リオ+20国内準備委員会第4回会合オブザーバー参加報告

10月11日に行われたリオ+20国内準備委員会第4回会合にオブザーバー参加したので報告します。(USTREAM配信は主催者側が行っています。)

DSCF0228.JPG


DSCF0239.JPG

この度、2011年10月11日(火)に、国内準備委員会第4回会合が開催されることになりました。本委員会は公開で行われます。傍聴を希望される方は、2011年10月6日(木)までに、下記の申込要領により事前にお申し込み下さい。第4回国内準備委員会では、以下の項目についてステークホルダー間での対話が行われる予定です。

*日時:2011年10月11日(火)9:00〜12:00
*場所:三菱総合研究所 4階 大会議室

*リオ+20国内準備委員会インプット案について
DSCF0220.JPG


DSCF0238.JPG


DSCF0226.JPGDSCF0225.JPG


DSCF0222.JPG


DSCF0223.JPG

・原子力発電に関する記載について
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17806121/highlight/208097


DSCF0217.JPGDSCF0213.JPG


DSCF0207.JPGDSCF0208.JPG

・日本政府インプット案の概要
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17808044/highlight/208098


DSCF0230.JPG


DSCF0232.JPG


DSCF0236.JPG


>USTREAM公式アカウント:http://www.ustream.tv/user/rioplus20/videos

投稿者 xbheadjp : 13:19

 

リオ+20国内準備委員会 第2回ワークショップ報告

10月2日に行われたリオ+20国内準備委員会第2回ワークショップに参加したので、アーカイブにまとめます。

この度、第1回ワークショップの成果をもとにリオ+20国内準備委員会でとりまとめた国連に対するインプット案の紹介と、インプット案に関する幅広いステークホルダーによる意見交換を目的とし、2011年10月2日(日)に第2回ワークショップが開催されることになりました。本ワークショップは公開で行われます。(勧誘メールより)

*日時:2011年10月2日 (日) 9:30〜18:00(開場 9:00)
*会場:株式会社三菱総合研究所4階

<プログラム>
*開会・オリエンテーション
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17627351
0002DSCF9901.JPG0001DSCF9900.JPG

・Marcos Galvao在日ブラジル大使からのご挨拶
0003DSCF9903.JPG

・シャ・ズカン・リオ+20事務局長ビデオレター
0004DSCF9912.JPG

・UNCRD高瀬所長代理挨拶・活動紹介
0005DSCF9918.JPG

・インプット案の説明:崎田議長
0006DSCF9922.JPG0007DSCF9923.JPG

・趣旨説明・今日の流れ説明:岩附由香委員
DSCF9929.JPG

*小グループでの議論
・地球サミット2012Japanグループ
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/176555100009DSCF9937.JPG

*全体会合
・修正提案と理由の説明
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17629816
0010DSCF9949.JPG0011DSCF9950.JPG


0012DSCF9965.JPG0013DSCF9969.JPG


0014DSCF9978.JPG0015DSCF9987.JPG


0015DSCF9995.JPG0016DSCF0002.JPG


0017DSCF0003.JPG0018DSCF0012.JPG


0020DSCF0016.JPG0019DSCF0013.JPG


0020DSCF0017.JPG

=スタンドアップ・キャンペーン=
0008DSCF9934.JPG


0021DSCF0021.JPG

*全体会合
・分科会の進め方の共有/レビューに関する検討
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17632038
0022DSCF0024.JPG

*分科会
・持続可能な開発に係る全般的な課題
・持続可能な開発及び貧困根絶の文脈におけるグリーン経済
・持続可能な開発のための制度的枠組み
0023DSCF0028.JPG

*全体会合
・分科会の検討結果の報告
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17633161
0024DSCF0041.JPG0028DSCF0094.JPG


0025DSCF0052.JPG0029DSCF0099.JPG


0026DSCF0066.JPG0030DSCF0104.JPG

・全体セッション
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17633161/highlight/206159


0031DSCF0085.JPG


0032DSCF0093.JPG

投稿者 xbheadjp : 16:05

 

第2回リオ+20NGOワークショップUSTREAM報告

9月29日に行われた第2回リオ+20NGOワークショップでUSTREAM配信を担当したので報告します。

台風の影響により延期にさせていただきました、第2回リオ+20NGOワークショップについて、改めて下記の日程で開催したいと思います。NGOとしてリオ+20で発信したいメインメッセージはなにか?を、国内準備委員会に参加しているNGO団体の人たちと一緒に考えます。

=概要=
*日時:9月29日(木)16時〜18時半
*場所:地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) 国連大学1F

=プログラム=
*オリエンテーション
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17570746

・趣旨説明&進め方
DSCF9567.JPG

・国内準備委員会インプット案への意見交換
DSCF9572.JPG


DSCF9584.JPGDSCF9585.JPG

*ワークショップ
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17570932

・グループワーク
DSCF9594.JPGDSCF9595.JPG

DSCF9596.JPGDSCF9597.JPG

・グループ発表
DSCF9619.JPGDSCF9603.JPG


DSCF9601.JPGDSCF9624.JPG


DSCF9628.JPG

投稿者 xbheadjp : 13:58

 

