違う豊かさ博覧会/他@土と平和の祭典2016撮影記録

例年、都心の日比谷公園で開催されてきた日本最大級の有機農業フェスティバル「土と平和の祭典」。10周年の今回は、10月14日(金)から16日(日)までの3日間開催となります。なかでも注目は中日、10月15日(土)の里山・竹フェスティバル。農力向上委員会は1日限定で「違う豊かさ博覧会」というコンセプトでブースを出展する運びとなりました。里山資源を素材にした雑貨や手作りのオーガニック雑貨、有機無農薬の五穀など、お金では換算しきれない豊かさを一堂に集めました。

2016-10-15-15123.jpg

 花鳥風月や冠婚葬祭という四字熟語に凝縮されているように、島国の農耕民族である日本人は、風土に逆らわず季節を愛でることで、日々の暮らしに彩りを添えてきました。節目ふしめで喜び祝い、悲しみや楽しみを分かち合って、身近にあるものから幸せを見出してきたのです。そこには、限られた状況のなかでも無限の豊かさを紡ぎ出す先人の知恵があったのでしょう。
 しかし殖産興業と富国強兵という政策が掲げられ、日本人が自ら培った価値観を見失ったのは、明治維新がきっかけでしょうか。大陸の狩猟民族である欧米人は自然の征服を目論むとともに、未開と決めつけた土地へ土足で踏み込み、ライバルを蹴落としてでも先を争って、身近でないものから幸せを奪い取ることを繰り返してきました。私たちも心惹かれたその行いは、しかし地球規模では限られたパイの取り合い、先食いであって、収奪や搾取、環境破壊を伴う“開拓”で得られるものは、独りよがりな豊かさにほかなりません。
 資本主義の終焉が現実味を帯び始めた状況で、無理矢理にでもGDPを積み上げるには、大企業を優遇し、すべての国民を労働力として駆り出す必要があります。成長の限界に直面している今、それでも私たちは、まだ豊かさの奪い合いを続けるのでしょうか。さらなる経済成長を騙る体制に疑問を感じるなら是非、「違う豊かさ博覧会」にご出展ください。(出店勧誘文より)

<概要>
*日時:10月15日(土)12:00〜20:00
*場所:土と平和の祭典「里山・竹フェスティバル」にれの木広場
*規模:竹テント3張/6出店者

<ブースの模様>
2016-10-15-15132.jpg

*「違う豊かさ博覧会」出店者:
・トウキョウ コットンビレッジ(冨澤 拓也さん)
2016-10-15-15147.jpg
・HUMAN TECH LAB            ・菊谷文庫(菊谷倫彦さん)
2016-10-15-15138.jpg2016-10-15-15144.jpg


2016-10-15-15133.jpg

・おむすび村(高橋愛香さん)       ・東京楽竹団(丸田 菜穂さん)
2016-10-15-15140.jpg2016-10-15-15143.jpg

・NPOさいはら(富沢太郎さん)
2016-10-15-15142.jpg

<10/14(金)前夜祭>
*盆踊り
2016-10-14-15066.jpg


2016-10-14-15090.jpg2016-10-14-15097.jpg


*種まき酒場
2016-10-14-15078.jpg


2016-10-14-15072.jpg2016-10-14-15082.jpg


*生意気商店街持ち寄り前夜祭
・アースオーブン
2016-10-14-15109.jpg


2016-10-14-15104.jpg2016-10-14-15110.jpg

<10/15(土)里山・竹フェスティバル>
*特設やぐらステージ
2016-10-15-15135.jpg

・スペシャル・トークセッション「他力本願」による自立!
2016-10-15p_3417.jpg


2016-10-15p_3422.jpg2016-10-15p_3426.jpg


・土と平和のステージ
2016-10-15-15179.jpg


2016-10-15-15152.jpg2016-10-15-15154.jpg


*里山・竹ワークショップ
2016-10-15-15119.jpg


2016-10-15-15183.jpg2016-10-16-15257.jpg


2016-10-15-15167.jpg


2016-10-15-15166.jpg2016-10-16-15247.jpg

*土と平和の竹灯りとライブ
2016-10-15-15181.jpg


2016-10-15-15180.jpg2016-10-15-15185.jpg


2016-10-15-15190.jpg

<10/16(日)農的暮らしの文化祭>
2016-10-16-15195.jpg

*オープニング
2016-10-16-15197.jpg


2016-10-16p_3428.jpg2016-10-16p_3437.jpg

*種まきビッグステージ
2016-10-16-15255.jpg


2016-10-16-15243.jpg2016-10-16p_3483.jpg

*土と平和のトークステージ
2016-10-16-15203.jpg
>詳細:http://www.blog-headline.jp/agriability/2016/10/post_299.html

