book
 

佐藤可士和の超整理術(日本経済新聞社)佐藤可士和

「佐藤可士和の超整理術(日本経済新聞社)佐藤可士和」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「斬新なアイデアとデザインでヒットを飛ばすアートクリエイターが教える3つの整理術。現状を打開するための整理は必読です」



=2007年9月29日収集分=

*Design berserker:<本>
物事の本質を見て、本当に必要かどうかを検討して、削ぎ落としていく整理法。
http://pddesign.exblog.jp/7510304/

*鈴木あきえオフィシャルブログ「エンガワとさつまいも」:楽屋にて
BOOKコーナーで私が取材させていただいた本は、『佐藤可士和の超整理術』とぃう今人気の本でした
http://ameblo.jp/suzuki-akie/entry-10049086040.html

*神保町の本屋さんはこんな本を読んでいる:佐藤可士和の超整理術
この本は思考の整理術の本です。家の中を整理する本ではありません。
http://ameblo.jp/bookstore1978/entry-10048732611.html

*とぐろ:佐藤可士和
可士和さんのゆるぎない考えがすばらしいなーとこんな風に仕事できたらいいものできるだろうなーと感化されてしまいました。
http://ameblo.jp/skypalace/entry-10048761563.html

*驟雨来たりなば、幸遠からじ:佐藤可士和「佐藤可士和の超整理術」を読む
以前にも書きましたが、尊敬するアートディレクター 佐藤可士和氏が自ら著した「佐藤可士和の超整理術」を読みました。
http://tom85y.blog104.fc2.com/blog-entry-308.html

*感じるままに起業を目指す青年のブログ:超整理術
あの、アート・クリエイティブディクターの佐藤 可士和さんの本です 今、最高に輝いている佐藤 可士和さん
http://ameblo.jp/bakabon9152/entry-10048863439.html

*chiyoblog:佐藤可士和の超整理術
今読んでいる本。この中に書かれていることを真似て、私も会社の荷物を整理することにしました。
http://blog.livedoor.jp/chiyohome/archives/50514198.html

*ヒビノタワゴト:服選びに優柔不断になるのはなぜ?
気付けば、なぜか書店へ。 むっ、ある本が語りかけてくる…。 「佐藤可士和の超整理術」 おっ、コレ日経で紹介されてたやつやーん! 購入。
http://yutostyle.blog112.fc2.com/blog-entry-16.html

*Clala-Flala:佐藤可士和の超整理術
佐藤氏の言葉と経験に基づいた事例を、あたかも板前が握る寿司のように美味しく提示してくれているのが本書です。
http://clala.lolipop.jp/blog/2007/20070928-2056.html

*Unsch醇Brferelation:イメージの定着
論理的思考というのはそれそのものでは創造性を持たないけれど、結果的には新しいことを生むのに結びつきうる行為だと読んだ。
http://d.hatena.ne.jp/ja6vhd/20070929/1191008176

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月30日 23:25 | コメント (0)

 

いつまでもデブと思うなよ(新潮社)岡田斗司夫

「いつまでもデブと思うなよ(新潮社)岡田斗司夫」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「117kgだった体重を67kgまで落としたダイエットの究極の技術と思想が詰まった1冊です。ダイエットは楽しく知的な行為という言葉に目から鱗です」



=2007年9月20日収集分=

*思いたったが吉日:いつまでもデブと思うなよ
「ダイエットは辛いことではなく、楽しくエキサイティングな体験」だと言い切る著者に共感を覚えます。
http://ameblo.jp/kichijitsu-nari/entry-10047810347.html

*golgo139:用件を聞こう……。:『いつまでもデブと思うなよ』 岡田斗司夫
体重117キロ→67キロ、体脂肪率42%→17%というのは、たまげた。信じられない。
http://d.hatena.ne.jp/golgo139/20070920/p1

*日本再生:”いつまでもデブと思うなよ”ーって面白いですよ!
ダイエットを目的に買った本ですが、ちゃんと文化人類学になっています。絶対のお勧めです!
http://ameblo.jp/karate-07/entry-10047839484.html

