ワインの世界
 

ビオディナミ(無農薬有機栽培/シュタイナー農法)

「ビオディナミ(無農薬有機栽培/シュタイナー農法)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月11日収集分=

*感じる毎日。ワイン・フランス・旅・グルメ・自然:おすすめワインメモ
国際的ビオディナミの認証機関。ビオディナミ農法を実践して7年目から正式な認証が与えられます。
http://tours.exblog.jp/3349211

*Delicious Life♪:試験対策!?
ビオディナミ農法(無農薬有機栽培)で作られた葡萄が特徴。落ち着いた印象(牡丹の花?)、暖かみを感じる
http://ameblo.jp/louis-roederer/entry-10014002862.html

*青山で働くうさぎのブログ:クッチーナ - オーガニック
ワインもビオディナミ(生動物力学)、ビオロジック(有機栽培)リュット・レゾネ(減農薬)で作られたワイン
http://blog.goo.ne.jp/ao-honeybunny/e/1101984ee5f03e2ff8da7c46793195fa

*めがね君の麻布酒屋日記:キュヴェ サン・ペレ 2004 グランド・コリーヌ
日本人がフランスの南、 コート・デュ・ローヌで造ったワインです。
http://megane-sake.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/2004_8e0b.html

*今夜も飲んじゃった・・・:本当なのかい、Jolyさん・・・
『ビオディナミのワインはほとんど酸化(生命が破壊されること)しません。』
http://blog.goo.ne.jp/kascom4976/e/94ca683df73849fca18d08631a3622a3

*root higashiyama (ルート 東山):ビオディナミストたちの競演
裏ラベルに日本語で『有機栽培』という文字が。しかも、ワイン名の一部として表記されているのが面白いですね♪
http://blog.livedoor.jp/roothigashiyama/archives/50374628.html

*ワインとそら豆・・・:初登場!オリヴィエ・クザン!!
タンニンは完熟ガメイらしい柔らかな物。香りの甘さが口の中で広がり う、旨いぞ〜!!
http://blogs.yahoo.co.jp/lafeveblogs/38212478.html

*ヒノコのワインの館:ヒノコのワインに夢中NO.38
ビオディナミ農法を実践している注目のドメーヌとのことで、ワインショップの店員さんが、薦めてくれました。
http://blog.goo.ne.jp/wine21/e/540a11e862265e08e362179272055170

*貴腐(甘口)ワイン伝道師のブログ:「女殺し」?のワイン
香りは、オレンジなどの柑橘類、イチゴなどの甘い感じ。やんわりとタイムなどのハーブ系の香りも感じる。
http://winelife.seesaa.net/article/18894131.html

*s.l.o:タケダワイナリー訪問〜その3・自然な土地を・・・
1924年にルドルフ・シュタイナー氏が説いた農法。天体と植物との関係に基づいて自然の全体的な視点から体現
http://blog.goo.ne.jp/kagurazaka-slo/e/c289bfa6c7856234686edd9d2691ee4d

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月12日 18:35 | コメント (0)

 

コート・デ・ブラン(フランス/シャンパーニュ地区:産地銘柄)

「コート・デ・ブラン(フランス/シャンパーニュ地区:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月6日収集分=

*Les Caves YOSHIOKA  ♪テイスティングノート♪:ドゥラモット・
同じコート・デ・ブランでもグラン・クリュ100パーセント格付けのぶどうのみを用いているという具合。
http://blog.livedoor.jp/lescaves1/archives/50608381.html

*Ch.La Bar:ペリエ ジュエ キュベ ベル エポック 1998年
コート デ ブラン地区のグラン クリュ畑からのシャルドネ種(エレガンス フィネス 繊細さ 軽快さを与えます)
http://blogs.yahoo.co.jp/chiyko831212/5292433.html

*心に残る日のための小さなワインショップ:シャルドネの聖地!
コート・デ・ブラン地区のみに畑を所有し、シャルドネのみを生産。リュット・レゾネによるほぼ有機栽培。
http://blogs.yahoo.co.jp/adayzushi/35998384.html

*気分はシャンパーニュ♪inおかやま:アグラパール・エ・フィス・
アグラパールはコート・デ・ブランのアヴィズ村にあり名前は知っていたものの残念ながら飲んだ事はなかった
http://ameblo.jp/champagne-okayama/entry-10012518284.html

*京都で働く、くいしんぼうソムリエのワインブログ:ラ グランダム
シャルドネに関しても、コート・デ・ブラン地区の3つのグランクリュで収穫された葡萄のみを使用しています
http://ameblo.jp/rodeoflip/entry-10011906060.html

*Days of Masquerade:いつの日か…
その希少価値と、濃厚で気品あふれる味わいは、世界中のワインマニアが憧れるシャンパーニュの最高峰なのです
http://masqu.blog26.fc2.com/blog-entry-136.html

*フランスで暮らしたい、永野寿子の夢日記:フランス・シャンパーニュ
エペルネでランチをすませ、コート・デ・ブランに行く前に、先ずはドンペリニョンの銅像にご挨拶・・・
http://yaplog.jp/juriano/archive/357

*ワイン 資料:ジャック・セロス・キュヴェ・シュプスタンス
シャンパーニュ地方コート・デ・ブランのレコルタン・マニピュラン(葡萄生産者元詰めシャンパーニュメーカー)
http://dmxakira.exblog.jp/1412194

*シャンパニスト前田のシャンパーニュとレストランの日々:寿司とロゼ
コート・デ・ブラン地区最南端のVERTUS村で代々続く小さなメゾン・ドヤール。
http://blogs.yahoo.co.jp/jaqson729/28190334.html

*千の止まり木:値段がね~
19世紀にアヴィズ村に設立されたアグラパールは、ビオディナミを実践し、耕作に馬を使用している。
http://barhopper.exblog.jp/3232799

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月07日 09:30 | コメント (0)

 

ピノ・ムニエ(ブドウ品種)

「ピノ・ムニエ(ブドウ品種)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月5日収集分=

*気分はシャンパーニュ♪inおかやま:フランソワーズ・ベデル・アントル・シエル・エ・テール
はめずらしいピノ・ムニエ100%のシャンパンなのでどう違うのか期待して飲んでみる。
http://ameblo.jp/champagne-okayama/entry-10014037589.html

*シャンパーニュ飲み倒れ日記:2006 FIFA World Cup Official Champagne
香りはふわりとした感じで、すごいよかったです。ひとえにピノ・ムニエの力が大きいですね。
http://chevalier.jugem.jp/?eid=8

*†酒と薔薇の日々†:MOET&CHANDON NECTAR IMPERIAL
これからの暑くなってくる季節に、ほのかに甘いこのシャンパーニュはカクテル感覚で気軽に飲める事でしょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/xdays_of_wine_and_rosesx/9222420.html

*Pura Vita:Champagne Terroir Seminar
色調は濃い目。ピノ・ムニエに由来するリッチさ。フルーティさ、強さ。フルボディで長い余韻。
http://d.hatena.ne.jp/PuraVita/20060622/1151001913

*モルト ブオーノ:ボランジェ スペシャル キュベ ブリュット
ワインの迫力とでもいいましょうか、他の物とは比べ物にならないくらいです。
http://blog.goo.ne.jp/waterma/e/9daa3b5cfedec3f62f37638a119de512

*サンヴァンサン・ワインスクールブログ:プロフェッショナル基礎
ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネこれらを単体で使用したり、混ぜ合わせたりして造られます。
http://blog.livedoor.jp/chardonnay8022/archives/50333550.html

*うまい酒:シャンパーニュ
白ブドウ(シャルドネ)と黒ブドウ(ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ)をブレンドしてバランスを補っています
http://umaisake.jugem.jp/?eid=159

*tokyo diary☆:レアな
テイスティングしました。シュイィの畑のシャルドネ シルリーの畑のピノ・ムニエ アイの畑のピノ・ノワール
http://blog.goo.ne.jp/misato-n/e/46d0b24251a89aa0ad826cb26f69e0b4

*のんすとっぷモンテディオ:次の勝利の前に(湘南戦の祝杯)
ここ数年は一部をマロラクティック醗酵させずに瓶内発酵を行い、ワインに奥深さや複雑さを併せ持たせている
http://blogs.dion.ne.jp/koemon/archives/3431827.html

*AGI Site:初めての利尻島(3)
ピノ・ムニエ15%という微妙な配合で、ほんのりと甘い風味とピンク色が毛蟹にピッタリ(笑)。
http://agi-site.seesaa.net/article/17965956.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月06日 13:26 | コメント (0)

 

ルイ・ロデレール(シャンパン)

「ルイ・ロデレール(シャンパン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月21日収集分=

*ぽこぺんのほげほげブログ:本日のシャンパン
ワールドカップ開幕に浮かれて、開幕戦の日にルイ・ロデレール
http://blog.goo.ne.jp/pokopen34/e/eb48926ff6cb827284fdb899e46df532

*楽しく生活!:「ルイロデレール・シャンパンパーティー」
「ルイロデレール」のシャンパン5種類とディナーを楽しみました^^♪
http://blogs.yahoo.co.jp/tazu44/36471118.html

*ワインな生活:1973年もの(^^)v
ロシア皇帝・アレキサンドリア二世のお気に入りシャンパンとして君臨してきた有名なワイン。
http://seichin.ti-da.net/e850759.html

*サンヴァンサン・ワインスクールブログ:2006年6月16日 デビュタント・ステップ1
ルイ・ロデレール・ブリュット・プルミエ …きりっとした酸味とともにバランス良いしっかりした飲み応え。
http://blog.livedoor.jp/chardonnay8022/archives/50399252.html

*外資系秘書の食べたい時:シャンパンを満喫
ルイ・ロデレールの副社長を招いての試飲会。幻の’82のロゼまで飲めるとあって、ワクワク!
http://ameblo.jp/meg1/entry-10013622271.html

*DOLORES'S JOURNAL美味しく美しく:☆.。・:*:・゜泡・泡・泡 ・。:・゜'☆
ローラン・ペリエはアロマが洋梨の感じで、味わいはさわやか、適度なコクがあり、好きなタイプ。
http://blog.so-net.ne.jp/cuvee_mon_felicite/2006-06-11

*DUCA DUCA:だめだ・・・酒だ・・・
香りたっぷり、果実味たっぷりで、酸味も十分でコストパフォーマンス的には悪くないかな
http://blogs.yahoo.co.jp/maty_duca/7345374.html

*理恵香の独り言♪:シャンパン祭り♪
私の1番愛する最高級?!なシャンパンルイロデレール・クリスタルですわ!
http://blog.goo.ne.jp/riekachan/e/7529e1f51014bd59090fc912152a51bb

*SPARKLING DIAMONDS:CRISTALあけちゃえば
当時、気温の問題でクリスタルボトルに込められたシャンパーニュだった事から「CRISTAL」命名された。
http://ruinart.exblog.jp/2401354

*バニアンツリー:引っ越すんだね〜
瓶ですらクリュグとかロデレールとか捨てたくない いつになったら片付くのやら・・。
http://itiko.cocolog-nifty.com/itiko/2006/06/post_501d.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月25日 17:32 | コメント (0)

 

コート・ド・プロヴァンス(フランス/プロヴァンス:産地銘柄)

「コート・ド・プロヴァンス(フランス/プロヴァンス:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月25日収集分=

*マヴィ〜La vie en vin bio〜:クロアチア戦・・・
白はすっきり爽やかなタイプ、赤はしっかりしたコクのあるタイプ
http://ameblo.jp/mavie/entry-10013798436.html

*こぉりゃぁええ:お手軽ワイン2
プロヴァンスらしい程良いコクと少々スパイシーな味わい。
http://blog.goo.ne.jp/nakaji-x/e/c5e34a93074c799fd2324191f23788e2

*お茶の間ワイン日記:コート・ド・プロヴァンス・キュヴェ
いちごやそのジャム、チェリーリキュールなどの風味。酸がしっかりとしていて、ミネラル感と底辺を支える
http://blogs.yahoo.co.jp/n_shouten/35979811.html

*06ニース健康生活記:結婚記念日のランチ
ちょこっと写っているように、コート・ド・プロヴァンスの白ワインを食前酒に頂きました。
http://nicekenko.seesaa.net/article/18850541.html

*Soyez les BIENVENUS ! フランス便り:楽しいデギュスタシオン会
”太陽のワイン”と一口にいっても、様々な味わいがあります。そんなことも多様性のあるワイン
http://blog.livedoor.jp/parismidori/archives/50671280.html

*ワイン好き?:フランスの油のつづき、マリアージュ!!!
プロヴァンスも例外で東の産地ですが、左の様な形(いかり肩)のボトルに入っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/fuefukusommelier/6401052.html