*噴水広場
2016-10-16-15233.jpg


2016-10-16-15231.jpg2016-10-16-15228.jpg

*種まき食堂
2016-10-16-15209.jpg


2016-10-16-15208.jpg2016-10-16-15211.jpg

*スナップ
2016-10-15-15136.jpg


2016-10-14-15107.jpg2016-10-16-15252.jpg


2016-10-16-15238.jpg

*フィナーレ
2016-10-16-15254.jpg


2016-10-16-15259.jpg2016-10-16p_3499.jpg

>土と平和の祭典2016:http://www.tanemaki.jp/saiten2016/

noryokukojyodaisakusen440x80logo.PNG





投稿者 xbheadjp : 10:17

 

土と平和の祭典打ち上げ@フロマエカフェ(西日暮里)撮影記録

今秋、アースデイ・マーケットのスタッフが西日暮里に開店させたフロマエカフェで、トークステージの記録係として係った「土と平和の祭典」の打ち上げがあったので、撮影を兼ねて参加しました。

2015-11-26-7993.jpg


2015-11-26-7999.jpg2015-11-26-8001.jpg

小さな赤ちゃんや子どもたち、お父さん、お母さん、これからの学生や若者たち。リタイヤされたご夫婦。農村へと決心したカップル。すでに農的暮らしを営む家族。一人でも二人でも、家族、仲間とでも。老若男女、世代を超えて、笑顔が溢れるお祭りとなりました。会場の中心の竹のピラミッドとブランコ広場には、はしゃぎまわるたくさん子どもたち。芝生にねっころがって、気持ちよく昼寝するお父さんたちをみながら、都会のど真ん中でも、ゆったりとした時間が流れる、そんな理想的な場づくり(時間、空間、人間の間づくり)ができたことは主催者冥利につきます。来年は10回目です。開催日は2016年10月16日(日)日比谷公園です。ぜひ、ご予定に入れて下さい。(告知メールより抜粋)

<概要>
*日時:2015年11月26日(木)18:30〜
*場所::from a&e (フロマエカフェ)
*会費:2000円

<状況>
*料理
2015-11-26-8023.jpg


2015-11-26-7996.jpg2015-11-26-8005.jpg


2015-11-26-7994.jpg2015-11-26-8027.jpg


2015-11-26-8008.jpg

*加藤登紀子さん挨拶

*スナップ
2015-11-26-8051.jpg


2015-11-26-8039.jpg


2015-11-26_1813.jpg2015-11-26-8022.jpg


2015-11-26-8054.jpg


>土と平和の祭典2015:http://www.tanemaki.jp/saiten2015/
>フロマエカフェ:http://fromae.jp


                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 08:34

 

相原農場の新米を食べながらCSAを考える会PART1撮影記録

ご縁が重なり、「神奈川食べる通信」さんが、藤沢市で多くの研修生を排出している有機農業の若きリーダー、相原成行さんを軸にして、神奈川版CSAを創ることを目指す試食会を開くと知って、撮影取材にお邪魔しました。

2015-11-12-7650.jpg

多くの方に参加頂いた相原農場そしてお弟子さんの田んぼの稲刈り。はさかけしていた新米も脱穀出来ましたので、みんなで食べながら相原農場を応援するCSAを考えてみませんか?ごはんは相原農場のお昼ご飯を再現するべく、大きな半切りにおこわなどの混ぜご飯を入れて、野菜中心のおかずを皆で取り分けながら食べましょう。(フェイスブックより)

