どうする原発事故後のエネルギー政策(第3回エネルギー問題勉強会UST報告)

福島第1原発の事故を受けて、脱原発の気運が高まっていますが短絡的な反原発運動では、かえって世論を冷やす懸念も否めません。日本を持続可能な循環型社会へソフトランディングさせるためには、どんなシナリオが最適か、英知を結集する必要があるのでしょう。今回は世界で最大のピークオイル研究組織ASPO会議にも参加されている大場紀章氏をお迎えし、エネルギー需給逼迫の現状を考えました。

110428DE_001.JPG

*催名:=DISCOVER EARTH=第3回エネルギー問題勉強会
*タイトル:どうする原発事故後のエネルギー政策
*日時:2011年4月28日[木]18:45開場19:00開演-21:30終了
*場所:ちよだプラットフォームスクェア002会議室(東西線竹橋駅下車10分)
 千代田区神田錦町3‐21TEL:03-3233-1511>http://bit.ly/OaelZ
*講師:大場紀章氏(株式会社テクノバ調査研究一部)

110428DE_002.JPG

*主催:持続可能な生活を考える会:サステナ・ライフ
*進行:
・参加者の自己紹介(30分)
・基調レクチャー(30分)

□プレゼン資料>5月20日までダウンロード可

・質疑応答&情報交換(90分)
110428DE_003.JPG110428DE_004.JPG


110428DE_005.JPG110428DE_006.JPG


110428DE_007.JPG110428DE_008.JPG


110428DE_009.JPG110428DE_10.JPG

夏の電力不足へ向けて、節電を呼びかける方針が打ち出されています。誰もが贅沢を節制すれば、15%の削減など訳はないのは事実でしょう。しかし、それで景気が底割れしてしまうと生活への影響も少なくありません。円の価値が暴落すれば、食糧もエネルギーも輸入品は高騰します。ハイパーインフレが起これば、年金も預金も頼りにはならなくなります。

持続可能な循環型社会へ軟着陸するには、どんなシナリオが必要か。それは、日本が本来の日本の価値を取り戻す道程に他なりません。そのためには何を捨て何を取り戻すべきか。今後も賛否を超えた対話が必要なのでしょう。


投稿者 xbheadjp : 22:08

 

BRICs台頭によるエネルギー争奪戦のゆくえ(第2回エネルギー勉強会UST報告)

日本ではあまり報道されていませんが、昨年末にはIEAから「従来型原油の生産ピークは2006年だった」という発表がありました。いよいよ石油の需給逼迫が現実のものとなり、実際にガソリン価格もジワジワと上昇しています。今後、石油に支えられている我々の生活はどうなってしまうのでしょうか?

110121DE_1.JPG

*催名:WorldShift Actions=DISCOVER EARTH=第2回エネルギー勉強会
*日時:2011年1月21日(金)19:30〜21:30程度
*場所:日本財団CANPANサロン〔虎ノ門駅4番出口より徒歩2分〕
 (港区虎ノ門1-15-16海洋船舶ビル8階:http://bit.ly/aGj2AP
*講師:岩間剛一 氏(和光大学経済経営学部教授 経済学科長)

110121DE_2.JPG

*司会:大場紀章 氏(株式会社テクノバ調査研究部)
*タイトル:BRICs台頭によるエネルギー争奪戦のゆくえ
*主催:持続可能な生活を考える会:サステナ・ライフ
*協力:
・ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン
・日本財団CANPANプロジェクト
*参加:申込先着20名を無料招待しました。(盛会御礼)
*内容:
世界経済が回復基調にある中、中国、インドをはじめとした新興経済発展諸国は再び高度経済成長を始め、国内の急増するエネルギー需要を賄うために、資源国に対して政府と国営企業が一体となって、熾烈な資源争奪戦を展開しています。そうした国際エネルギー情勢の現状と今後の動向をやさしく解説して頂きました。
*進行:
・参加者の自己紹介(15分)
・基調レクチャー(30分)

・質疑応答&情報交換(45分)


110121DE_3.JPG


110121DE_4.JPG110121DE_5.JPG


110121DE_6.JPG110121DE_7.JPG

*講師プロフィール
=略歴=
・1981年(東京大学法学部卒)東京銀行入行
・東京銀行営業第2部部長代理(エネルギー担当)
・東京三菱銀行産業調査部部長代理(エネルギー担当)
・石油公団企画調査部
・日本格付研究所チーフアナリスト出向
・2003年4月から現職
=肩書き=
・和光大学経済経営学部教授経済学科長
・東京大学工学部非常勤講師、衆議院調査局客員調査員
・三菱UFJリサーチ・コンサルティング客員主任研究員
=著書=
・「ガソリン」本当の値段 石油高騰から始まる"食の危機" (アスキー新書 025)
・資源開発プロジェクトの経済工学と環境問題(とりい書房)

book_iwama1.JPGbook_iwama2.JPG


*当イベントはUSTREAMで中継録画しています。
・中継URL:http://www.ustream.tv/channel/discoverearth
・ハッシュタグ:#reEarth(実際には#reearthでも認識されます)
*WorldShift Actions=DISCOVER EARTH=勉強会ではスタッフも募集中。

