旅行/行楽
 

楽々荘(京都府・亀岡)

「楽々荘(京都府・亀岡)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「トロッコ列車として有名な旧山陰線生みの親、田中源太郎翁の邸宅で国の有形文化財でもあります。建物が有名なだけではなく、お料理は本当に素晴らしいみたいですね。」



=2006年11月11日収集分=

*蒼龍窟な日々:京都亀岡、楽々荘とコスモス園
その後、時間も有るので亀岡へ・・・・・昼食は楽々荘という旅館で食事だけでもOKの施設。明治期の建物でお庭もなかなか良かった。
http://plaza.rakuten.co.jp/kyotonoasobi/diary/200509200000/

*遊行七恵の日々是遊行:亀岡・楽々荘
お座敷へ案内されたが、葦だかなんだかの欄間がきれいだし、床の間の掛け軸は山口素絢だ。他にも芳仲や在中がさりげなく飾られているし、洋間には呉春だ。
http://yugyofromhere.blog8.fc2.com/blog-entry-246.html

*しおたく役人日記:楽々日
料理宿「楽々荘」に1泊してきました。期間限定のリーズナブルプランで1泊2食で25000円。夕食はイタリアンのフルコース。
http://d.hatena.ne.jp/siomi/20060311#p1

*世界IsanTo日本の遺産:明智光秀の城下町で布団を着た仏様にも・・・
楽々荘の名称で素敵な料理旅館になっています。広大な庭園の中に折衷様式の建物群があり、その中のイタリアンレストランはサンルーム状のテラスが付いた木造洋館です
http://www.doblog.com/weblog/myblog/58086/2446128#2446128

*不定期週末日記:旅館の浴衣あれこれ(2)
三つ目は、京都府亀岡「楽々荘」。 建物は和風、部屋は洋風という今風の旅館です。食事はイタリアンだったし。
http://blog.kansai.com/shioshio/53

*智が働けば角が立つ:ダークサイドジャパンツアーゝ都
お薦めは七代目小川植次が造園した洋館を旅館に改造した「楽々荘」。トロッコ電車de有名な京都の実業家・田中源太郎の邸宅です。
http://dragon0530.blogspot.com/2006/06/blog-post.html

*笑うわんこ:亀岡 楽々荘
亀岡駅に近い、楽々荘に行きました。旧山陰線生みの親、田中源太郎の生家です。明治の洋館は階段が見所でしたね。どうでしょうか
http://creamchan.exblog.jp/5522558

*BAOBABlog:タイムスリップ
亀岡にある『楽々荘』へ初めて行ってきました。トロッコ列車の生みの親であるという田中源太郎翁の明治時代の旧邸を改築した建物が、レストランや宿泊施設になっています。
http://baobab800.exblog.jp/4411673

*Humming:懐かしさに
京都の奥座敷…と言うので興味を持って見ていました。宿の名前を見てビックリ!!私が中学2年生まで住んでいた亀岡に有る「楽々荘」だった。
http://plaza.rakuten.co.jp/humming112/diary/200611110000/

*そろそろ研究しろ!!:ゼミ懇
楽々荘とは,田中源太郎の住んでいた邸宅を改装して,ホテルやイタリアンレストランになっているお店である
http://blog.livedoor.jp/yf_63/archives/50685290.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月12日 08:40 | コメント (0)

 

あわらの宿 八木(福井県・芦原温泉)

「あわらの宿 八木(福井県・芦原温泉)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「和風モダンの落ち着いたお宿です。福井ならではの地元の食材にこだわったお料理がとっても魅力的です」



=2006年11月11日収集分=

*水分補給:福井でカニ三昧(その1)
宿泊先は前回と同じ「あわらの宿・八木」さんです。前回も大満足して帰ってきて、「1年もしくは2年に1度、あそこでカニを食べたいね」なんて話していました。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/36511/2163889#2163889

*Cotton Candy:素敵なめぐりあい。
「あわらの宿 八木」さん。実は、予約しようとした時期が遅かったため、ここしか空いてなかったので、正直どうなのかな?って思ってたわけだけど、このお宿が想像以上にとってもよかった!
http://saorizm.exblog.jp/281738

*今日の出来事:久しぶりの旅
場所は、芦原温泉。 この時点で慰安旅行向きやね〜旅館は「あわらの宿 八木」北陸といえば今の時期はこれ ↓
http://hatabou28.exblog.jp/3683248

*ぷうの日常:芦原温泉に行ってきました(温泉)
泊まったお宿は「あわらの宿 八木」ちょっとぷうままとぷうぱぱが行くにはまだ早かったかも!!と言う感じの落ち着いた雰囲気のお宿でした。
http://blog.so-net.ne.jp/pooh-poohmama/2006-03-22

*でぶログ:アワラー
芦原温泉では、「あわらの宿 八木」に宿泊。今ハヤリの和モダンってやつ。むっちゃカッコエエ。
http://rodriques-systema.cocolog-nifty.com/box/2006/04/post_9fa1.html

*pukiriko日記:遅めのGW
今回は福井県の芦原温泉へ〜「あわらの宿 八木」という所に泊まってきました、☆3っといいたくなるようなナカナカ良い宿でした
http://blogs.dion.ne.jp/pukiriko/archives/3418989.html

*休日style:あわら温泉 あわらの宿 八木
あわら温泉 あわらの宿 八木 に行きました。旅館はロビーや廊下の所々に、デザイナーズ椅子が飾られており、和モダンな雰囲気になっています。
http://kyustyle.exblog.jp/3288750

*Yippee*いっぴー日記 〜お気楽にっき3〜:死へ向かい、そして溶ける
広々としたロビーはとってもキレイで、そこかしこにある椅子や照明などインテリアもおしゃれだし、館内はほのかにイイ香りが漂っていて素敵
http://ippy.seesaa.net/article/23720877.html

