旅行/行楽
 

山寺立石寺(山形県山形市)

「山寺立石寺(山形県山形市)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「1100年の歴史を誇る東北有数の霊場。松尾芭蕉の詠んだ俳句で有名です。1015段位の石段を上った奥の院からの眺めは最高です」



=2007年10月25日収集分=

*S's Wine RakutenVineyard:山寺
正式名は「山寺立石寺」。芭蕉が、かの『静けさや 岩に染み入る 蝉の声』という句を読んだところです。
http://plaza.rakuten.co.jp/szwine/diary/200710190000/

*ton流 素のまま日記:山形県 山寺(立石寺)
ここが山寺(立石寺)根本中堂 根本中堂でにこやかに迎えてくださる布袋さまたち
http://blogs.yahoo.co.jp/n_100ton/37208144.html

*by mickie... :9月23日 東北紀行#003 山寺(その1)
山寺(立石寺)です。山寺というと松尾芭蕉の句で有名ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/tmickie/51543668.html

*joys of life -Diary:東北秋旅行ゴ廚さや〜〜♪
米沢で昼食をとったあとは更に北上して山寺(立石寺)に向かいました〜^^松尾芭蕉が俳句を詠んだことで有名なお寺ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/yukinkointdl/51752326.html

*つららの映画三昧!!ときどき山形だより♪♪:山寺立石寺
立石寺本堂、さすがにりっぱなたてものですね〜。山門で登拝料一人300円ずつ納めていよいよ長い階段を登って行きます。
http://blogs.yahoo.co.jp/turara115/36892394.html

*ヤマノベ一家→おとうさんのブログ:山寺
山寺 に行ってきました。前々から、「 子供たちと登りたいねぇ〜 」 とカミさんと話してたので、それが、本日 実現しました。
http://ameblo.jp/suzuki-o/entry-10047414548.html

*デジタルカメラでお散歩:山寺立石寺の恐怖
山寺立石寺に行ってまいりました 山寺駅で荷物は一時預かりに預けてあの長ーい階段を登って奥の院まで行ってきました
http://blogs.yahoo.co.jp/asakanomaro/21160942.html

*流れる時間の中で:行ってきました!山形旅行!!
あとは上山城と山寺立石寺に行ってものすごい階段(1,100余段)をてっぺんまで登りました!!
http://blogs.yahoo.co.jp/tamu_ichan/17123685.html

*週末は楽しいです:山寺にて!
山形への旅で最初に行ったのが【山寺 立石寺】です。1015段の階段を上り途中の何回もの休憩で漸く拝むことが出来ました。
http://plaza.rakuten.co.jp/ahnaka/diary/200709280000/

*のんびり田舎暮し♪:山形県の山寺【立石寺】
1000段以上の階段を登らなくていけない山寺。山形県山形市にあるのですが、約20年ぶり(?)に行ってみました^^;
http://easylives.ti-da.net/e1793470.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月26日 22:08 | コメント (0)

 

日光東照宮(栃木県日光市)

「日光東照宮(栃木県日光市)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「徳川家康を神格化した東照大権現を祀る神社。世界遺産に認定されていて、陽明門や「見ざる、言わざる、聞かざる」の3匹の猿が有名です」



=2007年10月19日収集分=

*只今出掛ケテ居リマス:日光東照宮
日光東照宮・日光山輪王寺・日光二荒山神社をまとめて2時間余りの散策です。
http://blog.so-net.ne.jp/0023yama_mo/2007-10-16

*Twinkle, Little Star:世界遺産、日光東照宮までドライブ
日光東照宮は、元和3年 (1617)徳川家康公を奉祀し創建された神社。
http://gechu.blog4.fc2.com/blog-entry-285.html

*ミサキ的視点論点:日光二日目
さて先ずは日光東照宮なのだが。これは言わずもがな、徳川家康を祭っている神社なわけです。世界遺産の一つだね
http://blogs.yahoo.co.jp/jazz5520002000/24083970.html

*きまぐれ日記:秋の例大祭
その中の日光東照宮では、例年、春と秋の二回、【徳川家康】を祀る《千人武者行列》が行われます
http://ameblo.jp/kimagure-chibitan/entry-10051421230.html

*『夏の名前』:揚げゆばまんじゅう
小学校以来で日光東照宮に行ってきました。目的は御香守。中澤さんの健康増進を願って。いつ届けられるか分からないけど。
http://blog.goo.ne.jp/suke1026/e/b3e276375c65ec79daa3275a321ae6ee

*逢呈館 占術の開運について・Today's TAROT:日光東照宮で流鏑馬
先日、方位が吉だったので、日光東照宮に行ってきました。やはり、かなりのパワースポットです。
http://blogs.yahoo.co.jp/uranai_aiteikan/37239272.html

*素晴らしい仲間と共に:日光東照宮唐門
新幹線で東京へ行き、そのまま日光東照宮まで行きました。たまたま1,000人武者行列の日で大勢で賑わっていました。
http://plaza.rakuten.co.jp/karakinodaikin/diary/200710170000/

*takaさんの暇つぶし:日光東照宮
日光東照宮 どの建物がなんていう名称かわかってません…ここもウメさんがいたため敷地内の散歩のみ。
http://blogs.yahoo.co.jp/takap07170802/23890109.html

*kisaの宝探し:日光
日光東照宮あたりをじっくり観光。こんなにきらびやかで美しいとは!当時はもっと色が映えてまばゆかったのだろうなぁ・・・
http://blog.livedoor.jp/kokisa27/archives/51349408.html

*ハル子の部屋:日光東照宮
有名な、三猿。子供は、見ざる、聞かざる、言わざる。初栃木だ〜!
http://blog.livedoor.jp/haruko358/archives/64740600.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月20日 22:01 | コメント (0)

 

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)(京都府京都市)

「常寂光寺(じょうじゃっこうじ)(京都府京都市)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「百人一首」で知られる小倉山の中腹にある日蓮宗の仏教寺院。紅葉の見事さは、京都でも屈指の美しさを誇ります。」



=2007年10月12日収集分=

*黒パグ 純太のたわごと:京都旅行記
続いて常寂光寺「そうだ京都へ行こう」のCMで有名なお寺です 最上段まで階段を登ります
http://jun-tawagoto.a-thera.jp/article/1125959.html

*和のかほり:常寂光寺の紅葉
中でも、「そうだ京都、行こう」のCMで流れている常寂光寺の紅葉は、とても見事なものでした。
http://wakasayaca.blog112.fc2.com/blog-entry-27.html

*京都好き関東人ブログ。:手前味噌だよ『常寂光寺』
とうとう行ってまいりました。今年の初秋のJR東海のCMの『常寂光寺』。まず驚いたのが門を入ってのこのポスター
http://love-kyoto.jugem.jp/?eid=560

*京都de日記:キノコin常寂光寺
そしてその仁王門をくぐって振り返ったところ。木立が覆いかぶさり、いい雰囲気を出しています♪
http://kyotodenikki.seesaa.net/article/49624011.html

*ちなせれ絵日記:常寂光寺から大河内山荘
定家が籠もりっきりでせっせと恨みから逃れるための陣を作っていたのかと思うと、やはり純粋に楽しい気分に浸れないお寺。
http://tinasere.a-thera.jp/article/1132912.html

*カンバンムスメ@寿庵:そうだ!京都へいらっしゃい♪
今年のポスター発見。 JRのそうだ京都行こうの今年のポスターは、 うちの町内!常寂光寺♪
http://juanjuan.blog69.fc2.com/blog-entry-162.html

*トドのつぶやき:嵯峨嵐山めぐり
「そうだ、京都いこう。」の常寂光寺に来ています。苦労してたくさん階段登った甲斐あって、素晴らしい眺望です。
http://todo228.at.webry.info/200710/article_13.html

*お寺さんぽ ver.02:常寂光寺 (京都・右京区)
また、京都屈指の紅葉の名所として知られ、山の斜面と合った景色が大変に良いそうですが…
http://hideruaobu2.blog82.fc2.com/blog-entry-481.html

*華美たる月のもとへ・・・。:京都2日目、そして帰宅。
常寂光寺に行きました。 『百人一首』で知られる小倉山の中腹にある常寂光寺は日蓮宗のお寺です。
http://kirakan.blog36.fc2.com/blog-entry-666.html

*ほのぼの日記:嵯峨野散策3
紅葉の頃は真っ赤になってとっても素敵だと思います。それに高台になるので嵯峨野が一望できるんですよ(^^)
http://blogs.yahoo.co.jp/snowdrop1829/23018831.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月13日 23:45 | コメント (0)

 

糺の森(ただすのもり)(下鴨神社)(京都府京都市左京区)

「糺の森(ただすのもり)(下鴨神社)(京都府京都市左京区)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「下鴨神社にある平安時代から残る原生林が神秘的な雰囲気を漂わせている自然遺産「糺の森」。原生林が生み出す絶景に心が癒されます」



=2007年10月3日収集分=

*Atelier Gildas:糺の森
下鴨神社の糺の森。街中にあるのに落ち着いた気持ちになれる場所です。木々の香りが良くて、ず〜っとここにいたいような気分になりました♪
http://ateliergildas.at.webry.info/200709/article_6.html

*あゆ太郎の徒然なるまま。:京都の世界遺産。糺の森。
この森は世界遺産に指定されているそうです。とっても納得できる素敵な森でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/ayukazu02/51168420.html

*アヒルのうたたね:糺の森
糺の森  京都下鴨の糺の森には何百年も生き続けてきた樹がいっぱいです
http://blogs.yahoo.co.jp/azisai430/3657555.html

*ねこづらどき:京都・洛北 木陰の彼岸花〜糺の森〜
糺の森の中で咲いていた彼岸花です。木陰にあってあまり目立たないのですが、気をつけていると結構あちらこちらで見かけます。
http://naokun.cocolog-nifty.com/nekozura/2007/09/post_b919.html

*Life goes on...:旅日記2:京都を歩いて歩いて歩きまくるの巻。
参道は,とっても神秘的な森の中。「糺の森」っていうれっきとした史跡なんだそーな。
http://naturluvtorijiro.blog67.fc2.com/blog-entry-279.html

*マンハッタン日記:下鴨神社 京都
神社前にある糺の森(ただすのもり)を歩いてみたのだけど、びっくりするくらい清々しくて穏やかな空気の流れている場所。
http://blog.la08573685.lolipop.jp/?eid=715399

*よそさんの京都:恋に、仕事に効く! 下鴨神社
神社の奥へと続く糺の森もまた、強力なパワースポット。神社から木が覆い繁る場所に足を踏み入れると、空気がすっと変わります。
http://blog.yososan-no-kyoto.com/?eid=542218

*キャンドル日和  -cafe-:京都便り。。。☆
樹齢何年なのだろう?たか〜いたか〜い木々の森をてくてく歩き。。。もう最高に心地よい道でした!!
http://blog.so-net.ne.jp/takataka-candle/2007-09-29

*おしゃべりTime:上賀茂神社 ☆ 下鴨神社
静かで荘厳な雰囲気でした。参道の糺の森もすがすがしい気分になりました。
http://blogs.yahoo.co.jp/k09hanahana/51207152.html

*京都を歩くアルバム:下鴨神社 糺の森と藤袴
下鴨神社の「糺の森」 (ただすのもり)です。下鴨神社本殿から南へ河合神社に至る境内の12ヘクタールにおよぶ森。
http://kyoto-albumwalking2.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_f66b.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月04日 23:25 | コメント (0)

 

石見銀山遺跡(島根県大田市)

「石見銀山遺跡(島根県大田市)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「戦国時代後期から江戸時代前期にかけての日本最大の銀山の日本を代表する鉱山遺跡。2007年に、ユネスコの世界遺産に登録されました」



=2007年9月19日収集分=

*ロイヤルベビーマッサージ教室♪ホッとほっとる〜む♪:世界遺産
こんな暑い中、急に思いたって 先日 世界遺産登録されたばかりの 石見銀山遺跡に行ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ekko1112/14553371.html

*島根サッカー生活:石見銀山遺跡
先般、世界遺産登録されることになった『石見銀山遺跡』へ行ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sstcj368/50648900.html

*Oくんのぶらり日記:祝!世界遺産☆石見銀山へ
古い町並みのまま整備されていて、昔の宿場町がそのまま残っているような感じで非常によかったです。
http://blogs.yahoo.co.jp/jo0111rav4/35502224.html

*ぷにゃの日記:石見銀山〜出雲
石見銀山は7月に世界遺産に登録されただけあって観光客が大勢いました。
http://blogs.yahoo.co.jp/punyanoheya/49183394.html

*散歩道:石見銀山遺跡
戦国期から徳川幕府時代の一時期、世界中の1/3の銀の産出を誇ったという歴史があるだけに見ごたえがありました。
http://ameblo.jp/sanpo-miti/entry-10046113775.html

*お散歩日記:石見銀山(遺跡)へ
石見銀山は、鎌倉時代末期の延慶2年(1309)、大内氏により発見されたとの伝承があります。
http://ohfuji.blog119.fc2.com/blog-entry-6.html

*グルメなバイクツーリング:赤茶の甍 石見銀山 町並編 中国地方の・・・
銀山の遺跡以外にも、この大森の町並みや前回出てきた『羅漢寺』など銀山の産業に関わったものも世界遺産に登録されています。
http://bike.livedoor.biz/archives/50785604.html

*花と短歌と竹原と:竹原市文化団体連盟研修旅行 2007年世界遺産・・・
朝7時に竹原を出発して、一路、島根県太田市大森町の世界遺産に7月に登録された石見銀山に向いました。
http://blog.livedoor.jp/takeharashizuka/archives/51201444.html

*趣味のハバ:石見銀山へ
石見銀山遺跡へ行ってきました。ここは今年の夏に世界遺産に登録されたので、ぜひ1度行ってみたい!
http://toshi-no.blogzine.jp/peaches/2007/09/post_5903.html

*スゴワザ:最大の坑道を公開-石見銀山
石見銀山遺跡で31日、600以上ある坑道のうちの最大の坑道が、登録後初めて市民に公開された
http://plaza.rakuten.co.jp/sugowaza/diary/200708310004/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月20日 07:36 | コメント (0)

 

富岡製糸場(群馬県富岡市)

「富岡製糸場(群馬県富岡市)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本初の器械製糸工場。フランスと日本の建築技術を融合させた木骨レンガ造りの建物です。「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産暫定リストに加わりました」