*Office Coyote に ようこそ!:昼間のお酒
味は、軽めでおとなしくまろやか、って感じ。「赤は渋いから苦手」と言う人でもくいくいいけちゃう味です。
http://blogs.yahoo.co.jp/fuefukusommelier/6401052.html

*食べ物中心。パリ生活。:ロゼ.ワイン、始めました。
今年、初のロゼ・ワインは、南仏のおみやげでいただいた、パリではなかなか見つけにくいChateau Minuty
http://farafel.cocolog-nifty.com/escargot/2006/05/post_725d.html

*satoshi's 飲んだくれ日記:BARON GASSIER ROUGE
南仏プロヴァンス地方の産と・ヴィクトワール山麓に広がるぶどう畑からバロン・ガシエは生み出されます
http://satoshis-sake.seesaa.net/article/15963991.html

*今日の役に立たない一言:10回目の結婚記念日
コルクを抜いただけでいい香りがただよってきた。グラスにそそいで軽く口に含んでみる。
http://d.hatena.ne.jp/satoshis/20060401#p2

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月25日 17:25 | コメント (0)

 

ドンペリニヨン(シャンパン/ロゼシャンパン)

「ドンペリニヨン(シャンパン/ロゼシャンパン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月22日収集分=

*王子様と私〜香港でポメラニアンと生活する〜:日本対クロアチア
いつ飲もうかと思ってたけど昨日がその日になったわけできりっとしておいしかった。後味がいいという意見も
http://blogs.yahoo.co.jp/marygreenr/38102818.html

*〜kuuko...Trouble☆Diary〜:初ピンドン。
しかも色がすんごい綺麗なピンクで、いつまでも泡が下からシュワシュワしててうっとりしちゃいましたよ。
http://blog.livedoor.jp/takano810/archives/50231021.html

*茂木健一郎 クオリア日記:ドンペリ経済学
ドンペリ経済学。 たくさんの分身に散らばり、みんなが幸せになりました。
http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2006/06/post_8512.html

*いつか女王www:サボリ癖w
そば飯に、シャンパンです!!そしてこのグラスがまた最高♪♪♪
http://love-diary.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_cb62.html

*WINE DIARY:5月27日 バーベキュー
ドンペリ エノテーク 92 しっかり濃い泡。白ワインを飲んでるよう。岩牡蠣とばっちりの相性。
http://iwayoo.blog2.fc2.com/blog-entry-251.html

*ぐりぐり日記:シャンパン
ドンペリのロゼくらいですが、きめ細やかな泡や口当たりはやはり最高でした。
http://blog.livedoor.jp/ukiukiguri/archives/50882958.html

*Ch.La Bar:キールロワイヤル
マジでうまい!!びっくりするくらいウマイ!ご馳走してくれた社長が「幸せそうな顔やねぇ・・・」と
http://blogs.yahoo.co.jp/chiyko831212/5212972.html

*夢ならいいのに:ドンペリニヨン
今日初めてドンペリ飲んだ。白だけど。
http://blog.livedoor.jp/rainy12_23/archives/50198076.html

*だらだらダラス:どんっ
まず、その美しい輝きで魅了します。そして、白桃、砂糖漬けのレモン、といった繊細できりっとした香り
http://daradalla.exblog.jp/3905577

*母ちゃんの育児日誌〜1歳1ヶ月差の年子たち〜:ワイン
ドンペリより美味しいって書いてあるので、いつか飲んでみたいけど、高すぎてなかなか手が届かなかった
http://ikuji.at.webry.info/200603/article_14.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月23日 07:37 | コメント (1)

 

グリーンポイント(オーストラリア:ブランド銘柄)

「グリーンポイント(オーストラリア:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月21日収集分=

*ソムリエうり!!のお酒好きブログ!!!:おいしいスパークリングワイン♪♪
昨日買った「グリーンポイント」のロゼを、今日飲みました〜(^▽^)めちゃくちゃおいしい〜!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/uri_hana76/8588383.html

*まったり徒然日記ver2006:先週末から色々ありました〜
写真はモエエシャンドン社のグリーンポイントです 飲みすぎだわ。
http://blog.livedoor.jp/f2003ga11/archives/50627466.html

*女☆東京☆深酒日記:最近、お酒の記事ないので…
モエ・エ・シャンドン社がオーストラリアで造ってるスパークリングです。細かい泡立ちで、喉ごしがいい
http://blogs.yahoo.co.jp/rie_rie0206/7788196.html

*にわかキャンパーの『ひとりごと』:結婚記念日2
食後に・・・差し入れのグリーンポイントのピンクスパークリングの登場です
http://www.doblog.com/weblog/myblog/61650/2569053#2569053

*骨川すね夫のすねちゃま日記:グリーンポイント・ヴィンテージ・ブリュット・ロゼ
色は淡いピンクで、ラズベリーなどの甘酸っぱい感じで酸味はあまりなく、辛口にして飲みやすいです。
http://blog.goo.ne.jp/tyara_zou/e/e23adb7aa1befed63cec08b3055bfc99

*きゃろぶろぐ:ワインオーストラリアテイスティング2006
グリーンポイントでロゼのスパークリングが出るそうです。現地で売ってるシャンドンのロゼNVと同じものだそう
http://blog.livedoor.jp/caroblanc/archives/50799050.html

*ソムリエうり!!のお酒好きブログ!!! :モエさんとシャンドンさんのおはなし。
オーストラリアでモエ・エ・シャンドン社が作っているんです。だけど、価格はフランス産の半分くらい!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/uri_hana76/3481114.html

*ノワイエ:メイドの休日。
グリーンポイントでも充分贅沢。泡立っててアルコールならいいの。
http://blog.goo.ne.jp/lolita884/e/e6a557ecc3d3daaf50810721230991d2

*木製ブラインドとシステム家具 の伝道師:最高に美味しい!!スパークリング
赤も美味しいのですがスッキリ感で白をお勧めいたします。オーストラリアの爽やかな感じがするスパークリング
http://blogs.yahoo.co.jp/taharasyoukai/30851571.html

*東京散歩:デビュー
ウエルカムスパークリング、もちろんグリーンポイント・・・をおかわりするほかにすることないし。
http://blog.goo.ne.jp/nsazb_gonta/e/0fd4cd08d8e9f891d557b2755d08c463

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月21日 21:01 | コメント (0)

 

アスティ・スプマンテ(イタリア/ピエモンテ州:地域銘柄)

「アスティ・スプマンテ(イタリア/ピエモンテ州:地域銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月21日収集分=

*横浜都民のひとりごと:横浜都民のひとりごと
カペッタ・バレリーナ・アスティ・スプマンテ 女性にもすごく飲みやすいスパークリングワインだと思うよ。
http://blogs.dion.ne.jp/ssacura32tl/archives/3586793.html

*テキサス ブログ:キリット冷えたスパークリングワインで乾杯!
これがフルーティーで爽やか!職場の同僚と一緒に飲んだけど、女性の評判が特に良かったです。
http://blog.livedoor.jp/texasblog/archives/686156.html

*Youichi’s Log(分家):アスティ・スプマンテ
これのでっかいのあります?''って聞いたらアスティ・スプマンテ・オルゾーラを指差した。
http://d.hatena.ne.jp/youichi/20060610#p3

*ALOHA LIFE:チーズボード&ナイフ
明日はアスティ・スプマンテを飲む予定なんですが(私の飲める数少ないスパークリングです。。)
http://blogs.yahoo.co.jp/poohparty2000/7355379.html

*貴腐(甘口)ワイン伝道師のブログ:お手頃甘口スパークリング・ワイン!!
香りはまさにマスカット。あと夏草のようなさわやかな香りも。味わいもマスカットジュースを飲んでいるよう
http://winelife.seesaa.net/article/18975565.html

*あなたの「幸運引き寄せパワー」をUPさせるヒント:超簡単!絶品ブルサンチーズのパスタ
新鮮さを保つ為に、注文を受けた分、年に3回の出荷しかしないそうです。
http://kouun.jugem.jp/?eid=245

*びゅーてぃふる☆らいふ 〜わたしのあるばむ〜:京都日記〜夜のお楽しみ編〜
カペッタ バレリーナ アスティ スプマンテとりあえず私はスパークリングワインが呑みたかったのでコレを注文
http://blogs.yahoo.co.jp/happy_go_lucky0617/35741444.html

*「器スタイリスト」のこだわりブログ☆☆:*.*:大切な方を招いての
アスティのスプマンテでかんぱ〜いと始まった我が家のパーティ。
http://ameblo.jp/yokorose311/entry-10013030980.html

*Garden Cafe' Kimagure Blog:下戸、下戸、下戸・・・
マーティーニ・アスティ・スプマンテ 甘口のスパークリングワインで、下戸の私にはとても美味しく飲めました
http://blog.so-net.ne.jp/gardencafe/2006-05-29

*OL1年生の挑戦:素敵な記念日
「アスティ・スプマンテ」これが固有の銘柄というよりも、イタリアの「アスティ」地方の甘口シャンパンの通称
http://blog.livedoor.jp/sakurachu/archives/50416060.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月21日 20:59 | コメント (0)

 

ル・カノン(フランス/ローヌ地方:ブランド銘柄)

「ル・カノン(フランス、ローヌ地方:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月18日収集分=

*ワインとそら豆・・・:新ヴィンテージ登場です! 毎年必ず買うワインです
澱が無い!!!濁ってないんです!いつもは濁りロゼと紹介してますが、今回は見た目クリーンな感じ。
http://blogs.yahoo.co.jp/lafeveblogs/37940782.html

*流離う大阪人:ル・カノンNV(2005) ラ・グランド・コリーヌ (赤)
そしてその名の「気軽にやろう!一杯やろう!」という言葉の意味が優しく伝わってきた。
http://blogs.yahoo.co.jp/leon0990/37516199.html

*ラバール通信:そして伝説へ…
無ろ過なんでかなり濁ってます♪かなりシュワシュワと発泡、桃の様なフレッシュ!な果実実♪
http://d.hatena.ne.jp/labaruyasuhiro/20060604/1149418229

*お茶の間ワイン日記:月末試飲
できたてのワインという表情。プラムやラズベリーの酸を伴うフレッシュな果実味。
http://blogs.yahoo.co.jp/n_shouten/35540582.html

*オヤヂの気持ち:ル カノン
大岡さんのル・カノン・ロゼにぴったり合って、わたしにとっては、思い出に残る最高のワインの一つになった
http://blog.livedoor.jp/coffee2cv/archives/50478518.html

*本日のワイン!:ヴィオワイン、全て良いわけでは?!
日本人の大岡さんが作るワイン。日本人だけに応援したいの ですが、香り、味とも優しいほっとする味わい
http://blogs.yahoo.co.jp/br01855/36591097.html

*ノム・ウツ・カウ日記:La Grande Colline LE CANON blanc ('04)
先日の’05プリムールに続いて、ル・カノンの2本目。濃い目の黄金色。底には柔らかそうなオリが少し。
http://blogs.yahoo.co.jp/kikum8148/36086968.html

*映画とワインと美味しい時間:Kビールでワイン
日本人・大岡氏が作ったロゼ・ペティヤン。香りは甘いのだが、味は結構ドライ。
http://d.hatena.ne.jp/meganekun/20060518

*少しのお酒と独り語り・・・:高遠へ行って来ました♪
【ル・カノン ロゼ・プリムール】何せ、この色にエチケット(→)まさに今日のためのワインでしたネ(笑
http://cool-owl.at.webry.info/200604/article_7.html

*うわのそら日記:森のつぼやき・・・
コートデュローヌ 大岡弘武氏の作品です。初春の頃をみこし、うわのそらで隠し持っておりました
http://blog.uwanosora.net/?eid=127547

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月19日 08:10 | コメント (0)

 

パイパー・エドシック・ブリュット(シャンパン)

「パイパー・エドシック・ブリュット(シャンパン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月15日収集分=

*Beyond SF Bay:アジア旅行記: SQ16便 SIN/ICN
ほたてが出てきたら、泡です。(きっぱり)パイパー・エドシックの99年をもらいます。
http://ameblo.jp/koba-sf/entry-10012018786.html

*カウンター@Monkey Temple&飛猿(HI-EN):大人のお店「飛猿」
カンヌ映画祭の公式シャンパンというウンチクもバッチリだし、比較的安めでおいしいですよね。
http://blog.livedoor.jp/momo_and_dach/archives/50426389.html

*芳晶せいじのうぶ毛のじかん:パイパーエドシック。
シャンパンメーカー『パイパーエドシック社』前やな。今から会議とテイスティングやねん。
http://blog.livedoor.jp/houzyou_seiji/archives/50721247.html