*びわこおおなまず通信:まったり旅
あわらの宿 八木。ネットで写っている写真よりも、本物は少しあせてるかと思いきや、写真と同じぐらい・・写真以上のゆったりとした綺麗なお宿。
http://blog.livedoor.jp/biwako66marimo/archives/50592174.html

*レンの隠れ家。:「お出かけ納め!?」〜1泊2日、北陸旅行に行って・・・
【あわらの宿 八木】さんにお世話になりました★本来は本館予約をしていたんだけれど、空室が出たってコトで…
http://blogs.yahoo.co.jp/hodakamisaki/41251809.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月12日 08:38 | コメント (0)

 

青山やまと〔静岡県・伊東〕

「青山やまと〔静岡県・伊東〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「源泉かけ流しの和のモダンなお宿です。選べる浴衣など女性に嬉しいサービスもあるし、バリアフリーなので、ご高齢の方にも安心ですね。」



=2006年11月8日収集分=

*人生ウケ狙い☆〜マンガ・追っかけ・合コン道〜:結婚2周年記念の・・・
でもその価値はありましたね 。サービスは良いし、従業員も礼儀正しいし、旅館全体の雰囲気も良く、館内全てにお香が焚いてあって良い香がしました
http://miuseiha.blog18.fc2.com/blog-entry-215.html

*あなたの夢をかなえる旅行術:バリアフリーの旅館
もうすでにご存知かもしれませんが、静岡は伊東市にある「青山 やまと」さんです。先日宿泊させて頂きましたが、バリアフリーの観点から見ても素晴らしい旅館でした。
http://beltempo.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_c8a2.html

*たぬたぬのぼやき:伊東へGO★(1日目)
泊まるお宿は、青山やまと です。こちらは、私も夫も大好きなお宿で、年に何度かお世話になります。こちらのお宿は、とにかくお風呂が素敵
http://plaza.rakuten.co.jp/kimatanuki/diary/200607210000/

*Strawberry Cafe:伊東で「青山やまと」に泊まる旅
「青山やまと」へ。少し高台にあるので、伊東市街が見渡せます。建物もとてもきれい。「伊東大和館」と同じく女性は好きな浴衣が選べますよ。
http://blog.so-net.ne.jp/fraisefraise/2006-08-13

*ななさんちのブログ:夏の旅行
そして、本日の宿、青山やまとへ。今回の宿は我ら貧乏旅行隊としては、最初で最後??っていうくらいのお値段でした。
http://blog.livedoor.jp/nana092374/archives/50107145.html

*明るく楽しく陽気暮らし♪:伊豆旅行
旅館は青山やまとさんに宿泊しました。前もって苦手な食べ物等をきいてくださったので私の伊勢えびのおつくりには生魚は一切ありませんでした。助かりました。まずはここ。
http://plaza.rakuten.co.jp/hackberry/diary/200608120000/

*優雅にセレブ生活 子育てと買い物と優雅な日々:伊豆に行きました
伊豆の「青山やまと」という旅館に泊まりました。温泉は源泉かけ流しで、ちょっと山の上なので眺めもよかったです。お料理もかなり美味しかったので満足♪
http://daimama2003.seesaa.net/article/23744018.html

*Oasis:青山やまと (静岡県伊東市)
先週行ったときに泊まったお宿、青山(せいざん)やまとです。ある時、温泉にでも行こうかなと思い立ちいろいろ調べて見つけたお宿です。
http://tila.exblog.jp/4359261

*☆毎日楽しくて☆:昨日は温泉でお泊まり♪
伊東温泉の「青山やまと」にお泊り。ここは「あおやま」じゃなくて「せいざん」と読みます。伊東と下田に旅館をもつ大和館の姉妹館で、すこし質の高い個人客向けの旅館です。
http://blogs.yahoo.co.jp/satis12342006/4608724.html

*ちょい悪(?)オヤジのひとり言:青山やまと( セイザンヤマト)
なかなか良い旅館だね 女性客が多いし 男性のシニアにも人気があるらしい。最近の 旅館は いい気づかいを してくれるなぁ。
http://choiwaru.maxim-co.com/?eid=216575

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:46 | コメント (0)

 

若竹の庄 別邸笹音〔栃木県・鬼怒川温泉〕

「若竹の庄 別邸笹音〔栃木県・鬼怒川温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「全室16室で和風モダンの全室半露天風呂付のお宿。11歳以下のお子様はお断りだそうです。落ち着いたゆったりとした休日が過ごせそうです」



=2006年11月8日収集分=

*ぴよくん日記:鬼怒川へ♪
宿泊場所は、お隣の駅の、鬼怒川公園駅近くにある、『若竹の庄 別邸 笹音』。いちばん、高いお部屋しか空いていなくて、贅沢しちゃいました
http://plaza.rakuten.co.jp/siawasenahibi/diary/200605010000/

*ヒトリゴツ:鬼怒川温泉
着いてみると、モダン和風な雰囲気の豪華な建物。インテリアや生けてある花もとってもステキ。チェックインのときに抹茶と和菓子も出してくれる。
http://blog.goo.ne.jp/corincho/e/e6a201978374a1a4a7840033ab5da1e7

*メロディ♪のささやかな幸せ:鬼怒川温泉♪
鬼怒川のせせらぎと竹の香りが心地よい、こじんまりとした宿でした。お部屋にも、小さいながら半露天風呂がついていて、ヒノキの良い香りが・・・(^^)
http://blogs.yahoo.co.jp/melody191002/37317131.html

*ちぇきのお気楽能天気ブログ:完結・温泉旅行
16日の夜は普段泊まらないような高めのお宿「若竹の庄 別邸笹音」に泊まってみました。
http://plaza.rakuten.co.jp/chekihodo/diary/200607170000/

