のづた「里山の家」オープンハウス@町田市野津田:撮影取材記録

たまに顔を出していたトランジションタウンまちだ・さがみの関係で、使われていなかった民家の再生プロジェクトを知り、里山つながりということもあって、枝豆の差し入れついでに撮影取材をさせて頂きました。

2015-09-23-6189.jpg

のづた「里山の家」とは野津田の里山の中に「自然と人とのつながりの拠点」となる、のづた「里山の家」がオープンします。のづた「里山の家」は農村伝道神学校の地域連携をしたい との思いと、地域の自然を守る活動している市民の思いが一致して、「のづた里山の家の会」として始まります。この場は地域の課題解決を考える、新しい試み や発信を支援することを目的に、さまざまな人が出会う場所として活動していく予定です。(フェイスブックより)

<概要>
*日時:2015年9月23日(水・祝日)10:00〜14:00
*場所:のづた「里山の家」 (東京都町田市野津田町2024農村伝道神学校内)
*持ち物:マイ食器(おにぎりときのこ汁の実費販売)
*主催:のづた里山の家の会
*共催:野津田・雑木林の会/トランジションタウンまちだ・さがみ

<状況>
*まかない
2015-09-23-6181.jpg


2015-09-23-6191.jpg2015-09-23-6192.jpg

2015-09-23-6182.jpg2015-09-23-6183.jpg


2015-09-23-6198.jpg


2015-09-23-6193.jpg2015-09-23-6194.jpg

*挨拶&説明
2015-09-23-6187.jpg


2015-09-23-6185.jpg2015-09-23-6195.jpg


2015-09-23-6206.jpg2015-09-23-6214.jpg


*里山の幸
2015-09-23-6218.jpg


2015-09-23-6216.jpg2015-09-23-6219.jpg

>農村伝道神学校http://www.noden.server-shared.com/


                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 08:13

 

馬と耕す里ぐらしワークショップ取材撮影記録

石油が輸入できなかったら、日本の農業はどうなるのか?以前から気になっていた「馬耕」ですが、加藤大吾さんが主宰する「都留環境フォーラム」が「馬と耕す」ワークショップを行うとのことで、撮影取材へ伺いました。

在来馬は昔から日本人と共に生き、地域の文化と密接に関わってきました。草やわらなどの粗飼料だけでも生きられ、寒さや病気にも強いため維持費がかからず、田畑を耕したり荷物を運搬したりする働き手としてはもちろん、その糞尿を肥料として用いることで循環型農業が成り立っていました。しかし、機械の登場によりこうした昔ながらの農耕方法は姿を消し、今やその光景は幻となりつつあります。私たちは石油に頼らない持続可能な農法としてこの馬耕文化を復活し、次の世代へと継承したいと考えています。(フェイスブックより)

140926f0003.jpg


140926f0048.jpg140926f0046.jpg


140926f0050.jpg

<概要>
*日時:2014年9月26日(金)10:00〜15:30
*場所:山梨県都留市朝日馬場(新宿から90分!)
*主催:NPO法人都留環境フォーラム

<指南>
*馬耕師:岩間 敬さん
岩手県遠野市で2人のベテラン馬方に師事、技術を習得したのち、2010年に「遠野馬搬振興会」を設立。現在は農林業に従事しながら、馬搬文化と技術の継承と普及を目指す。
140926f0005.jpg

<状況>
*午前の部
・朝の調教(ロングリード)
140926f0007.jpg


140926f0011.jpg140926f0014.jpg


140926f0016.jpg


140926f0020.jpg

・午前の部反省会
140926f0027.jpg


140926f0030.jpg140926f0033.jpg



140926f0032.jpg

*午後の部
140926f0074.jpg

・現場到着

・馬装
140926f0075.jpg140926f0070.jpg


140926f0077.jpg140926f0080.jpg


140926f0078.jpg140926f0082.jpg


140926f0083.jpg140926f0087.jpg

・馬耕練習


140926f0064.jpg140926f0099.jpg


140926f0100.jpg

・初挑戦                    ・お手本


140926f0102-2.jpg

>都留環境フォーラム:http://www.teforum.org/
>遠野馬搬振興会:https://sites.google.com/site/tonobahan/

                             Report as alterna200x48.PNG


投稿者 xbheadjp : 21:39

 

東京朝市アースデイマーケット撮影記録

6月最終の日曜日、雨も朝のうちに上がってファーマーズ・マーケット日和になったもので?代々木公園で行われえいうアースデイ・マーケットを覗きに行きました。

東京朝市・アースデイマーケットは、生産者にとっても、消費者にとっても、互いに直接対話できる滅多にない機会。それだけに、作り手みずからが消費者と直接コミュニケーションすることを大切にしています。マーケットをつうじて、出店者と東京の消費者とのつながりが、広がり深まることを願っています。(公式サイトより)

140629f0002.jpg


140629f0013.jpg140629f0003.jpg

<概要>
*日時:2014年6月29日(日)10:00〜16:00
*場所:代々木公園けやき並木
*出店者数:約50

<状況>
*関係者のブース
140629f0023.jpg


140629f0017.jpg140629f0012.jpg

*農産物
140629f0014.jpg


140629f0039.jpg140629f0038.jpg


140629f0018.jpg140629f0020.jpg


140629f0033.jpg140629f0035.jpg

*トーク:山田まりやさん「アースデイマーケットの楽しみ方」
140629f0007.jpg


140629p0002.jpg140629p0022.jpg


140629p0021.jpg


>アースデイマーケット:http://www.earthdaymarket.com/


                             Report as alterna200x48.PNG

 