*★ ★ 南風 (はえ) ★ ★ :家ご飯
ラベルが派手なピンク色ですが、中身は素敵なシャンパンで、すっきりとしていて、細かい泡立ちもきれい
http://d.hatena.ne.jp/mxh00143/20060518

*ナ ナ ぶ ん の ナ ナ 。:パイパー・エドシック ピパリーノ。
赤いボトルに黒いストローがオシャレ♪ストローには「PIPER」の印字があってカワィィ♪
http://blog.livedoor.jp/nana2006sml/archives/50196003.html

*宝島のチュー太郎:新居浜小売酒販青年会
トップバッターはパイパー・エドシック・ロゼ・ソヴァージュ 私には酸味が強すぎて、味が広がっていかない
http://blog.goo.ne.jp/shiroikyoto/e/d169d8874df78ee93fa0b19bb3a14f7e

*シャンパン党:ピペ・エドシック(パイパー)
真紅のエチケットがとても鮮やかなピペ・エドシックは派手な人に好まれるシャンパンです。
http://www.chanpan.com/archives/m7.html

*とりあえず。:ハウステンボス・食の饗宴・酒1
ストローで飲むベビーボトルシャンパンを思い出しました。同じワイナリー?らしいです。
http://blog.goo.ne.jp/gooblog310sekkof/e/1d6991dae39fddda27e2239c2be84b3a

*R246 side story:[食]帝国ホテル大阪 レ・セゾン
シャンパンといえば最近パイパー・エドシックの赤い小瓶のものがそこら中のお店で置いてて流行ってますね。
http://d.hatena.ne.jp/mistress/20060506/p2

*D-Dining:「パイパー・エドシック・ピパリーノ」
かつてはフランス王室をはじめとする世界14の王室ご用達シャンパンとして名を馳せ
http://blog.so-net.ne.jp/d-dining/2006-04-27

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月16日 13:30 | コメント (0)

 

シェリー(酒精強化ワイン)

「シェリー(酒精強化ワイン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月14日収集分=

*HIRO's Diary:アンダルシア旅行
Tio Pepeのボデガ(ワイナリーのこと)行ってきました。シェリーのふるさと、行ってみたかったので念願でした。
http://blog.livedoor.jp/uttiy01/archives/50574067.html

*のんだくれ日記♪:ティオペペ
ちょうど最近飲みたいなと思っていたので、シェリー酒の売っているお店へ行ってみた。
http://ruckystyle.jugem.jp/?eid=180

*ぐだぐだ日記 〜 今宵も 三宮の街で:絶品タパスでムイ・ブエナ!
絶品タパスにスペインビール、シェリー酒とエセ関西の笑いどこまでもラテンな夜、なわけでした
http://blog.livedoor.jp/guda_guda_55/archives/50433513.html

*もし紅の豚がダーツ始めたら:珍酒!!
一言で言うと初めて飲みました マジうまいよもともと保存を目的としたから樽で寝かせたみたい。
http://blog.livedoor.jp/ksk5212/archives/50564631.html

*とはずがたりblog:フラメンコディナーショー
晩御飯にシェリー酒と赤ワインをチャンポンと来たらフラメンコのヒール音も子守歌。船も漕ぎます。
http://magia.at.webry.info/200606/article_10.html

*いずへいのうまいもん日記:好きです!『ティオ ペペ』
「ヘレス・デ・ラ・フロンテラ」地域で造られる、ブランデーを添加したフォーティファイド・ワインです
http://blog.livedoor.jp/izm76/archives/50574221.html

*Orange chocolate:鱧の梅肉のり巻き天ぷら
テアペペのシェリー酒を食前に。このマリアージュはどうだったのかしら?
http://orangechocolate.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_0245.html

*宝島のチュー太郎:シェリー酒
その昔(大航海時代)、長い船旅に耐えられるように、ブランデーを加えて強いワインにしました。
http://blog.goo.ne.jp/shiroikyoto/e/cbbd80560f56251c0c40a7ef48aa0cbf

*バニラエッセンス一気飲み!:67)梅雨が来る前に
シェリー酒を頂きつつ、初イベリコです。 ゴルゴンゾーラのようなブルーチーズ系のかほり。
http://felix-cafe.air-nifty.com/cat/2006/05/67_e432.html

*一期一会:『シェリー酒』中瀬航也著
基本的な種類には三つ、「フィノ」「オロロソ」「アモンティリャード」がある。
http://blog.so-net.ne.jp/tsu-tan/2006-04-11

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月14日 21:54 | コメント (0)

 

フレシネ(スペイン:ブランド銘柄)

「フレシネ(スペイン:ブランド銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月13日収集分=

*Jack Amano's Blog:スパークリング ワインほか
CAVAの「Freixenet」(フレシネ)・赤・辛口。Cavaの二本は暫く保存して来客時に飲む予定。
http://amano.tea-nifty.com/amano_jack/2006/06/post_339d.html

*のほほん家族の徒然日記:結婚記念日
シャンパンは、以前飲んでみて比較的、安くておいしいサントリーで発売しているスペインの「フレシネ」
http://ameblo.jp/yasskazu/entry-10013488118.html

*小川内初枝ブログ B級生活ぼちぼち日記:先輩
彼女から、お土産の“フレシネ”というスパークリングワインを、手渡されました。
http://blog.livedoor.jp/jackpot0411/archives/50524573.html

*マヒマヒ情報館:フレシネ・セミセコ・ロゼ (中瓶)
ロゼはグラスの底と上で色にグラデーションかかるので見た目がいい。ほんのり甘くたまには良い
http://blog.livedoor.jp/arihito37/archives/50519763.html

*vin et pain et petit gateau:暑くなってブル白☆
スペインのスパーク。暑くなったからね〜 泡がおいしいよ〜〜!
http://blog.goo.ne.jp/artdevivre_1958/e/2d2e3f7315f8083bc7be2d3510dab01a

*BCNネタ!:カヴァのボデガ
中でもフレシネというメーカーは輸出に力を入れていてクリスマスになると日本でもCMやってるらしね。
http://blog.goo.ne.jp/santcugat/e/a59788e2c40f9caec72207c31c717990

*The Days of JAZZ and Wine:Freixenet Coldon Negro
「世界で一番よく飲まれているカヴァ(スペインのスパークリングワイン)ですよ」、ってイチオシでしたね〜
http://criediva.exblog.jp/2290591

*気ままに。。。:THE WINE
スペインのカタルーニャ地方のスパークリングワイン、カヴァです!キリっと冷やしていただきました!
http://blog.goo.ne.jp/pato-13/e/6f9b356a1049daf8c1b1e91f8cfe3afd

*TOKYO web Bar「カクテルラヴァーズ」:☆KIR IMPERIAL☆キールロワイヤルより
機目細やかな泡立ち、上品な香り、そしてさわやかな辛口と三拍子揃ったスペインのスパークリングワインです
http://blogs.yahoo.co.jp/whiskycat2001/32659674.html

*片桐純也のお仕事&お酒blog:ドンペリ
「フレシネ・コルドン・ネグロ」ってのはスペインでつくられたものなので「カヴァ」に分類されるというわけ
http://junyakatagiri.seesaa.net/article/14573851.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月14日 15:09 | コメント (0)

 

プロセッコ(ブドウ品種/発泡ワイン)

「プロセッコ(ブドウ品種/発泡ワイン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月13日収集分=

*のぶさんのダーツとお酒とお散歩と:ミニボトル飲み比べ
確かにスプマンテの方が炭酸が強く、辛口だけど、フリツァンテも充分イケる。
http://nobusan.livedoor.biz/archives/50631335.html

*Ma Vie Quotidienne 〜私の日常生活〜:イタリアおめでとう!・・・
辛口かつフルーティで飲みやすく、アワが長い時間出続けていて目でも舌でも飽きませんでした。
http://blog.goo.ne.jp/sympa1210/e/4e10a7eb9a75306bef456018f17a0087

*ヨコハマ中心的生活:呪縛は解かれた..
ミネラルを多く含み,ボリューム感ありあり.辛口の白ワインのさっぱり感とは異なり,コクがあって旨い.
http://blog.goo.ne.jp/pjdw_99/e/a2c09cae3010f6dd972e9e8ffe5c1b9e

*流離う大阪人:スプマンテ プロセッコ・ディ・ヴァルドッビアーデネ
飲みながらの読書。お供はこのスプマンテ。決して辛過ぎるという感じではなく爽やかな辛さだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/leon0990/39013313.html

*青蛙茶坊:[飲む]白の時代
リオンド・プロセッコ(フリッツァンテ)は、ベネト州特産品種プロセッコ(Procecco)。
http://d.hatena.ne.jp/TreeFrog/20060708/1152352712

*cucina italiana TESORO:スプマンテのリスト
後口に心地よいリンゴや洋梨などのフルーツの香りが後を引きます。繊細な味わいの最上級プロセッコです。
http://blog.livedoor.jp/tesoro_vino/archives/50259610.html

*Ciccia ricciaのイタリア:Bellini
いつもプロセッコを買うワイナリーに寄って濾過されていないプロセッコを一箱買ってきました。
http://ciccioriccio.blog18.fc2.com/blog-entry-166.html

*酒:【サンテロ、天使のプロセッコ】
穏やかで快い果実風味のある特徴的な香り。繊細で溌剌とした泡立ち。ほどよいほろ苦さが食事と良くあいます
http://punisuhenebe.blog67.fc2.com/blog-entry-131.html

*Ciccia ricciaのイタリア:CANEVANDO
CANEVANDOとは、Valdobbiadene地方、地元のプロセッコと郷土料理のプロモーションのフェスタ。
http://ciccioriccio.blog18.fc2.com/blog-entry-164.html

*かぼちゃ太陽:サンテロ 天使のプロセッコ
泡立ちは強すぎず弱すぎずといったところ。プロセッコらしくすっきり軽い味わい。
http://blog.livedoor.jp/osha_manbe/archives/50601546.html

=2006年5月31日収集分=

*La Collection d' Hiro:ビゾーニョ再訪
ワインは、最初にプロセッコ(おそらく北イタリア地方産だと思います)をグラスで
http://ameblo.jp/bravissimo115/entry-10012953086.html

*アルピーヌ ALPINE あるぴーぬ:アスパラ&プロセッコ
今年最後のアスパラに、イタリア東北部の微発砲ワイン、プロセッコを抜いてみました。
http://a110.exblog.jp/3145322

*ありがとう:食前にはやっぱり…
日本でもあると思うんだけど、ハッピーアワーの時間帯にBARでおつまみとプロセッコというスパークリングワイン
http://tomokina.blog67.fc2.com/blog-entry-5.html

*しゃとー・だんぼ〜る:しゃとー・だんぼ〜る
スープは薄味で繊細。透明感のあるドライなプロセッコとお互いに邪魔せず、絶妙の組み合わせです。
http://ch-dambeaul.jugem.jp/?eid=29

*KASU'S LUNCH:しつこい
友だちと飲みに行ったら、そのまた友だちに「俺飲まないから」とプロセッコ頂きました。ラッキー。
http://kasuslunch.exblog.jp/3508872

*こにくのオーストリアの街角から〜Servus:5月24日 ra'mien!
待っている間にはProsecco/プロセッコのサービスあり(^^♪ 今日は何故か食後にもう一杯サービス
http://koniku.exblog.jp/3952633

*パッパ雑記:地中海の招きにあひて
ヴェネツイアの船旅で着く、ブラノ島のリストランテで昼からプロセッコを飲み干したあの日々が懐かしい。
http://blog.livedoor.jp/takotako05/archives/50824344.html

*WINEは、ワタシを駄目にした.......!?:平成18年5月21日(日)のワイン
色合いは、やや薄めの黄金色。香りは乏しく、柑橘類の緩―い香りが、しました(かな)。
http://ameblo.jp/upsidedowninsideout/entry-10012728010.html

*ソムリエうり!!のお酒好きブログ!!! :最近バタバタで。
特にプロセッコというぶどうを使ったものは、価格もリーズナブルで、味もさっぱりとして飲みやすい!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/uri_hana76/5385194.html

*まるでaya:イタリア旅日記2
スプマンテを頼むともう売り切れた、かわりにプロセッコ(イタリアの発泡ワイン)ならというので頼む。
http://blog.so-net.ne.jp/allaya/2006-05-07-1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月31日 16:13 | コメント (0)

 

自然派ワイン

「自然派ワイン」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月235=

*酒はロマンの日々:ドメーヌ・スーリエ 2004
自然派ワインでこの味でこの値段は立派。最近は自然派ワインも安くおいしくなりました。
http://matsukichi.blog49.fc2.com/blog-entry-32.html

