book
 

重力ピエロ(新潮社)伊坂幸太郎

「重力ピエロ(新潮社)伊坂幸太郎」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「伊坂幸太郎の代表作とも言われている新感覚青春ミステリー。放火と落書きと遺伝子のルールがキーワードの兄弟の物語です」



=2007年7月30日収集分=

*アルターフロウ:重力ピエロ
たんたんとした文調で続いていき、さらりと読み進められます。感情移入することなく、客観的に物事を把握していく感じです。
http://myhome.cururu.jp/artism/blog/article/71001361790

*♪No MuSic No LiFe♪:伊坂幸太郎
最初が【重力ピエロ】、これは超正解。大好き。前にもあったけど、この本もやっぱ読むタイミングがよかったみたぃ。
http://plaza.rakuten.co.jp/maro7CherryTree/diary/200707260000/

*青くて小さな世界の果てに:[ 重力ピエロ ]
でもそれが嫌じゃないのだよ。 一つにはやっぱ語り口。 嫌味がなくて最高に読みやすい。
http://silkydolce.blog106.fc2.com/blog-entry-97.html

*33 1/3rpm.Blog:重力ピエロ
登場人物の言葉のひとつひとつが、とても印象に残った作品。 これまたお気に入りの作品のひとつになりました。
http://3313rpm.blog4.fc2.com/blog-entry-380.html

*本を読んだよ!奏ブログ:読書感想文〜重力ピエロ  伊坂 幸太郎〜
いろんなブログで愛されている伊坂作品ですが、私は絶対この「重力ピエロ」から読むぞ!って決めてたんですが、大正解でした。
http://ameblo.jp/lala777/entry-10041335065.html

*melt:重力ピエロ
そして面白かった。やっぱ面白いなあ、この人のお話は。何でこんなに話のリズムが気持いい軽さなんだろう。
http://37ppe.jugem.jp/?eid=92

*でこポンじゅ-す:重力ピエロ
重力ピエロ岡田君主演で映画化するってうわさがあるね…主人公の春はかなり美形な役らしくて
http://ameblo.jp/decopon-juice/entry-10041391769.html

*オルテガ、マッシュ!メタボリックアタックを仕掛けるぞ!:重力ピエロ
村上春樹を彷彿させるスタイリッシュな会話がキモなんだろうと思います。内容は・・・な感じ。可も無く不可もなくといったところ。
http://blog.goo.ne.jp/y3k_brickell/e/72bd1ea3cd7765431f87b3a9c92a9018

*彼是日記:「死神の精度」「重力ピエロ」伊坂幸太郎
アヒルと鴨もそうだったけど、殺人とか強姦魔とか字面が暴力的な割には、ホロリとさせられるんだなぁ。この矛盾がいいのかも、この人
http://kalblog.blog50.fc2.com/blog-entry-293.html

*B-bombs:更新とか日常:ハマった…。
………さっすが、お勧めなだけある!! 兄弟のお互い好きっぷりに参った。
http://bbombsmemo.blog52.fc2.com/blog-entry-219.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年07月31日 10:41 | コメント (0)

 

グラスホッパー(角川書店)伊坂幸太郎

「グラスホッパー(角川書店)伊坂幸太郎」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「直木賞候補になった伊坂幸太郎の新作。復讐。功名心。過去の清算。ハードボイルドな殺し屋3人の物語です」



=2007年6月28日収集分=

*オリーブの牧杖(セプトル) :グラスホッパー
ここ最近、伊坂幸太郎の作品を4冊読んだが、この『グラスホッパー』が断然おもしろかった。
http://d.hatena.ne.jp/yodaka/20070626/1182854975

*ヒマ人じゃないよ:グラスホッパー
3人の主人公の視点でそれぞれ物語が語られ、そして交錯するときクライマックスを迎える。先が読めない展開で、一気に読み進めました
http://unneet.exblog.jp/5715293

*LIFE GOES ON:伊坂幸太郎「グラスホッパー」
「グラスホッパー」、まだ40ページしか読んでないのだが、これが凄く面白い。冒頭からもう一気に引き込まれてしまうのが分かる。
http://ishiken79.blogspot.com/2007/06/blog-post_27.html

*no title:グラスホッパー/伊坂幸太郎
今まで刊行された文庫の中で始めてハードボイルド。やっぱり伏線とミステリーが随所に盛り込まれて、最後までハラハラドキドキ。
http://kitune20.spaces.live.com/Blog/cns!A21AB67BBC98B121!221.entry

*本トノコト。:「グラスホッパー」伊坂 幸太郎
主人公が3人、それぞれのストーリーが交差しながら進んで行き、展開としてはおもしろいのですが…。
http://miumiuxx.jugem.jp/?eid=285

