book
 

ダイイング・アイ(光文社)東野圭吾

「ダイイング・アイ(光文社)東野圭吾」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「小説宝石」での連載完結から約8年をへて文庫化です。登場人物の誰もが、利己的に誰かを陥れようとする、異色のサスペンス・ロマンです」



=2007年11月21日収集分=

*ちっぽけに、ぼけら〜っと:ついに発売になりましたねぇ
ダイイング・アイ 新作というよりは雑誌掲載作品で8年前には完結していたサスペンスものです
http://plaza.rakuten.co.jp/nantarosan0408/diary/200711200000/

*worlds〜end:「「ダイイング・アイ」/東野圭吾 著
まだ半分くらいなんですけど、謎がどこにあるかわからない展開が「夜明けの街で」っぽくて好きです。
http://moon.ap.teacup.com/worldsend/985.html

*豊岡真澄の連心通心:ダイイングアイ、ガンツ
東野さんの新刊も帯のキャッチコピーにひかれて買ってしまった…。はやくよもーっと(・∀・)今回の東野さんは悪いらしいよ(σ・∀・)σ
http://yaplog.jp/masuminmasumin/archive/3619

*にけや:ダイイング・アイ
ハードカバーは高いし重いしでかいしであまり良い所がないんだけど なんか文庫版より好きだったりする。
http://nikeyablog.blog101.fc2.com/blog-entry-246.html

*昼と夜は別の顔(早大生はぴこねっと取締役):東野圭吾のダイイング・アイ
奇妙な感じが東野圭吾作品はたまらない。すごい計算されつくしているサスペンスなのである。
http://ameblo.jp/suzu5017/entry-10056501833.html

*本トノコト。:「ダイイング・アイ」東野 圭吾
内容はちょっとオカルトちっくなもの。大好きな東野氏なのに★が少ないのはですね、久々に登場人物が全員嫌いだから(笑
http://miumiuxx.jugem.jp/?eid=376

*千夜一夜:東野圭吾「ダイイング・アイ 」
昨日買ってきてもう読み終わっちゃった。事件の真相が知りたくてどんどん読めます!ちょっとオカルトっぽかったかな?
http://blogs.yahoo.co.jp/dicksoncarr1977/26564636.html

*月夜の読書:「ダイイング・アイ 東野圭吾」
東野さんの新作なので、期待に胸を膨らませ読んでみた。面白い。たしかに、面白い・・・けれど、ソツなくまとまりすぎている気がする。
http://moon.ap.teacup.com/atsuko/345.html

*棒日記検All’s right with the world !:ダイイング・アイ 東野圭吾
あえてジャンル付けするならサスペンスと言えばいいのか、“恨み骨髄”という言葉を東野風に長編小説に仕上げたってな感じの印象である
http://d.hatena.ne.jp/architect/20071120/p1

*のだめカンタービレと小金持ち:ダイイング・アイ
東野圭吾さんのサスペンス小説。記憶探しに出た一人の男の秘密がキーワード。東野さんらしいタッチです。
http://blogs.yahoo.co.jp/tyaotomo/53219894.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年11月22日 23:16 | コメント (0)

 

容疑者Xの献身(文藝春秋)東野圭吾

「容疑者Xの献身(文藝春秋)東野圭吾」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「第6回本格ミステリ大賞、第134回直木賞受賞作品。物理学者湯川シリーズ第3弾です。数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリーです」



=2007年10月16日収集分=

*にゃんでも日記:「容疑者Xの献身」を読みました。
トリックはね、なんかズルいなぁ…って感じです(笑) やられた! って感じじゃなくて、ズルいな、という。
http://unako405.seesaa.net/article/60774644.html

*Barbara's SUNDAY PAPERS:容疑者Xの献身
「読み物」としては成立しており、異常とも思える主人公の愛の貫き方には、内心「ありえる」話と納得した
http://blogs.yahoo.co.jp/barbara0319/49321981.html

*楽しいキャンプと旅:容疑者Xの献身 著者 東野圭吾
久々に、引き込まれた。一気に読んだ。実に読みやすい。これはミステリーであり探偵小説でありそして純愛小説である。
http://blogs.yahoo.co.jp/gangan88jp/20820554.html

*maiのひとりごと。。。:容疑者Xの献身/東野圭吾
久々に、上質なミステリー小説を読んだ気がします。そのくらい、すごく面白かった!!
http://blogs.yahoo.co.jp/mai0231192006/36366344.html

*宇宙なハチミツ:容疑者Xの献身/東野圭吾
結局どうなってるんだ?って本読みながら考えるよりも読者に分からないように文章を散りばめるのは 圧倒的に難しい。本当にすごい。
http://blogs.yahoo.co.jp/whirlpoolxx/3222890.html

