職業/仕事
 

あん摩マッサージ指圧師

「あん摩マッサージ指圧師」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「マッサージに国家資格が必要だとは知りませんでした。誰でも出来るものとばかり思っていました。」



=2007年5月21日収集分=

*安藤 義一さんのブログ:マッサージについて    
「あん摩マッサージ指圧師」免許を取るためには、専門学校へ入学し地獄のような3年間(笑)をくぐり抜けて、国家試験に合格しなければならないのです。
http://myhome.cururu.jp/y_andou/blog/article/21000660742

*もてもて山 Blog:国家試験     
あん摩マッサージ指圧・鍼・灸が国家資格になってからまだ15年しか経っていないのですね〜。 職業自体は昔からあるのに。
http://blog.livedoor.jp/gokuraku_moteki/archives/51013979.html

*わたしのブログ:国家試験    
学校は追試という救済処置がありますが、国家試験にはないので。しいて言えば、追試は来年??お〜〜の〜〜〜 
http://plaza.rakuten.co.jp/reikoosteo/diary/200702260000/

*本日もご機嫌。〜coyuri日記:取り急ぎ謝辞(そして休暇終了)  
お陰さまで、無事に第15回あん摩マッサージ指圧師試験・はり師試験・きゅう師試験が終了いたしました。
http://blog.goo.ne.jp/coyu_aroma/e/5d7a4f7fe9d221d9868ec566768ecf73

*マッサージ、鍼灸、治療業界のあれこれ:国家試験   
それでいて、つぶしが効くのは鍼灸師よりもマッサージ師という皮肉な現状なわけですが、これも東洋医学と西洋医学の普及度合いの違いなのでしょうか。
http://blogs.yahoo.co.jp/jackalkawa/46581034.html

*専門学校の種類と選び方:あん摩マッサージ指圧師     
資格取得後は、独立開業の道も開けているが、まずは治療院などに勤務して経験を積むことが先決だろう。
http://senmon808.seesaa.net/article/35844479.html

*弘前の整体師のブログ:国家試験   
受験のシーズンである。この頃になると、按摩マッサージ指圧師の国家試験の時を思い出す。
http://blogs.yahoo.co.jp/yuchibaseitai/1232553.html

*Team Y,s:求めてくる人の為に...     
今年は5000人以上の合格者(資格者)を輩出することになり、5年前の5倍以上にあたります。
http://blog.livedoor.jp/yscarenet/archives/50930228.html

*ハイカーホリックの独り言 ぶろぐ:あん摩、マッサージ、指圧は微妙・・・
ところでこのマッサージを業として行うには「あん摩マッサージ指圧師免許証」というのが必要です。略して「あマ指師免許」などと呼んだりもします。
http://blog.goo.ne.jp/yottanko/e/d1a65edf548afbafaebdc8fcf4d2dcce

*整骨太郎のひとりごと:太郎が習得したい技術     
あん摩マッサージ指圧師の先生が行う全身マッサージまで行わずとも、患部に応じて部分的なマッサージを行える技術があることに越したことはないでしょうね。
http://blog.livedoor.jp/seikotsu_taro/archives/50945585.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月21日 23:24 | コメント (0)

 

義肢装具士

「義肢装具士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「患者の患部を採寸 ・ 採型し、その人にあった義肢や装具を前の体の一部として装着、そして調整していく仕事立派な仕事ですね!」



=2007年1月19日収集分=

*nomosikar〜クリスチャン義肢装具士の月々inチェンマイ:義手の・・・
一ヶ月前から手がけて、初めての仕事が重なり、義手自身のセミナーの準備がなかなか進まず、セミナー前日までバタバタして大変でした
http://nomosikar.air-nifty.com/nomosikar/2006/11/post_6fe7.html

*失敗の日々・・・時々成功?:スポーツ用義足について
義足を製作する義肢装具士の方が主役だったのかな?今まで色んな方々に義足を作ってきましたが本格的に走る為の義足は作ったことがありません・
http://blogs.yahoo.co.jp/nakahiro1027/9477132.html

*アキレス日記:専門職ならではの・・
『義肢装具士』に、「ここには『義肢装具士』は常駐なんですか?」って聞いたら「何でその名前を知ってるんですか?」って聞き返された。
http://blogs.yahoo.co.jp/aomasa26/7913448.html

*ニコニコ靴工房の仕事:下肢装具
障害のあるお子さんの立位姿勢補助装具です。足を覆う靴型装具から金属支柱が脚の内外側を通り、下腿部と大腿部を分ける位置に膝を曲げる事ができるよう
http://blog.nikoniko-kutsu.jp/?eid=64482

*50×12 → 4.17:よく言われる
義肢装具士は、おじいちゃんおばあちゃんとお話をする機会が多い仕事です。ワタシはそのおじいちゃんおばあちゃんに意外と評判が良かったりします。
http://blog.livedoor.jp/overdrive5012/archives/50654790.html

*サクセスフル ライフ:義肢装具士
医師の指示に基づき、患者の患部を採寸 ・ 採型し、ひとりひとりにぴったりと合う義肢や装具を製作し、実際に患者さんの身体へ装着して調整
http://blogs.yahoo.co.jp/corona_125/26317875.html

*ポな日記:ポってなに?
ポ・じゃなくて、ピーオーと読むようです。【P】=「義肢」(prosthesis)【O】=「装具」(orthosis)
http://fujipo.blog86.fc2.com/blog-entry-1.html#more

*なるようになるさ!:スノボ用義足試作
今スノーボード用の義足を製作してるんです。20代患者さんがおりまして、陸上競技とかもされてるんですが、スノボもしてみたいと。
http://blogs.yahoo.co.jp/hiyorinopapa/45220399.html

*大将のデカダンス:仕事
義肢装具士など、装具について資格はあるのに、車椅子に本格的に取り組んでいるところは少ない。そんな分野を担当してるウチは、準独占企業です
http://blog.livedoor.jp/taishow2007/archives/50836816.html

*ティプロ (T-PRO.) 義肢装具士 滝吏司 の奮闘記:病院での仮合せと・・・
今日は、病院で担当の先生に、先日の仮合せした状況や試歩行などをチェックしてもらいました。片松葉杖で、1歩1歩を確実に歩行してくれるました。
http://ameblo.jp/t-pro/entry-10023513477.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月20日 08:32 | コメント (0)

 

眼鏡士

「眼鏡士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「眼境士さん、視力の矯正をして視力をもどすお仕事?違うかな?眼境士さんがいる店で視力を会わせるとなんか良い気分!」



=2007年1月16日収集分=

*認定眼鏡士のビジョン・セラピーコラム :ビジョンストレス
ビジョンストレスは環境の変化によって、眼の機能が対処できなくなってしまいストレスが生じ健康を害する症状。
http://plaza.rakuten.co.jp/eohtsu/diary/200612080000/

*伊達メガネ専門店・店長の部屋:今晩は勉強会です
メガネ業界には、業界内資格で『認定眼鏡士』というものがあります。永久資格ではなく、毎年決められた時間の講義を受講が必要になります。
http://fine.ap.teacup.com/m-f-g/189.html

*流離う大阪人:Nikonセミナー
今回のセミナーはより高品位なレンズの解説とどう売るかという感じの内容だった。(遠近両用のレンズの方はレベルの高い眼鏡士さんに説明を!)
http://blogs.yahoo.co.jp/leon0990/43597929.html

*眼鏡屋HARUさん[道あり道」:観るということ15
私たちはある物を視ると両方の眼の視線をその対象に合わせます。その合わせる事で、眼を内側に寄せる行為を輻輳といいます。
http://ameblo.jp/m32848019/entry-10010112264.html

*ちくちくハワイアンキルト:眼鏡士
めがねをかけると余計に悪くなるとぎりぎりまで我慢する方がいます。それはやめてくださいね。適正なめがねはかけても悪くなりませんよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ultramomama/1300861.html

*めがねNote :メガネをかけると度が進む?近視編
「メガネをかけると度が進んで、しまいには牛乳瓶の底みたいなメガネをかけなくちゃ」という俗説があります。しかし、それは真実ではありません。
http://mz-megane.jugem.jp/?eid=43

*メルベーユ森通信:ゆれ・ゆがみの少ない遠近両用レンズ
ニコン プレシオ・ダブルは「両面設計」の画期的な遠近両用レンズです。初めての方もこれまで遠近を掛けていた方もその良さを実感できると思います。
http://merubeiyumori.blog67.fc2.com/blog-entry-260.html

*認定眼鏡士林田正充 ブログ:メガネレンズの手入れで一言
レンズが濡れた時はすぐにふき取って下さい。そのままで乾いてしまうと水跡やシミになって取れなくなり見えにくくなります。
http://blog.goo.ne.jp/matingoo/e/3a6becd9e35302b04cbd91c1c1e68265

*宝石・メガネ・時計 辻本の日記帳:今日から仕事開始
今年最初の仕事は電池交換5個でスタート。このお客さんはイイ時計持ってます。2個は安物、1個はセイコー後の2個は舶来のK18!高いです。
http://tsujimoto.ikora.tv/e24472.html

*Craftの日記:今日はLOOSEのメーカーさんが来た
今日はLOOSEのメーカーさんが来てくださいました。最近指名が多いセルフレーム。只今、一山式のラウンドタイプをオーダーしました。
http://yaplog.jp/optcraft/archive/260

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月17日 07:47 | コメント (0)

 

医局秘書

「医局秘書」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「郵便物の整理、配布、コピー&FAXなど、電話の応対等など、普通の会社の秘書と変わりないのかな!」



=2007年1月15日収集分=

*医局秘書のお仕事生活:新規採用
私は結構人との出会いではツイていると思う。憧れられる人、尊敬できる人、大事にしたい人、話してて楽しい人、そんな人と出会うことが多い。
http://blogs.yahoo.co.jp/hkubota70/954394.html

*クロたんと一緒:閑話休題1
「秘書」って響きはいいけど、「雑用事務」です。医者ってホント大変だと思いますよ。うちの先生たちも「いつ寝てるの?」って思うくらい
http://blogs.yahoo.co.jp/chapiradon/3557059.html

*猫好き医局秘書のお仕事日記:秘書なんて肩書きですが・
医局の掃除〜先生のアポ取り。要するに雑用なんです 他の話だと、教授秘書がいて、医局秘書がいて、と豪勢なところもあるみたいなんですが、
http://blogs.yahoo.co.jp/katura_kogoro021/25432631.html

*わがまま日記:秘書の試練
”医局秘書”というと、ほとんどが開業医のお嬢様か、嫁入り前の社会勉強のために腰掛け程度に就職するお嬢さんが多い。
http://blogs.yahoo.co.jp/stana051019/32606788.html

*johanの医局秘書日記:秘書のお仕事
一言でかっこよく言えば・お医者さんが、医師としての仕事に集中できるためのお手伝いつまり・お医者さんたちのお世話係(雑用係)!
http://blogs.yahoo.co.jp/adagio_johan/1818770.html

*Supercalifragilisticexpialidocious!:2006.09.10 Sun / てんとう虫 届け空 色づけ穂の実
10月から職場の制服が変わるんですよ。制服が変わるに当たって、「秘書は制服じゃなくて白衣のがいいんじゃないか?」っていう神(別名:院長)の声。
http://cedars.jugem.jp/?eid=110

*ルビィの空模様:ボスも覚悟を決めて下さい
現任の秘書さんが明日で退職、来週から1人立ちです。おいおい、大丈夫か?少なくとも今年中は今のボスと新しいボスの両方が入り混じる状態。
http://blog.so-net.ne.jp/daily-life-of-ruby/2006-12-14

*ウォッチング:来年は・
来年からシフト制、給与アップで手を打ちました 頼りにされる、評価されるのは嬉しいけれど、何のために医局秘書になったのか分からなくて
http://blogs.yahoo.co.jp/isakicome_5151/25875015.html

*徒然パンダ:久しぶりのお仕事
今日から始めたお仕事、肩書きだけ聞くと今までとは全くの畑違い医局秘書課・ドクター付秘書ときましたよ。たれぱんダイジョウブなのか〜!?
http://ameblo.jp/tarepanda130328/entry-10023201056.html

*雨のち晴れ:土曜日出勤
さて、半日終わったから居なくなった先生の無線LANカードを拝借して医局内で自分のPCにLAN接続設定開始 あ「パスを16進で入れて下さい」
http://blog.duogate.jp/mimiy/?p=0&disp=entd_p&EP=11104904

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月16日 00:07 | コメント (0)

 

研修医

「研修医」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「国家試験に合格してから、病院で実地の臨床研修を受けているお医者さん、立派な医師になるには大変ですね!」



=2007年01月05日収集分=

*研修医生活 :研修医生活
最近レントゲンが呼気相でとられることが多いのですが、今日はきれいな写真で読みやすかったです。
http://casa.at.webry.info/200606/article_4.html

*研修医生活四苦八苦:外来
外来って非常にどきどきする。その場その場で臨機応変に対応しないといけないので、まだまだ未熟な研修医には非常に荷が重い。
http://blogs.yahoo.co.jp/hyooo12/40436.html

*へなちょこ研修医のお仕事 : 当直
昨日は救命救急センターでの当直の日…テレビででてくるような救急車がいっぱいきてしかも重症ばっかりなんてまずない!
http://blogs.yahoo.co.jp/zzz506jp/20787625.html

*研修医生活スタート:ぼくのおじさん
先日新入院の患者さんに問診と診察をしに行ったら 拒否されました。お話きかせてください。といったらやだ。
http://blog.goo.ne.jp/goriya2006/e/bc7211d3c2349e538da3f30c80cecebb

