第13回全国農村サミット2011「地域の復興再生力と大学の役割」参加記録

11月26日(土)神奈川県藤沢市へ農村サミットを覗きに行ったので報告します。(USTREAMの事前了解は得ていなかったので、残念ながら配信はしていません)

本年度は、3月11日に発生し現在も災害中である東日本大震災を踏まえ、「地域の復興再生力と大学の役割」を全体テーマとして、本学部が深く関係している市町村長を交えて、被災現地での被害状況と今後の対策、そして、地域の復興再生に向けて、大学が果たすべき役割について具体的な展望を探っていきます。

DSCF1945.JPG

*日時:平成23年11月25日(金)14:00〜19:00、26日(土)9:00〜16:30
*場所:日本大学生物資源科学部本館:
http://www.brs.nihon-u.ac.jp/access_map.html
*主催:
・日本大学生物資源科学部
・日本大学大学院生物資源科学研究科/獣医学研究科
*後援:神奈川県藤沢市
*参加:
・全国の市町村長等の現地組織関係者
・本学教職員・大学院生・学生・一般市民

DSCF1857.JPG


DSCF1858.JPGDSCF1859.JPG

<全体集会(26日午後)プログラム>
*分科会報告
・火山被害と復興再生
・漁業漁村の被害と復興再生
・原発被害と復興再生
・災害ボランティア活動
DSCF1864.JPG


DSCF1889.JPGDSCF1898.JPG


DSCF1904.JPGDSCF1908.JPG


DSCF1916.JPGDSCF1930.JPG


DSCF1936.JPG

*討論
・川代義夫氏(北海道八雲町長)
DSCF1865-2.JPG

・菅野哲氏(福島県飯舘村「負げねど飯舘」)
DSCF1867.JPG

・広瀬敏通氏(RQ市民災害救援センター)
DSCF1874.JPG

・益田氏(長崎県雲仙市観光物産まちづくり推進課)
DSCF1879.JPG

・氏本長一氏(山口県上関町祝島氏本農園)
DSCF1887.JPG

*総括
・糸長浩司教授(座長)
DSCF1942.JPG

*日本大学生物資源科学部>イベント:
http://www.brs.nihon-u.ac.jp/event/20111012.html

投稿者 xbheadjp : 14:27

 

福島の農業の未来を語るシンポジウム参加報告

11月5日に福島へ赴き、「福島の農業の未来を語るシンポジウム」で「種まき大作戦」の協力者として撮影記録を担当したので報告します。


東日本大震災や東京電力原子力発電所の事故により、甚大な影響を受けている本県において、今後の農業を担う農大生や消費者、生産者等が交流を図り、県産農産物に対する「信頼の絆づくり」に向けた未来を語り合うシンポジウムを開催する。(企画書より)。

DSCF1257.JPG


DSCF1250.JPGDSCF1253.JPG


DSCF1246.JPGDSCF1260.JPG

*日時:平成23年11月5日(土)13:00〜17:30
*場所:福島市公会堂/福島市中央学習センター
*主催:福島県
*協力:東京農業大学/種まき大作戦実行委員会

<第1部:シンポジウム>
*ビデオメッセージ(土と平和の祭典会場より)
・ 藤田和芳さん(大地を守る会会長)
・ 甲斐良治さん(社団法人農山漁村文化協会季刊地域編集長)
・ 高坂勝さん(『たまにはTSUKI でも眺めましょ』店主)
・ 壱岐健一郎さん(リボーン<エコツーリズムネットワーク>代表)
・ 木の花ファミリー「ともチャン」さん(静岡県富士宮市)
・ 糸長浩司さん(日本大学生物資源科学部教授)
・ 金子美登さん(霜里農場/特定非営利活動法人全国有機農業推進協議会)
・ らでぃっしゅぼーや出店者(流通)
・ 加藤登紀子さん(アーティスト)
DSCF1264.JPG