*ダーリンのコーヒータイム:「いつまでもデブと思うなよ」−新潮新書から
1年で50舛慮採未棒功した筆者(117羨唯僑鍬繊)の究極の技術と思考法を明らかにした本書は面白い。
http://deep-knowledge.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_fdc9.html

*ラブリー りこちゃん:面白いダイエット〜 ^^
ダイエットそのものももちろん面白く興味深いんだけど、考え方、捉え方がとっても面白かった〜 ^^
http://plaza.rakuten.co.jp/lovelyricochan/diary/200709200000/

*石川健三郎 けんちゃんの人生のマッサージチェア:いつまでもデブと思うなよ
今までは「腹が減ったから食べる」と思っていたのが、実は「腹が減って無くても食べていた」と言うことに気付かされる。
http://blog.goo.ne.jp/kenjuggler/e/d83362c3507991496096b75f7f63d792

*Books Recommend:いつまでもデブと思うなよ
写真をまず見るべし!とりたてて変わったことが書いているわけではないです。
http://blog.livedoor.jp/recommend_books/archives/51212861.html

*名称未定ドキュメント”Que”:いつまでもデブと思うなよ
この本は説得力がある。まず、序盤で既存のダイエットについて語られる。つぎにデブであることのデメリット。
http://d.hatena.ne.jp/hidesuke/20070920/1190289317

*吹石一恵を応援するブログ by otoyan:岡田斗司夫著「いつまでもデブと・・・
人はみため、デブは何をしてもまずデブとしか見てもらえないって事がわかったと書いてます。後、デブの人の言い訳もちゃんと考察してます
http://blogs.yahoo.co.jp/kazz_0321/36492672.html

*ひろの三本柱〜気まぐれ情報日記〜:いつまでもデブと思うなよ
あくまで、痩せられるからだを持っていたとは思いますが、読み終えて共感できることや役に立つダイエット法だと実感しました。
http://www.3-rts.com/archives/50817037.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月21日 07:51 | コメント (0)

 

日本人のしきたり(青春出版社)飯倉晴武

「日本人のしきたり(青春出版社)飯倉晴武」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「節分に豆をまく理由は?など、日本にある年中行事、伝統的なしきたりの由来をさぐる一冊です。意外と知らない事が多くて驚きます」



=2007年7月23日収集分=

*オッペケペー:日本人のしきたり
この本の中には、都会に住んでいたらほとんど行わない行事やしきたりの由来や、解説などが淡々と書きつづられている。
http://ameblo.jp/oppeke-pe/entry-10039318812.html

*Ciao! Sono Ritsuya. Molto piacere! Come sta?:日本人のしきたり
まだまだ、読むスピードは遅いけれど、じっくり頭に入れながら読んでいきたい。何度も読み返しながら・・・
http://blog.livedoor.jp/fwhv6414/archives/64699867.html

*@OLOG:日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…
でも、実際奥が深くてさ、それを守るってことになったら大変だなって思った。読んでよかった。やっぱ日本はいいと思う。
http://aodiary.jugem.jp/?eid=70

*パースHIROTAのMaibu-mu:『日本人のしきたり』?
『日本人のしきたり』なかなかおもしろい‥★お正月行事のありかた‥大安吉日の意味‥etc.
http://blog.livedoor.jp/inca888/archives/50643979.html

*tamaruの禁煙日記:日本人のしきたり
普段、何気なく生活して、これらのしきたりや習慣に関わっているが、こんなに沢山あったかとあらためて感じた。
http://tamaru.cocolog-nifty.com/kinnennikki/2007/07/post_87b2.html

*気ままに気の向くままに:本「日本人のしきたり」
正月行事・豆まき、大安吉日、厄年・・・・に込められた知恵と心 四季を重んじ、人生の節目を大切にする・・
http://blogs.yahoo.co.jp/jxksj889/33840547.html

*上昇気流模索:日本人のしきたり
結納は 「結いの物」と呼ばれ 平安時代頃は 縁起の良い酒肴もしくはその儀式そのものを指したそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/matu1304/13719892.html

*やっさんのボヤキ日記:日本人のしきたり
日本のしきたりについてひたすら書いてある本 しきたりに無頓着な俺には、いい勉強になった。
http://plaza.rakuten.co.jp/yassanbig/diary/200706090000/

