旅行/行楽
 

楽々荘(京都府・亀岡)

「楽々荘(京都府・亀岡)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「トロッコ列車として有名な旧山陰線生みの親、田中源太郎翁の邸宅で国の有形文化財でもあります。建物が有名なだけではなく、お料理は本当に素晴らしいみたいですね。」



=2006年11月11日収集分=

*蒼龍窟な日々:京都亀岡、楽々荘とコスモス園
その後、時間も有るので亀岡へ・・・・・昼食は楽々荘という旅館で食事だけでもOKの施設。明治期の建物でお庭もなかなか良かった。
http://plaza.rakuten.co.jp/kyotonoasobi/diary/200509200000/

*遊行七恵の日々是遊行:亀岡・楽々荘
お座敷へ案内されたが、葦だかなんだかの欄間がきれいだし、床の間の掛け軸は山口素絢だ。他にも芳仲や在中がさりげなく飾られているし、洋間には呉春だ。
http://yugyofromhere.blog8.fc2.com/blog-entry-246.html

*しおたく役人日記:楽々日
料理宿「楽々荘」に1泊してきました。期間限定のリーズナブルプランで1泊2食で25000円。夕食はイタリアンのフルコース。
http://d.hatena.ne.jp/siomi/20060311#p1

*世界IsanTo日本の遺産:明智光秀の城下町で布団を着た仏様にも・・・
楽々荘の名称で素敵な料理旅館になっています。広大な庭園の中に折衷様式の建物群があり、その中のイタリアンレストランはサンルーム状のテラスが付いた木造洋館です
http://www.doblog.com/weblog/myblog/58086/2446128#2446128

*不定期週末日記:旅館の浴衣あれこれ(2)
三つ目は、京都府亀岡「楽々荘」。 建物は和風、部屋は洋風という今風の旅館です。食事はイタリアンだったし。
http://blog.kansai.com/shioshio/53

*智が働けば角が立つ:ダークサイドジャパンツアーゝ都
お薦めは七代目小川植次が造園した洋館を旅館に改造した「楽々荘」。トロッコ電車de有名な京都の実業家・田中源太郎の邸宅です。
http://dragon0530.blogspot.com/2006/06/blog-post.html

*笑うわんこ:亀岡 楽々荘
亀岡駅に近い、楽々荘に行きました。旧山陰線生みの親、田中源太郎の生家です。明治の洋館は階段が見所でしたね。どうでしょうか
http://creamchan.exblog.jp/5522558

*BAOBABlog:タイムスリップ
亀岡にある『楽々荘』へ初めて行ってきました。トロッコ列車の生みの親であるという田中源太郎翁の明治時代の旧邸を改築した建物が、レストランや宿泊施設になっています。
http://baobab800.exblog.jp/4411673

*Humming:懐かしさに
京都の奥座敷…と言うので興味を持って見ていました。宿の名前を見てビックリ!!私が中学2年生まで住んでいた亀岡に有る「楽々荘」だった。
http://plaza.rakuten.co.jp/humming112/diary/200611110000/

*そろそろ研究しろ!!:ゼミ懇
楽々荘とは,田中源太郎の住んでいた邸宅を改装して,ホテルやイタリアンレストランになっているお店である
http://blog.livedoor.jp/yf_63/archives/50685290.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月12日 08:40 | コメント (0)

 

あわらの宿 八木(福井県・芦原温泉)

「あわらの宿 八木(福井県・芦原温泉)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「和風モダンの落ち着いたお宿です。福井ならではの地元の食材にこだわったお料理がとっても魅力的です」



=2006年11月11日収集分=

*水分補給:福井でカニ三昧(その1)
宿泊先は前回と同じ「あわらの宿・八木」さんです。前回も大満足して帰ってきて、「1年もしくは2年に1度、あそこでカニを食べたいね」なんて話していました。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/36511/2163889#2163889

*Cotton Candy:素敵なめぐりあい。
「あわらの宿 八木」さん。実は、予約しようとした時期が遅かったため、ここしか空いてなかったので、正直どうなのかな?って思ってたわけだけど、このお宿が想像以上にとってもよかった!
http://saorizm.exblog.jp/281738

*今日の出来事:久しぶりの旅
場所は、芦原温泉。 この時点で慰安旅行向きやね〜旅館は「あわらの宿 八木」北陸といえば今の時期はこれ ↓
http://hatabou28.exblog.jp/3683248

*ぷうの日常:芦原温泉に行ってきました(温泉)
泊まったお宿は「あわらの宿 八木」ちょっとぷうままとぷうぱぱが行くにはまだ早かったかも!!と言う感じの落ち着いた雰囲気のお宿でした。
http://blog.so-net.ne.jp/pooh-poohmama/2006-03-22

*でぶログ:アワラー
芦原温泉では、「あわらの宿 八木」に宿泊。今ハヤリの和モダンってやつ。むっちゃカッコエエ。
http://rodriques-systema.cocolog-nifty.com/box/2006/04/post_9fa1.html

*pukiriko日記:遅めのGW
今回は福井県の芦原温泉へ〜「あわらの宿 八木」という所に泊まってきました、☆3っといいたくなるようなナカナカ良い宿でした
http://blogs.dion.ne.jp/pukiriko/archives/3418989.html

*休日style:あわら温泉 あわらの宿 八木
あわら温泉 あわらの宿 八木 に行きました。旅館はロビーや廊下の所々に、デザイナーズ椅子が飾られており、和モダンな雰囲気になっています。
http://kyustyle.exblog.jp/3288750

*Yippee*いっぴー日記 〜お気楽にっき3〜:死へ向かい、そして溶ける
広々としたロビーはとってもキレイで、そこかしこにある椅子や照明などインテリアもおしゃれだし、館内はほのかにイイ香りが漂っていて素敵
http://ippy.seesaa.net/article/23720877.html

*びわこおおなまず通信:まったり旅
あわらの宿 八木。ネットで写っている写真よりも、本物は少しあせてるかと思いきや、写真と同じぐらい・・写真以上のゆったりとした綺麗なお宿。
http://blog.livedoor.jp/biwako66marimo/archives/50592174.html

*レンの隠れ家。:「お出かけ納め!?」〜1泊2日、北陸旅行に行って・・・
【あわらの宿 八木】さんにお世話になりました★本来は本館予約をしていたんだけれど、空室が出たってコトで…
http://blogs.yahoo.co.jp/hodakamisaki/41251809.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月12日 08:38 | コメント (0)

 

青山やまと〔静岡県・伊東〕

「青山やまと〔静岡県・伊東〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「源泉かけ流しの和のモダンなお宿です。選べる浴衣など女性に嬉しいサービスもあるし、バリアフリーなので、ご高齢の方にも安心ですね。」



=2006年11月8日収集分=

*人生ウケ狙い☆〜マンガ・追っかけ・合コン道〜:結婚2周年記念の・・・
でもその価値はありましたね 。サービスは良いし、従業員も礼儀正しいし、旅館全体の雰囲気も良く、館内全てにお香が焚いてあって良い香がしました
http://miuseiha.blog18.fc2.com/blog-entry-215.html

*あなたの夢をかなえる旅行術:バリアフリーの旅館
もうすでにご存知かもしれませんが、静岡は伊東市にある「青山 やまと」さんです。先日宿泊させて頂きましたが、バリアフリーの観点から見ても素晴らしい旅館でした。
http://beltempo.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_c8a2.html

*たぬたぬのぼやき:伊東へGO★(1日目)
泊まるお宿は、青山やまと です。こちらは、私も夫も大好きなお宿で、年に何度かお世話になります。こちらのお宿は、とにかくお風呂が素敵
http://plaza.rakuten.co.jp/kimatanuki/diary/200607210000/

*Strawberry Cafe:伊東で「青山やまと」に泊まる旅
「青山やまと」へ。少し高台にあるので、伊東市街が見渡せます。建物もとてもきれい。「伊東大和館」と同じく女性は好きな浴衣が選べますよ。
http://blog.so-net.ne.jp/fraisefraise/2006-08-13

*ななさんちのブログ:夏の旅行
そして、本日の宿、青山やまとへ。今回の宿は我ら貧乏旅行隊としては、最初で最後??っていうくらいのお値段でした。
http://blog.livedoor.jp/nana092374/archives/50107145.html

*明るく楽しく陽気暮らし♪:伊豆旅行
旅館は青山やまとさんに宿泊しました。前もって苦手な食べ物等をきいてくださったので私の伊勢えびのおつくりには生魚は一切ありませんでした。助かりました。まずはここ。
http://plaza.rakuten.co.jp/hackberry/diary/200608120000/

*優雅にセレブ生活 子育てと買い物と優雅な日々:伊豆に行きました
伊豆の「青山やまと」という旅館に泊まりました。温泉は源泉かけ流しで、ちょっと山の上なので眺めもよかったです。お料理もかなり美味しかったので満足♪
http://daimama2003.seesaa.net/article/23744018.html

*Oasis:青山やまと (静岡県伊東市)
先週行ったときに泊まったお宿、青山(せいざん)やまとです。ある時、温泉にでも行こうかなと思い立ちいろいろ調べて見つけたお宿です。
http://tila.exblog.jp/4359261

*☆毎日楽しくて☆:昨日は温泉でお泊まり♪
伊東温泉の「青山やまと」にお泊り。ここは「あおやま」じゃなくて「せいざん」と読みます。伊東と下田に旅館をもつ大和館の姉妹館で、すこし質の高い個人客向けの旅館です。
http://blogs.yahoo.co.jp/satis12342006/4608724.html

*ちょい悪(?)オヤジのひとり言:青山やまと( セイザンヤマト)
なかなか良い旅館だね 女性客が多いし 男性のシニアにも人気があるらしい。最近の 旅館は いい気づかいを してくれるなぁ。
http://choiwaru.maxim-co.com/?eid=216575

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:46 | コメント (0)

 

若竹の庄 別邸笹音〔栃木県・鬼怒川温泉〕

「若竹の庄 別邸笹音〔栃木県・鬼怒川温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「全室16室で和風モダンの全室半露天風呂付のお宿。11歳以下のお子様はお断りだそうです。落ち着いたゆったりとした休日が過ごせそうです」



=2006年11月8日収集分=

*ぴよくん日記:鬼怒川へ♪
宿泊場所は、お隣の駅の、鬼怒川公園駅近くにある、『若竹の庄 別邸 笹音』。いちばん、高いお部屋しか空いていなくて、贅沢しちゃいました
http://plaza.rakuten.co.jp/siawasenahibi/diary/200605010000/

*ヒトリゴツ:鬼怒川温泉
着いてみると、モダン和風な雰囲気の豪華な建物。インテリアや生けてある花もとってもステキ。チェックインのときに抹茶と和菓子も出してくれる。
http://blog.goo.ne.jp/corincho/e/e6a201978374a1a4a7840033ab5da1e7

*メロディ♪のささやかな幸せ:鬼怒川温泉♪
鬼怒川のせせらぎと竹の香りが心地よい、こじんまりとした宿でした。お部屋にも、小さいながら半露天風呂がついていて、ヒノキの良い香りが・・・(^^)
http://blogs.yahoo.co.jp/melody191002/37317131.html

*ちぇきのお気楽能天気ブログ:完結・温泉旅行
16日の夜は普段泊まらないような高めのお宿「若竹の庄 別邸笹音」に泊まってみました。
http://plaza.rakuten.co.jp/chekihodo/diary/200607170000/

*太刀魚と蟷螂:鬼怒川で一泊
宿泊施設は「若竹の庄 別邸笹音」ちょっと料金は高めですが、雰囲気、サービス、どれもが落ち着いています
http://cutlassfish-mantis.seesaa.net/article/22059208.html

*テニスと芋焼酎(改め屋上菜園):鬼怒川温泉に行ってきました。
鬼怒川温泉、若竹の庄 別邸笹音に宿泊しました。部屋からの眺めです。部屋のお風呂です。源泉かけ流しです。
http://plaza.rakuten.co.jp/getss/diary/200608290001/

*とここ☆の癒しのオフ日記:若竹の庄 別邸笹音
「若竹の庄」の別館です。「若竹の庄」をラグジュアリーにして、部屋数も16室と少なめ。すべてのお部屋に半露天風呂が付いています。
http://blogs.yahoo.co.jp/tokoko1221/1144874.html

*smile man:鬼怒川温泉 若竹の庄 笹音、BLOOD+(ブラッド・プラス)、特命係長只野仁
先日は鬼怒川温泉の若竹の庄 笹音鬼怒川温泉 若竹の庄・別邸笹音に行ってきました。あらゆる面で最高に近い温泉宿だと思います。
http://plaza.rakuten.co.jp/smilingman/diary/200609240000/

*トロと懸賞:夏休み 若竹の庄 − その(2)
鬼怒川温泉旅館、「若竹の庄」の別館「別邸 笹音」の専用風呂付の客室内のお風呂の様子です。緑いっぱいの外の景色を見ながらの入浴は、気持ち良かったです。
http://blogs.yahoo.co.jp/pinchan0323/42015283.html

*僕の細道〜泊まり歩き日記〜:秋の日光・鬼怒川_第2弾【若竹の庄】
鬼怒川温泉からかなり離れてますが、鬼怒川温泉地区で最近人気のあるお宿です。2棟ありまして、「別邸笹音」からお邪魔します。
http://plaza.rakuten.co.jp/onsenprofessor/diary/200611040000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:45 | コメント (0)

 

三養荘〔静岡県・伊豆長岡温泉〕

「三養荘〔静岡県・伊豆長岡温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

=2006年11月8日収集分=

*アッチョンブリケ)*o*(:「伊豆長岡温泉 三養荘」
伊豆長岡の山の麓に敷地をとったその旅館の庭は、芝の手入れが行き届いたなだらかな丘になっていて、小さな滝からの流水が小川となり池を作っている。
http://air.ap.teacup.com/mahler/367.html

*covayoung net:三養荘に行ってきました
三養荘に仕事で行ってきました。この旅館はとにかく庭園が広く、仕事とは言え、この旅館に居ると、なぜか時間を忘れてしまいます
http://covayoung.blogspot.com/2006/04/blog-post_29.html

*徒樂なるままに:名宿ランキング(三養荘)
TV撮影だけあって、ロビーは見事の一言。客室は、概ね40室だが、各部屋によりかなり趣が異なる。天皇陛下が泊まられた『初音』がやはり一番人気のようだ。
http://blog.livedoor.jp/rakunekoiwashi/archives/50317895.html

*好日晴天.ほんじつはせいてん:1800kmは久しぶりにこたえた.........。
この旅館は、旧三菱財閥の創始者岩崎弥太郎氏の長男久彌氏の別邸として建設され、旅館としては昭和22年からまた昭和63年には新館オープン
http://leoplan.exblog.jp/3043241

*気ままにままに:三養荘
三養荘です。ここに宿泊する以外はどこも観光しないで、このお宿に滞在することだけを目的とした旅でした。
http://palla.exblog.jp/4365644

*楽しかった今日:伊豆長岡(三養荘)へ
伊豆長岡の「三養荘」に宿泊してまいりました。「三養荘」とっても素晴らしいお宿でした。3,000坪の庭園の中に40棟の数奇屋造りの離れが点在しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/carocaro0315/2151902.html

*おんせんdeプふぁ〜:静岡伊豆長岡 「三養荘」
思ったより料理が普通。湯も普通。と言うかかなりカルキ臭い。接客だけは素晴らしい。お忍び温泉の極致だ
http://blogs.yahoo.co.jp/makiosamukun/2408137.html

*LOVE☆マニア:伊豆に小旅行
宿泊先はプリンスホテル系列の「三養荘 」東京ドーム2倍分の大きさの敷地内。庭園は3,000坪もあり、お散歩するだけでもすごく気持ちいい
http://ameblo.jp/asamilly/entry-10018521231.html

*徒然フォト日記:伊豆の宿
42,000坪の敷地をもつ、伊豆長岡では格式のある高級旅館。本館・新館あわせて、離れ形式の客室は40棟、ひとつとして同じ部屋はないそうです。
http://kouken.at.webry.info/200609/article_3.html

*日々好日:伊豆箱根旅行
三養荘という旅館は立派だった。何しろ三菱財閥の別荘とか聞いているが、四万二千坪の敷地に、広い手入れの行き届いた庭、各部屋が独立した建物にお風呂付き。
http://blog.goo.ne.jp/rabbitsho/e/94580e4a275158ef69e8c5e0033024cb

「旧三菱財閥の元別荘で、滝があり四季を感じられる3,000坪の庭園。ドラマの撮影にも使われたそうですね。1度でいいから泊まってみたいです。」

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:43 | コメント (0)

 

スイスホテル南海大阪〔大阪府・難波〕

「スイスホテル南海大阪〔大阪府・難波〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「南海なんば駅直結した地上36階の超高層ホテル。ロケーション、部屋からの眺めだけでなく、ケーキバイキングも有名です♪」



=2006年11月8日収集分=

*えいちゃんのラブラブ日記 トラックバック人の部屋勧誘禁止部屋
ちょっと変わっている宿にステイしたかったのでスイスホテル南海大阪に泊まった。私たちははエグゼクティブスーペリアーに泊まったのだ!!
http://blogs.yahoo.co.jp/sakananomomo/14580492.html

*Messenger:♪大阪旅行記(ホテル)♪
1泊2日、お世話になったスイスホテル南海大阪。高級なホテルで、スタッフの丁寧な対応、綺麗で広い部屋、朝食の豪華さにただただ感動
http://kjj-kty.jugem.jp/?eid=415

*都会っ子のお気楽♪極楽生活:大阪旅行 〜準備編〜
ホテルは交通の便と道に迷わないように、駅直結の、『スイスホテル南海大阪』にしました。今回は、初めて一人で大阪に行くため、ちょっとドキドキ
http://ameblo.jp/pinkmarie/entry-10016621911.html

*GO☆FIGHT☆WIN kumi’s BLOG:珍 大阪の旅☆1日目 レポ
今回。泊まったのは。「スイスホテル南海大阪」ココは。大阪市内が一望できて。かなり。えぇ感じのホテルだったぁ。
http://blogs.yahoo.co.jp/kumi271782/18843483.html

*幸せブログ:たくさんの笑顔
今日はスイスホテル南海大阪で披露宴司会でした。今回は新郎新婦共に私と同い年のお医者様カップル。
http://violet-rose.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_6542.html

*LITTLE DEVIL:スイスホテル南海大阪
ま、思ったほどでは無かったかな(笑)景色は綺麗だったよ通天閣、ライトアップしてなかったのは残念やったわあ
http://tanimachi-king.seesaa.net/article/24374020.html

*とりくんのスキナMONO:スイスホテル南海大阪
「スイスホテル南海大阪」南海難波駅と直結やし、駐車場も停めやすくて便利。このホテルの36階にあるイタリアンレストラン&スカイバー「タボラ36」へ。
http://blog.goo.ne.jp/torikun5000/e/2950487b4cb1aa35ae5abbc59241e0e3

*プール巡り:大阪 スイスホテル南海大阪
ホテル11Fにあるアムリスタスパのプール20mくらいと思われます。ガラス張りでとにかく眺めはいいです
http://blogs.yahoo.co.jp/mm66z22/3030876.html

*20代でセミリタイアに成功したのんびりざっくり生活日記:スイスホテル
スイスホテル 南海大阪エグゼクティブクラブフロアに3泊しました。大阪の街道頓堀にもタクシーで数分程度とアクセスもよく気に入りました。
http://blog.ibri.jp/archives/50763383.html

*悠々☆自適のススメ!:+2006.10.7−結婚式−+
お題の通り、10月7日(土)に、スイスホテル南海大阪で結婚式を挙げました。皆さん、ゲストブックにたっくさんのおめでとうメッセージ、ありがとうございます!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/umeume0324/41352528.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:40 | コメント (0)

 

ホテルアナガ〔兵庫県・淡路島〕

「ホテルアナガ〔兵庫県・淡路島〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大人の休日をコンセプトにしたリゾートホテルです。鳴門海峡が一望できて、美味しいお食事。プールサイドでドリンク・・海外リゾートのようですね」



=2006年11月8日収集分=

*インディゴ・スカイ ブルー:イングランドの丘
夕方からは、ホテルアナガにチェックイン。やっぱりヴィラは最高だね〜ちょこっとだけ、リッチな気分になれました
http://yaplog.jp/aitomoyoshi/archive/280

*満たされた日々:大人の休日??
二人でちょっとしたプチバカンスに行ってきました♪場所は大阪から車で2時間少々の、淡路島のホテルアナガさん。
http://yurimomo1.exblog.jp/4404699

*Cafe de Cercle:ホテルアナガ (1)
「ホテルアナガ」。その小さなホテルに時計はなく、鳥の声と波の調べに目覚めた後は、おだやかな休日をゆっくりと過ごすことになります。
http://plaza.rakuten.co.jp/cerclemaster/diary/200609070000/

*atelier seed:ちょっとだけお休み。
アナガというのは地名で、まわりは田んぼと、普通の田舎道と山。本当の(?)田舎です。このホテルだけ、最新の設備が整っています。
http://seed.blog.ocn.ne.jp/atelierseed/2006/08/__4247.html

*思わず笑顔:ホテル・アナガでの美食
一番の目的地ホテルアナガです。こちらにあるフレンチレストラン”ガトー・ドゥ・ラ・メール”でいただくディナーが最高においしいのです。
http://blog.goo.ne.jp/nnm0917/e/2522ed19710b13c4457150ff130483b4

*KOKEMOMO姉徒然日記:HOTEL ANAGA 淡路島
『ホテル アナガ』はとても静かな隠れ家的ホテル。のんびり旅行、心の洗濯旅行にぴったり!ホテルのクルーザーで渦潮見に連れて行ってくれるのも
http://plaza.rakuten.co.jp/justatitch/diary/200610120000/

*幸せな毎日*** n+y:淡路島
連休に淡路島に旅行に行って来ました。今回のお宿は『ホテルアナガ』。とっても落ち着いた雰囲気でゆっくり過ごすことができました。
http://yummy88.exblog.jp/4139295

*主婦からWEBデザイナーになったっちゃ!!:う〜んリフレッシュ♪
写真のとおり屋外プールもあってプールサイドでドリンクオーダーできたので、まあそれなりにリゾートを味わうことはできました。
http://blog.livedoor.jp/peinen/archives/50383504.html

*遠くに見えるものは:家族で内祝旅行
淡路島のホテルアナガ、一泊二食付きのご招待だ。アナガは鳴門大橋を展望できる高級リゾートホテルで働いていた頃割引があったので何度か利用したお気に入りホテルだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/uminimodori/19734169.html

*ごくらくごくらく〜:淡路島
食事が最高で、部屋も天井が高く、眺めもよく、ベランダからは、プールで泳ぐ子供の様子が見られて、贅沢な気分でした。
http://gokuraku2.at.webry.info/200609/article_2.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:40 | コメント (0)

 

クロフォード・イン大沼〔北海道・大沼〕

「クロフォード・イン大沼〔北海道・大沼〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「アーリーアメリカン調のインテリアがどこかのお宅にお邪魔したような雰囲気でいいですね。お食事もみなさん絶賛していらっしゃいます!」



=2006年11月8日収集分=

*育親父日記:クロフォードイン大沼
JRの持つ施設だけに、やたら豪華なわりに大変安く泊まれる。飯も大変美味しい。朝は外から鳥のさえずりが聞こえる。
http://realoto.air-nifty.com/ikuoyaji/2005/08/post_6712.html

*白い大地のあるある探検隊in函館 「ちょっとよってけばいいっしょー」:クロフォードイン大沼
大沼国定公園内にあるホテルクロフォードはウッドハウスのシックな作りで雪の中でシンとしたタタヅマイに風格を感じたところです
http://plaza.rakuten.co.jp/aruarutannkennta/diary/200512290000/

*屯田物語:流山温泉から駒ケ岳の眺め
大沼の宿泊地は クロフォード・イン大沼。大沼公園駅のすぐ近く、白鳥の飛来する小沼にも近いところにあってとてもお洒落な木造ホテルである。
http://blog.goo.ne.jp/harukit/e/9652e3e42d6237846e8098cc2c6f479d

*観光まるごと北海道」−宿と温泉:大沼:クロフォード・イン大沼
駅の裏手と言うとても便利な立地ですがそれには訳があり、クロフォード・イン大沼はJR北海道の経営なのです。クロフォードとは開拓期に鉄道の技術者として来日した人の名前なのでした。
http://allhokkaido.net/yblog/log/eid5.html

*ブログ版−桐のイベント道場:大沼公園の風景
この景色が忘れらずに、大沼公園へ行きました。クロフォード・イン大沼に宿泊して、大沼公園を散策しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/siliconvalley_bay_7565/11616347.html

*いつも心に太陽を〜★:クロフォードイン大沼
部屋ごとに違うインテリアがとても素敵です。デジカメを買ってからは毎回写真を撮っています。実際はもっと素敵ですよ
http://pub.ne.jp/kirakiramama/?entry_id=299352

*北杜のやど Hokutonoyado:シンプルが嬉しいホテルクロフォード・イン大沼
ホテルはシンプルなアーリーアメリカン調のつくり。豪華ではないが落ち着けるつくりとなっている。客室は28室と少なめで広めにとってある。
http://hokutonoyado.seesaa.net/article/26272077.html

*まごころを、愛理に:ポプラ並木
ホテルと言っても2階建て。でもすごく綺麗でオシャレな所です。そんなに高くもないですし。本格的なコース料理もあるし。
http://episode26.seesaa.net/article/21762546.html

*バリキャリだけど過労気味。ストレスと戦う?都会の働くママブログ:子連れ【函館】旅行記
・「アメリカの家庭をイメージした〜」というプチホテル的コンセプト・じゃらんの口コミであまりにも評価が良いので、ここに変更した経緯がある。
http://blog.goo.ne.jp/happy_lala_rika/e/6155f69fffb120993d0506f1ce386822

*東京のむのむ:クロフォードイン大沼
私の場合、食べること呑むことがメインの旅が多く、食事付の宿を選択することはあまりないのだけど、ここはよかった。
http://tokyo-nomunomu.air-nifty.com/blog/2006/09/post_6712.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:37 | コメント (0)

 

蓼科ブライトン倶楽部〔長野県・蓼科〕

「蓼科ブライトン倶楽部〔長野県・蓼科〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「領主の館をイメージしたホテルだそうです。お部屋がメゾネットタイプなのはいいですね。ゆっくりと優雅に時間が過ぎていきそうです」



=2006年11月7日収集分=

*Flowered Moments:蓼科ブライトン倶楽部
今回のホテルは「蓼科ブライトン倶楽部」写真はベッドルーム。メゾネット形式のお部屋で、1階にリビング
http://blog.goo.ne.jp/aki-aifd/e/c89aac033d50c97de0d299e01d68977e

*ちらかし放題:夏の旅行計画
恒例「じじばば孝行家族旅行」が、蓼科に決定。宿泊は、蓼科ブライトン倶楽部!会員制ホテルのメゾネットで、高級感たっぷりです。
http://plaza.rakuten.co.jp/houdai/diary/200607180000/

*ビーグル犬・ピース姫日記:ママの蓼科旅行
泊まりは上の姉の招待で『蓼科ブライトンホテル』というとても素敵なホテルに泊まることができました
http://yaplog.jp/cskikaku_pice/archive/87

*mik日記:蓼科ゴルフ合宿 No5
宿泊するのは、蓼科ブライトン倶楽部♪♪♪もともと、会員制のホテルなんだけど、今は、会員じゃなくても利用出来るみたい。
http://ameblo.jp/mik-mik/entry-10016279673.html

*地獄の沙汰も金次第:夏休みはありますか?
パンは絶品でしたが、他は普通ですね。基本的にこのホテルは部屋でくつろぐことを楽しみにくるところみたいです。
http://vivitaru.exblog.jp/4407610

*食職社長のぱくぱく日記:明日から蓼科ブライトン倶楽部です。
部屋が広い、メゾネットで、しかも食事が最高に美味しいらしいのです。あとは自然を純粋に満喫してきたいです。
http://shokupakuman.cocolog-nifty.com/shokupaku/2006/09/post_373e.html

*HAPPY CHARM:彼との誕生日♪
信州の蓼科にあるブライトン倶楽部。彼自身がブライトンで学生をしていることもあって、結構楽しみにしていったんだけど…これが予想以上の実力でした。
http://ameblo.jp/happycharm/entry-10016849657.html

*ブライダル・ヒューマン・ソリューションズ社長のBlog:蓼科へ
宿泊した、蓼科ブライトンホテル 、最高でした!メゾネットタイプで、部屋に入るとリビング。階段で2Fに上がると、2つのベッドルーム
http://ameblo.jp/toshiro2001/entry-10017187812.html

*ただの医師じゃねえかこんなもん:蓼科である。
蓼科ブライトン倶楽部。夕食まで、近くの遊歩道にて栗拾いをした。栗ご飯が出来るほど沢山の栗を拾った。
http://hawaiisk.exblog.jp/5718470

*☆ママっ!大好きいっ♪♪☆:☆お誕生日TRIP☆
蓼科ブライトン倶楽部は泊ったことは初めてですが素敵なホテルでした〜。最近リニューアルしたお風呂がまた面白い。
http://ameblo.jp/ayaparis/entry-10016352529.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:28 | コメント (0)

 

十和田ホテル〔秋田県・十和田湖西湖畔〕

「十和田ホテル〔秋田県・十和田湖西湖畔〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「登録有形文化財に指定された宮大工による建物です。皇室の方も利用する由緒正しき宿でもあるのですね。十和田湖の湖畔で、ロケーションも素晴らしいです」



=2006年11月7日収集分=

*徒然なる旅へ:十和田ホテル 宿泊記 〔東北旅行記1日目 その2〕
十和田ホテルは,本館と新館からなり,私たちは新館のツインルームに案内されました。清潔感があり,機能的にまとめられてある部屋でした
http://plaza.rakuten.co.jp/0723jun/diary/200607310000/

*しましまねこのよこしま日記:東北旅行 青森 十和田湖編
このホテルは各皇族方をはじめ吉田茂元首相やライシャワー元駐日大使など、数多くの各界著名人が利用したそうです。
http://katzdeli.exblog.jp/2948369

*arayanです:青森旅行の話のつづき×5
十和田湖の湖畔に建つこの「十和田ホテル」は昔のままの本館と明るい陽の光が心地よい新館があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/arayan314/17049542.html

*コタログ:東北の旅1日目☆コタ初飛行機!
湖畔の宿「十和田ホテル」は国の登録有形文化財に指定されている歴史的建造物だそうで、天皇も宿泊したらしい。ここがすっごく居心地良くて超お勧め!
http://kotatama.exblog.jp/3814484

*ドイツ語で話そう! ドイツ−ケルンからこんにちは:十和田湖・・・
まずは湖畔の『十和田湖ホテル』でランチ。このホテルは皇族方をはじめ吉田茂元首相なども泊まった由緒あるホテルとのこと。
http://shikaom.exblog.jp/5711292

*風のように〜旅をしよう:青森・秋田・岩手・宮城
湖を見下ろす場所に立つ一軒宿。秋田杉を使った本館(和室)、落ち着いた雰囲気の別館(洋室)とあり、本館からは十和田湖が一望です。
http://ichiusa.hello-good.com/?eid=409530

*リストランテラビーノ&ワイン&徒然料理:十和田湖行ってきました!
泊った宿は秋田側の十和田ホテル。なんと国指定の文化財になっています。
http://plaza.rakuten.co.jp/hibiwin/diary/200609240000/

*芹のバラ色の日々:千と千尋の神隠しのモデル?
泊まったのは、「十和田ホテル」です。この建物は、「千と千尋の神隠し」で、湯屋の建物のモデルとなったと言われているそうです。
http://blog.goo.ne.jp/serioteko0810/e/b4ee740afeeb03a2a8a7b31b9952c92a

*十和田ホテル徒然日記:秋田杉の館 パート4
本館玄関は、当ホテルのシンボルとなっております。杉丸太を2重の竿縁に使った杉皮の天井の意匠は「秋田杉の十和田ホテル」の印象を訴えています。
http://www.towada-hotel.jp/tsurezure/sb.cgi?eid=205

*ミイのひとり言:十和田ホテル
先月,雨の為流れてしまった十和田ホテル行…なんとしても行こう、、と言う事で今日決行!目的はひたすら十和田ホテル
http://blog.goo.ne.jp/mycatmie/e/bc01c2efbc8e6af905c4d5cf9c65dbb1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:26 | コメント (0)