*悩める歯科研修医:のんびり
麻酔科研修になって時間に余裕が出てきました。歯科の先生からは「なんだか顔色良いね。生き生きしてる。」って言われちゃいました。
http://iline55.exblog.jp/3235190/

*いきもの好き系研修医日記「ねこ・こけ」:最高の子守唄
当直明け、患者さんの心音を聞いてまわっているとき。聴診器を胸に当てて、集中するために目を閉じたりすると…眠っちゃいます!
http://blogs.yahoo.co.jp/ezokirin/44406004.html

*さえない研修医日記(医師の日記)。:嬉しい1日。
今日は入院中のお婆さんとお約束のおデートでした。お泊まり勤務明けなんですけど・・・。
http://blog.so-net.ne.jp/medical_dr_bl/2006-05-09-14

*研修医のカルテ:研修医のカルテ -
呼吸器内科といえば、“血ガス”“血ガス”とは、血液中のガス濃度のことで、動脈からとった血液中の酸素などのガス濃度のこと。
http://choma.at.webry.info/200504/article_7.html

*アメリカ研修医日記:外科医認定医について
日本は専門医が細分化されていてしかも外科医の数が多く1人あたりの症例数も少なく、外科医はこきつかわれていて待遇も悪い。
http://sjmhmi.exblog.jp/806181/

*研修医日記:忍耐 00:44
不思議なもんです。「先生に言われた通り禁煙頑張ってるよ〜!」なんて言われると疲れも吹っ飛びます。
http://d.hatena.ne.jp/nami_ikeda/20061113

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月05日 18:33 | コメント (0)

 

介助員

「介助員」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「介助員と一口に言ってもたくさん数があるんですね!小学校、養護学校、病院、バス・・・など等、体力的にも大変ですね!」



=2007年01月04日収集分=

*おば茶ルーム:3年目の春
気がついたら介助員3年目に突入。なんだかんだで長続き。今回も昨年度に引き続き目黒区の小学校で身体が不自由な男の子の介助です。
http://obatya.exblog.jp/3022639/

*Going My Way!:祝☆一ヶ月
小学校での介助員を始めて一ヶ月経ちました!もう、ホントに山あり谷ありで最初はどうなるかと思ったけど・・・、なんとかここまでやってこれました。
http://blogs.yahoo.co.jp/y_osawa0522/6760708.html

*たくろうのだらだらまつりBLOG:思いがけないボーナス
「だらだら先生!ボーナスだよ!!」とその子から棒に刺さったナスの絵をもらった。あんまりうれしかったので大事に保存。疲れが取れて癒されました。
http://blog.goo.ne.jp/daradaramatsuri/e/5f2ea742e622472b8110bc490b2bae92

*はっぴい今日のひとこと:とりあえず生きてます。
なかなか体力のいる仕事です。家に帰ると、一日10時間はよこになっています。時給800円代なのでいい仕事です。児童生徒の介助員です。
http://ameblo.jp/aibo-shiawase/entry-10016786804.html

*金魚鉢の中: 名前を覚える
必死に覚えた甲斐あってか、初日からひとりひとりの名前を呼んで呼びかける事が出来、意外にもスムーズにこども達の輪に入っていく事が出来ました。
http://blogs.yahoo.co.jp/mizutamatokingyo/19553953.html

*THE LOOSE 供大変動の1週
月曜日からまた心障級と通常級との二重介助員生活が始まる。仕事も大幅に増えたわけだし、これまで以上に気合い入れてやろうと思う。
http://talex.jugem.jp/?eid=79

*知的障害児について、バス介助員から見た目: 学園祭の練習
僕は小学部介助のお手伝いなのですが 小学部の介助には もう一人バス介助の人が割り当てクラスに入るんですよ。で 今日は文化祭の練習だったので 
http://blogs.yahoo.co.jp/win11280623/6260356.html

*ライフ・イズ・ビューティフル:なんとかなーれ♪
僕がピンチヒッターとして教壇に立つことになりました ちなみに教員免許とかを持っていない僕ですが(介助員なので介護関係からの就職)
http://blog.goo.ne.jp/risky_1983/e/363f8e3e98ab83edb45350141f6dda03

*一人暮らし生活日々精進:今日は水泳大会!!
今日は 地域の小学校が集まっての水泳大会がありました。自分が介助で入っている 障害児学級も3人ほど参加しました☆
http://blog.livedoor.jp/akkikki2/archives/50255323.html

*公立小学校の介助員生活:小養護学校付短期臨時職員の勤務について
職務内容  養護学級に在籍する児童生徒の介助業務 3月に面接のみで合格しました。資格は教員免許。通勤費は往復500円までで、私は大丈夫でした。
http://blog.livedoor.jp/panda91/archives/50090663.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月04日 21:21 | コメント (0)

 

看護助手

「看護助手」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「看護助手・・看護師さんの助手ですよね!なんか介護師さんのようですね!色々患者さんの面倒を見ているところ等は!大変なお仕事ですね!」



=2007年01月03日収集分=

*あふぉだケド!強迫性障害な日々・・・:ちょー疲れた!!
昨日がお仕事初日でした。看護助手のお仕事。ぅう、心身共にちゅかれました 何が辛かったって、自分の不甲斐無さに一番ヤラレマシタ
http://blogs.yahoo.co.jp/rara2050/24438763.html

*ひらの気まぐれ日記:古巣の病棟に復活しての巻
昨日から、古巣の病棟に復活しました!そして、先輩と一緒にシーツ交換隊に参加、いろいろと忙しく、なおかつハードでして、筋肉痛に…。
http://blog.livedoor.jp/hira_is_hawkslove/archives/50654208.html

*助手日記:実習
オムツ交換から始まり、入浴、食事、シーツ交換…どれもこれから学校の実習で基本となることをしました。
http://blog.livedoor.jp/yuki9269/archives/50274384.html

*介護記録:下痢・嘔吐・熱大流行(;゜〇゜)
晩のオムツ交換。51人中17人が下痢。そのうち8人が嘔気、嘔吐。高熱が2人。最悪。怖い夜勤です。21:00ナースさん緊急へ。
http://ameblo.jp/chek/entry-10020609834.html

*mikoto★の大奥日記:てんやわんやで・・・・。
あたしの仕事は看護助手。看護婦さんの御手伝いさん。図的にいえば・・・。看護婦>准看護婦>看護助手みたいな関係図。一番患者に近いが、一番力なし。
http://blogs.yahoo.co.jp/kogepan198383/41435342.html

*助手への道は一日にしてならずぢゃ:ケアー日。
今日はケアー担当日。一日中患者さんの補正を行います。オムツ交換や、体を拭いたり頭を洗ったりシャワー入れたり、手足浴などです♪
http://blog.goo.ne.jp/apple-kumako/e/d0206e84207fae026063c2c5220a361d

*ありのまま:・・・。
車椅子に向いてないというか・・。疥癬(移るダニ)の人がいるからあとから入れたり、その間には部屋の徹底的な掃除とリネンの交換。
http://blog.goo.ne.jp/7995/e/5a2f82004d150bdd4f393d91f0007c00

*プレプレナース・きょんの爆走看護日記:看護助手って、なんやねん??
看護助手って?…よく聞かれる質問です。看護師の指示のもとに補助業務を行う…ですが、医療行為以外はな〜んでもやっちゃいます。
http://kyon-na-su.at.webry.info/200412/article_2.html

*ケアー日記:やっほー(ノ^∇^)ノ
今回の夜勤は患者さんが勝手に歩いて転んで骨折したもんでバタバタ忙しかったよ(T_T)どうも他の病院に転院するみたいだけど
http://blog.duogate.jp/motiri/?p=0&disp=entd_p&EP=2793303

*看護助手・病棟クラーク日誌:今年も爆弾発言?毒舌?雷落ちるかも〜
ナースモノドラマに看護助手が何故いないのか?病院でも介護の仕事をしているのは看護助手・介護福祉士(全部ナースがするところがあるけれどネ!)
http://yaplog.jp/rokorokokj/archive/71



最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月04日 17:17 | コメント (0)

 

麻酔科医

「麻酔科医」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「麻酔医、手術には欠かせない重要な医師、局部麻酔、そして全身麻酔、色々研究をまた経験して立派な麻酔医を目指しているんですね!」



=2006年12月29日収集分=

*路傍の医師:麻酔科医が局所麻酔をかけられて
「麻酔をかけます。今まで麻酔で具合が悪くなったことは?」など、さも自分が職場で使いそうなセリフを言われなんとも複雑な気分で帰ってきました。
http://blog.livedoor.jp/cricoid/archives/50211138.html

*生命維持と麻酔:キリンの麻酔は難しい
学会中、旭山動物園の園長の話なんかもありました。「動物の麻酔管理について」なんて、申し訳ないですけど期待してなかったんですよね。
http://blogs.yahoo.co.jp/tetsuologist/41615300.html

*A DAY on the NET:麻酔科医・整形外科医
麻酔科専門医です。大淀病院でなくなられたお母様、ご家族にお悔やみを申し上げます。
http://blogs.yahoo.co.jp/kayakker31/43088805.html

*麻酔科医の独り言:10月28日付け朝日新聞朝刊
フリーランスの麻酔科医(病院に属さず要請のあった病院で麻酔を行う、ある種アルバイト麻酔科医)が勤務医の待遇改善を訴えていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/aneth_japan/4690319.html

*新米麻酔科医の日常日記:緊急手術
夕方から緊急手術で終わったのが0時。それから違う手術があり、それが終わったのは1時半。いくら仕事とはいえ、しんどい。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/suzune25/diary/200612130000/

*麻酔科医のcareer promotionを考えるブログ:麻酔科医の・・・
「手術室での麻酔」が、麻酔科医の本分であることはよく言われること。同時に手術室での「便利屋になるな」というのもやはりよく言われる。
http://blog.goo.ne.jp/chasmy2006/e/d7eee1a6e29a8e8e576d70681509cc75

*麻酔科医あやこが行く:女医の術前診察室
手術の前には麻酔科医師による術前診察が行われます。術前診察で私達麻酔科医が何を診て、どんな事を考えているのかをお話ししたいと思います。
http://blog.so-net.ne.jp/ayakosensei/2005-01-25

*ようこそ麻酔科医の部屋へ <ブログ版...:脊椎の手術1
背骨の中には太い神経が入っています。麻酔科医としては脊髄くも膜下麻酔(や硬膜外麻酔を行う関係で脊椎の手術は興味があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/kaz_anesthesia/17633238.html

*プロ麻酔科医:麻酔科臨床実習 part3
麻酔科医の仕事の内容に関心を持ったことと同時に、時間軸を中心に業務を行うことが自分自身に合っていると思いました。
http://ameblo.jp/pro-anesth/entry-10022254744.html

*麻酔科医から見た世界:これからの麻酔科診療
麻酔に関しては破綻しない全身管理、われわれ麻酔科医はしているだろうか?自問しながら毎日が進む。
http://blogs.yahoo.co.jp/neo_anesth/38267067.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年01月04日 17:16 | コメント (0)

 

臨床工学技士

「臨床工学技士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「臨床工学士のあまり表に出ず、縁の下の力持ち的すがたがよくわかりますよ。」



=2006年12月25日収集分=

*臨床工学技士(CE)奮闘日記:床が水浸し!?
朝出勤したらまず供給装置の濃度チェックと個人機の立ち上げをして、HDF用補液の準備をします。その時に技士が一緒にプライミングまでやればいいのですが、
http://blogs.yahoo.co.jp/loveya_kaoru/35443926.html

*気ままなつぶやき〜臨床工学技士になるまで〜:臨床工学技士という資格
少し説明をしてみます。一応、「生命維持管理装置」の操作および保守点検を仕事とする医療職種ということだそうです。
http://yukiusagi428050.at.webry.info/200511/article_3.html

*ってのは…: 新メンバーで無事終了☆
拡張型心筋症の方の心エコーを初めて見ました。壁の肥厚もかなり、そして、心臓の拍出がほとんどなく…
http://blog.goo.ne.jp/k_gan/e/f796c7b7773018f17c3007351175316a

*freeの臨床工学技士の、のほほん日記:学生臨床実習。
今週から、学生の実習を受け入れている。。。まぁ私の意志ではないが・・・。でも受け入れることはよい事だと思う。
http://blog.so-net.ne.jp/ume-soft/2006-07-20

*とある臨床工学技士がぶつぶつ言うブログ:メーカーさんは敵か味方か?
現行法上では臨床工学技士の業務範囲は院内における医療機器の「保守」と「点検」のみに限定されており、「修理」ができないとされているからです。
http://blogs.yahoo.co.jp/goinnkyojohnny/39122215.html

*虎視眈々むらさんの日々:臨床工学技士の心意気について
今日は私の持っている国家資格、「臨床工学技士」について少し書きたいと思います。臨床工学技士って何? と殆どの方が思うに違いありません。
http://syokupanmania.blog.ocn.ne.jp/murasan/2006/09/post_79e6.html

*ドタバタ!!! 臨工学生奮闘記 ☆:臨床工学技士って?
麗華が今目指している臨床工学技士について、お話したいと思います。そもそも、臨床工学技士というのは、昭和62年に制定された国家資格です。
http://ameblo.jp/dotabata-funtou/entry-10020437454.html

*臨床工学技士の...今日のできごとぉ!?:医療機器。
でもこれが、臨床工学技士がいない病院や、在籍していても医療機器のメンテをしていない病院ではかなりの確率で放ったらかしです。
http://blogs.yahoo.co.jp/integra_typer1111/archive/2006/12/06

