ワインの世界
 

ボンモルソー(ビストロ:フレンチ)

「ボンモルソー(ビストロ:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月30日収集分=

*ナイトキャップ:ビストロランチ!
私はここのパテが好きで今回もオードブルに「パテドカンパーニュ」を。日本名田舎風パテなんですが、豚肉にハーブとかの香り。白ワインがぐんぐん進む
http://blogs.yahoo.co.jp/sklovemtlove/37612583.html

*トモスケ日記:六月の京都
それがこのレストランとっても小さいのにめっちゃ可愛い!!!まさにウチの好きな空間!!!
http://ikuchama.exblog.jp/2496547

*ひさおの独り言:いろいろと
なんか安くておいしいと評判やって行ってみたかった。 値段、ボリュームとも良かったです、流行る理由はやっぱあるなぁ。
http://blog.livedoor.jp/hk_station767/archives/50630673.html

*チェブ子がゆく〜うまうまレーダー発信中〜:ビストロ ボンモルソー
路地裏にあるこぢんまりとしたお店ですが、私達のあとから次々とお客さんがやってきてあっという間に満席になってしまいました。知る人ぞ知る有名店
http://chebuko.exblog.jp/3198208/

*サンコさんの気になる3食:食べ合わせの新公式
キッシュの中にパテを入れてみたのは「ボンモルソー」のキッシュに入っていた「豚の血のソーセージ」のアイデア。
http://blog.goo.ne.jp/35sanko35/e/7bbbef43a9e53508e189a8c5397cbc4b

*京都やすくんの食べ歩きガイド:ビストロボンモルソー
若いご主人とパティシエの奥さんがされているこじんまりとしたお店です。奥さんが主にサービスもされていて物腰の柔らかい方でした。
http://u.tabelog.com/00011424/r/rvwdtl/71578/

*RELetc:E: ビストロ ボンモルソー(河原町) 品の良いビストロ
こぢんまりとした店構えは良い感じです。品の良いビストロ、という感じ。外から見ても狭そうなのは容易に想像できますが、入ってみると本当に狭い。
http://dk01.blog29.fc2.com/blog-entry-174.html

*サンコさんの気になる3食:ニース風サラダ対決
昨日 ボンモルソーでニース風サラダを食べた瞬間から明日はコレ!!ってひそかに決めていました。
http://blog.goo.ne.jp/35sanko35/e/f3434bdde3b70b10aa218cedad366b95

*サンコさんの気になる3食:ボンモルソーでプロの味っ
フレンチを食べに行きました。行き先は 御幸町と寺町の間、六角と蛸薬師の間にある「ボンモルソー」です。
http://blog.goo.ne.jp/35sanko35/e/988550a3af71d8303dda4d1a91824956

*A la recherche du pain perdu:ビストロ・ボンモルソー
どんなのが出てくるのかなと思ったら、出て来たのはアッシ・パルマンティエ(^^)。ポピュラーなフランスの家庭料理だ。
http://bishoku.air-nifty.com/pain_perdu/2006/04/post_9d67.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 23:31 | コメント (0)

 

ラ・マリー・ジェンヌ(ビストロ:フレンチ)

「ラ・マリー・ジェンヌ(ビストロ:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月30日収集分=

*青山に住むおきらくフリーランスの日常:ビストロ・ラ・マリー・ジェンヌ
オープンした1年前?は予約が取れないほどだったらしいけど、今は落ち着いたみたい。量も多くて味も良いし、彼が選んでくれたワインもおいしかった。
http://majolicablue.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_1548.html

*T.JACKが手酌で斬る。:居酒屋のようなビストロ『ラ・マリー・ジェンヌ』。
ワイン初心者も気兼ねなく呑める雰囲気があるこの店は、500円、1000円台の前菜が多く価格的にも安心です。写真は珍しい「鮎のコンフィ」
http://www.doblog.com/weblog/myblog/53927/2620625#2620625

*とまとのため息:ひさびさのフレンチ
フランスワインがメインで、それ以外の国のものはほんのわずか。フランスの産地は一通り揃っているので、お食事に合わせて選べるよ。
http://blog.goo.ne.jp/taurus712/e/3fea68bf2db541ac23002ae4b7917453

*A tes souhaits ! :おしゃべり
日本にこんなビストロがあったとは。二人とも呑ん兵衛でよかった。美味しいワインとまたまたしゃべりまくりのひととき。
http://blog.goo.ne.jp/runrun-journal/e/a34ac30d365f4d2c190c988155225d6b

*うきうきみみ日記:ワインが豊富なお店
ワインがものすごく豊富らしく、「ワイン好きにはたまらないお店だなぁ」なんて思ってしまいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/oyasu_mimi/36278024.html

*女王様の日記帳:ワインと花束
驚くほど豊富なワインの品揃え。3800円からと手軽なものも何十種類もありました。写真のお料理はは鴨のロースト。味は本格的なのにまさに「ビストロ」
http://d.hatena.ne.jp/sumi0627/20060424

*百八:[外食] La Marie Jeanne
軽い食べ物とワインで楽しく過ごす。最後に呑んだマールがとてもおいしかった。コニャックほど繊細だったり豊かだったりはしないのだけれど
http://d.hatena.ne.jp/one_oh_eight/20060407/1144382196

*神楽坂日誌:銀座でワイン【仏】ラ・マリー・ジェンヌ
お手頃なワインが並ぶカジュアルなワインビストロ。銀座東武ホテルの近くのビルB1Fとちょっと分かりにくいところですが、落ち着いて飲めるいいお店
http://sinra.exblog.jp/1159462/

*フォン・カラヤンの山荘にて:ビストロ ラ・マリー・ジェンヌ (銀座)
当夜は、ちょっと高めのブルゴーニュはFixinの8900円の赤をソムリエ氏のお薦めで飲みましたが、期待に違わぬ爽やかさと味の濃さで大満足。
http://lovenmusic.exblog.jp/1021369/

*漢(オトコ)の粋:La Marie Jeanne 〔ラ・マリ−・ジェンヌ〕 (銀座)
ヒゲがいい感じに手入れされているソムリエが、さりげなく「こちらの方が合うと思うので」と白ワインをグラスで差し出してくれた。
http://blog.livedoor.jp/kyah2004/archives/14749259.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 23:27 | コメント (0)

 

ル・トランブルー(ワインバー)

「ル・トランブルー(ワインバー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月30日収集分=

*Churos Cafe ekka-diary-:戦友との週末
お昼は立ち食い蕎麦屋さんと聞いていたのでついついお店の方に「何時からモード切替なんですか?」とか聞いたりして(3時くらいからとナイスな返答)
http://churos-cafe-ekka.seesaa.net/article/19519773.html

*e-room オフィシャルブログ:ワインバー 「ル・トランブルー」
どこから見てもワインバー、お蕎麦屋さんの雰囲気などまったくありません。どうやっているのかしら???と興味しんしんの私。
http://blog.goo.ne.jp/e-room/e/ec94ac9d36bf0c832213e0af690ec1fa

*O・to・me 想ふ…:ル・トランブルー神楽坂
お料理もどれをとってもおいしい。私はトマト系のお料理が大好きなので、鶏と白いんげんのトマト煮込みがお気に入り。
http://otome.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_79f6.html

*リークリのグルメ部ログ:ル・トランブルー@飯田橋
ワインバーに変身する。といっても、お蕎麦屋さんの雰囲気はまったくせず、どっからみてもおしゃれなワインバーで、BGMはジャズ。
http://ameblo.jp/kosung/entry-10011956478.html

*迷ったら書け!:ル・トランブルー
もともと蕎麦屋だったのを、息子さんが夜はワインバーで使わせてくれと頼んだらしい。というわけで気軽に行ける感じの店だし結構込んでいた。
http://goifyoulost.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_dffe.html

*美味しいワインを求めて・・・:ル・トランブルー
どんなワインが飲みたいか、相談すれば意に沿ったワインが出てくるのが◎です!もう少し、お店が広く、ゆったりできたら良いなと思います。
http://u.tabelog.com/00014431/r/rvwdtl/76457/

*Churos Cafe ekka-diary-:おさしぶりのはっちぇけ花金
アンチョビがいいアクセントでワインが進む進む。あっいつもすすんでます。最後のほうにチーズ盛り合わせをいただきました。
http://churos-cafe-ekka.seesaa.net/article/20205845.html

*飲んだワインは覚えておこう♪T:神楽坂 「ル・トランブルー」・・・
グラスワインは、200円代から、赤白それぞれ5種類くらいあった。サイゼリヤ並みの安さ。しかも、お味も良い。素晴らしい〜〜★
http://blog.goo.ne.jp/ka-nax55/e/0d2f301403e5d0f1e01424ec679fe3a2

*ふろっぐ☆ふろっぐ:ル・トランブルー(ワインバー@神楽坂)
い、いいかも・・・・・!ワイン好きさんが集まるようで、隣に座った中年の女性もソムリエさんとずうっとワイン話。
http://kaershow.exblog.jp/2988563/

*五月晴れ:食べ歩き・神楽坂「ル・トランブルー」
ワインを1本たのんでもそれほど高くないですしグラスワインもお手軽なものがたくさんありますのでちょこっと飲むだけでも気楽に行けます。
http://satsuki.cocolog-nifty.com/satsukibare/2005/08/post_8aa6.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 23:25 | コメント (0)

 

レ・プレ・ディル・マルジュ(ビストロ:フレンチ)

「レ・プレ・ディル・マルジュ(ビストロ:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月30日収集分=

*Luxeか?新婚生活:代官山でフレンチ(夕ゴハン)
代官山にあるフレンチLes Pres d'Ile Marge(レ プレ ディル マルジュ)でお食事してきました
http://blog.livedoor.jp/deepbluepiano/archives/50729104.html

*美味しい楽しい東京一人暮らし:代官山 「Les Pres d'Ile Marge」
こちらのお店、雰囲気もお料理もよいんですけどね。なんだかいつも空いているのが気になる・・丁寧なお料理でワインの品揃えも多くて私は好きです。
http://blog.livedoor.jp/arie787/archives/50751793.html

*色から始まるLa・La・LaのLa〜♪:レ・プレ・ディル・マルジュ
人気フレンチだった『オコションローズ』がビストロに生まれ変わって、この『レ・プレ、、、』だ〜っややこしい店名になったんです。
http://blog.livedoor.jp/originalcolors63/archives/50621229.html

*毎日OPEN ”はちみつ食堂”:ママのお誕生日祝いは恵比寿の・・・
マダムとはサービスをしてもらいながらいろいろなお話をしたりも出来、とても素敵な東京の夜を過ごすことができました。
http://esapon2525.exblog.jp/2474794

*Take it easy!!:コードドール =白金高輪=
赤ピーマンのムースは恵比寿の「オ・コション・ローズ(今はレ・プレ・ディル・マルジュという名前に変わったようです)」で初めて食べて大好きに
http://blog.goo.ne.jp/allaround16/e/6ff75c07b48fa810b3e8cb7ce4f2feb0

*素敵を求めて:クリームバスを体験
「レ・プレ・ディル・マルジュ」でランチしました。代官山はあまり、来ないのですが、素敵なお店がたくさんあるようで、また、来たいなーと思いました
http://blog.goo.ne.jp/laby077/e/24850788ff745df0bb0de89e621db81b

*tanたんの「死ぬまでうまいもん、あと何回?」:オスピス・ド・ボーヌ・・・
井上シェフの繊細な料理も良かったのですが、今日はこのボーヌの印象が強かったなぁ〜。さすが、ドメーヌ物とはいえ、ルロワはおいしいなぁ〜^^
http://tann.exblog.jp/1917914

*オサルノビタミン:『レ・プレ・ディル・マルジュ』でクスクスランチ
代官山へおつかいにでかけたら、お腹が空いてきたので、クスクスが美味しい『レ・プレ・ディル・マルジュ』でランチをすることになりました
http://blog.livedoor.jp/osarunobitamin/archives/50637362.html

*Nawow's real life:Les Pres d'Ile Marge@恵比寿
ワイン仲間のMさんから「シャンパンでも飲まない?」とのお誘いコール☆喜んで!といそいそと恵比寿へ。飲みなおしだい!
http://nawowfla.exblog.jp/4505433

*品川・恵比寿ランチ日記♪:レ・プレ・ディル・マルジュ クスクスのランチ
こじんまりした店内。ヴェネチアングラスのシャンデリアがかわいいです。右奥にも個室風のテーブルあり。
http://cremedange.exblog.jp/2006601/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 23:22 | コメント (0)

 

銀座スペインバル(スペインキッチン&バー)

「銀座スペインバル(スペインキッチン&バー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月30日収集分=

*Music Poisoning 音楽中毒:パエーリャ、YENI RAKI(ラキ)、酸辣湯麺
釜焼きピザが混んでた日に銀座スペインバルにて蛸のパエーリャ。おいしいと思ったら月島スペインクラブの姉妹店でした。
http://happymusic.exblog.jp/3929211

*Del Amanecer:Vamos a ir al bar ! 〜スペインバルに行こう!
カウンター席も銀座より多い。メニューは同じかな?月島や銀座もだけどここの料理はおいしい。はずれはない。うん、どれもおいしかったね。
http://blog.goo.ne.jp/angelita-4/e/b1f3da6d7e86e0eb50df512071d38d89

*さわじの時間:銀座スペインバル
銀座でとっておきのお店「銀座スペインバル」に連れて行った。運営会社が、スペインの食材を輸入している会社ということもあって、ハモンも種類が豊富
http://blog.livedoor.jp/sawaji55/archives/50257262.html

*B級グルメ会:銀座スペインバル
銀座にあるカジュアルなスペインレストラン。スペインの街角にある様々なバルを基本に創り上げられたお店とのこと。
http://blogs.yahoo.co.jp/tortoiseob97/36472768.html

*Gourmet - Z:銀座スペインバル
ワインに関してもコストパフォーマンスに優れたものが多いので安心.種類が少ないながら,シェリーも数種類用意されており食前酒・食後酒として
http://gourmet.zatsubako.main.jp/?eid=318467

*ちいさなしあわせDiary☆:銀座 スペインバル
カジュアルで活気がある感じのお店で店員さんもスペイン系の方やそれ系の血が入っているような方が多いです。
http://ameblo.jp/himemomo/entry-10013192570.html

*おいしい気持ちとやさしい毎日:■[おいしい] 肝臓の叫び
店内はスペインムードたっぷり!スペインリーグのユニフォームが飾ってあったり、生ハムが何本もぶらさがっていたり。
http://d.hatena.ne.jp/yukodog/20060419#p1

*☆*:・゜ Que sera, sera  ★:*:・Whatever will be will be ♪:銀座 スペインバル
スペイン語が飛び交い、陽気な雰囲気はまるでスペインさながらカウンター(雨にもかかわらず満席)で食べるのもスペインぽいしねhttp://ameblo.jp/banetto713/entry-10011233234.html

*たびぶくろ:バル
オマール海老のパエジャ。パエジャはこのほかにもいくつか種類がありました。とにかくおっきい!
http://unagiinu06.exblog.jp/4202519/

*ソロ活動 in TOKYO:銀座/銀座 スペインバル
ここはかなり気に入りましたー。銀座でゴハンって時はオススメです。しかし予約しておかないと多分入れません。
http://libertines.exblog.jp/3423554/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 23:17 | コメント (0)

 

エル セルド EL CERDO(カジュアル スパニッシュ)

「エル セルド EL CERDO(カジュアル スパニッシュ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月30日収集分=

*の内OL的ライフスタイル♪:☆丸の内OL☆スペインバル@EL CERDO
watashiの周りで評価が高いお店です。最近流行りのスペインバル系ですけど、テーブルのお席で、ゆっくりディナーを満喫させて頂きました!!
http://ameblo.jp/marunouchiol/entry-10014996157.html

*明日天気になぁれ! 潤のつれづれなるままに・・・:イベリコずくし!
イベリコの入った一口コロッケ・・・。挙げたらきりがないほど。あ、ここのスパニッシュオムレツもいけるよ☆彡ちゃんとカヴァも常備。
http://blog.livedoor.jp/ymotojun/archives/51036660.html

*負け犬予備軍の日記:またまたエルセルド
銀座、昭和通り沿いのスペイン料理屋。お気に入りです。マッシュルームの生ハム詰め。写真が暗くてスミマセン。
http://ameblo.jp/star-mm/entry-10014790488.html

*kimono-cq:スペイン料理
イベリコ豚のソテーやわたり蟹のパエリアなどかなりおいしいお店でした!イベリコ豚、うまいな〜。
http://kimonocq.livedoor.biz/archives/50232273.html

*負け犬予備軍の日記:楽しい夜
銀座、昭和通り沿いのエルセルド というスペイン料理屋さんにて。立ち飲みもできるバル風な感じ。
http://ameblo.jp/star-mm/entry-10013648487.html

*美しく・・そして贅沢に:銀座 EL CERDO
タパスも低価格でおいしい。“カヴァ”をごくごくと飲みサングリア→赤ワインと各計5杯くらい飲んで1人¥5000位
http://ameblo.jp/kanako-y/entry-10013293085.html

*Hoapili Riro:イベリコ豚
お店は満員でまわりがワイワイガヤガヤうるさっかったけどイベリコ豚のパテなどほどよく油がのっていて美味しかったです。
http://hoapili-riro.at.webry.info/200605/article_6.html

*酒と築地と肴と料理:spanish grill EL CERDO
Korean deli and obento KIM'S KITCHEN 月島店も手掛けたイヴォークデザインさん監修とのこと。イベリコ豚の炭火焼きが売りだとか。
http://stcs.exblog.jp/3363919

**芙蓉のぶつぶつ日記*:★スペイン料理「EL CERDO」★おいしっかた〜!!
築地からの新鮮な魚介類やお野菜を使った季節のおすすめメニュー等種類もいろいろあってどれにするかとても悩みました。ワインはもちろんスペイン産
http://blogs.yahoo.co.jp/fyounohana/3206264.html

*lifecycle.com:エル・セルド(銀座一丁目)
マッシュルームの鉄板焼き、ハマグリと白アスパラガスのバター蒸し、イベリコ豚のソテー、蛸のガリシア風です。これにパン、グラスワイン2杯で8000円
http://giraffe-eye.seesaa.net/article/16927448.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 23:12 | コメント (0)

 

グレープ・ガンボGrape Gumbo(ワインバー)

「グレープ・ガンボGrape Gumbo(ワインバー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月30日収集分=

*ねこ大好き。:校庭にスケートリング−グレープ・ガンボにて
ここはワインバーだけど、しっかりした料理が楽しめるし、落ち着いてるけど気取ってなくて、仲間同士でわいわい楽しめるざっくばらんな雰囲気がいい
http://ackelyman.typepad.jp/blog/2006/06/post_cfef.html#comment-440535

*ソラマメ子の成長日記:Grape Gumbo(グレープ ガンボ) @銀座
お店に入ると少し薄暗い店舗に外国のお客様一杯英語の会話が聞こえてきたり・・・ここは先輩のお気に入りのお店なので、メニューも先輩のお勧めを伺う
http://blog.goo.ne.jp/bell-bless/e/137661635008c7be92b2badf9d82bb82

*日日是晩酌:ケダモノたちの晩餐!だったのだが…「Grape Gumbo・・・
ウニだのおさかなだのが入ったゼリー仕立ての前菜を取って、シャンペーンを一杯。お菜の味わいは、相変わらず「力強い」
http://u.tabelog.com/sundowner/r/rvwdtl/22213/

*zeytin ve peynir:グレープ・ガンボ/銀座
二人でも良いけど、たぶん大勢で行くともっと楽しいと思います。とにかく料理の盛りがいい!幾つか頼もうとしたら、止められます。二回も止められた。
http://blog.livedoor.jp/zeytin/archives/50903752.html

*すねぼうの日記:[レストラン]久々に大人らしく銀座へ
料理にボリュームがあるので、それほど高いとは感じません。どれもガツン系のしっかりした味付けで、はずれなしです。
http://d.hatena.ne.jp/sunebouzu/20060523#p1

*秘書OL☆飲食遊日記:Grape Gumbo
いちばん好きかも!なんだか落ち着くんですよね〜。いつもワインを2本+グラスで2、3杯飲んでしまって4時間くらい長居してしまう。。
http://ameblo.jp/amarett/entry-10012745773.html

*ヨーロッパワイン紀行と酒中日記:ブルゴーニュワインと料理
ワインがあれば料理は美味しくなり、そして食卓の雰囲気も華やかになる。銀座三原橋小路にあるGrape Gumboはこの欲求を充たせてくれた。
http://winesketch.exblog.jp/2155534

*だっちなブログ:梯子酒
だから今回は“ワインバー”使いとして行ってみた。「もう結構飲んで来てるので」 と言って白のアルザスを注文。テーブルはワイングラスだけになった。
http://ikekumi.seesaa.net/article/17686727.html

*wine_archives:Chateau Yvonne
約半年ぶりにグレープ・ガンボに行ってみた。飲むワインは行く前からほぼ決めていた。シャトー・イヴォンヌの白の上のキュヴェLe Gory。
http://petway.air-nifty.com/wine/2006/04/chateau_yvonne.html

*ふもふも日記:グルメふも
「グレープ・ガンボ」ってワイン居酒屋さんに行ってきたよ。シェフが「ひらまつ」ご出身らしく、お料理はほーんとに美味しかった。
http://ameblo.jp/fumoginza/entry-10011519221.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 23:07 | コメント (0)

 

ヴィノリオVINORIO(イタリアン)

「ヴィノリオVINORIO(イタリアン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月30日収集分=

*Bouquet of Happiness:VINORIO
21時あたりからちゃんと始まったので、↑このメインの「幻霜豚」にたどり着いたのがたぶん23時過ぎ。
http://blog.livedoor.jp/fumi_mi/archives/50573607.html

*日本酒が旨い!天狗舞 白山市の酒蔵蠎崑深鯊ぁ\賁海梁元日記:Vinorio
コンセプトが「気軽にイタリアンワインと料理を楽しむ」というだけあって、マローネが基調の小ぶりの落ち着いた店内と美味しいお料理のお店です。
http://sakagura.exblog.jp/3392344/

*「おいしい」「楽しい」「くだらん」をムサボる。:すばらしい空間。
隠れ家感がすごくあって、空間も開放的でスバラシイ!カウンターがあるイタリアンだとかフレンチが僕は大好きだから、その点でもポイント高し!なのである。
http://blog.livedoor.jp/mitsumitsuhirohiro/archives/50632123.html

*鴨が行く ver.BLOG:多いぞこりゃー
「VINORIO」に初見参。四谷三丁目「Enoteca NORIO」の2号店です四谷三丁目からお世話になっているマネージャーの伊藤さんにも、久しぶりの再開。
http://blog.goo.ne.jp/ma-kamo/e/ff32b49efa6f8d2c038685fcfafce1d0