=2007年9月19日収集分=

*たくあんの何でも書いてみよう:富岡製糸場
ずっと以前から行ってみたかった場所なだけに満足。ちょっと興奮気味だったかもしれません(^^ゞ
http://takuan.seesaa.net/article/55549588.html

*♪山百合的事情♪-復刻版-:群馬旅行記
行楽富岡製糸場 ご存知でしょうか。ここ、富岡製糸場は世界遺産に暫定入りしたステキな場所なんです。
http://sange333.blog103.fc2.com/blog-entry-14.html

*おやぢ☆の徒然:なんだかな
さらに、富岡製糸場を含めた、富岡の生糸産業全体の文化を世界遺産として登録しようと言うことでした。
http://myhome.cururu.jp/yamatoya/blog/article/91001466028

*hello! hello!:富岡製糸場
世界遺産候補との情報をテレビでやってたので、今日は群馬の富岡製糸場に行って来ました。
http://blogs.yahoo.co.jp/hello86hello86hello86/1795345.html

*仕事ー2年プー仕事ー辞めたーどうする@p@:富岡製糸 サファリ
これは,歴史で習った糸の工場。昔は女性(わかい)が結核でよく亡くなったときく工場。世界遺産に暫定されているらしい。
http://blogs.yahoo.co.jp/junta1214jp/36953550.html

*昭和30〜40年代の京都:富岡製糸場探訪その1〜見学レポート
観光資源としても極めて貴重な富岡製糸場。観光客を受け入れつつハード面の整備を最低限行い、今のような尊厳を保てるミュージアムであって欲しいと願う
http://blogs.yahoo.co.jp/kansyuhou55tt/16660781.html

*ハ〜ツの旅路 2:下仁田から富岡製糸場。
不便です。和瓦とレンガのマッチした棟が、調和取れてましたが、世界遺産ともなると今一でした。
http://blog.livedoor.jp/noren21/archives/50706974.html

*どっこい抄: Scrapblog:富岡製糸場
富岡には親戚もいて小さいころからよく来ていたのですが、この製糸場にはきたのは実は生まれて初めてでした。
http://marrrsan.exblog.jp/6124668/

*ホワイトの木彫の世界:世界遺産見学「富岡製糸場」
昨日、精明公民館主催「博物館を訪ねて」にて、「富岡製糸場」を見学して来ました。
http://blog.goo.ne.jp/howaito888/e/1deeea5ffd22f52f45e442007952fa45

*agesの日記 since 20040325:富岡製糸場渋滞
とかあるとはーこれが世界遺産の威力か。補欠でこれだけの集客力。確かにさまざまな点でちょうどいいですもんね。
http://d.hatena.ne.jp/ages/20070916#p2

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月20日 07:33 | コメント (0)

 

箱根ホテル(神奈川県箱根町)

「箱根ホテル(神奈川県箱根町)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「芦ノ湖と庭続きに富士山を仰ぐ美しいロケーションに位置するリゾートホテル。全室から芦ノ湖が眺められて、露天風呂やジャグジーも人気です」



=2007年9月10日収集分=

*@フマジメ&キマジメ日記@:箱根
建物正面はコンクリートで重すぎず軽すぎず上質な雰囲気があった。内装はシンプルに石と木でまとめられていて、落ち着いた雰囲気。
http://blogs.yahoo.co.jp/fk_shop/45573669.html

*teru-sefaire:☆☆☆
で泊まるところは芦ノ湖のほとりにある箱根ホテル☆きれいでしたがお風呂が若干狭かったです。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/gutara2003jp/50349112.html

*leaf green:箱根 箱根ホテル編
芦ノ湖に移動。遊覧船乗り場のすぐ隣、富士屋ホテルグループの「箱根ホテル」が今夜のお宿。
http://blogs.yahoo.co.jp/kazooh_kaz/18186910.html

*Come on girls:箱根ぷち旅行
箱根旅行に行ってきました(^o^)宿泊先は "箱根ホテル"外観は美術館のようで、お部屋もすごーーーく広かった!
http://blog.so-net.ne.jp/a_girl_talk2/2007-07-22

*がっくんのちゃぶ台絵話…by 松田靜心:『松田靜心展 in 箱根ホテル』
芦ノ湖湖畔に建つ、モダンな建築物。中庭はそのまま芦ノ湖のボート乗り場に続いている。
http://gakuseezoo.at.webry.info/200708/article_1.html

*日々と糧 其の弐:静かな湖畔の森の陰から 
宿泊先は芦の湖畔の「箱根ホテル」、全客室数50程のこじんまりとしたお宿です。
http://lotus6762.exblog.jp/7322430/

*スヌー☆ピーとハンドベル:スヌー☆ピー in 箱根〜その2IL MIRAGGIO〜
ここは箱根ホテルです。今からこの中のレストランにランチビュッフェを食べに行ってきます♪
http://blog.so-net.ne.jp/snoo-p/2007-08-21-1

*浜っ子えみちゃん日記:偽セレブ気分
箱根ホテル。素晴らしいです。。。あの小高い坂を登った時点で空気が違うきがした。(ドキドキ)
http://plaza.rakuten.co.jp/emilin/diary/200709030000/

*いい湯だな〜:芦ノ湖温泉 箱根ホテル
部屋からは庭続きに芦ノ湖や富士山を一望でき、大自然の中、ゆったりと過ごせますよ。是非宿泊してみてください。
http://umeguri.blog118.fc2.com/blog-entry-3.html

*ワンピースを目指す社長のブログ:箱根ツアー
そんなホテルがここです ホテルの目の前に「芦ノ湖」があり、その先に「富士山」が見える絶景の場所です。
http://ameblo.jp/dream-navi/entry-10046320615.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月11日 07:27 | コメント (0)

 

神威(かむい)岬(北海道積丹郡)

「神威(かむい)岬(北海道積丹郡)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「北海道でも有名なパワースポット。アイヌ民族の言葉で「神様」の意味があります。シャコタンブルーと言われる光によって色が変化する海が広がっています」



=2007年9月7日収集分=

*葉隠餡:積丹半島神威岬へ
遊歩道の入口は強風で閉鎖。一昔前までは「女人禁制」の場所でしたが、現代は写真の遊歩道を歩いて先端までいけます。
http://plaza.rakuten.co.jp/sunrisedegumo/diary/200709060001/

*あしゅて!ACHETEZ!:絶景かな!
祈りながら、メインの神威岬へ。やった〜 青空が見える! 海の青さが戻った!それでこそ「絶景積丹岬コース」である。
http://plaza.rakuten.co.jp/acheter/diary/200709060000/

*Life with Leica:2007北海道紀行・神威岬
雨は降っていなかったが、時折遠雷が聞こえ、強い風が吹いていた。おかげで岬の先端へ行くことはできず。
http://blog.goo.ne.jp/tajiri8jp/e/56286d767d632e3182039ae84321ae9a

*北海道オホーツクの枝幸町より:神威岬 ― 日曜日にはおにぎりを持って
ここは神威岬というところで、1500年前から700年くらい前まではオホーツク人という北方民族が暮らしていたところです。
http://blogs.yahoo.co.jp/yopparattayo/19747435.html

*日々考えること。:『神威岬』
恐竜の背中のようにデコボコと連なる神威岬。とある旅人は、この岬を見て 「ここは日本の万里の長城だ」 と感想を語ったそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/satomi_sound/19748134.html

*湘南爺遊人:神威岬を見る
始めて神威岬を南側から見る 以前は北側から見ただけだったので少し興奮をしましたね
http://blogs.yahoo.co.jp/xjpkc_shape_3002006/19845688.html

*にせ悟空の麻雀道中記:神威岬
積丹岬から車で少し行ったところにある神威岬。ここも今回初めて。写真のように、断崖絶壁の中の遊歩道を歩いて岬の先まで行く感じ。
http://blog.goo.ne.jp/nise59/e/7a76fab526252730e07435e9e4300b9a

*吉田幸二の田舎都会塾:神威岬
後志管内・積丹町にある 神威岬 人・ひと・人 澄んだブルーの日本海をバックに 岬は映える
http://blog.goo.ne.jp/inaka4848/e/7d814b8d4b7c44332e69a741a365b1f3

*高速二輪車国道ブログ 領収書の裏の落書き:神威岬
神威岬の先端にやってきました。岬の先端にある、変わった形の岩と、透き通るブルーの海が印象的です。
http://mcexpwy.blog64.fc2.com/blog-entry-467.html

*キリギリス先生:神威岬
白神岬(最南端)跡に、一路日本海側を北上し積丹半島の突端(=神威岬)で夕暮れを迎えました。日没間際で逆光ばかりです。
http://blogs.yahoo.co.jp/aki44mu/50652821.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月08日 09:08 | コメント (0)

 

浜離宮恩賜庭園(東京都中央区)

「浜離宮恩賜庭園(東京都中央区)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「汐留にある都会のオアシス。潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園で、四季折々のお花が楽しめます」



=2007年8月30日収集分=

*Dekimaro's Photo Diary:浜離宮恩賜庭園[1]
大手門から入っていくと内堀の先にお花畑がありますが、今の時期は、ここに15万本のキバナコスモスが咲き乱れています。
http://blog.livedoor.jp/dekimaro/archives/51039901.html

*machanのnikki:ノーゼンカズラ〜浜離宮
港区浜離宮恩賜庭園は今キバナコスモスが5分咲き。毎年楽しみにしているスポット。
http://ch08011.kitaguni.tv/e414279.html

*霜月一八のアカチバラチー!撮り歩きと日々雑感:浜離宮恩賜庭園
大手門を入り直ぐ左に「三百年の松」が目を惹く。一本の太い枝から枝分かれして地を這うように見事な姿を見せる。
http://toriaruki.exblog.jp/6353358/

*花物語&マリーンズとともに:チョコレートコスモス in 浜離宮
チョコレートコスモスです。浜離宮恩賜庭園のキバナコスモスの脇で、ひっそりと咲いていました。
http://blog.goo.ne.jp/clmvsh/e/ff7aaa8a88d6019d542d012121c83c49

*くつろぎのティータイム♪英国に憧れて:日曜日のお出かけ♪〜浜離宮編〜
入園してすぐに目に入ったのが、このお花畑。「キバナコスモス」だそうです♪とてもキレイでしたよ〜!
http://blogs.yahoo.co.jp/alicecatmk/18551109.html

*東京てくてく散歩:都会のオアシス浜離宮恩賜庭園
広い敷地に、手入れが行き届いた美しい日本庭園。しかしバックはビル群(笑)色々な時代が交錯する不思議な安らぎスポットです。
http://plaza.rakuten.co.jp/momoyuki1122/diary/200708280000/

*株っちゅうんは、儲かりまっか?:灼熱の浜離宮恩賜庭園
中に進んでいくと、そこは都会のオアシスかな。草木はきれいに整備されてますし、花も美しく咲いてます。
http://blogs.yahoo.co.jp/kabunaikitoushi/24565880.html

*想いのままに:浜離宮恩賜庭園検〇木林から汐入の池へ
木を見上げてよく見ると、アブラゼミが一本の木に何匹もいました。汐入の池に抜けると、真っ青な空にまた太陽が燦燦と輝いていました
http://blogs.yahoo.co.jp/tm_h1hamachan/17504541.html

*花と祭の気まま旅:ビルの谷間にキバナコスモス/浜離宮恩賜庭園
庭園の一区画の約1500屬里花畑には、鮮やかな黄、橙黄、朱赤色のキバナコスモスがあふれるように咲いていました。
http://flower-festival.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_8dc8.html

*るんらんブー:新橋周辺のお散歩
潮留ビル街を眺めながら15万本のキバナコスモスが見頃だという浜離宮恩賜庭園へ。
http://plaza.rakuten.co.jp/rumrumramram0/diary/200708290001/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月31日 07:25 | コメント (0)

 

払沢の滝(東京都檜原村)

「払沢の滝(東京都檜原村)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本の滝100選にも数えられる檜原村にある滝。最下段の滝は26mあり、大蛇が棲むと伝えられる淵を持っています。冬の凍結も美しいです」



=2007年8月28日収集分=

*with Jasmin:滝行
目的地は「払沢の滝」。日本の滝100選だそうです。冬は凍ってこれまたキレイ。
http://jasmincockpoo.blog82.fc2.com/blog-entry-108.html

*YOSHIKI の SAX-PARTY:払沢の滝☆ほっさわ( 東京都)
後ろが…払沢の滝☆彡きもちえ〜よ♪(^^)vがんがんマイナスイオン!心も体も癒されていま〜す☆彡
http://blog.goo.ne.jp/yokki-sax-yokki/e/a9e8feba4e787d3aa1a44da84c69207f

*a wanderer:払沢の滝
日本の滝100選のひとつ。人が多かったのは、昨日放送のもしもツアーズの影響かな。
http://blog.goo.ne.jp/murasan06/e/89cf4fbed9be398c357e39e843f5179d

*HAPPY DAY:払沢の滝*
素敵スポットに連れて行ってくれました 日本滝100選の1つ西多摩郡檜原村にある払沢の滝に行ってきました
http://ameblo.jp/kt-piyo/entry-10044799779.html

*okamu-log:涼を求めて -払沢の滝-
上の方は木々に覆われて全容は見渡せませんが、実際に見える最下段で26mあります。「日本の滝100選」に選ばれています。
http://blog.goo.ne.jp/okamu-k/e/1e80bf665e6618acb826a9c8b00e7fe1

*DON DAYS:マイナスイオンでリフレッシュ!
お友達のサイトで見て去年から(長い!)ずっと行ってみたかった『払沢の滝』へ行って来ました
http://don-days.pupu.jp/sb/log/eid289.html

*江戸っ子姉妹 さくらとかりん:また川遊び
「払沢の滝」に到着 ここ数日のアウトドアでいたんだお肌にマイナスイオンを注入!!
http://sakuhima.blog66.fc2.com/blog-entry-185.html

*おぎパパ日記・50805:払沢の滝から藤野までドライブ・・
おいでになるときはハイヒールだけはやめておかれた方がよろしいかと!15分くらい山道を歩きますので。
http://plaza.rakuten.co.jp/yasukuni1030/diary/200708190001/

*My way, pace:CB750で行く払沢の滝(日本滝100選)〜奥多摩周遊
冬は氷結するらしく夏祭りでの氷結日を当てるクイズは有名ですよね。半年後、再訪してみたいですが、道路の凍結が・・・・(怖)
http://blog.so-net.ne.jp/key-k/2007-08-24