食&農のシフトと、私たちの選択(第3回EDT)USTREAM報告

9月25日に行われた第3回アースダイアログ東京にアフターピークオイル研究会として協力し、USTREAM配信を行ったので報告します。

あなたは福島産の農産物を積極的に「食べましょう!」と言えますか?
それとも、農家が手塩に掛けた苦労の賜物を「食べるな」と言いますか?
津波や豪雨で稲作に被害が出たら、輸入に頼れば済むのでしょうか?
世界的な食料高騰は、途上国の飢餓にもつながっているのに、です。

地震、津波、豪雨、そして放射能汚染。今、私たちの足元で食の安全安心神話が揺らいでいます。いちばん大事なのは、社会や政治に任せず自分ゴトとして考え、仲間と語り合い、行動に移すこと。第3回EDTでは、市民対話ォーラムとして食と農のシフトを取り上げ、持続可能な世界に向けた私たち自身の一歩について問い掛けます。(告知メールより)

1109250004.JPG1109250008.JPG

*日時:2011年9月25日(日)13:00〜17:30
*場所:日本財団ビル2階大会議室(港区赤坂1−2−2)
http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html
* 主催:
・地球サミット2012Japan
・環境パートナーシップ会議
・ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン
*協力:
・日本財団CANPANプロジェクト
・=DISCOVER EARTH=アフター・ピークオイル研究会
*参加費:500円 (定員約50名・先着順)
*詳細:第3回アースダイアログ東京
http://japanvoices.jp/earthdialogtokyo/3/

>USTREAM-講演タイム:http://www.ustream.tv/recorded/17492469
>USTREAM-表明タイム:http://www.ustream.tv/recorded/17494541

1.オープニング
*趣旨説明
1109250001.JPG

*来賓講演
「食料危機に直面する日本の課題」
・糸長浩司 氏 (日本大学生物資源科学部教授、PCCJ代表理事)
1109250017.JPG1109250012.JPG


2.キーノート・スピーチ
食糧危機、飢餓、食糧安全保障 など、食と農をめぐる国内外の問題について、各分野の識者にプレゼンしていただきます。
 峙じ変動による水の偏り、そして食料危機」
・吉村 和就 氏(グローバルウォータ・ジャパンGWJ代表)
http://gwaterjapan.com/
1109250030.JPG1109250040.JPG

◆屮圈璽オイル後の食料生産は?」
・吉田 太郎 氏(有機農業研究家)
http://www14.plala.or.jp/Cuba/
1109250043.JPG1109250049.JPG

「食料問題:途上国の人びとの取り組みが問いかける」
・斉藤 龍一郎 氏 (特定非営利活動法人アフリカ日本協議会
http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/index.html
1109250066.JPG1109250064.JPG

3.オープンマイク・ディスカッション
返答時間も含め1人の持ち時間5分限定の質疑応答です。私たちは、食や農についてどんなシフトを起 こしていくべきか、フロアー全体を巻き込んでディスカッションします。
1109250074.JPG


1109250084.JPG1109250085.JPG


1109250089.JPG1109250090.JPG


1109250080.JPG

4.キーマンによるアクション表明
各分野で活動されているそれぞれの キーマンに、食と農に関する
アクション事例とそれに込められた思いをプレゼンして頂きます。

・高浜 大介 氏(株式会社アースカラー代表取締役社長)
http://www.earthcolor.jp/index.php
1109250100.JPG

・長澤 誠 氏(株式会社フルッタフルッタ代表取締役)
http://www.frutafruta.com/
1109250103-2.JPG

・竹本 亮太郎 氏(株式会社キュアリンク)
http://www.curelink.jp
1109250105.JPG

5. ダイアログ・タイム
キーノート・スピーカー&キーマンを囲んでのダイアログ。持続可能な世界をつくるため、食や農について私たち一人ひとりができることについてダイアログします。
1109250111.JPG1109250113.JPG


1109250114.JPG1109250116.JPG


1109250125.JPG1109250126.JPG


1109250145.JPG

1109250165.JPG1109250179.JPG

6.名刺交換&交流会
1109250183.JPG


投稿者 xbheadjp : 09:43

 

リオ+20国内準備委員会 第1回ワークショップ報告

遅れて前半のオリエンテーションは聴き逃したのですが、9月1日に行われたリオ+20国内準備委員会第1回ワークショップに参加したのでアーカイブにまとめます。

1992年の国連環境開発会議(地球サミット)から20年後となる2012年6月に、リオ・デジャネイロ(ブラジル)で「国連持続可能な開発会議」(以下、リオ+20)が開催される予定です。本テーマについて、幅広いステークホルダーによる意見表明機会の提供と、 ステークホルダー間の相互理解促進を目的とし、この度、2011年9月1日(木)に第1回ワーク ショップが開催されることになりました。(勧誘メールより抜粋)

2011_09010172.JPG

*開催日:2011年9月1日 (木) 9:30〜18:00
*会場:株式会社三菱総合研究所 4階
(東京都千代田区永田町二丁目10番3号 受付:地下1階)
*主催: リオ+20国内準備委員会
*事務局:株式会社 三菱総合研究所

<プログラム>
*開会・オリエンテーション
・共同議長より挨拶(小宮山宏議長/崎田裕子議長)
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16996057
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16996815
・基本情報の共有(事務局)
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16996492

*各ステークホルダーからのプレゼンテーションによる意見表明
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16997020/highlight/198745


2011_09010114B.JPG


2011_09010119.JPG2011_09010121.JPG


*昼食・交流会
*対話と意見交換:ステークホルダーダイアローグ
〜テーマ「RIO+20で何を日本から提案すべきか?」
小グループに分かれ、異なるセクターとの対話と意見交換
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17000045