*福島県代表挨拶:佐藤雄平氏(福島県知事)
DSCF1274.JPG


DSCF1268.JPGDSCF1277.JPG

*来賓挨拶:柳澤光美氏
(原子力災害現地対策本部長・経済産業大臣政務官・参議院議員)
DSCF1285.JPG


DSCF1278.JPGDSCF1281.JPG

*パネル・ディスカッション
DSCF1320.JPG

*専門家の視点で:門間敏幸氏
(東京農業大学教授、復興プジェクトリーダー)
DSCF1297.JPGDSCF1290.JPG

*生産者の視点で:元木寛氏(有限会社とまとランドいわき専務取締役)
DSCF1299.JPGDSCF1301.JPG

*流通業の視点で:伊藤信弘氏(株式会社いちい代表取締役社長)
DSCF1311.JPG

*消費者の視点で:見城美枝子氏(しゃくなげ大使、青森大学教授)
DSCF1325.JPG

*司会/コーディネーター:村松真貴子氏(元NHKキャスター)
DSCF1315.JPG

<第2部:セッション>
*対話集会:「信頼のつながりづくり」を語り合う
・進行:森一彦氏/アースディ東京ダイアログ・プロデュースチーム

*企画会議:「信頼のつながりづくり」をカタチにする
・テーマ 「新たなブランド価値づくり」
・進行: 中西紹一氏(コミュニケーション戦略開発プランナー)
DSCF1334.JPG


DSCF1336.JPGDSCF1337.JPG


DSCF1356.JPGDSCF1359.JPG


DSCF1377.JPGDSCF1380.JPG

・テーマ 「新たな連携づくり」
・広瀬敏通氏(日本エコツーリズムセンター代表理事)
DSCF1368.JPG


DSCF1371.JPGDSCF1376.JPG


DSCF1386.JPG

・テーマ 「新たな農業再生のシステムづくり」
・門間敏幸氏(東京農業大学教授)
DSCF1345.JPG


DSCF1367.JPG

*企画会議の総括
DSCF1407.JPG


DSCF1392.JPGDSCF1395.JPG


DSCF1400.JPGDSCF1408.JPG


DSCF1406.JPG

投稿者 xbheadjp : 00:36

 

やっぱりTPPでは生きられない─震災復興に乗じたTPPにNO!USTREAM報告

10月31日に『《緊急シンポジウム》やっぱりTPPでは生きられない−震災復興に乗じたTPPにNO!』に参加してUSTREAM配信をしたので報告します。

DSCF1119.JPG


DSCF1118.JPGDSCF1117.JPG

未曾有の地震と津波に加えての原発事故。「原発推進とTPP」を 進めてきた財界の構想は破綻しました。野田政権は震災復興を最優先に掲げていました。ところが、ここに来て、野田首相は「TPP参加について早期に判断する」としています。11月のハワイでのAPEC(アジア太平洋経済協力会議)に向けて、参加表明が唐突に行われるのではないかと言われています。国の食糧基地である被災地の復興とTPPは両立しません。また、TPPは農業だけの問題ではなく、多くの国民にメリットはありません。私たちは2月に続いて、再び座談会を計画しました。大いに議論し声を上げていきましょう。(告知メールより)

*日時:10月31日(月)18:30 〜 21:00
*場所:文京区民センター3階3-A会議室(文京区本郷4-15-14)
*参加費:500円『TPP 何が問題?暮らしはどう変わる?〜』パンフレット付
*主催:TPPに反対する人々の運動
*共同代表:山下惣一(佐賀)/菅野芳秀(山形)/天明伸浩(新潟)

<プログラム>
*開会挨拶/意見提起
DSCF1120.JPG


DSCF1135.JPG

・山下惣一さん(百姓・佐賀県)
1936年佐賀県唐津市生まれ。中学卒業後、家業の農業を継ぐ。1969年「海鳴り」で第13回農民文学賞、1979年「減反神社 」(1981 年)で第7回地上文学賞を受賞。著書に「直売所だより」「安ければ、それでいいのか!?」など。
DSCF1132.JPG

・鴨桃代さん(全国ユニオン会長)
1948年静岡県清水市生まれ。72年淑徳大学(社会福祉学部)卒業。千葉市役所、労働組合「なのはなユニオン」書記長・委員長、コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク共同代表を経て現職。著書に「非正規労働の向かう先」「どうする派遣切り2009年問題 」(共著)など。
DSCF1139.JPG

・色平哲郎さん(佐久総合病院医師)
1960年神奈川県横浜市生まれ。京都大学(医学部)卒業。長野県南佐久郡南相木村診療所長、NPO「アイザック」事務局長を経て現職。著作に「大往生の条件」「命に値段がつく日所得格差医療」など。
DSCF1147.JPG