*風景写真!自然との対話!:東京都檜原村 払沢の滝
東京都檜原村の払沢の滝の陽があたる場所も撮ってみました。滝の水が滴り落ちる部分で、草も元気に育っています。
http://blogs.yahoo.co.jp/evidence/24354458.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月29日 07:42 | コメント (0)

 

瑞巌寺(ずいがんじ)(宮城県松島町)

「瑞巌寺(ずいがんじ)(宮城県松島町)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「正式名は松島青龍山 瑞巌円福禅寺。伊達政宗の菩提寺で、本堂は国宝です。金の障壁画が「宝物館」に保存・展示されています」



=2007年8月23日収集分=

*智子の倉木麻衣ちゃん追っかけ紀行:瑞巌寺
国宝瑞巌寺に行って麻衣りました! 彫刻が素晴らしかったです。暑いですねぇ^^; 藤棚の下でかき氷をいただきました。
http://blog.livedoor.jp/to_moko1112/archives/51165574.html

*のんびりとした日常の日記:満喫
松島にまたもや行ってきた。瑞巌寺は癒される。杉並木に差し込む太陽の光が美しかった。
http://ameblo.jp/pinoko37/entry-10044205111.html

*doranyanko:いわき・仙台・石巻の旅
そんなことで、生前より自ら心血を注いだ伊達政宗公の菩提寺である、臨済宗 「瑞巌寺」 を訪れました。
http://genkinagochan.blog.ocn.ne.jp/doranyanko/2007/08/post_d7aa.html

*ようりのまほろば:松島
瑞巌寺がやっぱり一番癒し。お寺大好き大好き大好き大好き。早く京都旅行行きたいな。
http://yaplog.jp/mahoroba12/archive/206

*Favorite Scrap:瑞巌寺
襖絵や細かい装飾は見事なものです。拝観料は700円かかりますが、見る価値はあると思います。
http://hiideru.blog67.fc2.com/blog-entry-75.html

*松島人から観た日本三景松島:神秘的 瑞巌寺灯堂
瑞巌寺灯堂をみてきました。まだ、5年位の行事ですが、地元の人の、協力もあり、毎年10日位に、三日程やってます。神秘的です。
http://blogs.yahoo.co.jp/himajindream/49456504.html

*薄紅の砂時計の底から:松島・瑞巖寺(ずいがんじ)−四寺回廊(1)
慈覚大師が日吉山王社の神輿を先頭に、三千の学生・堂衆を率いて下向、創立し淳和天皇の勅願寺となった、と伝えられています。
http://blogs.yahoo.co.jp/sandglass_naka/36013358.html

*ニュースあれこれ:松島町「瑞巌寺灯道」#190
瑞巌寺の参道には、蝋燭の火が灯され、夏の夜を演出、なかなか幻想的な世界でした
http://blog.livedoor.jp/beach1188/archives/51028524.html

*単純明快気まぐれ日記:瑞巌寺にて
着いた時にはもう閉まっていたので中には入れませんでしたが、参道を歩いていたら何とも心洗われました。
http://zanhah99.blog54.fc2.com/blog-entry-179.html

*「こだわり」の哲学と実践:瑞巌寺の達磨こけし
十数年ぶりに日本三景の一つである松島を訪れた。そこに言わずと知れた古刹「瑞巌寺」がある。久しぶりにお参りした
http://blog.goo.ne.jp/wadams/e/7ab41cd8a015c439dc961b282a069b46

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月24日 22:17 | コメント (0)

 

白谷雲水峡(屋久島)

「白谷雲水峡(屋久島)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「映画「もののけ姫」の森としても有名な白谷雲水峡。二代杉が見られる手軽なひりゅうコースから、くぐり杉や七本杉まで行く本格的な原生林コースなどがあります」



=2007年7月17日収集分=

*旅行の為ならなんのその。:屋久島 もののけ姫の森〜白谷雲水峡〜
雲水峡と言うだけあって渓谷が美しい。川のせせらぎの音、蒸した苔の素晴らしい事!すべてが癒されてしまう空間が広がっている
http://plaza.rakuten.co.jp/worldwoker/diary/200706260000/

*one☆ness in yakushima:白谷雲水峡と温泉いろいろ
宮崎ハヤオのもののけ姫の中で狼が落ちた所?立っていた岩?詳しくは覚えていませんが、あるシーンのモデルになった場所だそうです。
http://onenessry.exblog.jp/5787886

*平凡サラリーマンのアウトドアー奮闘記:白谷雲水峡
白谷雲水峡に行きたい目的は、もののけ姫の舞台となったもののけの森を見たいのです。それから山頂の太鼓岩の絶景が見たい!!
http://outdoorstyle.blog99.fc2.com/blog-entry-9.html

*みすじゃん。(みすてり中毒者の部屋):白谷雲水峡-屋久島の予習-
この白谷雲水峡、しっかり遊歩道が整備されているのでたいした装備も必要なく、スニーカーで本格的な散策をすることが出来ます。
http://ameblo.jp/ramaramar/entry-10039065303.html

*Black Toy Poo ☆Momoa☆:屋久島〜もののけの森編〜
屋久島 3日目は 白谷雲水峡に行ってきました〜白谷雲水峡は 宮崎駿監督の「もののけ姫」のモデルになった森なんです
http://ameblo.jp/momoa/entry-10039393313.html

*思い出づくり:屋久島2日目
弥生杉・二代大杉・三本足杉など珍しい杉が沢山あった。野生のしかも沢山居て、サルなども駆け回っている。
http://wwwss.exblog.jp/6476588

*旅職人の通り道:屋久島・白谷雲水峡
屋久島の白谷雲水峡の一コマです。屋久島に行かれる方、必ず白谷雲水峡はプランに入れといて下さい!感動できますよー。
http://ryokonikki.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_c8ed.html

*ふしぎ翼宿:白谷雲水峡
白谷雲水峡へ行って来ました。もののけ姫の森も行きました。とても美しい自然を堪能しました。
http://ameblo.jp/freedom-kira/entry-10040057052.html

*YokitaMariposaの安全確認日記:霧島から屋久島の白谷雲水峡へ
苔の緑と杉の赤茶色、透明な雨水のコントラストが北海道には無い色彩で、島のみならず鹿児島は全体的に緑が深い。
http://yokitamariposa.spaces.live.com/Blog/cns!78DB748E336250E4!188.entry

*あむにまりんごの日記:屋久島日記・かようび
今回、屋久島へ来た最大の目的地は「白谷雲水峡」。沢が渡れないと、もののけ姫の森には行くことができない。
http://madhuri.exblog.jp/6112242

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月19日 11:04 | コメント (0)

 

ゴジラ岩(北海道・知床)

「ゴジラ岩(北海道・知床)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「知床国立公園の入口、ウトロに港を見つめるようにあるゴジラ岩。百万年前の海底火山活動で出来上がったそうです」



=2007年7月14日収集分=

*「にこ」と旅する:絶壁3 in 知床   そしてゴジラ登場
必ず目に付くのがゴジラ。ゴジラ岩です。分かります??僕は最初、どの編がゴジラ?と思っていました。
http://blog.goo.ne.jp/yoshihiro1030/e/a2aa28392789ed7605e9fabfff6c94bf

*シュグのツーリングレポート:オロンコ岩の上から見たゴジラ岩
しんどい!この装備と、運動不足の身には、この岩を登るのはキツイ!
http://syug.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_9983.html

*きゃぱ&ぴーと(ふぇあり)の日記帳←(1&2)→:思い出の北海道旅行
(ゴジラ岩観光) 面白いネーミングだと思いませんか!・・・ゴジラ岩って(^_-)
http://plaza.rakuten.co.jp/fairy11/diary/200706240000/

*北海道 旅の新聞:北海道 ウトロ
ゴジラ岩です。(^^)どうですか。ゴジラに似ていませんか?間抜けなゴジラですよねー
http://kitadokei.livedoor.biz/archives/50913406.html

*北海道にもあったんだ♪qunithimのお部屋。:知床へ〜♪
国道に戻るとゴジラ岩が見えました。takathimが写真撮らないの???って何回も言うから撮りましたww
http://myhome.cururu.jp/qunithim/blog/article/51001319160

*NORTH ISLAND HOKKAIDO 通信:知床 ゴジラ岩・カムイワッカ
ゴジラ岩があります。何年か前に、崩れそうで危険と、壊す案がでていたけど、地元の強い反対により、残すことになった岩です。
http://blog.northisland-hokkaido.com/article/4470755.html

*ニュージーランド日和:知床 トイレシリーズ
そういえば・・・どことなく・・・ゴジラwwとらさんシリーズ「男はつらいよ知床慕情」にゴジラ岩が映っていたそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/hokkaido_w34/41171921.html

*Myself☆:北海道☆三日目
次にゴジラ岩といって、その名の通りゴジラに見える岩に寄り今日のキャンプ地の羅臼へ
http://blog.goo.ne.jp/happy-lovelove_2006/e/a812011c87fda547d0f567cee8480879

*MX938:知床旅情
しかもこのゴジラ岩観光船は、他の観光クルーザーよりも結構大きめなので、席もゆったりしててお得な感じ。
http://blog.goo.ne.jp/mbp_11/e/31ac11014d7da33502591881ff958401

*ハイサイ!北海道 2007:知床 ゴジラ岩
知床岬のクルージングを申し込みしたのが、なんと「ゴジラ岩観光!」かっこいいクルーザーで知床岬を航行してくれます。
http://blogs.yahoo.co.jp/kk0701ii/11883708.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月15日 09:46 | コメント (0)

 

今井町(奈良県橿原市)

「今井町(奈良県橿原市)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「東西およそ600m、南北およそ310mの堀に囲まれた町に、江戸時代の伝統を残す建物が軒を並べています。タイムスリップしたような気持ちになりますね」



=2007年7月10日収集分=

*蒼いみかん  Paris et Japon:奈良 今井町情景
観光目的に整備された町並みではなく、暮らしがある町からは人々の声が聞こえ、格子の奥からは包丁で野菜を刻む音がしました
http://aoimikan.exblog.jp/5740075

*私の写真日記:奈良は今井町の町並み♪
周囲に環濠土居を築いた城塞都市で、内部の道路も、見通しのきくものはなく、ほとんどが一度屈折させています。とってもすてきな町です
http://blogs.yahoo.co.jp/atsukosandazo/7165424.html

*八十路男の絵と 家内が咲かせた花:私の散歩道 奈良橿原市今市町
奈良橿原市の今井町です 古い町並みを保存して旧家を一般公開していました
http://tutomus.at.webry.info/200707/article_4.html

*ある定年退職者の日記:江戸時代から現代へと続く奈良・今井町
歴史散歩 奈良橿原・今井町を訪ねた **→ 江戸時代初期の面影を残す白壁の家並みです。
http://plaza.rakuten.co.jp/681032/diary/200707050000/

*MORITA in Cyberland:文化を守る、ということ<前編> in 今井町 @奈良
「ならまち」も愛してやまない私なのですが、この今井町は、それとはまた違う魅力に溢れています。
http://plaza.rakuten.co.jp/mrtk5blog/diary/200705010000/

*ALL for ONE SHOT ! "SNAPSHOT WANDERER":タイムスリップした町〜今井町・点描劇場〜”一幕・三場”
とりあえず、一幕は気になったお店特集と言うことで(苦笑)
http://shotgan.exblog.jp/5764754

*よっしゃんの日記:奈良、橿原、今井町!
今井町は中世の寺内町として浄土真宗の寺院を中心に、町の周囲に塀をめぐらして自治都市として発達しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/h_yossyan/12894511.html

*慈楽堂のノンビリといきましょう:奈良県橿原市、今井町の古い街並み
今井町は東西600m、南北320mの濠をめぐらせた、現在も江戸時代そのままのたたずまいと情緒を残す町です。
http://blogs.yahoo.co.jp/jirakudou001/12976781.html

*よねちゃんの車中泊旅行記:2007年奈良旅行その1(橿原神宮)
ここには、橿原神宮という有名な神社と今井町という重要伝統的建造物群保存地区があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/shigeaki0430/34078855.html

*まるぃねこやなぎ:こんばんは
その麓 橿原神宮によって それから今井町 あまり知られてないでしょうけど 風情のある町並みが あるんだー。
http://blogs.yahoo.co.jp/maru_i_neko/12267748.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月11日 07:29 | コメント (0)

 

妻籠宿(長野県木曽郡)

「妻籠宿(長野県木曽郡)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「木曽路にある江戸時代の面影を色濃く残している宿場です。江戸時代に創業した「旅籠」が今も宿として利用できます」



=2007年7月10日収集分=

*JIN&JIN BLOGS:中山道・妻籠宿を歩く
妻籠宿の方は平坦な所だったので歩くのが楽でした!こちらは約1km程の距離を歩いたと思います!
http://blogs.yahoo.co.jp/amago320mm/12843855.html

*信州風景スナップ:木曽妻籠宿
目立つのが「高札場」です。 これは復元されたもので、本物は元脇本陣であった奥谷郷土館にあります。
http://blog.goo.ne.jp/mokopark/e/40da1b12f0b05f6e0af93a9850941ab6

*毘沙門道中記:妻籠宿
今も多くの観光客で賑わい、水車や、高札場といったものもあり、江戸時代にタイムスリップしたかのようです
http://blog.goo.ne.jp/crossfire1980/e/f89dcf4483915e57ec5b7db9c8f1362c

*鹿鳴人のつぶやき:妻籠宿
妻籠は町並みを復元するために早くから取り組んで来られたそうです。宿場町にあった、本陣、家、馬小屋の復元など。
http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_8349.html

*ぷちプチセレブ日記:岐阜の
『妻籠宿』と言う昔の宿場街。古家をいい感じに お食事所にしていたり、宿場がありやす。
http://ameblo.jp/tora4340/entry-10038611091.html

*ガーデンめぐり 主人とお出かけ:妻籠宿
奈良井宿に行った後、あまり期待をせずに妻籠宿へ。雨がふり、しっとりとしたなか、観光客も平日のためかまばらでゆっくりと散策ができた。
http://blog.goo.ne.jp/english_rose_love/e/de409e37ab026dd19bfb19592402f68a

*とうの日記(仮):社員旅行の思い出。(何)
最初に訪れたところは妻籠宿です。 昔の町並みが売りだそうで。 こんな感じです↓
http://miduhana.blog44.fc2.com/blog-entry-322.html

*POWER ROOM 【SOMA&SURFING】:食べまくり慰安小旅行in長野
お次は【妻籠宿】です♪♪♪久しぶりに行きましたが川の流れる音が心地良く、素敵な町並みでした(^−^)
http://somakun.exblog.jp/7054497