<概要>
*日時:2015年11月11日(水)19:00〜
*場所:80*80 ハチマルハチマル みぢかな安心ごはん(関内)
*会費:2000円
*参加:約30名

<状況>
*新米と有機野菜の試食
2015-11-12-7657.jpg

2015-11-12-7661.jpg2015-11-12-7660.jpg


2015-11-12-7662.jpg2015-11-12-7665.jpg


2015-11-12-7666.jpg

*トーク&ブレスト
2015-11-12-7679.jpg


2015-11-12p_1653.jpg2015-11-12p_1657.jpg



2015-11-12-7681.jpg

*記念写真
2015-11-12-7685.jpg


>相原農場:http://www.rangers.bz/~aihara-farm/
>神奈川食べる通信:http://taberu.me/kanagawa/
>みぢかな安心ごはん80*80 : http://www.8080food.com/


                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 10:46

 

第1回ラブファーマーズ・カンファレンス撮影記録

lovefarmersconference_w440.jpg

日本アグロエコロジー会議に続いて、「有機農業の明日を語る会」から派生したラブファーマーズ・カンファレンスが、ハッタケンタロー氏のプロデュースで開催されたので、初日から1泊2日で撮影取材に伺いました。

日本の有機農業を牽引する様々なゲスト講師を交えて、ここでしか聞けない講座が盛り沢山!有機農家、流通、市民、学生...様々な立場をこえ知的交流し、寝食共にする仲間としてフラットにつながります。ラブファーマーズ・カンファレンスを通じて、あなたにとって大きなオーガニックネットワークが生まれるチャンスです!

2015-09-03f-5718.jpg


2015-09-03f-5647.jpg2015-09-03f-5708.jpg


2015-09-03f-5518.jpg


2015-09-03f-5528.jpg2015-09-03f-5536.jpg

<イベント概要>
*開催日時:2015年9月3日(木)〜6日(日)/3泊4日
*開催場所:はるの山の楽校 (静岡県浜松市天竜区春野町杉943−1)
*参加費:1泊7000円/他
*定員:宿泊各日100名/他

<3日の模様>
*開会式〜スペシャルトーク


2015-09-03f-5532.jpg


2015-09-03p0001.jpg


2015-09-03p0004.jpg2015-09-03p0008.jpg


2015-09-03p0023.jpg2015-09-03p0030.jpg


2015-09-03p0011.jpg

*オープニング交流パーティ


2015-09-03f-5587.jpg


2015-09-03f-5563.jpg2015-09-03f-5564.jpg


2015-09-03f-5567.jpg2015-09-03f-5565.jpg


2015-09-03f-5583.jpg


2015-09-03f-5588.jpg2015-09-03f-5592.jpg


2015-09-03f-5611.jpg


2015-09-03f-5618.jpg

<4日の模様>
*はるの山の楽校 施設案内
2015-09-03f-5643.jpg


2015-09-03f-5636.jpg2015-09-03f-5638.jpg


2015-09-03f-5640.jpg


2015-09-03f-5644.jpg2015-09-03f-5645.jpg

*スペシャルディスカッション「有機農業運動のこれまでとこれからの展望」
・星寛治/鶴巻義夫/金子美登/加藤登紀子/野田克己(司会)


2015-09-03f-5672.jpg


2015-09-04p0034.jpg2015-09-04p0056.jpg


2015-09-04p0055.jpg

*ワークショップ「猟師と太鼓職人による"音の自給"」
2015-09-03f-5695.jpg


2015-09-03f-5711.jpg2015-09-03f-5712.jpg


*デモンストレーション「ツリークライミング・デモンストレーション」
2015-09-03f-5701.jpg


2015-09-03f-5696.jpg2015-09-03f-5703.jpg

*講座「農業全般の法律・仕組み」
・下山久信/小口広太(コーディネータ)
2015-09-03f-5698.jpg


*講座「一楽思想を語る」
・ルロン・ペネロープ/村山勝茂(コーディネータ)
2015-09-03f-5706.jpg


2015-09-04p0064.jpg2015-09-04p0060.jpg


>公式ページ:http://www.lovefarmersconference.com/


                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 18:39

 