*流浪なかんじ:容疑者Xの献身 東野圭吾
こんな純愛があるとは・・・・あたしは涙が止まりませんでした。思い出すだけでポロポロいってしまいそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/rioreir/22714832.html

*日々福々:『 容疑者Xの献身 』
長編ということを感じることなく読めましたが、読み応えありの1冊です。
http://blogs.yahoo.co.jp/kumasya29_29/4749043.html

*知多半島に住むオヤジの戯言:容疑者Xの献身(東野圭吾)
ミステリーを読んでいて、種明かしの場面で鳥肌が立つほど圧巻な結末でした。これほどの衝撃は「秘密」以来かも。
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroto_yam/37671441.html

*風の向くまま・・:読書の秋 「容疑者Xの献身」
「ガリレオ」に出てくる福山雅治さん演じる天才物理学者湯川学が難事件を解決するシリーズの長編ミステリーです。
http://blogs.yahoo.co.jp/threesons_hi/37401149.html

*豆と子豆の育成観察日記:「ガリレオ」スタート
湯川学の登場する小説でお勧めなのが『容疑者Xの献身』です。切ないサスペンスものです。。。ストーリー展開もすごく良いです。
http://blogs.yahoo.co.jp/aragonn7/51496451.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年10月17日 22:03 | コメント (0)

 

探偵ガリレオ(文芸春秋)東野圭吾

「探偵ガリレオ(文芸春秋)東野圭吾」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「常識を超えた謎に天才科学者、帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。福山雅治主演でドラマ化されます」



=2007年8月29日収集分=

*ゆるゆる日記:探偵ガリレオ 東野圭吾
不思議なオカルトなものを題材にして、それを科学的に解明してたのにたいして、こちらはちょっと敷居が高いというか。
http://ameblo.jp/tonboasd/entry-10044608112.html

*てるみんのAfternoonTea:探偵ガリレオ
物理学者、湯川と警視庁捜査一課、草薙コンビのシリーズ第一作。短編集です。
http://blogs.yahoo.co.jp/terumin615/18824576.html

*わたしの記録。:探偵ガリレオ
久々に東野さんの作品。今回は短編集、非常にテンポよく読めました。湯川助教授のキャラクターは結構好きです。
http://blog.goo.ne.jp/riou0624/e/76ecf9b8452c1e566f264f247cf50add

*そんなのチャダ!!:バリブン
「探偵ガリレオ」読破!!お、面白い!!バリバリ文系な故、避けて通ってきた東野圭吾の湯川シリーズ。お、おもしろい。
http://ameblo.jp/dekagreen1000/entry-10044711188.html

*おこたでみかん:探偵ガリレオ
湯川助教授はもともとは佐野史郎さんをイメージして描かれたものらしい。解説で佐野さんご自身が語られていた。
http://okirakusousi.seesaa.net/article/52834206.html

*写真と本とその他に:探偵ガリレオ 東野圭吾
内容は自然発火現象や幽体離脱などのオカルトを現代ならではの機械式トリックを用いた味付けがなされています。
http://blog.livedoor.jp/marius2006/archives/64628018.html

*うなぎのうろこ:「探偵ガリレオ」
東野圭吾先生作『探偵ガリレオ』を読み始めました。まだ事件が始まったところなのですが、面白いです。
http://fine.ap.teacup.com/tonami/97.html

*カラリ、カラッ空:オバサンが読む『探偵ガリレオ』
原作を読んでみた。連作モノで、さらっと読みやすく、サイエンスを土台とした変わったトリックが目新しかった。
http://blog.so-net.ne.jp/translation/archive/c40384044

*ストレスと闘うOLのBlog:探偵ガリレオ
今度、ドラマ化すると聞いたので「探偵ガリレオ」を買って読んでみた・・・・
http://ameblo.jp/roselavender/entry-10045153135.html

*ゆちぽん本だらけ:探偵ガリレオ
収録されているのは、短編が五編。「燃える」は突然若者の頭が燃え上がった事件の謎に迫ります。
http://myhome.cururu.jp/yutipon/blog/article/51001469763

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月30日 08:14 | コメント (0)

 

夜明けの街で(角川書店)東野圭吾

「夜明けの街で(角川書店)東野圭吾」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気の直木賞作家、東野圭吾の最新作。不倫がテーマの新境地長編傑作ミステリーです」



=2007年7月1日収集分=

*新大久保バレーのブログ:グーグルは偉大だ
東野圭吾の「夜明けの街で」を読む。今日発売だったらしいが、一気に読み終わった。みんな不倫とかするなよ。
http://ookubovolley.blogspot.com/2007/06/blog-post_3978.html

*futaichi diary:くるくるっ、くるくるっ。
ついに「夜明けの街で」(東野圭吾)が入荷してました!もちろん買ってきました。ソフトカバーだ〜。読みやすそう。
http://futaichi.minority.jp/21_diary/archives/391.html

