category/1822482-1.html

*ガラス工房ケミカ:灯台下暗し(笑)
誰か、絵を描いてくれる人居ないかなぁ・・と思っていた。けど、ちゃんとしたプロの方に頼むと、それなりに費用もかかる・・・
http://glasskemika.blog53.fc2.com/blog-entry-207.html#more

*ガラス彫刻師の徒然日記:特別な製作
今日は珍しく、一品だけの製作。特殊なガラス小物に繊細な彫刻を。とにかく今日は「良い仕事」が出来ました♪
http://ameblo.jp/giyaman/entry-10017742962.html

*吹きガラス・サンドブラスト日記:ガラス職人デビュー
「オマエ経験者だろ? 玉取れるよな?! じゃぁ玉取れよ。」・ ・ ・ (滝汗)この言葉、ガラス職人とヤ○ザの世界じゃぁ、よく聞く言葉。
http://glass-madrid.cocolog-nifty.com/1/2006/10/post_1ea3.html

*ガラスエッチング職人の生きザマ!:ガラスエッチング頑張る週間-終了
長期間の納期を設定してくれたりと、そりゃあもう感謝感激雨あられ!
http://kobo-2kki.com/archives/50818420.html

*吹きガラス制作活動日記:うーん、なかなか
新作というもの作るというのは難しいです。考えても考えても出てこないときもあるし、思いついても実際に作ると納得がいかなかったり。
http://blog.goo.ne.jp/gen10mo/e/df9d3df171a1dc0ab3122dd86a2dc516

*ヒロ兄のガラス工芸日記:ラジオでいっぱい
そのひとつひとつを重ねていくことによって、何かが変わると信じています。そのためには、もっともっと露出したいと思っています。
http://blog.livedoor.jp/strawberry_kids59128/archives/50632849.html

*彫刻ガラス工房 ワタベの技:経済的な眼で見る、沈め彫り
narico さんの場合はそうですが、ふつう作家の仕事はとても素晴しい未来の中にあります?
http://blog.livedoor.jp/glasswatabe/archives/50738067.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月07日 21:54 | コメント (0)

 

作詞家(さくしか)

「作詞家(さくしか)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

仕事の進め方は、詞が先で作曲があとの場合と、曲にあわせて詩をつける場合の2通り。ポップスの場合は曲に詞をつけるケースが多い。才能とチャンスに恵まれればヒット曲を生み出せる可能性もあるが、作詞だけで生計をたてている人はわずかというきびしい一面も。小説家やコピーライターなどが作詞を手がけるケースも多い。



=2006年11月7日収集分=

*兼業作詞家の夢の途中:叫びたい人
今、JASRACに登録されている「作詞家」は4千人越えてます。でも、「作詞」だけで食べていける人は・・・ねえ
http://blog.livedoor.jp/hiro77fine/archives/50042158.html

*ワイルド森田のメランコリック・ノイローゼ:作詞家志望
ある作詞講座の無料体験コースへ作品を1点送ったところ、100点満点で72点の評価をいただきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/wild_morita/39436641.html

*作詞家 野口圭のとくに書くことがない日記:ラップ
書きなれないラップの歌詞を書いてます。話の整合性と韻はどっちが大事なんでしょうねぇ。
http://blog.livedoor.jp/nandayosore/archives/50943763.html

*「おさかな天国」作詞家Terryの てるてる日記:ちょっと嬉しい出来事
やっぱりあれは、おさかな天国の人じゃなきゃ書けない歌だよね。と言ってたということだった。僕としては、とても嬉しく最高の言葉だ。
http://blog.goo.ne.jp/terry-chang/e/c4873b122414bcc4f36189c2329d67ce

*Vingt sur Vingt:作詞家デビューしました
今までは主に歌手Mの立場から何十曲だかに携わってきたけれど、作り手の一人として楽曲参加すると全然違った感覚に触れられて新鮮
http://20sur20.blog43.fc2.com/blog-entry-255.html