*ぽんぽこぽん:飯倉晴武「日本人のしきたり」
ふむふむ,知らないことが多いです。日本のことでありながら,よく理解していないことが分かりました。
http://plaza.rakuten.co.jp/bookon/diary/200706180000/

*だって好きなんですもの:日本人のしきたり (飯倉晴武)
ウチでも仕掛けたら一気に売れ始めました。内容は、タイトルそのまんま、日本の『しきたり』について書かれた本です。
http://plaza.rakuten.co.jp/morimori1945/diary/200706230000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月25日 18:36 | コメント (0)

 

となりのクレーマー(中央公論新社)関根眞一

「となりのクレーマー(中央公論新社)関根眞一」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「元西武百貨店のお客様相談室長の苦情処理のプロが書いたクレーマーとの交渉術。次々登場するクレーマーとのバトルの例に驚きです」



=2007年7月16日収集分=

*とうふの角:関根眞一著「となりのクレーマー」
以前、仕事上で書く、/ 詫び状の事を書きましたが、そんな処理なんて、てんでお話にもならない事例ばかりが紹介された本でした。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/takaron0829/48645696.html

*医者になる。:となりのクレーマー
お金目当ての方を別として、実際、くだらないクレームを言う人ってどういう神経をしているんでしょうか。
http://blogs.yahoo.co.jp/scientist0109/34007658.html

*「天かす日記」:となりのクレーマー
すごいためになります。仕事柄あらゆる人と接するし時々キツネにつままれた?みたいな意味不明な苦情もいただくことがあるので。
http://blog.goo.ne.jp/satitarou5/e/7ad4c6baa3757d6316ea642cf5db7071

*ちーぷな毎日:となりのクレーマー
すぐ読めちゃいました。自分もこんなお客さんになる可能性はないとは言えませんが、絶対なりたくない!!!
http://plaza.rakuten.co.jp/nachicolumn/diary/200707140000/

*飾り窓の憂鬱:となりのクレーマー
結構売れているらしい、クレーム事例集&対応指南書。おもしろおかしく書こうとするクレーム本と違い、かなり真摯に取り組もうとする教科書的な良書
http://mado.livedoor.biz/archives/50397341.html

*デール・カーネギー日記:クレーマーは客ではない
やくざでもクレーマーでも金で解決するのはタブーである。では、どうすればいいか?というのがこの本。
http://plaza.rakuten.co.jp/pom3z/diary/200707150000/

*頑張るしかない!:となりのクレーマー
詐欺師、ヤクザ…次々登場するクレーマーとのバトルの実例が余りにリアルだ。こわい、異常だ、はらはらする……
http://plaza.rakuten.co.jp/kuma1964/diary/200707150002/

*本まもんの音だね:こんな人、確かにいる!
本書の中身は、現場で経験した生の情報から構成されていますので、実にリアルです。著者曰く・・・クレーマーとは?
http://iitabida.cocolog-nifty.com/osusume/2007/07/post.html

*支配人ピニョンの書斎:関根 眞一: となりのクレーマー―「苦情を・・・
クレーマーの実例がすごくおもしろいが、そこに引き込まれるとさらっと読めなくなる。第3章のみ読めばとりあえず理解は出来る。
http://fca.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/244_6268.html

*雲をながめながら:最近読んだ本
百貨店に勤めていた著者の実体験をもとにしてあり、読み物としても楽しめるし、実用本としても使えます。
http://peachboy-peachboy.blogspot.com/2007/07/blog-post_16.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月17日 07:29 | コメント (0)

 

神は妄想である (早川書房)リチャード・ドーキンス

「神は妄想である (早川書房)リチャード・ドーキンス」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「科学啓蒙にも精力的に携わっている著者の脱宗教宣言と言える1冊。科学者の立場から、神を信仰することについて鋭い批判が書かれています」



=2007年6月14日収集分=

*eigenvalue:The God delusion
久しぶりに骨太の本に出会った。リチャートドーキンスの「神は妄想である」
http://eigenvalue.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/the_god_delusio.html