*太刀魚と蟷螂:鬼怒川で一泊
宿泊施設は「若竹の庄 別邸笹音」ちょっと料金は高めですが、雰囲気、サービス、どれもが落ち着いています
http://cutlassfish-mantis.seesaa.net/article/22059208.html

*テニスと芋焼酎(改め屋上菜園):鬼怒川温泉に行ってきました。
鬼怒川温泉、若竹の庄 別邸笹音に宿泊しました。部屋からの眺めです。部屋のお風呂です。源泉かけ流しです。
http://plaza.rakuten.co.jp/getss/diary/200608290001/

*とここ☆の癒しのオフ日記:若竹の庄 別邸笹音
「若竹の庄」の別館です。「若竹の庄」をラグジュアリーにして、部屋数も16室と少なめ。すべてのお部屋に半露天風呂が付いています。
http://blogs.yahoo.co.jp/tokoko1221/1144874.html

*smile man:鬼怒川温泉 若竹の庄 笹音、BLOOD+(ブラッド・プラス)、特命係長只野仁
先日は鬼怒川温泉の若竹の庄 笹音鬼怒川温泉 若竹の庄・別邸笹音に行ってきました。あらゆる面で最高に近い温泉宿だと思います。
http://plaza.rakuten.co.jp/smilingman/diary/200609240000/

*トロと懸賞:夏休み 若竹の庄 − その(2)
鬼怒川温泉旅館、「若竹の庄」の別館「別邸 笹音」の専用風呂付の客室内のお風呂の様子です。緑いっぱいの外の景色を見ながらの入浴は、気持ち良かったです。
http://blogs.yahoo.co.jp/pinchan0323/42015283.html

*僕の細道〜泊まり歩き日記〜:秋の日光・鬼怒川_第2弾【若竹の庄】
鬼怒川温泉からかなり離れてますが、鬼怒川温泉地区で最近人気のあるお宿です。2棟ありまして、「別邸笹音」からお邪魔します。
http://plaza.rakuten.co.jp/onsenprofessor/diary/200611040000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:45 | コメント (0)

 

三養荘〔静岡県・伊豆長岡温泉〕

「三養荘〔静岡県・伊豆長岡温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

=2006年11月8日収集分=

*アッチョンブリケ)*o*(:「伊豆長岡温泉 三養荘」
伊豆長岡の山の麓に敷地をとったその旅館の庭は、芝の手入れが行き届いたなだらかな丘になっていて、小さな滝からの流水が小川となり池を作っている。
http://air.ap.teacup.com/mahler/367.html

*covayoung net:三養荘に行ってきました
三養荘に仕事で行ってきました。この旅館はとにかく庭園が広く、仕事とは言え、この旅館に居ると、なぜか時間を忘れてしまいます
http://covayoung.blogspot.com/2006/04/blog-post_29.html

*徒樂なるままに:名宿ランキング(三養荘)
TV撮影だけあって、ロビーは見事の一言。客室は、概ね40室だが、各部屋によりかなり趣が異なる。天皇陛下が泊まられた『初音』がやはり一番人気のようだ。
http://blog.livedoor.jp/rakunekoiwashi/archives/50317895.html

*好日晴天.ほんじつはせいてん:1800kmは久しぶりにこたえた.........。
この旅館は、旧三菱財閥の創始者岩崎弥太郎氏の長男久彌氏の別邸として建設され、旅館としては昭和22年からまた昭和63年には新館オープン
http://leoplan.exblog.jp/3043241

*気ままにままに:三養荘
三養荘です。ここに宿泊する以外はどこも観光しないで、このお宿に滞在することだけを目的とした旅でした。
http://palla.exblog.jp/4365644

*楽しかった今日:伊豆長岡(三養荘)へ
伊豆長岡の「三養荘」に宿泊してまいりました。「三養荘」とっても素晴らしいお宿でした。3,000坪の庭園の中に40棟の数奇屋造りの離れが点在しています。
http://blogs.yahoo.co.jp/carocaro0315/2151902.html

*おんせんdeプふぁ〜:静岡伊豆長岡 「三養荘」
思ったより料理が普通。湯も普通。と言うかかなりカルキ臭い。接客だけは素晴らしい。お忍び温泉の極致だ
http://blogs.yahoo.co.jp/makiosamukun/2408137.html

*LOVE☆マニア:伊豆に小旅行
宿泊先はプリンスホテル系列の「三養荘 」東京ドーム2倍分の大きさの敷地内。庭園は3,000坪もあり、お散歩するだけでもすごく気持ちいい
http://ameblo.jp/asamilly/entry-10018521231.html

*徒然フォト日記:伊豆の宿
42,000坪の敷地をもつ、伊豆長岡では格式のある高級旅館。本館・新館あわせて、離れ形式の客室は40棟、ひとつとして同じ部屋はないそうです。
http://kouken.at.webry.info/200609/article_3.html

*日々好日:伊豆箱根旅行
三養荘という旅館は立派だった。何しろ三菱財閥の別荘とか聞いているが、四万二千坪の敷地に、広い手入れの行き届いた庭、各部屋が独立した建物にお風呂付き。
http://blog.goo.ne.jp/rabbitsho/e/94580e4a275158ef69e8c5e0033024cb

「旧三菱財閥の元別荘で、滝があり四季を感じられる3,000坪の庭園。ドラマの撮影にも使われたそうですね。1度でいいから泊まってみたいです。」

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:43 | コメント (0)

 

スイスホテル南海大阪〔大阪府・難波〕

「スイスホテル南海大阪〔大阪府・難波〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「南海なんば駅直結した地上36階の超高層ホテル。ロケーション、部屋からの眺めだけでなく、ケーキバイキングも有名です♪」



