book
 

家日和 (集英社)奥田英朗

「家日和 (集英社)奥田英朗」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マンなど、ちょっとした家族の光景の短編集。くすっと笑える一冊です」



=2007年4月28日収集分=

*Came noko T'wo shy!:家日和
奥田さんの本はユーモアがあって他の人と違った目線で今を見ていておもしろいです。
http://ameblo.jp/hone69jp/entry-10031588477.html

*よ〜じん@1号室:『家日和』 奥田英朗
私はこ幾つかある作品の中で「ここが青山」の話が、一番読んで心に響くものがありました。
http://yo-jin.cocolog-nifty.com/room_no1/2007/04/post_e562.html

*本映画 マンガ酒服 そんな日々:家日和
何てことは無いドラマティックでも無いそんな設定をクスッとした笑いに変えるこの人独特の文体はもう落語かサザエさんかと思ってしまう安定感。
http://serndipity.exblog.jp/5218063

*Chobi's Garden:奥田英朗「家日和(いえびより)」
先日ご紹介した本ですが、くすくす笑いながら、一気に読んでしまいました。
http://chobisgarden.blog60.fc2.com/blog-entry-914.html

*life is journey.:「家日和」奥田英朗/著
短編集で、奥田さんの毒っ気も少し薄くて、読みやすかったですよ。
http://plaza.rakuten.co.jp/journy/diary/200704270000/

*柚子すき毎日:「家日和」
そうなんです、この「家日和」に描かれてるドラマってもしかしたら自分もそうしてしまうかもって思っちゃう話ばかり。
http://musagoro.jugem.jp/?eid=420

*道草読書のススメ:『家日和』奥田英朗
お、おもしろかったぁ!! "家庭"をテーマにした全部で6編からなる短編集なのですが、 もう読み終わるのがもったいないっと感じるくらい。
http://rutile555.blog85.fc2.com/blog-entry-119.html

*気ままにブックサーフィン:たまにはいいよ  「在宅」小説・家日和
その奥田英朗の最新作は「いい人は家にいる」と帯でも謳われていつように夫婦の心の機微を描いた在宅小説。
http://grantgreen.jugem.jp/?eid=69

*好奇心満載あれこれ情報局:奥田英朗さんの短編小説「家日和」・・・
これまで、『家族』小説というのは腐るほど世に出てきたけれども、しかし『在宅』小説というのは斬新で今までなかったのでは。
http://blogs.yahoo.co.jp/ningyouyadazo/31527669.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:小説:奥田英朗 | 投稿者 xbheadjp : 2007年04月29日 13:31 | コメント (0)

 

林住期(幻冬舎)五木寛之

「林住期(幻冬舎)五木寛之」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「古代インドのバラモン教の思想にある『林住期』現代人の黄金時代をどう生きるかを教えてくれる一冊になりますね」



=2007年4月27日収集分=

*粉紅珠の宝箱♪:本日購入したBOOKS
これも知り合いがほしがった本。私も読んでおいたほうがいいかな、将来のタメに早すぎることはないだろう。
http://plaza.rakuten.co.jp/pigpigpretty/diary/200704210001/

*茶のみ話:林住期
五木寛之の林住期を読みました。長沼町の図書館は本当に素晴らしい!今、話題の本がすぐ読めるのです。
http://blog.livedoor.jp/atsuko77575/archives/51128115.html

*月は半月:「林住期」
発売時に読んだ。私のばあい、もとの仕事を辞めてしまって50からまったく違うことをはじめたし
http://halfmoonlight.at.webry.info/200704/article_3.html

*トナカイの独り言:“林住期” by 五木寛之
そんな思い出の深い五木さんの作品を、数十年ぶりに読みました。タイトルは“林住期”。
http://ameblo.jp/tonakai-no-hitorigoto/entry-10031028358.html

*思いつくまま・・・:夫婦のありかた
今、五木寛之の『林住期』という本を読んでいます。『女も旅立ち、男も旅立つ林住期』という見出しに惹かれて。
http://ponderosa.at.webry.info/200704/article_4.html