投稿者 xbheadjp : 09:58

 

「アフター・ピークオイル」シンポジウム構想

091106millenniumcity_440x155.JPG

気候変動や生物多様性など、地球規模の環境問題は国際会議で真摯な対話が続けられていますが、日本の対応でまったく欠落している危惧に、石油の枯渇があります。エネルギー自給率4%かつ食料自給率40%の我が国では、ことの緊急性及び重要性から考えても、いわゆるオイルピークは、直視しなくてはならない最優先の国民的課題にほかなりません。

もちろん価格のつり上げを狙う生産側の作為的な意図や、投機的な動きを避けたい需要側の報道抑制も感じますが、国家として石油の供給不足に対応するシナリオがなければ、パニックの危険性は増大するばかりでしょう。単純に資源埋蔵量だけで計れば奪い合いはSF映画の話といえても、BRICs諸国が夢見るような予想どおりの経済発展が続けば、需給逼迫による価格高騰は火を見るよりも明らかです。

その時に何が起こるか、その前に何をすべきか。危機管理の鉄則からいっても、高速道路や高層ビル群が無用の長物になる前に、我々は大いに杞憂を巡らすべきだと考えます。

=開催構想概要=
*日時:2011年7月で調整中
*場所:都内で会場を物色中

*催名:「アフター・オイルピーク」シンポジウム=石油文明の限界を問う=
*想定規模:のべ参加人数500人目標
アフター・ピークオイルのタイトルバック

*プログラム(案)
1)13:00〜基調講演「オイルピークと成長の限界」
2)14:00〜分科会セッション
‖綢悒┘優襯ーの可能性「原発か自然エネルギーか」
∪侈依存食糧の実態「有機農業の可能性を探る」
J資運輸網への警鐘「原油100ドル時代の物流を問う」
っ成長の模索「経済成長に頼らない最小不幸社会」
3)15:00〜分科会パネルディスカッション:上記4分科会で実施
4)16:30〜総括パネルディスカッション「エネルギー政策を各党に問う」
・各党へ登壇依頼
4)’16:30〜総括パネルディスカッション「物欲に縛られない幸福とは」
・各分科会登壇者より選抜
5)17:30−閉会挨拶「アフター・オイルピーク研究会設立宣言」
6)協力依頼団体(賛同順)
・一般財団ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン・・・確定
 http://www.worldshift.jp/
・エコ・コミュニケーションセンター・・・確定
 http://www12.ocn.ne.jp/~ecom/
・雑誌オルタナ・・・確定
 http://www.alterna.co.jp/
・グリーンティービージャパン・・・確定
 http://www.japangreen.tv/
・政策シンクタンク エコロ・ジャパン・・・確定
 http://green.zz.tc/ecolo
・環境NGO全国青年環境連盟エコ・リーグ・・・確定
 http://portal.eco-2000.net/
・NPO法人 懐かしい未来・・・確定
 http://afutures.net/
・特定非営利活動法人 循環型社会研究会・・・内定
 http://www.nord-ise.com/junkan/
・NPO法人ミレニアムシティ・・・内定
 http://npo-mc.com/
・特定非営利活動法人 アースデイマネー・アソシエーション・・・内定
 http://www.earthdaymoney.org/
・トージバ・・・内定
 http://www.toziba.net/
・NPO法人サステナビリティ日本フォーラム・・・内定
 http://www.sustainability-fj.org/
・国際NGO R水素ネットワーク・・・内定
 http://rh2.org/
・NPO法人 もったいない学会・・・内定
 http://www.mottainaisociety.org/
・国際環境NGO FoE Japan・・・打診中
 http://www.foejapan.org/
・国際青年環境NGO A SEED JAPAN・・・打診中
 http://www.aseed.org/
・NPO法人トランジション・ジャパン・・・打診中
 http://www.transition-japan.net/
 


投稿者 xbheadjp : 22:32

 

原子力による電力安定供給の必要性を考える(第1回エネルギー問題勉強会UST報告)

世界人口は2010年時点で69億人と推定されています。2050年には91億人になる見込みです。この人口増加は、エネルギー革命によります。日本の食糧自給率は40%しかないと議論になることも多いですが、日本のエネルギー自給率は4%(原子力を準国産エネルギーとしても19%)しかありません。