*もぎたてファージ館_2:妻籠宿第2弾です。
長野県の山深い木曽路を通ることから木曾街道ともよばれています。妻籠宿は中山道69次のうち江戸から数えて42番目ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/pepe33t/13505847.html

*心が折れるまで:社員旅行。。。
江戸時代からの宿場町の町並みを1堪能しながらひたすら歩く。。。歩く。。。休む。。。そして食う(* ̄m ̄)プッ
http://blogs.yahoo.co.jp/takuemon0721/48163438.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月11日 07:27 | コメント (0)

 

石見銀山 龍源寺間歩(島根県大田市)

「石見銀山 龍源寺間歩(島根県大田市)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「逆転で世界遺産に登録となった石見銀山遺跡。現在、唯一中を見学できるのが、龍源寺間歩で、273mが公開されています」



=2007年7月3日収集分=

*世界遺産石見銀山の旅:龍源寺間歩
この周辺に600ばかりの間歩(まぶ:坑道)があり、その中でたった一つ公開されているのが龍源寺間歩です。
http://iwamiginzan.seesaa.net/article/46256935.html

*おりおりに歌 (中国留学日記):「石見銀山」 NO6 龍源寺間歩(坑道)へ・・・6/10
坑道は江戸中期以降開発された「間歩(まぶ)」という。大森代官所前からシャトルバスで約10分の山の麓にあった。
http://blogs.yahoo.co.jp/ichina35/48173817.html

*休日style:島根   石見銀山を歩く
石見には約600の坑道がありますが通り抜けの出来る観光用の坑道は龍源寺間歩のみです。
http://kyustyle.exblog.jp/5360042

*ばあばの寄り道写真日記:『島根・大森銀山・龍源寺間歩』
ここが龍源寺間歩入り口です。中はこの様に・・あちこちに横への細い坑道が迷いそうになる程・・掘られて、残されています。
http://blogs.yahoo.co.jp/kohasu96318218/32681715.html

*しあわせさがし。:石見銀山
実際に銀の発掘作業がされていたところで。多少の補修を加えて、安全に見学できるようにされているよう。
http://ameblo.jp/for-happydays/entry-10034802749.html

*函館山:山陰11 「石見銀山」
一般公開されている唯一の間歩(坑道)がこの龍源寺間歩だ。600Mある坑道の内150Mが公開中。
http://lonelybadboy.blog.ocn.ne.jp/boj/2007/06/post_2f46.html

*今日の新幹線区長:ぶらりと石見銀山遺跡 その2
龍源寺間歩の入り口に到着しました。中に入って、間歩の入り口を望むと・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/tecchanshinkansenku_since_0319/48433548.html

*hirohiroの島根生活:石見銀山
唯一内部が公開されている龍源寺間歩は230年間も採掘が行われていた坑道だそうで、ひんやりとしていてノミで掘った跡が残っていました
http://hirohironaonao.at.webry.info/200705/article_11.html

*あすなろブログ:石見銀山に行ってきました。
龍源寺間歩(間歩とは、山言葉で坑道の事)という所が現在公開されています。中は大人が立って歩ける広さで、ベビーカーや車椅子でも入れます
http://asunaroblog.sblo.jp/article/4575587.html

*流浪人の庵 - 一期一会の出会い -:祝!世界遺産登録!! ♯2
龍源寺間歩の中…独特の雰囲気があります。間歩跡は、他にもあるのですが、公開されているのはココだけ。
http://narugami.exblog.jp/6007781

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月04日 08:03 | コメント (0)

 

美瑛(北海道上川郡美瑛町)

「美瑛(北海道上川郡美瑛町)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「日本で最も美しい村連合」にもなっている丘陵風景と花の風景が人気の美瑛。ケンとメリーの木・セブンスターの木など観光名所もいっぱいです」



=2007年6月21日収集分=

*兼業主夫田舎暮らし@北海道:美瑛の風
美瑛の丘の風景、「小麦畑」というパン屋さんの近くにて。道路から横を見ただけで、こんな風景が広がっている。
http://tokachi.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_1cd9.html

*闘う!?北海道フードマイスターの日々☆:北海道のドライブ〜美瑛編〜
四季彩の丘 がとってもきれいだったので、寄ってきました。ラベンダーやひまわりなんかはまだなんですが、それでも十分キレイでしたよ
http://mame7life.blog72.fc2.com/blog-entry-257.html

*Passion for the Dream:富良野&美瑛
次は「丘の街美瑛」の視察です! ここは風景を観光資源としているので、景観が第一! 電柱が1本もありません。
http://blog.livedoor.jp/pul12/archives/51174568.html

*パセリのお日様:北海道2007夏・その2
なんとも雄大な美瑛の丘、↑向こうの山は十勝岳です。マイルドセブンの丘(笑)ケンとメリー(スカイライン)の木(爆)
http://parsuke.exblog.jp/5761050

*Mixにゃんだわん:北海道旅行 〜2日目〜
美瑛駅 美瑛軟石という大理石を使って建築されているそうです。私達のほかにも観光客がチラホラ
http://ameblo.jp/miu-chiro-jyera/entry-10037258267.html

*SweetSweetShoko:北海道旅行 〜 美瑛 & 富良野
北海道旅行、3日目。宿の近くの滝です。白ひげの滝 きれいな水でした。
http://ameblo.jp/sweetsweetshoko/entry-10037279887.html

*シュミブログ:「北海道旅行 忘備録 2」
「ケンとメリーの木」から始まり、セブンスター、親子、名のない、哲学、クリスマスの、木、木、木。それぞれ味があっていいんだなぁ。
http://plaza.rakuten.co.jp/pirlo21/diary/200706200001/

*月島遊歩人つぶやきのブログ:層雲峡・美瑛・富良野
パッチワークの丘の町美瑛、本州では味わえない広々とした美しい丘が続きます。これが四季折々変化するのですから
http://yu-hobito.at.webry.info/200706/article_18.html

*Another diary:北海道 〜美瑛・富良野2〜
翌朝、雷が鳴る雨模様。。。 少し小降りになってからパノラマロードへドライブに。↑これが見たかったんだ!
http://didier.exblog.jp/5659735

*Photo Of 北海道大陸:美瑛
久々の美瑛です。いつ来ても素敵な場所で、全部がいい被写体に見えて困ります^^;
http://hoktairiku.exblog.jp/5681058

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月22日 09:19 | コメント (0)

 

西湖〔山梨県南都留郡〕

「西湖〔山梨県南都留郡〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「富士五湖の一つで、周囲9.87kmの小さな湖。自然も残っていて、水の透明度も高いです。釣りやキャンプ、カヌーなどのレジャーで賑わっていますね」



=2006年8月21日収集分=

*大漁祈願のお気楽ブログ:西湖一周
西湖一周10kmを友人と走りました。西湖はジョギングコースになっていて1kmごとに看板が出ていまして、一周するとちょうど10kmです。
http://blog.livedoor.jp/annkou/archives/50605419.html

*じーじーとsnoopyの旅日記:灯台もと暗し・・・
西湖って・・・行ったことあったかなあ?そうだ!行ってみよう!『野鳥の森公園』というところにやってきた。
http://blogs.yahoo.co.jp/snoopysnoopy0414/17769299.html

*Sweet*Corgi*Days:★キャンプ@PICA西湖★
キャンプへ行って参りました。 場所は、PICA西湖。 アジリティ付きの広いドッグランもあり、ワンコに優しいキャンプ場でした
http://wankosmile.blog1.fc2.com/blog-entry-744.html

*もあもあ:西湖にて大物ブラックバッスィー
今日は、西湖(山梨県)にブラックバスを釣りにいってきた}o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
http://more-enjoy--more-happy.at.webry.info/200608/article_3.html

*日溜まりの黒犬たち:西湖キャンプ
結局、西湖@地上の楽園(笑)に賭けよう!ということに。賭けは・・・はずれたのか、当たったのか?(^^;
http://blacklab.jugem.jp/?eid=107

*人生・・・楽しもっ!:8月19日(土) 晴れ 日帰り西湖
友達のシェルティーと一緒に(人4人・犬3匹)「日帰り西湖」行ってきました。水はあいかわらずきれいでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/dona417/17819650.html

*メルモ 4+2 日記(メルセデス・モーターハウス):西湖到着
久しぶりの富士五湖@西湖です。河口湖、山中湖は大きすぎて西湖ぐらいの大きさが落ち着く感じで好きですねぇ〜
http://kzyfjwr.tea-nifty.com/t1n/2006/08/post_7e8e.html

*kazu日記:西湖へ
1日目、曇り晴れ後雨。犬も人間も泳いで遊ぶくらいの晴れ間はあった。天気が悪いので、キャンプ場もガラガラ。
http://shiitake11.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_a048.html

*愛犬とおでかけし隊!:レストラン&ペンション西湖サンレイク <山梨県・・・
眺めは最高でしたよ♪はなはとっても嬉しそうに走ってました★ここのお店の目の前は西湖♪
http://aikengogo.exblog.jp/5524596

*ジャスミンティだ♪:西湖でスイミング
11時をまわっていたので、とりいそぎ西湖へ。ジャスミンとてぃだは、もう大喜びでございます。
http://daisuki.jasmine.chu.jp/?eid=502088

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月22日 07:43 | コメント (0)

 

高台寺〔京都府京都市東山区〕

「高台寺〔京都府京都市東山区〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「豊臣秀吉の妻ねね(北政所)のお寺として有名です。境内にはねねのお墓もあり、蒔絵や綺麗なお庭もとっても有名ですね。夜間特別拝観に一度行ってみたいものです」



=2006年8月21日収集分=

*ゆきの旅する記憶:京都旅行(夜間拝観)
夜間拝観へ。行ったのは秀吉の妻・ねねの終焉の地円徳寺・高台寺5月7日まで夜間特別拝観が行われています。
http://ameblo.jp/tabi-yuki/entry-10015899720.html

*Manly beachはすぐそこ:高台寺
今ちょうど百鬼夜行展というのがやっていて、妖怪さんたちの絵が描かれたのが展示されていた。
http://d.hatena.ne.jp/HIROMI/20060817#p7

*Life Is Beautiful:京都☆高台寺にて☆
産寧坂、二年坂を通って「高台寺 」へ。ここは、秀吉の妻ねねの寺。まずは、なんといってもすばらしいお庭。
http://ameblo.jp/yumiffy/entry-10015925567.html

*☆ヽ(∇⌒ヽ) panorama(ノ⌒∇)ノ☆:円山の枝垂〜平野の夜桜 ε=ε=ε=(ノ≧▽≦)ノ
八坂神社を通り抜けて高台寺を訪ねる。北政所ねね終焉の地として、女性に人気の高い寺院である。
http://ameblo.jp/panorama-world/entry-10015954284.html

*男に告白された男:京都<6>高台寺下河原町
高台寺は言わずと知れた、北政所ねねが晩年を過ごした場所で蒔絵でも有名な寺である。
http://whitesheep.blog24.fc2.com/blog-entry-123.html

*Susie's Favorite:京都紀行
まずは、高台寺。ここの霊屋(おたまや)には豊臣秀吉婦人のねねさまの遺体が祀られています。
http://blog.so-net.ne.jp/susie_favorite/2006-08-19

*花それぞれ:まとめて京都〜〜!
高台寺のお庭です。どうやって、こんなに綺麗に出来るんでしょうね〜〜
http://miyullin.exblog.jp/5521905

*モリゾー&キッコロの日記:京都の旅 Part 5 高台寺
高台寺は、豊臣秀吉の正室、北政所(通称ねね)が秀吉の菩提を弔うために、1606年に開創されたお寺です。
http://plaza.rakuten.co.jp/morizoandkiccoro/diary/200608200001/

*しろくまのえほん:観光地散策
秀吉とねねの寺・・・枝垂れ桜も有名な高台寺。左奥に見える濃い緑がその桜の木。
http://ameblo.jp/shirokuma-9213/entry-10016063515.html

*酒とロック:京都 高台寺
高台寺の庭園見ました噂にきくじゃりがほうきで波模様のようにはいてありさすがにキレイでした
http://blog.livedoor.jp/tatuya_nakamura/archives/50657362.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月22日 07:40 | コメント (0)

 

霊場恐山〔青森県むつ市〕

「霊場恐山〔青森県むつ市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本三大霊場の一つで、毎年5月1日〜10月31日に開山されます。死者と「口寄せ」するイタコは有名ですね。硫黄の臭いがたちこめる独特の雰囲気は惹かれるものがありますね」



=2006年8月18日収集分=

*日本一周:霊場恐山
硫黄の混じった湖のほとりにある恐山菩提寺、入山料として500円。入ると色彩のかけらも感じられないモノトーンの世界が広がっていた
http://blogs.yahoo.co.jp/fukasawa_motoki/9987310.html

*Relaxation Time:霊場 恐山
土曜日からうちの両親が旅行にいってていなかったのですがうちの両親は恐山にいっておりました。
http://ayumi-dol.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_a315.html

*笑いさとる:明日から恐山大祭 恐山街道
ただ明日から四日間開かれる恐山大祭にはまだ行ったことがない。この日はイタコが勢ぞろいなんだとか。
http://waraisatoru.jugem.jp/?eid=534

*おっき〜の日本漫遊記☆:恐山って・・・!?☆
イタコの口寄せが有名やねんけど、昨日まで5日間大祭典をやってたらしく、イタコさんは祭明けでお休みやった、残念!
http://blog.goo.ne.jp/great-journey2/e/b25a9a9cbda0001bd4e66ac1eaf071f1

*Exit, Voice and Loyalty Special Edition:圏外?
朝一番で霊場恐山へ。霧がたちこめ神秘的な雰囲気がなお一層増した感があります。
http://mstornyn.exblog.jp/4041692

*風来坊:恐山
日本三大霊場の恐山。そこに立っているだけで底知れぬ何かを感じた。空気がピンっと張り詰めているような・・・。
http://icecoffee.exblog.jp/5388958

*白髪じいさんの気まぐれ写真日記:恐山
むつ市より道道4号線で霊場恐山を目指します。約1時間ほど山の中を進むと硫黄の匂いがして来ました。
http://blog.goo.ne.jp/tomi71yume/e/568c390939633e7b4384f6bafd6a193f

*さ・ん・ぽ道:恐山
霊場恐山にいった。一本道をひたすら走ってやっとついた恐山。三途の橋をわたり、地獄へ行くか極楽に行くか・・・。
http://yyyanoy.exblog.jp/3985983

