book
 

オトナの片思い(角川春樹事務所)石田衣良、栗田有起、伊藤たかみ、山田あかね、他

「オトナの片思い(角川春樹事務所)石田衣良、栗田有起、伊藤たかみ、山田あかね、他」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「いまをときめく石田衣良、栗田有起など男女11人の実力派作家たちが紡ぎだす恋愛アンソロジー。しっとりとした大人の恋が楽しめます」



=2007年9月28日収集分=

*早く人に迷惑をあんまりかけないようになりたい:天然パーマに悪い・・・
オトナの片思いをテーマに、石田衣良さん、角田光代さん等が描いたアンソロジー。生意気を言わせてもらうと、一作品の長さが中途半端で、描ききれてない感じ
http://nyorin.blog15.fc2.com/blog-entry-160.html

*COULEUR CAFE:オトナの片思い
帯の。「誰かに恋したら、次にどうすればよかったんだっけ---。」というコピーに。ついつい。手が伸びてしまった訳ですの。
http://blogs.yahoo.co.jp/ninasminas/24356441.html

*たっちょんの日記:オトナの片思い(石田 衣良他)
短編が読みやすいから、作家はあまり多くは好きな人がいないけど読んでみた。うーん。いまいち。
http://plaza.rakuten.co.jp/sanahika/diary/200709140000/

*うなくるの読書日記:読み終わりました『オトナの片思い』
どれもそこそこ面白くて、いいアンソロジーだった。初めて知った山田あかねと大崎知仁は、一勝一敗。
http://plaza.rakuten.co.jp/yodamu23/diary/200709190001/

*極楽夜会:「オトナの片思い」
そのせいか既婚者への片思いやずっと年下の男の子への興味やちょっとした関心・・・という感じの物語が多かったような気がしました。
http://blog.so-net.ne.jp/ramblefish/2007-09-17-2

*本コレ。:『オトナの片思い』恋愛アンソロジー
この作品は「オトナの恋愛」なだけにビターで、時の流れがゆるやか。とても味わい深いものだと感じました。
http://plaza.rakuten.co.jp/santanoblog/diary/200709190000/

*気分屋:誤植の一冊。
それぞれの作品のコメントを残しておきたいと思う一方、そんなにインパクトがあるような作品がなく…。
http://tapiocapuddings.blog27.fc2.com/blog-entry-572.html

*☆FAIRWAY☆:お腹いっぱい。
オムニバスの短編なので、サクサク読める。どれも終わり方に含みをもたせていて、このまま長編小説にもできそう。
http://naniiro.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_a7c0.html

*☆死ぬまで生きたい☆:「オトナの片思い」
これは、題名に惹かれ、借りてきた。11人の作家の 短編集。コレは 最後に収録されていて、読んだとき 「あぁ、こんな恋なんだ」と。
http://blogs.yahoo.co.jp/kazeninare_natu/24390735.html

*もぐもぐチワワ:オトナ の 片思い
11人の作家による短編集。『オトナの片思い』(角川春樹事務所)石田衣良、角田光代はお約束ですが。しっとりと秋に読むのにいいかも。
http://mog2.jp/archives/2007/09/post_422.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月29日 00:54 | コメント (0)

 

反自殺クラブ(文藝春秋)石田衣良

「反自殺クラブ(文藝春秋)石田衣良」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「大人気の池袋ウエストゲートパークシリーズの第5弾。続発する集団自殺、集団レイプ事件など現代が抱える問題を切り取る新世代青春ミステリーです」



=2007年9月27日収集分=

*映画みてる?:反自殺クラブ IWGP
面白かったやっぱ、誠、いいなぁ『スカウトマンズ・ブルース』と『死に至る玩具』が特に好き。
http://ameblo.jp/pontamomo/entry-10048570685.html

*(書評ではない):石田衣良「反自殺クラブ」文春文庫
毎度毎度色んな人間にスカウトされてるマコトの魅力というものが、どんどん見えにくくなってるのはどうしたことか
http://books.opium.velvet.jp/?eid=342673

*きらら:「反自殺クラブ」 石田衣良著
一時連鎖的に起こった、見知らぬ人たちが練炭などで自殺するニュースが元だと思うのですが・・・
http://plaza.rakuten.co.jp/pinkyrabbit/diary/200709260000/

*0地点:反自殺クラブ
池袋で起こる事件を何でも屋!?のマコトが解決します。一応、シリーズものですが、短編集なので、とても読みやすいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/researcher_ha/20909149.html

