東京の農あるくらしを守るキックオフ会議

フェイスブックの「コミュニティ・ガーデン・サロン」グループで耳寄りなイベント情報を知ったので、取材を兼ねて馳せ参じました。

f2013_0824birth0002.JPG


f2013_0824birth0004.JPGf2013_0824birth0005.JPG

「となりの畑が、なくなっていく・・・」東京都内の畑がどんどんなくなっている今、“農あるくらし”を守り・つくるため、キックオフ会議を開催します!農家、民間企業、公的機関それぞれの立場で取り組んでいる、あの手・この手の3つの取組みについて事例報告いただきます。東京の緑を守る将来会議として、今こそ取り組むべき課題について掘り下げます!(告知文より)

<概要>
*日 時:2013年8月24日(土)14:00〜16:45
*会場:都庁第二本庁舎1F 二庁ホール
*参加費:無料
*定員:先着180名
*主催:
・東京の緑を守る将来会議
・一般財団法人セブン-イレブン記念財団
・東京都
<状況>
*ごあいさつ
f2013_0824birth0008.JPG

・萩原啓吾氏(セブン‐イレブン記念財団)/佐藤留美氏(主催団体)
p2013_0824birth0015.JPGp2013_0824birth0019.JPG

・菊地正芳氏(東京都都市整備局都市づくり政策部緑地景観課長)
p2013_0824birth0010.JPG


f2013_0824birth0010.JPGf2013_0824birth0011.JPG

*事例報告
・農家が農地を守るために選んだ道!農業体験農園というしくみは今!
‐白石 好孝氏(白石農園園主・NPO法人畑の学校代表)
p2013_0824birth0024.JPG


f2013_0824birth0015.JPGf2013_0824birth0023.JPG

・“宅地”で運営する、レンタル農園のビジネスモデル
‐小野 淳氏(農業生産法人 国立ファーム株式会社)
p2013_0824birth0039.JPG


f2013_0824birth0026.JPGf2013_0824birth0030.JPG

・空閑地をグリーンスペースに!土地と市民をマッチングする「カシニワ」
‐細江 まゆみ氏(一般財団法人 柏市みどりの基金)  
f2013_0824birth0034.JPG


f2013_0824birth0036.JPGf2013_0824birth0039.JPG

*パネルディスカッション
f2013_0824birth0040.JPG


f2013_0824birth0047.JPGp2013_0824birth0003.JPG

・横張 真氏(東京大学大学院教授/東京の緑を守る将来会議アドバイザー)
p2013_0824birth0063.JPG


p2013_0824birth0066.JPGp2013_0824birth0082.JPG

・「農の風景育成地区制度」の説明
p2013_0824birth0090.JPG

・助成金「東京の緑を守ろうプロジェクト」市民活動助成のご紹介
f2013_0824birth0049.JPG

>東京の緑を守る将来会議:http://www.tokyo-midori.net/
>農の風景育成地区制度を創設|東京都:
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/08/20l81200.htm


                             Report as alterna200x48.PNG


  

カテゴリー:06農関係トピックス取材記録 | 投稿者 xbheadjp : 10:23

 

中秋観月の宴@寺家谷戸(9月19日〔木〕持ち寄り開催!

p2013_0816yatoda0014-2.JPG

 古来、日本人は自然と共生するなかで花鳥風月を愛で、生態系が恵む範囲で収穫の慶びを祝ってきました。五穀豊饒に感謝する秋祭りはもちろん、花見や月見も先人が「農」とともに培ってきた「暮らし」そのものだったのでしょう。思えば、それらの伝統行事が形骸化したのは、「文明開化」が遠因ではないでしょうか。
 私たちはいつの間にか大陸狩猟民族ともいえる欧米人に倣って、外部から富を得、それを幸せと感じることに、何の抵抗もなくなっています。しかし、地球は無限に続く平原ではなく、資源は泉から無尽蔵に湧き出るものでもありません。成長や発展で得られる豊さは、どこかに、そして誰かに負担を負わせるものでしかないのです。たとえばCSRを誇る企業から助成金を得て、里山を整備したとします。たとえば赤字財政続きの国から委託を受けて、希少生物を蘇らせたとします。しかしそこにできるのは、外部から持ち込んだ資源なしでは成り立たない、持続不可能な生態系でしかありません。
 そこで都市生活者の農力向上委員会は考えました。持続可能な社会への近道は、自然と共生して暮らす幸せを、自分たちで蘇らせることではないか、と。さらには古き良き伝統文化に秘められた「想い」を今の生活と融合させることで、それが復活できるのではないか、と思い至ったわけです。だから週末でもない中秋の夜に、だからバス停から10分も離れた里山の懐で、「観月の宴」を企画します。時間が許す範囲で、準備段階からご参加頂ければ幸いです。