投稿者 xbheadjp : 17:32

 

私たちの水源間伐作業@道志村:撮影記録取材報告

NPO法人「横浜コミュニティデザイン・ラボ」さんが、10月28日に主催した「里山資本主義とスマート・シティズン」のご縁で、山梨県道志村で行われた「森の間伐ワーク」へ撮影記録取材に伺いました。

f2013_1201doushi0017.JPG

おいしい水を育む水源の里、山梨県道志村で、森を守り、木を伐る“間伐ワーク”をしてみませんか?はじめての人でも、コツさえつかめば簡単に間伐作業ができます。実際にノコギリを使って、森を元気にするボランティアに参加しましょう!作業のあとは、地元素材を使った美味しいランチ&BBQも。(勧誘チラシより)

<概要>
*日時:2013年12月1日(土)10:00〜15:30
*場所:山梨県道志村交流活動センター近辺の民有林
*参加費:1500円(ランチ/保険代含む)
*主催:一般社団法人スマート・ウィメンズ・コミュニティ
*指導:NPO法人 道志・森づくりネットワーク

<状況>
*道の駅どうし
f2013_1201doushi0014.JPG


f2013_1201doushi0008.JPGf2013_1201doushi0001.JPG


f2013_1201doushi0004.JPG


f2013_1201doushi0005.JPGf2013_1201doushi0003.JPG


f2013_1201doushi0011.JPG

*交流活動センター
f2013_1201doushi0026.JPG


f2013_1201doushi0025.JPGf2013_1201doushi0022.JPG


f2013_1201doushi0024.JPG

*作業現場
f2013_1201doushi0029.JPG

*レクチャー



f2013_1201doushi0028.JPG


f2013_1201doushi0034.JPGf2013_1201doushi0037.JPG


f2013_1201doushi0045.JPG


f2013_1201doushi0042.JPGf2013_1201doushi0047.JPG


f2013_1201doushi0053.JPG


f2013_1201doushi0105.JPG


f2013_1201doushi0112-2.JPG


f2013_1201doushi0060.JPGf2013_1201doushi0062.JPG


f2013_1201doushi0097.JPG


f2013_1201doushi0067.JPGf2013_1201doushi0098.JPG


f2013_1201doushi0120.JPG


f2013_1201doushi0081.JPG


f2013_1201doushi0072.JPGf2013_1201doushi0079.JPG


f2013_1201doushi0074.JPG


f2013_1201doushi0085.JPGf2013_1201doushi0096.JPG


f2013_1201doushi0094.JPG

>道志・森づくりネットワーク:http://doshi-shinrin.jimdo.com/

                             Report as alterna200x48.PNG


 


投稿者 xbheadjp : 20:48

 

ふじの自然学校「いのちめぐる風土の再生塾」動画取材記録

かねてから気になっていたトランジション藤野ワーキンググループ「森部」のふじの自然学校ですが、ようやっと都合がついたので、記録取材を兼ねて参加してきました。

p2013_1108ohrai0005.JPG


p2013_1108ohrai0002.JPGp2013_1108ohrai0003.JPG


p2013_1108ohrai0007.JPG

この講座は、空気と水の流れに着目した独自の手法により、各地の環境を再生されている矢野智徳さんを講師に招き、フィールドでの実習を通じて、荒廃した環境の再生方法を学ぼうというものです。日本の自然はコンクリートで固める土木工事によって、空気と水の流れが妨げられ、動脈硬化を起こしたような状態。先日の伊豆大島の災害の後に現地入りした矢野さんは、被害が拡大した要因にも行き過ぎた土木工事があると考えています。同じような状態の山林は、日本中に広がっていますが、荒廃した大地も、空気と水の詰まりを解消することで、本来の活力を取り戻していきます。是非、体感してみてください。(勧誘メールより)

p2013_1108ohrai0010.JPG


p2013_1108ohrai0025.JPGp2013_1108ohrai0023.JPG

<概要>
*日時:2013年11月10日(日10:00〜17:00
*場所:藤野里山
*講師:矢野智徳氏(NPOもりの会副理事長)
*参加費:5000円(学生半額・保険込)
*持ち物:着替え、軍手、長靴、タオル、水筒、雨具、保険証、お弁当
*主催:森部@トランジション藤野

<状況>
*レクチャー
・木と土と石の扱い方
p2013_1108ohrai0032.JPG

・土嚢の使い方
p2013_1108ohrai0037.JPG



p2013_1108ohrai0039.JPG

・水の流れ
p2013_1108ohrai0047.JPG



p2013_1108ohrai0063.JPG


p2013_1108ohrai0050.JPGp2013_1108ohrai0057.JPG

・風の流れ
p2013_1108ohrai0071.JPG



p2013_1108ohrai0105.JPG


p2013_1108ohrai0066.JPGp2013_1108ohrai0099.JPG

*谷戸田
p2013_1108ohrai0078.JPG


p2013_1108ohrai0082.JPGp2013_1108ohrai0083.JPG


p2013_1108ohrai0081.JPG

*座学:伊豆大島の土石流について
p2013_1108ohrai0108.JPG


p2013_1108ohrai0109.JPGp2013_1108ohrai0110.JPG


p2013_1108ohrai0111.JPG

>森部のブログ:http://ttfujinomoribu.blog.fc2.com/
>矢野智徳氏(私の森):http://watashinomori.jp/interview/image_itv_19.html