*冬来たりなば:夜明けの街で/東野圭吾
何かちょっと楽しみ。今「天空の蜂」を読んでいる最中ですが、先にこっちを読もうかな。
http://plaza.rakuten.co.jp/springcome/diary/200707010002/

*檸檬草紙:夜明けの街で 東野圭吾
東野圭吾氏自身が「明らかに今までにやったことがないことをやったんで」と言われている作品です。野生時代に連載していたんですね。
http://blog.goo.ne.jp/kimuramay_himawari/e/eda7cd3e69872c80016f004f3e51e664

*相棒好きの社長のブログ:夜明けの街で 東野圭吾
さて、さすが東野作品。読みやすさに関しては文句なし。東野作品で、読むのを挫折したって人はいないだろうな。
http://blog.livedoor.jp/sugishitaukyo/archives/50705418.html

*ちいさな。ほんやさん:新刊!夜明けの街で(東野圭吾)
東野圭吾さんの新作です!かなり期待しちゃいますね〜。内容は。。。
http://orange.s15.xrea.com/book/log/eid37.html

*千夜一夜:東野圭吾の新刊
『夜明けの街で』ってやつです。ちょっと読んでみたけどなかなかおもしろい。
http://blogs.yahoo.co.jp/dicksoncarr1977/11329968.html

*サイキックマニアの古今東西エンタメ日記:読書「夜明けの街で/東野圭吾」
東野圭吾さんの最新作です。東野さんお得意の、最後のどんでん返しは今回も冴えてます。
http://blogs.yahoo.co.jp/psychicmaniajp/13416853.html

*最近読んだ本についての、ひとり言:『夜明けの街で』
恋愛といっても、不倫です・・・。子持ちのサラリーマンが主人公ですが、勤務している会社に派遣で入社してきた女性と恋に落ちていく話です!!
http://blogs.yahoo.co.jp/masaaki3980/11307129.html

*MD:夜明けの街で
内容いいです 満足です 特に私的には・・・( ̄m ̄* )ムフッ♪ 既婚者の男性には特にいいと思いますw
http://blogs.yahoo.co.jp/xxmakoto_07xx/33837147.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月02日 08:47 | コメント (0)

 

幻夜(集英社)東野圭吾

「幻夜(集英社)東野圭吾」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「白夜行」の姉妹作といえる傑作長編小説。阪神淡路大震災の直後に出会った男女の息もつかせぬ傑作長編です」



=2007年6月26日収集分=

*アールエムエム:読書生活 幻夜
1995年の阪神・淡路大震災〜2000年1月1日までに実際にあった事件や話題等と共に物語は展開してきます
http://inthemood.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_8fad.html

*きろく:幻夜
実際に物が盗まれたり、襲われたり、そういうことがあっても不思議じゃないのだけど、全く想像もしていなかった自分の甘さに凹み。
http://ameblo.jp/awaawau-0/entry-10037715940.html

*FINAL FIDELITY:原野
幻夜、ページ数多すぎて読み疲れるこれが映画化だかドラマ化だかするのね。流石。東野圭吾三部作だからな。すげー
http://wonder-worker.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_a1ed.html

*えみの図書館:【幻夜】東野圭吾
だまされる側が「白夜行」よりも少し知恵のある人間だったので前作よりは私は好きでした。
http://plaza.rakuten.co.jp/amyemiamy/diary/200706250000/

*Web39 Blog:幻夜
で、勢いで一騎読み。なるほど、テンポもよく話の展開もも面白い。久々に充実したって感じです
http://web39.cocolog-nifty.com/doc/2007/06/post_1170.html

*らぼんの部屋:幻夜
最近は、幻夜をずっと読んでます。幻夜は、東野圭吾さんの本です。東野さんは好きで結構読んでるんです。
http://ameblo.jp/rabonn2001/entry-10037854985.html

*よこしまな読書&趣味日記:幻夜 -小説-
一日終了してしまいました。というのも、「そろそろ飽きそう…」というところで、「白夜行」に登場する悪女・雪穂とリンクするんですよ! 
http://plaza.rakuten.co.jp/washimaji/diary/200706260001/

*リーマン日記:幻夜
『幻夜』は白夜行のようなストーリーだが、やはり読みいってしまいます。読んでない方はお勧めです。
http://blog.livedoor.jp/madtak/archives/51007629.html

*Let's 介 Go !:重いのイヤ
で、泣く泣く持って行きました。しっかしこの本重い...779ページもありやがるっ、でも面白いぞ。
http://junglecity.exblog.jp/5974597

*素直に生きていこう☆:『幻夜』
私は小説読むのに数ヶ月かかったりするんですけど『白夜行』もこれもあっという間に読んじゃいましたし。
http://ameblo.jp/paseri-paseri/entry-10037912420.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月27日 07:38 | コメント (0)