*New Destination Anywhere読書日記:『グラスホッパー』伊坂幸太郎(著)
時間をときどき巻き戻しながらいつしか1つに重なる、というのは伊坂作品の王道的展開か。
http://blog.pinballwizard.jp/2007/06/_200701.html

*私的ファイル deltazulu 記録再開:[伊坂幸太郎] グラスホッパー
爽快感を覚えるほどの収束。これぞ伊坂作品!
http://d.hatena.ne.jp/deltazulu/20070627/1182949779

*暴走本棚:グラスホッパー 他
あまりに軽い筆致で世の中の黒い部分や、あまりにも沢山の死が描かれ、そしてカタルシスはほとんどないので、読んでいてちょっとツラかった
http://bousou.hontsuna.net/article/1892281.html

*ミステリー好きの喫茶店:伊坂幸太郎「グラスホッパー」
文庫本が発売されました♪これは面白かった!! 伊坂幸太郎作品の中では、「オーデュボンの祈り」に次いで2位にランクイン。
http://plaza.rakuten.co.jp/chobitoku/diary/200706230000/

*MGS BOX:やるしかないじゃない
グラスホッパー(伊坂幸太郎)を読み終えました。これで文庫本になっている伊坂作品は一通り読んだことになりますね。はい。
http://mgsbox.exblog.jp/7031038

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月29日 08:33 | コメント (0)

 

チルドレン(講談社)伊坂幸太郎

「チルドレン(講談社)伊坂幸太郎」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「映画化もされた伊坂幸太郎の名作「チルドレン」が、待望の文庫化しました。ファニーな「五つの奇跡」の物語が、普段小説を読まない方たちまで引き込んでいるようです」



=2007年5月18日収集分=

*Syo Roomの読書日記などなど:てな感じで、なかなか面白いじゃ・・・
吉川英治文学新人賞作家、会心の受賞第1作!短編集のふりをした長編小説です。帯のどこかに“短編集”とあっても信じないでください。
http://blogs.yahoo.co.jp/syomatsu1961/48560061.html

*まるまるみかんDairy:チルドレン
この本のカバーにかいてあるように、活字離れしていた私を、一気に活字の世界へ引き戻した作家さん。
http://ameblo.jp/marumarumikan/entry-10033998714.html

*hana-uta:ファンタジーで結構
表題作の「チルドレン」も良かったけど、「チルドレン供廚何より一番好き。 話の結末には、電車の中なのに泣いてしまいました。
http://hanauta087.blog78.fc2.com/blog-entry-216.html

*袋小路の脱出口:愛の持続時間
『チルドレン』(伊坂幸太郎)人にあげるつもりなのに、帰りの電車の中でうっかり読みふけってました。これも好きな話ですv
http://myhome.cururu.jp/sasasa_tatata/blog/article/31001145103

*隣人のひとり言:チルドレン文庫化
なにより 格好いい大人が沢山登場することです。格好よく生きる、それには 素直が一番なんじゃないだろうか最近の僕は 強くそう思います。
http://quasiworld.exblog.jp/5606868

*のほほん主婦の日々:(読書)『チルドレンン』<伊坂幸太郎>
コミカルな作品で強烈な個性を持つキャラクター陣内の行動に思わず笑ってしまった。中味としては、軽いので読みやすいが…。
http://blogs.yahoo.co.jp/tomozoukuma/32804584.html

*☆カラフルなハーモニー☆:◇チルドレン/伊坂幸太郎◇
爽快でかなり好きな本!陣内の名言、名ハプニングいっぱいで、読み出しから陣内にハマりまくりです♪
http://blogs.yahoo.co.jp/p_o_flower/49384822.html

*本の虫の受験記録 叩け楽園の扉:チルドレン 伊坂幸太郎 ………+α
た、待望の文庫化!買っちゃいましたよ。でもって、読んじゃいましたよ。短編連作です。
http://blogs.yahoo.co.jp/bluesapphire_al2o3/19881585.html

*夢でみた夢:『チルドレン』 (伊坂 幸太郎)
この陣内がもの凄くマイペース。私には出来なそうなことをしてくれるのでちょっと気持ち良い。
http://blogs.yahoo.co.jp/nikichi_hakutaku/19912501.html

*チャッピィの困惑日記:読了その72
コレは贔屓なしで面白い(´∀`)個人の好みもあるけど時間軸の使い方や随所に散りばめられた伏線など伊坂ワールド全開って感じ
http://blog.livedoor.jp/muramura1976/archives/54298151.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月19日 08:16 | コメント (0)