                             Report as alterna200x48.PNG

 

投稿者 xbheadjp : 23:39

 

太陽の市2013「種を祝う!」@北総富里:動画取材記録

CSOピースシードが企画運営する「太陽の市」。今年はなんとか伺うことができました。

131103ooityo-park.PNG

今年の太陽の市のテーマは「たねを祝う」。たねは生命の本質。たねをとることは、伝統を守り継ぐと同時に、人と自然の共進化を未来に推し進めること。たねをまき、たねをとる日々の農の営みの中に、新しい平和な国興しは、静かにはじまって来る。徹底的に東京の植民地化が進んでいる、この”ちば〜北総”で、単に都心部のための有機農産物の生産者としての役割を果たすだけでなく、太陽と、流域の生態系と、地域の人々のつながりを基盤に、農民的イノベーションを思い切り花開かせたい!今、たねを祝うこと、それは即ち、過去と未来を繋ぐ、現代の平和的百姓一揆にほかならないのだ。というわけで、一緒に太陽の市で、作物やたねの多様性を祝いましょう。(フェイスブックより)

f2013_1103taiyono0012.JPG


f2013_1103taiyono0001.JPGf2013_1103taiyono0009.JPG


f2013_1103taiyono0037.JPG

*概要
・日時:2013年11月3日(日)10:00〜16:00
・場所:新木戸大銀杏公園(千葉県富里市七栄北)
・主催:北総地区有機農業拡大協議会
・企画運営:SCOピースシード

*状況
・オーガニックライフ・マーケット
f2013_1103taiyono0027.JPG

f2013_1103taiyono0025.JPGf2013_1103taiyono0030.JPG


f2013_1103taiyono0029.JPGf2013_1103taiyono0028.JPG


f2013_1103taiyono0021.JPG

・トーキングサークル「農家のB面」
p2013_1103taiyono0001.JPG


・ワークショップ
f2013_1103taiyono0045.JPG


p2013_1103taiyono0010.JPGp2013_1103taiyono0009.JPG


f2013_1103taiyono0038.JPG


f2013_1103taiyono0035.JPGf2013_1103taiyono0006.JPG

・ステージ・ライブ
f2013_1103taiyono0032.JPG


f2013_1103taiyono0004.JPGp2013_1103taiyono0006.JPG

・アトラクション
f2013_1103taiyono0040.JPG


p2013_1103taiyono0013.JPGp2013_1103taiyono0012.JPG


>太陽の市:http://taiyonoichi.com/

                             Report as alterna200x48.PNG

 

投稿者 xbheadjp : 00:11

 

田んぼの生物多様性向上10年プロジェクトキックオフ集会取材報告

フェイスブックの「にじゅうまるプロジェクト」ページで、「田んぼの生物多様性向上」を推進するキックオフ集会がるのを知って、埼玉県小川町から栃木県小山市へのハシゴで途中参加しました。

トンボが舞い、メダカが泳ぎ、夜はカエルの大合唱。かつては当たり前に見られた田んぼの生きものが、今急速に消えようとしています。私たちは田んぼをすみかとする様々な生きものが、農業、環境、そして心を支える底力となっていることに注目し、田んぼの生きものの多様な世界を再び取り戻すために、様々な取り組みの受け皿となる「田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト」(以下、「田んぼ10年プロジェクト」)を開始します。(ウェブサイトより)

f2013_0209tanbo100014.JPG


f2013_0209tanbo100005.JPGf2013_0209tanbo100016.JPG

=概要=
*日時:2013年2月9日(土)13:00〜18:00
*場所:小山市立生涯学習センター(JR小山駅西口前)
*参加費:無料/事前申込み不要/当日受付(先着100名)
*主催:ラムサール・ネットワーク日本
*共催:
・第13回アジア環境創造型稲作技術会議実行委員会
・渡良瀬遊水池をラムサール条約登録地にする会
・コウノトリ・トキの舞うふるさとおやまをめざす会
・小山市

=状況=
*基調講演 田んぼの生物多様性と各地の取り組み
・稲葉光圀(民間稲作研究所)田んぼの生物多様性と環境創造稲作
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/29137003/highlight/324046

・岩渕成紀(NPO法人 田んぼ)田んぼの生物多様性と生きもの調査
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/29137003/highlight/324058

*田んぼの生物多様性向上10年プロジェクト、その生い立ちと行動計画
・道家哲平(IUCN-J)愛知目標とにじゅうまるプロジェクト
f2013_0209tanbo100001.JPG


f2013_0209tanbo100009.JPGf2013_0209tanbo100010.JPG


f2013_0209tanbo100011.JPG

・安藤よしの(ラムネットJ)田んぼの生物多様性向上10年プロジェクトの概要
f2013_0209tanbo100018.JPG


f2013_0209tanbo100012.JPGf2013_0209tanbo100015.JPG

・斉藤光明(オリザネット)田んぼの生物多様性行動計画について
f2013_0209tanbo100019.JPG


f2013_0209tanbo100021.JPGf2013_0209tanbo100022.JPG

*みんなで語る、未来の田んぼ宣言
・記念撮影&懇親会
f2013_0209tanbo100026.JPG


f2013_0209tanbo100027.JPGf2013_0209tanbo100029.JPG

>USTREAM第2部:http://www.ustream.tv/recorded/29138826
>にじゅうまるプロジェクト:http://bd20.jp/
>ラムサール・ネットワーク日本:http://www.ramnet-j.org/