*ピノキオB/Sのブログ:今はまってます
これから、過ごす夫婦二人の人生を考えるのとてもいい機会だったように思います。自分の新しい第二の人生を見つけられそうです。
http://pinokio-bs.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_e0dd.html

*唐澤塾:林住期
五木寛之著「林住期」が良いとの評判を聞いて、早速買って読んでみた。評判に違わず良い本だと思う。
http://karasawajuku.blog10.fc2.com/blog-entry-583.html

*うさこ日記〜脱・さびしんぼな日々:林住期
仕事柄50代以上の知り合いは大勢居るし、そんな周りの人とも照らし合わせながら結構集中して読めた。
http://blog.goo.ne.jp/usako9292/e/b0ed5bb0ae538d9410baa8c93822b749

*tagの言いっぱなしジャーマン日記:フォレスター?
まさに団塊世代にドンピシャの企画であり、この世代が読んで指針としたりそれなりに納得したりできる内容になっている。
http://d.hatena.ne.jp/tag2005/20070426/1177523523

*尾瀬の麓の農家のおやじ:林住期
林住期とは古代インドの人が使った人生の分け方で、日本では青春、朱夏、白秋、玄冬という言い方をしている。
http://ringotei.seesaa.net/article/37073724.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:実用書 | 投稿者 xbheadjp : 2007年04月28日 10:31 | コメント (0)

 

心の鍵(角川春樹事務所)めぐみ

「心の鍵(角川春樹事務所)めぐみ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「ケータイ小説サイト「魔法のiらんど」で大反響があった作品です。リアルな恋愛小説で、若い女性を中心にブームが起こっています」



=2007年4月27日収集分=

*skyblue:心の鍵
けっこういいはなしでした。著者さんの気持ちがよぉく伝わってきて共感できることもたくさんありましたよ♪
http://myhome.cururu.jp/happyclover5322/blog/article/31001073723

*りン仔 さんのブログ:今日の‘
みなサンゎ【心の鍵】って言ゥけィたィ小説知ってます−ッ友達に借りて今読んでる途罎覆鵑任好ド⌒*。
http://myhome.cururu.jp/swwet_lovelove/blog/article/91001072446

*メイドさんの日常:心の鍵
そして昨日読んだのが心の鍵って小説。主人公の彼氏でドメスティクバイオレンスを続けてしまぅ、カレのタクヤ。
http://meidosan.blog3.petitmall.jp/blog-entry-77.html

*さとのブログ:心の鍵
心の鍵ッ★めッちヤ感動((´∀`*))恋空以来v絶対見て損無しッ♪
http://blogs.yahoo.co.jp/piya_sato0528/4313480.html

*FRAISE:心の鍵。。
携帯小説の心の鍵を読みましたぁ(>_<。)/*前編を読み終えた後、周りを気にせずに、涙がポロポロと。。流れてきました。。
http://yaplog.jp/fraise5296/archive/207

*My little…:心の鍵
これも携帯小説なんだけどね……なんかね似てた。職業とか過去の恋愛が…とかぢゃなくて、この人の考え方とか行動の仕方とかすごぉくかぶった。
http://blog.livedoor.jp/r_toe_/archives/53979501.html

*today's☆まろん:心の鍵
『心の鍵』読まれた方いるかな 昨日時間がたっぷりのまろん絖膂豕い貌匹澆泙靴
http://ameblo.jp/01210121/entry-10031918269.html

*ERIのブログ:心の鍵
めちぁィィ話ナニ”ぁてぜひぜひ読んでみてェ(-∀-)きぁはゃぁぱヶタィ小説ってィィйё{藁
http://blogs.yahoo.co.jp/rainbow_eri0309/4430273.html

*四つ葉のクローバー:心の鍵
その時に目にとまった本があり、その本を買った。「心の鍵 めぐみ」携帯の魔法のiらんどから生まれた小説の一つ。
http://plaza.rakuten.co.jp/fourleafclover1/diary/200704160000/