2011_09010136.JPG


2011_09010148.JPG2011_09010150.JPG


2011_09010151.JPG2011_09010157.JPG


2011_09010145.JPG

*テーマ別分科会
1.持続可能な開発に係る全般的な課題(リオ+20成果として何を期待するか)
ファシリテーター: 武内和彦 国連大学副学長
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17000931
2011_09010159.JPG


2011_09010167.JPG2011_09010162.JPG

2.持続可能な開発及び貧困根絶の文脈におけるグリーン経済
ファシリテーター: 末吉竹二郎 UNEP金融イニシアティブ特別顧問
3.持続可能な開発のための制度的枠組み
ファシリテーター: 蟹江 憲史 東京工業大学準教授

*分科会発表と次回に向けて
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/17001534
2011_09010170.JPG


2011_09010182.JPG2011_09010204.JPG


2011_09010213.JPG

<関連サイト>
*rioplus20 @ Ustream.TV
http://www.ustream.tv/user/rioplus20/shows

*「リオ+20国内準備委員会」第1回ワークショップ開催:三菱総合研究所
http://www.mri.co.jp/NEWS/seminar/other/2011/2030912_1531.html

投稿者 xbheadjp : 18:21

 

エネルギーシフトと私たちの選択(第2回アースダイアログ東京)USTREAM報告

8月6日に日本財団ビルで第2回アースダイアログ東京を開催し、USTREAM配信を行いましたので報告します。

3.11東日本大震災をきっかけに、首都圏の人々をはじめ多くの人が、自宅のコンセントの先がどこにつながっているのかを意識するようになりました。そしてこの夏は、家庭や職場で、節電のためにワークスタイルやライフスタイルを見直す機運が高まっています。しかし、エネルギーの問題が私たちに投げかけるのは、単に原子力や自然エネルギーといった電力供給のあり方にとどまるものではないでしょう。
フクシマは、化石燃料→原子力によって支えられた19世紀以来の人類のあり方そのものへの警鐘を鳴らしているのかもしれません。そして私たちは、原発事故をきっかけとした気付きや学びを通して、これまでの経済や社会のあり方を根本から問い直し、世界に先駆けて、新しい未来を選択すべき立場にいるのかもしれません。
第2回のEarth Dialog Tokyoでは、8月6日ヒロシマの日に、ポスト原発・化石燃料の社会のあり方、そしてその実現に向けたアクションについて、参加者みんなで考え対話する中から、希望を紡ぎ出したいと思います。(告知文抜粋)

2011_080600010123.JPG

1)概要
*催名:原爆の日に考える“エネルギーシフトと私たちの選択”
*日時:2011年8月6日(土)13:00〜18:00(予定)
*場所:日本財団ビル2階第1会議室(港区赤坂1−2−2)
 http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html  
*主催:
・地球サミット2012Japan
・環境パートナーシップ会議
・ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン
*協力:
・日本財団CANPANプロジェクト
・=DISCOVER EARTH=アフター・ピークオイル研究会
*参加費:500円
*詳細:http://japanvoices.jp/earthdialogtokyo/2/
*備考:本イベントはH23年地球環境基金の助成を受けて開催しています。

2)プログラム
.ープニング
ピークオイルや地球温暖化を背景としたエネルギーの問題は、我々の社会や人々の生き方にどんな影響を及ぼすのでしょうか?まずは、われわれが置かれている地球環境の現状について、最先端の英知に触れることで、認識のレベル合わせを試みます。
*主旨説明:佐藤正弘 氏(地球サミット2012Japan代表)
2011_080600010152.JPG2011_080600010011.JPG

*来賓講演:
USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16462858/highlight/192987

・小島敏郎 氏(元地球環境審議官)
「エネルギー制約、資源制約、炭素制約の時代に必要な新しいルール」
(参考)エネシフジャパン:http://www.sustena.org/eneshif/


2011_080600010030.JPG2011_080600010029.JPG

・ブレンダン・バレット氏(国連大学メディアスタジオ)
「OurWorld2.0で警告するピークオイルの危機」
(参考)Our World 2.0:http://ourworld.unu.edu/jp/


2011_080600010050.JPG

▲ーノート・スピーチ
資源の少ない国土の狭い日本は、エネルギー危機をどう捉え、それにどう対処していくべきか?業界の第一線で活躍されている論客に、日本に残された選択肢を提示して頂きます。
USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16462858/highlight/192994
・大場紀章 氏(株式会社テクノバ)
「代替案が見当たらない日本のエネルギー事情」


2011_080600010076.JPG2011_080600010083.JPG

・山岸尚之 氏(WWFジャパン自然保護室気候変動プログラムリーダー)
「脱炭素社会に向けたエネルギーシナリオ」


2011_080600010095.JPG2011_080600010093.JPG

・山口勝洋 氏(サステナジー株式会社代表取締役社長)
「徹底ユーザー視点から解く太陽光発電の可能性と限界」
(参考)株式会社サステナジー:http://www.sustainergy.co.jp


2011_080600010118.JPG2011_080600010116.JPG

オープンマイク・ディスカッション
返答時間も含め質問者1人の持ち時間5分限定の質疑応答です。我々に突きつけられているエネルギー危機は、どれだけ差し迫っているのか?持ち時間限定の質疑応答で、問題の深刻さやシフトの必要性を体感して頂きます。
2011_080600010150.JPG

