旅行/行楽
 

レゾネイトクラブくじゅう〔大分県竹田市〕

「レゾネイトクラブくじゅう〔大分県竹田市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「レゾネイトクラブくじゅう」は、阿蘇くじゅう国立公園内、標高865mという壮大な大自然にひっそりと佇むホテルです。「自然と人・人と人の共存・共鳴(Fesonate)」をコンセプトに、敷地内の環境・生態系を守りながら四季折々の自然の素晴らしさをお伝えしています。 《施設をチェック→》

「阿蘇くじゅう国立公園内にある人気のあるホテルです。木や漆喰などを使った客室は自然の風を感じることが出来て気持ち良さそうです」



=2006年9月29日収集分=

*みゆの温泉・食べ歩き 日記:レゾネイトクラブくじゅう
露天風呂と内湯とサウナ・カウンターの部屋・ドレッサーもがあります。ゆっくり出来て、お勧めです。今度は一度泊まってみたいと思いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/aaa125aaa2000/7711102.html

*NAKAMEJINA-ナカメジナ-:大分の旅
食事や部屋のしつらえ等、個々をとれは他の宿の方が優れているところもありますが、とにかくロケーションやホスピタリティなど総合的にみると自分の中ではここが一番です。
http://yasu.dcnblog.jp/nakamejina/2006/06/post_d193.html

*ちぃの旅日記:レゾネイトクラブくじゅう (大分県)
「レゾネイトクラブくじゅう」です。阿蘇くじゅう国立公園内の標高865mに広がる壮大な大自然の中に建てられた癒しのリゾートホテルです。
http://blogs.yahoo.co.jp/chii_s_smile/9373479.html

*レゾネイトクラブくじゅうニュース:クラフトゆき
レゾネイトクラブくじゅうのフロントにイスに座ったおじいちゃんがいるのをご存知ですか?とってもやさしそうなおじいさんです
http://resonate.typepad.jp/blog/2006/07/post_7505.html

*ジョグ男です。:家族旅行最終日
旅行の2泊目はレゾネイトクラブくじゅうでした。今日のメインは8000円のコース料理です。4人で8000円じゃあないですよ!!
http://plaza.rakuten.co.jp/joguo/diary/200607310000/

*☆ぷちぷちにっき☆:さまばけ♪ 〜おやど編〜
レゾネイトクラブくじゅう。阿蘇くじゅう国立公園内に佇むホテルです。「レゾネイト」という言葉は「共生・共鳴」を意味しているそうです
http://plaza.rakuten.co.jp/petite910/diary/200608070000/

*西薗守 住空間設計室:阿蘇〜久住旅行 見どころ 2
標高865mの阿蘇くじゅう国立公園内にあります。客室は、漆喰と木を使い、窓からは草原が眺められて、時の流れを忘れて寛げました。
http://blog.livedoor.jp/nishizono23/archives/50254211.html

*アイアイ♪逞しく育ってね!!:大分の山!
今回泊まったのは「レゾネイトクラブくじゅう」阿蘇くじゅう国立公園内にある施設で、人気あるホテルです。
http://blogs.yahoo.co.jp/saecyonmage/39873522.html

*あ、これ好き!:大!大!満足。くじゅうの旅。
ひとつひとつが独立してるからとってもプライベート感も強いし、それでいてレストランやお風呂までは屋根でつながっていて便利なの
http://blog.goo.ne.jp/flan-con-nata/e/d146f71298479c9bb3b68e83bebf0835

*男のおもちゃ箱:二押しのホテル! 一押しは後で
満天の星空の中でお風呂に入れるホテルとしては★★☆です。めちゃくちゃ雄大な眺めと特上のサービス・・リゾートの典型的なホテルだと思います
http://blogs.yahoo.co.jp/sisuope/1459733.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月30日 08:43 | コメント (0)

 

ザ・ナハテラス〔沖縄県恩納村〕

「ザ・ナハテラス〔沖縄県恩納村〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

那覇市の新都心にありながら静かな環境を活かし、光や風をたっぷりと取り入れ、シンプルで落ち着きに満ちたインテリアは豊かな空間演出を実現。訪れる方ひとり一人のご要望に対し心を込めておもてなしするバトラーサービスが、快適さとくつろぎをいっそう豊かなものにしています。 《施設をチェック→》

「那覇の中心にあるのに、アジアンリゾートにいるような気持ちになれそうです。落ち着いた雰囲気で、大人のためのホテルですね」



=2006年9月29日収集分=

*dodicesimo drago:「ザ・ナハテラス」
特別なフロアを選んだおかけで、専用カウンターやアルコールが揃ったラウンジ、専用サウナ・・・と、特別扱いっぽくていい感じ。
http://orange.ap.teacup.com/cota12/1631.html

*shino's happy recipe:OKINAWA2
”ナハテラス”那覇ではトップクラスのホテルらしい。(かのブセナテラスの系列ホテル)インテリアのセンスもとても素敵だし、サービスもつかず離れずいい感じで納得☆
http://happyshino.exblog.jp/3914979

*まなみのブログ:沖縄1日目
この後ホテルにチェックインしました。今回のホテルはザ・ナハテラスです。あの有名なリゾートホテルのザ・ブセナテラスと同じテラスグループのホテルです。
http://yaplog.jp/manami-y/archive/47

*cookie's garden:ザ・ナハテラス
別名のホテルのリニューアルで、国際通りからはちょっと離れたところにあります。ショップのある一階は、ちょっと薄暗い
http://blog.so-net.ne.jp/cookiegarden/2006-08-01

*tokyo diary☆:おこぼれ
ってなけで今回はナハテラス。角部屋でツインの部屋をシングルユースって贅沢なかんじがするのは私だけ?!
http://blog.goo.ne.jp/misato-n/e/744970a715e7175d293bd757910eb693

*ニニコの日記:めんそ〜れ〜!
ホテルは『ザ・ナハテラス』って所に泊まったんだけど、キレイで雰囲気もよく、サービスも良く、大満足でした。
http://blog.goo.ne.jp/rahmens_001/e/8369dd26a138b681b9cb6977737feade

*♪パラサイトマダムな生活♪:今夜はザ・ナハテラス!☆画像あり☆沖縄旅行
今注目の新都心エリアにある「ザ・ナハテラス」になります。高台の住宅地の一角にあり、大変静かなので、落ち着いた雰囲気のホテルです。
http://plaza.rakuten.co.jp/hapirahapira/diary/200608100000/

*雪王@blog:ナハテラス
1泊目はナハテラスってホテル。本当はマリオットリゾートってとこに泊まるはずだったんですけどね
http://bluewater.cocolog-nifty.com/powdersnow/2006/08/post_bd3c.html

*life-size:夏休み −宿泊地ー
とてもキレイな所で用意された部屋も簡易ベッドながなかったらゆったりした広さの部屋だし、ホテル内のインテリアはまさにアジアンコテージ!
http://yaplog.jp/life-size/archive/114

*yukiパパの ダイエット日記  もう、だめだぁー:沖縄旅行(2)
ちなみに、僕たちの泊まったナハテラスは那覇市の中心に近くグレードもある程度高く、落ち着けるホテルです。
http://plaza.rakuten.co.jp/crewgull/diary/200609180000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月30日 08:41 | コメント (0)

 

門司港ホテル〔福岡県〕

「門司港ホテル〔福岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

大正ロマンの街並みを残す、港町「門司港」に、イタリアの建築家アルド・ロッシがデザインしたホテルが誕生。 海峡のすぐそばにあるシティリゾートホテルとして、お客様に「ときめきの空間」と「やすらぎの時間」を提供をメインコンセプトに出来る、贅沢な演出を施したホテルです。 《施設をチェック→》

「関門海峡が一望できるリゾートホテル。眺めがとっても素晴らしいみたいです。お部屋の色使いが個性的で、何度行っても楽しめそうですね」



=2006年9月13日収集分=

*SOARERライフ:門司港
門司港ホテル到着です。入り口は、こんな感じで、かっちょいい!最上階の9階、海峡側のお部屋です。部屋からの眺めがとても素晴らしいっす
http://soarer.yoka-yoka.jp/e1348.html

*騙す男♂騙された振りする女♀:失恋傷心旅行ぁ慳膸聞船曠謄襦
駅から徒歩3分ほどのところに今回の宿泊先である『門司港ホテル』あり。港町にマッチしたホテルの外観はGOOD☆
http://blogs.yahoo.co.jp/my_life_is_so_exciting/39178353.html