福島有機農業のつどいと有機農業世界大会の報告会:動画記録

お誘い頂いたにも関わらず参加できなかった福島有機農業のつどいと気になっていたIFOAM世界大会の報告会が議員会館で開催されると聞いて、撮影記録をかって出ました。

141128f0004.jpg


141128f0006.jpg141128f0008.jpg


141128p0003.jpg

10月13日〜17日にトルコ・イスタンブールでIFOAM世界大会が開催されます。3年に一度の大きな行事で各国の有機関係者が一堂に会して、有機に関わる諸問題やトレンドについて話し合います。今回の大会と総会には福島県有機農業ネットワーク理事長の菅野正寿さんがスピーカーとして参加します。8/23福島現地見学・8/24福島現地セミナーとIFOAM世界大会の報告会を開催します。(案内文より)

*日時:2014年11月28日(金)13:00〜16:00
*会場:衆議院第二議員会館多目的ホール
*参加費:無料

<状況>

*福島有機農業のつどい報告
・金子美登氏(特定非営利活動法人全国有機農業推進協議会 理事長)
141128p0015.jpg

・大河原海氏(特定非営利活動法人福島県有機農業ネットワーク 理事)
141128p0029.jpg

*IFORM世界大会報告
・村山勝茂氏(特定非営利活動法人アイフォーム・ジャパン 理事長)
141128p0035.jpg

・菅野正寿氏(特定非営利活動法人福島県有機農業ネットワーク 理事長)
141128p0044.jpg

・石井秀樹氏(福島大学うつくしまふくしま未来支援センター準教授)
141128p0054.jpg

・田坂興亜氏(特定非営利活動法人日本有機農業研究会 監事)
141128p0064.jpg

・参加者コメント
141128p0066.jpg141128p0078.jpg

*自由討論
141128p0079.jpg


141128p0087.jpg141128p0090.jpg


141128p0098.jpg141128p0102.jpg


141128p0112.jpg141128p0119.jpg


141128f0009.jpg

>ゆうきひろがる:http://www.yuki-hirogaru.net/news/345.html

                             Report as alterna200x48.PNG


投稿者 xbheadjp : 18:54

 

農FUTURE!未来を作る5人+αの百姓のお話

巷で噂の自然栽培について、若手の農家がアピールするイベントがあると聞いて、撮影取材に伺いました。

現代の最新鋭農法とも言われる、農薬も肥料も除草剤も使用しない自然栽培が全国に広がっています。この4名は、自然栽培をさらに全国に普及するために日々ご活躍されていますが、それだけでなく、手に入りにくいと言われる自然栽培の野菜や穀物を皆さんのお手元にお届けするために、自然栽培農家と消費者をマッチングするイベントを企画しました!若手でもある4人の自然栽培を営む百姓と自然栽培野菜のシェフを東京の日比谷に集め、同じく自然栽培農家である岡本よりたか氏の司会で、未来の自然栽培について3時間たっぷりと熱く語ってもらいます。 4人+αの百姓の自然栽培に対する思いと取り組み、そして未来の農業のありかたを聞けるチャンスです。是非、足をお運びください!(サイトより抜粋)

140831f0004.jpg


140831f0003.jpg140831p0001.jpg

<概要>
*題目;未来を作る5人+αの百姓のお話」〜僕らとあなたと農の行き先
*日時:2014年8月31日(日)13:30〜16:30
*場所:千代田区立日比谷図書文化館大ホール
*定員:150名
*参加費:2000円

<状況>
*プレゼン・タイム
140831p0003.jpg

・臼井照彦(てるてる農園)
140831p0004.jpg140831p0005.jpg

・田中英之(Locos farm)
140831p0006.jpg140831p0009.jpg

・木下俊(モッシュ キュイジーヌ)
140831p0010.jpg140831p0012.jpg

・久保正英(シンプル・ベジ)
140831p0015.jpg140831p0016.jpg

・14代 中川吉右衛門
140831p0019.jpg140831p0021.jpg

*質疑応答
・自然栽培の定義(抜粋)