ぅーマンによるアクション表明
地域で活動されているそれぜれのキーマンに、エネルギー危機を回避するためのアクション事例とそれに込められた思いを短時間でプレゼンして頂き、どんな未来を選ぶべきか?の参考にして頂きます。
USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16466261/highlight/192998

・染谷ゆみ 氏(株式会社ユーズ)
「TOKYO油田」http://tokyoyuden.jp/
2011_080600010155.JPG2011_080600010158.JPG

・小野加瑞輝 氏(ミレニアムシティ)
「自立分散型ネットワーク」http://npo-mc.com/
2011_080600010170.JPG2011_080600010171.JPG

・竹村英明 氏(ISEP)
「祝島自然エネルギー100%プロジェクト」http://www.iwai100.jp/
2011_080600010177.JPG2011_080600010180.JPG

・藤岡亜美 氏(ナマケモノ倶楽部)
「アンペアダウン プロジェクト」http://www.sloth.gr.jp/a-down/
2011_080600010186.JPG2011_080600010188.JPG

・土肥英生 氏(小金井市)
「雨デモ風デモハウス」プロジェクトhttp://amekazepjt.exblog.jp/
2011_080600010192.JPG2011_080600010204.JPG

・柿本小百合 氏(greenest-japan)
「自然エネルギーで行こう!」http://www.facebook.com/#!/go.natural.energy
2011_080600010211.JPG2011_080600010209.JPG


ゥ瀬ぅ▲蹈亜Ε織ぅ
「原発事故と化石資源高騰の狭間で、どうする?私たち自身のアクション」アクション表明キーマンを囲んでのダイアログ。ポスト原発・化石燃料の社会のあり方、そしてその実現に向けた、私たち一人ひとりのアクションについて対話します。

2011_080600010269.JPG2011_080600010276.JPG


2011_080600010268.JPG


2011_080600010224.JPG2011_080600010228.JPG


2011_080600010236.JPG2011_080600010247.JPG

・ハーベスト
USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16466261/highlight/193000
2011_080600010305.JPG


2011_080600010325.JPG2011_080600010331.JPG


USTREAM配信チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/earth2012jp

投稿者 xbheadjp : 00:04

 

「3.11と日本と世界 〜私たちから始まる未来〜」USTREAM報告

6月26日に「地球サミット2012 Japan」として「第1回アースダイアログ東京」を開催し、USTREAM配信を行ったのでレポートします。

edt1_top_large.jpg

気候変動、エネルギー危機、食料危機、水不足、生物多様性の喪失、飢餓や貧困、金融危機、内戦、テロ・・・いま私たちは、一つ の綻びが瞬時に伝播し、巨大なリスクとなって人類全体に襲いかかる、「危機の時代」に生きています。そして今年、世界 人口は70億人という空前の水準に達しました。「危機の時代」において、この70億人はまさに運命共同体です。もし70億人の人々が、分かち合うことをせず、互いに奪い合ったら、私 たちを待っているのは破局でしかありません。私たちは、日本が通ってきた道と、3.11からの学びを通して、破局に向かう世界 に何を伝えていけるのでしょうか。

JapanVOICES440.JPG

*催名:
第1回アースダイアログ東京「3.11と日本と世界〜私たちから始まる未来〜」
*日時:2011年6月26日(日)13:00 〜 18:00
*場所:日本財団ビル2階大会議室(港区赤坂1-2-2)
*参加費:500円(懇親会別)
*主催:地球サミット2012Japan/環境パートナーシップ会議
*協力:日本財団CANPANプロジェクト/セブンジェネレーションズ
*詳細:http://japanvoices.jp/earthdialogtokyo/1/index.html

*内容:
・オープニング:「地球サミットについて」
−佐藤正弘さん(地球サミット2012 Japan代表)
2011_062600010004.JPG2011_062600010001.JPG


・映像を通して考える、いま世界で起きていること
人口、エネルギー、環境負荷、豊かさ、格差、消費社会など、いま世界が直面している現実について、映像を通して考えます。(セブンジェネレーションズ「Pachamama Allianceのチェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」より)
>予告映像:Quicktime Movie
2011_062600010013.JPG2011_062600010007.JPG

・プレゼンテーション&パネルディスカッション
環境や開発の問題について歴史や国際的観点から発信 されている識者の皆様を交え、グローバルな視点から見た3.11の持つ意味についてパネルディスカッションを展開しす。
<プレゼンテーター>
−竹林 征雄さん(アミタホールディングス株式会社取締役)
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/15627428/highlight/182079
2011_062600010026.JPG2011_062600010024.JPG


−古沢 広祐さん(国学院大学教授)
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/15628785/highlight/182088
2011_062600010034.JPG2011_062600010040.JPG


<コメンテーター>
−森摂さん (雑誌オルタナ編集長)
>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/15628785/highlight/182095
2011_062600010043.JPG


2011_062600010050.JPG

・アースダイアログ
第一部での議論を受けて、各テーブルに分かれて全員参加でダイアログを行います。私たちは、今どんな未来を描き、何を世界に発信するべきなのでしょうか?技術、政策、文化、ライフスタイル、精神性など様々な局面において、私たちにできることを探ります。
・ファシリテータ:佐野 淳也さん(木の花ファミリー)
2011_062600010071.JPG2011_062600010055.JPG