*BLEACH&YUI LOVE:心の鍵
心の鍵。読み終わっちゃったよ。昨日の夜。次は、恋空かオー。明日買う。
http://plaza.rakuten.co.jp/pinkboni/diary/200704230002/

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:携帯小説 | 投稿者 xbheadjp : 2007年04月28日 10:28 | コメント (0)

 

鹿男あをによし (幻冬舎)万城目学

「鹿男あをによし (幻冬舎)万城目学」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「「鴨川ホルモー」でデビューした万城目学の第二作目。奈良が舞台の奇想天外なユーモアたっぷりの話です」



=2007年4月22日収集分=

*ポケットにミステリを:鹿男あをによし
『鴨川ホルモー』で大注目の万城目学氏の第2作が登場。書店で見つけて即買い、即読みである。
http://blogs.yahoo.co.jp/sae1255/46328127.html

*EP:「鹿男あをによし」万城目学(幻冬舎)
現代の奈良を舞台にした歴史ファンタジーというところなんだが、どうもやはりセリフでの説明が多いのが気にかかります。
http://blog.goo.ne.jp/cnoji/e/af91d06c0d63920c6ecde5d39b3d3dfc

*機械之心:『鹿男あをによし』
ライトノベルの分類でいくと学園ファンタジーだろうか。主人公が二十八歳なので、ラノベのルールからは外れる
http://kikainokokoro.blog87.fc2.com/blog-entry-100.html

*たんぽぽのほほん日記:『鹿男あをによし』
「鹿男あをによし」を読了しました。「鴨川ホルモー」のね。やー、面白かった。大好きです。はずさないよなあ。
http://tanpopo8.blog.ocn.ne.jp/puppy/2007/04/post_12ab.html

*ももねこ図書館:『鹿男あをによし』  万城目 学
明らかに国の一大事なんですけど、ユーモアあふれる文章でさくさく読めました。マイシカ乗りたいなー!
http://yaplog.jp/momo_cat/archive/102

*微小重力日記:鹿男あをによし(著:万城目学)
奈良を舞台に展開していく、ちょっとおかしくてユーモア溢れるストーリーは面白いです。私もオススメ
http://plaza.rakuten.co.jp/tennis122/diary/200704210000/

*誇り高き遊び人魂:今度は奈良が舞台!
「鹿男あをによし」 読んでみて・・・「やっぱりマキメは並の天才じゃない」この言葉に偽りなし!ってことでしょう。
http://plaza.rakuten.co.jp/kay0707snow/diary/200704210000/

*ラオの徒然日記:鹿男あをによし
「さぁ、神無月だ──出番だよ、先生」帯に書かれていたこの台詞!?否が応でも期待させられます。
http://rain0002.blog.drecom.jp/archive/116

*kayokorin日記:『鹿男あをによし』 万城目学
スケールの大きさと ものごとの深さと軽薄さが他の誰にも真似できない調合具合でミックスされている。
http://plaza.rakuten.co.jp/kayokorin/diary/200704220000/

*3blog:またまた
とてつもなく切ない理由で奈良の女子高の教員になった大学院生が「ある事」を静めるモノを奈良に届ける「運び番」になったことから始まる物語。
http://blog.goo.ne.jp/3blog/e/d4ca0d0d305e3932222f8c866e1aa3c8

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:小説:万城目学 | 投稿者 xbheadjp : 2007年04月23日 08:03 | コメント (0)

 

女性の品格(PHP研究所)坂東眞理子

「女性の品格(PHP研究所)坂東眞理子」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「昭和女子大学副学長・坂東眞理子さんの著作です。女性が進出していく時代だからこそ、大切なものは何か・・ということに気が付くことが出来る一冊になりそうです」



=2007年4月21日収集分=

*いにのしゃべり場&いいもんあるかな?:まだまだですなぁ〜〜
これまで私が生きてきた人生なんか恥ずかしくてもう一回勉強しなおさなきゃと思わせた1冊になりました。
http://impul-ini-d.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_0b31.html

*シニアのハッピー探し〜アジアン市場:女性の品格
女性だけでなく、男性も心に留めて欲しいことが書いてあります。何度でも読んで襟を正したいと思いました。
http://plaza.rakuten.co.jp/hoppy77/diary/200704190000/