 

リバーリトリート雅樂倶〔富山県・神通峡春日温泉〕

「リバーリトリート雅樂倶〔富山県・神通峡春日温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ギリシャ、デンマークなど世界の国がテーマになっているお部屋が面白いですね。フレンチ懐石のお料理が美味しそうです♪」



=2006年11月7日収集分=

*わてら陽気な三人家族:【富山】リバーリトリート雅楽倶で誕生日&・・・
春日温泉 リバーリトリート雅楽倶(がらく)でお祝いしてきました。緑に包まれた別世界の雰囲気の中にあり、まるでデザイナーズホテルのよう。素敵☆
http://plaza.rakuten.co.jp/kuu007/diary/200606170000/

*ぱわふるらいふ:雅楽倶
そこから山越えして一路雅楽倶へ。一度は行ってみたかった場所です。まずロビーからみえる景色が素晴らしい!!
http://ameblo.jp/maya0/entry-10014924099.html

*ORANGE-MARBLE:♪素晴らしい記念旅行♪
それぞれお部屋に名前があるのですが、このお部屋はギリシャの間といって中の感じも、ギリシャのランプや、電気を使ってるので、とても素晴らしい感じです
http://biog.orangemarble.candypop.jp/?eid=340740

*HELLO♪My Friends♪♪:素敵ホテルシリーズ【アートなホテル】
館内全体がギャラリーのようになってて全く飽きさせない空間でした。香りといい音楽といい景色といい、すべてが居心地のいい空間でした。
http://yurinchi.jugem.cc/?eid=229

*めざせ!Asian Beauty ちょっとLOHAS?:リバーリト・・・
208号室「ギリシャの間」。テラコッタの床にアイアンフレームの天蓋つきベッド。部屋は全部インテリアが違うみたい。部屋からも神通峡が目の前に見える。
http://plaza.rakuten.co.jp/megumegu1110/diary/200609060000/

*a happy life 〜月100万円稼ぐビジネスマン〜:富山の温泉・・・
先日行った温泉宿。料理はフレンチ懐石。建物の、モダンでオシャレ。なかなかいいよ。
http://plaza.rakuten.co.jp/ahappylife40/diary/200609260000/

*富山酒場漂流記:雅楽倶の新年会2006/1/29
この『リバーリトリート雅楽倶』って、TVとか雑誌にもよく採り上げられてて、女性に大人気のホテルなの。
http://blogs.yahoo.co.jp/higehigedragon/4417642.html

*入道とおかめの日記:ホテルはリバーサイド♪
赤ん坊連れということで時間の制約もあり、ミストサウナなどスーパー銭湯的エンターテインメントを堪能することは出来ませんでした。残念!
http://chibao1999.exblog.jp/4487017

*ノホホーンと長生きしたいねぇ〜:リバーリトリート雅樂倶
なにゆえ富山へ?答えはひとつ。そこに「リバーリトリート雅樂倶」があるから。春日温泉という場所にある美術館のようなホテル。
http://gin-ginta.no-blog.jp/nohohonnagaiki/2006/07/post_4cfb_1.html

*一途に。。。:☆リバーリトリート『雅樂倶』
☆3年前のお正月に、女性6人で一泊して、良かった所なので、母にも連れて来てあげたくて。。。インテリアの素敵なお宿・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/sakurapop2004/20377544.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:24 | コメント (0)

 

ホテルノイシュロス小樽〔北海道・小樽〕

「ホテルノイシュロス小樽〔北海道・小樽〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「全室に露天風呂がついているそうです!素晴らしいですね。お城のような外観に露天風呂・・・このミスマッチがなんともいいですね」



=2006年11月7日収集分=

*booska-mac.com:Booska北海道'05 ホテル ノイシュロス小樽 その1
小樽では「ホテル ノイシュロス小樽」に宿泊しました。部屋付きの露天風呂については後日アップします。
http://plaza.rakuten.co.jp/booskamac/diary/200604020000/

*The Happy Day Book:5月5日 温泉と水族館と美食三昧の旅♪(3泊4日)
小樽で泊まったホテルは「ホテルノイシュロス小樽」。海に面した室露天風呂付きのお城のようなホテルで温泉三昧♪
http://blogs.yahoo.co.jp/montan0721/34791891.html

*ワインと一緒♪:小樽プチ旅行♪
こちらのホテルの従業員の方はみなさんもとってもきちんとした気持ちの良い対応をしてくださいます。サービスも◎何度行っても良いです!お部屋の露天風呂も快適でございました♪
http://wainwain2.exblog.jp/3735138

*MaY*Blog:ホテル ノイシュロス小樽
このホテルは、全室ともオーシャンビューで客室露天がついている。客室の窓からは、日本海の濃い透明感のある海が見渡せる。
http://yaplog.jp/mayblog/archive/111

*NRK Favorite Diary 〜「のの」の気まぐれ日記〜:北海道・・・
7月の北海道旅行で2日目に泊まった「ホテルノイシュロス小樽」からは、見事なブルーに染まった日本海を眺めることができました(^^)
http://blogs.yahoo.co.jp/yanrk78/41169090.html

*わたしのブログ:三太郎の北遊日記
2日目 小樽(ホテル ノイシュロス小樽)に宿泊、このホテルは感動ものでした、まさに絶景かな・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/y18s12ponn/diary/200610060000/

*ことぶき色の味 〜ことぶき&ミニことのHP〜:小樽〜函館
ちょっと贅沢に、オトナの時間・・・ってな雰囲気を味わえたものの、出窓が思いのほか開けられることに、背筋がゾッとしたという裏話も・・・(;´Д`)
http://kotobukiminikoto.blog23.fc2.com/blog-entry-409.html#trackback

*fraise★fraise:ホテルノイシュロス小樽。
すっごい高級感があふれるとこです。職場の人とだったからいつもみたいな服装ができなくて残念だったけどこんなとこナカナカ泊まらないから嬉しいな
http://yaplog.jp/kiichigo/archive/462

*北杜のやど Hokutonoyado:展望と食事と客室露天の3拍子が揃った・・・
今日、紹介するホテルノイシュロス小樽は、以前はホテル天望閣という名称で知られていたが経営が代わり、3年前に大改装、リゾートホテルに生まれ変わった。
http://hokutonoyado.seesaa.net/article/26403382.html

*ナチュラルライフ通信:【お泊り】ノイシュロス小樽へ
部屋も昨年と同じタイプ。今回で5回目の宿泊なのでまるで帰ってきた我が家状態♪あ、これこれ♪部屋に入って早速お風呂です。
http://blog.livedoor.jp/marine_life/archives/50632143.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:22 | コメント (0)

 

ベネッセハウス〔香川県・直島〕

「ベネッセハウス〔香川県・直島〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「直島は海外の雑誌でも取り上げられたそうですね。美術館と融合していて、安藤忠雄設計。周りは綺麗な海に囲まれていて素敵な時間が過ごせそうですね」



=2006年11月7日収集分=

*お気に入りとの日々:夏休み終了。
新しく出来た、ベネッセハウスのパーク棟と言うところに泊まりました。部屋のベランダから、高松と坂出の夜景がいっぺんに見えるんです。
http://happylife2.exblog.jp/4010043

*wakabonneyの部屋:直島にて◆礎話翦術館とベネッセハウス〜
今回はパークに泊まりました。部屋の中はこんな感じ。新築だけあって、木の良い香りがプンプンします。テラスもあって眺めは最高です。
http://blogs.yahoo.co.jp/wakabonney/21922889.html

*Small Talk:直島ミニ旅行 〜ベネッセハウス・宿泊編〜
今回の旅行で宿泊するのは、『ベネッセハウス ミュージアム』(株主優待で30%OFFになる!)“ミュージアム”という名のとおり、美術館とホテルが一体になっている。
http://plaza.rakuten.co.jp/since04151974/diary/200610210000/

*MIKIダイアリー:直島レポートNO2
シンプルこの上ないベネッセハウスの部屋にはTVなどありませんし、土産物屋等の設備もありません。
http://yaplog.jp/yamamori/archive/285

*I LOVE ランチタイムなど:あこがれのベネッセハウス
直島の宿泊施設。ベネッセハウスミュージアムは、その名のとおり、美術館を併設したホテル。ほぼ満室。それ以前に宿泊料金が高い!!
http://ameblo.jp/tatsu-yagi/entry-10018988417.html

*地方で頑張る、デザイナーSTAGE-01.BLOG:島そのものがアート!香川直島
今年5月には新たな宿泊棟がオープンした「ベネッセハウス」まずは直島をアートの島として印象づけた中核施設「ベネッセハウス」へ。
http://ameblo.jp/aluba/entry-10019315152.html

*まるなのおうち:連続お出かけ★
20分くらい歩くとベネッセハウス。宿泊する人にはたっぷりリゾート楽しめますって感じですね。
http://blog.goo.ne.jp/minikamo/e/ce96e6563e390fc281726dba28c68007

*〜バリ島より癒しの雑貨をお届け〜akar_baliブログ:直島★ベネッセ・・・
初めて直島に足を踏み入れたのですが、すっかり直島の虜になってしまいました式&披露宴は安藤忠雄氏の設計のベネッセハウスで行われました。
http://blog.goo.ne.jp/akar_bali/e/1b0ebb9583934db2ca1897d5a707d1fe

*最先端の時勢ネタはどこに?:直島 ベネッセ
安藤忠雄の建築物に収められた数多くの現代美術を堪能できる施設。それがこの10年ばかりのあいだに直島を世界的にも有名にした「ベネッセハウス」です。
http://netatyoudesu.jugem.jp/?eid=18

*rottaの甘辛ダイアリー:直島に行きたい
ベネッセハウス=安藤忠雄設計の宿泊施設と美術館を兼ね備えた施設で、ものすごーく素敵。宿泊料金はツインでも1人3万近くと庶民にはお高め
http://d.hatena.ne.jp/rotta123/20061106/1162814429

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:19 | コメント (0)

 

ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ〔神奈川県〕

「ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ〔神奈川県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本で初めてのハイアットによるリゾートホテルです。ちょうど年始年末に向けてオープンするのですね。楽しみです」



=2006年11月7日収集分=

*Missing Piece is in My Heart:箱根 強羅
実際には強羅にハイアットが出来るのである。グランドかパークかはわからないがその手の筋から聞いた話である。温泉とスパをメインにしたリゾートだそうだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/thinair/diary/200606050000/

*コーヒーの木:京都のアマン?箱根のハイアット?
私の中ではハイアットってシティホテルのイメージなので箱根〜?温泉〜?って感じでしたが、ハイアットもリゾートホテルがたくさんあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/coffeetrees/diary/200609290000/

*まぼのアドベンチャー:今年末 箱根にハイアットホテルズがOPENする・・・
以前会員制のリゾートホテルだったものをリネーム・リニューアルしてハイアットが箱根でオープンします。
http://blogs.yahoo.co.jp/mabokinoko/41738062.html

*和洋の宿屋さんこんにちわ:第二新卒
箱根強羅のホテルがハイアットリージェンシー箱根になるそうだ。外資は中小ホテルを買収し、ホテル名を変え(リブランド)て営業する。
http://blog.goo.ne.jp/hoteryo/e/c0d98dd546804b6a7c4029f106298ec6

*何食わぬ顔で無職:ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ
箱根の強羅にハイアットリージェンシーがオープンするらしいですね。12月オープンなので今日から予約を受付しているみたいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bokunoiemade345/4778115.html

*Pockieのホテル宿フェチお気楽日記:ハイアットリージェンシー箱根・・・
ふたを開けてみると、標準ツイン(56平米)で朝食付き一人16000円ぐらい(ただし平日です)。HyattRegencyのHPでは客室は2万円++でした。
http://pockie74.exblog.jp/4118877

*Noppin's stock cafe:米ハイアット、箱根にリゾートホテル
ルガンスタンレー系の不動産ファンド(メズレフ?)が森トラストから取得。箱根に世界的有名ホテルチェーンのリゾートホテルって珍しいですね。
http://blog.livedoor.jp/noppin/archives/50725454.html

*ラシオのエレガントな憂鬱:温泉研究の巻
ハイアット、日本では初めてのリゾートホテルということでセレブラッシーのラシオと致しましては、なかなか興味が湧くホテルではごじゃいますが
http://blog.goo.ne.jp/rasio_racine/e/68271b3133662972d42839de9236947b

*東京右往左往:ハイアットリージェンシー 箱根 リゾート&スパ
モルガンスタンレーの不動産ファンドに売却して(は、早い)、ハイアットのスパリゾートしてこの12月に再出発。
http://tokyo.de-blog.jp/main/2006/11/post_c56e.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:16 | コメント (1)

 

帝国ホテル大阪〔大阪府・天満橋〕

「帝国ホテル大阪〔大阪府・天満橋〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「シックで、落ち着いた雰囲気で、さすが!!という感じですね。スイートルームは写真を見ているだけでもうっとりしてしまいます♪」



=2006年10月25日収集分=

*いい事あ〜るかな:天神祭りIN帝国ホテル
やっと人込みから逃げ込み。帝国ホテル大阪へ。1階の入り口では「食べ物・・・
http://mikachin-h.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_13a2.html

*家庭菜園 プランターの有効利用(高校物理質問箱):宿泊したことのある・・・
大阪のJR桜宮駅から徒歩数分、川沿いにある帝国ホテル大阪。言わずと知れた帝国ホテルです。サービスの質の高さは、いわずもがな。
http://blogs.yahoo.co.jp/acematy/16357500.html

*ホテルマン社長のお仕事ブログ.:大阪に帝国ホテルが2つ?
帝国ホテルと言えばあの帝国ホテルですが、実は大阪には帝国ホテルが2つあるのです。。ご存知でしたか?
http://blogs.yahoo.co.jp/clovers_hotel/40091915.html

*wedding ceremony project:スイートルーム〜♪
『帝国ホテル大阪』です。それもスイートルームに泊まりました!1度は泊まってみたかったスイートルーム!!
http://ameblo.jp/orange07/entry-10016155426.html

*楽しく生きよう ☆☆☆目指せチョイワルオヤジ☆☆☆:帝国ホテル 大阪
実は初めての人間ドックで帝国ホテルに行ったんですけどね(^^ゞ人間ドックでも凄く言葉使いが丁寧です。
http://blogs.yahoo.co.jp/ks_tech_sp/40582470.html

*朗読工房 大橋文江:自分の誕生祝い
私も夫も9月生まれですので、少し早めの誕生祝いの食事をしました。場所は超一流「帝国ホテル大阪」の24階です。
http://roudoku.exblog.jp/4053197

*堂山Doctors:帝国ホテル大阪
感想はまあこんなもんかなって感じだったけどスキンケアというかそういうことに関心を深める機会という感じかな。
http://blog.goo.ne.jp/d_doctors/e/d5a3f7a00c458cf4fda22e5b23585728

*Favorite Snoopy☆:帝国ホテル大阪 パート2
帝国ホテル大阪にお泊りしたときの写真が出てきました。こちらは、『ドアマンスヌーピー』の特大スヌでのお出迎えです。
http://ameblo.jp/favorite-snoopy/entry-10017181218.html

*東南アジア美術館:木製馬と牛&帝国ホテル大阪
大阪に行ったとき佛縁のおかげで帝国ホテル大阪にとまる幸運を得ることができました。地下の出口になんだかすばらしい生け花があったので写真にとりました
http://blogs.yahoo.co.jp/hillsidecnx/22100989.html

*徒然なるホテル見聞録:第10回 帝国ホテル大阪
また、大阪城も程近く、とても落ち着いた雰囲気が漂っています。もちろん、部屋の雰囲気も最高で、風呂に洗い場があったりします!
http://plaza.rakuten.co.jp/roadmade/diary/200609240000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月26日 09:29 | コメント (0)

 

ホテルアローレ〔石川県〕

「ホテルアローレ〔石川県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

季節の花が可憐に咲きそろう1万坪の庭園、池のほとりに佇むチャペル、温泉を活用したバーデハウスやエステサロン、テニスコートやパークゴルフでの爽快なスポーツ。優雅なリゾートライフとリラクゼーションをご満喫下さい。 《施設をチェック→》

「お庭がなんと1万坪もあるそうです。エステにテニス・結婚式場と充実したサービスなんですね。それに温泉なんて・・・いいですね」



=2006年10月25日収集分=

*夜穂の日記帳:結婚式
昨日は剣道部友達のいたう氏の結婚式に招待されて、ホテルアローレに行ってきました。少し早めに行って、剣道部仲間と余興の練習。
http://blog.goo.ne.jp/eastriver_tea/e/f31bccda9884b58e112be9361886d166

*おいしんぼ日記:石川県
片山津にあるホテルアローレというリゾートホテルに両親と宿泊。旅館だらけの石川県には珍しく、スパや天然温泉もある沖縄にもありそうなリゾートホテル。
http://oishinbo-may.spaces.live.com/Blog/cns!96FB21A984B63632!157.entry

*ゴルファーズ・ドリーム:ゴールデンウィークの事
今年のゴールデンウィーク、石川県に旅行がてら、僕の友人が最近経営を引き受けたホテルアローレに宿泊した。
http://blog.golfdigest.co.jp/user/ceo/archive/55

*a happy life 〜月100万円稼ぐビジネスマン〜:加賀のホテル
今回はこのホテルアローレにした。館内には室内プール・サウナやカラオケもあるので昼すぎに到着しても充分楽しめた。
http://plaza.rakuten.co.jp/ahappylife40/diary/200607170000/

*お気楽主婦の独り言:北陸旅行
昨日から北陸に来ています。2泊3日の旅行で昨日は片山津温泉近くの『ホテルアローレ』に泊まりました。
http://plaza.rakuten.co.jp/kokayo23/diary/200608150000/

*ゆったり、旅行:石川県にあるホテルアローレ
柴山潟にあるホテルアローレはちょっとリゾートホテルな感じ。温泉もいいけどスパ多彩でエステサロンもあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/dj5429/diary/200609110000/

*『衣・食・獣』 @金沢:『アローレ・ランチ』
父の誕生日に仕事を休んで、片山津温泉の『ホテルアローレ』 へ・・・ボーナスの時におこづかいをあげたら、誕生日プレゼントはいいからと言われた。
http://ameblo.jp/himecha-blog/entry-10015218822.html

*大阪人の岡山暮らし:ホテルアローレ〜片山津温泉
加賀温泉郷のひとつ、片山津温泉の“ホテルアローレ”に泊まった。部屋は柴山潟を望める部屋。片山津温泉は柴山潟の周りに宿泊施設がある。
http://ma-ko.at.webry.info/200608/article_24.html

*ココロノナカ。:女2人旅・1日目編。
そして、宿泊したホテルはホテルアローレ。片山津温泉にあって、館内はとても新しく綺麗でした。
http://bananachop.exblog.jp/3471503

*ひごばしOL道:見渡す限り…
見渡す限りの田園風景。広大な敷地を持つホテルで大きな池まである。天然温泉だし、なかなかイケてるぞ、『ホテルアローレ』!
http://higobashioldo.blog17.fc2.com/blog-entry-252.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月26日 09:26 | コメント (0)

 

フォーシーズンズホテル椿山荘 東京〔東京都・目白〕

「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京〔東京都・目白〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

四季折々の美しい景観に恵まれ、都会のオアシスと賛えられる椿山荘の庭園に囲まれたフォーシーズンズホテルは、ヨーロッパの伝統を受け継ぐエレガントな雰囲気とともに、一つ一つに細心のサービスを心がけ、多忙を極める都会の中でかけがえのないくつろぎの場を提供いたします。 《施設をチェック→》

「フォーシーズンズホテルというと結婚式場が有名ですよね。ホテルも都内なのに静かなお庭が素敵なのですね。泊まってみたいです」



=2006年10月25日収集分=

*バニラ日記:フォーシーズンズホテル椿山荘
なんと、ルミネの抽選に当たって椿山荘に行ってきました。何もかも本当にステキだった
http://ameblo.jp/coolwater415/entry-10017820667.html

*HIDE_KAME BLOG:「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京」に泊まっちゃ・・・
遂に「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京」に泊まることができました。えっ!?ここが山手線の内側なの?っていうぐらい自然に囲まれた環境だったのにはビックリしました。
http://blogs.dion.ne.jp/hide_kame/archives/4277041.html

*Theatre unit 『セメント金魚』:モトキチの『すばらしきダメダメ人生』・・・
フォーシーズンズホテル椿山荘東京のスイートルーム〜♪なんかねー、平日だったり、1週間前とかの予約だったりすると半額で泊まれたりするわけですよ。
http://blogs.dion.ne.jp/ryo1967cemekin2000/archives/4380669.html

*champlechample.:スタイリッシュ・パーティ
フォーシーズンズホテル椿山荘。初めて中に入りましたが、山の中にいるかのように静かで、厳かで、お品があって、サイコーにステキなホテルです
http://blog.champlechample.pinoko.jp/?eid=575936

*シャンパーニュ・淑女のため息:フォーシーズンズホテル椿山荘。
今月誕生日を迎えた母のお祝いも兼ねて、フォーシーズンズホテル椿山荘にて、アフタヌーンティーを楽しんできました。
http://tomoppe.cocolog-nifty.com/aozora/2006/10/post_20d0.html

*嘘と真実:ちょっと、いいこと。
フォーシーズンズホテル椿山荘に行った。ホテルでは、こっちの気持ち次第で、とっても嬉しい、とっても楽しい、とっても幸せ、と思うことが、度々起きる。
http://plaza.rakuten.co.jp/romanece/diary/200610230000/

*くるみ餅さんのブログ:フォーシーズンズホテル椿山荘
10時まで、無料でスパ(フィットネス、温泉、プールなど)が使えるとわかり部屋に荷物を置き、慌ててフィットネスと温泉(サウナつき)に行きました。
http://myhome.cururu.jp/kurumimochi_7/blog/article/51000464912

*のものも@物欲日記:for the special day -part2-
今回はフォーシーズンズホテル椿山荘東京の室内について。この日、宿泊した部屋はスーペリアルーム キング シティービュー。つまり、街がよく見えるお部屋です。
http://plaza.rakuten.co.jp/nomo1/diary/200609260000/

*SUGAR*S ROOM:フォーシーズンズ宿泊
フォーシーズンズホテル椿山荘に宿泊してきました☆率直な感想は、値段の割りには、ん〜〜って感じかなぁ(-_-;)
http://plaza.rakuten.co.jp/sugarsroom/diary/200610090000/

*papa+mama+ryo:フォーシーズンズホテル
お散歩の前にお茶をしにシーズンズ・ビストロへ。ラウンジに比べてこちらは子連れでも入りやすい雰囲気です。
http://korokkoro.blog59.fc2.com/blog-entry-76.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月26日 09:24 | コメント (0)

 

ハイアットリージェンシー京都〔京都府・東山七条〕

「ハイアットリージェンシー京都〔京都府・東山七条〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

コンテンポラリージャパニーズをコンセプトに和の伝統美を国際感覚豊かな現代のテイストで蘇らせ、温もりに満ちた空間と京都ならではのおもてなしをご提供いたします。 《施設をチェック→》

「オープンしてまだ半年くらいのホテルです。古都京都の駅の側に、こんな素敵なホテル・・・さすがに「和」のテイストもたっぷりですね」



=2006年10月25日収集分=

*ART man days:京都のアートなホテル。
ハイアットリージェンシー京都でお食事となったのです。それがなんとも、アートフルなホテルでして。ほかの有名ホテルとは、インテリアもひと味ちがう。
http://keyis.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_87c6.html

*長老、かく語りき。:肩まで浸かって100 京都の旅13 ハイアット・・・
深いお風呂でゆったり入浴したいもの。ここ、ハイアット京都のバスルームは、そんな希望を叶えつつ、シックで和風な空間を提供してくれます。
http://chooroo.exblog.jp/3401563

*珈琲とチョコレート・・・・・:ハイアットリージェンシー京都
京都駅から車で5分。2006年3月リニューアルオープン。向かいが、京都博物館。三十三間堂・智積院は徒歩数分。
http://ameblo.jp/respirar/entry-10017562713.html

*ホテルキング:ハイアットリージェンシー京都
今回のご紹介はハイアットリージェンシー京都です。高級ホテルと言えば高層な イメージがありますがここは横に長いホテルで縦は短いですね。
http://hotelstay.blog76.fc2.com/blog-entry-12.html

*Petit Tresor:ハイアットリージェンシー京都 お部屋
ハイアットは今年の3月に開業したばかりで、お部屋もセンスよくきれいだしホテル全体もHPから見て分かると思いますが、かっこいい!
http://ameblo.jp/maiko0922/entry-10017960310.html

*Fleurble Life:Wedding
場所は、ハイアットリージェンシー京都。2006年3月に東山七条にオープンしたホテルということで楽しみも増します。
http://fleurble.exblog.jp/4309247

*Tokyo Football Life:本日のホテル
ハイアットリージェンシー京都。内装もインテリアも外国人向けって感じ。まあ、2度と泊まる事も無いでしょう。
http://u-field.cocolog-nifty.com/footballlife/2006/09/post_7f55_1.html

*ティンカーベル☆:京都♪
ホテルはやっぱりまだまだ新しいだけあってキレイでした。 シャワーが掌よりおっきくてびっくりしたけど、ベットもおっきかったからなんとなくそれでいいのかなって思った☆
http://chinaminikki.blog21.fc2.com/blog-entry-184.html

*おいら。〜客室乗務員の了見〜:ハイアットリージェンシー京都
ロビーに入ると変わった天井に圧倒・・・。写真ではわかりませんが、あちこちにホテルマンがスタンバっていてことあることに話しかけてくれます。
http://blog.goo.ne.jp/hirocrew/e/5b5adf5311b3443f15365c70d280c475

*わたしのブログ:初☆ブラフェ
今日は京都のハイアットリージェンシーへと行ってきました。初ハイアット。そして初ブラフェ。
http://plaza.rakuten.co.jp/sasanohasarari/diary/200609180000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月26日 09:22 | コメント (0)

 

ジ・アッタテラス クラブタワーズ〔沖縄県・恩納村〕

「ジ・アッタテラス クラブタワーズ〔沖縄県・恩納村〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

自然の中に身をゆだねる悦楽。招かれ、もてなされる心地よさ、テラスでゆったりと過ごす大人の時間…。ザ・テラスホテルズでは2005年夏、沖縄県恩納村の小高い森の中に、極上の隠れ家を提供するリゾートホテル「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」をオープンいたしました。 《施設をチェック→》

「16歳未満は宿泊できないのですね。セレブで大人のためのリゾートですね。写真を拝見すればするほどうっとりとしてしまいました」



=2006年10月25日収集分=

*トランクひとつだけで:ジ・アッタテラスの休日
迷わず噂のジ・アッタテラスを選びました。16歳以上の紳士淑女のみが泊まることが許され森の上から青い海をみわたせる隠れ家的なリゾート。
http://plaza.rakuten.co.jp/ice0309/diary/200609260000/

*月は東に☆シッポは空:ジ・アッタテラス4
プールサイドにある“ ライヴラリーラウンジ&バー”で泡盛のカクテル教室体験をしましたよ、と。グレナデン+オレンジジュース+ソーダ・・・
http://yaplog.jp/progressed/archive/255

*グローヴエンジョイクラブ:ジ・アッタテラスクラブタワーズ
自然の中にゆっくり身をゆだねる悦楽&大人の時間を過ごすためのホテル。、2005年夏、沖縄県恩納村の小高い森の中にオープンしました。
http://officeglove.blog78.fc2.com/blog-entry-2.html

*あせらず あきらめず あてにせず:旅行ネタ3
今回の宿泊は 「ジ・アッタテラス」ザ・テラスというグループの1つであり、数年前に宿泊した同じ系列の「ブセナテラス」がよかったので、今回はそこにしました。
http://jatec-acls.spaces.live.com/Blog/cns!E049A3D354E56B28!135.entry

*となりのプチ☆セレブ犬ガイド:セレブなジ・アッタテラスに宿泊☆
休暇を利用して沖縄に行ってきました。宿泊先ですが、私も最初は詳しく知らなかったのですが多分、本島で最上級レベルの高級ホテルだと思います。
http://blog.livedoor.jp/puti_celeb_ken/archives/50283989.html

*カカシ解体新書:沖縄セレブ気分旅行 V.o.4
そのランクの高さにカカシ達はこの後、セレブ気分を味わうことになりました。ホテル名は、「ジ・アッタテラス クラブタワーズ」
http://blog.livedoor.jp/cowboy09/archives/50186114.html

*りょーへい日記:気持ちは早や・・・
♪もーいぃ〜くつ寝るとぉ〜おしょーがつぅ〜 思い馳せる来年の年明けのオ・キ・ナ・ワ! 宿泊場所はこちら↓ジ・アッタテラスクラブタワーズ
http://ryoryoryomikkn.blog21.fc2.com/blog-entry-818.html

*AINOSU:沖縄の休日
ジ・アッタテラスの思い出の最後はお食事編。朝食のビュッフェ2回、昼食1回、夕食2回をホテルでとりました。
http://ainosu.cocolog-nifty.com/ponpino/2006/09/post_20ba.html

*やむやむ:ウェルカムドリンク@ジ・アッタテラス
チェックインをする時に出してくれるウェルカムドリンクです。こーれが、素晴らしくおいしい♪紅茶にパッションフルーツのシロップを入れたもの、とのこと。
http://blog.livedoor.jp/naname/archives/50780252.html

*適当人間:沖縄その9 ジ・アッタテラス
二日目以降のホテルはジ・アッタテラスいやぁ〜、このホテルは良かった。このホテルをすすめてくれたアニバーサリートラベルの方に感謝。
http://blog.livedoor.jp/masanet/archives/50743092.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月26日 09:20 | コメント (0)

 

名古屋マリオットアソシアホテル〔愛知県〕

「名古屋マリオットアソシアホテル〔愛知県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

1927年、J.W.マリオットによる創始以来、世界各国で数多くの皆様をお迎えしてきた、マリオットホテル。その「おもてなしの心」が、隅々にまで息づく名古屋マリオットアソシアホテル。名古屋駅真上という、この上ないロケーションで皆様をお迎えいたします。 《施設をチェック→》

「名古屋駅の真上にあるなんてびっくりです!そして名古屋ナンバー1といわれる絶景の夜景が見られるなんて・・・うっとりです」



=2006年10月14日収集分=

*Norman from Real Japan:名古屋のマリオットホテル
2階の送迎ロビーです。いつもここで待機します。昨日のお客さんは、ダンディーな老紳士でした。
http://normanrealjapan.blogspot.com/2006/05/blog-post_10.html

*ひとひとの部屋:マリオットと名古屋港
マリオットは風格のあるホテルで、ちょっと緊張したけれどお部屋も部屋のバスも、夜景もとても良くて良い滞在になりました。
http://hitohito.exblog.jp/4991745

*マギーの占里眼:夜景
名古屋の夜景は、 ここがおすすめ。マリオットホテル52階スカイラウンジ・ジーニスにて。高所恐怖症の人には申し訳なし…。
http://maggie.fortune.ne.jp/blog/2006/08/post_56.html

*おいしいものと素敵なホテル:名古屋マリオットアソシアホテル ラウンジ編
マリオットアソシアホテルに泊まったのはフォーシーズンズ香港に泊まった約2ヵ月後だったので、どうしても比較してしまいました。
http://plaza.rakuten.co.jp/gourmetandhotel/diary/200609100000/

*使えるホテル:名古屋マリオットアソシアホテル : 宿泊
3年ぶりに名古屋マリオットアソシアホテル(JTB)(一休) に泊まってきました。入り口にクローゼットと冷蔵庫/ミニバー。
http://mvcl.cocolog-nifty.com/usefulhotels/2006/10/__a885.html

*最近の○と×。:シーナリー
15Fにある名古屋マリオットのロビーは広い展望デッキ等が設えられていたりしてそれなりに絶景ポイントの一つのように思います。
http://u.tabelog.com/00001462/r/rvwdtl/86067/

*ハワイで暮らすYukariのBlog:愛知県にて
3泊した名古屋マリオット、客室はちょっといいビジネスホテル程度だった。でも、名古屋駅の真上という立地は素晴らしい限り。
http://hawaiikai.exblog.jp/4202460

*しあわせのかたち:名古屋城と安眠枕
名古屋駅ツインタワーのホテル、名古屋マリオットアソシアから見た名古屋城の夜景です。ちょっとキラキラさせました(^-^)
http://catplaza.blog26.fc2.com/blog-entry-89.html