・司会:大野和興さん(日刊ベリタ編集長)
1940年愛媛県生まれ。四国山地の真只中の村で育ち、農業記者として約40 年、日本とアジアの村を歩く。著書に「食大乱の時代」「日本の農業を考える」
DSCF1152.JPG

>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/18226338

*基調講演
・金子勝さん(慶應義塾大学経済学部教授)
1952年生まれ、東京大学大学院(経済学研究科)卒業 。茨城大講師、法政大教授を経て、2000年10月から現職。著書に「「脱原発」成長論−新しい産業革命へ」「金子勝の食から立て直す旅―大地発の地域再生」など。
DSCF1176.JPG


DSCF1171.JPGDSCF1173.JPG

>USTREAM:主催者側からの配信承諾は事前に取り付けていましたが、登壇者の意向によりアーカイブの公開は自粛させて頂くことになりました。

*関係団体コメント/宣言/閉会挨拶
DSCF1183.JPGDSCF1186.JPG


DSCF1188.JPG

*公式サイト:TPPに反対する人々の運動
http://www.geocities.jp/yaoyahyakusho/muramachi/home.html


投稿者 xbheadjp : 00:18

 

「田園サスティナブルライフ 」@紀伊國屋書店トークセッションUSTREAM配信報告

10月24日に行われた「 田園サスティナブルライフ はじめませんか。心身豊かな農ある暮らし」中島恵理、大和田順子トークセッションで、USTREAM配信を担当したので報告します。

IMG_0455.JPG

八ヶ岳山麓の田園地域からローカリゼーションと持続可能な地域づくりやライフスタイルについて発信する本「田園サスティナブルライフ」を6月に出版しましたが、この本を紹介しつつ、アグリコミュニティビジネスの著者である、一般社団法人ロハスビジネスアライアンスの共同代表をされている大和田順子さんとの対談するイベントを行うことになりました。(告知メールより)

DSCF0844.JPGDSCF0895.JPG

*日時:2011年10月24日(月)18時開演20時終了。
*場所:紀伊國屋書店新宿本店9階特設会場
*詳細:本の「今」がわかる 紀伊國屋書店

≪プログラム≫
*プレゼンテーション
・講師:中島恵理さん(長野県環境部温暖化対策課長)
DSCF0848.JPGDSCF0859.JPG


DSCF0853.JPG

・ゲスト:大和田順子さん(ロハス・ビジネス・アライアンス共同代表)
DSCF0847.JPGDSCF0874.JPG


DSCF0875.JPG

*対談
DSCF0892.JPG


DSCF0886.JPGDSCF0888.JPG

USTREM-1http://www.ustream.tv/recorded/18080864
USTREAM-2http://www.ustream.tv/recorded/18080978

*関連図書
田園サスティナブルライフアグリ・コミュニティビジネス


DSCF0842.JPG


投稿者 xbheadjp : 12:38

 

「『コミュニティの力』上映会と吉田太郎さんのお話」報告

10月22日に日本有機農業研究会が開催した「国民の生命最優先の防災・災害復興政策分散型の節エネルギー政策などキューバに学ぼう!コミュニティの作り方」に参加し、写真記録を撮ったので報告します。

DSCF0817.JPG

ピークオイル―石油生産量はピークを迎え、やがて減少に向かう。その後、どうするのか。世界が直面する課題にもっとも早く遭遇したキューバ。ソ連崩壊後の1990年以降、石油輸入の半減、食料品輸入8割減という苦難の時代に突入。そこで、大規模な近代化農業から、都市農業を含む地域での有機農業に転換。各地で研修を行い、8割以上が有機農業に。危機を乗り越えるキューバをつぶさに追ったレポート。(DVD紹介文より)

*日時:10月22日(土) 18:00〜20:30
*会場:文京区男女平等センター A研修室(本郷三丁目駅から徒歩5分)
*参加費:1000円
*講師:吉田 太郎さん
日本有機農業研究会会員。『有機農業が国を変えた』(コモンズ)、『キューバの高学力に世界が注目するわけ』、『「没落先進国」キューバを日本が手本にしたいわけ』(築地書館)など、キューバに関する著書多数。
1109250085.JPG


