みんなで考えよう!SDGs時代の持続可能な農と食@國學院アーカイブ

1202bunner440.jpg

異常気象による極端な猛暑、旱魃、そしてゲリラ豪雨や台風の頻発は、連日のように報道され、また実際に日々の暮らしにも多大な影響を与えているとおり、まさに私たちの「命の危険」に直結する脅威となりました。その影響は人的被害にとどまらず、田畑でも各地で渇水や高温障害、さらには強風や冠水の被害が多発しているようです。メディアでは、卑近な被害とその防止策ばかりが取り上げられましたが、昨今の気候変動は世界レベルで生態系に影響を与え、国際的な食料の安全保障をも揺るがしかねない事態を招いているに違いありません。現在、世界は国連の新目標(SDGs、2030アジェンダ)をスタートさせていますが、他人ごと、専門家任せでは、サステナブルな社会へのソフトランディングは、望めないでしょう。

そんな状況で、私たちは何ができるのか。

日本版アグロエコロジー勉強会では、3回目の「有機農業の日(12月8日)」を迎えるにあたり、首都圏近郊の著名な篤農家とその支援者をお招きして、打開策を考えるフォーラムを開催する運びとなりました。日々の暮らしを見つめ直し、将来世代に犠牲を押し付けないための企画でもありますので、より多くの皆さまにご来場頂ければ幸いです。 (告知文より)
DSCF3563.jpg


DSCF3562.jpgDSCF3578.jpg


DSCF3574.jpg

<概要>
*日時:2018年12月2日(日)13:00〜17:30
*場所:國學院大學渋谷キャンパス2号館2104教室
*参加:約100名
*運営費カンパ:94,500円
*主催:日本版アグロエコロジー勉強会
*共催:「有機農業の日」実行委員会/渋谷環境と文化の会/國學院大學大学院特定課題研究グループ/一般社団法人 the Organic
*協賛:アグリイノベーション大学校/共生社会システム学会
*賛同:タッチ!オーガニックキャンペーン/12.8「有機農業の日」記念日
*後援:日本有機農業研究会/全国有機農業推進協議会

<状況>
・*司会進行:
・ハッタケンタロー氏(種まき大作戦) /木本一花氏(マイファーム)
P1010213.jpg

*問題提起:
・古沢広祐氏(國學院大學)
「共存社会・SDGs時代における有機農業の役割」
2016-11-20p_9999.jpg

*来賓挨拶
・中井徳太郎氏(環境省 総合環境政策統括官
           /「つなげよう、支えよう森里川海」チーム長)
・及川仁氏(農林水産省農業環境対策課長)
P1010086.jpgP1010090.jpg


*基調報告
・江守正多氏(国立環境研究所)
「顕在化する気候変動の脅威〜人新世(アントロポセン)の行方」
P1010095.jpg


P1010097.jpgP1010100.jpg

・関根彩子氏(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン)
「工業型農業が招くグローバルな環境破壊」
P1010104.jpg

・坂田昌子氏(国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表)
「生物多様性は食の源〜高尾山の現場からローカルの可能性をさぐる」
P1010115.jpg


*パネル・ディスカッション:
『みんなで考えよう!SDGs時代の持続可能な農と食』
・モデレーター:小原壮太郎氏(一般社団法人 the Organic)
・レクチャー:松尾沙織氏(SDGsライター)
・パネラー:
−下山久信氏(全国有機農業推進協議会)
−相原成行氏(日本有機農業研究会) 
−高橋俊彰氏(IFOAMジャパン)
−鶴田志郎氏(有機農業参入促進協議会)
・特別ゲスト:ジョン・ムーア氏(シーズオブライフ代表理事)
・コメンテーター:中井徳太郎氏(環境省 総合環境政策統括官)
DSCF3571.jpg

P1010155.jpgP1010211.jpg


DSCF3573.jpg


P1010138.jpgP1010182.jpg


*総括:尾崎零氏(産消循環自給農場「べじたぶる・ はーつ」/
    農を変えたい!全国運動関西地域ネットワーク」代表)
P1010215.jpg


>有機農業の日:http://organic-day.com/

noryokukojyodaisakusen440x80logo.PNG




カテゴリー:068アグロエコロジー | 投稿者 xbheadjp : 17:42

 

有機農家さんと考える、優しくて美味しい野菜を次世代へ継ぐために、私たちができること。(イベント告知)

1202form440.jpg

空梅雨に始まり、猛暑、台風、そして日照不足。今シーズンの異常気象は、私たちの食生活にも大きな影響を与えました。お米は最小限の減収ですんだようですが、野菜の値段は乱高下が続いています。食べる立場でさえ困るのに、つくる側の農家には、どのような苦労があるのでしょう。消費者は国産がだめなら輸入農産物を買えば済む話かもしれませんが、水不足に悩み、猛暑にあえぎ、強風に施設を飛ばされ、秋雨が続いて農作物がうまく育たない日々は、「エアコンを適切に使う」といったその場しのぎで、やりすごせる話ではないのです。

p_agenda_title440.jpg

国連は「誰も置き去りにしない」というスローガンを旗印に、2030年までに達成すべき17の目標を掲げています。しかし、短期的な利潤追求を目的とする工業的な大規模農業では、これらが成り立たないことは明らかです。実をいうといま、私たちの食卓は石油を派手に燃やし、弱者を低賃金で働かせ、しかも農地を弱らせることで、賄えているのです。つまり消費者が、いつもの食事に「早い、安い、旨い」を望む限り、この豊かさは長続きしません。