*FarWestCafe:恐山
ここが日本人の地獄のイメージのようだが、恐山は全国的に見ても、類い希なる風光明媚な所だ。
http://blog.so-net.ne.jp/farwestcafe/2006-08-15

*fetish〜フェティッシュ〜:あの世に片足つっこんできました〜霊場・恐山〜
山道を往くこと40分。『霊場恐山』と書かれた大きな鳥居を通過すると、まもなく黄泉への入り口が見えてきます。
http://blog.so-net.ne.jp/vinn_y/2006-08-13-1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月19日 08:55 | コメント (0)

 

仏ヶ浦〔青森県下北郡佐井村〕

「仏ヶ浦〔青森県下北郡佐井村〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「下北半島にある著名な景勝地。如来の首、五百羅漢、一ツ仏、親子岩などの岩があります。急な階段の遊歩道のほかに船からのアクセスもお勧めです」



=2006年8月18日収集分=

*GOMA-GOMA:仏ヶ浦
仏ヶ浦は風雨、荒波が長い年月をかけて 作った奇岩怪石が連なる海岸です。
http://goma33.blog69.fc2.com/blog-entry-35.html

*徒然レンアイ日記:仏ヶ浦へ行って来ました。
あたしの目的は、仏ヶ浦。まさかりの刃の部分のとこにあるんですけど、そこをカレに見せたかったの。
http://blogs.yahoo.co.jp/mimosa3114/14878788.html

*☆★現場監督さん★☆の気ままな日記♪:仏ヶ浦♪
ここ本当に青森県?という感じです。びっくりですよ!これが海の色なのかーっと、すごすぎです。海の中が透き通ってるんです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kachai1063/14916744.html

*Ideal Performance State:神秘の世界へ案内
今日紹介するのは、じゃ〜ん「仏ヶ浦」です。どこなんだよという方の為に、簡単に場所の紹介をします
http://plaza.rakuten.co.jp/IPS060803/diary/200608070000/

*馬ファン:仏ヶ浦
下北と言ったらここが浮かぶ人も多いかな??「仏ヶ浦」です。車で行ったら駐車場から降りて数十分程でたどり着けるらしい??
http://blogs.yahoo.co.jp/lovelovegimlet/38780262.html

*みちのく転勤族【北東北編】:下北半島700kmの旅Vol.5 【仏ヶ浦】
仏ヶ浦と呼ばれる所があります。恐山が地獄を表し、仏ヶ浦は天国を表していると言われています。
http://shinmaya.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_6399.html

*海を渡るバムセ:Day2 @ Aomori
一度、行ってみたかった“仏ヶ浦”。風・雨・波に侵食された岸壁が、不思議な景色を作り出しています!
http://bamuse1218.exblog.jp/4137484

*花散歩:仏ヶ浦1
仏ヶ浦とは、如来の首、五百羅漢、一ツ仏、親子岩、十三仏観音岩、天竜岩、蓮華岩、地蔵堂、極楽浜などの名前が付けられた奇岩群の総称
http://blog.goo.ne.jp/hanasanpo/e/72d240ffd17977f77892e7d3dc67dcfb

*Soliloquy:最果ての地へ
「仏ヶ浦」は津軽海峡の強い風と荒波が凝灰岩の海岸線を削り約2キロに渡って白っぽい奇岩が続く景勝地
http://satosan.jugem.jp/?eid=9

*うみひろい:→世界
恐山を後にして、仏ヶ浦に向かう。岸壁を眺めると、自然の驚異だなぁ。こりゃ変な場所だ。感動がゆっくりくる。
http://plaza.rakuten.co.jp/tsuyukoichi/diary/200608180000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月19日 08:54 | コメント (0)

 

竜頭の滝〔栃木県日光市〕

「竜頭の滝〔栃木県日光市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日光市にある中禅寺湖の近くにある有名な滝の一つです。島と岩頭が竜の頭と顔に見えることから「竜頭の滝」と命名されたと言われています。」



=2006年8月7日収集分=

*カルネドリーム:竜頭の滝
日光にある有名な滝のひとつ 竜頭の滝 滝の真中には中島があり、流れを2つに分けている。
http://karune.blog46.fc2.com/blog-entry-179.html#more

*Digital Photo Gallery by ZEISS:日光の滝(5)
私は奥日光を訪れると必ず訪れる場所があります。それがこの「竜頭の滝」で、とにかく大好きな場所のひとつなんですよ。
http://zeiss85.blog4.fc2.com/blog-entry-470.html

*へたれ写真館:日光の滝 中編
やっぱり竜頭の滝は(・∀・)イイ!!けど、本領は斜面部分なんだよね
http://eos-dslr.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_4358.html

*一坪の日常:本日最後
竜頭の滝。急斜面を2股に分かれて落ちる水流が竜の姿に似ていることから、この名前が付いたとか。
http://aki-bon-blog.sblo.jp/article/955057.html

*takebon’s Photolog:竜頭の滝
先週、霧降高原を見た後、日光にある竜頭の滝を見てきました。
http://takebon.blog69.fc2.com/blog-entry-34.html

*バライテー写記:奥日光竜頭の滝
滝の上から写真を撮りながら下まで来ましたが石段が沢山あって傾斜はかなりありました。
http://blogs.yahoo.co.jp/jmdcp126/39615809.html

*山犬日記:霧降高原番外編。 竜頭の滝。
すっかり、きれいな遊歩道と、土産物屋が設置され、プチハイキングができました。
http://blog.goo.ne.jp/yamainukunn/e/5f0b03b6adb8662ade29d93cb681b216

*気ままに自然と友達:日光竜頭の滝
日光の竜頭の滝です。紅葉のシーズンだときれいだけど、渋滞もひどいからね
http://blogs.yahoo.co.jp/my_fumi4649/39667051.html

*kebweb*log:日光
有名な華厳の滝は見なかったけど、写真の「竜頭の滝」、サイコーです。
http://kebweb.exblog.jp/5407061

*悠謬荒誕:日光その2
「竜頭の滝」を見る。うねりながら勢いよく流れ落ちる様は本当に竜みたい。荒々しい獣に見える。
http://d.hatena.ne.jp/yuki49/20060806/1154865696

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年08月08日 08:00 | コメント (0)

 

黄金崎〔静岡県賀茂郡西伊豆町〕

「黄金崎〔静岡県賀茂郡西伊豆町〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「静岡県の天然記念物にも指定されている夕日を受けて黄金色に輝く黄金崎。黄金色に染まる岸壁と海に浮かぶ夕日が、多くの観光客を魅了するおすすめスポットです。」



=2006年7月23日収集分=

*45’S BLOG(風景写真、社会見学):西伊豆ドライブ
再び再び黄金崎 に戻ってきました。黄金崎に石切場の跡があるのを今日はじめて知りました。
http://mister45.blogzine.jp/mister45_blog/2006/05/post_0101.html

*RAIN'S PHOTO GALLERY:黄金崎
黄金崎は西伊豆町の宇久須海水浴場の南にあり、全体が安山岩の風化したプロピライトという岩石でできている珍しい岬です。
http://blog.so-net.ne.jp/ichidigi_photogallery/2006-05-17

*BLOG SOLE:黄金崎
西伊豆の黄金崎にいきました〜。天気がイマイチでしたが潜るときは降らずに問題なし。
http://solemio.exblog.jp/4745378

*みぞうのどうでも良いかも日記:黄金崎
いってきました。今年初のダイビング。行き先は松崎?にある黄金崎海岸いや〜久しぶりのダイビング
http://plaza.rakuten.co.jp/mizou/diary/200606180000/

*さいたまの中心で何かを叫ぶ:ダイビング西伊豆安良里&黄金崎ツアー
そしてここはマクロ天国♪(^^)かわいいちっこい魚たちがいっぱい♪深さとしてはそんなに潜ってないけども。
http://blogs.yahoo.co.jp/nattsugissiri/36779064.html

*sanpo:2日目 黄金崎へ
西伊豆 黄金崎でダイビング。激さむある。水底の17℃から水面に近づくとあたたかい水塊が。。。
http://plaza.rakuten.co.jp/hananosanpo/diary/200606250000/

*しょぺたんぶろぐ。(笑):町田着。
地元の黄金崎です。天気が悪かったんだけど、ちょうど行った瞬間夕日が!!!
http://blog.livedoor.jp/someray_sho1/archives/50630289.html

*超私的偏見Blog:【静岡】 西伊豆
続いて近くにある黄金崎。ココの方がはっきりいって恋人岬よりずっとずっと景色がいいと思う。
http://ririmisa.jugem.cc/?eid=534

*いつも心にパウダーを:伊豆旅行(2)西伊豆
黄金崎。きっと夕日がきれいだろうということで、夕日時を狙って行きました。・・・でも、夕日は雲に隠れちゃいました・・T_T
http://blogs.yahoo.co.jp/kazoo1080/39524312.html

*月影の咲く公園:黄金崎
夕焼けの名所です。私もここで綺麗な夕焼けを見ましたがもっとすごいらしいのでまだまだ満喫しきっていないのですが^^;
http://moon.ap.teacup.com/fiftycircle/481.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月24日 08:17 | コメント (0)

 

鵜戸神宮〔宮崎県日南市〕

「鵜戸神宮〔宮崎県日南市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「安産、夫婦円満、そして縁結ぴの神様として古くから親しまれている神社。男性は左手、女性は右手で願いを込めながら運玉を投げ、亀石と呼ばれる岩の枡形に入れれば願いが叶うといわれています。」



=2006年7月23日収集分=

*ゆうゆう気まぐれ日記:宮崎イースター島
安産、縁結びの神様。5つの石を投げ、亀の石の甲羅部分の穴の中に石が入れば願い事が叶うという。
http://minami-s.blog.ocn.ne.jp/blue/2006/07/post_ac0b.html

*薩摩隼人〜ぼっけもん〜:宮崎県 鵜戸神宮
男性は左手で、女性は右手で投げて見事に亀の背中に乗れば願い事が叶うみたいな遊びがあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/satumahayato3816/diary/200607090000/

*あぱっ日記!(^^)!:今日は安産祈願に行ってきました。
運玉ってがあって、海の中にある穴の開いた岩に投げる、入ると願いが叶うというもの。5つ玉があって、私も旦那も1個づつ入った
http://blogs.yahoo.co.jp/keikeikei75/39331720.html

*日本一ネクタイを売りたい京大生の新しいネクタイの結び方〜発明で新しい・・・
写真の縄で囲まれている小さな背中の溝に、入れると願い事が成就するということです。
http://tpo.livedoor.biz/archives/50138929.html

*ここではない、どこかへ:鵜戸神宮行って来ました
観光名所らしくなかなか人が多かったです。しかし暑かった!!オマケにやたら階段ががあって汗だらだら・・・
http://www.lowcalo.com/blog/makinosuke/?p=179

*並木離れ庵-別館:鵜戸神宮・運玉命中
鵜戸神宮は、神武天皇のお父さんを奉った神社で、海にせせり出た洞窟のところにあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/jiyuuji/12595125.html

*レイカママのスピリチュアルあっちこっち:メルヘンの世界 鵜戸神宮
まるでメルヘンの世界。なんと美しい社殿だろう。祝詞をあげると第3の目にビンビン波動がくる。
http://reikamama.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_3a27.html

*Silly My Way:宮崎ジャーニー。
運玉は鵜戸神宮というところで、この運玉を投げて、下にある亀岩にある窪みに入るもしくは岩に当たれば願いが叶うというもの。
http://silly-my-way.jugem.jp/?eid=936

*わたしのブログ:宮崎県日南海岸
右下にある岩のくぼみに運玉を投げ入れます。女性は、左手で。男性は右手で。見事入ったら、良い運が授かるそうです。
http://plaza.rakuten.co.jp/nori4070/diary/200607200000/

*マイスタァ:写真
鵜戸神宮(うどじんぐう)鵜戸神宮のご本殿前の海に浮かぶ霊石、亀岩です。
http://blog.livedoor.jp/mystar_hikari/archives/50106161.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月24日 08:15 | コメント (0)

 

利尻島〔北海道〕

「利尻島〔北海道〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「稚内から約20kmの洋上に浮ぶ利尻島。この島の象徴である利尻山は利尻富士とも呼ばれています。海の幸の宝庫としても知られています。」



=2006年7月22日収集分=

*今日のいいこと:北海道旅行 M尻島
礼文島から見た利尻山は、近くでみても本当に富士山のようで、利尻富士と言われることが理解できる。
http://blog.goo.ne.jp/junko2006_1943/e/8e7d2c144573be92cbf1e53a766f0859

*ロッシュパパの部屋:「最北紀行 利尻島」
宿泊場所であるコテージをベースに、それぞれ自由行動利尻山登山、釣り、島内観光と時間の許す限り利尻島の自然を満喫
http://usapapa.exblog.jp/2822021

*白い羽根 2:7月14日利尻島入り
そして観光バスに乗り、約30分でアイランドインリシリへ到着。お部屋に入り・・・くつろぐ。
http://opti14.exblog.jp/3400280

*まりもの夏2006:さて、北海道のどこを訪れよう?
利尻島・礼文島は一度訪れてみたかった場所だったのですが、今回でようやく実現しそうです
http://traveler19760818.cocolog-nifty.com/06summer/2006/07/post_2cc3.html

*◎笑口常開◎ かえっち☆WORLD@JP:北海道 利尻島
礼文島からフェリーで40分 → 利尻島へ。1周1kmの散歩。海カモメがいっぱいいましたw
http://blogs.yahoo.co.jp/punyopunyopanda/39109950.html

*おなじ空の下:海に浮かぶ富士の島
大自然が本当にすごいや。フェリーから眺めた、利尻富士の雄大な眺めに、時間を忘れて、立ちつくしました。
http://blogs.yahoo.co.jp/godspeed_century/39160536.html

*もりたたろべえ:利尻 礼文島 バスが来ない
いまでこそ、離島ブームで「利尻島・礼文島」は、花をめでるハイキングやちょっとしたトレッキングで人気である
http://tabikoborebanashi.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_e927.html

*4x4plus2:最北へ
昨日は筋肉痛に耐えながら利尻島を一周。その後礼文へ。最北端の林道に突入。
http://toki4x4.seesaa.net/article/21126287.html

*muuの日常・添乗日記:オタトマリ沼
利尻島に着きました。お天気は雲。残念ながら利尻山は姿を隠してしまっています。
http://blog.goo.ne.jp/a_muu/e/8dde5052c623590437045584908f30be