140831p0022.jpg


140831p0026.jpg140831p0024.jpg


140831p0044.jpg


140831p0056.jpg140831p0050.jpg


140831p0050.jpg140831p0036.jpg


140831f0024.jpg

                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 18:51

 

日本有機農業学会リビングマルチの新技術:取材撮影記録

粘土質の畑の土壌改良に悩んでいた矢先に、リビングマルチに関する研究会のお誘いをいたので、撮影取材を兼ねて勉強しに伺いました。

140705f0016.jpg


140705f0015.jpg140705f0014.jpg

近年,リビングマルチのもつ物質循環,圃場面被覆および生物多様性などの機能を活用した高品質の野菜作りについて,各地で様々な取組がなされています。リビングマルチの効果や可能性について,自然草生も含めた圃場内植生の有する抑草効果や土壌改善効果等に果たす役割などの観点から,最新の科学的な知見も交えて議論し,有機農業における草を活かす技術の方向性について考えていきます。

<概要>
*題目:有機農業における草を活かす技術を科学する
−草をもって草を制し,土を変えるリビングマルチの新技術−
*日時:2014年7月5日(土)13:30〜17:30 開場13:00
*場所:東京農業大学 世田谷キャンパス 1号館2階231教室
*参加費:無料
*主催:日本有機農業学会 自然科学系テーマ研究会

*主催者挨拶
140705p0004.jpg

* 帰農志塾における有機農業:戸松 正氏(帰農志塾)
−とくにクズ麦利用のリビングマルチについて−
140705p0009.jpg


*アレロパシー活性の強い緑肥や被覆植物を用いた抑草の可能性
 藤井 義晴氏(東京農工大学)
140705p0011.jpg


*野菜の有機栽培における草生利用
 赤池一彦氏(山梨県総合農業技術センター)
140705p0041.jpg


140705f0003.jpg

*農作業と雑草:田島 淳氏(東京農業大学)
140705p0050.jpg


* 帰農志塾のリビングマルチから学んだこと:
−茨城大学FSCの事例と途上国への応用の可能性について―
  松浦江里氏( 東京農工大学・連合大学院)
140705p0055.jpg


140705f0005.jpg

*総合討論
140705f0006.jpg


140705p0048.jpg140705p0029.jpg


140705f0013.jpg


140705f0012.jpg140705f0011.jpg

>日本有機農業学会:http://www.yuki-gakkai.com/
>東京農業大学:http://www.nodai.ac.jp/

                             Report as alterna200x48.PNG


投稿者 xbheadjp : 09:01

 

日本有機農業研究会「提携」フォーラム撮影記録

「有機農業の明日を語る会に参加して、事務局に立候補し、新しい枠組みを拡げることが可能か検討しているタイミングで、有機農業を支えてきた「提携」について、フォーラムのご案内を頂いたので、記録係をかって出ました。

140629f0046.jpg

世界に広がる「テイケイ」「CSA」(地域支援型農業)。有機農家も消費者もWin-Winのこのしくみを放っておく手はありません。「提携」は、地域の有機農家や農場と消費者が一緒に有機農業を進めるしくみです。「提携」をどうやって、日本で広めるか。 午前中は、アメリカのCSA「エンジェリック・ファーム」の英雄的農民ジョン・ピーターソンのものがたり(長編ドキュメンタリー)です。イリノイ州で長年農家を続けてきた典型的な家族農家がたどったCSAへの道のり。「怒りの葡萄」「Back to the Land(田園に帰れ)」、ピッピーを生んだ土と共に生きるアメリカ社会の一端をみることができます。午後は、「提携」推奨について、PGS(参加型保証システム)などを含め、これからの「提携」や地域農業について。日本の「提携」も多様化するとともに、新たな担い手も求められています。一緒に話し合いましょう。(案内メールより)

<概要>
*日時:6月29日(日)10:30〜16:30
*場所:国學院大学常磐松ホール
*参加費:1000円  (学生 500円)
*内容:
・第1部:映画上映 10:30〜12:30
・第2部:パネル・ディスカッション 13:30〜16:30