*のほほん。:久々にお泊り。
いつもだったらホテルはステーションホテルなんだけど、面白みがないので、今回は夜景も海も見える門司港ホテルにしました。
http://blog.goo.ne.jp/gogogachapin/e/7b085fdff543a3404ce29bd23df6ca5c

*Ca va ?:友の結婚
場所は門司港ホテル。門司港ホテルといえば、食事に定評のあるところ。噂に違わずおいしい料理。
http://akubi.exblog.jp/5350176

*旅の部屋:門司港再び
このホテルの人気の部屋はおそらく船が行き交い関門橋の見える海峡側だろうと思うのだが、私は町側が気に入っている。
http://tabisanpo2.tea-nifty.com/tabi/2006/07/post_083d.html

*中年ボーダースットコドッコイ日記:自分探しの旅というよりも
とっても素敵なホテルで、海側の部屋からは関門海峡が一望できます。対岸が近いので、関門海峡の夜景ってすごーく綺麗なんです
http://blogs.yahoo.co.jp/yoretayorezo/40641990.html

*たまには旅もしたいのだが:門司港ホテル
ちょっと変形した部屋なのです。 船をイメージしているのでしょうね。 その船首にあたる部屋なので、ちょっと変形しています
http://gowest.way-nifty.com/gogo/2006/08/811_50ec.html

*Topics "Tuzuri":門司港ホテル
一度泊まったことがあるのです。ちょうど、このホテルの上層部、丸い窓があるお部屋で、変わったデザインだなぁ・・・という印象でした。
http://ameblo.jp/active-you/entry-10016136465.html

*40代の今どきlifestyle:門司港
ここは、福岡のイル・パラッツォと同じく、イタリアの建築家アルド・ロッシが設計したデザイナーズホテルとして有名だ。
http://kawakei.cocolog-nifty.com/40s_lifestyle/2006/09/post_8a8a.html

*みりぃ・ミラーの「たわごとブログ」:港めぐり珍道中〜お宿はどこだ?編
素敵過ぎる概観はもちろん、ここのホテルマンさんたちの行動が素敵でして。・・・それだけで、ああうっとりv
http://blogs.yahoo.co.jp/kid2853/19638392.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月14日 00:29 | コメント (0)

 

伊東大和館〔静岡県・伊豆伊東温泉〕

「伊東大和館〔静岡県・伊豆伊東温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

四季それぞれに多彩に移ろう庭の自然を抱く「大和館」。七十余年の間、良泉、伊東の湯と宿の趣、和のしつらえを守り木造りのお部屋の温もりに似合うおもてなしを大切に、今に合った快適さを加えております。 《施設をチェック→》

「大和館グループのひとつです。従業員の方のおもてなしが素晴らしいみたいですね。夕食の「炭火会席料理」とっても美味しそうです!」



=2006年9月13日収集分=

*颯太の日記:春の伊東温泉旅行
今回の宿泊先の「伊東大和館」は、下田と伊東で3つの宿を経営していて、支配人のお客様に対する考えもしっかりとしてらっしゃる方です。
http://plaza.rakuten.co.jp/souta0223/diary/200603220000/

*サハ共和国:伊東行き
伊東大和館。ビューのパックツアーで来た割には悪くない旅館だ。部屋も一般的な日本旅館並、もしくはそれ以上は確保されている。
http://blog.livedoor.jp/hazy_moon/archives/50511586.html

*藤井さんの日常あれこれ:温泉旅行一日目 その3
「伊東大和館」です。宿に重点置いた今回の旅行。奮発しましたよ〜(当社比)一度は泊まってみたかった露天風呂付のお部屋です。
http://fujiipro.at.webry.info/200604/article_6.html

*山梨ずくなしレポ:母の日に母娘でレディースプラン
中でも、ここ「伊東大和館 」(いとうやまとかん )はおすすめです! 以前お邪魔したことがあるのですが、食事は炭火焼き懐石!
http://fevrierr.blog55.fc2.com/blog-entry-83.html

*くまちゃんのダラダラいかせて!:伊東温泉の旅
伊東大和館に泊まった。以前、下田の大和館にも宿泊したことがあったが、とても従業員さんの感じが良かったので、今度は伊東を利用した。
http://blog.so-net.ne.jp/kumadara/2006-05-06-1

*hahaha_mama/HOME:伊東温泉・大和館
宿は伊東の大和館。チェックイン時にロビーのソファでくつろぎながら柚子蜜ジュースでおもてなしを受け、自分で好きな浴衣を選んでお部屋へ。
http://d.hatena.ne.jp/hahaha_mama/20060513#p2

*のほほん育児 おっとこまえへのみち!:旅してきました!
伊東大和館という旅館に泊まったんだけど、風呂も食事もよかったです〜。それに、むすこにも浴衣を用意してくれてて初めての浴衣姿は父ちゃんそっくりでした
http://kokomiccyon.blog6.fc2.com/blog-entry-675.html#trackback

*strawberry shortcake:伊東旅行
何より宿がすっごい良かった伊東大和館ってとこです。サービスがすごい良くて、あんな心のこもったおもてなしは初めて受けました
http://blog.goo.ne.jp/fuming0119/e/cbbdaa801d5e42431af417b56dbb95eb

*美は一日にしてならず:伊東温泉☆
泊まった旅館は伊東大和館  伊東の駅近くにありながら静かで暖かい接客の旅館でした
http://ameblo.jp/izmo326/entry-10015111977.html

*パイク蟇超汎誌:パイクが行く 〜伊東の旅中編〜
今回の旅館は『伊東 大和館』。これまで私が行ってきた旅館で一番落ち着いていてテンパってしまいましたがw
http://yonedaguppy.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_9434.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月14日 00:27 | コメント (0)

 

奈良ホテル〔奈良県〕

「奈良ホテル〔奈良県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

創業90余年の歴史と伝統を誇る奈良ホテルは、若草山、東大寺大仏殿、興福寺五重の塔などが一望でき、約一万坪の大庭園は、文化財指定の旧大乗院庭園に連なってます。瓦屋根の本館は桃山御殿風総桧造り。和と洋を調和させた内装は、宮殿の香りをただよわす。 《施設をチェック→》

「明治24年に迎賓館として誕生した伝統あるホテルです。一万坪の庭園、雅な建物、きめ細かいサービス、優雅な休日が過ごせそうです」



=2006年9月9日収集分=

*Fresh Kaffee:奈良ホテル
小山を包むように建てられています。山の上がロビーです。その上階とその下に山の斜面に添ってお部屋があるようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/3bar3bar/diary/200608080000/

*古都トコトコ:奈良ホテルでお茶でも・・・
館内は階段や天井の装飾ひとつとっても見事なお仕事をしている感じで、お茶しに入っただけなのに館内観光をしてきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/takotaroudesu/diary/200608140000/

*コボレダネサイタ:奈良ホテルのティーラウンジ
明治を象徴するの鹿鳴館の倍もの費用をかけて和洋折衷モダン建築の奈良ホテル。一歩踏み入るとまさにレトロ。
http://blog.kansai.com/biorara/357

*田井菅原神社 牛坂八幡神社:奈良ホテル
奈良ホテルには3回目ですが、伝統があり雅やかで、何度行っても素晴らしいですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/ushisaka2004/39122177.html

*かずら劇場へいらっしゃい!:奈良ホテル 〜奈良旅行 episode5〜
先日東京で泊まったビジネスホテルと大して金額は変わらないのに、部屋もサービスも全てが雲泥の差です。(まぁ東京は土地代が高いからねー)
http://plaza.rakuten.co.jp/nue777/diary/200608230001/

*革細工・銀細工:奈良ホテル
創業明治42年、90年の歴史のある木造のホテルは非常に重厚で、サービスも行き届いていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/jdpcj848/40786907.html

*法律の道を究めよう!:奈良ホテルに行ってきました!
奈良ホテルは私は3回目ですが、やはり良いですね。伝統があり雅やかですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/datin/diary/200608210001/

*un jardin de Nao〜quatre saisons〜:大和魂!
いよいよ憧れの奈良ホテルへ!しかもっ! デラックスルーム!!!その上一人一泊¥9000-!!!
http://jardinnao.exblog.jp/3649585

*わたしたちのブログ:奈良ホテル
宿泊は奈良ホテル。部屋は旧館だったのですが、古いとはいえ綺麗にしてあります。カーペットとベッドはフカフカですし、テレビや家具もいい感じでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/icesnowman/diary/200608190001/