投稿者 xbheadjp : 08:39

 

「リオ+20とポスト3.11の文明論的展開」地球サミット連続セミナー第3回

6月24日にPIC東京で行われた「地球サミット連続セミナー第3回」でUSTREAM配信を担当したので報告します。

road_to_rio20_small.jpg

第3回は、3.11とリオ+20を論じます。3.11は、現代文明に何を投げかけ、私たちにどのような転換を迫るのか。その中で私たちはリオ+20をどう捉え、何を問うべきか。古沢教授に、ポスト3.11におけるリオ+20について、文明論的視点から論じて頂きます。(公式サイトより)

2011_062400010012.JPG

*テーマ:〜地球サミットの2大テーマ(1)〜UNEP Green Economyを読む
*日時:2011年6月24日(水)18:30〜20:00
*場所:世界銀行情報センター(PIC東京)
*主催:
・地球サミット2012Japan:http://earthsummit2012.jp/home.html
2011_062400010020.JPG

・世界銀行東京事務所:http://bit.ly/bo4Cna
・環境パートナーシップ会議:http://www.epc.or.jp/
・CEPAジャパン:http://cepajapan.org/
*講師:
古沢 広祐さん「環境・持続社会」研究センター代表理事、国学院大学教授
2011_062400010037.JPG
1950年東京生まれ。農学博士。 地球環境問題に関連して永続可能な発展と社会経済的な転換について、生活様式(ライフスタイル)などの問題も含めて究明。具体的には、環境容量(環境資源利用容量:エコスペース)と持続可能な生産消費パターンの研究、世界の農業食料問題とグローバリゼーション、環境保全型有機農業、エコロジー運動、協同組合運動、NGO・NPO論などについて研究。著書:『地球文明ビジョン−環境が語る脱成長社会』日本放送出版協会。 『共生時代の食と農−生産者と消費者を結ぶ』家の光協会。 『共生社会の論理− いのちと暮らしの社会経済学』学陽書房。『安ければ、それでいいのか!?』コモンズ。『地球の限界』日科技連出版社、他。

>USTREAM :http://www.ustream.tv/recorded/15582495


*質疑応答
2011_062400010032.JPG2011_062400010039.JPG


2011_062400010042.JPG2011_062400010045.JPG


投稿者 xbheadjp : 15:21

 

「UNEP Green Economyを読む!」地球サミット連続セミナー第2回

6月8日にPIC東京で行われた「地球サミット連続セミナー第2回」でUSTREAM配信を担当したので報告します。

road_to_rio20_small.jpg

来年6月にブラジルのリオデジャネイロで、リオ+20(正式名称:国連持続可能な開発会議)が開催されます。この会議では、グリーンエコノミーや持続可能な発展のための制度枠組みなど新たな横断的テーマが議論されるほか、1992年の地球サミット以降20年間の評価を行い、次の時代に向けた新たな国際的コミットメントを確保することが期待されています。

しかしながら、日本ではいまだその開催の事実や内容などについて周知・理解が進んでいない状況にあります。一方で、リオ+20の成果文書の作成プロセスは既に始まっており、各国政府及びステークホルダーによる国連事務局への最初のINPUTの期限は、11月1日と差し迫っています。 そこで本セミナーでは、リオ+20の内容を広く知らせ、理解を深めるきっかけを提供します。(告知メールより)

2011_060800010001.JPG

*テーマ:〜地球サミットの2大テーマ(1)〜UNEP Green Economyを読む
*日時:2011年6月8日(水)18:30〜20:00
*場所:世界銀行情報センター(PIC東京)
*主催:
・地球サミット2012Japan:http://earthsummit2012.jp/home.html
・世界銀行東京事務所:http://bit.ly/bo4Cna
・環境パートナーシップ会議:http://www.epc.or.jp/
・CEPAジャパン:http://cepajapan.org/

*講師:西宮 洋さん(財)地球環境戦略研究機関
環境省の国立公園管理官などを経て、ブラジル大使館、カンボジア環境省、国連環境計画(UNEP)アジア太平洋地域事務所などを経て現職に至る。UNEP Green Economyを取りまとめた、パバンスクデフ博士ら「生態系と生物多様性の経済学」を中心に、生物多様性と経済政策の分野でのストラテジストの1人。

2011_060800010019.JPG

*内容:
第2回は、地球サミットの2つの大きなテーマのひとつ、「グリーンエコノミー」について今年2月に公開された「UNEP Green Economy」を紐解きながら、内容の理解と日本として考えるべき論点を明らかにします。

>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/15241258


2011_060800010032.JPG


2011_060800010021.JPG


2011_060800010041.JPG2011_060800010051.JPG


2011_060800010055.JPG2011_060800010056.JPG


2011_060800010038.JPG


投稿者 xbheadjp : 11:23

 

地球サミットって何だろう?地球サミット連続セミナー第1回

6月2日にPIC東京で行われた「地球サミット連続セミナー第1回」でUSTREAM配信を担当したので報告します。

road_to_rio20_small.jpg

来年6月にブラジルのリオデジャネイロで、リオ+20(正式名称:国連持続可能な開発会議)が開催されます。この会議では、グリーンエコノミーや持続可能な発展のための制度枠組みなど新たな横断的テーマが議論されるほか、1992年の地球サミット以降20年間の評価を行い、次の時代に向けた新たな国際的コミットメントを確保することが期待されています。