*cotw - the catcher on the wave:[本] 「女性の品格」坂東 眞理子
日本人女性としてどのように品の良い生き方をするべきかということが具体例をふんだんに示し書かれている
http://d.hatena.ne.jp/franny_cotw/20070420#p2

*うたつばのおかっぱ日記:最近読んだ本
タイトル通り、凛とした品格ある女性になるためには、どうすれば良いか、仕事・生活・人付き合い等様々な場合について、書いていました。
http://plaza.rakuten.co.jp/maymay531/diary/200704190000/

*笑顔でいたいよね☆:読み終わりまして
女性として人としてのあり方について、改めて考えられる本。今の自分はどうかな・・大丈夫かな・・って。
http://ameblo.jp/tengoku-roop/entry-10031292421.html

*As Oneself * Gifted Life:[BOOKS]
古くて新しい話題かもしれません・・・。外見は女性なのに、何かが違う・・・という場合、この辺が関係ありそう。
http://blog.so-net.ne.jp/going-happy/2007-04-13-1

*あたしの恋愛論:女性の品格
最近女性の間で人気の本、女性の品格ってやつ☆あたしはどうも納得のいかない内容だ…
http://ameblo.jp/katagiritomoyo/entry-10031031801.html

*なりたい自分への道〜キャリア・コンサルタントのブログ:『女性の品格』
昨年来、「品格」という語は一つの流行で、この方がこういう本を書かれたと知って、はじめは少し意外な気がしました。
http://ameblo.jp/akikofurukawa/entry-10031049503.html

*It's my life.:女性の品格 坂東眞理子
どれも何かで聞いた・・・読んだ・・・的な内容が中心でしたがじゃあ、それ出来てる?と聞かれると答えはNO!です(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/bunatako/3639188.html

*365歩のマーチ(2):女性の品格
女性の品格というよりは、男女関係なく品格のある生き方 ってことかもしれない。
http://blog.goo.ne.jp/daiousama2006/e/dc725b02a2085e0015860d092bcd3618

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:実用書 | 投稿者 xbheadjp : 2007年04月22日 07:27 | コメント (0)

 

一瞬の風になれ(講談社)佐藤多佳子

「一瞬の風になれ(講談社)佐藤多佳子」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「2007年本屋大賞、第28回吉川英治文学新人賞をW受賞した作品です。高校の陸上部を舞台にした青春スポーツ小説です」



=2007年4月19日収集分=

*きままに、、。:一瞬の風になれ
ホントに面白かった。競技も立場も性格も登場人物とは多分違うんだけど、何故か凄く共感する。
http://ameblo.jp/sawatarino1/entry-10031100901.html

*いろいろ:一瞬の風になれ
面白かったぁ。自分もこういう仲間に囲まれて過ごした高校時代を思い出しました。明日からのパワーが出る本です。
http://ameblo.jp/latinos69/entry-10031123277.html

*おにぎり太郎のひとり言:一瞬の風になれ
心の中の描写が多いが、高校時代、自分はどんなことを胸に思いながら過ごしていたんだろう??なんて考えながら読んでいた。
http://onigiri0505.mo-blog.jp/onigiri/2007/04/post_0d75.html

*流山のマラソン侍残念!日記:電車の中の読書
何か感動とかもしちゃってさ〜。初めて本読んで泣きそうになったよ。電車の中で本を片手に泣く会社員ってどうですか???
http://budaispiritrunmaki.blog9.fc2.com/blog-entry-513.html

*40代ど真ん中 今が青春、文句ある?:一瞬の風になれ 2
いやぁ、おもしろいっ!ぐいぐいと引き込まれるのはあいかわらず。しかも加速してます(笑)
http://ameblo.jp/sanaen/entry-10031164054.html

*The Perfect Storm:一瞬の風になれ
通勤途中で何度も胸が熱くなり、涙しそうになったこと数知れず。なんとも爽快な読後感。
http://ryuu73.blog79.fc2.com/blog-entry-90.html