では、どうしたらいいのでしょうか。まずは現状をしっかり踏まえて、持続可能な食と農の「あたりまえな姿」を思い描いてみませんか。

<概要>
*催名:みんなで考えよう!SDGs時代の持続可能な農と食
    =第2回日本版アグロエコロジー東京フォーラム=
*日時:2018年12月2日(日)13:00〜17:30
*場所:國學院大學渋谷キャンパス2号館2104教室
・地図:https://www.kokugakuin.ac.jp/access
*定員:150名
*参加費:当日カンパ制1口500円:一般2口以上/学生1口
*主催:日本版アグロエコロジー勉強会
*詳細/申込(こくちーず):https://kokucheese.com/event/index/542816/ 

<内容>
*問題提起:古沢広祐氏(國學院大學)
*来賓挨拶:
・中井徳太郎氏(環境省 総合環境政策統括官/「つなげよう、支えよう森里川海」チーム長)
・及川仁氏(農林水産省農業環境対策課長)
*基調報告:
・江守正多氏(国立環境研究所)
・関根彩子氏(国際環境NGOグリーンピース・ジャパン)
・坂田昌子氏(国連生物多様性の10年市民ネットワーク代表)

emori140.jpgblank10x10.JPGsekine140.pngblank10x10.JPGsakata140.jpg

=休憩=
*パネル・ディスカッション:『みんなで考えよう!持続可能な農と食』
・下山久信氏(全国有機農業推進協議会/さんぶ野菜ネットワーク)
・相原成行氏(日本有機農業研究会/相原農場)
・ジョン・ムーア氏(一般社団法人シーズ オブ ライフ)/他

aihara140.jpgblank10x10.JPGshimoyama140.jpgblank10x10.JPGjohn140.jpg

*総括:尾崎零氏(産消循環自給農場「べじたぶる・ はーつ」)

>主な登壇者の略歴もこちらに記載しています。
早めの申し込みをお願いします。
*詳細/申込:https://kokucheese.com/event/index/542816/


noryokukojyodaisakusen440x80logo.PNG





カテゴリー:066有機農業関連 | 投稿者 xbheadjp : 09:28

 

第3回「食育マルシェ&食育映画祭」@タカシマヤ タイムズスクエア撮影記録

服部幸應先生が有機農業に傾倒していると聞いて、スペシャルトークを撮影取材しに行きました。

DSCF2686.jpg


DSCF2673.jpgDSCF2669.jpg

『人』に『良い』と書いて『食』。『食育』とは人が良くなることを育むこと。『食育』とは日本を良くし、地球を良くすること。昨今、『持続可能性』が世界共通のテーマですが、一人ひとり暮らしにある「食」こそ私たちが身近にできるアクションです!『食育マルシェ』は買物を通じて、この持続可能な『食』、『食育』を気軽に身近に学べるイベントです。(フェイスブックより抜粋)

<概要>
*日程:2018年10月13日(土)・14日(日)
*場所:タカシマヤ タイムズスクエア 2階 JR口 特設会場
*主催:食育マルシェ実行委員会 
・実行委員長:服部幸應氏( 服部学園/服部栄養専門学校)
・企画:HATTORI食育クラブ
*共催:学校法人 服部学園/オーガニックヴィレッジジャパン
*後援:農林水産省/東京都
*協力:新宿高島屋/アースデイマーケット実行委員会

<状況>
*マルシェ
DSCF2661.jpg


DSCF2660.jpgDSCF2684.jpg


DSCF2654.jpg


DSCF2679.jpgDSCF2681.jpg

*服部幸應先生の 『食育』スペシャルトーク
DSCF2652.jpg


P1010047.jpgP1010053.jpg


P1010037.jpg


P1010038.jpg


P1010042.jpgP1010043.jpg


P1010045.jpg


P1010046.jpg

*ワークショップ:煮干しの解剖・魚の美味しい食べ方
P1010057.jpg

*上映映画
・『A FILM ABOUT COFFEE』監督:ブランドン・ローパー/2014年/アメリカ
・『築地 ワンダーランド』監督:遠藤尚太郎/2016年/日本
・『種子―みんなのもの?それとも企業の所有物?』原題:SEMILLAS,¿bien común o propiedad corporativa?/2017年
・『0円 キッチン』』原題:WASTECOOKING/監督:ダーヴィド・グロスほか/2015年/オーストリア/

>イベント詳細:https://www.facebook.com/events/1337267583074640/


                             Report as alterna200x48.PNG

カテゴリー:06農関係トピックス取材記録 | 投稿者 xbheadjp : 07:39