しかしながら、日本ではいまだその開催の事実や内容などについて周知・理解が進んでいない状況にあります。一方で、リオ+20の成果文書の作成プロセスは既に始まっており、各国政府及びステークホルダーによる国連事務局への最初のINPUTの期限は、11月1日と差し迫っています。

そこで本セミナーでは、リオ+20の内容を広く知らせ、理解を深めるきっかけを提供します。(告知メールより)

2011_060200010028.JPG


2011_060200010001.JPG2011_060200010008.JPG

*テーマ:地球サミットって何だろう?〜地球サミットの20年を振り返る〜*
*日時:2011年6月2日(木)18:30〜20:00
*場所:世界銀行情報センター(PIC東京)
*主催:
・地球サミット2012Japan:http://earthsummit2012.jp/home.html
・世界銀行東京事務所:http://bit.ly/bo4Cna
・環境パートナーシップ会議:http://www.epc.or.jp/
・CEPAジャパン:http://cepajapan.org/
*講師:
・加藤 三郎さん(環境文明21共同代表)
1939年東京生まれ。東京大学工学系大学院修士課程修了。厚生省入省。環境庁設立に伴い、公害・環境行政を担当。90年地球環境部初代部長に就任。93年退官。同年環境文明研究所とNGOを設立。主な著書『環境の思想―足るを知る生き方のススメ』(プレジデント社2010年)、『環境力』(ごま書房2003年)。

2011_060200010022.JPG2011_060200010024.JPG

>プレゼン資料:’92年の「地球サミット」とは何だったか〜大転換の始まり〜
110602RR_kato.PNG


・原田 泰さん(参加型環境教育研究会)
1949年東京生まれ,大阪大学理学修士(分析化学)。現在、(独)産総研・計量研修センターテクニカルスタッフ。(UNCED)92'国連ブラジル会議市民連絡会事務局長、(WSSD)ヨハネスブルグサミット提言フォーラム環境教育分科会代表。(専門)無機分析、計量の不確かさ、試験所品質管理、データ管理。(関心事)参加型環境教育、持続可能な社会。

2011_060200010050.JPG2011_060200010056.JPG

>プレゼン資料:UNCSD(Rio+20)に対する日本の市民の課題110602RR_harada.PNG

1992年の地球サミットに、行政、市民それぞれの立場から中心的に関わったお二人に、リオからの20年間を振り返って頂きました。

>USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/15112188


2011_060200010079.JPG2011_060200010067.JPG


2011_060200010081.JPG

投稿者 xbheadjp : 18:07

 

アースデイ東京2011でのステージ&ブース活動報告

Earth Summit 2012 Japanでは、4月22/23日に代々木公園で行われたEarth Day Tokyo 2011に出展し、ステージにも登壇したので報告させて頂きます。

M2U00114%281%29.jpg

*日時:4月23日(土)、24日(日)
*会場: 代々木公園
*アースデイ東京HP: http://www.earthday-tokyo.org/
★「マイケルジャクソンと語る地球サミット」
4月23 (土)12:30-13:30 アースデイ・トークステージ
>YouTube:アースデイ☆マイケル合唱団 2011.04.23 代々木公園
2011_042300010061.JPG

★「小野リサ 地球サミットRIO+20トーク&ライブ」
4月24日(日)11:00-12:00 野外音楽ステージ

★「アースダイアログ〜Our Voice Since 3.11〜」
4月24日(日)14:50-15:50 アースデイ・トークステージ
*司会: 谷崎テトラ (放送作家/ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン代表理事)
*出演: 佐藤正弘(地球サミット2012Japan代表)
・國高ひでき(日本和紙造形研究所)
・赤塚丈彦(チェンジ・ザ・ドリーム)
・澤田佳子(トランジションタウン・ジャパン)
・佐野淳也(地球サミット2012Japan副代表)
・佐倉 直海(グリーン・フォトン 代表)

3月11日の大震災以降、私たちは何に気づき、何を変えて行くのか。皆さんで参加できるダイアログを通じ、地球サミットに届ける私たちのVoiceを紡ぎ出していきます。(告知メールより)

★ブース出展
アースデイキッチンの向かい、トークステージの隣

2011_042300010065.JPG


ph1.jpg2011_042300010127.JPG


2011_042300010226.JPG


ph4.jpgph7.jpg


投稿者 xbheadjp : 14:55

 

スタート!地球サミット2012(UST配信報告)

110129ES_06.JPG

2012 年、「リオ+20」いわゆる3度目の地球サミットが開催されることが国連で決まりました。あのリオの熱気から20年を経て、再び、世界がリオに集います。92 年のリオ・サミットが世界にとって1つの大きな転換点であったとしたら、今度の地球サミットは、地球と人類にとってどんな意味を持つのでしょうか。そして、少子高齢化、財政赤字、自殺、孤独死、エネルギーや食糧の海外依存など、世界がこれから直面する課題のフロンティアに生きる私たち日本人は、今、地球と人類の未来にどのようなメッセージを届けるべきなのでしょうか。(告知メールより)

110129ES_000.JPG110129ES_002.JPG

*日時:2011 年1 月29 日(土)13:00〜18:00
*会場:日本財団ビル1階バウルーム(港区赤坂1-2-2:地図
*主催:地球サミット2012 Japan 、環境マインド若手社会人交流会(YEN)
*共催:
・日本財団CANPAN
・「動く→動かす」
・気候ネットワーク、
・官民協働ネットワークCrossover21
・ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン
*地球サミット2012 Japanとは:http://earthsummit2012.jp/leaflet.pdf