                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 18:59

 

パーマカルチャー伝道師リック・タナカさんの話会UST報告

鴨川自然王国に居候していたパーマカルチャー伝道師のリック・タナカさんが、オーストラリアに帰国するという噂を聴いて、急遽お話し会へ参加しました。

いま注目のエネルギー問題や、パーマカルチャーについて、オーストラリアから一時帰国しているその道の専門家リック タナカさん(日本人です)に、とことん聞いてしまう会、一緒にいろいろお話しする会を開催します。年末のお忙しい折ですが、忘年会がてら、ぜひお集りください。(フェイスブックのイベント告知より)

p2012_1225geoc0049.JPG


p2012_1225geoc0050.JPGp2012_1225geoc0060.JPG

*日時:2012年12月30日(日)15時30分から(終了は流れにまかせて)
*場所:竹もり庵(長生郡長柄町大庭613) 
*主催:パーマカルチャー井戸端会議
*参加費:お話会に投げ銭(できれば1000円。それ以下でも可)


121230rick01.jpg


p2012_1225geoc0041.JPGp2012_1225geoc0063.JPG


p2012_1225geoc0069.JPG


p2012_1225geoc0073.JPG

>NPO法人竹もりの里:http://takemori.org/
>パーマカルチャー:http://www.amazon.co.jp/

                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 14:13

 

2012餅つき大会in星空の家参加記録

NHKでも紹介された星空の家で餅つき大会があると誘いを受けたので、様子を伺いにお邪魔しました。

早いもので、2012年も終わりを迎えようとしています。今年一年感謝の気持ちを込めて、星空の家で餅つき大会を行うことにいたしました。餅が余れば、鏡餅やのし餅にしてお持ち帰り頂けます。みんなで臼と杵で餅をついて、来年いい年になるようにお願いしましょう。(フェイスブックより)

*日時:2012年12月30日(日)11:30から
*場所:千葉県いすみ市 星空の家
*参加費:500円(手ぶら歓迎、持ち込みも大歓迎です!)

f2012_1230hoshizora0024.JPG


f2012_1230hoshizora0031.JPGf2012_1230hoshizora0021.JPG


f2012_1230hoshizora0017.JPG


f2012_1230hoshizora0025.JPGf2012_1230hoshizora0026.JPG


f2012_1230hoshizora0029.JPG


f2012_1230hoshizora0036.JPGf2012_1230hoshizora0034.JPG


f2012_1230hoshizora0037.JPG


f2012_1230hoshizora0011.JPG


f2012_1230hoshizora0038.JPGf2012_1230hoshizora0033.JPG

f2012_1230hoshizora0032.JPG


>星空の家:http://hoshizoranoie.blogspot.jp/

投稿者 xbheadjp : 12:04

 

パーマカルチャー文化祭@藤野:取材視察記録

いま注目の藤野でパーマカルチャーに関するイベントがあるとのことだったので、ご縁にも導かれ、連休中日の24日に取材視察へ伺いました。

人間にとっての恒久的持続可能な環境をつくり出すためのデザイン体系=「パーマカルチャー」を学ぶ場として,パーマカルチャー・センター・ジャパン(PCCJ)が藤野に設立されて16年。通年のデザインコースと実習コースを中心として,これまでに1000人近くの卒業生を輩出し,藤野に移住した元塾生も多くいます。この文化祭は,センターがある篠原地区の旧小学校を舞台とし,パーマカルチャーの塾生と卒業生たちが,ご縁のある地元の住民の方々,アーティストたちとともに集い,交わり,新しい地域・社会像を提案する祭りです。
今回の企画は4本柱。思いおもいの手作りの作品を地域通貨で交換する「マルシェ」,コミュニティからエネルギーまで,現代の社会問題を提起する「ドキュメンタリー映画祭」,新しい暮らし方やクリエイティブな表現に関する「ワークショップ」,観客参加型で場と人をつなぐ「コンサート」を一同に集めます。パーマカルチャーと芸術の町「藤野」の融合を実現し,クリエイティブで持続する農×文化をより広めていくために,『Fujino Revolution』を起こしましょう!(告知メールより)

2012_1124parm0011.JPG

*日時:2012年11月23日(金・祝)10:00〜/24日(土)〜14:00
*メイン会場:NPO法人「篠原の里」(神奈川県相模原市緑区牧野2881)
2012_1124parm0003.JPG


2012_1124parm0004.JPG2012_1124parm0008.JPG

*サブ会場:NPO法人パーマカルチャー・センター・ジャパン
2012_1124parm0013.JPG


2012_1124parm0044.JPG2012_1124parm0045.JPG


2012_1124parm0047.JPG


2012_1124parm0041.JPG2012_1124parm0042.JPG

*ワークショップ
・秋の雑草酵素ジュースワークショップ
植物ハカセの池竹(師匠)をお招きして秋の雑草について学びながら雑草酵素ジュースを一緒に作ろうというワークショップです。参加費は500円です。持ち物は特にありません。暖かい格好でお気軽にいらしてください。
2012_1124parm0017.JPG