=2006年11月8日収集分=

*えいちゃんのラブラブ日記 トラックバック人の部屋勧誘禁止部屋
ちょっと変わっている宿にステイしたかったのでスイスホテル南海大阪に泊まった。私たちははエグゼクティブスーペリアーに泊まったのだ!!
http://blogs.yahoo.co.jp/sakananomomo/14580492.html

*Messenger:♪大阪旅行記(ホテル)♪
1泊2日、お世話になったスイスホテル南海大阪。高級なホテルで、スタッフの丁寧な対応、綺麗で広い部屋、朝食の豪華さにただただ感動
http://kjj-kty.jugem.jp/?eid=415

*都会っ子のお気楽♪極楽生活:大阪旅行 〜準備編〜
ホテルは交通の便と道に迷わないように、駅直結の、『スイスホテル南海大阪』にしました。今回は、初めて一人で大阪に行くため、ちょっとドキドキ
http://ameblo.jp/pinkmarie/entry-10016621911.html

*GO☆FIGHT☆WIN kumi’s BLOG:珍 大阪の旅☆1日目 レポ
今回。泊まったのは。「スイスホテル南海大阪」ココは。大阪市内が一望できて。かなり。えぇ感じのホテルだったぁ。
http://blogs.yahoo.co.jp/kumi271782/18843483.html

*幸せブログ:たくさんの笑顔
今日はスイスホテル南海大阪で披露宴司会でした。今回は新郎新婦共に私と同い年のお医者様カップル。
http://violet-rose.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_6542.html

*LITTLE DEVIL:スイスホテル南海大阪
ま、思ったほどでは無かったかな(笑)景色は綺麗だったよ通天閣、ライトアップしてなかったのは残念やったわあ
http://tanimachi-king.seesaa.net/article/24374020.html

*とりくんのスキナMONO:スイスホテル南海大阪
「スイスホテル南海大阪」南海難波駅と直結やし、駐車場も停めやすくて便利。このホテルの36階にあるイタリアンレストラン&スカイバー「タボラ36」へ。
http://blog.goo.ne.jp/torikun5000/e/2950487b4cb1aa35ae5abbc59241e0e3

*プール巡り:大阪 スイスホテル南海大阪
ホテル11Fにあるアムリスタスパのプール20mくらいと思われます。ガラス張りでとにかく眺めはいいです
http://blogs.yahoo.co.jp/mm66z22/3030876.html

*20代でセミリタイアに成功したのんびりざっくり生活日記:スイスホテル
スイスホテル 南海大阪エグゼクティブクラブフロアに3泊しました。大阪の街道頓堀にもタクシーで数分程度とアクセスもよく気に入りました。
http://blog.ibri.jp/archives/50763383.html

*悠々☆自適のススメ!:+2006.10.7−結婚式−+
お題の通り、10月7日(土)に、スイスホテル南海大阪で結婚式を挙げました。皆さん、ゲストブックにたっくさんのおめでとうメッセージ、ありがとうございます!!!
http://blogs.yahoo.co.jp/umeume0324/41352528.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:40 | コメント (0)

 

ホテルアナガ〔兵庫県・淡路島〕

「ホテルアナガ〔兵庫県・淡路島〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大人の休日をコンセプトにしたリゾートホテルです。鳴門海峡が一望できて、美味しいお食事。プールサイドでドリンク・・海外リゾートのようですね」



=2006年11月8日収集分=

*インディゴ・スカイ ブルー:イングランドの丘
夕方からは、ホテルアナガにチェックイン。やっぱりヴィラは最高だね〜ちょこっとだけ、リッチな気分になれました
http://yaplog.jp/aitomoyoshi/archive/280

*満たされた日々:大人の休日??
二人でちょっとしたプチバカンスに行ってきました♪場所は大阪から車で2時間少々の、淡路島のホテルアナガさん。
http://yurimomo1.exblog.jp/4404699

*Cafe de Cercle:ホテルアナガ (1)
「ホテルアナガ」。その小さなホテルに時計はなく、鳥の声と波の調べに目覚めた後は、おだやかな休日をゆっくりと過ごすことになります。
http://plaza.rakuten.co.jp/cerclemaster/diary/200609070000/

*atelier seed:ちょっとだけお休み。
アナガというのは地名で、まわりは田んぼと、普通の田舎道と山。本当の(?)田舎です。このホテルだけ、最新の設備が整っています。
http://seed.blog.ocn.ne.jp/atelierseed/2006/08/__4247.html

*思わず笑顔:ホテル・アナガでの美食
一番の目的地ホテルアナガです。こちらにあるフレンチレストラン”ガトー・ドゥ・ラ・メール”でいただくディナーが最高においしいのです。
http://blog.goo.ne.jp/nnm0917/e/2522ed19710b13c4457150ff130483b4

*KOKEMOMO姉徒然日記:HOTEL ANAGA 淡路島
『ホテル アナガ』はとても静かな隠れ家的ホテル。のんびり旅行、心の洗濯旅行にぴったり!ホテルのクルーザーで渦潮見に連れて行ってくれるのも
http://plaza.rakuten.co.jp/justatitch/diary/200610120000/

*幸せな毎日*** n+y:淡路島
連休に淡路島に旅行に行って来ました。今回のお宿は『ホテルアナガ』。とっても落ち着いた雰囲気でゆっくり過ごすことができました。
http://yummy88.exblog.jp/4139295

*主婦からWEBデザイナーになったっちゃ!!:う〜んリフレッシュ♪
写真のとおり屋外プールもあってプールサイドでドリンクオーダーできたので、まあそれなりにリゾートを味わうことはできました。
http://blog.livedoor.jp/peinen/archives/50383504.html

*遠くに見えるものは:家族で内祝旅行
淡路島のホテルアナガ、一泊二食付きのご招待だ。アナガは鳴門大橋を展望できる高級リゾートホテルで働いていた頃割引があったので何度か利用したお気に入りホテルだ。
http://blogs.yahoo.co.jp/uminimodori/19734169.html