*四季草々:臨床工学技士と将来性に関して(私見)
で、「臨床工学技士+将来性」に関して検索をすると私が以前記載した「臨床工学技士の雇い方」がヒットするようです。
http://snow-ce.at.webry.info/200612/article_11.html

*笛吹きこじろう日記:今日は・・・
今日はお仕事です。今日の仕事は透析です。分院勤務ですが、朝7時から夜9時までの予定です。しかも一人なのです(><)慣れはしましたが、
http://ugk35791.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_9d00.html

新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月25日 18:44 | コメント (0)

 

准看護士

「准看護士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「准看護士、前は準看護婦さん・・男の人も成る方が多いようですね!でもやはりナイチンゲールのイメージが強くて・・・・・・」



=2006年12月23日収集分=

*ナチュラルに暮らそう :願えば叶う。。。。
准看護士の資格を取った彼女は本当の夢である正看護士の資格に挑戦すべくもう3年、 午前中は病院で働き午後は電車で家から離れた学校に通う3年間。
http://natural-mint.at.webry.info/200603/article_6.html

*medical-nabi.com :准看護師
医師や看護師の指示に従って、診療の補助や患者の看護等を行います。 准看護士養成所もしくは、 高校の衛生看護科へ進むことになります。
http://medical-nabi.jugem.jp/?eid=112

*現在のお客様:青春バトン!
それが1ヶ月続いて、そこから受験勉強&准看護士資格試験の勉強・・・。 卒業してから資格試験の結果が出るので、そこまで息は抜けませんでした
http://melanie-apple.269g.net/article/1000641.html

*陽気に行こう:今夜の我が家
午後学校、夕方に病院勤務という生活を2年過ごし。 国家試験合格後2年間のお礼奉公。週に3回の夜勤というヤケクソ勤務。
http://blogs.yahoo.co.jp/eternal_blaze_s/20383276.html

*3人のポケモンのママ:子供の頃の夢
ついこの間までAちゃんが看護婦になりたいってべた褒めだったくせに! それから2年後、働きながら私は准看護士の資格を取りました。
http://blogs.yahoo.co.jp/pirorin276/21025765.html

*働く主婦の独り言:おはようございます!
パートを雇う事ができなくなったので、申し訳ないけど来月の15日までの勤務でお願いしますと突然言われたんです
http://blog.livedoor.jp/abcde1234577/archives/50246573.html

*准看護婦・准看護士になるための学校:准看護婦・准看護士になる・・・
准看護婦(士)資格試験 の受験資格が得られます。 准看護学校 受験資格は、中卒。2年間。 授業は、週3〜4日で、授業は午前+午後。
http://iryou000.blog69.fc2.com/blog-entry-19.html

*ORナース*男子:なつかしの・・・・
働きながら学ぶのは、厳しかったけど、自分で授業料を払っていたこともあり、続けられました。
http://blogs.yahoo.co.jp/txmpt596/6075087.html

*キラキラ☆ライフ:2006年のまとめ。
准看護士で10年働いているゆきんこ。正看護士になる為の通信制学校への受験資格があることを知り、受験勉強を開始…するが、10年のブランクは大きく
http://yaplog.jp/kirakiralife/archive/696

*りきたま小屋〜タイヤ屋&ナース屋日記〜:ハードだった・・・金&
予定は大幅に狂ってしまい・・・ヒイィィィ!!!!( ̄⊥ ̄ノ)ノ「夜勤明けの足で研修会場に行ってね〜ご苦労さまっ♪(^∇^*)」と言う・・・師長の声。
http://blogs.yahoo.co.jp/riku20tamariki/25321345.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月23日 22:53 | コメント (0)

 

歯科助手

「歯科助手」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「助手として歯科医や歯科衛生士の治療の補助をするだけでなく、事務や雑用などお仕事の範囲が広いのですね。」



=2006年12月14日収集分=

*新米歯科助手ママのセキララ日記:致命的!!
私、血が苦手なんです。歯茎からじわっと出るくらいの血なら大丈夫なんだけど、問題は抜歯なんです。
http://ameblo.jp/himausa/entry-10018289171.html

*。+歯科助手+゚キマグレ日記:歯科助手日目
ほとんどベテラン歯科助手サンに仕事を教えてもらぃました。器具の名前、置いてある場所、処置方法の名称を一通り聞たり…
http://blog.livedoor.jp/an_obedient_sao/archives/50791313.html

*歯科助手日記:目を開けるの?それとも閉じるの?どっち!!
たま〜〜に、先生やアシストについている私達を凝視する方がいる、それは、ちょっと気まずいかな〜〜って思おう^^
http://blogs.yahoo.co.jp/madamada20032003jp/50912.html

*歯科助手☆トモ主任の診療室。:早く病院いきたい!
やっぱ100円じゃん!とか思うだろうけど、これは病院のお金であり、きっちりトモの仕事なんだから責任を果たさないとだめなの。
http://blog.livedoor.jp/tomo923/archives/50769261.html

*日記のつもりで書きます:あははは!
・・・・・(爆) ガマン限界!先生、真面目に答えないで下さい!そりゃ、患者さんだってわかってますって!
http://blogs.yahoo.co.jp/rywmn409/488757.html

*歯科助手my diary:歯科助手って?!
グローブで手が荒れるし・マスクで肌荒れもしてしまってます><けど、患者さんと会話してると和むぅぅーーーーーーっ
http://blogs.yahoo.co.jp/omoiyarihadaiji/8079210.html

*とある歯科助手の日常:最悪!
ありえん!絶対嫌!なんで休みの日に本院(京都)まで行って理事長のしょーもない話聞かなあかんねん
http://blog.livedoor.jp/iloveyuko/archives/50432640.html

*歯科助手サチの日記♪:時間も人手も足りないよ〜(>_<)
今日はレセプトとアシストと受付と雑用とリコールのハガキ作りと…ありえない仕事量でクタクタのガクガク
http://blog.livedoor.jp/ozmassa1123/archives/50989123.html

*歯科助手意識向上委員会:プライド、かな?
自分に割り当てられた担当の仕事以外に、アシストや接客、商品の補充、発注、そしてそれ以外にしなければいけない待合室の管理、点検など山のように仕事があるんですよ!
http://ameblo.jp/nao-room/entry-10021316506.html

*ぼっこれ。綴り: 意外なうれしい一日♪
嚥下と関係が深いってことは、栄養摂取・栄養状態とも深く関わるってこと。ちゃんと勉強しよう と思いました。
http://blog.goo.ne.jp/ritukis2/e/a4dd6e870f18797b38a11c2fa06ada6e

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月14日 21:50 | コメント (0)

 

放射線技師

「放射線技師」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「同じ放射線技師でも勤務する部署によって仕事の内容はいろいろのようです。病気の人を相手にした病院勤務も、健康な人を相手にした検診業務もそれぞれ苦労があるようですね。」



=2006年12月13日収集分=

*砂糖日和 〜病院で働く母の日記〜:ズルい女
10年以上特殊についてなかったら、自らスキルがヤバイと感じて移動願い出るくらいしろよ・・・だから女性技師はだめなんだ、と院内で言われるんだよ。
http://blog.goo.ne.jp/haru_nontarou/e/ef994c245a9daec2bf9f5b95419efab6

*新人放射線技師の日々:放射線をもっと知ってもらおう
安心してもらいたい一心でこうやっているのだけれど、この行動がさらに「妊娠中に放射線を浴びると大変なことになるんだ」って思わせる原因になっちゃうんじゃないか。
http://ameblo.jp/usagi-radiology/entry-10019391534.html

*放射線技師ゆずのつれづれ日記:医療と検診に関してつれづれ…
どうも感覚的に、集団検診は医療行為とは思ってないところがあるんですな。いくら集団検診で極力ムダを省いても、限界があります。
http://ameblo.jp/yuzuriha1126/entry-10019431342.html

*ひとり言〜とある放射線技師の備忘録〜:歴史は繰り返される
一昨日も緊急の心カテが有ったばかりなのに、まさか2日連荘であるとは…しかも自分が当たるとは。
http://d.hatena.ne.jp/kosukesan/20061123

*レントゲン屋さんjunjunのあれこれ…:10時間オペ( ̄□ ̄+)!
この仕事の量を被曝の量で置き換える考え方は改めたほうがいいかなぁ・・・すでに年間の被曝限度ギリギリのところまで来ているこの私…
http://blogs.yahoo.co.jp/junjunjun0620/6858995.html

*ゆうあいクリニック理事長日記:内定第一号
放射線技師になる方々は、学校で「同時に複数の願書を出してはいけない、内定をもらったら断ってはいけない」という指導を皆受けている、ということです。
http://rijichonikki.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_6410.html

*経営企画部長の独り言:モチベーション 放射線技師の場合
以前はレントゲン、MRI、CTなど画像診断機器が発達すると共に、多くの放射線技師学科が設立され、近年は需要− 供給+の状態になっていると言われてます。
http://blog.livedoor.jp/kic_japan/archives/50907465.html

*診療放射線技師みっくのQOL向上計画:お初です。
わたしの場合、院内感染の魔の手から逃れられず、これが嘔吐下痢症とわかったときにはなす術なく、人生二度目の点滴に・・
http://mikku.blogzine.jp/weblog/2006/12/post_6240.html

*HRT(ヘッポコ放射線技師)と心の友(マニアック)の叫び:つきすぎて・・・
日中は暇になるくらい混まないし、むしろ呼び込みでもしなきゃまずいんじゃないのかってくらい来ない。それが夜になればわんさか押し寄せてきやがる。
http://blogs.yahoo.co.jp/frbgk932/24975483.html

*バスに乗る日々:話が通じない...
この会社の人たち、全然話が通じないんです。。。右行けと言えば、左へ行くし。
http://radiologirl9696.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_5a39.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月13日 21:14 | コメント (0)

 

保健婦(ほけんふ)

「保健婦(ほけんふ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。

「知識だけでなく、相談者気持ちを理解して対応するなど、いろいろな気遣いも大切なのですね。」



=2006年12月11日収集分=

*RING:出産話
今日は新生児訪問。しかも双子ちゃん(=⌒▽⌒=)めっちゃかわいかったですよ〜第一声でお母さん頑張ったね〜!!っと思わず言ってしました。
http://ameblo.jp/loveyou-sister/entry-10012314636.html

*お弁当、何にしようかな〜。:子育て支援講座
他者を受容することと自己を主張するには、「勇気」が必要だということです。なるほどな〜。
http://xxmaybexx.exblog.jp/3762159/

*働く【育休中】新米mamaの手抜き日記:新生児訪問
大丈夫とわかっていても、公務員の場合、「もしもの時のために『大丈夫だよ』と言い切れないのかもしれないなぁ・・・」と
http://blogs.yahoo.co.jp/piggyboxjp/43928827.html

*Sun Flower BLOG:決戦は金曜日
何が忙しかったのか。それは、来年度の健診の業者を決める審査会があるから。その為の資料作り、評価などなど。
http://blog.livedoor.jp/ukyou4670/archives/50950997.html

*Hitoikiの希望:腰痛の経過と今回の研修で思うこと
「私は、これができる保健師です」という「これができる」という部分が大事になってくるであろう。その部分を買ってもらうのだ。
http://d.hatena.ne.jp/hitoiki/20061118/1163799863

*M子の日記:普通に泣いた
月1でおたよりを発行してるのだけどそれがわたくしのお仕事でして今日は1日その作業!1500枚ぐらい印刷してすべて手作業で半分に折って
http://blog.livedoor.jp/en10myk20/archives/50652888.html

*ココロ穏やかな日々でありたい☆:仕事は終わったけど、あと3時間で起床かあ。
おたよりづくりが終わりました。おたよりなんていうと保育園や幼稚園のようですが、こういうおたよりひとつもとても大事な仕事です。
http://blogs.yahoo.co.jp/wsnpb530/42519270.html

*Hitoikiの希望:頑張ってま〜す!
でも目先のことに追われ、「保健師のこれから・・・」とか「私のこれから・・・」とか「この事業のこれから・・・」といった先のことを考える余裕がありません。
http://d.hatena.ne.jp/hitoiki/20061129/1164729059

*はにわてんごく:皺っス
看護師採用の時には感じなかった,トキメキみたいなのを感じました.私としては「やりたい」と思える仕事に就ければそれだけで十分です.
http://blog.goo.ne.jp/ha28_hanizou/e/3a7b4ce16d82d79d70346bee8d97417d

*渡る世間に何をみる?:昼間の母はちょっと違う?!  2曲目~♪
耳を傾け一緒に考えることなら、私にも続けられるかもしれない、、、お気楽な私は、また新たなエネルギーをため込んでしまったのでした。(^^
http://ameblo.jp/kiki-mama/entry-10020118439.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年12月11日 21:45 | コメント (0)

 

臨床心理士

「臨床心理士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年11月2日収集分=

*LIFE IS NOT ENOUGH. Shit!!!!:臨床心理士として働くということとは
臨床心理士として勤務してはいても、臨床をさせてもらえないことさえあります。つまりは、泥臭い臨床さえできない可能性さえあります。
http://blogblog.psycho-therapist.biz/?eid=563946

*しゅう兄さんの臨床心理士的生活:私は臨床心理士..
少し長く休むと感覚が変?で仕事しにくいんですよね。頭を臨床心理学に戻すのに時間がかかるっていう感じかな?
http://syuaniki.blog33.fc2.com/blog-entry-303.html

*臨床心理士への道:臨床心理士という“お仕事
領域によってそれぞれ臨床心理士に求められる技能が異なるので、一言で語れない宿命にあるのが、臨床心理士という職業なのでしょうか・・・
http://mokainu11.blog72.fc2.com/blog-entry-28.html