*烏有亭日乗:神は妄想である
世界中の無心論者よ堂々と自分の主張を通せ、あと一歩の努力だと奮起を促しているように思える。それほどドーキンスは宗教を排撃する
http://blog.goo.ne.jp/hy223606/e/f485e43e491051ac4b0405d21a90363e

*オオカミの遠吠え通信:「私」を呼ぶ書物。
タイトルは「神は妄想である」。日本人の(しかも、信仰心がない)私ですら、「これはまずいでしょう…」と眉を顰めてしまう。
http://blog.goo.ne.jp/syuka-chan/e/f4b0e367dd100b4e1ee94c3be7b6ce99

*Silent Life of Dr. Hara:ああ神様、神様なんていないのね
「神は妄想である」(R.ドーキンス/垂水雄二訳/早川書房)、読了。大変に面白かった。アメリカとイスラム圏では焚書されかねないが
http://kshara.blogspot.com/2007/06/blog-post_08.html

*うしろむきコアラ日記:『神は妄想である』
ここで言う神は、特定の宗教の特定の神ではなく、「神」といわれる概念すべてを言っているようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/ufufunoyami/diary/200706100001/

*アイズ ワイド オープン:ドーキンスと神
ここでドーキンスが「宗教」として攻撃しているものは、基本的に3大一神教である。
http://kensuke.cocolog-nifty.com/eyeswideopen/2007/06/post_7730.html

*Underconstruction by Taiyo@hatena:神は妄想である
出張前に購入して読み始めたのだけど、合肥で読了。550ページの大著。
http://d.hatena.ne.jp/t_trace/20070610/1181504725

*自然淘汰モデルで考える:時折感じる疎外感
ドーキンスの「神は妄想である」という本を買った。即買いしてしまった。ドーキンスの主張は常に一貫している
http://g0lg0tha.exblog.jp/5591969

*しぬまでいきる:神は妄想である―宗教との決別 / リチャード・ドーキンス
昨夜読了。お腹いっぱいである。今年のベスト本ノミネート作品。最後のほうは「新しい科学論」と重なる議論である。
http://d.hatena.ne.jp/ichiyu/20070612/p4

*A Prisoner in the Cave:神は妄想である
書店で平積みになっていた。図書館に入りそうなので買わなかったが、いずれ目を通してみたい。
http://d.hatena.ne.jp/eirene/20070613/p1

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月15日 00:08 | コメント (0)

 

普通はつらいよ(マキノ出版)斎藤一人

「普通はつらいよ(マキノ出版)斎藤一人」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「全国累積納税額日本一の「銀座まるかん」創設者、斎藤一人の著書。スピリチュアルな体験談が、心を軽くしてくれます。CDがついています」



=2007年5月30日収集分=

*読書の愉しみ:普通はつらいよ
この本は良い本です。斎藤一人さんの最新刊ですが、私が今まで読んだ一人さんの著書の中で一番好きです。様々なヒントがもらえます。
http://mikan.cocolog-wbs.com/book/2007/05/post_397b.html

*「10年後の娘たちに贈るブログ」:普通はつらいよ―おもしろくて・・・
この本を読んで、おもしろくて、楽しくて、すずやかに生きたいと思いました。特に「すずやか」っていいですね。
http://ayasuzu.jugem.jp/?eid=83

*よっぴいの夢実現日記:普通はつらいよ
斉藤一人さんの本を購入いたしました。公演のテープもついてます。一人さんにしてはめずらしく、スピリュチアルなことがかかれています
http://blog.livedoor.jp/yyhome0605/archives/50950741.html

*精神科医が読み解く、ビジネス・投資・自己成長のヒントになる本
宗教色が濃くなっているように思います。「魂」「あの世」「前世」「神様」「観音菩薩」などの言葉がポンポンと普通に出てきます。
http://bestbook.livedoor.biz/archives/50197028.html

*つれづれなるままに、ひぐらし:普通って何
ほんわかとした著者の人柄がでていて、平易でいて、そして少し、スピリチュアル。でもやっぱり、「選ばれた人」なんだという感はぬぐえません
http://nonoyu.blog94.fc2.com/blog-entry-55.html