*ワイン日々是好日:コルクではなくガラス栓
自然派ワインが話題になってきてますが、今回はコルクではなくガラス栓を採用したワイン。
http://ameblo.jp/winelife117/entry-10012759006.html

*シアンdinner:ゲヴュルツトラミネール・ヴァンダンジュ・タルディヴ
香りが良く、飲むと「え?これ旨いぞ」と感動。ゲヴュルツトラミネールという葡萄は早熟成だそう
http://blog.so-net.ne.jp/marlymoon00/2006-05-23-1

*LOHASなブログ『mayu-log』:ヴァン・ナチュール
ヴァン・ナチュールって聞いたことありますか?日本では自然派ワインと訳されているワインです。
http://blog.goo.ne.jp/lohas-mayura/e/05b35b3e41e57f394fc97f06d1e68fcf

*root higashiyama (ルート 東山):【自然派ワイン紹介】レゾーレリアン
古くからの格付けにこだわることをあえて拒否して、格落ちワインになることを厭わずに美味しいワインを
http://blog.livedoor.jp/roothigashiyama/archives/50273056.html

*Koichiのワインメモ: ミディ・キャトーザー
まだまだ、飲み手も、作り手も自然派のワインは到達点を考えていく必要があると思いました。
http://tache.at.webry.info/200605/article_8.html

*流離う大阪人:Bar a Vin DAIGAKU
ワインは自然派で、私にとって非常に魅力的なものばかり。
http://blogs.yahoo.co.jp/leon0990/36566907.html

*ワインとそら豆・・・:早く飲みたくて買っちゃいました!
重いかな?と思った瞬間、軽やかに吸収されていく・・・まさに自然派!!
http://blogs.yahoo.co.jp/lafeveblogs/36508110.html

*初めてだったの頃の気持ちを忘れずに持ち続けたい:[日本ワイン]ルミエール訪問
自然農法をブドウ育成の1つの手法として取り入れつつも、その中で先人の知恵に経験則を元に臨機応変に対応
http://d.hatena.ne.jp/okkuu-daaman/20060520/p3

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月26日 11:47 | コメント (0)

 

レコルタン・マニピュラン/RM(シャンパン分類)

「レコルタン・マニピュラン/RM(シャンパン分類)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月27日収集分=

*ウキウキ日記:今日のワイン(エグリ・ウーリエ)
なんとクリュッグやボランジェと同等のランク評価されたシャンパーニュなんです。しっかりとコクのある味わい
http://ukiukinikki.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_bf9b.html

*資格ゲッターが行く!:今日飲んだワインです(Andre Beaufort ROSE Brut)
モンターニュ・ド・ランスのアンボネイに本拠を置くビオディナミのレコルタン・マニピュラン
http://blog.livedoor.jp/take7211/archives/50893265.html

*気分はシャンパーニュ♪inおかやま:エグリ・ウーリエ・ブリュット・トラディション
アンボネイ村にあるRM(レコルタン・マニピュラン)のエグリ・ウーリエを飲み友達と一緒に飲んだ。
http://ameblo.jp/champagne-okayama/entry-10012762000.html

*青木冨美子の公式blog:葉山考太郎手作り “シャンパン・チェア”の教え
小規模生産者RM(レコルタン・マニピュラン)の『ゴドメ』のミュズレを使っているところがなかなかニクいです
http://blog.so-net.ne.jp/non-solo-vino/2006-04-28

*Molto Vivace:そしてまたUOMOに・・・
RMは小規模な業者であることが多いので,メゾン数はNMの20倍ほどあるんですが,輸入量は全体の5%程度.
http://moltovivace.jugem.jp/?eid=97

*ワイン 資料:ジャック・セロス・キュヴェ・シュプスタンス
シャンパーニュ地方コート・デ・ブランのレコルタン・マニピュランRM:葡萄生産者元詰めシャンパーニュメーカー
http://dmxakira.exblog.jp/1412194

*ヒノコのワインの館:FOODEX2006 3分インタビュー
J.M−Gremilletは、RMのメゾンでワイン専門誌で高い評価を得ている。
http://blog.goo.ne.jp/wine21/e/811dbccc69a3673c49edaac62b8f7d47

*Rouge et Blanc:Pierre Paillard Brut(ピエール・パイヤール・ブリュット)
香りは、イースト、バター、蜂蜜。。ちょっとランシオ香もします。泡も繊細
http://vino.txt-nifty.com/aquavita/2006/03/pierre_paillard_dfc1.html

*ふくしま日記:あかんわ・・
シャンパーニュも有名どころは無くて、レコタン・マニピュランばかり。
http://blog.goo.ne.jp/tamuyasu/e/a8784f651372600634c828c8ab067219

*ワインの会(ワイン会):ボルドー1967年ワイン会
RM(レコルタン・マニピュラン)のマグナムを2本用意しました。Forget-Cheminは今回初めてですがクリーミー
http://blog.livedoor.jp/snow_neige/archives/50383307.html

=2006年5月19日収集分=

*☆在星☆バーテンダーの日記:<最近、流行のRM>
見ているだけでハッピーになるような、かわいいピンク色は、ここから来るのかな?
http://mixologist.blog12.fc2.com/blog-entry-14.html

*東京イーストエンドのベンチャー社長日記:お祝い
葡萄栽培、醸造、販売まで一手に行う小規模生産者の事 そういう生産者の中でも有名なものです
http://ameblo.jp/g-ate/entry-10012330823.html

*今夜もワインで乾杯!?:リシャール・シュルラン
ここ10年間農薬を使用していない、そんな土壌からとれたぶどうを使っているそうです。
http://ameblo.jp/yu3724/entry-10012270699.html

*テーブルコーディネートができるまで♪:のほほん・シャンパーニュを楽しむ会 シャンパーニュ編♪
どちらもRM(レコルタン・マニピュラン)自社畑の栽培から醸造まで行う小さな生産者のこと。
http://ameblo.jp/florencesumie/entry-10012193887.html

*カラフルネス:レコルタン
レコルタンは、作り手のこだわりがつまっているから至上のシャンパンなのだ
http://ameblo.jp/tanukineiri/entry-10012101529.html

*まっちゃんのバーテンダー王:今日のお酒。
家族経営みたいな小さな所で生産される物もあるわけで、そんな地酒感覚の所を【レコルタン・マニピュラン】
http://blog.livedoor.jp/bar_gaia/archives/50204660.html

*アル中生活のすすめ〜ピカログ〜:想い出〜RMとNM
この建物はレコルタン・マニピュランの雄、ジャック・セロスで、底冷えのする2月の朝8時ごろだった。
http://blog.livedoor.jp/picarle/archives/50520541.html

*徒然わいん:Champagne Brut Grand Cru Godme Pere et Fils
やはりChampagneのBlanc de Noirかな。ということで、レコルタン マニピュランの黒葡萄の泡を選びました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tsuredsure_wine/33647040.html

*TASTING CUBE:ウチのシャンパーニュいかがですか?
優れた作り手によるRMのシャンパーニュには、大手メゾンを越える味わいを持つ銘柄も多く、日本では最近人気
http://blog.goo.ne.jp/bigcarriexp/e/e1e651cadf4e5ae1ad8b817dccbf3c78

*ニャンコの手本舗:シャンパン飲んだ
幾億もの泡の星、プチプチと弾ける幸せの音、シャンパンゴールドの煌めき、食事にピッタンコの辛口と
http://blog.goo.ne.jp/nyararin/e/4b65aa0cce9e66384e673b6d99904cd0

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月19日 23:08 | コメント (0)

 

トカイ(ハンガリー:産地銘柄)

「トカイ(ハンガリー:産地銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月13日収集分=

*今日の生ダラ!なら生マナガツオ?:世界の中心で「栓が開かない」と叫ぶ
普通のワインの瓶ではなく、ブランデーを入れておく様な透明なガラスの容器に入ってるものを買いました
http://iru.jugem.jp/?eid=312

*みぃ&やぁのブーフーウーな生活:中欧旅行(5日目) ハンガリー・ドナウベンド
名物ならば飲まねば! 昼食のレストランで注文しました。甘いんですが、香りが良いですね。
http://blog.goo.ne.jp/ibaty/e/97b06f7ebeaa121c64ebd1a438d5c03f

*自称カリスマバーテンダー569の日々:トカイ・アスー
トカイ・アスーはルイ14世が「ワインの王様」と称えたワインです。一日の疲れが取れるエレガントな甘さ。
http://ameblo.jp/569269/entry-10013234569.html

*貴腐(甘口)ワイン伝道師のブログ:トカイワインのこれだけは知っとこ
トカイ・エッセンシアとは、貴腐ぶどうのみで作られる最高級ワインで、ぶどうの出来が良い年にしか作られない。
http://winelife.seesaa.net/article/18806523.html

*ぴかちゅうのひとりごと:TOKAJI Aszu
TOKAJI Aszu(トカイ・アスー)という100MLの小ボトルワインをお土産にもらいました。
http://pikatyu.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/tokaji_aszu.html

*ここちいい毎日 ++happiness++:貴腐ワイン♪♪
主人の妹夫婦が一時帰国した時にハンガリーワインをお土産として頂きました。
http://ameblo.jp/heart-heart-blog/entry-10012377774.html

*勝彦の隠れ場所(趣味の部屋):貴腐ワイン「TOKAJI」
ハンガリー産の「TOKAJI](トカイと読みます)三大貴腐ワインの一つです。 貴重!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/drelizabeth7/35428753.html

*kurinの口福日記:トカイワイン
ロンドンにいるマキちゃんがトカイワインを持って一時帰国〜♪
http://d.hatena.ne.jp/kurin/20060506#p1

*◆海とワイン◆:三大貴腐ワイン・トカイの辛口
世界三大貴腐ワインのひとつである、ハンガリー産甘口ワインのトカイにも辛口がありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sea_bass_get/30526325.html

*近藤大介のアジア・スケッチ:ハンガリー大使
トカイはこれぞ食後酒のエースとも言うべき風格のある酒だ。
http://blog.goo.ne.jp/wanda2503/e/89c36cd55b521e78b62dc2d3792009f5

=2006年5月15日収集分=

*Piece Coordination WINE SEMINAR:初級講座第4回
ゴディバのチョコレートをいただいたので、最後に、ハンガリーの貴腐ワイン「トカイ」と一緒に試食しました
http://vinseminar.exblog.jp/3435605

*Go Easy !:グラタンとトカイワイン
マリア・テレジアが、Tokajiには黄金が溶け込んでいると信じ、ウィーン大学に科学分析をさせたほど美しい色。
http://ameblo.jp/minato113/entry-10012461207.html

*膳-Sai:ワインセミナー無事終了
最後のトカイが結構喜ばれてたようです。カカオ86%のチョコレートと一緒にお出しいたしました。
http://blog.goo.ne.jp/ozen1_2006/e/21fea6dd47f78eaa55fed08de86223cc

*家族で楽しむ世界旅行!!:ハンガリー紀行:ブダペストΑ’磴なと散策
有名なトカイワインを買う予定の方は、ここで探してみても良いと思います。
http://my-world-travel.seesaa.net/article/16691886.html

*ぷちスローライフ 別館:ランチ
世界3大貴腐ワインのひとつなのだそう。 友達にも是非買って来て!と 頼まれたので、どんなものかと試し飲み
http://minco.exblog.jp/3085525


ひょっこり男の料理:第9回 ディナーは夢見心地で
夢見心地で夕食に食べ、最後にトカイワインを注文した。私は夢見心地のままワインが運ばれてくるのを待つ。
http://blog.goo.ne.jp/sleepygraffe/e/a97452051586827a4ddf6fdfe2fef260

*遊びにおいでよ:急に暑くなると白ワインがうまい!!
食事中もいいけど、お風呂上りにトカイ・フリウラーノなんて、たまらん
http://blog.goo.ne.jp/ookami78/e/66704c99f05512434ecceda32d5434af

*Earthling:マルエツでトカイワインを
父が亡くなった時に従兄弟が持って来てくれたのはすごくドライな味わいだった。
http://pub.ne.jp/no_marie/?entry_id=149344

*天井の片隅:ハンガリーのワイン
最後に濃縮したレーズンの甘味が凄く永く舌に残って、ちびちび飲むと良い感じです。
http://memo.txt-nifty.com/blog/2006/05/post_40df.html

*言うたらなんやけど:ハンガリーのトカイワイン
これはめちゃ美味しいワインだろうと期待して、ハンガリーのスーパー(おなじみSPAR)で購入。
http://blog.goo.ne.jp/zubrowka88/e/77476f4b347a9bb07c97b690d656a55f

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月16日 00:18 | コメント (0)

 

クリュッグ(スパークリングワイン)