2012_1124parm0051.JPG2012_1124parm0058.JPG


2012_1124parm0060.JPG

・小水力発電ワークショップ
藤野電力の池辺潤一さんをお招きして、6V 2.4Wのハブダイナモを利用した小水力発電機をつくります。
2012_1124parm0009.JPG


2012_1124parm0073.JPG2012_1124parm0074.JPG


2012_1124parm-p0008.JPG

*パーマカルチャーガーデン
2012_1124parm0038.JPG


2012_1124parm0036.JPG2012_1124parm0027.JPG


2012_1124parm0024.JPG

・猪に掘り返されたガーデン
2012_1124parm0025.JPG


>公式サイト:http://prevolution2012.jimdo.com/

投稿者 xbheadjp : 14:14

 

平成24年度認定農業者経営セミナー@神奈川UST取材記録

10月30日、リアルCSAの最先端で有機農業経営に挑戦されている「なないろ畑」代表の片柳義春さんから登壇されるセミナーの案内を頂いたので、UST収録取材にお邪魔しました。

今後、より多くの認定農業者の方が、目標の達成に向けて農業経営の改善に意欲的に取り組んでいただけるよう、5年間の経営改善に対する取り組みが特に優れている認定農業者へ知事表彰状を授与し、その功績を讃えることと致しました。(配布資料より)

2012_1030nanairo0042.JPG


2012_1030nanairo0043.JPG2012_1030nanairo0016.JPG


2012_1030nanairo0017.JPG

=概要=
*日時:2012年10月30日(火)14:00〜17:00
*場所:ローズホテル横浜(元町・中華街駅)
*主催:神奈川県担い手育成総合支援協議会

=内容=
*主催者挨拶
2012_1030nanairo_p0004.JPG

*優良認定農業者表彰式(受賞者:大竹孝一さん)
2012_1030nanairo_p0012.JPG

*支援事業紹介
2012_1030nanairo_p0022.JPG2012_1030nanairo_p0026.JPG


2012_1030nanairo_p0033.JPG2012_1030nanairo_p0038.JPG

*セミナー1:『消費者参加型農業の展望について』
片柳義春さん(農業生産法人なないろ畑株式会社代表)
2012_1030nanairo_p0046.JPG


*セミナー2:『子供が継ぎたくなる農業とは』
青山浩子さん(農業ジャーナリスト)
2012_1030nanairo_p0070.JPG


2012_1030nanairo0035.JPG2012_1030nanairo0039.JPG

>なないろ畑:http://members2.jcom.home.ne.jp/nanairobatake/
>担い手育成総合支援協議会:http://www.nefam.jp/

投稿者 xbheadjp : 23:28

 

有機・自然共生農業を考えるつどい@やまなしUST取材記録

ご縁があって、10月17日に山梨県甲府市で行われた「有機・自然共生農業を考えるつどい」(初日の講演/分科会のみ)を記録取材させて頂いたので報告します。

食の安全・安心や自然環境の保全に対する関心の高まりを背景に、化学肥料や化学合成農薬の使用を低減する環境に配慮した農業の取組みが求められている。こうした中で、本県のすぐれた自然条件を活かして、県内全域の農家が化学肥料や化学合成農薬の使用を低減するなど、環境にやさしい農業に取組み、こうした農業が県民や消費者に支持される「やまなし有機の郷づくり」の実現に向け、全国の有機農業、自然共生農業、環境保全型農業などの実践者や研究者等を参集し、有機農業等に関する情報共有・意見交換を行う「有機・自然共生農業を考えるつどい(やまなし発・有機の郷推進交流大会)」を開催する。(開催要領より)

=概要=
*主 催:山梨県/有機・自然共生農業を考えるつどい実行委員会
*日時: 平成24年10月17日(水) 13:00〜17:40(
*場所:甲府富士屋ホテルグランドホール・会議室
f2012_1017yamanashi0001.JPG


f2012_1017yamanashi0005.JPGf2012_1017yamanashi0004.JPG


f2012_1017yamanashi0010.JPG

=内容=
.札譽皀法
*総合司会:菅原文太氏
p2012_1017yamanashi0025.JPG

*挨拶:山梨県知事/農林水産省
f2012_1017yamanashi0023.JPG


p2012_1017yamanashi0001.JPGp2012_1017yamanashi0015.JPG

∩ 体 会
*講 演:
・「なぜ 自然栽培なのか!」 木村秋則氏
p2012_1017yamanashi0026.JPG

・「共生農業について」 太田保夫氏
p2012_1017yamanashi0043-3.JPG


J科会
*登壇者紹介
f2012_1017yamanashi0018.JPG

*第一教室:多様な農法を考える
有機栽培、自然栽培など様々な農法の特徴や、実践する上での課題など、参加者が自らの方向を考える契機とする。
□アドバイザー:
・木村秋則氏(青森県・実践者)
・根本久氏(埼玉県・研究者)
・明峰哲夫氏(埼玉県・研究者)
□進行役:澤登早苗氏(県内生産者・研究者)
p2012_1017yamanashi0092.JPG


p2012_1017yamanashi0096.JPGf2012_1017yamanashi0039.JPG


p2012_1017yamanashi0110.JPG

*第二教室:流通・販売を考える
生産された農畜産物の出荷体制や販路など、流通、販売面の課題等について会場の消費者や流通関係者も交え、意見交換を行う。
□アドバイザー:
・魚住道郎氏(茨城県・実践者)
・本田廣一氏(北海道・実践者)
□進行役:瀬戸義和氏/小沢博氏(県内生産者)
f2012_1017yamanashi0041.JPG