*新お絵かき修行歩いて日本一周:悪い奴ほどよく酔う
今日は利尻島にやってまいりました。天気が良い〜と言う事で船〜礼文島へ行きましょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/iikeshikida2/13484190.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月23日 11:02 | コメント (0)

 

中尊寺金色堂(平泉)を世界遺産に推薦

「中尊寺金色堂(平泉)を世界遺産に推薦」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「岩手県平泉町、奥州市、一関市にまたがる「平泉―浄土思想に関連する文化的景観」の世界遺産への登録を求めて、ユネスコ世界遺産センターに推薦されました」



=2006年7月22日収集分=

*どれもが戯言:私信で失礼します、我が君(何 +追記ありマス
平泉が世界遺産の候補に推薦されるとか、ニュースで。中尊寺辺りを中心としてとか言っていたと思いますよ
http://finiteslice.blog57.fc2.com/blog-entry-129.html

*PQだったりエドゥアルトだったり:平泉の文化的景観を推薦へ 世界遺産登録で文化庁
でも、「浄土の世界を具現化した空間造形の傑作」とか言われると、無性に見たくなってくる。
http://d.hatena.ne.jp/mc55504p/20060721#p2

*平泉レストハウス:国が平泉の世界遺産の推薦決定!
本日7月21日、国の文化審議会文化財分科会にて「平泉の文化遺産」が世界遺産へ推薦されることが決定致しました。
http://hirarest.blog.ocn.ne.jp/hirarest2088/2006/07/post_7bf4.html

*旅好きな男:世界遺産に「平泉」推薦
帰ってからインターネットの記事を見ていると平泉が世界遺産に推薦された事を知りました。
http://blogs.yahoo.co.jp/tabi252005/39218120.html

*あんぽんたん日誌:平泉、世界遺産への道。
やりました、平泉!運動の進行具合にもよるのでしょうけれど、百舌古墳群や出雲に先立ち文化庁からの推薦を得ることが出来たようです。
http://d.hatena.ne.jp/anpontan80/20060722#p2

*喜多院法興寺:「平泉」世界遺産推薦へ
我が天台宗寺院である中尊寺、毛越寺が世界遺産に推薦されたことは、大変嬉しいことだ。
http://blog.goo.ne.jp/hokkohji/e/cd68219ca3cd063c6de5ad34e2148d70

*富岡製糸場世界遺産化情報: “平泉”が世界遺産に向けてユネスコに推薦されました
2008年7月には世界遺産委員会で世界遺産への登録の可否が審議される見通しという記事がありました。
http://blog.goo.ne.jp/whtomioka/e/e57702f95f03aae02efbb5e6db04046c

*日本萬歳!:平泉を世界遺産に推薦へ 文化庁
当時の完全な状態で残されている考古学的な遺跡が優れた文化的景観を形成していることが決め手となった。
http://unkotamezo.exblog.jp/4198075

*地域総合生活支援交流ブログ:地域情報〜平泉を世界遺産に推薦
平泉はもう何度も行きましたヽ(^◇^*)/ とても歴史が有る場所です。大河ドラマの舞台にもなりました
http://sky.ap.teacup.com/sei-sougouoryuu/539.html

*カグラドウ:励
金色の中尊寺が世界遺産として認められたと知って、テレビの前で驚き叫びました。
http://uguisukagura.blog46.fc2.com/blog-entry-201.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月23日 11:01 | コメント (1)

 

虹の松原〔佐賀県唐津市〕

「虹の松原〔佐賀県唐津市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「虹の松原は、幅400〜700m、長さ約4km、総面積約240haにわたる、通称100万本のクロマツを中心とした松林です。日本三代松原の一つといわれています。」



=2006年7月10日収集分=

*水辺のノート:虹の松原
日本三大松原の一つ、佐賀県「虹の松原」です。(他は、静岡県「三保の松原」と福井県「気比の松原」)
http://blogs.yahoo.co.jp/zarigani54/4812022.html

*JMHC佐賀 Japan Mobil Ham Club Saga:虹の松原
日本三大松原の一つ。400年ほど前に唐津藩初代藩主寺沢広高の命により植えられました。
http://plaza.rakuten.co.jp/JMHCsaga/diary/200605160000/

*ハルの部屋においでよ!:虹の松原
写真は、虹の松原駅の前で取りました。森林浴は、気持がいいですよ!!
http://blogs.yahoo.co.jp/xharu124220ex/5082462.html

*greenmist-2:虹の松原・・・歩きたくなる道
佐賀県唐津市 唐津湾に面する「虹の松原」は「三保」」天橋立」と並んで日本三大松原のひとつです。
http://greenmist2.exblog.jp/3134674

*日本一周 「今こんなとこにいます。」:唄おう歩こう虹の松原@佐賀
日本三松原のひとつ、虹の松原を歩きました。松松松。高い松低い松細い松太い松曲がった松真っ直ぐな松。
http://eritabi.ti-da.net/e847029.html

*ヒマな女の日常。:虹の松原。
5kmに渡って続く松林があります。 天気が良い日だと青い空と緑がとてもキレイなコントラストで良いドライブコースです。
http://naminosuke.blog18.fc2.com/blog-entry-389.html

*LULU&YUMI 徒然写真日記:虹の松原
イカを食べてそのままバイクであの有名な虹の松原行きました。とても景色最高
http://yklulu.a-thera.jp/article/347626.html

*COMMON DAYS:おでかけおでかけ☆
虹の松原は、佐賀県唐津市にあります。道路を走行中は松のトンネルを抜けることができます。
http://blogs.yahoo.co.jp/starsaiko/38017886.html

*半導体と地域情報、歴史など:唐津
写真は、唐津城から見た「虹の松原」である。海の様子がなんともきれいなのが特徴だ。
http://blogs.yahoo.co.jp/falcon36jpjp/37021408.html

*弁ヶ岳入口前ひがストア〜ゆかいな仲間たち〜:虹の松原
あいにくの雨模様だけど100万本の松の中をあるいていると、心が洗浄された気になりましたね(^^♪
http://nandaikinjo.ti-da.net/e881412.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月11日 07:32 | コメント (0)

 

筑波山神社〔茨城県つくば市〕

「筑波山神社〔茨城県つくば市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「筑波山山頂に本殿、中腹に拝殿をかまえる国内屈指の神社。男女2神が祭られていることから、縁結びや夫婦和合、安産祈願の神様としても有名です」



=2006年7月3日収集分=

*ログハウスで田舎暮らし:筑波山に登ってきました
筑波山神社の境内からケーブルカーに乗りました。まずは筑波山神社の建物の雄大さと荘厳さに感動しました。
http://plaza.rakuten.co.jp/marutagoya/diary/200605030000/

*ぶちねこ亭日乗:春のつくばツアーその4 筑波山神社と狛犬
麓の筑波山神社の狛犬は、とってもりりしい。きりりとした顔、それにしっかり立っている。
http://butineko.exblog.jp/3876224

*快適セラピストMARIの「ねぇねぇ! これ、よかったよ」 :筑波山神社に
筑波山神社に行ってきました。母の恒例行事で、家内安全・交通安全・商売繁盛とご祈祷してもらったのです。
http://plaza.rakuten.co.jp/happyandlucky/diary/200605180000/

*ブラックアウト:筑波山神社でおみくじ。
イメージしていたものとは違って、なんか寂れた日光みたいな感じ・・。一応、参拝してみました。
http://blackout.blogzine.jp/blog/2006/05/post_b080.html

*Capriccio Quartette:筑波山神社
最後につくばに行くことにした。筑波山神社は初めて。古い歴史と静かな時間が流れている神々しい場所だった。
http://quartette0zero9.spaces.msn.com/Blog/cns!5FC7C9DA0AE865BC!258.entry

*おきらく旅気分:筑波山神社 なんだかいいところだなぁ♪
見た目も大きく、初めてみた感想は、威厳があるというか、立派で一見の価値ありと率直に感じました。
http://plaza.rakuten.co.jp/tabikibun/diary/200605300000/

*かすみごころ:神社ツアー
筑波山神社 鹿島神社 香取神社 ツアー参加メンバー マヤさん けい子さん かずみさん みゆきさん かすみ
http://plaza.rakuten.co.jp/kasumitoku/diary/200605270000/

*ずめのカケラFC2:筑波山神社のお守り
だんなの叔父さんから、筑波山神社のお守りが送られてきた。「ずめさんに」とのことである。
http://piecesofzume.blog40.fc2.com/blog-entry-170.html

*うみねっと 運命分析学のカウンセラーが突然見えたオーラな世界南アルプス、
筑波山神社へ行ってきました。お参りと言うか、自然の気があふれた場所へエネルギーを貰いにいきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/uminet/diary/200606080000/

*理事長の気功師日記:筑波山登山にいきました!
さすがに霊山といわれといる通り筑波山神社は”気”のすごい所です。徳川家光が崇拝していたとおりの所です
http://toyokikou.seesaa.net/article/19972942.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年07月04日 07:49 | コメント (0)

 

首里城〔沖縄県那覇市〕

「首里城〔沖縄県那覇市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「沖縄の歴史・文化を象徴する首里城。琉球王国の栄華を物語る真紅の世界遺産です。真っ赤な外観に城内も見事なまでに全てが真っ赤です。現在の首里城は1992年11月に復元されたものです」



=2006年6月30日収集分=

*航海士を夢見る高校生。:In 沖縄。首里城にて。
首里城に訪れたときは、此処は日本なのか?!と驚嘆させられました。万里の長城如くそびえる壁!!中国の王朝っぽいつくりの首里城!!
http://blogs.yahoo.co.jp/umibuta01/9434357.html

*なずなのここちいい暮らし:沖縄旅・首里城と琉球漆
実を言うと2000円札に印刷されてて有名な守礼門がわからなかったのです。あいかわらずまたもや裏から登ってきたようで・・・
http://blog.goo.ne.jp/nazuasia/e/c186cb203ff5b7e191fd00acca1a4593

*桃太郎伝説g(= ̄ω ̄=)g:帰ってきました♪旅行記(自己満日記)
レンタカーで海軍司令部、首里城へ・・・海軍司令部は、正直妄想族の私には怖かったです(=▽=;)
http://blogs.yahoo.co.jp/momota1059/38397777.html

*廣野竜一の芸能日記:沖縄と言えば首里城
今日のオススメスポット。沖縄と言えば『首里城』沖縄に行く度に寄るんですが、何度行っても飽きないあの景色
http://ryu-ichi.seesaa.net/article/19903694.html

*どこまでも★どこまでも:首里城1
とりあえず暑い!初めて来た首里城。これを見ると中国みたいな感じがしました。(^-^)
http://blue.ap.teacup.com/wakazoonihei/336.html

*ブログ★春夏秋冬:首里城
有名な守礼の門から少し離れた、多分首里城の外堀の跡かな?それにつけても、沖縄は暑い!
http://blogs.yahoo.co.jp/snowborder1950/36900013.html

*あらいnoくまのツーブログ:首里城へ
今日の目的地は、首里城です。その後、レンタルバイク屋さんにバイクを返して、羽田の空を目指すのみです。
http://arainokumasan.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_9a6b.html

*優しさいっぱいのガーデニング:首里城
中国文化が渡って来てますね。
http://blogs.yahoo.co.jp/kunkun0077/9832687.html

*Tokyo Sea Side:沖縄 その 措麥ぞ襦
沖縄の歴史・文化を象徴する首里城。琉球王国の栄華を物語る真紅の世界遺産です。
http://www.miraiwatanabe.com/?eid=283731

*PEACE!Peace!ぴーす!:沖縄旅行┝麥ぞ
みなさんにお勧めなのは、忘れがちな、すぐ近くにある、世界遺産の玉陵。入場料も安いみたいで、観光には良いかも
http://blogs.dion.ne.jp/dai_peace_go/archives/3638629.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月30日 21:00 | コメント (0)

 

あぶくま洞〔福島県田村市〕

「あぶくま洞〔福島県田村市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「全長600mの探勝コースは、天井から下がる鍾乳石や床下からタケノコのように堆積してできる石筍などが見学できます。最大の景観である「滝根御殿」は、天井までの高さがおよそ30mあるそうです」



=2006年6月29日収集分=

*エテ☆紋太郎の『I walk to advance.』:『あぶくま洞』
GWに観光にいった福島県『あぶくま洞』。いままで行った鍾乳洞の中でも、トップクラスの幻想的なスポットでした。
http://blogs.yahoo.co.jp/ateliermisawa/35122706.html

*なみさんのきまぐれ:あぶくま洞
やはり鍾乳洞そのものの規模もかなり大きく「お〜〜、すげ〜〜」という言葉を何度も発してしまうほどです。
http://blogs.yahoo.co.jp/namisan_2006/5006504.html

*FX☆コツは欲張らないこと!?:あぶくま洞へ
行って来ました。8000万年という長い時をかけて自然が作り出した造形美を見て、心が洗われました
http://ameblo.jp/seinosuke-fx-1223/entry-10012714709.html

*ハッピー・サッド:あぶくま洞
「あぶくま洞」に行ってきました。「あぶくま洞」は鍾乳洞で、国の観光地百選にも選ばれている名の知れた観光名所です。
http://happysadbetty.jugem.jp/?eid=56

*真・からあげ魂:あぶくま洞
普通コースでも大人は背をかがめないと通れないようなところなのに、そりゃもう、まさに"探検"でした。
http://d.hatena.ne.jp/yuko_gs/20060522#p1

*Est! Est!! Est!!!〜四季の移り行きを写真で〜:阿武隈高地と鍾乳洞
一度はこの洞窟の名前を聞いたことがあるでしょう.このあぶくま洞,わが国を代表する鍾乳洞のひとつです.
http://blogs.yahoo.co.jp/ggrnu/6574407.html

*☆栄養士の思いつき☆:気の向くままに☆
あぶくま洞と言うのは福島県にある鍾乳洞の事です。中はライトアップがあったりと綺麗なのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/akky_23jp/6649526.html

*お笑いプリンセス@ゆず味:神秘のあぶくま洞☆
鍾乳洞の中に入ると、ヒンヤリ涼しいっていうより、寒い!!!上着持っていってよかったぁ(=▽=)
http://blogs.yahoo.co.jp/figaryo/35883231.html

*続☆Q.E.D.☆Endress:神秘的な場所だったよ!
洞窟内でする音は天井から水が落ちる音だけ。それがヒーリング効果がありその音だけのCDもあるくらいだとか・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/act_j200x/7029889.html