*個人事業主として資産運用だけで生きていくブログ:斉藤一人さん・・・
いままで斉藤一人さんは霊的な事に関しては具体的には書いてこなかったのですが、今回ご自身のことで詳しく書かれていてびっくりです
http://believe-in-you.tea-nifty.com/mirihi/2007/05/post_58ab.html

*斎藤一人さんの知恵と めがね屋さん:普通はつらいよ
かえって周りの人がやきもきしたりして不思議な話が いっぱい CDも2枚もついて 絶対お勧めです!
http://blog.livedoor.jp/yoshi01l/archives/51231845.html

*やさしくしあわせに:ありがとうのバージョンアップ
決して目新しい事満載って訳じゃないけど、 読みやすいと、 頭に入ってくるのも早いのよね。
http://momococolo.blog89.fc2.com/blog-entry-52.html

*ナイトホークス:本日記 普通はつらいよ
本日記です。普通はつらいよ おもしろすぎて、楽しくて、すずやかに生きるコツ斉藤一人さん著です。
http://junkoblog.exblog.jp/5754442

*新規営業と釣りの非常識な関係:普通はつらいよ
一人さんの本は本当に元気が出ます。考え方が世の中の理にかなっていて、笑いの中に「なるほど」と思えるないようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/gaku12000/diary/200705290000/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月31日 08:04 | コメント (0)

 

裁判官の爆笑お言葉集(幻冬舎)長嶺超輝

「裁判官の爆笑お言葉集(幻冬舎)長嶺超輝」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「多くの裁判を傍聴している著者が書いた、法廷での人間味あふれる発言を集めたの語録集。一度裁判を見て見たくなりますね」



=2007年5月18日収集分=

*うっかり日記:読書感想『裁判官の爆笑お言葉集』
お役所的な淡々とした判決の中で意外とハジけた表現や、生々しい感情があって、胸をつくものがあります。
http://plaza.rakuten.co.jp/ukauka009/diary/200705160000/

*もの思う日々:今日の立読み/長嶺超輝<裁判官の爆笑お言葉集>
それは、その程度で笑えるかっ!、という意味ではなくて、そもそも笑いを求めた内容ではないということだ。
http://mwaka71.exblog.jp/6869405

*skykudo's blog:『裁判官の爆笑お言葉集』
裁判官と言えども,人間。判決を言い渡すときに現れるその方の本音に惹き付けられます。
http://pub.ne.jp/skykudo/?entry_id=700791

*花菱の徒然草:裁判官爆笑お言葉集・2
裁判官は言い渡しをするだけで、こういう面白い言葉を言わないのが普通らしい。
http://ameblo.jp/saya-hanabishi/entry-10033982261.html

*Bonne jornee ! 〜 プチ楽しいをさがす日記 〜:裁判官の爆笑お言葉集
それほど爆笑ではないけど、涙あり、軽〜いイヤミあり。法廷というお堅い場所で、ちょろっとみせる裁判官の人間性。
http://ameblo.jp/hirocopine/entry-10034013236.html

*7 days:裁判官の爆笑お言葉集
裁判官は無味乾燥な判決文を読みあげるだけみたいな固いイメージがいい意味で壊された本
http://blogs.yahoo.co.jp/nextgeneration242000/11017742.html

*若葉マークの研究室:読書のススメ その3
最近の記憶に新しいものばかりを乗せており「あー、あの事件だ!そういえばどうなった?!」と興味深いものが多かったです。
http://blogs.yahoo.co.jp/sudanniikitaina/48414125.html

*milkyの独り言: 結構感動した本です。
裁判所内のやり取りなんて、結果論しか聞けないけれど、裁判官の方々の中に『人として』が見える本でした。
http://blogs.yahoo.co.jp/milky_e7/48357903.html

*☆ねこにまたたび☆:裁判官の爆笑お言葉集
裁判官といえば本当にお堅いイメージ・・・いや、お堅いのでしょうが、その中にポロッと出てくる、人間味というのか・・・面白かったです
http://blogs.yahoo.co.jp/grace9black2river9/32139036.html

*咆月狼日乗:法曹界の人の本二冊
どうかな? 裁判官の心情を垣間見れるものとして面白いと思うが、なにやらいやな感じを受ける。
http://blogs.yahoo.co.jp/born2be/47554500.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月19日 08:19 | コメント (0)

