環境監査研究会シンポ「リオ+20とグリーンエコノミー」

JACSESの足立さんからお誘いを受け、遅ればせながら参加してきました。

1992年、リオデシャネイロでの地球サミットでは気候変動枠組条約が提案されるなど21世紀に向けて人類がとにかく取り組むという熱気があふれていました。しかしながら、20年を経て環境の状態はむしろ悪化していると言って過言ではありません。リオの20周年を記念して企画されたリオ+20のメインテーマの一つはグリーン・エコノミーでした。途上国の根強い警戒感もあり、はかばかしい結論には至らなかったという評価をする向きがあります。しかしながら、このことは現在の世界では国際的合意を得ることが殆んど不可能ということの象徴のように思われます。また、グリーン・エコノミーというテーマ自体もそのアクターのメインは事業者であり、国家はどちらかといえばサポート役のように思われます。条約等のハード・ローによる合意がない世界ではソフト・ローが大きな役割を果たします。海図なき世界で、我々が持続可能な世界、社会の構築に貢献し発展していくためにはどうあるべきか議論しようではありませんか。(告知チラシより)

p2012_0825kankyo0030.JPG

=概要=
*冠名:環境監査研究会(EARG) 創立21周年記念シンポジウム
*日時:2012年8月25日(土)13:30〜16:45 (開場 12:30)
*場所:中央大学駿河台記念館(お茶の水)670号室
*参加費: 資料代1,000円 (環境監査研究会会員は無料

=内容=
*挨拶:河野 正男 当会顧問 横浜国立大学名誉教授
*基調講演:「リオ+20 と グリーンエコノミー」
・足立 治郎(「環境・持続社会」研究センター(JACSES)事務局長)
o2012_0825kankyo0032.JPG


o2012_0825kankyo0024.JPGo2012_0825kankyo0025.JPG

*パネルディスカッション:「リオ+20 と グリーンエコノミー」
p2012_0825kankyo0032.JPG


o2012_0825kankyo0040.JPGo2012_0825kankyo0030.JPG

−パネリスト
・足立 治郎([環境・持続社会」研究センター(JACSES)事務局長
o2012_0825kankyo0047.JPG

・宮本 武(グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク事務局長)
o2012_0825kankyo0039.JPG

・後藤 敏彦(当会 代表幹事(Rio+20 国内準備委員会委員)
o2012_0825kankyo0015.JPG

−コーディネーター:稲永 弘 (当会 理事)
p2012_0825kankyo0035.JPG


>環境監査研究会:http://www.earg-japan.org/

カテゴリー:イベント参加記録 | 投稿者 xbheadjp : 10:43

 

「緑の党」結成総会:取材記録

オーガニックバー『たまにはTSUKIデモ眺めましょ』の店主、ダウンシフターズの盧箴,気鵑、「緑の党」の共同代表に立つと聞いて、「緑の党」結成総会に取材を兼ねて参加しました。(USTREAMは主催者側の配信です)

わたしたちは、福島原発事故を招いた「経済成長至上主義」と、既成政党や官僚や専門家への「おまかせ民主主義」にサヨナラします。脱原発、そして地球環境と共存できる持続可能な社会、草の根の市民活動が支える参加民主主義こそ、「緑の党」のめざすものです。「日本にも緑の党がほしい!」という声があふれています。わたしたちは、一人ひとりの思いが反映されるプロセスを大切にします。7月の「緑の党」結成にむけて「みどりの未来」がよびかけ、多彩なメンバーが集まって「緑の党」結成準備委員会がスタートしました。いっしょに「緑の党」をつくりましょう!(結成準備委員会のウェブページより)

*日時:2012年7月28日11:00〜18:00
*場所:YMCAアジア青少年センター
*プログラム
・総会の進行について
f2012_0728green0016.JPG

・議長団の選出
p2012_0728green0002.JPG

・名称発表
p2012_0728green0012.JPG

・議案の説明・質疑・採決
p2012_0728green0009.JPG


f2012_0728green0017.JPGf2012_0728green0020.JPG

・三上元湖西市長の挨拶
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/24297050/highlight/285303
p2012_0728green0018.JPG