*Hotch Potch Diary:あぶくま洞
外はすごく暑かったけれど、鍾乳洞の中は15度。ひんやりとした空気が気持ち良かったけれど段々寒くなる(笑)
http://hotchpotch.exblog.jp/2635219

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月30日 07:32 | コメント (0)

 

松島 観光船 島巡り〔宮城県〕

「松島 観光船 島巡り〔宮城県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「松島の絶景は海から眺めても断然に美しいです。松島島巡り観光船は発着場所や料金、所要時間が異なり、いくつかのコースから選べるので、色々試してみたくなります」



=2006年6月28日収集分=

*幸せになりたい:プチ旅行−仙台−
4日は 日本三景と言われる「松島」へ観光地だけあって混みあっていました。観光船に乗ったり 神社を散策したり
http://blogs.yahoo.co.jp/readygo20041107/4328103.html

*haruのなんでも日記:日本三景
観光船で島めぐりもできたから松島観光はなかなか楽しかった。今はJRで仙台まで戻る電車の中。
http://blogs.dion.ne.jp/haru_six13/archives/3364135.html

*♪東京OL生活日記♪:仙台♪
ホテルから出ているバスに乗り、松島の島めぐり観光船に乗りました♪さすが、日本三景だけあって感動します
http://blog.so-net.ne.jp/im-proud/2006-05-12-1

*A window of a heart:作並温泉・松島
今日は、松島へ行ってきたよ。もちろん観光船に乗って松島を遊覧してきました。
http://blog.goo.ne.jp/atsushiae/e/1e6c25298212fcc32bf1db742a5657cb

*朝食はバナナでした。:少し前の仙台旅行記 第三日
第三仁王丸という観光船に乗って、松島島巡り。松島湾をぐるっと50分ほどで一巡りしました。
http://blog.so-net.ne.jp/bossa/2006-05-30

*トリビアの宮城:日本三景 松島
景観としてベスト3に数えられています。松島湾内を観光船に乗って,海上から眺める島々の風景も格別
http://torimiya.seesaa.net/article/18633419.html

*おーのブログ♪:日本三景・松島〜
お決まりの観光船もすずなり状態だったけど、座れたからま〜よし!でも、やっぱ寒かったよ〜
http://blog.goo.ne.jp/ohchandesu86/e/568afab5b9ff5371751ba291156490e8

*234日記:お釜へ! 〜観光編〜
今日は日本三景の一つ、松島へ。まずは松島島巡り観光船に乗りま〜す。
http://yaplog.jp/234234/archive/173

*ボビー&ケイミーの冒険隊:僕の近くの松島の紹介
観光船は「島巡り」と「塩釜ゆき」があります。結構、料金は高いですね。ここから塩釜までは一時間の船旅です。
http://blog.goo.ne.jp/ktu0724/e/620849e0b0ca318cf91d88f3b37bcfe2

*うふうふごはんとワクワクライフ:松島や〜 ああ松島や 松島や♪
ランチの後は、観光船乗り場へ。私達が乗ったのは↓これ(1人¥1400)満席状態でしたよ。
http://ayumi.cocolog-nifty.com/happy/2006/06/post_3f5e.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月29日 08:19 | コメント (0)

 

青島パームビーチホテル〔宮崎県宮崎市〕

「青島パームビーチホテル〔宮崎県宮崎市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「緑豊かな遊園地“こどものくに”と青島ビーチに隣接する大型リゾートホテルです。3階の展望温泉大浴場からは太平洋と青島が一望できます。」



=2006年6月27日収集分=

*こころの声〜自分探し〜:宮崎旅行
部屋からは青島の海岸が一望できて、温泉はその景色を見ながら日の出、日の入りを見る事ができます。
http://plaza.rakuten.co.jp/hana30/diary/200603130000/

*ここほれワンワン!:宮崎旅行
青島パームビーチホテル。海沿いの白いきれいなホテルです。天気がよくなったので、ホンと海がきれいで感動しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/kokohore1976/1768334.html

*The Side Stories:そうなの〜?
「ウェディング」って、シウォンのドラマですよね?!青島パームビーチホテルで撮影してたなんて知らなかった!
http://blogs.yahoo.co.jp/es_rs2005/32928656.html

*たびりん入湯・旅日記 ver.4:ひさしぶりに青島パームビーチ
相変わらず人が多いなぁ。お湯の感じは好きなんだけど、人が多くてちょっと落ち着かないかな。
http://tabirin7.exblog.jp/4944742

*育児日記v(´∀`*):洗濯日和v(。・c_,・。)v
友達と泊まった『青島パームビーチホテル』ここ、全ての部屋から海が望めてかなり絶景なんです♪
http://plaza.rakuten.co.jp/yuki30/diary/200606190000/

*繁盛請負人ばんたかお人儲けBlog:減量したら割引!
夏に向けた減量とリゾートを一緒に、楽しんでもらおうと「シィプアップ&デトックス」宿泊プランを7月21日まで始めた。
http://plaza.rakuten.co.jp/bantakao/diary/200606210000/

*こばの部屋 別館:体脂肪率減で割引だと!?
これから、あつ〜い夏がやってくると、必然的に痩せてししまうんで、ちょうど良かったかも〜
http://blog.goo.ne.jp/kazukoba1/e/a2038f86d00f79a6d01dd9d3a10507ae

*とよぞうのblog2:ダイエット宿泊プラン?!
青島パームビーチホテルで、SHAPE UP&DETOXプランなるものが販売されているそーです。
http://blog.goo.ne.jp/s104toyo/e/212c87d2a102c68635194569c8e25f16

*男のおしゃれ&キャリア・コンサルタント:体脂肪減で割引
どんどん健康志向になっていきますが、大変な世の中になって来たんですね。
http://blog.goo.ne.jp/yosida_nagano/e/a31be8e3e3742155c54f6dd548226608

*イケメンに恋をしてダイエットを応援するサイト。:体脂肪減で割引 
旅行会社がダイエットツアーとか組むと面白いでしょうね。太ったら割り増しだったりすると、夢中で頑張るでしょうね
http://ochanavi.seesaa.net/article/19778322.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月28日 07:54 | コメント (0)

 

錦帯橋〔山口県岩国市〕

「錦帯橋〔山口県岩国市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本三名橋のひとつ「錦帯橋」 (きんたいきょう) は日本を代表する木造橋で、他に例を見ない特異な姿の五連の反り橋が特徴です。」



=2006年6月24日収集分=

*私てき今日の出来事:錦帯橋
岩国市にある有名な錦帯橋を見てきました。2年ぐらい前に台風で橋の一部が流された映像を思い出しました。
http://ameblo.jp/blogzenbun/entry-10013939264.html

*Sanctuary:錦帯橋
あんまり知られてませんけどね。一応観光地でもあるんですけどね。でも、これ以外に何にも無いんですよね。
http://blogs.yahoo.co.jp/annko923/36258312.html

*huku109の日記:岩国 鮎 鵜飼
目の前の錦帯橋下で鵜飼をやっているとゆうせっかく、来たのだから、見物としゃれ込んだ!川舟に乗るのは初めてです。
http://plaza.rakuten.co.jp/sabakawa/diary/200606150000/

*fujikatsu日記:難聴者への観光ガイド
錦帯橋の説明はガイド集と写真を見せて1文章づつ理解したか相手の顔と手の動きで確認しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/fujimorikatsu/36437101.html

*August Smile:錦帯橋と抹茶たち
岩国へ来たら日本三名橋のひとつ”錦帯橋”は渡りたい!岩国駅からバスで20分くらいの所にあります。
http://yaplog.jp/suzuzou55/archive/108

*あまあま:暑いぉ!
錦帯橋着いたぉ(^∀^)錦帯橋渡ったぉ(^∀^)錦帯橋小さいぉ(^∀^)錦帯橋高すぎぉ(^∀^)
http://amaamamamama.jugem.jp/?eid=161

*地域ボランティア:鵜 飼 (錦帯橋)
錦帯橋・錦川の<う飼>が6月1日始まり、幻想的な古典絵巻がくりひろげられています。
http://blog.goo.ne.jp/fuji0001/e/6575ffb4b5b5a5c4d85c4777582b8c49

*かかし日和:いつもお世話になってます。
父母の古希祝いに岩国錦帯橋へ。。。一族勢揃いです。うふふ、楽しかった。
http://keke4keke4.exblog.jp/3281370

*自分の年代の橋(錦帯橋)を渡ろう:錦帯橋の夏●「かえる」と「かめ」の
岩国ユースホステルのyoshikiさん(芝生の上の影の人)が、岩国錦帯橋に夏がやってきたと教えてくれました。
http://blogs.yahoo.co.jp/life_bridge_kintaikyo/37936054.html

*熟年太郎の気ままな日記【憩いの喫茶室・元気】:錦帯橋への旅はいかがですか
山口県錦帯橋は、鵜飼いも行われるとても良いところです。是非、一度お出かけください。
http://blogs.yahoo.co.jp/jyukunentarou2006/9254122.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月25日 16:22 | コメント (0)

 

乳岩峡〔愛知県新城市〕

「乳岩峡〔愛知県新城市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「宇連川の支流、乳岩川の上流にある全長約4kmの渓谷で、まるで一枚岩のような川底や岩塊、大小の洞くつが続く。鍾乳洞には、子安観音と三十三カ所観音がまつられています」



=2006年6月23日収集分=

*With wind:大自然
浜松から鳳来寺のほうを通って乳岩峡(ちいわきょう)←ヨミ注意!に!ここは何といっても岩、岩、自然、岩、自然といった感じ
http://blog.livedoor.jp/kengosky0822/archives/50148111.html

*めざせ!自然生活:乳岩峡 下山
まず先程登った「馬の背岩」のはしごを後ろ向きに降りなければなりません。これが結構怖い。
http://blogs.yahoo.co.jp/luna95jp/22716563.html

*けいりゅ〜っ!:乳いいわぁ〜♪
今日の目的地は、乳岩峡です(〃▽〃)キャッ♪「ちちいわきょう」ではなく「ちいわきょう」と読みます。
http://blogs.yahoo.co.jp/kawakatu03010930/22693352.html

*pumpkin21つれづれなるままに:明神山☆愛知
以前ブログで見かけ気になっていた明神山に行ってきました。今回は乳岩峡から入ってピストンのコース!
http://plaza.rakuten.co.jp/pumpkin21/diary/200605050000/

*楽しい日々:新城市設楽町の乳岩
この自然の水場で 何時間も過ごした子育ての日々を水面を眺めて 思い起こしてきました。
http://blog.goo.ne.jp/otto3okka3/e/72472f33e805aa9c77c88db2c3f8bc4e

*★三河発 XTZで行くオフ車日記★:奥三河 浜名湖ツーリング
東栄町、鳳来湖の乳岩峡(ここはロッククライミングができるみたいです。)新城で泊まり、浜名湖に向かう途中から雨。
http://blogs.yahoo.co.jp/hairs_araragi/5342602.html

*偽者王子☆土俵際の悪あが記:浜松周辺案内乳岩峡/鳳来寺山
以前紹介した「阿寺の七滝」の近く、浜松から車で北北西へ2時間。「乳岩峡」という峡谷があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/tsupparitaro/36490609.html

*50歳代の主婦の日記:乳岩峡
愛知県奥三河方面に遊びに行ったとき愛知県新城市乳岩(ちーいわ)峡で東海テレビの撮影に 出くわした。
http://yoshi0319.blog69.fc2.com/blog-entry-2.html

*E☆komo☆mai:乳岩峡(ちいわきょう)
鳳来町にある乳岩峡へ行ってきました。先日TVで見た父がどうしても行きたくなったらしい(笑)
http://ukulele614.blog5.fc2.com/blog-entry-564.html

*四季の旅人写真館:四谷の千枚田
その後、百間滝、乳岩峡を撮影していると雨がぽつぽつと降ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/shikinotabibito/38056335.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月24日 12:16 | コメント (0)

 

松山城〔愛媛県松山市〕

「松山城〔愛媛県松山市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本三大連立式平山城の1つに数えられる名城・松山城。たくさんの国宝建造物が点在しており、天守内ではゆかりの品々を観ることができます。また、天守からの景色は絶景です」



=2005年6月22日収集分=

*大統領の穴場案内:松山城の秘密
松山城は、市街の中心街の中心に位置し、勝山と呼ばれる小高い標高約130メートルに建っている。
http://myh-info.jugem.jp/?eid=8

*トントン のゴルフ&旅行&ウォーキング考:松山城
一年半かけて天守ほか6棟の改修工事中で完成直前の松山城に行ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/murasin453/37556472.html

*KOUのなんでも商会:四国唯一の都会?松山市
まずはじめに行ったのが松山城。山の上にあるのでロープウェイで行くことに。
http://blogs.yahoo.co.jp/kou5965_1/8210605.html

*月の雫:松山にしゃちほこ?
松山城を大改修をしてるそうです。81年ぶりだそうです。松山城にもしゃちほこを作ったそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/minatuki_615/37920522.html

*つれづれ日記:天丸とまつ姫
一度据え付けられるとじっくり観る事が出来ないモノだけにしっかりと観てみたいですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/tiger1939jpjp/38265541.html

*記者タァムの日記:松山市へ
松山城です。平地の山の上に立つ立派なお城でした。途中までは、ロープウエイがあり便利です。
http://plaza.rakuten.co.jp/515mypace/diary/200606220000/

*はたぽっぽ日記☆:松山城のしゃちほこに愛称&住民票が(’’)!!
天丸にまつ姫というのもなかなかいいですねー♪住民票というのも粋です☆
http://blogs.yahoo.co.jp/hata_star611/36675820.html

*EmptyRoom:はぁ・・・
はいはい。平和平和・・・_| ̄|○ ぞ前ら!!ほんま、ええ加減にしとけよ!!
http://fell911.blog13.fc2.com/blog-entry-371.html

*四国まるかじり:松山城しゃちほこ命名
松山市は、松山城の天守のしゃちほこの愛称を「天丸」と「まつ姫」とし、“住民票”を発行したそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/mt_stone77/9094798.html

*愛媛地域情報局:松山城のしゃちほこの愛称決定!
まあ天から松山を見守ってほしいとの願いが込められているというので平和で豊かな町になるよう見守ってほしいです。
http://plaza.rakuten.co.jp/bob1974/diary/200606220000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月23日 09:13 | コメント (0)

 

名古屋テレビ塔〔愛知県名古屋市〕

「名古屋テレビ塔〔愛知県名古屋市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「名古屋テレビ塔が、リニューアルオープン。オープンカフェでランチをしたり、またカップルの方には展望フロアで夜景を眺めながら語りあったりデートスポットにおすすめです。」