f2012_1017yamanashi0052.JPGf2012_1017yamanashi0056.JPG

*第三教室:土づくりを考える
生産する上で最も重要な要素である土づくりや微生物の効用ほかについて、参加者との意見交換を通じ、理解の促進と意識の醸成を図る。
□アドバイザー:
・太田保夫氏(長野県・実践者)
・横山和成氏(茨城県・研究者)
□進行役:向山茂徳氏(県内生産者)
p2012_1017yamanashi0097.JPG


p2012_1017yamanashi0099.JPGp2012_1017yamanashi0104.JPG

*第四教室:担い手づくりを考える
有機農業等の担い手育成に向けて、課題や必要な方策(技術の習得、研修体制など)について意見交換し、就農希望の参加者の就農相談なども受ける。
□アドバイザー:
・金子美登氏(埼玉県・実践者)
・西村和雄氏(京都府・研究者)
□進行役:梶原雅己氏(県内生産者)
f2012_1017yamanashi0031.JPG


p2012_1017yamanashi0073.JPGp2012_1017yamanashi0083.JPG


f2012_1017yamanashi0036.JPG


>山梨県の該当ウェブページ:
 http://www.pref.yamanashi.jp/nougyo-gjt/yuuki/yuukitudoi.html

                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 16:29

 

これからの農村を考える@大山村塾UST収録&取材記録

ご縁のある方たちや、ご縁を築きたい方々の名前が多くみられたので、急遽、鴨川まで出向いてUST収録&取材させて頂きました。(動画配信は事前に許可を得られた部分のみ)

今回は木更津の「耕す」のスタッフ飯沼さんに来て頂きます。「耕す」はapbankが出資して30haの農地を開墾し、若者たちが有機農、東京のカフェ、農イベント、太陽光発電、音楽フェス等々、色々とリンクさせながら都市と農場をつなげ多目的な「農」を展開しています。また「いのちのかて」というプロジェクトを始めた吉田さんにも来て頂きます。千葉北総の有機農産物の野菜BOXと秋田の自然農法のお米(無農薬・無肥料)の直販、米と大豆のオーナー制度、シェアふぁーむ基金等々、色々な地域とネットワークして複合的経営を展開します。他に日本有機農業発祥の地である旧三芳村の新規就農のベテラン農家渡辺さんにも声をかけています。提携、産直、養鶏、ホタル米研究会、有機野菜、三芳自然塾とその歴史は日本のパイオニアです。

鴨川の中山間地域では都市農村交流がとても盛んで、オーナー制や交流事業が成功して10年が経った今、運営側の高齢化も進み、そろそろ次のスッテプへ向かう時期に来ています。「農」を中心に新しい動きが千葉で始まっていますので、みなさんと活発な意見交換をしたいと思います。リラックスした車座での勉強会なので、ぜひお気軽にお越し下さい。(告知メールより)

*催名:大山村塾「これからの農村を考える」
*日時:2012年9月15日(土)13:30〜16:00
*場所: 旧大山幼稚園(千葉県鴨川市金束2)
*参加費:無料

*大山千枚田の風景
p2012_0915kamogawa0004.JPG

*塾の様子
p2012_0915kamogawa0010.JPG


p2012_0915kamogawa0016.JPGp2012_0915kamogawa0042.JPG

*「耕す」のスタッフ
p2012_0915kamogawa0024.JPG


p2012_0915kamogawa0020.JPGp2012_0915kamogawa0022.JPG

*「いのちのかて」吉田さん
p2012_0915kamogawa0015.JPG


p2012_0915kamogawa0026.JPGp2012_0915kamogawa0029.JPG

*旧三芳村「ベテラン新規就農者」渡辺さん
p2012_0915kamogawa0032.JPG

*海岸べりの様子&案内されて立ち寄ったカフェ
p2012_0915kamogawa0064.JPG


p2012_0915kamogawa0062.JPGp2012_0915kamogawa0065.JPG

>大山村塾:http://oyamasonjuku.blogspot.jp/
>耕す:http://www.tagayasu.co.jp/index.php
>いのちのかて:http://inochinokate.net/
>百姓屋敷じろえむ(三芳自然塾):http://park12.wakwak.com/~jiroemu/

投稿者 xbheadjp : 23:05

 

有機農業これからの課題(なないろ畑勉強会)視察&取材記録

ひょんなご縁で農業生産法人なないろ畑の出荷場にお邪魔し、勉強会「有機農業これからの課題」の取材記録をさせて頂いたので報告します。

栗原さんは有機農業推進法制定の際に、事務方の担当者としてご活躍されました。「有機農業に命をかける」と言う霞ヶ関では希有な存在。有機農業推進法が制定されて5年。これまでの有機農業の流れを俯瞰し、これから有機農業が発展するための現在的な課題についてお話しを聞かせていただきたいと思います。(告知メールより)

%CC%B5%C2%EA.PNG

=概要=
*日時:2012年9月1日16:00〜18:00
*場所:なないろ畑出荷場(大和市中央林間2−16−45)
*主催:なないろ畑農場/有機農業ネットワーク神奈川(共催)
*会 費 500円
*懇親会(BBQ) 18:00〜 なないろ畑出荷場
*懇親会参加費 500円 飲み物は別(当日販売します。持参歓迎)

