横浜で田植え縁農報告:アグロス市が尾休耕田再耕PJT

横浜青葉台で有機農業を営むアグロスつちの里では今年から稲作の規模を広げ、新たに2反弱の休耕田を借りて稲作を始めようとしています。この田んぼの田植えを24日に行いました。ボランティアの飛び込み参加もあり、無事終了しました。

*主催:チームりかるち横浜
*日時:2012年6月24日9:30〜16:00
*場所:横浜市青葉区上谷本町95−5
*規模:約2反
*天候:薄曇り一時晴れ
*持ち物:弁当、飲み物、帽子、タオル、着替え、田植えでの履物
*周辺マップ(クリックで拡大します)
120617agros_ichigao_s.jpg

耕作放棄地の増加が問題となっている中、休耕田を有機農法で復活させようというプロジェクトです。今回の田んぼは10年近くほってあった休耕田で、草はぼうぼう、草を刈ったら地面はデコボコと大変な状況で、借りた農家さんも「ちょっと難しいかな」と弱気になっていた所を、ボランティアメンバーが「お手伝いするから頑張りましょう」と言って草刈りや開墾のお手伝いをして、ようやく24日に田植えが出来る状態になりました。

*作業前
2012_0625chigao0016.JPG

*お昼休憩
2012_0625chigao0021.JPG


2012_0625chigao0026.JPG2012_0625chigao0019.JPG

*作業後
2012_0625chigao0033.JPG

*道具類
2012_0625chigao0014.JPG2012_0625chigao0050.JPG


2012_0625chigao0052.JPG

場所は田園都市線の藤が丘の近くで、車で来られる方は現地に止められますし、電車でお越しになる方は青葉台駅に迎えにあがります。作業は初めての方でもできます。今後の作業もボランティアが必要になるかと思いますので、その節はよろしくお願いします。

2012_0625chigao0027.JPG

*参考
・線引がうまくいかず苗がせ入れるしなかった区域
2012_0625chigao0041.JPG

・作付け紐を張って縦を揃えた区域
2012_0625chigao0039.JPG

・作付け紐に目印を付けて横も揃えた区域
2012_0625chigao0038.JPG

・手が付けられなかった区域
2012_0625chigao0034.JPG


 

カテゴリー:051アグロスつちの里 | 投稿者 xbheadjp : 14:10

 

横浜で田起こし:アグロス市が尾休耕田再耕PJT

アグロスつちの里が今シーズンから借り受けている休耕田の再耕現場へ、視察を兼ねて縁農に伺ったので報告します。

*データ
・年月日:2012年6月17日(日)/18日(月)/20日(水)
・所在地:横浜市青葉区上谷本町95−5
・規模:約2反

*周辺マップ(クリックで拡大します)
120617agros_ichigao_s.jpg

*17日作業前
2012_0617ichigao0032.JPG


2012_0617ichigao0031.JPG2012_0617ichigao0034.JPG

*17日作業
・しばくさ撤去動力運搬
2012_0617ichigao0037.JPG


2012_0617ichigao0041.JPG2012_0617ichigao0046.JPG


2012_0617ichigao0049.JPG

・しばくさ撤去人力運搬
2012_0617ichigao0050.JPG


2012_0617ichigao0054.JPG2012_0617ichigao0060.JPG

*17日作業後
2012_0617ichigao0057.JPG

*18日作業
・手押し管理機による耕運
2012_0618ichigao0012.JPG

*18日作業後
・手押し耕運機の威力と限界を思い知らされました。
2012_0618ichigao0008.JPG

=課題の整理(18日)=
*手強そうな草株
2012_0618ichigao0004.JPG2012_0618ichigao0001.JPG

*取水口がない?
2012_0618ichigao0005.JPG


2012_0618ichigao0007.JPG2012_0618ichigao0003.JPG

*くろ(畦)がない!
2012_0618ichigao0002.JPG

*20日作業
・畦づくり
2012_0620ichigao0004.JPG2012_0620ichigao0005.JPG

*20日作業後
2012_0620ichigao0007.JPG


カテゴリー:051アグロスつちの里 | 投稿者 xbheadjp : 10:37

 