 

林住期(幻冬舎)五木寛之

「林住期(幻冬舎)五木寛之」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「古代インドのバラモン教の思想にある『林住期』現代人の黄金時代をどう生きるかを教えてくれる一冊になりますね」



=2007年4月27日収集分=

*粉紅珠の宝箱♪:本日購入したBOOKS
これも知り合いがほしがった本。私も読んでおいたほうがいいかな、将来のタメに早すぎることはないだろう。
http://plaza.rakuten.co.jp/pigpigpretty/diary/200704210001/

*茶のみ話:林住期
五木寛之の林住期を読みました。長沼町の図書館は本当に素晴らしい!今、話題の本がすぐ読めるのです。
http://blog.livedoor.jp/atsuko77575/archives/51128115.html

*月は半月:「林住期」
発売時に読んだ。私のばあい、もとの仕事を辞めてしまって50からまったく違うことをはじめたし
http://halfmoonlight.at.webry.info/200704/article_3.html

*トナカイの独り言:“林住期” by 五木寛之
そんな思い出の深い五木さんの作品を、数十年ぶりに読みました。タイトルは“林住期”。
http://ameblo.jp/tonakai-no-hitorigoto/entry-10031028358.html

*思いつくまま・・・:夫婦のありかた
今、五木寛之の『林住期』という本を読んでいます。『女も旅立ち、男も旅立つ林住期』という見出しに惹かれて。
http://ponderosa.at.webry.info/200704/article_4.html

*ピノキオB/Sのブログ:今はまってます
これから、過ごす夫婦二人の人生を考えるのとてもいい機会だったように思います。自分の新しい第二の人生を見つけられそうです。
http://pinokio-bs.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_e0dd.html

*唐澤塾:林住期
五木寛之著「林住期」が良いとの評判を聞いて、早速買って読んでみた。評判に違わず良い本だと思う。
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/blog-entry-583.html

*うさこ日記〜脱・さびしんぼな日々:林住期
仕事柄50代以上の知り合いは大勢居るし、そんな周りの人とも照らし合わせながら結構集中して読めた。
http://blog.goo.ne.jp/usako9292/e/b0ed5bb0ae538d9410baa8c93822b749

*tagの言いっぱなしジャーマン日記:フォレスター?
まさに団塊世代にドンピシャの企画であり、この世代が読んで指針としたりそれなりに納得したりできる内容になっている。
http://d.hatena.ne.jp/tag2005/20070426/1177523523

*尾瀬の麓の農家のおやじ:林住期
林住期とは古代インドの人が使った人生の分け方で、日本では青春、朱夏、白秋、玄冬という言い方をしている。
http://ringotei.seesaa.net/article/37073724.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月28日 10:31 | コメント (0)

 

女性の品格(PHP研究所)坂東眞理子

「女性の品格(PHP研究所)坂東眞理子」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「昭和女子大学副学長・坂東眞理子さんの著作です。女性が進出していく時代だからこそ、大切なものは何か・・ということに気が付くことが出来る一冊になりそうです」



=2007年4月21日収集分=

*いにのしゃべり場&いいもんあるかな?:まだまだですなぁ〜〜
これまで私が生きてきた人生なんか恥ずかしくてもう一回勉強しなおさなきゃと思わせた1冊になりました。
http://impul-ini-d.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_0b31.html

*シニアのハッピー探し〜アジアン市場:女性の品格
女性だけでなく、男性も心に留めて欲しいことが書いてあります。何度でも読んで襟を正したいと思いました。
http://plaza.rakuten.co.jp/hoppy77/diary/200704190000/

*cotw - the catcher on the wave:[本] 「女性の品格」坂東 眞理子
日本人女性としてどのように品の良い生き方をするべきかということが具体例をふんだんに示し書かれている
http://d.hatena.ne.jp/franny_cotw/20070420#p2

*うたつばのおかっぱ日記:最近読んだ本
タイトル通り、凛とした品格ある女性になるためには、どうすれば良いか、仕事・生活・人付き合い等様々な場合について、書いていました。
http://plaza.rakuten.co.jp/maymay531/diary/200704190000/