DSCF0815.JPGDSCF0827.JPG

【プログラム】
*ドキュメンタリー映画『コミュニティの力』上映
DSCF0838.JPG

*吉田 太郎さん「最新!キューバ事情」
DSCF0823.JPG


DSCF0829.JPG


DSCF0830.JPG

*DVD:『コミュニティの力』
石油から自然エネルギーへキューバに学ぶ思いやりと分かち合いの世界
DSCF0840.JPG

・原題:The Power of Community:How cuba Survived Peak Oil
・制作:Arther Morgan Institute of Community Solutions
・日本語字幕版制作:日本有機農業研究会科学部 53分
・価格:個人視聴用 2600円+送料
    有料で上映する場合 2600円+10000円+送料
・購入:http://www.joaa.net/tutiken/11-10-01.html

投稿者 xbheadjp : 22:17

 

農ある暮らしと学びの場をつくる@ECOMしごと塾USTREAM報告

10月18日に第4期都市農山漁村交流しごと塾事例研究(2)でUSTREAM配信を担当したので報告します。(写真は撮っていませんでした)

kato.jpg

第2回のゲストスピーカーはピースフルライフワーカーを肩書きとし、「幸せ感あふれる生き方の実践者、提案者」として、農的暮らしと学びの場づくりなど多岐にわたって活動している加藤大吾さんです。加藤さんの取り組んでいる事業の他にも、暮らしの実情などもお話くださいます。(告知メールより)

*日時:10月17日(月)18:30〜20:30
*場所:がんばれ子供村 3Fプレイルーム(雑司ヶ谷)
*講師:加藤大吾氏(アースコンシャス代表・ピースフルライフワーカー)

>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17936529

・かとうさんち
111019tsurushi_hirakuri.PNG


aigamo.jpgoome.jpg


tenpiboshi.jpgkomugi.jpg


netsukoukanki.jpgrokaki.jpg

*ワールドカフェのハーベスト
DSCF0798-2.JPG

*かとうさんちの「田舎暮らし」>http://www.earth-c.info/
*ECOM活動日記:http://blog.canpan.info/ecom/

投稿者 xbheadjp : 15:34

 

『福島県の有機農業者の現状を聞く』集会への参加記録

6月18日に全国有機農業推進協議会が主催する『福島県の有機農業者の現状を聞く』集会へ参加したので関連する情報をまとめておきます。なお動画配信チャンネルは「iwakamiyasumi2」さんです。

2011_061800010006.JPG

震災から3か月たち、多くの困難がなお山積していますが、原発事故による農業への影響は、子供の被爆と問題と並んで深刻さを増しています。同じ国の中に、女性や子供が近付くことすらできない地域がある今の現実を、メディアも政府も正面から伝えてくれません。今回は、私が勤務してる全有協のほうで、以下の集会を企画しました。皆様ご多忙とは存じますが、ぜひ、膝を交えて、生産者さんが負わされている苦境について、ともに向き合い考えていただく機会としていただければと思います。(告知メールより)

2011_061800010003.JPG

*日時:2011年6月18日(土) 13:30〜16:30
*場所:「シアター1010」アトリエ(JR・地下鉄「北千住駅」4番出口直結 )
*参加費:1000円(福島からの生産者の交通費に充てられます)
*定員:100人(要申込 先着順)
*主催:(特活)全国有機農業推進協議会
*協力:福島県有機農業ネットワーク/IFOAMジャパン/大地を守る会 
*司会:大和田世志人 氏(全国有機農業推進協議会 副理事長)
2011_061800010041.JPG

*発言
・開会の挨拶:金子美登 氏(全国有機農業推進協議会 理事長)
110618iwj.jpg

・福島県内の有機農業者
2011_061800010054.JPG2011_061800010002.JPG

・支援活動の現状
2011_061800010034.JPG2011_061800010039.JPG

>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/15452773

投稿者 xbheadjp : 23:41

 