第2回小川町しもさと有機野菜塾

第2回小川町しもさと有機野菜塾に参加したので報告します。

2012_0609shimosatof0010.JPG


2012_0609shimosatof0007.JPG2012_0609shimosatof0003.JPG

最近、天気が急変することが多く、先日は雹まで降りました。下里の畑には夏野菜が植わり、田んぼでは田植えが始まって、移り行く美しい田園風景が広がっています。

=概要=
*日時: 6月9日(土) 9時半受付開始
*場所:小川町下里2区センター※前回と同じ場所です。

=内容=
*講義:土づくりと肥料(土壌の物理性・科学性・生物性)〔10時〜〕
2012_0609shimosatof0016.JPG


2012_0609shimosatop0016.JPG2012_0609shimosatop0036.JPG


2012_0609shimosatop0008.JPG

・土の団粒構造
2012_0609shimosatof0018.JPG

・簡易土壌分析
2012_0609shimosatof0020.JPG

*実習:ボカシ肥作り
2012_0609shimosatof0025.JPG

・ふすま                     ・平飼い鶏糞
2012_0609shimosatof0030.JPG2012_0609shimosatof0031.JPG

・おから                      ・籾殻薫炭
2012_0609shimosatof0033.JPG2012_0609shimosatof0034.JPG

・切り返し
2012_0609shimosatof0042.JPG

・配合完了
2012_0609shimosatof0045.JPG2012_0609shimosatof0044.JPG

*見学:霜里農場の圃場にて夏野菜の手入れの仕方
2012_0609shimosatof0049.JPG


2012_0609shimosatof0053.JPG2012_0609shimosatof0056.JPG

*視察:堆肥場
2012_0609shimosatof0058.JPG

*貸し農園作業
2012_0609shimosatop0066.JPG2012_0609shimosatop0044.JPG


2012_0609shimosatop0058.JPG


2012_0609shimosatop0068.JPG2012_0609shimosatop0071.JPG


2012_0609shimosatop0078.JPG

*霜里農場の様子
2012_0609shimosatop0038.JPG


2012_0609shimosatop0039.JPG


カテゴリー:040霜里農場 | 投稿者 xbheadjp : 19:30

 

都市生活者は、もっと「農力」が必要だ!出版記念企画(満員御礼)

このたび出版社コモンズから、都市生活者の農力向上委員会の監修で『農力検定テキスト』が発刊されることになりました。つきましては、以下の内容で出版記念企画を開催します。当日の模様は後日、またアーカイブとしてアップしますので、来場出来なかった方は、そちらをご視聴ください。

2012_0513shimosato0003.JPG

1.主旨
思い直せば「安い原材料を輸入し、卓越した技術で加工して、有利な条件で輸出する」という日本のビジネスモデルは、20年も前に崩壊していました。にもかかわらず、更なる経済成長を夢見て公金を注ぎ込んできたツケが、社会保障や国家財政の破綻状況に現れているのです。しかも、追い打ちを掛けるように、サブプライム問題やリーマンショックがたて続けに起き、そして今、ユーロ危機が世界経済を呑みこもうと目前に迫っています。都市生活者に、その難から逃れる術はあるのでしょうか。

私たちの暮らしはグローバルな経済の発展とともに、より豊かになっています。もちろん「見掛け上は、」です。お金があれば何でも手に入る消費者は、その上流で何が起きているか気にもせずに、「より良く、より安く、より便利に」を求めてきました。代金さえ払えば、「正当な消費行動」と疑いもしなかったのです。しかし、私たちの大量生産、大量消費、その挙句の大量廃棄という大都市での営みは、地球規模で起きている環境破壊の元凶に他なりません。そして「成長の限界」が、現実みを帯びて感じられる兆候も頻発しています。

そんな状況においては、心の平穏までお金で得ることはできません。エコカー減税に促されて新車を衝動買いしても、固定価格買取制度に喜び勇んで太陽光パネルを新設しても、です。なぜなら、水やエネルギー、食料の供給が途絶えたら、大都市はひとたまりもないからです。そうです。都市生活者に欠けているのは「農力=自給共生力」なのです。