=状況=
*集荷所の外観
p2012_0901nanairo0036.JPG


p2012_0901nanairo0002.JPGp2012_0901nanairo0006.JPG


p2012_0901nanairo0038.JPG

*出荷作業
p2012_0901nanairo0008.JPG


p2012_0901nanairo0010.JPGp2012_0901nanairo0011.JPG


p2012_0901nanairo0014.JPGp2012_0901nanairo0019.JPG


p2012_0901nanairo0013.JPG

*室内の様子
p2012_0901nanairo0017.JPG


p2012_0901nanairo0030.JPGp2012_0901nanairo0028.JPG

*店頭売り
p2012_0901nanairo0033.JPG


p2012_0901nanairo0023.JPGp2012_0901nanairo0032.JPG

*社長の説明
p2012_0901nanairo0024.JPG


*勉強会
p2012_0901nanairo0040.JPG


p2012_0901nanairo0049.JPGp2012_0901nanairo0044.JPG 

*配布資料
%CD%AD%B5%A1%C7%C0%B6%C8%A4%CE%BF%E4%BF%CA%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6.jpgyukinogyono_jyoukyo.PNG

・有機農業の推進について
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/yuuki/pdf/101224_meguji.pdf
・有機農業の推進に関する基本方針における国並び地方公共団体が行う施策及びその状況
http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/eco/e_zyoho/120316/pdf/s100.pdf 

*推奨資料:
・東海ブロック有機農業の推進に向けて
http://www.maff.go.jp/tokai/seisan/nosan/kankyou/yuuki/pdf/yukihonbun.pdf

*バーベキュー
p2012_0901nanairo0054.JPG


投稿者 xbheadjp : 17:04

 

千葉県市民農園協会第159回研究会:取材記録

先日、千葉県市民応援協会からお誘いを頂いき、NPO法人千葉県市民農園協会第159回研究会へ取材記録に伺いました。

p2012_0722chiba0012.JPG

日本の野菜は世界の中でも非常に品質が良いと言われています。これは栽培管理もさることながら優良な種子の育成が大きく貢献しております。そこで私達の食卓に大きく関係してきますので、優良な種子がどのように育成されているのか、そして、今後の育成方針について講演をしていただきます。(案内チラシより)

*日時:2012年7月22日(日)13:30〜15:30
*場所 :千葉県青少年女性会館(千葉市稲毛区天台)
*テーマ:野菜の種子の育成について
*講師:越部 圓 氏(みかど協和株式会社会長)
*参加費:会員500円 非会員1000円

p2012_0722chiba0005.JPG


p2012_0722chiba0006.JPGp2012_0722chiba0010.JPG


p2012_0722chiba0015.JPG


p2012_0722chiba0017.JPG


>NPO法人千葉県市民農園協会:http://www.caga.jp/
>みかど協和株式会社:http://www.mikadokyowa.com/

投稿者 xbheadjp : 13:55

 

不耕起栽培・冬期湛水の講演会@千葉県立中央博物館

4月8日に開催された「不耕起栽培・冬期湛水の講演会」に参加して写真記録を取ったので報告します。

JR千葉駅から直線で約10kmの千葉市若葉区谷当町には森林、田んぼ、畑、印旛沼流域鹿島川等から構成される自然いっぱいの里山があります。うち、約20haを対象として「谷当里山計画」プロジェクトをNPOバランス21(本年2月登記)内に発足させました。グランドデザインは今のところ無色無地ですが、まずは、千葉市谷津田の保全地域に位置する耕作放棄地約5反の再生をスタートさせました。不耕起栽培・冬期湛水の米作り、また湧き水による「堂谷津の池」の保全、さらに生物多様性の変化の継続的調査等を実施いたします。NPOバランス21のキックオフ及び里山シンポジューム実行委員会「第9回里山シンポジューム分科会・生物多様性の米作り、里山バンキング」として、不耕起栽培・冬期湛水の講演会を開催します。氏はご高齢にも拘らず明快な理論と歯切れのよい独特な話法をお持ちです。 この機会を是非ご利用頂きご来場賜りますようご案内致します。(告知メールより)

2012_04080048.JPG

=概要=
*日時::2012年4月8日(日)13:30〜16:20
*場所:千葉県立中央博物館 講堂 千葉市中央区青葉町 955-2
*資料代:300円
*主催:NPO法人バランス21谷当里山計画,里山シンポジウム実行委員会 
*後援:ちば・谷津田フォーラム,NPO法人ちば里山センター,千葉日報社(申請中)
*協力:千葉県立中央博物館,千葉県生物多様性センター,印旛沼流域水循環健全化会議,東京都市大学田中章研究室,NPO法人千葉まちづくりサポートセンター,「わたしの田舎」谷当工房

=内容=
*講演 「究極の田んぼ」鳥井報恩 氏(日本不耕起栽培普及会監事)
2012_04080077.JPG

*報告1「印旛沼干拓地での冬期湛水試験結果」
・中村俊彦 氏(千葉県立中央博物館・生物多様性センター)
2012_04080016.JPG


2012_04080006.JPG2012_04080033.JPG


2012_04080040.JPG

*報告2「里山保全のための新しいメカニズム・里山バンキングとHEP」
・久喜伸晃 氏(東京都市大学大学院田中章研究室)
2012_04080043.JPG


2012_04080056.JPG

*交流会
2012_04080110.JPG


2012_04080111.JPG2012_04080105.JPG


2012_04080102.JPG

NPO法人バランス21(工事中):http://www.yatoplan21.com/

投稿者 xbheadjp : 17:00

 