*いな☆たまのラヴィなブログ:池袋ウエストゲートパークV反自殺クラブ・・・
サイトを介した集団自殺とか。もしかしたら現実にこんなことが起こっているのかもと思えたりします。けどマコトみたいな人はいないだろうなぁ。
http://blogs.yahoo.co.jp/inatama74/49528705.html

*「存在」:反自殺クラブを読んだ。
書店で見つけた時は即効でレジ行きましたよ。相変わらず、マコトとキングにホレボレです。
http://blogs.yahoo.co.jp/rock_of_the_life/49670505.html

*Selfish:反自殺クラブ 石田 衣良
相変わらずのスピーディーな展開と軽快なテンポで疾走感があるのですが取り扱っている内容は意外と社会派なのです。
http://blogs.yahoo.co.jp/mit_0320/52248208.html

*つれづれ雑記:「反自殺クラブ」読了
「反自殺クラブ」では、初めて多くの集団自殺サイトがあることを知りました。結構ニュースになったりしますけど、そんなに多いとは
http://tsuredurezakki.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_ce4f.html

*黒夜行:反自殺クラブ(石田衣良)
「反自殺クラブ」が一番よかったかなと思います。最後のオチもなかなかよかったと思うし、途中の展開もなるほどって感じです
http://blogs.dion.ne.jp/white_night/archives/6241694.html

*モズク二世:反自殺クラブ
まあ、現実と切り離しても問題なく読めるし、そのほうがむしろ、おもしろいかもしれません
http://blog.livedoor.jp/mozuku1969/archives/64813625.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月28日 00:00 | コメント (0)

 

リバース(中央公論新社)石田衣良

「リバース(中央公論新社)石田衣良」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「石田衣良初のネット小説。自分の性別を偽っていたメール交換で始まった新しい恋のかたちを綴った1冊です」



=2007年9月7日収集分=

*Hard to say I'm sorry:読んだ本の感想でも…
「REVERSE」読み終わりました(''ラストは作者もどう締めくくろうか苦心したと思いますねでも、少し考えすぎたのかもしれませんね(''
http://blog.goo.ne.jp/cleaf_blue/e/1823b3455520562256bd17f91419ee84

*SとMの日々ぐうたら:リバース
スタイリッシュでコミカルな恋愛小説。まだ読み始めて5ページほどですが、、、まぁちょっと読んでみようか。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/milkborn/50825386.html

*ママのスピリチュアル趣味ライフ:石田衣良さまのネット小説・・・
あこがれの石田衣良さまのネット小説を一気読みしました。「REVERSE」リバース です。
http://plaza.rakuten.co.jp/40diary/diary/200709050001/

*ウクライナの矢→Andriy Shevchenko:リバース
まぁ〜、性別をだましている男女の悩みやオカマ、オナベと悩んでいる部分も客観的に見ていて面白いです(^_^)/
http://plaza.rakuten.co.jp/AShev/diary/200709070000/

*一歩ずつ、少しずつ:恋する相手の気持ちをこっそり知りたい?
相手の好みはどんなかな、第3者になりすまして見事にハッピーエンド。読んでる私も2回分一緒に恋してました
http://blogs.yahoo.co.jp/stillsumire/15799117.html

*じゅんきちのりこれくと:古くて新しい、そんな小説でした〜石田衣良・・・
短編の中でラブストーリーはあっても1冊マルマルは久しぶりな気がします 言葉の運び方、話の展開いいですねぇ
http://blogs.yahoo.co.jp/rosso610/19209176.html

*ENCOUNTER:最近は・・・・
石田衣良の『リバース』は ちょっと期待外だったかな。流行りモノに手をつけた感が^^;
http://blogs.yahoo.co.jp/encounter_grand_blue/16042240.html

*つれづれ戯言:REVERSE
内容はネットの世界で男女を偽っていた2人の心の交流を描いたもので、石田衣良らしいさわやかなお話でした。
http://orionblue.txt-nifty.com/blue/2007/09/reverse.html

*まいぴーす。:恋のスタートのエネルギー
あっという間に1日で読破。石田衣良サンの恋愛小説はなんだかすごくリアルで、共感できる節とかがすごく多くって。
http://blog.livedoor.jp/mai0982/archives/64675715.html

*よし、きなこ!:きniなruこ~No.3~
石田衣良サンのお話には謎めいた雰囲気が感じられるヶぇすごい好き かといって難しいモノでもないヶぇいいょね
http://blog.goo.ne.jp/forgetnot/e/b1fc6845fe767bbc50bf2e1164f8d56d

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年09月08日 09:13 | コメント (0)

 