*ココン通信:VINORIO
あらかじめちゃんと二人でシェアするように盛りつけてくれるところが好感が持てる。グラスワインの種類も多く、いろいろちょっとずつが可能な店。
http://hinafish.exblog.jp/5154635/

*くに飲み:非国民でございます。
ワインが飲みたいと申すので「ヴィノリオ」へ 客ゼロ カメリエーレ・イトウ氏とシェフ・オオノ氏も交えて談笑 ワインも超廉価
http://d.hatena.ne.jp/kuni34/20060612

*みごろ、よみごろ、しらべごろ:イタリア・レストラン Vinorio
伊藤さんと大野さんの珠玉の店。心意気とてもよし、美味しいし、コミュニケーションは四谷三丁目よりsmooth。
http://cocolog-yoshi.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/vinorio_65bd.html

*ワタシの脳ミソ:結婚が遠退く二人
よく銀座に来る人にならむしろ知ってて欲しいなって思うので。しかも、銀座の並木通りお勤めなのできっとこれからも使ってくれるでしょう。
http://onekey.exblog.jp/3835637

*ワタシの脳ミソ:銀座「VINORIO」
松坂屋の2本裏です、良ければお買い物の帰りなどにお使いいただければと思います。ワインが本店同様おいしいです。
http://onekey.exblog.jp/3807577

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 23:02 | コメント (0)

 

エノテカ・ノリーオ(リストランテ:イタリアン)

「エノテカ・ノリーオ(リストランテ:イタリアン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月30日収集分=

*Ragazzone 〜焼酎日記〜:肩こりで気持ち悪くなり..
仕事を早く切り上げて、妻と四谷のエノテカ・ノリーオへ。ワインで肩こりをほぐした。飲んだワインは、サン・ミケーレ・アッピアーノ
http://blog.livedoor.jp/il_ragazzone/archives/50484129.html

*mimosa d'Or:癒しの一日
シェフがこだわったお野菜やチーズが食べられるのはもちろんのこと「禁煙」というのもポイントが高い。
http://blog.livedoor.jp/mimosato/archives/50462745.html

*がんばれハニー:今日からはじめたよ
四谷のエノテカ・ノリーオに行って結婚記念を祝ったのだ。帆立と菜の花のリングイネ,ラグーソースのパスをいただきました。うまうまでした
http://blog.goo.ne.jp/honeyfight/e/a379a9ae5b015f7a390ace29d7dd24ed

*碧空の彼方 -Aozora-:エノテカノリーオ
前回ちらと見た印象ではもっと広いイメージだったのだけれど思っていたよりも こじんまりとした感じ。
http://blog.goo.ne.jp/aozora1204/e/57990e8c7094b5eab4fe729563be234a

*目指せ!!キラキラ★ライフ★:エノテカノリーオ
夜は四谷のエノテカノリーオへ。今回も当たり ちょっと、塩気が強かったけど、許容範囲内。ま〜お料理ははずれなかった。
http://blog.livedoor.jp/ktrnad110/archives/50730034.html

*e-room オフィシャルブログ:エノテカ ノリーオ (2)
お料理、接客、雰囲気すべてがほどよいバランスでとても心地よいお店。下にバーがありウェイティング用にまた、食後酒をいただくのにもちょうどいい
http://blog.goo.ne.jp/e-room/e/a8575aa9280a84b7c743ccccdf89e6ab

*黄金のフン伝説:お祝いの美食
こちらのお店の自慢である「吉田牧場のモッツァレラチーズ」。有名なチーズのため品薄で、なかなか味わえない一品だとか。
http://pon-kumablog.seesaa.net/article/16606193.html

*アラジンのごはん日誌っ2:「エノテカ  ノリーオ」新宿区愛住町9−5  筍毅坑隠后檻横牽横
ベランダがあるのでこれからの季節ワインと食事をじっくり味わいに「食いしん坊仲間」で再来したい店です。
http://sokosoko62.exblog.jp/3388889

**ambrosia* gourmet diary: 「エノテカ・ノリーオ」
その甲斐あって、もしくはワインについていつもしつこく質問するせいか、ソムリエさんが私の顔を覚えていてくれた。
http://ambrosiagd.exblog.jp/2510954/

*Our Happy Life:エノテカ・ノリーオ Italian Christmas Dinner
大満足♪斎藤シェフも各テーブルご挨拶してました.勿論,私たちのテーブルにも.ドルチェ&カフェ込みで6,000円,しかもおいしい!
http://chocotarte.exblog.jp/200271/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月30日 22:57 | コメント (0)

 

アマポーラ(スペイン料理)

「アマポーラ(スペイン料理)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月28日収集分=

*イマン生活:明日はひさびさっ
ここのお店はこんな風にいろんな味のパエリアを一緒に作ってくれるんです。美味しいオリーブをつまみながらのサングリアは格別〜http://blog.livedoor.jp/yasukoimane/archives/50354880.html

*集刊実話:新宿「アマポーラ」
全体的な味としては、スペインらしさを守りつつ、日本人の感覚にも合わせてる、って印象。だからスペイン料理初心者にもおすすめ。
http://yotaro-san.at.webry.info/200607/article_10.html

*@新宿で〜す:新宿 スペイン料理
ちょっと小腹がすいた時でもカップルでディナータイムといつでもスペインを楽しむ事の出来るお店、時間帯によってはフラメンコショーもやってるよ☆
http://shinjuku2.jugem.jp/?eid=250

*こけ丸・コロちゃん日記☆ 〜No Day But Today:スペイン料理「アマポーラ」@池袋
テキパキと対応してくれる良いお店でした.味も盛りつけも、丁寧な印象を受けました.街角のちょっとしたスペイン料理店よりはオトナな感じの味でした
http://blogs.yahoo.co.jp/abe99999/12352409.html

*みらのの日常:スペイン料理〜♪
パエリアおいしいし、カジキマグロのソテー アンチョビクリームバター添えも最高〜なんともバターが効いて・・
http://ameblo.jp/milan-cancan/entry-10014388895.html

*ウイスキー:うまい!安い!スペイン料理
料理にもワインにも、味、量ともに満足していたのでこのコストパフォーマンスの良さには感心してしまった。
http://blog.goo.ne.jp/akira-ku/e/e0fe353339b74185f0b58cb94dc52cc9

*梅杏亭(めいあんてい):ねもねも
すっごく美味しかった…。ワインをボトルで頼んで、チーズつまんだりパエリア食べたり、何かワイワイ話しながらあっという間。
http://blog.goo.ne.jp/meyane/e/28450fba555eb7f44209209277a929f4

*気ままな毎日、大切な毎日:すごい友・・・
アマポーラというスペイン料理店でサングリアとチーズの盛り合わせを食べ・・・。もうお腹いっぱい食べまくりました!
http://kimama-taisetsu.cocolog-nifty.com/mainichi/2006/06/post_931b.html

*おもいっきり日記:スペインワイン
まったくの無知でしたが、後で調べるとリオハ(RIOJA)の赤は、スペインワインの中ではピカ一のようで、ま、王道を行ったということかな。
http://blog.livedoor.jp/abc77ec/archives/50195782.html

*☆プチマダムへのみち☆:スペインの夜★
もちろんワインもスペインワイン 『グラン・ソルベイラ・コセチャ』というワインです。ラベルがアートっぽくてラテン系?軽い発砲性があって飲みやすかった。
http://blog.livedoor.jp/sakuramochi1017/archives/50605274.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月29日 21:29 | コメント (0)

 

ビスティーズBisty's (ワインショップ&ブラッセリーバー)

「ビスティーズBisty's (ワインショップ&ブラッセリーバー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月27日収集分=

*◆海とワイン◆:表参道ヒルズ BISTY'S
目玉的ワインとして、マルゴーやラフィット、コント・ラフォンのムルソーやアメリカワインのインシグニアなど(☆o☆)なワインもありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sea_bass_get/37874814.html

*フレンチ日記:ワインショップ&ブラッセリーバー ビスティーズ BISTY'S (表参道ヒルズ)
プリペイドカーを作って、お金をチャージして、 ワインマシンの中から飲みたいワインを選び、量に応じたボタンを押して自分でワイングラスに注ぐ
http://blog.livedoor.jp/luliecross/archives/50390687.html

*ヒコの東京散歩:表参道ヒルズ
俺流の楽しみ方は、「BISTY'S(ビスティーズ)」に行き、ワインを飲んでほろ酔いでショップを見ながらセレブ気分を味わうことです。http://tokyosanpo77.seesaa.net/article/19238998.html

*Y.L.F.:高級ワインちびりちびり
面白いですよ。 私は1万〜くらいのものを、少量づつちびりちびりと花の蜜でもすうように味わって飲みました。美味!
http://ameblo.jp/serpent52fr/entry-10012494201.html

*夜の町田情報:ビスティーズ
表参道ヒルズの地下にある、Busty's(ビスティーズ)。なんと、ラフィットやオーパスワンがグラスで飲める。かなりの種類のワインが飲めます。
http://ameblo.jp/henri-jayer/entry-10012235609.html

*drmarのメモ:「BISTY’S WINESHOP & BRASSERIE BAR」(ビスティーズ) @ 表参道ヒルズ
このお店は、プリペイドカードにお金を仕込んで、専用のディスペンサーで欲しい分だけワイングラスに注ぐというものです。
http://drmars.blogdns.net/blog/108

*酔いが醒めたら:酔いが醒めたら
常時約80種類のワインがテイスティングできるそのお店は、自動販売機みたいな機械に、飲みたい量のボタンを押すと、その量だけ、ワインが出てくる。
http://blog.goo.ne.jp/rin_mayu/e/06ac6e887fbb92faadcd1f5270e997dd

*猫背大好き★:表参道ヒルズ
素敵なお店で、ワインを試飲している方が沢山居たよぉ(#^.^#)このお店はヒルズ本館地下3階、階段を下り切ったら右手にあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoizumi2nochan/33952856.html

*Weblog喫茶 モンブラン:表参道ヒルズで回遊魚になる
こんな感じで、皆さんがんがん飲んでいました。もちろんおつまみやちょっとしたお料理もあり、気軽にワインを楽しめます。
http://blog.goo.ne.jp/bunnyanlove/e/5e4c54fc682d25b04bfd2c504934aaff

*SAITAMA ☆ ミシュラン:#8 BISTY'S 【BAR】 東京表参道ヒルズ
最近セルフのガソリンスタンドが増えてますが、似た感じをうけました。料理も美味しく、パンは三種類、店員に聞けば料理にあうワインを教えてくれます
http://blogs.yahoo.co.jp/choice_suzy/1999046.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月29日 13:54 | コメント (0)

 

メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ(ワイン専門店)

「メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ(ワイン専門店)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月27日収集分=

*茶蔵-sakura-の日記:神楽坂「メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」
ブルゴーニュワインの専門店だったということは、後から知りました。外の空気が気持ち良かったので、テラス席に座ることに。
http://sakuratea-darjeeling.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_7cca.html

*檸檬な日々:神楽坂でフレンチ
シャンパン・ワイン・前菜(ブルゴーニュ風サラダ)本日のお肉(子羊の赤ワインソース)を注文。今度くる時はブルゴーニュワインを
ゆっくり飲みたいな
http://blog.goo.ne.jp/mipo54/e/efa7b049624a50845bf60d96b21a8a7d

*チュゴテンチ:メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
このときは3軒目だったのでワインを飲むだけだったが次回またゆっくりと行きたいところ。オープンテラス、っていうのかな この時期はやっぱり良いね
http://blog.livedoor.jp/salome_salome/archives/725732.html

*神楽坂で一人:メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
スキンヘッドフランス人の3人衆くらいが接客してくれるのもGOOD 掲載誌が店に山ほど置いてあって、結構有名店みたいです。
http://blog.goo.ne.jp/kagura999/e/5d01ed71f82618d244e4aeabab1411e3

*happy-go-lucky!!:「fete de la musique」
ちょっと軽めのdejeunerということで、ワインを飲みながら、前菜のプレートなんかに舌鼓。そうそう。今日は気になっていたスフレにもtryしましたよー
http://chappy86.exblog.jp/3700509

*ANEGOワイン日記:[お店]メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
ロゼ泡からスタートして4人で3本飲みました。
http://d.hatena.ne.jp/marshmallow808/20060605/1149781316

*Bistro du Rivage:神楽坂のフランス メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
ワインはもちろん、ブルゴーニュが大充実。ボトルの写真入りのワインリストはとても見やすいのだけれど、たくさんありすぎて決められません…。
http://cornopetit.exblog.jp/4852660

*シュフズテーブル 〜主婦の食卓〜:ガッツリ〜そとめし〜
食事は美味しくて、しかも結構お安い。しかぁ〜もぉ〜、それぞれのお皿がチビチビっとした量でなく、ド〜ンと気前の良いボリューム。 ワインもおいひ
http://shuffstable.blog47.fc2.com/blog-entry-9.html

*Three roads:メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
ワインは(自然派の)ポワールのボトルを5人でシェアし、チーズ3種(羊のチーズ・ブルーチーズ+?)を適当に選んで頂きました。
http://blog.goo.ne.jp/may_kotone1127/e/2342aec3ff7a34e2ed7c22f458148af3

*Aloha! E Komo Mai!:神楽坂「Maison de la Bourgogne」
フランス料理を味わうには最高の雰囲気だしお店も可愛らしい感じで好感が持てます。そうそうワインは高めですが品揃えはバッチリだと思います。
http://sachiko.at.webry.info/200604/article_3.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月29日 13:52 | コメント (0)

 

ラ・トリップLa tripe(創作料理)

「ラ・トリップLa tripe(創作料理)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月27日収集分=

*ponpon w23*days:コインロッカーにプレゼントを入れて
ランチに元町南京町の路地裏にある「La tripe」へ。 高いなぁ〜と思ったけど、これが納得のお値段てか、お値段以上のボリュームに味・内容に驚き!
http://yocow23.blog8.fc2.com/blog-entry-208.html

*Orange chocolate:La tripe
神戸の元町にあるお店。味わいもよくお昼からワイン片手に楽しみたくなります。スタッフの方も親切で笑顔が素敵な所です。
http://orangechocolate.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/la_tripe.html

*まるひの神戸・大阪食べある記。:La tripe
ここは本当にパリの路地にありそうな、小さなビストロのような佇まい。雑踏とも無縁のとてもゆったりした時間が流れていました。http://mrh810.exblog.jp/2615807

*あひるちゃんのランチ日記:La Tripe(ラ・トリップ)
お昼はプリフィクスのお手軽なコース、夜ならスタンディングで軽く一杯とかビストロとして気軽に飲んだり食べたりできるカジュアルさがいい感じ。
http://blog.livedoor.jp/punpun2005/archives/50109799.html

*はな日記:ポアソン鍋
立ち飲みスペースに女性がたくさんいらしていていい雰囲気でした。ラトリップのテントにあたる雨音も楽しく聴こえました♪
http://blog.livedoor.jp/hana3vvv/archives/50580173.html

*☆Hiro Cafe 2nd☆:La tripe (ラ トリップ) 〜神戸・元町
おしゃれなフレンチレストランもいいけれど・・・こういうフランスの街角にありそうなビストロも大好きです♪
http://blogs.yahoo.co.jp/abc2goofy/33814476.html

*daydream:神戸散策
仔羊のお肉もやわらかくておいしく、クスクスととてもマッチしていました全体のボリュームもちょうどいい感じ
http://blog.goo.ne.jp/daydream_nutmeg/e/5f164bcaee301b39eabd7be0fb126290

*日々是好日:ビストロ『La tripe (ラ・トリップ)』
今度はぜひ夜に食べにいきたいものです。スタンディングバーもあるそうなので、小腹がすいたときはそっちを利用ってのもいいですね。
http://naotya.exblog.jp/3552213

*日記:La Tripe(ラトリップ)
スタンディングで、ワインと軽いお食事。颯爽と去っていくおひとりさまは、その後どこに行くのでしょう。ホンモノのおひとりさま達でした。カッコイイ
http://nakamura405.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_1501.html

*美味堪能:ラ ピエール ジパング(元町)
後、隣に「ビストロ・ラ・トリップ」というビストロがあるのもポイント。こちらはまた書きますが、千円台〜2100円で手軽なコースランチあり。
http://blog.goo.ne.jp/lune-voyage/e/ccfdad25b672da03a8faa46b54f5721d

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月28日 14:48 | コメント (0)

 

ビスティーズBisty's (ワインバー)

「ビスティーズ(Bisty's )」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月27日収集分=

*◆海とワイン◆:表参道ヒルズ BISTY'S
目玉的ワインとして、マルゴーやラフィット、コント・ラフォンのムルソーやアメリカワインのインシグニアなど(☆o☆)なワインもありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sea_bass_get/37874814.html

*フレンチ日記:ワインショップ&ブラッセリーバー ビスティーズ BISTY'S (表参道ヒルズ)
プリペイドカーを作って、お金をチャージして、 ワインマシンの中から飲みたいワインを選び、量に応じたボタンを押して自分でワイングラスに注ぐ
http://blog.livedoor.jp/luliecross/archives/50390687.html

*ヒコの東京散歩:表参道ヒルズ
俺流の楽しみ方は、「BISTY'S(ビスティーズ)」に行き、ワインを飲んでほろ酔いでショップを見ながらセレブ気分を味わうことです。http://tokyosanpo77.seesaa.net/article/19238998.html

*Y.L.F.:高級ワインちびりちびり
面白いですよ。 私は1万〜くらいのものを、少量づつちびりちびりと花の蜜でもすうように味わって飲みました。美味!
http://ameblo.jp/serpent52fr/entry-10012494201.html

*夜の町田情報:ビスティーズ
表参道ヒルズの地下にある、Busty's(ビスティーズ)。なんと、ラフィットやオーパスワンがグラスで飲める。かなりの種類のワインが飲めます。
http://ameblo.jp/henri-jayer/entry-10012235609.html

*drmarのメモ:「BISTY’S WINESHOP & BRASSERIE BAR」(ビスティーズ) @ 表参道ヒルズ
このお店は、プリペイドカードにお金を仕込んで、専用のディスペンサーで欲しい分だけワイングラスに注ぐというものです。
http://drmars.blogdns.net/blog/108

*酔いが醒めたら:酔いが醒めたら
常時約80種類のワインがテイスティングできるそのお店は、自動販売機みたいな機械に、飲みたい量のボタンを押すと、その量だけ、ワインが出てくる。
http://blog.goo.ne.jp/rin_mayu/e/06ac6e887fbb92faadcd1f5270e997dd

*猫背大好き★:表参道ヒルズ
素敵なお店で、ワインを試飲している方が沢山居たよぉ(#^.^#)このお店はヒルズ本館地下3階、階段を下り切ったら右手にあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoizumi2nochan/33952856.html

*Weblog喫茶 モンブラン:表参道ヒルズで回遊魚になる
こんな感じで、皆さんがんがん飲んでいました。もちろんおつまみやちょっとしたお料理もあり、気軽にワインを楽しめます。
http://blog.goo.ne.jp/bunnyanlove/e/5e4c54fc682d25b04bfd2c504934aaff

*SAITAMA ☆ ミシュラン:#8 BISTY'S 【BAR】 東京表参道ヒルズ
最近セルフのガソリンスタンドが増えてますが、似た感じをうけました。料理も美味しく、パンは三種類、店員に聞けば料理にあうワインを教えてくれます
http://blogs.yahoo.co.jp/choice_suzy/1999046.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月28日 14:45 | コメント (0)

 

メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ(ビストロ:フレンチ)

「メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月27日収集分=

*ダージリン紅茶のお店。茶蔵-sakura-の日記:神楽坂「メゾン・ド・ラ・・・
ブルゴーニュワインの専門店だったということは、後から知りました。外の空気が気持ち良かったので、テラス席に座ることに。
http://sakuratea-darjeeling.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_7cca.html

*檸檬な日々:神楽坂でフレンチ
シャンパン・ワイン・前菜(ブルゴーニュ風サラダ)本日のお肉(子羊の赤ワインソース)を注文。今度くる時はブルゴーニュワインを
ゆっくり飲みたいな
http://blog.goo.ne.jp/mipo54/e/efa7b049624a50845bf60d96b21a8a7d

*チュゴテンチ:メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
このときは3軒目だったのでワインを飲むだけだったが次回またゆっくりと行きたいところ。オープンテラス、っていうのかな この時期はやっぱり良いね
http://blog.livedoor.jp/salome_salome/archives/725732.html

*神楽坂で一人:メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
スキンヘッドフランス人の3人衆くらいが接客してくれるのもGOOD 掲載誌が店に山ほど置いてあって、結構有名店みたいです。
http://blog.goo.ne.jp/kagura999/e/5d01ed71f82618d244e4aeabab1411e3

*happy-go-lucky!!:「fete de la musique」
ちょっと軽めのdejeunerということで、ワインを飲みながら、前菜のプレートなんかに舌鼓。そうそう。今日は気になっていたスフレにもtryしましたよー
http://chappy86.exblog.jp/3700509

*ANEGOワイン日記:[お店]メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
ロゼ泡からスタートして4人で3本飲みました。
http://d.hatena.ne.jp/marshmallow808/20060605/1149781316

*Bistro du Rivage:神楽坂のフランス メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
ワインはもちろん、ブルゴーニュが大充実。ボトルの写真入りのワインリストはとても見やすいのだけれど、たくさんありすぎて決められません…。
http://cornopetit.exblog.jp/4852660

*シュフズテーブル 〜主婦の食卓〜:ガッツリ〜そとめし〜
食事は美味しくて、しかも結構お安い。しかぁ〜もぉ〜、それぞれのお皿がチビチビっとした量でなく、ド〜ンと気前の良いボリューム。 ワインもおいひ
http://shuffstable.blog47.fc2.com/blog-entry-9.html

*Three roads:メゾン・ド・ラ・ブルゴーニュ
ワインは(自然派の)ポワールのボトルを5人でシェアし、チーズ3種(羊のチーズ・ブルーチーズ+?)を適当に選んで頂きました。
http://blog.goo.ne.jp/may_kotone1127/e/2342aec3ff7a34e2ed7c22f458148af3

*Aloha! E Komo Mai!:神楽坂「Maison de la Bourgogne」
フランス料理を味わうには最高の雰囲気だしお店も可愛らしい感じで好感が持てます。そうそうワインは高めですが品揃えはバッチリだと思います。
http://sachiko.at.webry.info/200604/article_3.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月28日 14:41 | コメント (0)

 

イグレック(ダイニング:フレンチ)