*★天使の言の葉★毎日がパラダイス:作詞家としての原点に立つ
アルバムやシングル等、本当にいろんなジャンルの曲に詞をつけてきたが、作品として世に出るのはその中でもほんのひと握りだった。
http://ameblo.jp/angel-breath/entry-10016971868.html

*JUN:本日発売
「NHKおかあさんといっしょ・最新ベスト・ぼよよん行進曲」の2曲目にワタクシ作詞(高柳恋さんと共作詞、作曲は羽岡佳さん)の『ガリダリシュッポン!』が収録されております。
http://blog.livedoor.jp/www_jun_hp/archives/50718067.html

*マイクスギヤマ♪作詞家ブログ:夜明け前
最近仕事は忙しいのですが、ここ1週間ほどコンペの結果を待つ間にネガティブになりすぎてる自分がいます。
http://d.hatena.ne.jp/mikesugiyama/20061029

*♪PrayerMAYU♪カーネギーホールへの道!:☆久々のレコーディング☆
曲を書かれた方のイメージと詩で表現したい世界を融合して全く新しいものを生み出す作業はとっても エキサイティング
http://blog.goo.ne.jp/prayermayu/e/33d308eb15a2e19473d87a7ce3d4f7da

*か-ちゃんのしゃべくり:か-ちゃんの夢は作詞家だった!
2年間に延長でやっと終了と相成った。が、ものにはできなかった。あたりまえである。たかが3万円、たかが2年間で作詞家になれるんだったら苦労はない
http://blog.livedoor.jp/sinobu1233/archives/50835723.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月07日 21:52 | コメント (0)

 

画家

「画家」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

芸術性豊かな絵を描き、売るという仕事。油絵や水彩画、日本画など、画材やテクニックなどでさまざまなスタイルの絵がある。オリジナリティの高い作品を描くことが肝心だが、コンスタントに絵が売れて、画家の仕事だけで生活できている人はごくわずか。イラストレーターなどの副業をもつ人が多い。



=2006年11月6日収集分=

*貧乏画家の写真でポン:東京へ
また制作の日々が続く、100年後に私の絵は。。。。まぁ、今を生き、今を描くことしかないだろうと。。
http://artgaka.air-nifty.com/nabe/2006/09/post_1193.html

*画家 山口和男:時代の形象 白日会精鋭選抜洋画展 に出品
私は白日会とは関係ありませんが、当展覧会に小さめの油彩3点を招待出品させて頂くこととなりました。
http://kazuo-y-kunst.at.webry.info/200610/article_3.html

*画家の日常:白馬紅葉を描く
難事故もあって、山の厳しさを感じています。そんな白馬に祈りを込めてキャンバスに向かいました。
http://wkn.blogzine.jp/wkn/2006/10/hakuba_.html

*日本画家伊東正次のブログ:
人智を尽くして天命を待つの心境。結果入選。落選を予想していただけにじわりとうれしい。焼酎で乾杯。
http://blogs.yahoo.co.jp/masaitu2001/4278727.html

*画家・和春と料理人・京子の活動記録:アートフェスタ、気持ちよく終了!!
作品に助言を与えて下さった方々には心から感謝いたします。それに力付けられ、早速本日も画文集の制作に励んでおります。
http://blogs.yahoo.co.jp/kyohkazu2006/43416775.html

*あそびべのはる・ここだけの日々・画家・榎並和春的日常:
まぁここで大きな選択を迫られる。このまま学校の先生で趣味で絵を描いて行くのか、それとも今ここで辞めて「絵を描く生き方」を選ぶのか。
http://ameblo.jp/asobibe/entry-10019212797.html

*札幌の水彩色鉛筆画家 ● イラストレーター鈴木周作「宮の森日記」
じっくりモノを考える時間が取れたことは先々きっと活きてくるはず。ガムシャラに描き続けるばかりでは絶対どこかで煮詰まってしまうものだ。
http://blog.goo.ne.jp/suzuki-syusaku/e/f5f9b5ad6fb1e10cad400a7ae9f74ad9