1ポンドの悲しみ(集英社)石田衣良

「1ポンドの悲しみ(集英社)石田衣良」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気作家、石田衣良の新作。30代の恋愛の情景を点描した10のショートストーリー。自分にリンクする話がありそうです」



=2007年6月26日収集分=

*ニコのお気に入り 〜My Favorites〜:晴走雨読〜1ポンドの悲しみ
実際に自分の経験した恋愛と重なって唸ってしまったのは、表題作の 「1ポンドの悲しみ」 と 「十一月のつぼみ」 の2編。
http://blogs.yahoo.co.jp/nico_robin_y/47842977.html

*なんとなく:本
ブックファーストでランキング1位だったから買いました。内容は30代恋愛ものの短編小説。これは女性向けですかね・・・
http://ameblo.jp/nan/entry-10037781577.html

*ぼんやり日記 digital:【書評】1ポンドの悲しみ
全部で10編のショートストーリーが集まったものとなっています。各ストーリーの主人公は30代の女性が中心となっています
http://ginga.blogzine.jp/weblog/2007/06/post_b98d.html

*eScApE:『1ポンドの悲しみ』を読んだ。
『7月24日通り』に続いて、また恋の話を読みますた。ショートストーリ集だから読みやすかったぁ!
http://crank-tear.jugem.jp/?eid=551

*まったりと、お茶しませんか?:1ポンドの悲しみ
タイトルは、石田衣良さんの短編集の表題です。今、読んでいます。
http://blogs.yahoo.co.jp/jtwxg844/49106651.html

*都会の片隅で:『1ポンドの悲しみ』
それもそのはず、そのうち五つは筆者が「紙ナプキンでメモをとりながら」聞いた普通の恋愛をヒントに描いたから。
http://blogs.yahoo.co.jp/xxtnh574/13204478.html

*読書100冊日記。:1ポンドの悲しみ。
どれも登場人物の設定がすごいリアル。で、年齢を重ねている分だけあって、かわいい♪ってかんじではない。でも、すごく純粋◎
http://blogs.yahoo.co.jp/sharinn41/10180860.html

*I・CAN・BE:1ポンドの悲しみ/石田衣良
ロマンチストな僕にピッタリ。とってもよかった。基本的に一度読んだ本は二度と読まないんですが、何度も読みたいと思う本でした。
http://blog.goo.ne.jp/710226/e/68fdd15274c44f45712ff51c9b0ea889

*Four clover’s CAFE:1ポンドの悲しみ
石田衣良さんの本、大好きです。自分と同じくらいの年の人を主人公としたショートラブストーリー。
http://plaza.rakuten.co.jp/kasumi39ra/diary/200706220000/

*うらひろ:「1ポンドの悲しみ」石田衣良
それぞれの日常を過ごしつつ、その中の恋愛模様を切り取って描いた短編はどれも読んでいて心が優しくなる感じ。
http://urahiro.livedoor.biz/archives/50856845.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月27日 07:33 | コメント (0)

 

小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所(集英社)大沢在昌、石田衣良、今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾

「小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所(集英社)大沢在昌、石田衣良、今野敏、柴田よしき、京極夏彦、逢坂剛、東野圭吾」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「国民的マンガ“こち亀”の世界を日本推理作家協会の人気作家が小説化しました。「こち亀」30周年&「日本推理作家協会」60周年を記念しての企画だそうですね」



=2007年6月1日収集分=

*My Favorite Books:小説こちら葛飾区亀有公園前派出所
ちょっと麗子ってこんな感じだったっけ?てなのもありましたけど、 総じてこち亀の世界観が失われていなくて 良かったです。
http://pochikun99.blog40.fc2.com/blog-entry-333.html

*ボンクラーネ:小説版「こち亀」
何度でも読めるし、本家本元のキャラの意外な一面などが垣間見えたりして楽しめる要素が沢山あり!
http://ameblo.jp/ho-002860/entry-10035178254.html

*木になるコト:本『小説こちら亀有区葛飾公園前派出所』
めちゃくちゃ面白い。漫画から小説って面白かったです。本の内容は。。。。本を友達に貸しちゃった。
http://satoru-k.at.webry.info/200705/article_6.html

*(ペ)スタッフ語り場:小説 こちら葛飾区亀有公園前派出所
ははあ、いろんなものが出るのだ。コミックブログに紹介されていますが、ほんとうに執筆陣がなかなか豪華です。
http://pmoon.blog80.fc2.com/blog-entry-170.html

*ユズイロ:こち亀
「こち亀」とのリンクが出来ずに 「ええい、なんだか違うやい!」 と思いながら読んだら、 結構面白い。
http://yziro14.blog88.fc2.com/blog-entry-365.html