=プログラム=
*オリエンテーション
110129AS_128.JPG110129ES_001.JPG

□開催趣旨と活動の説明


*第一部 パネルディスカッション「地球サミット2012に求めるもの」
110129ES_201mori.jpg

<司会>
・谷崎 テトラ氏(構成作家、ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン代表理事)
<パネリスト>
・川廷 昌弘氏(生物多様性条約市民ネットワーク 普及啓発作業部会長)
・熊岡 路矢氏(「動く→動かす」代表)
・小林 光氏(環境省 上席参与、前事務次官)
・薗田 綾子氏(株式会社クレアン 代表取締役)
・松本 恒雄氏(一橋大学法科大学院 院長、政府消費者委員会 委員長、ISO/SR国内委員長)
・宮本 武氏(グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク 事務局長)

□パネルディスカッションの模様

*第二部 ワークショップ「私たちが描く未来への希望」
110129ES_025.JPG

<全体ファシリテーター>
・佐野 淳也氏(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 特任准教授)
<ゲスト・ファシリテーター>
・池田 洋一郎氏(財務省国際局課長補佐、官民協働ネットワークCrossober21 代表)
・岩附 由香氏(特定非営利活動法人ACE 代表)
・漆原 隆宏氏(Tokyo Think Sustainability(T2S)代表)
・大塚 玲奈氏(株式会社エコトワザ代表取締役)
・鴨崎 貴泰氏(公益財団法人 信頼資本財団 事務局長)
・木俣 知大氏(社団法人 国土緑化推進機構)
・白木 夏子氏(株式会社HASUNA 代表取締役)
・高浜 大介氏(株式会社アースカラー代表)
・谷崎 テトラ氏(構成作家、ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン代表理事)
・戸野原 芳恵氏(特定非営利活動法人 日本水フォーラム マネージャー)
・根鈴 啓一氏(デジタルハリウッド株式会社 広報室室長)
・福嶋 慶三氏(環境省大臣官房課長補佐、霞ヶ関構造改革プロジェクトK)
・町井 則雄氏(日本財団CANPAN 企画統括責任者)
・水野 雅弘氏(Green TV Japan 代表)
・森 洋一氏(公認会計士)
・山口 真奈美氏(株式会社FEM代表取締役、株式会社Control Union Japan代表取締役)
・吉澤 卓氏(特定非営利活動法人 「持続可能な開発のための教育・の10 年」推進会議(ESD-J)理事)
・日方 里砂氏(特定非営利活動法人パルシック)

□ゲストの1分間スピーチ


110129ES_011.JPG110129ES_012.JPG


110129ES_013.JPG110129ES_014.JPG


110129ES_015.JPG110129ES_016.JPG


110129ES_017.JPG110129ES_018.JPG


110129ES_021.JPG110129ES_022.JPG


110129ES_023.JPG110129ES_024.JPG

□ハーベストの模様

□グラフィックファシリテーター:伊藤道郎作>完成版110129ES_026.JPG

□コミュニケーション・プロセス・デザイナー:井口奈保作
110129ES_027.JPG

*エンディング・メッセージ

□ツイートのまとめ:http://togetter.com/li/95098

*当日のチラシ:http://earthsummit2012.jp/110129_event.pdf
*USTREAM 配信チャンネル:http://ustream.tv/channel/earth2012jp
*ハッシュタグ:#earth2012jp

投稿者 xbheadjp : 17:53

 

EarthDialog on USTREAM#01「地球の対話を始めよう。」

101012EarthDialog_titke.JPG

1990年代以降、国際社会では持続可能な社会を支える新たな
ガバナンスのあり方が模索され、実践されてきた。
“マルチス テークホルダー・プロセス(MSP)”と呼ばれる、
多様なステークホルダーが参加した対話と合意形成の枠組みである。
90年代以降、MSPは、国際機関の意思決定プロセスやさまざまな
基準やルールづくり、開発プロジェクトなどで活用・洗 練されてきた。

今回は、国内でMSPの実践に携わってきた佐藤氏の経験を踏まえながら
MSPの歴史や意義を振り返り、2012 年の地球サミットに向けた
“Earth Forum”設立の可能性についてダイアログする。 (告知メールより)

・・・先日「地球サミット2012Japan」のマルチステークホルダー・プロセスに関する説明をUSTREAM中継録画したので報告します。

*日時:2010年10月12日(火)20:00〜21:00放送
*場所:千駄ヶ谷コモンズ http://www.artisans-ce.com/map.html
101012dialog_zenkei.JPG

*内容:
1.レクチャー『マルチステークホルダー・プロセスの歴史と意義』
・佐藤正弘(金融庁総務企画局市場課課長補佐/InterGreen 代表)
101012dialog_sato.JPG

2.ダイアログ『“Earth Forum”設立に向けた展望』
・谷崎テトラ(構成作家)/森一彦(275研究所主任研究員)
101012dialog_tetra.JPG101012daialog_mori.JPG

Earth Dialogは、10年に一度の地球サ ミットに向け、
日本と世界各地で自律分散的に展開されるダイアログです。
基本的なルールさえ共有すれば、世界中どこでも誰
でも参加できます。あなたも地球の対話に参加しませんか?