「イグレック(ダイニング:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月26日収集分=

***ぼなぺちっBON APPETIT **:元町◆イグレックベガ
しかし、これらのお料理に、フレンチに欠かせないクリームやバターがほとんど使われていないとは!?
http://blogs.yahoo.co.jp/catmirumiru/37860842.html

*山の猫:イグレック・ベガ
そしてようやくメイン。ところでこのメインですでにワイン三本目を注文。頂いたワインのコルクです。
http://tanukisan-1205.way-nifty.com/yamanoneko/2006/07/post_3d82.html

*kuma's eye:少し遅い夕食【神戸北野ホテル滞在(その1)】
気がつくと、シャンパングラスを飲み干していましたね。こんなことは本当に何年ぶりでしょうか。
http://blog.so-net.ne.jp/kuma-y/2006-07-08-1

*♪happy life♪:igrek VEGA・・フレンチダイニングレストラン
子羊のお肉とトロトロにとろける玉ねぎ〜〜絶品でした 至福の時を過ごせました〜
http://blog.goo.ne.jp/mip-s/e/5ca3c572b9beca196444bba759a2d890

*ばっかす ☆御飯辞典☆:Bourgogne Aligote
爽やかな酸味とまろやかさが、アリゴテらしい1本でした。魚介類を中心にしたメニューに、よくあいました。
http://blogs.yahoo.co.jp/voitures_mr2_spider/36403896.html

*ぐるりん☆カフェ:igrek VEGA(神戸・元町)
赤ワイングラスをアレンジした器に一輪咲いた花のように盛りつけされた前菜に始まり、美味しさが見事に調和
http://blogs.yahoo.co.jp/merrywrappin/5518642.html

*ばっかす ☆御飯辞典☆:イグレック・ベルポート
グラスのシャンパーニュだけで終わるわけもなく。ワインは、ブルゴーニュ・アリゴテをお願いして、ゆっくりと
http://blogs.yahoo.co.jp/voitures_mr2_spider/36275829.html

*ガ〜ってドンツキまで行ったら曲がって。。。:igrek BELLPORT(セレブ DE 芦屋 その1)
うほっ。遠くには南港の建物が沢山見える夜は夜景がキレイなんだろ〜か??
http://blog.goo.ne.jp/maro-yomo/e/8759fa6567fae3780fccb3df23d6eaa3

*さよさよ日記:豪遊
シャンパンがまわるまわるでもしっかり7千円のコースをいただき、ワインまで楽しませていただきました。
http://blog.goo.ne.jp/sayosayo0421/e/bba5c6dbfd917f9a2192bb0bcc1daf90

*chatnoir:神戸ランチ
彼氏とお泊りしたいナンバー1ホテルの「北野ホテル」です。世界一の朝食としても有名でした
http://blog.livedoor.jp/chatnoir2000/archives/50696854.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月27日 11:19 | コメント (0)

 

ラ・トォルトゥーガLa Tortuga(ビストロ:フレンチ)

「ラ・トォルトゥーガLa Tortuga(ビストロ:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月26日収集分=

*のほほ〜ん手帳:ラ・トォルトゥーガ  La Tortuga
最近の一番のオキニです。第一においしい!、第二にボリューム満足、第三に落ち着く。絶賛です。通い続けます
http://taishi17121112.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/_la_tortuga__2768.html

**Happy Diary*ココロノハナ:美味しいお店とワイン
量は半端じゃなく多いので、人数多めで行った方が色々な味が楽しめると思います。
http://blog.livedoor.jp/hime_flower/archives/50546795.html

*クォーク・グルメ:Cafe a vin le Bois
ユルくワインを飲みたくなったので、ラ・トォルトゥーガの2階にできたカフェに行ってきました
http://quark.no-blog.jp/gourmet/2006/07/cafe_a_vin_le_b.html

*☆OLリカの神戸おいしいもの日記☆:ラ・トォルトゥーガ (La Tortuga)
美味しいって聞いててずっと行きたかったお店。大阪・北浜にあります。やっと行ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/otyaken_4791/36406191.html

*yuko's restaurant:ラ・トォルトゥーガ
食べた中で一番美味しかったのはキッシュ。しっかりした味付けとふわふわのたまごがたまりません。
http://u.tabelog.com/yukomogumogu/r/rvwdtl/72714/

*sweet story:外食続き
小さなお店ですが落ち着いた内装でなかなか素敵。お料理ひとつひとつの量が多くてびっくりしました
http://hauteur.exblog.jp/3686540

*カワハラアキホ京阪奈たべある記:ラ・トォルトゥーガ
量が多いことに目がいくのですが、味付けだけでなく香りや食感、素材の取り合わせに個性と拘りを感じます。
http://u.tabelog.com/akiho/r/rvwdtl/66966/

*my life:La Tortuga
以前オススメされた、赤の珍しいスパークリングGROLLEAU、もう一本は飲みやすい軽い赤L’amanonでした
http://motogogo.cocolog-nifty.com/mylife/2006/05/post_9242.html

*RAIN×RAIN ***Blog Style***:1年以上ぶりに
ワインは何かすごいいろいろあってよく分からなかったですがすごそうでした。
http://blog.livedoor.jp/m-25_57544/archives/50202216.html

*微熱な時間:La Tortuga〜ラ・トォルトゥーガ〜
一年前から行きたいと思っていて、ようやく予約が取れました。小豆ちゃんお勧めの、『ガッツリ系フレンチ』
http://blog.goo.ne.jp/tama-siratama/e/49b407dee1fef72c218dfa8839c2810c

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月27日 11:17 | コメント (0)

 

マルディグラ(ビストロ:フレンチ)

「マルディグラ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月26日収集分=

*秘書OL☆飲食遊日記:マルディグラ
メルローは久々でした。渋みがなく重めの味わいで美味しかったです。その後デザートワインを頂いて、2軒目でさらにカクテルを2杯。
http://ameblo.jp/amarett/entry-10014106021.html

*BaffoneのNews&独り言:東京出張2日目
まずは・ピンチョス盛り合わせビーツやドライトマト、オリーブ、タコのマリネ、芽キャベツの素揚げ...センスあるよね00!とアッコチャン...
http://baffone.exblog.jp/4060265/

*women's touch football club UNICORNS:The 豚
肉のガンダーラ ことマルディグラ。ここについてはもうあまり語るまい。語るより食べれ!食べればわかるさ。。。
http://ameblo.jp/touchfootball-unicorns/entry-10013589412.html

*東京で猫:MG
肉料理が美味しいといわれたけど、どれも美味しかったし(でもやっぱりお肉が一番かな?)、店内の雰囲気が気に入った。
http://blog.goo.ne.jp/mirimirimi-/e/76326fadb8f69259ed56a71942be5f9e

*piada:レコ発@自由ヶ丘Mardi Gras
今日は久々のマルディグラ。やっぱりこのアットホームな空間大好きです。料理もおいしいし、お店もスタッフもいい感じだし、お客さんが近いのも嬉しいです。
http://piada.exblog.jp/3647816/

*伊藤章良とさとなおの「うまい店対談」:さとなお:マルディグラ(銀座)
ボクはここのタジンが好きでよく頼むのだけど、これも期待通りの美味。相談して決めたワインもとても良かったです。
http://taidan.seesaa.net/article/17443893.html

*www.さとなお.com(さなメモ):ボリショイ・バレエ「ラ・バヤデール」
GW中であいてる店が少なかったが、なんとか銀座「マルディグラ」に滑り込む。シャンパンとワイン。うまし。
http://www.satonao.com/archives/2006/05/post_1628.html

*今日はこんな一日:マルディグラ
6人で食べても多すぎるくらいの、しかも絶妙な焼き具合の和牛のステーキが登場。おいしかった〜。写真は前菜で頼んだピンチョス。これまた種類豊富!
http://blog.goo.ne.jp/naupaka1110/e/b55d17e8724de9b46222dae4e030fcab

*エグゼリーノの青い溜息:OFF日
なかなか予約の取りにくい店でフレンチと言うよりは“バスク地方”の料理です。お肉が中心のメニューになってました。
http://blog.livedoor.jp/okablog/archives/50445502.html

*南青山なでしこ日記:彼女たちの仕事
店とそこをやっているご夫婦の気分が大好きで、どうしても、みんなを誘いたかったマルディグラへ。ワイン好きにはたまらない食材でいっぱいなの。
http://blog.goo.ne.jp/sarigenaku_1948/e/6f433a7c6362625f2166bddaaa913b1e

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月27日 11:12 | コメント (0)

 

ビストロ・ド・ラ・シテ(ビストロ:フレンチ)

「ビストロ・ド・ラ・シテ(ビストロ:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月26日収集分=

**わがままプリンチペ*:ビストロ・ド・ラ・シテ
飲み物はシャンパンで乾杯の後、ワインはボルドーのをいただきましたが名前を失念。すみません(汗)しっかりした美味しい赤でしたvv
http://blog.livedoor.jp/melmix/archives/50399517.html

*商社マン「X」のグルメ道免許皆伝 !:ビストロ 「ビストロ・ド・ラ・シテ」 (東京・西麻布)
お店に入ると本当にパリのビストロに来てしまったような錯覚をしてしまう程、店の内装だけでなくそこに流れている空気に古き良きパリを感じました。
http://blogs.yahoo.co.jp/wadangowada/11249359.html

*ばろブログ:ビストロ ド ラ シテ
結局ワインも三本開け、物足りないというこいつら、しかし一本七〜八千円近くのワイン、ここでこんな酔っぱらいオヤジに飲ませられないと場所を移す
http://balocco.exblog.jp/4052556

*lentonのたべろぐ:ビストロ ド ラ シテ
ちょっと贅沢なランチに最適。家庭的な雰囲気でカジュアルに楽しめるかも。こじんまりしたお店で、テーブルは5〜6程度。
http://u.tabelog.com/lenton/r/rvwdtl/76226/

*恵比寿勤務の私の日記:シテ丼
フランス風カレーとでも言うのかしら?デミグラスソースだと思うのですが、シチューとも違うし、なんともコクのある、おいしいお料理でした。
http://ameblo.jp/sakuo/entry-10012853917.html

*緑の亀と緑の竜:2006年5月5日ビストロ・ド・ラ・シテ
店内はワインだらけでしたので、少人数でワインをセレクトしてハイレベルな料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。
http://moritosh.blog.ocn.ne.jp/moritosh/2006/05/post_9b3a.html

*How High The Moon:Thank you father&mother
お店の雰囲気も背伸びせずにゆっくり食事を楽しめるビストロで、嬉しいボリューム☆ 前菜・メインをそれぞれ選び、パンとリエット、コーヒがつきます
http://ovtamutamu.blog32.fc2.com/blog-entry-160.html

*Bon Gout フレンチ♪:ビストロ・ド・ラ・シテ(フランス料理)
ビストロの先駆けとなったお店は今尚健在。元々箱根オーベルジュ「オーミラドー」の勝又登がオーナーシェフであった事でも有名
http://ameblo.jp/courant-marin/entry-10011874506.html

*幾許かの食についての考察:東京料理 その2
主に低価格を売りにしているビストロクラスの店では、もう少し自由な発想で料理していると思う。ビストロ・ド・ラ・シテにはシテ丼なるメニューがある
http://blogs.yahoo.co.jp/kel0922/32982033.html

*トラックバックによろしく:Bistrot de la Cite(ビストロ・ド・ラ・シテ)
開店以来、32年間変わらない内装。絵の飾り位置まで、当時と同じらいし!
http://li4ch.exblog.jp/2969556

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月27日 11:11 | コメント (0)

 

ダルマット(レストラン:イタリアン)

「ダルマット(レストラン:イタリアン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月26日収集分=

*Tokyo Ristorante Italiano:ダルマット 恵比寿店
お客さまが同じコースを食べ、ハウスワインは低価格で飲み放題!・・・でも決して手を抜かないイタリアンが出来たのはそんなに昔のことじゃありません
http://u.tabelog.com/nutella/r/rvwdtl/85613/

*岸摩弥子の軽井沢日記:Dal matto
ようやくDal mattoへ行けました 去年の夏のBRIOに掲載されて以来、ずっとチャンスが無くって、昨日やっとです。
http://blog.livedoor.jp/valenza1/archives/51017492.html

*アラジンのごはん日誌っ2:[ダルマット]西麻布本店のほう
ワインを片手に「やっぱ、食事っていいな。食べ物っていいな。ワインっていいな。人って。人類って。みな兄弟」なよくわからん酔っ払いノリ
http://sokosoko62.exblog.jp/3776731

*あかね工房:恵比寿 ダルマット
おいおい。。でも、3人は完食。フ〜〜〜もう入りません。ワインも結構飲んだし、は〜〜本当に腸炎治ってよかった、、、。
http://pub.ne.jp/akane519/?entry_id=218903

*31歳バツイチの「R」LIFE_Diary:味・量が最強「ダルマット」
季節の野菜や食べた事の無いようなこだわりの野菜が次々と出てきて、どれも素材を殺さず野菜本来の甘みや風味が生かされた感じで、本当にうまい!
http://blogs.yahoo.co.jp/na1bb/37094136.html

*あのひとの部屋にはcafeがある。:イタリアン@恵比寿
次々にでてくる、和テイストが散りばめられたNEWイタリアンなコース料理に久しぶりに目がキラキラ!気に入ったのは、佐藤錦の冷製スパゲッティーニ
http://browndish.exblog.jp/2623484

*中目黒あたりで呑んでます:ダルマット(恵比寿)
コースが5000円前後で、ワイン飲み放題をつけて1500円。最初はスプマンテを飲みながら出てくるのを待ちます。
http://ameblo.jp/daitokuji/entry-10013985494.html

*Y U S H K A:ダルマット
カジュアルなレストランですが、お味はしっかりしてます。ワインは白でPinot Grigio。やっぱり夏にかけては白が恋しくなります。おいしかった。。。
http://yushka.exblog.jp/5073680

*散歩道:DAL-MATTO in西麻布
余計な味付けは一切省いた、素材の味を十二分に生かしたシンプルなお料理、というのでしょうか。裏に畑がありそうな新鮮さ!!
http://ameblo.jp/simple-life2525/entry-10012989495.html

*東京グルメの戯言:ダルマット恵比寿
7品の料理とドリンク・デザートが付いて5000円以下なんて!! すごいCPだねーしかもハウスワインも結構いいワインだったりするし。
http://ameblo.jp/blog1971/entry-10012493187.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月27日 11:09 | コメント (0)

 

カタランバー バニュルス(ワインバー/レストラン)

「カタランバー バニュルス(ワインバー/レストラン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月26日収集分=

*俺のすべて:表参道ヒルズに行ってみた
カタランバー バニュルス」へ。ここはオザミが展開している店。1Fが立ち飲み風で2Fがレストラン。今回は1Fへ
http://ameblo.jp/ghostworld/entry-10014114372.html

*丸の内ランチの女王:銀座 バニュルス
夜はいつも、混んでいて、なかなかお邪魔できません。ランチも、店内はいっぱいだけど、回転も良い
http://blog.livedoor.jp/yoko0924/archives/50869086.html

*Love Ginza : Blog:銀座 バニュルス (Catalan Bar Vinuls)
いろいろつまんでいるとお腹いっぱいになってしまいました。入り口もオープンな感じで、カジュアルでいい雰囲気
http://blog.loveginza.jp/?eid=466378

*好物☆読・食・観:【カタランバーバニュルス】
2杯で止めるはずが・・・・ つい3杯・・・(グラス小さいからね☆) だってイベリコ生ハム美味しいんだもん♪
http://ameblo.jp/mesu/entry-10013917150.html

*フリーズする脳:銀座 バニュルス3
10時から、サッカーが始まり画面に映し出さされると!人が、吸い込まれる!ようにドンドン!
http://blogs.yahoo.co.jp/naorima888/8376479.html

*たまに記すBlog:銀座 Vinuls バニュルス
待ち利用目的で少しの時間なんでカウンターで立ち飲み2Fはタパス以外のコースやアラカルトなども楽しめ
http://ameblo.jp/yomas2527/entry-10013638232.html

*四十路ミセスの自転車疾風録:カトリーヌと遊ぼう!
500円の小皿つまみ&イベリコ豚で昼からリオハのCAVA?私の血液ははちゃんぽんのアルコールが流れている
http://surly1x1.exblog.jp/2408019

*酒とネコとちょこっと外為:ナスカと中華とワインな土曜日 その2
軽にワインを飲める店ということで、オザミ系列の店で、いつも大盛況。
http://ameblo.jp/nanairo-usagi/entry-10013207682.html

*フリーズする脳:銀座 バニュルス
リーズナブルな値段で楽しむ事が出来るので、日曜日のお昼からワインを楽しんだりするのに、使わせて頂いてます
http://blogs.yahoo.co.jp/naorima888/6403245.html

*雑感:「カタランバー バニュルス」さんへ
テーブルが空くと順番に案内してくれるシステムのようで、1F奥のテーブルへ。
http://sumire.way-nifty.com/matk/2006/05/post_4.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月27日 11:06 | コメント (0)

 

ヴァンピックル(レストラン:フレンチ)

「ヴァンピックル(レストラン:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月26日収集分=

*lampard8のレストランガイド:ヴァンピックル 丸の内
串焼きがメインで、ワインも豊富、グラスでも数種類選べるようになっています。
http://u.tabelog.com/00004080/r/rvwdtl/84849/

*30代・ひとり暮らし・働く女の食事:ヴァンピックル 丸の内
前から行きたかったヴァンピックル丸の内 で、ワインとフレンチを楽しみました。
http://ameblo.jp/makiho/entry-10014916468.html

*Yummy!:パリ祭記念オザミ合同企画!
オザミとヴァンピックル丸の内合同で、両店行き放題という企画ありまして、いつものワイン仲間で行って参りました
http://blog.goo.ne.jp/sachi_003/e/6fe960e6e8ccf035ddb795f2f4f7ab98

*To be comfortable !:銀座の粋な夜
上質の素材を最高の状態で提供するフレンチバーベキュー。もちろんワインにばっちり合います。
http://go-yoko.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_9a03.html

*忙しい中、思いつきを書くBLOG:ヴァンピックル銀座
この店はワインがめちゃくちゃ美味しかったです。グラスワインのキフワインも最高。。ワインの美味しさを再発見
http://blog.livedoor.jp/yukako1113/archives/50965995.html

*Leon&kairi:丸ごと一頭・・・
ワインの品揃えが豊富で自分達では選べないので、ワインの好みを店員さんに伝えて幾つか選んで頂きチョイス
http://blog.goo.ne.jp/leon_leon820/e/501ba698c474a2334812f8ee9ff94c6e

*東京無駄あるき食べあるき:フレンチ串焼き居酒屋〜ヴァンピックル銀座
やっぱりワインを飲みに行くってのを想定したいお店ですね☆そのつもりで行ってるのに、つい食べてしまう私。
http://blogs.yahoo.co.jp/inclover0202/34934440.html

*☆自分磨き☆  〜美しくなるために〜:ヴァンピックル
このヴァンピックル、ワインの数がとても豊富なオザミデヴァンのセカンド店。価格もとってもリーズナブル
http://ameblo.jp/y1029/entry-10012568006.html

*東京食べ歩き&おとり寄せ−食道楽夫婦の食事情:ヴァンピックル丸の内
一杯目のグラスワインを注文したあきをが飲んだワインが、すごーーぉくおいしい〜!
http://kuidoraku.jugem.jp/?eid=14

* Marigon’s Space:GW初日の夕飯です。
コース料理は1人分から応じてもらえるので便利でした。フォアグラ丼なんて、きっとワインに合うんだろうな〜
http://blog.goo.ne.jp/happy-point/e/cca033b2d3ebbb4bbb36c4abb0c5ebf3

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月27日 11:04 | コメント (1)

 

オザミ・デ・ヴァン(レストラン:フレンチ)

「オザミ・デ・ヴァン(レストラン:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月24日収集分=

*銀座の中心で勘違い!:オザミ デ ヴァン ご飯
ワインをボトルで頼まずにお料理に合わせて、グラスでセレクトしてもらいました。季節野菜のお料理は超私好み
http://blog.livedoor.jp/forfew/archives/50612148.html

*白氏の雑学日記:イタリアン、フレンチ、スパニッシュ
オザミデヴァンにも行ったが、好みは3階のバーだ。グラスで色々おいてあり楽しめる。
http://whitemr.exblog.jp/5040772

*シェフの部屋:お誕生日会
今回のオザミは食事もドリンクもリーズナブルでおいしく、社長のお気に入りになってレストランです。
http://blogs.yahoo.co.jp/absinthe_chef/8247701.html

*うさぎのグルメ&ビューティ:オザミ デ ヴァン
有機野菜も自信作と書いてあり、野菜好きのうさぎはちょっと期待。ワインもグラスが充実している感じ。
http://blue-usagi.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_89c5.html

*lovesotakのレストランガイド:オザミ・デ・ヴァン 本店
カジュアルなムードで気楽に入れます。ワインの品揃えも意外にそろっていますので、ワイン通の人も楽しめます
http://u.tabelog.com/00013067/r/rvwdtl/67624/

*結婚は人生の通過点!妥協できない奥様でもいいよね!?:銀座オザミ デ ヴァン
お店は 銀座オザミ デ ヴァン 気軽にフレンチでおいしいランチを。ボリュームがあって本当においしい。
http://ameblo.jp/momotama/entry-10012200942.html

*◆しみっちぶろぐ◆:初体験?!
もともとワインで有名なお店だそうですが、ワイン飲めない人でも、フォアグラのパンケーキ目当てで来る
http://blog.livedoor.jp/salefish/archives/50340205.html

*キュベ プレステージ:オザミ デ ヴァン
その日はお天気もよかったのでやわらかな日差しが差し込めていて開放感〜飲み物はブルゴーニュの赤 グラス
http://ameblo.jp/kirei1205/entry-10011717333.html

*食う・飲む・遊ぶろぐ:パカレ氏のワインに合わせた料理
フィリップ・パカレ氏のワインに合わせた料理はこちらです。パカレさん、フランスでは食べるものもビオデナミ
http://blog.goo.ne.jp/eriki/e/face71b5c208bc7515911d83eee6938e

*フツー?のOL日記:飲みすぎ・・・
ワイン好きな人がよく来ると聞く、銀座にあるオザミ・デ・ヴァンの気軽に入れるブラッスリーオザミマルノウチ
http://ameblo.jp/reiko181181/entry-10011437158.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月25日 10:00 | コメント (0)

 

エル・ポニエンテ EL PONIENTE(スペイン料理)

「エル・ポニエンテ EL PONIENTE(スペイン料理)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月24日収集分=