*はっぴ〜まにあ☆:名古屋マリオットホテル初体験☆
マリオットホテルのBARが素敵すぎ。15階へ行くと、まず目に入るのが夜景。東京に比べると小粒なんでしょうが、京都より断然キレイ
http://plaza.rakuten.co.jp/moemoepink/diary/200606290000/

*宿泊でホテルを有意義に使おう .. 予約する前に施設をチェック!
この名古屋マリオットアソシアホテル、見かけが見かけですから、当然注目は、地上52階にあるミクニナゴヤを始め、高層にある部屋やレストランに目が行きがちです。
http://plaza.rakuten.co.jp/usefulhotels/diary/200606270000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月15日 14:20 | コメント (0)

 

札幌プリンスホテルタワー〔北海道〕

「札幌プリンスホテルタワー〔北海道〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

北海道の拠点都市・札幌市の中心部に快適な空間と便利な機能をご用意して、洗練されたサービスと北の新鮮な味覚でおもてなしする札幌プリンスホテル。ご満足いくおくつろぎをお約束します。 《施設をチェック→》

「名前に「タワー」とあるように、107メートルのランドマークタワーがそびえたつホテルなんですね。綺麗な夜景が楽しみですね」



=2006年10月14日収集分=

*わたしはPIANO♪:北海道旅行 写真☆
最後の日の宿泊先 「札幌 プリンスホテル タワー」です。全体が円形をしており すごくお洒落なホテルです☆
http://blogs.yahoo.co.jp/jupiter_ryu_piano/16650064.html

*Everyday Smile:北海道旅行* (長いです・・・)
お部屋をランクアップさせてくださるハプニングがあり、27階という客室層で最上階の素敵なお部屋をとって下さいました。札幌の夜景が綺麗でした♪
http://blogs.yahoo.co.jp/petit_enfant_m/40119289.html

*Business Trip.net:札幌プリンスホテルタワー
仲間内の評価はあまり高くなかった札幌プリンスホテルタワーですが、結論から言うと私の満足度は高かったです。
http://blog.livedoor.jp/wine_sake_cocktail/archives/50467859.html

*natura vita + aroma:1泊2日!バタバタの北海道旅行
今回のステイは札幌プリンスホテルタワー。ここは温泉で、露天もあります。宿泊客は450円払えば、何度でも入れます
http://plaza.rakuten.co.jp/yukikina/diary/200608240000/

*日本酒で乾杯!:トップ・オブ・プリンス
2年前の写真ですが、札幌プリンスホテル・タワーの28階にある『トップ・オブ・プリンス』からの眺め。
http://blog.goo.ne.jp/takesake_2006/e/837625d0418124a29ce9362b3dadfb2c

*さいの「これ欲しい!!」:本日のお宿
夕方発だったので、到着したのは深夜…。タワーの外側が客室、内側のほうにエレベーターがあり、客室もなかなかグッドです!!
http://saiblog.sk-mall.jp/?eid=226578

*のんびり旅日記と日々の☆ブログ:札幌
今日は札幌のプリンスホテルに泊まりました☆☆☆ 16階でとてもキレイです 部屋も夜景もキレイなのでおすすめです☆
http://plaza.rakuten.co.jp/saku24/diary/200609160000/

*あ、そうだ、エンジニアになろう:北海道3泊4日(2日目)
15Fは確約されてましたが、なんと部屋では最上階の21階ダブル。部屋も綺麗に纏まっており、景色も最高でした。
http://d.hatena.ne.jp/thisway/20060914/1158554685

*5269おもいつくまま:札幌プリンスホテル
札幌プリンスに泊まっています。連休前でほとんどのホテルが満室なのに空室が沢山あるみたい。ここは撤退しないみたいだけれど厳しそうです。
http://mf.air-nifty.com/mf/2006/10/post_e678.html

*晴 れ た ら い い な〜のんびり日記〜:北海道旅行日記 ☆1日目☆
温泉大浴場もあり、朝食バイキングの品数も多く美味しいのでおすすめです。部屋は若干小さいですが、設備は充実しているし部屋のユニットバスも広くていい感じです☆
http://peaceke.exblog.jp/4236736

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月15日 14:18 | コメント (0)

 

京都ロイヤルホテル&スパ〔京都府〕

「京都ロイヤルホテル&スパ〔京都府〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

京都ロイヤルホテル&スパが、空間も、もてなしもバリューアップしリニューアルいたしました。和の粋をちりばめた、シンプル&モダンな空間と最高のホスピタリティが皆さまをお迎えいたします。 《施設をチェック→》

「2005年にリニューアルされたばかりなのですね。クラランスのスパも注目度が高いですね。ロケーションもとってもよさそうです!」



=2006年10月14日収集分=

*龍の手:鴨川
鴨川の近くの「京都ロイヤルホテル&スパ」に宿泊。ホテルの中に高級スパがあるらしいんだけどどんな感じなのかな。
http://www.ryunote.com/blog/2006/07/post_80.html

*Hugryo My Child Care:明日から!!
このホテルは河原町沿いにあります!!河原町と木屋町に挟まれたところで夜の繁華街もすぐ近くにあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/hugryo3/diary/200607160000/

*はにーの書きたいことをだれにも邪魔されずに書くブログ:京都旅行Part・・・
京都ロイヤルホテル&スパというホテルには、 アジアで初のホテルと共同経営のクラランスのスパがあります。
http://nekononikki.blog64.fc2.com/blog-entry-57.html

*余は如何にして道楽達人になりしか:京都ロイヤルホテル&スパでゆったり
では、京都ロイヤルホテル&スパの客室からご紹介しましょう。客室のドアをあけると、こんな感じに室内が見えます。ツインルームです。
http://doraku.cocolog-nifty.com/waytodoraku/2006/08/post_6ec6.html

*神戸観光★三宮★元町★神戸デート:京都ロイヤルホテルに泊りました
今週京都ロイヤルホテルに家族で泊りました。ホテルはちょっと高級感があり昨年オープンしたばかりなので、とてもきれいでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/tokutokuotoku/diary/200608120000/

*世田谷のProducer:京都滞在記
昨日、大阪から京都入り。京都ロイヤルホテル&スパに宿泊。35000円の部屋が楽天トラベルで8500円でした。
http://ameblo.jp/hatarakanai/entry-10016465401.html

*おいしいもん日記:夜の嵐山
昼過ぎに到着したので、とりあえずまずはホテルにチェックイン。今夜は京都ロイヤルホテル&スパです。
http://ameblo.jp/chilla/entry-10016747444.html

*Blog de afutura:京都ロイヤルホテル&スパ
今日行った京都ロイヤルホテル&スパでは、なんと4人部屋にご変更とな。4人部屋は初めてだなぁ。
http://plaza.rakuten.co.jp/afublog/diary/200609290000/

*お散歩日和:秋の京都旅行 2日目(骨董市へ行こう♪)
京都ロイヤルホテル&スパ は、三条河原町通りの辺り有るホテルです。(京都駅近くのホテルよりも、案外便利なんですよ)
http://kimimin.exblog.jp/4442608

*海色恋しいaiの日常:結局ハードだったじゃん、京都の旅 3日目
全日空ツアー通した予約で、2泊1人18000円と、シティホテルとしてはお手ごろ価格だったんですが、なんとこの価格には豪華朝食バイキングが付いていたんです。
http://aimichiblog.jugem.jp/?eid=74

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月15日 14:16 | コメント (0)

 

ホテル日航東京〔東京都〕

「ホテル日航東京〔東京都〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

レインボーブリッジを渡ると、そこは光、海、風に溢れる別世界。ホテル日航東京は、こうしたかけがえのない自然の贈り物を最大限に生かした、人の目に、肌に、気持ちにやさしいホテルです。 《施設をチェック→》

「お台場という便利なロケーションに、素晴らしい夜景。これから来るクリスマスシーズンにも賑わいそうですね」



=2006年10月14日収集分=

*小悪魔妻の幸せエッセンス:大停電の夜に
大停電の夜にの撮影に使用されているホテルって、日航東京ですよね?違うかなぁ。とっても日航東京っぽいんですけど・・・。あの雰囲気は日航東京に違いない。
http://plaza.rakuten.co.jp/happylifestyle/diary/200609120001/

*CornerStones:My favorite hotels vol6
「ホテル日航東京」何回が行っていますが、「東京バルコニー」と言われる景色は素晴らしく、そしてあのエントランスの木のぬくもりが好きです。
http://cornerst.exblog.jp/4288763

*BEAUTY! BEAUTY! 〜 ビューティ!ビューティ!〜:お誕生日
デラックスツインのお部屋にフレンチの記念日コースそして、バースデーケーキがついたプラン。お台場のアクアシティやデックスにも歩いて行けるし!
http://blog.livedoor.jp/eo0329/archives/50612316.html

*リトルえみしの一日:小旅行
今夜の宿はホテル日航東京。窓からの景色も素敵で、ずっと眺めていてもあきないくらい。夜景をみるのもいつ振りだろう??
http://blogs.dion.ne.jp/little_emic/archives/4087383.html

*大江戸うさぎ日記:結婚記念日
結婚記念日だったのでホテル日航東京に宿泊しました。一年前に出席していただいた皆様ありがとうございます。
http://blogs.yahoo.co.jp/saeteru3114/2281404.html

*夜景評論家 丸々もとお&夜景プロ集団の夜景ブログ:本当に夜景の美しい・・・
今月中旬からスタートする夜景宿泊プランの制作のため、「ホテル日航東京」へ滞在。良く「取材でホテルに泊まれて羨ましいなあ〜」
http://blogs.yahoo.co.jp/superyakei/2517994.html

*【あんこやミニストリーズ】:お台場へ行ってきました・・・
【ホテル日航東京】 ホームページ開設直後からの常連さんで、最初は高校生だった『 bumi 』ちゃんの結婚式打ち合わせのため、キンチョーしつつ行って参りました。
http://yaplog.jp/ankoya/archive/181

*ワンワン我が家の幸せな毎日:はじめての東京
東京では、ホテル日航東京に泊まりました。ホテルの部屋から、レインボーブリッジが綺麗に見えます。
http://yaplog.jp/hanakotorabu/archive/213

*花井麗子のセレブな日々:まるごとお台場が凝縮 ホテル日航東京 スパ然
宿泊者か部屋のデイユース利用客に限定されるが東京の喧騒から開放され大変開放感がある空間を味わえる。
http://blog.goo.ne.jp/reiko03180318/e/3df156e2eabaf2a73f5dbcf7111333fb

*癒しの空間:お台場「ホテル日航東京」
そこはお台場・・・☆☆☆「ホテル日航東京」の入ってすぐの正面には、季節を感じるディスプレイが飾られてます☆
http://blogs.yahoo.co.jp/takakohime222/21455933.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月15日 14:12 | コメント (0)

 

宙 SORA 渡月荘金龍〔静岡県〕

「宙 SORA 渡月荘金龍〔静岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

修善寺温泉の中程八千坪の山あい高台に位置し静寂な空気に包まれております。修禅寺を正面に温泉街が一望できる露天風呂は当館だけの自慢で鐘の音を耳にするなど風情があります。 《施設をチェック→》

「「光の露天風呂」と美味しいお食事、心のこもったおもてなしのある素敵な旅館ですね。ぜひ行ってみたくなりました。」



=2006年10月13日収集分=

*#1122:温泉旅行 1日目。
このお風呂に惹かれて即決したのです。お部屋は日本旅館って感じだけど、お食事場所(私たちはお部屋でしたが)もデザインされたものでとても素敵です。
http://blog.goo.ne.jp/75-11-22/e/e845d9b0305b7cab89dfc33f3ed1c459

*ポルポののほほん日記:『宙・渡月荘金龍』〜伊豆修善寺〜
母の快気祝ということでの家族旅行だったので、ゆったりとくつろげる宿ということでここを選んだのですが、予想以上にいい宿で大満足♪
http://blog.so-net.ne.jp/polpon/2006-04-01

*ULTRA*DOLCE:温泉旅行1日目 〜宙-SORA-渡月荘金龍〜
それもそのはず、ここは辻村久信氏デザインのお宿なのです。辻村氏といえば、リーズナブルに雰囲気よくお食事が楽しめる茶茶シリーズなどを手がけている人。
http://yaplog.jp/ultradolce/archive/159

*美味いもんブログ:近場でいい所
修善寺温泉 宙SORA 渡月荘金龍 がお勧めです。修善寺で100年以上の歴史をもっている渡月荘金龍の姉妹店です。
http://plaza.rakuten.co.jp/theuncrownedking/diary/200607180000/

*M*CAFE:修善寺へ
今回お世話になったのは修善寺温泉「渡月荘金龍 宙」お部屋からの景色は最高でした!楽しみの夕食もボリームがありどれも美味しく頂きました。
http://kikilove.exblog.jp/2941736

*リラックスするには・・・?旅行・スポーツ・アウトドア:宙SORA渡月荘金龍
宙SORA渡月荘金龍。宙の下に広がる至福の空間で素の自分に還る束の間・・
http://outdoor.relaxshop.jp/?eid=421422

*☆竹遙.com☆:のんびり
今回泊まった旅館が最高!! また、行きたい!来年行く!! 宙 SORA 渡月荘金龍おすすめです
http://sun.ap.teacup.com/tikuyou/153.html

*中途半端PG:夏休みに旅行に行きました
宙 Sora 渡月荘金龍 に行ってチェックイン。ここはかなりよかったです。部屋も、サービスも、料理も、満足満足。
http://r-d-side.seesaa.net/article/23263068.html

*僕の細道〜泊まり歩き日記〜:宙 SORA 渡月荘金龍について
最近、高級旅行雑誌などの媒体物なので紹介される機会が多く、「高級旅館」に分類されている「宙 SOAR 渡月荘金龍」に行ってきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/onsenprofessor/diary/200609250000/

*シトロde遠す:修善寺温泉
特にリニューアルした露天風呂と食事処が著名な空間デザイナーに依頼したものだそうで、「うーーむ…」という感じでした。好印象ですよ。
http://citro.cocolog-enshu.com/citro/2006/10/post_7b4b.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月15日 14:10 | コメント (0)

 

タラサ志摩ホテル&リゾート〔三重県〕

「タラサ志摩ホテル&リゾート〔三重県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

恵まれた自然環境、清らかな気候、澄んだ海水。志摩の海は、タラソテラピーを核とする、リラクゼーションリゾートに必要な、この3つの条件を理想的な形で備えた稀有のリラクゼーションリゾートです。 《施設をチェック→》

「海が目の前の素敵なホテルで、タラソテラピー・・・想像するだけでうっとりしてしまいます。癒されたいです」



=2006年10月13日収集分=

*姐さんが行くっ!!:タラサ志摩へ行ってきました
このタラサ志摩。正式名称は「タラサ志摩 ホテル&リゾート」って言うんですけど、日本で唯一本格的なタラソテラピーが受けられます。
http://ameblo.jp/donchan2006/entry-10017040401.html

*rakuのお気楽Life 〜しあわせレシピ:自分にご褒美
このホテル、自分を『貴族』と勘違いさせてくれる。送迎バスのラウンジが駅にあり、中はリラックス音楽が流れ、香りの良いハーブティが飲める。
http://blogs.yahoo.co.jp/raku_chyan/41916211.html

*絵×写真日記:夏を感じる鳥羽の旅(4)*タラサ志摩ホテル館内
タラサ志摩ホテルは目の前のプライベートビーチも売りにしてます。プライベートなんでもちろん人は少ないですね。
http://hashinishi.exblog.jp/3399273

*目指せナチュラルビューティー:超豪華プレゼント
伊勢志摩のリゾートホテル「タラサ志摩」に行くのは3回目になりますが、ここはいつ行っても癒されるホテルです
http://blog.n-evergreen.net/?eid=241257

*ゆうゆうのんびり日記:伊勢志摩南紀旅行
3日目はタラサ志摩ホテル。ここはタラサテラピー、エステなどができ心身ともにリフレッシュできるホテルです。
http://yuyu2424.blog57.fc2.com/blog-entry-36.html

*sabotage:タラサ志摩ホテルアンドリゾート
というところに明日から4泊で行ってくる。ツインの部屋を二つ頼んで、義親と。
http://blog.goo.ne.jp/sabotage1976/e/05921ef1dca8ea4e307a85d968fb393e

*ちぃの旅日記:タラサ志摩ホテル&リゾート (三重県)
タラサ志摩ホテル&リゾートは、ヨーロッパで普及した本格的なタラソテラピーをいち早く取り入れたホテルです。
http://blogs.yahoo.co.jp/chii_s_smile/20749102.html

*春昼閑話:水と魂
『タラサ志摩 ホテル&リゾート』を訪れた。ここはタラソテラピーという、海水を使ったプールやエステが受けられる全室オーシャンビューの居心地の良いホテルだ。
http://ameblo.jp/celluloid/entry-10017915750.html

*大人のハワイ、COCOBROWN ココブラウン:まるでハワイ!海を見渡すチャペル
三重県伊勢志摩にあるタラサ志摩ホテル&リゾート内のチャペルを見学しました。あ、別に予定があるとかではないです、残念ながら。。
http://blog.coco-brown.net/?eid=127973

*悪魔の囁き〜♪:遊んで来ました♪
アールビバンさんの株主優待で、タラサ志摩ホテル&リゾートに、行って来ました♪株主優待で、宿泊無料♪
http://plaza.rakuten.co.jp/kyahahaha/diary/200610070000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月15日 14:04 | コメント (1)

 

川奈ホテル〔静岡県・川奈〕

「川奈ホテル〔静岡県・川奈〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

伊豆半島の東海岸に建ち、1936年の開業以来、伝統と格式を誇る川奈ホテル。温暖な気候に恵まれた景勝の地・伊豆「川奈」は、紺碧の空と波おだやかなコバルトブルーの海、溢れるばかりの陽光と、清浄な空気。そして聞こえるのは、鳥のさえずりと樹々を渡る風。四季折々の趣を愛する人々に自然の恵みが応えます。 《施設をチェック→》

「川奈ホテル=ゴルフコースみたいなイメージですが、伝統がある格式が高いホテルなのですね。」



=2006年10月4日収集分=

*ちょっと片寄ってるかもレストランガイド:サンパーラー
川奈ホテルのティールームです。高い天井、庭に張り出した大きなフランス窓、天気のいい日など本当にさわやか。
http://u.tabelog.com/00013070/r/rvwdtl/78541/

*ロ〜リ〜の神保町日記 ’06。:Vol.88 超ひさびさ
ロ〜リ〜のわがままを二人が聞いてくれたので、ひさびさに川奈ホテルに。といっても、もちろんゴルフをしにいったわけではない。
http://light-storm.moe-nifty.com/blog/2006/06/vol88_ae39.html

*かめ姫の伊豆日記:川奈ホテルに遊びに行きました
行ってみると想像以上に格式があるようで、箱根の富士屋ホテルや日光の金谷ホテル、軽井沢の万平ホテルのような重厚でレトロな雰囲気がいっぱい。
http://blog.goo.ne.jp/kamekame-izu/e/3e7ea313faf45317235521773433c693

*焼津名物 “炎の弾丸男!!”【富士山通信 Vol.2】:マリリン・モンロー&ジョー・ディマジオが訪れた 川奈ホテルにて
川奈ホテルに来ている。ここは由緒あるホテルでなんとマリリン・モンロー&ジョーディマジオが昭和29年2月ハネムーンで訪れたホテルらしい。
http://blog.goo.ne.jp/pineappletree27/e/463c70e485b32b60d9e9508c400dd858

*轍:川奈ホテル
風格漂う趣きのあるホテルでした。外観は南欧風ですが、内装は箱根にある『富士屋ホテル』のような感じでした。
http://blog.livedoor.jp/daisuke0217/archives/50568803.html

*カリフォルニアワインのある生活:川奈
宿泊先は、伊豆にある川奈ホテル 。一般的にはゴルフ場として有名。一度は時代の煽りで倒産してしまいましたが、以前と変わらぬ格式。いつ来てもいい雰囲気です。
http://ameblo.jp/hakusan/entry-10012765217.html

*anshintarou2:懐かしの川奈ホテルへ
素潜りを覚えたPoolも建物もそのまま〜(しかし耐震基準大丈夫?)しかし四十有余年のタイムスリップですね!
http://plaza.rakuten.co.jp/anshintarou2/diary/200607230002/

*ぽっちり日記:川奈にて。
こちらは、川奈ホテルのロビーです。川奈ホテルは昭和11年開業の、実に趣き深い素敵な建物です。アンティーク好きなわたしには、たまりません。
http://ayukarass.exblog.jp/4008762

*楽園〜Paradise〜:毎年恒例の川奈
川奈ホテル滞在。プールに面した海側の部屋と山側の部屋がある。山側は少々狭いけどツインベットが設置され、一人で泊まるなら山側で十分な広さ。
http://plaza.rakuten.co.jp/jasminum3mbac/diary/200608210001/

*ひまわりのたね2:川奈ホテル
伊豆の川奈ホテルに来ています。こちらはゴルフコースがとても有名ですね。しかし、私たち夫婦はゴルフのたしなみはございません。
http://yukinoshita2.jugem.jp/?eid=191

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月04日 19:19 | コメント (0)

 

ホテルプルミエール箕輪〔福島県・猪苗代/箕輪〕

「ホテルプルミエール箕輪〔福島県・猪苗代/箕輪〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

日本のリゾートシーンに本物の時代を告げるヨーロピアンスタイルのリゾートホテル。人生の最上の価値を求める方々にふさわしい、奥行きの深さと潤いのホテルライフの始まりです。熟成を求めた真のリゾート風景がここにあります。 《施設をチェック→》

「ゲレンデが目の前とのこと!もうすぐスキーシーズン到来なので、大賑わいになることでしょうね!」



=2006年10月4日収集分=

*おまかせフライデー(powered by 宗方組):31日の放送の模様
今回はプルミエール箕輪内の「イオラ」にお邪魔しました。4周年記念企画が行われています。料金10500円でいろいろ試せますよ〜。
http://omakase.blog28.fc2.com/blog-entry-95.html

*おいしい日記:巨大なすり鉢・吾妻小富士
「プルミエール箕輪」でした。ここは「るるぶ」などにも必ず載ってる豪華ホテルです。確かに「猫魔ホテル」などとは風格が違うように思います。
http://kyonch.cocolog-nifty.com/www/2006/08/post_f93e.html

*福島おでかけ日記:イオラでリラックスして来ました
暖かくなり、スキー客での混雑もなくなって来たかな?と思い、「ホテルプルミエール箕輪」の イオラ に行ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yopoyopo9/29145371.html

*2u+2u=4u:やるときはやらないと 
翌日、前泊で披露宴会場の「ホテルプルミエール箕輪」へ。ここは雅子様もご宿泊になった事もある、とても素敵なホテルです。
http://enjoy2u2u4u.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_f242.html

*Galleryちゃま:福島旅行〜1日目〜ホテル
やっと宿泊先にたどり着きました。本日のお宿は【ホテルプルミエール箕輪】さんです。この日はこのロビーで結婚式がとりおこなわれたそうです。
http://blog.goo.ne.jp/yappy_1005/e/dce54ce1dd1ec4804b16a49acb5fb45a

*Hotel Review:ホテルプルミエール箕輪
エントランスから中に入ると、吹き抜けが目に入るが、大理石を基調としたインテリアは非常にゴージャスだ。部屋は、40屬曚匹如⊆全兇呂修譴覆蝓
http://g-touring.cocolog-nifty.com/hotel/2006/07/post_22d7.html

*あけの雑記帳:磐梯のリラックス旅行
ホテルプルミエール箕輪でマイナスイオンセラピーとアロマセラピーでリラックス。空いている時間で会津磐梯など観光めぐり
http://plaza.rakuten.co.jp/ake777/diary/200608150000/

*Interplay!(父親から子供達へ):福島県→栃木県の自然にふれる。
旅行3日目に向けての宿は、これまた会社の福利厚生で素泊まり数千円とリーズナブルな利用が出来るホテルプルミエール箕輪に1泊。
http://blogs.yahoo.co.jp/interplay335/38859245.html

*スノーボードとダイエットと子育てかなぁ。:福島旅行!
ここはホテルプルミエール箕輪。箕輪スキー場隣にあるホテルなんです!トンボがいっぱい。もうここは秋ですね!
http://ameblo.jp/norinorich/entry-10016275805.html

*こゆびくん:ホテルプルミエール箕輪
浄土平〜猪苗代〜裏磐梯の旅の宿に選んだのは一休コムで探した「ホテルプルミエール箕輪」近くにスキー場があり、スキー客が多いホテルのようだ。
http://koyubik.exblog.jp/5630269

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月04日 19:17 | コメント (0)

 

ホテルニドム〔北海道・苫小牧〕

「ホテルニドム〔北海道・苫小牧〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

湿原に野鳥が遊び、美しい針葉樹の森に湖が点在する勇払原野。新千歳空港から車でわずか20分、いかにも北海道らしい雄大な自然の中に、ホテルニドムはあります。ニドムとはアイヌ語で“豊かな森”の意。敷地は実に約500万平米に及ぶ広大さで、アプローチからホテル入口までも1.5kmの距離。自然の地形を生かしたゴルフコースや、樹間、そして湖畔に建つコテージ群、威厳をたたえた2つの教会やテニスコート、プール、レストランが点在します。 《施設をチェック→》

「北海道の広大な敷地の中の森の中のコテージに泊まれたら、命の洗濯が出来そうですね。敷地内には湖もあるそうです」



=2006年10月4日収集分=

*らいかのぐ〜たら日々:ホテルニドム
今日はちょっと遠出して、苫小牧市のはずれにある、ホテルニドムへ行ってきました。目的は『むかわ和牛炭火焼ほっき料理食べ放題』です
http://yaplog.jp/raika-kaguya/archive/286

*Flowered Moments:リビング
写真手前のほうがダイニング。6人用の大きなテーブルがある。この「ホテル ニドム」の良いところはログハウスが点在して建っているのにルームサービスをしてくれるところ。
http://blog.goo.ne.jp/aki-aifd/e/d02dc7bd9189ae2a318218d255e811b0

*ロータスElanとラジコン・パリダカ・旅行:ホテルニドム-2
ホテル「ニドム」の続きです・・・中はこんな感じです。木っていいですよね。なんか 落ち着きます。薪を使う暖炉もありました 使ってもいいみたいです
http://blogs.yahoo.co.jp/kobe37_elan/35393052.html

*Orange Cake:楽しかった!
会場は北海道苫小牧にある「ホテルニドム」。ゴルフ場もある、大きな敷地に4人用のコテージが並び、パーティも出来る大きなコテージが4つ。
http://orangecake.jugem.jp/?eid=101

*ユキンコロンコロン日記 (*^〜^*):森の教会と音楽家。
街の喧騒など忘れてしまう静けさに包まれた森にそっと佇むホテルニドム。友人の挙式の前に少し 森を散策してみました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yukinkoronkoron/37417085.html

*かばちゃん☆ダイアリー:ホテルニドム
ちょうど私が行った時は周りが雪だらけだったけど、(だからスキー研修で安く泊まれたのかも)これは夏なんかに行ったら絶対に景色がいいだろうなぁ。
http://plaza.rakuten.co.jp/kabachan20030209/diary/200607060000/

*オレオレ日記:北海道旅行 その1
1泊目は苫小牧の「ホテルニドム」に泊まります。先に言っちゃうけどココのホテルがこの旅の中で一番でした。料理も美味いし、環境も最高でした♪
http://plaza.rakuten.co.jp/tuyoc/diary/200607070000/

*HAPPY LIFE:ホテルニドムにて森の中のウエディング♪
ホテルニドムはゴルフコースもある広大な敷地の中にあり、森の中にあるコテージのお部屋やチャペルを有するホテルで、かなりステキでした
http://happy-life-my.jugem.jp/?eid=197

*HOP!STEP!!TRIP!!!:ホテルニドム
リゾートライフ第一弾のホテルは、以前、友人に北海道旅行の相談をした時に教えてもらったホテル。客室は全てコテージ。広大な森の中に点在する様子にあこがれていました。
http://kaohirok.exblog.jp/4056783

*クラシック音楽に魅せられて:レナード・バーンスタインとPMF 3
一度、泊まってみたいホテルのひとつが北海道にあるホテル ニドム です。ここのホテルはすべての客室がフィンランド産のログハウスでできています。
http://blogs.yahoo.co.jp/symphonie358/16735227.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月04日 19:16 | コメント (1)

 

いなとり荘〔静岡・伊豆・稲取温泉〕

「いなとり荘〔静岡・伊豆・稲取温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

ようこそ稲取温泉へ。海と一体になれる最上階の大浴場をはじめ、隣接する温泉専用棟には男女別温泉メゾネットや貸切露天風呂など、稲取のお湯をご満喫いただける様々な温泉施設をご用意しております。お食事は、稲取名物の金目鯛を中心に、とれたての海の幸でおもてなし。 《施設をチェック→》

「お食事も美味しくて、従業員の方のおもてなしも素晴らしいようですね!それだけでもリピーターになってしまいますね。」



=2006年10月4日収集分=

*Satoshiの気まぐれ日記:伊豆温泉旅行レポート その1
伊豆稲取にあるます「いなとり荘」という旅館でしてすぐ目の前が海になっていました。部屋に目の前も海でしてスタッフの対応もとてもよく、また行きたいと思いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/satoshi811020/755461.html

*旅行屋さんのカウンターの向こうから:稲取
本日販売した「いなとり荘」ですが、食事の評判がすこぶる良好で伊豆の海の幸が満喫できます。
http://blogs.yahoo.co.jp/kokunaikaigai/117155.html

*CURRY DIARY:伊豆でメリークリスマス
昨日と今日でヨメのご両親と義兄さんとで伊豆のいなとり荘という豪華なホテルに泊まりで旅行に行って来ました。
http://blog.goo.ne.jp/ushizo1222/e/2b4188bbacd82c9138becfbe60f67857

*まろん日和:小旅行
稲取温泉のいなとり荘で1泊。都合でだいぶ遅い時間に到着したのですが、臨機応変に応対してもらい、お風呂も夕食もゆっくり楽しめました。
http://blog.goo.ne.jp/sayokok76/e/5146c23ee831c9b7484c37374abbac2d

*ちょい悪主婦の日常日記:お花見旅行の予約完了!
10位だといういなとり荘を選んだ。いなとり荘という旅館はじゃらんネット(安いプランがある)で予約したんだけどそこも残り一部屋をゲット!
http://blogs.yahoo.co.jp/newwaratto/31094979.html

*☆ゆきはの成長日記☆:伊豆旅行 その
浜で遊んだ後は、旅館へ。今回の旅館は稲取温泉の いなとり荘です。本当に従業員の方も感じがよくて、やさしくて、お風呂もきれいで最高でした!
http://blogs.yahoo.co.jp/yukihatin/11320149.html

*☆わたしの想う☆:海の日〜のんびり〜2
創業50年にもなるから古いところもあるけど本当に良かった〜〜〜〜!!!食べ物もおいしい。お風呂もいい。何より人がいい。笑顔がいい。
http://blog.goo.ne.jp/saya470902/e/3e0edec448899a89d429369f0d23558e

*わたしの独り言:家族旅行
ここはいいですよ〜。子供のための「ちびっこアドベンチャー」なるものを夏休み中開催しているらしくて、早速明日は「カブトムシ採集」へ行く予定。
http://plaza.rakuten.co.jp/mugen01dream/diary/200607290000/

*シングルママの徒然日記 〜ハナとソラと私〜:旅行報告、続き
旅館に着いた瞬間宿の従業員数名がダッシュ!≡≡≡ヘ(* - -)ノいらっしゃいませぇ〜、お疲れ様でしたぁ〜!!(o゜▽゜)o゜▽゜)o゜▽゜)o
http://yaplog.jp/hana-sora-mama/archive/131

*『7転ビ8起キ』 by背番号7:伊豆旅行レビュー10
5時間ぶりに「いなとり荘」到着。車を置いて、入り口へ・・・。土曜日宿泊のお客さんで従業員の方々もさぞかし忙しいんだろうな・・・。
http://blog.goo.ne.jp/sebango7/e/6196baeddb42d17377fc05986cb04f53

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月04日 19:15 | コメント (0)

 