「クリュッグ(スパークリングワイン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年7月5日収集分=

*海とワイン!:苗木家の造るワイン
世界随一の苗木家だそうで顧客にはロマネコンティ、クリュッグ、ボランジェ、と名だたる造り手の名前が。。
http://blogs.yahoo.co.jp/anneyongchie/36921850.html

*テーブルコーディネートができるまで♪:クリュッグ・コレクション81
さて、感想は・・・すばらしいシャンパーニュさすがクリュッグ!でございました。
http://ameblo.jp/florencesumie/entry-10014055601.html

*メトロセクシャル推進委員会:編集長的チェック!クリュッグ1995
クリュッグといえばオークの樽での発酵による濃厚な味わいと香りが特徴
http://blog.livedoor.jp/metrosexual/archives/50211163.html

*蕎麦屋な鬨の娘の日記。:シャンパンで!!!
用意していただきました!旧ラベルの方が美味しい感じがすると、前からおっしゃってたんですが
http://blogs.yahoo.co.jp/tokidokitoki0812/38239040.html

*シヴァの興味津々:高級シャンパン「クリュッグ」
聞いたこともない横文字の羅列が。。その中に高級シャンパン「クリュッグ」ドンペリよりもうまいとか。。
http://sivva.seesaa.net/article/19057710.html

*Dr.衣理日記:華やかな宴
セラーも素晴らしい!!!!クリュッグのロゼからスタートし、ロマネサンヴィヴァンの垂直!!
http://ameblo.jp/eri-clinic-nikki/entry-10013380984.html

*Zefiro:KRUG
クリュッグ一族が一堂に会しシャンパンづくりの全工程に細心の注意を払って“クリュッグ スタイル”を表現
http://blog.livedoor.jp/zefiro_blue/archives/50524815.html

*午後の泡:乾杯はもちろんシャンパンで
スィートテンの時には「クリュッグ クロデメニル」でも開けたいものです。
http://blog.goo.ne.jp/himenomama2002/e/f5fdcfe80e70326a26f3fb761cf506ec

*フレンチ日記:オシェトラキャビア
クリュッグのブリュットに、オシェトラを合わしたら、シャンパンの辛さがキャビアの味を包み込む感じ。
http://blog.livedoor.jp/luliecross/archives/50047921.html

*夜の町田情報:お祝い
シャンパンには2億の泡があり、君と僕は2億分の1で知り合ったなんてくさいセリフはもう意味がない仲で・
http://ameblo.jp/henri-jayer/entry-10011014310.html

=2006年5月11日収集分=

*坂巻恵子のライフスタイル クローゼット :今日はKlub Krugの集まり&花火大会
「クリュッグ1995」が5月にリリースされるのでさきがけて皆さんでお祝いしましょう〜〜〜
http://blog.livedoor.jp/keiko_sakamaki/archives/50426295.html

*My way:お祝い
クリュッグ愛好家はクリュギストと呼ばれる。それぐらい愛飲したいなぁ・・・
http://ameblo.jp/g-ate/entry-10012330823.html

*シャンパン党はドンペリがお好き?:クリュッグ
「帝王」の名を持つ世界一のシャンパーニュ。それがクリュッグだ。
http://www.chanpan.com/archives/m3.html

*気分はシャンパーニュ♪inおかやま:フィリポナ・ロイヤル・レゼルヴ・ブリュットNV
畑の名前を付けれるのはその「クロ・デ・ゴワセ」とクリュッグの「クロ・ デ・メニュル」の2つのだけ
http://ameblo.jp/champagne-okayama/entry-10012187101.html

*Schlafmittel -[はしご酒1杯目]:シャンパン(スパークリングワイン)の話題。
クリュッグ クロ デュ メニル 言わずと知れた、シャンパンの最高峰に列せられるクロ デュ メニル(^^)
http://schlafmittel.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_ee89.html

*BearLog:Costco
母の日のお祝いにちょうどいいと思って、「クリュッグ」を一本買う。かなり安かった気がする。
http://d.hatena.ne.jp/kumaotaku/20060505/p1

*理恵香の独り言♪:おはようございます♪連休前ねっ!
久々のポンで、嬉しかったわぁ〜♪シャンパンはドンペリがいいと思ってる人が信じらんない!^_^;
http://blog.goo.ne.jp/riekachan/e/6ef2e52f604f6e6340ff967600c77344

*酒友:大阪 本町 カランドリエ
思い出すとクラクラします。特にクリュッグがすごかったです。
http://ameblo.jp/hasegawasaketen/entry-10011847537.html

*年子ままの趣味日記:シャンパン
私の中では、合わせる料理を選ばない、どんな料理にも合うお酒だなって思います。
http://blog.livedoor.jp/fy200396/archives/50065185.html

*〜まったり?米国留学〜:GLORIA FERRER
値の張る一流シャンパン(例えばクリュッグ)の香りや味わいに勝る非シャンパンには出会った事がありません
http://blogs.yahoo.co.jp/junbell45/34002848.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月12日 10:21 | コメント (0)

 

カヴァ(スパークリングワイン)

「カヴァ(スパークリングワイン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月9日収集分=

*Sugar's Journal:ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット(2003)
昨夜、冷たぁ〜いシュワッと系が飲みたくて・・・冷蔵庫を覗いてみたら、、、
http://blog.so-net.ne.jp/sugarsugar/2006-05-09

*▼▽続・呑めばのむほど日記▽▼:2006/05/07 コンテ・アルナウ グラン・キュヴェ 2000
それがこの「グラン・キュヴェ」ともなれば、下手なシャンパーニュも黙ってしまおうというものだ。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/53825/2538261#2538261

*つれづれなるままに:「休日 続き」
爽やかなピンク色美しい。自宅にいながらも、レストランにいる様な気分にさせてくれる。
http://blog.livedoor.jp/kimamanihitorigoto1/archives/50408749.html

*焼酎研究会:ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット
これは華やかさがあり、とっつきやすく、軽さがあル感じだと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/osirisu26/34585551.html

*Raptor's Diary:真夏日
某デパート地下のワイン売場にいきなり充実のカヴァ・スプマンテコーナーが出現。
http://blog.goo.ne.jp/orca-the-ocean/e/d6bd25eabc9842f1fe481e192d6e2abb

*オレの食べて遊んでカッコつける日記:極楽980
カヴァである。その名は“モンサラ”である。とにかくメディアでは評判が良い。
http://blog.livedoor.jp/taka_blog/archives/50771360.html

*☆Happy diary☆:カヴァワイン試飲
初めて聞く名前で、初めて飲んでびっくり。微炭酸でした。
http://blog.goo.ne.jp/lilacees/e/f9c1e59a889fc45c50e26defbafd31e7

*我想う故に我在り:シードルとカヴァと私
CAVAはロゼのカヴァで、シャンパーニュに劣らないと店のポップにあったのだが、ここ で売ってるのと同じだった。
http://ameblo.jp/cogitoergosum2oo5/entry-10010103679.html

*土鈴りんりらりん:カヴァ CAVA
珍しく、スパークリングワイン(カヴァ)を注文。
http://blog.goo.ne.jp/hoofoo-26/e/48e6e3ef397d496bcc9786b64240950f

*姫のヒトリゴト:CAVAを飲む
先日インターネットでCAVAを買ってみました。(CAVA以外にも色々買ったんですけどね。
http://blog.goo.ne.jp/himemayu_2005/e/30865830af3413b8d1b17a40ddceea53

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月10日 08:59 | コメント (0)

 

スプマンテ(スパークリングワイン)

「スプマンテ(スパークリングワイン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月8日収集分=

*彼氏にいえない内緒話:GWも終わって。。。
”きみが、何を頼むか、僕にはわかるよ””じゃあ、そちらを”登場したのは、スプマンテ!
http://ameblo.jp/tomonya/entry-10012217111.html

*ジョーのいろいろブログ:感動的なスプマンテ!!
いや〜こんなスプマンテ見たことない。ベルナッチャのスプマンテ!!
http://blog.goo.ne.jp/joe-k/e/b362b6758c7463838b58fc2137515f3f

*ケッコーごきげん日記:まとめてドン!
ランブルスコ セッコ赤のスプマンテ。アルコール度数12%とやや低め。
http://blog.goo.ne.jp/ikeko919/e/65cdf0e8714cc02eed698a4fe9c9e1a7

*チョコレート大臣の憂鬱:ピッツェリア「VIVA VITA」
写真は、金色に輝くしゅわしゅわの飲み物、スプマンテです。ほのかに甘く、黄金週間にぴったりです。
http://blog.goo.ne.jp/mimi-ao/e/3865919774bb47008d9c7de0232ec611

*お酒:REGGIANO LAMBRUSCO
スミレの香を感じさせるフルーティなメディチ家の造る甘口スパークリングです
http://ameblo.jp/nobu-hiro/entry-10012135433.html

*野いちごひとりごと:旬の食
まだまだほしいワインセラー イタリアのスパークリングワイン、スプマンテを手にしてニヤニヤ
http://blog.livedoor.jp/piano717/archives/50420473.html

**〜魅惑のインド駐在生活〜*マダムと呼ばれて*:オザミ トーキョー アゲイン。
特にスプマンテのふわふわしてコク甘で優しい酸味が美味しいこと!
http://ameblo.jp/pinponkawaii/entry-10012103438.html

*まっちゃんのバーテンダー王:今日のお酒。
フランスなら、〔ムスー〕〔クレマン〕イタリアなら、〔スプマンテ〕スペインなら、〔カヴァ〕
http://blog.livedoor.jp/bar_gaia/archives/50204660.html

*★もしも願いがかなうなら★ ( ><)// ☆:飲みすぎチュウイ〜〜〜!
Asti Spumante って名前のてお酒飲んだ事あります?オイラこの酒大好きのなのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/tky1678/28367661.html

*かえる急便の思うところ:◆◇ おすすめの1本 ◇◆
今日紹介するのは「スプマンテ」という種類のスパークリングワインの紹介です。
http://blog.livedoor.jp/kaerukyubin2005/archives/50358815.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月09日 17:46 | コメント (0)

 

サングリア

「サングリア」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月8日収集分=

*俺の-音_食_days-:GW最終日in横浜!!
サングリアと言うワインに果物を漬けたお洒落な飲み物を飲んでみました。う・う・う・美味い!!
http://wagamamahoudai.seesaa.net/article/17521935.html

*愚鏡記:サングリアの午宴―スペイン料理
サングリアというスペインの飲み物(ワインにフルーツを漬け込んだもの。フルーツワイン)は美味しかった。
http://blog.goo.ne.jp/yu-motoi/e/cc57bfa697dcd625d1344bd649f18a72

*++*kyoutoで暮らそう*++:イメチェンねらい(笑)
これうまいじゃーーーーん!しかも、結構簡単そう・・・。 ワインのフルーツ漬けって飲み物でした。
http://m1yutt1noblog.269g.net/article/2133105.html

*IKAのミになる:サングリア♪
オリジナルサングリアも簡単にできますね〜赤ワインにフルーツをザックザック入れて作りましょう♪
http://blog.goo.ne.jp/i_ka/e/87f86fb779fb256fca8ec2b80f8e05d3

*べあベア日記:サングリアといちごミルク寒天
サングリアはスペインの飲み物で 普通は赤ワインで作るのですが今日は 炭酸(無糖)を使ってみました。
http://blog.goo.ne.jp/beabea1224/e/500cf7723df0351f30d37654c8cf9b38

*TEKUTEKU:パエジャ&サングリア
今回はまた前回同様「サングリア」を注文。ここのサングリア本当に本当に美味しくって大好き!
http://blog.goo.ne.jp/jacky1974/e/4e01915fdde138fddd0d7ec0c06967e9

*小山真実のぶろぐ☆:スペイン料理
サングリア(ワインに果物を漬けたスペインの代表的なお酒)をデキャンタで頼んで飲みながら...
http://blog.livedoor.jp/masami96/archives/50784515.html

*ロッハムでの生活:ルプー
ぶどうジュースかと思ったらサングリアで、勢い良く飲んだから流石にくらくらしました。
http://blog.livedoor.jp/die_register/archives/50021694.html

*Treevillage, California:サンフランシスコに行ってきた
ちょっとCBGBな雰囲気のバーへ。 3人で楽しくサングリアを飲んで、いろんなことを話した。
http://blog.livedoor.jp/treevillage_usa/archives/50842748.html

*住んじゃった!in 北海道:東中野のスペイン料理♪
飲み物は”サングリア”少々、”カヴァ”2本を4人で空けましたぁ♪
http://k-program.seesaa.net/article/17396669.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月09日 17:45 | コメント (0)

 

ポメリー(シャンパン)