*自由に建築と向き合う:奈良ホテル
昼食をとるため、奈良ホテルへ行きました。私はあまり知らなかったのですが、明治42年創業の木造のホテルでした。
http://210385.blog71.fc2.com/blog-entry-48.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月09日 23:21 | コメント (0)

 

ホテルヨーロッパ(ハウステンボス)〔長崎県〕

「ホテルヨーロッパ(ハウステンボス)〔長崎県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

海を庭に持つ、都市型ホテルの頂点それがホテルヨーロッパです。アムステルダムにある100年の伝統を誇る同名ホテルをいちだんとグレードアップしてハウステンボスの一角ユトレヒト地区に再現しました。 《施設をチェック→》

「ハウステンボスにある名前の通りまさにヨーロッパを感じるホテルです。目の前が海、ヨーロッパの邸宅のようなお部屋。ここは日本じゃないですよね♪」



=2006年9月9日収集分=

*あほまいのすみか:ハウステンボス紀行 vol.2
ホテルヨーロッパのラグジュアリールーム。こないだの土日に行ってきました☆今回は、お部屋がいつになくゴージャスになっております。
http://blogs.yahoo.co.jp/aho_micro_tan/16274231.html

*かすてら長崎のプチ投資でプチ贅沢:ホテルヨーロッパ@長崎ハウステンボス
感想としては、このホテルヨーロッパなかなかのものでした。特に料理が最高においしかったです。
http://blog.livedoor.jp/kasutera_nagasaki/archives/50811299.html

*あさぎいろ日記:☆もうすぐお盆です☆
ハウステンボスです★しかも泊まるのはホテルヨーロッパ♪知ってる人にはこのすごさがわかるでしょう☆わぁいわぁい☆★☆
http://blog.goo.ne.jp/imako0208/e/9f4aba50a8c3d3aa0613de4f8b27fe6e

*ケロちゃんぷるたんのたべある記2:3日目(その2) ハウステンボス到着
ゴージャスな旅行にしていたので、部屋はOCEAN VIEWです。さらに、今夜オードブルとシャンパンのルームサービスも届く事になっています。
http://blog.so-net.ne.jp/pulltan/2006-08-21-1

*のりたまのお気楽生活:ハウステンボス〜セレブな旅〜
園内にある最高級ホテル、「ホテルヨーロッパ」しかも、1階のテラス付きのお部屋。なんでも、朝食をルームサービスにしてそこで頂くというのだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/ari_masanori/17555396.html

*そよ風のなか 猫といっしょに 歩こう:ハウステンボスのホテル ヨーロッパ
ハウステンボスのユトレヒトの前にある運河沿いのホテル ヨーロッパ。このホテル 一歩中に入ったとたんもうそこは 異国の世界
http://blogs.yahoo.co.jp/eif72000/17584329.html

*たまきの節約日記:ホテルヨーロッパ
しかし、結果的にホテルヨーロッパを選んで大正解でしたよっ いろんな特典がありましたしね〜
http://tamaki0731.blog60.fc2.com/blog-entry-86.html

*LISMOney ファンド:旅行について・・・・
ハウステンボスでは、絶対ホテルヨーロッパに泊まりたくて・・・(ハウステンボスならホテルヨーロッパ以外は泊まる気がなかった)
http://lucky-lismoney.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/1_7faf.html

*日航太郎の飛行機搭乗日記:ホテルヨーロッパ
外観はなかなか素晴らしいものがありますが、室内は余りにそっけない内装でした。ベネフィットの安プランだったので仕方ありませんが、お部屋も低層階。
http://blogs.yahoo.co.jp/jal_jgp/18282566.html

*spoonful‖†‖スプンフル:ハウステンボス
金曜夜はホテルヨーロッパに泊まったのですが、お部屋が空いてたとかでスタンダードのはずをデラックスでご用意して下さってました。
http://tukimori.jugem.jp/?eid=95

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月09日 23:19 | コメント (0)

 

有馬温泉 欽山〔兵庫県〕

「有馬温泉 欽山〔兵庫県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

いにしえの神々に発見されたという伝説を持ち、神代より受け継がれる、日本最古の湯として名高い有馬温泉。万葉集にもその名は登場し、永き伝統と繁栄をいまに伝えています。湯けむり漂う山あいの静寂と、やさしい四季のうつろいに身を包み、悠久のやすらぎにひたれる館、欽山。 数寄屋の佇まいが美しい、有馬を代表する旅館です。侘び、寂びを綾なし、礼を尽くす茶の湯の心にも通じたきめ細やかなおもてなしの心で、皆さまをお迎えいたします。 《施設をチェック→》

「有馬温泉を代表する高級な旅館ですね。雑誌や色々なところで紹介されています。一度は泊まってみたい憧れの宿として有名です。」



=2006年9月7日収集分=

*「中高年の最後のアガキ!」:ただいま。
「一度は 泊まってみたい憧れのお宿」ってところ見てたら、、、有馬温泉 欽山 この旅館は 今から19年位前かな? 
http://blogs.yahoo.co.jp/yuko1222hide/27190555.html

*癒しの京豆柴:有馬温泉
初めて行った旅館でしたが、落ち着いたすごくいい旅館でした。普段は子供、お断りらしいのですが春休みに入ってるので今回泊まる事ができました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sakadaicyan/29733159.html

*Ishihara's report:有馬温泉 欽山
予約してあった和洋室は、寝室・リビング・和室となかなか広くて快適な感じ。内風呂もジャグジーでもったいないぐらいだ。
http://pokey.air-nifty.com/blog/2006/05/post_7f12.html

*スローライフにあこがれて:有馬温泉に泊まってきました!
昨日から有馬温泉の欽山へ一泊してきました。これも母の日の一環として・・・。
http://blog.goo.ne.jp/lapine_mere/e/5d59a7c4c1e11e08e8ca558fc05502ae

*お気楽マダム日記:ほたるの夕べ
マダムお気に入りのお宿の一つ。有馬温泉の欽山でこの時期楽しめます。年に一回は行くんですが、この時期は初めて。
http://blogs.yahoo.co.jp/achuyone/36249990.html

*いつもの散歩道…☆:久しぶりの旅行
有馬温泉『欽山』に1泊旅行〜☆親孝行してまっせ(^_^)vダーいわく「有馬温泉で一番高い旅館」らしい.
http://chihuahua-kotaro.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_a2d7.html

*ふみぴんのブログ:30日の日記
従業員も申し訳ないくらい目茶目茶礼儀正しいし、お料理も最高においしく、バーにはワインがたくさんあって、本当にすばらしい旅館だった。
http://plaza.rakuten.co.jp/fumipin/diary/200607300000/

*社長3年目:KIMIのblog:Summer vacation
有馬温泉へ到着。欽山は初めての宿泊なので楽しみ。部屋は広々、眺めも良く、風も心ばかし爽やかな感じ。
http://blog.ura2006.lolipop.jp/?eid=199731

*宝塚三姉妹日記:極上の有馬 その1
パンフレットなどで「極上の宿」と評されている「欽山(きんざん)」という旅館の一番安いお部屋を予約しました。
http://blog.livedoor.jp/yuri623/archives/51025523.html

*KABAのひとりごと:有馬温泉、欽山
欽山が、僕の同級生のやっている旅館。老舗だけど、10年ほど前に改装され、とても綺麗になりました。
http://plaza.rakuten.co.jp/kabamilwaukee/diary/200608240000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月07日 21:06 | コメント (0)

 

多田屋〔石川県・和倉温泉〕

「多田屋〔石川県・和倉温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

開湯千二百年を誇る能登乃國・和倉温泉。その地にゆらゆらと椿にも似て優雅に優しく「多田屋」がお迎えします。一幅の絵のように浮かぶ島影。春夏秋冬、四季それぞれに表情を変える夕陽。さりげなく行届いたおもてなしと細やかな気遣い。訪れる皆様に必ずやご満足いただけますよう一期一会の「こころ」を添えてお迎え致しております。 《施設をチェック→》

「七尾湾が見渡せるお部屋に、バリエーションにとんだ様々なお風呂がありますね。海を見ながらゆっくりを和倉温泉のお湯を楽しむのは最高の時間です」



=2006年9月7日収集分=

*なかちゃんファミリー:温泉研修会・・・当日
でも案内された部屋は旅館の都合で別館の特別室。凄く広い部屋綺麗な部屋。ネット料金見てビックリ! 
http://plaza.rakuten.co.jp/nakacyan5/diary/200601210000/