レゾネイトクラブくじゅう〔大分県竹田市〕

「レゾネイトクラブくじゅう〔大分県竹田市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「レゾネイトクラブくじゅう」は、阿蘇くじゅう国立公園内、標高865mという壮大な大自然にひっそりと佇むホテルです。「自然と人・人と人の共存・共鳴(Fesonate)」をコンセプトに、敷地内の環境・生態系を守りながら四季折々の自然の素晴らしさをお伝えしています。 《施設をチェック→》

「阿蘇くじゅう国立公園内にある人気のあるホテルです。木や漆喰などを使った客室は自然の風を感じることが出来て気持ち良さそうです」



=2006年9月29日収集分=

*みゆの温泉・食べ歩き 日記:レゾネイトクラブくじゅう
露天風呂と内湯とサウナ・カウンターの部屋・ドレッサーもがあります。ゆっくり出来て、お勧めです。今度は一度泊まってみたいと思いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/aaa125aaa2000/7711102.html

*NAKAMEJINA-ナカメジナ-:大分の旅
食事や部屋のしつらえ等、個々をとれは他の宿の方が優れているところもありますが、とにかくロケーションやホスピタリティなど総合的にみると自分の中ではここが一番です。
http://yasu.dcnblog.jp/nakamejina/2006/06/post_d193.html

*ちぃの旅日記:レゾネイトクラブくじゅう (大分県)
「レゾネイトクラブくじゅう」です。阿蘇くじゅう国立公園内の標高865mに広がる壮大な大自然の中に建てられた癒しのリゾートホテルです。
http://blogs.yahoo.co.jp/chii_s_smile/9373479.html

*レゾネイトクラブくじゅうニュース:クラフトゆき
レゾネイトクラブくじゅうのフロントにイスに座ったおじいちゃんがいるのをご存知ですか?とってもやさしそうなおじいさんです
http://resonate.typepad.jp/blog/2006/07/post_7505.html

*ジョグ男です。:家族旅行最終日
旅行の2泊目はレゾネイトクラブくじゅうでした。今日のメインは8000円のコース料理です。4人で8000円じゃあないですよ!!
http://plaza.rakuten.co.jp/joguo/diary/200607310000/

*☆ぷちぷちにっき☆:さまばけ♪ 〜おやど編〜
レゾネイトクラブくじゅう。阿蘇くじゅう国立公園内に佇むホテルです。「レゾネイト」という言葉は「共生・共鳴」を意味しているそうです
http://plaza.rakuten.co.jp/petite910/diary/200608070000/

*西薗守 住空間設計室:阿蘇〜久住旅行 見どころ 2
標高865mの阿蘇くじゅう国立公園内にあります。客室は、漆喰と木を使い、窓からは草原が眺められて、時の流れを忘れて寛げました。
http://blog.livedoor.jp/nishizono23/archives/50254211.html

*アイアイ♪逞しく育ってね!!:大分の山!
今回泊まったのは「レゾネイトクラブくじゅう」阿蘇くじゅう国立公園内にある施設で、人気あるホテルです。
http://blogs.yahoo.co.jp/saecyonmage/39873522.html

*あ、これ好き!:大!大!満足。くじゅうの旅。
ひとつひとつが独立してるからとってもプライベート感も強いし、それでいてレストランやお風呂までは屋根でつながっていて便利なの
http://blog.goo.ne.jp/flan-con-nata/e/d146f71298479c9bb3b68e83bebf0835

*男のおもちゃ箱:二押しのホテル! 一押しは後で
満天の星空の中でお風呂に入れるホテルとしては★★☆です。めちゃくちゃ雄大な眺めと特上のサービス・・リゾートの典型的なホテルだと思います
http://blogs.yahoo.co.jp/sisuope/1459733.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月30日 08:43 | コメント (0)

 

ザ・ナハテラス〔沖縄県恩納村〕

「ザ・ナハテラス〔沖縄県恩納村〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

那覇市の新都心にありながら静かな環境を活かし、光や風をたっぷりと取り入れ、シンプルで落ち着きに満ちたインテリアは豊かな空間演出を実現。訪れる方ひとり一人のご要望に対し心を込めておもてなしするバトラーサービスが、快適さとくつろぎをいっそう豊かなものにしています。 《施設をチェック→》

「那覇の中心にあるのに、アジアンリゾートにいるような気持ちになれそうです。落ち着いた雰囲気で、大人のためのホテルですね」



=2006年9月29日収集分=

*dodicesimo drago:「ザ・ナハテラス」
特別なフロアを選んだおかけで、専用カウンターやアルコールが揃ったラウンジ、専用サウナ・・・と、特別扱いっぽくていい感じ。
http://orange.ap.teacup.com/cota12/1631.html

*shino's happy recipe:OKINAWA2
”ナハテラス”那覇ではトップクラスのホテルらしい。(かのブセナテラスの系列ホテル)インテリアのセンスもとても素敵だし、サービスもつかず離れずいい感じで納得☆
http://happyshino.exblog.jp/3914979

*まなみのブログ:沖縄1日目
この後ホテルにチェックインしました。今回のホテルはザ・ナハテラスです。あの有名なリゾートホテルのザ・ブセナテラスと同じテラスグループのホテルです。
http://yaplog.jp/manami-y/archive/47

*cookie's garden:ザ・ナハテラス
別名のホテルのリニューアルで、国際通りからはちょっと離れたところにあります。ショップのある一階は、ちょっと薄暗い
http://blog.so-net.ne.jp/cookiegarden/2006-08-01

*tokyo diary☆:おこぼれ
ってなけで今回はナハテラス。角部屋でツインの部屋をシングルユースって贅沢なかんじがするのは私だけ?!
http://blog.goo.ne.jp/misato-n/e/744970a715e7175d293bd757910eb693

*ニニコの日記:めんそ〜れ〜!
ホテルは『ザ・ナハテラス』って所に泊まったんだけど、キレイで雰囲気もよく、サービスも良く、大満足でした。
http://blog.goo.ne.jp/rahmens_001/e/8369dd26a138b681b9cb6977737feade

*♪パラサイトマダムな生活♪:今夜はザ・ナハテラス!☆画像あり☆沖縄旅行
今注目の新都心エリアにある「ザ・ナハテラス」になります。高台の住宅地の一角にあり、大変静かなので、落ち着いた雰囲気のホテルです。
http://plaza.rakuten.co.jp/hapirahapira/diary/200608100000/

*雪王@blog:ナハテラス
1泊目はナハテラスってホテル。本当はマリオットリゾートってとこに泊まるはずだったんですけどね
http://bluewater.cocolog-nifty.com/powdersnow/2006/08/post_bd3c.html

*life-size:夏休み −宿泊地ー
とてもキレイな所で用意された部屋も簡易ベッドながなかったらゆったりした広さの部屋だし、ホテル内のインテリアはまさにアジアンコテージ!
http://yaplog.jp/life-size/archive/114

*yukiパパの ダイエット日記  もう、だめだぁー:沖縄旅行(2)
ちなみに、僕たちの泊まったナハテラスは那覇市の中心に近くグレードもある程度高く、落ち着けるホテルです。
http://plaza.rakuten.co.jp/crewgull/diary/200609180000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月30日 08:41 | コメント (0)

 

門司港ホテル〔福岡県〕

「門司港ホテル〔福岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

大正ロマンの街並みを残す、港町「門司港」に、イタリアの建築家アルド・ロッシがデザインしたホテルが誕生。 海峡のすぐそばにあるシティリゾートホテルとして、お客様に「ときめきの空間」と「やすらぎの時間」を提供をメインコンセプトに出来る、贅沢な演出を施したホテルです。 《施設をチェック→》

「関門海峡が一望できるリゾートホテル。眺めがとっても素晴らしいみたいです。お部屋の色使いが個性的で、何度行っても楽しめそうですね」



=2006年9月13日収集分=

*SOARERライフ:門司港
門司港ホテル到着です。入り口は、こんな感じで、かっちょいい!最上階の9階、海峡側のお部屋です。部屋からの眺めがとても素晴らしいっす
http://soarer.yoka-yoka.jp/e1348.html

*騙す男♂騙された振りする女♀:失恋傷心旅行ぁ慳膸聞船曠謄襦
駅から徒歩3分ほどのところに今回の宿泊先である『門司港ホテル』あり。港町にマッチしたホテルの外観はGOOD☆
http://blogs.yahoo.co.jp/my_life_is_so_exciting/39178353.html

*のほほん。:久々にお泊り。
いつもだったらホテルはステーションホテルなんだけど、面白みがないので、今回は夜景も海も見える門司港ホテルにしました。
http://blog.goo.ne.jp/gogogachapin/e/7b085fdff543a3404ce29bd23df6ca5c

*Ca va ?:友の結婚
場所は門司港ホテル。門司港ホテルといえば、食事に定評のあるところ。噂に違わずおいしい料理。
http://akubi.exblog.jp/5350176

*旅の部屋:門司港再び
このホテルの人気の部屋はおそらく船が行き交い関門橋の見える海峡側だろうと思うのだが、私は町側が気に入っている。
http://tabisanpo2.tea-nifty.com/tabi/2006/07/post_083d.html

*中年ボーダースットコドッコイ日記:自分探しの旅というよりも
とっても素敵なホテルで、海側の部屋からは関門海峡が一望できます。対岸が近いので、関門海峡の夜景ってすごーく綺麗なんです
http://blogs.yahoo.co.jp/yoretayorezo/40641990.html

*たまには旅もしたいのだが:門司港ホテル
ちょっと変形した部屋なのです。 船をイメージしているのでしょうね。 その船首にあたる部屋なので、ちょっと変形しています
http://gowest.way-nifty.com/gogo/2006/08/811_50ec.html

*Topics "Tuzuri":門司港ホテル
一度泊まったことがあるのです。ちょうど、このホテルの上層部、丸い窓があるお部屋で、変わったデザインだなぁ・・・という印象でした。
http://ameblo.jp/active-you/entry-10016136465.html

*40代の今どきlifestyle:門司港
ここは、福岡のイル・パラッツォと同じく、イタリアの建築家アルド・ロッシが設計したデザイナーズホテルとして有名だ。
http://kawakei.cocolog-nifty.com/40s_lifestyle/2006/09/post_8a8a.html

*みりぃ・ミラーの「たわごとブログ」:港めぐり珍道中〜お宿はどこだ?編
素敵過ぎる概観はもちろん、ここのホテルマンさんたちの行動が素敵でして。・・・それだけで、ああうっとりv
http://blogs.yahoo.co.jp/kid2853/19638392.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月14日 00:29 | コメント (0)

 

伊東大和館〔静岡県・伊豆伊東温泉〕

「伊東大和館〔静岡県・伊豆伊東温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

四季それぞれに多彩に移ろう庭の自然を抱く「大和館」。七十余年の間、良泉、伊東の湯と宿の趣、和のしつらえを守り木造りのお部屋の温もりに似合うおもてなしを大切に、今に合った快適さを加えております。 《施設をチェック→》

「大和館グループのひとつです。従業員の方のおもてなしが素晴らしいみたいですね。夕食の「炭火会席料理」とっても美味しそうです!」



=2006年9月13日収集分=

*颯太の日記:春の伊東温泉旅行
今回の宿泊先の「伊東大和館」は、下田と伊東で3つの宿を経営していて、支配人のお客様に対する考えもしっかりとしてらっしゃる方です。
http://plaza.rakuten.co.jp/souta0223/diary/200603220000/

*サハ共和国:伊東行き
伊東大和館。ビューのパックツアーで来た割には悪くない旅館だ。部屋も一般的な日本旅館並、もしくはそれ以上は確保されている。
http://blog.livedoor.jp/hazy_moon/archives/50511586.html

*藤井さんの日常あれこれ:温泉旅行一日目 その3
「伊東大和館」です。宿に重点置いた今回の旅行。奮発しましたよ〜(当社比)一度は泊まってみたかった露天風呂付のお部屋です。
http://fujiipro.at.webry.info/200604/article_6.html

*山梨ずくなしレポ:母の日に母娘でレディースプラン
中でも、ここ「伊東大和館 」(いとうやまとかん )はおすすめです! 以前お邪魔したことがあるのですが、食事は炭火焼き懐石!
http://fevrierr.blog55.fc2.com/blog-entry-83.html

*くまちゃんのダラダラいかせて!:伊東温泉の旅
伊東大和館に泊まった。以前、下田の大和館にも宿泊したことがあったが、とても従業員さんの感じが良かったので、今度は伊東を利用した。
http://blog.so-net.ne.jp/kumadara/2006-05-06-1

*hahaha_mama/HOME:伊東温泉・大和館
宿は伊東の大和館。チェックイン時にロビーのソファでくつろぎながら柚子蜜ジュースでおもてなしを受け、自分で好きな浴衣を選んでお部屋へ。
http://d.hatena.ne.jp/hahaha_mama/20060513#p2

*のほほん育児 おっとこまえへのみち!:旅してきました!
伊東大和館という旅館に泊まったんだけど、風呂も食事もよかったです〜。それに、むすこにも浴衣を用意してくれてて初めての浴衣姿は父ちゃんそっくりでした
http://kokomiccyon.blog6.fc2.com/blog-entry-675.html#trackback

*strawberry shortcake:伊東旅行
何より宿がすっごい良かった伊東大和館ってとこです。サービスがすごい良くて、あんな心のこもったおもてなしは初めて受けました
http://blog.goo.ne.jp/fuming0119/e/cbbdaa801d5e42431af417b56dbb95eb

*美は一日にしてならず:伊東温泉☆
泊まった旅館は伊東大和館  伊東の駅近くにありながら静かで暖かい接客の旅館でした
http://ameblo.jp/izmo326/entry-10015111977.html

*パイク蟇超汎誌:パイクが行く 〜伊東の旅中編〜
今回の旅館は『伊東 大和館』。これまで私が行ってきた旅館で一番落ち着いていてテンパってしまいましたがw
http://yonedaguppy.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_9434.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月14日 00:27 | コメント (0)

 

奈良ホテル〔奈良県〕

「奈良ホテル〔奈良県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

創業90余年の歴史と伝統を誇る奈良ホテルは、若草山、東大寺大仏殿、興福寺五重の塔などが一望でき、約一万坪の大庭園は、文化財指定の旧大乗院庭園に連なってます。瓦屋根の本館は桃山御殿風総桧造り。和と洋を調和させた内装は、宮殿の香りをただよわす。 《施設をチェック→》

「明治24年に迎賓館として誕生した伝統あるホテルです。一万坪の庭園、雅な建物、きめ細かいサービス、優雅な休日が過ごせそうです」



=2006年9月9日収集分=

*Fresh Kaffee:奈良ホテル
小山を包むように建てられています。山の上がロビーです。その上階とその下に山の斜面に添ってお部屋があるようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/3bar3bar/diary/200608080000/

*古都トコトコ:奈良ホテルでお茶でも・・・
館内は階段や天井の装飾ひとつとっても見事なお仕事をしている感じで、お茶しに入っただけなのに館内観光をしてきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/takotaroudesu/diary/200608140000/

*コボレダネサイタ:奈良ホテルのティーラウンジ
明治を象徴するの鹿鳴館の倍もの費用をかけて和洋折衷モダン建築の奈良ホテル。一歩踏み入るとまさにレトロ。
http://blog.kansai.com/biorara/357

*田井菅原神社 牛坂八幡神社:奈良ホテル
奈良ホテルには3回目ですが、伝統があり雅やかで、何度行っても素晴らしいですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/ushisaka2004/39122177.html

*かずら劇場へいらっしゃい!:奈良ホテル 〜奈良旅行 episode5〜
先日東京で泊まったビジネスホテルと大して金額は変わらないのに、部屋もサービスも全てが雲泥の差です。(まぁ東京は土地代が高いからねー)
http://plaza.rakuten.co.jp/nue777/diary/200608230001/

*革細工・銀細工:奈良ホテル
創業明治42年、90年の歴史のある木造のホテルは非常に重厚で、サービスも行き届いていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/jdpcj848/40786907.html

*法律の道を究めよう!:奈良ホテルに行ってきました!
奈良ホテルは私は3回目ですが、やはり良いですね。伝統があり雅やかですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/datin/diary/200608210001/

*un jardin de Nao〜quatre saisons〜:大和魂!
いよいよ憧れの奈良ホテルへ!しかもっ! デラックスルーム!!!その上一人一泊¥9000-!!!
http://jardinnao.exblog.jp/3649585

*わたしたちのブログ:奈良ホテル
宿泊は奈良ホテル。部屋は旧館だったのですが、古いとはいえ綺麗にしてあります。カーペットとベッドはフカフカですし、テレビや家具もいい感じでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/icesnowman/diary/200608190001/

*自由に建築と向き合う:奈良ホテル
昼食をとるため、奈良ホテルへ行きました。私はあまり知らなかったのですが、明治42年創業の木造のホテルでした。
http://210385.blog71.fc2.com/blog-entry-48.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月09日 23:21 | コメント (0)

 

ホテルヨーロッパ(ハウステンボス)〔長崎県〕

「ホテルヨーロッパ(ハウステンボス)〔長崎県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

海を庭に持つ、都市型ホテルの頂点それがホテルヨーロッパです。アムステルダムにある100年の伝統を誇る同名ホテルをいちだんとグレードアップしてハウステンボスの一角ユトレヒト地区に再現しました。 《施設をチェック→》

「ハウステンボスにある名前の通りまさにヨーロッパを感じるホテルです。目の前が海、ヨーロッパの邸宅のようなお部屋。ここは日本じゃないですよね♪」



=2006年9月9日収集分=

*あほまいのすみか:ハウステンボス紀行 vol.2
ホテルヨーロッパのラグジュアリールーム。こないだの土日に行ってきました☆今回は、お部屋がいつになくゴージャスになっております。
http://blogs.yahoo.co.jp/aho_micro_tan/16274231.html

*かすてら長崎のプチ投資でプチ贅沢:ホテルヨーロッパ@長崎ハウステンボス
感想としては、このホテルヨーロッパなかなかのものでした。特に料理が最高においしかったです。
http://blog.livedoor.jp/kasutera_nagasaki/archives/50811299.html

*あさぎいろ日記:☆もうすぐお盆です☆
ハウステンボスです★しかも泊まるのはホテルヨーロッパ♪知ってる人にはこのすごさがわかるでしょう☆わぁいわぁい☆★☆
http://blog.goo.ne.jp/imako0208/e/9f4aba50a8c3d3aa0613de4f8b27fe6e

*ケロちゃんぷるたんのたべある記2:3日目(その2) ハウステンボス到着
ゴージャスな旅行にしていたので、部屋はOCEAN VIEWです。さらに、今夜オードブルとシャンパンのルームサービスも届く事になっています。
http://blog.so-net.ne.jp/pulltan/2006-08-21-1

*のりたまのお気楽生活:ハウステンボス〜セレブな旅〜
園内にある最高級ホテル、「ホテルヨーロッパ」しかも、1階のテラス付きのお部屋。なんでも、朝食をルームサービスにしてそこで頂くというのだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ari_masanori/17555396.html

*そよ風のなか 猫といっしょに 歩こう:ハウステンボスのホテル ヨーロッパ
ハウステンボスのユトレヒトの前にある運河沿いのホテル ヨーロッパ。このホテル 一歩中に入ったとたんもうそこは 異国の世界
http://blogs.yahoo.co.jp/eif72000/17584329.html

*たまきの節約日記:ホテルヨーロッパ
しかし、結果的にホテルヨーロッパを選んで大正解でしたよっ いろんな特典がありましたしね〜
http://tamaki0731.blog60.fc2.com/blog-entry-86.html

*LISMOney ファンド:旅行について・・・・
ハウステンボスでは、絶対ホテルヨーロッパに泊まりたくて・・・(ハウステンボスならホテルヨーロッパ以外は泊まる気がなかった)
http://lucky-lismoney.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/1_7faf.html

*日航太郎の飛行機搭乗日記:ホテルヨーロッパ
外観はなかなか素晴らしいものがありますが、室内は余りにそっけない内装でした。ベネフィットの安プランだったので仕方ありませんが、お部屋も低層階。
http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp/18282566.html

*spoonful‖†‖スプンフル:ハウステンボス
金曜夜はホテルヨーロッパに泊まったのですが、お部屋が空いてたとかでスタンダードのはずをデラックスでご用意して下さってました。
http://tukimori.jugem.jp/?eid=95

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月09日 23:19 | コメント (0)

 

有馬温泉 欽山〔兵庫県〕

「有馬温泉 欽山〔兵庫県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

いにしえの神々に発見されたという伝説を持ち、神代より受け継がれる、日本最古の湯として名高い有馬温泉。万葉集にもその名は登場し、永き伝統と繁栄をいまに伝えています。湯けむり漂う山あいの静寂と、やさしい四季のうつろいに身を包み、悠久のやすらぎにひたれる館、欽山。 数寄屋の佇まいが美しい、有馬を代表する旅館です。侘び、寂びを綾なし、礼を尽くす茶の湯の心にも通じたきめ細やかなおもてなしの心で、皆さまをお迎えいたします。 《施設をチェック→》

「有馬温泉を代表する高級な旅館ですね。雑誌や色々なところで紹介されています。一度は泊まってみたい憧れの宿として有名です。」



=2006年9月7日収集分=

*「中高年の最後のアガキ!」:ただいま。
「一度は 泊まってみたい憧れのお宿」ってところ見てたら、、、有馬温泉 欽山 この旅館は 今から19年位前かな? 
http://blogs.yahoo.co.jp/yuko1222hide/27190555.html

*癒しの京豆柴:有馬温泉
初めて行った旅館でしたが、落ち着いたすごくいい旅館でした。普段は子供、お断りらしいのですが春休みに入ってるので今回泊まる事ができました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sakadaicyan/29733159.html

*Ishihara's report:有馬温泉 欽山
予約してあった和洋室は、寝室・リビング・和室となかなか広くて快適な感じ。内風呂もジャグジーでもったいないぐらいだ。
http://pokey.air-nifty.com/blog/2006/05/post_7f12.html

*スローライフにあこがれて:有馬温泉に泊まってきました!
昨日から有馬温泉の欽山へ一泊してきました。これも母の日の一環として・・・。
http://blog.goo.ne.jp/lapine_mere/e/5d59a7c4c1e11e08e8ca558fc05502ae

*お気楽マダム日記:ほたるの夕べ
マダムお気に入りのお宿の一つ。有馬温泉の欽山でこの時期楽しめます。年に一回は行くんですが、この時期は初めて。
http://blogs.yahoo.co.jp/achuyone/36249990.html

*いつもの散歩道…☆:久しぶりの旅行
有馬温泉『欽山』に1泊旅行〜☆親孝行してまっせ(^_^)vダーいわく「有馬温泉で一番高い旅館」らしい.
http://chihuahua-kotaro.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_a2d7.html

*ふみぴんのブログ:30日の日記
従業員も申し訳ないくらい目茶目茶礼儀正しいし、お料理も最高においしく、バーにはワインがたくさんあって、本当にすばらしい旅館だった。
http://plaza.rakuten.co.jp/fumipin/diary/200607300000/

*社長3年目:KIMIのblog:Summer vacation
有馬温泉へ到着。欽山は初めての宿泊なので楽しみ。部屋は広々、眺めも良く、風も心ばかし爽やかな感じ。
http://blog.ura2006.lolipop.jp/?eid=199731

*宝塚三姉妹日記:極上の有馬 その1
パンフレットなどで「極上の宿」と評されている「欽山(きんざん)」という旅館の一番安いお部屋を予約しました。
http://blog.livedoor.jp/yuri623/archives/51025523.html

*KABAのひとりごと:有馬温泉、欽山
欽山が、僕の同級生のやっている旅館。老舗だけど、10年ほど前に改装され、とても綺麗になりました。
http://plaza.rakuten.co.jp/kabamilwaukee/diary/200608240000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月07日 21:06 | コメント (0)

 

多田屋〔石川県・和倉温泉〕

「多田屋〔石川県・和倉温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

開湯千二百年を誇る能登乃國・和倉温泉。その地にゆらゆらと椿にも似て優雅に優しく「多田屋」がお迎えします。一幅の絵のように浮かぶ島影。春夏秋冬、四季それぞれに表情を変える夕陽。さりげなく行届いたおもてなしと細やかな気遣い。訪れる皆様に必ずやご満足いただけますよう一期一会の「こころ」を添えてお迎え致しております。 《施設をチェック→》

「七尾湾が見渡せるお部屋に、バリエーションにとんだ様々なお風呂がありますね。海を見ながらゆっくりを和倉温泉のお湯を楽しむのは最高の時間です」



=2006年9月7日収集分=

*なかちゃんファミリー:温泉研修会・・・当日
でも案内された部屋は旅館の都合で別館の特別室。凄く広い部屋綺麗な部屋。ネット料金見てビックリ! 
http://plaza.rakuten.co.jp/nakacyan5/diary/200601210000/

*HAPPY DAYS:和倉温泉
旅館は非常に素敵なところで、露天風呂の先は海。温泉は海の所為かしょっぱい。また、家族と来たいと思うところであった。
http://blog.so-net.ne.jp/happydays112/2006-08-01

*仙台で生活する「まちゃごん」 ブログ:旅行結果!
今晩の宿「多田屋」にチェックイン。早速着替えて、いざ温泉露天風呂からは一望素敵です。食事は海の幸・山の幸でいっぱい
http://ameblo.jp/katsuny/entry-10015972676.html

*C’est la France:事実は小説よりも奇なり
食事に行ったり、温泉に入りに行ったりするたびに、、ガラスのショ・ケースの前を通り、そこには、古ぼけたレトロな写真が飾ってあって、気にかかっていた
http://blogs.yahoo.co.jp/corsaire_1941/28060733.html

*ゆきっぺるぅむ。in blog>ヾ(゚∀゚)ノ゛:旅行2日目♪
んで今日のお宿、多田屋到着♪ 海に面してるから 景色がすごい良いねん! 泊まる部屋は今日も特別室( ´艸`)ププ
http://yukipperoom.blog73.fc2.com/blog-entry-49.html

*ゴフ:初夏 noto,kanazawa2
能登は和倉温泉のお宿多田屋もよかった。貴賓室・利休でほんとにのんびりした時間を過ごしました
http://nozoztokyo.blogspot.com/2006/05/notokanazawa2.html

*ムコ殿のつぶやき:和倉温泉・多田屋
タイミングがあえば、水平線に夕日が沈むところを湯船に浸かりながら見ることが出来ます。心身ともにリフレッシュできる温泉です。
http://plaza.rakuten.co.jp/65dono/diary/200608040001/

*私の投資日記 GBSC FFI♪:和倉温泉 多田屋
多田屋は縦長というより横長の温泉宿。正面は他の温泉と比べてさみしい感じがしましたが、中は立派
http://plaza.rakuten.co.jp/tomotomo411/diary/200608200001/

*フミヤンのなにわゴルフ道:和倉GC 紹介そのА箆汰匆浩堯崑薪腸亜彎匆陝
温泉街の中心からは少し外れますが、3番目に古い老舗というだけあってさすがに落ち着きあり、そして心のこもったサービスは◎!
http://blog.golfdigest.co.jp/user/west/archive/822

*ミンクきゅるるん日記:温泉でのんびぃ〜っと
和倉温泉の「多田屋」とても眺めのいい大浴場でした。夕焼けの太陽がとてもきれいだった。夕焼けのきれいな日の夕方がオススメだなぁ♪
http://whitemink.exblog.jp/4484185

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月07日 21:04 | コメント (0)

 

仙郷楼〔神奈川県・仙石原温泉〕

「仙郷楼〔神奈川県・仙石原温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

当館は明治3年、現在地より少し下の南甫園の地に石村旅館として開業しました。当主は江戸時代、箱根裏関所の常番頭をしており、明治初期に大涌谷で温泉開発をし、そこより引湯し湯治場として営業をはじめたものです。大正2年この地に移り、仙郷楼と改称しました。このため私共は仙石元湯場といわれます。 《施設をチェック→》

「箱根の仙石原にある由緒正しい旅館です。政財界人、画家、文学者も多く利用しているようですね。露天風呂つきの客室は憧れてしまいます」



=2006年9月7日収集分=

*993泥沼日記:明日は今日より少しだけ素敵になるように
今回は箱根の温泉宿で最高の接客を学ぶというテーマ。場所は「 仙郷楼 別邸 」。
http://blogs.yahoo.co.jp/hinokousya/36429440.html

*DeskTop-Dungeon《夜食は半熟プリン》:箱根仙石原 仙郷楼
1F露天風呂付き客室といったら、真っ先にここが浮かんだです。前回宿泊したのは離れの露天風呂なし(でも部屋風呂はある)だったかな。
http://d.hatena.ne.jp/dungeon-master/20060601/p1

*SARAMARO日記:仙郷楼
今回は大奮発して露天風呂付きの客室にしました。建物は古いけど、しっとりと落ち着いた趣が良い感じ♪
http://blogs.yahoo.co.jp/sketchbook6686/36019969.html

*なちゅらるblog:続・箱根旅行日記
思ったよりも綺麗でしたし、私たちが泊まったお部屋はホテルのような扉&内装で想像していたよりもずっと!綺麗なお部屋でした。
http://nachu.jugem.cc/?eid=141

*ふーたろう日記:箱根旅行
料理・お風呂・お部屋問題なしなのだが、一番は良かったのは従業員の方私たちのような若造でも従業員皆さんでお出迎え、お見送りして頂いた
http://blog.goo.ne.jp/guruguru914/e/68dc7b4f96e1ea6ea2f3c92af2cf14ff

*グランドママ:箱根1泊旅行
仙石原の由緒ある日本旅館仙郷楼にチェックイン。建物は古い行けど、食事はよかった。白濁の美肌の湯は湯冷めしにくくまあ両方でエアコンの調子が悪くて寝苦しかったのは帳消し。
http://plaza.rakuten.co.jp/kasia600/diary/200607030000/

*孫日記〜遥かなる和へ:至福の時
昨日箱根の仙石原にある仙郷楼へ行きました。その旅館の離れにある奥の木々に泊まり至福の時を過ごした。
http://magonikki.exblog.jp/2726016

*Hi-Fun&Bright!!〜希望の光の空の下〜:箱根
さいごに泊まった仙郷楼がすげ〜よかったです、ご飯とか机にのりきらないくらい出てきたしトロが超うまかったです。
http://hifunb.exblog.jp/4033593

*ロスアンゼルス&日本生活物語:温泉旅行
箱根にある仙郷楼というホテルの中の別館奥の木々というところです。すべての部屋に露天風呂がついていて、景色も最高でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/tomiokamine/38240991.html

*クレオの日々・・・:温泉行ってきました!
箱根の仙郷楼 別邸「奥の樹々」に宿泊です。こちらの別邸、各お部屋に半露天的なお風呂(温泉)があります。
http://blog.goo.ne.jp/kureo0318/e/4c457b3f35aa70181fcf84692df206d0

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月07日 21:02 | コメント (0)

 

十八楼〔岐阜県・長良川温泉〕

「十八楼〔岐阜県・長良川温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

緑あふれる金華山と清流長良川に抱かれた町屋通りの一角に佇む創業1860年(万延元年)、芭蕉ゆかりの老舗旅館。お湯処、川の音、川の瀬、はどちらも長良川を一望でき、男女入替制の為朝・晩と雰囲気の異なった入浴を楽しめることが魅力。 《施設をチェック→》

「芭蕉ゆかりの創業百余年の伝統ある老舗旅館です。長良川が見えますので、鵜飼も楽しめていいですね。四季を感じるお料理はまるで料亭のようです」



=2006年9月7日収集分=

*すきのよもやま:おすすめ温泉
芭蕉ゆかりの宿 長良川温泉 十八楼。去年の3月にリニューアルされたお風呂は露天風呂も内風呂も趣のある造りながら新しくとてっも綺麗。
http://syomoyama.blog51.fc2.com/blog-entry-11.html#more

*お姉ちゃんと双子の妹。:旅行〜No1
旅館は「十八楼」と言うところ。最上階の7階、露天風呂付きのお部屋でございま〜す!まずは、お母さんがお部屋の露天風呂へ
http://blogs.yahoo.co.jp/ahirukaba/31286487.html

*Vana'diel焼酎委員会♪:また美濃かyp!
せめてもの感謝の気持ちと致しまして、展望露天風呂付きのお部屋をご用意させて頂きました。』キタコレ!!!!
http://blue.ap.teacup.com/meteoricstream/43.html

*コプリンのハードボイルドな暮らし:長良川十八楼
料理が次々と出てきてとても紹介できない。末席に座っているので、ゆっくりと味わって最後のご飯もデザートも美味しくいただきました。
http://blog.so-net.ne.jp/lemonhart/2006-06-11