*gli&leo:「CABO d EL PONIENTE」
まずはイベリコ豚の生ハムから。。。白ワインをお供に、食欲が・・・もう、とまりませ〜〜ん。。。
http://meku.blog.ocn.ne.jp/gli/2006/07/cabo_d_el_ponie_736c.html

*もう行かん また行く 行ってみたい:EL PONIENTE GOZO エル・ポニエンテ・ゴソ
料理は全部美味しくてそんなに高くないし、ワインが グラスでめっさ美味い のが飲めますよ!
http://ameblo.jp/triko/entry-10014598683.html

*今日も口福 明日も口福:スペイン料理は川を見ながら
料理が来るまでカヴァ(スペインのスパークリングワイン)を飲みつつ、つき出しの枝つきのオリーブをかじる。
http://blog.goo.ne.jp/natsuluvjbj/e/de4aa6ac72fa9df92f73a827a18cd8e0

*あちゅう毎日的日記:GOZO
お頃価格のワインもあります。スペインではごく普通に見かけるバーを再現してみたそうです。
http://blog.livedoor.jp/achu9/archives/50637546.html

*hungryminiyの旨い物を探せ:エル ポニエンテ ゴソ
料理は素材を十分に生かしているという感じで本当に美味しかったです!盛り付けも味付けも凄く素敵で大満足
http://u.tabelog.com/hungryminiy/r/rvwdtl/78331/

*ゆっきーd(>(ェ)< )のランチマップ+:エル ポニエンテ ゴソ
立ち飲みスペースと、若干のテーブル席がありますが、お店はそう広くはありません。
http://u.tabelog.com/00008233/r/rvwdtl/45818/

*ルナソレイユのレストランガイド:エル ポニエンテ カルボン
店先はバル営業なので虫がガンガン入ってきてかまれたりするし。唯一、オススメしてもらったワインはヒット
http://u.tabelog.com/00013976/r/rvwdtl/75666/

*セレブを夢見る一般庶民(女・32歳)の日常:EL PONIENTE
スペイン料理のお店だったのです。ランチではなく、ディナーにも来て見たいと一瞬で思いました!
http://ameblo.jp/dreaming-celebrity/entry-10013436807.html

*花のイノチは短し!!:中之島ランチ *カボ デル ポニエンテ*
タパスやピンチョスが大好き、街角のバーのようなごちゃごちゃした雰囲気も大好き★
http://megucco.blog50.fc2.com/blog-entry-63.html

*ぶらぶら・・コラム:EL PONIENTE / 淀屋橋
このままワイン飲んで帰りたい〜そんなお店でした。窓の外には川が流れ、向こうには中之島公会堂。
http://blog.drecom.jp/maki-junkers/archive/604

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月25日 09:56 | コメント (0)

 

BISTRO近藤亭(ビストロ:フレンチ)

「BISTRO近藤亭(ビストロ:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月24日収集分=

*ばっかす ☆御飯辞典☆:久しぶりに、近藤亭へ♪
エスカルゴ・鯛のポワレ・バベットステーキなどをいただきながら、シャンパーニュと赤、2本も空けちゃいました
http://blogs.yahoo.co.jp/voitures_mr2_spider/38831685.html

*nobcha23のレストランガイド:ビストロ 近藤亭
ワイン屋さんがオーナーのお店ですので良いワインが安く飲めるとのお話であり,実際言ってみて其の点を痛感
http://u.tabelog.com/00001189/r/rvwdtl/81402/

*幸せは美味しい食卓から(^Q^):恒例の
キリッと冷えたワイン片手に楽しい時を過ごしました!神戸はステキなお店がいっぱい!
http://hiropacho.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_40fd.html

*カマッチョママのワインエキスパートチャレンジ日記:57 プロヴァンスワインセミナー
ワインに合う日本食の説明をして下さったのは、なんとあのビストロ近藤亭のオーナー近藤さんです
http://suzukamakura.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/57__a33b.html

*ぴんくのすももは今何処に・・・:ビストロ
ワインも「白でサッパリした口当たりで〜」と適当なことを言ったら美味しいワインを選んで持ってきてくれた
http://blog.livedoor.jp/kikokiko96761/archives/50612364.html

*イージーライターのつぶやき:神戸・北野のフレンチ
女性客が多いからか、生野菜もつけあわせてあるので、栄養のバランスもいい。
http://blogs.yahoo.co.jp/shuji_hara/34787224.html

*おいしい神戸:BISTRO 近藤亭
今日は美味しいワインと美味しいお料理をたっぷり頂ける BISTRO 近藤亭 へご案内。
http://ameblo.jp/peach-hime3/entry-10012186217.html

*セレブを夢見る一般庶民(女・32歳)の日常:近藤亭
おいしいワインとカジュアルフレンチのマリアージュと看板には書かれています。
http://ameblo.jp/dreaming-celebrity/entry-10011424705.html

*あひるちゃんのランチ日記:ビストロ近藤亭 北野坂店
近藤亭はソムリエのご主人が、フレンチとワインをカジュアルに楽しめるように、と始めたお店。
http://blog.livedoor.jp/punpun2005/archives/50098245.html

*笑う門には福来る:近藤亭
サービススタッフのおじさんがとってもいい声で「ええこえ〜〜〜」ってかんじでした。
http://ameblo.jp/boo-pooh/entry-10011019035.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月25日 09:52 | コメント (0)

 

バルデエスパーニャペロ BAR de ESPANA Pero(スペイン)

「バルデエスパーニャペロ BAR de ESPANA Pero(スペイン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月24日収集分=

*黒なまずのサイドシート:[food]ハモン・イベリコ
こういったお店の雰囲気は大好きだし。とりあえず今回はハモン・イベリコを知ることができて幸せ♪
http://d.hatena.ne.jp/vaku/20060718#p1

*のんびりCAFE:BAR de ESPANA Pero
雰囲気のとっても素敵なスペイン・バルです。この前は3Fのテラス席で、外だけどわりと涼しかったです。
http://blogs.yahoo.co.jp/naonao200525/12481218.html

*shizu's blog:猛暑の銀座へおでかけ
激暑。(汗汗)そんな中で食べた冷たいトマトのガスパッチョはとても美味しかった〜。(^o^)
http://shizulog.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_7c52.html

*プチやすみ。:BAR de ESPANA Pero
ここは、マジおいしいです^^。確実常連になりま〜す!その夜わたしは、よっぱらいすぎ、千鳥足。
http://blogs.yahoo.co.jp/marche197373/39203365.html

*LOVE☆TRAVEL:BAR de ESPANA Pero
イベリコブタの生ハムに始まり、ガスパチョ、ナツメヤシのベーコン巻き、スペイン風オムレツ、パエジャなどな
http://ameblo.jp/koamas/entry-10014504964.html

*Mickey room:BAR de ESPANA Pero
パエジャは魚介たっぷりの、オーソドックスなもの!超美味しかった。これが食べたかったんだもん。
http://ameblo.jp/mickeyroom/entry-10014339593.html

*ノリ姉のハッピーコロシアム:銀座でスペイン料理
美味しいですし、雰囲気が最高です。今頃の季節だとオープンカフェっぽくなって爽やかな気分で料理を堪能
http://ameblo.jp/miracle-happy-norimaki/entry-10013592375.html

*美味しい備忘録:スペインバル「BAR de ESPANA Pero」in銀座
赤ワインのボトルを1本頼んで、つまみっぽいものばかりをオーダー。積もる話もありつつおしゃべり
http://gourmet-roku.seesaa.net/article/19742876.html

*ななの七不思議。:BAR de ESPANA Pero
色んなものをちょっとずつお酒を飲みながらつまみたい人にはピッタリです。
http://ameblo.jp/nana100/entry-10013490067.html

*Welcome to Rainhill:銀座スペインバール - BAR de ESPANA Pero
カウンター前にはアンチョビやオリーブ、シーフードなどがとりどりに並ぶネタケースがあり、バールの雰囲気
http://ameblo.jp/rainhill/entry-10013224329.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月25日 09:50 | コメント (0)

 

ロオジエ(レストラン:フレンチ)

「ロオジエ(レストラン:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月24日収集分=

*森 税理士事務所業務日誌:ロオジエ(レストランめぐり編)
「ロオジェの個室が取れたから行かないか」と声を掛けてくれたので、私たち夫婦は一も二も無く「行きます!」
http://morishisan.cocolog-nifty.com/morimori/2006/07/post_9875.html

*大阪人の、東京日記:ロオジエに行ってきました〜
お店は銀座のブランド通り・並木通り沿い。そんなトコにばばばーんとオシャレ〜な外観の建物・ロオジエが。
http://blog.goo.ne.jp/nabe_aki16/e/bf200db9ee8f56e45e891c522e6f5c10

*こだわり社長の極上グルメ勝手にランキング:【ロオジエ】 :[フレンチ]〜銀座
荘厳な螺旋階段をふわふわした気分で上がっていくと・・・そこには・・・至福の空間と時間が流れてました。
http://ameblo.jp/lev/entry-10014101243.html

*day by day みごろ たべごろ わらいごろ:ロオジエ
コント・ラフォンのマコン・ミリー・ラマルティーヌ。一口いただいたところ、とろとろのシャルドネ、まいう〜
http://ameblo.jp/daybyday2005/entry-10013854404.html

*BOURBON-LIFE blog:天使たちの場所
ロオジエのアペリティフ(食前酒)として創作された。サーモンピンクの色が天使の笑顔をイメージさせるカクテル
http://blog.livedoor.jp/bourbon_life/archives/50504649.html

*丸の内OL的ライフスタイル♪:丸の内OL☆フレンチ@ロオジエ
ふ〜〜、お腹いっぱい!でも、シェフソムリエさんに色々ワインを勧めてもらいつつ、飲んじゃう飲んじゃう〜!
http://ameblo.jp/marunouchiol/entry-10013611935.html

*夜の町田情報:ロオジエ
DRCエシェゾーのすぐ隣の畑ですから、そりゃあ美味いに決まっているはず。しかも目の前には美女とフレンチ
http://ameblo.jp/henri-jayer/entry-10013169473.html

*エレガントな日常:5月10日 ロオジエ
仔羊にはムートンの98を合わせて下さった。でも、ブルゴーニュ好きの私は、同時にもう一杯お願い。
http://hanafleur.exblog.jp/2132775

*【 盆略ワイン倶楽部 ブログ篇 】:ロオジエ
アルマン・ルソーのクロドラッシュ96チャーミングな赤い果実味、結構しっかりとした構成。
http://blog.goo.ne.jp/django_5/e/3bd1e38c49f4dd02faae56fbd1c9b716

*市ヶ谷日記:ロオジエ(銀座)
さすがフレンチと思う、器と料理で完成されるアート。味もそりゃもちろん美味しい。
http://yuripod.exblog.jp/1758473

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月25日 09:47 | コメント (0)

 

ル・プティ・トノー(ビストロ:フレンチ)

「ル・プティ・トノー(ビストロ:フレンチ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月24日収集分=

*La Collection d' Hiro:LE PETIT TONNEAU ル・プティ・トノー(麻布十番)
お店はなかなかパリのオープン・ビストロを彷彿とさせる店構えでなかなか素敵です。
http://ameblo.jp/bravissimo115/entry-10014880618.html

*犬悔い:虎ノ門、ル・プティ・トノーでデジュネ
まるでマレの裏道のビストロみたいなお店はギャルソンがボンジュ〜〜ルって迎えてくれて、気分は花のパリ〜
http://inu1.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_b906.html

*東京雑写:ビストロ「ル・プティ・トノー」 at 麻布十番
パティオの角のラ・ボエムの対角にあり一見カフェ風な雰囲気を感じさせるワインメニューが豊富なビストロです
http://zassha.seesaa.net/article/20604287.html

*GORO & NORI's Wine Bar:ル・プティ・トノー / 麻布十番・ビストロ
パリのビストロさながらの賑やかで活気溢れる雰囲気と本場の味が、リーズナブルに楽しめます
http://blog.goo.ne.jp/nori_922/e/524f6a83cf7182bb5526e48f802b30ca

*sukemaroの「面白きこともなき世を面白く」:ル・プティ・トノー in 麻布十番
ここで道行く人を眺めながらずっとワインでも飲んでいたい衝動に駆られる。
http://d.hatena.ne.jp/sukemaro/20060707/p1

*LA PAUSE BAR の物語:Dejeuner au Petit Tonneau
お店の雰囲気といいまさにフランスのどこにでもありそうな、かなりお気に入りのお店。
http://blogs.yahoo.co.jp/lapause_les3/10968774.html

*赤坂OLのほろ酔い株日記:ル・プティ・トノー(フレンチ):麻布十番
料理がハーフサイズでオーダーできるし、ワインも全てグラスで飲めるので少人数で行っても楽しめます。
http://blog.livedoor.jp/coconut76/archives/50549255.html

*番長日記:ル・プティ・トノー
ワインも他でないようなフランスの地方モノがリーズナブルに揃っている。グラスで飲める幅も広い。
http://blog.livedoor.jp/vancho/archives/50246761.html

*CHOCHO生しぼり:美酒とチャンネル☆
パリの下町ビストロ風ながら、フィリップ・パットン氏の料理&ワインの品揃えなかなかの「ル・プティ・トノー」
http://blog.goo.ne.jp/chochochan/e/7c383820ee283e443f221d88dda45a07

*港区に住んでいるMICKの日記:虎ノ門 ル・プティ・トノー
ワインの輸入会社も営むシェフが厳選したワインは、フランス南部、ラングドック・ルシヨン地方が中心。
http://ameblo.jp/mick/entry-10012724778.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月25日 09:42 | コメント (0)

 

タテルヨシノ(吉野建のフランスレストラン)

「タテルヨシノ(吉野建のフランスレストラン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月24日収集分=

*jukichi's life 〜ちょっとした感動を記録するブログ:タテルヨシノでディナー
りんごのソルベにシャンパン、ペリエを注いでいただきます。ううー。美味しいよう。
http://ameblo.jp/jukichilife-03/entry-10014633593.html

*美・食・住ジャーナル:タテルヨシノ・パークホテル東京店
アペリティフにはロゼのシャンパーニュをいただきました。たらのクロケット、グリュイエールのシューとともに
http://blog.goo.ne.jp/yuzucafe/e/b917b4eab419e7539e2986b2353877bf

*おいしかったもの。楽しいところ:タテルヨシノ フレンチ 大門
パリのステラマリスは星を取り、ヨシノシェフもお忙しいそうです。お料理もさすが洗練されていて重さがない
http://blog.so-net.ne.jp/beer-wine-food/2006-07-09

*幸せの味探し:汐留 : 『ガストロノミー フランセーズ タテルヨシノ』でランチ♪
ディナーしてワイン飲んだら、絶対私は電車に乗って帰りたくありません!!パークホテルに泊まらせて
http://oisiine.exblog.jp/3353986

*気まぐれ秘書:フォアグラちゃん♪
フォアグラのおいしいお店をいろいろ調べたらタテルヨシノで食べたフォアグラに感激!のような記事を発見した
http://ameblo.jp/jack310/entry-10014387971.html

*J'sカフェ Tokyo:芝フレンチ「タテルヨシノ」
吉野建シェフがオーナーを努めるパリの「ステラマリス」がミシュランの1つ星を獲得!これは行かないと!
http://blog.livedoor.jp/jenifar/archives/50367092.html

*DIAMONDなキラキラBLOG☆生活:tateru yoshino タテルヨシノ
かなりアッサリめなフレンチです。重いが後に残らない重さなのでいいかも〜。
http://ameblo.jp/yocco-diamond/entry-10013800403.html

*RELAX×RELAX:パリを舞台に活躍する巨匠の味
パリに自らの店を構え、本場で高い評価を得ているスターシェフの原点ともいえる人気メニューばかりを集めた
http://ameblo.jp/billio2010/entry-10010316753.html

*日々是精進:花とタテルヨシノ
メインの豚足のファルシィというものが、想像していたものと違い、変わった感じで美味しかったです。
http://kanamami.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_9ec4.html

*ayyaのひとりごと:タテルヨシノ@汐留
お店は白を基調として品のいい感じ。そして陽の光がきれいに感じました。メニューは4つのコースから選択
http://aykymmt.exblog.jp/2239448

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月25日 09:38 | コメント (0)

 

イチジク(無花果)

「イチジク(無花果)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月23日収集分=

*My favorite life:家庭でのフランス料理
今日は生ハムのいちじく巻き付きです。 今日のイチジクは熟しが少し足りないかな? ワインは白で・・・
http://haanirokokoro.blog63.fc2.com/blog-entry-21.html

*kittyのスマな日々☆:3連休も終了
いちじくと生ハムって合うんですね★超美味しくてハマリそうそれをつまみに白とロゼワインを飲むと美味しい
http://blog.livedoor.jp/hirosma/archives/50727367.html

*俺のすべて:いちじく
たくさん試しましたが、最近では白の中ではこれが気に入っています。名前も「ワインのための白いちじく」だし
http://ameblo.jp/ghostworld/entry-10014358245.html

*pinkmoon:癒しのテーブル
花をアレンジしてテーブルに飾ってくれていた 白いちじくとサラミとチーズをつまみに、ワインでお疲れさま会
http://blog.livedoor.jp/hirokoart4447/archives/50632466.html

*中央線・西武新宿線の食べ歩き日記:立ち呑みフレンチ「プロヴァンサル」
赤ワインとも相性抜群。いちじくとブルーチーズはもう一皿注文したくなるほど、気に入ってしまった。
http://blog.goo.ne.jp/yhspk333/e/a10bcd2a592462497a81c9454f0f0dc7

*英語は嫌いだけど好きになりたい他:英語は嫌いだけど好きになりたい他
「いちじくの上にブルーチーズをのせて食べたら美味しい」って書いてあるけど本当かな?今度試してみよう♪
http://blogs.yahoo.co.jp/omitomito/37153170.html

*まるまるの女磨き☆:ワイン!
ワインは、久々のフルボディ。アントナンロデのね。白いちじくとサラダと一緒においしくいただきました。
http://gannbarou.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_9ef0.html

*贅沢しない幸せ:大好物。
ドライいちじくと、ブルーチーズが大好きです。特に、ワインにぴったり。止まらなくなる。
http://blog.goo.ne.jp/tetsu0117_shiba/e/68c89543196ded2dec31085a6195d35f

*pontneufのワイン日記:ドライいちじく
スライスしたブルーチーズをのせて食べると、やわらかい甘味とブルーチーズの塩味が絶妙に絡んで美味しい〜♪
http://pontneuf.at.webry.info/200604/article_6.html

*177cm日乗:フィグフィグ
チーズに添えられているというより、こいつが主役としか思えない自己主張っぷり。
http://ameblo.jp/penazo177/entry-10011159526.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:食材 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月24日 08:07 | コメント (0)

 

ピッツア・マルゲリータ

「ピッツア・マルゲリータ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月23日収集分=

*Yokohama Stead Diary:SAVOY  ピザ(中目黒)
びっくりする程美味しかったです。これが。ソースとチーズの相性といい生地といい最高。
http://blog.livedoor.jp/yokohamastead/archives/51037603.html

*横浜発 驢馬人の美食な日々:「ANTONIO’S 横浜スカイビル店」
バジルの葉の香りに充実した旨味を擁するトマトソース、とろけたチーズと合わさって確かに美味しい!
http://ameblo.jp/roba-to/entry-10014992805.html

*おらんのNo Love,No Life:世界一のピッツァに出会えた!
この店では、乳牛ではなく水牛のモッツアレラを使っているので、「マルゲリータ・ブーファラ」といいます。
http://oraoran.blog59.fc2.com/blog-entry-5.html

*Loraの暮らし:アルマツオ
前菜、ピザはマルゲリータ、白ワインをオーダー。お味の方は、グッドでございます。満足
http://ameblo.jp/lora18/entry-10014953259.html

*離島のマイロ:暑いです
ナポリはピザのマルゲリータ発祥の地で、そのマルゲリータを初めて出したという「ブランディ」というお店に
http://miro-naminori.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_4a47.html

*つれづれなるままに☆散歩日記☆:表参道ヒルズ 〜『トラットリア アンド ピッツェリア ザザ』
ピッツァワールドカップの優勝者が焼く極上のマルゲリータは絶品ということで、いって来ました。
http://blogs.yahoo.co.jp/dolphin_dolphin77/37656872.html

*ぶきっちょHANAの子育て日記:『おうちバジルdeマルゲりータ』
バジルの何ともいえない魅惑的な香りがもう  たまりません!(一種の麻薬のようですねこの香り)
http://blogs.yahoo.co.jp/soutamama420/12044930.html

*Pendenza 20%:ちょっと乗った!いっぱい食った!
貴重なモッツァレッラでいつもより少なめ,その分生地自体を味わった.やっぱピッツァはマルゲリータだね♪
http://scalatore.exblog.jp/4836895

*酔せばいいのに、呑み過ぎよっっっ!!!:お餅=モッツァレッラ
フワフワに揚げられたマルゲリータ。 モッツァレッラ、トマト、バジルが・・・
http://blog.kansai.com/yoikorasyotto81ho/934

*新婚秘書のしあわせ日記:マルゲリータとオー・バージュ・アヴルー
マルゲリータを焼き、フランスのボルドーのワインと、生ハムとパルメザンチーズのサラダで、いただきました♪
http://blog.livedoor.jp/secsec9/archives/50424809.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:料理 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月24日 08:06 | コメント (0)

 

トーレス(スペイン:ブランド銘柄)

「トーレス(スペイン:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月23日収集分=

*青木冨美子の公式blog:ガウディのモザイクをラベルを使った“ネロラ”
ギリシャ神話に登場する伝説の畑『ネロラ』。“不死の力を持つぶどう”それに由来したネーミング
http://blog.so-net.ne.jp/non-solo-vino/2006-07-10

*petit tout seul:カーヴ見学
ワインはチェックしておかないと!と、アトラクションが充実しているという『TORRES』(トーレス)の工場見学
http://blog.goo.ne.jp/petit_japonais/e/813f5de83b5a24a86e8d16cc82d54f8c

*go!go!☆blog:天使が舞い降りてきた夜
以前料理本を作ったときに、カジュアルなのにおいしいワインとして紹介したことがあるので覚えている。
http://blog.livedoor.jp/gogomaiky2/archives/50446678.html

*As You Like It:今日はFood Day
生ハムも、スパニッシュオムレツも、パエリアもスペインワイントーレス(赤)も、すべて美味しかったです。
http://blog.livedoor.jp/asyoulikeit/archives/50530377.html

*こーぎーこーぎー:トーレス,マスボラス
ワインのトーレスさんはとってもおいしいワインの生産者。大好きな銘柄でもある
http://blog.kansai.com/hidekka/1441