地球の資源は有限です。安い化石燃料の時代は終わった中、狭い国土にある日本でいわゆる自然エネルギーで賄うのは事実上不可能です。このことについて皆様と対話させていただければと思います。(なお、今回は個人的立場で参加しているので、説明しているプレゼン資料及びレクチャー内容、質疑応答の発言は所属する組織の公式見解ではありませんので、予めご承知置きください。)

100928energy1_zenkei.JPG

*催名:=DISCOVER EARTH=第1回エネルギー問題勉強会
*日時:9/28(火)開場18:45開演19:00〜20:45(終了後懇親会)
*場所:社会変革を創るUstハブ@千駄ヶ谷コモンズ
 (渋谷区千駄ヶ谷1-13-11チャリ千駄ヶ谷4-11号室)
 http://www.artisans-ce.com/map.html
*主催:持続可能な生活を考える会:サステナ・ライフ
*協力:ワールドシフト・ネットワーク・ジャパン
*来場参加:申込先着20名を無料でご招待しました。(懇親会は実費)
*基調レクチャー:「原子力による電力安定供給の必要性」
・早坂房次氏(東京電力株式会社都市ソリューショングループ副部長)
*進行:(勉強会では原発反対派もお招きしました)
・オープニング&参加者の自己紹介(15分)
100928energy1_kyakuseki1.JPG100928energy1_kyakuseki2.JPG

・基調レクチャー(30分)
100928energy1_hayasaka2.JPG100928energy1_hayasaka.JPG



□プレゼン資料(36MBあるので注意願います):http://bit.ly/8ZPri4

・質疑応答&情報交換(60分)
100928energy1_q1.JPG100928energy1_q2.JPG


100928energy1_q3.JPG100928energy1_q4.JPG


*備考:
・中継URL:http://www.ustream.tv/channel/discoverearth
・ハッシュタグ:#reEarth(実際には#reearthでも認識されます)
・当日の#reEarthツイートまとめ:http://togetter.com/li/55053
・全編(123分)

投稿者 xbheadjp : 08:37

 

第1回エネルギー問題勉強会(事前告知)

「国連や政府では辿れない、私たち自身の新しい希望に向けて。」

2010年8月29日、それは立教大学の池袋キャンパスにおいて
若手官僚やNPO/NGO、一般市民の有志によって本格稼動を始めました。

「EarthSummit2012 Project」は、2012年のリオ地球サミットに向け、
様々な動きが生まれ、出会い、協働するためのプラットフォームです。

100829earth_vision.JPG

説明資料:http://www.earthsummit2012.jp/handout.pdf

そんな動きの中で、持続可能な生活を考える会:サステナ・ライフは、
「地球の将来をを語る前に、もっとこの惑星について学び、お互いに
基本的な情報を共有しなければならないのでは?」と気づきました。

だから、=DISCOVER EARTH

表層に現れる事象だけを危機と感じて、対症療法を迫るのは容易です。
しかし地球をひとつのシステムとして捉え、全世界的な共通認識から
命の共棲のあり方を問い直さなければ、持続可能な社会は築けません。

だから、=DISCOVER EARTH=

我々は今、世界的課題のトリアージ(優先順位付け)を行ったうえで、
テーマ別に積極的な活動を行っている団体を一堂に集め、持ち回りで
キーマンからのレクチャーと質疑応答をメインとした勉強会を実施し、
USTREAMで中継して、将来進むべき道を広く世に問う活動を始めます。

*******************************

*催名:EarthSummit2012PJ=DISCOVER EARTH=エネルギー問題勉強会
*日時:9/28[火]開場18:45/開演19:00〜20:45
*場所:社会変革を創るUstハブ@千駄ヶ谷コモンズ
 (渋谷区千駄ヶ谷1-13-11チャリ千駄ヶ谷4-11号室)
 http://www.artisans-ce.com/map.html

*主催:持続可能な生活を考える会:サステナ・ライフ
*目的:二項対立からの脱却を図る「対話による思いの昇華」の実践
*来場参加:申込先着20名を無料でご招待します。(盛会のうちに終了しました)

*基調レクチャー:「原子力による電力安定供給の必要性」
・早坂房次氏(東京電力株式会社都市ソリューショングループ副部長)
*進行:(勉強会では原発反対派もお招きする予定です)
・参加者の自己紹介(15分)
・基調レクチャー(30分)
・質疑応答&情報交換(60分)

*備考:当イベントはUSTREAMで中継録画しています。
・中継URL:http://www.ustream.tv/channel/discoverearth
・ハッシュタグ:#reEarth(実際には#reearthでも認識されます)

*EarthSummit2012PJ=DISCOVER EARTH=ではスタッフも募集中です。

投稿者 xbheadjp : 23:11