*HAPPY DAYS:和倉温泉
旅館は非常に素敵なところで、露天風呂の先は海。温泉は海の所為かしょっぱい。また、家族と来たいと思うところであった。
http://blog.so-net.ne.jp/happydays112/2006-08-01

*仙台で生活する「まちゃごん」 ブログ:旅行結果!
今晩の宿「多田屋」にチェックイン。早速着替えて、いざ温泉露天風呂からは一望素敵です。食事は海の幸・山の幸でいっぱい
http://ameblo.jp/katsuny/entry-10015972676.html

*C’est la France:事実は小説よりも奇なり
食事に行ったり、温泉に入りに行ったりするたびに、、ガラスのショ・ケースの前を通り、そこには、古ぼけたレトロな写真が飾ってあって、気にかかっていた
http://blogs.yahoo.co.jp/corsaire_1941/28060733.html

*ゆきっぺるぅむ。in blog>ヾ(゚∀゚)ノ゛:旅行2日目♪
んで今日のお宿、多田屋到着♪ 海に面してるから 景色がすごい良いねん! 泊まる部屋は今日も特別室( ´艸`)ププ
http://yukipperoom.blog73.fc2.com/blog-entry-49.html

*ゴフ:初夏 noto,kanazawa2
能登は和倉温泉のお宿多田屋もよかった。貴賓室・利休でほんとにのんびりした時間を過ごしました
http://nozoztokyo.blogspot.com/2006/05/notokanazawa2.html

*ムコ殿のつぶやき:和倉温泉・多田屋
タイミングがあえば、水平線に夕日が沈むところを湯船に浸かりながら見ることが出来ます。心身ともにリフレッシュできる温泉です。
http://plaza.rakuten.co.jp/65dono/diary/200608040001/

*私の投資日記 GBSC FFI♪:和倉温泉 多田屋
多田屋は縦長というより横長の温泉宿。正面は他の温泉と比べてさみしい感じがしましたが、中は立派
http://plaza.rakuten.co.jp/tomotomo411/diary/200608200001/

*フミヤンのなにわゴルフ道:和倉GC 紹介そのА箆汰匆浩堯崑薪腸亜彎匆陝
温泉街の中心からは少し外れますが、3番目に古い老舗というだけあってさすがに落ち着きあり、そして心のこもったサービスは◎!
http://blog.golfdigest.co.jp/user/west/archive/822

*ミンクきゅるるん日記:温泉でのんびぃ〜っと
和倉温泉の「多田屋」とても眺めのいい大浴場でした。夕焼けの太陽がとてもきれいだった。夕焼けのきれいな日の夕方がオススメだなぁ♪
http://whitemink.exblog.jp/4484185

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月07日 21:04 | コメント (0)

 

仙郷楼〔神奈川県・仙石原温泉〕

「仙郷楼〔神奈川県・仙石原温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

当館は明治3年、現在地より少し下の南甫園の地に石村旅館として開業しました。当主は江戸時代、箱根裏関所の常番頭をしており、明治初期に大涌谷で温泉開発をし、そこより引湯し湯治場として営業をはじめたものです。大正2年この地に移り、仙郷楼と改称しました。このため私共は仙石元湯場といわれます。 《施設をチェック→》

「箱根の仙石原にある由緒正しい旅館です。政財界人、画家、文学者も多く利用しているようですね。露天風呂つきの客室は憧れてしまいます」



=2006年9月7日収集分=

*993泥沼日記:明日は今日より少しだけ素敵になるように
今回は箱根の温泉宿で最高の接客を学ぶというテーマ。場所は「 仙郷楼 別邸 」。
http://blogs.yahoo.co.jp/hinokousya/36429440.html

*DeskTop-Dungeon《夜食は半熟プリン》:箱根仙石原 仙郷楼
1F露天風呂付き客室といったら、真っ先にここが浮かんだです。前回宿泊したのは離れの露天風呂なし(でも部屋風呂はある)だったかな。
http://d.hatena.ne.jp/dungeon-master/20060601/p1

*SARAMARO日記:仙郷楼
今回は大奮発して露天風呂付きの客室にしました。建物は古いけど、しっとりと落ち着いた趣が良い感じ♪
http://blogs.yahoo.co.jp/sketchbook6686/36019969.html

*なちゅらるblog:続・箱根旅行日記
思ったよりも綺麗でしたし、私たちが泊まったお部屋はホテルのような扉&内装で想像していたよりもずっと!綺麗なお部屋でした。
http://nachu.jugem.cc/?eid=141

*ふーたろう日記:箱根旅行
料理・お風呂・お部屋問題なしなのだが、一番は良かったのは従業員の方私たちのような若造でも従業員皆さんでお出迎え、お見送りして頂いた
http://blog.goo.ne.jp/guruguru914/e/68dc7b4f96e1ea6ea2f3c92af2cf14ff

*グランドママ:箱根1泊旅行
仙石原の由緒ある日本旅館仙郷楼にチェックイン。建物は古い行けど、食事はよかった。白濁の美肌の湯は湯冷めしにくくまあ両方でエアコンの調子が悪くて寝苦しかったのは帳消し。
http://plaza.rakuten.co.jp/kasia600/diary/200607030000/

*孫日記〜遥かなる和へ:至福の時
昨日箱根の仙石原にある仙郷楼へ行きました。その旅館の離れにある奥の木々に泊まり至福の時を過ごした。
http://magonikki.exblog.jp/2726016

*Hi-Fun&Bright!!〜希望の光の空の下〜:箱根
さいごに泊まった仙郷楼がすげ〜よかったです、ご飯とか机にのりきらないくらい出てきたしトロが超うまかったです。
http://hifunb.exblog.jp/4033593

*ロスアンゼルス&日本生活物語:温泉旅行
箱根にある仙郷楼というホテルの中の別館奥の木々というところです。すべての部屋に露天風呂がついていて、景色も最高でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/tomiokamine/38240991.html

*クレオの日々・・・:温泉行ってきました!
箱根の仙郷楼 別邸「奥の樹々」に宿泊です。こちらの別邸、各お部屋に半露天的なお風呂(温泉)があります。
http://blog.goo.ne.jp/kureo0318/e/4c457b3f35aa70181fcf84692df206d0

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月07日 21:02 | コメント (0)

 

十八楼〔岐阜県・長良川温泉〕

「十八楼〔岐阜県・長良川温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

緑あふれる金華山と清流長良川に抱かれた町屋通りの一角に佇む創業1860年(万延元年)、芭蕉ゆかりの老舗旅館。お湯処、川の音、川の瀬、はどちらも長良川を一望でき、男女入替制の為朝・晩と雰囲気の異なった入浴を楽しめることが魅力。 《施設をチェック→》

「芭蕉ゆかりの創業百余年の伝統ある老舗旅館です。長良川が見えますので、鵜飼も楽しめていいですね。四季を感じるお料理はまるで料亭のようです」



=2006年9月7日収集分=

*すきのよもやま:おすすめ温泉
芭蕉ゆかりの宿 長良川温泉 十八楼。去年の3月にリニューアルされたお風呂は露天風呂も内風呂も趣のある造りながら新しくとてっも綺麗。
http://syomoyama.blog51.fc2.com/blog-entry-11.html#more

*お姉ちゃんと双子の妹。:旅行〜No1
旅館は「十八楼」と言うところ。最上階の7階、露天風呂付きのお部屋でございま〜す!まずは、お母さんがお部屋の露天風呂へ
http://blogs.yahoo.co.jp/ahirukaba/31286487.html

*Vana'diel焼酎委員会♪:また美濃かyp!
せめてもの感謝の気持ちと致しまして、展望露天風呂付きのお部屋をご用意させて頂きました。』キタコレ!!!!
http://blue.ap.teacup.com/meteoricstream/43.html

*コプリンのハードボイルドな暮らし:長良川十八楼
料理が次々と出てきてとても紹介できない。末席に座っているので、ゆっくりと味わって最後のご飯もデザートも美味しくいただきました。
http://blog.so-net.ne.jp/lemonhart/2006-06-11

*Yukiko's Diary:長良川の鵜飼
岐阜にお気に入りの温泉があり月に1度ぐらい通っています。長良川温泉「十八楼」です。老舗旅館ですが立ち寄りでも入れます。
http://blogs.yahoo.co.jp/yukikos30/38120135.html