120607tokainaka.PNG

2.企画概要
□催名:『農力検定テキスト』出版記念企画
□日時:7月11日(水)17:15〜21:00
□場所:ちよだプラットフォームスクエア(メトロ竹橋駅下車10分)
(東京都千代田区神田錦町3‐21 TEL:03-3233-1511)地図
□発起人:
・木内孝 氏(株式会社イースクエア会長)
・森摂 氏(雑誌「オルタナ」編集長)
・ハッタケンタロー 氏(種まき大作戦実行委員会)
□備考:壇上の模様は動画と写真で記録し、ネット公開を予定しています。

120529chiyopula.jpg

1)第1部:「都市生活者には、もっと農力が必要だ!」出版記念講演
*時間:17:15開場 17:30開演〜18:45終了予定
*会場:5階505会議室
*定員:申し込み先着60名(応募受付終了)
*参加費:1000円
*プログラム:
ヾ峠い琉Щ◆А屬覆爾い沺都市生活者に農力向上が必要か」
・西村ユタカ(一般社団法人 都市生活者の農力向上委員会)
▲譽チャー:「都市生活者に必要な農力とは?」
・金子美登 氏(小川町霜里農場主/全国有機農業推進協議会理事長)
・塩見直紀 氏(京都府綾部市在住/半農半X研究所代表)

392418_399890793362153_286413814_n.jpgMr.Shiomi.jpg

2)第2部『農力検定テキスト』出版記念交流会
*時間:18:45開場/19:00開演〜21:00
*場所:1階デリカフフェ&ロビー
*定員:申し込み先着70名(応募受付終了)
*参加費:3000円(もれなく『農力検定テキスト¥1700+税』贈呈)
*備考:
・農力向上希望者と執筆陣、関係賛同者を交えた実践を促す交流会です。
・新規就農者有機農場の野菜もご紹介する立食パーティになります。
・関係者を集めた交流会なので、名刺を多めに持参ください。
“起人挨拶
・木内孝 氏(株式会社イースクエア会長)
⇒萇舒Щ◆心デ奸
・石田三示 氏(元鴨川自然王国代表理事/新党きづな衆議院議員)

2011_051500010065-2.JPGMr.ishida.jpg

執筆者自己紹介
・竹本亮太郎 氏(株式会社キュアリンク)
・塩見直紀 氏(京都府綾部市在住/半農半X研究所代表)
・金子美登 氏(小川町霜里農場主/全国有機農業推進協議会理事長)
・大和田順子 氏(アグリ・コミュニティビジネス研究所)
・吉田太郎 氏(キューバ農業研究家)

で昔聾上大作戦!賛同表明(予定):
>ネット公開用にビデオ収録をさせて頂きます。
・古沢広祐 氏 (國學院大学教授)
・糸長浩司 氏 (日本大学生物資源科学部教授)
・高野孟 氏(株式会社インサイダー代表)
・森摂 氏(雑誌「オルタナ」編集長)
・河口真理子 氏(株式会社大和総研調査本部主席研究員)
・高安和夫 氏(銀座ミツバチプロジェクト)
・ハッタケンタロー 氏(種まき大作戦実行委員会)
・諸田三比呂 氏(株式会社新しい村)
・鈴木さと子 氏(株式会社 地域協働推進機構)
・小口広太 氏(おぐち自給農園)
・後藤千恵 氏(日本放送協会解説委員)
・シキタ純 氏(特定非営利活動法人ビーグッドカフェ代表)

コ萋庵賃離▲圈璽襦
・大橋二郎 氏(つちの里〔横浜市青葉区〕)
・藤永貴幸 氏(ティーズファーム〔町田市上小山田町〕)
Υ行の挨拶:
・大江正章 氏(コモンズ代表/アジア太平洋資料センター〔PARC〕代表理事)

DSCF0847.jpg2012_02050271b.JPG


2012_0606gefo0067b.JPG1109250012b2.jpg


2011_062600010054b.JPG2012_01240086b.JPG


2012_01240127b.JPG2012_01240206b.jpg

カテゴリー:02農力向上大作戦! | 投稿者 xbheadjp : 19:36

 