<状況>
*挨拶:並木芳雄(埼玉県 提携農家)
140629p0032.jpg


*パネルディスカッション:「提携」推奨へ向けて」
140629f0052.jpg

*事例紹介
・八代弘樹(千葉県南房総市/三芳村生産グループ 生産者)
・飛田みえ子(兵庫県/食品公害を追放し安全な食べ物を求める会)
140629p0037.jpg140629p0045.jpg

*コーディネート:本城 昇(埼玉大学名誉教授)


140629p0050.jpg140629p0053.jpg

*コメンテータ
・槌田 劭(京都府/使い捨て時代を考える会)
・桝潟俊子(淑徳大学コミュニティ政策学部教授)
140629p0061.jpg140629p0077.jpg

*質疑応答
140629f0056.jpg140629f0057.jpg

*まとめ
140629p0090.jpg

>日本有機農業研究会:http://www.joaa.net/

                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 20:06

 

有機農業推進協議会第8回通常総会撮影記録

農力検定を共催して頂いている全有協から総会の通知を頂いたので、撮影記録を兼ねて会員として参加しました。

140614f0003.jpg


140614f0004.jpg140614f0005.jpg

24年度に続き25年度も助成事業を伴わない事業計画を展開する年度となった。引き続き会費中心の収入構造で、有給の事務局員を置く余裕のない、厳しい予算でスタートした。会員拡大は道半ばで年度予算を大きく割り込んでしまう結果となったが、アウトドア用品メーカー「パタゴニア」の環境助成金「ボイス・ユア・チョイス・プログラム」、農水省の「有機農産物価値理解促進事業」への協力費、「第2回地域に広がる有機農業全国交流集会」での事業収益などにより、結果としては、前年を上回る経常収支を得た。一方、支出においては人件費の大幅な圧縮、家賃の減額などによって、最終的に経常収支差額が100万円を超える決算となった。(事業報告より抜粋)

*日時:2014年6月13日(金)13:30〜16:30
*場所:参議院議員会館B−104会議室

*有機農業推進議員連盟宮越会長挨拶


140613p0009.jpg140613p0013.jpg

*特別講演:「見直し基本方針」の具体化に向けて(農林水産省)
140613p0006.jpg

*議案審議
140613p0001.jpg


140613p0018.jpg140613p0021.jpg


140614f0008.jpg


140613p0031.jpg140613p0037.jpg

*閉会の挨拶
140613p0042.jpg

>全国有機農業推進協議会:http://www.zenyukyo.or.jp/

                             Report as alterna200x48.PNG


投稿者 xbheadjp : 20:03

 

有機農業の明日を語る会(4/23)撮影取材記録

気候変動、資源枯渇、環境汚染が進む中での人口爆発と食糧危機・・・。世界が成長の限界に直面する中で、グローバル市場経済に対抗しうる有機農業の明日をどう切り開くのか。そんな呼び掛けに賛同して、取材撮影に参上しました。

f2013_0327eshift0032.JPG


140423f0002.jpg140423f0001.jpg

去る1月24日、参議院議員会館において、「有機農業の明日を語る会」が開催されました。私たち3人の呼びかけに応えて、全国各地から職種・世代・立場を越えて、120名余りの方々が参集されました。ここに改めて、呼びかけた3名の問題提起・提案を別紙にまとめました。この集まりに参加された皆さま、ならびに当日会場に来られなかった皆さま、どうかご覧ください。

私たちを取り巻く状況が危機的である、という認識は、私たち3名だけでなく、当日会場に来られた皆さま全員に共通していました。そしてその危機に対応するために、未来への希望の光として有機農業に期待を込めていることも共通しています。

当日は、私たちの問題提起の後、多くの意見、提案をいただきました。これらを踏まえて、私たちは皆さまとともに、さらに具体的な動きを始めたいと思います。そのために、私たちの呼びかけに賛同していただける有志を募ります。