*ごくらくごくらく〜:淡路島
食事が最高で、部屋も天井が高く、眺めもよく、ベランダからは、プールで泳ぐ子供の様子が見られて、贅沢な気分でした。
http://gokuraku2.at.webry.info/200609/article_2.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:40 | コメント (0)

 

クロフォード・イン大沼〔北海道・大沼〕

「クロフォード・イン大沼〔北海道・大沼〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「アーリーアメリカン調のインテリアがどこかのお宅にお邪魔したような雰囲気でいいですね。お食事もみなさん絶賛していらっしゃいます!」



=2006年11月8日収集分=

*育親父日記:クロフォードイン大沼
JRの持つ施設だけに、やたら豪華なわりに大変安く泊まれる。飯も大変美味しい。朝は外から鳥のさえずりが聞こえる。
http://realoto.air-nifty.com/ikuoyaji/2005/08/post_6712.html

*白い大地のあるある探検隊in函館 「ちょっとよってけばいいっしょー」:クロフォードイン大沼
大沼国定公園内にあるホテルクロフォードはウッドハウスのシックな作りで雪の中でシンとしたタタヅマイに風格を感じたところです
http://plaza.rakuten.co.jp/aruarutannkennta/diary/200512290000/

*屯田物語:流山温泉から駒ケ岳の眺め
大沼の宿泊地は クロフォード・イン大沼。大沼公園駅のすぐ近く、白鳥の飛来する小沼にも近いところにあってとてもお洒落な木造ホテルである。
http://blog.goo.ne.jp/harukit/e/9652e3e42d6237846e8098cc2c6f479d

*観光まるごと北海道」−宿と温泉:大沼:クロフォード・イン大沼
駅の裏手と言うとても便利な立地ですがそれには訳があり、クロフォード・イン大沼はJR北海道の経営なのです。クロフォードとは開拓期に鉄道の技術者として来日した人の名前なのでした。
http://allhokkaido.net/yblog/log/eid5.html

*ブログ版−桐のイベント道場:大沼公園の風景
この景色が忘れらずに、大沼公園へ行きました。クロフォード・イン大沼に宿泊して、大沼公園を散策しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/siliconvalley_bay_7565/11616347.html

*いつも心に太陽を〜★:クロフォードイン大沼
部屋ごとに違うインテリアがとても素敵です。デジカメを買ってからは毎回写真を撮っています。実際はもっと素敵ですよ
http://pub.ne.jp/kirakiramama/?entry_id=299352

*北杜のやど Hokutonoyado:シンプルが嬉しいホテルクロフォード・イン大沼
ホテルはシンプルなアーリーアメリカン調のつくり。豪華ではないが落ち着けるつくりとなっている。客室は28室と少なめで広めにとってある。
http://hokutonoyado.seesaa.net/article/26272077.html

*まごころを、愛理に:ポプラ並木
ホテルと言っても2階建て。でもすごく綺麗でオシャレな所です。そんなに高くもないですし。本格的なコース料理もあるし。
http://episode26.seesaa.net/article/21762546.html

*バリキャリだけど過労気味。ストレスと戦う?都会の働くママブログ:子連れ【函館】旅行記
・「アメリカの家庭をイメージした〜」というプチホテル的コンセプト・じゃらんの口コミであまりにも評価が良いので、ここに変更した経緯がある。
http://blog.goo.ne.jp/happy_lala_rika/e/6155f69fffb120993d0506f1ce386822

*東京のむのむ:クロフォードイン大沼
私の場合、食べること呑むことがメインの旅が多く、食事付の宿を選択することはあまりないのだけど、ここはよかった。
http://tokyo-nomunomu.air-nifty.com/blog/2006/09/post_6712.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 23:37 | コメント (0)

 

蓼科ブライトン倶楽部〔長野県・蓼科〕

「蓼科ブライトン倶楽部〔長野県・蓼科〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「領主の館をイメージしたホテルだそうです。お部屋がメゾネットタイプなのはいいですね。ゆっくりと優雅に時間が過ぎていきそうです」



=2006年11月7日収集分=

*Flowered Moments:蓼科ブライトン倶楽部
今回のホテルは「蓼科ブライトン倶楽部」写真はベッドルーム。メゾネット形式のお部屋で、1階にリビング
http://blog.goo.ne.jp/aki-aifd/e/c89aac033d50c97de0d299e01d68977e

*ちらかし放題:夏の旅行計画
恒例「じじばば孝行家族旅行」が、蓼科に決定。宿泊は、蓼科ブライトン倶楽部!会員制ホテルのメゾネットで、高級感たっぷりです。
http://plaza.rakuten.co.jp/houdai/diary/200607180000/

*ビーグル犬・ピース姫日記:ママの蓼科旅行
泊まりは上の姉の招待で『蓼科ブライトンホテル』というとても素敵なホテルに泊まることができました
http://yaplog.jp/cskikaku_pice/archive/87

*mik日記:蓼科ゴルフ合宿 No5
宿泊するのは、蓼科ブライトン倶楽部♪♪♪もともと、会員制のホテルなんだけど、今は、会員じゃなくても利用出来るみたい。
http://ameblo.jp/mik-mik/entry-10016279673.html

*地獄の沙汰も金次第:夏休みはありますか?
パンは絶品でしたが、他は普通ですね。基本的にこのホテルは部屋でくつろぐことを楽しみにくるところみたいです。
http://vivitaru.exblog.jp/4407610

*食職社長のぱくぱく日記:明日から蓼科ブライトン倶楽部です。
部屋が広い、メゾネットで、しかも食事が最高に美味しいらしいのです。あとは自然を純粋に満喫してきたいです。
http://shokupakuman.cocolog-nifty.com/shokupaku/2006/09/post_373e.html