*Yukiko's Diary:長良川の鵜飼
岐阜にお気に入りの温泉があり月に1度ぐらい通っています。長良川温泉「十八楼」です。老舗旅館ですが立ち寄りでも入れます。
http://blogs.yahoo.co.jp/yukikos30/38120135.html

*AKIRAのちょうちょ人間:自分の町を愛するということ。
岐阜の中心、長良川付近の宿に泊まった。「十八楼」。いとおかし。ロビーのサロンから、鵜飼に出ようとする舟が何艘も見える。
http://angel.ap.teacup.com/hariel/26.html

*ごぼの日記:私の贅沢(笑)
十八楼の日帰り入浴です。ホテルのお風呂〜温泉だし、露天風呂からは長良川が見えるしいい感じなんです。
http://plaza.rakuten.co.jp/gobogobo/diary/200607070000/

*バイク日誌:雨の朝です
ここ十八楼(旅館)、なかなかよかったです。温泉も源泉18度位で沸かしですが、鉄分が多く気持良かったですよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/mk20020202/12410735.html

*はぐれクマの日記:温泉に行こう♪ 〜岐阜 長良川温泉〜
なんかさっき調べたら 男の浪漫 一人旅 プラン なるプランがありました。和室で長良川の見える部屋らしいです。
http://plaza.rakuten.co.jp/bearbear/diary/200608060000/

*でこちゃんとまさやんのたびたび旅日記:長良川 鵜飼い見物 その3 鵜飼い
屋形船に 十八楼の客ばかり20人ほどが乗り込みました。3人の船頭さんが竹さおを川底につき立て ぎしぎしと川をさかのぼります 
http://plaza.rakuten.co.jp/fukutabi/diary/200608270000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月07日 21:01 | コメント (0)

 

東京ドームホテル〔東京都〕

「東京ドームホテル〔東京都〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

ここは、地上43階の超高層ホテルならではの素晴らしい眺望と、たくさんの楽しみ方に出会えるホテル。高いホスピタリティを添えて、くつろぎとエンタテインメントが共存する新しいホテル体験をお届けします。 《施設をチェック→》

「東京ドームシティーにそびえたっています!お部屋は1000室以上あって、階によって、スポーツだったり音楽だったりテーマがあるそうです。楽しいですね」



=2006年9月5日収集分=

*やっぱり梅酒が好き!:東京ドームホテル お部屋詳細。
施設は新しくて、文句なし。どうせ宿泊するなら、エクセレンシィフロア。そのなかでも、スイートルームをどうぞ。
http://ameblo.jp/hirunegasuki/entry-10015859920.html

*若手経理社員、今日も奮闘!:シティホテル評:東京ドームホテル
今回利用したのは、東京ドームホテルの『楽天・晴天◆サマープラン(プール利用券付)◆』プラン
http://takasan828.cocolog-nifty.com/syokan/2006/08/post_0244.html

*石橋を叩いて壊す日々:くまさんといっしょ。
お泊まりした東京ドームホテルのお部屋です。バスルームが少し広めで使いやすかったですよ。
http://lostinsleepinforest.spaces.live.com/Blog/cns!DB8FE5D353E60190!483.entry

*スタートライン★キャリアウーマン応援ブログ:真夏のシンデレラ。
行ってみたいのは、東京ドームホテルのレディースプランです。「R&Rプレミアム」プランなら、スイートルームの宿泊と180分のエステ付き。
http://blogs.yahoo.co.jp/atmei24/18106782.html

*四十路乙女 片恋日記:キラキラ〜
窓から見える東京ドームのイルミネーションが綺麗で、仕事じゃなくて玉兎さまと一緒だったらなぁ〜とか妄想してしまった41歳乙女でした。
http://d.hatena.ne.jp/nekoyashiki1020/20060826#p1

*navinavi!Dingo:東京ドームホテル
佐世保より涼しいです。今回泊まる部屋も21階(去年も同じフロア)、部屋から東京タワーが見えます〓
http://plaza.rakuten.co.jp/reddiamonds93/diary/200608260000/

*Azzurri新聞:東京ドームホテル 夏の特別賞味会
8月25日  東京ドームホテルで行われました。夏の特別賞味会に行ってきました。
http://azzurri.typepad.jp/az_news/2006/08/__1bb9.html

*FREE STYLE:夜景。
東京ドーム周辺って高いビルがないから見渡しがすごい良い。夜8時ぐらいが夜景がめちゃ綺麗。
http://acmikann.exblog.jp/3177853

*ツーリストママの子連れ旅:東京ドーム「赤ちゃん連れの野球観戦は、・・・
ゆっくり野球観戦をしたい!と言う、パパ&ママには、東京ドームホテルの中にある「キッズスクウェア」が、オススメです。
http://touristvillage.cocolog-nifty.com/mama/2006/08/post_9c9e.html

*きょうこ日記:東京ドームホテル
そっからタクシーで東京ドームホテルへ。すぐ43Fのレストランでスペイン料理?のコースをいただく
http://blogs.yahoo.co.jp/hrbxh845/40988489.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月06日 07:30 | コメント (0)

 

赤坂プリンスホテル〔東京都〕

「赤坂プリンスホテル〔東京都〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

政治経済文化の中心である赤坂を象徴するように、近代的外観を見せる赤坂プリンスホテル新館。 建築家・故丹下健三氏設計の国際感覚あふれる超高層40階。快適なご滞在を願った、ゆったりとした平均43平米の客室が761室。 《施設をチェック→》

「天下の赤プリです!泊まることがステータスです。泊まるだけではなくて結婚式、国際的な会議などTPOにあわせて使えるホテルですね」



=2006年9月5日収集分=

*フリーステージ:夏の終わりにセレブな休日を
赤坂プリンスホテルの屋外プールに行ってきました。ちょっと夏も終わったくさいので心配してたけど、太陽あつっ!
http://ameblo.jp/e-da/entry-10016599132.html

*いきてるよー。:赤坂プリンスホテル  ブルーガーデニア
ローストビーフのゴージャスさのみが売りか?カレーで腹が膨れるという食べ放題のいつものの策略に今回もはまる。
http://ameblo.jp/ojaojaujauja/entry-10015760404.html

*☆。*美への追求*。☆:☆赤坂プリンスホテル☆
会社の行事でこの時期に懇親会があって私は、毎年恒例の赤坂プリンスホテル でのタップディナーショーに行きます
http://ameblo.jp/ayu-hideshima/entry-10015726085.html

*くみこ★Blog:赤坂プリンスホテル
泊まってきました。すっごい久しぶりにです。部屋のソファーが、紫だったよね。それが、張り替えられていました。
http://d.hatena.ne.jp/kumikokumiko/20060815#p2

*みさえのつぶやき:お泊りについて
赤坂プリンスホテルに泊まりに行きました。ダブルです。
http://plaza.rakuten.co.jp/misae0819/diary/200608170000/

**クローバーとカモミール*:赤坂プリンスホテル
赤坂プリンスHにある旧館で結婚式をしました。中世チェダー・ゴシック様式の建物でとっても歴史感があり、素敵ですよ。
http://champaca.exblog.jp/4171117

*ドレスを着る日まで:新婚初夜☆
あんまりスィートって感じはしないけど、まぁお値段的にこんなもんでしょう。二人で二泊して、朝食つきで10万円
http://ameblo.jp/weddinggaun/entry-10016194448.html

*デカイけどっ=з白熊じゃあ〜ないのよ!!:赤プリプリ
お得意様とファミリーしか入れないとの事が招待状に書いてありました。会場は赤坂プリンスホテル(σ・з・)σさすがMARNI・・・。
http://aixgiselex.exblog.jp/5571687

*Digital _ Message:披露宴
場所は、赤坂プリンスホテル。結婚式・披露宴をはじめ、各種会議や記者会見としても有名な場所。
http://digitalmd.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_0aa5.html

*私の行ったとこ:誕生日
赤坂プリンスホテル。32階の部屋は「都会の絶景」。日本のホテルはほんとに素敵だね。清潔。
http://blogs.yahoo.co.jp/pico_nana7/777514.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月06日 07:28 | コメント (0)

 

熱海・伊豆山 蓬莱〔静岡県〕

「熱海・伊豆山 蓬莱〔静岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

江戸時代末に暖簾を掲げた古くからある老舗旅館「蓬莱」。 古き日本の宿の基本の心を長い年月はぐくんで参りました。生い茂る樹木、豊富な湯、月がわりの料理など、お気に召していただけるものと存じ上げます。 《施設をチェック→》

「江戸時代からの老舗中の老舗旅館です。全室に桧風呂がついている贅沢さと、女将さんのおもてなしが『さすが!』ですね」



=2006年9月1日収集分=

*離婚からの復活!!!(まだまだ終わらない。。。):接待旅行
150年(?)の歴史のある古い老舗で格式がありながら熱海特有ののんびりした温かみのある旅館でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/tada_1962/28781974.html

*35歳と52日からの成長曲線:蓬莱〜熱海
たたずまいはもちろん風格がありますし、何しろ、品が良い。女将も一流だし、そこら辺のはやりのおしゃれ旅館とはわけが違います。
http://plaza.rakuten.co.jp/3552grownhcv/diary/200603050000/

*夢の小箱 〜常磐津朱彩のインスピレーション〜:熱海・蓬莱
お座敷で愉しむ藝とは、こういうものであったのだなと、改めて感じさせる空間でした。
http://happy.ap.teacup.com/syusai/160.html

*マーゴの部屋:蓬莱
熱海の蓬莱に行ってきました。波の音が心地よい大人な宿でした。
http://blog.livedoor.jp/m_a_g_o/archives/50443355.html

*最近の出来事。:旅行に行ってきました…
露天風呂に…総檜風呂だー!旅館「蓬莱」の離れ。値段は知らなかったが、お一人様30000円はらくに飛ぶみたい。
http://blogs.yahoo.co.jp/shinzotan/13029097.html

*編集部ブログ:MYLOHAS.net:数奇屋っておもしれー
ここんちの建物は今はやりのデザイナー和モダン旅館とは一線を画して、ごりごりの数寄屋造りらしいのです。
http://www.mylohas.net/editor02/archive/2006/08/post_19.php

*パグ歳時記:熱海・伊豆山『蓬莱』
随所に究極な日本美が光るこちらの伊豆山『蓬莱』、先ずはお部屋のこんな詫び寂な軸や草花にホッと癒されたものでした。。。
http://pugsai.exblog.jp/2096310

*ませち日記:蓬莱
熱海・伊豆山の蓬莱にて宿泊。お風呂からも部屋からも見える生い茂る木々。聴こえるのは、海の波音。
http://blog.goo.ne.jp/masesachi/e/6b9534f0b0e9953772e487b7ce069d18

*恵Compagnia:小旅行に行ってきました。。。
熱海(伊豆山)の『蓬莱』という老舗旅館の別館『ヴィラ・デル・ソル』というプチホテルに泊まりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/k_compagnia/13831555.html

*食事の記録 (Record of a daily meal):熱海旅行2日目朝 蓬莱
2日目の朝ごはん。卵焼き、いかの塩辛、アジの干物、おから、あさりの味噌汁などが出ました。
http://plaza.rakuten.co.jp/dailymeal/diary/200608050000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月02日 10:21 | コメント (0)

 

那須高原の宿 山水閣〔栃木県〕

「那須高原の宿 山水閣〔栃木県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

心から寛げる時間をお客様にゆっくりと過ごしていただきたい。その想いを一つ一つ積み重ねながら今の山水閣という宿が出来上がってまいりました。 《施設をチェック→》

「昭和初期に建てられた古い木造建築の昭和レトロな雰囲気の旅館です。初めてでも懐かしく思ってしまいそうな佇まいで、ゆっくりする時にはぜひ利用したいです」



=2006年9月1日収集分=

*Kewaishi.net blog:ナスは生すでも那須
1件目→ 那須高原の宿 「山水閣」レトロモダンな隠れ家的お宿の山水閣さんは、昭和初期の木造建築。(* ^ー゚)
http://blog.kewaishi.net/?eid=334171

*みぃ&やぁのブーフーウーな生活:那須旅行・その1
お義母さんが選定・予約してくれました。雰囲気、おもてなしなどで定評がある旅館『山水閣』。
http://blog.goo.ne.jp/ibaty/e/2853019869884ecefb33154816789acd

*ユコ的ニチジョウ:那須旅行
本日のお宿『山水閣』へ。新緑の中に佇む、本当に静かで素敵なところ。1歩入ると昭和初期のレトロな世界が広がって、なんだかほっとさせてくれる
http://yaplog.jp/yuco_news/archive/270

*栃木でフレブルぐりと仲良し日記:〜那須に一泊旅行〜の巻き
那須 山水閣にて家族旅行。それぞれの仕事の都合により、日〜月と那須に一泊旅行に行きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yamanakaguri/36522435.html

*茶色い紅茶:おいで那須。“食篇”
那須高原の宿「山水閣」 というお宿に泊まりました。お世話になるのは三回目、とてもお気に入りのお宿です
http://browntea.exblog.jp/4298264

*じゅりの時間:那須って
那須高原那須御用邸!・・・のはずはなく、そこらへん近辺の山水閣ってトコ。そこらへん、といっても結構良いとこ。
http://julyno-jikan.cocolog-nifty.com/blg/2006/07/post_bb5c.html

*せっかくどうも沖縄(^.^) :那須 山水閣
今回も期待していませんでしたが……宿泊した感想は「私が悪うございました」と頭を下げたくなるほどすばらしいものでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/minamijima/diary/200608130000/

*YukiBuki:那須の旅行にて。
今回は山水閣という旅館に泊まってきました。露天風呂付き客室に一泊目は宿泊。お風呂はこんな感じです。
http://yukibuki.tea-nifty.com/yukibuki/2006/08/post_5d6f.html

*Happy Story:那須旅行-1日目-
旅館はこちら山水閣。客室も少なくて、貸切露天風呂がヒノキと石の2つタイプがあってとっても落ち着いた隠れ家的旅館でした。
http://lindelinde.exblog.jp/3664198

*髭と眼鏡:山水閣通
つい先日、那須高原の宿「山水閣」のトピックスページがブログとなってリニューアル。その名も「山水閣通」。
http://higemega.exblog.jp/3200093

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月02日 10:18 | コメント (0)

 

望楼NOGUCHI登別〔北海道〕

「望楼NOGUCHI登別〔北海道〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

コンセプト登別モダン-温泉の旅が変わる古くから北海道の名湯として愛され続ける登別。「望楼NOGUCHI登別」は、その地に新しい歴史を刻みます。洗練と日本の伝統美が融合する、全館を貫くデザインは和モダン。全室スイートのゲストルーム、旬の味覚が彩る創作会席料理。そして日本有数の泉質にふさわしい温泉の味わい。登別の旅、温泉の旅が、スタイリッシュに変わる。ふたりで楽しむ、人生を楽しむ、大人の隠れ家の誕生です。 《施設をチェック→》

「全室スイートの「和モダン」な新しいホテルです。お子様は泊まれないので、大人の静かな時間が過ごせますね。インパクトのある名前もオシャレですね」



=2006年8月31日収集分=

*北海道ホテル:望楼 NOGUCHI 登別
食事処、岩盤浴などの施設も個室でご用意し、他のお客様を気にせずチェックアウトの時間までゆっくりくつろげる宿。
http://blog.livedoor.jp/hokaido_hotel/archives/50154178.html

*現実点 Line of sachiko 妄想線:long
登別の望楼ホテルを撮影中。撮影スタッフ5人。本日、最終日。明日からオープン。
http://blog.livedoor.jp/enigma_8/archives/50507123.html

*LEON ROOM:登別旅行 Vol.2
*望楼NOGUCHI登別* 古いお宿ばかりだったので目立っていました。*チェックイン* 期待が膨らむロビーです
http://blog.goo.ne.jp/leon2005_december/e/eec425846aea67805af4caaec70c9bd1

*分析室ノート vol.6:「(無題)」
6/20にOPENする新しいホテル“望楼NOGUCHI登別”に配属されて、今は函館で研修中。なんとか頑張ってるよ!
http://hello.ap.teacup.com/kodo26/37.html

*FOOD DIARY*ビーグルさんのおいしいものだらけ:また 行きたくなってきた?!
登別に新しいホテルができるという★望楼NOGUCHI登別 ★12歳未満のお子さんは泊まれない大人のホテルってとこですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/0330oishiigurume/diary/200606050000/

*温泉ニュースBlog:北海道・登別に「望楼NOGUCHI登別」オープン
北海道登別市の登別温泉に2006年6月20日、高級ホテル「望楼NOGUCHI登別」がオープンした。
http://onsen.xii.jp/article/873418.html

*Have a Nice Life:春の北海道
ホテルは、1週間前にオープンしたばかりの、望楼NOGUCHIホテル。ホテルの入り口からすべてモダンテースト!
http://orange-peko.com/mt/archives/travel/index.html#000243

*ヒロ中田新聞:地場産羊肉を使った滝川ジンギスカン丼
高品質旅館「望楼NOGUCHI登別」(6月20日オープン)プロジェクトでご一緒しました(五十嵐さんはトータルアートディレクションと彫刻製作を担当)。
http://www.otonanoiitabihokkaido.com/hiroblog/2006/07/post_47.html

*【楽天トラベル】スタッフブログ:さわやかドライブ〜登別より〜 (北海道)
「望楼NOGUCHI登別」・・・先月オープンしたてのモダンテイスト溢れる素敵な内装は必見ですよ
http://plaza.rakuten.co.jp/travelblog02/diary/200607070000/

*憧れの高級旅館に安く泊まろう!:望楼NOGUCHI登別
珍しい名前ですね。 ミドルネームをもつような洒落た名前です。珍しいのは名前ばかりではありません。
http://ryokan.k-yado.com/?eid=205396

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:07 | コメント (1)

 

扉温泉 明神館〔長野県〕

「扉温泉 明神館〔長野県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

扉(とびら)という謎のような地名が面白い。真理の扉、美の扉というような言葉を連想する。人生の幸福が、扉峠のかなたに深く秘められているかと思うような、人跡に荒らされない山々のふところ、薄川の渓谷に扉温泉はある。松本市の東南四里、1,050m位の高さである。 《施設をチェック→》

「秘湯の扉温泉にあるなかなか予約が取れない人気の旅館です。山あいの薄川を見ながらのお風呂はとっても気持ちが良さそうです」



=2006年8月31日収集分=

*Dahlia☆:長野県。。。扉温泉♪〜
長野県にある扉温泉『明神館』に行ってきましたぁ〜 秘湯と言われています扉温泉。。。 最近は雑誌などの宣伝効果
http://alohav6.blog54.fc2.com/blog-entry-145.html

*明日天気になぁれ!:雨ばっかり ヽ`、ヽ`个o(・_・。)`ヽ、`ヽ、
扉温泉「明神館」という旅館なんだけど、私が最もお気に入りのところで、お風呂も食事も最高!!
http://blogs.yahoo.co.jp/makoramuketa/13295223.html

*HELLO:携帯圏外の地
「扉温泉 明神館」です。祖母が昔から何度も行っている宿で、両親も相当通いつめており、私と娘は4度目です。
http://natsumebanzai.blog65.fc2.com/blog-entry-41.html

*ふらふら温泉日記/出張所:長野もいいなぁ
「扉温泉の明神館って知ってます?」と。 先月泊まった箱根の宿で知り合ったご夫婦が大絶賛してたらしいです。
http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/blog-entry-76.html

*アンブレラステップ:のんびり長野
忘れるほど前に宿を予約するくらい人気の宿で私てきに期待大でした^^。お部屋は癒し風呂タイプ。
http://lalaneuf.exblog.jp/2861638

*とほほな徒然日記:明神館/長野
宿は松本市街から車で30分ほど。扉温泉の明神館。松本市街から30分といっても結構な山の中。
http://ponsukeys.exblog.jp/4200152

*あいらぶ信州:扉温泉明神館
扉温泉は松本から車で30分ほど入ったところ、心細くなるような山の中に明神館があった。
http://suzuran55.exblog.jp/3429993

*Figaroの頭ん中:私のをわしづかみ:明神館
先週末、長野の扉温泉、明神館へ。このお宿もかれこれ3回目。何気にリピーターになりつつある私。
http://figarovita.jugem.jp/?eid=26

*NATURAL LIFE:「もてなす心」
前回の日記でも書いた、長野県の扉温泉、明神館に宿泊した時のこと。今回はお食事編です。
http://sky.ap.teacup.com/natural0602/74.html

*わたしのブログ:隠れ家のような山あいの温泉
部屋もお風呂もとってもいい感じなのです。食事は川のせせらぎを聞きながら・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/4greenleaf/diary/200608180000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:05 | コメント (0)

 

那須温泉 山楽〔栃木県〕

「那須温泉 山楽〔栃木県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

昭和天皇が皇太子時代にご来館された伝統ある日本旅館「那須温泉 山楽」。その眺望の美しさに御用邸の場所を那須に決められたきっかけとなったお宿です。 日本情緒あふれる数奇屋造りの趣きや、季節の移ろいの中でご賞味いただく懐石料理の粋。 そして、色鮮やかな樹間と静寂な雰囲気に包まれた大露天風呂。訪れる人すべてがご満足していただけるように…。 《施設をチェック→》

「昭和天皇もお泊りになった伝統ある旅館。自然と一体となった大露天風呂は素晴らしいの一言です。お料理も有名でみなさん絶賛されていますね」



=2006年8月31日収集分=

*5th season:那須温泉へ行って来た
年末は温泉でぬくぬくしてきた。場所は、那須温泉の山楽というお宿。どうも御用邸、御用達らしい。
http://aruma12.blog20.fc2.com/blog-entry-53.html

*My Travelling Diary:温泉最高! 那須温泉 山楽
『ホテル山楽』とってもすばらしい宿でした。自慢は、温泉と料理だそうです。その自慢通り、期待をうらぎらないすばらしさ。
http://blog.so-net.ne.jp/lovely-travel/2006-01-13-1

*ゆらゆら日記:那須温泉に行ってきました☆
那須の「山楽」っていう旅館で 露天風呂が最高だったし料理もおいしかったし酒もたくさん飲みまくったし 楽しかったよ〜
http://blogs.yahoo.co.jp/shiochanpon/31609820.html

*Coucher de soleil:那須の休日
宿は、大正時代に創業という由緒ある山楽。まずは、併設のカフェ“モンカシェート”でコーヒーをいただく。
http://blog.goo.ne.jp/giftfromthesea/e/9dc3853c68cc51333ee2d6f5a8e3d0bc

*MOROの《気ままに見聞録》:上げ膳据え膳(第二弾)
昭和天皇陛下もご来館された、伝統ある旅館だそうです。客室は、数寄屋造り風。趣があります。
http://moromoro.tea-nifty.com/kenbunroku/2006/05/post_ded6.html

*チャオ通信:那須 山楽。
宿は山楽。露天風呂はホントにステキ。たまたま誰もいないときに入って貸し切り状態なのもよかったな。
http://halciao.exblog.jp/3826817

*わがまま姫の癒しの日★:那須温泉 山楽
実際に行ってみると、従業員の接客が良い。担当の人だけでなくすべての人が笑顔で声掛け〜
http://yaplog.jp/crazy4u-xoxo/archive/291

*これ どう?:どっか行った?
いってみたい旅館が、『那須温泉山楽』さん。昭和天皇陛下が皇太子の頃にお立ち寄りになられたという、由緒正しいお宿なんだそうです。
http://ameblo.jp/douomou/entry-10015355249.html

*ホテルと旅館の批評:山楽 − 那須温泉
那須温泉にある高級旅館らしい。確かに、宿泊費も近辺に比べて高めであり、駐車してある車は高級車だった
http://plaza.rakuten.co.jp/goodhotel/diary/200608170000/

*City-River Diary:親孝行(那須温泉「山楽」)
今回は「山楽」という旅館で、今回も母の足を考慮して部屋付き露天風呂&部屋食のプランを利用した
http://city-river.tea-nifty.com/city_river_diary/2006/08/post_978f.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:04 | コメント (0)

 

湯めぐりの宿 吉春〔静岡県〕

「湯めぐりの宿 吉春〔静岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

旅なごむ ゆとりあふれる 気品ある風情 《施設をチェック→》

「名前のようにお風呂が素晴らしいです♪11も湯処があるので、何泊も、何度も泊まりに来たくなりますよね」



=2006年8月31日収集分=

*お取り寄せ のススメ:伊豆長岡温泉 vol.2
この宿は、湯めぐりの宿と言うだけあって、大浴場のほかに無料の貸切風呂が5つもあるんです!
http://plaza.rakuten.co.jp/miumiu7/diary/200605220000/

*Discover Resorts! 美肌の湯:湯めぐりの宿 吉春
内装も露天風呂も清潔感にあふれ、大満足です。仲居さんも気さくです。貸切露天「さくらの湯」 グループでもゆったり入れます。
http://11yu.jp/archives/2006/02/post_224.html

*本日のはるさわ堂:行ってきまーす。
5つの貸切露天風呂が良さそうなので、ここにしたんだけれど、キレイだし、とーっても良かったです。しかも無料でどんどん入れちゃう。
http://plaza.rakuten.co.jp/harusawado/diary/200605280000/

*GO UP HILL:さぼりすぎ・・・
「湯めぐりの宿・吉春」というお宿、無料の貸切露天風呂があって良かった。空いている時に鍵を掛けて使用すればいいだけ。
http://plaza.rakuten.co.jp/gouphill/diary/200606060000/

*My Way★カナダ:伊豆 湯めぐりの宿 吉春
ここは私が雑誌でみていいなと思ったお宿です。「湯めぐり」というだけあって、貸切露天風呂が5つもあります。
http://ameblo.jp/chizu-to-canada/entry-10009704597.html

*(≧з≦)憂いの部屋別館(●^o^●):温泉へ行こう!
『吉春』という旅館です。正面玄関入ると、女将さんたち総出でお迎え(*´∇`*) なんだかココ、めちゃくちゃ高級ですよッ!?
http://plaza.rakuten.co.jp/koshiinaba/diary/200603290000/

*日々のこと:ありがとう旅行(1日目)
静かな温泉がいいということでネットのクチコミなどを参考に伊豆長岡温泉の「吉春」という旅館を予約しました。
http://yuzuame.jugem.jp/?eid=63

*こっこ日記2:初めての家族旅行(伊豆長岡編 その1)
今回の宿はかなり奮発して、部屋付露天風呂と料理とお値段で選んだところ、伊豆長岡の吉春さんに決めました。
http://sorter.blog40.fc2.com/blog-entry-94.html

*めいの日記:旅行販売サイト「tabi2」
このサイトを見ていて私がいいなぁ、と思ったのは伊豆の「湯めぐりの宿 吉春」さん。
http://blog.goo.ne.jp/satsuki0527/e/a22dc1b92cdc6e47e66179698b0617cc

*今日もヘナチョコ:伊豆でのんびり
部屋は露天風呂付!あ〜これがTVの旅行番組でしかみたことがなかった豪華温泉旅行の旅ってやつね!って感無量でした!
http://blog.alice-club.com/?eid=535516

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:03 | コメント (0)

 

松島一の坊〔宮城県〕

「松島一の坊〔宮城県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

美しい風景。美味しいお料理。ゆっくりと流れてゆくくつろぎの時間…。これからはじまるとっておきのひととき。松島の一の坊にしかない、心洗われるひとときをお楽しみください。 《施設をチェック→》

「日本三景の一つ松島にあり、7000坪の水上庭園があって。ロケーションがすごいですね。お料理もお部屋も色々と選べて、ロングステイしたくなってしまいます」



=2006年8月31日収集分=

*はるの日々:松島旅行
泊まりは今回が初めてしかも 高級旅館(?) 一の坊早めに到着してしまったけど ホテルの従業員さんの応対は良かった
http://yaplog.jp/harunohibi/archive/546

*食後のデザート:遅いGW
お部屋は【一の坊倶楽部】の会員限定の部屋を借り、ジャグジー付の部屋でした。
http://plaza.rakuten.co.jp/moka2466/diary/200605240000/

*じゅんちゃん日記:松島や  あ〜松島や松島や
両親との小旅行を楽しんだ。近場ではあるが日本三景の一つ松島、ホテル「一の坊」に宿を取った。
http://ryokonabe.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_3849.html

*北の大地から南の島まで:松島一の坊 その1
数あるプランの中で「贅沢な休日をテーマ」にした「松しま倶楽部 モダン和風、料理は和風イタリアン」を選んだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/tokachi2066/14529021.html

*徒然なる旅へ:東北旅行記3日目 その4 松島一の坊
実は,ここは結婚してすぐの旅行の際にもお世話になっており,妻ともども大変気に入ったので2度目の宿泊となりました
http://plaza.rakuten.co.jp/0723jun/diary/200608060000/

*昼行性生物モリゾーなのだ:毎日が疲れる
宮城では、超リッチな旅館に泊まった。「松島一の坊」で検索かけてみるといい。33000円で、会席料理食った
http://morizounisshi.seesaa.net/article/22083192.html

*長野でロハス生活:みちのくの旅 1日目
松島が見えるこのホテルは、水中庭園が海の前の敷地に広がり、まるで海に一体となっているようでした。
http://blog.goo.ne.jp/melle-charlotte/e/7c056cc5a148e28ee9eab5070f9d68b8

*アカキの日記:旅行と帰省
これは、お友達からのお勧めだったので、前々から法事で宮城に行くことになったら泊まってみたいホテルでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/akakiss/diary/200608200000/

*笑ちゃんの小部屋:一の坊
この日泊まったのは「ホテル一の坊」いやぁ、今まで泊まった事のある宿の中では一番良かったかも・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/jxyhh579/39363716.html

*New Moon:仙台旅行レポート1
一の坊という旅館に泊まったけどここが素晴らしかった〜温泉が2個あって、部屋も和風モダンな造りになっていて、ご飯も美味しくてめっちゃ満足
http://blogs.yahoo.co.jp/incompleteanewmoon/566568.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:01 | コメント (0)

 

伊古奈〔静岡県・下賀茂温泉〕

「伊古奈〔静岡県・下賀茂温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

川面よりいく筋も湯けむりの立ちのぼる伊豆・下賀茂温泉。広大な自然林の中、伊古奈はかたくなまでに日本の宿でありつづけたいと存じます。季節の移ろいの中、とびきり上質の源泉かけ流しの溢れる湯船に身をしずめ、心をこめた日本料理の真髄をお楽しみくださいませ。 《施設をチェック→》

「広い敷地の中の一軒宿で、あまりに広いので、別館へは回廊があるほどです。庭園の中に源泉があるのもびっくりです。落ち着いた時が過ごせそうです」



=2006年8月31日収集分=

*伊豆長岡  古奈温泉の宿 伊古奈荘:伊古奈荘に足湯が出来ました!
季節が初夏になりましたらすぐそばのクラブで生ビールを販売しようか?なんて考えています。
http://blog.ikonaso.com/archives/50079722.html

*東北:日帰り温泉と秘湯の旅:下賀茂温泉「伊古奈」に本物の温泉を見た
一番、印象的だったのは宿全体をつないでいる木造の渡り廊下(階段というべきかな?)と敷地内から吹き出す温泉の湯煙。
http://naito.livedoor.biz/archives/50542897.html

*モッさんスタジアム:おさらい刑事・旅情編
その「伊古奈」は下田から15分ほどの下賀茂温泉にある一軒宿。敷地が広くて本館と別館をつなぐ回廊があるほど。
http://blogs.dion.ne.jp/m_stadium/archives/3362385.html

*9dai-ren blog:伊豆長岡温泉『伊古奈荘』
限定2組プラン(よくある集客文句かと)で、貸切露天風呂と伊勢海老刺身盛り懐石を堪能。この値段でこのサービス内容は納得。
http://www.9dai-ren.d2g.com/9dai-ren/blog/archives/2006/05/post_76.php

*のんびり更新:休養に!
伊豆下加茂温泉【伊古奈】に行ってきました。土曜日は暑く,日曜日は雨温泉と料理が目的で行ったの天候は関係なく満足して帰ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/cbe03510/7795764.html

*はじめての妊娠・子育て日記:週末は義母と伊豆へ
旅館「伊古奈荘」へ。ここは離乳食を用意してくれたり、風呂場にはベビーベッドがあったり、赤ちゃんが快適にすごせる宿なのだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/coraaki/diary/200606250000/