*就職・転職・起業支援室  ニート・フリーターにならない!!:臨床心理士とは? (就職に役立つ資格)
文部科学省の実施するスクールカウンセラーの任用をはじめさまざまな領域で活躍しています。
http://syuusyokusien.blog62.fc2.com/blog-entry-76.html

*臨床心理士のもの想い:心理バカ
スクールカウンセリングではありますが、月1回4時間勤務という変則的な勤務なので、その学校に溶け込むのはなかなか難しい。
http://yamakioffice.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/__3b7f.html

*ロテ職人の臨床心理学的Blog:ちったぁ認められているようでうれしかったり
少なくとも私の周囲では医師もコメディカルスタッフも心理職の国家資格の必要性は感じてくれているようですし
http://blog.rote.jp/2006/09/29-081500.php#more

*臨床心理士:青年期の発達障害
過去の問題を把握するのが難しい場合、現在の状況から過去の状況を推測するしかなくなってきます。しかしこの場合には大きな困難があります。
http://blog.goo.ne.jp/atavira/e/8e67cbfa4b72ca4e5c3d251c7c20b224

*臨床心理士 高野洋子:「いじめ」報道、子ども達の涙、箱庭な日々。
スクールカウンセラーの日々は、特に2学期に入り、子ども達の辛い涙の受け皿の日々です。でも、本当に「泣いちゃっていいんだよ!
http://blogs.yahoo.co.jp/yokotakano2007/22092447.html

*学びの数々:学びを蓄積するべく
臨床のアイデンティティは“折衷派”。初学者ゆえ幅広く知識を得ている段階です。
http://ameblo.jp/allowmallow/entry-10019015629.html

*nhiro's biopsychosocial blog:臨床心理士
スクールカウンセラーはたしかにマーケット拡大にはなりましたが,当初の構想に比べると,臨床心理士はだいぶレベルの低いものになってしまいました。
http://psycube.blog78.fc2.com/blog-entry-27.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月02日 21:34 | コメント (0)

 

臨床検査技師

「臨床検査技師」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年11月2日収集分=

*臨床検査技師のひよこ・小日記:当直中・・・またか
今日はインフルエンザDAYでした。日中に23件しか出なかったのに、私が当直で入ってから8時半までの3時間半の間に、15件
http://mmww.blog10.fc2.com/blog-entry-47.html

*ザ☆臨床検査技師:大人の遠足
健診の仕事の魅力をあげるとするならば、それは毎日いろんなところへ行けること。
http://the-mt.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_aaad.html

*B型臨床検査技師のつぶやき:コストの鬼
はっきり言って、認知症の患者さんに 肺機能の検査なんて不可能です。できても正しい値かどうか怪しいもんです。
http://blogs.yahoo.co.jp/hatipom/38237617.html

*臨床検査技師の日々:疲れたぁ
検査の器械が4台に増えて,1人2台使ってやることになりました。新しい2台のは何の設定もしていなくて,焦りました。
http://blog.goo.ne.jp/13336193/e/6b1b345f019bdd80522674dc19fd5ef7

*ある臨床検査技師のたわごと:脳波検査
覚醒状態から軽く睡眠状態の脳波を記録するのですが脳波検査は電極つけるのに時間がかかるので、軽く世間話をしながら付けることも多いのです。
http://ameblo.jp/tsukinosakana/entry-10016013866.html

*臨床検査技師として、細胞検査士として、医療技術者として:迅速細胞診検査
依頼がくる度に他の仕事を止めて標本をつくり、鏡検するので、1件の検査をこなすために、通常5件分を検査するくらいの時間を要します。
http://cellgene.blog51.fc2.com/blog-entry-14.html

*臨床検査技師って…:...!!
毎日、検査検査検査検査・・・。特に最近多いのが・・・HIV!!超防御で検査に挑んでるって―の!ギザ多忙!
http://blog.goo.ne.jp/tiny-c2r0/e/de7261f8acefc73fd858dd3ca849e99a

*お気楽臨床検査技師のたわごと:指導係
普段 血液検査とかやらないスタッフが ポケベル当番時に呼び出されると血液検査をやるしくみになってるんです。
http://ameblo.jp/mtkaho/entry-10018882509.html

*おまけ部屋(臨床検査技師のつぶやき):住民検診
ほとんど最終週なので、追い込みでたくさん受診者さんが来ました。住民検診は5月から10月までやっています。大体最初と最後が込みますね。
http://blog.livedoor.jp/kosi_hp/archives/50506887.html

*へたれ臨床検査技師のシュールなぶろぐ:東京ですか・・・
うちの病院は細菌検査は外注ですが、朝からその委託先より電話あり「昨日お預かりした検体についてお聞きしたいのですが・・・」
http://ameblo.jp/winpapa/entry-10018968691.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月02日 21:31 | コメント (0)

 

理学療法士

「理学療法士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年11月2日収集分=

*理学療法士サスライガー :PTの活動領域と他職種;危機感もって
運動器など専門的に理学療法を行おうとすると他職種との競合が個人的にはとても感じることが多い。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/34514/2317382#2317382

*PT・理学療法士☆茶坊主Cafe:貴方の治療は何パーセント?
経験が嵩み患者さんを沢山担当させて頂くと、残念ながら治療の限界が生じてくる。限界とは、時間的余裕の事であり、内容の濃さではない。
http://blog.livedoor.jp/bozu_6stars/archives/50477483.html

*TOの理学療法士生活365日:患者さんが亡くなる時。
最近では終末期リハビリといて最後の最後まで人らしく尊厳ある姿なるようになくなる直前までリハビリをすることも増えてきました。
http://ptcm.exblog.jp/3271945/

*理学療法士の1日:リハの飽和
学生の質も低下しているのはに正直、目にあまる。実習を厳しく、国試の合格率を低下させて学生の質をもっと上げればいいのに。
http://blogs.yahoo.co.jp/masanori_skywalker/19682219.html

*理学療法士"あつき"の徒然なるままに:介護保険関連(本日の仕事)
私のやり方は、基本的に手をかけません。とにかく”ブレイン”、考えた内容を指導して、自分で実践の機会を、通ってくる中で作ります。
http://ptatuki.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_7240.html

*理学療法士のF1独り言:pusher
この方は、左片麻痺で高次脳も認知症もありません。ですから、口頭で説明してもちゃんと理解もしてくれますが…除々に改善傾向にあるのですがどうも歯がゆいです
http://blogs.yahoo.co.jp/activities_of_daily_living/2810224.html

*理学療法士ブログでござるよ:お子達と。
先日、お母さんがリハビリしている子供をみて「凄く嬉しそうやねー!よく笑ってるー」と。「リハエモンに来てもらったときはすごく機嫌がいいんです。」と。
http://rehadegozaru.jugem.jp/?eid=165

*理学療法士のブログライフ:喜び
今日は午前中、通所利用者の体力テスト。3ヶ月に一度実施していますが、テストする側もかなりハード。
http://blog.goo.ne.jp/t-mezaki/e/661c941d499b606c2613b8b08218d7d4

*専門理学療法士の視点:疾患別リハは自然な流れ
出来高に固執するのではなく、必要な治療としての位置づけを獲得する努力が大切になるであろう。
http://blog.goo.ne.jp/pthidaka/e/23fb5e000025f2170960e650f4693ea3

*無茶修行 理学療法士編:涙のわけ
私が働いている施設では午前中にちょっとしたレクレーションをする。今日は歌の日。今日の選曲はいわゆる軍歌。
http://blogs.yahoo.co.jp/tip_tap_rider/43217081.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月02日 21:28 | コメント (0)

 

薬剤師(やくざいし)

「薬剤師(やくざいし)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年11月1日収集分=

*薬剤師ケケゾーのつれづれ日記:調剤薬局での苦悩
弱い立場の薬局はそんな医院にも従うしかなく、薬剤師の職能をそがれる辛さだけでなく患者が不利益を被ってるのに助けられないもどかしさも
http://kekezou.blog53.fc2.com/blog-entry-30.html

*本庄総合病院 薬剤師 ブログ:宝の山か、過剰在庫か、
勿論、インフルエンザが流行しない方がいいのですが、購入したワクチンが大量に余ってしまうのも困ります。
http://blogs.yahoo.co.jp/ta5533/20527288.html

*薬剤師研修生:初勤務…
火山の噴火前のマグマの用にあわただしかった。次から次へと処方箋が流れてきて調剤しても調剤してもその量が減らない。院内調剤おそろしや。
http://kataoka-satoshi.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_f527.html

*宮城敦子の薬剤師クララがいく!:ミス・過誤・事故!
新聞などマスコミで騒がれるのは、殆ど「調剤事故」ですね・・・でも、ミスや過誤を侮っていたら…薬剤師としての身を滅ぼす事になるかも…(恐)
http://miyagiatsuko.president-blog.jp/e533820.html

*薬剤師リクルーターブログ:医師の言葉
「薬剤師さんって病名を言っちゃって困るんだよねー。痔の薬ですだとか、今日は糖尿病の薬が出ていますねとか」
http://miya7116.blog73.fc2.com/blog-entry-34.html

*規格外の薬剤師也:男女比4:3
今まで3グループ、6施設を渡り歩いてきましたがここまで男性比率の高い職場の状況は久しぶりです。
http://blog.goo.ne.jp/moriko73/e/1e1380b658c42c0a3a1f682e720b4e22

*五つの顔をもつスポーツ好きの漢方薬剤師:ミーハー薬剤師も悩んでいる
42歳で、「まだ」子供を望んでいないという御主人に、女性の身体は妊娠に適してる年齢幅が ある程度決まっているということが解っているのかな?
http://blog.goo.ne.jp/goomi-ha-satoh/e/e245bd7fc2f2051a51170c7034efbce0

*漢方だけにこだわらない漢方薬剤師の挑戦!!日本一の治療家をめざして!:迷子になる
アトピー治療をしていると時々迷子になることがあります。最初ぐんぐん良くなっていたのに、途中からその薬が合っていないように思えて、薬を変えると
http://kjsiteki.exblog.jp/4420655/

*BaLanceBody薬剤師のブログ:生薬アレルギー
調剤をしていて、普段べつの漢方薬を調合するときは何もないのに、「酸そう仁湯」を調合するときになぜかアレルギー症状が出るらしい。
http://blog.balancebody.jp/?eid=271461

*元MR、現在は開局薬剤師:いろんな患者さん その2
いい加減なな情報を鵜呑みにして、結局は損してる人って可愛そうですね。例えば・・・・
http://ameblo.jp/3203hosi/entry-10018984276.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月01日 17:36 | コメント (0)

 

ホームヘルパー(訪問介護員)

「ホームヘルパー(訪問介護員)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年11月1日収集分=

*ホームヘルパー1年生!:初お仕事
その事業所は、知的障害者の方を介護するところで、学校では老人に対する介護方法しか学んでないので、ものすごく緊張でした
http://congratulations.seesaa.net/article/18448685.html



*ホームヘルパー日誌:はじめての体験
この方のところには3年弱通いましたが、老化が進むのは早いものなんだと感じました。
http://ameblo.jp/sumairus/entry-10013452221.html

*ホームヘルパーカカオの夢・旅・日記:はじめの一歩 ホームヘルパーカカオです
お年寄りが一番ほしいのは掃除や洗濯よりも心の安らぎなんですね。そんなお年寄りに、毎日元気のお手伝いをしています。
http://kakao55.blog72.fc2.com/blog-category-1.html

*中年おばさん☆ホームヘルパー奮闘記:お別れ
ヘルパーに伺うと怒られたり、殴られたり、セクハラ発言で罵倒されたりもして嫌なことが多いのに、いつもにこにこ笑顔で「Sゑさん」には癒される思いでした。
http://blog.livedoor.jp/kiyoko5858/archives/50751801.html

*PM(プロジェクトマネージャの略です):ホームヘルパーの仕事って?
家族が完全に親の介護を放棄しているくせに、ヘルパーさんに苦情だけはちゃんと言うなんて、もう少し人間として大切なものを考えた方が良いと思います
http://blogs.yahoo.co.jp/i_am_longlife/42983787.html

*「ありがとう」と「さようなら」が言いたくて・・・:ホームヘルパー日誌 労働対価
仕事が重労働であり、肉体的にも精神的にもタフさが求められる業種であるにも関らず、賃金設定は意外にも低く抑えられています。
http://fromemotion.blog.ocn.ne.jp/sayhellogoodby/2006/10/post_bf1f.html

*ホームヘルパー奮闘日記:時間配分、間違ってない? 
掃除と片付けで1時間ギリギリなのに、30分長くしたら調理が加わると・・・余計に余裕が無いケアになりそうです。物理的に厳しいです。
http://blog.so-net.ne.jp/home_helper/2006-10-24

*ホームヘルパー日記:お仕事70日目・・・・ばったり
利用者さん宅をハシゴするに当たって大切なのは、「どこでトイレへ寄るか」を予め決めておくことなのだ! 利用者さん宅でトイレを借りることはご法度なので
http://blog.goo.ne.jp/rarihooh/e/568dc37023180355861f5357f85c7dee

*ワーカー日記:ホームヘルパーにはモラルと明るさが必要
また、相手が何を望んでいるかを知るためには、コミニュケーションがしっかりとれることと、相手の気持ちをきちんと観察できる能力が必要です
http://blog.goo.ne.jp/sanae_1975/e/469bcd43f3bb636246e908d4611b66a6