*HAPPY CHARM:彼との誕生日♪
信州の蓼科にあるブライトン倶楽部。彼自身がブライトンで学生をしていることもあって、結構楽しみにしていったんだけど…これが予想以上の実力でした。
http://ameblo.jp/happycharm/entry-10016849657.html

*ブライダル・ヒューマン・ソリューションズ社長のBlog:蓼科へ
宿泊した、蓼科ブライトンホテル 、最高でした!メゾネットタイプで、部屋に入るとリビング。階段で2Fに上がると、2つのベッドルーム
http://ameblo.jp/toshiro2001/entry-10017187812.html

*ただの医師じゃねえかこんなもん:蓼科である。
蓼科ブライトン倶楽部。夕食まで、近くの遊歩道にて栗拾いをした。栗ご飯が出来るほど沢山の栗を拾った。
http://hawaiisk.exblog.jp/5718470

*☆ママっ!大好きいっ♪♪☆:☆お誕生日TRIP☆
蓼科ブライトン倶楽部は泊ったことは初めてですが素敵なホテルでした〜。最近リニューアルしたお風呂がまた面白い。
http://ameblo.jp/ayaparis/entry-10016352529.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:28 | コメント (0)

 

十和田ホテル〔秋田県・十和田湖西湖畔〕

「十和田ホテル〔秋田県・十和田湖西湖畔〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「登録有形文化財に指定された宮大工による建物です。皇室の方も利用する由緒正しき宿でもあるのですね。十和田湖の湖畔で、ロケーションも素晴らしいです」



=2006年11月7日収集分=

*徒然なる旅へ:十和田ホテル 宿泊記 〔東北旅行記1日目 その2〕
十和田ホテルは,本館と新館からなり,私たちは新館のツインルームに案内されました。清潔感があり,機能的にまとめられてある部屋でした
http://plaza.rakuten.co.jp/0723jun/diary/200607310000/

*しましまねこのよこしま日記:東北旅行 青森 十和田湖編
このホテルは各皇族方をはじめ吉田茂元首相やライシャワー元駐日大使など、数多くの各界著名人が利用したそうです。
http://katzdeli.exblog.jp/2948369

*arayanです:青森旅行の話のつづき×5
十和田湖の湖畔に建つこの「十和田ホテル」は昔のままの本館と明るい陽の光が心地よい新館があります。
http://blogs.yahoo.co.jp/arayan314/17049542.html

*コタログ:東北の旅1日目☆コタ初飛行機!
湖畔の宿「十和田ホテル」は国の登録有形文化財に指定されている歴史的建造物だそうで、天皇も宿泊したらしい。ここがすっごく居心地良くて超お勧め!
http://kotatama.exblog.jp/3814484

*ドイツ語で話そう! ドイツ−ケルンからこんにちは:十和田湖・・・
まずは湖畔の『十和田湖ホテル』でランチ。このホテルは皇族方をはじめ吉田茂元首相なども泊まった由緒あるホテルとのこと。
http://shikaom.exblog.jp/5711292

*風のように〜旅をしよう:青森・秋田・岩手・宮城
湖を見下ろす場所に立つ一軒宿。秋田杉を使った本館(和室)、落ち着いた雰囲気の別館(洋室)とあり、本館からは十和田湖が一望です。
http://ichiusa.hello-good.com/?eid=409530

*リストランテラビーノ&ワイン&徒然料理:十和田湖行ってきました!
泊った宿は秋田側の十和田ホテル。なんと国指定の文化財になっています。
http://plaza.rakuten.co.jp/hibiwin/diary/200609240000/

*芹のバラ色の日々:千と千尋の神隠しのモデル?
泊まったのは、「十和田ホテル」です。この建物は、「千と千尋の神隠し」で、湯屋の建物のモデルとなったと言われているそうです。
http://blog.goo.ne.jp/serioteko0810/e/b4ee740afeeb03a2a8a7b31b9952c92a

*十和田ホテル徒然日記:秋田杉の館 パート4
本館玄関は、当ホテルのシンボルとなっております。杉丸太を2重の竿縁に使った杉皮の天井の意匠は「秋田杉の十和田ホテル」の印象を訴えています。
http://www.towada-hotel.jp/tsurezure/sb.cgi?eid=205

*ミイのひとり言:十和田ホテル
先月,雨の為流れてしまった十和田ホテル行…なんとしても行こう、、と言う事で今日決行!目的はひたすら十和田ホテル
http://blog.goo.ne.jp/mycatmie/e/bc01c2efbc8e6af905c4d5cf9c65dbb1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:26 | コメント (0)

 

リバーリトリート雅樂倶〔富山県・神通峡春日温泉〕

「リバーリトリート雅樂倶〔富山県・神通峡春日温泉〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ギリシャ、デンマークなど世界の国がテーマになっているお部屋が面白いですね。フレンチ懐石のお料理が美味しそうです♪」



=2006年11月7日収集分=

*わてら陽気な三人家族:【富山】リバーリトリート雅楽倶で誕生日&・・・
春日温泉 リバーリトリート雅楽倶(がらく)でお祝いしてきました。緑に包まれた別世界の雰囲気の中にあり、まるでデザイナーズホテルのよう。素敵☆
http://plaza.rakuten.co.jp/kuu007/diary/200606170000/

*ぱわふるらいふ:雅楽倶
そこから山越えして一路雅楽倶へ。一度は行ってみたかった場所です。まずロビーからみえる景色が素晴らしい!!
http://ameblo.jp/maya0/entry-10014924099.html

*ORANGE-MARBLE:♪素晴らしい記念旅行♪
それぞれお部屋に名前があるのですが、このお部屋はギリシャの間といって中の感じも、ギリシャのランプや、電気を使ってるので、とても素晴らしい感じです
http://biog.orangemarble.candypop.jp/?eid=340740

