「世界湿地の日」シンポジウム 湿地と農業:撮影取材記録

「人と自然の共生」の原点として、田んぼの生物多様性保全機能が注目されてきているようで、撮影取材にお邪魔しました。

f140202tanbo0001.JPG


f140202tanbo0004.JPGf140202tanbo0011.JPG


f140202tanbo0013.JPG

湿地の保全と賢明な利用の推進を目的としたラムサール条約は、1971年2月2日にイランのラムサールで採択されました。これを記念し、毎年2 月2日は「世界湿地の日」と定められています。ラムサール条約事務局は、毎年の「世界湿地の日」にテーマを持たせており、2014年は「湿地と農 業」となっています。この「湿地と農業」というテーマに基づき、ラムサール条約で湿地の1つとされる水田を取り上げたシンポジウムを開催し、生物多様性を育む稲作 やそれを支える各種取組等に光をあてながら、今後の農業と生物多様性保全について考えていきます。(告知サイトより)

<概要>
*日時:2014年2月2日(日)13:30〜17:00
*場所:国連大学5階エリザベス・ローズ国際会議場(東京・青山)
*主催:
・農林水産省/環境省
・国連大学サステイナビリティ高等研究所
・地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
・日本国際湿地保全連合
*協力:ラムサール・ネットワーク日本、ラムサールセンター

<状況>
*開催主旨説明:呉地正行氏:ラムサール・ネットワーク日本 共同代表
f140202tanbo0007.JPG

*講演
 ̄陛通聖瓠聞駭大学)
∪田市雄氏(コウノトリ育むお米生産部会豊岡北部支部副支部長)
p140202tanbo0017.JPGp140202tanbo0019.JPG

K拆潅忙瓠平楔教のゆりかご水田協議会会長)
せ鎌敏彦氏(JA全農広報部広報SR課審査役)
p140202tanbo0024.JPGp140202tanbo0025.JPG


*パネルディスカッション
・コーディネーター :名執芳博氏(日本国際湿地保全連合会長)
f140202tanbo0015.JPG


p140202tanbo0028.JPGp140202tanbo0029.JPG


p140202tanbo0035.JPGp140202tanbo0038.JPG


p140202tanbo0042.JPGp140202tanbo0048.JPG


f140202tanbo0017.JPG

*閉会挨拶
p140202tanbo0055.JPG


>GEOC:http://www.geoc.jp/
>日本国際湿地保全連合:http://japan.wetlands.org/

                             Report as alterna200x48.PNG

カテゴリー:06農関係トピックス取材記録 | 投稿者 xbheadjp : 2014年02月03日 15:15