・共同代表選出
p2012_0728green0042.JPG


p2012_0728green0020.JPGp2012_0728green0026.JPG


p2012_0728green0035.JPGp2012_0728green0037.JPG

>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/24297050/highlight/285299

・結成宣言
p2012_0728green0068.JPG

*採択政策(抜粋)

3.経済成長神話から卒業し、新たな仕事とスローライフを実現する21世紀型の循環型経済に向かう。

〈いのちと環境を守る農林水産業を再生し、市民が望めば誰でも農業に関われる暮らしを創り出す〉
13.農水省の規模拡大路線に反対し、「小さな農家」、「小さな生産組合」、CSA(地域サポート農業)など多様な主体による農業を維持・発展させる。
14.農林水産業は自然のサイクルに制約されるために市場原理にはなじまないことを明確にし、第一次産業従事者が夢をもって生活できるように、最低価格保証制度と中山間地の農家への環境直接支払い制度を確立する。
15.耕作する者が農地を所有・利用するという原則の下に、農業をしたい人が誰でも使えるように、田畑森林の所有・利用の制度を改革し、若者をはじめとする新規就農を促進する。営利目的のみの株式会社による農地所有を規制する。
16.環境保全型農業、有機農業、有機畜産で安全な農産物を作る農家への財政支援に力を入れ、産地直送・産消提携など生産者と消費者の信頼関係を強める。
17.農林水産業の“地産・地消”化を促進して循環型経済を活発にする。同時に“半農半X”型の生活スタイルを促進し、都市住民の家庭菜園・市民農園・近郊田畑との往還農などの部分的自給を進め、第一次産業従事者と市街地住民の直接交流を活発にする。
18.地域の食料自給率をできるかぎり引き上げ、世界一大きいフードマイレージを3分の1に減らし、遺伝子組み換え食品の生産・流通・輸入を禁止する。
>政策集:http://greens.gr.jp/policy/seisaku/

*緑の党 結成! キックオフ!イベント 希望の未来をつかもう!

>告知チラシ:http://midorinotable.sakura.ne.jp/pdf/MIDORI12.pdf
>「緑の党」結成準備委員会:http://greensjapan.blogspot.jp/
>緑の党(公式サイト):http://greens.gr.jp/

 

カテゴリー:イベント参加記録 | 投稿者 xbheadjp : 18:01

 

富は植物に宿る/オルタナティブ経済論序説

Mujica.jpg

1.唯一絶対の富とは、植物の余剰繁殖資源。

「人はパンのみにて生くる者に非ず」は新約聖書にあるフレーズとのことですが、人はパン(食料)がなければ生きていけません。(生きるためには水や空気も必要であり、現実社会ではその確保さえ危うい事態にも陥っていますが、それはさて置き。)もちろん動物も重要な食料ですが、肉食動物でさえその餌食となる草食動物の糧はもちろん植物なわけで、とどのつまりが皆同じです。一方で、鉱物も価値と看做すことはできますが、それは極限に至れば食べられない、いわば相対的な価値であり、しかもその希少性は、「探す」とか「掘る」とかの労働の賜物であって、その根源を問えば、やはりエネルギー源としての「パン」に辿り着くわけです。さらにいえば「貨幣」といえども、その信頼の根底には食料兌換性が潜んでいるハズで、だからこそひとたびハイパーインフレが国家を襲えば、それは紙クズになるのでしょう。ということで、ここでは多少の例外は考えられるものの、誤解を恐れつつも大胆不敵に、その辺も十把ひと絡げにして「唯一絶対の富とは、植物の余剰繁殖資源(つまりは種や豆、芋類を軸とした光合成の成果物)」といい切ってしまいます。