*HELLO♪My Friends♪♪:素敵ホテルシリーズ【アートなホテル】
館内全体がギャラリーのようになってて全く飽きさせない空間でした。香りといい音楽といい景色といい、すべてが居心地のいい空間でした。
http://yurinchi.jugem.cc/?eid=229

*めざせ!Asian Beauty ちょっとLOHAS?:リバーリト・・・
208号室「ギリシャの間」。テラコッタの床にアイアンフレームの天蓋つきベッド。部屋は全部インテリアが違うみたい。部屋からも神通峡が目の前に見える。
http://plaza.rakuten.co.jp/megumegu1110/diary/200609060000/

*a happy life 〜月100万円稼ぐビジネスマン〜:富山の温泉・・・
先日行った温泉宿。料理はフレンチ懐石。建物の、モダンでオシャレ。なかなかいいよ。
http://plaza.rakuten.co.jp/ahappylife40/diary/200609260000/

*富山酒場漂流記:雅楽倶の新年会2006/1/29
この『リバーリトリート雅楽倶』って、TVとか雑誌にもよく採り上げられてて、女性に大人気のホテルなの。
http://blogs.yahoo.co.jp/higehigedragon/4417642.html

*入道とおかめの日記:ホテルはリバーサイド♪
赤ん坊連れということで時間の制約もあり、ミストサウナなどスーパー銭湯的エンターテインメントを堪能することは出来ませんでした。残念!
http://chibao1999.exblog.jp/4487017

*ノホホーンと長生きしたいねぇ〜:リバーリトリート雅樂倶
なにゆえ富山へ?答えはひとつ。そこに「リバーリトリート雅樂倶」があるから。春日温泉という場所にある美術館のようなホテル。
http://gin-ginta.no-blog.jp/nohohonnagaiki/2006/07/post_4cfb_1.html

*一途に。。。:☆リバーリトリート『雅樂倶』
☆3年前のお正月に、女性6人で一泊して、良かった所なので、母にも連れて来てあげたくて。。。インテリアの素敵なお宿・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/sakurapop2004/20377544.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:24 | コメント (0)

 

ホテルノイシュロス小樽〔北海道・小樽〕

「ホテルノイシュロス小樽〔北海道・小樽〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「全室に露天風呂がついているそうです!素晴らしいですね。お城のような外観に露天風呂・・・このミスマッチがなんともいいですね」



=2006年11月7日収集分=

*booska-mac.com:Booska北海道'05 ホテル ノイシュロス小樽 その1
小樽では「ホテル ノイシュロス小樽」に宿泊しました。部屋付きの露天風呂については後日アップします。
http://plaza.rakuten.co.jp/booskamac/diary/200604020000/

*The Happy Day Book:5月5日 温泉と水族館と美食三昧の旅♪(3泊4日)
小樽で泊まったホテルは「ホテルノイシュロス小樽」。海に面した室露天風呂付きのお城のようなホテルで温泉三昧♪
http://blogs.yahoo.co.jp/montan0721/34791891.html

*ワインと一緒♪:小樽プチ旅行♪
こちらのホテルの従業員の方はみなさんもとってもきちんとした気持ちの良い対応をしてくださいます。サービスも◎何度行っても良いです!お部屋の露天風呂も快適でございました♪
http://wainwain2.exblog.jp/3735138

*MaY*Blog:ホテル ノイシュロス小樽
このホテルは、全室ともオーシャンビューで客室露天がついている。客室の窓からは、日本海の濃い透明感のある海が見渡せる。
http://yaplog.jp/mayblog/archive/111

*NRK Favorite Diary 〜「のの」の気まぐれ日記〜:北海道・・・
7月の北海道旅行で2日目に泊まった「ホテルノイシュロス小樽」からは、見事なブルーに染まった日本海を眺めることができました(^^)
http://blogs.yahoo.co.jp/yanrk78/41169090.html

*わたしのブログ:三太郎の北遊日記
2日目 小樽(ホテル ノイシュロス小樽)に宿泊、このホテルは感動ものでした、まさに絶景かな・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/y18s12ponn/diary/200610060000/

*ことぶき色の味 〜ことぶき&ミニことのHP〜:小樽〜函館
ちょっと贅沢に、オトナの時間・・・ってな雰囲気を味わえたものの、出窓が思いのほか開けられることに、背筋がゾッとしたという裏話も・・・(;´Д`)
http://kotobukiminikoto.blog23.fc2.com/blog-entry-409.html#trackback

*fraise★fraise:ホテルノイシュロス小樽。
すっごい高級感があふれるとこです。職場の人とだったからいつもみたいな服装ができなくて残念だったけどこんなとこナカナカ泊まらないから嬉しいな
http://yaplog.jp/kiichigo/archive/462

*北杜のやど Hokutonoyado:展望と食事と客室露天の3拍子が揃った・・・
今日、紹介するホテルノイシュロス小樽は、以前はホテル天望閣という名称で知られていたが経営が代わり、3年前に大改装、リゾートホテルに生まれ変わった。
http://hokutonoyado.seesaa.net/article/26403382.html

*ナチュラルライフ通信:【お泊り】ノイシュロス小樽へ
部屋も昨年と同じタイプ。今回で5回目の宿泊なのでまるで帰ってきた我が家状態♪あ、これこれ♪部屋に入って早速お風呂です。
http://blog.livedoor.jp/marine_life/archives/50632143.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:22 | コメント (0)

 

ベネッセハウス〔香川県・直島〕

「ベネッセハウス〔香川県・直島〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「直島は海外の雑誌でも取り上げられたそうですね。美術館と融合していて、安藤忠雄設計。周りは綺麗な海に囲まれていて素敵な時間が過ごせそうですね」



=2006年11月7日収集分=

*お気に入りとの日々:夏休み終了。
新しく出来た、ベネッセハウスのパーク棟と言うところに泊まりました。部屋のベランダから、高松と坂出の夜景がいっぺんに見えるんです。
http://happylife2.exblog.jp/4010043