=2006年6月21日収集分=

*ボチボチの毎日:テレビ塔リニューアル
ほー。今度行ってみよう。東京タワーよりオープンが早いんだよね。
http://plaza.rakuten.co.jp/kamichie/diary/200606160001/

*ちゃーちゃん日記♪:名古屋テレビ塔
テレビ塔の前でテープカットしているニュースが流れていました。テレビ塔が新しくリニューアルオープンしたのです
http://blog.goo.ne.jp/tebata1105/e/24315117c969dc23c0dce1a368817569

*リックラチャBOX:U−ェ☆Uキラーン♪テレビ塔がグルメスポットに
6月14日に名古屋テレビ塔がリニューアルオープンしました 。観光名所のイメージから一変
http://zwt00023.blog71.fc2.com/blog-entry-1.html

*ベツメモのブログ:土曜日の色はなぜ青色?
観光メインだった所をレストランやギャラリーがオープンしてテレビ塔、かなりきれいになってましたー。
http://d.hatena.ne.jp/minekon/20060617#1150564685

*natsumegu@planet in sweden:スウェーデン人3人と過ごす名古屋の週末 :Helg i Nagoya med tre svenskar.
名古屋のテレビ塔。つい先日、リニューアルして、素敵なレストランやバー、ギャラリーなどがオープンしました。
http://natsumegu.blog26.fc2.com/blog-entry-77.html

*なつのお気に入り:名古屋テレビ塔リニューアルオープン!
今日は、6月14日にリニューアルオープンした名古屋テレビ塔に行ってきました。
http://air.ap.teacup.com/natsu/294.html

*オークションとそのほか:名古屋テレビ塔リニューアルオープン
今年の6月14日にリニューアルオープンして、どんな風になったのか見てきました。かなり、テレビ塔の中は、変わってました。
http://blogs.yahoo.co.jp/ejeqf001/8582973.html

*シノワズリ・カフェ:新しくなった名古屋テレビ塔でランチ!
新しくリニューアルした、名古屋のテレビ塔のレストランでランチしてきました。
http://blog.livedoor.jp/ruku2434/archives/50787647.html

*名古屋のしゃちほこ嬢:名古屋テレビ塔 リニューアルオープン
以前に紹介した名古屋の名所、栄のテレビ塔がとうとう6月14日にリニューアルオープンしました。
http://758.seesaa.net/article/19573065.html

*VISAGE:名古屋テレビ塔
なんとリニューアルしていたみたいですね。しかも、タワーとしては日本初の「国の登録有形文化財」になったそうです
http://www.mcompany.co.jp/blog/w-press/?p=521

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月22日 00:12 | コメント (0)

 

カムイワッカの湯の滝〔北海道知床国立公園内〕

「カムイワッカの湯の滝〔北海道知床国立公園内〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「カムイワッカの湯の滝は全国的に知られた秘湯です。温泉好きには有名な滝で、夏には滝壷の温泉に入るために多くの人が訪れます。」



=2006年6月21日収集分=

*モナの温泉旅行:カムイワッカ湯の滝
カムイは神威なのかな、ワッカは稚内なのかな、北海道、オホーツク海、知床半島。
http://shinshu.fm/MHz/40.44/archives/0000109477.html

*旅 :ブンブン飛行記(かぶとむし の あしあと):『知床・知床林道』:カムイワッカ湯の滝
『世界遺産』この言葉は知床にどんな遺産として残るのだろう・・心して行動せねば
http://blogs.dion.ne.jp/bike_no_tabi1/archives/2900383.html

*新米ばーばの山登り:カムイワッカ湯の滝
ワイルドな温泉がたくさんあります。その中でも私にとってのナンバーワンはここ、カムイワッカ湯の滝です。
http://blogs.yahoo.co.jp/colins50/29938123.html

*おぬしもわるよのぅ。。:カムイワッカ湯の滝
川の水と混ざりあって、程よい温度となり、滝つぼのところが、いい感じのお風呂になっています。
http://mp.i-revo.jp/user.php/hscodpgs/entry/15.html

*旅と日記:知床世界遺産 カムイワッカ湯の滝
この地域は知床森林生態保護地域、になっているのでシヤトルバスのみしか行けないそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kametilyan/33448781.html

*Mars' Attack:カムイワッカ湯の滝
世界自然遺産に登録された北海道の知床半島。その硫黄山から流れる温泉が川となり滝となって流れ、滝壷が温泉に。
http://blogs.yahoo.co.jp/maruzo2005/33870800.html

*温泉人生〜おんせん談満呼二号店〜:北海道 カムイワッカ湯の滝
しかしなんと言う景観・・・見えるのは手付かずの自然のみ・・・これ以上の野湯があるだろうか・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/hirokinn73/36200720.html

*Bike&MotorSports.blog:「[北海道・知床] カムイワッカ湯の滝:立ち入り規制 一の滝より上流、全面禁止」
カムイワッカ湯の滝といえば昨年、世界遺産にも認定された知床にある天然温泉で有名である
http://moon.ap.teacup.com/cherryicecream/190.html

*さくちゃんの北海道幸せな日々:カムイワッカ湯の滝・利用制限
虚しい記事を読んでしまったよ。カムイワッカ湯の滝が今度は、さらに一の滝までしか行けないんだと!
http://sakuchan.blog16.fc2.com/blog-entry-203.html

*j-fic webnews blog:「カムイワッカ湯の滝」への立ち入りを規制
知床の観光地で、秘境の天然温泉として有名な「カムイワッカ湯の滝」への立ち入りが規制されることになりました。
http://www.j-fic.com/wp/?p=13

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月22日 00:01 | コメント (0)

 

十和田湖(とわだこ)〔青森県〕

「十和田湖(とわだこ)〔青森県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「十和田八幡平国立公園内にある湖です。湖畔には高村光太郎作のブロンズ像「乙女の像」の他、十和田ビジターセンター、十和田科学博物館などがあり、遊覧船も人気があります」



=2006年6月19日収集分=

*あきの教員採用試験合格をめざして!!:青森旅行〜の続き〜
青森県と秋田県の県境にある十和田湖の近くでとった写真です。まだ、青森の方ではさくらが咲いていました!
http://blog.goo.ne.jp/koyawa1984/e/7b7da19c0c921f6864481a4ece7c00a2

*冒険部 イトの独り言:よぐ来たねし青森 〜観光編〜
十和田湖に到着。ここは青森と秋田の県境でもあり、絵葉書になりそうなスケールの大きな美しい眺めがいたる所で楽しめます。
http://boukenbu-ito.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_1658.html

*北の空から:「十和田湖1」
子ノ口から観光遊覧船が出ています。子ノ口〜休屋・休屋〜子ノ口・子ノ口〜子ノ口へ戻る三路線のようです。
http://sky.ap.teacup.com/kitaguni/310.html

*REIKOCHANNEL BLOG:新緑の十和田湖へ
新緑を求めて十和田湖方面へドライブに行ってきた。1年で5〜10月までが外に向かう時期。
http://reikochannel.seesaa.net/article/19137852.html

*ゆとりで走ろう秋田県:春の十和田湖
十和田湖は今春紅葉中です。観光でのお客さんは発荷峠休屋〜子ノ口〜奥入瀬渓流が主な観光ルートのようでした。
http://mt-video.no-blog.jp/mt/2006/06/post_e3d4.html

*PHOTO×LIFE:十和田湖
奥入瀬渓流〜十和田湖は本当に素晴らしい自然で是非1度訪れて見て頂きたい。
http://plaza.rakuten.co.jp/wakaponblog/diary/200606120001/

*十和田観光ホテル従業員による十和田湖滞在記:十和田お寺?
十和田湖には、住人がいます。私みたいな住み込みではなく、土着(って言うんでしたっけ?)の方々です。
http://blogs.yahoo.co.jp/towadakankohotel/8462589.html

*カミーニョ∞日記:東北の自然
十和田湖です。大きな湖でした。涼しい風も吹いていてずっとバスに乗っていたボクらの疲れをとってくれました。
http://blogs.yahoo.co.jp/aymc4/8544340.html

*☆★まいのブログだぁ(^O^)/☆★:続きぃ
十和田湖で遊覧船に乗ったぁぁ風が気持ちよくて、最高だったぁ十和田湖、めっちゃ綺麗だよ
http://yaplog.jp/mai529th/archive/48

*ciko:十和田湖
十和田湖は霧がかかっていて白夜のように神秘的な景色でした。遊覧船もあったけどパス。
http://d.hatena.ne.jp/ciko/20060619

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月20日 07:31 | コメント (0)

 

巨福山 建長寺(けんちょうじ)〔神奈川県鎌倉市〕

「巨福山 建長寺(けんちょうじ)〔神奈川県鎌倉市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本最初の禅寺として誕生し、昔と変わらぬ伝統が現代へと受け継がれています。広大な敷地の中には歴史的お宝がいっぱい。けんちん汁の発祥の地としても知られています。」



=2006年6月19日収集分=

*れっつらごー!!:鎌倉 : 建長寺の天狗像
この像が見たくて、急な石段がいくつもある建長寺の一番奥に上って来ました。
http://blogs.yahoo.co.jp/bjwwx687/37238558.html

*昭和48年の男:鎌倉へ散歩 〜後編〜
ようやく建長寺に到着です。からす天狗がお出迎えです。からす天狗は源義経を鍛え上げたと言われています。
http://yaplog.jp/s48/archive/474

*マリアのゆるりんeco部屋:建長寺
建長寺の山門を見た途端、疲れふっとぶ。圧巻。孫悟空に出てくるような、霊験あらたかな中国のお寺のようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/marialagoon39/diary/200606050000/

*ゆらゆら,ゆらぐ:建長寺のTシャツ
建長寺で発売されている、「建長寺Tシャツ」を気分転換におろしてみた。今まで惜しくて着れなかったけど、まっいいか。
http://mab-823.spaces.msn.com/Blog/cns!13842FBF83CF4CE7!303.entry

*GAIRON BLOG:鎌倉概論 編集後記 3
円覚寺の次にやってきたのがここ、建長寺である。右の写真は三門上部に掲げられているもの。
http://gairon.exblog.jp/3202600

*えりちゃんねる:ドライブレポート(お寺編)
行ったお寺は建長寺です!!建長寺って確か源頼朝か誰かが建立したんだっけ??
http://blogs.yahoo.co.jp/eripooh0319/36098137.html

*社寺建築・大工道具のブログ:大工の目線で行く古都の旅 鎌倉 〜 建長寺 その3
山門の上層は正面側中央部が唐破風になっています。そして、その下に『建長興国禅寺』と書かれた額が据え付けられています。
http://blogs.yahoo.co.jp/my21_sy12/37396674.html

*湘南家族:鎌倉でハイキング
鎌倉市街や相模湾が見渡せる結構いいコースです。山頂の茶屋でのビール、美味かったです。 上の写真は出発地の建長寺。
http://mztn.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_1fa9.html

*東京阿呆日記:鎌倉雨模様
スタバとケンタに寄って、建長寺へ。小雨もほとんど止んだので、お散歩。紫陽花は咲きはじめたばかり。
http://blog.goo.ne.jp/gonbibi2000momo2004/e/ab0bddf7d4436379cdc0af9ef0f96f93

*ぐーたら主婦の徒然日記:鎌倉撮影会
建長寺(けんちん汁発祥の寺)へ移動。そこで、天国ハイキングコースを発見。
http://plaza.rakuten.co.jp/ganko/diary/200606110000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月20日 07:29 | コメント (0)

 

牛久大仏〔茨城県牛久市〕

「牛久大仏〔茨城県牛久市〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ギネスブックに登録された高さ120mの青銅製大仏。胎内は光の世界など5層に分かれており、地上85mまではエレベーターで昇って見学できます」



=2006年6月17日収集分=

*ちびくま日記(涼華と仲間たち):牛久の大仏
県内ですが、全く知らなかった「牛久の大仏」。デカイ。もう、びっくらするくらいにデカかったです(汗)。
http://plaza.rakuten.co.jp/chibikuma3/diary/200606030000/

*デジカメ散歩:☆牛久の大仏・・・・・N03
大仏を通路真ん中から上半身をカシャ・・これからあの胸の3本の窓まで上って行きますね・
http://blogs.yahoo.co.jp/mercian34/37370844.html

*team's note:牛久大仏
下妻物語の最後の ケジメの決闘?の場面に出てきた牛久大仏を見に行ってきました。
http://blog.goo.ne.jp/team_ok/e/ee377d82fbbfd7d765b5e7dfd5f55eb2

*しあわせって:牛久大仏
このところテレビでちょこちょこ紹介されてきになっていた茨城の牛久大仏に行ってきましたた。
http://plaza.rakuten.co.jp/mosshu/diary/200606050000/

*Y級グルメ〜でYスヌ奮闘!:茨城県の東本願寺牛久阿弥陀大仏!
牛久の大仏様!奈良の大仏様が手のひらに乗ってしまう、世界一の青銅製の大仏様です!
http://plaza.rakuten.co.jp/okihihsoy/diary/200606070000/

*ちゅー子の日々:大仏
茨城県の牛久大仏にいったよ。夕方に行っちゃったからもう中に入れなかったけど、その迫力には圧倒ね
http://blog.goo.ne.jp/masshu5413/e/26a195cc96f33de1aea98466567ae5a7

*30代夫婦とすあま日記:牛久の大仏と二つ島観光ホテルとアクアマリンふくしまとら・ら・ミュー
ホテルに向かう前に牛久の大仏を見に行きました。とてもでかい。ギネスブックに載るほどですからねえ。
http://elgrand.blog3.fc2.com/blog-entry-356.html

*近事変々:筑波宇宙センターから牛久大仏へ
ギネスブックにも登録されている牛久大仏は高さが120m、総重量4000トンという世界最大の青銅製阿弥陀如来像である。
http://blog.goo.ne.jp/otorin_001/e/7b07d3abac5b0297f6b667b82aeee089

*竹さお&毛ばり:牛久大仏
牛久大仏です。なんでも、立ってる像としては世界一巨大で、高さ120mはあるそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/takesao_to_kebari/37805113.html

*スクエアな気分:ギネスも公認
なんと、高さ120mの世界一の牛久大仏。奈良の大仏が手の平に乗り顔の大きさ20m〜六頭身なんっ?
http://talking.way-nifty.com/rollei/2006/06/post_fee3.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年06月18日 14:54 | コメント (0)