*AKIRAのちょうちょ人間:自分の町を愛するということ。
岐阜の中心、長良川付近の宿に泊まった。「十八楼」。いとおかし。ロビーのサロンから、鵜飼に出ようとする舟が何艘も見える。
http://angel.ap.teacup.com/hariel/26.html

*ごぼの日記:私の贅沢(笑)
十八楼の日帰り入浴です。ホテルのお風呂〜温泉だし、露天風呂からは長良川が見えるしいい感じなんです。
http://plaza.rakuten.co.jp/gobogobo/diary/200607070000/

*バイク日誌:雨の朝です
ここ十八楼(旅館)、なかなかよかったです。温泉も源泉18度位で沸かしですが、鉄分が多く気持良かったですよ。
http://blogs.yahoo.co.jp/mk20020202/12410735.html

*はぐれクマの日記:温泉に行こう♪ 〜岐阜 長良川温泉〜
なんかさっき調べたら 男の浪漫 一人旅 プラン なるプランがありました。和室で長良川の見える部屋らしいです。
http://plaza.rakuten.co.jp/bearbear/diary/200608060000/

*でこちゃんとまさやんのたびたび旅日記:長良川 鵜飼い見物 その3 鵜飼い
屋形船に 十八楼の客ばかり20人ほどが乗り込みました。3人の船頭さんが竹さおを川底につき立て ぎしぎしと川をさかのぼります 
http://plaza.rakuten.co.jp/fukutabi/diary/200608270000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月07日 21:01 | コメント (0)

 

東京ドームホテル〔東京都〕

「東京ドームホテル〔東京都〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

ここは、地上43階の超高層ホテルならではの素晴らしい眺望と、たくさんの楽しみ方に出会えるホテル。高いホスピタリティを添えて、くつろぎとエンタテインメントが共存する新しいホテル体験をお届けします。 《施設をチェック→》

「東京ドームシティーにそびえたっています!お部屋は1000室以上あって、階によって、スポーツだったり音楽だったりテーマがあるそうです。楽しいですね」



=2006年9月5日収集分=

*やっぱり梅酒が好き!:東京ドームホテル お部屋詳細。
施設は新しくて、文句なし。どうせ宿泊するなら、エクセレンシィフロア。そのなかでも、スイートルームをどうぞ。
http://ameblo.jp/hirunegasuki/entry-10015859920.html

*若手経理社員、今日も奮闘!:シティホテル評:東京ドームホテル
今回利用したのは、東京ドームホテルの『楽天・晴天◆サマープラン(プール利用券付)◆』プラン
http://takasan828.cocolog-nifty.com/syokan/2006/08/post_0244.html

*石橋を叩いて壊す日々:くまさんといっしょ。
お泊まりした東京ドームホテルのお部屋です。バスルームが少し広めで使いやすかったですよ。
http://lostinsleepinforest.spaces.live.com/Blog/cns!DB8FE5D353E60190!483.entry

*スタートライン★キャリアウーマン応援ブログ:真夏のシンデレラ。
行ってみたいのは、東京ドームホテルのレディースプランです。「R&Rプレミアム」プランなら、スイートルームの宿泊と180分のエステ付き。
http://blogs.yahoo.co.jp/atmei24/18106782.html

*四十路乙女 片恋日記:キラキラ〜
窓から見える東京ドームのイルミネーションが綺麗で、仕事じゃなくて玉兎さまと一緒だったらなぁ〜とか妄想してしまった41歳乙女でした。
http://d.hatena.ne.jp/nekoyashiki1020/20060826#p1

*navinavi!Dingo:東京ドームホテル
佐世保より涼しいです。今回泊まる部屋も21階(去年も同じフロア)、部屋から東京タワーが見えます〓
http://plaza.rakuten.co.jp/reddiamonds93/diary/200608260000/

*Azzurri新聞:東京ドームホテル 夏の特別賞味会
8月25日  東京ドームホテルで行われました。夏の特別賞味会に行ってきました。
http://azzurri.typepad.jp/az_news/2006/08/__1bb9.html

*FREE STYLE:夜景。
東京ドーム周辺って高いビルがないから見渡しがすごい良い。夜8時ぐらいが夜景がめちゃ綺麗。
http://acmikann.exblog.jp/3177853

*ツーリストママの子連れ旅:東京ドーム「赤ちゃん連れの野球観戦は、・・・
ゆっくり野球観戦をしたい!と言う、パパ&ママには、東京ドームホテルの中にある「キッズスクウェア」が、オススメです。
http://touristvillage.cocolog-nifty.com/mama/2006/08/post_9c9e.html

*きょうこ日記:東京ドームホテル
そっからタクシーで東京ドームホテルへ。すぐ43Fのレストランでスペイン料理?のコースをいただく
http://blogs.yahoo.co.jp/hrbxh845/40988489.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月06日 07:30 | コメント (0)

 

赤坂プリンスホテル〔東京都〕

「赤坂プリンスホテル〔東京都〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

政治経済文化の中心である赤坂を象徴するように、近代的外観を見せる赤坂プリンスホテル新館。 建築家・故丹下健三氏設計の国際感覚あふれる超高層40階。快適なご滞在を願った、ゆったりとした平均43平米の客室が761室。 《施設をチェック→》

「天下の赤プリです!泊まることがステータスです。泊まるだけではなくて結婚式、国際的な会議などTPOにあわせて使えるホテルですね」



=2006年9月5日収集分=

*フリーステージ:夏の終わりにセレブな休日を
赤坂プリンスホテルの屋外プールに行ってきました。ちょっと夏も終わったくさいので心配してたけど、太陽あつっ!
http://ameblo.jp/e-da/entry-10016599132.html

*いきてるよー。:赤坂プリンスホテル  ブルーガーデニア
ローストビーフのゴージャスさのみが売りか?カレーで腹が膨れるという食べ放題のいつものの策略に今回もはまる。
http://ameblo.jp/ojaojaujauja/entry-10015760404.html

*☆。*美への追求*。☆:☆赤坂プリンスホテル☆
会社の行事でこの時期に懇親会があって私は、毎年恒例の赤坂プリンスホテル でのタップディナーショーに行きます
http://ameblo.jp/ayu-hideshima/entry-10015726085.html

*くみこ★Blog:赤坂プリンスホテル
泊まってきました。すっごい久しぶりにです。部屋のソファーが、紫だったよね。それが、張り替えられていました。
http://d.hatena.ne.jp/kumikokumiko/20060815#p2

*みさえのつぶやき:お泊りについて
赤坂プリンスホテルに泊まりに行きました。ダブルです。
http://plaza.rakuten.co.jp/misae0819/diary/200608170000/

**クローバーとカモミール*:赤坂プリンスホテル
赤坂プリンスHにある旧館で結婚式をしました。中世チェダー・ゴシック様式の建物でとっても歴史感があり、素敵ですよ。
http://champaca.exblog.jp/4171117

*ドレスを着る日まで:新婚初夜☆
あんまりスィートって感じはしないけど、まぁお値段的にこんなもんでしょう。二人で二泊して、朝食つきで10万円
http://ameblo.jp/weddinggaun/entry-10016194448.html

*デカイけどっ=з白熊じゃあ〜ないのよ!!:赤プリプリ
お得意様とファミリーしか入れないとの事が招待状に書いてありました。会場は赤坂プリンスホテル(σ・з・)σさすがMARNI・・・。
http://aixgiselex.exblog.jp/5571687

*Digital _ Message:披露宴
場所は、赤坂プリンスホテル。結婚式・披露宴をはじめ、各種会議や記者会見としても有名な場所。
http://digitalmd.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_0aa5.html

*私の行ったとこ:誕生日
赤坂プリンスホテル。32階の部屋は「都会の絶景」。日本のホテルはほんとに素敵だね。清潔。
http://blogs.yahoo.co.jp/pico_nana7/777514.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月06日 07:28 | コメント (0)

 

熱海・伊豆山 蓬莱〔静岡県〕

「熱海・伊豆山 蓬莱〔静岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

江戸時代末に暖簾を掲げた古くからある老舗旅館「蓬莱」。 古き日本の宿の基本の心を長い年月はぐくんで参りました。生い茂る樹木、豊富な湯、月がわりの料理など、お気に召していただけるものと存じ上げます。 《施設をチェック→》

「江戸時代からの老舗中の老舗旅館です。全室に桧風呂がついている贅沢さと、女将さんのおもてなしが『さすが!』ですね」



=2006年9月1日収集分=

*離婚からの復活!!!(まだまだ終わらない。。。):接待旅行
150年(?)の歴史のある古い老舗で格式がありながら熱海特有ののんびりした温かみのある旅館でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/tada_1962/28781974.html