*ETUDE:「トーレス・サングレ・デ・ トロ」とモンポウ
ふくよかでありながら決して重くありません。とにかくバランスのとれた赤ワインという印象。
http://blog.goo.ne.jp/romani1988/e/1b4a8f1b9f917d6bef05f4e5e74a1889

*のんびり楽しくいきましょblog:酒好きなふたり
思ったほど、辛口ではなく、むしろ、ちょっと甘めかなと思いました 食卓ワインとして、おすすめです
http://ameblo.jp/ume-blog/entry-10013324609.html

*Thunder,Lightning,Strike:Torres Grand Sangre de Toro
うまかったー!ワインは苦手なので滅多に飲まないけど、この日は普通に飲めてしまいました。
http://blog.livedoor.jp/center_field/archives/50430002.html

*HANAの日常とダイビング記録:ショックな事件
バラの花や柑橘系を思わせる美しい香り・・・。HANAは香りのいいアルコールが大好きである。
http://blogs.yahoo.co.jp/hjsxg602/34788187.html

*美味しく飲めるようになるまでワインを飲み続けよう。:TORRES Sangre・・・
香りは非常に甘みを強く感じ、スパイシーな香りが多少感じられます。甘さとしては熟した黒い果実系の香り
http://blog.goo.ne.jp/mikki0330/e/b994d22ebcdc754c75a96835ecec0d8e

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月24日 08:03 | コメント (0)

 

シャトー・ル・パン(フランス/ボルドー地方:ブランド銘柄)

「シャトー・ル・パン(フランス/ボルドー地方:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月23日収集分=

*ワインのある生活:シャトー・ル・パン・ボーソレイユ
15世紀に建てられた「ル・パン」公爵の大邸宅で、そのシャトーの周囲に5.8haの小さな畑を所有する造り手
http://ilovewine.seesaa.net/article/21106299.html

*◆〜ワインを愛する人の扉〜◆:◆〜シンデレラWineの会〜◆ご報告◆
ル・パンが今回人気だったようです。上の二つに比べると、濃厚というよりも、ホント華奢な女性っぽい。
http://blog.livedoor.jp/grandcru0001/archives/50775481.html

*歳々年々人不同、食亦然。:Chateau Le Pin 1993
シンデレラワインの先駆けとなったシャトー。2ha弱の小さな畑の敷地内に松の木があることから「Le Pin」と
http://bonvivant.exblog.jp/2737052

*大好きなワインと(*^-゚)vィェィ♪:シャトール・パン
ポムロールの最高傑作!ペトリュスと並び称せられる超高品質ワインです。
http://ameblo.jp/neoneo/entry-10013904043.html

*理の城 知の砦:ワインファンド
投資対象が、ボルドー5大シャトー、シャトールパンなど、…だそうです。なんか…普通ですねw
http://rinoshiro.seesaa.net/article/19149462.html

*世楽(せいら)のつぶやき:シンデレラワイン
近年では、「ル・パン」「ヴァランドロー」等が、それを凌ぐ驚くべき評価を受けている。
http://blog.goo.ne.jp/juraku-f-s-seira/e/89d6fd8e6064b97baf028a6238f45dbf

*ヘレジーの恋愛に関する仮説と検証:バトン〜お酒!〜
シャトー・ルパン よく飲むというわけじゃないけど、年に一度飲む・・・僕が名前を覚えている数少ないワイン
http://blogs.yahoo.co.jp/heresie77/7169149.html

*「ワインルミナリス」:シンデレラワインになるであろうボルドー
ルパンとパプクレマンの凄腕が造り上げた葡萄選別に異常なまでのワイン。
http://blog.iconluminaris.com/?eid=297945

*Awesome Wave:シャトー・フォンテニル
彼がサンテミリオンやポムロールで成功して(ル・パンなど)名声を博してから購入した畑なんですね。
http://blog.livedoor.jp/awesome_wave/archives/50583432.html

*モルト ブオーノ:レ・テール・デュ・シュド 2004
「ジゴンダスのシャトー・ル・パン」とあのロバートパーカー氏に言わせたワイン
http://blog.goo.ne.jp/waterma/e/8c7c3eb763915c626b36c54c2fc78ea4

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月24日 08:01 | コメント (1)

 

シャトー・フィジャック(ボルドー地方:ブランド銘柄)

「シャトー・フィジャック(ボルドー地方:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月23日収集分=

*Attenti a Umekichi!:ミクニでフィジャック'78《その1》
そんなに高くないのに、これだけ美味しいワインにはなかなか巡り合えません。オススメのワインです。
http://umekichi00.exblog.jp/2833266

*スバラ式生活:ワイン
タンニンも多いんですけど甘みがあって渋く感じない。果実の香りもあって飲みやすいけど満足感も。
http://blog.goo.ne.jp/subarasikiseikatu/e/2ed14ff2eaa73e110254a92803782c63

*なおなおの鉄人日記:昨夜はベル・アミ
フィジャックは香りが素晴らしかったなぁ〜〜〜! 味はオー・バイイの方がバランス良くまとまっていましたが
http://blog.goo.ne.jp/naonao228/e/725c1f102ea49de6f6a4a5ae76684029

*ムートンのお気に入り!:ベル・アミーゴ(^・^)
カベルネ・フランの比率が高いせいだと思うのですが、スモーキーな独特の香りで個性的、で・・これも旨かった
http://blog.goo.ne.jp/okaji_1962/e/6709af6207b3f02a98e4dd5a6c33f02a

*休日の過ごし方・・:Ch.ラ ツール デュ パン フィジャック ムエックス
保存状態も良く、ボルドーとしては、香りも充分出て空気に触れるごとにまろやかに成って行く感じが解りました
http://blogs.yahoo.co.jp/fairlady_z350tune/36916145.html

*En fin de jour:Vins Vins Vins !!!
ちょっと青く感じる…、ピーマンぽい?……って、誉め言葉じゃないじゃん!!
http://remercier.exblog.jp/2226262

*BAR 月の雫:久しぶりのワイン会
ボルドーが楽しめた いろんな香りがありフィジャックはトリュフのような香りがした
http://blog.livedoor.jp/chatnoir_/archives/50420247.html

*なおなおの鉄人日記:続き・・・・・・・・・・・その3
2000年のヨン・フィジャック・・・・・・・・もう、美味しく飲めますよ
http://blog.goo.ne.jp/naonao228/e/1a5ac58e0d8c00755c7376112c5b0219

*今夜もワインで乾杯!?:シャトー・フィジャック
カシスやラズベリーの香りがする、やさしくまろやかな味のワインです ソフトな酸と程よいタンニン
http://ameblo.jp/yu3724/entry-10009774311.html

*Paris 滞在奮闘記!!:ワイナリー巡り
そして向かった先がこちらシャトーフィジャック。サンテミリオン最大のシャトーです。広いお屋敷でした。
http://blog.livedoor.jp/taka863/archives/50454236.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月24日 08:00 | コメント (0)

 

シノワ(ワインバー)

「シノワ(ワインバー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月23日収集分=

*美&食 食事も美しくおいしく:Chinois シノワ (渋谷)
ワインの種類ももちろん豊富だしご飯がすごいおいしいからものすごいいいお店 月に数回は行ってます
http://omise.jo-ou.com/?eid=114886

*ricki の深夜日記♪:オペラのあとは、やっぱりワイン♪
ボローニャ歌劇場『連隊の娘』を観たあと幸せな感動をひきづったまま、5分ぐらい歩いて、渋谷シノワへ
http://blogs.yahoo.co.jp/rickijp/7158837.html

*忘備録:[趣味][Drink] シノワ渋谷店にて
ソーヴィニヨンブラン、ゲヴュルツトラミネール、カベルネソーヴィニヨンで、それぞれの味の違いがはっきり
http://d.hatena.ne.jp/otao/20060523/1148355469

*お気楽ゆじんの日記:お気楽ゆじんの日記
シャンパンのあとは大好きなブルゴーニュ。91年のプイイフュイッセ。ちゃんとした店で飲むと激うまですのぅ
http://ameblo.jp/yujin-mylife/entry-10012022432.html

*Brave!!!(ブラーヴェ)スタッフのお仕事日記:旬です!「ホワイトアスパラガス」
美味しいお食事と楽しいひとときに、ついついシャンパンをのみ過ぎちゃっいました(*^^*)
http://ameblo.jp/bravestaff8004/entry-10011980128.html

*ワイン屋キャサリンのひとり言:復旧しました!。。で。。
ワインに満足できないN美は、またもや、「シノワに行きたい!!」と暴れだす。言う事聞かないと怖いので移動
http://blog.livedoor.jp/catherine_wine/archives/50469462.html

*伊藤章良とさとなおの「うまい店対談」:いとう:シノワ(渋谷)
オーナーの後藤さんは「オペラのアフターイベントに」とここに2軒目のワインバーを作ったと聞いたことが
http://taidan.seesaa.net/article/16959648.html

*ピグレットな毎日:渋谷で・・・
銀座店は小さいながら良い雰囲気ですが、渋谷はとても渋谷にいるとは思えない空気の大人のお店です。
http://piglet0910.at.webry.info/200604/article_4.html

*【銀印鹿児島食ヒ倒レ】:仔羊のロースト クスクス仕立て
渋谷・bunkamura通りのワインバー・シノワ渋谷のメインの一皿。最近、仔羊にも惹かれるワタシ。
http://blog.livedoor.jp/gintarout_45/archives/50433986.html

*yuki:シャンパンブランチは如何ですか?
お勧めは「和風フォアグラ丼」、赤ワインを追加すると更に楽しめます。
http://blog.goo.ne.jp/yukijun3/e/1c9b39df0a8f720410bb0e01ec9af85b

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月24日 07:58 | コメント (0)

 

クロ・ド・ミャン(ワインバー)

「クロ・ド・ミャン(ワインバー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月23日収集分=

*新婚OLのおしゃれに暮らしたい日記:北新地ワインバー"クロ・ド・ミャン"
ソムリエを兼任するシェフが作る野菜をたくさん使ったワインに合うお料理。賑やかでくだけた店内の雰囲気。
http://blogs.yahoo.co.jp/a_charming_astronette/38901156.html

*swimming pool:6月22日(木) Clos de Miam
人気店らしく、小さな店内は満席。大好きなワインと煮込み料理がおいしくて、とっても好みなお店。
http://fumi235.exblog.jp/3764895

*My Happy Wedding♪:クロ・ド・ミャン
銀座にあるワインバークロ・ド・ミャンに行ってきました。予約が取れないらしいと聞いていたのにあっさり
http://blog.livedoor.jp/mhtakayo/archives/50782626.html

*毎日が勝負下着:北新地のクロ・ド・ミャンでしっぽり
ここのお店は銀座にもあり、銀座の方は予約が取れないくらいの人気店。北新地と銀座にお店を出す
http://blog.livedoor.jp/pumpkinnaoko/archives/50543389.html

*はるる@のレストランガイド:ア・クロ・ド・ミャン
ともかく、「美味しい物を、美味しいワインとともに、お腹一杯」がコンセプト。好みを告げて、要ご相談。
http://u.tabelog.com/haruru/r/rvwdtl/74867/

*しゃとー・だんぼ〜る:クロ・ド・ミャン
そんな親しみやすい雰囲気の中で、美味しくて量的にも充実した料理を出すのだから、意外性もあり人気
http://ch-dambeaul.jugem.jp/?eid=30

*いちみのおしゃべり日記:北新地
仕事帰りに北新地方面へ・・・今日のお疲れの1杯はクロ・ド・ミャンへ
http://kazubou.exblog.jp/2304130

*haruna☆life:Clos de Miam
一度いけばわかる居心地の良さはやみつきっ☆おいしい料理とワインで「しあわせぇ〜」ってなる事間違いなし
http://harunak.exblog.jp/3328053

*RICA☆食べ遊び日記:銀座 穴場の深夜ワインバー
ほんとにどれも美味しい!&ワインに合う感じです。カウンターで作ってるのをみつつ食べれるのもいい感じ。
http://blog.goo.ne.jp/rikanisi/e/e17ca6824036ad3a0ac5d5714a1638d5

*いくつになっても暴れん坊!:Clos de Miam (クロ・ド・ミャン)
知人に教えていただいて、大阪出張時にいつかは行ってみたいと思っていた店
http://blogs.yahoo.co.jp/tururun38/31109616.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:レストラン/ワインバー | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月24日 07:54 | コメント (1)

 

ブイヤベース

「ブイヤベース」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月18日収集分=

*3丁目のオヤジ:貝好き
オーストラリア産のムール貝 箱に数十個入っていた ブイヤベースなんかにも良い
http://doburoku.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/5_8338.html

*え”日記:昨日は
にんにくを炒めそこに白身魚とトマト缶を加えちょいと煮込む。ポイントは水気を無くすまで煮込んでから薄める
http://ameblo.jp/k-v-mcknight-b6/entry-10014822383.html

*人生のクレジット回復大作戦:懲りない二人
フォアグラ、エスカルゴ、ブイヤベースでございます。そしてワインを一本。
http://blog.goo.ne.jp/greenwitch/e/ecc6b773bd2bb0c28c9be1b197785695

*東行庵:ホーム・ぱーちぃ。
僕も渡米前に学んできたブイヤベースのみ作りました。→初めて単独で作ったわりには、まあまあの出来栄え
http://ko-taro.seesaa.net/article/20962575.html

*不定期日記風メモ:ヨーテボリでスタイリッシュで、でも伝統の香り
これを食すとびっくり。日本人のシェフが作ったみたいな味の細かいところを訴えてくる感じでした。
http://futeiki-nikki.seesaa.net/article/20947134.html

*J'habite a ...:フランス旅行(プロヴァンスにて)
注文したのは、ムール貝とブイヤベース。ムール貝。ほんとうに美味しかったです。ガーリックの味が効いていて
http://blog.goo.ne.jp/swallows_march/e/31422ca94a3dc9219db94b16ad3062d4

*雲雀料理:宿題
鯛のアラと野菜、フレッシュタイムだけでスープを取り、サフランで風味付け、裏ごしをして
http://hibariryouri.seesaa.net/article/20923703.html

*二人の週末KITCHEN:ブイヤベース風
えび、アサリ、タラなどの魚介をお鍋に入れて、待つこと30分。ブイヤベース風?のあっさりトマト味のスープ
http://juno.tea-nifty.com/kitchen/2006/07/post_6d8d.html

*逍遥自在的日記:ブイヤベース(夫)
ひじょーに簡単だ。魚介のエキスが溶け込んだ、とてもとても深くて美味なるブイヤベースのできあがり。
http://blog.goo.ne.jp/yu-ka_1977/e/0ba4c16f7ed6aad40a794c688f4fa926

*鯉太郎の ウィークエンドシェフブログ:鱈と平目のブイヤベース
最後にオレガノを入れ、なんとか。エビが入ってないので見栄えは少々物足りないが味はまずまず。
http://blog.goo.ne.jp/tmasaki_1965/e/5e7913287a02ea6c42f514f8fa25aaa3

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:料理 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月19日 10:47 | コメント (0)

 

サンテステフ(フランス/ボルドー地方:産地銘柄)

「サンテステフ(フランス/ボルドー地方:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月18日収集分=

*ワイン〜神々の黄昏〜:ボルドー・サンテステフのワイン
多くのワインジャーナリストが非常に高い評価を与えるサン・テステフのシャトー・コス・デストゥルネル
http://blog.livedoor.jp/dusk_of_pantheon/archives/50115947.html

*もっと!もっと!!かなりん現象:ロード トゥー ロワール その3
ボルドーの2級でサンテステフ。なんと、自分の生まれた年のモノ。こういうのはいつ飲むべきか迷いますな。
http://ameblo.jp/kanarin408/entry-10014391794.html

*大黒屋の若だんな日記:Chateau Meyney 1997
スッキリした口当りで、控えめなチェリー系の果実実と、まろやかな酸味、紅茶のようななめらかな渋みのバランス
http://blog.goo.ne.jp/nag_daikoku_2006/e/ac8efe0630a36270cd3d7e70b53f398f

*ワイン日々是好日:温泉で昼からボルドー
雨上がりで霧(もや)に覆われた山並みと、湿っているけど涼しげな風を感じて、白ではなく、赤ワインを選択
http://ameblo.jp/winelife117/entry-10013698168.html

*毎日美食三昧:レ・パゴド・ド・コス 2001
第一印象は「酸味が強いワインだなぁ」という印象でした。それにタンニンも強く感じる。
http://blog.goo.ne.jp/tabesugi05/e/cb76d100f21af0be1b214e2494e0ada1

*たびのあいま:ランチとディナーとプチデジュネ@オーベルジュカビラ
ダ「?サンテステフってフランスのどの辺にあるんですか?」店「メドック地区です。ボルドー地方です」
http://akitti.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_aec8.html

*ワインのことば・ワインの記憶:CHATEAU COS D'ESTOURNEL 1998
ブドウは手摘み、発酵は約3週間。ワインをオーク樽に移すのは発酵槽でマロラクティック発酵が完了した後
http://ameblo.jp/vindecalon/entry-10012269435.html

*そうだ 京も、渋ワイン。:St Estephe; Cos d'Estournel 2000
味に渋さは色濃く残っているものの、風呂上りの肌のように滑らかな感触あり。
http://shibuwein.livedoor.biz/archives/50408974.html

*麻布TIME:Aux Gourmands (オーグルマン)
柔らかいエレガントな繊細さを秘めたすばらしいワインで、CPはかなりいいです。
http://ameblo.jp/azabutime/entry-10011676319.html

*My Wine Log:久々のAOCボルドー
シャトーメネの2001. まだ飲み頃は先だと思っていたがデキャンタ2時間で花が開いた。
http://www.kawano.sytes.net/pblog/article.php?id=9

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月19日 10:43 | コメント (0)

 

ポムロール(フランス/ボルドー地方:産地銘柄)

「ポムロール(フランス/ボルドー地方:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月18日収集分=

*◆晴れたらいいねっ!:☆シャトー・ラ・クロワ・サン・ジョルジュ
赤い十字に白馬に乗った十字軍の騎士のラベル! ラベル見ただけで美味しそうな気配。
http://haretaraiine1117.blog73.fc2.com/blog-entry-16.html

*美→アダルト☆にきび→美:CH.セルタンジロー
このワイン、セルタンジローのブランドでは97年が最後らしい。フランス・ポムロールの赤ワインです。
http://ameblo.jp/princess6/entry-10014696767.html

*歳々年々人不同、食亦然。:Chateau Petrus 1970
ペトリュスはポムロールでもダントツの長熟型ワイン(だと思う)であり開け時が難しいですが
http://bonvivant.exblog.jp/2738136

*君が好き:2006年6月6日
いかにもポムロール、ではありませんがバランスの取れた味わい。店主のアドバイスで、デキャンタージュ
http://blog.goo.ne.jp/namikiwanderer/e/a29ddb71baac3a656f3ead519f7bcdcb

*大好きなワインと(*^-゚)vィェィ♪:シャトー・ペトリュス
粘土質の土壌で栽培されたメルロー種に、カベルネ・フラン種を組み合わせた、ボルドーの赤の傑作品です。
http://ameblo.jp/neoneo/entry-10014148830.html

*いつの日か比翼連理:ワインとカレーは...合わない
一時間ぐらい置いていたら,甘い果実,プラム系の香りが立ち上って来た.味は酸味があって,コクは目立たない
http://ameblo.jp/moreau/entry-10014242018.html

*若女将の四季折々日記:飲んでみたいワイン
ポムロール地区にある、ごく小さな11ha のブドウ畑から、この世で最も丁重に扱われるワインが生み出されます
http://blog.livedoor.jp/mksh9353/archives/50575030.html

*いつの日か比翼連理:いつの日か比翼連理
酸味もタンニンもともに弱く,引っ掛かりの無いワイン.美味しいけど,やさしい味.
http://ameblo.jp/moreau/entry-10013260718.html

*ジョニーのメモリアルナイト:トロタノワ
ボルドーは濃厚なというイメージがあるがこれはそれほどでもなく、少し薄いという感じすらする。
http://blog.goo.ne.jp/feelgood1220/e/a1d76e17498ff20a3b7c298c757fceda

*Yours sincerely:ワイン・エキスパート試験
ポムロールは、味わいはややメルローよりで、土や動物的な血の香り、熟成も早めであることが特徴
http://blog.livedoor.jp/bmw551x/archives/50643553.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月19日 10:40 | コメント (0)

 

シャトー・モンローズ(フランス/ボルドー地方:ブランド銘柄)

「シャトー・モンローズ(フランス/ボルドー地方:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月14日収集分=

*大黒屋の若だんな日記:Chateau Meyney 1997
このシャトーの『50ha』の広い畑はモンローズの隣、ジロンド川に面した最高の位置にあります。
http://blog.goo.ne.jp/nag_daikoku_2006/e/ac8efe0630a36270cd3d7e70b53f398f

*ひとり言・・・:ワイン飲み会
ワインの色も赤茶色になっているかなと思ったけれど、以外にまだガーネット色をしてました。
http://blog.livedoor.jp/nkocho/archives/50523591.html

*キラキラ☆グリッター:ワイン会に行って来た
シャトーモンローズ垂直飲み比べがメインというワイン会に参加してきました。出て来たワインはナント12種類。
http://blog.so-net.ne.jp/glitter/2006-06-19

*久保典子のblog★NoriCafe☆:☆CBC賞品☆
シャトー・モンローズゎサンテステフのシャトー・ラトゥールと謳われていて、タンニンが豊か
http://blog.livedoor.jp/kubonoriko_cbc/archives/50323537.html

*関西グルメレビュー(おいしいお店の紹介):ラ・クロッシュ(フレンチ)
注文した96年のシャトーモンローズはちょうど飲み頃でうまかったのでが・・・。
http://blog.goo.ne.jp/gourmet_2006/e/48ba4ac56c45e7888fb998cae6bf783a

*村上雅子の「裏こまち」:自分の生まれ年のワイン
「盛りを過ぎて、ちょっと枯れ気味の女の味。 まさにお前(村上)にぴったりのワイン」
http://blog.livedoor.jp/masako09191/archives/50708845.html

*ワインのきらめき 〜我が家のドリンキング・レポート〜:リベンジは・・・
「これはもう1本開けてみましょう!」と半ば強引に第2ラウンドの開催を決めました。
http://ameblo.jp/ooisotaro/entry-10012134982.html

*Holy Smoked Mackerel!:プリムールのこと
2003のモンローズはその後価格が高騰しただけでなく、世界的に入手が不可能という状態になってしまった。
http://fouchic.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_bc1d.html

*【FoodMind & Co.】:2005年の出来
Ch.モンローズで行われたプリムール・テイスティング会の直後のコメントです。
http://foodmind.jugem.jp/?eid=101