*笑顔でいたいよね☆:読み終わりまして
女性として人としてのあり方について、改めて考えられる本。今の自分はどうかな・・大丈夫かな・・って。
http://ameblo.jp/tengoku-roop/entry-10031292421.html

*As Oneself * Gifted Life:[BOOKS]
古くて新しい話題かもしれません・・・。外見は女性なのに、何かが違う・・・という場合、この辺が関係ありそう。
http://blog.so-net.ne.jp/going-happy/2007-04-13-1

*あたしの恋愛論:女性の品格
最近女性の間で人気の本、女性の品格ってやつ☆あたしはどうも納得のいかない内容だ…
http://ameblo.jp/katagiritomoyo/entry-10031031801.html

*なりたい自分への道〜キャリア・コンサルタントのブログ:『女性の品格』
昨年来、「品格」という語は一つの流行で、この方がこういう本を書かれたと知って、はじめは少し意外な気がしました。
http://ameblo.jp/akikofurukawa/entry-10031049503.html

*It's my life.:女性の品格 坂東眞理子
どれも何かで聞いた・・・読んだ・・・的な内容が中心でしたがじゃあ、それ出来てる?と聞かれると答えはNO!です(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/bunatako/3639188.html

*365歩のマーチ(2):女性の品格
女性の品格というよりは、男女関係なく品格のある生き方 ってことかもしれない。
http://blog.goo.ne.jp/daiousama2006/e/dc725b02a2085e0015860d092bcd3618

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月22日 07:27 | コメント (0)

 

鈍感力(集英社)渡辺淳一

「鈍感力(集英社)渡辺淳一」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「小泉前首相によって有名になったベストセラーです。エピソードを交えながら、分かりやすく書かれているので、年齢を問わず納得できる本ですね」



=2007年4月18日収集分=

*扉を開けよう♪:「鈍感力」読みました。
普段感じていたようなことを、わかりやすく例を出して言葉で簡潔に説明されていてなるほど!と思いました。
http://plaza.rakuten.co.jp/ynatural/diary/200704170001/

*日々のいろいろ日記:鈍感力
小泉前首相で有名になったこの本。以前から、自分はかなり鈍感ではと思っていたのですが、この本を読み、確信を深めました。
http://plaza.rakuten.co.jp/makeawish777/diary/200704180000/

*楽園の住人:鈍感力
この本『鈍感力』は実感として伝わってくるリアリティを与えてくれました
http://dontworry.cocolog-nifty.com/rakuen/2007/04/post_4a65.html

*k’s Diary:「鈍感力」
特になんということもなく読み終わりましたがなかなか私の性格からいって、難しい「鈍感力」ではあります
http://blog.livedoor.jp/sagittarius93/archives/50947199.html

*パンチぱんだの日記:鈍感力!
今お気に入りの本です…。人生病気にならず、楽しく生きるには、鈍感力が必要!
http://ppwwdd77.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_8fdc.html

*いい富山〜E_TOYAMA:鈍感力〜渡辺淳一著
ベストセラー本は避けて通る派なのだが、つい買ってしまった「鈍感力」。基本は鈍感な方が成功しやすいという内容だ。
http://sinewave.cocolog-nifty.com/toyama/2007/04/post_eca1.html

*鈍感力:鈍感力・その内容
渡辺氏の『鈍感力』は17の章から構成されています。各章でそれぞれ「なるほど〜」と思わされるエピソードが出てきます。
http://donkanryoku.sblo.jp/article/3765224.html

*今日も天気:「鈍感力」
「鈍感力」を読んだ。「鈍感力」がいかに素晴らしいかが書いてある。だけ。鈍感力なんて、ほとんど持って生まれたものじゃない。
http://blog.so-net.ne.jp/hiiragi1215/2007-04-18

*くーちゃんままの生活とオシゴト:鈍感力
今回は、小説じゃい エッセイ?コラム? 分類がわかりませんが、やっぱり 読みやすい。気づかされることも たくさんあり・・・・
http://ku-chanmamanomado.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_4a65.html