*月夜の猫のホームヘルパー日記:季節の変わり目
確かに このケアーさえなければ 私は楽なんだけど、それ以上に 私は 精神的な事で 必要なんです。私にとって とって 必要な人なんです。
http://tukiyonone.exblog.jp/5945259/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月01日 17:34 | コメント (0)

 

はり師/きゅう師

「はり師/きゅう師」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年11月1日収集分=

*天佑堂鍼灸院日記:他力の治療
今日Kさんの鍼治療をしたあとKさんの肩に手あてをしていたら、自分の胃がぼこっと動きその瞬間いのあたりが楽になりました。
http://blog.goo.ne.jp/itoukeita/e/11a30c4fba70befff799930934b3273f

*ふよう鍼灸治療院の治療院日誌:伝えることの難しさ
専門的、法的、一般論などなどを踏まえながらお話をするのですが…これがなかなか難しいのです。
http://blog.livedoor.jp/fuyohchiryouin/archives/50389029.html

*鍼灸で行こう!:鍼灸を受けてみて・・・
私自身も改めてハリやお灸を受けてみて気づくことが多々あります。実際自分で感じなければ分からないことです。
http://blog.livedoor.jp/guputa77/archives/50435471.html

*鍼灸治療院 龍王堂:経道脈位圧擦鍼法って何?
ツボや経絡には磁気が溜まりやすいと言われています。そこに刺激することで気の流れを良くして磁気・静電気を抜く事は予防医学として一番大事なことです。
http://ryuoudo.blog53.fc2.com/blog-entry-10.html

*拓鍼灸院:十月の蚊
軽率な楽観視を無責任に告げるこれは医療人にとって治療家にとって決してよい態度ではない。何でも治る? そんな治療法などあるわけがない
http://blog.goo.ne.jp/taayan1024/e/bf2e5e235cfc8c704c5a3f111d6b95eb

*ビッグママの鍼灸治療家日記:土曜日の鍼灸治療室
私にとって、一番好きで楽しいことは鍼灸治療の仕事なんです。感謝の日々です。
http://big-mama.cocolog-nifty.com/akiko/2006/10/post_2e2e.html

*山田鍼灸院開業してます!:痛みを何時とりましょう?
100%痛みをとる事は難しいですが痛みを軽減させる事は可能です。しかしソレは痛みをある程度とっているだけで治っている訳ではありません。
http://dekaishinkyushi.hamazo.tv/e199067.html

*工藤鍼灸院〜院長のひとりごと2〜:ツボはずれてて当たり前
結局はどちらも正解で、要するに体格によってツボがずれているというだけなんですね。
http://blog.goo.ne.jp/kudo89in/e/90d85092062faf08ada795392673aa22

*如何様鍼灸師のお道具箱 〜模型も作るよ〜:日・中・韓でツボの位置が違うことが判明。。。実際は・・・
知らないものには、いい加減で 何やってるんだ?ですが、うちら開業鍼灸師にとってはとるに足りないことなんです。
http://blogs.yahoo.co.jp/ikasama1967/42947404.html

*河童堂の鍼灸師:漢方薬と鍼灸
鍼灸師は東洋医学に基づいているのに専門の認定を受けることが出来ないようです。
http://blog.goo.ne.jp/kappadou/e/4197a016e680a1f8c00753d23151f15c

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月01日 17:32 | コメント (1)

 

精神保健福祉士(PSW)

「精神保健福祉士(PSW)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年11月1日収集分=

*One of PSW:「未遂」 
そのために私達はいつまでも待ち続けていること、どんなことでもいいからときどき私に電話をしてほしいことをお話してきた。
http://air.ap.teacup.com/oneofpsw/147.html

*今日からPSW:2日めのデイケア
デイケアでは患者さん主体。なので、そのあまりの違いにびっくりするやら、気づかれするやら。でもこれが本当の精神科なんだなっと納得
http://blog.goo.ne.jp/sa9ra7/e/0c5ca6296e8e477930191afadbd68ba7

*精神保健福祉士田舎猫の只今修行中:初仕事完了
社内PSWの初仕事として、社内メンタルヘルス対策について発表を行いました。自分の経験を活かした発表だったためか、割と好評でした。
http://blog.livedoor.jp/inakaneko_psw/archives/50511551.html

*PSW〜Full of affectionate cares〜:これからのPSW(精神保健福祉士)とは?(続編×2)
直ぐに、作業所や援護寮と考えず、特産物の有無により可能かどうかに縛られず、就労としての社会資源を整えることって難しいですかね?
http://ameblo.jp/respect-you-0725/entry-10015683929.html

*きままにPSW:PSWとしての実習
しかし 実習生に 利用者の声を聞き 感じ入ったと 聞かされ ジーーーンと嬉しくなりました。
http://kitakitune.at.webry.info/200610/article_3.html

*チャイの湯気の向こうには:PSWの夕べ
私達、ソーシャルワーカーに必要な事は、自分の持ち場を守り、患者さんと関わることだけではないんだと気づきました。
http://blog.goo.ne.jp/crystal0127/e/9d8e27993eecc93fb762910ecc39cdaa

*吉田夫妻精神保健福祉士事務所(仮):Have Fun?
それにしても。状態悪くて辛い人を相手にするときが「楽しい」だなんて、因果な商売ですこと…。
http://blog.goo.ne.jp/psw-yoshida/e/f666e4320129f6e82a20532f8334be8e

*なんちゃって!?精神保健福祉士:階段にて
トイレや廊下の清掃はもちろん、特別教室の片付けや道具、教材の移動草抜きにドブそうじまでやっています。
http://blogs.yahoo.co.jp/t66381772002/42783318.html

*歩く心の相談室 精神保健福祉士 島田啓介のブログ:歩く相談室、いよいよ初出勤
職員やセラピスト、看護師などのグループの施設見学ツアーのオーガナイズと通訳。専門家のニーズとニーズをつなげるのも大切な仕事の一つです。
http://pswksk.seesaa.net/article/17955860.html

*Private Note:精神保健福祉士(PSW)の仕事
利用者のニーズにあわせて、その人なりの社会参加や社会復帰を実現していくためのさまざまな援助・支援活動や必要な情報提供を行います。
http://blog.livedoor.jp/zakima/archives/50452474.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月01日 17:31 | コメント (0)

 

助産師(じょさんし)

「助産師(じょさんし)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月30日収集分=

*新米助産師の徒然日記:助産婦でよかった
母子手帳に名前が残る仕事。そしてお産ってきっと女性にとって一生忘れられない経験のはず。
http://ameblo.jp/mw-slow-up/entry-10013061302.html

*落ちこぼれ助産師の独り言:陣痛の時、人は…
私自身、内診をしようとしてグーで殴られたり、分娩台の産婦さんに顔を蹴られたりしたことがあります
http://ameblo.jp/mw-sora/entry-10018657806.html

*まる助産師と産後のママと愉快な助産師達:「母乳は疲れる」と言われて
“なぜ母乳を疲れる”と思うのか、ママの心の声がとても気になって 心に重い石が乗っているような気分で訪問を迎える。  
http://marujosanshi.blog68.fc2.com/blog-entry-70.html

*毎日息子と戦っている、大阪の助産師ママのひとり言〜:なぜ助産師になったのか・・・・・
資格を取るまでの過程は大変やったけど、今はよかったと思えるもんなぁ〜
http://ameblo.jp/sackey-mi-mama/entry-10016445837.html

*助産師チエのブログ:仕事の疲れ
マッサージに行きました。あぁ、コチコチだったそうです。こんなことの繰り返しですが、気持ちはほとんど疲れることなくいつでも元気でいられます。
http://blog.goo.ne.jp/paoskoto/e/487e9d1fdf3dbdce30a51bed1160fbf1

*みちのく助産師のお仕事ブログ:助産師の長所・短所
日々お母さんもベビーちゃんも刻々と変化を遂げて行きますので激動の毎日で 新鮮なんですね。やりがいが大きいと思います。
http://makitan.jugem.cc/?eid=321

*助産師のそこはか日記:何でこうなるの(*〜*;
頑張ってくれました。もう少し、発見が遅ければ!って思うと恐ろしくなります。あ〜〜本当に良かった。
http://blogs.yahoo.co.jp/sonieri21s/37605440.html

*助産師まこの徒然日記:誕生死
「赤ちゃんに触ってあげてもいいんですよ。赤ちゃん喜ぶと思いますよ」と声を掛けると、優しく赤ちゃんをなでて涙を流していました。
http://blog.so-net.ne.jp/maco1014/2006-10-16

*助産師さんのひとりごと。:夜勤。
ここんとこ日勤してない気がします(笑)1日に日勤したのが最後ですね〜(^▽^;)今日は…どうでしょうね?こないだ満月だったけど…
http://ameblo.jp/transparent0627/entry-10016898286.html

*劇的出産!! 助産師のマル秘報告:超こわい…出来事が!!
助産師も注意しながら分娩まで至ったんですが、赤ちゃんが無事に生まれた瞬間に子癇発作が!!!
http://ameblo.jp/sayali-nu/entry-10014411591.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月30日 21:37 | コメント (0)

 

手話通訳士

「手話通訳士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月30日収集分=

*Que sera sera!:通訳としての悩み その1
手話通訳者にも守秘義務がある。だから、通訳をする上でなにか嫌な思いをしたり腹の立つことがあっても愚痴をこぼすことが出来ない。
http://blog.goo.ne.jp/kefko-kokko/e/b47f54037cfb8b9e6d202a9f8ae1d997

*うちのへや:濃い1日だったぁ…
やってくうちに慣れて来て楽しくなってきた(笑)専門用語だらけで難しいけど勉強して報酬に似合うようがんばります♪
http://blog.livedoor.jp/necobashu/archives/50908651.html

*ようこそ♪ ひろたんのRoom:理想の手話通訳者とは・・・
ほとんど日本語対応手話で表現してしまいますよね。私もそうです。それはアカンだそうです。
http://ameblo.jp/hirohirohs103-deaf/entry-10018708639.html

*ギャン・ジャックです。:手話通訳依頼の悲しさ。
なんで10%も引くんだよ。それも所得税って。。。え〜〜!!これでは謝礼ではなく本当の給料だよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/signlanguage_taka/3502829.html

*貴方の声が聴きたい:『手話通訳』
ここで『こういうコトを聞いた方がいいんじゃない!?』とか『それはどういう意味ですか!?』などと、軽く援助をしながら通訳をしていきます。
http://atsumayu.dokyun.jp/archive/l-283331.html

*広島山口ヘルスプロモーション:手話通訳者
メリハリ付けて大きく動かしながら言葉を表現するものですから、首、肩、腕、腰がとても疲れます。
http://blogs.yahoo.co.jp/jh5uph/19352658.html

*ロビー男:手話通訳
今日は、かっこいい手話通訳者になれなかった。だって、普通に話しても難しい説明をするんですよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/v01688/39733198.html

*みんなで広げよう しゅわわわ輪!:手話通訳者なのですが・・・・
話の内容を通訳しようと階段を上がったときに…ボーカルの男性は驚いた様子で私に向かって言ったのが…「な・何ですか?(汗)何の用なのですか?」
http://syuwa-blog.nonjet.com/?eid=535041

*inarikun:手話通訳の報酬
所得税は、どの項目が課税の対象になるのかよく分からないとことがあるのですが、手話通訳に関する報酬は、源泉徴収の課税対象にはならいようです。
http://hql00515.cocolog-nifty.com/inarikun/2006/08/post_e12d.html

*パソコン教室 Step by Step&活動での出来事:!!お見事!!&手話通訳
自分の言いたいことを、手話に変換して表現することは、できるのですが、講演者の話を聞き、話を頭でまとめ、手話に変換し、後の言葉も聞きためる・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/step_by_step2002pc_room/39265494.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月30日 21:34 | コメント (1)

 

歯科衛生士

「歯科衛生士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月30日収集分=

*歯科衛生士ともみ的「哲学」:滝汗
「無理矢理やるのなんて簡単なことなんだよ!でも無理になんてやりたくないもん!こんなかわいい子をおさえつけたくないもん!」嘘八百(-.-;)
http://blog.livedoor.jp/tomomi_0823/archives/51231709.html

*なにわの歯科衛生士上海そして福岡を行く!!:姉の気持ち
この仕事をしてて 本当によかったなっていつも思うのは、たくさんの世代の方と複数回お会いすることができ
http://blog.livedoor.jp/sqpcr706/archives/50774022.html

*歯科衛生士chikaのマイペースblog:心地よい緊張
今日は第一助手だったんです。初めてやる事って緊張しませんか?細部の細部にわたるまで、何度も何度も、確認して、確認して…
http://blog.so-net.ne.jp/kiki2jiji2/2006-10-12

*歯科衛生士の Dull hours diary:言えるかよ・・・・
『予約の患者さんがお待ちですので』ってやめさせて!」えっ〜〜〜〜〜そんな事 いえるかよ・・・・・
http://blog.goo.ne.jp/kana-k1974/e/c865b90efbf1c7a3031639eba3dbb0ee

*兼業歯科衛生士常:患者さんとのコミュニケーション・スキル講演会
そのためには、患者さんの話を聴きながら、手の動きや目の動きなどをよく観察し、気持ちが現れていることろを見逃さない。
http://blog.goo.ne.jp/chahoko/e/4d3294182b74f7b9fc9c5c1bc0a220de

*歯科衛生士奮闘記:新人はつらいよ
私のまわりはベテランばかり・・・私じゃないのに?! 初歩的なミスはやっぱり新人が疑われます(;_;)
http://blog.goo.ne.jp/shimon-mk/e/17f88fcdf9e9714c3b51c3b980b53573