p2013_0822yatoda0008.JPG

<谷戸田で愛でる。中秋観月の宴>
*日時:2013年9月19日(木)18時〜準備/19時頃〜観月(雨天順延)
*場所:どんぐり農園@寺家谷戸(横浜市/町田市) ※飲酒運転は厳禁
*費用:実費(自分用の飲み物と料理1品は持ち寄りで) ※マイ食器持参
*主催:都市生活者の農力向上委員会/農に学ぶ環境教育ネットワーク
*備考:
 ・虫さされ予防は、各自で対策をお願いします。
 ・会場にトイレはありませんので、覚悟してお越しください。
 ・帰り道は暗くなるので、懐中電灯などご持参ください。
*申込:フェイスブックで(開かない方は「農力向上委員会」にコメントください)
https://www.facebook.com/events/416322828486190/

*地図
121210donguri_nouen.png

*月が出るはずの空
p2013_0818yatoda0024.JPG

*宴の会場
p2013_0816yatoda0012.JPG


f2013_0805yatoda0003.JPGp2013_0813yatoda0014.JPG


f2013_0804yatoda0010.JPGp2013_0816yatoda0004.JPG


f2013_0827yatoda0011.JPG


>谷戸田に学ぶ。農力向上大作戦!:http://reculti.org/?page_id=1338

noryokukojyodaisakusen440x80logo.PNG


  

カテゴリー:022谷戸田に学ぶ。 | 投稿者 xbheadjp : 18:03

 

ヒエ取り:谷戸田に学ぶ。農力向上大作戦!

猛暑の中で参加したのは3チームのみでしたが、恙無く作業を終えました。当、谷戸田サポーター制度の団体枠は埋まりましたが、10月27日(日)に予定している稲刈りは非会員でも参加できる公開イベントとなりますので、寺家谷戸での人力稲作体験にご興味がある方は、ぜひお越しください。

p2013_0818yatoda0044.JPG

*概要
・日時:2013年8月18日(日)9:30〜12:00
・場所:どんぐり農園@寺家谷戸(横浜市/町田市)
・天候:快晴/猛暑
・参加人数:9名

*状況
・レクチャー


p2013_0818yatoda0015.JPG



p2013_0818yatoda0011.JPGp2013_0818yatoda0017.JPG

・チーム活動
p2013_0818yatoda0019.JPG

▲泪ぅ吋襪燭鵑
p2013_0818yatoda0020.JPGp2013_0818yatoda0030.JPG


クレアンたんぼ
p2013_0818yatoda0021.JPGp2013_0818yatoda0026.JPG

ぃ縫侫 璽爐燭鵑
p2013_0818yatoda0031.JPG

・作業後
p2013_0818yatoda0032.JPG


>谷戸田に学ぶ。農力向上大作戦!:http://reculti.org/?page_id=1338

noryokukojyodaisakusen440x80logo.PNG


  

カテゴリー:022谷戸田に学ぶ。 | 投稿者 xbheadjp : 07:49

 

ナス炒めカレー(農に学ぶ。頂き菜レシピ)

NPO法人「農に学ぶ環境教育ネットワーク」で援農ボランティアをして、自然農法でタネ取りしているナスを頂いたので、合挽き肉と玉ねぎでカレーをつくりました。

f2013_0809itadakina0059.JPG

*日時:2013年8月9日夕食時
*素材:ナス
*材料:合挽き肉/タマネギ
*調味料:カレールー(ハウスジャワカレー)/塩胡椒
*評価:★★★☆☆(ナスがワイルドでした)