syokumotsurensa.JPG
>出典:http://www.jibhome.jp/blog_dir/2010/05/post-6.html

2.経済学でいう生産される価値とは、植物余剰繁殖資源の消費による共同幻想。
有史以前から、ジンルイは植物の余剰繁殖力を頼りに「発展」してきました。よくよく考えてみれば、大航海時代に西欧列強が植民地支配で潤ったのは、未開の大陸が培ってきた、植物を底辺とした食物連鎖による集積の恩恵でしょう。さらには産業革命の主軸となった蒸気機関の石炭火力も、今の物質文明を根底で支えている石油系のエネルギー源も、元を質せば植物由来に他なりません。従来の経済学では、第2次産業も第3次産業も、その成果物をすべて「付加価値の生産」と看做すのが大原則ですが、地球環境の視点で見れば、その実態は「資源の消費」です。そうです。経済成長としてカウントされる「生産」とは、そのほとんどが、「付加価値」という共同幻想で包んで物欲を煽る「植物余剰繁殖資源の消費活動」に違いないのです。蛇足でいえば、穀物の大量投与で成り立っている畜産業はもちろんのこと、石油で支えられている大規模農業さえも、「植物余剰繁殖資源の消費行為」に他なりません。

img_871d0932e08291187c7362162404352879339.jpg
>出典:http://diamond.jp/articles/-/22320

3.持続可能な発展は、植物の余剰繁殖力を越えては成り立たない。
市場経済の価値観に基づいてそう呼ばれる「先進国」は、こうした「植物余剰繁殖資源の大量消費」を「経済成長」と呼び、「途上国」に先駆けて「発展」を成し遂げてきました。もしかして、地球のキャパシティが無限であれば、「産めよ増やせよ地に充ちよ」と、いわばその表裏一体にある「大量生産大量消費」と、その帰結である「大量廃棄」は、永久不滅な福音なのでしょう。しかし本当に「地に充ちて」しまい、その経済活動の総和が地球環境負荷の1を越えてしまうと、「消費は悪徳であり、増殖は自滅に他ならない。」と、状況が一変してしまします。それこそがまさに、いま我々が直面している「成長の限界」であり「パラダイムシフトの本質」であり、後戻りできるか否かの「ティッピングポイント」に違いありません。まして、世界全体でのエコロジカル・フットプリントが1.4を越え、日本人のそれは2.4とも3.0ともいわれる事態に至ってもなお、「グリーングロース」を語って憚らない従来型思考の指導者に「正義」はあるのでしょうか。いえいえ、将来世代から責任を問われる時代において、悪魔に魂を売らないためには、成長のスピードを「植物の余剰繁殖力」以下に抑制するしかないでしょう。もしそれができないなら、冗談ではなく「先進国」は「破綻途上国」であり、まだその一線を越えていない「発展途上国」は、「持続可能国」と読み替えてしかるべし、です。

paradigm-shift.PNG


4.産業活動において例外的に「生産」と呼べるものがあるとしたら、それは自然農や循環型有機農業
大規模経営による農業が実は石油に依存している産業に他ならず、それが地球環境に多大な影響を与えていることは周知の事実です。その一方で、いうなれば緑の革命以前、日本なら現状の慣行農業が普及する前の伝統的農業や、現代においても大規模生産や輸出入を善しとしない自然農や循環型農業は、外のものを足さずに自然の恵みを分け頂くという意味で、唯一「生産」的産業活動といえるでしょう。もちろん日本での農村生活は今や軽トラックがなければ成り立たないので、あくまで原理的には、です。しかも1億人を越える日本の人口が、この狭い国土において有機農法だけで食べていけるのかといえば、それは無理な話かもしれません。しかし何より、あなたが行動規範の第一優先順位を地球環境保全と考え、基本的人権として全人類は飢餓から免れるべきと思うなら、ジャイアントパンダの保護を叫ぶより、アフリカの貧困撲滅を訴えるより、まずは自分で地球を踏み荒らしているその足跡を持続可能な範囲に収めるべき、つまりは植物の余剰繁殖力の範囲で、自然の恵みを分け頂くことが正義であり至福と感じるべきですよね。あいや、それは義務とか強制とか我慢とかではなく、”Be the change!”を志すなら、少なくともその方向へ向かう努力をすることが自然の成り行きと感じます。ま、一億皆農とまではいわないまでも、そこにこそ持続可能な循環型社会へ回帰できるヒントが見出せるのでは、と模索を試みている次第なわけです。

jikyuken.PNG
>出典:http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3108_1.html

カテゴリー:オルタナティブ経済論序説 | 投稿者 xbheadjp : 12:59

 