*35歳と52日からの成長曲線:蓬莱〜熱海
たたずまいはもちろん風格がありますし、何しろ、品が良い。女将も一流だし、そこら辺のはやりのおしゃれ旅館とはわけが違います。
http://plaza.rakuten.co.jp/3552grownhcv/diary/200603050000/

*夢の小箱 〜常磐津朱彩のインスピレーション〜:熱海・蓬莱
お座敷で愉しむ藝とは、こういうものであったのだなと、改めて感じさせる空間でした。
http://happy.ap.teacup.com/syusai/160.html

*マーゴの部屋:蓬莱
熱海の蓬莱に行ってきました。波の音が心地よい大人な宿でした。
http://blog.livedoor.jp/m_a_g_o/archives/50443355.html

*最近の出来事。:旅行に行ってきました…
露天風呂に…総檜風呂だー!旅館「蓬莱」の離れ。値段は知らなかったが、お一人様30000円はらくに飛ぶみたい。
http://blogs.yahoo.co.jp/shinzotan/13029097.html

*編集部ブログ:MYLOHAS.net:数奇屋っておもしれー
ここんちの建物は今はやりのデザイナー和モダン旅館とは一線を画して、ごりごりの数寄屋造りらしいのです。
http://www.mylohas.net/editor02/archive/2006/08/post_19.php

*パグ歳時記:熱海・伊豆山『蓬莱』
随所に究極な日本美が光るこちらの伊豆山『蓬莱』、先ずはお部屋のこんな詫び寂な軸や草花にホッと癒されたものでした。。。
http://pugsai.exblog.jp/2096310

*ませち日記:蓬莱
熱海・伊豆山の蓬莱にて宿泊。お風呂からも部屋からも見える生い茂る木々。聴こえるのは、海の波音。
http://blog.goo.ne.jp/masesachi/e/6b9534f0b0e9953772e487b7ce069d18

*恵Compagnia:小旅行に行ってきました。。。
熱海(伊豆山)の『蓬莱』という老舗旅館の別館『ヴィラ・デル・ソル』というプチホテルに泊まりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/k_compagnia/13831555.html

*食事の記録 (Record of a daily meal):熱海旅行2日目朝 蓬莱
2日目の朝ごはん。卵焼き、いかの塩辛、アジの干物、おから、あさりの味噌汁などが出ました。
http://plaza.rakuten.co.jp/dailymeal/diary/200608050000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月02日 10:21 | コメント (0)

 

那須高原の宿 山水閣〔栃木県〕

「那須高原の宿 山水閣〔栃木県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

心から寛げる時間をお客様にゆっくりと過ごしていただきたい。その想いを一つ一つ積み重ねながら今の山水閣という宿が出来上がってまいりました。 《施設をチェック→》

「昭和初期に建てられた古い木造建築の昭和レトロな雰囲気の旅館です。初めてでも懐かしく思ってしまいそうな佇まいで、ゆっくりする時にはぜひ利用したいです」



=2006年9月1日収集分=

*Kewaishi.net blog:ナスは生すでも那須
1件目→ 那須高原の宿 「山水閣」レトロモダンな隠れ家的お宿の山水閣さんは、昭和初期の木造建築。(* ^ー゚)
http://blog.kewaishi.net/?eid=334171

*みぃ&やぁのブーフーウーな生活:那須旅行・その1
お義母さんが選定・予約してくれました。雰囲気、おもてなしなどで定評がある旅館『山水閣』。
http://blog.goo.ne.jp/ibaty/e/2853019869884ecefb33154816789acd

*ユコ的ニチジョウ:那須旅行
本日のお宿『山水閣』へ。新緑の中に佇む、本当に静かで素敵なところ。1歩入ると昭和初期のレトロな世界が広がって、なんだかほっとさせてくれる
http://yaplog.jp/yuco_news/archive/270

*栃木でフレブルぐりと仲良し日記:〜那須に一泊旅行〜の巻き
那須 山水閣にて家族旅行。それぞれの仕事の都合により、日〜月と那須に一泊旅行に行きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/yamanakaguri/36522435.html

*茶色い紅茶:おいで那須。“食篇”
那須高原の宿「山水閣」 というお宿に泊まりました。お世話になるのは三回目、とてもお気に入りのお宿です
http://browntea.exblog.jp/4298264

*じゅりの時間:那須って
那須高原那須御用邸!・・・のはずはなく、そこらへん近辺の山水閣ってトコ。そこらへん、といっても結構良いとこ。
http://julyno-jikan.cocolog-nifty.com/blg/2006/07/post_bb5c.html

*せっかくどうも沖縄(^.^) :那須 山水閣
今回も期待していませんでしたが……宿泊した感想は「私が悪うございました」と頭を下げたくなるほどすばらしいものでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/minamijima/diary/200608130000/

*YukiBuki:那須の旅行にて。
今回は山水閣という旅館に泊まってきました。露天風呂付き客室に一泊目は宿泊。お風呂はこんな感じです。
http://yukibuki.tea-nifty.com/yukibuki/2006/08/post_5d6f.html

*Happy Story:那須旅行-1日目-
旅館はこちら山水閣。客室も少なくて、貸切露天風呂がヒノキと石の2つタイプがあってとっても落ち着いた隠れ家的旅館でした。
http://lindelinde.exblog.jp/3664198

*髭と眼鏡:山水閣通
つい先日、那須高原の宿「山水閣」のトピックスページがブログとなってリニューアル。その名も「山水閣通」。
http://higemega.exblog.jp/3200093

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月02日 10:18 | コメント (0)

 

望楼NOGUCHI登別〔北海道〕

「望楼NOGUCHI登別〔北海道〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

コンセプト登別モダン-温泉の旅が変わる古くから北海道の名湯として愛され続ける登別。「望楼NOGUCHI登別」は、その地に新しい歴史を刻みます。洗練と日本の伝統美が融合する、全館を貫くデザインは和モダン。全室スイートのゲストルーム、旬の味覚が彩る創作会席料理。そして日本有数の泉質にふさわしい温泉の味わい。登別の旅、温泉の旅が、スタイリッシュに変わる。ふたりで楽しむ、人生を楽しむ、大人の隠れ家の誕生です。 《施設をチェック→》

「全室スイートの「和モダン」な新しいホテルです。お子様は泊まれないので、大人の静かな時間が過ごせますね。インパクトのある名前もオシャレですね」



=2006年8月31日収集分=

*北海道ホテル:望楼 NOGUCHI 登別
食事処、岩盤浴などの施設も個室でご用意し、他のお客様を気にせずチェックアウトの時間までゆっくりくつろげる宿。
http://blog.livedoor.jp/hokaido_hotel/archives/50154178.html

*現実点 Line of sachiko 妄想線:long
登別の望楼ホテルを撮影中。撮影スタッフ5人。本日、最終日。明日からオープン。
http://blog.livedoor.jp/enigma_8/archives/50507123.html

*LEON ROOM:登別旅行 Vol.2
*望楼NOGUCHI登別* 古いお宿ばかりだったので目立っていました。*チェックイン* 期待が膨らむロビーです
http://blog.goo.ne.jp/leon2005_december/e/eec425846aea67805af4caaec70c9bd1

*分析室ノート vol.6:「(無題)」
6/20にOPENする新しいホテル“望楼NOGUCHI登別”に配属されて、今は函館で研修中。なんとか頑張ってるよ!
http://hello.ap.teacup.com/kodo26/37.html

*FOOD DIARY*ビーグルさんのおいしいものだらけ:また 行きたくなってきた?!
登別に新しいホテルができるという★望楼NOGUCHI登別 ★12歳未満のお子さんは泊まれない大人のホテルってとこですね。
http://plaza.rakuten.co.jp/0330oishiigurume/diary/200606050000/

*温泉ニュースBlog:北海道・登別に「望楼NOGUCHI登別」オープン
北海道登別市の登別温泉に2006年6月20日、高級ホテル「望楼NOGUCHI登別」がオープンした。
http://onsen.xii.jp/article/873418.html

*Have a Nice Life:春の北海道
ホテルは、1週間前にオープンしたばかりの、望楼NOGUCHIホテル。ホテルの入り口からすべてモダンテースト!
http://orange-peko.com/mt/archives/travel/index.html#000243