「ポメリー(シャンパン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月1日収集分=

*猫の手通信・日替り定食:企画が命
ヴァニエ氏はポメリーの経営者で、19世紀の美術収集家後しても名高い人だそうです。
http://chatterie.exblog.jp/3843689

*SAKURA SAITA?〜恋とワインと仕事と女〜:THE DINING @ STRINGS HOTEL TOKYO
細いグラスに桜色が美しい春季限定のロゼ・シャンパンです。
http://ameblo.jp/spaicy/entry-10011761528.html

*気ままに食べ歩き:シャンパンとお取り寄せいろいろその2
一口飲んでみてすぐに味の複雑さが全然違うのが僕にも分かりました。
http://okadenki.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_80c0.html

*CavaZ Wine note:CavaZ Wine note vol.1/TRADITION
1874年、ポメリー・ブリュット・ナチュール、辛口シャンパンのはじまりは、132年前にすぎない。
http://blogs.dion.ne.jp/cava_zsparklecafe/archives/3256962.html

*テーブルコーディネートができるまで♪ Salon de Florence:POMMERY Night
ちょっと前ですが、ポメリー5種類とイタリアンを楽しむというイベントに参加しました
http://ameblo.jp/florencesumie/entry-10011469422.html

*〜アロマの香りに魅せられて〜Perfume-este:【ポメリー】【ぺリエ・ジュエ】
所有する土地の地下に巨大な空間があり、それをカーヴとして利用しました。
http://perfume-este.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_b4a9.html

*BAR BLOG:PANDA
シャンパンが甘口だった時代に作られた初めての辛口のシャンパンが Pommery Brut Royalとのこと。
http://ameblo.jp/gallerygrace/entry-10010368720.html

*porax ワインぶろぐ:79’ポメリー
このポメリーは半端じゃない!トースト色を見ただけで熟成してそうなのが分かります。
http://porax.jugem.cc/?eid=479

*Belle's bar:サンセットラウンジ/Liveスケジュール
極上のぶどう畑から収穫されたピノ ノワールとピノムニエが織り成す濃厚な味わいは、この季節にぴったり。
http://blog.goo.ne.jp/urbankitty/e/0563d9e0d9e9f46531cdd5516122450b

*Un journal en France:元祖辛口シャンパン☆
今回行ったシャンパンメゾンは歴代フランス国王の戴冠式が行われたというREIMS(ランス)にあります
http://blog.livedoor.jp/hwakae198495/archives/50557215.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月01日 22:17 | コメント (0)

 

アイスワイン/アイスヴァイン

「アイスワイン/アイスヴァイン」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年5月1日収集分=

*日々是徒然なるままに。: 気晴らしに。
デザートワインは、はまると二度と抜け出せない、甘美で優美な「趣味」だと思います。
http://blog.goo.ne.jp/nekobunsya196/e/a53df3153392c8c232407932ce6a4dbf

*ワイン通販,購入バイブル【ワイン通販情報】:アイスワインとは
アイスワインは、天然状態で凍ったブドウから生産されるワインである。
http://winetuuhann.blog63.fc2.com/blog-entry-7.html

*日本酒日記:はずれのない酒
やはり、カナディアンアイスワインとか貴腐の小瓶ははずしがたい。
http://blog.livedoor.jp/teru_1202/archives/50343641.html

*貴腐ワイン・甘口ワイン通販:
シンプルなアイスワインよりも、より複雑なタッチが熟成により付加されています。
http://dessertwine.blog55.fc2.com/blog-entry-51.html

*ワインの記録:ヴェルテックスのグラウアー・ブルグンダー・アイスワイン
このワインはドイツのアイスワインだそうです。初めて飲みましたが、かなり甘いですね。
http://blogs.dion.ne.jp/jeen/archives/3280107.html

*ひねもすのたりの日々:Muscadet&EISWEIN
バランスがしっかり取れてて甘さが気にならずくいくい飲んじゃう。
http://shamon-kuro.txt-nifty.com/hinemosu/2006/04/post_b76d.html

*My Favorite Things:♪アイスワイン♪
凍ったままでワインになるので、糖分が凝縮されてあまーくて、ハチミツのような味がするのだっ☆☆
http://blog.livedoor.jp/satomiyada/archives/50524451.html

*貴腐ワイン・甘口ワイン通販:デクスハイマー ドクトール シルヴァーナー アイスヴァイン[2004]
2004年12月15日の未明、氷点下8℃になった時点でヴィンディッシュ家により、手摘みで収穫されました。
http://dessertwine.blog55.fc2.com/blog-entry-30.html

*Ψカロンの庭Ψ:ホワイトデーにロゼアイスワイン
なんか、ほんのりピンクな色調がすげーいいかんじのアイスワインをみつけたのだけど、、、、
http://aohata.blog50.fc2.com/blog-entry-58.html

*曲がり角の毎日のあがき☆:バレンタイン
濃縮した質感、すっきりとそれでいて深みのある甘みと酸味のバランスが見事なアイスヴァイン。
http://blog.goo.ne.jp/kumi93color/e/ea703f677bb9989d6b537eff68d74a2c

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年05月01日 22:12 | コメント (0)

 

アスティ・スプマンテ(イタリア/ピエモンテ州:地域銘柄)

「アスティ・スプマンテ(イタリア/ピエモンテ州:地域銘柄)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年4月28日収集分=

*もんちき日記:Love ASTI
ASTIはとってもスキなんですが、 その中でも一番のお気に入りがこの『天使のアスティ』
http://blog.goo.ne.jp/monchiki1974/e/e84db345e7e34c9df129ec0c0da46041

*Kchanは今日も行く。:Asti到着!
ピエモンテの山道を走ることしばし。一面のブドウ畑を見渡しながら・・・。
http://buonviaggi.exblog.jp/3479901

*キモノブタ:今日は飲みました
すごーく甘くて、ほろにがい(*´∇`*) 大人の味がしました〜〜〜
http://kimonobuta.blog34.fc2.com/blog-entry-57.html

*四十代からの小説:スプマンテはきりっと冷やして楽しみたい
これはシャルマー方式で造られていますが、一次発酵で生まれた炭酸も残しているため、味わいはフレッシュ。
http://kakisakasan.blog56.fc2.com/blog-entry-36.html

*★もしも願いがかなうなら★ ( ><)// ☆:飲みすぎチュウイ〜〜〜!
お酒を常備する事は無かったのですがCinzanoを知ってからは常に1本は置いておくようになりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tky1678/28367661.html

*かえる急便の思うところ:◆◇ おすすめの1本 ◇◆
その「スプマンテ」でも今日紹介するものは「 Degli Angeli Asti  」 (天使のアスティ)
http://blog.livedoor.jp/kaerukyubin2005/archives/50358815.html

*つれづれ日記:ワイン・レストラン(その2)
甘口で度数も低く、ワインに慣れない人でもすいすい飲める。
http://tamayasuko.cocolog-nifty.com/diary/2006/02/post_d9c8.html

*Rouge et Blanc:Asti(アスティ)
私の中で甘いワインは疲れているときに、ほっとさせてくれる精神安定剤のようなもの。
http://vino.txt-nifty.com/aquavita/2006/02/asti_465b.html

*美食探求記:ワインエキスパートへの道
マスカットキャンディーのような香りが口の中に広がり口に甘みが残ります。泡はとてもおだやか。
http://kuishinbouz.air-nifty.com/bouno/2006/02/post_4378_1.html

*レディオニューヨーク:2/5(日)イタリア旅行
2日目はカフェで朝食を頂き、ワイン畑へ。アスティワインは有名なのです。
http://michisan.exblog.jp/2742103

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月28日 23:06 | コメント (0)

 

パイパー・エドシック・ブリュット

「パイパー・エドシック・ブリュット」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年4月25日収集分=

*著名人が愛したワイン :マリリン・モンローが愛したワイン
マリリン・モンローがプライベートで愛飲したシャンパンとしても有名
http://chateau.noblog.net/blog/10178887.html

*もっちゅんワールド:贈り物は寝てる間に
な、な、なんとこれは!フランス王室など王室御用達のシャンパン!
http://bright-sunshine.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_d7dd.html

*目指せ!「和製ジュウド・ロウ」、はたまた「中尾 彬」か!? おいらの人生奮闘記。:なんで携帯からかというと…。
このメーカー、シャンパン界では "恐るべき子供" と一目置かれるちょっと変わったとこなんです
http://ameblo.jp/kutsuyasan/entry-10010307972.html

*■富裕層への階段■:セレブ・シャンパン・ゴールドコース(シー・ラボ)
大好きなシャンパンに、キャビアなんかあったら、 サイコ〜
http://ameblo.jp/fuyuso/entry-10009475593.html

*暮らしの中のエレガンス:ピパリーノ
ストローで気軽に飲むのが「ピパリーノスタイル」ミラノではカフェやバールで立ち飲みします。
http://blog.goo.ne.jp/salondeart/e/5dd28131142ed52ca42d2ca6f03bdf05

*COOL:ハレの日の飲み物
コートダジュールで開催されるカンヌ国際映画祭で,公式シャンパンとして認定されているとか。
http://blog.livedoor.jp/buccaneer1953/archives/50387472.html

*グルメを取り寄せ楽しみませんか:パイパー・エドシー・ピパリーノ- 白
情熱的でありながら気品ある味わいは、フランス王室をはじめ14の王室御用達シャンパンとして名を馳せました。
http://tomo6440.jugem.jp/?eid=187

*或る女性事業人の日常:パイパー・エドシック・ジャン・ポール・ゴルチェ
ファッション界のカリスマ、ジャンポールゴルチェがボトルデザインを手がけたというこのセクシーな風貌
http://blogs.yahoo.co.jp/naok_gogo/27899696.html

*いつも・・:お手軽でしたが
ストローを刺して飲むのがいいということで・・チャレンジ!
http://blogs.yahoo.co.jp/magic_of_sanae/27327714.html

*小人さんは何処に!?:お酒(ワイン系)
ハーフサイズなので呑み切り易いので^^呑んだ感じはドライで酸味もさほど強くなく呑みやすいお酒です。
http://blogs.yahoo.co.jp/tomo1995314/29868917.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月25日 19:17 | コメント (0)

 

ビオ・ワイン(無農薬有機農法)

「ビオ・ワイン(無農薬有機農法)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月12日収集分=

*フレンチシェフとマダムの二人言:個人差あるだろうけど何が健康法
容量は二人でちょっといいやつを1本くらい。このところビオワイン(ちょっといいやつ)にはまってますーー
http://blog.goo.ne.jp/karin-fukuoka/e/f1c87488c4aae18bd87ecd1d9af7b7d5

*彼方へ:ピノノワール
わけのわからないこじつけで、もう一本フランスのビオ・ワイン(自然派ワイン)まで買う。
http://kk4u.jugem.jp/?eid=318

*Bread&Mo':今夜はこんや 6.2
オーストラリアのビオワイン、すっきりしててするするいけました)うろ覚えですが
http://breadandmo.exblog.jp/4911007

*ラバール通信:いんたーなしょなる
…昨日もまた一組のカップルをビオワインの虜にしていまいました…(マドラベギュード・オーマジュロベルに感銘)
http://d.hatena.ne.jp/labaruyasuhiro/20060528/1148798868

*大阪グルメ倶楽部:ぶえの(炭火焼鳥&ビオワイン/恵美須町)
ここへ来れば炭火焼き鶏料理が目当てになるんだけど、同時に目当てになるのがビオワインだったりする
http://blog.goo.ne.jp/mint_menthol/e/e9e78a680a7841280305c28015a03149

*食べるフランス・飲むフランス・乗るフランス:ビオワインの個性
いずれも個性的なワインでしたが,特に Savigny-les-Beaune が独特で,香りはかなりパワフル
http://blog.goo.ne.jp/nobbbbbie/e/4698ac0e3e35325511ced779aae41c6b

*もり語り日記:ボワ・ルカのワイン
ビオワインというらしいのですが、フランスでも絶賛されているとのことで、「きっと手に入らないんだろうなー」
http://blog.livedoor.jp/morigatari/archives/50607350.html

*ワインな日々〜ブルゴーニュの魅力〜:ティントナーはビオワイン派だったか
優れたワインの造り手は、自然の力を信じブドウが持つ本来の魅力をワインに結集させようとしているに違いない
http://ameblo.jp/griotte/entry-10012469556.html

*日々のワイン蔵:最近・・・
今回は、ロワール・ビオワイン界の雄サンソニエール、マルク・アンジェリのワインを飲んでみた
http://pandawine.blog16.fc2.com/blog-entry-65.html