*リラックスするには・・・?旅行・スポーツ・アウトドア:(伊豆・下賀茂温泉)伊古奈
四季の花々が咲く風雅な離れの一軒宿4万3000坪の雑木林に囲まれた離れの名宿。
http://outdoor.relaxshop.jp/?eid=421445

*休日を謳歌するぶろぐ:お山の大将と女中さんの話
海に行った後は、いつものように温泉宿にお世話になりました。ここは70年の歴史を持つ老舗旅館だそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kunio5_web/38561474.html

*minの部屋:行ってきました家族旅行♪
部屋食で、子供椅子や子供茶碗、またロビーに絵本の貸し出し、補助便座の貸し出し。と子連れに至れり尽くせりのお宿です。
http://plaza.rakuten.co.jp/minnoheya/diary/200608110000/

*harumama日記:りょこう
「踊り子」の個室が空いていたのでまず電車を予約。伊豆方面の宿を決めた@伊古奈 下田は初
http://ameblo.jp/harumama0670/entry-10015723702.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 07:59 | コメント (0)

 

富士屋ホテル〔神奈川県・箱根〕

「富士屋ホテル〔神奈川県・箱根〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

日本の美を象徴する社寺造りの外観とクラシックな趣の室内。そして歴史を偲ばせるアンティック調の家具や芸術的なインテリア。富士屋ホテルには、日本の優雅な心と西欧のゆったりした安らぎが見事に調和しています。 《施設をチェック→》

「明治11年から続く本格的なリゾートホテル。世界中の著名人に愛されたホテルです。歴史を感じる建物にうっとりしてしまいます」



=2006年8月29日収集分=

*荻窪でアフタヌーンティー:富士屋ホテル その2
これが部屋の中の写真です。天井の高さにとてもビックリしました☆多分3mくらいはあったと思います。
http://aaroma.exblog.jp/3581339

*暇な人全員集合:箱根の保養を終えて
部屋は7階で景色が良く。3階にプール、2階にお風呂と施設も整っていい所でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/kido2005jp/40299287.html

*Kei's Room:箱根富士屋ホテル
この写真は富士屋ホテルの廊下に掛けられています。向かって左がチャップリンです。素顔のチャップリンですね。
http://blog.f1minicar.moo.jp/?eid=430507

*いっちの日常:富士屋ホテル
憧れの富士屋ホテルに着いたよ。超〜歩き回ってます(^_^;)
http://ameblo.jp/yoshiki-icchi/entry-10015973270.html

*めんそ〜れ〜:箱根〜
冨士屋ホテルはさすがの老舗。いい感じのお部屋がいっぱいで、どれでも泊まりたくなる感じ(・ω・'')
http://taminon.cocolog-nifty.com/tanosiikoto/2006/08/post_4e8e.html

*a life of little luxury:箱根湯本-2006夏リラックスの旅/先輩の暴走
同じく温泉大好きの親友Kと老舗富士屋ホテル に宿泊。こんな時期になって予約できたのが奇跡的。
http://ameblo.jp/rollinglux/entry-10016064780.html

*風智の智:箱根へ温泉旅行
電車好きのたっくんにはベストなお部屋でした!ファミリー用のプランで「お菓子」と「花火」付き。
http://plaza.rakuten.co.jp/puuuchi/diary/200608230000/

*がんもどきのがんも:温泉治療。
週末、旦那に恒例の箱根旅行へ連れて行ってもらいました。温泉療養です。毎年恒例の富士屋ホテル。 
http://ganmohitok.exblog.jp/5568167

*The→new→life→☆ミ:kiyasume
土日を利用して箱根の 富士屋ホテルにいってきました。夏休み最後の土日とだけあってけっこう混んでましよー
http://plaza.rakuten.co.jp/s590111/diary/200608270000/

*デジカメを持って出かけよう:箱根旅行一日目
ホテルに着き もうすごいの一言。明治に建てられた建物。ひとつひとつに重みがある。一度火災にあったけど創業 110年以上
http://nao0509.blog69.fc2.com/blog-entry-121.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 19:13 | コメント (0)

 

大津プリンスホテル〔滋賀県〕

「大津プリンスホテル〔滋賀県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

万葉の時代から幾多の歌人、旅人のロマンをかきたててきた湖都、そして、日本の中心に位置する大津。その大津のシンボルともいえる琵琶湖のほとりに、超高層38階のホテルと国内最大級の規模を誇るコンベンションホール「淡海(おうみ)」を擁し、風景と調和してたたずむ大津プリンスホテル。設計は、赤坂プリンスホテル新館、幕張プリンスホテルを手がけた建築家、丹下健三氏。 《施設をチェック→》

「琵琶湖のほとりに38階建てがそびえたっています!180度広がるレイクビューは圧巻ですね。ウェディング、レストランと施設もとっても充実です」



=2006年8月29日収集分=

*高速道路大好き!ぐっちゃんのブログ:夏期休暇36日目(中間考査まであと・・・
そこで今日宿泊する、大津プリンスホテルへ行きました。すごく高級感あふれていました。地上38階建て。客室は6階でした。
http://blog.goo.ne.jp/higuttyann/e/4ed62744481d001be31f74a4d2410225

*ススメ。ススメ。:大津プリンス ランチバイキング♪
絶好のロケーション 大津プリンスホテルです。目的は人気の26階のレストランでランチバイキング!
http://ameblo.jp/jewelrydrop/entry-10016300791.html

*LOVESICK:水辺が大・大・大好き!
大津プリンスホテルの32階に泊まっちゃった。全室レイクビューって知ったらもうここでしょ!!って思って、どうしても泊まりたかったの。
http://blog.so-net.ne.jp/rainbow7777/2006-08-28

*リモワのシェネシェネ日記:琵琶湖ピンクリボンフェスタ2006 in大津
琵琶湖ピンクリボンフェスタ2006 in大津が、10月28・29日滋賀県の大津プリンスホテルで開催されるそうです。
http://rimowa.jugem.cc/?eid=488

*Dangling Code:夏の旅行 初日
目的地は、一度行ってみたかった大津。宿はもちろん大津プリンスホテル。昔、「誘惑」というTVドラマを見ていたもので。
http://d.hatena.ne.jp/code/20060728#1154195772

*Fee-Fi-Fo-Fum:大津プリンスの37階
大津プリンスホテルの37階。琵琶湖を一望できるとっても素敵な場所です。六時からのスタートで日が沈むと夜景がとっても綺麗です。
http://blog.goo.ne.jp/fee-fi-fo-fum/e/d6413c26e86adc38f199be37afe8e9a3

*ほっとたいむ:琵琶湖リゾート!
大津プリンスホテルへ。湖畔にスッキリと立つ半円の高層ビル。その立ち姿はちっとも邪魔にならないので不思議です。
http://orange.ap.teacup.com/kappabashi/95.html

*野球少年、只今修行中。:こぼれ話。
先日11日に大津プリンスホテルに宿泊するようだ。多分、団体で多少料金も安く押さえられたのだろう。
http://blogs.yahoo.co.jp/kpkrj/16629780.html

*真田佐久雄の描き描き日記:水球王ポロリはどうなるんだーーーっ
一泊の予定で滋賀の大津プリンスホテルに旅行と称して行っておりました。
http://blogs.dion.ne.jp/saku_sana/archives/3946455.html

*はらぐろの戯言:琵琶湖の夜景♪
大津プリンスホテルのプールサイドでの読書は、泳ぎたいのに泳げない私には暑くて拷問だったぁ…。
http://aoinote101.exblog.jp/4356268

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 19:11 | コメント (0)

 

上高地帝国ホテル〔長野県〕

「上高地帝国ホテル〔長野県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

神の郷、神河内と呼ばれ聖域だった頃から変わらぬ地、上高地。その自然は神秘的なまでに美しく、訪れる人々を魅了しつづけています。清らかな梓川、気高き穂高の山々、静寂なたたずまいの明神池…。季節が織りなすハーモニーの中で過ごす時こそ、最高の贅沢。 《施設をチェック→》

「日本で初めての本格的な山岳リゾートホテルです。赤い屋根とマントルピースのあるラウンジが特徴的ですね。冬は営業はお休みです」



=2006年8月29日収集分=

*ちょこぼの巣:上高地へ!
11日から1泊でママさんと二人で上高地へ行きました!宿泊先は憧れの 「上高地帝国ホテル」。
http://chocobo-blog.269g.net/article/2505074.html

*もち肌奮闘記:念願の上高地
今回、2泊3日宿泊するのは上高地帝国ホテル 。帝国ホテルは日本に3箇所しかなくて、東京と大阪、そしてここ上高地。
http://ameblo.jp/manabu1023/entry-10015013612.html

*ちぃの旅日記:上高地帝国ホテル (長野県)
日本初の山岳リゾートホテルとして昭和8年に開業した上高地帝国ホテルです。
http://blogs.yahoo.co.jp/chii_s_smile/14401941.html

*ここをキャンプ地とするっ!:ああ・・・憧れの・・・
母ちゃんの憧れの地【上高地 帝国ホテル】に行ってきました。もちろん・・・お泊りではありません。
http://chiezou.blog.ocn.ne.jp/basecamp/2006/08/post_9d06.html

*グルメな日々 =*=名古屋発=*=:上高地帝国ホテル
高山から車で平湯温泉まで そこでバスに乗り換えて約30分。赤い屋根の帝国ホテルが見えます。
http://ameblo.jp/evuvu/entry-10015327505.html

*cafe-D:ホテルのコメントカード
さすが、と思わされたのは上高地帝国ホテルのその後。大抵のホテルには客室に支配人宛のコメントレターが備え付けられています。
http://cafed.exblog.jp/3017971

*よろず茶屋:上高地 帝国ホテル
上高地帝国ホテル。山岳リゾートホテルの草分けでしょうか?蓼科東急リゾートもここにすごく似ています。
http://thepalette.livedoor.biz/archives/50576195.html

*花咲か兄さんプロジェクト:上高地帝国ホテル
マントルピースが上高地帝国ホテルを象徴しています。どうです?こんな所で美人を口説いてみては・・・いちころかも〜〜〜
http://blogs.yahoo.co.jp/troop11jp/17806891.html

*女の小道:上高地帝国ホテル2☆
ホテルの中は木で出来ていてぬくもりあるので、上高地に行く機会があれば一度見る価値あり◎
http://ameblo.jp/oenaka/entry-10016047160.html

*pinkish girlhood:happy birthday to me♪
しあわせなひと時を過ごすことができました。上高地と、上高地帝国ホテルはいつ訪れてもほんとうに素敵な場所です。
http://plaza.rakuten.co.jp/pinkishgirlhood/diary/200608280000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 19:10 | コメント (0)

 

軽井沢プリンスホテル〔長野県〕

「軽井沢プリンスホテル〔長野県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

浅間山をはるかに望む軽井沢。ここでは、四季折々の自然を味わうことができます。陽光おだやかな春、緑まぶしく風爽やかな夏、青空高く空気澄みきる秋、落ち着いた趣をたたえる冬。松林に囲まれた軽井沢プリンスホテルでは、軽井沢の魅力を心ゆくまでお楽しみいただけます。 《施設をチェック→》

「日本で有数の避暑地軽井沢にあるリゾートホテル。軽井沢・プリンスショッピングプラザも隣接し、観光に買い物にゴルフにテニスに、楽しみは無限大です」



=2006年8月29日収集分=

*☆fortune cookie★:避暑地の花火大会?
宿泊は「軽井沢プリンスホテル」のコテージタイプ。ログハウスでなんとも別荘気分が味わえて楽しかったです。
http://blog.goo.ne.jp/riissa823/e/5f9a6d6cd4d51848445e5746bcf957fe

*独身最後の落書き:軽井沢に行ってきました
軽井沢プリンスホテル南館に宿泊 プリンスホテルの中でもグレードの高いホテルみたい。小学生以下のお子様の入館はお断りだそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/koyasugogo/13764565.html

*choco choco DIARY:プリンスホテル
宿泊は、軽井沢プリンスホテル。めちゃくちゃ広い敷地にびっくり。そして、芝生と樹木がいい感じ。
http://kuukichi.seesaa.net/article/21808489.html

*オペラでグルメなMeHerDiary♪:軽井沢プリンスホテル南館ボーセジュール
軽井沢プリンスホテル東館に荷物を預ける。その後、予約していた南館のフランス料理のレストラン「ボーセジュール」でランチ。
http://blog.livedoor.jp/nkayo/archives/50775111.html

*こばちゃんのダイアリー:Summer Vacation
軽井沢プリンスホテルのコテージに宿泊。家族と妻の両親の7名での旅行でした。
http://diary.jp.aol.com/egqaz9p/7.html

*サイバ−ドリ−ム [ Xaos 8の掲示板 ]:ただ今帰りましたよ。
軽井沢のプリンスホテルにテニスコートやゴルフ場があるんですよ。芝生が手入れされてて綺麗でしたよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/hatutyo/17114872.html

*はりねずみ日記:軽井沢3日目
軽井沢プリンスホテルの「コテージ」というところなのだが、バンガローみたいにいっぱい木の小屋がたくさん立っているのだ。
http://kumin.tea-nifty.com/musicleaves/2006/08/post_2928.html

*阿久津真也ブログ:避暑
軽井沢に行ってきました。しかも軽井沢プリンスホテル。軽井沢と言えば避暑地・・・・のはずが,あっっっっっつい!
http://akutsulaw.blog72.fc2.com/blog-entry-41.html

*ウェスティneveとlatteのぐうたら日記:軽井沢日記・・・
この日は軽井沢プリンスホテルの「Prince Dog Village」にお泊りです。
http://blogs.yahoo.co.jp/nevechan/17665097.html

*mattsuu日記:テニス合宿♪
春は白子の合宿所みたいなところ、夏は軽井沢プリンスホテルのコテージと決まっていて今回で3年目。
http://akiaki-kobakoba.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_7aec.html

*姫の一日:軽井沢で楽しいバカンス♪PART1
ホテルは、ママが小さい頃から泊まりに来ている「軽井沢プリンスホテル」にしました。お部屋でくつろぐミオコ姫とばあば
http://ameblo.jp/yukiyuki-miomio/entry-10016196334.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 19:09 | コメント (0)

 

ホテルアソシア高山リゾート〔岐阜県〕

「ホテルアソシア高山リゾート〔岐阜県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

たった一つの花を探すために、森の中を旅する幸福。ゆっくりと歩きながら、高山の情趣にふれる贅沢。標高640m、高山の岡に建つホテルアソシア高山リゾートには、自然といっしょに生きることで見えてくる、かけがえのない時があります。 《施設をチェック→》



=2006年8月29日収集分=

*心に乙女:4年記念日〜♪
ゆっこが去年の春に、結婚式を挙げたホテル。ホテルアソシア高山リゾート!もう素敵なホテルでした
http://ameblo.jp/sweet-cherry-pie/entry-10011863522.html

*三川合流の蚤の市:飛騨高山謎とき散歩
高山は2回目ですが、前回泊まった「ホテルアソシア高山」を家族が大変気にいったようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/sansen928/diary/200605020000/

*BRAVISSIMO!:飛騨高山検.曠謄襯▲愁轡高山リゾート
評判がいいと聞いていたアソシア高山リゾート。お部屋は禁煙ルームスタンダードツイン。
http://incarose.exblog.jp/2551313

*ひとっとび(・∀・):ホテルアソシア高山リゾート(岐阜県高山市/飛騨高山)
そして温泉がそれはもう快適。 内湯もありますが、高台の温泉フロアの露天風呂が種類も多く素晴らしいのです。
http://sakanasakura01.blog72.fc2.com/blog-entry-25.html

*the real is fake?:雨が続きますね><
ここで、宿泊するのはアソシア高山リゾート。ちょっと前に、スパが新しくなったよね、まだ、行ってませんが。
http://blogs.yahoo.co.jp/stjo02614/12871429.html

*bon☆voyage:飛騨高山☆
今回のお宿は「ホテルアソシア高山リゾート」です。 とっても綺麗で、ヨ〜ロピアンエレガントな雰囲気漂う(笑)リゾートホテルでしたっ
http://kzhandbonmylove.blog73.fc2.com/blog-entry-8.html

*鬼瓦との日々:日帰りリゾート
飛騨高山に、「ホテルアソシア高山リゾート」というホテルがあります。名前どおり、名古屋のマリオットやターミナルアソシアの系列ホテル。
http://d.hatena.ne.jp/Onigawara/20060804/p1

*MY LIFE STYLE:スパ フィトン
ホテルアソシア高山リゾートに宿泊して1番楽しみにしていたのがスパフィトンです♪
http://plaza.rakuten.co.jp/redhot67/diary/200608130000/

*日記:高山旅行☆1日目
なんとスイートルームでした夫が、いつもの感謝の気持ちと、リフレッシュしてほしいから。とのことでこっそり準備していてくれました
http://ameblo.jp/ayumi0719/entry-10016135433.html

*いい宿探そう!最新“クチコミ”ガイド ◆飛騨高山版◆:-飛騨高山- ・・・
絶景で良かった。選んだ条件の大事な一つだったので期待通りだった。私は疲れていて入れなかったが、入浴した妻がスパに感激していた。
http://yado-takayama.jugem.jp/?eid=576

《施設をチェック→》

「お部屋からは北アルプスや高山の街を一望でき、ヨーロピアンエレガントな雰囲気が漂う本格的リゾートホテル。新しいスパも出来てますます魅力的になりますね 」

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 19:06 | コメント (0)

 

フラノ寶亭留〔北海道〕

「フラノ寶亭留〔北海道〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

『富良野の薫り』がするサービスを目指し、地元富良野周辺の人材をできるだけ多く登用致しました。チェックイン、お部屋へのご案内、お食事のサービスといった基本的なサービスは基より、お客様の北海道・富良野観光のご相談等、全てに真心を持ってお答えいたします。 《施設をチェック→》

「3万坪の敷地に29室という贅沢な作りの7月にオープンしたての新しいホテルです。お部屋がとっても広くてシンプルで居心地が良さそうです。」



=2006年8月29日収集分=

*北海道ホテル:3万5000坪の広大な敷地を贅沢にひとりじめ フラノ寶亭留
ロビーからは穏やかな丘陵にラベンダー畑と森が広がり、遠くに十勝連山を眺めることができる。
http://blog.livedoor.jp/hokaido_hotel/archives/50252985.html

*北海道内おでかけ日記:ニセコワイス寶亭留
第一寶亭留グループのホテルになりますが、7月7日富良野に美味しい食事をテーマにしたフラノ寶亭留もオープンです。
http://blogs.yahoo.co.jp/monchan1162/37832359.html

*secret*freaks:翠山亭 草庵
本当はお盆連休に行く予定が、予約いっぱいで。今年7月オープンした「フラノ寶亭留」も気になる〜!!
http://freaks-net.jugem.jp/?eid=199

*Eyecandy::archive:フラノ寶亭留
北海道の友だちからのメールで富良野に新しいホテルが出来たことを知った。
http://d.hatena.ne.jp/ykhroki/20060706/1152230143

*AKIKO cozy mall:北海道旅行
中学生以下の子どもは宿泊できない、という場所だけあって、シックで静かで、本当に大人のリゾートという感じ。
http://blog.goo.ne.jp/goo06200919/e/23091cfbd65a5c6d9c365289e4afeadf

*自由人 気ままな日記:「フラノ寶亭留」宿泊!
今夜の宿は今年の7月7日にオープンしたホテルです。富良野にはリゾートホテルと呼べるものが少ないので嬉しいオープン!
http://plaza.rakuten.co.jp/sully/diary/200608050001/

*門別自然公園の夕暮れ:フラノ寶亭留
今年の7月7日に北海道は富良野市にオープンしたホテル。 今一番行ってみたいホテルです。
http://nekotaro.tea-nifty.com/nyangoro/2006/08/post_3f09.html

*今日もどこかへ:夏の富良野・美瑛へ
7月にできたばかりのフラノ寶亭留 です。エントランスからすごく良い雰囲気。落ち着いた静かな雰囲気で、ホッとできました
http://blog.goo.ne.jp/jrglay/d/20060808

*ハーレー周遊日記:富良野号外版
ホテル名は「フラノホテル」。食は「富良野フレンチ」がテーマで、野菜は地元農家と専属契約を結ぶほど徹底。
http://litiumu.namala.jp/e954.html

*「食」と「観光」:富良野にラベンダーホテル誕生。
富良野に大人のリゾートホテルができたと聞いて行ってきました。経営者は定山渓、支笏湖などで第一ホテル・翠山亭を手がける布村さん。
http://www.otonanoiitabihokkaido.com/hiroblog/2006/08/post_82.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 19:04 | コメント (0)

 

二期倶楽部(NIKI・CLUB&SPA・にき倶楽部1986)〔栃木〕

「二期倶楽部(NIKI・CLUB&SPA・にき倶楽部1986)〔栃木〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

皇室御用邸、那須ゴルフクラブにも象徴されるように、古来より良質の避暑地として、知られる「那須」。新幹線で東京から75分、42,000坪の敷地にわずか42室。林と渓流を自然のまま活かす設計思想で“水、光り、まどろみ、静寂”をテーマに、何一つお仕着せのないリゾート施設として、十分な“ソフト・ウェア”のサービスを心掛けています。 《施設をチェック→》

「那須の自然の中にたつリゾートホテル。4万2千坪の広大な敷地にわずか42室のにき倶楽部1986。2003年にオープンしたNIKI・CLUB&SPA。どちらも長期滞在したくなる素敵なホテルです」



=2006年8月29日収集分=

*tocotoco:番外編:那須の旅のこと
テレンス・コンラン卿チームデザインの東館は、一室ごとが戸建てになっているので、子連れでもゆっくり気兼ねなし、極楽。。
http://corino.cocolog-nifty.com/tocotoco/2006/08/post_d28e.html

*男同士の国際結婚生活 = We're Here ! =:那須
先週の週末は知る人ぞ知る那須の二期倶楽部に行ってきました。ホテルフリークな僕らなのですが、いや、本当によかった。
http://quriquri.exblog.jp/4252391

*表参道と南浦和の隠れ家サロン「Fraya」:アルゴーフィト(二期倶楽部)
アルゴーフィトは那須の二期倶楽部 内にあるアロマトリートメントサロンです。
http://ameblo.jp/freya841/entry-10015441307.html

*横浜Wonderwall(旧横浜日和):癒しの森、二期倶楽部(那須) 1日目
二期倶楽部へ。チェックインの時、ハーブティを頂きました。ハーブティは月の満ち欠けによって、調合を変えてるのだとか。
http://surfsplash213.blog47.fc2.com/blog-entry-103.html

*暮らしの在る風景:二期倶楽部
今日から3日間、つかの間ひとときですが、緑の木々に囲まれたこの二期倶楽部東館で何もしない贅沢。
http://lepanier.exblog.jp/3962540

*週末の天使:二期倶楽部 (犬たち)
二期倶楽部はペット連れは禁止である。そのためにマディを預けて来たのだが、思わぬところで犬に会うことができた。
http://madu.jugem.jp/?eid=802

*あいの今日も上機嫌・・・!?:ゆったりと・・・・
ここ『二期倶楽部』は、とても静かで、ゆっくりとした時間を過ごすことができるとても素敵な空間です。
http://aismile.exblog.jp/3072661

*モーグラー・タカの気まぐれ日記:1泊だけのリゾート
前々から行きたいと思って憧れていた場所で、那須のにぎわいから離れた静かで広大な土地に建つ高級ホテルです。
http://taka-1992mogul.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/1_2d00.html

*あやぶろぐ@2006:二期倶楽部マスター
二期倶楽部にいってきたお(^ω^)二期倶楽部キタ━━━━(゜∀゜)━━━━━!!友達たまよりもわざと早くいってみた(・ω・)
http://ameblo.jp/aaaayasss/entry-10016256271.html

*シティホテル訪問記:二期倶楽部 本館 その8
本館の最後の記事は、レストラン「ラ・ブリース」の様子です。本館エントランスを入ってすぐのところにあります。
http://hanao.exblog.jp/3659143

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 19:03 | コメント (0)

 

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート〔宮崎県〕

「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート〔宮崎県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートは、宮崎市北東部の太平洋沿岸に南北10km、約700haにわたって広がる由緒ある松林に囲まれた、本格的な国際リゾート「フェニックス・シーガイア・リゾート」のほぼ中央に位置する、高さ154mの高層ホテルです。 《施設をチェック→》

「フェニックスシーガイアリゾート内の最高級ホテル。全室オーシャンビューで素晴らしい眺めです。バンヤンツリー・スパやプールなど心も体もリラックスできそうですね」



=2006年8月29日収集分=

*酒と猫と読書の日々:シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
+5万円でスイートにアップグレードした。「オーシャングランドスイート」という部屋で、広さは109平米もある。
http://blog.drecom.jp/marony/archive/182

*Orange Flower〜Precious Heart〜:九州初上陸!!
宿泊はシーガイアの側にある「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」。オーシャンビューの30階という絶景のお部屋でした。
http://blogs.dion.ne.jp/orangeflower/archives/3803244.html

*weather report:シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
宮崎には、高い建物はないんだな。ホテルだけが高いので、夜景はきれいでした。
http://blog.so-net.ne.jp/platinium/2006-08-05-1

*夢の旅人:宮崎 シーガイア・ツアーご一行様、オーシャンドームはギネス級ですよ
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート【シーガイア】スタンダードでも50屬旅さで、全室オーシャンビュー。
http://tabijin.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_570c.html

*KIMONO DAISUKI:最高のリゾート。
ここはスパや貸切に出来る離れ湯もあって、お金の余裕があればいくらでも贅沢を尽くすことができます。
http://plaza.rakuten.co.jp/kimonomama/diary/200608130000/

*KURO -- Life is Games (Embedded Engineer):お盆休みです。1日だけ・・・
宮崎:シーガイヤ<シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート>Exective Doubleのお部屋(多分41F)で2.6万
http://crossroad4.exblog.jp/5474834

*働ケ!働ケ!:うまいもん
空港到着後、宿泊先のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートにチェックイン。
http://plaza.rakuten.co.jp/toshboy/diary/200608130000/

*産まれて来てくれてアリガト☆彡:家族旅行
ホテルの43階から見る眺めは最高だったし 次男用にベビーベッドも無料で借りれて、のんび〜〜〜り Zzz
http://chii411.blog23.fc2.com/blog-entry-278.html

*宮川真衣のひとりごと:アロマトリートメント 8・19
今回の宿泊はシェラトン グランデ オーシャンリゾート。子供も大人も楽しめる究極の癒やしのリゾートホテル
http://innocent13.exblog.jp/5517119

*President-zone:シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート「パイングラス」
この日の夕食はここで食べました。8月31日までの限定ビュッフェメニューをオーダー。なかなか美味しかったです。
http://plaza.rakuten.co.jp/20prius/diary/200608150003/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 19:01 | コメント (0)

 

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ〔北海道〕

「ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ〔北海道〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

洞爺湖と内浦湾を見下ろす山の上。大自然に抱かれるよろこび。都会で疲れた心をいやしたい、自然に帰りたいと思うとき、洞爺までの距離と時間は、リゾートを満喫するための心地よいアプローチとなるでしょう。 《施設をチェック→》

「洞爺湖、内浦湾を見下ろす山頂に建つ高級リゾートホテルです。どのお部屋からも海や湖が見えて、最高のロケーションですね。インテリアも素敵です♪」



=2006年8月29日収集分=

*弐号機のゆくえ -K1200R-:北海道旅行(24) 4日目の宿 ザ・ウインザーホテル・・・
よく「パンフレットは綺麗なのにね」なんてホテルがあるが、ここはWeb上の写真がまんまここに展開する。
http://muru.exblog.jp/3924041

*はなまる生活 - hanamaru life -:夏は北海道の【ザ・ウィンザー・・・
北海道へ行くとしたら昔から憧れていた【ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ 】に宿泊してみたいんです。
http://blogs.yahoo.co.jp/hanamaru3332001/30764.html

*散歩写真:ウインザーホテル洞爺
このホテル、とても好きです。また行きます。今度は冬に行ってスキーをしようかな。温泉もついてますしね。
http://blog.so-net.ne.jp/Sting-Chisato/2006-08-09

*院長の独り言:ザ・ウインザーホテル 洞爺
一度泊まってみたかったホテルなんです。(今年は「ずっと行ってみたかった場所」に行けるチャンスのある年だなあ…。すばらしい。)
http://ryogoku.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_066e.html

*Blinking BLOG:ココ すごくね?
最新旅程に突如出現したウィンザーホテル洞爺。名前からしていかにも英国的。でも、名前だけではなかったんです
http://mixtogether.jugem.jp/?eid=114

*♪happy green♪〜every single day〜:お勧めホテル〜ウィンザー・・・
今まで旅行に行った中で一番良かったホテルウィンザーホテル洞爺。ロケーション、サービス、施設とも最高。有名ホテルですね。
http://ameblo.jp/happy-green22/entry-10016045179.html

*秋休み:洞爺湖
普通に一泊して、夕食を食べて、スパへ行って、やっぱりゴルフもしたいよね、なんて夢物語を語っていたら、1weekの海外旅行!?
http://ameblo.jp/ruibostea/entry-10016016728.html

*TODOS LOS DIAS〜お金は使うため〜:ウインザーホテル洞爺
ウインザーホテル正面。山泉とういう温泉があるのですが、そこへ行く渡り廊下からの眺めです。前面ガラス張りで景色は最高!
http://ameblo.jp/moneylife29/entry-10016134296.html

*ニコマヤ妊娠日記:北海道の旅★後半★
このホテルはすごかったです。部屋の広さとか、そういうのではなくてサービスや、部屋の掃除が完璧で、とても気持ちの良いホテルでした。
http://ameblo.jp/nicomaya/entry-10016193615.html

*simple flowers:ザ・ウィンザーホテル洞爺
4,5年くらい前だったと思うのですがテレビでこのホテルを見て、いつか必ず行ってみたいなーと思っていたホテルなんです。
http://bloomflwr.exblog.jp/5567943

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 18:59 | コメント (0)

 

アズベールホテル(AZVEIL HOTEL&SPA ATAMI)〔熱海〕

「アズベールホテル(AZVEIL HOTEL & SPA ATAMI)〔熱海〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

AZVEIL HOTEL & SPA ATAMI (静岡・熱海) 日本最大の温泉ブランドである「熱海」に立地する本格的なリゾートスパホテルです。デザインコンセプトは、くつろぎとヒーリングをテーマにアジアンテイストに溢れたコンテンポラリーモダンな空間に作り上げております。 《施設をチェック→》

「日本有数の温泉地、熱海にたつリゾートスパホテル。セントグレゴリースパズや、ヘルシーなお食事など、心も体も健康になれる、そんなホテルですね」



=2006年8月29日収集分=

*関口まゆみblog:海と素敵な空間。
すごく居心地のよいホテルだったから!AZVEIL HOTEL & SPA ATAMI(静岡・熱海)「大人の上質な癒し空間」がコンセプトみたいです。
http://color.arekao.jp/entry-2b1e426375b205668eb3ddeded059c14.html

*アトリエCandyスタッフルーム:お盆休みヽ(。・∀・)人(・∀・。)ノ
泊まっていたAZVEIL HOTEL & SPA ATAMIのプールで泳ぎました。このホテル、エステの種類が多いので、女性の方にオススメですよ
http://plaza.rakuten.co.jp/ateliercandy/diary/200608240000/

*2台のミニと2匹のねことの生活。そして蒼い地球を残すためにできること
ちょっと前になりますが、熱海にあるアズベール ホテル&スパというところに行ってきました。
http://blog.goo.ne.jp/kazukiti01/e/3b396899bd7743bd5d3b8acc527f31dd

*日本人に生まれてよかった。:AZVEIL HOTEL&SPA in 熱海
熱海のアズベールホテルに泊まりました。昨年7月にオープンした、スパとエステ、ヘルシーな料理が売りのLOHASなホテルです。
http://plaza.rakuten.co.jp/kodawari1962/diary/200603270002/

*わたしのまいにち2:休日
雑誌を見ていて、行きたい!と思ったホテルを発見。アズベールホテル&スパ素敵〜〜〜是非とも行きたい!
http://plaza.rakuten.co.jp/cinnamon26/diary/200605100000/

*別冊おかぴー:梅雨の旅
今日から熱海のアズベールホテルという知る人ぞ知る癒しのホテルに行ってきます。
http://plaza.rakuten.co.jp/okapee33/diary/200606190000/