*ヒロ中田新聞:地場産羊肉を使った滝川ジンギスカン丼
高品質旅館「望楼NOGUCHI登別」(6月20日オープン)プロジェクトでご一緒しました(五十嵐さんはトータルアートディレクションと彫刻製作を担当)。
http://www.otonanoiitabihokkaido.com/hiroblog/2006/07/post_47.html

*【楽天トラベル】スタッフブログ:さわやかドライブ〜登別より〜 (北海道)
「望楼NOGUCHI登別」・・・先月オープンしたてのモダンテイスト溢れる素敵な内装は必見ですよ
http://plaza.rakuten.co.jp/travelblog02/diary/200607070000/

*憧れの高級旅館に安く泊まろう!:望楼NOGUCHI登別
珍しい名前ですね。 ミドルネームをもつような洒落た名前です。珍しいのは名前ばかりではありません。
http://ryokan.k-yado.com/?eid=205396

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:07 | コメント (1)

 

扉温泉 明神館〔長野県〕

「扉温泉 明神館〔長野県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

扉(とびら)という謎のような地名が面白い。真理の扉、美の扉というような言葉を連想する。人生の幸福が、扉峠のかなたに深く秘められているかと思うような、人跡に荒らされない山々のふところ、薄川の渓谷に扉温泉はある。松本市の東南四里、1,050m位の高さである。 《施設をチェック→》

「秘湯の扉温泉にあるなかなか予約が取れない人気の旅館です。山あいの薄川を見ながらのお風呂はとっても気持ちが良さそうです」



=2006年8月31日収集分=

*Dahlia☆:長野県。。。扉温泉♪〜
長野県にある扉温泉『明神館』に行ってきましたぁ〜 秘湯と言われています扉温泉。。。 最近は雑誌などの宣伝効果
http://alohav6.blog54.fc2.com/blog-entry-145.html

*明日天気になぁれ!:雨ばっかり ヽ`、ヽ`个o(・_・。)`ヽ、`ヽ、
扉温泉「明神館」という旅館なんだけど、私が最もお気に入りのところで、お風呂も食事も最高!!
http://blogs.yahoo.co.jp/makoramuketa/13295223.html

*HELLO:携帯圏外の地
「扉温泉 明神館」です。祖母が昔から何度も行っている宿で、両親も相当通いつめており、私と娘は4度目です。
http://natsumebanzai.blog65.fc2.com/blog-entry-41.html

*ふらふら温泉日記/出張所:長野もいいなぁ
「扉温泉の明神館って知ってます?」と。 先月泊まった箱根の宿で知り合ったご夫婦が大絶賛してたらしいです。
http://furafuraonsen.blog43.fc2.com/blog-entry-76.html

*アンブレラステップ:のんびり長野
忘れるほど前に宿を予約するくらい人気の宿で私てきに期待大でした^^。お部屋は癒し風呂タイプ。
http://lalaneuf.exblog.jp/2861638

*とほほな徒然日記:明神館/長野
宿は松本市街から車で30分ほど。扉温泉の明神館。松本市街から30分といっても結構な山の中。
http://ponsukeys.exblog.jp/4200152

*あいらぶ信州:扉温泉明神館
扉温泉は松本から車で30分ほど入ったところ、心細くなるような山の中に明神館があった。
http://suzuran55.exblog.jp/3429993

*Figaroの頭ん中:私のをわしづかみ:明神館
先週末、長野の扉温泉、明神館へ。このお宿もかれこれ3回目。何気にリピーターになりつつある私。
http://figarovita.jugem.jp/?eid=26

*NATURAL LIFE:「もてなす心」
前回の日記でも書いた、長野県の扉温泉、明神館に宿泊した時のこと。今回はお食事編です。
http://sky.ap.teacup.com/natural0602/74.html

*わたしのブログ:隠れ家のような山あいの温泉
部屋もお風呂もとってもいい感じなのです。食事は川のせせらぎを聞きながら・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/4greenleaf/diary/200608180000/

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:05 | コメント (0)

 

那須温泉 山楽〔栃木県〕

「那須温泉 山楽〔栃木県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

昭和天皇が皇太子時代にご来館された伝統ある日本旅館「那須温泉 山楽」。その眺望の美しさに御用邸の場所を那須に決められたきっかけとなったお宿です。 日本情緒あふれる数奇屋造りの趣きや、季節の移ろいの中でご賞味いただく懐石料理の粋。 そして、色鮮やかな樹間と静寂な雰囲気に包まれた大露天風呂。訪れる人すべてがご満足していただけるように…。 《施設をチェック→》

「昭和天皇もお泊りになった伝統ある旅館。自然と一体となった大露天風呂は素晴らしいの一言です。お料理も有名でみなさん絶賛されていますね」



=2006年8月31日収集分=

*5th season:那須温泉へ行って来た
年末は温泉でぬくぬくしてきた。場所は、那須温泉の山楽というお宿。どうも御用邸、御用達らしい。
http://aruma12.blog20.fc2.com/blog-entry-53.html

*My Travelling Diary:温泉最高! 那須温泉 山楽
『ホテル山楽』とってもすばらしい宿でした。自慢は、温泉と料理だそうです。その自慢通り、期待をうらぎらないすばらしさ。
http://blog.so-net.ne.jp/lovely-travel/2006-01-13-1

*ゆらゆら日記:那須温泉に行ってきました☆
那須の「山楽」っていう旅館で 露天風呂が最高だったし料理もおいしかったし酒もたくさん飲みまくったし 楽しかったよ〜
http://blogs.yahoo.co.jp/shiochanpon/31609820.html

*Coucher de soleil:那須の休日
宿は、大正時代に創業という由緒ある山楽。まずは、併設のカフェ“モンカシェート”でコーヒーをいただく。
http://blog.goo.ne.jp/giftfromthesea/e/9dc3853c68cc51333ee2d6f5a8e3d0bc

*MOROの《気ままに見聞録》:上げ膳据え膳(第二弾)
昭和天皇陛下もご来館された、伝統ある旅館だそうです。客室は、数寄屋造り風。趣があります。
http://moromoro.tea-nifty.com/kenbunroku/2006/05/post_ded6.html

*チャオ通信:那須 山楽。
宿は山楽。露天風呂はホントにステキ。たまたま誰もいないときに入って貸し切り状態なのもよかったな。
http://halciao.exblog.jp/3826817

*わがまま姫の癒しの日★:那須温泉 山楽
実際に行ってみると、従業員の接客が良い。担当の人だけでなくすべての人が笑顔で声掛け〜
http://yaplog.jp/crazy4u-xoxo/archive/291

*これ どう?:どっか行った?
いってみたい旅館が、『那須温泉山楽』さん。昭和天皇陛下が皇太子の頃にお立ち寄りになられたという、由緒正しいお宿なんだそうです。
http://ameblo.jp/douomou/entry-10015355249.html

*ホテルと旅館の批評:山楽 − 那須温泉
那須温泉にある高級旅館らしい。確かに、宿泊費も近辺に比べて高めであり、駐車してある車は高級車だった
http://plaza.rakuten.co.jp/goodhotel/diary/200608170000/

*City-River Diary:親孝行(那須温泉「山楽」)
今回は「山楽」という旅館で、今回も母の足を考慮して部屋付き露天風呂&部屋食のプランを利用した
http://city-river.tea-nifty.com/city_river_diary/2006/08/post_978f.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:04 | コメント (0)

 

湯めぐりの宿 吉春〔静岡県〕

「湯めぐりの宿 吉春〔静岡県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

旅なごむ ゆとりあふれる 気品ある風情 《施設をチェック→》

「名前のようにお風呂が素晴らしいです♪11も湯処があるので、何泊も、何度も泊まりに来たくなりますよね」



=2006年8月31日収集分=

*お取り寄せ のススメ:伊豆長岡温泉 vol.2
この宿は、湯めぐりの宿と言うだけあって、大浴場のほかに無料の貸切風呂が5つもあるんです!
http://plaza.rakuten.co.jp/miumiu7/diary/200605220000/

*Discover Resorts! 美肌の湯:湯めぐりの宿 吉春
内装も露天風呂も清潔感にあふれ、大満足です。仲居さんも気さくです。貸切露天「さくらの湯」 グループでもゆったり入れます。
http://11yu.jp/archives/2006/02/post_224.html

*本日のはるさわ堂:行ってきまーす。
5つの貸切露天風呂が良さそうなので、ここにしたんだけれど、キレイだし、とーっても良かったです。しかも無料でどんどん入れちゃう。
http://plaza.rakuten.co.jp/harusawado/diary/200605280000/