*ぼくの新発見日記/ときめき新発見/日替りグッズ:ビオワイン
こうした微生物・細菌が、SO2不使用によって、”繁殖”し、ビオ独特の複雑な香りを放つといわれます。
http://blog.goo.ne.jp/googoo34/e/e97cde648f21bb7100dd8442a4c45fe6

=2006年4月25日収集分=

*外資系秘書の食べたい時:イタリアのビオ・ワイン
もともと、フランスのビオは、結構飲んでるつもりなんだけど、イタリアのは、初めてかも!
http://ameblo.jp/meg1/entry-10011445623.html

*ワイン・バー店主の日記:劣化?
自然の摂理はたまた宇宙の摂理に従い、畑の微生物を生かし、自然な葡萄を作り、自然なワインを造る
http://blog.livedoor.jp/vatel/archives/50250635.html

*teeter-totter:ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ(ビオ・ワイン)
ホントなかなか白のビオ・ワインは手に入らないのですよねー。
http://blog.goo.ne.jp/shino-sa/e/6dd16129c6e6eb2d64c111de33a383e4

*Dress You Up:ビオ・ワインって?
人工的な香りや味を感じさせないフルーティーなブドウジュースのような果実味を堪能する事が出来きます。
http://hikaru.blogzine.jp/dress_you_up/2006/02/post_f41b.html

*Rue de printemps:バッカスの会☆
フランスワインは、今回どちらもビオ・ワインにしてみました!
http://rue-du-printemps.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_9198.html

*今日もビールがうまい!:自然派ワイン
本当に心地良く今まで飲んだどんなワインよりナチュラルでおいしくからだ全体に染み込んでゆくのです。
http://dotekaboch.exblog.jp/3520722

*ナニワのソムリエ/ワインとほほ日記:さっぱり当たらん?/ビオ・ワインについて
すべては、醸造家の情熱にかかわっているのだと信じている。
http://blog.livedoor.jp/wine_shirataki/archives/50568142.html

*音楽徒然草:久々にロワール
芳醇な甘い香りと口当たりなのに、きちんと料理にあう不思議なワイン。
http://24hirofumi.at.webry.info/200601/article_8.html

*あなたへ…緑の丘のたより…CORRINE(コリン)より:クリストフさんのビオ・ワイン
昨年の12月、フランスのワイン農家の「クリストフさん」が私たちの農場へ遊びにきた。
http://corrine.exblog.jp/3379424

*Mon plaisir ☆:Domaine BeauThorey
こういったLOHASな動きは最近の潮流でもあるわけですが、それをボー氏は20年にも渡って行っています。
http://blog.goo.ne.jp/saykau/e/9f2013231652fcbd9de02e61930dd75f

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月25日 19:14 | コメント (0)

 

ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ(スパークリングワイン)

「ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ(スパークリングワイン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年4月24日収集分=

*これって、どうよ?:ROGER GOULART CAVA ROSE BRUT
シャンパンの最高峰、ドン・ペリ・ロゼに勝る味として、話題になったスパークリングです。
http://junpa1967.blog57.fc2.com/blog-entry-39.html

*ワインと一緒♪:売れてるワインは?
パーティー使いには持ってこいの一本かと思います。
http://wainwain2.exblog.jp/3207238

*ごちそう、この指とまれ:スパークリングワイン「ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ」
カヴァと言えば、シャンパンと全く同じ製法・熟成でできるお手頃&本格派なスパークリングです。
http://blog.livedoor.jp/maron_yukiji/archives/50535987.html

*きょんのたわごと:ピンク発泡
「この値段では抜群だと思います。」と仰っていたのがよくわかります。
http://ameblo.jp/kyon-pleure/entry-10011015509.html

*おいしい1000円以下ワインを極める日記:8点(番外編) ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ (\1600)
時間がたってもきめ細かい泡がグラスの底から立ち上り続け、泡持ちの良さに驚きました。
http://ameblo.jp/winezanmai/entry-10010631211.html

*今日のワイン:ドンペリよりすごい(らしい)
「美味しいっっ!こっちが絶対ドンペリロゼ!!」
http://blog.livedoor.jp/vinduizumo/archives/50609926.html

*こだわりの造り手!紹介:ロジャー・グラート 〜シャンパンに魅せられた名門のカヴァ製造者〜
収穫祭にあわせてぶどう作りを手がけていた時代に、ロジャー・グラート家もぶどう作りを始めたのです。
http://blog.goo.ne.jp/ishikawa_info/e/495a1dede481c79afa45dc30658057b4

*桃色:ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ ブリュット
全くシャンパンのようです。色はロゼでもちょっと濃い目でした。
http://blog.livedoor.jp/momom0502/archives/50287344.html

*ワインと絵画がある生活 :ロジャーグラート ロゼ を検証する
わずかに甘く、これまたイチゴキャンディを彷彿させるチャーミングな味わい。
http://plaza.rakuten.co.jp/rousseau/diary/200604040000/

*自由人の誘い!:ロジャー・グラート・カヴァ・ロゼ・ブリュット 2003
カタルーニャのぶどう作りの精神と歴史は、彼らの数々の工夫によく表わされています。
http://blogs.yahoo.co.jp/norida444/31059287.html

*LIKE STYLE:おすすめのワイン
安くて美味しいのでかなり気に入っているおすすめのワインです。
http://blogs.yahoo.co.jp/tsurutty986/26948720.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月24日 17:59 | コメント (0)

 

貴腐ワイン

「貴腐ワイン」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月6日収集分=

*Wine Diary:シャトー・ドワジィ・ヴェドリーヌ 2001
この畑は有名なシャトークリマンとクーテのすぐ東南よい場所にあるのですが、生産量が少ないらしく出会いに感謝
http://ranbkk.blog69.fc2.com/blog-entry-24.html

*ボラッキーのmylife:日曜日夜の甘酸っぱさ
デザートな貴腐なワインと一緒に お部屋がフルーティ〜な香りでイッパイになりました
http://blog.goo.ne.jp/bolucky/e/6cf644e7a3329def4414ff064e650cd3

*酒とネコとちょこっと外為:ナスカと中華とワインな土曜日 その2
今回感動したのが、デュケムをグラスで出していたのです これは飲む価値あり!絶対あり!
http://ameblo.jp/nanairo-usagi/entry-10013207682.html

*貴腐ワイン(甘口ワイン)伝道師ブログ:トカイワインのこれだけは知っとこ
ここで加える貴腐ぶどうの量を単位で表したのが「プットニョシュ」である
http://winelife.seesaa.net/article/18806523.html

*桐迦の日々徒然(リネも込):恐れていた事が…
最近は辛口がブームなんですけど、昔ながらの貴腐ワインが大好きなんです。
http://rpkirikiri.blog69.fc2.com/blog-entry-16.html

*ひよひよ♪日記:ワインでゆるっと
先日、友人から貴腐ワインなるものをいただいたので、このナイアガラを飲みきったら、いただく予定。
http://pikopikohiyoko.seesaa.net/article/18701457.html

*おどろきもものきさんしょうのき:貴腐ワイン
フルーツを使ったパイやタルトと御一緒に。桃、パイナップル、ハチミツの香りがします。
http://blogs.yahoo.co.jp/westerneven/6517786.html

*飲食万歳:モンバジャック・甘口ワイン・白
モンバジャックの甘口白ワインは貴腐の影響を受けたブドウから造られるが、ソーテルヌほど高価でなく、買い得
http://wein.exblog.jp/3679634

*Take It Easy:白派?赤派?
1本6万円でした!!!そんなの一体誰が買うんだ???って思ってたら、なんと隣にいた人が買ってました。
http://blogs.yahoo.co.jp/garnetcandy/6444066.html

*☆たるひとのいちにち☆〜きょうもヒマだぁ〜:ブルーチーズと貴腐ワイン
相反する味が一緒になることで、化学反応を起こして、甘さの部分が引き立つ、ということらしい。
http://taruhito.269g.net/article/2259717.html

=2006年4月24日収集分=

*○○に、まみれての日暮らし…:ザ・リッツカールトン・ワイン・バー
是非とも絶品と言われる貴腐ワインが飲みたい!
http://ameblo.jp/ayayanto-asobo/entry-10011689977.html

*主婦taetanの日記:貴腐ワイン!!
オーストラリアで試飲してからとっても大好きなワイン。
http://ameblo.jp/taetan9/entry-10011682240.html

*E x i g e A v e n u e外伝:試飲の嵐
私のファーストインプレッションはデュケムよりも好き!
http://ameblo.jp/nekopunchnet/entry-10011634390.html

*大好きなワインと(*^-゚)vィェィ♪:ロシア ウォッカマトリョーシカ3人組
シャトー・ディケム。貴腐ぶどうを用い、丹念に造られた世界最高峰のワインです。
http://ameblo.jp/neoneo/entry-10011585817.html

*ワイン総進撃:オーストリアの極甘口ワイン
口に含むとトロッとした蜜のように極甘。それが口中ですーっと消えていく
http://ameblo.jp/nekoyakaikan/entry-10011507747.html

*シトロエンBXと洋物あれこれ:トカイのワイン
友人より贈られたトカイのワインです。今夜は田舎で都会のワインでも飲みましょうか。
http://blogs.yahoo.co.jp/konyou123/2844466.html

*海外生活をポジティブ思考で楽しもう!:真夏の南米チリとアルゼンチンおよび極寒のカナダ旅行記 35.
オーストラリアで味わった「貴腐ワイン」について、調べました。
http://nifty193911.cocolog-nifty.com/too/2006/04/36_c222.html

*R's BLOG:Trocken beeren auslese
その芳しい香り・味わいたるや、まさに ”想定の範囲外” でした
http://blog.livedoor.jp/a0002109/archives/50037128.html

*アンドロギュヌスの柩:D.O.D(DRINK OR DIE)
えへへ、えへへ、貴腐ワインですよ。かの有名な腐ったぶどうを使ったワインです。
http://yaplog.jp/xxxscars8xxx/archive/141

*Char's Wine Bar 「今月のワイン」:Ch.バストール・ラモンターユ1990ハーフ
香りはちょっと薬臭い感じで、僅かにアプリコット系の香りがある。
http://char.cocolog-nifty.com/new/2006/03/post_9804.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月24日 17:56 | コメント (1)

 

マテウス・ロゼ(ポルトガル:微発砲ワイン)

「マテウス・ロゼ(ポルトガル:微発砲ワイン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年4月18日収集分=

*好きなもんあつまれ:寝酒は白ワイン
ロゼ・軽発砲のマテウスと、SOAVE(DOCイタリア)を。結局先に飲んだのはマテウス。風呂上りは発砲酒に限るね!
http://yu-yu-ho.at.webry.info/200601/article_7.html

*ワッセコデイズ:マテウス&テキーラ
マテウスはポルトガル産のワイン。ロゼで微発泡なのでワインっぽくはないんですけどね。
http://d.hatena.ne.jp/ShinYa/20060203#1138983900

* 美味美遊 Be me Be you:2/9
マテウスロゼをあけ男のジョッキワイン!!で後はとにかく食う。肉もお代わりしながら結局、豚300g鳥200gを完食。。
http://blogs.yahoo.co.jp/qe_epjo_oj/26003947.html

*バカ水溶液:本日のお供
一人東京砂漠な後藤です。本日の夜のお相手(……)。マテウスロゼ。お手頃価格な割にうまいスパークリングワイン。
http://blog.goo.ne.jp/gekikara1979/e/739e057c9a6b28158ca4f28099128ac7

*お前のヒゲは俺のヒゲ:写真
マテウスはロゼの定番というだけあって飲みやすくおいしい。酸味が控え目で私にはカザルガルシアより飲みやすいくらいだった。
http://d.hatena.ne.jp/higeweb/20060121#1137855928

*めざせワインエキスパート〜お酒を飲める職業探検〜:マテウス ロゼ
呑んだ後味にさわやかな酸味と微炭酸の刺激が心地のよいバランスの良いワインだと思います。
http://ameblo.jp/nonde9/entry-10009224605.html

*僕の記憶+:マテウスロゼが・・・
近所のOKスーパーでこんなことになっていました。まさに価格破壊!!ガブのみですよがぶ飲み。
http://blogs.yahoo.co.jp/starlight0614/28651904.html

*confession of lily:今日はスパークリング
ポルトガル生まれだそうです☆昔に前世占いをしたとき。。。あたしの前世はポルトガル人だと言われましたf^_^;
http://blog.livedoor.jp/acqua_lily/archives/50167213.html

*旅と海が大好き、そしてめざせ国際恋愛?!:今夜のワイン
実はこのマテウスのロゼをモルで飲んで飲みやすかったのよ。思い出して買ってきちゃった 
http://ameblo.jp/varah-reethi/entry-10011456792.html

