農業で日本を変えよう!ツルネン先生と理想の農村生活を考える会

もう一歩踏み出したい&受け入れたい皆さまへ(終了しました)

「せちがらい都会を離れ、田舎で農生活を満喫したい気はするけれど、一人で飛び込む勇気はないし、もちろん知識や経験もほとんどない」

そんな離職者たちが抵抗なく地元の方々とふれあい、就農するには、どんな仕組みや制度、コーディネーターが必要になるのでしょうか。都市生活者を過疎地域に送り込むには、何が足りないのでしょうか。

今回はツルネン先生をゲストに向かえ「理想の農村生活」を考えました。


□動画収録

□農政緊急アンケートの結果を集計しました。
 http://homepage3.nifty.com/sustena-life/100322enqete.pdf
================================
*名称:農業で日本を変えよう!ツルネン先生と理想の農村生活を考える。
*主催:持続可能な生活を考える会(任意団体)政策提言分科会
*共催:新しい公共をつくる市民キャビネット農都地域部会
*日時:2010年3月23日[火]18:15開場18:30〜20:00予定
*場所:銀座紙パルプ会館(フェニックスプラザ)3階会議室3号室
    中央区銀座3−9−11 TEL:03−3543−8118
    http://www.kamipa-kaikan.co.jp/access.html
*募集:申し込み先着30名(参加費無料/立食交流会費別途2000円)
*内容:
々岷蕁А嵳機農業推進法の成立過程と今後」ツルネン・マルテイ氏 
    1940年フィンランド北カレリア生まれ、27才で来日、39才で帰化。
    民主党参議院議員(2期目)、有機農業推進議員連盟事務局長。
    近著:「自然に従う生き方と農法 ルオム」(石井秘書と共著)
□講演レジメ
  http://homepage3.nifty.com/sustena-life/100323tsurunen.pdf
□プレゼン資料:http://bit.ly/cu86xS
∪睫澄А峪毀吋ャビネットが目指す政策提言とは」(農都部会事務局)
D鶲謄廛譽璽鵝Щ臆耽醜者から5分間での政策提言を募集×2組
*市民キャビネット農都地域部会 岡本健次郎氏「第2住民登録法案」
□プレゼン資料:http://bit.ly/aecSu5
*Luna Organic Institute 安田美絵氏「学校給食有機化計画」
□プレゼン資料:http://bit.ly/bhogPb
ぜ己紹介&情報交換:1人1分程度のショートスピーチで情報交換

*備考:
・立食懇親会:希望者のみ会場で交流会を行いました。(〜20:45)

カテゴリー:065地域再生関連 | 投稿者 xbheadjp : 2010年03月24日 09:32