土と平和の祭典in神崎USTREAM配信報告

11月20日(日)に行われた土と平和の祭典in神崎で、USTREAM配信を担当したので報告します。

DSCF1804.JPG

『土と平和の祭典』は、「大地に感謝する収穫祭」をコンセプトとして、「農」を切り口に「地球環境」と「平和」をメインテーマにしたイベントです。これまでは、都市部で開催し、主に都市生活者に向けて開催してきましたが、より地域に根ざした祭りとして、農村版「土と平和の祭典」を発酵の里、千葉・神崎町で開催します。単なるイベントに留まらず、「はじめる自給!」を合い言葉に、「生産者と消費者」「農村と都市」という垣根を越える新しいつながりをつくること、「都会から農村へ」その新たな道筋をつけること、そんな都市農村が融合した、これからの社会を自給していくことを目指しています。(公式サイトより)

*日時:2011年11月20日(日)
*場所:神崎町わくわく西の城(千葉県香取郡神埼町並木658)
*入場料:1000円(神埼町民/中学生以下無料)
*詳細:http://hakkou.org/saiten2011/

<プログラム>
*ファーマーズマーケット
DSCF1763.JPG


DSCF1739.JPGDSCF1760.JPG


DSCF1770.JPGDSCF1771.JPG

*体育館ブース
DSCF1796.JPG


DSCF1791.JPGDSCF1792.JPG


DSCF1794.JPGDSCF1789.JPG

*トークライブ
・「微生物&発酵の力」寺田啓佐さん


DSCF1786.JPG


DSCF1779.JPGDSCF1777.JPG

・「7世代先の子供たちのため歩く」山田俊尚さん
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/18641011
DSCF1818.JPG


DSCF1827.JPGDSCF1830.JPG

*特設バンブーステージ
・越路姉妹
DSCF1737.JPG

・ラビラビ+井上ヤスミチ
DSCF1797.JPG


DSCF1798.JPGDSCF1801.JPG

・寺田本家伝統芸能部
DSCF1838.JPG

・GOCOO


DSCF1846.JPG

投稿者 xbheadjp : 11:57

 

びーチャレ!麦まき大作戦!&麦芽飴づくり@小川町

11月12日に埼玉県小川町で行われた『麦芽飴づくり』に参加したので報告します。

来年の美味しいビールの自給に向けて、第一弾となる11/12(土) 『びーチャレ!麦まき大作 戦!』(埼玉県小川町)を開催します!朝一番で、麦を播いた後は畑から会館に場所を移して『麦芽飴づくり』にチャレンジします。ぜひ、『麦芽飴づくり』マスターになって、被災地の仮設住宅での交流会で活躍してほしいです!もちろん、ビール好きの方々も大歓迎!できあがった麦芽飴は持っ て帰れます。ぜひ、みんなで新たなにはじまる『びーチャレ!』の1年を楽しみましょう!

DSCF1521.JPG

*日時:11月12日(土) ※日帰り ※雨天決行
*行き先:霜里農場の麦畑(埼玉県小川町)
*参加費:4,000円/学生 2,500円 (アルコール別)/中学 生以下無料
*集合:9:35着 東部東上線『小川町』駅前
*持ちもの :
・飲み物・マイ食器・てぬぐい・エプロン・着替・帽子・長靴など
・ポットラック一品(一人がおなかいっぱいになる量であれば何でもOK)

<内容>
*挨拶/前説
DSCF1489.JPG


DSCF1492.JPGDSCF1493.JPG

*麦まき作業
DSCF1499.JPG

DSCF1501.JPGDSCF1511.JPG


DSCF1508.JPG


DSCF1518.JPG

*金子さんちのSVOトラクターお出まし
DSCF1515.JPG


DSCF1516.JPGDSCF1517.JPG

*麦芽飴づくり
DSCF1566.JPG


DSCF1552.JPGDSCF1555.JPG


DSCF1560.JPGDSCF1562.JPG


DSCF1564.JPG

*交流会(ポットラック パーティー)
DSCF1529.JPG


DSCF1531.JPGDSCF1532.JPG


DSCF1538.JPG


DSCF1569.JPG


>麦雑穀工房マイクロブルワリー:http://www.craft-beer.net/zkm.html
>霜里農場:http://www.shimosato-farm.com/

投稿者 xbheadjp : 22:06

 

棚田ワークショップ 田植え作業@大山千枚田

循環型社会研究会が棚田オーナーの大山千枚田へ 田植えの手伝いに行ってきました。

*循環型社会研究会:http://www.nord-ise.com/junkan/

2010_050200010013.JPG

*日程:2010年5月2日(日)
*集合場所:千葉県鴨川市大山千枚田
 http://www.senmaida.com/about_senmaida/index.php

100501tue_club.JPGblank_40x150.JPG100501taue_orien.JPG
*スケジュール
 9:00 受付
 9:30 オリエンテーション
 10:00 作業開始
 11:50 昼食 (500円メニュー:まぜご飯、豚汁、漬物など)
*参加費・お昼代 1,000円

100501taue_sagyou.JPGblank_40x150.JPG100501taue_taue.JPG


100501taue_senmida.JPG

投稿者 xbheadjp : 21:15