*素材&材料
f2013_0809itadakina0003.JPG


f2013_0809itadakina0007.JPGf2013_0809itadakina0013.JPG


f2013_0809itadakina0015.JPG

*調理
f2013_0809itadakina0019.JPGf2013_0809itadakina0026.JPG


f2013_0809itadakina0032.JPG


f2013_0809itadakina0035.JPGf2013_0809itadakina0038.JPG


f2013_0809itadakina0039.JPG

*盛付
f2013_0809itadakina0051.JPGf2013_0809itadakina0053.JPG

f2013_0809itadakina0048.JPG

*農に学ぶ環境教育ネットワーク:http://www.nounimanabu.net/

nouni_logo220.PNG


  

カテゴリー:07頂き菜料理レシピ | 投稿者 xbheadjp : 11:38

 

豚肉ステーキのトマト炒め煮(農に学ぶ。頂き菜レシピ)

NPO法人「農に学ぶ環境教育ネットワーク」で援農ボランティアをして、マスクトマト!?を頂いたので、ストックしてあったニンニクも使って豚肉ステーキのトマト炒め煮をつくりました。

f2013_0808itadakina0032.JPG

*日時:2013年8月8日夕食時
*素材:裂果トマト/生ニンニク
*材料:豚肉/マッシュルーム水煮/ブラックオリーブ水煮
*調味料:コンソメ/塩胡椒
*評価:★★★★★(トマトの甘みが引き立ちました)

*素材&材料
f2013_0808itadakina0009.JPGf2013_0808itadakina0011.JPG

*調理
f2013_0808itadakina0018.JPG


f2013_0808itadakina0019.JPGf2013_0808itadakina0023.JPG


f2013_0808itadakina0026.JPG


f2013_0808itadakina0029.JPGf2013_0808itadakina0030.JPG

*盛付
f2013_0808itadakina0036.JPG


f2013_0808itadakina0031.JPGf2013_0808itadakina0036-2.JPG


*農に学ぶ環境教育ネットワーク:http://www.nounimanabu.net/

nouni_logo220.PNG


  

カテゴリー:07頂き菜料理レシピ | 投稿者 xbheadjp : 16:47

 

アジアの農民・人びとの連帯を!―エステラ・ペヌニアさんを囲んで―取材記録

寺家谷戸での農作業がお休みということで、空き時間ができたそのタイミングで、PARCから農関係のレクチャーのお誘いがあったので、記録取材へ馳せ参じました。

f2013_0807parc0001.JPG


f2013_0807parc0003.JPGp2013_0807parc0004.JPG

80年代以降から続く新自由主義的な自由貿易の波は、アジア各国をすっかり覆いつくそうとしています。すでにアジア各国では、市場開放によって安価な農産品が国内市場に流入したため、農民たちは作物をつくっても売れない、という悲惨な状況が広がっています。 さらにはTPPやRCEPなどの広範囲の貿易協定への動きも各国・各地域の食糧主権や地域自立の経済、持続可能な発展にとって大きな脅威となっています。このたび、アジア10ヵ国の農民ネットワーク「AFA(Asian Farmers' Association for Sustainable Rural Development)」(本部フィリピン)事務局長のエステラ・ペヌニアさんをお招きして、アジアの農民の置かれた状況について、また農村の抱える課題、そして自由貿易の波に抵抗するために私たち民衆のレベルでどのような経験交流や協力、運動が可能かについてお話しいただきます。(告知メールより)

*日時:2013年8月7日(水)14:30〜16:00
*場所:アジア太平洋資料センター(PARC)3F
*茶菓子代:300円 ※逐次通訳あり
*ゲスト:エステラ・ペヌニアさん
(アジア10ヵ国の農民ネットワーク「AFA」事務局長)
*共催:
・アジア太平洋資料センター(PARC)
・アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)