*DH(歯科衛生士)のつぶやき日記:たまには他の人の意見も必要だ
医院のなかで、時々勉強しあっているので、基本的には考えは同じなんですが、個々の患者さんとなると随分やり方が違うものだと感じました
http://blog.goo.ne.jp/saita_sakura_2005/e/a753a34ec84a0b87750f9d2b21767437

*Yuki's Dairy Life〜ひよっこ歯科衛生士の矯正日記〜:今日から
とにかく患者さんには優しい先生であってくれればそれでいいのです。すでににっちもさっちも行かなくなってますので
http://blog.livedoor.jp/gratia_days/archives/50610751.html

*DH(歯科衛生士)のひとり言:仕事への活力!
口腔ケアの後、「気持ちよかった^^」と言われると、うれしくなって また頑張ろう!と元気になります。
http://blogs.yahoo.co.jp/clover_you13/40182875.html

*資格取得しよう!〜資格取得したいのよ〜:資格取得の歯科衛生士だ。
歯科衛生士さんの就職先は歯科診療所とか総合病院歯科とか保健所・保健センターとか企業の診療所などが、多いですね!
http://blog.livedoor.jp/goriraimo1/archives/50240376.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月30日 21:33 | コメント (0)

 

歯科技工士

「歯科技工士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月30日収集分=

*マイペースな歯科技工士:(ー_ー)!!
残業だって22時とか23時とか残る時あるのに・・・。残ってほしいならもっと仕事まわせって感じ!!
http://blogs.yahoo.co.jp/fuarieis/4261367.html

*WEB歯科技工士会:パイプ
言うまでも無く歯科医療業界では歯科技工士の減少と言う形で、歯科医療そのものの崩壊が表に現れてきました。
http://kdlg3.cocolog-nifty.com/kdlg3/2006/10/post_f24b.html

*自宅で開業している歯科技工士のブログ:保険点数
ほかの業界もそうですが、材料費、諸経費も、上昇してまして、大変です。(~_~メ)数をこなさなければいけない世界ですので(+_+)
http://blogs.yahoo.co.jp/tanmiya/42107215.html

*歯科技工士マンの憂鬱:成功!
経費は大赤字だけど、初めてにして規格外のケース。でかすぎの連冠です。しかし、今度からはどんなケースでもできそう。
http://oosakaman.dokyun.jp/archive/l-237851.html

*護憲+グループ・ごまめのブログ:歯科技工士の記録
私たち技工士は何故か平均すると短命なのです。なぜだか技工士会は此の事を公表したがりません。
http://blog.goo.ne.jp/gomame54321/e/5cdb90fbdbacc6dea26b96588ae423d7

*資格取得しよう!〜資格取得したいのよ〜:資格取得の歯科技工士よ。
さし歯や入れ歯とか金冠、矯正装置などを製作したり、修理とかもします、歯科医療の世界において欠かし事ができません。
http://blog.livedoor.jp/goriraimo1/archives/50247682.html

*歯科医療未来へのアーカイブス?:ラボ開業奮闘記−開業したい歯科・・・
向上心を持続することの大切さ、難しさも感じました。そこでは「悔しさ」や「怒り」が原動力になりました。
http://d-f004.at.webry.info/200610/article_109.html

*歯科への想い:歯科技工士さんについて
初めての技工物なので1番いいものを作ってくると思ったからだ。料金表は一切見ず、巧いところ上位2件のみと契約した。
http://blog.livedoor.jp/godentalclinic/archives/50372017.html

*SHU感マガジン:歯科技工士の数
なんとラボの数は年々増えているではありませんか。しかもその大半がおそらくワンマンラボです。
http://camel.air-nifty.com/guutara/2006/08/post_18ce.html

*キャリア資格の資格取得とキャリアアップ:歯科技工士の資格取得で独立
資格取得後は歯科診療所や歯科技工所あるいは歯科材料メーカーなどへの勤務が一般的ですが、経験を積んで歯科技工所を開くことも可能です。
http://sikakukyaria.seesaa.net/article/22290680.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月30日 21:31 | コメント (0)

 

作業療法士

「作業療法士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月28日収集分=

*ある作業療法士のブログ:利用者とビアホール!
今日は,施設行事の”ビアホール”がありました.要は,利用者さんと一緒にお酒を飲もう!というものです.
http://blog.goo.ne.jp/muscle-strength/e/dd42b86fb856c897b9e9e59c892ece98

*とある作業療法士の一日:有資格者と無資格者の待遇の違い
つまり作業療法士は、スタッフ室と評価室の両方の部屋に自分の机と椅子が置いてあり、どちらの部屋でも仕事(患者さんの記録など)ができるようになっているのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/yokoriha2006/22011532.html

*沖縄の作業療法士 雑感:私のしごと
担当した患者が亡くなると、時々油断して泣いてしまいます。天涯孤独。家族がいらっしゃらない方が結構いらっしゃるんです。
http://okinawanot.blog67.fc2.com/blog-entry-21.html

*若手作業療法士の奮闘記:老健の個別リハ人数
当施設のリハ対象人数は通所平均25名/日,入所70名,短期集中(認知症も含めて)5名となっており,これを常勤3名と週3日の非常勤で行っております.
http://blogs.yahoo.co.jp/kyohei_c_y/3699765.html

*heartwarming 作業療法士の半熟卵編:OTデビュー!?
なんか汗だく、喉も痛くなる;でもでもすごい楽しかったんで、なんとかやりきったのかなと思いました。。
http://butaro.blog14.fc2.com/blog-entry-48.html

*Dumbな作業療法士:先生ぢゃない!!
セラピストですから[startrekさん]と呼んでください!と説明しています.まぁ当たり前なんですが、病院内で先生と呼ばれる職種はDrだけだと思います。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/startrekzf7/41255165.html

*作業療法士にゃんこのゴージャス日記:患者様のご家族にあって
だって自分の力で良くなっていったんだからね。でも、私のことを大切にしてくれる患者様・ご家族がいてくださるのはちょっと嬉しいんだけどね
http://blogs.yahoo.co.jp/kaorinnyankoot/37901353.html

*翼紡ぎ:OT=作業療法士
「文字を書く・髪をとかす・着替える」など細かい作業(高次機能)の回復が目的であり、精神面も加味しながら治療やサポートを行っていく
http://noirlune.exblog.jp/4461841

*:作業療法士だって一般企業に!!
作業療法士の進路って、「身体障害領域」「精神障害領域」「発達障害領域」「老年期障害領域」の4つのどれに行きたいですか?って感じ。
http://swdy.at.webry.info/200610/article_3.html

*不確かなemotion stepにかえて 作業療法のリアルな現実:作業療法士・・・
実習指導を8週間もしているのにわずか4ポイントです.また,指導をしているほうが勉強になることが多いと感じます.
http://horiken.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_bc80.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月29日 09:00 | コメント (0)

 

言語聴覚士

「言語聴覚士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月28日収集分=

*ST(言語聴覚士)がコーチングをすると…!?:構音(発音)の訓練
以前小児の構音を主にしていた言語聴覚士と話をしていた時「どうもなかなかよくならないなぁ、と思っていたケースって今考えると発達障害だったかも」
http://coach-murakami.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_a41f.html

*ST・言語聴覚士♪日常のささやかな流れ:頭文字Dと小児リハビリ。
人それぞれ違う個性、どの子どもも生活しやすいように、STとして調整、協力をしていきたいなって思います
http://blog.livedoor.jp/qaz123wsx00/archives/50574156.html

*言語聴覚士しーなの徒然リハビリ日報:おいしい?
特にゼリー食は難しいのでしょうか。なかなかおいしい!と言ってくださる方がいません。食の楽しみは『安全+おいしさ』のどちらも不可欠ですよね。
http://blog.livedoor.jp/st77/archives/50502957.html

*Speech chain〜新人言語聴覚士生活史〜:拒否
訓練時間以外に接する機会を増やして、仲良しになりたいと思ってるんやけど、いやいや、なかなか難敵です。
http://blog.livedoor.jp/sakari02/archives/50615489.html

*TOの理学療法士生活365日:言語聴覚士
PTOTと同じように訪問リハビリといって訓練のデリバリーサービスも法制化され、職域と知名度が広がりつつある職種でもある。
http://ptcm.exblog.jp/3516949

*妊娠とデザインと恋愛と、少しST:言語聴覚士のお給料
その時既に4年目の経験だったのに、新入社員の給料の方が高かったのです。屈辱ですよね。
http://blogs.yahoo.co.jp/swarovski_panda/4415944.html

*福祉情報技術データベースβ:ST:(言語聴覚士)
言語に不自由がある障害者に対し、その障害の対処法を見いだし、それに対応した発生訓練、指導、助言などを行う専門家。
http://info.ipresume.net/?eid=116222

*ぷらぷら日記:言語聴覚士さん2
誤嚥(気官に食べ物が入る)で肺炎が起きたら命の危険もある。嚥下の訓練は大切なんだって…!!
http://azukimame123.blog18.fc2.com/blog-entry-7.html

*ものぐさSTのひねもす日記:言語聴覚士はこんな仕事
就職した場所によって対象とするものや人が変わってくるので、突き詰めていくとそのSTごとの独自性や専門性が個々に反映されてます。
http://blogs.yahoo.co.jp/chimo97/19466146.html

*ぼっちの日記〜ST&ぼーんの雑記帳〜:仕事のこと
STは一人しかいないので、幅広くいろんなことを把握しておかないといけないし、自分の発する一言一言にはかなり責任があるってことを日々感じます。
http://bocchi-trb.at.webry.info/200610/article_3.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月29日 08:56 | コメント (0)

 

ケアマネジャー

「ケアマネジャー」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月27日収集分=

*ケアマネジャー(徒然なるままに・・自分史):介護認定
毎月、どことなく綱渡り気分。法改正・・・あちこちに歪にみられたり、軌道修正できたり・
http://blog.goo.ne.jp/kanekokoto_2005/e/8b2860c68b0ad625d411d0f63aa1a350

*心豊かな老後を目指してー新米ケアマネ日記:こんなもんでしょうか?
手取り足取りはなかなか教えてくれません。気軽に相談するという雰囲気は、ないんです。皆、無言でパソコンに向かっています。 
http://blogs.yahoo.co.jp/care485/4233075.html

*ケアマネ/ほっとサロン:給付実績・レセプト業務
今日は一日 実績入力・レセプト業務に追われていまして、やっと目処が付きました 毎月の事とはいえ神経使いますね・・・・
http://ameblo.jp/habataki-keapurann/entry-10004871137.html

*ケアマネはなの太腕繁盛記!?:あなたならどうする(byいしだあゆみ)
結局そばにいるものが応急処置で動く。でも本来ケアマネの仕事でもないし、もちろんデイサービスの仕事でもない。
http://blog.goo.ne.jp/minaminokanata/e/9e02e86af692af0c1ec88ea6b4a08f73

*ケアマネの独り言・・・気まぐれでつづるdiary.....:そろそろ年末年始を
家族のいる人は協力を求め(ヘルパーも非常勤は大半が休む!)独居の利用者にヘルパーがまわるようにしなくてはいけない。
http://yamacya.dokyun.jp/archive/l-305205.html

*ケアマネの独り言:愛ゆえに 2
端から見れば虐待ということも理解しながら、手が出たご主人。ご主人を加害者にしてはならないし、奥様を被害者にしてはならない。
http://blog.livedoor.jp/vanillacoconuts/archives/50549457.html

*ケアマネの独り言:困っています
認知症があるのに、私を《ケアマネさん》と覚えてくださってたこと。彼女の苦しみをまだまだ拾い上げていないこと。複雑な思いで帰ってきました。
http://blog.livedoor.jp/vanillacoconuts/archives/50459519.html

*ケアマネ なーちゃの戯言:異動完了
地域的に要介護度の高い方がなぜか少ないと言われていて、かつ入所率の高い地域らしく、私としてはやりがいがない。ならば「やりがい」をいただきに行こうと
http://blog.goo.ne.jp/nahcha/e/9c8acf98ca216c87a7c871fc7e01e553

*ケアマネ93のため息日記:登録
この仕事本当ライン領域が広すぎというか、無いというか。相談・援助職ってエネルギー使う。
http://d.hatena.ne.jp/kusa93/20061013

*地域包括支援センター主任ケアマネ日記:予防プランセンターには・・・
試算をしたところ、要支援のマネジメントに要する時間は、全労働時間の9割以上だけれども、収入で見るとわずか25%。
http://0155534771.at.webry.info/200610/article_1.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月29日 08:53 | コメント (0)

 

救急救命士

「救急救命士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月28日収集分=

*あぁ化学車に乗る救急救命士(こんなの俺だけだろうな):救急隊も慌てるけど家族も慌てる。
マンション10階の部屋に行くとおばあちゃんが部屋に倒れている。担架で運び出し救急車に乗せると一緒に来てもらった家族の方がいない。
http://blogs.yahoo.co.jp/owarikomaki/41474455.html

*救急救命士nabeのひとりごと:気胸!?
縦隔が左にシフトするほどではありませんが、もうちょっと通報や病院での処置が遅れたら、やっぱり生命にかかわったでしょうね。
http://blogs.yahoo.co.jp/push_hard_and_fast/21009074.html

*TOKYO29期:救急救命士の英検1級への挑戦&救急:胸膜炎
肺に何か起きているのかな?と考えながら、心筋梗塞間違いなしと考え血圧を計ると130を超え、循環は大丈夫なのです。あれれ_?
http://blogs.yahoo.co.jp/voyager121jp/38864522.html

*救命士のブルース:搬送連絡が断られる理由・・
病院側が、即座に!!としてくれるというものではありません・中には、1時間〜ひどい時には3時間以上かかるケースもあります・・
http://blog.livedoor.jp/aironman911/archives/50698794.html