*さざなみ日記:気分上場♪
泊まりは「アズベールホテル&スパ」。まだオープンして1年しかたっていない、こじんまりとしたお洒落な大人の隠れ家的ホテルだった
http://love.ap.teacup.com/y08020727y/5.html

*ウナノッテ日記:熱海 アズベールホテル
今回、宿泊したのはAZVEIL HOTEL&SPA ATAMI (アズベールホテル)という、去年オープンしたスパ&リゾートのホテル
http://gourmet.jugem.cc/?eid=363

*私的能書:転んでもタダじゃ起きないよ〜^^ 熱海だ!
アズベールホテル&スパ。アジアンリゾート(バリ島?)風ホテル。女同士か、ラブラブなカップルが利用するといいよねえ〜、なホテルだった^^; 
http://blog.so-net.ne.jp/nekotoro/2006-08-17

*コレステ日記とデイリーマイニュース:今日の献立 528 天ぷらうどん
泊まったアズヴェールホテルは、ちょっとラグジャリーなホテル(と言っても、二人で食事つき4万は安い!)。
http://plaza.rakuten.co.jp/koresute/diary/200608200000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月30日 07:37 | コメント (0)

 

リゾナーレ〔山梨県・小淵沢〕

「リゾナーレ〔山梨県・小淵沢〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

そこには、中世のヨーロッパの山岳都市を訪れたようなたたずまいがあり、山のなかに海を感じさせる空間があり、全てのものと響きあう音楽ホールがあり、また、プライベートにふさわしいリフレッシュ空間があり、思い思いにお楽しみいただける「24時間のリゾート空間」があります。 《施設をチェック→》

「イタリア建築界の巨匠、マリオ・ベリーニがプロデュースした個性的でオシャレなホテル。外観ももちろん、お部屋も個性的で何度も足を運びたくなります」



=2006年8月27日収集分=

*ルジコの日記: リゾナーレ
そしたらなんと12時半でまだチェックイン前なのに二部屋のうちひとつにもうはいってもいいと!これには助かりましたー!
http://plaza.rakuten.co.jp/rujik0diary/diary/200608160002/

*お祭り犬 かえで:おしゃれな散歩 −小淵沢−
行った先はおしゃれなリゾナーレ小淵沢。有名なイタリア人建築家が手がけたというホテル
http://kaepon.exblog.jp/4008833

*おいしい@かお:小淵沢リゾナーレ
宿泊施設のことは分かりませんがプールがとてもモダンで綺麗な室内プールだったので、皆さまに紹介したくなりました。
http://happyeri.exblog.jp/4152475

*アコの生活日記:リゾナーレ
山梨県の小渕沢インターそばにあるリゾート施設・リゾナーレ。ここは、コテージ調の部屋の作りがくつろげると評判のホテル。
http://ameblo.jp/blog2929/entry-10016115980.html

*わさび Wasabi:リゾナーレ
イタリア人のデザインによる建物は天井が高く、あるポイントに立つと三方に富士山と八ヶ岳と南アルプスを見ることが出来ます。
http://kintarosus.exblog.jp/5537496

*★mugimugiのアンテナ★:リゾナーレ
今日はここにお泊り。この両脇がすべてお店なんだけど、ほぼすべてのお店が、私のハートにど真ん中ストライク!
http://mugimugikomugi.tea-nifty.com/mugimugi/2006/08/post_c223.html

*日々をいろどるもの:小淵沢 リゾナーレで
備品に清潔感がなく、すこし残念でした。もう一回宿泊したいか?ときかれたら、応えはノーかなぁ。。。
http://kamyumyu.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_bd4a.html

*My Favorite Things:リゾナーレ
念願の山梨にあるデザイナーズホテル・リゾナーレへ旦那と9月に行くことになりました〜♪
http://kagu-diary.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_c223.html

*ほのかとママのページ:リゾナーレ小淵沢
ホテルはリゾナーレ小淵沢。数年前に一度泊まって2度目でした。このホテルは敷地も建物も大きくてのんびり滞在型です。
http://plaza.rakuten.co.jp/montana98/diary/200608250000/

*マイロ&CHII:リゾナーレ
山梨県の小淵沢からご帰宅〜ホテルはリゾートチックな『リゾナーレ』に泊まりゆっくり、のんびりしてきたのである…
http://mirochii.exblog.jp/3183097

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月28日 09:19 | コメント (0)

 

ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢〔長野県〕

「ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢〔長野県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

日本有数のリゾート地として多くの人々を魅了し続けている軽井沢。豊かな自然に恵まれた避暑地としてだけでなく、年間を通して様々なスポーツ・レクリエーションや多彩なミュージアムなどが楽しめるフルシーズンリゾートとして、ますますその魅力を高めています。 《施設をチェック→》

「日本屈指の避暑地、軽井沢にたつ「軽井沢らしい」ホテル&別荘です。別荘棟は木立の中に一軒一軒建っていて、まるで自分の別荘にいるような錯覚を起こしそうですね」



=2006年8月27日収集分=

*東京ふたり暮らしも1年目:結婚式アフター
二次会は、ラフォーレ中軽井沢の10人泊まれる別荘棟をかりる。まずはお風呂。
http://plaza.rakuten.co.jp/isonon/diary/200605240000/

*Enjoy!328 Life:過去イベント画像
目的地「ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢」で328の美尻スリーショット!このホテルはFに対する理解が厚く大変お世話になりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/aopon_328/9587615.html

*maxの頭の中のこと:紅葉一泊旅行記 後編
落ち着いた雰囲気のホテル。閑静な佇まいで、部屋は広いし、バスルームは清潔だし、温泉も気持ちよかった。
http://himitu-no-hanazono.cocolog-nifty.com/max/2005/10/post_7684.html

*今日も爽快!あさま日和:チョコレートセラピー@軽井沢
場所はラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢の地下にあるエステティックサロン。新聞記者による取材を取材(笑)
http://asamabiyori.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/post_9e87.html

*あたいの毎日:軽井沢で温泉&ショッピング
18日 ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢。温泉&ドライブに行っていつもと違う空気をすいたかったので、一休で予約。
http://blogs.yahoo.co.jp/yukaris0415/30394183.html

*イタダキマス:軽井沢 別荘族気分
コンクリートうちっぱなしの、洒落た建物。林の中に一棟ずつ独立して建つ別荘棟に宿泊。コの字型で中庭がありました。
http://marasada.exblog.jp/4369223

*MOMO:猫柄マグ
ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢の売店にある。実は黄色の柄違いもある。(買ってません(^^;)。)
http://alannemimy21.jugem.cc/?eid=942

*軽井沢に移り住むまで:軽井沢熱感染
困ったことにいつもお世話になっている「ラフォーレ倶楽部ホテル中軽井沢」が9月2日の晩は一部屋しか空いていないという。
http://alamimolly.exblog.jp/4404352

*アソブゾチバケン☆日記:軽井沢観光
宿泊する『ラフォーレ倶楽部 ホテル中軽井沢』で夫一行、沖縄から来てくれたさんこちゃんと合流。
http://d.hatena.ne.jp/asobuzo/20060630

*茜さす・・:軽井沢〜3
中軽のラフォーレ倶楽部に宿泊。翌日の朝食に小瓶のジャムが3種類、その中に透明なアカシアがあった。
http://blog.livedoor.jp/akane_lounge/archives/50350699.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月28日 09:18 | コメント (0)

 

ホテル サイプレス軽井沢〔長野県〕

「ホテル サイプレス軽井沢〔長野県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

白樺並木を吹き抜ける緑風と太陽に包まれながら過ごす軽井沢。 浅間山、鬼押出し、白糸の滝、塩沢湖など、訪れる人々にシーズンを通して自然のやすらぎを感じさせてくれます。 テニスやゴルフ、乗馬やスキー、サイクリングやトレッキング…。四季折々の趣向に合わせたスポーツやカルチャーが楽しめます。この高級リゾート地で過ごすにふさわしいホテル。それが「サイプレス軽井沢」なのです。 《施設をチェック→》

「軽井沢「雲場池」もそばにあるリゾートホテルです。広いお部屋にはミニキッチンやカウンターなどが備えてあるので、ロングステイしても快適に過ごせそうです。」



=2006年8月27日収集分=

*フルール・ド・プリムール Blog:ワイン会@サイプレス軽井沢
軽井沢の夏の夜にノドを潤す会となりました。参加者9名の皆様、楽しい一夜をありがとう御座います。
http://blog.fleur-de-primeur.com/?eid=98927

*cy-pressie:暖かい日差し
サイプレス軽井沢レポートです。夜はピアノの生演奏が聞けるラウンジスペース。昼間は?窓際でネコがお昼寝してもおかしくない
http://cypress-topic.at.webry.info/200512/article_4.html

*まるごと裏:BIRTHDAY@軽井沢
ぶらり軽井沢〜2年連続で『サイプレス軽井沢』に宿泊しに行ってきましたぁ。旅のお供はもちろんSHIGE
http://blog.goo.ne.jp/tessie0123/e/76147dfaff511b5d0ce3e815ff4cc0ea

*manaleineの日記:冬の軽井沢
今回は「サイプレス軽井沢ホテル」に宿泊しました。ホテルでのマナはさっきまで泣いていたのがウソのようにご機嫌に。
http://manaleine.exblog.jp/2637483

*毎日ムック「軽井沢free」ブログ:ホテルサイプレス軽井沢
ホテルサイプレス軽井沢では、ニューフェイスの露天風呂付きのお部屋(7室)へ。2005年12月に完成したばかり。
http://free.karuizawa-blog.net/e29.html

*げらこの日記〜秋田編:軽井沢
夜は宿泊先、ホテルサイプレス軽井沢のレストランで5コースのフレンチ。鯛のナージュ仕立てなるものとパンが特においしい。
http://blogs.yahoo.co.jp/gheracco/35556028.html

*コーチでFPでフラメンコ。:週末の小旅行
サイプレスは糸杉を意味する。針葉樹の幹を思わせるドアを開けると55平米の広ーい部屋が。
http://chiharu-swan.cocolog-nifty.com/page1/2006/06/post_729b.html

*更紗の毎日:結婚記念軽井沢旅行
「ホテル サイプレス軽井沢」へ。こちらのホテル、以前はリゾートマンションだったのかな?って感じのつくりでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/clksalasa/diary/200606210000/

*私の病気と家族の生活日記:軽井沢から帰って。 Part1
『ホテル サイプレス軽井沢』です。半地下から2階まで吹き抜けのラウンジは広々して開放感がありました。
http://plaza.rakuten.co.jp/casablanca1209/diary/200608200000/

*きれいになろう!:お盆休み
そのサイプレス軽井沢さんから「挙式1年アニバーサリー」ということで、無料宿泊券が送れてきたんです。
http://blog.livedoor.jp/claire165/archives/50539077.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月28日 09:17 | コメント (0)

 

ウェスティンホテル淡路〔兵庫県〕

「ウェスティンホテル淡路〔兵庫県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

都会からわずか数十分、豊かな自然と共存する新しいかたちのリゾート ウェスティンホテル淡路。 全客室から大阪湾が見渡せるオーシャンビュー。大きく取った窓を開ければ潮風がカーテンを心地よく揺らせます。 《施設をチェック→》

「建築家 安藤忠雄氏設計による大きな窓がある大阪湾が見渡せるオーシャンビューのホテル。上質なベッド、明るく光が注ぐ部屋、心地よいサービスに大満足な休日が過ごせそうです」



=2006年8月27日収集分=

*きれいに楽しく前向きに。。:ウェスティンホテル淡路
ウェスティンホテル淡路。スタッフさんたちが皆さん親切でとても良いホテルです。お部屋はリゾートっぽいインテリアでかわいい感じ
http://ameblo.jp/happy-tammy/entry-10015258510.html

*のんびり育児日記:ウエスティンホテル淡路
とっても好きなホテルです。インテリアが私好み。それにバスとトイレが別々に分かれているので、気持ちゆったりできます
http://blog.goo.ne.jp/suzusinmery/e/7c0b87ca09dad6f819f84c04deabf7d1

*「女」をもっと楽しもう!:ウエスティン淡路
今月は久しぶりに行ってきました。ウエスティンホテル淡路 エグゼクティブスイート。 ひろーーーい☆
http://ameblo.jp/serurria/entry-10015371143.html

*こころの日曜日:旅日記〜北淡路〜
今回泊まったのは、2002年日韓W杯でイングランドチームが滞在した「ウェスティンホテル淡路」。
http://blogs.yahoo.co.jp/sky_high_beam/16348735.html

*世界漫歩:淡路島は花の国【5】イングランドチームが泊まったウェスティンホテル淡路
ウェスティン・ホテル・淡路は、2000年の淡路花博を機会に造られた。安藤忠雄さんが設計し、花園に囲まれたすてきなホテルである。
http://plaza.rakuten.co.jp/sekaimanpo/diary/200607300000/

*チョイ悪おやじのホテル巡り。:ウエスティンホテル淡路滞在記
とてもモダンな感じです。入り口わきに、イングランド代表のサイン入りユニフォームが飾ってありました。
http://ameblo.jp/yoshio0620/entry-10015958843.html

*大久保店:The Westin Awaji Island
ウェスティンホテル淡路はあの有名なベッカムも日・韓W杯の時に宿泊していたホテルです♪
http://ookuboten.exblog.jp/4305064

*sorella:淡路島 ウエスティンホテル淡路
お天気にも恵まれ六甲山から経由して淡路島へ。明石海峡大橋を渡ると約1時間で淡路のウエスティンホテルに到着しました
http://plaza.rakuten.co.jp/sorella/diary/200608130001/

*モデルなライフ:ううう・・・・・(++)
昨日のクルージングで、淡路に到着し、『ウェスティンホテル淡路』に到着^^
http://blog.livedoor.jp/shunshun11/archives/50486035.html

*Ruのおきらく日記: 長〜い夏休み...
ちょっとリッチにウェスティンホテル淡路に泊まりました(^_-)リッチと言っても...
http://kirukiruna.exblog.jp/3129865

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月28日 09:16 | コメント (0)

 

瑠璃光〔石川県・加賀山代温泉〕

「瑠璃光〔石川県・加賀山代温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

和風モダン 新・日本の宿「瑠璃光」。 1300年の歴史を誇る山代温泉の瑠璃光源泉にちなんで名付けられた「瑠璃光」は、和風とモダンが調和した宿です。 5ヶ所の貸切露天風呂をはじめとする、趣様々な温泉群「薬師九湯」やエステなどリラクゼーションゾーン、北陸・加賀の旬の素材本来の味を生かし切った新和風料理、露天風呂付き客室をはじめもちろん心をこめたきめ細やかなおもてなしでお客様をお迎えしています。 《施設をチェック→》

「山代温泉の守り神から名を受けた「薬師九湯」がある和モダンの旅館です。星の棟に泊まると専用ラウンジもあり、より一層充実した休日が過ごせそうです」



=2006年8月26日収集分=

*rikoの想い:ただいま^^
瑠璃光っていうとこに泊まったんだけど 足湯もあってバスタオルは使いたい放題で 料理がほんとおいしかったよ〜 会席^^
http://runrunrikoyahoonejp.spaces.live.com/Blog/cns!952D4E43600DBD26!728.entry

*新・派遣社員Banby:山代温泉
祖母の家から下道で1時間、山代温泉へ。本日の宿は、「瑠璃光」という温泉旅館。
http://banby003.jugem.jp/?eid=50

*ハダビーブログ♪:山代温泉 瑠璃光で1泊したぞ!
メルマガ発行者4人、ランディー由紀子ことマミーと砂漠に水の杉山氏、FPの高島氏と山代温泉の瑠璃光で一泊しました。
http://blog.goo.ne.jp/hadabi/e/c239ed11ccd190a2314e79cf41b168ed

*青鬼と歩こうよ:兼六園で
せいがのご威光が北陸までとは、さすがだ?兼六園の茶店で昼食。那谷寺をお参りして、山代温泉瑠璃光旅館に入る。
http://blog.goo.ne.jp/aooni08/e/2cb2780ccb59df90c1bfbaef43e8aa4b

*Rockz Eating Room:瑠璃光 夕食
まずは先付け。焼き鯖寿司とかも乗ってます。お上品です。牛冷しゃぶです。夏向き、こういうのはいいですね〜。
http://ameblo.jp/rockz/entry-10015222266.html

*つぐみ視点の勝手な日記。:もしも私がリッチなら♪
瑠璃光に泊まるんです。しかも露天風呂付きのお部屋にね!!!!んでもって、瑠璃光ご自慢のお風呂にも入るんでいっ!!
http://tugutaro.blog71.fc2.com/blog-entry-35.html

*mattom:?150/151500 by 夏休みの旅行は会員割引がお得な旅行販売サイト・・・
「宿」は、「 瑠璃光」をチョイス!なにしろ、「風呂自慢の宿露天風呂付客室のある宿」ですから。連泊してこその「露天風呂付客室」ですヨ。
http://ameblo.jp/mattom/entry-10015370097.html

*Mad Dog Diary☆:家族旅行!
「北陸加賀山代温泉 瑠璃光」部屋がむっちゃ広いし、寝室12.5畳って(◎o☆)夕飯までにまだ時間があるっていうことで、ひとっぷろ♪
http://mad-dog.jugem.jp/?eid=232

*富山の旅行会社ドットコム:新しく生まれ変わった:「山代温泉 瑠璃光」
今夏 8月1日お披露目 新・星の棟誕生です。おもてなしの新空間として、新・星の棟のお披露目です。
http://blogs.yahoo.co.jp/gm5777/39988061.html

*本日は:そういえば
目的の山代温泉「ホテル瑠璃光」へ。今回は「夏休みファミリープラン」というやつでお値打ちに宿泊することが出来ました。
http://plaza.rakuten.co.jp/pitibu/diary/200608170000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:17 | コメント (0)

 

森の入り江の離れ宿 無雙庵枇杷(むそうあんびわ)

「森の入り江の離れ宿 無雙庵枇杷(むそうあんびわ)〔静岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

今まで誰も見たことがなかったような土肥の景色をご覧いただけます。全棟に豊かな湯量の露天風呂がついております。 自然をそのまま残した山に四季折々の花。離れ家の宿、かけ流しの源泉、海を見わたす森、手かごを持って季節の実りをお楽しみいただける6,000坪に広がる遊歩道。街の暮らしで忘れていたものを取り戻す、ふる里のような宿。従業員一同皆さまにおめにかかれる日を、今から心待ちにしております。 《施設をチェック→》

「予約が取れないと評判の人気のふる里のような離れ家の宿。独立した離れ家では囲炉裏があったり、どこか懐かしい雰囲気で、まるでタイムスリップしたような気分になりそうです」



=2006年8月26日収集分=

*minum kopi lagi?:日本のお宿〜無雙庵 枇杷編
私が泊まったのはお隣りのお部屋"筍"。この部屋とクルーニーさんの泊まった"蕪"、雑誌の取材時によく紹介されるお部屋だそう。
http://warna.exblog.jp/3159695

*つぎはどこ行く?:伊豆・土肥温泉「無雙庵 枇杷」
2005年3月にOPENしたばかりの無雙庵 枇杷とゆう湯宿。 最近OPENしたばかりの宿では断トツの注目度と人気を集める宿です。
http://blog.goo.ne.jp/mino-nattchu/e/296028483266a5a07da327d330c25f63

*散歩写真:無雙庵枇杷(土肥温泉) GRDをお供で その3
貸切露天風呂のあとにアロママッサージをしてもらいました。これも気持ちよかったですねえ、極楽極楽。
http://blog.so-net.ne.jp/Sting-Chisato/2006-02-16

*my recommend!(ジャンルを問わずに紹介したい・・):無雙庵枇杷 ( むそうあんびわ )
まずはお部屋の紹介から・・・お部屋のウッドデッキから見える土肥湾・・・全部屋、夕日が見えるロケーション・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/ngtqn628/26835338.html

*カリスマ職人・12代目の一日:無雙庵枇杷・(むそうあんびわ)
土肥の海をかこむ小高い山の中にあるので、露天風呂に入りながら土肥の景色を眺めることができました(*^_^*)。
http://blogs.yahoo.co.jp/tokoya429/30334212.html

*たださんのREVOLUTION:憧れの旅館
無雙庵 枇杷。全室戸建で露天風呂付きで日本昔話に登場するような趣ある日本家屋。恐ろしいことに2006年度中は土日既に予約一杯・・・。
http://mp.i-revo.jp/user.php/dkvbylue/entry/78.html

*自腹で高級旅館!:無雙庵枇杷(むそうあん びわ)Υ響
宿泊した全体の感想としてはお部屋の雰囲気、食事等とっても文句なしにいいものでした。
http://ameblo.jp/kokyu-ryokan/entry-10011904294.html

*UmeBLOG:無雙庵 枇杷 in 土肥温泉
無雙庵 枇杷(むそうあん びわ) へ行ってきた。去年の3月に出来たばかりの新しい宿で、すーごーーくキレイ!
http://umeblog.exblog.jp/4603055

*Bread&Mo':朝食も裏切らないだよ無雙庵 枇杷 6.25
セットされた席につくと、お店の人が「焼き魚にする魚をまずお選びいただきます」とざるに4,5種類の生のお魚を盛ってやってくる。
http://breadandmo.exblog.jp/5122662

*My Precious Days:10月の旅行計画♪
あちこち探して決定したのが、土肥の無雙庵枇杷。前から気になってはいたけど、伊豆方面なので敬遠していたのです。
http://figaro13.blog52.fc2.com/blog-entry-18.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:15 | コメント (0)

 

夢乃井庵 夕やけこやけ〔兵庫県〕

「夢乃井庵 夕やけこやけ〔兵庫県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

瀬戸内の魚介類をはじめ、地元有機野菜など新鮮な地の食材、まぼろしのお酒、こだわりの器・・・。食べることにとことんこだわりました。お食事はダイニングのテーブル席でゆったりと。夢前町の自慢・絶品の里山の風景をご堪能いただけるよう全室 露天風呂付きです。心癒すハーブエステ、くつろぎのリラックスチェア…上質なプライベートタイムのためのお宿です。 《施設をチェック→》

「全室露天風呂つき、お料理は地の物でこだわった静かな大人の宿です。お風呂もお部屋も同じ物は一つもないそうなので、何度も泊まって楽しみたいです」



=2006年8月26日収集分=

*男の手料理:温泉旅行
夕やけこやけという宿です。ここは全室に露天風呂が付いていて仲居さんも部屋にやってこないという、のんびりするには最高の宿でした。
http://kent-mild.jugem.jp/?eid=175

*グルメやフレグランスは任せてねヽ(´▽`)/ :姫路の温泉旅行♪
静かなところにある「夕やけこやけ」夢乃井の別館で新しく建てられた極上の空間で客室は全室露天風呂付きで20室もない感じ・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/kiku1016/diary/200603170000/

*某月某日・・・:新しいほうが・・・
離れの御宿 夢のや(静岡県・伊東) 全室露天風呂付 離れの宿(全6室) が 4/3 OPENですが、そのほかにも、、、
http://mizukuma.blog1.fc2.com/blog-entry-104.html

*KAORI-N BLOG:温泉プラン りっちゃんへ
夢乃井庵 夕やけこやけ 2名で、5万ちょいだから、ま、一人、3万行かん程度。りっちゃんの車で行こうぜ。
http://blogger.kaori-n.jp/?eid=314718

*ずっとずっと愛していたい! 〜愛し愛され過ぎ、二人の恋愛物語〜:新年!温泉の旅
塩田温泉『夢乃井庵』 ここは大阪からすぐ行けるとっても穴場の大人のお宿です。
http://ameblo.jp/love-miki/entry-10007825292.html

*まったり・癒し宿おすすめ日記:夢乃井庵 夕やけこやけ(兵庫・夢前町)
満点の星空を眺めながら露天風呂を楽しむのもいいですね。(笑)ほな、さいなら。(笑
http://mattari-iyasi.seesaa.net/article/15209324.html

*総合旅行情報サイト「宿リンクンニュース」:兵庫・夢前町 夢乃井庵 夕やけこやけ
まもなく開業一周年をむかえる夢乃井庵 夕やけこやけさん。瀬戸内の魚介類をはじめ、地元有機野菜など新鮮な地の食材、まぼろしのお酒、こだわりの器・・・。
http://yadorinkunnews.seesaa.net/article/20977424.html

*音屋商店:私が行きたい温泉ベスト3
第3位。兵庫県 夢乃井庵 夕やけこやけ。お風呂がいい感じです
http://plaza.rakuten.co.jp/bossharu/diary/200607220001/

*憧れの高級旅館に安く泊まろう!:夢乃庵 夕やけこやけ
全室露天風呂付き、部屋数は17室、部屋の作りはすべて異なる、料理は地のものというこだわり、・・・。
http://ryokan.k-yado.com/?eid=194254

*ごろうの福山生活:夢乃井庵 夕やけこやけ
でね、ここ、いいです。廊下を渡って、別の建物に入ると、すっかりそこは静かな大人の宿って感じ。
http://blogs.yahoo.co.jp/kage3925/40437350.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:14 | コメント (0)

 

望水〔静岡県・北川温泉〕

「望水〔静岡県・北川温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

伊豆半島東海岸、北川温泉に位置する望水。その名の通り相模灘を見下ろす絶景は、壮大な四季ごとの表情を見せ、旅人の心を和ませます。 施設から100メートルほど離れた波打ち際には、混浴露天風呂黒根岩風呂がございます。露天風呂から眺める日の出は格別です。 《施設をチェック→》

「相模灘を一望できる全室オーシャンビュー。お風呂がとっても充実しているお宿です。プライベートガゼボは絶景露天風呂、波打ち際には、混浴露天風呂もあります」



=2006年8月26日収集分=

*らフ・らブ・らイフ:もうすぐ旅行
去年は、一人一泊3万の伊豆の「ホテル望水」でした。伊勢エビに、アワビと期待を裏切らない豪華さで、大満足。
http://blogs.yahoo.co.jp/mailidol/36902899.html

*高橋ミカ 公式ブログ|ビューティークリエイター:温泉!
「望水」という北伊豆にある所なのですが、何がすごいって、個室の温泉がモダンな感じで、とても素敵!
http://beaucre.jp/blog/m.takahashi/2006/07/post_20.html

*三十路の男:旅館
この独断と偏見に満ちた僕の基準に、いくつか合致した旅館がありました。その一つに、伊豆の北川温泉「望水」があります。
http://misojinootoko.spaces.live.com/Blog/cns!4214183B9D11029D!208.entry

*〜四季茶道楽的日常〜麗ゝ膳lilyshan〜:関東旅行記
リニューアルしたのでしょうか?内装は中国家具が品良くしつらえてある綺麗なところで、とても落ち着きます。
http://blogs.yahoo.co.jp/lilyshan63/14629313.html

*ホテル宿泊&ご飯の旅:望水!
今日は親孝行ツアー第2弾で伊豆熱川の「望水」にきてます(^-^)vオーシャンビューで見渡す限り海であります(^-^)
http://soundbarrier.air-nifty.com/blog/2006/08/post_10da.html

*ひできの部屋:至れり尽くせり「望水」
食事、お風呂、気配り、全て言う事なし。恐るべし「望水」またいつかお世話になりたいと思います。
http://blogs.yahoo.co.jp/kawabon2005/40477154.html

*@ dogwood garden〜わたしがあなたと紡ぐ日々〜:伊豆旅行記・3
さりげない花の飾り方など、しつらえもほんとすてきで、またぜひ、泊まりに行きたい、望水でした。
http://plaza.rakuten.co.jp/dogwoods/diary/200608180000/

*きらりちゃんのスパ日記:伊豆の温泉「望水」内のスパ「GECCA」
ここのスパ「GECCA」は、すばらしかったです。(*゜▽゜ノノ゛☆ひとことで言うなら、 「ゆったり、とろーりしました!」
http://ameblo.jp/kirarispa/entry-10016177844.html

*sun sun flower!:北川温泉♪
何がよかったって?・料理!(生きてた!めちゃ美味しかった!)・ボディートリートメント(至福)・雰囲気(海ですよ!海!)・接客(悪いとこなし!)
http://plaza.rakuten.co.jp/3sunflower/diary/200608230000/

*モデル美香☆美人ガイド:伊豆・北川温泉「望水」
モデル・美香の美人ガイドのスペシャル企画k・第一弾としてモデル美香さんが訪れた伊豆・北川温泉の「望水」。
http://mika2.seesaa.net/article/22839985.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:12 | コメント (0)

 

八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里〔静岡県〕

「八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里〔静岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

経済的な効率や利便性が優先され、ともすれば、人間も自然の一部であることさえも忘れがちな都会での生活。そんな日常とは異なる、自然とともに過ごす、もうひとつの生活がここ「きらの里」にはあります。 《施設をチェック→》

「初めてなのに懐かしい故郷のようなお宿です。6,600坪の敷地に、水田や果樹園もあり、田植えなども体験できます。もちろん温泉も充実して、ずっと滞在したいお宿ですね。」



=2006年8月26日収集分=

*まったり・癒し宿おすすめ日記:八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里(伊豆高原)
あたたかな自然の温もりが感じられる、落ち着いた雰囲気の和洋室。随所に使用した木の質感が印象的なお部屋です
http://mattari-iyasi.seesaa.net/article/19425405.html

*伊豆高原日記:巨木の魅力と「きらの里」
普通の畑や田植えが終ったばかりの田んぼや小魚の泳ぐ小川が流れ、竹簾が立てかけてあるのは蛍を育てようとしてるのかもしれない。
http://izukougen.jugem.jp/?eid=138

*お宿BANK:8/16オープンの注目お宿 八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里
「きらの里」は、その原風景を現実のカタチにしたお宿です。6,600坪におよぶ八幡野の広大な敷地が、そっくりそのまま心のふるさとになります。
http://oyadobank.seesaa.net/article/19885705.html

*collocation:伊豆旅行
伊豆の“きらの里”へ。ここはまだオープン前でお試しオープンでした。ダッシュ村のようなところで泊まるところは離れ。
http://blog.goo.ne.jp/sachi-kuma-ko/e/fc61c94118e4e3f0560c7f88fea956cc

*れなたんの萌え〜っと日記:温泉はSO GOOD
八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里に行ってきました。伊豆高原駅から徒歩30分の位置にあるお宿で 6.600坪の敷地内にヴィラが点在します
http://shararan.blog.tennis365.net/archives/article/12503.html

*極上!貸切露天風呂 「東日本編」:伊豆高原温泉:八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里
2006年8月16日グランドオープン!里山で過ごす癒しのひととき・・・「ただいま」そんな懐かしさに包まれる、里山の宿です。
http://1present.net/east/2006/08/post_467.html

*冴月さくらの「今宵のお座敷」:プレオープンの宿
プレオープンの宿、伊豆高原八幡野の「きらの里」に行ってきました。懐かしい原風景を……、がコンセプト。
http://plaza.rakuten.co.jp/saezukisakura/diary/200608150000/

*ななつの海:NEW OPEN 八幡野温泉郷◇鎮守の湯「きらの里」
お夕飯も海鮮とお肉料理(フルコース)とその日の気分でお食事処を選べるのも新しいコンセプトかな
http://sakanatotomodachi.269g.net/article/2700436.html

*…まん通勤中…:タビ
行きたいトコがある。温泉宿を検索してたら出て来た伊豆にある「きらの里」。
http://moon.ap.teacup.com/fukuwauchi/121.html

*Lady penelope:伊豆高原へ。
ただ、本日がグランドオープンということで接客対応等で少々不安もありましたが、期待以上に満足度高い宿でした。
http://aaasys.exblog.jp/3120811

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:11 | コメント (0)

 

谷川の湯 あせび野〔静岡県〕

「谷川の湯 あせび野〔静岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

森の木々は谷を覆っていますが、伊豆の明るい日差しは谷川の底まで照らし、緑の景観を映し出しています。この地は世古峡と呼ばれ、四季折々の景観もこの地を訪れる楽しみのひとつです。『あせび野』という宿名もこの地に群生している馬酔木(あせび)に由来しています。馬酔木の花言葉は「二人で旅をしましょう」です。ぜひ大切な人と二人であせび野にお越し下さい。 《施設をチェック→》

「予約が取りにくい大人気の湯ヶ島のお宿。源泉があり、全館源泉掛け流しの温泉が魅力的です。掘りごたつ付居間などもありほっこりとした時間が過ごせそうですね」



=2006年8月26日収集分=

*あん ぷてぃ しあん:食べてばかりの伊豆の旅
宿の夕飯もとても美味しく心のこもったお料理最後まで頂けなくて残念。夜は雨もあがり蛍鑑賞を楽しんだ
http://unpetitchiei.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_7ab0.html