*wakabonneyの部屋:直島にて◆礎話翦術館とベネッセハウス〜
今回はパークに泊まりました。部屋の中はこんな感じ。新築だけあって、木の良い香りがプンプンします。テラスもあって眺めは最高です。
http://blogs.yahoo.co.jp/wakabonney/21922889.html

*Small Talk:直島ミニ旅行 〜ベネッセハウス・宿泊編〜
今回の旅行で宿泊するのは、『ベネッセハウス ミュージアム』(株主優待で30%OFFになる!)“ミュージアム”という名のとおり、美術館とホテルが一体になっている。
http://plaza.rakuten.co.jp/since04151974/diary/200610210000/

*MIKIダイアリー:直島レポートNO2
シンプルこの上ないベネッセハウスの部屋にはTVなどありませんし、土産物屋等の設備もありません。
http://yaplog.jp/yamamori/archive/285

*I LOVE ランチタイムなど:あこがれのベネッセハウス
直島の宿泊施設。ベネッセハウスミュージアムは、その名のとおり、美術館を併設したホテル。ほぼ満室。それ以前に宿泊料金が高い!!
http://ameblo.jp/tatsu-yagi/entry-10018988417.html

*地方で頑張る、デザイナーSTAGE-01.BLOG:島そのものがアート!香川直島
今年5月には新たな宿泊棟がオープンした「ベネッセハウス」まずは直島をアートの島として印象づけた中核施設「ベネッセハウス」へ。
http://ameblo.jp/aluba/entry-10019315152.html

*まるなのおうち:連続お出かけ★
20分くらい歩くとベネッセハウス。宿泊する人にはたっぷりリゾート楽しめますって感じですね。
http://blog.goo.ne.jp/minikamo/e/ce96e6563e390fc281726dba28c68007

*〜バリ島より癒しの雑貨をお届け〜akar_baliブログ:直島★ベネッセ・・・
初めて直島に足を踏み入れたのですが、すっかり直島の虜になってしまいました式&披露宴は安藤忠雄氏の設計のベネッセハウスで行われました。
http://blog.goo.ne.jp/akar_bali/e/1b0ebb9583934db2ca1897d5a707d1fe

*最先端の時勢ネタはどこに?:直島 ベネッセ
安藤忠雄の建築物に収められた数多くの現代美術を堪能できる施設。それがこの10年ばかりのあいだに直島を世界的にも有名にした「ベネッセハウス」です。
http://netatyoudesu.jugem.jp/?eid=18

*rottaの甘辛ダイアリー:直島に行きたい
ベネッセハウス=安藤忠雄設計の宿泊施設と美術館を兼ね備えた施設で、ものすごーく素敵。宿泊料金はツインでも1人3万近くと庶民にはお高め
http://d.hatena.ne.jp/rotta123/20061106/1162814429

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:19 | コメント (0)

 

ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ〔神奈川県〕

「ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ〔神奈川県〕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「日本で初めてのハイアットによるリゾートホテルです。ちょうど年始年末に向けてオープンするのですね。楽しみです」



=2006年11月7日収集分=

*Missing Piece is in My Heart:箱根 強羅
実際には強羅にハイアットが出来るのである。グランドかパークかはわからないがその手の筋から聞いた話である。温泉とスパをメインにしたリゾートだそうだ。
http://plaza.rakuten.co.jp/thinair/diary/200606050000/

*コーヒーの木:京都のアマン?箱根のハイアット?
私の中ではハイアットってシティホテルのイメージなので箱根〜?温泉〜?って感じでしたが、ハイアットもリゾートホテルがたくさんあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/coffeetrees/diary/200609290000/

*まぼのアドベンチャー:今年末 箱根にハイアットホテルズがOPENする・・・
以前会員制のリゾートホテルだったものをリネーム・リニューアルしてハイアットが箱根でオープンします。
http://blogs.yahoo.co.jp/mabokinoko/41738062.html

*和洋の宿屋さんこんにちわ:第二新卒
箱根強羅のホテルがハイアットリージェンシー箱根になるそうだ。外資は中小ホテルを買収し、ホテル名を変え(リブランド)て営業する。
http://blog.goo.ne.jp/hoteryo/e/c0d98dd546804b6a7c4029f106298ec6

*何食わぬ顔で無職:ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ
箱根の強羅にハイアットリージェンシーがオープンするらしいですね。12月オープンなので今日から予約を受付しているみたいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/bokunoiemade345/4778115.html

*Pockieのホテル宿フェチお気楽日記:ハイアットリージェンシー箱根・・・
ふたを開けてみると、標準ツイン(56平米)で朝食付き一人16000円ぐらい(ただし平日です)。HyattRegencyのHPでは客室は2万円++でした。
http://pockie74.exblog.jp/4118877

*Noppin's stock cafe:米ハイアット、箱根にリゾートホテル
ルガンスタンレー系の不動産ファンド(メズレフ?)が森トラストから取得。箱根に世界的有名ホテルチェーンのリゾートホテルって珍しいですね。
http://blog.livedoor.jp/noppin/archives/50725454.html

*ラシオのエレガントな憂鬱:温泉研究の巻
ハイアット、日本では初めてのリゾートホテルということでセレブラッシーのラシオと致しましては、なかなか興味が湧くホテルではごじゃいますが
http://blog.goo.ne.jp/rasio_racine/e/68271b3133662972d42839de9236947b

*東京右往左往:ハイアットリージェンシー 箱根 リゾート&スパ
モルガンスタンレーの不動産ファンドに売却して(は、早い)、ハイアットのスパリゾートしてこの12月に再出発。
http://tokyo.de-blog.jp/main/2006/11/post_c56e.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:999一休.com | 投稿者 xbheadjp : 2006年11月08日 07:16 | コメント (1)