book
 

残虐記(新潮社)桐野夏生

「残虐記(新潮社)桐野夏生」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「第17回柴田錬三郎賞、受賞作品。新潟柏崎市の少女監禁事件に触発された作品ということで注目されました」



=2007年8月14日収集分=

*Azure Dragon:残虐記
加害者だけでなく人間が総じて有するであろう残酷で低俗な部分から目をそらさずにそのまま描ききったところがすごいと思います。
http://blue-in-navy.blog.drecom.jp/archive/276

*敬愛する黒澤明よ!:桐野夏生「残虐記」
エンディングを読んで、ああ、この小説は桐野夏生にとっての「私小説」だったのだな、と気づかされる。
http://blogs.yahoo.co.jp/suzushim/51327447.html

*ロンドン3の懲りずに中小企業診断士を勉強しよう:桐野夏生『残虐記』・・・
「私を監禁したケンジと真実に死を」作家は事件を巡る衝撃の手記を残して消えた。 〜帯より 桐野さんの作品は、いつも後味がわるい。
http://blogs.yahoo.co.jp/rose86_tomoya/48821391.html

*☆左手でゲット☆:桐野夏生 残虐記
タイトルほど残酷ではないですが、やはり18歳未満には勧めがたい作品です。せめて15歳から。
http://plaza.rakuten.co.jp/soymilktea8/diary/200708130000/

*Lucky Grab Bag:残虐記
小学生で1年間拉致監禁された女性のお話。作者は実際にあった新潟少女監禁事件 を見てこの話を書いたらしい。
http://salf.seesaa.net/article/51289327.html

*読書三昧:残虐記
いろんなことがはっきりしないまま終わるっていうのもそうなんだけど、この小説全体に流れている、なんともいえない閉塞感というか……。
http://pumila.jugem.cc/?eid=684

*MomyLog:残虐記
しかし、どこまでが現実でどこからが想像(夜の夢)なのか…嘘か誠か…桐野さんの作品で言えば、「グロテスク」系かなって思いました。
http://momyapril.exblog.jp/6714274/

*スタジアムへ行こう!:桐野夏生の「残虐記」
今回の出張にもっていった文庫本ですが、あっという間に読んでしまいました。
http://marinos10.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_ddb0.html

*日々のなんでもないブログ:あづい・・・
今読んでるのは 桐野夏生の「残虐記」タイトル通りかなり残虐だけど奥が深くて読みすすめると引き込まれます。
http://myhome.cururu.jp/maririr/blog/article/71001422551

*G RDIAS:桐野夏生「残虐記」
綴られている内容は、私にとって異様であったし、こういう事件に興味がある人が読むと良いのではないか、と思った。
http://d.hatena.ne.jp/gordias/20070815/1187111225

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年08月15日 07:55 | コメント (0)

 

メタボラ(朝日新聞社)桐野夏生

「メタボラ(朝日新聞社)桐野夏生」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。

「朝日新聞に連載されていた最新長編小説。ニート、請負労働者、ホスト、バックパッカーなど現代の問題が浮き彫りになっています」



=2007年5月17日収集分=

*R's Random Talk:メタボラ/桐野夏生
ギンジは、結局、記憶を失う前後で同じような人生を歩むわけだけれども、なんだろう、明らかに違う。そこの裏表みたいなのが面白かった
http://random-talk.jugem.jp/?eid=437

*鬱楽日記:また沖縄
やっと、五分の一まで読んだ桐野夏生さんの「メタボラ」不思議な感覚の小説だけど、舞台が、またもや沖縄である。
http://d.hatena.ne.jp/sanarie/20070514#p6

*悪徳書店員日誌供А悒瓮織椒蕁戞 ゞ楊邁得検  閉日新聞社)
多くの人が見て見ぬふりをしている現代日本の負の感情に着目し徹底的に描き曝け出す著者の姿勢は相変わらず凄い。
http://akuto9book.exblog.jp/6085161

*Photologue +:小説「メタボラ」 桐野夏生
現代日本の問題を色々と織り交ぜてるのはいいけど何を訴えたいのか散漫になっちゃったような気がします。
http://photoplus.exblog.jp/5680299

*聞くも涙、笑うは・・・どうよ?:「メタボラ」桐野夏生
朝日新聞に連載された小説である。ウチは新聞を取っていないので、来る日も、来る日も、この小説を読みたいがために、買った。
http://blogs.yahoo.co.jp/tyler1961_0523/26694225.html

*一日一読:「メタボラ」読了しました
読み進めるうちに、読み終わるのがもったいないような・・でも早く結末が知りたいような、複雑な気持ちになります。
http://blogs.yahoo.co.jp/ananas_poire/46765311.html

*headphone identity:安楽ハウス
桐野夏生の「メタボラ」を読了。桐野夏生は女性特有のネチネチした感じがなくて好きです。クールな心情描写。ヒステリックではない。
http://blog.livedoor.jp/axhx1/archives/54107348.html

*理論武装で攻め勝ったと思うなバカタレ:桐野夏生「メタボラ 」
朝日新聞で連載されていた長編小説。たまに連載を読んでいて結構面白かったので楽しみでした。
http://d.hatena.ne.jp/hth1220/20070513/p3

*でこぽんの読書通信:『メタボラ』 桐野夏生 朝日新聞社
読んでいる最中の面白さは半端ではなかった。沖縄を舞台にこれほど読み応えがある小説も久しぶりだった。
http://dekopon.blog53.fc2.com/blog-entry-107.html

*気まぐれ主婦にっき。:「メタボラ」
今回も、どっぷりとハマっちゃいました。やっぱ、桐野夏生さんの作品はおもしろい!
http://blog.so-net.ne.jp/love-you/2007-05-14

最新情報があったら、コメントでお知らせください。

投稿者 xbheadjp : 2007年05月17日 14:49 | コメント (0)