*京都で働く、くいしんぼうソムリエのワインブログ:シャトー モンローズ 95
少々ベタなんですが、ほんとにメドック地区以外、何者でもない香りです!飲み頃は、もう2,3年待った方が
http://ameblo.jp/rodeoflip/entry-10010310741.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月15日 10:59 | コメント (0)

 

岩牡蠣(いわがき)

「岩牡蠣(いわがき)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月14日収集分=

*男の料理:秋田夏の味覚[岩牡蠣とモズク]
秋田の象潟海岸では、この時期岩牡蠣が美味しい。懐かしい味わいを口内に残して、小気味く喉を通過
http://muchann.at.webry.info/200607/article_1.html

*でこぼこちわわ:岩牡蠣
カナヅチでトントン叩く大作業!レモンをたっぷりかけて、房総の海の幸を頂きました。
http://mako.kotahina.chu.jp/?eid=514900

*Hide's Weblog:青山 青山川上庵
おつまみには岩牡蠣他野菜を中心に数種類注文 白ワインを飲みましょうという元同僚の意見を採用して白
http://www.doblog.com/weblog/myblog/34155/2619986#2619986

*applause 今日の一言:牡蠣
昨日、ネットで買った「岩牡蠣」を白ワインと共に戴きました。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/42145/2621167#2621167

*52'sダイアリー:牡蠣入れ時
好物ランキングなら上位必至のお牡蠣様。手前の鹿島産、銚子産との大牡蠣はとりわけ美味だった
http://cegero116.exblog.jp/3753619

*阿闍利の街歩き:岩牡蠣
先週秋田に行き待望の岩牡蠣を食べました。15cm以上の大きさでクリーミーな味に大満足でした。
http://hirokun-ajari.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_ab55.html

*Endless:13回目のデート♪
帰りに岩牡蠣とフジツボと彼お手製の豚肉の紅茶煮をもらった♪美味しかった
http://blog.livedoor.jp/ai_lover_s/archives/708123.html

*大食生活 たいしょくせいかつ:居残り連(いのこりれん)
「岩牡蠣」はプリンプリンで、スープのごとく1口でつるんでした。
http://blog.livedoor.jp/nomunara/archives/50618554.html

*ウチごはん&ソトごはん:落合南長崎「菜る瀬」 根ボッケ、ワイントン♪
これは秋田の立派な天然岩牡蠣(一人前)。出てきた途端に、でか〜と声が出てしまう。
http://blog.goo.ne.jp/komiyuwazannka/e/484391d3e54db19459ed8e1bc73c6282

*道楽日記:ランファン
今日は岩牡蠣に合うスキッとした白ワインからスタート。
http://blogs.yahoo.co.jp/travel_chiichii/36783847.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:食材 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月15日 10:41 | コメント (0)

 

シャトー・タルボー(フランス/ボルドー地方:ブランド銘柄)

「シャトー・タルボー(フランス/ボルドー地方:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月14日収集分=

*名古屋B食倶楽部:最近飲んだワイン達5+α
タルボは1950MGと同じ香りでした。これとアニョーなんかを合わせてみたいなぁ〜。
http://blog.livedoor.jp/nagoya_b_syoku_club/archives/50404768.html

*がっけっぷちコックのヒトリゴト:ワイン講座!? 〜 ボルドー編 その2 〜
4級・5級は飲んでみたいワイン。 特にタルボは興味があるな〜。
http://blogs.yahoo.co.jp/miyabi_bnpqf347/10912305.html

*鼻詰まりのワイン部屋:デリ&グラン・ヴァンでバースデー☆
黒い果実のような凝縮感、香辛料のような香りも。ねっとりした感じで、優しいタンニンと酸味のなかにある複雑味
http://blogs.yahoo.co.jp/liger_belair/38362753.html

*映画とワインと美味しい時間:ワイン会でシャンソン
初めて飲みましたが、すごくバランスが良く、飲みやすいワインでした。次は自前で飲もうと思います。
http://d.hatena.ne.jp/meganekun/20060617

*DenDen@Singapore:Connetable Talbot 2003@調理中
Chateau Talbot自体も普段のみのワインとしてかなり飲みますが、家飲みや食事の際にはこのセカンドをチョイス
http://dendenden.seesaa.net/article/19366125.html

*ボンビーな文花っちライオンの“ひとりごと”:2006年5月15日(月)
02年は、同じヴィンテージには無い構造、素直、正直で純粋で、欠点を補う魅力がある、という評価
http://blogs.yahoo.co.jp/raionnaonnanoko/35852941.html

*毎日美食三昧:シャトー・タルボ・カイユ・ブラン
比較的お手頃なわりには、かなりしっかりとした骨格のある上品な味わいを持つワインでした
http://blog.goo.ne.jp/tabesugi05/e/528468ef1a14fd24a0a80eedb55d2e13

*しんとれいのワインな日々: たるぼー
数年前のパリで入った居酒屋で初めて飲み、一瞬でファンになってしまいました。
http://d.hatena.ne.jp/shinrei4505/20060507

*Would-be ちょい不良親父の世迷言:次はシャトー・ラトゥールを飲みましょう!
メドックにあるサンジュリアン地区に、将軍の名にちなんだ、シャトー・タルボーというワインがあります。
http://zoompac.exblog.jp/1760868

*美味しく飲めるようになるまでワインを飲み続けよう。:CHATEAU TALBOT 1994
口に含むと渋味がじんわりと広がり、鼻に抜ける香りは果実の酸味を感じるように思います。
http://blog.goo.ne.jp/mikki0330/e/c09dfb2e98b0da69a174a9dc613c95b7

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月15日 10:39 | コメント (0)

 

ポイヤック(フランス/ボルドー地方/メドック地区:産地銘柄)

「ポイヤック(フランス/ボルドー地方/メドック地区:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月14日収集分=

*マグ和太郎のBLOG:レ フォールド ラトゥール2003
味わいは、全体的に比較的すべらかで、甘味が強めです。 タンニンも渋くなく甘いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kazutarou72/10854418.html

*心にドロップスな日記〜30代の私〜:ちょこっとワインコラム
ポイヤックの特徴は渋味のある“カベルネソーヴィニヨン”のぶどう品種を最大に使っています。
http://happy777drops.blog66.fc2.com/blog-entry-30.html

*若ダンナ、お遊びがすぎますぞ!:ラフィット飲みました
あのロマネ・コンティとならぶ「偉大なワイン」で、ボルドー地方・ポイヤック村の高級ワインなのです。
http://yasumi.seesaa.net/article/20229135.html

*アル中生活のすすめ〜ピカログ〜:甘いと思うけど。。。
ハーブ系または森林浴のような涼やかな香りがあるし、コーヒーのニュアンスもチラっとあって、落ち着いた感じ
http://blog.livedoor.jp/picarle/archives/50628258.html

*日本美人起業家支援協会:ワインアドバイザーへの道
このワインは1973年に第1級にご昇格されたそうです。ワインの世界も上下関係がシッカリしているのですね
http://ameblo.jp/usako-10/entry-10014239571.html

*国内MBAへチャレンジするOL日記:Chateau Mouton Rothschild '90
並はずれて濃厚で、豪勢で、リッチなワイン。すんばらしー。ムートン大好き☆
http://ameblo.jp/rokko/entry-10014070722.html

*◆海とワイン◆:ラム肉とボルドーワイン
ボルドー、ポイヤックの5級格付けワインです。畑は3つの区画から構成され、いづれも好立地。
http://blogs.yahoo.co.jp/sea_bass_get/36787183.html

*ワイン好き店長のblog:本日のワイン / 熟成したワイン
1級の『シャトー・ムートン』を目標としたワイン造りで、非常に重厚なスタイルとして知られている。
http://blog.livedoor.jp/shungoyomi/archives/50394499.html

*プチやすみ。:金魚とランシュバージュ。
何十年もの月日を越えて、ほんの数人の人の体の中に入るためだけに存在する。って、ある意味メルヘンかなぁ。
http://blogs.yahoo.co.jp/marche197373/34029833.html

*実践!ワインセラピー:誰と飲んだか、なんだよ
「いい日旅立ち」の話にはふさわしいワインだったな。ハッピーを共有して倍増させてくれるのがワインの魅力
http://blog.livedoor.jp/budoubatake/archives/50452015.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月15日 10:37 | コメント (0)

 

ラタトゥイユ

「ラタトゥイユ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月13日収集分=

*内への旅、外への旅:アンティパスト(前菜)3種
ナスのグリル、オニオンチーズブレッド、ラタトゥイユを白ワインと一緒に。
http://blog.livedoor.jp/wantonbe/archives/51012114.html

*日々是 : koosou:晩ごはん
鶏肉のグリル・ラタトゥイユ添えでした。冷やしたワインとバゲットがあったら最高なんだけど・・・。
http://blog.goo.ne.jp/koosou/e/f7760e7052ebc5fb17af0558edcc683e

*Fragrance of Petitgrain:我が子で作ったラタトゥイユ
ニンニクとハーブの香りが、夏バテ気味のカラダに染みとおって、料理中もイイ感じだ。
http://www.mypress.jp/v2_writers/petitgrain/story/?story_id=1450124

*どすこい!BAMBI部屋:いよいよ決勝
白ワインを適宜入れるのだが、いただきもののワインで余りがちな白を…と思ったら、なんとシャブリしか
http://bambi-yuuki.at.webry.info/200607/article_7.html

*Parfums:ラタトゥイユ
ラタトゥイユに合いそうな南フランス、しかもプロヴァンスのワインを発見しました。名前は「Baron Gassier」
http://parfums.exblog.jp/3912252

*.:♪*:・'゚ Flowers in full bloom ・'゚.:*♪:至福のヒトトキ
夏野菜をにんにくで炒めて 香草で煮込むので、毒出しの効果が。
http://ameblo.jp/flower-blooms/entry-10014464319.html

*けやき沼のほとりで:週末グルメ(81)ビストロホシナ
ラタトゥイユは、癖のある香辛料を使っておらず、夏の疲れた体にしみる一品。
http://nami-oyogi.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/81_dd04.html

*コーヒー、飲む?:ラタトゥイユ
結構見た目イケ線でしょ〜。手前のきゅりも、ズッキーニの代役でありながらも光ってるでしょ〜!?
http://blog.goo.ne.jp/yohko2000hyper/e/dec898f2cf045aa3c2466c913abf9bef

*小さなキッチンより 大きな愛を込めて:ラタトゥイユのラザニア♪
ラタトゥイユとラザニアを二層重ねて、上にはベシャメルソース代わりに生クリームを少々。
http://blog.goo.ne.jp/merlot_september/e/c35d9a5ee22c885b0bd65280dee4a615

*シンプル&ナチュラル:ラタトゥイユのパスタ
ラタトゥイユは、南フランス・プロヴァンス地方の料理で、ズッキーニとトマトが特徴的な煮込み料理だそう
http://naturalbean.seesaa.net/article/18633060.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:料理 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月14日 08:42 | コメント (0)

 

エシェゾー(フランス/ブルゴーニュ地方:産地銘柄)

「エシェゾー(フランス/ブルゴーニュ地方:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月13日収集分=

*The Wine Heat!:いざ、チョィ悪邸へ・・・
あまやかで、端正なフルーツ 香りもエキゾティックで極上の品格!この造り手の、エシェゾー・・・
http://blog.goo.ne.jp/my53vin/e/f3c889cdaad8de1794fd647050a6b88f

*Pura Vita:[wine][-仏][--Bourgogne]ジャック・カシュー
コストパフォーマンスの良いエシェゾーの他に、18世紀まではロマネ・サン=ヴィヴァンの一部だったクロワ・ラモー
http://d.hatena.ne.jp/PuraVita/20060702/1151903172

*みっちぃのひとりごと。:わぉー!
こんなにまろやかでおいしいワインを飲んだのは生まれて初めてでございますよ
http://blog.goo.ne.jp/poteo_2006/e/93c07ed650019f729b53ec07ab00c21c

*The Wine Heat!:ドメーヌ・ギュイヨンのショレ・レ・ボーヌ
ここのエシェゾーなんかは、あっという間の売り切れとの事・・・
http://blog.goo.ne.jp/my53vin/e/b1223c68ed0e03e9b9fbda2c9251d0c1

*べひんとワインとスロットと・・・・:やったぜ
あきらめて、まだお手ごろだと考えられる、エシェゾーにしてみました。
http://blogs.yahoo.co.jp/behin_t/37742485.html

*ワイン歳時記:Echezeaux ’79
グランクリュですから、申し分ないのでは?と思って開けました。これが、予想以上の素晴らしさで、一同感動!
http://blogs.yahoo.co.jp/ueno_5321/36110065.html

*俺のダイナミックマインド:ワイン会
エシェゾーで、ロマネコンティの兄弟のようなもの。信じられません。さすがの実力。
http://blogs.yahoo.co.jp/elprimero7/34479004.html

*Ch.La Bar:エシェゾー98 エマニュエル・ルジェ
力強さと上品さ、深遠さとしなやかさを兼ね備え、ブルゴーニュに見出せるワインの中で最も高級な部類に入る
http://blogs.yahoo.co.jp/chiyko831212/4804174.html

*ヴィナテリーア・タルヤスの最新情報!!:Grands Echezeaux 1982 Bissey・・・
まさにブルゴーニュの古酒!グラン・クリュの味わい!これだからブルゴーニュの古酒はやめられません。
http://taruyasu.exblog.jp/2062929

*Ishihara's report:ECHEZEAUX DRC 2001
抜栓したら、素晴らしい香りが部屋に満ちるような。魅力的な酸味と完成度の高さには驚かされる。
http://pokey.air-nifty.com/blog/2006/04/echezeaux_drc_2.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月14日 08:37 | コメント (0)

 

ヴィエイユ・ヴィーニュ(ブドウ古木)

「ヴィエイユ・ヴィーニュ(ブドウ古木)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月11日収集分=

*たまに記すBlog:下町の大衆酒場 山利喜
ややしっかりとした味わいで、香りはベリー系というよりは、お花の華やかな感じ。
http://ameblo.jp/yomas2527/entry-10014483298.html

*フレンチシェフとマダムの二人言:パーカー評価90点のワイン 試飲しました!
しっかりと、「ヴィエイユ・ヴィーニュ」100年の年齢なんていやぁ〜お疲れ様・・でも、まだまだ働いて〜
http://blog.goo.ne.jp/karin-fukuoka/e/c8e6e3b4cc933d2e30774c7e0e4dab50

*めがね君の麻布酒屋日記:ルイ・シュニュのワイン
後から旨みというか、コクというか、味わいが広がってゆく。 渋みもそこそこあるのにクリアーな味わい。
http://megane-sake.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_4643.html

*海とワイン!:苗木家の造るワイン
憧れコント・ラフォンの名前も!こんな苗木家さんの造るシャルドネは飲んでおかなくては。
http://blogs.yahoo.co.jp/anneyongchie/36921850.html

*Wine Diary:シャトー・フュイッセ プイィ・フュイッセ2002ヴィエイユ・ヴィーニュ
プイィフュイッセ村のヴィエイユ・ヴィーニュ、樹齢60年〜65年の古木から採れたブドウで作られています
http://ranbkk.blog69.fc2.com/blog-entry-20.html

*まなゆうのガブ飲みワイン日記:プイィ・フュイッセ ヴィエイユ・ヴィーニュ 2002
少し冷やしすぎたかな?グラスをグルグル回していると、シトラスのような揮発油の香り
http://manauwine.blog7.fc2.com/blog-entry-246.html

*こんなもん食べた!あんなもん飲んだ!:ブノワ・東京(青山/地中海風・・・
シャンパーニュがあっという間になくなってしまったので、調子に乗って赤ワインをボトルでオーダー
http://picot.exblog.jp/3688940

*WINEは、ワタシを駄目にした.......!?:平成18年5月22日(月)のワイン
飲み口は、微発砲を伴い、まず、甘み→酸味→苦みの順番で、余韻が長〜いワインです。
http://ameblo.jp/upsidedowninsideout/entry-10012769096.html

*蕎麦屋な鬨の娘の日記。:ムルソー・レ・フォルジュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
萌黄色…みたいな味です(^^)やっぱりワイン美味しいなぁ。。。と、、幸せな気持ちです(^^)♪
http://blogs.yahoo.co.jp/tokidokitoki0812/36158370.html

*tricolore 営業日記:モンジャール・ミュニュレのこだわりワイン
特に人気が高いのがこのエシュゾーの畑です。さらにヴィエイユ・ヴィーニュ(古樹)だけを使って作られた物
http://tricolore.at.webry.info/200604/article_23.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月12日 18:43 | コメント (0)

 

イチゴ

「イチゴ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月11日収集分=

*UKキラキラ生活*国際結婚日記*:オペラ in Park
イチゴ入りのシャンパンを飲む奥様団体までいて、本当に素敵な雰囲気でした。
http://ameblo.jp/weebirdie/entry-10014517914.html

*きこく日記:もろもろ
名物のイチゴ&クリームを食べたり、シャンパンを飲んだり、ちょっとしたお祭り気分で楽しめます。
http://kikokusitano.tea-nifty.com/blog/2006/07/post_c305.html

*くりやまくんの独り言:ウィンブルドン名物
かつての貴族はいちごとシャンパンを味わいながらテニスプレーを観賞するという文化があったらしく、今でも
http://hirahira.at.webry.info/200607/article_10.html

*けのオレンジ:シャンパン+イチゴ。
今日はシャンパンを飲みました イチゴを入れてみたりして。
http://blog.goo.ne.jp/sumire_february/e/2030bab06dc65d2b012f6eaa000a00fa

*ワインな生活:恋にはシャンパンを…2
「イチゴを…」「なぜ?」「シャンパンの香りを引き立てるからさ」きゃっ〜〜言われてみたい・・・
http://seichin.ti-da.net/e865667.html

*ぷりん・a・la・もーど。:続々・ハワイ☆紀行
”プリティウーマン”みたいよね シャンパンに苺の組み合わせって何故にこうも絶妙なんでしょう。
http://orientallilies0719.cocolog-nifty.com/purinnaramodo/2006/06/post_0ae3.html

*アイブログ:ワールドカップみれんかった。
みんなで持ち寄ってPicnic!12時前についてひたすら飲む食う。みなさんシャンパンにイチゴ入れたりしておしゃれ
http://blog.goo.ne.jp/8020ain/e/6f538b39f1e79035cfab083bd62b93b8

*ノルウェー日和:CHAMPAGNE et fraise
だって今日のお題はシャンパン!特に苺とのマリアージュのために選ばれた。
http://cocoinnorway.seesaa.net/article/19339463.html

*peachemomo駐在生活:イチゴとシャンパン
思い出したのがシャンパンとイチゴがとっても仲良しということ。プリティウーマンでも出てきていましたね
http://ameblo.jp/peachjhon/entry-10012909658.html

*コレんまっ!:はじめのいっぽ!
嬉しぃ☆嬉しぃ“モエ”大好き♪イチゴも甘酸っぱくて美味しぅございました。
http://blog.livedoor.jp/kinopppie/archives/50086964.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:食材 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月12日 18:41 | コメント (0)

 

ラインヘッセン(ドイツ:産地銘柄)

「ラインヘッセン(ドイツ:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月11日収集分=

*Sigh:今日のワイン リープフラウミルヒ(マドンナ)
中間という表示だが、飲んでみると少し甘い印象。でも、良く冷やして飲むと結構美味しい。
http://viola-viola.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_d401.html

*ア〜ニャのFX〜暢気に貯めよう?資金〜:夏って感じ♪お酒もうまい!はず
甘そう?なドイツワイン ラインヘッセンのロゼです 甘いかな
http://blog.livedoor.jp/poko_1/archives/50716639.html

*果て無き備忘:■[酒] アイスヴァイン ラインヘッセン 2004 10:20
アイスヴァインとはその名の通り、半分凍った葡萄を使って作られるワイン。
http://d.hatena.ne.jp/akihanabusa/20060620#1150766405

*貴腐(甘口)ワイン伝道師のブログ:極甘!ドイツの貴腐ワイン
濃い目の黄金色。見かけでもねっとり感があって、いかにも甘そう。香りは強烈。熟したフルーツ、洋ナシ
http://winelife.seesaa.net/article/19290508.html

*BASS的ひとりごっつ。:ニアシュタイナー パターベルク カビネット
香がやや薄い印象。甘すっぱさが残っているが飲みやすい。やや甘口というよりは甘口という感じがした。
http://blog.goo.ne.jp/rangeofmotion/e/d1435844a89ccbe4b49504617fe681aa

*那岐の甘藷栽培日記:アイスワイン
高級ワインの銘醸地・ラインヘッセンで作られたアイスワインです。非常に甘い、食前酒としては最適です。
http://blog.livedoor.jp/ojousaitama/archives/50609102.html

*Wine Diary:ウェルベルスハイマー・シュロス・ゲビュルストラミナー・アイスワイン
とろけるような蜜の味です。濃い黄金色です。 酸味も少しあります。
http://ranbkk.blog69.fc2.com/blog-entry-10.html

*モルト ブオーノ:カールジットマン ラインヘッセン リースリング
ドイツワインだから辛口でも甘いのかな?と思っていましたが、意外と辛口!
http://blog.goo.ne.jp/waterma/e/9bb8f1a657fb49ee3509f15bd3de2a69

*こじくんのかくれんぼ 日常の独り言NEW:リープフラウミルヒ マドンナ
ぶどうはミュラートゥルガウ種、リースリング種他。やや甘口ですが爽やかな味です。
http://cojikunnokakurenbo.blog3.petitmall.jp/blog-entry-22.html

*新・ただ今、ワイン修行中:白ワイン4本目。
酸も少しあるので甘さが後に残りません。 ドイツのこういう酸味が少なく・甘味が少しあるワインは和食に合います
http://glape.blog50.fc2.com/blog-entry-15.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:白ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月12日 18:39 | コメント (0)

 

ナパバレー(アメリカ/カリフォルニア:産地銘柄)

「ナパバレー(アメリカ/カリフォルニア:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月11日収集分=

*NY 美味しいもの1個ずつ。:夏休み in Napa Valley♪
美味しい空気と土の香りがする、のんびりした料理が楽しめるレストランのある土地でした。
http://blog.livedoor.jp/nyoishi/archives/50612672.html

*職業:旅人:ワイン、グルメそして絶景!
ワインとグルメの街、オーパスワン、ロベルトモンダビで知られ、フランシスコッポラ監督のワイナリーなんかもある
http://makoxoxo.exblog.jp/5165225

*不美人草〜幸福を告げる花〜:エコチェック
ナパバレーといえば、Sex and the cityでBigがカリフォルニアに引越し、ワイナリーを経営する土地です。
http://ameblo.jp/sakuraran321/entry-10014250747.html