投稿者 xbheadjp : 18:29

 

Earth Dialog on USTREAM#00「地球サミット―地球の祭典に向けて」

Earth Summit2012PJT〜地球の対話を、始めよう。〜のEarth Dialog on USTREAM#00をUst広報担当として中継録画したのでレポートします。

100907earthdialog_opening2.JPG


1992年、リオデジャネイロで開催された地球サミットで、
人類は、“持続可能な発展”という壮大な挑戦への一歩を
踏み出した。
希望に満ちたリオの熱狂からまもなく20年、
世界は大きく変貌を遂げた。

そして2012年、得体の知れない閉塞感が世界を覆う中、
地球の祭典に再び人類が集う。

リオとは何だったのか、リオから20年後の地球サミットに
我々は何を求めるのか・・・。
記念すべき初回は、これから始まる対話の旅の原点であり、
最終到達点である地球サミットについて、熱くダイアログしました。

100907earthdialog_zenkei.JPG

100907earthdialog_allcast.JPG

*日時:2010年9月7日(火)19:30〜21:00
*場所:新しい変革を創るUstハブ@千駄ヶ谷コモンズ
http://www.artisans-ce.com/map.html
(渋谷区千駄ヶ谷1-13-11チャリ千駄ヶ谷4-11号室)
*出演:
・谷崎テトラ(放送作家、WorldShift Network Japan代表)
・佐野淳也(立教大学21世紀デザイン研究科准教授)
・鈴木清彦(環境省)
・福嶋慶三(環境省)
・佐藤正弘(InterGreen代表)

100907earthdialog_fukushima.JPGblank_40x150.JPG100907earthdialog_tetra.JPG

*内容:
1.地球サミットの歴史と展望
福嶋慶三(環境省大臣官房会計課課長補佐)
2.EarthSummmit2012 Projectの説明
佐藤正弘(InterGreen代表)
3.Earth Dialogの説明
谷崎テトラ(放送作家、WorldShift Network Japan代表
4.ダイアログ

Earth Dialogは、10年に一度の地球サミットに向け、
日本と世界各地で自律分散的に展開されるダイアログです。

基本的なルールさえ共有すれば、世界中どこでも誰でも参加できます。

投稿者 xbheadjp : 23:06

 

EarthSummit2012 Project 第1回準備ダイアログ

EarthSummit2012logo440x160.JPG

8月29日(日)に地球サミット2012プロジェクトのイベントでUSTREAM広報を担当したのでレポートします。

100829earth_vision.JPG

*日時:2010年8月29日(日)13:30〜18:30
 (Study Sessionは希望者のみ10:30〜12:00)
*場所:立教大学池袋キャンパス 12号館地下1階第1会議室
  http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
*詳細:地球サミット2012を創る。
 http://earthsummit2012.jp/dialog1.pdf
*内容:
<Study Sessin(10:30〜12:00)>
1.過去の国際会議等における日本の市民社会の取り組み
  (地球環境パートナーシッププラザ(GEOC) 星野智子さん)
100829earth_hoshino.JPGblank_40x150.JPG100829earth_tomoko.JPG

2.地球サミットの歴史と現状
  (環境省大臣官房会計課課長補佐 福嶋慶三さん)
100829earth_fukushima.JPGblank_40x150.JPG100829earth_fukushima2.JPG

□USTREAMアーカイブ

<第1回準備ダイアログ(13:30〜18:30)>
1.開会 (※開場は13:10)
100829earth_open.JPG


2.本プロジェクトについて
100829earth_shikai.JPGblank_40x150.JPG100829earth_sato.JPG


100829earth_suzuki.JPGblank_40x150.JPG100829earth_kajitani.JPG


□USTREAMアーカイブ


3.ワークショップ Vol.1
  〜閉塞感を突破するパワーとは(ワールドカフェ方式)〜
100829earth_aoki.JPGblank_40x150.JPG100829earth_aisatsu.JPG


100829earth_world.JPGblank_40x150.JPG100829earth_cafezenkei.JPG


4.ワークショップ Vol.2
  〜個別プロジェクトの提案&グループディスカッション〜
・World Studies
100829earth_stadies.JPGblank_40x150.JPG100829earth_discussion.JPG

・Earth Dialog
100829earth_dialog.JPGblank_40x150.JPG100829earth_happyo.JPG

・Teamサステな
100829earth_sustena2.JPGblank_40x150.JPG100829earth_sustena.JPG

・想像力会議
100829earth_sozoryoku2.JPGblank_40x150.JPG100829earth_sozoryoku.JPG

・WorldShift大阪
100829earth_osaka.JPGblank_40x150.JPG100829earth_nesoberi.JPG

・Acqua Life サスティノベーション
100829earth_acqua2.JPGblank_40x150.JPG100829earth_acqua.JPG

・トレタテ江戸前プロジェクト
100829earth_syoku2.JPGblank_40x150.JPG100829earth_syoku.JPG

・誰を巻き込むのか?
100829earth_daremaki.JPGblank_40x150.JPG100829earth_daremaki2.JPG

・その他のダイアログ
100829earth_kondo.JPGblank_40x150.JPG100829earth_musyozoku.JPG

□USTREAMアーカイブ


*備考:
・ツイッターのハッシュタグ:#earth2012jp
・ツイートのまとめ(togetter):http://togetter.com/li/46134

投稿者 xbheadjp : 23:05