第3回みんなのエネルギー・環境会議:取材記録

政府から「国民的議論を」と投げられている「エネルギー・環境に関する選択肢」が、デメリット面の使用済み核燃料の処理対策を棚上げにしたまま、メリットである発電依存率を比較するという、一般市民を無責任な論争に誘導する恣意的な設定になっているのでは?という強い懸念に駆られ、「第3回みんなのエネルギー・環境会議」へ取材記録に行きました。

現在、8月中に策定されるエネルギー基本計画に向けて、エネルギーの選択肢をめぐる国民的議論が展開されています。選択肢の意味するところは何なのか?原発をめぐる事故リスクや核廃棄物、再稼働等について、どのように考えればよいのか? この国民的議論をよりよい日本の社会や政策につなげていくには何が必要なのか?こういったことを掘り下げてじっくりと、かつさまざまな視点や立場から議論し、考えていくことを目的として、『第3回みんなのエネルギー・環境会議』を開催いたします。(告知メールより)

□概要
*日時:2012年8月5日(日) 13:15〜17:30 (開場12:30)
*会場:日本科学未来館7階 みらいCANホール
 http://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/   
*定員:300名
*主催:みんなのエネルギー・環境会議
*共催:基本問題委員会自主的分科会
*資料代:500円

f2012_0806meec0008.JPGf2012_0806meec0056.JPG


f2012_0806meec0014.JPG

□プログラム/登壇者(五十音順 敬称略):
*開会、挨拶、趣旨説明、これまでの流れ等
*セッション1:エネルギーの選択肢を考える
・・・政府の選択肢案への適切な批判、選択肢が意味するところ、選択肢の解説に載っていない要素の重要性を考えます
・植田和弘(京都大学大学院経済学研究科教授)※モデレータ
・枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長)
・柏木孝夫(東京工業大学特命教授)
・清水康弘(内閣官房内閣審議官)
・高橋洋(富士通総研主任研究員)
・平田仁子(気候ネットワーク理事)
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/24481627f2012_0806meec0016.JPG


p2012_0805meec0011.JPGf2012_0806meec0017.JPG


p2012_0805meec0003.JPG

*セッション2 原発をめぐる諸問題〜事故リスク、核廃棄物、再稼働
・・・専門家の方々とともに、市民の目線で疑問点や問題点を整理、検証します
・飯田哲也(環境エネルギー政策研究所所長)
・枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長)※モデレータ
・澤田哲生(東京工業大学原子炉工学研究所)
・鈴木達治郎(内閣府原子力委員会委員長代理)
・後藤政志(元原子力プラント設計技師、NPO法人APAST理事長)
・吉岡斉(九州大学副学長)
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/24483432f2012_0806meec0058.JPG


p2012_0805meec0025.JPGf2012_0806meec0118.JPG


f2012_0806meec0122.JPGp2012_0805meec0024.JPG


f2012_0806meec0111.JPG

*セッション3:国民的議論と政策への反映について
・・・地域や他国の事例も参考にしながら、国民的議論のあり方について考え、政府に対し、よりよい政策策定に向けての提案を行います
・枝廣淳子(幸せ経済社会研究所所長)
・落合真弓(広島連塾Sus☆テラス副代表)
・川村あつし(東京都市大学環境情報学部3年)
・清水康弘(内閣官房内閣審議官)
・山下紀明(環境エネルギー政策研究所主任研究員)
・吉岡達也(ピースボート共同代表)※モデレータ
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/24484581f2012_0806meec0130.JPG


p2012_0805meec0038.JPGp2012_0805meec0036.JPG

*会場との質疑応答および総括
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/24485160f2012_0806meec0176.JPG


f2012_0806meec0172.JPGf2012_0806meec0180.JPG

*核廃棄物に関する検証
・枝廣さん自らプレゼンをするコーナーが設けられ、具体的に踏み込んだ懸念が示されました。
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/24483432/highlight/282887


f2012_0806meec0065.JPG


>みんなのエネルギー・環境会議 MEEC:http://www.meec.jp/
>過去のライブ一覧:http://www.ustream.tv/channel/meec-live/videos

カテゴリー:エネルギー問題 | 投稿者 xbheadjp : 17:22