*サンノゼ日記: 6月25日: ナパバレーでワイン
ぶどう畑の間を走りながらワイナリ模索?写真はopus oneの建物側から撮ったエントランスです。
http://blogs.yahoo.co.jp/nishigamo4f/9779719.html

*ビトーのグルメ日記:ナパのワイン
いずれもカリフォルニアのナパバレーを代表するワインを飲む機会があったので、アップします。
http://blog.livedoor.jp/bito_ponpei/archives/706535.html

*Liquor Encounter:Francis Coppola Diamond Series Claret 1997
9年経っているわけですが、適温になると、とても華やかな香りが立ってきます。カリフォルニア、おそるべし
http://blog.livedoor.jp/katz21/archives/50676717.html

*ニク子さんのおはなし@USA:ナパ
今日はナパバレー。カリフォルニアワインの名産地。ナパまでの道のりは1時間半弱。
http://blog.goo.ne.jp/niku-i/e/d8b72a5e235fb539702a70bb85534067

*M_Style*ny:♪〜サァ〜ンフラ〜ンシスコォ〜♪
ナパにはワイントレインなるものが走っていて、列車に乗りながらナパバレーを眺めつつ、車内で食事を取れる
http://blog.goo.ne.jp/mines_style/e/ee41d54357ce380015252956c34f5355

*はるちゃんズ:byobag
ナパバレーでワインを購入フライフィッシングショップで良い物を発見!ワインボトルが二本入るバックだ
http://blogs.yahoo.co.jp/ccj24690takebu2000/34838355.html

*DAILY ジョナサン:SNOWDEN CABERNET SAUVIGNON 2001
テロワールが表現された伝統的なオールドスタイルで造られた手作りワイン!
http://jona3.seesaa.net/article/17939458.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン, カテゴリー:赤ワイン, カテゴリー:白ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月12日 18:37 | コメント (0)

 

ビオディナミ(無農薬有機栽培/シュタイナー農法)

「ビオディナミ(無農薬有機栽培/シュタイナー農法)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月11日収集分=

*感じる毎日。ワイン・フランス・旅・グルメ・自然:おすすめワインメモ
国際的ビオディナミの認証機関。ビオディナミ農法を実践して7年目から正式な認証が与えられます。
http://tours.exblog.jp/3349211

*Delicious Life♪:試験対策!?
ビオディナミ農法(無農薬有機栽培)で作られた葡萄が特徴。落ち着いた印象(牡丹の花?)、暖かみを感じる
http://ameblo.jp/louis-roederer/entry-10014002862.html

*青山で働くうさぎのブログ:クッチーナ - オーガニック
ワインもビオディナミ(生動物力学)、ビオロジック(有機栽培)リュット・レゾネ(減農薬)で作られたワイン
http://blog.goo.ne.jp/ao-honeybunny/e/1101984ee5f03e2ff8da7c46793195fa

*めがね君の麻布酒屋日記:キュヴェ サン・ペレ 2004 グランド・コリーヌ
日本人がフランスの南、 コート・デュ・ローヌで造ったワインです。
http://megane-sake.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/2004_8e0b.html

*今夜も飲んじゃった・・・:本当なのかい、Jolyさん・・・
『ビオディナミのワインはほとんど酸化(生命が破壊されること)しません。』
http://blog.goo.ne.jp/kascom4976/e/94ca683df73849fca18d08631a3622a3

*root higashiyama (ルート 東山):ビオディナミストたちの競演
裏ラベルに日本語で『有機栽培』という文字が。しかも、ワイン名の一部として表記されているのが面白いですね♪
http://blog.livedoor.jp/roothigashiyama/archives/50374628.html

*ワインとそら豆・・・:初登場!オリヴィエ・クザン!!
タンニンは完熟ガメイらしい柔らかな物。香りの甘さが口の中で広がり う、旨いぞ〜!!
http://blogs.yahoo.co.jp/lafeveblogs/38212478.html

*ヒノコのワインの館:ヒノコのワインに夢中NO.38
ビオディナミ農法を実践している注目のドメーヌとのことで、ワインショップの店員さんが、薦めてくれました。
http://blog.goo.ne.jp/wine21/e/540a11e862265e08e362179272055170

*貴腐(甘口)ワイン伝道師のブログ:「女殺し」?のワイン
香りは、オレンジなどの柑橘類、イチゴなどの甘い感じ。やんわりとタイムなどのハーブ系の香りも感じる。
http://winelife.seesaa.net/article/18894131.html

*s.l.o:タケダワイナリー訪問〜その3・自然な土地を・・・
1924年にルドルフ・シュタイナー氏が説いた農法。天体と植物との関係に基づいて自然の全体的な視点から体現
http://blog.goo.ne.jp/kagurazaka-slo/e/c289bfa6c7856234686edd9d2691ee4d

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:特殊なワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月12日 18:35 | コメント (0)

 

ウニコ(スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ:ブランド銘柄)

「ウニコ(スペイン/リベラ・デル・ドゥエロ:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月10日収集分=

*名古屋B食倶楽部:最近飲んだワイン達3
ウニコ1991は謎のK氏。1991年は前の醸造家が造った最後のワイン。
http://blog.livedoor.jp/nagoya_b_syoku_club/archives/50364526.html

*☆PEEK-A-BOO☆:ウニコ
『ウニコ1981年、マニア垂涎「スペインのロマネコンティ」』なんて書いてあるぅぅぅ〜〜〜〜
http://blog.livedoor.jp/kirameking/archives/50533681.html

*治彦的ワイン観測日記:絶品のスペインワインを求めて
あさ、9:00にホテルを出発。今日はこの度のメインであるスペイン最高の生産者であるベガ・シシリアへ。
http://blog.so-net.ne.jp/wizumiya/2006-04-18-2

*おいしいワイン見つけた!!:今月のワイン会はなんとピングス開けます。
スペインのリベラ・デル・ドゥエロ地区の元祖No1スペインワイン「ウニコ」の隣の畑を購入しました
http://rieslin.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_c855.html

*ちょっと気になるワイン紹介:ベガ・デ・トロ
スペインで最高と言われるワイン ベガ・シシリア・ウニコを超える評価
http://blog.so-net.ne.jp/wine_wine_wine/2006-04-05

* トリガスキ!!!:酒田ワイン会
UNICO 1989(ウニコ)思っていたより丸く、果実味さえ感じそうな若さがある味わいでした。
http://blog.goo.ne.jp/kobu0884/e/a66f6caacc87a9a5cc5000028e8c3cb2

*The Wine Heat!:ペネデスの雄!
びしっとくる解けないタンニンのアタックでしょう・・・でもウニコみたいなのもありますので・・・
http://blog.goo.ne.jp/my53vin/e/beb0c4890211dbd4d2ac31c03dd7f2f0

*ワイン好きの出張記:スペインの逸品「バロン・デ・チレル」
以前飲んだウニコも含めて、これらのワインは本当に気品がある。
http://bourree.cocolog-nifty.com/cavatina/2006/03/post_5746.html

*感じる毎日。ワイン・フランス・旅・グルメ・自然:スペインバル
ウニコの生産者が来日されていたそうで、特別グラスで飲むことができました。
http://tours.exblog.jp/2789300

*スピーク・ロウ:ワイン 赤ワイン
ロマネ・コンティのエシェゾーやスペインのウニコなどは、軽やかで香りの高く料金も比例しています。
http://speak-low.cocolog-nifty.com/jws/2006/03/post_ddd9.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月10日 23:13 | コメント (0)

 

マッキオーレ(イタリア/トスカーナ州:ブランド銘柄)

「マッキオーレ(イタリア/トスカーナ州:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月10日収集分=

*くんくん日記:フランス VS イタリア
世界的な市場ニーズの変化を受けて、バランス感に優れる果実味主体で料理の相性に優れたワイン。
http://blog.goo.ne.jp/sohma39/e/f07d3ba3cf5a4cef681fcaf73fbc2a7f

*murmurer diary:レ・マッキオーレ ボルゲリロッソ
これはマッキオーレという有名な作り手の新作だそうです。日本には限られた本数しか入っていないそうな。
http://murmurer1.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_87bf.html

*すぷーきーの道草アワー(食道楽の旅):誕生日プレゼントにワインを♪
ネットと古い記憶を頼りに老舗の酒屋に行きました。購入したのはパレオロッソ2001 レ・マッキオーレ
http://blogs.yahoo.co.jp/ojojo51/36202905.html

*イタリアンレストランNAKATAのもと:イタリアワイン特集 その1
2003年は気候的に暖かった為、たっぷりの果実味に、凝縮感がバランスの取れた魅力的なワインに仕上
http://blog.goo.ne.jp/nakata_2006/e/111ae11e5845220b94d16f9cd6e1fbed

*おいしいもん大好き0141ブログ:目白ワイン会 マッキオーレ
口に含んだ時のアタックはソフトで、非常に上質なタンニン、余韻の長さ・・高級サンジョヴェーゼのすごさ
http://0141blog.seesaa.net/article/18405144.html

*酒とサケの日々:早速飲みました〜すばらしきマッキオーレ〜
メルロー、カベルネフラン、サンジョベーゼのほぼ同比率でのブレンド、これまでとはかなり雰囲気が変わりました
http://vinecko.blog17.fc2.com/blog-entry-182.html

*Awesome Wave:マッキオーレ・ロッソ
このマッキオーレというワイナリーは、スーパータスカンで有名らしい。
http://blog.livedoor.jp/awesome_wave/archives/50574370.html

*今夜も飲んじゃった・・・:Turley Lodi Zinfandel Dogtown Vineyard
マッキオーレ・ロッソ’00。ブレンドなので厚みはありますが、やっぱりサンジョベーゼ。酸が強くて・・。
http://blog.goo.ne.jp/kascom4976/e/9d4c8e16a5892452a8f09c0959dafc28

*lifecycle.com:Macchiole Rosso 1999 (Toscana, Italia)
色は濃いレンガ色、最初の香りは柔らかい感じだったのけど、味はそうでもなく結構タンニンしっかり。
http://giraffe-eye.seesaa.net/article/15107712.html

*Les Caves YOSHIOKA  ♪テイスティングノート♪:Le Macciole マッキオーレ
凝縮された完熟葡萄のコクと果実味。チャーミングな酸、どこかスッキリとした印象もちらほらと。
http://blog.livedoor.jp/lescaves1/archives/50448082.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月10日 23:12 | コメント (0)

 

ガレット(そば粉クレープ)

「ガレット(そば粉クレープ)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月10日収集分=

*つづれおり:13日の金曜日:シードルとガレット、そしてシロッコ
ガレットを焼く職人。は、はやいっ!カップで飲むのがブルゴーニュスタイルだそうです
http://rasu.seesaa.net/article/20245791.html

*nannanのひとりごと...:[ディナー]母と食事
しらすのガレットは鳥の巣みたいなかわいらしい盛りつけ。フレンチのしらす...
http://d.hatena.ne.jp/nanhime/20060702/p1

*kazoow 日記:有名人!!
ガレット、すごく美味しかったデス。クレープなんだけど、ピザに近い野菜や生ハム、卵がのっているお料理。
http://blog.goo.ne.jp/kazoow2106/e/c35eec3b306bd1b1428c60521c22f2c2

*海とワイン!:カヴァの季節♪
そば粉のクレープ ガレットとワインの種類が豊富でお気に入りのお店 アレアレデュバンにて
http://blogs.yahoo.co.jp/anneyongchie/37012381.html

*旅が好き。おいしいが好き。:神楽坂にてサンデーブランチ
焼き目の美しいこと!一番おいしいところが、この周り(フチ)のカリカリ部分!!まさに職人が成せるワザ。
http://kaokao.exblog.jp/3766696

*スイーツ☆ライフ:無言だったのですが・・・
ここで、しこたまシードルとアルザスワインを頂きつつガレットを堪能♪
http://ameblo.jp/cafecafecafe/entry-10013745719.html

*Le journal Monceau:フルールなひととき
最近、ブルターニュ・フェアをやっていて本場さながらのガレット(そば粉のクレープ)とシードルが楽しめます
http://cartonnage.cocolog-nifty.com/le_journal/2006/06/post_ffd0.html

*マミカフェ:オ・タン・ジャディスのガレット
中にはとろっとしたチーズとポテトが詰まってておいしい ボリュームがあるので2人でシェアしても満足
http://blog.livedoor.jp/yzm43552/archives/50273581.html

*あっちでパクパク こっちでパクパク:『TOOTH TOOTH』のガレット
写真は『アスパラと半熟卵』 さんざん悩んだ『海老とラタトゥユ』は、となりの人が注文してた。
http://ameblo.jp/kimagurebikuni/entry-10012977655.html

*ANEGOワイン日記:[お店]神楽坂:ル・ブルターニュ
メインのガレットは、山羊のチーズと胡桃のものを選び、ハウスワインをボトルで注文しました。
http://d.hatena.ne.jp/marshmallow808/20060512/1147597916

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:料理 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月10日 23:11 | コメント (0)

 

カツオ(鰹)

「カツオ(鰹)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月10日収集分=

*ufo君の不健康日記: 昨日のご馳走
ワインはボージョレーとチリワインでした。カツオ、今頃のが好きですね。初鰹の頃より好きですね
http://blog.goo.ne.jp/ufo1949/e/3bf59ebc1f38d2221b5c0616e6f72570

*tyanoriの毎日見てみよう!!:おいしすぎです・・・
お魚は、カツオさま。軽く焼かれたカツオさま。このカツオさまにぴったりのフレッシュトマトとマンゴーのソース
http://blogs.yahoo.co.jp/tyanori/37099053.html

*D-Rights:今日の料理
フランス風カツオのタタキ??も最高に美味かったなぁ
http://d-rights.jugem.jp/?eid=40

*お天気お姉さんのプチ日記:祝い飯
夏になると食べたくなるのは・・・高知の鰹のタタキ 食べたい食べたい〜高知で食べたいっ
http://blog.livedoor.jp/weather11/archives/50501426.html

*un jour… (Je me montre un jour courageux?):鰹
鰹とグレープフルーツのハーモニー バジルサラダ添え 白ワインと相性が良いです
http://blog.goo.ne.jp/mandarine11/e/e841b595a039d692f5465d509df62f08

*IGTな日々:がんばれ日本!
土佐土産の鰹。ワインと柚子で煮込んでいるそう。柚子がいい香り。
http://blog.livedoor.jp/nebbiolo/archives/50443893.html

*パン・ド・カンパーニュの部屋:入梅前の。。。
私は野菜たっぷりのカツオのたたき。サラダ感覚で食べられます。ワインは、ブルゴーニュのアリゴテ
http://blog.goo.ne.jp/ttw1468/e/19a687c9a302060437e5f123ecec9a1c

*Charlieの法務修業の部屋:餃子と鰹に相性のよいワイン Mosen Cleto Crianza 2002
冗談とも本気ともつかぬ「餃子と鰹にあうワインありますか?」の注文に対して、ショップの出した答えの一つ
http://charliebrown.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/mosen_cleto_cri_ace9.html

*IGTな日々:かつおの××&Vouvray@ロワール
愛読のメルマガが「鰹のシチリア風カルパッチョ」だったので、さっそく作ってみることにした。
http://blog.livedoor.jp/nebbiolo/archives/50429946.html

*キラキラ☆グリッター:鰹にワインって・・
うーむ。何を合わせたら良いのじゃろ?軽いガメイとかバルベラみたいなのがいいのかなぁ?
http://blog.so-net.ne.jp/glitter/2006-04-27

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:食材 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月10日 23:06 | コメント (0)

 

オルネライア(イタリア/トスカーナ州:ブランド銘柄)

「オルネライア(イタリア/トスカーナ州:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月10日収集分=

*ありモモンガのお気楽日記:今月はイタリアワイン
この日はこのワインがメインだったので、敢えて料理は無し!1時間前にデキャンタージュ。香りがすごかったです
http://blogs.yahoo.co.jp/arimomonga/38439509.html

*ハンガリー部長の営業日報:ガール・ティボル
「オルネライア」の初代醸造長、故ガール・ティボル氏が1993年に故郷ハンガリーで設立したワイナリー
http://hungarybuchou.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_aa1a.html

*ブログる:ワイン会
ワインのテーマはオルネライア オルネライアとあと数本のんで軽く食べる感じを想像していたのですが
http://blog.livedoor.jp/ys_sano/archives/50905147.html

*lifecycle.com:最近のワイン
最初はトスカーナっぽいべっちょり系なんだけど、徐々にカベルネっぽいタンニンが出てきた。
http://giraffe-eye.seesaa.net/article/19107992.html

*ragazzone 〜焼酎日記〜:今日のワイン「LE VORTE」
コストパフォーマンスの良いワインに思えた。いわゆるオルネライアのサードに当たるもの。
http://blog.livedoor.jp/il_ragazzone/archives/50575621.html

*日の出工房:ヴェッソーネ
オルネライアというワインのセカンドラベルのようですが、これはとても気に入りました。
http://hinodekobo.tea-nifty.com/blog/2006/05/post_0d77.html

*アル中生活のすすめ〜ピカログ〜:飲みすぎたあ(4月13日)
酸がきれいで落ち着いていて、今まで飲んだオルネライアの中では一番好きだった。
http://blog.livedoor.jp/picarle/archives/50507482.html

*アル中生活のすすめ〜ピカログ〜:たまにはクラシック(3月30日)
オルネライアのレ・セッレ・ヌオーヴェ02年 軽くメロンの甘い香気、樽かな。味わいはタニックでしっかりとウマイ
http://blog.livedoor.jp/picarle/archives/50483233.html

*毎日美食三昧:イタリアワイン
、今はIGTに格上げされたソライアやティニャネロ。DOCに格上げされたオルネライア。全てトスカーナ州のワイン。
http://blog.goo.ne.jp/tabesugi05/e/63636a1fbc52b885064f3926e2ef733c

*治彦的ワイン観測日記:またまた週末は楽しい時間でした。
トスカーナの名門オルネライア葡萄園がつくりだす、スーパートスカン。
http://blog.so-net.ne.jp/wizumiya/2006-03-27

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月10日 23:03 | コメント (0)

 

リュルトン(フランス/ボルドー地方、他:醸造家)

「リュルトン(フランス/ボルドー地方、他:醸造家)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月7日収集分=

*Y Knows Winos:納涼残念会
ボルドーのリュルトン家。いろんなところで事業展開してるんですなースペインとボルドーの関係は深いらしい
http://blog.so-net.ne.jp/wino/2006-06-25

*CAVE de EBINA:'97 Ch. La Louviere (B) \5880
凝縮した、新鮮な、純粋なワインをつくることも心がけられ、リュルトンはその全てをやってのけた。
http://d.hatena.ne.jp/ebina1843/20060624/p1

*■ 知恵蔵 ワイン&食 ナチュラルライフ ☆:シャトー・クーアン・リュルトン1998
ボルドー、ペサック・レオニャン(白)好きな私としては、特別な日に開ける白ワインは、コレ!
http://blog.goo.ne.jp/iichie4852/e/f3a59e00d583981a39a3cd1c4c8d6ed6

*かぼちゃ太陽:J&Fリュルトン フリュール・ヘリテージ
世界中にワイナリーを持つJ&Fリュルトンのワインで、これはソーヴィニヨン・ブランとセミヨンのブレンド。
http://blog.livedoor.jp/osha_manbe/archives/50553012.html

*走る事・そして飲む事。:今夜の安ワイン(4/30)
グラスに注いだ色は黒が強めのワイン色で、意外にどっしりした味を想像する。
http://aka.air-nifty.com/blog/2006/05/430_64e3.html

* A la recherche du pain perdu:桜のトンネル
グラスに注ぐとよい香り。十分な渋みと、シャンパーニュやブルゴーニュのワインと少し違った果実味がある。
http://bishoku.air-nifty.com/pain_perdu/2006/04/post_09ed.html

*大好きなワインと(*^-゚)vィェィ♪:シャルドネ
チリやスペインにもワイナリーを持ち、ボルドーで培った技術を生かし低価格ながら品質の高いワイン
http://ameblo.jp/neoneo/entry-10010152878.html

*かぼちゃ太陽:ジャン・マルク・オージュー
これは先月飲んだアルゼンチンの赤とよく似たサンジョヴェーゼ、ボナルダ、マルベックという品種構成。
http://blog.livedoor.jp/osha_manbe/archives/50434794.html

*Rouge et Blanc:Chateau Marjosse 2004(シャトー・マルジョース)
PIERRE LURTON氏が個人的に所有しているシャトーで、気軽に飲めるクオリティの高いワインを作っている
http://vino.txt-nifty.com/aquavita/2006/02/chateau_marjoss_ea45.html

*海とワイン!:シャトー マルジョス
醸造家ピエール・リュルトン氏とか。彼自身が1990年から所有しているのがこのシャトー・マルジョスという。
http://blogs.yahoo.co.jp/anneyongchie/25064586.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月08日 21:52 | コメント (0)

 

コート・ドール(フランス、ブルゴーニュ地方:産地銘柄)

「コート・ドール(フランス、ブルゴーニュ地方:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月7日収集分=

*モルト ブオーノ:ルイ・ラトゥール・ブルゴーニュ・ブラン・キュヴェ・ラトゥール
シャサーニュ・モンラッシェといったコート・ドールの一流の村の畑のシャルドネだけを使用して造った白ワイン
http://blog.goo.ne.jp/waterma/e/cd97a64b196b3d2f6f6c541c6110c743

*緑の癒し カザナミの雑記ブログ:一度は飲んでみたい、ヴォーヌ・ロマネワイン
ワインの名産地コート・ドール地区の丘陵を、王冠にたとえるのなら、ヴォーヌ・ロマネ村は宝石といっていい
http://kazanami.at.webry.info/200606/article_16.html

*太郎のDaxライフ:ブルゴーニュAOCブラン’03
名前はテロワール・ド・コート・ドールでピュリニーモンラッシェとムルソーのブレンドだそう。
http://blog.goo.ne.jp/taro-mama-2005/e/9503a1acdee4c4903224bbc5ee39e421

*めざせワインエキスパート〜お酒を飲める職業探検〜:ブルゴーニュのコート・ド・ニュイ
ブルゴーニューのコート・ドール県にあるコート・ド・ニュイ地区には、飲んだことのないワイン達がいっぱい
http://ameblo.jp/nonde9/entry-10012871469.html

*緑の癒し カザナミの雑記ブログ:カール大帝が愛したワイン コルトン・シャルルマーニュ
コート・ドール地区のほぼまんなかにあるアロース・コルトン村。ここには2つの特級畑があります
http://kazanami.at.webry.info/200605/article_12.html