*カモミールフレーバーの中で:鈍感力 渡辺淳一
読まないわけがないです。(笑)はい。そうして、鈍感って素晴らしいよね〜と自分で納得して気分良くなるわけです。(笑)
http://chamomile.momolemon.com/?eid=413849

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年04月19日 08:12 | コメント (0)

 

人は見た目が9割(新潮新書)竹内一郎

「人は見た目が9割(新潮新書)竹内一郎」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

=2006年10月3日収集分=

*おもしろきこともなき世をおもしろく:『人は見た目が9割』
知っている内容というか感覚的に分かっている内容とか。でも、読んでもう一度認識することで、理解が深まるんだろうなぁ。
http://ameblo.jp/midori-n/entry-10017173828.html

*かれんの日記:人は見た目が9割
人と人とが同じ空間の中にいると、常に、相手の表情やしぐさで、ものごとを感じ取ることが非常に大きい。
http://biz-w.at.webry.info/200609/article_9.html

*羽は生えてません!!!:人は見た目が9割
強烈な見出しとか極端な発言とかってなびきやすいよね でも結構納得できるような内容だった
http://blog.goo.ne.jp/a_ka12/e/087722889a0b0b33258592faf3af3a73

*本 の む し:人は見た目が9割  新潮新書 竹内一郎
完全に「人間はルックスで損得が決まるんだよ」みたいな本だと思ってました。が、
http://blog.goo.ne.jp/kokoronote/e/530d028c254d862b39406085cf540bff

*こどくの悠々自適生活:「人は見た目が9割」
読んでないけどそんな類の本の内容だと思います。確かに見た目は大切ですよね。
http://blog.livedoor.jp/chasersword/archives/50759016.html

*手紙:「人は見た目が9割」
騙されたなんて人聞きの悪いことを言ってはいけない。見た目に関する薀蓄、雑学。けっこう面白い本です。
http://blog.livedoor.jp/adhisi/archives/50591185.html

*海色恋しいaiの日常。:「人は見た目が9割」
あまり深くはないけど、わかり易く改めて気付かされたことも多かったですね〜。面白かったですよん
http://aimichiblog.jugem.jp/?eid=54

*倭日記:人は見た目が9割、、、
けっこうおもしろい!演出家や漫画家の表現の仕方から人を観察して書かれている。
http://blog.livedoor.jp/sendou96/archives/50456964.html

*紡ぎだすこと、つなげること。:人は見た目が9割。
さてさて、「見た目が9割」の話ですが、コレはちゃんとした心理実験にもとづく研究結果が出ています。
http://blogs.yahoo.co.jp/votakuya/20821921.html

*argius note:人は見た目が9割 - 竹内一郎
何かマンガがたくさん引用とか図になってる。これは当てが外れたと思って、買ってしまいました。
http://d.hatena.ne.jp/argius/20060921/1158846156

*日本人 24歳の日記:人は見た目が
最近になって異論を持つようになった。僕が思うに人は見た目が3割くらいじゃないかな。
http://blogs.yahoo.co.jp/bpdrj083/41955808.html

*ピンクのバラ:人は見た目が9割、を読んだ
特にムムム…と関心を持った箇所は、女性の結婚詐欺師の間では、「潤んだ瞳」は基本的なテクニック、と書かれた箇所
http://blog.goo.ne.jp/pink-no-bara-diary/e/4deb08de5be4cce6f378fb92510bcddf

*Slow Life:人は見た目が何割?
人の見た目って大事だと思う。 ある意味ではこれは人を見かけだけで判断する。ってことになるのですが。
http://blog.goo.ne.jp/ad83_7/e/4e19c70ce4898ddf73a2f79ae72b93ae

*☆3度目の正直☆:人は見た目が9割
勉強になったのは行儀作法について「マナーはあくまでも文化度である」という言葉が名言に思えた
http://ameblo.jp/oracle0210/entry-10017501508.html

*ゆっくり生活:竹内一郎 「人は見た目が9割」
「もっと面白い話かと思った…」それで思ったのは、「知っていることと、活用できていることは違うのだな〜」という事。
http://blogs.yahoo.co.jp/pumira74/20910478.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2006年10月03日 16:13 | コメント (0)