エネルギーシフトと私たちの選択(第2回アースダイアログ東京)USTREAM報告

8月6日に日本財団ビルで第2回アースダイアログ東京を開催し、USTREAM配信を行いましたので報告します。

3.11東日本大震災をきっかけに、首都圏の人々をはじめ多くの人が、自宅のコンセントの先がどこにつながっているのかを意識するようになりました。そしてこの夏は、家庭や職場で、節電のためにワークスタイルやライフスタイルを見直す機運が高まっています。しかし、エネルギーの問題が私たちに投げかけるのは、単に原子力や自然エネルギーといった電力供給のあり方にとどまるものではないでしょう。
フクシマは、化石燃料→原子力によって支えられた19世紀以来の人類のあり方そのものへの警鐘を鳴らしているのかもしれません。そして私たちは、原発事故をきっかけとした気付きや学びを通して、これまでの経済や社会のあり方を根本から問い直し、世界に先駆けて、新しい未来を選択すべき立場にいるのかもしれません。
第2回のEarth Dialog Tokyoでは、8月6日ヒロシマの日に、ポスト原発・化石燃料の社会のあり方、そしてその実現に向けたアクションについて、参加者みんなで考え対話する中から、希望を紡ぎ出したいと思います。(告知文抜粋)

2011_080600010123.JPG

1)概要
*催名:原爆の日に考える“エネルギーシフトと私たちの選択”
*日時:2011年8月6日(土)13:00〜18:00(予定)
*場所:日本財団ビル2階第1会議室(港区赤坂1−2−2)
 http://www.nippon-foundation.or.jp/org/profile/address.html  
*主催:
・地球サミット2012Japan
・環境パートナーシップ会議
・ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン
*協力:
・日本財団CANPANプロジェクト
・=DISCOVER EARTH=アフター・ピークオイル研究会
*参加費:500円
*詳細:http://japanvoices.jp/earthdialogtokyo/2/
*備考:本イベントはH23年地球環境基金の助成を受けて開催しています。

2)プログラム
.ープニング
ピークオイルや地球温暖化を背景としたエネルギーの問題は、我々の社会や人々の生き方にどんな影響を及ぼすのでしょうか?まずは、われわれが置かれている地球環境の現状について、最先端の英知に触れることで、認識のレベル合わせを試みます。
*主旨説明:佐藤正弘 氏(地球サミット2012Japan代表)
2011_080600010152.JPG2011_080600010011.JPG

*来賓講演:
USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16462858/highlight/192987

・小島敏郎 氏(元地球環境審議官)
「エネルギー制約、資源制約、炭素制約の時代に必要な新しいルール」
(参考)エネシフジャパン:http://www.sustena.org/eneshif/


2011_080600010030.JPG2011_080600010029.JPG

・ブレンダン・バレット氏(国連大学メディアスタジオ)
「OurWorld2.0で警告するピークオイルの危機」
(参考)Our World 2.0:http://ourworld.unu.edu/jp/


2011_080600010050.JPG

▲ーノート・スピーチ
資源の少ない国土の狭い日本は、エネルギー危機をどう捉え、それにどう対処していくべきか?業界の第一線で活躍されている論客に、日本に残された選択肢を提示して頂きます。
USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16462858/highlight/192994
・大場紀章 氏(株式会社テクノバ)
「代替案が見当たらない日本のエネルギー事情」


2011_080600010076.JPG2011_080600010083.JPG

・山岸尚之 氏(WWFジャパン自然保護室気候変動プログラムリーダー)
「脱炭素社会に向けたエネルギーシナリオ」


2011_080600010095.JPG2011_080600010093.JPG

・山口勝洋 氏(サステナジー株式会社代表取締役社長)
「徹底ユーザー視点から解く太陽光発電の可能性と限界」
(参考)株式会社サステナジー:http://www.sustainergy.co.jp


2011_080600010118.JPG2011_080600010116.JPG

オープンマイク・ディスカッション
返答時間も含め質問者1人の持ち時間5分限定の質疑応答です。我々に突きつけられているエネルギー危機は、どれだけ差し迫っているのか?持ち時間限定の質疑応答で、問題の深刻さやシフトの必要性を体感して頂きます。
2011_080600010150.JPG

ぅーマンによるアクション表明
地域で活動されているそれぜれのキーマンに、エネルギー危機を回避するためのアクション事例とそれに込められた思いを短時間でプレゼンして頂き、どんな未来を選ぶべきか?の参考にして頂きます。
USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16466261/highlight/192998

・染谷ゆみ 氏(株式会社ユーズ)
「TOKYO油田」http://tokyoyuden.jp/
2011_080600010155.JPG2011_080600010158.JPG

・小野加瑞輝 氏(ミレニアムシティ)
「自立分散型ネットワーク」http://npo-mc.com/
2011_080600010170.JPG2011_080600010171.JPG

・竹村英明 氏(ISEP)
「祝島自然エネルギー100%プロジェクト」http://www.iwai100.jp/
2011_080600010177.JPG2011_080600010180.JPG

・藤岡亜美 氏(ナマケモノ倶楽部)
「アンペアダウン プロジェクト」http://www.sloth.gr.jp/a-down/
2011_080600010186.JPG2011_080600010188.JPG

・土肥英生 氏(小金井市)
「雨デモ風デモハウス」プロジェクトhttp://amekazepjt.exblog.jp/
2011_080600010192.JPG2011_080600010204.JPG

・柿本小百合 氏(greenest-japan)
「自然エネルギーで行こう!」http://www.facebook.com/#!/go.natural.energy
2011_080600010211.JPG2011_080600010209.JPG


ゥ瀬ぅ▲蹈亜Ε織ぅ
「原発事故と化石資源高騰の狭間で、どうする?私たち自身のアクション」アクション表明キーマンを囲んでのダイアログ。ポスト原発・化石燃料の社会のあり方、そしてその実現に向けた、私たち一人ひとりのアクションについて対話します。

2011_080600010269.JPG2011_080600010276.JPG


2011_080600010268.JPG


2011_080600010224.JPG2011_080600010228.JPG


2011_080600010236.JPG2011_080600010247.JPG

・ハーベスト
USTREAM:http://www.ustream.tv/recorded/16466261/highlight/193000
2011_080600010305.JPG


2011_080600010325.JPG2011_080600010331.JPG


USTREAM配信チャンネル:http://www.ustream.tv/channel/earth2012jp

カテゴリー:00EarthSummit2012Japan | 投稿者 xbheadjp : 2011年08月08日 00:04