*救命士のぼやき:救急車の使い方
その患者さんに蘇生の可能性は、ほとんど皆無であるといった事も理解している。では、なぜ救急車を呼ぶのか?
http://poroporo.exblog.jp/4790682/

*救命士の独り言・・・ :救急隊のお仕事
って具合悪いから救急車利用するんだろうが!!もっと内容聞けよ!!頭が痛いとか、息苦しいとか・・・もっと1ポイント聞き出せよぉぉぉぉ!!!
http://paramedic.blog73.fc2.com/blog-entry-3.html

*ある救命士の日常:思いやり
患者に対して家族のように親身になって考えるのか。救急救命士としてある程度の距離をとり、接遇をしていくのか。
http://blog.livedoor.jp/yuta_fire99/archives/50421720.html

*救迷士:記憶
迷った時は、オンラインメディカルコントロール(医師と直接連絡をとり処置に関する指示・指導・助言を得ることを意味する)で間違いはなかったのだが。
http://blogs.yahoo.co.jp/enumekat/42387717.html

*救急隊員の「ぼやき日誌」:最後の言葉・・・
後日、奥さんが消防署に訪ねて来られました。「夫は最後に何か言ってませんでしたか?何でもいいんです、何か・・・」
http://blog.livedoor.jp/kiyo636/archives/50240757.html

*元気一杯!夢一杯!:救急車はタクシーじゃない
ところがこの救急車、救急救命士は現場で30分酔っぱらいおじさんと格闘。「おまえ!俺を誰だと思ってるんだ!警察に連れて行く気か!」
http://blogs.yahoo.co.jp/b747_400erf/3695533.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月29日 08:49 | コメント (0)

 

看護師(かんごし)

「看護師(かんごし)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月27日収集分=

*スペシャリスト手術室看護師をめざしてfrom Chester:2年分の涙・・・
日本とイギリスのギャップに惑わされる毎日ですが、日本にいる時より、やりたいことができるし、ストレスも少ないです。
http://blog.goo.ne.jp/ayakotakeda523/e/61717f49414adfe914d3fa7bc9ded44a

*双子ママは看護師さん:久しぶりに・・・
もう落ち込みました。でも上司の「何もなくて良かった。これで済んで良かったね」っと言われて・・・私は恥ずかしかったです。
http://ameblo.jp/liliaceo/entry-10018635475.html

*ネガティブ看護師の日々の心境:本末転倒<`ヘ´>
やっぱ、救急はある意味やりがいがあるけど、こう人手がいない中やるのはほんっと大変
http://ameblo.jp/orimo/entry-10017884184.html

*准看護師から看護師へ、夢に向かって〜:ケアマネ冥利に尽きる?
意識障害と失語症があって、「うん」しか言わないのに、私が声を掛けると、私の名前だけ言えるからビックリした。
http://blog.goo.ne.jp/rittupe01/e/4247884b794c52c38efab001b379c174

*特養看護師奮闘記:特養看護師は「五感」が重要!
「すごい臭いだ。これはきっと『尿路感染』よ。」と検査結果を待たずとも予想できる。しかし、『断定』は禁物。
http://komurin.blog53.fc2.com/blog-entry-68.html

*看護師の半生:金曜日は、結局、働いてきました。
久しぶりに、声かけし、嚥下状態を確認しながら食事介助していると、やはり自分にはナースが合ってるのかなと思いました。外来より病棟が好きだし。
http://blogs.yahoo.co.jp/marlene0818/22213658.html

*今日までそして明日から〜パート看護師、妻、二児の母〜:警察ですけど
副主任が対応して、私に「守秘義務・・・・・気をつけて・・・・・・・・」と、一言。あ、そっか。待てよ
http://ameblo.jp/spicyitalian/entry-10018423134.html

*ママは看護師("▽"*):やっちゃったぁ〜。
看護長さんに「婦長さ〜ん。やっちゃいましたぁ〜泣 胸がなくって、便器にドボンですわっ」「前にも誰かやったよねぇ〜。ちょっと様子見る?^^」
http://blogs.yahoo.co.jp/kmoa9999/5609322.html?p=1&pm=l

*看護師始めました:今日も同じく…
それだけならいいけど、と同時に、他病棟から応援要請!!患者が強化ガラスを破壊してると…。飛んでいきました!!
http://blogs.yahoo.co.jp/ketalar_mucosta/41176946.html

*悪魔の看護師日記:今日から開始!
精神科なら血を見ることは無いだろう・・・なんて考えて就職したけど大間違え!!!最初の6年間は精神科なのか内科病棟なのか???
http://mami64.at.webry.info/200610/article_1.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月28日 10:17 | コメント (0)

 

介護福祉士

「介護福祉士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月27日収集分=

*介護福祉士喜怒哀楽的日々:走り続けた一日を終えて
転倒注意の利用者さんが、しょちゅう立ち歩いていたので、おにぎり一口食べては飛んで行き、座らせてまた一口食べたら立ち上がって、飛んで行き・・・。
http://pison.blog60.fc2.com/blog-entry-107.html

*笑わせてなんぼの介護福祉士:毎月の誕生会、毎月の季節行事
一緒に地位と質を高めようじゃないか」と野望をもっていたりするけれど、この業界と言うのは「資格」「経験」「職場での働き方」で介護職員の育ち方が全く違うわけで
http://blog.livedoor.jp/zunasea39/archives/51229223.html

*つらいよ!介護福祉士:いろいろありすぎてわかんないや
今日の夜勤は転倒常習の人が夜中に起きてしまって付きっ切りで全然仕事が進まず、挙句の果てに弄便する人までいて久しぶりに怒涛の夜勤でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/akihito_ito_0928/40073288.html

*へっぽこ介護福祉士とウツウツちゃんの日常:問題利用者さんの・・・
その方は今まで5つの施設に入って、どこも1日で退所させられたそうです。しかし、うちの施設で断れば、この人はどこに行けばいいんでしょうか?。
http://blog.goo.ne.jp/ndkazuh4/e/20a7f7753bcb0de9c5f84ffcd420e9e9

*新米介護福祉士:新入居
2時間おきに巡回をし、生死の確認等々していった。6時過ぎになると入居者を起こしていく為、目が覚めちゃうが、
http://blog.goo.ne.jp/tomoko1974_1984/e/c685bd2400eea867bf87aca2180c1ceb

*介護福祉士:介護福祉士の勤務時間〜日勤〜
まず、入居者に対して介護者の人数が足りない。法律的にはたりていても、それはあくまで机の上での計算。
http://kaigoshi.blog49.fc2.com/blog-entry-18.html

*mayu@介護福祉士つれづれ日記:久しぶりの夜勤。
もうすぐ大きなイベント「敬老会」があるので、その準備にも追われていてなかなか大変です。
http://blogs.yahoo.co.jp/minny1222/41120427.html

*はっぴ〜ライフ新卒介護福祉士ガッツ足立のブログ:本日の一期一会
特におそばは皆様かなり楽しみにしていたので私も楽しみになり、美味しそうに食べている姿を見ていて安心したというか、心の中でニヤついてしまいました!
http://gattuadati.seesaa.net/article/25270134.html

*介護福祉士の知恵袋♪:就職
つい先日から 認知症対応の グループホームに就職しました。9人の 入所者が いて 9人プラス 職員の分の 食事も 作らなければならなくて ドキドキ
http://11kaigo.blog71.fc2.com/blog-entry-6.html

*頑張れ介護福祉士:気が付けば社会不安障害
機嫌が良い時はいいんですが、トイレ介助の際、声かけして暴力振るったりして結局二人係で力ずくの介助をしてしまいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/yamato7000/4909463.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月28日 10:14 | コメント (0)

 

MR(医薬情報担当者)

「MR(医薬情報担当者)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月27日収集分=

*MR(医薬情報担当者)奮闘記〜6課の挑戦〜:やったぞ!全国1位だ!
懇親会にて、MR対前年売上アップ額全国1位ということで、番長が乾杯の挨拶をしてくれた時には感無量の気持ちになりました。
http://blog.goo.ne.jp/katumi1013/e/12cdc082e25a25d27097a31e8239a786

*医薬情報担当者:講演依頼
今日、初めて先生に講演の依頼をしました。もちろん上司と一緒に。初めてだったのでどうなるかと思いましたが、何とか承諾していただけました。
http://blogs.yahoo.co.jp/mrmrmed/20596583.html

*医薬情報担当者(MR)って仕事は知ってますか?:達成率99%は・・・
残り1%であるなら、なぜ積める事ができなかったのか!と数字の動きをきちんと把握しろ!なんて怒られます。
http://blogs.yahoo.co.jp/cnsmr1/40756464.html

*人妻MR日記:女性MR(医薬情報担当者)の結婚について
約6年間のMR生活を振り返ってみると、同業者と結婚した女子MRがほとんどですね〜。
http://hitozuma-mr.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_44d9.html

*やちべえのGS日記:ぐにょんぐにょんでした。。。
明日は東京でMR(医薬情報担当者)を対象とした我が社の統一テストが行われます。5教科あって平均で85点以上を取らないと
http://blogs.yahoo.co.jp/yasufuku2000/41948441.html

*バイポーラ(双極性障害)の館 Bipolar Disorder:MR(医薬情報担当者)
さてMRは人気職種で 現在、製薬企業は新卒者に人気だそうで、今では理系学生のトップ100位にほとんどの大手製薬企業が入っているらしい。
http://bipolar.blog57.fc2.com/blog-entry-12.html

*shinchanのブログ:業界国内最大手!
T田薬品のインターン行ってきました。ここでの収穫はMR(医薬情報担当者)についてよくわかったことかな。
http://ameblo.jp/shinchan-32/entry-10016954726.html

*薬の歯車・・。奴隷。構成員ピグblog:製薬の就職 部門別(MR)
主力の薬の無い会社はきついらしい。聞いた話によると、接待したあと、深夜に仕事しに営業所に戻ってる人もいるとか。
http://ameblo.jp/pigmon1102/entry-10016447398.html

*MeCo編集室日記:未経験からMRへ!医療業界でスキルアップを・・
MRは、医療機関へ医薬品の情報を提供・収集。患者さんの健康を支える社会貢献度の高いお仕事なのです。
http://ameblo.jp/e-meco/entry-10015371900.html

*だってキュートなナースだもん♪:某有名製薬会社の名物MR
MRとしての仕事が楽しいのか、人に芸を見せるのが好きでたまらないのかわからない。たぶん、後者だと思う。
http://blog.livedoor.jp/nnnnnurse/archives/50321362.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月28日 10:11 | コメント (0)

 

医師/医者(いし/いしゃ)

「医師/医者(いし/いしゃ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月27日収集分=

*医師による『ゆる〜い』ホンネの医療ネタ:アブねー! 小脳梗塞(6)
夜はゆっくり寝ていてくれー』とか『ある程度は我慢できるなら明日の朝に来てくれー』という医師の痛切な叫びです。
http://tadanobushimada.blog77.fc2.com/blog-entry-22.html

*路傍の医師:路傍の医師
早朝4時過ぎに看護師の足立さんからの電話で起床し診療所へ。連日訪問診療にあたっていたチヨさんが亡くなりそうです。
http://blog.livedoor.jp/robounoishi/archives/50280022.html

*女性医師の呟き:使ってはいけない言葉
大正生まれのおばあちゃまや、ある程度のお年の患者さんに『お迎えが来ますから、待って下さいね』これって、絶対よくないと思う。
http://blog.livedoor.jp/murmur1/archives/50546954.html

*ばってん医者のつぶやきブログ:代理母出産ってどうなんでしょう
私もこれまでに何人か出産時(分娩時)に脳出血を起こした母親を診たことがあるとよ。
http://isyanoblog.at.webry.info/200610/article_2.html

*貧乏医師の日々の苦悩:奴隷医者…
実際僕も勤務時代は76時間連続勤務など月に二回は有りました。60時間越えると自分でも何やっているかわかりません。
http://blog.livedoor.jp/ichirouya/archives/50871615.html

*日本橋で暮らす若手医師の日記:【今日のお仕事】
時給制なので、あまり忙しくても・・・・毎月、赤字にならないように、そこそこ来てくれれば良いと思います。
http://ameblo.jp/tatsuya510618/entry-10009462522.html

*医師という毎日:おもしろ患者
患者家族「お医者さんは、休みなんてあんのかい???」僕「まぁ、あるんですよぉ。。。」患者家族「年中無休かと思っていたよ〜〜〜」
http://blogs.yahoo.co.jp/shio358/3637090.html

*医師の平日と休日:夜中の電話から・・・話が変わります
医療者はやはり、診療能力・技術能力と同様に、さまざまな管理能力・運営能力までを養わなければ、医療全体の競争において、残っていくことは出来ないでしょうね。
http://blogs.yahoo.co.jp/syonensakura/archive/2006/08/13

*下っぱ医師のつぶやき:自分が今おかれている環境
上からはある程度できるものとされ責任のある仕事を押し付けられ、下からは手軽な質問相手として頼られ、やっぱり仕事を手伝わされ…
http://blogs.yahoo.co.jp/saint2000/8269238.html

*ビッキ医師の研修医日記:悲しき薄給
気になる時給ですが…計算しますとほぼ700円/時となります。ちなみに近くのマックでは高校生が680円/時、短大生が800円/時で募集されていました。
http://bikki-doctor.seesaa.net/article/8226502.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月28日 10:08 | コメント (0)

 