*いざ中国へきちまった。画家おてつのつぶや記:デッサン中はお静かに。
なぜなら、電話に出たのは生徒ではなく、モデル!!!!!携帯電話で話をしながらポーズを決める。動くなアホたれ!!
http://chopman.exblog.jp/3685053/

*ノー天気画家の生活日記:感動のセンサーを磨くには、描きたいもの・・・
絵を描くことで、感動をより効果的に呼び起こす方法があります。それは描きたいものを描くことです。
http://blog.goo.ne.jp/ken-morita_001/e/99200dd166ea7dc0a2b371c0021b7f80

*レッドシェード ー画家の私生活ー:文化の日に思うこと
生活し絵描きをやっていくのなら、多分ずっとあの団体にしがみつかなければならなかったかもしれない。
http://2626.at.webry.info/200611/article_2.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月06日 21:55 | コメント (0)

 

絵本作家

「絵本作家」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

絵と文を組み合わせて、イメージ豊かにオリジナルな世界をふくらませ、子どもが楽しめる物語を創る。民話、ファンタジー、メルヘンなどさまざまなジャンルがある。子どもが理解できる表現や感覚を文章で表現するため、ある意味では大人向けの作品を創るよりもむずかしいことも。イラストレーターで絵本作家の仕事もする人も。



=2006年11月5日収集分=

*絵本作家になりたい教師:絵本作家への第一歩!?
現在、検討中のようですが、もしかしたら教育委員会関係のHPに、私のキャラが載るかもしれませんっ。
http://butamans.blog39.fc2.com/blog-entry-288.html

*絵本作家への道:企画展のお誘い
回数は少ないけど、作品を発表する場があるってのは嬉しいことです。
http://blog.goo.ne.jp/gerocchi/e/fb93dba0cee8a3e806bd818242cd7ed6
0
*絵本世界出版への道:もしかして 絵本できた?( ̄ロ ̄;)
なるべくたくさんの方に読んでいただければ作者として嬉しい限りです♪
http://blog.livedoor.jp/m_haru/archives/50136744.html

*日本を盛り上げよう!絵本作家ときたひろしのサイト:マンガと仕事の関係
最近は、イラストをビジネスに取り入れる手法が大流行なんだとか。確かに、子供たち宛に毎月のようにくる学習教材も必ずマンガ入りですね(><)
http://1japan.tokitahiroshi.com/?eid=275458

*絵本作家の仕事・実情と問題点:自費系出版社のこと
作家の思いを一番大切にしてくれますが、読者にどのように伝わるかということまでは、編集者は責任を持ってくれません。
http://ehonsakka.exblog.jp/3638294/

*絵本作家 柳沢晴子による 子ども教室「ガルダンファン」:絵本講座いよいよスタート!
作品つくらなきゃ!ってあまり堅苦しく考えずに、思いっきり自由な発想で想像&創造することを楽しんでください。
http://blog.livedoor.jp/garde_enfant/archives/50892366.html

*絵本作家への険しい道のり:池袋でチワオとにゃんこ
私と画家さんとで池袋サンシャインb1のトイザらスに行きました。・・ありました!目立つようにきちんと置かれています。
http://ehon.sblo.jp/article/1635213.html

*FaxDMの日本著者販促センター:絵本作家を目指す人が増えています
絵本だけで生活していくことは難しい。朗報といえば、海外でデビューする日本人が目立ってきていること。
http://www.1book.co.jp/000647.html

*絵本の自費出版:絵本70部完成!!!
早く人前にデビューさせたい。この本を読んだ人はどんな感想をもってくれるのだろう・・・ワクワクします
http://ameblo.jp/jihi-shuppan/entry-10019306229.html

*めざせ絵本作家日記:自分に合った、仕事先・売り込み先。
作品の仕事での使われ方、場所など、的確に分かってる人に教えてもらったら、百人力ですね。
http://blog.livedoor.jp/jane_diary/archives/50183228.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月06日 21:51 | コメント (0)