*明日に向かって:お久しぶりです。
最近、本を読むのが趣味で。「一瞬の風になれ」っていう本なんですけど。泣けますよ。自分も同感できるところが多々ありまして。
http://yaplog.jp/w07k19/archive/19

*空のいろ 日常メモ:『一瞬の風になれ 3』 佐藤多佳子著
こんなわくわくする作品を書いてくださってありがとうございますの一言。
http://toukotouko.blog20.fc2.com/blog-entry-401.html

*ちーむ拳骨供Д好廛螢鵐拭歔霪
今年の本屋大賞「一瞬の風になれ」読了。3巻の途中から涙がどんどんどんどん・・・本読んでこんなに胸が熱くなったのは初めて
http://blogs.yahoo.co.jp/fatherwoo/46334751.html

*明典順の、ふわふわ日記:一瞬の風になれ 1
リレー競技に出場する、天才と秀才、それを取り巻く部員達の物語に、思い出と憧れを感じながら、気分よく読めました。
http://blog.livedoor.jp/anojun/archives/50865269.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:小説:佐藤多佳子 | 投稿者 xbheadjp : 2007年04月20日 07:45 | コメント (0)

 

鈍感力(集英社)渡辺淳一

「鈍感力(集英社)渡辺淳一」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「小泉前首相によって有名になったベストセラーです。エピソードを交えながら、分かりやすく書かれているので、年齢を問わず納得できる本ですね」



=2007年4月18日収集分=

*扉を開けよう♪:「鈍感力」読みました。
普段感じていたようなことを、わかりやすく例を出して言葉で簡潔に説明されていてなるほど!と思いました。
http://plaza.rakuten.co.jp/ynatural/diary/200704170001/

*日々のいろいろ日記:鈍感力
小泉前首相で有名になったこの本。以前から、自分はかなり鈍感ではと思っていたのですが、この本を読み、確信を深めました。
http://plaza.rakuten.co.jp/makeawish777/diary/200704180000/

*楽園の住人:鈍感力
この本『鈍感力』は実感として伝わってくるリアリティを与えてくれました
http://dontworry.cocolog-nifty.com/rakuen/2007/04/post_4a65.html

*k’s Diary:「鈍感力」
特になんということもなく読み終わりましたがなかなか私の性格からいって、難しい「鈍感力」ではあります
http://blog.livedoor.jp/sagittarius93/archives/50947199.html

*パンチぱんだの日記:鈍感力!
今お気に入りの本です…。人生病気にならず、楽しく生きるには、鈍感力が必要!
http://ppwwdd77.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_8fdc.html

*いい富山〜E_TOYAMA:鈍感力〜渡辺淳一著
ベストセラー本は避けて通る派なのだが、つい買ってしまった「鈍感力」。基本は鈍感な方が成功しやすいという内容だ。
http://sinewave.cocolog-nifty.com/toyama/2007/04/post_eca1.html

*鈍感力:鈍感力・その内容
渡辺氏の『鈍感力』は17の章から構成されています。各章でそれぞれ「なるほど〜」と思わされるエピソードが出てきます。
http://donkanryoku.sblo.jp/article/3765224.html

*今日も天気:「鈍感力」
「鈍感力」を読んだ。「鈍感力」がいかに素晴らしいかが書いてある。だけ。鈍感力なんて、ほとんど持って生まれたものじゃない。
http://blog.so-net.ne.jp/hiiragi1215/2007-04-18

*くーちゃんままの生活とオシゴト:鈍感力
今回は、小説じゃい エッセイ?コラム? 分類がわかりませんが、やっぱり 読みやすい。気づかされることも たくさんあり・・・・
http://ku-chanmamanomado.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_4a65.html

*カモミールフレーバーの中で:鈍感力 渡辺淳一
読まないわけがないです。(笑)はい。そうして、鈍感って素晴らしいよね〜と自分で納得して気分良くなるわけです。(笑)
http://chamomile.momolemon.com/?eid=413849

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

カテゴリー:実用書 | 投稿者 xbheadjp : 2007年04月19日 08:12 | コメント (0)