*株で儲けてささやかな物欲を満たそう!:天城湯ケ島 「あせび野」 に行って来ました
宿の方は全室 源泉かけ流しの露天風呂付き。花の蔵というタイプの部屋に泊りました。
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshi_gogo/38750327.html

*マイペースでいこう☆:あせび野
今回は奮発して、友人お薦めの、部屋に露天風呂がついている宿に宿泊☆素晴らしく居心地のいい旅館でした〜^^
http://blogs.yahoo.co.jp/takecoach/12394207.html

*Hotel Selection:あせび野
いまや予約のとれない宿として必ず名前のあがるあせび野。馬酔木の花言葉 「二人で旅をしましょう」にぴったりの宿です。
http://blogs.yahoo.co.jp/fyi_box/12568734.html

*小悪魔のしっぽΨ:あせび野1日目
すべての部屋、お風呂から猫越川(ねっこがわ)の渓流が望める大自然に囲まれた、非日常感を味わえるステキな旅館です。
http://monologo.cocolog-nifty.com/koakuma/2006/07/post_d46f.html

*癒やされたいあなたへ・・・:伊豆・湯ヶ島 あせび野 お風呂編
こちらの旅館は和室の他に和洋室があってそちらのお部屋付き露天風呂の方がもう少しオープンです。
http://blogs.yahoo.co.jp/amirin017/38555806.html

*A DAY IN THE LIFE:再び修善寺温泉
館内はどこもきれいで静かで、二泊三日をとても快適に過ごせました♪部屋は3Fの和洋室だったのですが広くて落ち着けて良かったです
http://skint.exblog.jp/3525510

*::smell:::夏です。
私ですが、ぜひ今年の夏は旅行に行こうと考えております。そこで、行ってみたい宿が、あせび野。おぉ!いきたいぞぉ!!
http://eyeglass.exblog.jp/5439175

*旅は美味しい食事と宿で楽しむ!:静岡県・あせび野
部屋は和室とログ風なつくりのベッドルームというプライベートリゾート的な雰囲気を感じさせてくれるお部屋で、他の露天や館内も清潔でした。
http://season2-tabi.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_50a1.html

*こんなもん食べた!あんなもん飲んだ!:谷川の湯 あせび野(奥天城・湯ヶ島温泉):おまけ
さて、二連泊した「あせび野」ですが、お料理の質も高く十分満足しました。
http://picot.exblog.jp/4184598

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:10 | コメント (0)

 

四季を味わう宿 山の茶屋〔神奈川県〕

「四季を味わう宿 山の茶屋〔神奈川県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

爽風わたる渓谷にかかる吊り橋の向こう、民芸風の湯の宿「山の茶屋」。爽やかな風に揺れる木洩れ日、四季の彩るおもてなしの宿。 《施設をチェック→》

「早川渓谷の吊り橋の先にあり、緑に覆われた一軒宿。選べる浴衣に、眺めのいい露天風呂。李朝等のアンティーク家具も一見の価値ありです」



=2006年8月26日収集分=

*ninoのぐーたら日記:山の茶屋アゲイン
今回は、展望洋バス露天風呂付き和のツインというお部屋へ。しかし、この洋バスはいわゆる猫足のお風呂ざます。
http://ninonino.cocolog-nifty.com/nino/2006/04/post_c329.html

*いい旅 いい宿:箱根湯本塔ノ沢温泉 山の茶屋
泊まりに行った友人の話を聞いてからずっと行ってみたいと 思いつつも未だに行けてない隠れ宿、山の茶屋。
http://1tabi.blog38.fc2.com/blog-entry-15.html

*トラベルマーケット:箱根 四季を味わう宿 山の茶屋
今回泊まったのは月見台のお部屋です。山々が見渡せるデッキがついています。レトロモダンな感じで清潔感のあるお部屋でした。
http://travelmarket.seesaa.net/article/17264768.html

*ひなの旅行カバン:山の茶屋に行ってきました。
ちょっと前のブランチでも紹介されていた「箱根湯本塔ノ沢温泉 山の茶屋」に行ってきました。
http://travelbag.seesaa.net/article/17706074.html

*厳選!いい宿夢気分!やっぱ温泉でしょ♪:四季を味わう宿 山の茶屋
この宿のおススメはなんと言っても紫陽花! たくさんの紫陽花を見ると雨もいい感じになるんですよね。
http://iiyado.blog12.fc2.com/blog-entry-4.html

*秘密の花園♪:箱根〜
宿は箱根塔ノ沢 山の茶屋。さいこー。こころの煤払い終了。いまから命の洗濯だぁ
http://ameblo.jp/mayuzoo/entry-10013086403.html

*Charo's Hotline:家族旅行 in 箱根
宿の入口は、こんな感じ。 そう、川向こうの宿なので、車1台しか通れない「つり橋」を渡っていくのです!
http://blog.so-net.ne.jp/charo-hotline/2006-06-11

*ジャンプを230円以上に味わう:箱根旅行記:6/25〜27
客室に露天風呂付でして、もういつでも美肌の湯に入れると言う贅沢。彼氏とのんびりできました。
http://ameblo.jp/gaist/entry-10014127562.html

*相模のOYAJI日記: 週末箱根 (宿)
塔ノ沢温泉郷の『山の茶屋』さんです。ここは露天が二つに内風呂が一つですが露天付きのお部屋がいくつか用意されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/take_s36/10343254.html

*お宿マニア:9月の連休の予約は早めに!!
『箱根湯本塔ノ沢温泉 山の茶屋』さんに泊まりたかったのですが、調べたらもう既に土曜日は予約がいっぱいになっていました。
http://oyadomania.seesaa.net/article/22666793.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:08 | コメント (0)

 

強羅天翠〔神奈川県・箱根〕

「強羅天翠〔神奈川県・箱根〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

都心から短い旅。箱根登山鉄道終着駅『強羅』からほんの百メートルほど。時々遠くから聞こえる電車の音、箱根の湯の香り。ノスタルジックな空間ですがプライヴェート重視のホテルの心配り。おしゃべりの声もひそみがちな夜がここから始まります。 《施設をチェック→》

「箱根強羅に2006年1月にオープンした和モダンの旅館です。到着するとまず足湯カフェへ!この足湯カフェ、夜は素敵なバーに変わるそうです。発見がいっぱいありそうですね」



=2006年8月26日収集分=

*VANILLA&MOCHA:温泉
箱根「強羅天翠」という温泉です(超近いじゃんか〜)外門を通り、中に入るといい感じの竹のオブジェが落ち着いた感じで、すっごく綺麗
http://yaplog.jp/allround13_22/archive/107

*ミンキームーンネットワーク (MinkyMoonNetwork):箱根旅行 1日目 (強羅天翠 泊)
旅行の目玉、強羅天翠にチェックイン。ここは今月号のLEONとか、東京スケジュールとかヴァンサンカンとかに掲載される(た)らしいー
http://www.mmn.nu/archives/2006/04/1.html

*Sans-Souci:強羅 天翠
このお宿、決して大きくなくこじんまりとしていましたが、なかなかオトナで落ち着いていて大変心地よいお宿でした。
http://blog.satoshie.com/?eid=259147

*のんびり主婦でもできるかな??:箱根旅行3日目
箱根旅行も最終日です。強羅天翠のお風呂やお料理を満喫して二人してご機嫌な朝でした
http://sumimon.blog32.fc2.com/blog-entry-146.html#more

*しまっていこー!:箱根旅行
ここのチェックインは、エントランスを入ったところにある足湯カフェで行われます。名前の通り、足元にお湯がはってあります。
http://blog.livedoor.jp/aokam/archives/50489365.html

*極上!貸切露天風呂 「東日本編」:強羅温泉:天翠
強羅温泉のお宿 強羅 天翠 です。密やかなささやきも心地よい静かな佇まい、大人の隠れ宿。
http://1present.net/east/2006/06/post_255.html

*温泉セラピー:箱根あじさい電車
今回は、強羅天翠で、ひと足早く、夏のお料理を取材しました。和気料理長の力作。吟味された食材に季節が香ります。
http://onlyfor.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_594e.html

*kobuchanのお部屋:強羅温泉
土日は箱根、強羅の「強羅天翠」行って来たよ。今年オープンしたばかりなのかな? 新しくって奇麗だったよ☆
http://sky.ap.teacup.com/kobuchan/87.html

*羽田ではたらく番頭のblog:久々の温泉!
おしゃれで、清潔感に溢れ、食事もおいしく、いろんなお風呂が楽しめ、いい骨休みになりました。
http://ameblo.jp/3chome/entry-10014821023.html

*ちろりん日記:箱根 強羅天翠。。。^^
納得のいく設備と清潔さがポイント高し。女将さん以下、従業員さんのサービス、接客態度が秀逸で特筆出来ます。
http://plaza.rakuten.co.jp/chirorin32/diary/200608140000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:07 | コメント (0)

 

中禅寺湖温泉 ホテル四季彩〔栃木県〕

「中禅寺湖温泉 ホテル四季彩〔栃木県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

雄々しい男体山に抱かれ、穏やかな中禅寺湖を間近に望む当ホテルで季節の彩りとたおやかな時をのんびりと、ゆっくりとお楽しみくださいませ。 お食事を味わいながら心地よく楽しめるシックな色調にまとめたダイニング、暖炉を設け静寂と語らいを重視したロビー、都会の喧騒を離れゆったりとした時の流れを楽しめるライブラリーラウンジ、そしてくつろぎのスパタイムを提供する露天風呂増設、とホテル四季彩はまた進化しております。 《施設をチェック→》

「四季ごとにそれぞれ楽しみがある奥日光にあり、温泉が自慢のお宿です。「美肌の湯」をいわれる硫黄泉は特に女性におすすめですね」



=2006年8月26日収集分=

*orange journal:日光温泉旅行
全室36室のこじんまりとしたホテルでしたが、新しいらしく清潔でキレイ。お部屋に案内されてまずはくつろぎタイム。
http://achikako.exblog.jp/4262342

*happy maternity life:最後の2人旅
今回は以前テレビで見て気になっていた、日光中禅寺湖にあるホテル四季彩さんにお世話になることにしました。
http://blog.goo.ne.jp/premama25/e/9c17d5dc8fb5dab097cfff591ae5dcfc

*お気楽ダンサーは旅行が大好き:日光・中禅寺湖温泉
泊まったところは中禅寺湖温泉のホテル四季彩とても綺麗でした。ちょっとしたところにこういったお花があって
http://plaza.rakuten.co.jp/wamami/diary/200604100000/

*フル〜ツバスケット:親子旅行
お世話になったホテル四季彩さんは、そんなに大きなホテルではないけれど、館内の各所に飾ってあるお花がとっても個性的
http://moka2.blog42.fc2.com/blog-entry-19.html

*なぎなぎ★なぎちゃん:日光へ行ってきました(1日目)(1歳3ヶ月)
・ホテル四季彩 。和と洋がバランスよく溶け合って、とても心地の良いこじんまりとしたホテル。
http://blogs.yahoo.co.jp/ieee1971/32054029.html

*アヒャ(゚∀゚)!!リエイト:お宿シリーズ第2弾〜中禅寺温泉
お風呂も温泉らしく濁った硫黄臭ぷんぷんのお湯で、すこしひなびた感じの木の浴槽が気分を盛り上げてくれるし。
http://plaza.rakuten.co.jp/chirichiri/diary/200604070000/

*cafe歩き:GWのメインイベント
泊まったところは「奥日光ホテル四季彩」。露天風呂付の部屋です☆38平米もあるその部屋は、和風モダンっぽいインテリア。
http://cafearuki.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_8149.html

*miu's room:ゴォルデンウィークの日記
中禅寺湖温泉ホテル四季彩メチャオススメでしゅ。お料理も美味しくてボリュームあって、温泉もキレイだったし、ほんっと大満足なお宿でしたぁ.。
http://hysterics33.spaces.live.com/Blog/cns!98D0361F4B81499C!458.entry

*私の好きなお店と温泉:中禅寺湖温泉「ホテル四季彩」
湯は湯元からの引き湯で、やや白濁した硫黄泉。高温のために加水しているらしく、硫黄の匂いは少ない気がしました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ohuk522/6106663.html

*☆頑張れ!yβ戦士☆:サマーキャンプ in Nikko
車で5分ほど下ったところにある『ホテル四季彩』へ。ここも、友達のはからいで毎年無料で入浴させてもらっています。
http://blogs.yahoo.co.jp/swhgs818/17374536.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:06 | コメント (0)

 

あたみ石亭〔静岡県・熱海〕

「あたみ石亭〔静岡県・熱海〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

日本全国から由緒ある銘石・石燈籠を集め、粋をこらした石庭園。そして京風数寄屋造りの瀟洒な離れ屋を点在させ、銘木・庭木を配し流水を湛え、石・水・木の調和を基に閑静をきわめる佇まい。日本の伝統美とその心を大切にし、時の流れを加味して、心あたたまるやすらぎの場をこれからもご提供してまいります。 あたみ石亭は、これからも「日本伝統の旅館」実現に挑戦しつづけてまいりたいと思います。 《施設をチェック→》

「3000坪の大庭園に、京風数奇屋造り離れの宿です。本格的な懐石料理に、素晴らしい露天風呂。心のこもったおもてなしに、これぞ「日本の高級旅館」!です」



=2006年8月26日収集分=

*SMALL THINGS in MY Life:なかなか手の出ない高級なお宿in熱海
熱海 石亭にとまりましたぁ〜 迷子になるかと思うくらい、広い庭がキレイ。 お風呂もちょっぴりしょっぱい温泉で肌つるつるに。
http://beautifulworld.blog26.fc2.com/blog-entry-6.html#more

*つれづれなるままに一日一言:熱海石亭に泊まる
表記の宿、熱海石亭。玄関横に大きな石の陰陽石が鎮座まします。間口は広くないが、京都の古い家屋のように奥へ奥へと伸びている
http://blog.so-net.ne.jp/dragon_kawa/2006-02-16

*日本人に生まれてよかった。:熱海石亭
一泊20万程でしたが、サービスも料理もなかなか、特に全体が庭園で見応え十分でした。
http://plaza.rakuten.co.jp/kodawari1962/diary/200603070000/

*ぺこりんのおっぺけぺブログ:社員旅行in熱海 高級旅館石亭
一泊二日で社員旅行に行ってきました。今回は高級旅館 熱海 石亭でした! とっても風情のあるステキな場所でした。
http://blogs.dion.ne.jp/pecorin/archives/3232139.html

*熱海を徘徊:熱海の石亭
最近、熱海の石亭のオーナーが変わったと噂されている。現に、石亭は一時期工事をして宿泊客が居ない状態が続いていた。
http://blogs.yahoo.co.jp/atami_sightseeing/12118392.html

*Brownie's Diary:湯河原 − 石亭
最初の私の印象は、とってもこじんまりしてるところだなぁ・・・とちょっと不満気味だったのですが、それが逆に良かったです。
http://brownie718.exblog.jp/4212957

*栗本祐子ブログ:熱海石亭
熱海の『あたみ石亭』にいってきました。ここは昭和36年開業という歴史ある旅館なんです。
http://kurimotoyuko.arekao.jp/archive-20060709.html

*厳選!いい宿夢気分!やっぱ温泉でしょ♪:あたみ石亭
「あたみ石亭」では熱海花火大会を旅館の桟敷席から 見ることができるんですよ♪
http://iiyado.blog12.fc2.com/blog-entry-19.html

*TOMITのくいだおれレストランガイド:あたみ 石亭 (せきてい)
さて今日の黄金崎と言う部屋は和室二部屋にバリ風と言うプールの様に広い専用露天風呂と檜の内風呂のある離れだ。
http://u.tabelog.com/tomit/r/rvwdtl/83221/

*PLUS+NEKO:今年も盛大な誕生日でした
あたみ石亭という旅館に泊まりまして、全室離れしかも全て石畳でつながっているとても趣のある素敵な旅館でした。
http://plusneko.jugem.jp/?eid=680

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月27日 01:04 | コメント (0)

 

リーガロイヤルホテル大阪〔大阪府〕

「リーガロイヤルホテル大阪〔大阪府〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

大阪の中心中之島で「関西の迎賓館」として、半世紀以上の伝統に培われたきめ細やかなおもてなしと、最新設備でいつも快適なホテルライフをお約束いたします。22のレストラン・バー、24時間ルームサービス、室内プールなどを備えた多機能型都市ホテルです。 《施設をチェック→》

「まるで一つの街のように、巨大なスイミングクラブにショッピングモール、最高級フランス料理レストランなどを備えた都市型ホテルです。もうどこにも行かないで、このホテルにいるだけで満足ですね」



=2006年8月24日収集分=

*ChiHaNaママの育児日記:☆旅行一日目☆
リーガロイヤルホテルでくつろいでいるところ。 しかし、ちったんは何故かホームシックになっております(ーー;)
http://plaza.rakuten.co.jp/oktittan/diary/200607150000/

*メンバー8人全力投球:ただいま〜 Part 2
リーガロイヤルホテル大阪に宿泊しました。主人も仕事で行ったことがあり、立派なホテル♪との事だったので、気持ちを逸らせながら向かっていました♪♪
http://asucuri.exblog.jp/2898015

*ウエディングカフェ〜えななポケッツ〜:大阪へ行って来ました!
19日に大阪・リーガロイヤルホテルで行われた桂由美グランドコレクションへ行ってまいりました。
http://ameblo.jp/enanapockets/entry-10015112819.html

*rana CIRCLE:大阪旅行(7/28-7/29)
今夜は「リーガロイヤルホテル」が宿泊先です☆なかなか大きくってビックリ!!安かったのにねえ、、、
http://rana-bz.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/728729_19b7.html

*食職社長のぱくぱく日記:賀来景英さんと大阪へ。
今夜の泊まりはリーガロイヤルホテルです。ここはやはり落ち着いた、ホテルらしいホテル。天皇一家もお泊りになる大阪の老舗です。
http://shokupakuman.cocolog-nifty.com/shokupaku/2006/08/post_66f1.html

*☆関西Cake report:リーガロイヤルホテル大阪
リーガロイヤルホテル大阪内、NATURAL GARDEN。苺のショートケーキを。
http://cakenow.exblog.jp/4001909

*M I Y A 萌 え ブ ロ グ:大阪旅行★1日目
ハヤタソと別れ、ホテルへ戻る。今回のホテルはリーガロイヤルホテル。超VIPな感じ。
http://boomer-dance.seesaa.net/article/22478268.html

*KANON's classica diary:名ばかりですか?「リーガロイヤルホテル」
もっとも、伝統と格式=古いホテルというだけあって 壁紙黄ばんでるし。 今どき空調がツマミ調節だし。
http://blog.kansai.com/kanon/217

*Room of Palin:リーガロイヤルホテル大阪
ボーイさんに案内されて始めて部屋に入ってビックリしたことは、部屋の中が更に2階建てになってるっていうことw
http://elt27298.exblog.jp/4367392

*+olive blog+:やすらぎの時間(ひととき)大阪/リーガロイヤルホテル・・・
こちらのホテルは客室数の多さもさることながらプランの多さも他のホテルを群を抜いていると思われます♪
http://olivesky.exblog.jp/3618501

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月25日 11:01 | コメント (0)

 

メルキュールホテル銀座東京〔東京都〕

「メルキュールホテル銀座東京〔東京都〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

フランスらしい洗練された雰囲気にモダンテーストを融合させたフランスのアコーグループ運営の新感覚のホテルです。 従来ホテルの中心であった宴会場をあえてつくらず、宿泊のスペシャリストを目指し、誰もが気軽に楽しめるビストロとスタイリッシュなお部屋で、ご宿泊のお客様中心のコンセプトで設計されています。 《施設をチェック→》

「銀座4丁目交差点より徒歩3分のところにメルキュールホテルはあります。フランスのホテルなので、お部屋は赤のソファーがあるエスプリな感じです。」



=2006年8月24日収集分=

*花柄☆華柄:東京への旅
「メルキュールホテル銀座」部屋も広くて、赤いソファとか置いてあって、なかなかお洒落な部屋でした。
http://hananoka.seesaa.net/article/18703355.html

*出張ホテル王 地方のビジネスホテルで宿探し:東京・銀座のビジネスホテル
このホテルは、地下鉄駅「銀座一丁目駅 11番出口直結」の、メルキュールホテル 銀座というホテルでございます。
http://travelking.seesaa.net/article/18825082.html

*ishidas:銀座の「メルキュールホテル銀座東京」がお気に入りです
ここ一年余り東京出張の宿泊先は「メルキュールホテル銀座東京」に決めている。
http://ishidas.noblog.net/blog/f/10217900.html

*使えるホテル:VITAMANお試しプラン : メルキュールホテル銀座東京
個人的に気になっているホテルの1つに、銀座にあるメルキュールがあります。
http://mvcl.cocolog-nifty.com/usefulhotels/2006/07/vitaman__6aec.html

*まさひろ瓦版:銀座の隠れ家さがし
これが大当たりだった。「レシャンソン」はリーズナブルでお洒落なホテル「メルキュールホテル銀座東京」の2階にある
http://iisirase.exblog.jp/4038151

*B型ファミリーは今日も行く!:東京見物
・・ホテルに泊まることにしたのでした。泊まったホテルはメルキュールホテル銀座東京というホテル
http://ameblo.jp/kotsukotsu/entry-10015329825.html

** sugar for my honey *:メルキュールホテル銀座東京
当初予定の宿泊場所にたどり着けそうに無かったので、急遽、銀座にある『メルキュールホテル銀座東京』』に泊まる事にしました。
http://inazohoney.exblog.jp/3006722

*お見合いの歩き方:銀座のホテル
今度、12日に銀座の"メルキュールホテル銀座東京" に母親と二人で宿泊予定なんです。
http://ameblo.jp/bluepenguin1001/entry-10015535178.html

*ホテルセラピー☆〜また泊まりたいホテル 寛げたホテル〜:メルキュール・・・
銀座で遊ぶのにベストでしょう!値段、ロケーションが申し分なし!お部屋の狭さは目をつぶりましょう。
http://stellamarishotel.seesaa.net/article/22230975.html

*Night's BLOG:レ・シャンソン
メルキュールホテル銀座東京「レ・シャンソン」 マロニエ通りから1本入った静かで小さなホテルの2F。
http://nightsblog.blog57.fc2.com/blog-entry-18.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月25日 10:59 | コメント (0)

 

ヒルトン東京ベイ〔千葉県〕

「ヒルトン東京ベイ〔千葉県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

ヒルトン東京ベイは、東京ディズニーランドと隣接しており、広大な東京ベイを目の前にしたオーシャン側と、東京ディズニーランドを見渡すパーク側の、ふたつの贅沢な景観をお選びいただけます。全801室とも障子と襖を使用し、国際的ながらも和の落ち着きを感じさせる客室となっています。一日の終わりに訪れる、最上のくつろぎをお楽しみください。 《施設をチェック→》

「東京ディズニーランドに隣接するホテル。遊び心がいっぱいのファミリールームやプールにジムなど、家族みんなが楽しめるホテルです」



=2006年8月24日収集分=

*4兄弟のドタバタ日記〜やや大家族の日常〜:ヒルトン東京ベイ・・・
ヒルトンで海側に宿泊したことはないので分からないけどパーク側って「あぁ、ディズニーリゾート!!」って気分になるから好き♪
http://blogs.yahoo.co.jp/tadanoayanoyuki/39916714.html

*のんとたんの旅行だ〜いすき♪:ヒルトン東京ベイに行ってきました〜
日曜日にヒルトン舞浜に泊まってきました。サマーボーナスプランで、2名一室朝食付23000円です。ゴールド会員になって初めての舞浜。
http://blog.goo.ne.jp/nontotan/e/3168d3fdbea3df265ac766e35d75c67d

*姫の一日:楽しい小旅行♪
今回が初めてでしたが、キッズスペースが豊富で、サービスも良く、お料理もおいしく、お値段もお安く、なかなか良いホテルでした
http://ameblo.jp/yukiyuki-miomio/entry-10015566274.html

*ベビーとお出かけ:ヒルトン東京ベイ
舞浜のヒルトンは、年齢制限が無いし、幼児用プールもあったので、ここに決めました。
http://plaza.rakuten.co.jp/forestyusa/diary/200608060000/

*from day to day.:ヒルトン東京ベイでアジアンビュッフェ
先日、家からほど近い舞浜・ヒルトン東京ベイのアジアンビュッフェに行って来ました。
http://fromday2.exblog.jp/4309597

*スッピンGIRL:ディズニーホテル選び
HPで部屋を見たら、『ヒルトン東京ベイ』は障子や、ふすまが使われていて、和洋折衷。
http://blog.so-net.ne.jp/koichi-love/2006-08-19

*紫音日記:ケーキバイキング♪
今日は高校の時の同級生達と一緒に舞浜にあるヒルトン東京ベイのケーキバイキングに行って来た(^u^)
http://blogs.yahoo.co.jp/tirachan22/17666009.html

*Sweet Home:夏休み〜(TDRへ)
そのままホテルに車を置きに・・・今回のホテルはヒルトン東京ベイこれでオフィシャルホテル5つ制覇です
http://plaza.rakuten.co.jp/poipoi2001/diary/200608180000/

*alohaな毎日:ホテルの室内で携帯電話が圏外になる不便さ
いつもの様にヒルトン東京ベイの海側の部屋は、携帯電話が圏外でした。
http://plaza.rakuten.co.jp/ippindou/diary/200608210003/

*「しろ」のディズニーシーに行った日だけ日記:いつも悪天候。 (その1)
お部屋の窓はとても大きくて、私の大好きな本物の海を好きなだけ見渡すことができます。
http://plaza.rakuten.co.jp/massirosiro/diary/200608170000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月25日 10:57 | コメント (0)

 

セレスティンホテル〔東京都〕

「セレスティンホテル〔東京都〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

Celestine(セレスティン)とは、ラテン語を語源とする、「天空の」、「素敵な」、「絶妙な」という意味の言葉です。 この名には、頭上に高く広がる大空“天空”のように、ひとまわりスケールの大きなリラクゼーションと、プロフェッショナルによる絶妙なサービスをお約束したい、という思いが込められています。 《施設をチェック→》

「芝公園という絶好のロケーションにある天井の高い、広いお部屋があるホテルです。仕事でも観光でもショッピングでも使える素敵な場所ですね」



=2006年8月24日収集分=

*チョッとしたことに感動する独身男性の日記:@港区芝公園
素晴らしいホテルだった!セレスティンホテル。ロビー、客室、専用ラウンジ、レストラン。
http://sky1966.blog63.fc2.com/blog-entry-56.html

*punのホテル紀行:セレスティンホテル
部屋は狭いですが機能的でベッドがとても寝心地が良くついつい寝転んでいるときにいつしか熟睡してしまいます。
http://punkumapun.spaces.live.com/Blog/cns!2B4D136AB6E9843D!365.entry

*めざせ脱OL♪株中毒だけど許して:その▲札譽好謄ンホテル
ここの売りは、寝心地の良いベッドと宿泊者向け無料のドリンクサービスです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kabu_moukare/13467429.html

*Akiraco Beatiful Life:Celestine Hotel
六本木や白金、品川からも近いのと、ホテルの佇まいが素敵なのでとても気に入っていて、今回で4回目の利用です。
http://plaza.rakuten.co.jp/akiraco/diary/200607280001/

*TRS's room:東京に来ております
芝公園にあるこのちょっと高級ビジネスホテル。もちろん、ドアマンはいませんが、ロビーは広く廊下もおしゃれです。
http://yuyauno.exblog.jp/3899522

*おすすめお宿:セレスティンホテル
セレスティン、それは、「天空」という名のホテル。セレスティンホテルは2002年7月オープンと新しい。
http://tabioyado.seesaa.net/article/21653338.html

*ちゃみのひとりごと〜★☆★:セレスティンホテル
部屋の広さは大して広いとは思わない。ただ、ベッドはシモンズ製だから寝心地は抜群!よーく眠れます(*^O^*)
http://blogs.yahoo.co.jp/chami_sen/40049463.html

*そらのローマ生活:成田へ
ちょっとおしゃれなビジネスホテルという感じなんだけど、ロビーはアロマのいい香りに包まれてるし、気持ちよく過ごす事が出来ました。
http://akihaha.cocolog-nifty.com/sora/2006/08/post_dbda.html

*Knit_chan's Blog:プチ夏休み
人が少ないであろうビジネス街にあるちょっと良い感じのお手ごろホテルということで、セレスティン ホテルに決定。
http://knit-chan.at.webry.info/200608/article_5.html

*はらはらと舞い散るさくら日記:ほけーっと読書ができるホテル
先日、泊まったホテルは三田にある『セレスティンホテル』!まだ4周年をむかえたばかりの新しいホテルです。
http://plaza.rakuten.co.jp/giftedgirl/diary/200608150000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月25日 10:54 | コメント (0)

 

ザ・リッツ・カールトン大阪〔大阪府〕

「ザ・リッツ・カールトン大阪〔大阪府〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

大阪は北の中心、梅田に位置し、大阪駅から徒歩5分の便利なロケーションを誇るザ・リッツ・カールトン大阪は、ホテル王セザール・リッツのサービス哲学を受け継ぐ国際的ホテルグループ、リッツ・カールトンの日本第一号として1997年5月に開業しました。 18世紀英国の貴族の邸宅をモチーフにした優雅で洗練されたインテリアと、隅々まで行き届いたきめ細やかなパーソナルホテルステイをお約束いたします。 《施設をチェック→》

「世界の著名人からも愛されるラグジュアリーホテル。様々なホテルのランキングで1位をとるお墨付きの素晴らしさです。お部屋も、レストランもすべて極上です」



=2006年8月24日収集分=

*余は如何にして道楽達人になりしか:ザ・リッツ・カールトン大阪・・・
ザ・リッツ・カールトン大阪のスイートルームで、ちょっとしたパーティーに参加した。
http://doraku.cocolog-nifty.com/waytodoraku/2006/07/post_0044.html

*NWH通信:旅ツウ
ホテル名で直接検索して、「リッツ」と「カールトン』の間に「・」を入れないとなら無い事に気付き、そしてヒット!
http://bee.taxi.hiho.jp/?eid=524955

*COLORS:待望のザ・リッツ・カールトン大阪
大阪に行ってきました! ホテルランキングNO1 さすがは風格あるリッツ。ここはどこ?街の喧騒とは別空間の静かな空気が流れる
http://clrs.jp/view_diary.php?did=75010&uid=34542

*no xxxx, no life 〜 survival in the USA ver. 〜
ホテルのなかのホテルって言われてるだけあっていわゆる“非日常”がここまで演出されていると利用する方も割り切れます。いい意味でね。
http://spumoni.jugem.cc/?eid=622

*若手税理士奮闘記とここだけの裏話:リッツ・カールトン
リッツ・カールトンの一流のサービスを学んだ。リッツ・カールトンといえば、昨年もこのブログで紹介したが、私の大好きなホテルだ。
http://blog.livedoor.jp/hinokami_ah/archives/50121440.html

*四葉のクローバー:リッツ・カールトン・ドリーム
ひがみからこんな文面になってしまうのか.... ザ・リッツ・カールトン大阪さん、ごめんなさい
http://blog.kansai.com/planet_1991/547

*普通の主婦が悪戦苦闘する絵日記:乳リッチ
ザ・リッツ・カールトン大阪に飲みに連れて行ってくれたことがあったけどピアノの生演奏聴きながら飲んだカクテルは良かったなあ^^
http://ameblo.jp/usagixxx/entry-10015868631.html

*ブログ: 小旅行(^∀^)/
コンシェルジュの対応が凄く良いっホテル内のバーの生演奏も素敵だったし食事も美味しかったし文句無しかな
http://plaza.rakuten.co.jp/blooms/diary/200608130000/

*元気と勇気と信頼の回復のために:リッツカールトンに泊まりました
以前からとっても興味を持っていたホテルであり、一度泊まってみたいと願っていたホテルでした。
http://teduka.exblog.jp/4001862

*しあわせ記念日:リッツでの一日
大阪の素敵なホテル『ザ・リッツ・カールトン大阪』結婚式する!って決める前はお料理美味しいし、豪華な内装
http://ameblo.jp/happy0506/entry-10016056786.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月25日 10:53 | コメント (0)