「農村漁村資源開発協会&銀座ミツバチプロジェクト」フォーラム

4月26日に行われた「農村漁村資源開発協会&銀座ミツバチプロジェクト」フォーラムに参加し、USTREAM配信をさせて頂いたので報告します。

110426gm_001.JPG

農山漁村資源開発協会&銀座ミツバチプロジェクトでは、被災地の一刻でも早い復興と日本再生を願い、3回シリーズでチャリティーフォーラムを開催します。今回は、その第一弾として、「地域活性化」のエキスパートであります蔦谷栄一先生にご講演いただきます。また、フォーラム終了後は、安心で安全な茨城の特産物を食していただく交流会を開催致します。(告知メールより)

*日時:平成23年4月26日(火)       
・講演:18:30〜20:00
・交流会:20:00〜22:00
*会場:銀座紙パルプ会館(中央区銀座3丁目9−11)
 http://www.kamipa-kaikan.co.jp/>
*講師:蔦谷 栄一(農林中金総合研究所 特別理事)      
*テーマ:これからの日本を考える “震災・TPP” 農業に期待される役割〜
*主催:一般社団法人農山漁村資源開発協会:http://nousangyoson.org/      
*NPO法人銀座ミツバチプロジェクト:http://www.gin-pachi.jp/

*講演風景
110426gm_002.JPG110426gm_012.JPG


110426gm_004.JPG

□USTREAM(動画▽音声○)

*交流会風景
110426gm_005.JPG


110426gm_006.JPG 110426gm_008.JPG

110426gm_009.JPG110426m_007.JPG


110426gm_010.JPG

投稿者 xbheadjp : 09:53

 

赤峯勝人講演会@千葉南総文化ホール

あわ地球村の主催で9月20日に開催された赤峯勝人さんの講演会をUSTREAMで中継録画させて頂いたのでご紹介します。

*あわ地球村|千葉 南房総:http://awa-chikyumura.jp/


100920awa_stage.JPG


100920awa_shikai.JPGblank_40x150.JPG100920awa_akamine.JPG


□赤峰 勝人(あかみね かつと)
大分県野津町にて、無農薬・無化学肥料で農業を40数年前から実践している。ニンジン栽培をきっかけに、土と生き物についての新たな発想をつかむ。「ニンジンから宇宙へ」「アトピーは自然からのメッセージ 」「循環農法」「オレンジページムック 百姓赤峰勝人の野菜ごはん」の著者。
農事組合法人赤峰農場、なずなの会を主宰する。臼杵市には全国から農業研修、健康回復のための農作業と食事療法を求めて多くの人が集まる。(あわ地球村サイトより転載)

*なずなの会:http://www.nazunanokai.com/

100920awa_tyosyu.JPGblank_40x150.JPG100920awa_shitsumon.JPG


100920awa_akaminemune.JPG

お話では多少?な部分もありましたが、実体験に基づいた語り口には誠実さが感じられ、科学技術に頼りすぎている我々の生活を再考させられる内容でした。

投稿者 xbheadjp : 08:26

 

木村秋則「奇跡のリンゴ」講演会

12月2日(水)東京農業大学世田谷キャンパスで行われた「奇跡のリンゴ」木村秋則氏の講演「思いやりの農業〜自然・食・生命 そして心のつながり〜」を受講しました。

*講演された木村秋則氏(左端)
091202noudai_kimurasan.JPG

*窒素肥料が吸収される率は10%台
091202noudai_chissohiryo.JPG

*過酸化窒素となってオゾン層を壊す。
091202noudai_ozonhakai.JPG

*リンゴには殺虫剤が必須。
091202noudai_gaityuhigai.JPG

*化学肥料で硬くなった土が根の成長を阻む。
091202noudai_nenoseiiku.JPG

*環境が悪いと地中の温度が低くなる。
091202chityuondo.JPG

*農薬を使わない土には微生物がいっぱい。
091202noudai_biseibutu.JPG

*窒素肥料は硝酸態窒素の害毒を生む。
091202noudai_chissohiryounodoku.JPG

*自然農法は年月が経てば収量が蘇る。
091202noudai_sizennsaibai.JPG

自然農法の稲作では、従来農法を凌ぎ10aで13俵も収穫できる場合もあるそうです。
そのコツは冬の間に粗く耕して土を乾かすことだとのこと。

オフィシャルホームページはこちら

*木村興農社【木村秋則オフィシャルホームページ】
http://www.akinorikimura.net/

投稿者 xbheadjp : 21:23