お金に頼らない村を創ろう@土と平和の祭典2015トークステージ【告知】

okanenitayoranaimura_title.bmp

土と平和の祭典2015のトークステージで、シティ・ファーマーズ・ネットワーク/農力向上委員会として脱TPPをたーまにしたトークをコーディネートします。参加無料のフェスなので、お誘いあわせの上、ご来場くださいませ。

todansya.bmp

「戦争に行きたくない」と、大戦を知らない若者が訴えます。「あの過ちは二度と繰り返さないで」と、戦禍を逃れた老婆が語ります。しかし「平和」は、願えば叶うものなのでしょうか。食料の60%以上を輸入に頼るこの国では、たとえば経済市場の混乱や天変地異の影響で調達のすべが途絶えたら、海外からの援助に頼るか、さもなくば、力による現状変更で奪い取るしかないにもかかわらず、です。思いを馳せれば、私たちの「より良い物をより安く」という消費欲求は、サプライチェーンの先の「合法的な収奪」で充たされているともいえるでしょう。それが私たちの保つべき「世界秩序」だとしたら、その陰で反政府活動や内戦が勃発するのは、避けられない道理ではないでしょうか。なもので、根源的な戦争回避の道はただ一つ。それは消費者でいることに甘んじないこと。買うことではなく、作ることに悦びを見出すこと。少なくとも主食の米ぐらいは自給に近づけるよう、農村との縁を紡ぐこと。つまりは、お金に頼らない暮らしを心掛けること。「んなら、お金の力で支配し、収奪し、戦争の火種をつくることのない、本当に持続可能で平和な社会を目指そう!」そんな風に思い立ったって仲間が集まれば、あなたは既に世界平和の立役者。その役職は、「お金に頼らない村」の村長さんです。

*日時:2015年11月1日(日)14:30〜15:10
*場所:「土と平和の祭典」トークステージ(日比谷公園)
*来場:無料(オープンスペース)
*企画:シティ・ファーマーズ・ネットワーク/農力向上委員会
*登壇者:
・盧箴,気鵝SOSA Project:豊島区/千葉県匝瑳市)
・林良樹さん(スマイルレボルーション:千葉県鴨川市)
・神澤則生さん(トージバ:千葉県神崎町)
・相原成行さん(有機農家/相原農場:神奈川県藤沢市)
*内容:
・「国民の幸福を追求する権利」が環境や平和を乱す?
・持続可能な最少不幸社会は地域自給から。
・援農で自給するシティファーマーの奨め。

tsuchihei2015.bmp

>土と平和の祭典2015:http://www.tanemaki.jp/saiten2015/

noryokukojyodaisakusen440x80logo.PNG




カテゴリー:065地域再生関連 | 投稿者 xbheadjp : 10:41