*レクチャー状況
f2013_0807parc0006.JPG


f2013_0807parc0007.JPGp2013_0807parc0006.JPG


p2013_0807parc0024.JPG

*動画の抜粋


>AFA:http://asianfarmers.org/
>PARC:http://www.parc-jp.org/


                            Report as alterna200x48.PNG


 

カテゴリー:06農関係トピックス取材記録 | 投稿者 xbheadjp : 19:20

 

防獣柵設置:農力向上大作戦!枝豆自給実習&収穫祭2/3

天気予報があてにならないなか、猛暑には至らず、タヌキよけの柵づくりも無事終了したので報告します。

f2013_0804yatoda0006.JPG

今年の夏も暑くなりそうですが、その分、美味しいビールを楽しみたいですよね。ならばビールのお供、枝豆にもこだわらなければ。できれば有機無農薬のものを、もっといえば環境に負荷をかけない、地域の恵みを分け頂くローカルな自然農で。お金を掛けずにそんな贅沢ができるのか?あいや、売っていないなら作ってしまえ!考えてみれば、大豆トラストやダイズレボリューションはあるのだから、枝豆トラストだってできるはず。てなわけで、渋谷から60分の秘境?!寺家谷戸の畑を確保しました。栽培品種はもちろん、長野由来で関東各地に根付いている地大豆「タマホマレ」。初年度のトライアルで日程がタイトなため、お楽しみは残暑を過ぎた頃になりますが、お豆のレストラン「ハナムスビ」での収穫祭もご用意しておりますので、お誘い合わせの上お申し込みください。(勧誘メール文より)

<概要>
*催名:農力向上大作戦!枝豆自給実習&収穫祭(第2回実習)
*日時:2013年8月3日(土)9:45〜14:00
*場所:どんぐり農園@寺家谷戸(横浜市/町田市)
>東名高速横浜青葉ICより市が尾交差点を柿生方向へ左折後約5km
(寺家ふるさと村「四季の家」に無料駐車場あり)
>東急青葉台駅北口バス乗り場9:06発31系鴨志田団地から徒歩15分
*参加料:2,000円(残り2回分/収穫祭の飲食代別途)
>全額が寺家谷戸の再生に取り組むNPOの活動資金になります。

*参加者:9名
*主催:NPO法人:農に学ぶ環境教育ネットワーク/ハナムスビ
*企画/協力:農力向上委員会/ホソノデザイン
*特典:収穫祭用枝豆を提供(収量が多かった場合はお土産付き)
*準備:
・手袋(軍手)・帽子・タオル・汚れてもよい服装(肌の露出は極力控える)
・レジャーシート・飲料水・弁当(カラスに狙われるのでレジ袋は厳禁)

<状況>
*レクチャー:木村理事長
f2013_0803yatoda0021.JPG


f2013_0803yatoda0005.JPGf2013_0803yatoda0008.JPG

*刈り草整理
f2013_0803yatoda0011.JPG

*苗の補植
f2013_0803yatoda0020.JPG


f2013_0803yatoda0017.JPGf2013_0803yatoda0019.JPG

*防獣柵の設置
f2013_0803yatoda0024.JPG


f2013_0803yatoda0030.JPGf2013_0803yatoda0026.JPG


f2013_0803yatoda0037.JPG

*出入り口作成
f2013_0803yatoda0040.JPGf2013_0803yatoda0043.JPG


f2013_0803yatoda0046.JPG

*作業完了
f2013_0803yatoda0050.JPG

<次回予告>
・第3回:収穫@寺家谷戸&収穫祭@ハナムスビ(9月28日〔土〕9:45〜)
>ハナムスビ お豆のレストラン:
(東急目黒線 不動前駅 徒歩1分/東京都品川区西五反田5-12-3)
f2013_0624yatoda0001.JPG

*備考:
・どんぐり農園での実習&収穫は、天候や大豆の生育状況によって日程が変わる場合があります。
・タヌキやカラスとの知恵比べに負けた場合は、収穫がない場合もあります。


noryokukojyodaisakusen440x80logo.PNG


 


カテゴリー:022谷戸田に学ぶ。 | 投稿者 xbheadjp : 07:13