ワインの世界
blog-headline+

 

山利喜 (居酒屋)

「山利喜 (居酒屋)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年8月22日収集分=

*ブラスの響き:居酒屋「山利喜(Yamariki)」【東京・森下】
豚の各種焼き物であるが、焼き鳥の感覚で、基本的に塩焼き。これもなかなか旨い。日本酒やワインにもこだわりがあり、若い者も気軽に行ける
http://brass-sound.at.webry.info/200608/article_11.html

*abeckham@izakaya:くさやが繋ぐ、懐かしい記憶
フレンチで修行した3代目ご主人のエスプリが光る。もつ煮込みもここに極まる、か。隣のテーブルのお客さんがワインを飲んでいるのも頷ける。
http://blog.goo.ne.jp/abeckham_2006/e/7c8d7961247badd6919df8ad90b4776c

*この世に雲呑(わんたん)がある限り:山利喜@森下でモツ煮込み
そのほか、なすのぬか漬けやら、焼きトンやらを食べ、ワインを飲んで、2人でおなかいっぱい、1万円ちょっとでした。
http://hiroponwantan.seesaa.net/article/22172322.html

*SAKEBURO:日本酒と、煮込みと
ワインやブーケガルニを使ってでじっくり煮込まれているらしく、食べた事のある煮込みとは全く違う味と食感。何より驚きは、ワインが置いてある
http://10423.jp/sakeburo/2006/08/post_2.html

*できる大家空室対策1000の知恵出張所:異業種の経験
ご主人がフレンチ出身だとか。確かに、鶉の焼いたのや、生ハム、チーズの盛り合わせなど普通の居酒屋さんには珍しいメニューも。
http://hiroponooya.seesaa.net/article/22165112.html

*グルメ貧乏流れ旅:食い倒れ
焼きトンもおいしかったし、居心地良かった!ガーリックトーストは2回頼んじゃったし、お土産にあげたビンまであけて食べちゃった。
http://blog.livedoor.jp/akaham/archives/50530553.html

*世の中いろいろあります:山利喜の煮込み
煮込みと一緒にガーリックトーストなど注文して、煮込みを食した後の残り汁をつけながら戴くと、もー最高ってわけです。
http://blogs.yahoo.co.jp/rockwell5429/15652000.html

*赤・黒・黄色のひとりごと:[食12【東京その他】]森下 山利喜
いつものごとく適度なザワツキと店員さんのキビキビした動きが見事なBGMになっております。珠玉のツマミを肴に“爽やかな赤提灯”を楽しみました。
http://d.hatena.ne.jp/kon-kon/20060727/p1

*ryoume's Bar:山利喜@森下 → BAR DUMBO → BAR BODEGA
写真は、煮込みの残り汁に、やきとんをつけ込みつつ、ガーリックトーストで汁をすくいまくっているKの手です(爆
http://ameblo.jp/ryoume/entry-10015156710.html

*たまに記すBlog:下町の大衆酒場 山利喜
皆が飲んでるもの見てるだけで楽しい 私らの飲み物は、焼酎かワインかで迷いましたが、結局ワインに。。3種類持ってきた中から選んだのはこのワイン
http://ameblo.jp/yomas2527/entry-10014483298.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年08月23日 21:55

■コメント

コメントしてください




保存しますか?