<概要>
*日時:2014年4月23日(水)14:00〜18:00
*場所:参議院議員会館B103号室
*参加者:約50名

<状況>
*オープニング

・経過と趣旨説明
140423p0006.jpg


140423p0079.jpg140423p0017.jpg

・よびかけ人のあいさつ
140423p0046.jpg


140423p0027.jpg140423p0053.jpg

*参加者の自己紹介
140423f0004.jpg


140423p0062.jpg140423p0066.jpg


*ふりかえり/問題定義/提案の共有
140423f0008.jpg


140423p0101.jpg140423p0109.jpg


140423p0124.jpg140423p0127.jpg


*締めの言葉
140423p0140.jpg

>春野山の村:http://yamanomura.r362.net/
>パーマカルチャーとは:http://www.pccj.net/aboutpc/aboutpc/


                             Report as alterna200x48.PNG

投稿者 xbheadjp : 10:42

 

有機農業の明日を語る会@参議員会館:動画撮影記録

全国有機農業推進協議会から依頼を受けて、動画記録を担当しました。

f2013_0327eshift0032.JPG


f140124yuki0003.JPGf140124yuki0007.JPG


f140124yuki0008.JPG

有機農業推進法が成立して7年目。いま国の有機農業推進基本方針の見直しが行われております。しかし、日本の農業をめぐる内外の情勢と環境は厳しく、今後の展望を見い出し難い状況が続いております。こうした状況を打開し、有機農業を発展させるために、どう情勢を把握し、どう有機農業を位置づけ、役立てるか、皆さまと率直な意見交換をさせていただきたく存じます。(開催主旨)

<概要>
*日時:2014年1月24日(金)13:30〜17:00
*場所:参議員会館101会議室
*参加:予約不要/無料

<動画全編>
・前半:http://www.youtube.com/watch?v=yrPDw4qzJUY
・後半:http://www.youtube.com/watch?v=IFnB-4IXQZ4

<状況>
*進行説明/資料説明:来島晋一氏
p140124yuki0001.JPG

*主旨説明:金子美登氏
p140124yuki0009.JPG

*報告

・本野一郎氏                  ・下山久信氏
p140124yuki0018.JPGp140124yuki0031.JPG

*呼びかけ人からの問題提起
・星寛治氏(山形県高畠町)
p140124yuki0036.JPG

・鶴巻義夫氏(新潟県津南町)      ・金子美登氏(埼玉県小川町)
p140124yuki0046.JPGp140124yuki0056.JPG


*フリートーク
p140124yuki0067.JPGp140124yuki0059.JPG


p140124yuki0071.JPG


p140124yuki0076.JPGp140124yuki0084.JPG

・若者の発言
f140124yuki0023.JPG


f140124yuki0024.JPGp140124yuki0089.JPG

・篠原孝元農水副大臣の挨拶
p140124yuki0095.JPG

・呼びかけ人の講評
p140124yuki0112.JPG

>全国有機農業推進協議会:http://www.zenyukyo.or.jp/
>日本有機農業研究会:http://www.joaa.net/

                             Report as alterna200x48.PNG

 

投稿者 xbheadjp : 08:58

 

赤峯勝人講演会@千葉南総文化ホール

あわ地球村の主催で9月20日に開催された赤峯勝人さんの講演会をUSTREAMで中継録画させて頂いたのでご紹介します。

*あわ地球村|千葉 南房総:http://awa-chikyumura.jp/


100920awa_stage.JPG


100920awa_shikai.JPGblank_40x150.JPG100920awa_akamine.JPG


□赤峰 勝人(あかみね かつと)
大分県野津町にて、無農薬・無化学肥料で農業を40数年前から実践している。ニンジン栽培をきっかけに、土と生き物についての新たな発想をつかむ。「ニンジンから宇宙へ」「アトピーは自然からのメッセージ 」「循環農法」「オレンジページムック 百姓赤峰勝人の野菜ごはん」の著者。
農事組合法人赤峰農場、なずなの会を主宰する。臼杵市には全国から農業研修、健康回復のための農作業と食事療法を求めて多くの人が集まる。(あわ地球村サイトより転載)

*なずなの会:http://www.nazunanokai.com/

100920awa_tyosyu.JPGblank_40x150.JPG100920awa_shitsumon.JPG


100920awa_akaminemune.JPG

お話では多少?な部分もありましたが、実体験に基づいた語り口には誠実さが感じられ、科学技術に頼りすぎている我々の生活を再考させられる内容でした。

投稿者 xbheadjp : 21:20