*GO UP HILL:さぼりすぎ・・・
「湯めぐりの宿・吉春」というお宿、無料の貸切露天風呂があって良かった。空いている時に鍵を掛けて使用すればいいだけ。
http://plaza.rakuten.co.jp/gouphill/diary/200606060000/

*My Way★カナダ:伊豆 湯めぐりの宿 吉春
ここは私が雑誌でみていいなと思ったお宿です。「湯めぐり」というだけあって、貸切露天風呂が5つもあります。
http://ameblo.jp/chizu-to-canada/entry-10009704597.html

*(≧з≦)憂いの部屋別館(●^o^●):温泉へ行こう!
『吉春』という旅館です。正面玄関入ると、女将さんたち総出でお迎え(*´∇`*) なんだかココ、めちゃくちゃ高級ですよッ!?
http://plaza.rakuten.co.jp/koshiinaba/diary/200603290000/

*日々のこと:ありがとう旅行(1日目)
静かな温泉がいいということでネットのクチコミなどを参考に伊豆長岡温泉の「吉春」という旅館を予約しました。
http://yuzuame.jugem.jp/?eid=63

*こっこ日記2:初めての家族旅行(伊豆長岡編 その1)
今回の宿はかなり奮発して、部屋付露天風呂と料理とお値段で選んだところ、伊豆長岡の吉春さんに決めました。
http://sorter.blog40.fc2.com/blog-entry-94.html

*めいの日記:旅行販売サイト「tabi2」
このサイトを見ていて私がいいなぁ、と思ったのは伊豆の「湯めぐりの宿 吉春」さん。
http://blog.goo.ne.jp/satsuki0527/e/a22dc1b92cdc6e47e66179698b0617cc

*今日もヘナチョコ:伊豆でのんびり
部屋は露天風呂付!あ〜これがTVの旅行番組でしかみたことがなかった豪華温泉旅行の旅ってやつね!って感無量でした!
http://blog.alice-club.com/?eid=535516

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:03 | コメント (0)

 

松島一の坊〔宮城県〕

「松島一の坊〔宮城県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

美しい風景。美味しいお料理。ゆっくりと流れてゆくくつろぎの時間…。これからはじまるとっておきのひととき。松島の一の坊にしかない、心洗われるひとときをお楽しみください。 《施設をチェック→》

「日本三景の一つ松島にあり、7000坪の水上庭園があって。ロケーションがすごいですね。お料理もお部屋も色々と選べて、ロングステイしたくなってしまいます」



=2006年8月31日収集分=

*はるの日々:松島旅行
泊まりは今回が初めてしかも 高級旅館(?) 一の坊早めに到着してしまったけど ホテルの従業員さんの応対は良かった
http://yaplog.jp/harunohibi/archive/546

*食後のデザート:遅いGW
お部屋は【一の坊倶楽部】の会員限定の部屋を借り、ジャグジー付の部屋でした。
http://plaza.rakuten.co.jp/moka2466/diary/200605240000/

*じゅんちゃん日記:松島や  あ〜松島や松島や
両親との小旅行を楽しんだ。近場ではあるが日本三景の一つ松島、ホテル「一の坊」に宿を取った。
http://ryokonabe.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_3849.html

*北の大地から南の島まで:松島一の坊 その1
数あるプランの中で「贅沢な休日をテーマ」にした「松しま倶楽部 モダン和風、料理は和風イタリアン」を選んだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/tokachi2066/14529021.html

*徒然なる旅へ:東北旅行記3日目 その4 松島一の坊
実は,ここは結婚してすぐの旅行の際にもお世話になっており,妻ともども大変気に入ったので2度目の宿泊となりました
http://plaza.rakuten.co.jp/0723jun/diary/200608060000/

*昼行性生物モリゾーなのだ:毎日が疲れる
宮城では、超リッチな旅館に泊まった。「松島一の坊」で検索かけてみるといい。33000円で、会席料理食った
http://morizounisshi.seesaa.net/article/22083192.html

*長野でロハス生活:みちのくの旅 1日目
松島が見えるこのホテルは、水中庭園が海の前の敷地に広がり、まるで海に一体となっているようでした。
http://blog.goo.ne.jp/melle-charlotte/e/7c056cc5a148e28ee9eab5070f9d68b8

*アカキの日記:旅行と帰省
これは、お友達からのお勧めだったので、前々から法事で宮城に行くことになったら泊まってみたいホテルでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/akakiss/diary/200608200000/

*笑ちゃんの小部屋:一の坊
この日泊まったのは「ホテル一の坊」いやぁ、今まで泊まった事のある宿の中では一番良かったかも・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/jxyhh579/39363716.html

*New Moon:仙台旅行レポート1
一の坊という旅館に泊まったけどここが素晴らしかった〜温泉が2個あって、部屋も和風モダンな造りになっていて、ご飯も美味しくてめっちゃ満足
http://blogs.yahoo.co.jp/incompleteanewmoon/566568.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 08:01 | コメント (0)

 

伊古奈〔静岡県・下賀茂温泉〕

「伊古奈〔静岡県・下賀茂温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

川面よりいく筋も湯けむりの立ちのぼる伊豆・下賀茂温泉。広大な自然林の中、伊古奈はかたくなまでに日本の宿でありつづけたいと存じます。季節の移ろいの中、とびきり上質の源泉かけ流しの溢れる湯船に身をしずめ、心をこめた日本料理の真髄をお楽しみくださいませ。 《施設をチェック→》

「広い敷地の中の一軒宿で、あまりに広いので、別館へは回廊があるほどです。庭園の中に源泉があるのもびっくりです。落ち着いた時が過ごせそうです」



=2006年8月31日収集分=

*伊豆長岡  古奈温泉の宿 伊古奈荘:伊古奈荘に足湯が出来ました!
季節が初夏になりましたらすぐそばのクラブで生ビールを販売しようか?なんて考えています。
http://blog.ikonaso.com/archives/50079722.html

*東北:日帰り温泉と秘湯の旅:下賀茂温泉「伊古奈」に本物の温泉を見た
一番、印象的だったのは宿全体をつないでいる木造の渡り廊下(階段というべきかな?)と敷地内から吹き出す温泉の湯煙。
http://naito.livedoor.biz/archives/50542897.html

*モッさんスタジアム:おさらい刑事・旅情編
その「伊古奈」は下田から15分ほどの下賀茂温泉にある一軒宿。敷地が広くて本館と別館をつなぐ回廊があるほど。
http://blogs.dion.ne.jp/m_stadium/archives/3362385.html

*9dai-ren blog:伊豆長岡温泉『伊古奈荘』
限定2組プラン(よくある集客文句かと)で、貸切露天風呂と伊勢海老刺身盛り懐石を堪能。この値段でこのサービス内容は納得。
http://www.9dai-ren.d2g.com/9dai-ren/blog/archives/2006/05/post_76.php

*のんびり更新:休養に!
伊豆下加茂温泉【伊古奈】に行ってきました。土曜日は暑く,日曜日は雨温泉と料理が目的で行ったの天候は関係なく満足して帰ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/cbe03510/7795764.html

*はじめての妊娠・子育て日記:週末は義母と伊豆へ
旅館「伊古奈荘」へ。ここは離乳食を用意してくれたり、風呂場にはベビーベッドがあったり、赤ちゃんが快適にすごせる宿なのだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/coraaki/diary/200606250000/

*リラックスするには・・・?旅行・スポーツ・アウトドア:(伊豆・下賀茂温泉)伊古奈
四季の花々が咲く風雅な離れの一軒宿4万3000坪の雑木林に囲まれた離れの名宿。
http://outdoor.relaxshop.jp/?eid=421445

*休日を謳歌するぶろぐ:お山の大将と女中さんの話
海に行った後は、いつものように温泉宿にお世話になりました。ここは70年の歴史を持つ老舗旅館だそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kunio5_web/38561474.html

*minの部屋:行ってきました家族旅行♪
部屋食で、子供椅子や子供茶碗、またロビーに絵本の貸し出し、補助便座の貸し出し。と子連れに至れり尽くせりのお宿です。
http://plaza.rakuten.co.jp/minnoheya/diary/200608110000/

*harumama日記:りょこう
「踊り子」の個室が空いていたのでまず電車を予約。伊豆方面の宿を決めた@伊古奈 下田は初
http://ameblo.jp/harumama0670/entry-10015723702.html

《施設をチェック→》

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年09月01日 07:59 | コメント (0)