*夕食はチェ・チュバ・テリエラ:クロスオーバー
立ち読みで読み終わることが出来るくらいの文量でしかなかったけどもあまりの完成度の高さに敬意を表して購入即決定。
http://d.hatena.ne.jp/toshigo/20070531/1180613139

*Rot Kreuz:小説こちら葛飾区亀有公園前派出所
小説こちら葛飾区亀有公園前派出所の感想です。日本推理作家協会が監修したこち亀のトリビュート小説です。
http://ameblo.jp/aoi-yuki/entry-10035275644.html

*手当たり次第の読書日記:『小説こちら葛飾区亀有公園前派出所』原作・・・
このアンソロジー、何が面白いって、『こち亀』と「七人の作家の小説世界が融合した」というところにあります。
http://ameblo.jp/aozorahyakkei/entry-10035277588.html

*アルブル・デ・リーヴル  arbre des livres:大沢在昌ほか『小説・・・
個人的には大沢在昌、京極夏彦にそそられ、期待ははずれなかった。ほかに今野敏、東野圭吾版もいい。
http://newstree.blog7.fc2.com/blog-entry-119.html

*たぶんアレはペギラ星(自分探しの妄想旅行):こち亀小説 京極夏彦
これは素晴らしい…いや…伝説の本です。 こんなにお得な本は今までお目にかかったことがありませんッ。
http://bzdoa.blog9.fc2.com/blog-entry-493.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年06月02日 08:13 | コメント (0)

 

Gボーイズ冬戦争(文芸春秋)石田衣良

「Gボーイズ冬戦争(文芸春秋)石田衣良」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「人気の池袋ウエストゲートパークの7作目。ストリートギャングの王、タカシが危機に・・・!今回も期待を裏切りませんね 」



=2007年5月15日収集分=

*本棚の8割はマンガ…:【Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパーク7】
ますますマコトがかっこよくなってます。「かっこよい」なんて言い方は若干外れてる気がする、男っぷりが上がってるというか。
http://plaza.rakuten.co.jp/MN1969/diary/200705080000/

*Cafe Tsumire:「Gボーイズ冬戦争―池袋ウエストゲートパーク7」石田衣良
今回は「要町テレフォンマン」「詐欺師のヴィーナス」「バーン・ダウン・ザ・ハウス」「Gボーイズ冬戦争」の4話収録。
http://kiritani.blog4.fc2.com/blog-entry-1073.html

*スノボ・バレー・読書・映画の日記:石田 衣良 「Gボーイズ冬戦争―池袋・・・
最近マンネリ化してきた印象があったIWGPシリーズでしたが、今作は面白かったです
http://plaza.rakuten.co.jp/miami373/diary/200705120000/

*屋根の上で転寝:Gボーイズ冬戦争。
池袋ウエストゲートパークシリーズ最新刊読みました!やっぱキャラクターがいいよね。マコトといい、キングといい、サルといい…。
http://onaroof.blog95.fc2.com/blog-entry-80.html

*ステッパー:Gボーイズ冬戦争
「Gボーイズ冬戦争」は、映像化したら面白そうなのでTBSでまたやって欲しいです。
http://hajime012.jugem.jp/?eid=173

*税理士法人 秩父中央:Gボーイズ冬戦争/石田衣良
さすがに多少マンネリ化しているような気もしますが、それでもやはり、読んでいて気持ちのいい作品です。
http://plaza.rakuten.co.jp/cyuou/diary/200705140000/

*人付き合いベタを克服せよ!:Gボーイズ冬戦争
このところマンネリというか、微妙な雰囲気の漂っていた池袋シリーズに再び光が!という感じを受けてます。
http://blogs.yahoo.co.jp/skcrn715/48910587.html

*読書.日常。:「Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパーク 7」 石田衣良
シリーズ物で、今までの6冊全部読んでいるのもあり、愛着のある登場人物など、楽しく読めました。
http://blogs.yahoo.co.jp/mitsjpjp/10787733.html

*ストックな毎日!:『Gボーイズ冬戦争 IWGP察 石田 衣良
スピード感はありますが、スケールや展開に欠けるところにあるので、マンネリ感も漂います。
http://blogs.yahoo.co.jp/tamarangana/46737816.html

*まぶ菊の怠惰な日常:「I..W.G.P 〜Gボーイズ冬戦争〜」 石田衣良
今回も振り込め詐欺、恋人商法などの時代に沿った事件を、果物屋の店番兼池袋のトラブルシューターでもあるマコトが解決していきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/mabugiku/32022569.html

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月15日 23:52 | コメント (0)