*Meal Diary : -06.2.16
微発泡の甘めのロゼワインで、おいしいのにすごく安い!その上、¥599で買えるお店を発見してしまったのだ!!!
http://dearmatto.exblog.jp/827252

*三十路独身女性のエンジョイライフ :だって好きなんだもの♪
DONQ(ドンク)でチーズとバジル風味のナンを買ったので、キンキンに冷やしたマテウス・ロゼと共に楽しもう。
http://plaza.rakuten.co.jp/yun1211/diary/200603110000/

*えるだま・・・ペルシャの国から(続編): 呑兵衛の戯言(8)シャンパン
5つ星のレストランでワインを注文すると高そうと思ったとき、私はためらいもせずにマテウス・ロゼを注文してしまいます。
http://spaces.msn.com/elderman2/Blog/cns!DE6AAC603F94DB30!1451.entry

*白ワイン事典: ポルトガルのワイン
ドイツのフランケン地方のワインと同じようなボトルに入ったカジュアルなワインとしてこれも世界中で飲まれています。
http://whitewine.seesaa.net/article/16278607.html

*ぼちぼち行こよ:マテウスをあとに
もう一度、園内を散策したあと、マテウスのバス停へ向かいました。葡萄が絡まるフェンス。広くって気持ちが良い。
http://blogs.yahoo.co.jp/noritamadokan2/31945630.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月19日 00:26 | コメント (0)

 

モエ・エ・シャンドン

「モエ・エ・シャンドン」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月22日収集分=

*毎日美食三昧:父の日の贈り物
これが今年の父の日の贈り物のオリジナルボトルです。シャンパンは、無難に「モエ・エ・シャンドン」
http://blog.goo.ne.jp/tabesugi05/e/ec729be957ebdf1b7805b7dd446d7fff

*Happy→Go→Lucky:roof of heaven
雨模様で、曇ガラスを透かしてみるような東京の夜景を眺めながらモエ・エ・シャンドンの泡を堪能。うっとり
http://kofukudo.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/roof_of_heaven_.html

*京都で働く、くいしんぼうソムリエのワインブログ:ワールド・カップ
ランソンはモエシャンドン社と同じエペルネ地区にありますが、ダイナミックなのみ心地はモエにも引けを取らない
http://ameblo.jp/rodeoflip/entry-10013753342.html

*なっちのおとめ心とやきもち:Moet & Chandon Nectar Imperial
今日はプレ父の日で甘口デザートシャンパンを飲みました。かなり甘い・・・。
http://blogs.yahoo.co.jp/oxoxnacci/8458019.html

*アニキの天袋:セレブ焼肉で行こう
更にテンション上がるっ!食前にモエ・エ・シャンドンのロゼを頂き(グラスありっ&ワインリスト豊富)
http://blog.livedoor.jp/kensho_diario/archives/50558246.html

*宮城麻里子の麻里子日記:モエ・シャンドン
モエ・シャンドンのパーティー?「最強」の14周年パーティー?シャンパンが飲める!
http://miyagimariko.ti-da.net/e847142.html

*東京雑貨カンパニー:男の送別会に贈るプレゼント
辞めていく寂しさと門出の華やかさにすごくマッチする酒だなあと思いました。
http://tokyozakka.seesaa.net/article/19317024.html

*お台場ちょい「ヲタ」取締役日記:モエシャンドン
飲みすぎました・・・ぐはっ 昨日はひさびさにリッチにシャンパンw
http://www.23style.net/archives/log/2006_6_14_402.html

*ボンジュ〜ル!:美味しいお土産♪
息子の友達の中に、親がシャンペン畑を持っている子がいる。羨ましい〜!!
http://blog.goo.ne.jp/momomimi_2005/e/c975d280c2e8f81940d69b6cf9cf9f09

*毎日のように飲んでるワインを記録するブログ:モエエシャンドン MOET&CHANDON
ドンペリ、クリスタル、ヴーヴクリコ。。。 どんなシャンパンよりも私が好きなシャンパンはモエ。
http://winesukisuki.blog67.fc2.com/blog-entry-10.html

=2006年4月14日収集分=

*シャンペンとバラの日々:Moet & Chandon Brut Impererial モエ・エ・シャンドン
ナポレオン一世やポンパドール侯爵夫人にも愛されたそうで、映画「プリティウーマン」でジュリアロバーツが苺と一緒に飲んでいた
http://ameblo.jp/champagne-tou/entry-10010447560.html

*ウェディングドレス/ヘアサロン/グルメ/札幌情報:可愛いシャンパン♪/モエ・エ・シャンドン
右のロゼはラベルもお洒落で、女性にプレゼントするならこっちをお薦め。お花を添えるともっと素敵ですよ(^^)
http://blog.so-net.ne.jp/airacafe/2006-03-28-1

*Azusa Mayuko Cooking Salon   モエ・エ・シャンドン  フラワーロゼ
フラワーロゼのシャンパンと モエ・エ・シャンドンのフラワーロゼ限定発売のパーティへ 行ってきました。
http://azusamayuko.blog39.fc2.com/blog-entry-35.html

*しのの小部屋: モエシャンドン☆
MOET&CHANDON★期間限定でね、サクラ色をしているの。かわいいよね〜。モチロン、味も香りも最高なの!!
http://shinoberry.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_5095.html

*シンビンびびびん: YC&ACにいってきました
お寿司を宅配してもらい、ピザを食べて、大好きなシャンパン、『モエ・ド・シャンドン』で乾杯しました。
http://sinbin.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/ycac_8dc8.html

*Diary(Blog版!):表参道からいろいろと。
伊勢丹地下で差し入れを購入。ちなみにモエ・シャンドンのワインと、ジャンポールエヴァンのチョコ。
http://blog.livedoor.jp/chirett/archives/50583653.html

*ノーフォークテリア☆トムの告白:中央区 八丁堀☆スペインバールmaru○
友との永遠の友情を祝してモエ・シャンドンで乾杯致しました。やはり ヴーヴ・クリコ よりも好みです♪
http://ameblo.jp/tamachi-5ch/entry-10011155691.html

*Le Fableux Destin:モエ フラワーロゼ
モエ・エ・シャンドンのフラワーロゼとチューリップ型グラスのセット。グラスがめっちゃかわいくて、すっごく欲しい!!(。・ω・。)
http://blog.livedoor.jp/amourmillefeuille3488/archives/50452450.html

*熊猫ロボットHALのつれづれぐさ - すっかりごぶさたではございますが
モエ・エ・シャンドンのとても変わった形のグラスでMOET & CHANDONのロゼフルボトルをおうちでひっそり2人で1本あけました。
http://d.hatena.ne.jp/kuma-neko/20060411#1144765787

*記憶の箱:ジャズライブ
ライブ前には、モエ・ド・シャンドン(?)のシャンパンバーで軽くご飯とシャンパンをいただきました。
http://blog.goo.ne.jp/runaruna_1974/e/8d36d2953613828d6ac19ce0de7e96cd

*みかジャウー:MOET FLOWER ROSE
ピノ・ノワールの果実、程良いフルーティな味わい、鮮やかなローズピンク色がとても印象的です。
http://www.mikazyau.com/archives/50548592.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月15日 23:12 | コメント (0)

 

ブーブクリコ(シャンパン)

「ブーブクリコ(シャンパン)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。



=2006年6月19日収集分=

*スピーク・ロウ:ワイン亜.丱戰奪箸糧媚漸
1860年のヴーヴ・クリコにキャビアを合わせ、1845年のクロ・ド・ヴィージョには、鶉のパイ包み・・・。
http://speak-low.cocolog-nifty.com/jws/2006/06/post_6915.html

*チェブの冒険:麗わしのシャンパーニュ
ハーフボトルが4本か5本おしゃれなバケツカンに入って、そのバケツがワインクーラーの役割をするという優れもの
http://ayahana8877.seesaa.net/article/19318050.html

*ナ ナ ぶ ん の ナ ナ 。:ヴーヴ・クリコ・ポンサルダン ホワイトラベル。
甘口で飲みやすいからとグビグビ飲んでたら結構酔った。(×_×)〜°。・デザートと一緒に飲むとィィそう。
http://blog.livedoor.jp/nana2006sml/archives/50333866.html

*Double bed love:ネタ3連発いっきま〜す
シャンパンがすごい美味しかった!で 帰っていっしょに行った友に聞くと“ヴーヴ・クリコ”
http://ameblo.jp/double-bed-love/entry-10013437628.html

*はみきちらいふ:プレゼント*
誕生日は主役気分満載で、とっても好きです。ヴーヴ・クリコのシャンパン。大切にいただきます。
http://blog.livedoor.jp/hamikichi/archives/50479338.html

*IKAのミになる:ヴーヴ・クリコのプチシャンパンとグラス
洗えないっていうエリアまでシャンパンが入るようになっていてね、泡がちゃんと上にあがるんですよねぇ
http://blog.goo.ne.jp/i_ka/e/fd834aee56b56414a1a55554db598d6f

*WataLife:Veuve Cliequot Ponsardin Rose
シャンパン大好きウフフヽ(  ̄ー ̄)ノ ウフフ特にヴーヴ・クリコの辛口が我が家のお気に入りです。
http://watabo.cocolog-nifty.com/watalife/2006/06/veuve_cliequot_.html

*never say never:旦那実家で夜ごはん
手ぶらじゃアレなんで、仕事帰りに酒屋へ寄ってシャンパンを購入。無難にヴーヴ・クリコでございます
http://blog.livedoor.jp/m-60_55083/archives/50587677.html

*☆美の負け犬な日々:ANAホテルズ・TBキャンペーン第一回!
スイートだったらですね、まずは憧れのフルーツ盛りを頼む・・・と。それとチョコレートとヴーヴ・クリコ
http://sato-p.at.webry.info/200606/article_1.html

*花*のある生活:我が家の週末
飲む機会もなかったあの頃、ヴーヴクリコのグラスが、お店のメニューにありました。それが初めての出会い。
http://mimoza-clover.jugem.jp/?eid=150

=2006年4月10日収集分=

*ルージュブラン:スタッフBlog:記念日の過ごし方
いつもはもったいなくて飲めないようなお酒類も購入します。久保田の万寿、ブーブクリコのシャンパンなどなど
http://blog.livedoor.jp/rouge_blanc/archives/50256185.html

*sweet cacao girl:ボエムが町にやってきた(La Boheme)
お店の雰囲気が好きだった。定番メニューはブーブクリコにシーザーサラダとマルガリータ、アンチョビトッピングで。
http://blog.goo.ne.jp/chococogogo/e/7bba7e48893e5fbc81c66191ea019dea

*北海道「食」日記:シャンパンバー プルミエ -
飲むシャンパンはひで吉さんのお勧めでブーブクリコのロゼをいただきます。美味しいですね。
http://blog.livedoor.jp/penpara/archives/50412580.html

*まんまる日記:ブーブクリコの会
テニスショップのオーナーのお母さんが、いつも豪勢な料理を作ってくれます写真はサーモンのマリネ。
http://blog.so-net.ne.jp/momo10/2006-03-04

*アマランスの館: フランスシャンパン
個人的にはブーブクリコロゼが女性っぽくて好き。稀少らしいがたらふくのんだ。(だから誰の誕生日だ)
http://june-m-m.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_3206.html

*Sakura Company:三十路Party♪
みんなありがとう 乾杯を大好きなブーブクリコでして、美味しいお食事をいただいて・・・。すっかりほろ酔い気分
http://blog.livedoor.jp/sakura_company/archives/541630.html

*科学技術コミュニケーターになりたい: 今日の祝い酒
奮発しました。亡き母が人生の節目に贈ってくれてたシャンパンです。今日は私が真似してみました。
http://girasole.cocolog-nifty.com/costep/2006/03/post_976b.html

*みずたまり:贅沢品を飲す
つれあいのお友だちにもらっておりましたブーブクリコのロゼを今夜は飲みました。すっきりさわやかでした。
http://blog.livedoor.jp/arakurenihonkai/archives/50473127.html

*沈んでゆく夕日を見て : 新記録!
ダンディなおじさまの隣に。開店1周年記念ということだったのでブーブクリコのローズラベルを。
http://kzkn.exblog.jp/4302680

*☆気まぐれマダムの気まぐれ日記☆ : 箱根のお友達??☆
シャンパーニュのビン片手にお庭散策もいいかも?〜〜て、それは、危ないただの酔っ払いだよ〜(笑)
http://yhakasaka.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_b22c.html

*コタチビ・アワ〜【生き方下手な三十路オンナ。】:贅沢ランチ♪
みんな昼間っからブーブクリコ(?)を飲んでます。前菜5種の盛り合わせは、またもや写真を撮る前にいただいてしまう。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/47714/2434275#2434275

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年04月11日 00:03 | コメント (0)