福祉住環境コーディネーター

「福祉住環境コーディネーター」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年10月7日収集分=

*資格試験と教育の基礎用語情報:福祉住環境コーディネータとは?
高齢社会が急速に進展する背景のなかで、福祉関連の仕事は今後ますます必要度がアップするでしょう。
http://sikakusikenkyouiku.kiso-tisiki.com/2006/10/post_100.html

*たら・れば日記:福祉住環境コーディネーター2級 <テキスト・問題集>
試験日1週間前に買い、2日間で問題を解きまくりました。個人的に過去問題はできる限り解いていた方がいいと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/run10_6/17464971.html

*福祉住環境コーディネーター :工事完成
施主さんに喜んでいただけることが、業者にとって一番のご褒美です。
http://blog.goo.ne.jp/gooflower_september/e/c96ab0996a44699a74929756c6450d76

*福祉住環境コーディネーターが創る住まい:福祉住の仕事 
パーキンソンは 進行状況によってADLが変化してくるので住宅改修は難しいですね。
http://blog.so-net.ne.jp/east-jyukankyou-fjc/2006-05-08

*福祉住環境コーディネーター:喜んでもらえたら・・・
この仕事はじめてまだ3ヶ月。こんなに感動できる仕事は、いままでなかったなぁ。
http://blog.goo.ne.jp/k-hajime8/e/4b809039bd885fc6cb121eaeb2858117

*福祉住環境コーディネーターとFPのコンサルティングルーム:自己紹介
費用対効果が問われる仕事なだけに効果を期待以上に出すのが我々の義務だと考えてます!
http://blogs.yahoo.co.jp/meiken_home2000/archive/2006/09/01

*芳村幸司の足跡:福祉住環境コーディネーター合格者セミナー
合格をされた直後に様々な可能性を伝えたいという思いがあり、なんとか開催したいセミナーでありました。
http://blog.so-net.ne.jp/yoshimura/2006-10-02

*思い立ったが吉日:資格はあくまでも資格です
福祉住環境コーディネーターの受験者が年々減少しているようです。この資格を取得しても活かせる場が分からないのが理由みたいです
http://blog.livedoor.jp/heart_station/archives/50115122.html

*行政書士の業務日誌〜:福祉住環境コーディネーター
介護福祉医・ヘルパー・社会福祉士やケアマネ、建築士などが、自分の仕事にプラスしてこの資格を生かそうとしているようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/n_ucchii/1401088.html

*ハートもバリアフリーに♪Happyになろうよ:福祉住環境コーディネーター
資格を使って就・転職、キャリアアップを目指すなら、独占業務のある2級以上を取得するのが良いでしょう。
http://blog.goo.ne.jp/hara1215_2006/e/8d5b0f4c821b856516db36e313d0da60

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月08日 07:52 | コメント (0)

 

医療事務

「医療事務」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年9月23日収集分=

*医療事務資格求人派遣:医療事務の仕事とは
実際には、レセプトの業務というのはお金が絡んできますので、資格を取ったばかりの人が、すぐにやらせてもらえることは少ないと思います。
http://iryou.sblo.jp/article/1300269.html

*みぃちno部屋:医療事務として
今のお勤め先でもそうなんですが、事務は他の人が嫌がる仕事もしなければならないんですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/misarinn2185/19597781.html

*医事の世界:はじめまして
医事課の仕事は一般の人から見ると「ただの医療事務か」という偏見もあります。しかし、病院は医事課なくして成立しません。
http://iji-iji.at.webry.info/200609/article_1.html

*アレだよ!!アレ!!…そう!!ソレ!! :む〜うぅ
できたら薬局で働きたいと思っとるんですが…薬剤師さんは医療事務のことを下に見ているらしく微妙らしい…
http://blog.goo.ne.jp/xxkimo_samexx/e/14a4c776c7dd6f0409091aee6ab1b0ce

*仕事って・・・:はぁ・・・
実践して2ヶ月・・・。あまりにも理想と現実が違いすぎて挫折しかけています・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/dokinchan_honey/19666971.html

*アロマとわんこ:医療事務概論01、カルテ管理業務01
総合病院で初めての時に、患者さんの症状を聞いてどこの科に行ったらいいかを選択するのも医療事務の仕事なんだって。
http://blog.goo.ne.jp/aromatherapy_wanko/e/0f173d43a094f3553fb10d44befc175d

*歯科医療事務.com:歯科医療事務の年齢制限
具体的には 院長よりも年上だった。実はこれは不採用の理由としては結構多いと思います。
http://shikairyoujimu.seesaa.net/article/23478466.html

*医療事務、医療保険、求人から機器までおまかせドットコム:医療事務 資格取得は有利?
それだけの力と知識があるということの証明となりますので、医療機関側からの採用判断に有利になるでしょう。
http://medicalmind.seesaa.net/article/23473380.html

*にじままのよろず日記:医療事務講座修了
少なくとも自分や家族が病院にかかった時のお会計が正しいかどうか、とか自分が診療所などの外来で働いていく時などには役立ちそうです。
http://ameblo.jp/nijimama3331/entry-10016782156.html

*私の医療事務記録帳:ホケン終了〜♪
障害母子の請求書内容の印字チェックもあるし、労災患者さんの書類管理の内部処理もあるし、やる事は他にも盛り沢山ですね。
http://ameblo.jp/iryoujimu/entry-10016674904.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月23日 22:30 | コメント (0)

 

柔道整復師

「柔道整復師」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年9月23日収集分=

*歯医者って意外と儲からん:自主退学って
自分が考えていた 柔道整復師像とは違うと言って辞めていくのだが 一体どんな”象”を考えてきたのだろうか
http://blogs.yahoo.co.jp/dentaltk/19988988.html

*くるくる柔道整復師:洗脳
怪我の場合、本来の自然治癒力を使い、治癒に導くのが我々柔道整復師であります。
http://ameblo.jp/utimatasukasi0526/entry-10017282933.html

*創業80年仲野整体スタッフのアメブロ:柔道
そもそも柔道整復術は、柔道の技術の中から、怪我を治す技術だけが分かれたものなのです。
http://ameblo.jp/nakano48/entry-10017002786.html

*柔道整復塾:学の構築
「標準柔道整復学」の作成を目指すのではなく、「柔道整復大全集」を世に出すことが先ずもって取り組む業界の課題のように思う。
http://project-imax.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_2a80.html

*気分前向きpikaな転職:心の不安も同時に回復柔道整復師で体を癒す
解剖学、整形外科学といった専門知識と、包帯の巻き方やテーピングなどの技術を修得し、国家試験に合格して柔道整復師の資格を取得する必要がある。
http://jop-pika.seesaa.net/article/23356620.html

*整骨太郎のひとりごと:対診に用いる文書
柔道整復師は、骨折や脱臼の患者さんに対して継続して施術を行おうとする場合は医師の同意を得る必要があります。
http://blog.livedoor.jp/seikotsu_taro/archives/50399399.html

*走れ!ひかり!!整骨院!!!:私の職業・柔道整復師とは?
整体師とは無資格無免許治療家の通称・便宜上の呼称であり、法令により資格が定められている柔道整復師(接骨師)とは全く異なるものである。
http://blogs.yahoo.co.jp/hikarimedicalseikotuin/18886381.html

*「いっぽ」のつぶやき:整体と整骨院
この国家試験に合格して、厚生労働省の認可を受けて柔道整復師となり、始めて開業できるのです。
http://blog.goo.ne.jp/chi_sanaippo/e/873e5c815b26a495f832997a41e69a5d

*青木晃のアンチエイジング日記:柔整とアンチエイジング
柔整師の資格を持っていると、日本抗加齢医学会認定指導士の資格が取れることも強みでしょう。
http://blog.livedoor.jp/drseye/archives/50691893.html

*ずみずみBLOG:柔道整復師の未来
柔整師でスポーツ経験者は非常に多いので、自分の専門が生かせると活動に大きな張り合いがでますね。
http://yamazumi.blog51.fc2.com/blog-entry-4.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月23日 22:28 | コメント (0)

 

社会福祉士/ソーシャルワーカー

「社会福祉士/ソーシャルワーカー」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年9月23日収集分=

*社会福祉士的LAB:相談員って・・・・
うちの相談室は6人いるんだけど、なんか微妙!みんなただの施設の言いなりって感じ!
http://blogs.yahoo.co.jp/social_work2006/24988088.html?p=1&pm=l

*社会福祉士相談室:最近の相談事情!!
利用者の抱える問題の背景にある家族関係や家族内問題が表面化してきている。
http://blog.livedoor.jp/jun_comcom/archives/50796632.html

*富山県社会福祉士会ブログ:さらに充実させなければ・・・。
介護保険法に書かれていることだけこなそうなんて思っていたら、センターも社会福祉士もいーらないっていわれちゃいますよ!!
http://toyama-csw.jugem.jp/?eid=24

*社会福祉士奮闘記:今日は嬉しかった
でもその10%未満の喜びを感じることができるだけで、仕事は続けていけるものだと思います。
http://blog.goo.ne.jp/koga-mpnet/e/7a80506cc62c345291acf45a908fe6e3

*夢の実現へ きむら社会福祉士事務所:介護サービス情報公表「調査員」意見交換会!
10月からは老健や特養へと調査事業所も変化していきます。更に元気を出して、公正・中立な調査を実施する事を確認しました
http://blog.goo.ne.jp/good1949/e/add22639347eb0d73faebb23f5cab77e

*福まね:効率の悪い仕事をする
こんな贅沢なことはない。非効率で無駄なことは、誰もやらないから、その道のパイオニアになれる。
http://fukumane.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_32c9.html

*すどう社会福祉士事務所:休日は仕事を忘れてのんびりと
何せ自分しかいない事業所なので、気楽に決められます。「独立型のケアマネ事業所ってこんな感じなのかな?」なんて思いながら・・・。
http://officesudo.tea-nifty.com/blog/2006/06/post_1a9c.html

*ひよこ社会福祉士の道:聞いてほしい気持ち
傾聴してるつもりでも わたしの風貌を見て、『共感は得られない』とそう感じたのかな・・ 難しいですね^^;お話を聴くことって。。。。
http://soming.blog58.fc2.com/blog-entry-88.html

*精神科ソーシャルワーカーってどうよ:クリニック内での位置
まぁ一般的には次のような位置づけです。医師>看護士>精神保健福祉士>医療事務員
http://psych.blog51.fc2.com/

*あるソーシャルワーカーのブログ:医療機関のソーシャルワーカーの行く末
業務内容が微妙・・・、なぜかというと、退院援助の部分で、在宅か転院かを振り分けるのは看護師がするそうだ。
http://blog.livedoor.jp/sw_laboratory/archives/50905581.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月23日 22:25 | コメント (0)

 

音楽療法士

「音楽療法士」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。どうぞ、読み比べてみてください。



=2006年9月23日収集分=

*YUKON:退院おめでとう
私はキーボードを弾きながら「おぼろ月夜」を歌った。すると、突然Fさんの口が動き、歌詞らしい言葉を口ずさんだ。・・・鳥肌が立った。
http://blog.goo.ne.jp/protean_yukon/e/fbbf68c414d8145a39421045dbc1ba9b

*音楽療法士・ラッパ吹きの猫:チューニング
言葉が上手く操ることができない認知症のクライアントの方とも、場を切り開いていける…改めてその力を感じたセッションだった。
http://blog.livedoor.jp/tpcat/archives/50688799.html

*Happy Music:大学卒業後・・・
「音楽療法」という分野はまだまだ未開発なもんで・・・飯を食っていけるような就職先はほぼ無いに等しい。
http://blogs.yahoo.co.jp/my_mt006/19134075.html

*sぼちぼちと行ったらええやん(音楽療法にちょっとだけ関係しているような気がするブログ):原点回帰
音楽ってスゴイ。小手先のテクニックや、経験や、理論・・・真剣にクライエントと向き合いたい気持ちには勝りません
http://ameblo.jp/mtbochi2/entry-10015454986.html

*Kantele-Suomiho-Fuga:認知症フロアの音楽療法
一体感と集中力に毎回圧倒されながら、もしかしたらいちばん面白いのが認知症フロアの音楽療法かもしれないと思っている。
http://blog.goo.ne.jp/suomiho77/e/50cee406b594c7db8d6aef38adc1a75b

*tomoppyの『心color♪』:音楽療法〜元気な高齢者
これが 元気な高齢者 なのねっ。対象者によって やり方変える・・・そうか すごいなぁ。
http://blogs.yahoo.co.jp/tomoppy19/18282748.html

*の砂漠で精神科な音楽療法:“音楽療法士の国家資格についてのアンケート”
音楽抜き取った部分での、コミュニケーションのあり方をは考えていく必要も音楽療法士には必要な気がします。
http://d.hatena.ne.jp/sakomt/20060523

*音多歌樂箱 オタカラバコ・音楽療法の待合室:音楽療法士とPAさんの共通点
「出音と鳴りを最良の状態にするための努力」と「いかなる場面でも裏方に徹する姿勢」は、非常にプロフェッショナル。
http://blog.goo.ne.jp/otakarabako/e/46d0a21538f7fe52698d84d2cfa5af2b

*健康ってすばらしい!音楽療法を実践して〜:本日の音楽療法
音楽療法というのは心の領域です。音楽を媒体として心を通じさせていく事だと私は常々思っています。
http://blog.goo.ne.jp/k-pianon/e/f27abf56e2a32593dc09111b6ef802e4

*つぶやき:難しい現状
そうなると音療の先生1人が30人近くにセッションしている。・・・正直これではリハビリ、というよりレクレーションになりかねない。
http://pocopoco.at.webry.info/200605/article_12.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月23日 22:20 | コメント (0)