耕さない田んぼでの田植え視察&取材記録

以前からご縁のあったNPO法人「畑と田んぼ環境」再生会が主催する「耕さない田んぼでの田植え」の視察&取材記録に伺ったので報告します。

自然の営みを慈しみ、いのちのリズムに合わせて季節を歩む。 大地に根をおろし、種と共に冬を越え、多くの生き物と一緒に野菜やお米を育てる。 田畑の心地良い風に吹かれて汗を流し、仲間と語らい、そして共に収穫を喜ぶ。 自然が与えてくれた豊かな恵みを感謝していただく。 自然と人間、生き物と人間、人と人との本来のつながりを回復させていく。 「農のある生活」は、そんな満ち足りた生き方を教えてくれます。(公式サイトより)

2012_0603shizen0025.JPG

=データ=
*日時:2012年6月3日(日)9:00〜
*場所:研修田(JR相模線相武台下駅徒歩10分)
*主催:NPO法人「畑と田んぼ環境」再生会

*周辺地図
soubudaishita.jpg

*事前説明

*植付穴あけ


2012_0603shizen0007.JPG

*苗取り
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/23078489/highlight/268072
2012_0603shizen0016.JPG


2012_0603shizen0014.JPG2012_0603shizen0012.JPG


*苗植え
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/23078489/highlight/268073
2012_0603shizen0028.JPG


2012_0603shizen0022.JPG2012_0603shizen0020.JPG


2012_0603shizen0031.JPG


>NPO法人 「畑と田んぼ環境」再生会:http://hatake-tanbokankyo.org/

カテゴリー:033神奈川県の農場/農園 | 投稿者 xbheadjp : 22:41

 

大熊町たんぼ田植え(稲作縁農プロジェクト第1弾)記録

りかるち有機稲作縁農プロジェクト第1弾として、大熊町たんぼ田植えに協力したので報告します。

*日時:6月2日(土)10:00〜15:30
*場所:横浜市都筑区大熊町にある民間借地田んぼ
*主催:有機ネットかながわ有志
*協力:都市生活者の農力向上委員会
*参加費:無料(今後も可能な範囲で参加頂くことが条件)
・特典:化学肥料/農薬オフの水稲栽培を実習できます。

*立地
120602okuma_s.jpg

*田植え前
2012_0602en0003.JPG

*事前説明
2012_0602en0006.JPG


2012_0602en0027.JPG2012_0602en0028.JPG

*お昼休憩
2012_0602en0008.JPG

*田んぼの様子
2012_0602en0012.JPG


2012_0602en0019.JPG2012_0602en0022.JPG

*苗取り
2012_0602en0010.JPG


2012_0602en0001.JPG2012_0602en0004.JPG


2012_0602en0015.JPG

*田植え後
2012_0602en0034.JPG

 

カテゴリー:05縁農記録 | 投稿者 xbheadjp : 19:45

 

東京で畑おこしT's Farm視察&UST撮影記録

第0回りかるちDrinksでご縁を頂き、「東京で畑おこし」と称して耕作放棄地の再生に取り組んでいるT's Creative Factoryのティーズ ファームへ視察を兼ねて撮影記録に伺いました。

*データ:
・日時:2012年6月1日(金)11:30〜12:30
・就農:2012年5月
・所在地:東京都町田市上小山田町字17号2321番1
・交通:町田駅南口12番神奈中バス町27系統終点「小山田」徒歩11分
120603TS_s.PNG

*畑の全貌
2012_0601Ts0032.JPG

*上の畑
2012_0601Ts0028.JPG


2012_0601Ts0027.JPG2012_0601Ts0029.JPG

*下の畑
2012_0601Ts0035.JPG


2012_0601Ts0006.JPG2012_0601Ts0007.JPG


2012_0601Ts0009.JPG

*堆肥場
2012_0601Ts0021.JPG

*開墾作業
2012_0601Ts0017.JPG


2012_0601Ts0016.JPG2012_0601Ts0018.JPG

*休憩タイム
2012_0601Ts0026.JPG


2012_0601Ts0036.JPG2012_0601Ts0039.JPG

*畑からの眺望
2012_0601Ts0011.JPG

*近隣施設:小山田会館
2012_0601Ts0048.JPG

>東京で畑おこし:http://t-scf.com/


カテゴリー:03農場/農園視察 | 投稿者 xbheadjp : 22:37