*サンヴァンサン・ワインスクールブログ:レジオン・ステップ機 |甘講師:黒木 都
コート・ド・ニュイ地区とコート・ド・ボーヌ地区を併せてコート・ドール(黄金の丘)といいます。
http://blog.livedoor.jp/chardonnay8022/archives/50261393.html

*Techno Wine Club:オクターヴ・クレミュー サントネイ 1994
コート・ドールにおいて、場所的にしんがりの位置にあり、ちょっと日陰者的存在に甘んじています
http://twclub.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/1994_296f.html

*【一発合格!】ワインアドバイザー:■ピノ・ノワール
フランス・ブルゴーニュ地方で広く栽培され、特にコート・ドール地区でその秀逸性を発揮する最高品種。
http://blog.livedoor.jp/happy_wine_selection/archives/50048296.html

*ヘンゼルとグレーテル1:ボーヌ Beaune
「コート・ドール(黄金の丘陵)」と称されるブルゴーニュ・ワインの特産地、ボーヌに到着したのは夕方
http://germanyeu.exblog.jp/3876250

*毎日美食三昧:4月22日のホームパーティーで飲んだワイン
カジュアルなワインですが、果実味とタンニンのバランスが良く、フルーティーな味わいでした。
http://blog.goo.ne.jp/tabesugi05/e/95b96f8835cec3e527dc64417fedf20b

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月08日 21:44 | コメント (0)

 

ウズラ

「ウズラ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月7日収集分=

*Who's ふぅ:bistro le Midi
コンフィはうずら1羽分ですがペロっと。文字通りペロっと食べちゃいました。
http://blog.so-net.ne.jp/ufufunofu/2006-07-01-1

*女性のためのキャリアカウンセリングブログ:外苑前のイタリアン
なんと私の好きなウズラが主菜にあって、これは!とオーダー。ワインもおいしかった
http://ameblo.jp/sawako-womens/entry-10014093155.html

*la soudure et la cuisine francaise:初級5回目
ウズラの中にレバー、フォワグラ、レーズンなどで作ったファルスをアルマニャックの風味を効かせて詰めたもの
http://grand-bleu.jugem.jp/?eid=11

*泡沫@東京茫洋:恵比寿 RISTRANTE DA DINO(イタリアン)
これがホントに旨いのですよ。鶉の胸肉に包まれた濃厚なフォアグラがまた堪らないです、えぇ。 蕩けますって
http://mudaashi.exblog.jp/3803608

*スピーク・ロウ:ワイン亜.丱戰奪箸糧媚漸
極上の料理は人を幸せにするからだ。気品のあるワインは人の頬をうれしそうに赤らめてくれる。
http://speak-low.cocolog-nifty.com/jws/2006/06/post_6915.html

*grokeの部屋:クーカーニョでBirthday Dinner
キャベツのブレゼとフォワグラを詰めたヴァンデ産ウズラのロティです
http://blog.goo.ne.jp/hollyhock_groke/e/4f2d395cd776ffd40d9f101312b706a3

*シャテール日記:今日はワイン会!!
カリフォルニアのリッジのリットンスプリング伝説のヴィンテージ90年とウズラ料理のマリアージュ!!
http://blog.goo.ne.jp/chatiere1985/e/a99219eade733e657856f322371bd377

*そんなウマイ話:花より・・・?
鴨・ウズラ、まさしくフレンチレストランでお目にかかるようなお肉が炭で豪快に焼けております。
http://collabo-table.seesaa.net/article/16704611.html

*喰い道楽ですが…  それが何か?:hana:フレンチ
砂肝とウズラがパイの中で蒸し焼き状にされて、しっとりと味が馴染んでうまいっす。
http://ameblo.jp/quickstep/entry-10011158704.html

*Buon Viaggio! Buon appetito!:Ristorante HONDA
ウズラって美味しいですね〜。フレンチのイメージが強かったのですが最近日本のイタリアンでもよく登場
http://blog.goo.ne.jp/purin1414/e/b081f0a9cb5e1fe3ff40d5c968597202

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:食材 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月08日 21:43 | コメント (0)

 

シャトー・オー・ブリオン(フランス:五大シャトー)

「シャトー・オー・ブリオン(フランス:五大シャトー)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月7日収集分=

*治彦的ワイン観測日記:久しぶりにスタッフとワイン三昧
2003年でまだ真の味わいにはなっていないとは思いますが、美味しく飲むことはできました。
http://blog.so-net.ne.jp/wizumiya/2006-07-03

*ワインレッド・ネット:バアン・オー・ブリオン[1999]
シャトー・オー・ブリオンの存在感が感じられます。1/3以下で買えることを思えば、充分な品質と満足感
http://blog.wine-red.net/?eid=396974

*これって、どうよ?:CH.BAHANS HAUT BRION
ベリー系の濃厚な香り、味わいも濃厚で、実味がぎっしり詰まったような、重量感のある味わい
http://junpa1967.blog57.fc2.com/blog-entry-56.html

*ワイン 資料:シャトー・オー・ブリオン
17世紀には既に畑の名前(オー・ブリオン)で販売されたほど、ボルドーで最も早くから評価の高かったワイン
http://dmxakira.exblog.jp/2636957

*ドメーヌなひとびと:土蔵 227
タバコや、煎ったコーヒーの香りがするのが特徴です。特に熟成してから顕著ですよ
http://volnay007.exblog.jp/4067789

*Kouto's miniature garden:3連休〜ww
オー=ブリオンの1997年は完全な成功であり、第一級シャトーのなかでも最高のワインのひとつである
http://excelsis.exblog.jp/2257544

*傷病休暇:うつ病と向き合う:至福
舌触りもよく、品のあるワインだった。しばらくの贅沢は、ボルドーを中心にセカンドワインで攻めていこう
http://blog.livedoor.jp/u_kihiro/archives/50299557.html

*Social Power :[Tagebuch]
これはすごい。(確かパーカー評価92点)もち一杯だけの試飲だが、久々極上の気分を味わえた。
http://d.hatena.ne.jp/rio0401/20060424#1145881588

*DrinkS!:シャトー・オー・ブリオン
2001年ビンテージ。かすかな酸味があるかなって感じでしたが、やはりバランスの良い丸みを帯びたワインでした
http://blog.goo.ne.jp/appleworks/e/29dc625f9248a3c0542d7f1ceff08106

*やまもとブログ:生まれ年のボルドー
Ch.HautBrion(シャトー・オー・ブリオン)82年。82年生まれはやっかいである。
http://blog.livedoor.jp/dokodemodoor1212/archives/50336988.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月08日 21:40 | コメント (0)

 

ジゴンダス(フランス/ローヌ地方:産地銘柄)

「ジゴンダス(フランス/ローヌ地方:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月7日収集分=

*ワインレッド・ネット:ジゴンダス・ピエール・エギュイユ[2000]ポール・ジャブレ
ポール・ジャブレはシャーヴに肩を並べる名門。どの銘柄を飲んでも、バランスが素晴らしいワインを造っている
http://blog.wine-red.net/?eid=388294

*AKIのボルドー生活供4月22日(土) 岩山ハイキング
AOCワイン産地ジゴンダスの近くにあるモンミライユという岩山です。手前がジゴンダスの畑です。
http://ameblo.jp/akikojp929/entry-10013035575.html

*おやつ新報社:[パリからの旅]赤ワインの村ジゴンダス
信号もなく、おそろしいほど静か。太陽ばかり明るい。印象に残ったのはジゴンダス村。
http://d.hatena.ne.jp/oyatsu-shinpo/20060523#p1

*「ワインルミナリス」格安旨いワイン情報:タイユバン御用達のローヌ・ジゴンダスワイン
『このヴィンテージにおけるスターだ!!』と語るとおり、エスピエにとって当たり年。
http://blog.iconluminaris.com/?eid=276227

*りんたろうの千夜一夜:メイン。
僕のメインは牛ほほ肉の赤ワイン煮。ワインはジゴンダスを合わせました。
http://karimata.ti-da.net/e797909.html

*中年男の独り言:ワイン王国で5ツ星を獲得!エリタージュ NV
小規模ですが、その品質は認められ、今やジゴンダスを語るうえで欠かすことの出来ないドメーヌです。
http://uma888.blog61.fc2.com/blog-entry-78.html

*Y Knows Winos:友遠方より来る
明るいルビー色。梅、ストロベリー、マロラティック発酵か?キャンディーの風味。とてもパワフルな赤いベリー
http://blog.so-net.ne.jp/wino/2006-05-14

*『ワインショップいいぬま』 BLOG:最高で希少
『現存するジゴンダスのワインの中で間違いなく最高の1本』などなど、賞賛の言葉が耐えません。
http://blogs.yahoo.co.jp/takezou0810/34055391.html

* モルト ブオーノ:レ・テール・デュ・シュド 2004
「ジゴンダスのシャトー・ル・パン」とあのロバートパーカー氏に言わせたワイン香りはトロピカルフルーツ!
http://blog.goo.ne.jp/waterma/e/8c7c3eb763915c626b36c54c2fc78ea4

*少しのお酒と独り語り・・・: 4月は花見で酒が飲め・・・ナイ!?
家で【エリタージュ】を開けました♪ジゴンダスのテーブルワインですが、飲んでみると濃い濃い
http://cool-owl.at.webry.info/200604/article_4.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:赤ワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月08日 21:39 | コメント (0)

 

ズッキーニ

「ズッキーニ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月6日収集分=

*かな*ぶろ:今日の夕飯。
なす、ピーマン、ズッキーニ、トマトがたんまり入って、にんにくきいてて栄養もたっぷりかな
http://kanamama26.blog20.fc2.com/blog-entry-155.html

*焼き菓子同好会:クスクスのサラダ
サラダにするなら、パプリカ、玉葱、ズッキーニなどを角切りにして、オリーブオイル、塩、コショウ
http://coffee-greentea-tea.air-nifty.com/yakigashi/2006/07/post_9772.html

*ワイナリーウェディングとあれこれ:The St. Helena Store
青々としたズッキーニなど、どれもローカルファームで育てられたとてもフレッシュなもの。
http://ameblo.jp/liegeone-chizuko/entry-10014325320.html

*美味しい 楽しい うれしい:代々木上原 Le cabaret 週末だけのランチ
ズッキーニの入ったオムレツ その登場のときの、「ほ〜っ」と、うるうるした互いの眼ったら・・・
http://ameblo.jp/cafe-orange/entry-10014334854.html

*天使になったCOCOちゃん:ラタトゥーユ
ズッキーニ、ナス、トマトを適当に切って、タマネギ、パブリカを炒めて、赤ワインを少し入れて煮込む
http://blogs.yahoo.co.jp/kuri617/38425593.html

*Traeumerei♪のメンタルアロマ:Lecker(レッカ〜:美味しい)♪
ズッキーニサラダブルガリア風。卵黄とワインビネガー、タマネギやハーブを効かせたオランデージソース
http://ameblo.jp/traeumerei/entry-10014133563.html

*ナミノさんちのごきげんレシピ:タコとズッキーニのパスタ
タコとズッキーニの組み合わせが好きです。これから旬なので、とても楽しみです。
http://naminosan.blog67.fc2.com/blog-entry-55.html

*地球は繋がってる。:サラダ。
ズッキーニを輪切りにして湯がいて 冷たくしてモッツァレッラをのせてバルサミコ酢をかけたサラダ。
http://blogs.yahoo.co.jp/anemone8219/37750038.html

*横浜イタリア料理 Slowfood & Lohas:小エビとズッキーニのサラダ仕立て
ドイツ・ワイン、リースリング系の中辛口かフランスのシャブリがよく合いそうです。
http://jcs.hama1.jp/e758.html

*油屋ごはん:絶品!鯵のなめろうパスタ
なめろうとズッキーニの微塵切りを炒め、紫蘇ソースと白ワインを加えてソースに
http://abura-ya.seesaa.net/article/17644312.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:食材 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月07日 09:36 | コメント (0)

 

ジビエ

「ジビエ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月6日収集分=

*素敵な30代を目指して☆:記念日ネタ
新婚旅行にフランスに行って、時期がちょうど秋でジビエの解禁でとても楽しかった思い出です。
http://ameblo.jp/plumkey287/entry-10014383947.html

*酒ログ:月山山麓 メルロー無添加ワイン
餃子にも合うけど、土の匂いを感じる野菜を使ったサラダやジビエ料理にも合いそうですね。
http://syulog.exblog.jp/3332673

*『おいしい=幸せ』の法則:レストラン肴屋
ジビエ(狩猟料理)の季節には、うずらやうさぎやめずらしいお肉をお料理してくださいます。
http://blog.livedoor.jp/millesime_blanc/archives/50273793.html

*あたしたち向上委員会:料理にこだわったパーティー
「ほぅ・・・」と溜息に似た感嘆の声。鹿の背肉は臭みもなく食べやすいそうで、好評頂いたようでした。
http://blog.goo.ne.jp/seventoe2006/e/843e587f28da2f22b08dab76a88cbd9f

*サキの日記:ジビエ料理の世界
晩餐会においては、料理を味わうと同時に「狩猟の獲物を披露する」事が重要な要素となる場合も多かったと
http://blog.livedoor.jp/initialsite/archives/50751123.html

*ヴィナテリーア・タルヤスの最新情報!!:ギガルのエルミタージュ&
まさに「これはジビエ(料理)だな」って感じです。今年の秋以降のおすすめか?
http://taruyasu.exblog.jp/2314340

*東京ワンダーレストラン:東京タワー『GARB pintino(カーブ ピンティーノ』
ジビエ特有の臭みを、挽肉にする事でとっても食べ易くしあげています。
http://ameblo.jp/ikina-tokyo/entry-10012933625.html

*Modern Life is Rubbish:[days][*]ジビエ
こんなに美味しいんだ!と感動。熊とか鹿とかイベリコ豚とか、あとは猪?食べたことないような肉をたらふく
http://d.hatena.ne.jp/kiwaco/20060520/p2

*女と猫は呼ばない時にやって来る。: ラミ・デュ・ヴァン・“エノ” 外苑前
ジビエといえば秋頃がメインであるが、そんなニュースを知っちゃったものだから、とりあえず食べに行かねば
http://ridgewoodpearl.blog45.fc2.com/blog-entry-129.html

*お茶の間ワイン日記:ラ・ヴィーニュ・オート 2002 マス・クートルー
家庭料理と合わせるのは難しいかな。積極的にいけばジビエ。血や鉄っぽさを感じるものと。
http://blogs.yahoo.co.jp/n_shouten/32628958.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:食材 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月07日 09:35 | コメント (0)

 

コート・デ・ブラン(フランス/シャンパーニュ地区:産地銘柄)

「コート・デ・ブラン(フランス/シャンパーニュ地区:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月6日収集分=

*Les Caves YOSHIOKA  ♪テイスティングノート♪:ドゥラモット・
同じコート・デ・ブランでもグラン・クリュ100パーセント格付けのぶどうのみを用いているという具合。
http://blog.livedoor.jp/lescaves1/archives/50608381.html

*Ch.La Bar:ペリエ ジュエ キュベ ベル エポック 1998年
コート デ ブラン地区のグラン クリュ畑からのシャルドネ種(エレガンス フィネス 繊細さ 軽快さを与えます)
http://blogs.yahoo.co.jp/chiyko831212/5292433.html

*心に残る日のための小さなワインショップ:シャルドネの聖地!
コート・デ・ブラン地区のみに畑を所有し、シャルドネのみを生産。リュット・レゾネによるほぼ有機栽培。
http://blogs.yahoo.co.jp/adayzushi/35998384.html

*気分はシャンパーニュ♪inおかやま:アグラパール・エ・フィス・
アグラパールはコート・デ・ブランのアヴィズ村にあり名前は知っていたものの残念ながら飲んだ事はなかった
http://ameblo.jp/champagne-okayama/entry-10012518284.html

*京都で働く、くいしんぼうソムリエのワインブログ:ラ グランダム
シャルドネに関しても、コート・デ・ブラン地区の3つのグランクリュで収穫された葡萄のみを使用しています
http://ameblo.jp/rodeoflip/entry-10011906060.html

*Days of Masquerade:いつの日か…
その希少価値と、濃厚で気品あふれる味わいは、世界中のワインマニアが憧れるシャンパーニュの最高峰なのです
http://masqu.blog26.fc2.com/blog-entry-136.html

*フランスで暮らしたい、永野寿子の夢日記:フランス・シャンパーニュ
エペルネでランチをすませ、コート・デ・ブランに行く前に、先ずはドンペリニョンの銅像にご挨拶・・・
http://yaplog.jp/juriano/archive/357

*ワイン 資料:ジャック・セロス・キュヴェ・シュプスタンス
シャンパーニュ地方コート・デ・ブランのレコルタン・マニピュラン(葡萄生産者元詰めシャンパーニュメーカー)
http://dmxakira.exblog.jp/1412194

*シャンパニスト前田のシャンパーニュとレストランの日々:寿司とロゼ
コート・デ・ブラン地区最南端のVERTUS村で代々続く小さなメゾン・ドヤール。
http://blogs.yahoo.co.jp/jaqson729/28190334.html

*千の止まり木:値段がね~
19世紀にアヴィズ村に設立されたアグラパールは、ビオディナミを実践し、耕作に馬を使用している。
http://barhopper.exblog.jp/3232799

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:特殊なワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月07日 09:30 | コメント (0)

 

ピノ・ムニエ(ブドウ品種)

「ピノ・ムニエ(ブドウ品種)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月5日収集分=

*気分はシャンパーニュ♪inおかやま:フランソワーズ・ベデル・アントル・シエル・エ・テール
はめずらしいピノ・ムニエ100%のシャンパンなのでどう違うのか期待して飲んでみる。
http://ameblo.jp/champagne-okayama/entry-10014037589.html

*シャンパーニュ飲み倒れ日記:2006 FIFA World Cup Official Champagne
香りはふわりとした感じで、すごいよかったです。ひとえにピノ・ムニエの力が大きいですね。
http://chevalier.jugem.jp/?eid=8

*†酒と薔薇の日々†:MOET&CHANDON NECTAR IMPERIAL
これからの暑くなってくる季節に、ほのかに甘いこのシャンパーニュはカクテル感覚で気軽に飲める事でしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/xdays_of_wine_and_rosesx/9222420.html

*Pura Vita:Champagne Terroir Seminar
色調は濃い目。ピノ・ムニエに由来するリッチさ。フルーティさ、強さ。フルボディで長い余韻。
http://d.hatena.ne.jp/PuraVita/20060622/1151001913

*モルト ブオーノ:ボランジェ スペシャル キュベ ブリュット
ワインの迫力とでもいいましょうか、他の物とは比べ物にならないくらいです。
http://blog.goo.ne.jp/waterma/e/9daa3b5cfedec3f62f37638a119de512

*サンヴァンサン・ワインスクールブログ:プロフェッショナル基礎
ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネこれらを単体で使用したり、混ぜ合わせたりして造られます。
http://blog.livedoor.jp/chardonnay8022/archives/50333550.html

*うまい酒:シャンパーニュ
白ブドウ(シャルドネ)と黒ブドウ(ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ)をブレンドしてバランスを補っています
http://umaisake.jugem.jp/?eid=159

*tokyo diary☆:レアな
テイスティングしました。シュイィの畑のシャルドネ シルリーの畑のピノ・ムニエ アイの畑のピノ・ノワール
http://blog.goo.ne.jp/misato-n/e/46d0b24251a89aa0ad826cb26f69e0b4

*のんすとっぷモンテディオ:次の勝利の前に(湘南戦の祝杯)
ここ数年は一部をマロラクティック醗酵させずに瓶内発酵を行い、ワインに奥深さや複雑さを併せ持たせている
http://blogs.dion.ne.jp/koemon/archives/3431827.html

*AGI Site:初めての利尻島(3)
ピノ・ムニエ15%という微妙な配合で、ほんのりと甘い風味とピンク色が毛蟹にピッタリ(笑)。
http://agi-site.seesaa.net/article/17965956.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:特殊なワイン | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月06日 13:26 | コメント (0)

 

ローストビーフ

「ローストビーフ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月5日収集分=

*フリーズする脳:我が家のシェフのロースとビーフ!
お肉大好きの!主人が、自分で作り方を何処かから仕入れてきて、たまに食べたくなると、作ってくれます!
http://blogs.yahoo.co.jp/naorima888/10351931.html

*piano-lesson:BIS
「牛とうがらし肉のロースト」要するにローストビーフですな。ソースがパンにあうっ♪
http://blog.goo.ne.jp/aipi-aipi/e/05995046e2c7d95cf9beee57b3dc5c8d

*stay .fam:ワイン.ビール.私事情
アルゼンチンのトリベント.シラーマルベックローストビーフ等牛肉料理に合う、と書いて有る。
http://blog.so-net.ne.jp/spinnaker/2006-06-25

*chucoの東京日和―自由が丘・学大散歩★:NY、ぐるぐるグッケンハイムで目を回す。
。大きなローストビーフ・ゴルゴンゾーラのバケットサンドとスコーンを頂きました。
http://ameblo.jp/chuco/entry-10013655661.html

*ペコちゃんの子育て相談室:ローストビーフ!!
お肉を焼く時、すご〜く煙がでた家ではちょっと厳しいけれどキャンプでいいかも ソースがおいしかったぁ
http://blog.goo.ne.jp/gooblogz/e/59ac3bc5633840971d655326d09c3be3

*Viva!L.A.:ワインカントリーの旅 ソノマ編
ローストビーフ&チェダーチーズ、ハム&チェダーチーズ、いずれも当たり。
http://blog.livedoor.jp/beverlyla/archives/50430237.html

*文字を食べて今日も歩く:ひとりワイン
会社帰りのスーパーで、和牛ローストビーフが安かったので、「それならワインでしょ。」と。
http://ameblo.jp/sirokamomebook/entry-10013042959.html

*酒と食の日記 「ホロ酔いの戯言」:[食][ワイン]誕生日
特にこのローストビーフはうちのお気に入りでなにか有ると取り寄せます。好きな厚さに切って食べれるのが◎
http://d.hatena.ne.jp/nhl6699/20060521/p1

*CHOUETTE:母の日の晩餐
ローストビーフをオーダー。相方シェフが腕をふるってくれました。大好きなコート・デュ・ローヌのワイン付き
http://blog.livedoor.jp/olivier1908/archives/50027582.html

*かぼちゃ太陽:シャトー・トゥール・バイヤール モンターニュ・サンテミリオン
今日の夕食はチーズやバゲットなどと一緒に、フライパンで作った「なんちゃってローストビーフ」を。
http://blog.livedoor.jp/osha_manbe/archives/50493537.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:料理 | 投稿者 xbheadjp : 2006年07月06日 13:22 | コメント (0)